歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年06月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
BABYMETAL、LAワンマンにて海外盤限定曲を初披露
Sun, 18 Jun 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BABYMETALが、6月16日(現地時間)にロサンゼルス・The Palladium にてワンマンライブを行なった。

約1年ぶりのロサンゼルスでのワンマンライブということもあり、待ちわびた地元のファンを中心に会場前には公演日前日から長蛇の列が並び、SOLD OUTとなった約4,000人の観客の高揚感に溢れた会場は熱気で包まれていた。

今回は初めてゲストアクトとして、元Panteraのヴィニー・ポールを中心に活動しているHELLYEAHを迎えての公演となった。彼らの重厚なメタルサウンドに続いてBABYMETAL が登場。2016年9月のTOKYO DOME公演以来のワンマンライブとなるが、今回はよりシンプルに、よりストイックにステージパフォーマンスを魅せ、RED HOT CHILI PEPPERS やGUNS N\' ROSES、METALLICA らレジェンドバンドとのツアーで積み上げてきた経験が生かされた内容で、気迫に満ちた貫禄さえも感じさせた。「BABYMETAL DEATH」「あわだまフィーバー」「META!メタ太郎」など畳み掛けるような演奏とパフォーマンスで会場の熱気をどんどん上げていき、「メギツネ」「KARATE」ではSU-METALが英語でコール・アンド・レスポンスを促し更に盛り上げ、観客もそれにしっかりと応え、会場の一体感が最高潮に達し「THE ONE」で締めくくった。

ライブ終盤ではアルバム「METAL RESISTANCE」から海外盤にのみ収録されている「From Dusk Till Dawn」が初めて披露された。楽曲はもちろんのこと、披露されたダンスからもエモーショナルな荘厳さを感じさせ、「Road of Resistance」では一層の力強い歌声とパフォーマンスで会場をひとつにし、3人がさらに進化を遂げていることを感じさせるステージとなった。

長らく海外でのツアーが続いたBABYMETALだが、2017年夏には待望のJAPAN TOURを控え、7月からスタートする『5大キツネ祭りin JAPAN』が即ソールドアウトになったのを受けて『巨大キツネ祭り in JAPAN』として、さいたまスーパーアリーナ(9月26 日、27日)、大阪城ホール(10月14日、15 日)でのワンマンライブも決定した。6月26日(月)からはオフィシャルホームページ先行がスタートする。

■『巨大キツネ祭り in JAPAN』

9月26日(火)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
9月27日(水)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
10月14日(土)大阪・大阪城ホール
10月15日(日)大阪・大阪城ホール

<チケット>
・オフィシャルホームページ先行:6月26日(月)12:00 〜7月2日(日) 23:59
http://pia.jp/v/babymetal17hpj/
※MOSH\'SH PIT(アリーナスタンディング・整理番号付き)は、THE ONE限定販売のため、オフィシャルホームページ先行でのお取扱いはございません。
・一般発売:8月19日(土)
■料金
・MOSH\'SH SEAT (スタンド指定席) ¥8,640 (税込)
※3 歳以下入場不可(4 歳以上チケット必要)



【関連リンク】
元記事
BABYMETALまとめ
GLIM SPANKY、大阪城音楽堂ワンマンも大盛況のうちに終了!
OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, メタル

GLIM SPANKY、大阪城音楽堂ワンマンも大盛況のうちに終了!
Sun, 18 Jun 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYが、6月17日(土)に大阪城音楽堂で『GLIM SPANKY 野音ライブ 2017』を行なった。日中の暑さにもかかわらず、会場内は大勢の人で埋め尽くされた。日比谷野音でのライブの模様を知った上で、駆け付けたファンも多いようだ。

オープニングの登場シーンでは、メンバーが一人一人登場し、まずは「アイスタンドアローン」を演奏。演奏後「こんにちはGLIM SPANKYです」と言うと待っていた観客からの大歓声に包まれる。曇り空で多くの樹木に囲まれ、時々吹くそよ風が、ステージ上の雰囲気と重なり合っていて、とてもよく似合っている。続いて「E.V.I」「時代のヒーロー」を演奏。後方の芝の上では寝転がってリラックスしながら聴いている人もいる。家族連れの方もいる。次の「褒めろよ」で一気に場内のボルテージを上げ、観客も掛け声とともに盛り上がり、曲の最後で亀本がギターのソロで前に出ると、そのビートに合わせて、さらに盛り上がった。引き続き、亀本のギターのソロから入った「ダミーロックとブルース」、曇った空の幻想的な雰囲気と曲が合った「闇に目を凝らせば」。松尾の声が自然の中に溶け込んでいく様子で、会場全体とても心地良い雰囲気を醸し出している。続いての「NIGHT LAN DOT」では、最後の松尾のアコースティック・ギターの音まで自然に溶け込ませている。「MIDNIGHT CIRCUS」の冒頭部分では各楽器でセッションをおこない曲に入り、バンドならではの演奏シーンを披露。芝生では家族連れの子ども達が遊んでいる。

松尾はギターを置いて、両手を前に繋いで歌う、松尾の声がとても印象に残り、大自然の中に響き渡った「お月様の歌」。松尾は「自然の中に合う曲もやるし、きっと、みんなで歌えるような、歌うか歌わないかはみなさんの自由ですが、自由に楽しめる曲をいっぱい用意してきたので、今日はよろしくお願いします!」と言うと大歓声が沸き起こった。その通りに場内も立ってみる人・座ってみる人・寝転がってみる人・遊ぶ人と様々だ。「風に唄えば」「太陽を目指せ」「Freeder」とテンポの良い楽曲が3曲続いた後に、座っていた人も冒頭から立ち上がった「NEXT ONE」。ドラムの一定の重低音をベースとした重厚感のある楽曲に両手をあげて手拍子する観客。続いて「いざメキシコへ」、メンバー紹介を入れての「Gypsy」。昨年、映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌となり、大ヒットした「怒りをくれよ」を演奏し、場内を大いに盛り上げた。

松尾は葉巻の箱で作られた、シガーボックス・ギターに換えて「夜風の街」を披露。ブルースロック調のこの曲は、とても大阪の街に似合っている。シガーボックス・ギターの音色を最後まで響き渡らせていた。そして、テレビ朝日系列『警視庁・捜査一課長 season2』主題歌となった「美しい棘」を披露。野外で聴く、このメロディーはとても聴き心地が良く、観客も少しだけ体を揺らしながら、演奏を聴き入っている様子だ。

アンコール演奏前には、9月に3rdアルバムを発売することを告知し、松尾は「GLIM SPANKYなりの攻めで、日本語だけど、世界の人に届けられるアルバムになると思います。」と話すと大歓声に包まれた。そして、松尾が思いっきり息を吸い込んで歌い始めた「大人になったら」。最後に「ワイルド・サイドを行け」を演奏し、全20曲を披露。夜になっても暑さ冷めやらず、来場者を大いに盛り上げた。

ライブ中の告知であったように、9月に3rdアルバムを発売し、10月に全20公演となる全国ツアーが開始となり、来年1月には台湾、香港でワンマン公演が決定したGLIM SPANKY。9月のアルバム詳細と、台湾・香港の詳細は後日発表される。今から待ち遠しい限りだ。日本での勢いは、さらに上昇し、いよいよ世界の舞台へと踏み始めたGLIM SPANKY旋風。その勢いはとどまるところを知らない。GLIM SPANKYにとって、今年の夏は昨年よりも熱くなりそうだ。

