歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年06月01日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
南壽あさ子、移籍第一弾となる2ndアルバム『forget me not』のリリースが決定
Thu, 01 Jun 2017 23:00:00 +0900
南壽あさ子 (okmusic UP\'s)

今年5周年を迎える南壽あさ子がヤマハ移籍第一弾となる2ndアルバム『forget me not』を8月9日(水)にリリースすることを発表した。また、同アルバムよりリードトラック「勿忘草の待つ丘」(読み:わすれなぐさのまつおか)が6月6日(火)に配信シングルとしてリリースされる。

【その他の画像】南壽あさ子

「勿忘草の待つ丘」は子どものころのふるさとの風景や、家族、恋人、友だちなど、忘れかけていた記憶にそっと触れられたような感覚になる楽曲。“あなたには出来ぬ、と言われていたことを やってみせてくれよ 遠慮はいらない”と歌いかける彼女の歌声は、心の扉を開き、そっと気持ちを押してくれるだろう。今を生きることにただ精一杯で、ふと明日からのことが気になったとき、手を取り共に歩んでくれるような感覚に陥ること請け合いだ。

また、同曲は昨年リリースの配信シングル「八月のモス・グリーン」とおなじく、バッキング・トラックを国内で録音、アメリカ・ロサンゼルスでボーカル・レコーディングとミックスを実施。レコーディング&ミックスを担当したのはラファ・サーディナ(Rafa Sardina)。エンジニア/プロデューサーとして、グラミー賞を12回獲得、ノミネートは35回されるなど世界が認める実力者だ。これまでスティーヴィー・ワンダー、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガ、マライア・キャリー、ルイス・ミゲル、マイケル・ジャクソン、エルヴィス・コステロ&The Roots他、多数のビッグ・ネームを手がけており、とても豪華な内容に仕上がっている。

さらに、現在公開中のミュージックビデオ「勿忘草の待つ丘」の監督・脚本を手がけたのは、映画『好きだ、』、『tokyo.sora』、『ペタルダンス』などの名作で知られる石川寛。ショートムービー仕立ての作品の中で、14歳の南壽あさ子を演じるのは、連続テレビ小説『まれ』で土屋太鳳の子供時代を演じた女優、松本来夢。青春の切なさを見事に演じているこちらの作品も要チェックだ。

そして、アルバム『forget me not』のジャケットのイラストを手がけたのは、人気絵本作家の酒井駒子。南壽あさ子の世界をイメージして描き下ろされており、見事に今作と南壽あさ子の世界が表現されているあたりも見どころだ。

なお、初回生産限定盤には、2016年12月3日(土)に東京グローブ座で行われたゼネテック主催『南壽あさ子 × ココダヨ』プレミアムフリーコンサートの模様を収録したコンサート映像作品とインディーズ時代のミュージック・ビデオを収録したBlu-rayを同梱予定との事。

YouTubeには、アルバムについて南壽あさ子本人が語ったコメント動画も公開されており、こちらもチェックしてほしい。

■アルバム『forget me not』告知コメント動画
https://youtu.be/Wp7OMVWYrk0

■【リリース情報】

2017年8月9日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+Blu-ray)
YCCW-10298/B/¥5,250+税
【通常盤】(CD)
YCCW-10299/¥2,593+税
<収録曲>
■CD
On My Way
勿忘草の待つ丘
flora
杏子屋娘
八月のモス・グリーン
エネルギーのうた
ここだよ
forget me not
ほか、全10曲収録予定(曲順未定)
■Blu-ray ※初回生産限定盤のみ
『南壽あさ子 × ココダヨ』プレミアムフリーコンサートの映像
インディーズ時代のMusic Video
(収録分数未定)

◎商品紹介ページ
■初回生産限定盤
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=921&artist_id=256
http://www.amazon.co.jp/dp/B071FNPNBP
■通常盤
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=922&artist_id=256
http://www.amazon.co.jp/dp/B071W6QJZT

配信シングル「勿忘草の待つ丘」
2017年6月6日(火)発売
【通常音源配信】
<主な配信サイト>
iTunes / レコチョク / Google Play Music / mora / music.jp / ドワンゴジェイピー / オリコンミュージックストア / mysound
【ハイレゾ音源配信】
YCCI-10303
<主な配信サイト>
e-onkyo / mora / オトトイ / music.jp / オリコンミュージックストア/ GIGA MUSIC / mysound

◎商品紹介ページ
■通常音源配信
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=918&artist_id=256
■ハイレゾ音源配信
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=919&artist_id=256

■【ライブ情報】

『SAKAE SP-RING 2017』
6月03日(土) 名古屋sunset BLUE

『南壽あさ子デビュー 5 周年記念ワンマンライブ』
6月06日(火) 吉祥寺STAR PINE\'S CAFE
※SOLD OUT

『NEXT STAR!?歌が絵になる日?』
6月09日(金) 神戸VARIT.

『Tenderness』
6月11日(日) 本八幡ルートフォーティーン
出演:南壽あさ子、Mamalaid Rag

『初恋の嵐 presents「初恋の嵐のラストワルツ」』
7月07日(金) 新宿LOFT
※ゲストヴォーカル出演

『「アトリエ」20周年スペシャルライブ』
7月09日(日) 豊洲PIT
出演:南壽あさ子、霜月はるか、山本美禰子、mao、真理絵 and more...

【関連リンク】
南壽あさ子 オフィシャルHP
南壽あさ子、9月にシングル「flora」をリリース
南壽あさ子、ヤマハへレーベルを移籍&3ヶ月連続配信リリース決定!
南壽あさ子、ロングセラー絵本『ねずみくんのチョッキ』コラボソングのMV公開

【関連アーティスト】
南壽あさ子
【ジャンル】
J-POP

Dragon Ashが初出演の日本テレビ系『バズリズム』で白熱のスタジオライブを披露!
Thu, 01 Jun 2017 22:00:00 +0900
Dragon Ash (okmusic UP\'s)

Dragon Ashが6月2日(金)深夜に放送される日本テレビ系『バズリズム』スタジオライブを披露することが決定した。

【その他の画像】Dragon Ash

5月31日(水)にリリースした3年4か月ぶりのアルバム『MAJESTIC』がiTunesアルバムチャート1位を獲得と好調なスタートを切った彼らが、日本テレビ系『バズリズム』に初出演し、ライブハウスさながらのスタジオライブを披露することとなった。もちろん、ファンの期待を裏切らないバンドのスタイルを貫いた圧巻のライブとなることは必至! さらに、番組では大爆笑のトークも披露。地上波であまり見ることのできない素のDragon Ashを楽しんでほしい。

また、オンライン動画配信サービス『Hulu』にて6月2日(金)から配信される音楽番組『TOKYO BEAT FLICK』にも出演が決定。司会なし、ゲストなし、1アーティストのライブ1本勝負の音楽コンテンツとなる本番組の為にスタジオにライブハウスを再現し、ファンも巻き込んだ特別なライブを収録した。セットリストは全て最新アルバムの楽曲で構成しており、「Ode to Joy」「Faceless」「A Hundred Emotions」を初披露。6月8日から始まる全国ツアーの予習はもちろんのこと、KenKen(Ba)も加わり新たなスタートを切ったDragon Ashのライブをいち早く味わえるので、要チェック!

