歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年06月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
イトヲカシ、高揚感のある新曲「スタートライン」を先行配信
Wed, 14 Jun 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2人組音楽ユニット、イトヲカシの新曲「スタートライン」の先行配信が開始となった。

この楽曲は、6月21日にリリースされるイトヲカシの1stフルアルバム『中央突破』の冒頭を飾るポップチューン。6月よりオンエアを開始した“日本工学院2017CMソング”に選ばれたこともあり、最近テレビで耳にしたという人も多いはずだ。記念すべき初アルバムの始まりにふさわしく、高揚感のある一曲に仕上がっている。

「スタートライン」の先行配信と合わせて、アルバム『中央突破』のダイジェストトレーラーも解禁された。ファンはもちろんのこと、まだ彼らの音楽に触れたことがない人もお試し的に楽しめる内容となっている。冒頭の二人の“おふざけ”にも注目だ。

■「スタートライン」先行配信
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1237082164?app=itunes&ls=1
・Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/id1237082164?app=apple&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.com/a0/chuoutoppa_itowokashi/

■アルバム『中央突破』ダイジェストトレーラー


https://www.youtube.com/watch?v=vL5oxWL32Ko■アルバム『中央突破』

アルバム『中央突破』
2017年6月21日発売
【CD+DVD】
AVCD-93695/¥3,000(税抜)
【CD】
AVCD-93696/¥2,000(税抜)
<収録曲>
■CD
01.スタートライン
※日本工学院2017CMソング
02.カナデアイ
※TVアニメ「双星の陰陽師」オープニングテーマ
03.宿り星
※TVアニメ「双星の陰陽師」エンディングテーマ
04.あなたが好き
05.はちみつ色の月
06.さいごまで
※“キットカット"受験生応援キャンペーンソング、河合塾2017年度CMタイアップソング
07.ドンマイ!!
※MUSIC B.Bオープニングテーマ、北海道ルスツリゾートCMタイアップソング
08.半径10メーターの世界
※防衛省「自衛官募集2016」CMタイアップソング
09.ヒトリノセカイ
10.スターダスト
■DVD
1.スターダスト(Music Video)
2.宿り星(Anime Music Video)
3.さいごまで(Music Video)
4.カナデアイ(Anime Music Video)
5.半径10メーターの世界(東放学園version)
6.スタートライン(Music Video)
収録

◎予約&購入特典情報
ツアー会場限定予約特典:手書き歌詞ポストカード全6種
アルバム購入特典:イトヲカシ「オリジナルチケットホルダー」
※特典はなくなり次第終了となります。
※ポストカードはランダム配布となります。



【関連リンク】
元記事
イトヲカシまとめ
SHE\'S、新章を告げるミニアルバム『Awakening』のダイジェスト公開
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
イトヲカシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, アルバム, TVCM, 音楽配信

SHE\'S、新章を告げるミニアルバム『Awakening』のダイジェスト公開
Wed, 14 Jun 2017 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

前作から5ヶ月というスピードで、6月21日にリリースとなるSHE\'Sのミニアルバム『Awakening』。TBS系テレビ『CDTV』6月度エンディングテーマの「Over You」、TBS系テレビ『王様のブランチ』6月度エンディングテーマの「Beautiful Day」を含む、同作のダイジェスト映像(「Lamtern(inst.)」を除く)が公開された。

イラストレーターのかとうれいによる『Awakening』のイラストレビュー企画を、SHE\'SのTwitter上で毎日1曲ずつ公開してきたが、いよいよ全曲分が出揃い、今回の映像では、各曲のイメージから1人の少女の普遍的なシーンが描かれたイラストとともに、ダイジェスト試聴ができる。

イラストを描いたかとうれいは“1人の少女がどこへ向かうか、何を見て何を思うのか、僕自身この少女たちのその後はわからない。そんな普遍的なシーンを描くように心がけました。SHE\'Sの楽曲はいつも美しく壮大に響くのですが、今作はより強い意志というか未来へのアプローチを感じました。この先不安や迷い、立ち止まることがあったら、その度にこの作品に救われるだろうな”と、今回のSHE\'Sとのコラボレーション作品に対してコメントしている。

なお、iTunesのプレオーダー特典として、「SHE\'S One man Tour 2017“プルーストの欠片”」のツアーファイナルの模様を7分にまとめた映像が限定ダウンロードできる。こちらの映像も一部公開されているので、チェックしてみてほしい。

■ミニアルバム『Awakening』プレオーダー
http://po.st/it_shes_awake

■ミニアルバム『Awakening』ダイジェスト映像


https://youtu.be/ilfQA_4QNiE■「SHE\'S One man Tour 2017“プルーストの欠片”」ツアーファイナル ダイジェスト映像


https://youtu.be/oC2rOTXIYvg■ミニアルバム『Awakening』

2017年6月21日発売
TYCT-60099/¥1,700+税
<収録曲>
01.Lantern(inst.)
02.Over You
03.Someone New
04.Don\'t Let Me Down
05.In the Middle
06.Beautiful Day
07.aru hikari



【関連リンク】
元記事
SHE\'Sまとめ
MACHINA × Schroeder-Headz、初コラボは台湾屈指のバラード
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, トレーラ, テレビ番組, 音楽番組, エンディング

MACHINA × Schroeder-Headz、初コラボは台湾屈指のバラード
Wed, 14 Jun 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

韓国出身で東京を拠点に活動するMACHINA(マキーナ)と、Schroeder-Headzとしても活躍中のピアニスト・渡辺シュンスケが、初のコラボレーションシングル「君と僕の世界」を6月28日にデジタルリリースする。二人は数年前から企画MVの制作などを行なっていたが、レコーディングを共にするのは今作が初となる。

“Apple Girl”としてカバー動画を公開して世界を驚かせたMACHINAが今回カバー曲に選んだのは、台湾の人気女性アーティスト、ファン・ジェーン(黄美珍)の名バラード「原來我也可以幸福(My Happiness)」。音楽配信サービス「KKBOX」(台湾)で2016年のTOP3にも選ばれた、台湾屈指のバラードだ。

日本語詞を書き下ろしたのは、広告会社でコピーライターとして活躍する梅田悟司。ジョージア「世界は誰かの仕事でできている。」 、のどごし<生>「がんばるあなたがNo.1」などの名フレーズを生み出す他、著書『「言葉にできる」は武器になる。』が大ヒットするなど、今最も注目されるクリエイターの1人。作詞家としても才覚を発揮し、台湾ヒットを日本人の心に残る名バラードへと昇華させた。

一方、ファン・ジェーンはMACHINAがアンジェラ・アキと共作した「Waltz-steps」をロックアレンジで大胆にカバー。「旋轉木馬的獨白」とタイトルも新たに中国語の歌詞を乗せ、タイミングを同じくして、日本と台湾でデジタルリリースする。

これらの曲は、Apple Music、iTunes、KKBOX、Spotifyなど、各音楽配信サイトで聴くことができるので、ぜひチェックしてみてほしい。

■ファン・ジェーン(黄美珍) Facebook
https://www.facebook.com/MayjanHuang/

■「君と僕の世界 - Machina Feat.Schroeder-Headz」MV(ShortVer.)


https://youtu.be/7dBIWC78IJs

【関連リンク】
元記事
MACHINAまとめ
Schroeder-Headzまとめ
HONE YOUR SENSE、ワンマンライヴをシューティングしたMVが完成
OKMusic

【関連アーティスト】
MACHINA, Schroeder-Headz
【ジャンル】
J-POP, ニュース

HONE YOUR SENSE、ワンマンライヴをシューティングしたMVが完成
Wed, 14 Jun 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

