歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年05月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
NoisyCell、新ビジュアル解禁&新作リリース後に全国ツアーを実施
Mon, 22 May 2017 20:00:00 +0900
NoisyCell (okmusic UP\'s)

6月21日にミニアルバム『Pieces』をリリースするNoisyCellが、最新ビジュアルとジャケットアートワークを公開した。

【その他の画像】NoisyCell

架空のゲームをテーマにした内容を彷彿とするジャケットは、メンバー4人のカラフルな指が並んだスタイリッシュな仕上がりになった。また、ミニアルバムのリリース後には『Pieces TOUR “NEW GAME +"』と銘打つ全国6か所ツアーがスタート。ホームグラウンドでもある千葉LOOKを皮切りに、ファイナルには新代田FEVERが予定されている。

■ミニアルバム『Pieces』

2017年6月21日(水)発売
VPCC-81957/¥1,800(税込)
<収録曲>
01:Pieces
02:Days
03:"Good Luck"
04:Just for Now
05:THE JUNK and THE MOON
06:Heresome

■『Pieces TOUR “NEW GAME +"』

7月16日(日) 千葉LOOK
7月30日(日) 神戸太陽と虎(兵庫)
8月02日(水) 金沢vanvan V4(石川)
8月04日(金) 静岡UMBER
8月18日(金) 大阪BRONZE
8月20日(日) 新代田FEVER(東京)※ワンマン

【関連リンク】
NoisyCell オフィシャルHP
NoisyCell、新曲「Lily」MV公開&リリースパーティー来場特典第二弾が明らかに!
NoisyCell、4人体制となって初のアーティスト写真公開
ALL OFF、対バンツアーのゲストアーティスト第1弾発表

【関連アーティスト】
NoisyCell
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ぼくのりりっくのぼうよみ、全国ツアー追加公演にて初の野音ワンマン開催を発表
Mon, 22 May 2017 19:00:00 +0900
5月21日@新木場STUDIO COAST (okmusic UP\'s)

ぼくのりりっくのぼうよみが、初の全国ツアー『ぼくのりりっくのぼうよみ TOUR 2017』の追加公演を5月21日(日) 新木場STUDIO COASTにて開催した。

【その他の画像】SOIL&"PIMP"SESSIONS

追加公演の会場となった新木場STUDIO COASTは、デビュー前、まだ高校生2年生だったぼくのりりっくのぼうよみが応募した日本最大級の10代向けオーディション『閃光ライオット』のファイナルステージの会場。約1万組の中からファイナリスト10組に選出され、新木場STUDIO COASTでライブを披露、才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴び、翌年メジャー・デビューしたぼくのりりっくのぼうよみにとって、特別な会場でのライブとなった。

この日の公演は、デビュー作『hollow world』収録楽曲や資生堂「アネッサ」CMソングなどのタイアップ楽曲、椎名林檎「本能」のカバー曲など多彩な選曲の第1部、旧約聖書の「ノアの方舟」のエピソードに着想を得たコンセプチュアルな2ndアルバム『Noah\'s Ark』のストーリーを表現するステージ演出が施される第2部で構成され、全20曲を披露。スペシャルゲストとして、本人が大ファンというSOIL&"PIMP"SESSIONSからタブゾンビ(Tp)、秋田ゴールドマン(Ba)が登場し、同バンドの「summer love」をカバー。ライブ終盤でもぼくのりりっくのぼうよみの楽曲「after that」などに参加した。
 
さらに終演後すぐ、ステージ上スクリーン映像にて秋に東阪ワンマンライブを開催することを発表。東京公演は10月8日、初の日比谷野外音楽堂で開催され、ぼくのりりっくのぼうよみ初の野外ワンマンライブとなる。

初の全国ツアーを終え、さらにその先へ進み始めるぼくのりりっくのぼうよみから今後も目が離せない。

■『ぼくのりりっくのぼうよみ ワンマンライブ』

10月08日(日) 東京 日比谷野外大音楽堂
10月15日(日) 大阪 ユニバース

■シングル「SKY\'s the limit/つきとさなぎ」

2017年5月24日発売
VICL-37281/¥1,000+税
<収録曲>
01. SKY\'S the limit
02. つきとさなぎ

【関連リンク】
ぼくのりりっくのぼうよみ オフィシャルHP
ササノマリイ、新作EPより「game of life feat.ぼくのりりっくのぼうよみ」の24時間限定フル試聴開始
ササノマリイ、盟友ぼくのりりっくのぼうよみとの新作コラボをリリース
ぼくりり、「SKY\'s the limit」MVでまさかのパリピ化!? 女装姿も

【関連アーティスト】
SOIL&"PIMP"SESSIONS, ぼくのりりっくのぼうよみ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ, ライブ

『今夜もLL』SPイベント東京公演にてパクドル、Boys Republic、WEBERがパフォーマンス!
Mon, 22 May 2017 18:45:00 +0900
5月21日@品川インターシティホール(集合) (okmusic UP\'s)

テレビドラマ『今夜もLL▼』各エピソードの主人公であるパクドル、Boys Republic、WEBERが出演するスペシャルイベント『「今夜もLL▼ SPECIAL LIVE」vol.1』の東京公演が、5月21日に品川インターシティホールにて開催された。

【その他の画像】WEBER

まずは同ドラマでストーリーテラーを務める、ふかわりょうがイベントナビゲーターとして登壇。『“LIVE”というのは“LOVE”が生まれる場所だと思います。みなさん、多くの“LOVE”を感じとってください』と開演の時を告げる。