■日本テレビ系『バズリズム』 HP
http://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/
■オンライン動画配信サービス『Hulu』 HP
https://www.happyon.jp/

■アルバム『MAJESTIC』

2017年5月31日(水)発売
【初回完全限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1172/¥3,800(税抜)
※特殊パッケージ仕様
【通常盤】(CD)
VICL-64800/¥2,800(税抜)

■『Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC』

6月08日(木) Zepp DiverCity
6月16日(金) Zepp Nagoya
6月17日(土) なんばHatch
6月22日(木) いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場
6月30日(金) 仙台 PIT
7月02日(日) 高松festhalle
7月03日(月) 松山WstudioRED
7月05日(水) 米子laughs
7月07日(金) BLUE LIVE 広島
7月15日(土) キッセイ文化ホール 中ホール
7月16日(日) クロスランドおやべ
7月20日(木) KBSホール
7月21日(金) 福井県県民ホール
7月25日(火) CLUB CITTA\'
8月16日(水) チキンジョージ
8月17日(木) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
8月23日(水) 岐阜club-G
8月24日(木) Live House 浜松 窓枠
8月30日(水) 周南 RISING HALL
8月31日(木) DRUM LOGOS
9月02日(土) KUMAMoTo B.9 V1
9月03日(日) CAPARVO HALL
9月07日(木) PENNY LANE24
9月08日(金) PENNY LANE24
9月10日(日) 帯広MEGA STONE
9月12日(火) 石巻BLUE RESISTANCE
9月13日(水) 山形ミュージック昭和セッション
9月15日(金) 青森Quarter
9月18日(月・祝) 新潟LOTS
10月01日(日) 桐生市市民文化会館 小ホール
10月03日(火) Zepp Tokyo
<2018年>
1月28日(日) 横浜アリーナ

【関連リンク】
Dragon Ash、2018年1月に20周年を締めくくる横浜アリーナ公演を開催
Dragon Ash、新曲MVで日常では起こりえない“光り”を表現
「氣志團万博2017」、第1弾出演者発表&チケット先行スタート
Dragon Ash、新曲「Ode to Joy」が"バドワイザー"プロモーションソングに

【関連アーティスト】
Dragon Ash
【ジャンル】
J-POP

コレサワ、8月にメジャーデビューアルバム『コレカラー』リリース! 初のワンマンツアー開催も決定
Thu, 01 Jun 2017 21:00:00 +0900
コレサワ (okmusic UP\'s)

コレサワが6月1日に渋谷Star loungeで行なったメジャーデビュー前祝いワンマンライブ 『お祝いさせてあげまショー』のステージ上にて、8月9日にメジャーデビューアルバム『コレカラー』をリリースすることを発表した。

【その他の画像】コレサワ

アルバムには、インテ?ィース?盤収録の人気曲「君のハ?ント?」(1st EP『君のハ?ント?』収録)をはじめ、AbemaTVの人気番組『オオカミくんには騙されない』のテーマ曲「あたしを彼女にしたいなら」(2nd EP『女子、シ?ョーキョー。』収録)、数々のシンカ?ーソンク?ライターにカバーされている活動初期の楽曲「たは?こ」、さらにライくヴ定番にもなっている人気曲で全ての女子の応援歌「SSW」(読み:シンガーソングライター)など全12曲が収録されるとのこと。なお、「SSW」は、7月5日(水)にアルバムからの先行配信が決定している。

発売形態は、通常盤CDに加え、上記4曲のミュージックビデオと今年2月に行なったワンマンライブ『コレシアター03』のライブ映像2曲を収録したDVD付き初回盤、通常盤CDと“コレカラーモチーフトート”をセットにしたタワーレコードオンライン予約限定セットの計3形態。予約限定セットは数量限定でタワーレコードオンラインにて6月9日(金)18時より予約受付を開始。また、各CDショップごとにオリジナル特典を予定しており、詳細は追って発表されるとのこと。

そして、アルバム『コレカラー』を引っ提げて自身初となるワンマンツアー『コレサワ ワンマンライブツアー2017 君の街にいくカラー』の開催も決定! ツアーは弾き語りの“〜ぼっち編〜”とバンド編成の“〜仲間編〜”の2編。全国10箇所を巡り、12月14日(木)、15日(金)の2デイズに及ぶ渋谷WWW公演にてファイナルを迎える。6月1日21時よりコレサワオフィシャルHPにて先行抽選も開始となったので、いち早くチェックしてみてほしい。

■コレサワ http://koresawa.jp/

■アルバム『コレカラー』

2017年8月9日(水)発売
【初回盤】(CD+DVD)
CRCP-40521/¥3,333(税抜)
※コレカラーキラキラケース仕様
【通常盤】(CD)
CRCP-40522 /¥2,778(税抜)
【タワーレコードオンライン予約限定セット】(通常盤CD+コレカラーモチーフトート)
¥4,611(税抜)
※アナザージャケット付

<CD収録内容>
・SSW
・たばこ
・あたしを彼女にしたいなら
・君のバンド
を含む12曲収録

<初回盤DVD収録内容(予定)>
・「SSW」MUSIC VIDEO
・「たばこ」MUSIC VIDEO
・「あたしを彼女にしたいなら」MUSIC VIDEO
・「君のバンド」MUSIC VIDEO
・ライブ映像1(2017年2月5日コレサワ ワンマンショー「コレシアター03」にて収録)
・ライブ映像2(2017年2月5日コレサワ ワンマンショー「コレシアター03」にて収録)


<タワーレコードオンライン予約限定セット>
予約開始時期:6月9日(金)18:00〜
※予約時期が変動する場合もございます。
■TOWER RECORDS http://tower.jp/

■『コレサワ ワンマンツアー「2017 君の街にいくカラー 」 』

〜ぼっち編〜
10月28日(土) 札幌musica hall cafe
11月03日(金・祝) 新潟ブルーカフェ
11月04日(土) 仙台コーヒー
11月11日(土) 浜松窓枠Cafe AOZORA
11月12日(日) someno kyoto
11月17日(金) 広島Live Juke

〜仲間編〜
12月06日(水) 福岡 Queblick
12月08日(金) 名古屋ell.SIZE
12月09日(土) アメリカ村 FANJ twice
12月14日(木) 渋谷WWW
12月15日(金) 渋谷WWW

■コレサワオフィシャルHP抽選先行 http://eplus.jp/kore2017hp/ 
期間:6月01日(木)21:00 〜6月11日(日)23:59

【関連リンク】
コレサワ、話題の「たばこ」配信開始! カバーコンテストも開催
コレサワ、活動初期の楽曲「たばこ」配信リリース&メジャー宣言後初のワンマン開催を発表
コレサワ、約1年振りのワンマンにてメジャーデビューを発表!
コレサワ、ダミーヘッドマイクで収録した「女子諸君」をワンマンライヴ来場者限定で無料配布

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP

GRiT、新曲MV公開&初の単独公演決定!
Thu, 01 Jun 2017 20:00:00 +0900
GRiT (okmusic UP\'s)

2017年2月に結成された新進気鋭のダンスボーカルグループ、GRiT(グリット)が新曲「右手にシリウス」のMVを公開した。

【その他の画像】GRiT

GRiTは、Ray*to(レイト)、Goku(ゴクウ)による鋭く切れのあるダンスパフォーマンスと、リーダー・Takashi(タカシ)のハイトーンで甘く艶のある歌声が魅力の3人組。新曲「右手にシリウス」のMVでは、都会的な夜の景色の中で鮮烈に歌い踊る3人の姿が印象的だ。

6月3日(土)13:00には、GRiT初の単独イベントの開催も決定! 「TRYGATE ?LEVEL.1-」と題された同イベントで上記の新曲と新衣装を初披露する。また、ソロパフォーマンスなどを含む、この日だけのスペシャルなステージが予定されているという。

チケットは予約制で「info@grit3.jp」宛に名前、希望枚数を連絡すると参加できる。初回公演は無料(1D別途)で、7月以降も第1土曜に開催予定。すでに6月3日(土)公演のチケットは残りわずかということなので、気になる方は早めにチェックを!

なお、GRiTは6月2日(金)20:30より、FRESH!で『GRiTTER NIGHT vol.7』を放送する。こちらもお見逃しなく。

■『GRiTTER NIGHT vol.7』
https://freshlive.tv/grit/116024

■「右手にシリウス」MV
https://www.youtube.com/watch?v=EXFRw5nkZJQ

■『TRYGATE』

「TRYGATE ?LEVEL.1-」
6月03日(土) 東京 Y ‘s BAR
新宿区歌舞伎町2ー19ー7 新田中ビル5階
12:45開場 13:00開演
※新曲披露
※新衣装
※観覧無料(別途1D)

<チケット>
初回無料(ドリンク代のみ別途500円)
2回目以降 前売り1000円(ドリンク代別途500円)
※当日券(1500円)あり

7月01日(土)12:45開場 13:00開演
8月05日(土)12:45開場 13:00開演
9月02日(土)12:45開場 13:00開演
※毎月第1土曜日開催

【関連リンク】
GRiT オフィシャルHP
GRiT、群雄割拠の男性アーティストシーンに突如登場!
DJやついいちろう主催『YATSUI FESTIVAL! 2017』第6弾・最終!?アーティスト発表!
超特急、ヒストリーブックの内容が明らかに&メイキング動画を大公開!