Photo by ハヤシマコ

■全国ワンマンライブツアー情報

10月14日(土)長野県 長野 CLUB JUNK BOX
10月15日(日)長野県 松本 ALECX
10月20日(金)熊本県 熊本 B.9 V1
10月22日(日)福岡県 福岡 DRUM LOGOS
10月28日(土)北海道 札幌 PENNY LANE24
11月03日(金・祝)京都府 京都 磔磔
11月05日(日)広島県 広島 広島CLUB QUATTRO
11月11日(土)石川県 金沢 EIGHT HALL
11月12日(日)新潟県 新潟 studio NEXS
11月17日(金)宮城県 仙台 Rensa
11月18日(土)福島県 郡山 HIPSHOT JAPAN
11月23日(木・祝)大阪府 大阪 なんばHatch
11月25日(土)岡山県 岡山 YEBISU YA PRO
11月26日(日)島根県 松江 B1
12月02日(土)高知県 高知  X-pt.
12月03日(日)香川県 高松 DIME
12月09日(土)静岡県 清水 SOUND SHOWER ark
12月10日(日)愛知県 名古屋 DIAMOND HALL
1月05日(金)東京都 新木場 STUDIO COAST
1月06日(土)東京都 新木場 STUDIO COAST

<チケット先行予約(公式)スケジュール>
FC先行:6月17日(土)21:00〜7月2日(日)23:00
オフィシャルサイト先行:7月6日(木)21:00〜7月10日(月)23:00



【関連リンク】
元記事
GLIM SPANKYまとめ
the peggies、全国ツアーファイナルで新シングル&自主企画ライブ発表
OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ワンマン, レポート

the peggies、全国ツアーファイナルで新シングル&自主企画ライブ発表
Sun, 18 Jun 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月10日に「ドリーミージャーニー」でメジャーデビューしたthe peggiesが、全国ツアー「the peggies ドリーミージャーニーツアー 2017〜野生のペギーズが現れた!!!〜」のツアーファイナルを恵比寿LIQUIDROOMにて行なった。

ライブの一曲目は「アイラブユー」という、北澤ゆうほが初めて作詞作曲をした、いわばthe peggiesの始まりともいえる楽曲で、記念すべき初となる全国ツアーのファイナル公演をスタートさせた。続いて「ときめき?シンフォニー」「金曜日の夜」とアップテンポなロックナンバーで会場をあっという間に惹きつけ、駆け抜けていく。さらに「スプートニク」「MOTTO」「ATOM」とthe peggiesの強みでもある、かっこかわいい楽曲たちをストイックに惜しみなく演奏し、さらに会場を盛り上げ、早くも最高潮に。

「青春というものには年齢とか関係なくて、恥ずかしいところ、がむしゃらなところを人に見られても、自分の信じたものに一生懸命に向かう姿、それこそが青春という想いを込めて歌った曲です」と、「青春なんかに泣かされて」を披露。続いて新曲で恋人との別れを女性目線で歌った、“聴かせる刹那バラード”「ずっと」で会場を魅了する。かっこかわいいが持ち味であるthe peggiesのかっこいいの側面を魅せるナンバー「JAM」、新曲「ネバーランド」を披露し、マイナー調の無骨なロックナンバーでソリッドで攻撃的な表現とパフォーマンスで圧倒した。

そしてライブではもはや定番のメジャーデビューシングル「ドリーミージャーニー」のカップリング曲としても収録されている、コールアンドレスポンスで盛り上がり必須の「ちゅるりらサマフィッシュで」で会場の歓声は一体となった。「ボーイミーツガール」「LOVE TRIP」で恋や愛を唄ったピュアでロックで疾走感のある楽曲で後半戦も勢いを落とさずライブを展開していく。そして、ツアータイトルにもなり、メジャーデビュー曲の「ドリーミージャーニー」でバンドとしての今後の大いなる可能性とスケールの大きさを連想させるようなパフォーマンスで本編を終える。

アンコールでは9月6日にリリースする2ndシングルの「BABY!」と9月15日に渋谷WWWで行う自主企画ライブ『ダブダブdeベビベビ』が発表され、そのままの流れで新曲「BABY!」を披露。
最後にインディーズ時代から大切に歌い紡いできた、代表曲ともいえる「グライダー」で締めくくり、全国ツアーを大盛況のまま完走した。この夏は全国各地でイベントやフェスにも出演。ライブバンドしても着実に成長していくthe peggiesに要注目だ。

■【セットリスト】

01.アイラブユー
02.ときめき?シンフォニー
03.金曜日の夜
04.スプートニク
05.MOTTO
06.ATOM
07.青春なんかに泣かされて
08.ずっと
09.JAM
10.ネバーランド
11.ちゅるりらサマフィッシュ
12.ボーイミーツガール
13.LOVE TRIP
14.ドリーミージャーニー
-アンコール-
01.BABY!
02.グライダー

■シングル「BABY!」

2017年9月6日発売
【初回生産限定盤】
ESCL-4907〜4908/¥1,389+税
【通常盤】
ESCL-4909/¥972+税
<収録曲>
■CD
1.BABY!
2.ずっと
■DVD
BABY! Music Video

■自主企画ライブ『ダブダブdeベビベビ』

9月15日(金)渋谷 WWW
<チケット>
オールスタンディング ¥3,300 (ドリンク代別)
チケット1次先行予約受付期間:6月 17日 (土) 21:00 〜 6月 25日(日) 23:00
受付URL:http://eplus.jp/thepeggies0915hp/
一般発売:7月22日(土)



【関連リンク】
元記事
the peggiesまとめ
MUCC×TOWER RECORDS CAFE、限定オリジナルラベルビール販売決定!
OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
the peggies
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ガールズバンド, レポート

MUCC×TOWER RECORDS CAFE、限定オリジナルラベルビール販売決定!
Sun, 18 Jun 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在TOWER RECORDS CAFE渋谷店、梅田NU茶屋町店にて開催中の『MUCC×TOWER RECORDS CAFE』にて、6月18日(日)より「MUCC×TOWER RECORDS CAFEオリジナルラベルビール」の発売が決定した。

シンプルな味わいの中にホップの魅力が凝縮されており、オレンジやマスカットを思わせる香り、穏やかで軽快な苦みは“きれいな味”という表現がぴったりのビール、サンクトガーレンゴールデンエールを使用しているとのこと。

このオリジナルラベルビールの空き瓶は持ち帰えることができるとのこと。ぜひ6月20日、6月21日に控えた日本武道館でのライヴの前にタワーレコード渋谷店に立ち寄って記念に注文してみてはいかがだろうか。

■『MUCC×TOWER RECORDS CAFE』

・TOWER RECORDS CAFE 渋谷店 
開催期間:6月6日(火)〜6月21日(水)10:00〜22:00(L.O 21:00)
http://tower.jp/restaurants/cafe/shibuya 

・TOWER RECORDS CAFE梅田NU茶屋町店 
開催期間:6月13日(火)〜6月21日(水)11:00〜22:00(L.O 21:00)
http://tower.jp/restaurants/cafe/umedanuchayamachi 