トップバッターはパクドル&HERO。男性2名×女性2名のダンサーチーム“パクドラゴン”を率いてパクドルが登場すると、場内に黄色い歓声が響き渡った。力強いビートのアッパーチューン「Physical」で見事なフォーメーションを繰り広げる5人。客席では緑のペンライトが揺れ、パクドルの一挙手一投足に合わせるように声があがる。特に女性ダンサーとのセクシーな絡みでは悲鳴に歓声が沸き起こった。

そんなパクドルwithパクドラゴンがクールにカッコ良く決めたステージに、5人と入れ替わるようにしてHEROが登場。その愛らしさで客席から『かわいい〜』という声があがる中、今回のドラマが初めての演技だったことや、撮影時のエピソードなどを話しつつ、そのエピソード1『私の頭の中のパクドル』が劇場版『ザ・ムービー「私の頭の中のパクドル」』として6月24日から全国10館限定公開されること告知。

そして、パクドルを迎え入れると、今度はパクドルが自身の1stアルバム『Yes…』が新たに新録曲2曲を追加して、5月24日より全世界251の国と地域でiTunes配信されることを発表した。そんな『Yes…』収録曲でもある「Perfect Match feat. HERO」がラストナンバー。パクドル&HERO withパクドラゴンの6人の圧巻のパフォーマンスで観客を酔わせたことは言うまでもないだろう。そして、6人がステージを去るとステージには撮影風景などをとらえた『私の頭の中のパクドル』ドラマ特別映像が放映された。

イベントナビゲーターのふかわが二番手として呼び込んだのはBoys Republic。オープニングナンバーの「Closer 〜 キスまでどれくらい?」からダンサブルなサウンドに合わせて完璧なフォーメーションで会場を沸かせると、ウエットでメロウなミディアムナンバー「So Fantasic」でも5人の表情豊かなパフォーマンスで観る者を魅了する。

その後もタイトル通りアッパーなパーティーチューン「Party Rock」で攻め立て、メロディックで爽やかなナンバー「Beautiful」では客席に笑顔をあふれさせた。『みなさん、幸せですか? あ、今はみなさんよりも僕たちのほうがもっと幸せですからね』とリーダーのウォンジュン。『もう最後の曲です』と同ドラマのエンディングである「流れる星に花束を」を披露。それぞれが手に花を持ち、ハートフルなバラードを切々と歌い上げる5人。観客はそれをじっと聴き入り、歌い終わったメンバーに惜しみない拍手を贈った。

その後、パクドル&HEROの時と同様、撮影風景やインタビューを交えた『君の瞳に花束を』ドラマ特別映像が流され、イベントナビゲーターのふかわが劇場版『ザ・ムービー「君の瞳に花束を」』として9月2日(土)より新宿バルト9他劇場にて公開が決定したことを告げた。

トリを務めるのは唯一の日本勢であるWEBER。Hayatoが伸びやかな歌声を、Taka.が包容力のある歌声を聴かせ、Jとlittle Skeetがダンスで曲の世界を表現し、のっけからグイグイと観客を惹き付けていく。そして、Taka.の「辛いことや苦しいことがあっても、この曲を聴いて元気になったもらえれば」という言葉から、4月26日にリリースした両A面シングル「-BALLON- / 笑顔が叶いますように」より「-BALLON-」を披露する。キラキラとした優しいサウンドが会場いっぱいに広がり、観客もこれにクラップで呼応。Jとlittle Skeetが同曲のMVのようにバトンを手にダンスを繰り広げていたのも特筆すべきところだろう。

そして、MCでエピソード3の『僕らのライブ大事件』が6月7日(水)よりオンエアされること、劇場版『ザ・ムービー「僕らのライブ大事件」』として9月2日(土)より新宿バルト9他劇場にて公開されること、さらに全国ツアーの開幕日である6月2日(金)には前述の両A面シングルより「笑顔が叶いますように」のMVが解禁になることが告知され、その流れから最後の曲「笑顔が叶いますように」へ。観客のクラップが響き、その上でTaka.とHayatoの歌声が、ハーモニーが、天井を突き抜けるようにどこまでも伸びていった。

3組目のWEBERのメンバーがステージを去ると『僕らのライブ大事件』ドラマ特別映像が流されたのだが、イベントはまだ終わらない! このスペシャルイベント3公演で得た勝利ポイントが一番高いアーティストに打ち上げのご褒美として焼肉会食券がプレゼントされるという、出演者3組による焼肉会食券争奪戦、オールラインアップゲームが控えていた(この焼肉レポートは後日ドラマオフィシャルHPにアップされる)。

初日となる東京公演で実施されたのは、椅子取りゲームと玉入れ。しかも、観客には入場の際にチーム応援BOXにチケットの半券で投票してもらっており、その中から抽選で各チームそれぞれのゲームで1名ずつ、メンバーと一緒にゲームに挑む参加者を選ぶというサプライズも用意。気になるゲームの結果だが、白熱したバトルの末、椅子取りはBoys Republic、玉入れはWEBERが勝利! 敗者となったパクドルは、『大阪では頑張ります』と誓ったのだった。そんなオールラインアップゲームの勝利の行く末も気になる大阪公演は5月27日(土) 、ビジネスパーク円形ホールにて14時30分開演と18時開演の2回公演で開催。こちらも注目してもらいたい。

※▼は白抜きのハート

■『テレビドラマ「今夜もLL▼」presents「今夜もLL SPECIAL LIVE」vol.1』

5月27日(土) 大阪ビジネスパーク円形ホール
1回:OPEN14:00 / START14:30 
2回:OPEN17:30 / START18:00
<出演者>
Boys Republic / パクドル&HERO / WEBER
<チケット>
料金:¥5,800(税込)※4歳以上有料

■テレビドラマ『今夜もLL▼(LIVE&LOVE)』

テレビドラマ『今夜もLL▼(LIVE&LOVE)』
4月12日〜 TOKYO MX 水曜日22:00 スタート
※無料アプリ「エムキャス」にて全国同時放送
・4月12日〜 4話放送 エピソード(1)
パクドルwithアルスマグナ×岡本玲「私の頭の中のパクドル」
・5月10日〜 4話放送 エピソード(2)
Boys Republic×葵わかな「君の瞳に花束を」
・6月7日〜 4話放送 エピソード(3)
WEBER×山崎紘菜「僕らのライブ大事件」

◎全12話をニコニコチャンネルにてアーカイブ配信(有料)。「今夜もLL」もチャンネル開設!