【関連アーティスト】
GRiT
【ジャンル】
J-POP

ハルカトミユキ、3rdアルバムは研ぎ澄まされて振り切った新録12曲!
Thu, 01 Jun 2017 19:00:00 +0900
ハルカトミユキ (okmusic UP\'s)

2017年にインディーズデビューから5周年を迎えるハルカトミユキが、同年2月のツアーファイナルでリリースをアナウンスしていた6月28日発売の3rdアルバム。その詳細が明らかになった。

【その他の画像】ハルカトミユキ

2月のツアーで披露された「終わりの始まり」「嵐の舟」を含む、全て書き下ろしの新録で12曲が収録される。

アルバムタイトルは『溜息の断面図』。オルタナとダンスミュージックを融合したM1「わらべうた」、「ニュートンの林檎」以来のダークトーンの疾走感のあるロックナンバー「Stand Up, Baby」、新機軸となる「WILL(Ending Note)」、“青春の果て”を描いた胸を鷲掴みにされる秀逸なバラード「宝物」など、言葉は今までのどの作品よりも鋭く研ぎ澄まされ、楽曲は振り切ったエッジ―な作品が並ぶ。

前述のツアーファイナルで発表された、3年連続の日比谷野外大音楽堂でのワンマンも決まっている。そんな今の2人の勢いがそのまま詰め込まれた、間違いなく最高傑作に仕上がった。

各所から高評価を受けた2016年夏にリリースの2ndアルバム『LOVELESS/ARTLESS』からわずか10ヶ月。プレッシャーなど微塵も感じず、このアルバムに向けて書き下ろされた50以上の曲からセレクトした12曲となった。いよいよ大きな注目を集めそうな彼女たちの“今”を切り取った作品は、2017年の音楽シーンに何を訴えかけるのか? 要注目である。

初回盤には、2016年9月に行なわれたライヴの音源を14曲収録。目撃した者すべてが“ハルカトミユキ史上最高のライヴ”と言うほどに充実した“あの夜”のパフォーマンスがCDで甦る。特に、未だ音源化されておらず、あの夜にたった一回披露されて会場中の感動を誘った名曲「LIFE 2」も収録されるだけに、こちらも必聴だ。

6月28日(水)からは、Shibuya WWW X、Shibuya WWW 、渋谷CLUB QUATTROの3会場で、tacica、peridots、きのこ帝国とそれぞれ一夜限りの2マンライヴが開催される。どこよりも早く、新曲を聴ける機会となる。こちらは、6月1日(木)18:00より「ハルカトミユキ モバイル会員」限定でオリジナルTシャツ付き3DAY通し券の2次販売がスタートする。

■アルバム『溜息の断面図』

2017年6月28日発売
【初回盤】(2CD)
AICL-3354〜5/¥3,990(税込)
【通常盤】(1CD)
AICL-3356/¥2,800(税込)
■Disc-1
01.わらべうた
02.Stand Up, Baby
03.Sunny, Cloudy
04.終わりの始まり
05.Fairy Trash Tale
06.WILL(Ending Note)
07.宝物
08.近眼のゾンビ
09.インスタントラブ
10.僕は街を出てゆく
11.嵐の舟
12.種を蒔く人
■Disc-2 ※初回盤のみ
〈LIVE at 日比谷野外大音楽堂 [2016/9/24]〉
01.世界
02.バッドエンドの続きを
03.Hate you
04.Pain
05.奇跡を祈ることはもうしない
06.夜明けの月
07.Are you ready?
08.見る前に踊れ
09.DRAG&HUG
10.振り出しに戻る
11.ニュートンの林檎
12.光れ
13.LIFE 2
14.ドライアイス

■アルバム レコ発 3days

「1st day 06.28(wed) SHIBUYA WWW X with tacica」
出演:tacica、ハルカトミユキ

「2nd day 06.29(thu) SHIBUYA WWW with peridots」
出演:peridots with 河野圭・横山竜一、ハルカトミユキ

「3rd day 06.30(fri) SHIBUYA CLUB QUATTRO with きのこ帝国」
出演:きのこ帝国、ハルカトミユキ

<チケット発売中>
前売:全自由¥3,900/当日券:全自由 ¥4,500 ※D代別

◎ハルカトミユキ モバイル会員限定、3DAY通し券(限定オリジナルTシャツ付)2次販売
受付:6月1日(木)18:00〜6月7日(水)23:59
スマートフォンからアクセス
http://arena.emtg.jp/harukatomiyuki/

【関連リンク】
ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカトミユキ、3rdアルバム詳細&tacica・きのこ帝国らを迎えたレコ発3days開催を発表
流されがちな毎日に“待った!”をかけてくれる5曲
ハルカトミユキ、3rdアルバムリリース&3年連続日比谷野音ライブ開催発表

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

HAN-KUN、アルバム『VOICE MAGICIAN V 〜DEEP IMPACT〜』リリース&全国ツアー開催決定
Thu, 01 Jun 2017 18:00:00 +0900
HAN-KUN (okmusic UP\'s)

湘南乃風のHAN-KUNがおよそ3年振りにシリーズ5作目となるアルバム『VOICE MAGICIAN V 〜DEEP IMPACT〜』を8月2日にリリースすることが決定した。

【その他の画像】HAN-KUN

来年2018年のソロデビュー10周年を目前に、昨年は単身渡米、アメリカでの長期武者修行を敢行したHAN-KUN。その生活の中、自らの内から感じたアジア人・日本人としてのアイデンティティーを表現すべく、今作では“ジャパニーズ・アイデンティティー”を意識し制作。

前作までは主にジャマイカで楽曲制作に励んでいたHAN-KUNだが、今作は前作までと異なり“MADE IN JAPAN”にこだわり全曲を国内でレコーディング。国内での制作ながらも昨年のニューヨーク生活の中で吸収した経験を体現し、世界水準の新録曲が出揃った。日本を意識した聴きやすいダンスホールレゲエサウンド、心に突き刺さるメッセージ、変幻自在なボイスマジックを駆使し、今までとは異なる新しいアプローチの作品が完成した。

初回生産限定盤には、4月30日に行われたワンマンライブ『MAGIC MOMENT SHOW CASE@Billboard Live 2017』でのパフォーマンスを収録したDVDが付属。

また、9月からは全国ツアー『HAN-KUN TOUR 2017 「LEGEND 〜DEEP IMPACT〜」』の開催が決定。アルバムの楽曲と合わせて、“心に深く突き刺さる衝撃”を実際に体感してほしい。本ツアーの詳細はオフィシャルホームページまで。

■HAN-KUN オフィシャルHP http://han-kun.134r.com

■アルバム『VOICE MAGICIAN V 〜DEEP IMPACT〜』

【初回生産限定盤】(CD+DVD)
TFCC-86594/¥4,167(税抜)
【通常盤】(CD)
TFCC-86595/¥2,778(税抜)

<収録楽曲>
01. V
02. DEEP IMPACT
03. TEPPEN!!
04. NEXT TO YOU
05. MELODY OF LOVE
06. RUN THE WORLD
07. WANNA BE FREE
08. ETERNAL FIRE
09. RESPECT
10. 無問題
11. PULL UP
12. 希望の空

<初回生産限定盤 特典DVD>
LIVE DVD「MAGIC MOMENT SHOW CASE@Billboard Live 2017」

【関連リンク】
MYNAME、湘南乃風SHOCK EYEと感動のご対面
SPICY CHOCOLATE主催『渋谷レゲエ祭』に豪華アーティスト集結&ニューアルバムリリース決定!
速報! 『氣志團万博2016』の素晴らしかったアクト&楽曲5選
HAN-KUN、NYC撮影の最新アーティスト写真公開&最新アルバムから2曲先行配信決定

【関連アーティスト】
HAN-KUN , 湘南乃風
【ジャンル】
J-POP

結成20周年のTHA BLUE HERB、初の公式ミックスCDで全ての必然を証明する
Thu, 01 Jun 2017 18:00:00 +0900
THA BLUE HERB (okmusic UP\'s)

DJ DYEがTHA BLUE HERBの楽曲を紡いだ初となる公式ミックスCD『THA GREAT ADVENTURE - Mixed by DJ DYE』が完成! 7月26日にリリースされることがわかった。

【その他の画像】THA BLUE HERB

2017年に結成20周年を迎えるTHA BLUE HERB。来たる10月29日(日)には、東京・日比谷野外大音楽堂でアニバーサリーライヴの開催が決定している。そこに向けて、THA BLUE HERB名義で作品を発表していく予定とのこと。

まずは、7月26日にTHA BLUE HERBとしては初となる公式ミックスCDを発売。2015年に、THA BLUE HERBのラッパー:ILL-BOSSTINOがTHA BLUE HERB名義以外で残してきた楽曲をDJ HIKARUがミックスしたCD『BORDERS』を発売したことはあるが、今回はTHA BLUE HERB名義の楽曲のみでの構成となっている。