■新メニュー
【MUCC×TOWER RECORDS CAFEオリジナルビール】¥1,000(税込)

■『MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 飛翔への脈拍 〜そして伝説へ〜』

〜第I章 97-06 哀ア痛葬是朽鵬6〜
6月20日(火) 東京・日本武道館
〜第II章 06-17 極志球業シ終T〜
6月21日(水) 東京・日本武道館



【関連リンク】
元記事
MUCCまとめ
Anly、シングル「北斗七星」リリース&発売記念イベント開催決定
OKMusic
ヴィジュアル一覧

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
ヴィジュアル, ニュース

Anly、シングル「北斗七星」リリース&発売記念イベント開催決定
Sun, 18 Jun 2017 15:00:00 +0900


Anlyが8月9日に6thシングル「北斗七星」をリリースする。それに併せて、リリースを記念したライブイベントの開催も発表された。

今作はAnlyがデビューする前の高校時代に作られたもので、その楽曲の持つクオリティ、メッセージ性は多くのファンや音楽関係者を唸らせ、発売が待望されていた。夏の壮大な星空を想起させるバラードナンバーに仕上がっており、夏を代表するスタンダードとして語り継がれるポテンシャルを秘めている。撮り下ろされたアーティスト写真は、日本で最も美しい星空が見られると環境省からも「日本一の星空」として認定された長野県阿智村で撮影が行なわれた。楽曲の持つスケール感を色濃く映し出す象徴的なキービジュアルになっている。

8月12日(土)に都内某所にて開催するシングルリリースを記念したライブイベント『アン“リィ”プラグド』は、シングル購入者を対象にした先着順による招待制イベントになる予定。イベントタイトルからも連想できるように“独り弾き語りでもない”“ロックバンド編成でもない”生音にこだわった「新しいAnly」を観ることができるので、見逃す手はない。

■シングル「北斗七星」

2017年8月9日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9451〜9452/¥1,389+税
【通常盤】(CD Only)
SRCL-9453/¥1,111+税

■シングル「北斗七星」CD購入者対象・招待イベント『アン“リィ"プラグド』

8月12日(土)都内某所 
※イベントの詳細・応募方法などは近日中に発表予定です。関西方面でも開催調整中。



【関連リンク】
元記事
Anlyまとめ
桑田佳祐、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』出演決定!
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
Anly
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, シングル, リリース

桑田佳祐、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』出演決定!
Sun, 18 Jun 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

桑田佳祐が、8月6日(日)の『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』に出演することが発表された。

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』の6月7日(水)の出演者第4弾発表で数多くのアーティストが発表された中、なぜか8月6日公演にだけ「and more…」と記載され音楽ファンの間で様々な憶測を呼んでいた。

自身のレギュラーラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』で「夏フェスなんて絶対出ません!」と冗談交じりに話していた桑田が本当に夏フェスに参戦するというのだから今回の知らせは驚きだ。サザンオールスターズとして2005年に出演、ソロとしては2002年以来なんと15年ぶりとなる。桑田佳祐ソロ30周年イヤーである2017年に満を持して出演する『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』の舞台。一線を画す桑田のスケールの大きなステージは絶対に見逃さないでほしい!

■『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』

8月6日(日)国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)
開場8:00/開演10:30/終演予定19:30

■『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』公式サイト
http://rijfes.jp



【関連リンク】
元記事
桑田佳祐まとめ
サザンオールスターズまとめ
amazarashi、初の地元青森でツアーファイナル開催決定
OKMusic

【関連アーティスト】
桑田佳祐, サザンオールスターズ
【ジャンル】
J-POP, ニュース

amazarashi、初の地元青森でツアーファイナル開催決定
Sun, 18 Jun 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

amazarashiが、地元である青森のリンクモア平安閣市民ホール(青森市民ホール)にて初の凱旋ライブを開催することを発表した。

amazarashiは現在、3月29日に発売した初のベストアルバム『メッセージボトル』を提げた全国ツアー『amazarashi Live Tour 2017「メッセージボトル」』を行っており、そのファイナル公演として青森での凱旋ライブを行う。また6月17日19時より、オフィシャル モバイルサイト「APOLOGIES」にてチケット先行予約を開始した。

最優先チケット先行予約オフィシャルモバイルサイト「APOLOGIES」
6月17日(土)19:00〜6月19日(月)23:59 (会員のみ)
6月20日(火)12:00〜6月25日(日)23:59 (会員同行者含む)
■amazarashi オフィシャルモバイルサイト http://m.apologies.jp/

■amazarashi Live Tour 2017「メッセージボトル」

6月23日(金)東京・中野サンプラザ ※SOLD OUT
6月30日(金)北海道・Zepp Sapporo※5月5日 振替公演
8月13日(日)青森・リンクモア平安閣市民ホール (青森市民ホール)

<チケット>
前売¥5,500(ドリンク代別)/当日¥6,500(ドリンク代別)
※6月23日中野サンプラザはドリンク代なし



【関連リンク】
元記事
amazarashiまとめ
Sakuが日本工学院蒲田校での特別講義で
就活生に生歌でエール!

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ニュース

Sakuが日本工学院蒲田校での特別講義で就活生に生歌でエール!
Sun, 18 Jun 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターのSakuが6月13日に日本工学院蒲田校で特別講義を開催! 自身の経験談を話した他、映画『ビリギャル』劇中歌「START ME UP」を弾き語りで披露し、就活中の学生へエールを贈った。

Sakuが特別講義を行なったのは、日本工学院蒲田校ミュージックカレッジ コンサートイベント科「イベントメディア研究」という授業で、音楽ライター榑林史章氏が講師を務める他、音楽フリーペーパー「okmusic UP’s」と連動し、音楽業界への就職を目指す約360名が受講している。Sakuは、タワーレコード渋谷店のスタッフとして働きながら音楽活動を続け、2015年に映画『ビリギャル』劇中歌「START ME UP」でメジャーデビューしたことから、自身の経験を語ることで就活生の参考になればと、2年前から同特別講義を行なっている。

この日は「出会いの大切さ」や「チャンスの掴み方」など、テーマを設けて語った。「出会い」では、ビートルズが好きだった父親の影響で音楽に興味を持ち始めたこと。中学生の時に路上ライブをやって、サラリーマンからもらった500円玉を今も自身の原点として大切に持っているなど話した。

また、「チャンス」ではタワーレコード渋谷店で働くことになった経緯を話した。タワーレコード渋谷店は多種多様なジャンルのスペシャリストがスタッフとして働いていることから、幅広い音楽を勉強することが出来る場所として、どうしても入りたかったとのこと。本来は郵送するはずの履歴書を、直接お店に持って行ったというエピソードを披露し、学生達はSakuの熱意と行動力に驚きながらも、彼女の言葉を真剣な表情でメモに取っていた。

講義の最後には「START ME UP」をアコギの弾き語りで披露。「START ME UP」は目標に向かって突き進む人の背中を押す歌詞が就活中の学生にぴったりの選曲だと言える。Sakuのエモーショナルな歌声とパワフルなギターのカッティングに、静かに耳を傾けた学生達。授業が終わると「感動した」「鳥肌が立った」と、教室という超至近距離でのスペシャルライブに心を揺さぶられた様子だった。