HONE YOUR SENSEが6月14日にリリースされるHONE YOUR SENSE監修のオムニバスアルバム『RAGING STORM』の1曲目を飾る、新曲「NEW FAITH」のMVを公開した。同MVは2017年5月21日(日)の渋谷サイクロンでのワンマンライヴをシューティングしたものとなっている。

■「NEW FAITH」LIVE MV


https://youtu.be/ANjMTMSK_BM■アルバム『RAGING STORM』

発売中
WLR-1044/¥1,000+税
<収録曲>※収録アーティスト/収録曲
01.HONE YOUR SENSE / NEW FAITH
02.Earthists. / Winterfell
03.Phantom Excaliver / ARMAGEDDON
04.HOTOKE / ADDICTION PLEASURE
05.hatter Silence / AWAKE IN DECAY
06.Sable Hills / GHOSTS(Ft. SATOKEN of ABSTRACTS)
07.DEVIL\'S INLAY / NOT AFRAID
08.Mirrors / Megalomania
09.SOUL JAPAN / I WANT TO KILL
10.EYES UNCLOUDED / 未完
11.Breathe my Words / TRIGGER
12.EACH OF THE DAYS / REMAINS
13.Reborn From Isolation / IMPULSE
14.CASTAWAY / Climbing
15.A Ghost of Flare / ENDLESS DEMISE
16.ALPHASE / NON-FICTION
17.INCEPTION OF GENOCIDE / realize



【関連リンク】
元記事
HONE YOUR SENSEまとめ
佐藤剛による新刊『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』発売記念トークライヴ開催決定
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
HONE YOUR SENSE
【ジャンル】
ROCK, ニュース, メタル

佐藤剛による新刊『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』発売記念トークライヴ開催決定
Wed, 14 Jun 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

佐藤剛が6月14日に文藝春秋より出版した新刊『美輪明宏と 「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』の発売を記念したトークライブが、NPO法人ミュージックソムリエ協会と渋谷・大盛堂書店様と共催で、7月1日(土)に先着30名限定で開催されることが決定した。執筆秘話や美輪氏との裏話など、ここでしか聞けないプレミアトークをぜひ楽しみにしていてほしい。

■【トークライヴ 催事概要】

日時:2017年7月1日(土)
OPEN/13:30 START/14:00〜16:00 終了予定
場所:大盛堂書店3F
(〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町 22-1/Tel:03-5784-4900)
参加費:¥1,000(税込)
出演:佐藤剛 ※聞き手:大畠鎌児(構成作家、元編集者)
※先着30名限定
※大盛堂書店にて本書を購入すると、トークライヴ後に予定しているサイン会に参加できる。 また、事前に当店にてご購入された方は、当日に本書と清算時のレシート持参で参加可。

<申し込み方法・お問い合わせ先>
■メールでの申し込み【webcontact@musicsommelier.jp】
お名前、参加人数、連絡先(電話・メール)を明記の上、上記メールアドレスへ送信。

■書籍『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』

著者:佐藤剛
刊行:文藝春秋 424頁
定価:¥2,200+税
ジャンル:ノンフィクション
ISBN-10: 4163906649/ISBN-13: 978-4163906645

<目次>
■第1章:異端にして革命児
「シスターボーイ」と呼ばれて/“天上界の美”と語った三島由紀夫/特異なケースで楽壇に躍り出た問題児/マスコ ミへの露出に対する反動/ロカビリー・ブームという音楽革命
■第2章
長崎の臣吾少年から丸山明宏へ 革新的だった「メケ・メケ」の日本語詞/軍国主義への嫌悪/シャンソン歌手を夢見て上京/女言葉で話すようにし つけられた幼年期/生命感を解放してくれた太陽/「君は大物になる」
■第3章
三島由紀夫に見出された若き才能 導きを受けていた野坂昭如/「君も体をきたえなければいけないな」/小説『永すぎた春』の映画化/表現者たちに 一斉に訪れた春/ウィットに富んだ新時代のシナリオ/「友達を、裏切るのは許せない!」
■第4章
シャンソン喫茶「銀巴里」とともに 橘かほると出会って開かれた道/筑豊地方の炭鉱町での体験/若き映画スター赤木圭一郎の死/「愛の讃歌」が 歌えるようになってから死ねばいい/日本人の生活感情から出てきた歌
■第5章
中村八大という音楽家 音楽を学ぶために日本へ留学した天才少年/早稲田大学の良き先輩、渡辺晋/永六輔との「六・八コンビ」が誕生/無名の新人を育てる名プロデューサー/映画『からっ風野郎』のスチール写真/「キャンティ」からつながる多彩な 人脈/音楽と映画の蜜月時代
■第6章:日本初のシンガー・ソングライター誕生
NHK の音楽バラエティ番組「夢であいましょう」/世界に通用する日本の音楽/六年ぶりに再会した二人/それぞ れの夢に向かって/自らリスクを背負った勝負/「中村八大リサイタル」から得た教訓
■第7章
“ほんとうの日本の歌”を作る 戦争体験と「ふるさとの空の下に」/一九六三年から始まった挑戦/胸をなでおろして安堵した二人/三島由紀夫と の創作による芸術/「立派な日本の歌を育てなくっちゃあ」
■ 第8章:伝説の番組「夢であいましょう」
「こんにちは赤ちゃん」の誕生/テレビというメディアの力/西洋のモダニズムと日本の土着性/全国に伝わった丸 山明宏の復活/日本人のワークソング
■第9章
「ヨイトマケの唄」の衝撃 あこがれの地ブラジル/ボサノヴァとジャズが邂逅した夜/アメリカ人俳優による『薔薇と海賊』/第二の丸山明宏ブ ーム/社会派歌謡曲ではなく人生派/「くだらない評価は馬にでも食わせろ」/啓示となった名文「夜を告げる星」
■第10章
寺山修司との出会いから演劇の道へ 青森の訛りという生の声/空遠く眸に浮ぶ母の顔/「本歌取り」と「コラージュ」/生死の境をさまよった三年間の入院 生活/その才能に気づいていた三島由紀夫/前衛の拠点・草月アートセンター
■第11章:60 年代の砦・アートシアター新宿文化
「これからはそういう時代が来る」/極秘裏に上映された映画『憂国』/日本人の「エロス」と「死」/代表作となる『毛 皮のマリー』/主演に選ばれることの責任
■第12章
「ブラジル組曲」で始まったリサイタル すべては天才歌手――丸山明宏のために/「生きている音楽の為に奉仕せよ」/遺品に残されていた録音テープ/シャンソンという“化け物”/「あたし」と「あんた」/死者に捧げられた無償の愛
■第13章
映画『黒蜥蜴』と「黒蜥蜴の唄」 歌舞伎の手法とデカダンス/白羽の矢が立った深作欣二監督/見えない太陽のような存在/中村八大の手で完成 した流麗なサウンド/自伝『紫の履歴書』出版を区切りとして
■第14章
別離の季節となった一九七〇年 映画『黒薔薇の館』の誤算/野坂昭如、寺山修司との対談/周到に準備されていた「別れ」/一九七〇年一一月二 五日、自衛隊市ヶ谷駐屯地
■第15章:復活する「ヨイトマケの唄」
「花子とアン」で使われた「愛の讃歌」/幻のアルバム『丸山明宏リサイタル』/民放連の「放送音楽などの取り扱い 内規」/自主規制を無視して放送したテレビマン/桑田佳祐の発見によって
■第16章
二一世紀へと歌い継いだ者たち 聴くともなく聞いた歌/心の奥にしまい込まれた歌の記憶/歌でつながる不思議な縁/「イムジン河」の純粋さと反 骨精神/中村八大の後継者だった加藤和彦/「天才」という言葉で一致した評価/歌い継がれる「ヨイトマケの唄」
■エピローグ
丸山明宏から美輪明宏へ/海外が発見した『黒蜥蜴』と「黒蜥蜴の唄」