■【各エピソード劇場公開情報】

■パクドル
「ザ・ムービー『私の頭の中のパクドル』」
6月24日(土)から全国10館限定公開決定
■Boys Republic
「ザ・ムービー『君の瞳に花束を』」
9月2日(土)より新宿バルト9他劇場にて公開決定
■WEBER
「ザ・ムービー『僕らのライブ大事件』」
9月2日(土)より新宿バルト9他劇場にて公開決定

【関連リンク】
『今夜もLL▼』オフィシャルHP
「今夜もLL▼(LIVE&LOVE)」特設サイト
Boys Republic×葵わかな主演ドラマ「今夜もLL(LIVE&LOVE)」エピソード2の第1話がいよいよOA!
ドラマ『今夜もLL』エピソード2、Boys Republic&葵わかなのインタビューを公開

【関連アーティスト】
WEBER, パクドル, Boys Republic
【ジャンル】
J-POP, K-POP, テレビ(番組/CM), イベント

vistlip、結成10周年直前ワンマンでアルバム『BitterSweet』全曲を披露
Mon, 22 May 2017 18:00:00 +0900
5月21日@東京・品川ステラボール (okmusic UP\'s)

vistlipがアルバム『BitterSweet』を引っさげ、5月21日に全国ツアー『Taste of Bitter Sweet』の東京公演を品川ステラボールにて行なった。

【その他の画像】vistlip

猛暑にも関わらず集まった多くのファンが会場を埋め尽くす中、5人がステージに登場し、ライブは「WIMP」でスタート。「MONOGRAM」「GLOSTER IMAGE」「CONTRAST」といったシングル群に加え、「Antique」「Bitter Sweet Ending」「Walking dead」などニューアルバムからのナンバーを挟み込み、バラード「BABEL」をしっとりと歌い上げる。

その後「BLACK BOX」から「SIREN」まで後半を一気に駆け抜け、本編のクライマックスはアルバムのクロージングナンバー「Credit」。『どんな人生になったとしても、最後には必ず笑って下さい。最後には幸せだったと思えるような人生を一緒に歩いていきましょう。それがこのアルバムで伝えたかったことです。』と、智はアルバムに込めた思いを、この曲と共にファンへ届けた。

アンコールでは「偽善MASTER」「HEART Ch.」「LION HEART」の3曲を披露。この日はアルバム『BitterSweet』に収録されている全ての楽曲(※lipper盤を除く)を含む全22曲を披露した。

このツアーで育まれた新曲と、ファンには馴染みのナンバーを織り交ぜ、展開するパフォーマンスは、バンドの今の姿と、来るべき10周年以降の活躍を期待させるベストライブとなった。

さらに、この日のステージでは7月に誕生日を迎えるメンバー、海(Gt)とYuh(Gt)のバースデーライブの開催を発表。このツアーとテイストの異なる同時開催中のツアー『Good Vibes Circuit II\'TURBO-EXTRA STAGE-』では、一味違ったライブが体感できるので、こちらも是非チェックしてほしい。

2017年7月7日にいよいバンド結成10周年を迎えるvistlip。記念すべき10th Anniversary LIVE『Guns of Liberty』は、この七夕の夜に、Zepp Tokyoにて行なわれる。この日に合わせ、貴重な記念アイテムの発表も噂されているので、引き続きvistlipの情報に注目だ。

■【セットリスト】

01. WIMP
02. MONOGRAM
03. Whitch Hunt
04. GLOSTER IMAGE
05. Antique
06. CONTRAST
07. Bitter Sweet Ending
08. Walking dead
09. BABEL
10. BLACK BOX
11. COLD CASE
12. 浮世グラフィティ
13. My second B-day
14. Snowman
15. 星一つ灯らないこんな夜に。
16. Imitation gold
17. SIREN
18. Recipe
19. Credit
EN1. 偽善MASTER
EN2. HEART Ch.
EN3. LION HEART

■【ライブ情報】

『vistlip ONEMAN TOUR「Taste of Bitter Sweet」』
6月04日(日) 仙台MACANA
6月10日(土) 福岡Drum Be-1
※終了分は割愛

『vistlip ONEMAN TOUR「Good vibes CIRCUIT II\'TURBO-EXTRA STAGE-」』
5月25日(木) 徳島GRIND HOUSE
5月26日(金) 高松MONSTER
5月28日(日) 山口 周南Rise
6月07日(水) 長崎Drum Be-7
6月08日(木) 佐賀GEILS
6月11日(日) 沖縄桜坂セントラル
※終了分は割愛

『vistlip 10th Anniversary LIVE「Guns of Liberty」』
7月07日(金)  Zepp Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00
http://vistlip.com/10thanniversary/index.html

『海&Yuh Birthday ONEMAN LIVE 「NotBirthday」』
7月24日(月)  新宿BLAZE
時間:開場 18:00 / 開演 19:00
http://www.vistlip.com/2017yuhumi_bd/index.html