なお、Sakuは4thミニアルバム『KENSAKU E.P.』のリリースを記念して、7月7日(金)に東京・TSUTAYA O-NESTで、ワンマンライブ「Saku “KENSAKU E.P.”Release LIVE!!!!!!!!」を開催する。

■ミニアルバム『KENSAKU E.P.』

2017年5月3日(水)発売
AICL-3323/¥1,500+税)
<収録曲>
1. 検索
2. 最初から君は
3. スタンプ
4. サークルフェイス

■『Saku KENSAKU E.P. Release Live!!』

7月07日(金) SHIBUYA TSUTAYA O-NEST
open18:30 start19:00
前 ¥2500 当 ¥3000
※ドリンク代別 
http://eplus.jp/saku77/



【関連リンク】
元記事
Sakuまとめ
3markets[ ]、シングル「バンドマンと彼女」MV公開
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
Saku
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター

3markets[ ]、シングル「バンドマンと彼女」MV公開
Sun, 18 Jun 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3markets[ ]が、それでも世界が続くなら篠塚氏をプロデューサーに迎えたシングル「バンドマンと彼女」のMVを公開した。

この曲は、Vo.カザマの実際の彼女との実話を赤裸々に綴った楽曲で、MVはジャケットイラストを担当した漫画家の世紀末氏とのコラボとなっている。それでも世界が続くならの篠塚氏や世紀末氏の参加により、サウンド面でも映像面でも、今まで以上にリアルに3markets[ ]のメンバーの本当の姿が映し出されたMVとなっており、各方面でも話題となりそうだ。

■「バンドマンと彼女」MV


https://youtu.be/d7cGEUrjqjg■プロデューサー篠塚将行(それでも世界が続くなら)コメント

会うたびに、かざまくんが今回のリリースのことを心配しているんだけど、よかったら聴いてみてほしい。聴いたら、「そんな心配いらない」って会うたびに言ってる、僕の気持ちがきっと解ると思うんです。俺はこの曲を、本当にいい曲だって心底思ってるんだよ、かざまくん。

篠塚将行 /それでも世界が続くなら
P.S この場を借してくれてありがとうございます

■シングル「バンドマンと彼女」

2017年7月19日発売
LFRR-0002/¥1,000+税
※TOWER RECORDS/ヴィレッジヴァンガード限定販売
<収録曲>
1.バンドマンと彼女
2.あきた
3.パピコ
4.ごぜんさんじ



【関連リンク】
元記事
3markets[ ]まとめ
欅坂46、7月19日に1stアルバムをリリース
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
3markets[ ]
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ニュース, ミュージックビデオ

欅坂46、7月19日に1stアルバムをリリース
Sun, 18 Jun 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

欅坂46が2017年6月16日、緊急放送となったSHOWROOMでの配信にてキャプテン菅井友香と副キャプテン守屋茜から1stアルバム発売を発表した。

視聴者数は10万人を超え、「5thシングルのリリースの発表か?」と予想する声も多い中、アルバムリリースの発表がアナウンスされると多数の視聴者コメントが送られ、期待値の高さがうかがえた。さらに、新曲が全3形態合計で16曲収録されることに加えて、今作で新たに結成された新ユニットも発表。

配信終盤では6月19日(月)21時からもう1つ発表があるとのことで、そのSHOWROOM配信についても予告された。次はどんな発表があるのかこちらも目が離せない。

■アルバム『タイトル未定』

2017年7月19日発売
【初回仕様限定盤TYPE-A】(2CD+1DVD)
SRCL-9482〜9484/¥4,611+税
【初回仕様限定盤TYPE-B】(2CD+1DVD)
SRCL-9485〜9487/¥3,981+税
【通常盤】(CD)
SRCL-9488/¥2,500+税

■初回仕様限定盤共通封入特典
「スペシャルイベント&プレゼント応募チラシ」1枚封入
※スペシャルイベント&プレゼントの応募詳細に関しましては、後日オフィシャルサイトにて発表させて頂きます。

■1stアルバム発売記念個別握手会

7月29日(土)京都・京都パルスプラザ
8月13日(日)愛知・吹上ホール
9月10日(日)千葉・幕張メッセ

※詳細はforTUNEmusicをご参照下さい。
http://fortunemusic.jp/



【関連リンク】
元記事
欅坂46まとめ
ハルカトミユキ、新アルバム『溜息の断面図』から「終わりの始まり」MV公開
OKMusic
女性アイドル一覧

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, アルバム, リリース

ハルカトミユキ、新アルバム『溜息の断面図』から「終わりの始まり」MV公開
Sat, 17 Jun 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ハルカトミユキが、6月28日にリリースされるニューアルバム『溜息の断面図』より「終わりの始まり」のMVをフルサイズで公開。また、同アルバムの特設サイトがオープンした。

この時代に音楽で戦うとはどういうことなのか?"怒り"や"違和感" を言葉に変えて歌うとはどういうことなのか?「限界だ全部 殺されてしまったみんな 麻酔が効いちゃって不幸せが大好きだ」というサビが待ちかまえる「終わりの始まり」は、閉塞感のある日常の“生きづらさ”と心情をありのままに描写し、誰もが飲み込んだままにしている「限界だ」「殺されてしまった」というストレートなフレーズをきっぱりと言い切ったキレ味鋭いナンバー。一部ラジオ局ではOAをためらわれていることもあり、急遽映像化(歌詞入りで)して公開されることとなった。    

また、アルバム発売に向けて特設サイトが公開。音楽ジャーナリスト 宇野維正氏のライナーノーツや、本人たちによる楽曲解説など、アルバムへの期待が膨らむ非常に見応えのあるものとなっている。尚、Gt/Vo のハルカもこのアルバムに対して文章を寄せている。彼女にとって、歌とは?言葉とは? 今作に向ける決意と意気込みが感じられ、アルバムへの期待は募るばかりだ。

また、アルバム発売日から3日連続でtacica、peridots、きのこ帝国とそれぞれ2マンライブを行う“レコ発3days”が渋谷で開催される。先日、ライブ全会場で終了後にサイン会を行うこともアナウンスされたこのライブは正にアルバムの新曲をいち早く聴く機会となる。加えてインディーズデビューから5周年を迎える2017年、ROCK IN JAPAN FESTIVALにも3年振りに出演決定(出演日は8/12)。これまで夏フェスにはあまり積極的ではなかった彼女たちが久しぶりにひたちなかに登場する。そして、9月2日(土)に開催される3年連続となる日比谷野音ワンマンの一般発売がスタートしている。ブレイクスル―前夜、クールな彼女たちの夏が非常に熱を帯びつつある。

■アルバム『溜息の断面図』特設サイト
http://arena.emtg.jp/r/harukatomiyuki/3rd_album/

■「終わりの始まり」MV


https://youtu.be/vKYyls2jqno■Gt&Vo.ハルカ コメント

「溜息が溜息のままなのは、違和感が違和感のままなのは、それを表現する言葉を持っていないから。それをチープで安直な言葉に置き換えて、自分を騙したり他人を攻撃することは容易い。でもそうして言葉を選ばなくなることは思考停止です。情報の玉石混淆甚だしく感受性を守ることすら難しいこの時代に、歌に何ができるのか。言葉によって世界が創られたならこれから世界はどんどん狭くなっていく... (続く)」