【関連リンク】
元記事
カラオケ世界No.1決定戦『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2017』日本大会&全国オーディション開催決定! 司会に今年もIMALUとZiNEZが参戦。
OKMusic
ニュース一覧

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ニュース

カラオケ世界No.1決定戦『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2017』日本大会&全国オーディション開催決定! 司会に今年もIMALUとZiNEZが参戦。
Wed, 14 Jun 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

各国代表のアマチュアシンガーによるカラオケ世界No.1決定戦『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS (以下、KWC)2017』の日本大会と予選を兼ねた全国オーディションが開催されることが決定した。

それぞれの国と地域の激戦を勝ち抜いたアマチュアシンガーたちが集結するこのKWC。大会のレベルは高く評価されており、世界中のカラオケファンが参加することでも知られている。2003年に第1回大会以来、毎年開催されており、日本も2012年大会より参戦し、2013年・2016年大会では日本人の世界チャンピオンに誕生した。 なお、2017年の世界大会はフィンランド・ヘルシンキにて11月に実施されることが決定している。

そして、この度、仙台・東京・名古屋・大阪・福岡の5会場で予選を5会場で 全国オーディションを開催することが明らかになった。 9月9日(日)〜9月18日(月)まで順次、全国5都市のカラオケ店にてオーディションを実施し、そのオーディションから選ばれた精鋭が、10月15日(日)に六本木ニコファーレにて開催される日本大会決勝に進出できる。

なお、大会直前には2017年6月29日(木)22時〜23時より、Fresh! にて『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2017』直前SPが放送される。

また、昨年度に続き、日本大会決勝にはタレント、アーティストとしても活動しているIMALUとフリースタイルバスケットボーラー元世界チャンピオンでモデル、ラジオパーソナリティーとしても活躍しているZiNEZを迎えることもあわせて発表された。

■【コメント】

■IMALU
「昨年に引き続き、MCをやらせていただきとっても嬉しいです!
初めてこのイベントに参加した時は出場者の皆さんのレベルの高さに圧倒されました!演歌、ポップス、洋楽などなどジャンル問わず、ストレートな熱い戦いを今回も観れるのが楽しみです。」

■ZiNEZ
『今年もやって来ました!KWC!!
日本から生まれた"カラオケ"という文化が世界に広がり楽しまれ正に認められ文化になった。そんなカラオケのNo.1を決める国際大会!!

■『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2017』

<募集期間>
第一次募集期間:2017年6月26日(月)〜2017年7月31日(月)
第二次募集期間:2017年8月1日(火)〜2017年8月21日(月)
※募集概要、応募に関してはこちら  http://kwcjp.com/

<全国オーディション 日程>
9月09日(土)東京会場
9月10日(日)仙台会場
9月16日(土)名古屋会場
9月17日(日)大阪会場
9月18日(月・祝)福岡会場

<日本大会決勝>
『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2017』日本大会決勝
10月15日(日)  六本木 ニコファーレ
http://nicofarre.jp

<世界大会>
『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2017』
日程:11月14日〜18日(現地日時)
実施国:フィンランド
http://www.karaokeworldchampionships.com/



【関連リンク】
元記事
IMALUまとめ
『金字塔』は天才・中村一義ならではの不滅の神品
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
IMALU
【ジャンル】
J-POP, ニュース

『金字塔』は天才・中村一義ならではの不滅の神品
Wed, 14 Jun 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年は結成20周年やデビュー20周年の有名アーティストが多いようで、当コラムでは今までもそんな節目を迎えたバンドやミュージシャンの名盤を紹介してきたし、これからも紹介していく予定だが、この人も今年デビュー20周年。先月、セルフカバーによるベストアルバム『最高築』、ライヴDVD『ERA最高築 〜エドガワQ 2017〜』を同時リリースしたばかりの中村一義である。“10年に1人の天才”と評されるに相応しい、彼のアーティストとしてのセンスが詰まったデビュー作『金字塔』を取り上げる。

■10年に1人の天才

“○年に1人の天才”や“○年に1人の逸材”という言い方がある。最近では将棋の藤井聡太四段によく用いられているように思う。50年に1度だとか、100年に1度だとか言われているようで、50年はともかく、100年となると客観的な比較材料が乏しいのではそれはどうなんだと思ったりするが、まぁ、ご存知の通り、そのくらいずば抜けた才能の持ち主ということである。この形容はアイドルやスポーツの世界で使われることが多いようで、軽く調べて見たら、これがなかなか面白い。10年に1人の逸材といった捉え方をされているのは、元モーニング娘。の後藤真希、SKE48の松井珠理奈らで、確かに後藤と松井とはデビューが10年ほど離れているので妙に納得。dropのメンバー、滝口ひかりは2000年に1人のアイドルと言われているそうで、今世紀で唯一無二の存在という意味と思えばこれもなるほどと思うが、NMB48の太田夢莉は“1万年に1人の美少女”、さらにAKB48の小栗有以は“2万年に1人の美少女”だそうで、大分インフレも激しいようだ。ちなみに1万年前の日本は縄文時代、2万年前は旧石器時代だ。スポーツの世界ではファンからは“何で毎年、10年に1人の逸材が出てくるんだ?”と半ばギャグにされているようだが、プロ野球のドラフト会議でこのフレーズをよく聞く。ボクシングでは世界初挑戦の時に100年に1人の天才と呼ばれていた具志堅用高に対して、大橋秀行はそれを超える天才という意味で150年に1人の天才と言われた。拳闘の世界にも世代を超えた闘いがあるようである。

さて、音楽、ことロックシーンにおいてこのような形容で忘れ得ないのが中村一義である。高名な音楽評論家氏曰く“10年に1人の天才”。前述の通り、“○年に1人の天才”にもいろいろあるが、ことデビュー時の中村一義のこの形容にはうなづかざる得なかったリスナーは多かったと思う。アルバムの中身についてはこれから後述するが、あの時、あの音源を聴けば誰でも──いや、今聴いても“これは天才の所業だ”と思うのではなかろうか。何しろ、1997年のデビュー時、中村一義は若干22歳。1stアルバム『金字塔』はセルフプロデュース作である。CDバブルのピークであったこの年は、所謂小室ブームの只中であり、小室哲哉以外にも小林武史、佐久間正英らプロデューサーの活躍が表立ってきた頃でもあった。また、X JAPANやLUNA SEAから衣鉢を継ぐようなかたちでGLAY、L\'Arc〜en〜Cielが大ブレイクしたのもこの年(X JAPANが解散、LUNA SEAがバンド活動を休止して各メンバーがソロ活動を始めたのも1997年)。そんな中、22歳の若者がセルフプロデュース作、しかもソロでデビューしたというのはそれだけでも十分にメインストリームに対するカウンターカルチャーになり得たし(即ちロックであったし)、何よりも彼が提示したメロディー、サウンド、歌詞は、少なくとも同性代の中においては他に類するものがなかったことは間違いない。では、順を追って1stアルバム『金字塔』を構成する要素のすごさを分析していこう。