【関連リンク】
vistlip オフィシャルHP
vistlip、アルバム『BitterSweet』リリースを記念したニコ生特番を3月24日にOA!
vistlip、アルバム『BitterSweet』の全貌が明らかに&リード曲のMVショート版公開へ
vistlip、結成10周年に向けて3月29日に待望のアルバムをリリース

【関連アーティスト】
vistlip
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

80年代に日本人がカバーして大ヒットした元ネタ洋楽5曲!
Mon, 22 May 2017 18:00:00 +0900
「Eat You Up」収録アルバム『The Best Of Angie Gold』 (okmusic UP\'s)

80年代の日本では強烈なテレビドラマが多く放映されていました。中でも大映ドラマの『スチュワーデス物語』『不良少女とよばれて』『スクール☆ウォーズ』『ヤヌスの鏡』などは強烈で、主題歌もまた強く耳に残る作品が多くありました。当時小学生だった筆者にはそれらの多くが洋楽作品のカバーであったとは知るよしもなく、相当な年数が経過してから「え! そうだったの!?」と驚いたものです。今回は80年代に日本人がカバーして大ヒットした元ネタ洋楽5曲!」をご紹介します。

【その他の画像】ANGIE GOLD

■1. 「Eat You Up」(’85)/Angie Gold

こちらは荻野目ちゃんこと、80年代のアイドルを代表する荻野目洋子が7枚目のシングルとしてリリースした「ダンシング・ヒーロー」の原曲です。当時、小学生になったばかりだった少女には、激しく踊る荻野目ちゃんがとても眩しくてカッコ良く映りました。分からないヤングな世代のみなさん、または懐かしいと思ったみなさんは、動画サイトで探してみてください。さて、このオリジナルを歌ったのはアンジー・ゴールドで、1885年に“Eat You Up”というタイトルでリリースされました。日本では邦題“素敵なハイエナジー・ボーイ”として発売され、その当時、本国イギリスでもチャートを賑わせたようですが、この「Eat You Up」が彼女の作品における最大ヒットでした。

■2. 「Venus」(’69)/The Shocking Blue

こちらは80年代の女性アイドルでしたが、その後に演歌歌手へと転身した長山洋子が86年にリリースした8枚目のシングル「ヴィーナス」。このオリジナルを歌っているのはオランダのロックグループ、ショッキング・ブルーでした。しかし、長山洋子がカバーしたのはオリジナルではなく、1986年に同曲をイギリスのバナナラマ(Bananarama)という女性3人組のポップグループがカバーしたものをもとにカバーしたという逸話が残っています。よもや話としては、バナナラマがデビューできたのは、セックス・ピストルズのメンバーが出入りしていたリハーサルスタジオの階上に住んでいたのが縁だったとか!? さまざまな巡り合わせによってヒット曲は生まれるのですね。

■3. 「Show Me」(’87)/The Cover Girls

こちらは80年代に現れた女性アイドル森川由加里によるカバー作品で、テレビドラマ『男女7人秋物語』の主題歌として起用され、ドラマも主題歌も大ヒットし、1987年日本有線大賞新人賞をはじめ、数々の音楽賞を受賞しました。少しハスキーがかった特徴ある声で帽子がトレードマークだった森川由加里は、もとはスタッフとして働く裏方だったとか。このオリジナルを歌っているのは、ニューヨーク発のフリースタイルで活躍したガールグループのザ・カバー・ガール。彼女たちは「Show Me」以外にもヒット曲を多く生み出した80年代から90年代初期を代表するグループで、現在も活動中です。

■4. 「CHA-CHA-CHA」(’85)/Finzy Kontini

こちらも「Show Me」同様、テレビドラマ『男女7人夏物語』の主題歌として起用され、リリースされた石井明美によるカバー作品で、石井のデビュー曲でもあります。ドラマの大ヒットに乗じて、1986年オリコン年間チャートで1位となる大ヒットを記録したもの。明るく、ポップなラテン調の歌は、選抜高等学校野球大会の入場行進曲にも採用されていましたよね。このオリジナルを歌っているのは、イタリアのフィンツィ・コンティーニで、女性シンガーのクラウディア・コロンビと作曲家のブルーノ・ロセリーニによるユニット。こちらの原曲もまたオリコン洋楽チャートでは9週連続で1位を獲得したのはバブリーな当時ならではの社会現象と言えるでしょう。

■5. 「NEVER」(’84)/Moving Pictures

こちらは1984年にテレビドラマ『不良少女とよばれて』の主題歌に起用された、元ピンクレディーのMIEちゃんこと、未唯mieによるカバー作品です。当時小学生だった筆者にとって、このドラマの主人公を演じた80年代のドラマを代表する俳優、伊藤麻衣子さんの、その可愛らしいお顔にまったく似合わない破天荒な人生を展開する役柄には大きな衝撃を受けましたし、♪ネヴァネヴァネヴァネヴァ〜と歌い上げられた未唯mieさんによる主題歌も耳から離れず、テレビに釘付けでした。このオリジナルを歌っているのは、オーストラリアのロックバンド、ムーヴィング・ピクチャーズ。それにしても、展開のまったく読めない大映ドラマは素晴らしかった!