■アルバム『溜息の断面図』

2017年6月28日発売
【初回盤】(2CD)
AICL-3354/3355/¥3,990(税込)
【通常盤】(CD)
AICL-3356/¥2,800(税込)
<収録曲>
■CD
[Disc-1](初回・通常共通)
01.わらべうた
02.Stand Up, Baby
03.Sunny, Cloudy
04.終わりの始まり
05.Fairy Trash Tale
06.WILL(Ending Note)
07.宝物
08.近眼のゾンビ
09.インスタントラブ
10.僕は街を出てゆく
11.嵐の舟
12.種を蒔く人

[Disc-2](初回盤のみ)
*待望の初音源化「LIFE 2」収録
LIVE at 日比谷野外大音楽堂 [2016/9/24]
01.世界
02.バッドエンドの続きを
03.Hate you
04.Pain
05.奇跡を祈ることはもうしない 
06.夜明けの月
07.Are you ready?
08.見る前に踊れ
09.DRAG&HUG
10.振り出しに戻る 
11.ニュートンの林檎
12.光れ
13.LIFE 2
14.ドライアイス

■『アルバム レコ発 3days』

6月28日(水) SHIBUYA WWW X with tacica
開場 18:30/開演 19:00
LIVE:tacica、ハルカトミユキ

6月29日(木)SHIBUYA WWW with peridots
開場 18:30/開演 19:00
LIVE:peridots with 河野圭・横山竜一、ハルカトミユキ

6月30日(金) SHIBUYA CLUB QUATTRO with きのこ帝国
開場 18:15/開演 19:00
LIVE:きのこ帝国、ハルカトミユキ

<チケット>
前売:全自由 ¥3,900/当日券:全自由 ¥4,500 ※D代別

★ハルカトミユキ モバイル会員限定、3DAY通し券(限定オリジナルTシャツ付)2次販売
受付期間:6/1(木)18:00〜6/7(水)23:59
▼スマートフォンからアクセス
http://arena.emtg.jp/harukatomiyuki/



【関連リンク】
元記事
ハルカトミユキまとめ
Coldplay、新EP『Kaleidoscope EP』の全貌を公開
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ニュース, ミュージックビデオ

Coldplay、新EP『Kaleidoscope EP』の全貌を公開
Sat, 17 Jun 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年4月にキャリア初となる東京ドーム公演を見事ソールドアウトで日本中を沸かせたイギリスのロックバンド・Coldplayが、新曲含む5曲入りのEP『Kaleidoscope EP』の詳細を発表した。

フロントマン、クリス・マーティンの誕生日である3月2日にアナウンスされた本作は、2015年12月にリリースされ世界で500万枚以上をセールスを記録、iTunesでは90か国で1位を獲得、イギリスにおいてはTOP 10に38週にもわたりランクインを果たしたモンスター級のアルバム『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ / A Head Full Of Dreams』の兄弟盤的な立ち位置の作品となっており、デジタルEPが2017年7月14日に先行でリリースされ、8月4日にCDとしてリリースされる事が決定となった。

プロデューサーにはコールドプレイの作品を多く手掛け、グラミー賞受賞経験もあるリク・シンプソンをはじめ、同じくコールドプレイ作品に多く携わってきたダニエル・グリーン、ビル・ラコーの3人を迎えて制作された今作はCDとしては全て新曲の全5曲入りEPとなる。

「ミラクルズ(サムワン・スペシャル)」ではデトロイト出身のラッパー、ビッグ・ショーンをゲストとして迎えており、さらに今作ではなんと、先日行われた東京ドーム公演にて全世界初披露となった新曲「オール・アイ・キャン・シンク・アバウト・イズ・ユー」や、ザ・チェインスモーカーズとのコラボ曲として大ヒットを記録した「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」の東京公演ライヴバージョンも特別に収録!東京ドームを埋め尽くした4万5千人のファンの圧巻の大合唱が収められたこの作品は、日本のファンにとっては本当に特別なものになること間違いなし!

EP『Kaleidoscope EP』のプレオーダーはiTunes Storeで実施中。プレオーダー手続きが完了すると先行で発表された「オール・アイ・キャン・シンク・アバウト・イズ・ユー」が早くもダウンロード可能になっている。またこの「オール・アイ・キャン・シンク・アバウト・イズ・ユー」のリリック・ビデオは現在バンドのYouTubeチャンネルで公開中!

■All I Can Think About Is You (Official Lyric Video)


https://youtu.be/KnLNG0WnGsI■EP『Kaleidoscope EP』

2017年8月4日発売
WPCR-17806/¥1,389+税
<収録曲>
1.All I Can Think About Is You
2.Miracles (Someone Special) - Coldplay&Big Sean
3.A L I E N S
4.Something Just Like This (Tokyo Remix) - Coldplay&The Chainsmokers
5.Hypnotised

■iTunes Store プレオーダーURL
https://itunes.apple.com/jp/album/kaleidoscope-ep/id1248904974?app=itunes&at=10l6Y8



【関連リンク】
元記事
Coldplayまとめ
GOOD ON THE REEL、全国ツアー『グアナコの行進』閉幕
OKMusic
洋楽一覧

【関連アーティスト】
Coldplay
【ジャンル】
洋楽, ニュース

GOOD ON THE REEL、全国ツアー『グアナコの行進』閉幕
Sat, 17 Jun 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GOOD ON THE REELの自身最大規模となる全国ツアー『HAVE A "GOOD" NIGHT Vol.51〜70「グアナコの行進」』20本目となるツアーファイナルが、彼らにとって初のホールワンマンとなる中野サンプラザにて行なわれた。

イントロダクションのSEに歓声が湧き上がると、砂漠をイメージしたステージセットの前に、岡?広平(Gt.)、高橋誠(Dr.)、伊丸岡亮太(Gt.)、宇佐美友啓(Ba.)、千野隆尋(Vo.)と、メンバーが1人ずつ順番に登場。「こんばんは、GOOD ON THE REELです、どうぞよろしく!」との力強い挨拶と共に1曲目「砂漠」が披露され、グアナコの“最後の行進”が幕を開けた。続く「雨天決行」「それは彼女の部屋で二人」「ユリイカ」と、ステージを所狭しと駆け回る千野のパフォーマンス、圧倒的なサウンドの迫力に、会場は一気に一体感に包まれた。

2017年2月にリリースされた最新アルバム『グアナコの足』を携えて全国を巡った今回のツアー。タイトルにもある“グアナコの足”とは、世界で最も乾燥している地域、アタカマ砂漠に大雨が降った後に砂漠一面に花が咲き、幻想的な風景を作りだす現象のこと。千野は「このグアナコの花のように、感動の花を1ヶ所1ヶ所咲かせたいと思ってスタートした今回のツアー。今日も会場に足を運んでくれたたくさんの人に感動の花を咲かせたい」と語りかけたMCに続き、「あいつ」「小さな部屋」「ひらり」を披露。