■聴き手を選ばないメロディーセンス

まずメロディー。SEというか、インタールード的な楽曲もあるため、全てがそうだとは言わないが、歌詞のある楽曲においてはワールドワイドな意味で分かりやすいメロディーを有している。ゆったりした流れの中にもしっかり抑揚があるM2「犬と猫」。音符のひとつひとつを疎かにしていない、丁寧な歌い方という印象のあるM 3「街の灯」。奥行きがあるというか、広がっていくような、昇っていくような開放感のM6「魔法を信じ続けるかい?」。柔らかさに中にも確かな力強さを宿したM8「ここにいる」。そして、ブルースロックの流れを汲む極めて洋楽的なアプローチを見せるM12「謎」。ポップかつキャッチー、そしてメロディアスな歌は、(歌詞の乗せ方や声質に対する好き嫌いは別として)聴き手を選ばないと思う。主にサビで聴かせるヴォーカルレンジの広さが実にソウルフルで、躍動感にあふれるものであることも特筆したい。歌の旋律そのものに確実に魂がある感じ──具体的に言うならば、ちゃんと聴き手に何かを伝えようとしているメロディーと言ったらいいだろうか。もっと噛み砕いて言えば、歌の抑揚そのものが“聴いてよ!”と叫んでいるようだ。このメロディーセンスだけでも中村一義はただ者ではないと言っていいと思う。

■惜しみないThe Beatlesオマージュ

前述の通り、『金字塔』はセルフプロデュースであり、そのサウンドは基本的には中村独りで構築したものである。しかも、本作発表時は22歳、制作を開始したのは若干18歳だったというから、その事実だけでも彼のすごさが分かろうというものだろう。また、完成版では外部からミュージシャンが参加してギターやキーボードを重ねているが、ベーシックは歌、コーラスは勿論のこと、ドラムス、ベース、ギター、パーカッションを全て中村が独学で演奏。このミュージシャンとしてのマルチっぷりだけ見ても、10年という尺度がどうかはともかく、彼に“天才”の称号が相応しいことが分かる。では、そのサウンドの特徴はというと、ひとまとめにするのも乱暴だが、The Beatlesへのオマージュと言える。これはのちに中村本人も公言している。“The Beatlesみたいな音楽が作りたい”と、まずは1960年代のアナログレコーディングの手法を勉強することからスタート。自宅の木造の部屋で行なったという実際のレコーディング作業おいては、ベースはカール・ヘフナー・500-1、ギターはエピフォン・カジノやリッケンバッカー・325-12、ドラムはラディックといったビートルズが使っていた機材を持ち込んだという。曰く“ビートルズの中に音楽的に入っていく”ような状態だったそうである。その成果はM3「街の灯」、M8「ここにいる」、M13「いつか」、M14「永遠なるもの」で確認できる。これらのサイケサウンドは玄人好みでもあると思うが、とはいえ、そこにスノッブさが感じられないというか、子供がキャッキャッ言いながら作り上げた作品を満面の笑みで周りの人に見せているような、いい意味でのこれ見よがし感がいい。無論、The Beatles以外にも彼がポップと認める要素がさまざまに取り込まれており、アーティストとしてのバックボーンを包み隠さずオープンにしているところにも好感が持てる。

■前向きで熱い歌詞も素晴らしい

最後に『金字塔』の歌詞について触れよう。歌詞もまた中村一義にしか書けない独特なものであるが、何よりも前向きなところがいい。

《どう? どう?/町を背に僕は行く 今じゃワイワイ出来ないんだ/奴落とす もう さぁ行こう!/探そぜ 奴等 ねぇ/もうだって 狭いもんなぁ》(M2「犬と猫」)。

《老若男女と、いいバカ連れ、行こうよ。音の世界へ僕と。/条件は"単純なことを想う"。/行こうよ。行こうよ。時間も疲れてんだし。/君の心の"暇"でさ、魔法は創られる。/そこには、あるんだ。まぁ、理想郷までじゃないが。/この歌を二十年後に聴けば、夢が解る。もうすぐさ。/そこには、あるんだ。永遠の気持ちが。/そこには、あるんだ。/そう、色褪せずに、自分自身を支える魔法が。》(M6「魔法を信じ続けるかい?」)。

《まだ、大きな無限大が、みんなを待ってる。/闇を抜けると、そこは、優雅な今日だ。/ただの平々凡々な日々に埋まる、/宝を探す僕が、今、ここにいる。》《まだ、大きな無限大が、みんなを知ってる。/トンネルを抜けると、今日は、解放記念日だ。/ただの平々坦々な生活に潜む、/敵を越え行くみんなが、今、そこにいる。》(M8「ここにいる」)。

《愛が、全ての人達へ…。/あぁ、全てが人並みに…。/あぁ、全てが幸せに…。/あぁ、この幼稚な気持ちが、どうか、永遠でありますように。》(M14「永遠なるもの」)。

1990年代後半、時は世紀末。一部ビジュアル系がそうだったと記憶しているがデカダンなものだったり、ダンスミュージックでは享楽的なラブソングであったり、当時のシーンにはそうした歌詞も少なくなかったが、『金字塔』にはそれらとは趣を異にする、俗に言う“熱い”内容が多い。M11「いっせーのせっ!」に《デカダンもね、ポップもね、もう同じとこにあるんだ。/"死にそう"もね、"希望"もね、もう同じとこにあるっていう意味で…。》とあるように、これまたいい意味で達観もしている。だが、そこは音楽である。メロディー、サウンドがその内包したメッセージをポップにコーティングしているようなところがあり、それが嫌味に聴こえないのだ。言葉のチョイスも巧みだ。例えば、M4「天才とは」。《夕方みんなでね、有能な天才、三人思い出してたんだよ。》では“You’ve got”(あるいは“You Gotta”)や“You know”を連想させるフレーズを入れ、日本語に洋楽的な響きを委ねている。いとうせいこうが“桑田佳祐を継ぐ日本語詞の使い手”と評したそのセンスはまったくもって正鵠を射ていると思うし、その評価は20年経った今も色褪せることはない。

著者:帆苅智之



【関連リンク】
元記事
中村一義まとめ
陰陽座 Blu-ray/DVD『絶巓鸞舞』発売記念リレーコラム第二回目:招鬼
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
中村一義
【ジャンル】
ROCK, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!

陰陽座 Blu-ray/DVD『絶巓鸞舞』発売記念リレーコラム第二回目:招鬼
Wed, 14 Jun 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

■ツアーの大きなトピックは新たなギターの導入

“妖怪ヘヴィメタル”という惹句を掲げ、人間のあらゆる感情を映す“妖怪”を題材とし、道なき道を切り開く信念を“ヘヴィメタル”の名の下に貫く、陰陽座。最新アルバム『迦陵頻伽(かりょうびんが)』を引っ提げた2本のツアーを終えたばかりの彼らが、メンバーそれぞれ同ツアーの感想であり、ツアーに欠かせないアイテムについて語ってくれるリレーコラム『頻伽の魂合いを認めるが如し(びんがのたまあいをしたためるがごとし)』。その第二回は招鬼(Gu)が登場!