【関連アーティスト】
ANGIE GOLD, Finzy Kontini, The Shocking Blue, The Cover Girls, Moving Pictures
【ジャンル】


flumpool、自身三度目となる日本武道館にて最高のライブを達成!
Mon, 22 May 2017 17:00:00 +0900
5月20日@日本武道館 (okmusic UP\'s)

5月20日・21日の2日間に渡り日本武道館にて開催した「flumpool 8th tour 2017 Beginning Special『Re:image』at NIPPON BUDOKAN」。flumpoolとして三度目となる今回の武道館公演には、2日間でおよそ25,000人の観客が押し寄せた。

【その他の画像】flumpool

初の武道館公演となった2009年の2days公演は、彼らにとってはデビューから1年という異例の速さ。デビュー間もなく浮き足立ったステージに、メンバーも環境の変化に戸惑いを隠せず自分たち的には満足のいく結果ではなかった。2度目となる武道館公演では、万全の状態で臨んだメンバー、しかしライブを終えてみるとどこか不満と課題が残る結果に。この時、メンバー内ではバンドの解散も持ち上がったという。しかし今回の公演はそんな過去を払拭するものであった。

このライブのコンセプトを示唆するようなアニメーションが流れた後、高揚感のあるSEが会場を包み、そのまま「Touch」へ突入。ワンマンならではの予想がつかない選曲に観客の熱気が会場を包む。その後も、「覚醒アイデンティティ」「夏Dive」など次々と人気曲を披露し、会場のヒートアップを加速させていく。今やライブの定番曲となった、「夜は眠れるかい?」では、激しいサウンドと淫靡な演出で武道館の空気を一変させた。

MCでは山村(Vo)が『どうもこんばんは! flumpoolです! 隅から隅まで見えてます! みんな今日来てくれてありがとう! 今回は3度めの武道館となります。僕らとしても新しいことをしたくて、この360°のステージに挑戦しました! 僕らは今日という日にかけているので、みんなも最後までついてきてください!』と客席を煽る。

人気曲「どんな未来にも愛はある」を披露すると、スクリーンに映し出された、過去2回の武道館の様子をタイムスリップさせたようなメモリアル映像。幾多の困難を乗り越えバンドとしての強度を上げてきたflumpoolの歴史を象徴する映像は、三度目の正直とも言える武道館公演への決意が感じられるものだった。

その後、メンバー四人が内側を向き、バンドをスタートした頃の空気を彷彿とさせるように「花になれ」を披露。年月がたち、バンドを取り巻く環境が変わった今でも、結成当初の決意を忘れぬようにプレイするメンバーに会場中が湧いた。

そして、メンバーがそれぞれ客席の方を向いてインストを披露。その瞬間ステージ上部にて映像を映し出していた巨大なLEDウォールがメンバーを囲う様に降下をスタート! 続いて披露された「FREE YOUR MIND」ではMVの世界観を彷彿とさせるようなコラージュがメンバーを纏い、LEDウォールの中のメンバーが浮き出ていく幻想的な演出に観客からは驚きの歓声が上がった。

その後も「傘の下で君は・・・」「Over the rain 〜ひかりの橋〜」を披露。どの楽曲も楽曲の持つ世界観にマッチした演出に会場はさらにヒートアップ。先日後編が公開された映画『サクラダリセット』後篇エンディングテーマでもある「ナミダリセット」も初披露され、美しいメロディと優しいコーラスワークが会場を包み込んだ。

後半戦に突入しても勢いそのままに「ラストコール」をプレイ。flumpoolの"今"を歌った楽曲にメンバーの強い決意が感じられた。その後も「Blue Apple & Red Banana」「Sprechchor」のキラーチューンを連発し客を煽りまくる。ライブの定番となった、「World beats」のコール&レスポンス、タオル回しで会場のボルテージは最高潮に。

「星に願いを」で本編を終えステージを後にし、アンコールの鳴り止まないステージに再び現れたメンバー。「大切なものは君以外に見当たらなくて」をメンバーそれぞれが今まで歩んできた道のりを噛みしめるように披露。曲の終盤で山村が『みんなのお陰で、昨日までの自分たちを上回るそんなライブができました。僕らは、今日まで自分たちが理想とする姿に向かって、走り続けてきました。だけど、何度もうまくいかなかったり、くじけたり。足りてない部分、未熟な部分ばっかりです。でも、それをいつも埋めてくれたのは皆さんのおかげです。だから今日ここまで来れました。』と感謝を述べ、『大切な人に裏切られたり、追いかけても諦めた夢もあると思う。人を信じられなくなっても、自分だけは信じてください。みんなには自分が想像している以上の力があります。この歌はみんなと一緒に歌いたいです。武道館一緒に歌ってくれますか?』と思いを伝えると、それに答えるように会場中が大合唱に包まれた。

『本当にありがとう! 最後に届けたい歌があります!』と「君に届け」を演奏し、最後までフルパワーで走りきった武道館公演はフィナーレを迎えた。

武道館公演を終え、いよいよ全国29公演を回る全国ツアー『flumpool 8th tour 2017 「Re:image」』を控えるflumpool。また一つ上のステージに上ったflumpoolの"今"を是非目撃してほしい。