“失くしてから気づく大切な想い、たくさん笑ってたくさん泣いた2人の物語”を描いたという「24時間」、ステージに浮かび上がった大きな傘の下にメンバーがすっぽり入った演出の中演奏された「透明な傘の内側から」、アルバム『グアナコの足』に収録の人気曲「zzz」「冬の羊」を披露。さらに「泣いても笑っても今日が最後!」と気合いを入れた宇佐美のMCから、「サーチライト」「ホワイトライン」「REM」「Drop」と重厚感のあるドラム、ベース、ギターにエモーショナルなヴォーカルが映える楽曲が続く。

千野は「1つ1つやってきた、今日も今日とて特別。俺らはいつも通り俺らの音楽で、俺らにしか作れない空間を作ってみんなを笑顔にしたいんだ!」と語り盛り上げると、ステージも後半戦に突入。「素晴らしき今日を始めよう!!」の合言葉で「素晴らしき今日の始まり」のイントロが流れると、オーディエンスのボルテージも一気に上昇。そのまま「rainbeat」「灯火」とPOPでカラフルな楽曲が会場を彩る。

本編の最後に演奏されたのは「銀河鉄道の朝」。「未来は自由に描くことができる。描くことによって目指すことができる。もし最後に叶わなくても、描かなかった自分よりは少し前に進めると思う。俺らにも続きがあるなら、あなたにも続きがあるなら、次また会えるなら、ほんの少しでいい、前に進んだ自分で会おうね」との千野のメッセージと共に、壮大なサウンドで本編が終了。

鳴り止まない拍手と歓声に、メンバーが再びステージに登場するとアンコールとして、ホール全体が美しくライトアップされた中「シャボン玉」を歌唱。スタッフからプレゼントされたというオリジナルのリストバンドを付けたメンバー。暖かい空気感の中、ライヴ定番曲「シャワー」のサビでは一斉にフリ付きで盛り上がり、会場は再び大きな一体感に包まれた。ラストはWアンコールとして、今ツアーで初披露となる名曲「ハッピーエンド」で締めくくった。

全力疾走で駆け抜けたこの3ヶ月、総移動距離12,000kmを超えた今回の全国ツアーを経て、更なる成長を遂げたGOOD ON THE REEL。これからの活躍も非常に楽しみだ。

photo by 佐藤 広理

■【セットリスト】

1.砂漠
2.雨天決行
3.それは彼女の部屋で二人
4.ユリイカ
5.あいつ
6.小さな部屋
7.ひらり
8.24時間
9.透明な傘の内側から
10.zzz
11.冬の羊
12.サーチライト
13.ホワイトライン
14.REM
15.Drop
16.素晴らしき今日の始まり
17.rainbeat
18.灯火
19.銀河鉄道の朝
20.シャボン玉
21.シャワー
22.ハッピーエンド



【関連リンク】
元記事
GOOD ON THE REELまとめ
ヒスパニ×ヴィレヴァンの期間限定ショップオープン決定
OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
GOOD ON THE REEL
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ライブ・フェス, ニュース

ヒスパニ×ヴィレヴァンの期間限定ショップオープン決定
Sat, 17 Jun 2017 18:00:00 +0900


ヒステリックパニックが、6月21日にミニアルバム『LIVE A LIVE』を発売することを記念して、全国3都市にてリリース日よりヒステリックパニック×ヴィレッジヴァンガード期間限定ショップ『ヴィレパ二』のオープンが決定した。元々インディーズ時代からバンドを大プッシュしてくれていたヴィレッジヴァンガードから “作品のリリースタイミングにヒスパニとのコラボグッズを制作し販売したら面白いのでは” と提案を受けた事をきっかけにとんとん拍子に話は進み、やるなら期間限定で店舗を作ろうという事で、期間限定ショップ『ヴィレパニ』のオープンに至った。

ショップ会場は、バンドの地元である名古屋、東京、大阪の全国3店舗。ショップオリジナルデザインによる限定グッズの販売や、UNCOOL IS COOL.[ダサイはカッコイー]をテーマに個性的なグッズが話題を呼んでいるPUNK DRUNKERSによるショップ限定トリプルネームTシャツ、ripdw(RIP DESIGN WORXX)&ヒステリックパニック Vo.とも完全監修黒シャツ、145:FOURTEEN FIVEのブランドコラボグッズほか、さらに今では手に入らないヒスパニの過去のグッズも限定で復刻販売される予定となっている。さらに、2017年3月に発売されたPUNK DRUNKERS編VAG(VINYL ARTIST GACHA)SERIES 10『ぽっちゃいつ』ヒステリックパニックver.も発売決定!おなじみの『あいつ』がぽっちゃり気味に!さらになんとヒスパニカラーで展開される予定だ。

あわせて、『LIVE A LIVE Special Trailer』も公開となった。ヒスパニ史上最もへヴィでダークなラブ・ソング「ガチ恋ダークネス」以外の収録曲も聴けるこのトレイラ―は、ミニアルバム『LIVE A LIVE』全7曲の収録楽曲の全貌がわかるものになっている。6月21日の発売までこちらをチェックして待っていてほしい。

■ミニアルバム『LIVE A LIVE』トレイラー映像(歌詞付き〜ネタバレ注意)


https://youtu.be/abbfE2LdkA8■ミニアルバム『LIVE A LIVE』

発売中
VICL-64803/¥2,100+税

<収録曲>
■CD
1.A:LIVE
2.ガチ恋ダークネス
3.月曜日が始まんで〜
4.Head Bang!
5.全日本ぬるぬる音頭
6.ブルーバード
7.swan song

■ヒステリックパニック×ヴィレッジヴァンガード期間限定ショップ『ヴィレパニ』

【東京会場】
LUMINEMAN渋谷 ヴィレッジヴァンガード特設催事場1F
〒150-0041 東京都渋谷区神南1ー22ー11
営業時間 11:00〜21:00 TEL:080-5811-1541
期間:6/21(水)〜6/30(金)

【名古屋会場】
近鉄パッセ ヴィレッジヴァンガード特設会場7F
〒450-0002 名古屋市中村区名駅1-2-2
営業時間 10:00〜20:00  TEL:052-561-7467
期間:6/21(水)〜7/9(日)

【大阪会場】
心斎橋OPA ヴィレッジヴァンガード特設会場4F
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1丁目4-3
営業時間 11:00〜21:00  TEL:06-6282-8167
期間:6/21(水)〜6/30(金)

購入者先着特典(全店舗共通)も決定詳細はこちら http://www.hystericpanic.com/



【関連リンク】
元記事
ヒステリックパニックまとめ
THE 夏の魔物、杉田智和・マフィア梶田ら参加の新曲MV公開
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
ヒステリックパニック
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ニュース, トレーラ

THE 夏の魔物、杉田智和・マフィア梶田ら参加の新曲MV公開
Sat, 17 Jun 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE 夏の魔物が、7月12日にVAPよりメジャーリリースするEP『シン・マモノボンバイエ EP』から、「シン・魔物BOM-BA-YE 〜魂ノ共鳴編〜」のミュージックビデオが公開された。

この楽曲は、作曲をヒャダインこと前山田健一が手掛け、作詞はももいろクローバーZ楽曲等を数多く関わる只野菜摘が前山田と共作し、浅野尚志が編曲、シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba.えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンドスタイルでのレコーディングが行なわれた作品。ライブでも代表曲として人気の高い「魔物、BOM-BA-YE 〜魂ノ覚醒編〜」の続編として位置付けられる完全新規楽曲で、前作に引き続き曲中ナレーションに『銀魂』の坂田銀時、『ジョジョの奇妙な冒険』のジョセフ・ジョースター、『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョンなどの声優として有名な杉田智和が参加したことが発表された。