タイトルは『THA GREAT ADVENTURE』。ミックスを担当するのはもちろん、THA BLUE HERBのライブDJであるDJ DYE。2枚組で、1枚目はILL-BOSSTINOのラップを主体としたもの。2枚目はO.N.Oのビートに焦点を当てたものとなる。

1997年のデビューシングル以降、ラッパー:ILL-BOSSTINOとビートメイカー:O.N.Oのコンビが生み出してきた楽曲は、通俗に溢れるラブソングなどとは一線を画し、完全オリジナルなヒップホップの地平を切り開いてきた。それらは純粋にこの国のヒップホップにおけるノンフィクションな物語でもあり、同時に地元・札幌から全国津々浦々へと理解者を求め、出会い、信頼を深めていく交流の記録であり、同時に世界各国を旅して、自分たちで拾い集めてきた語られぬ裏事情への覗き口でもあり、何より札幌の路上からの視点で語られてきた平成日本のルポルタージュでもある。

頼るべき者が誰もいない、たった2人だけのどん底の苦境から外の世界へ。やがて外の世界に内なる世界を構築して、そこを見つけ集まってきてくれたオーディエンスとの邂逅。全てはあの夜となっていく、そして現れては去っていく、人との出会いと別れを数百夜繰り返しつつも、それでもひたすらに続けてきた2人がこれまで残してきた楽曲。全てがそのまま、決して隠さなかった変化と、今も確かにある不変が織りなす、20年で一巻の『THA GREAT ADVENTURE』と呼ばれる叙事詩である。それらを、その歴史を追体験させるが如く、誰よりも2人の言葉と音を理解しているDJ DYEが、時空を越え、その言葉と音、メッセージの全ては繋がっていた、必然であったのだと証明していく。

“人生9回裏の名誉挽回”と言い切った文字通り、土壇場からの出立、取り囲む全てへの反発から互いの理解を経た融和へ、依然として札幌在住であり自主制作でありながら、事実多くの理解者を得た今、そこに至る直線的な道のりが歌い上げる、不屈の継続とも呼べる20年は、単なるメモリアルな総括にはとどまらず、改めて多くの創造者の指標となり得るはずだ。

■ミックスCD『THA GREAT ADVENTURE - Mixed by DJ DYE』

2017年7月26日発売
TBHR-CD-028/¥3,000+税
※2枚組

【関連リンク】
BRAHMAN、バンドの革新性が織り込まれた傑作「不倶戴天 -フグタイテン-」を4月12日にリリース
タワーレコードが本格的なアナログ専門レーベルを設立
青森『AOMORI ROCK FESTIVAL \'14〜夏の魔物〜』、THA BLUE HERBら第1弾出演者を発表
宮城の野外フェス『森波』2013年も開催 THA BLUE HERB、渡辺俊美ら出演

【関連アーティスト】
THA BLUE HERB
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ

PrizmaX 島田翼、連載「Wet Crate」第12回は山下達郎の『TATSURO FROM NIAGARA』を紹介
Thu, 01 Jun 2017 18:00:00 +0900
WetCrate 第12回 (okmusic UP\'s)

PrizmaXのパフォーマーでありながらDJとしても活躍する島田翼がOKMusicにて連載している「Wet Crate」の第12回が公開された。

【その他の画像】PrizmaX

島田が集めたレコードコレクションの中から厳選された一枚を本人の映像と文章で紹介する本連載。これまで数々の海外アーティストのディープな作品を紹介してきたが、今回は父の世代から受け継がれてきたシティポップの元祖と語る山下達郎の『TATSURO FROM NIAGARA』を紹介。

動画では島田が朝によく聴く楽曲なども語られている。連載をチェックして梅雨の憂鬱な気分を吹き飛ばしてみては?

■Tsubasa Shimada(PrizmaX)presents WetCrate 第12回
http://okmusic.jp/ups/articles/875

【関連リンク】
PrizmaX 島田翼、連載「WetCrate」第11回は野外で聴きたいディスコミュージックを紹介!
CUBERS、PrizmaXの清水大樹が振付けた「NANDE」MV公開
PrizmaX 福本有希&島田翼が 映画『ひだまりが聴こえる』に出演!
PrizmaX、1stアルバムリリース記念ライヴを大盛況に終えたメンバーが夏のツアーに向けた意気込みを語る!

【関連アーティスト】
PrizmaX, Tsubasa Shimada(PrizmaX)
【ジャンル】
J-POP

SHE\'S、TBS系テレビ『CDTV』6月度エンディングテーマに新曲「Over You」が大抜擢
Thu, 01 Jun 2017 17:00:00 +0900
SHE’S (okmusic UP\'s)

SHE\'Sが6月21日にリリースするミニアルバム『Awakening』(読み:アウェイクニング)の収録曲「Over You」がTBS系テレビ『CDTV』6月度エンディングテーマに決定した。

【その他の画像】SHE\'S

本作からのタイアップは2曲目となる。同時に、井上竜馬(Key&Vo)による「Over You」のセルフライナーノーツも公開された。内容は以下のとおり。
「あの人のようになりたい、あんな風に生きれたら、そんな憧憬に向かって愚直に生きるのも悪くないのかもしれない。 けれど僕には僕だけの人生で出会えた人たちがいます。自信もダメなところも全て、周りの人に気付かされ貰ってきました。あの頃理想として描いてた自分とは違う場所でも、今の自分が輝ける場所にいるのは、自分に打ち勝つ事が出来たから。ずっと越えたくて何度も負けたり勝ったりして戦うべき最大の相手は、これからもずっと自分自身なんだろうと、そう感じて書いた曲です。」

「Over You」は6月1日(木)22時より放送のTOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』にて初解禁、6月2日(金)にはiTunesにて先行配信もスタート。同日20時にはミュージックビデオの公開も予定しているので、あわせてチェックしてほしい。

■SHE\'S オフィシャルHP http://she-s.info/

■ミニアルバム『Awakening』

2017年6月21日(水)発売
TYCT-60099/¥1,700(税抜)
<収録楽曲>
1.Lantern(inst.)
2.Over You ※TBS系テレビ「CDTV」6月度エンディングテーマ
3.Someone New
4.Don\'t Let Me Down
5.In the Middle
6.Beautiful Day ※TBS系テレビ「王様のブランチ」6月度エンディングテーマ
7.aru hikari

■『SHE\'S Hall Tour 2017 with Strings 〜after awakening〜』

9月29日(金) 東京・草月ホール
9月30日(土) 東京・草月ホール
10月13日(金) 愛知・名古屋市芸術創造センター
10月14日(土) 大阪・立命館いばらきフューチャープラザ グランドホール

■ツアー特設サイト http://she-s.info/shes-halltour2017

【関連リンク】
SHE\'Sの「Beautiful Day」がTBS『王様のブランチ』6月度ED曲に決定
SHE\'S、映画『めがみさま』とのコラボMVを公開
SHE\'S、PELICAN FANCLUB、mol-74、odolが台湾のライブイベントに出演決定
SHE\'Sが映画『めがみさま』主題歌「Ghost」のLIVE MUSIC VIDEOを公開

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
J-POP

大黒摩季、デビュー25周年特設サイトがオープン
Thu, 01 Jun 2017 17:00:00 +0900
大黒摩季 (okmusic UP\'s)

2016年8月、故郷・北海道で開催された「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO」で6年間にわたる病気療養からの復帰を果たした大黒摩季が、2017年6月をもってデビュー25周年に突入! オフィシャルHP上に、25周年特設サイトがオープンした。

【その他の画像】大黒摩季

デビュー日は「STOP MOTION」をリリースした1992年5月27日だが、5月27日は90年代を同じビーイングで過ごした盟友・坂井泉水の命日と重なり、10年前からこの日は静かに彼女の冥福を祈ってきた。その代わり、自ら周年の記念日としたのが、尊敬するマリリン・モンローの誕生日でもあり、高校を卒業後にプロミュージシャンを目指して上京した6月1日になる。

25周年特設サイトには、アーティストや文化人をはじめ、多方面からのお祝いコメントが到着。また、彼女の生い立ちからデビュー、今日に至るまでの経緯が「大黒摩季ヒストリー」として掲載されている。

【大黒摩季 コメント】
「この度、25周年を迎え、途中、山あり谷あり崖ありと、
なかなかドラマティックなアーティスト人生でしたが、今、
元気に歌い、ファンの皆様と大好きな音に塗れ戯れ、思いきりクリエイト出来るミュージシャンとして、『当たり前の日々』が、只々有り難く幸せです。