陰陽座13枚目のアルバム『迦陵頻伽』、そしてそれを引っさげた2つのツアー『絶巓の迦陵頻伽』『頻伽の聲に応ずるが如し』をギタリストの視点から振り返ってみて、大きなトピックになるものといえば、やはり新たなギターの導入ということになるでしょう。

アルバム『迦陵頻伽』からは新たに全弦1音半下げチューニングでの楽曲と7弦ギターを用いた楽曲が登場しました。

まず1音半下げチューニング。レコーディングではまだしも、そのチューニングに適した弦のゲージ(太さ)と、それによるテンションというものがあり、ライヴで最高のパフォーマンスをするためには従来のチューニングで使用しているギターを併用するわけにはいかないので、新たに専用として用意する必要が出てくるわけです。現在Gibson Custom Shop製のLes Paul Customを気に入ってメインで使用しているのですが、これはレギュラーラインのギターではないので、容易く「もう1本」というわけにはいきません。しかし奇跡的に同年代製・同仕様・色違い(何気に暗いステージ袖では特にこの明らかな見た目の違いが重宝します)の物が見つかったのです。そんな「出会い」により、ステージでも大活躍してくれました。今までのメインとほぼ同じ物ということで違和感のないサウンドとプレイアビリティで、これからも新たなメインの1本として活躍してくれるでしょう。

もうひとつ7弦ギター。これは言うまでもなく新たに入手する必要があったわけですが、困ったことに市場に「コレだ!」と思える自分が求める7弦ギターが存在しなかったため、どうしようかと非常に困りました。そんな中、瞬火から「TUNE(瞬火のベースを製作しているギター・ベースメーカー)で頼んでみれば?」と紹介してもらい、快く引き受けてもらえたことにより、「無いなら作るしかない!」ということで、オリジナルの7弦ギター『烏天狗』を製作する運びとなりました。瞬火のベースで高い技術力は折り紙付きだったこともあり、安心して材やデザインと細部にまでこだわってオーダーした結果、本当に理想の7弦ギターを作っていただけました。材やパーツなどの仕様はメインのLes Paul Customと近いものになっていて、そのサウンドは、ガツンと強く鋭いインパクトと唸るような粘りが存分に出せ、自分のこだわりや持ち味が発揮でき、音は太いが低音が潰れないという単純に7弦ギターとしてのクオリティも最高のギターとなっています。

自分は、楽曲的にサウンドをガラッと変える必要がある場合は別ですが、基本的なプレイアビリティという点で、メーカーやシェイプにこだわらず、いろんなギターを使い分けることができる器用なタイプではありません。上記のニューギターは、そこをクリアできたのが非常に大きかったなと思っています。

そんなニューギター達も大活躍の、ツアー2016『絶巓の迦陵頻伽』の千秋楽のステージを丸っと丸ごと収めたBD/DVD『絶巓鸞舞』、こちらは当日参加された方からそうでない方、今まで陰陽座にふれたことのない方まで、すべての方にお勧めしたい作品となっています。サウンドから映像まで最高傑作といえる作品に仕上がっていますので、アルバム『迦陵頻伽』と合わせて是非手にとってみてください。

■ツアーに欠かせないアイテム

ツアー中のお出かけ用バッグ。ツアー中は各地で、本番日前日の体の慣らし運転も兼ねてよく散歩をするのですが、500mlのペットボトルの飲み物から財布、携帯までスッポリ入るので、ちょっとの買い物から水分補給しつつの散歩まで、長年愛用しています。全国各地を一緒に歩いた相棒です。

【リリース情報】



【関連リンク】
元記事
陰陽座まとめ
西野カナ、新曲に合わせて髪を30cm以上カット!
OKMusic
ニュース一覧

【関連アーティスト】
陰陽座
【ジャンル】
ニュース, 連載コラム, 陰陽座 / 頻伽の魂合いを認めるが如し , メタル

西野カナ、新曲に合わせて髪を30cm以上カット!
Wed, 14 Jun 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

西野カナが7月26日にリリースする31枚目のシングル「Girls」のタイトル曲が、全世界累計出荷1,600万本以上のアドベンチャーゲーム『レイトン』シリーズの正式続編『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』のテーマ曲に決定した。

西野は今回の楽曲について“儚くも強く頑張っている女性をイメージして、“女の子の応援歌”として作詞しました”とコメント。レイトン教授の娘カトリーが主人公となって難解なナゾに挑むゲームの世界観にぴったりな楽曲に仕上がった。

さらに西野は、今回の楽曲のイメージに合わせて髪を30cm以上もカットし、“切りっぱなしボブ”にイメージチェンジ。力強さと儚さを感じさせる、新たな魅力にあふれたビジュアルとなっている。

【西野カナ コメント】
「この度、ゲーム「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」のテーマ曲を担当させていただき、とても光栄に思っています。テーマ曲「Girls」は、常に諦めずにナゾを解明していく主人公のカトリーのように、儚くも強く頑張っている女性をイメージして、“女の子の応援歌”として作詞しました。仕事や勉強、夢に向かって頑張っている人にぜひ聴いていただきたい楽曲です。がんばる気持ちを高めたい時はもちろん、心が折れそうな時や負けそうな時に、この曲を聴いて少しでも立ち向かう勇気を持っていただけたら嬉しいです」

■シングル「Girls」

2017年7月26日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-2175〜2176/¥1,481+税
※オリジナル限定ジャケット
※初回仕様:カードサイズステッカーTypeA封入
<収録曲>
■CD
1.Girls
2.Go Fight Win!
3.YOKUBARI
4.Girls (Instrumental)
■DVD
"Girls"ジャケット撮影メイキング&インタビュー映像収録

【通常盤】(CD)
SECL-2177/¥1,165+税
※初回仕様:カードサイズステッカーTypeB封入
<収録曲>
1.Girls
2.Go Fight Win!
3.YOKUBARI



【関連リンク】
元記事
西野カナまとめ
岡崎体育、今度のMVは“まじめ”!?
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
西野カナ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ゲーム

岡崎体育、今度のMVは“まじめ”!?
Wed, 14 Jun 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“オリコンアルバム週間ランキング6位以内”“セールス10万枚以上!”と目標を公言してはばからない、6月14日にリリースとなる岡崎体育の2ndアルバム『XXL』。同作からダブルリードトラック「感情のピクセル」「Natural Lips」に次ぐ第3弾MV「式」が公開された。

わずか1週間で200万回再生を突破した「感情のピクセル」、また公開2日で100万回再生を記録した「Natural Lips」に次ぐ作品として期待が高まる中、今回公開された「式」は、前2作と異なる“まじめ”曲。本人曰く“完成までに2年を要した”力作とのことで、自身によるピアノ弾き語りの静謐な作品に仕上がっている。

MVは固定されたワンショットのカメラで、淡々と岡崎体育の日常を切り取った作風。新たな一面を提示した作品として、こちらも話題を呼びそうだ。

■「式」MV


https://youtu.be/EGjT1XqMQn4

【関連リンク】
元記事
岡崎体育まとめ
電波少女、新曲「ME」のMV公開! 3ヶ月連続配信シングルの続報も!!
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
岡崎体育
【ジャンル】
J-POP, ニュース

フジファブリック、小中学生向けメディアリテラシー番組のテーマ曲を書き下ろし
Wed, 14 Jun 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NHK Eテレでスタートする小中学生向けメディアリテラシー番組 『メディアタイムズ』。この番組のテーマ曲を、フジファブリックが書き下ろしの新曲で担当することがわかった。

新曲のタイトルは「1/365」。同番組は10月からのレギュラー放送に先駆け、6月18日(日)16:30から「エピソード0」が放送される。

番組HPでは、楽曲を使ったオープニングタイトル映像を先行解禁中なので、ぜひチェックしてみてほしい。

■Eテレ『メディアタイムズ』 オフィシャルHP
http://www.nhk.or.jp/sougou/times/



【関連リンク】
元記事
フジファブリックまとめ
FAKY、メジャーデビュー記念イベントを生配信!
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
J-POP, ニュース

FAKY、メジャーデビュー記念イベントを生配信!
Wed, 14 Jun 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月14日の初CDリリースでメジャーデビューを果たす話題の新生代ガールズグループ、FAKY(読み:フェイキー)。そんな彼女たちが、メジャーデビューCDの発売を記念して開催する「FAKY “Unwrapped” Release Event : Special Showcase」がLINE LIVEで生中継されることが決定した。

代官山・SPACE ODDで開催される今回の「FAKY “Unwrapped” Release Event : Special Showcase」は、メジャーデビューミニアルバム『Unwrapped』からの新曲披露はもちろん、過去作「The One」からの楽曲もひさびさに歌唱するような告知がされており、彼女たち自身最長となるセットリストのライヴが行なわれる予定。東京在住ではない人や当日会場へ足を運べない人も、ぜひこの機会にFAKYのSpecial Showcaseを楽しんでほしい。