今回公開されたミュージックビデオは、THE 夏の魔物の映像作品を多く手掛ける熊谷涼花が監督を務め、前山田楽曲ならでは圧倒的な情報量の楽曲に、映像でも追随したものとなっている。今作にはゲストとして、映画「シン・ゴジラ」で俳優としても活躍するフリーライターのマフィア梶田が出演。さらにボーカル成田の熱望により、名作ゲーム「ファイヤープロレスリング」の映像も使用。ゲーム内で魔物メンバーが戦う姿も再現されている。

THE 夏の魔物は、本作のレコ発として東名阪ツアーを開催。6月23日に名古屋・CLUB UPSET、6月29日に大阪・CONPASS、そして発売日となる7月12日に東京・渋谷WWWにてそれぞれワンマンを行う。チケットはいずれの公演とも各プレイガイドにて発売中なので、作品と合わせてチェックしよう。

■「シン・魔物BOM-BA-YE 〜魂ノ共鳴編〜」MV


https://youtu.be/HyMA9JvuCtw■EP『シン・マモノボンバイエ EP』

2017年7月12日発売
【魔物ガールズ盤】(CD)
VPCC-82343/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
VPCC-82342/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.シン・魔物BOM-BA-YE 〜魂ノ共鳴編〜
2.RNRッッッ!!!
3.マモノ・アラウンド・ザ・ワールド
4.ハジメまして
5(ボーナストラック).恋しちゃいなびびっど

■『シン・マモノボンバイエ TOUR』

6月23日(金)名古屋 CLUB UPSET
6月29日(木)大阪 東心斎橋CONPASS
7月12日(水)渋谷WWW



【関連リンク】
元記事
THE 夏の魔物まとめ
コーネリアス、6月23日の「バズリズム」で「いつか/どこか」を地上波初パフォーマンス
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
THE 夏の魔物
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ニュース, ミュージックビデオ

コーネリアス、6月23日の「バズリズム」で「いつか/どこか」を地上波初パフォーマンス
Sat, 17 Jun 2017 16:00:00 +0900


コーネリアスが、6月23日OAの「バズリズム」で、2ndシングルの「いつか/どこか」を地上波初パフォーマンスすることが発表された。2016年のUSツアーにも参加したバンドメンバー、堀江博久、大野由美子、あらきゆうこを迎え、演奏だけではなく、映像を投影したパフォーマンスをするということでTVではめったに観る事が出来ない映像となる。バカリズムが以前から大ファンだったという事で、コーネリアス×バカリズムの対談は過去のコーネリアスの作品や謎多きコーネリアスというアーティストを紐解く内容に。コーネリアスファンはもちろんだが、非常に興味深い内容となっている。このスペシャル回は永久保存版だ。

■コーネリアス 出演情報

日本テレビ系「バズリズム」
6月23日(金)24:30〜25:30

■『Cornelius Mellow Waves Tour 2017』

10月09日(月・祝)新潟 LOTS
10月11日(水)仙台 Rensa
10月13日(金)札幌 PENNY LANE 24
10月14日(土)札幌 PENNY LANE 24
10月19日(木)高松 festhalle
10月21日(土)なんば Hatch
10月22日(日)名古屋 DIAMOND HALL
10月25日(水)新木場 STUDIO COAST
10月26日(木)新木場 STUDIO COAST
10月28日(土)横浜 Bay Hall
11月03日(金・祝)広島クラブクアトロ
11月04日(土)DRUM LOGOS

<チケット>
スタンディング ¥6,800(税込) 1Drink別
2F指定席 ¥7,800(税込) 1Drink別 *東京・大阪・福岡のみ
チケット一般発売日:7月22日(土)
■オフィシャルHP先行受付
受付期間:5月24日(水)12:00〜6月11日(日)23:00
受付URL:https://l-tike.com/st1/corneliusticket

■アルバム『Mellow Waves』

2017年6月28日発売
WPCL-12660/¥2,800+税
<収録曲>
01.あなたがいるなら
02.いつか / どこか
03.未来の人へ
04.Surfing on Mind Wave pt 2
05.夢の中で
06.Helix/Spiral
07.Mellow Yellow Feel
08.The Spell of a Vanishing Loveliness
09.The Rain Song
10.Crepuscule



【関連リンク】
元記事
コーネリアスまとめ
Brian the Sun、新曲「Sunny side up」MVで主題歌を務めるアニメとコラボ!
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
コーネリアス
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 音楽番組

Brian the Sun、新曲「Sunny side up」MVで主題歌を務めるアニメとコラボ!
Sat, 17 Jun 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Brian the Sunが新曲「Sunny side up」のMVをYouTubeで公開した。

「Sunny side up」は7月5日に発売されるミニアルバム『SUNNY SIDE UP』に収録される、TOKYO MXTVで大人気放送中のアニメ『兄に付ける薬はない!-快把我哥帯走-』の主題歌となっている楽曲だ。今回のMVは同アニメの脚本・監督を務めるラレコが自ら演出を行ない、アニメとBrian the SunのコラボMVとなった。このMVはミニアルバムの初回盤特典DVDに収録されるとの事なので、是非チェックして欲しい。

Brian the Sunは今年結成10周年を迎え、先日10月に東京&大阪で主催イベント『ブライアンフェス』の開催を発表したばかり。今後も注目を集める事は間違いなさそうだ。

(c)Tencent

■「Sunny side up」MV(アニメver.)


https://youtu.be/diDSDu2aBec■ミニアルバム『SUNNY SIDE UP』

2017年7月5日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4877~8/¥2,315+税
【通常盤】(CD)
ESCL-4879/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
M-1 隼
M-2 Sunny side up
M-3 光
M-4 天国
M-5 ねこの居る風景(ねこねこ日本史version)
■初回盤DVD
・「パトスとエートス」Music Video &メイキング映像
・「Sunny side up」Music Video
・「ねこの居る風景(ねこねこ日本史version)」Music Video



【関連リンク】
元記事
Brian the Sunまとめ
橋本絵莉子波多野裕文、植物を4Kカメラで撮影した
新曲「飛翔」リリックビデオ公開

OKMusic
アニメ・声優一覧

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
ROCK, アニメ・声優, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 主題歌

橋本絵莉子波多野裕文、植物を4Kカメラで撮影した新曲「飛翔」リリックビデオ公開
Sat, 17 Jun 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

橋本絵莉子波多野裕文の新曲「飛翔」のリリックビデオが、YouTubeにて公開された。

「飛翔」は6月21日(水)にリリースされる1stアルバム『橋本絵莉子波多野裕文』の収録楽曲で、アイコンとして使用している軽トラックの由来となった「やばいおじさん」が歌詞に登場する、このデュオのテーマソングとも言える楽曲だ。

歌詞のイメージを4Kカメラで撮影された植物で表現した世界初のBotanical Music Videoで、神楽坂のてん.(生花 / ドライフラワー)と東日本橋のTOKY(多肉植物 / 鉢)が撮影に協力している。美しい生花やドライフラワーに加え、ユーフォルビア・笹蟹鉄甲、ユーフォルビア・アブデルクリ、コピアポア (黒王丸) などの作り込まれたレアな多肉植物が登場するのも見所だ。