Photo by 古溪一道、ヤオタケシ

■flumpool 8th tour 2017「Re:image」スペシャルサイト
http://www.flumpool.jp/sp/tour2017/

■『flumpool 8th tour 2017「Re:image」』

9月16日(土)  宮城県 仙台サンプラザホール
9月18日(月・祝)  秋田県 秋田県民会館・大ホール
9月23日(土・祝)  岐阜県 岐阜市民会館・大ホール
9月24日(日) 富山県 富山県民会館
9月29日(金) 北海道わくわくホリデーホール (札幌市民ホール)
10月01日(日)  北海道 函館市民会館
10月06日(金)  高知県 高知県立県民文化ホール・オレンジホール
10月07日(土)  岡山県 岡山市民会館
10月09日(月・祝)  愛知県 名古屋国際会議場・センチュリーホール
10月10日(火)  大阪府 フェスティバルホール
10月13日(金)  新潟県 新潟県民会館・大ホール
10月15日(日)  埼玉県 大宮ソニックシティ・大ホール
10月21日(土)  和歌山県 和歌山県民文化会館・大ホール
10月22日(日)  奈良県 なら100年会館・大ホール
11月01日(水)  兵庫県 神戸国際会館・こくさいホール
11月03日(金・祝)  徳島県 鳴門市文化会館
11月04日(土)  滋賀県 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール・大ホール
11月12日(日)  静岡県 富士市文化会館ロゼシアター・大ホール
11月19日(日)  群馬県 伊勢崎市文化会館
11月22日(水)  宮崎県 宮崎市民文化ホール
11月23日(木・祝)  熊本県 荒尾総合文化センター
11月25日(土) 福岡県 アルモニーサンク北九州ソレイユホール
11月30日(木) 千葉県 市川市文化会館・大ホール
12月02日(土) 神奈川県 パシフィコ横浜・国立大ホール
12月03日(日) 神奈川県 パシフィコ横浜・国立大ホール
12月09日(土) 福井県 福井市文化会館
12月10日(日) 三重県 桑名市民会館・大ホール
12月15日(金) 広島県 広島上野学園ホール
12月16日(土) 鳥取県 米子市公会堂

【関連リンク】
flumpool オフィシャルHP
flumpoolの新曲「WINNER」がTBS系『S☆1』イメージソングに決定
flumpool、映画『サクラダリセット』SPコラボステージで十代に向けて熱唱!
flumpool、映画『サクラダリセット』イベントにサプライズ登場

【関連アーティスト】
flumpool
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

真部脩一(ex.相対性理論)率いる“集団行動”がデビューアルバムの詳細を解禁
Mon, 22 May 2017 16:00:00 +0900
集団行動 (okmusic UP\'s)

真部脩一(ex.相対性理論)率いる“集団行動”が6月28日にリリースするデビューアルバムの内容とジャケット写真を公開した。

【その他の画像】相対性理論

アルバムのタイトルはバンドとしての決意表明とも取れるいきなりのセルフタイトル『集団行動』。ジャケット写真でも東京の街中の群集(集団)を切り取り、「集団行動」をキーワードとした表現がされている。

また、合わせて発表された楽曲タイトルを見ると、楽曲の片鱗とも捉えられる印象的なワードが並んでおり、少しずつアルバムの輪郭も見えてきている。そんな気になる収録曲の中から、いよいよアルバムリード曲となる「ホーミング・ユー」が全国ラジオでもオンエア解禁になるとのことなので、いち早く聞きたい方は是非チェックして頂きたい。

更に、デビューアルバムのCDショップ別購入特典も発表された。タワーレコード・HMV・TSUTAYAの購入特典は「秘密の地図」。詳細内容は不明だが、何が記された地図なのか、手にした方のみが分かるようだ。また、アマゾンでも「集団行動」ポストカードが特典になるとのことなので、それぞれ確実に入手したい方は早めの予約・購入をおススメする。

■アルバム『集団行動』

2017年6月28日発売
VICL-64801/¥2,000+税
<収録曲>
1. ホーミング・ユー
2. ぐるぐる巻き
3. 東京ミシュラン24時
4. バイ・バイ・ブラックボード
5. 土星の環
6. AED
7. バックシート・フェアウェル

◎チェーン別購入特典
・タワーレコード全国各店 / タワーレコードオンライン
秘密の地図A
・TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング
秘密の地図B
・HMV全国各店 / ローチケHMV
秘密の地図C
・Amazon
集団行動 オリジナルポストカード

【関連リンク】
集団行動 オフィシャルHP
『Virgin Rocks』第2回は元相対性理論のドラマー西浦による NISHIURA NIGHTをフィーチャリング
相対性理論、最新作アートワーク&黒沢清・坂本龍一等からの推薦コメントを公開
やくしまるえつこ、Yakushimaru Experiment名義でコンセプトアルバムを発売

【関連アーティスト】
相対性理論, 集団行動
【ジャンル】
ジャパニーズロック

布袋寅泰、自身初となる台北&香港公演にオーディエンスが熱狂!
Mon, 22 May 2017 15:00:00 +0900
5月12日@台湾 花漾Hana展演空間 (okmusic UP\'s)

布袋寅泰が自身初となる台北&香港公演を行なった。

【その他の画像】布袋寅泰

先だって成功させたドイツ、オランダ、スイス、ベルギーの4カ国8都市を巡る単独ヨーロッパ・ツアーでは各国のオーディエンスを驚嘆させ、パスポップ・フェスティヴァル(オランダ)では布袋のステージに押し寄せた2,000人が彼のギター・プレイに熱狂。さらにアジア・ツアー直前にはイタリアで2万人の観客を相手にズッケロとの再共演を果たし、その華麗なパフォーマンスが絶賛されたばかり。こうした経験を経て、世界でも類を見ない彼のギター・スタイルが初のアジア・ツアーでも遺憾なく発揮される結果となった。

台北・香港公演ともに会場は満員の観客で埋め尽くされ、多くの地元メディアや両国のトップ・ギタリスト、若手ミュージシャンが「日本一のギタリストのプレイ」を一目見ようと会場に駆けつけた。台北公演後の香港ライブは序盤、世界リリース・アルバム『STRANGERS』収録の「Strangers」「Medusa」と重厚ド級ナンバーを連続しオーディエンスを陶酔へ導くが、布袋の表情はクールそのものだ。

インストゥルメンタル・ナンバーを2曲続けたのち、英語詞によるボーカル曲「How the Cookie Crumbles」がスタート。と同時にフロアが垂直に跳ね上がる。自身の頭上にまで真っ直ぐ蹴り上げる布袋特有“足上げパフォーマンス"に客席から驚きの声が上がる。