■「FAKY “Unwrapped” Release Event : Special Showcase」LINE LIVE

■配信時間
2017年6月14日(水)19:30〜
■「LINE LIVE」視聴予約
https://live.line.me/channels/73/upcoming/3524988
■「LINE LIVE」アフ?リのタ?ウンロート?はこちら
・iOS(iPhone)
https://lin.ee/goCPbh2/dtzb/h/0518
・Android
https://lin.ee/4C8u0Ln/dtzb/h/0518
※今回の配信はFAKYのLINE 公式アカウントて?は視聴て?きません。

■アルバム『Unwrapped』

発売中
【CD+DVD】
RZCD-86355/B/¥3,024(税込)
<収録曲>
■CD
01.Keep Out
02.Candy
03.Are You OK?
04.Surrender
05.Bad Things
06.Someday We\'ll Know
■DVD
01.Candy(MV)
02.Are You OK?(MV)
03.Surrender(MV)
04.Someday We\'ll Know(MV)
05.FAKY is BACK(Teaser)
06.Making Movie(FAKY is BACK〜Afterglow〜You〜Surrender〜Someday We\'ll Know)

【CD ONLY】
RZCD-86356/¥2,160(税込)
<収録曲>
01.Keep Out
02.Candy
03.Are You OK?
04.Surrender
05.Bad Things
06.Someday We\'ll Know
〈BONUS TRACK〉
07.Keep Out(Remute Club Mix)
08.Candy(Yamato Remix)

【CD ONLY】※イベント会場限定盤
RZC1-86357/¥1,500(税込)
<収録曲>
01.Candy
02.Surrender
03.Bad Things
04.Someday We\'ll Know



【関連リンク】
元記事
FAKYまとめ
illionによる主題歌「BANKA」をフィーチャーした映画『東京喰種 トーキョーグール』予告編が解禁
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
FAKY
【ジャンル】
J-POP, ニュース

illionによる主題歌「BANKA」をフィーチャーした映画『東京喰種 トーキョーグール』予告編が解禁
Wed, 14 Jun 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

野田洋次郎(RADWIMPS)のソロプロジェクト、illion(イリオン)による映画『東京喰種 トーキョーグール』主題歌「BANKA」。同曲をフィーチャーした予告編映像が公開された。

映画『東京喰種 トーキョーグール』は、累計2300万冊の発行部数を誇る話題沸騰の超人気コミック『東京喰種 トーキョーグール』の実写化作品で、7月29日(土)の日本公開をはじめ、北米、ヨーロッパ、アジアで世界公開される。

illionはこれまでヨーロッパやアジアでのリリースや、ロンドン、ハンブルグでライヴを行なうなど、海外のオーディエンスにも大きな支持を得ており、その高い音楽性に共鳴した映画側からのラブコールにより、illionによる初の映画主題歌書き下ろしが実現。儚くも美しい調べに乗せて切々と歌い綴られていく、壮大な詩曲が完成した。

さらに、7月21日には主題歌「BANKA」の全世界配信が決定! 110の国と地域で配信がスタートする。

また、7月26日には最新作『P.Y.L』に主題歌「BANKA」を追加収録したデラックス盤のリリースも決定した。パッケージデザインも新たに、期間生産限定盤として販売される。詳しくは、オフィシャルHPへ!

■映画『東京喰種 トーキョーグール』 オフィシャルHP
http://tokyoghoul.jp/
(c)2017「東京喰種」製作委員会 (c)石田スイ/集英社

■【コメント】

■illion
「作品全体から、原作の石田先生やファンの方達へのリスペクトが溢れていました。
「やり切る、届ける」という覚悟のような想いと共に主題歌提供のお話を頂き、自分もこの映画のスタッフ、キャストの皆さんの熱量に追いつきたいと思いながら曲作りをしていきました。スクリーンの中でもがくすべての登場人物たちの未来に、わずかでも光がありますようにと願いながら。
映画『東京喰種 トーキョーグール』に参加させて頂き、光栄に思います」

■萩原健太郎監督
「どのジャンルにも捉われないillionとしての野田さんの世界観に惹かれ、オファーしました。救いようのない現実が突きつけられ、絶望で胸が締め付けられました。それでも最後に訪れる微かな光に涙せずにはいられませんでした。映画「東京喰種」が持つ、“醜さと背中合わせの美しさ”をまさに凝縮した楽曲にしてくださった野田さんの才能に驚愕しました」

■映画『東京喰種 トーキョーグール』特別予告


https://youtu.be/5ktZ3E375Bw■アルバム『P.Y.L 』[Deluxe Edition]

2017年7月26日発売
WPCL-12747/¥2,500+税
※期間生産限定盤
※歌詞・対訳付き
<収録曲>
01.BANKA
02.Miracle
03.Told U So
04.Hilight feat.5lack
05.Water lily
06.85
07.P.Y.L
08.Dream Play Sick
09.Wander Lust
10.Strobo
11.Ace
12.BRAIN DRAIN [Linn Mori Remix](bonus track)



【関連リンク】
元記事
illionまとめ
RADWIMPSまとめ
16歳の女子高生アーティスト吉田凜音、メガシャキCM曲を先行配信スタート
OKMusic

【関連アーティスト】
illion, RADWIMPS
【ジャンル】
J-POP, ニュース

16歳の女子高生アーティスト吉田凜音、メガシャキCM曲を先行配信スタート
Wed, 14 Jun 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ハウスウェルネスフーズ「メガシャキ」CMソング「STAY FOOL!!」を含むミニアルバム『STAY FOOL!!』のCD発売決定をアナウンスしたばかりの吉田凜音が、レコチョクやiTunes Store、moraなど各種サイトで、同曲「STAY FOOL!!」の先行配信をスタートさせた。また、LINE MUSICやApple Music、AWAなどの定額制聴き放題サービスでも配信されている。

「STAY FOOL!!」は随所にちりばめられた90年代オマージュと、エッジが効いたファズギターの攻撃的なサウンドが耳に残るアッパーチューンで、プロデュースを手掛けたのはスケボーキングのShigeo。ビクターのサイトでは楽曲試聴もスタートしている。

そして、「メガシャキ」CMのパロディ映像のアップロードも近日予定しているとのこと。「メガシャキ」新CMの趣旨は“メガシャキを飲むことで効率よく仕事がスピードアップして定時に終わらせて帰宅する”というものだが、その趣旨で吉田凜音が「私メインで勝手にやってみた」企画となっており、こちらもユーモア溢れる映像に仕上がりそうだ。なお、この「私メインで勝手にやってみた」企画はシリーズとして続く。

6月14日(水)19:00からは『吉田凜音のSTAY FOOOOOOL!!』と題したLINE LIVEの第1回が配信となる。何を言い出すのか分からない、素のキャラクターが炸裂することは間違いなさそう。今後も定期的に続けていくので、ぜひチャンネル予約をしてみてほしい。

■「STAY FOOL!!」楽曲試聴
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024882.html
■『吉田凜音のSTAY FOOOOOOL!!』チャンネル予約
https://live.line.me/channels/520/upcoming/3450849



【関連リンク】
元記事
吉田凜音まとめ
『りんご音楽祭2017』第2弾出演アーティストは、今まさに勢いのある18組!
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
吉田凜音
【ジャンル】
J-POP, ニュース

『りんご音楽祭2017』第2弾出演アーティストは、今まさに勢いのある18組!
Wed, 14 Jun 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

長野県松本市の名所、アルプス公園で9月23日(土)と24日(日)に開催される『りんご音楽祭2017』。その第2弾出演アーティストとして、「りんご音楽祭」初登場となるasuka ando、CAT BOYS、NINJAS、ナツノムジナの出演が決定した。

さらに、例年「りんご音楽祭」を盛り上げているどついたるねん、笹口騒音オーケストラに加え、オーディション企画「RINGOOO A GO-GO」に参加以降、各地で活躍を広げるTempalay、MONO NO AWARE、The Wisely Brothers、CICADA、大比良瑞希、ローホー、プププランド、よいまつり、MCウクダダとMC i know、むぎ(猫)の出演も決定!