まずは、
音楽でもなければ、ちっぽけで取り柄の無い私を“大黒摩季”にしてくれた全ての皆様に心から厚く、深く強く、感謝申し上げます。

これからは、その想いを胸に感謝をカタチにすべく
“底抜けに楽しいLive”“大黒摩季サウンド”=『最高の当たり前』と
ひたすらに邁進するだけです。
ですので、眩い意気込みや声高に言える野望はありません(苦笑)。

欲を言えば、6年間 “ただの女”として生きてみて、
「普通の暮らし」を続けるだけでも努力や我慢の連続。
気にするのは周りと明日のことばかり。

そんな万年抑制ライフで固くなった心と体を解放する、自分の声が聞こえる、
そんな“楽しいヒミツの隠れ家”みたいなLiveや音楽をつくって行けたら . . .
と、少しだけ欲張った気持ちが芽生えています。

という訳で、これと言った輝かしいキャッチはありませんが、
幾度か諦めかけ、再びいただいたアーティスト人生。
出来るだけ長く続きます様に?と願いを込めて
とはいえ、立派な熟年ROCK Girl “良い加減♪”で
しぶとく頑張って参ります★

皆様、大黒摩季をこれからもどうぞ宜しくお願い申し上げます!!」

2017年6月1日

■25周年特設サイト
http://maki-ohguro.com/anniv25/

【関連リンク】
大黒摩季 オフィシャルHP
武部聡志、豪華アーティストと共演したプレミアムコンサートをWOWOWにて放送
大黒摩季、全国47都道府県ツアーがスタート
大黒摩季、7月より復帰後初の『北海道ドリーム・ツアー2017』を開催

【関連アーティスト】
大黒摩季
【ジャンル】
J-POP

デヴィッド・ボウイ、「レコード・ストア・デイ」でヒットしたLPが日本盤CD化
Thu, 01 Jun 2017 16:00:00 +0900
アルバム『クラックド・アクター 〜ライヴ・ロサンゼルス’74<SHM-CD>』 (okmusic UP\'s)

デヴィッド・ボウイのライヴアルバム『クラックド・アクター 〜ライヴ・ロサンゼルス\'74』の日本盤CDのリリースが7月26日に決定した。

【その他の画像】David Bowie

毎年4月の第3土曜日に世界同時で開催される「レコード・ストア・デイ(RSD)」。2017年は4月22日(土)に世界同時開催され、各社からリリースされた多くのRSD専用商品の中で最も売れた作品となったのが、3枚組のアナログLPでリリースされた、デヴィッド・ボウイのライヴアルバム『クラックド・アクター ~ライヴ・ロサンゼルス\'74』で、このたびCDでもリリースされる。

日本盤のみ高音質SHM-CD仕様で、日本盤ライナーノーツ、12Pのブックレットに掲載された公演プログラムのライナーノーツと『ローリング・ストーン』誌リチャード・クロムリンによる1974年10月10日に行なわれた「フィリー・ドッグス・ツアー」LA公演レポートの日本語翻訳、そして歌詞・対訳が付属される。

海外輸入盤とハイレゾ含むダウンロードおよびストリーミング配信は6月16日リリースで、輸入CD初回盤はデジパック仕様。

【デヴィッド・ボウイ、怒涛のアメリカ進出\'74年】
1974年1月にアルバム『ダイアモンドの犬』のレコーディングを開始し、5月にリリースしたデヴィッド・ボウイは、6月14日〜7月20日まで「ダイアモンド・ドッグス・ツアー」を敢行。ロックミュージカル「ジーザス・クライスト・スーパースター」を制作したJ・フィッシャーを総監督に迎え、破格の費用をかけた演劇的なステージセットを制作、アルバムの世界を視覚的に表現するロックミュージカル的な大規模なステージだった。ところが目玉のステージセットが故障続きで、ツアーは10数回をこなしたところで中断。この時7月にフィラデルフィア、タワー・シアターで行なわれたライヴを収録した作品が『デヴィッド・ボウイ・ライヴ<2005ミックス> <2016リマスター>』(WPCR-17595)であり、この時のバンドのバンマスはマイケル・ケイメン(p)だった。

間髪入れず8月に入って、ボウイはアルバム『ヤング・アメリカンズ』のレコーディングに突入。そして9月、USツアー後半戦が始まるが、このツアーは「フィリー・ドッグス・ツアー」と呼ばれており、その前半となる9月2日〜16日まで行なわれたツアーは、より正確に「プレ・フィリー・ドッグス・ツアー」とも呼ばれている。ここでは前半戦のシアトリカルな「ダイアモンド・ドッグス・ツアー」とは打って変わり、これからリリースとなるニューアルバム『ヤング・アメリカンズ』の世界観を反映した“アメリカン・ソウル・ショウ”を意識したステージに。マイケル・ケイメンはバンドを去り、新たなバンマスは“ジギー”時代からボウイを支えるマイク・ガースンに交代。また、ジェームス・ブラウンのバンドで存在感を発揮し、『ヤング・アメリカンズ』のレコーディングに参加したギターのカルロス・アロマーと、シグマ・サウンド風に2人から6人にパワーアップしたバックヴォーカルのメンバーとしてルーサー・ヴァンドロスも初参加することになる。「プレ・フィリー・ドッグス・ツアー(フィリー・ドッグス・ツアー)」の初日となる9月2日はBBCのドキュメンタリー『Cracked Actor』撮影のために前半戦の豪華なセットでライヴを行なった。そして、9月5日LAのアンフィシアターでのライヴを収録したアルバムが『クラックド・アクター 〜ライヴ・ロサンゼルス\'74』だ。プロデュースはデヴィッド・ボウイ自身が手掛け、ミックスはトニー・ヴィスコンティが2016年10〜11月に新たに行なった。

その後は2週間のインターバルの後、10月5日〜12月4日に「ソウル・ツアー(フィリー・ドッグス・ツアー)」が行なわれた。カルロス・アロマーの推薦でリズム隊がエミール・セザン(Dr)、デニス・デイヴィス(Ba)に代わり、バックヴォーカルもさらに1人増えて7人編成になる。こうしてロックミュージカル〜ソウルミュージックとアメリカ音楽に大胆に傾倒し、アメリカ大陸を駆け抜けたボウイ怒涛の1974年は開けて、1975年3月アルバム『ヤング・アメリカンズ』がリリースされることになる。この作品はアルバムチャート全米9位、全英2位の大ヒットとなり、7月に2ndシングルとしてリリースされた「フェイム」がボウイにとって初の全米チャートNo.1となり、新たなロックンロールスターの仲間入りを果たすことになるのだった。

■アルバム『クラックド・アクター 〜ライヴ・ロサンゼルス’74<SHM-CD>』

2017年7月26日発売
WPCR-17848〜9 /¥2,900+税
<収録曲>
■Disc 1
01.イントロダクション
02.1984年
03.愛しき反抗
04.月世界の白昼夢
05.美しきもの/キャンディデイト/美しきもの(リプライズ)
06.チェンジズ
07.サフラゲット・シティ
08.アラジン・セイン(1913 - 1938 - 197?)
09.すべての若き野郎ども
10.気のふれた男優
11.ロックン・ロール・ウィズ・ミー
■Disc 2
01.ノック・オン・ウッド
02.イッツ・ゴナ・ビー・ミー
03.スペイス・オディティ
04.ダイアモンドの犬
05.ビッグ・ブラザー
06.時間
07.ジーン・ジニー
08.ロックン・ロールの自殺者
09.ジョン・アイム・オンリー・ダンシング(アゲイン)

録音:ユニヴァーサル・アンフィシアター、ロサンジェルス 1974年9月5日
プロデュース:デヴィッド・ボウイ
ミックス:トニー・ヴィスコンティ 2016年10月、11月 ヒューマン・スタジオ、ニューヨーク

<ミュージシャン>
デヴィッド・ボウイ - ヴォーカル、ギター、ハーモニカ
アール・スリック - ギター
カルロス・アロマー - ギター
マイク・ガースン - ピアノ、メロトロン
デヴィッド・サンボーン - アルト・サックス、フルート
パブロ・ロサリオ - コンガ
ダグ・ローチ - ベース
グレッグ・エリッコ - ドラムス
バッキングヴォーカル - ウォーレン・ピース、アンソニー・ヒントン、ルーサー・ヴァンドロス、アヴァ・チェリー、ダイアン・サムラー、ロビン・クラーク