また橋本絵莉子波多野裕文は、1stアルバムリリースを記念してアウトストアイベントをアルバム発売後の6月26日(月)に東京都・VACANTにて実施する。それぞれ全国ツアーを終えた2人が揃って登場し、ミニライブとトークを行なう予定との事だ。

■「飛翔」リリックビデオ


https://youtu.be/v9gjeQ6mTII■アルバム『橋本絵莉子波多野裕文』

2017年6月21日発売
KSCL-2950/¥2,800+税
<収録曲>
01.作り方
02.飛翔
03.幸男
04.ノウハウ
05.トークトーク
06.流行語大賞
07.アメリカンヴィンテージ
08.君サイドから
09.臨時ダイヤ

◎初回仕様限定
(1)デジパック仕様
(2)波多野語録
(3)やばいおじさんステッカー

■『橋本絵莉子波多野裕文 ミニライブ&トークトーク』

6月26日(月)  東京 VACANT
Open 19:40/ Start 20:00
※アウトストアイベント入場券お持ちのお客様は、19:30にご集合頂きます。



【関連リンク】
元記事
橋本絵莉子波多野裕文まとめ
チャットモンチーまとめ
People In The Boxまとめ
THE ORAL CIGARETTES、2018年2月に大阪城ホールワンマン開催決定

【関連アーティスト】
橋本絵莉子波多野裕文, チャットモンチー, People In The Box
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV

THE ORAL CIGARETTES、2018年2月に大阪城ホールワンマン開催決定
Sat, 17 Jun 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE ORAL CIGARETTESが6月16日(金)に行なわれた『UNOFFICIAL DINING TOUR』ファイナルの日本武道館公演で、2018年2月15日(木)に大阪城ホールにてワンマンライブを開催することを発表した。

ライブではアンコール2曲を含む全21曲を披露。アグレッシヴなパフォーマンスでロックシーンの中で台頭してきた彼らだが、今回の大阪城ホールの発表は、日本武道館でのライブをひとつのゴールとしてではなく、新たなスタートと位置づける彼らの意思表示であり、この夏以降、さらなる躍進が期待できそうだ。デビュー当初は関西を中心にライブ活動を行い、注目を集めてきた彼らが2017年大阪城ホールでどのようなステージを見せるかを楽しみにしたい。また、今回の日本武道館公演のライブ音源の一部がニューシングル「トナリアウ/ONE\'S AGAIN」の購入者を対象にした、BKW!!カードを通じてダウンロード出来るという企画を発表しており、合わせてこのカードを通じて今回サイン入りオリジナルTシャツプレゼントやサイン入りジャケットステッカーのプレゼント企画も実施されているので詳細はオフィシャルHPやSNSでチェックしよう。

さらに、9月30日公開、映画「亜人」主題歌に抜擢されたことも発表された。彼ら自身初の映画主題歌を担当することになるが、今回の楽曲に関して本広克行監督よりコメントも寄せられている。タイトルについては後日発表される。

■『唇ワンマンライブ 2018 WINTER』

2月15日(木)大阪城ホール
FC先行予約1次:6月16日(金) 22:00〜6月22日(木)23:59
FC先行予約2次:6月23日(金) 12:00〜7月2日(日)23:59
ファンクラブHP http://theoralcigarettes.com/bkw/

■本広克行監督 コメント

「映画「亜人」における主題歌の役割は、終わらない戦いに終止符を打つ、非常に重要なものです。今回主題歌を担当してくれることになったTHE ORAL CIGARETTESのメンバーたちと、アイデアを出し合いながら、一緒に悩んでその答えを探しました。そして出来上がった主題歌は、本編の疾走感そのままに、新たなステージを期待させる、非常に「亜人」らしい楽曲に仕上がったと思います。バンドとしての、彼らの「終わらない戦い」への決意も感じました。映画館の爆音で、感じてもらいたい楽曲だと思います!」

■映画「亜人」 

9月30日(土)全国公開
主題歌:THE ORAL CIGARETTES
出演:佐藤健 玉山鉄二 城田優 千葉雄大 川栄李奈 山田裕貴 浜辺美波 品川祐 吉行和子 綾野剛
監督:本広克行
公式サイト:http://ajin-movie.com/



【関連リンク】
元記事
THE ORAL CIGARETTESまとめ
エレファントカシマシ、伝説の渋公ライブを収めた映像作品の予告編を公開
OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
THE ORAL CIGARETTES
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライヴレポート

エレファントカシマシ、伝説の渋公ライブを収めた映像作品の予告編を公開
Sat, 17 Jun 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

エレファントカシマシが1988年9月10日に行なった伝説の渋谷公会堂ライブ。その初公開カットによるライブフィルムの予告編が公開された。

デビュー30周年を記念して、ライブフィルムのパッケージ発売と一夜限りのプレミアム上映が決定。この予告編はそれに先駆けての公開となる。約80秒の映像にライブのありのままが凝縮され、空気感がストレートに伝わってくるこの映像はGYAOとYoutubeにて公開されているので、是非「伝説」が「真実」に変わるその瞬間を目撃してほしい。

また、7月11日の一夜限りのプレミアム上映チケットが一般発売され、東京(Zepp Tokyo)は早くも1階席完売につき、2階席が6月17日 正午より追加発売される事が分かった。大阪(Zepp Namba)も完売間近とのこと。「伝説の証言者」となるための準備は急いだ方が良さそうだ。

待望のニューシングルの発売日も決定し、渋公ライヴのパッケージと同日発売となった。今のエレファントカシマシの動きに、さらなる大きな期待と注目が注がれる。

■GYAO「エレファントカシマシ 1988渋谷公会堂ライヴダイジェスト(予告編)」
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10768/v0993900000000548775/
■プレミアム上映 特設ページ
www.110107.com/ek_shibuko

■エレファントカシマシ 1988渋谷公会堂ライヴダイジェスト(予告編)


https://youtu.be/Fv_5mo0efV0■「エレファントカシマシ、デビュー30周年記念!ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ〜1988/09/10渋谷公会堂〜』世界初、一夜限りのプレミア上映@Zepp東阪」

7月11日(火) Zepp Tokyo(東京)
7月11日(火) Zepp Namba(大阪)
開場/18:30 開演/19:30

<チケット>
■価格
前売券|一般自由席(全席自由):¥2,700(税込)/スタンディング:¥1,700(税込)   
当日券|一般自由席(全席自由):¥3,000(税込)/スタンディング:¥2,000(税込)
※ご入場時に、別途ワンドリンク+500円をいただきます。
■一般発売(先着)
6月16日(金)18:00〜7月10日(月)23:59
※各社プレイガイドによって終了時間が異なります
※いずれも一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。
※2階追加席は6月17日(土)正午から発売

■イープラス
http://eplus.jp/ek_shibuko/
■チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/ek_shibuko



【関連リンク】
元記事
エレファントカシマシまとめ
Yun*chi、待望のニューミニアルバム『Canvas*』アートワーク&JK写解禁
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
エレファントカシマシ
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, DVD, Blue-ray, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1