その後も布袋の勢いは止まらない。中盤で披露した「New Chemical」の華麗なアンサンブルと気迫のギター・プレイでオーディエンスを圧倒したのち、世界的認知度を誇る「Battle Without Honor or Humanity」では、映画『007』や『ミッション:インポッシブル』のテーマを引用したアドリヴを展開。『キル・ビル』のテーマにもなった同曲とシンクロさせる。絶対無二の一音一音が連続し、凄烈なパフォーマンスをもって布袋は完全にフロアを掌握してみせた。

「みんな、アルバム『STRANGERS』は手にしてくれたかな?(手を挙げなかった一部の観客に対し)大丈夫、心配はいらないよ。会場を出たところで手に入るしお金を払うことができる(笑)」など、流暢な英語でのMCでは時おりジョークを放ち、親しみやすいキャラクターと神がかった演奏とのギャップにオーディエンスを沸かせる。バンド・メンバーひとりひとりを丁寧に紹介し、ザッカリー・アルフォードがデヴィッド・ボウイの強力なサポート・ドラマーであったことに触れ、そのままボウイの「スターマン」をカヴァー。ロマンティックな布袋アレンジが施された同曲の演奏に会場全体がスゥイングを開始する。

メニューが折り返したところでファースト・ソロ・アルバムから「MATERIALS」が披露され、「BAD FEELING」、COMPLEXのナンバー「BE MY BABY」へと続くロックンロール・パーティーに、会場は天地をひっくり返したかのような大騒ぎに。終盤に向け、オーディエンスの興奮をさらに加速させた「NO. NEW YORK」ではイントロがプレイされた瞬間に大歓声が上がった。BO?WY時代からのローカル・ファンが待ちに待った瞬間を迎え熱狂する。続いた「DREAMIN\'」の日本語詞を会場全体が大合唱するさまは感動的な光景であった。

本編を「スリル」で締めたバンドがステージを去る前からの大喝采でアンコールへ突入。「バンビーナ」「RUSSIAN ROULETTE」と、布袋ならではの強烈なビートとギター・プレイが聴衆を完全ノックアウトした。先におこなわれたヨーロッパ・ツアー同様、布袋のギター・スタイルは国境など関係なく、あらゆる音楽ファン、ギター・フリークスを熱狂へ導くことが証明された。

台北・香港ともに近い将来の再訪を約束した布袋と大歓声で応えるオーディエンス。昨年は活動35周年を迎え、今回新たに自身とアジアとの強い絆を得た「36年目の布袋寅泰」はほどなく、 “イタリアの至宝"ズッケロ日本公演での共演のため来日を果たす。

Photo by 山本倫子

■Blu-ray&DVD&CD『Climax Emotions 〜Live at 武道館〜』

2017年6月28日(水)発売
【Blu-ray】
■初回限定盤(Blu-ray3枚組)
TYXT-19010/2/¥7,870+税
■通常盤(Blu-ray2枚組)
TYXT-10032/3/¥6,400+税
【DVD】
■初回限定盤(DVD3枚組)
TYBT-19020/2/¥6,944+税
■通常盤(DVD2枚組)
TYBT-10047/8/¥5,400+税
【CD】
TYCT-60102/4/¥3,241+税

<収録曲>(BD/DVD/CD共通)
1. SUPERSONIC GENERATION
2. B.Blue
3. RADIO!RADIO!RADIO!
4. BAD FEELING
5. BE MY BABY
6. CIRCUS
7. DANCING IN THE PLEASURE LAND
8. さよならアンディ・ウォーホル
9. CAPTAIN ROCK
10. 命は燃やしつくすためのもの
11. Stereocaster
12. YOU
13. ANGEL WALTZ
14. 薔薇と雨
15. HOWLING
16. CLOUDY HEART
17. MILK BAR P.M.11:00
18. UPSIDE-DOWN
19. GOOD SAVAGE
20. BEAT EMOTION
21. PRISONER
22. さらば青春の光
23. バンビーナ
24. POSION
25. スリル
26. MERRY-GO-ROUND
27. Marionette
28. 恋を止めないで
29. Dreamin\'
30. FLY INTO YOUR DREAM
31. 8 BEAT のシルエット
32. RUSSIAN ROULETTE
33. GLORIOUS DAYS
34. NOBODY IS PERFECT
35. LONELY★WILD

◎BD/DVD初回限定盤付属
35周年イヤーを刻み続けた布袋に一年間密着した、2時間におよぶ貴重なドキュメンタリー映像Special documentary movie "8Beatのリアリティー"をパッケージ!

【関連リンク】
布袋寅泰 オフィシャルHP
布袋寅泰、最新ライブ映像作品より14年ぶりに披露された「SCORPIO RISING」を公開
布袋寅泰、35周年アニバーサリー映像作品より「8 BEATのシルエット」ライブ映像を公開
布袋寅泰、最新ライブ映像作品より「Iruben Me(with Zucchero)」を公開

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

スピッツ、GYAO!にて全37曲のMV&ライヴ映像厳選集50曲を連続配信!
Mon, 22 May 2017 14:00:00 +0900
スピッツ (okmusic UP\'s)

映像配信サービスGYAO!にて、スピッツのデビュー曲「ヒバリのこころ」から最新シングル「みなと」までの全37曲のMVと、1995〜2015年のライヴ映像の厳選集を11月まで毎月連続配信することがわかった。

【その他の画像】スピッツ

この配信は、2017年に結成30周年を迎えるスピッツの記念企画として実施されるもの。7月5日(水)にリリースされるシングルコレクションアルバム『CYCLE HIT 1991〜2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』収録のシングル楽曲のMVを、ディスク内容に沿って3回に渡り配信する。