【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ展で完売した「★」12インチ・カラーレコードが数量限定で再販
「RECORD STORE DAY」全世界同時開催目前! 注目輸入盤ラインナップ紹介
80‘sアーティストの極めつけディスコヒット5曲(その2)
鋤田正義×立川直樹、『DAVID BOWIE is』プレミアム・トークショー第一弾開催

【関連アーティスト】
David Bowie
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

ISEKI(ex.キマグレン)、早くもAORカバー第二弾がリリース決定
Thu, 01 Jun 2017 15:30:00 +0900
ISEKI (okmusic UP\'s)

ISEKIが8月30日に「AORカバー・シリーズ」の第二弾作品『AOR FLAVA -sweet blue-』をリリースすることがわかった。

【その他の画像】キマグレン

2015年にキマグレン10年の活動に終止符を打ち、ソロアーティストとして始動したISEKI。今年に入ってからはその活動をより一層活発化させており、1月からスタートしたソロ初となる全国対バンツアー『ISEKI LIVE 2017〜COFFEE & SOUL〜』が5月6日(土)にMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで盛況のうちに幕を閉じ、6月28日には待望のソロデビュー作品となる1stミニカバーアルバム『AOR FLAVA -mellow green-』のリリースを控えている。

そのISEKIが、早くも8月30日にシリーズの第二弾となる『AOR FLAVA -sweet blue-』をリリースする。この「AOR FLAVA」シリーズはISEKI自身が大きく影響を受けたアーティストを中心に、“「J-POP」の中のAOR風味の名曲を季節に合わせて選曲してカバーする”というコンセプトであり、第二弾も前作同様にカバー曲に1曲オリジナルコラボ曲が収録されるという。

6月リリースの第一弾作品では、元・椿屋四重奏のヴォーカル/ギターで現在はシンガーソングライターとして活動中の中田裕二を迎えて「HOLD YOU feat.中田裕二」という新曲が収録されたが、8月リリースの第二弾では誰をお相手として迎え入れるのか気になるところ。また、どういった名曲をカバーしたのかにも注目が集まる。今のところ、そのヒントとなるのは副題の“-sweet Blue-”というキーワードのみだ。引き続き、続報を楽しみに待ちたい。

そして、最新のアーティスト写真も同時に公開された。メジャーデビュー決定後に初めて行なわれた撮影は、ISEKIの地元であり原点でもある逗子海岸。やはり、この男には“海”と“太陽”が良く似合う。ただし、キマグレン時代と同じシチュエーションにもかかわらず、その当時とはイメージが大きく違い、大人の色気とキャリアを積んで円熟味を増した一人のアーティスト“ISEKI”の姿を捉えた写真になっている。

この写真からも窺えるように、今のISEKIだからこそ「AOR FLAVA」と銘打って、時代を超えて愛される名曲たちを自身のパワーと融合させられるのかもしれない。

ISEKI風味に仕上がった名曲たちをいち早く試聴できるダイジェストムービーも公開されているので、まずはこちらをチェックしてみてほしい。

■『AOR FLAVA -mellow green-』ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=KQeedEbpkTM

■【リリース情報】

アルバム『AOR FLAVA -sweet blue-』
2017年8月30日発売
TKCA-74543/¥1,852+税

アルバム『AOR FLAVA -mellow green-』
2017年6月28日発売 
TKCA-74516/¥1,852+税
<収録曲>
M1.DOWN TOWN(シュガー・ベイブ)
M2.しらけちまうぜ(小坂忠)
M3.ドラマティック・レイン(稲垣潤一)
M4.シングルベッド(シャ乱Q)
M5.接吻(オリジナル・ラヴ)
M6.十人十色(大江千里)
M7.メロディー(玉置浩二)
M8.HOLD YOU feat.中田裕二  ※オリジナル・コラボ曲

【関連リンク】
ISEKI オフィシャルHP
真空ホロウ、アコースティックツアー東京3公演をLINE LIVEにて生放送
真空ホロウ、東京公演サポートメンバー決定!弾き語りツアー追加公演にISEKI(ex.キマグレン)参戦決定!
元キマグレン・クレイ勇輝がOTODAMA最終日に出演決定

【関連アーティスト】
キマグレン, ISEKI
【ジャンル】
J-POP

エレファントカシマシ、異常な空気感の客電付き渋公ライヴが完全に蘇る!
Thu, 01 Jun 2017 15:00:00 +0900
エレファントカシマシ (okmusic UP\'s)

エレファントカシマシの伝説となっている1988年の渋谷公会堂ライヴが、完全収録されたパッケージで蘇る。さらに、一夜限りのプレミアム上映も決定した。

【その他の画像】エレファントカシマシ

エレファントカシマシが長年にわたって高い評価を受け続けている大きな要因の一つが“ライヴ”であり、そのいくつかに伝説と称されるものがある。遡ること29年前、1988年9月10日の渋谷公会堂ライヴはまさにそのひとつ。

デビュー(1988年3月)後わずか半年。発表時には無謀との声も上がっていたと言われる。当時映像制作の第一人者となりつつあった故・坂西伊作が撮影監督として企画段階から加わり、すべてが進められた。

剥き出しの無機質な舞台。バンドが登場し、おもむろに演奏が始まるが、客席の照明は付いたまま。演奏は力強く闘争的で、それが凄まじい圧力に変わる。そして、随所でヴォーカル宮本浩次の感情が露になる。異常な空気感が会場を支配した。怒涛の全14曲、緊迫の70分。終演まで客席の照明が落ちることはなかった。

この伝説的ライヴは16mmフィルムのカメラ5台で全編撮影、音はデジタルマルチテープで録音されたが、映像はこれまでほとんど世に送り出されることはなかった。だが、ライヴから約29年経過した2017年、映像・音源を最新技術によってレストアリマスタリングし、ここに完全に蘇ることになった。ライヴ映像を完全収録したパッケージ(Blu-ray・DVD)は7月26日リリース予定。

パッケージ発売に先駆け、7月11日(火)には、Zepp Tokyo・Zepp Nambaで一夜限りのプレミアム上映も決定した。ライヴ感覚で伝説のライヴの臨場感をリアルに体感できる絶好の機会だ。チケットは6月1日(木)より、プレオーダー開始。

また、エレカシの新曲「風と共に」も6月1日(木)より、NHK『みんなのうた』でオンエアがスタートとなった。宮本がNHK『みんなのうた』「はじめての僕デス」を歌ったのは、NHK東京児童合唱団に所属していた今からおよそ40年前(1976年8月〜9月初回放送)。それからバンドデビュー30周年を迎えた今、自身の半生振り返って『みんなのうた』に書き下ろしたのが「風と共に」だ。“子供も大人も、夢を胸にいだいていきてけたら”――そんな想いが込められたエレカシ約1年ぶりの新曲となる。

■Blu-ray & DVD『エレファントカシマシ〜1988/09/10渋谷公会堂〜』

2017年7月26日発売
【Blu-ray】
品番未定/¥5,500+税
【DVD】
品番未定/¥4,500+税

■「エレファントカシマシ、デビュー30周年記念!ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ〜1988/09/10渋谷公会堂〜』世界初、一夜限りのプレミア上映@Zepp東阪」

日程:7月11日(火)
開場/18:30 開演/19:30
会場:Zepp Tokyo(東京)、Zepp Namba(大阪)

<チケット価格>
前売券|一般自由席(全席自由):2,700円(税込)/スタンディング:1,700円(税込)
当日券|一般自由席(全席自由):3,000円(税込)/スタンディング:2,000円(税込)
※ご入場時に、別途ワンドリンク+500円をいただきます。

<チケット発売>
【プレオーダー(抽選)】
2017年6月1日(木)12:00〜2017年6月11日(日)23:59
・イープラス(PC、モバイル共通)
http://eplus.jp/ek_shibuko/
【一般発売(先着)】
2017年6月16日(金)15:00〜2017年7月10日(月)23:59
※各社プレイガイドによって終了時間が異なります。
※いずれも一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。
・イープラス(PC、モバイル共通)
http://eplus.jp/ek_shibuko/
※WEBからお申込みの上、ファミリーマートもしくはセブン-イレブンでチケットをお受取ください。
または、全国のファミリーマート店内のFamiポートにて販売。
・チケットぴあ(PC、モバイル共通)
http://w.pia.jp/t/ek_shibuko
Pコード:556-827[東京・大阪共通]
※WEBからお申込みの上、全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗でチケットをお受取ください。
または全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗にて販売。

■公式サイト
http://www.110107.com/ek_shibuko

【関連リンク】
エレファントカシマシ オフィシャルHP
流されがちな毎日に“待った!”をかけてくれる5曲
エレファントカシマシがメジャー復帰に際し、 自らを奮い立たせる言葉を注いだ『ココロに花を』
エレファントカシマシ、全国47都道府県ツアー初日・大阪城ホール公演をWOWOWで生中継!