また、2016年の「りんご音楽祭」のアートワークを務め、話題の加山雄三 feat.RITTO × ALTZ「夕陽は赤く」のアートワークも担当するina takayukiがライヴペインティングで出演するほか、松本を中心に活躍するhandmade candle lifart…によるキャンドルデコレーションも決定。「りんご音楽祭」らしい、今まさに勢いのある18組のアーティストがラインナップされた。

開催発表と合わせて受付を開始した[早割0][早割1]の先行予約は、先行販売期間終了前に予定枚数を完売! そして、[早割2]2日間通し券が枚数限定で発売開始となった。同時に、例年即完する120枚限定のキャンプサイト券も発売されている。6月21日(水)には第3弾出演アーティストの発表とともに[早割3]へ移行されるようなので、迷う時間はあまりないようだ。

JTBによる気楽なパッケージツアーも早割価格に準じて値段設定されるので、シンプルに楽しみたい方はこちらもオススメ。

「りんご音楽祭」では、音楽シーンの未来を担う人気アーティストを発掘するべく、オーディション企画「RINGOOO A GO-GO」を全国19都市で7月下旬まで実施中。加えて、当日一緒に「りんご音楽祭」を支えてくれるボランティアスタッフ、フードやドリンク、グッズやマッサージなどの出店も募集している。

■『りんご音楽祭2017』

【日時】
9月23日(土)10:00〜21:00、24日(日)9:00〜20:00
※雨天決行、荒天中止
【場所】
長野県松本市アルプス公園
(〒390-0861 長野県松本市 蟻ケ崎2455番地)
【出演アーティスト】※あ→ん順
■ 第1弾発表
ヴィーナス・カワムラユキ feat. 斎藤ネコ
OGRE YOU ASSHOLE
okadada
掟ポルシェ
踊ってばかりの国
川辺ヒロシ(TOKYO No.1 SOUL SET)
Kan Sano
クリトリック・リス
C.O.S.A. × KID FRESINO
ZAZEN BOYS
落日飛車 Sunset Rollercoaster(from 台湾)
jizue
SIMI LAB
G.RINA & Midnight Sun
STUTS
dj sleeper(りんご音楽祭/Record & Music Bar “on”/瓦RECORD)
Slow Riddim & Good Times
D.A.N.
田我流
tofubeats
ザ・なつやすみバンド
野宮真貴
DJ HASEBE
Have a Nice Day!
BLACKSMOKERS[KILLER-BONG×JUBE×BABA×YAZI×CHI3CHEE×ROKAPENIS]
mabanua
やけのはら
ゆるふわギャング
Yogee New Waves
Licaxxx
呂布カルマ
■ 第2弾発表
asuka ando
ina takayuki[Live Painting]
MCウクダダとMC i know
大比良瑞希[Band Set]
CAT BOYS
笹口騒音オーケストラ
CICADA
Tempalay
どついたるねん
ナツノムジナ
NINJAS
handmade candle lifart... [凸]
プププランド
むぎ(猫)
MONO NO AWARE
よいまつり
ローホー
The Wisely Brothers

<チケット情報>
[早割2] 2日間通し券 ¥11,800
[早割2] 2日間通し券+キャンプ券 ¥26,800
https://l-tike.com/st1/ringo2017ticket2
※[早割2]は6月14日(水)〜6月20日(火)の販売になり、6月21日(水)からは[早割3]になります。
※キャンプ券は2日間通し券とのセット販売のみになります。
※キャンプ券は1枚でテント1張が利用可能です。1人1枚必要なわけではありません。詳細はHPの注意事項をご覧下さい。
※それぞれの1日券や休憩広場利用券は[早割3 ]終了後、6月28日(水)からの販売となります。
<JTBパッケージツアー>
http://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?TourNo=c1af559532964561b4f521b8



【関連リンク】
元記事
The Wisely Brothersまとめ
Cicadaまとめ
プププランドまとめ
ハルカトミユキ、アルバム先行配信&全曲試聴試聴開始! 第2弾MVも解禁!

【関連アーティスト】
The Wisely Brothers, Cicada, プププランド
【ジャンル】
J-POP, ニュース

ハルカトミユキ、アルバム先行配信&全曲試聴試聴開始! 第2弾MVも解禁!
Wed, 14 Jun 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ハルカトミユキのが6月28日にリリースする3rdアルバム『溜息の断面図』より、「わらべうた」「Stand Up, Baby」の先行配信がスタートした。

「Stand Up, Baby」はダークトーンで疾走する「怒り」をテーマにしたロックチューンで、彼女たちの代表曲「ニュートンの林檎」の系譜に属するライブで盛上り必至のナンバー。同曲のMVも完成し、第1弾として公開され評判を呼んでいる「わらべうた」と同様、気鋭の映像作家の松永つぐみが監督を務めている。全4作が繋がっているストーリーの中で2作目として「わらべうた」と地続きのシュールな世界観の中で、このアップナンバーがどの様に表現されかをチェックしてほしい。MVは引き続き発売まで毎週公開されていく。

さらに、待望のアルバム全曲試聴がiTunesにてスタート。早くもインタビューをしたライターや評論家筋からは大傑作の称号を得ている最高傑作が、いよいよ明るみになる。

■アルバム『溜息の断面図』ダウンロード&試聴
https://itunes.apple.com/jp/album/id1243428609?at=10lpgB&ct=4547366316896_al&app=itunes

■「Stand Up, Baby」MV


https://youtu.be/sd-4WxWhfXk■「わらべうた」MV


https://youtu.be/bzbfSUa5kdQ■アルバム『溜息の断面図』

2017年6月28日発売
【初回盤】(2CD)
AICL-3354/3355/¥3,990(税込)
【通常盤】(CD)
AICL-3356/¥2,800(税込)
<収録曲>
1.わらべうた
2.Stand Up, Baby
3.Sunny, Cloudy
4.終わりの始まり
5.Fairy Trash Tale
6.WILL(Ending Note)
7.宝物
8.近眼のゾンビ
9.インスタントラブ
10.僕は街を出てゆく
11.嵐の舟
12.種を蒔く人
■Disc-2(初回盤のみ)
LIVE at 日比谷野外大音楽堂 [2016/9/24]
1.世界
2.バッドエンドの続きを
3.Hate you
4.Pain
5.奇跡を祈ることはもうしない 
6.夜明けの月
7.Are you ready?
8.見る前に踊れ
9.DRAG&HUG
10.振り出しに戻る 
11.ニュートンの林檎
12.光れ
13.LIFE 2
14.ドライアイス



【関連リンク】
元記事
ハルカトミユキまとめ
キャロル・キングの『つづれおり』全曲再現ライヴがDVD&CDでリリース
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
ROCK, ニュース, MV, CD, アルバム

キャロル・キングの『つづれおり』全曲再現ライヴがDVD&CDでリリース
Wed, 14 Jun 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