【関連アーティスト】
エレファントカシマシ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

GOODWARP、新体制でのUNIT自主企画の対バンが明らかに!
Thu, 01 Jun 2017 14:00:00 +0900
GOODWARP (okmusic UP\'s)

2017年4月より新体制での活動を始動したダンサブルポップバンド、GOODWARP。そんな彼らが6月16日(金) 東京・代官山UNITで開催する自主企画イベント『YOASOBI東京編vol.9』の出演アーティストが発表となった。

【その他の画像】GOODWARP

東京編に出演がアナウンスされたのは、YOUR ROMANCE、SPARK!!SOUND!!SHOW!!、FouFouの3組で、今回も踊れる夜になること間違いなし! バンドが3月に前体制でワンマンライヴを実施した思い入れの地・代官山UNITで新たなスタートを切る。

さらに、イベントの来場者特典として、GOODWARPのアプリ内で限定公開されている「直線距離」の音源がプレゼントされるとのこと。

なお、自主企画「YOASOBI」はvol.10を7月22日(土)に大阪・梅田Shangri-Laで開催することも決定している。大阪編の出演アーティストは後日発表。

【GOODWARP 吉崎拓也(Vo&Gu) コメント】
「ヨアソビの季節といえば、やっぱり夏。
終電を逃して、夜通し遊んで、ふと空を見上げたら、げ、もうあんなに明るい!みたいなこと、みんなあるんじゃないでしょうか。
そう、夏の夜は短い!待ってちゃくれない!
だからこそ、会場全体で一緒に季節のピークをつくるような、心に焼きつく夜にしたいと思います。
そのためにピッタリな共演者が集まってくれました!お楽しみに」

■『YOASOBI vol.9』

6月16日(金) 東京 代官山UNIT
OPEN 18:00 / START 18:30
ゲスト:SPARK!!SOUND!!SHOW!!、FouFou、YOUR ROMANCE

■『YOASOBI vol.10』

7月22日(土) 大阪 梅田Shangri-La
OPEN 18:00 / START 18:30
GUEST:後日発表

【関連リンク】
GOODWARP オフィシャルHP
SPARK!!SOUND!!SHOW!!、新体制での初音源トレイラーを公開
GOODWARP、有安祐二(Dr)が4月19日をもって脱退
ラックライフ、対バンツアー出演アーティスト第一弾にGoodbye holiday、オレスカバンドらを発表

【関連アーティスト】
GOODWARP, SPARK!!SOUND!!SHOW!!
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ばってん少女隊、1stアルバムジャケ解禁! 参加ミュージシャンも超豪華!
Thu, 01 Jun 2017 13:00:00 +0900
アルバム『ますとばい』【ますと盤】(CD+インストCD+Photobook+Blu-ray) (okmusic UP\'s)

平均年齢15歳のばってん少女隊が、6月21日にリリースする1stアルバム『ますとばい』のジャケット写真3形態を公開した。

【その他の画像】BRAHMAN

アルバムタイトル『ますとばい』には、大海原を進む船の帆を支える“マスト”の意味も込められており、「ますと盤」ではマスト上にマリンルックを基調としたキュートな衣装を着たメンバーが、「見んしゃい盤」ではマストに捕らえられたメンバーが、「聴きんしゃい盤」では手旗信号でBATTENを現すメンバーがデザインされている。

あわせて、全13曲の楽曲提供アーティスト/演奏ミュージシャンのクレジットも明らかに。インディーズデビューシングルの「ばってん少女。」は、“ますとばいver.”として新たにレコーディング。レコーディングメンバーには、ギターに田渕ひさ子(toddle)、ベースに中尾憲太郎というNUMBER GIRL組に加え、ドラムにMASUO(BACK DROP BOMB)が参加。九州出身アーティストによる演奏により、さらにパワーアップしている。同じくAKIRASTAR(アキラスター)作詞・作曲・編曲のタイトル曲/新曲「ますとばい!」も同様の演奏陣によるもので、ライヴでの初披露以来、すでに大きな盛り上がりを見せている。

そのほか、新曲「とーと。」はChabeこと松田岳二が作詞・曲・編曲を手がけるロカビリーテイストのキュートなポップチューンで、演奏陣にはChabeのバンド、LEARNERSのメンバーが参加。「乙女ノ手札」は作詞にアカシックの理姫、作曲・編曲は3rdシングル「すぺしゃるでい」と同じく4106xxx(SCAFULL KING、BRAZILIANSIZE)による楽曲で、演奏陣も「すぺしゃるでい」同様、ギターでKOHKI(BRAHMAN、OAU)が参加、新たにドラムで柏倉隆史(toe、the HIATUS)も参加している。

また、すでにライヴでも定番曲となっている演歌界の貴公子、山内惠介がゲストヴォーカルで参加するGSロックナンバー「のびしろ行進曲」。リリース済みの、渡邊忍(ASPARAGUS)作詞・作曲・編曲&ドラムで恒岡章(Hi-STANDARD)が参加するメジャーデビューシングル「おっしょい!」。『ドラゴンボール超』のエンディングテーマにも起用された、KEYTALK・小野武正が作詞・作曲、NARASAKIが編曲の2ndシングル「よかよかダンス」。フレデリックによる提供・演奏曲で、中毒性の高い「コトバテニス」も収められる。

まさに、“マストバイ”な1stアルバムに期待せずにはいられない! ちなみに、初回限定の「ますと盤」には収録全曲のインスト音源のみを収録したCDも付属している。

■アルバム『ますとばい』

2017年6月21日発売
【ますと盤】(CD+インストCD+Photobook+Blu-ray)
VIZL-1182/¥5,556+税
※超豪華BOX仕様
【見んしゃい盤】(CD+Blu-ray)
VIZL-1183/¥4,167+税
※初回生産分のみトレカ封入
【聴きんしゃい盤】(CDのみ)
VICL-64806/¥2,315+税
※初回生産分のみトレカ封入
<収録曲>
■CD
SE but-show TiME
01.夢のキャンバス
02.知っとっちゃん
03.アツか夏きたばい!
04.すぺしゃるでい
05.フレッ!フレッ!フレンズ
06.びびび美少女
07.コトバテニス
08.とーと。
09.のびしろ行進曲
10.夢のスコール
11.ばってん少女。
12.ころりん HAPPY FANTASY
13.よかよかダンス
EN1.さよならDESTINY
EN2.STORM!
EN3.おっしょい!
ENDING ますとばい!
■Blu-ray ※ますと盤、見んしゃい盤のみ
・「おっしょい!」「よかよかダンス」「すぺしゃるでい」MV&振り付けビデオ
・「ばってん少女隊の、田舎娘が四大都市のライブハウスを巡るツアー」〜4.6東京大会〜

■【楽曲クレジット詳細】

01.おっしょい!
lyrics&music&arrangement:渡邊忍(ASPARAGUS)
Gu:渡邊忍
Ba:原直央(ASPARAGUS、Noshow)
Dr:恒岡章(Hi-STANDARD)
Key:中村圭作(stim、toe、ホテルニュートーキョー、WUJA BIN BIN、田我流とカイザーソゼ)
Sax:ハラナツコ(クンクンニコニコ共和国、biobiopatata)
Tp:YUTA919(BLACK BOTTOM BRASS BAND)
Tb:せきりか(たをやめオルケスタ)

02.は?ってん少女。(ますとは?い ver.)
lyrics&music&arrangement:AKIRASTAR
Gu:田渕ひさ子(toddle)
Ba:中尾憲太郎
Dr:MASUO(BACK DROP BOMB)
Sax:NARI(SCAFULL KING、ヘヴンリーボーイズ)
Tp:シーサー(浅草ジンタ)
Tb:小池隼人(オーライブラス)

03.ひ?ひ?ひ?美少女
lyrics&music:ヤマモトショウ
arrangement:宮野弦士

04.夢のスコール
lyric:児玉雨子
music:吉田哲人
arrangement&Gu&programing:吉澤幸男(Gagakirise)
Ba:須藤優
Dr:古川太一(KONCOS)

05.STORM!
lyrics:ノマアキコ
music:松隈ケンタ
arrangement:SCRAMBLES
Gu:井口イチロウ
Ba:坂内“Nori-P”孟紀
Dr:若山トシユキ
Programing:深津重人

06.ますとは?い!
lyrics&music&arrangement:AKIRASTAR
Gu:田渕ひさ子
Ba:中尾憲太郎
Dr:MASUO
Sax:NARI
Tp:シーサー
Tb:小池隼人

07.とーと。
lyrics&music&arrangement:松田岳二
Gu&perc&p:松田岳二
Gu:堀口知江
Ba:浜田将充
Dr:古川太一

08.コトハ?テニス
lyrics&music:三原康司(フレデリック)
arrangement&instruments:フレテ?リック
co-arranged and additional production:伊藤一則(A-Sketch)&熊野功雄&高木権一

09.のひ?しろ行進曲
lyrics:中谷信行&川之上智子
music&arrangement:中谷信行
Vo:山内惠介
Dr:矢野一成

10.乙女ノ手札
lyrics:理姫(アカシック)
music&arrangement:4106xxx(SCAFULL KING、BRAZILIANSIZE)
Gu:KOHKI(BRAHMAN、OAU)
Ba:4106xxx
Dr:柏倉隆史(toe、the HIATUS)
Key:中村圭作
Sax:NARI
Tp:シーサー

11.よかよかタ?ンス
lyrics&music:小野武正(KEYTALK)
arrangement:NARASAKI
Gu:小野武正&NARASAKI
Ba:NARASAKI
Dr:鎌田修平
Sax:NARI
Tp:塩野耕司(Rude Bones)
Tb:GEN(DALLAX、Uncaba Authentic Band)

12.すへ?しゃるて?い
lyrics:MELON
music&arrangement:4106xxx
Gu:KOHKI
Ba:4106xxx
Dr:MASUO
Key:中村圭作
Sax:NARI
Tp:シーサー
Tb:小池隼人

13.but-show TiME
music&arrangement:渡邊忍
Gu&programing:渡邊忍
Ba:原直央

※所属表記2017年5月現在

【関連リンク】
ばってん少女隊 オフィシャルHP
KEYTALKの「ASTRO」が貞本義行がキャラデザを務めるRPGのテーマ曲に決定
KEYTALK、ライブバンドの真髄見せつける「黄昏シンフォニー」 MVが解禁
ばってん少女隊、1stアルバムリリースツアーがスタート

【関連アーティスト】
BRAHMAN, KEYTALK, Hi-STANDARD, SCAFULL KING, BACK DROP BOMB, BRAZILIANSIZE, ASPARAGUS, 松田 "CHABE" 岳二, 田渕ひさ子, 柏倉隆史, アカシック, 中尾憲太郎, NARASAKI, ばってん少女隊
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

EXILE THE SECOND、最強サマーチューン「Summer Lover」のMV公開
Thu, 01 Jun 2017 12:00:00 +0900
EXILE THE SECOND (okmusic UP\'s)

6月28日にリリースとなるEXILE THE SECONDのニューシングル「Summer Lover」。そのMVが解禁された。

【その他の画像】EXILE THE SECOND

グループ初の海外撮影となったMVはグアムで撮影。アツくてアガる、夏の楽しさを感じさせてくれる仕上がりとなっている。メンバーがリゾートで過ごす休日をコンセプトに、1人1人をフォーカスしたシーンを織り交ぜ、リゾート感、プライベート感、夢を描いた世界観を表現した、壮大なスケールの映像に!

サビで繰り返される 《サマラバ》というフレーズのパフォーマンスは誰でも真似できるようなキャッチーなもので、観ていると思わず踊りたくなるはず。青い海をバックに白い砂浜の上で披露している、メンバーのパフォーマンスシーンに注目だ。

また、シングルのDVDに「Summer Lover」のライブ映像が追加収録されることも発表された。こちらは、5月14日(日)に幕張メッセにて行なわれた「EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2016-2017 “WILD WILD WARRIORS” THE FINAL」で初披露されたときのもの。ライヴの興奮冷めやらぬまま、早くも映像化となる。

■「Summer Lover」MV
https://youtu.be/_h9WNxtP1fQ

■シングル「Summer Lover」

2017年6月28日発売
【CD+DVD】
RZCD-86358/B/¥1,800+税
■CD
01.Summer Lover
02.Body
03.Summer Lover(Instrumental)
04.Body(Instrumental)
■DVD
01.Summer Lover(MV)
02.Summer Lover(from EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2016-2017 “WILD WILD WARRIORS” THE FINAL@Makuhari Messe

【CD】
RZCD-86359/¥1,000+税
■CD
01.Summer Lover
02.Body
03.Summer Lover(Instrumental)
04.Body(Instrumental)

【CD+DVD】
RZC1-86360/B/¥2,222+税
※EX FAMILY OFFICIAL CD・DVD SHOP、LDH official mobile CD/DVD SHOP、mu-moショップ限定商品
■CD
01.Summer Lover
02.Body
03.Summer Lover(Instrumental)
04.Body(Instrumental)
■DVD
01.Summer Lover(MV)
02.Summer Lover(from EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2016-2017 “WILD WILD WARRIORS” THE FINAL@Makuhari Messe)
03.The Creation of Summer Lover -Documentary-

【関連リンク】
EXILE THE SECOND、全国ツアーファイナル公演のライブビューイングが決定
EXILE THE SECOND、2月22日が"セカンドの日"に認定される
EXILE THE SECOND、アルバム『BORN TO BE WILD』全貌解禁&「SUPER FLY」MVを公開
4大ドーム18公演で開催した『HiGH & LOW THE LIVE』が映像化

【関連アーティスト】
EXILE THE SECOND
【ジャンル】
J-POP

amazarashi、ライブ映像作品LIVE 360°「虚無病」トレーラー映像公開
Thu, 01 Jun 2017 11:00:00 +0900
『amazarashi LIVE 360°「虚無病」』ライブ写真 (okmusic UP\'s)

amazarashiが6月21日にリリースするライブBD&DVD『amazarashi LIVE 360°「虚無病」』のTrailer映像が特設サイト上に公開された。


【その他の画像】amazarashi

10,000人を動員し幕張メッセで一夜限りで行なわれたライブ『amazarashi LIVE 360°「虚無病」』は、秋田ひろむが書き下ろしたストーリー「虚無病」とリンクした形で開催。ステージ4面を囲んだ巨大透過性LEDにCGモデリングされたアニメーションキャラクターがダンサーのパフォーマンスによって生まれるアクションや、360°を駆け巡るタイポグラフィーが映し出された。さらには、天井をプロジェクトし文字やデザインを映し出すレーザー演出の中、響き渡る秋田ひろむの力強い歌声、更に洗練されたバンドパフォーマンスによる圧倒的な世界観でファン達を魅了した公演となった。

初回限定生産盤はLPサイズの特殊パッケージが採用され、2016年10月にリリースされたミニアルバム『虚無病』に収録された小説に新章を追加したストーリーが同梱される他、秋田ひろむが弾き語りで行ったライブ映像がフルで収録された映像が付属され6月21日にリリースされる。

■amazarashi LIVE 360°「虚無病」 特設サイト
http://www.amazarashi.com/live_kyomubyo/
■amazarashiオフィシャルHP
http://www.amazarashi.com/

■『amazarashi LIVE 360°「虚無病」』Trailer
https://youtu.be/8orcG0JR3Hk  

■Blu-ray&DVD『amazarashi LIVE 360°「虚無病」』

2017年6月21日発売
【Blu-ray 初回生産限定盤】
AIXL-83/¥5,600+税
※LPサイズパッケージ仕様
※ライブ映像「amazarashi acoustic live 2017.02.21」収録
※小説「虚無病」封入(六章追加)
【Blu-ray 通常盤】
AIXL-84/¥5,000+税
※小説「虚無病」封入(六章追加)
【DVD 初回生産限定盤】
AIBL-9379〜9380/¥4,900+税
※LPサイズパッケージ仕様
※ライブ映像「amazarashi acoustic live 2017.02.21」収録
※小説「虚無病」封入(六章追加)
【DVD 通常盤】
AIBL-9381/¥4,300+税
※小説「虚無病」封入(六章追加)

【関連リンク】
amazarashi、映像作品『amazarashi LIVE 360°「虚無病」』のアートワークを公開
amazarashi、幕張で開催した360° LIVE「虚無病」のBlu-ray&DVDを6月にリリース
amazarashi、レコ発ツアー追加公演開催決定
アジカン、トリビュートアルバム特設サイトで全曲試聴スタート

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1