キャロル・キングのDVD&CD『つづれおり:ライヴ・アット・ハイド・パーク』が9月1日にリリース(日本盤は9月6日)されることがわかった。

このアイテムは2016年7月3日にロンドンのハイド・パークで行なわれた『つづれおり』45周年を記念したコンサートの模様を収めたもので、不朽の大名盤『つづれおり』を史上初めて全曲演奏し、それに加えて、彼女の作品の中から人気の楽曲を収録している。

『つづれおり:ライヴ・アット・ハイド・パーク』は世界中に何百万といるリスナーたちの感情や経験を代弁するナチュラル・ウーマン、キャロル・キングの真のソングライターとしての地位を確立させ、なおかつ時代の精神を転換させる試金石となったアルバム『つづれおり』の発売45周年を記念し、2016年7月3日に65,000人以上もの熱狂的なオーディエンスを前に開催された。

伝説となった1973年のセントラル・パーク公演以来の大規模なコンサートとなった、このハイド・パークでの歴史的なパフォーマンスは、彼女にとって1989年以来初の英国公演となったと同時に『つづれおり』を全曲ステージ上で披露した初めての経験。ステージではキャロルがフル編成のバンドを率いる姿が見られるほか、彼女の圧巻の楽曲群から自身のお気に入りの楽曲も数曲披露されている。『つづれおり』オリジナル盤に参加したギタリスト、ダニー・“クーチ"・コーチマーがバンド・メンバーとして名を連ね、ゲストとしてキャロルの娘ルイーズ・ゴフィンが「地の果てまでも」(人気テレビシリーズ『ギルモア・ガールズ』のテーマ曲として、母娘デュオが再録音した曲)などをキャロルと共演。ローレンス・オリヴィエ賞を受賞した『ビューティフル:キャロル・キング・ミュージカル』のウェスト・エンド版のキャストたちが参加している。

アルバム『つづれおり』は全世界の琴線に触れ、ビルボード・アルバム・チャートで15週間に亘って1位を記録し、6年間チャートに留まった。また、キャロル・キングはこのアルバムで、グラミー賞の最優秀アルバム賞、最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞を含む4部門を受賞。「ソー・ファー・アウェイ」、「イッツ・トゥー・レイト」、「アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ」、「君の友だち」をはじめ、今も時代を超えるスタンダードとして歌い継がれている楽曲が数多く詰まった、まさにロック・ポップス史上の残る大名盤である。

■DVD『つづれおり:ライヴ・アット・ハイド・パーク』

2017年9月1日発売予定 (日本盤は9月6日発売予定)
※日本盤のDVDは字幕付き。また、日本盤ブックレットには解説、歌詞、対訳を収録。
<収録>
■CD
01. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ
02. ソー・ファー・アウェイ
03. イッツ・トゥー・レイト
04. ホーム・アゲイン
05. ビューティフル
06. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー
07. 君の友だち
08. 地の果てまでも
09. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー
10. スマックウォーター・ジャック
11. つづれおり
12. ナチュラル・ウーマン
13. メドレー・イントロ
14. ゴフィン/キング・メドレー:サヨナラ・ベイビー〜泣きたい気持ち〜かなわぬ恋〜朝からゴキゲン〜ワン・ファイン・デイ
15. ヘイ・ガール
16. チェインズ
17. ジャズマン
18. アップ・オン・ザ・ルーフ
19. ロコモーション
20. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ (with ミュージカル「ビューティフル」ロンドン・キャスト出演者)
21. 君の友だち (リプリーズ)
■DVD
01. オープニング/彼女の偉業紹介コメント (バックミュージック:ソー・ファー・アウェイ、ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー、ソー・ファー・アウェイ、ナチュラル・ウーマン)
02. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ
03. ソー・ファー・アウェイ
04. イッツ・トゥー・レイト
05. ホーム・アゲイン
06. ビューティフル
07. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー
08. 君の友だち
09. 地の果てまでも
10. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー
11. スマックウォーター・ジャック
12. つづれおり
13. ナチュラル・ウーマン
ゴフィン/キング・メドレー:
14. サヨナラ・ベイビー
15. 泣きたい気持ち
16. かなわぬ恋
17. 朝からゴキゲン
18. ワン・ファイン・デイ
19. ヘイ・ガール
20. チェインズ
21. ジャズマン
22. アップ・オン・ザ・ルーフ
23. ロコモーション
24. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ (with ミュージカル「ビューティフル」ロンドン・キャスト出演者)
25. 君の友だち (リプリーズ)



【関連リンク】
元記事
Carole Kingまとめ
スピッツ、「ヘビーメロウ」MVはスピッツ風“メタル感”を表現!?
OKMusic
洋楽一覧

【関連アーティスト】
Carole King
【ジャンル】
ROCK, 洋楽, ニュース, DVD

スピッツ、「ヘビーメロウ」MVはスピッツ風“メタル感”を表現!?
Wed, 14 Jun 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スピッツの結成30周年を記念したシングルコレクションアルバム『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection-30th Anniversary BOX-』に収録されている新曲「ヘビーメロウ」のMVが完成した。

監督は「シロクマ」「みなと」「醒めない」といったスピッツのMVを数多く手掛けてきた北山大介。最初の打ち合わでタイトルが「ヘビーメロウ」であることを口頭で聞いた際に、「ヘビーメタル」と聞こえたところから映像のイメージが膨らんでいったとのこと。

メンバーの演奏シーンに印象的なイラストを融合させたこの映像では、スピッツ風“メタル感”を表現するために“太陽に憧れるオオカミ”を登場させている。

■「ヘビーメロウ」MV


https://youtu.be/BASmTe-x-Ok■【北山大介監督 コメント】

「次のスピッツの曲は"ヘビーメタル"で…」
「!!!!!!」

という空耳的勘違いから始まった、
「ヘビーメロウ」のミュージックビデオ。

全く聞いてこなかった自分なりの「(ヘビー)メタル感」をスピッツ風に、
ちょっと空耳的にメロウに表現した映像作品です。

一曲通して聞いた時の草野さんらしい歌詞の世界観が、
朝をつげる小鳥たちのさえずりではなく、
太陽に憧れる夜行性の「オオカミ」へとつながりました。

イラストレーター須山 奈津希さんの不思議な世界観をと合わさり広がる、
「ヘビーメロウ」な世界を楽しんでいただけたらと思います。

北山大介 (THREE IS A MAGIC NUMBER Inc.)

■アルバム『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』

2017年7月5日発売
UPCH-7329/31/¥3,900+税
<収録曲>
■【DISC 1】CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection
1.ヒバリのこころ
2.夏の魔物
3魔女旅に出る
4.惑星のかけら
5.日なたの窓に憧れて
6.裸のままで
7.君が思い出になる前に
8.空も飛べるはず
9.青い車
10.スパイダー
11.ロビンソン
12.涙がキラリ☆
13.チェリー
14.渚
15.スカーレット
■【DISC 2】 CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection
1.夢じゃない
2.運命の人
3.冷たい頬
4.楓
5.流れ星
6.ホタル
7.メモリーズ
8.遥か
9.夢追い虫
10.さわって・変わって
11.ハネモノ
12.水色の街
13.スターゲイザー
14.正夢
15.春の歌
■【DISC 3】 CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection
1.魔法のコトバ
2.ルキンフォー
3.群青
4.若葉
5.君は太陽
6.つぐみ
7.シロクマ
8.タイム・トラベル
9.さらさら
10.愛のことば-2014mix-
11.雪風
12.みなと
13.ヘビーメロウ(『2017 めざましテレビ テーマソング』)
14.歌ウサギ(映画『先生!』主題歌)
15.新曲3



【関連リンク】
元記事
スピッツまとめ
OKMusic
ROCK一覧
ニュース一覧

【関連アーティスト】
スピッツ
【ジャンル】
ROCK, ニュース, MV, アルバム, 新曲













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1