また、7月から開催されるスピッツ結成30周年記念ツアー『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』に合わせ、1995年から20年に渡るライヴ映像の中から、えりすぐりの曲で構成されたライヴ厳選集を7月1日(土)より5か月連続で配信。

スピッツを聴いていた世代には青春時代を思い起こす名曲が詰まった内容であり、若い世代にはスピッツ入門編といえる、スピッツの魅力がたくさん詰まった本企画。ぜひチェックしてみてほしい。

さらに、本配信に合わせて、Twitter企画「あなたの思い出とスピッツの楽曲エピソードをつぶやこう!」も実施。スピッツの名曲を視聴しながら、思い出やメッセージを、ハッシュタグ「#スピッツ30th」をつけて投稿するという企画だ。詳細をチェックして、ぜひ参加してみてはいかがだろうか。

■【「スピッツ結成30周年特集」配信概要】

タイトル: スピッツ結成30周年特集
URL: https://gyao.yahoo.co.jp/special/spitz30/

<配信スケジュール>
■5月22日(月)12:00〜
『CYCLE HIT 1991〜2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』Disc1 MV集
1.ヒバリのこころ/2.裸のままで/3.君が思い出になる前に/4.空も飛べるはず/5.青い車/6.スパイダー/7.ロビンソン/8.涙がキラリ☆/9.チェリー/10.渚/11.スカーレット

■6月5日(月)12:00〜
『CYCLE HIT 1991〜2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』Disc2 MV集
1.夢じゃない/2.運命の人/3.冷たい頬/4.楓/5.流れ星/6.ホタル/7.メモリーズ/8.遥か/9.夢追い虫/10.さわって・変わって/11.ハネモノ/12.水色の街/13.スターゲイザー/14.正夢/15.春の歌

■6月19日(月)12:00〜
『CYCLE HIT 1991〜2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』Disc3 MV集
1.魔法のコトバ/2.ルキンフォー/3.群青/4.若葉/5.君は太陽/6.つぐみ/7.シロクマ/8.タイム・トラベル/9.さらさら/10.雪風/11.みなと

■7月1日(土)12:00〜
スピッツ30周年 GYAO! MUSIC LIVE ライヴ厳選集 第1弾!!
・魔女旅に出る(JAMBOREE 1)
・名前をつけてやる(JAMBOREE 1)
・スパイダー(JAMBOREE 1)
・うめぼし(JAMBOREE 1)
・チェリー(JAMBOREE 1)
・ヒバリのこころ(JAMBOREE 1)
・花泥棒(JAMBOREE 2)
・渚(JAMBOREE 2)
・恋のうた(JAMBOREE 2)
・猫になりたい(JAMBOREE 2)

■8月1日(火)12:00〜
8月:スピッツ30周年 GYAO! MUSIC LIVE ライヴ厳選集 第2弾!!
・遥か(放浪隼純情双六 Live 2000-2003)
・スカーレット(放浪隼純情双六 Live 2000-2003)
・空も飛べるはず(放浪隼純情双六 Live 2000-2003)
ほか全10曲配信予定

■9月1日(金)12:00〜
スピッツ30周年 GYAO! MUSIC LIVE ライヴ厳選集 第3弾!!
・君が思い出になる前に(SPITZ JAMBOREE TOUR 2007-2008 "さざなみOTR" 2008.12.02 at 郡山市民文化センター 大ホール)
・春の歌(SPITZ JAMBOREE TOUR 2007-2008 "さざなみOTR" 2008.12.02 at 郡山市民文化センター 大ホール)
・楓(LIVE DVDJAMBOREE TOUR 2009 ~さざなみOTRカスタム at さいたまスーパーアリーナ~)
ほか全10曲配信予定

■10月1日(日)12:00〜
スピッツ30周年 GYAO! MUSIC LIVE ライヴ厳選集 第4弾!!
・ロビンソン(LIVE DVDJAMBOREE TOUR 2009 ~さざなみOTRカスタム at さいたまスーパーアリーナ~)
・スターゲイザー(SPITZ JAMBOREE TOUR 2010 at 神奈川県民ホール 2010.06.23)
・冷たい頬(SPITZ JAMBOREE TOUR 2011"とげまリーナ" at さいたまスーパーアリーナ 2011.07.03)
ほか全10曲配信予定

■11月1日(水)12:00〜
スピッツ30周年 GYAO! MUSIC LIVE ライヴ厳選集 第5弾!!
・運命の人(JAMBOREE 3 “小さな生き物”)
・夏の魔物(JAMBOREE 3 “小さな生き物”)
・涙がキラリ☆(JAMBOREE 3 “小さな生き物”)
ほか全10曲配信予定

【関連リンク】
スピッツ オフィシャルHP
スピッツがモバイルサイトにて『MVランキング』を開催! 新作ティザー映像第一弾公開も!!
スピッツ、結成30周年を記念して全シングル表題曲に新曲3曲を加えた3枚組CD BOXをリリース
スピッツ、2017年初の新曲「ヘビーメロウ」が『めざましテレビ』テーマソングに

【関連アーティスト】
スピッツ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MIYAVI、都内15本対バンライブ初日公演でTHE ORAL CIGARETTESと激突!
Mon, 22 May 2017 13:00:00 +0900
5月21日@赤坂BLITZ (okmusic UP\'s)

MIYAVIの活動15周年を記念した都内15本対バンライブ『NTT DOCOMO presents MIYAVI 15th Anniversary Live “NEO TOKYO 15"』が、5月21日(日)赤坂BLITZにて開催された。

【その他の画像】THE ORAL CIGARETTES

MIYAVIは自身6度目となるワールドツアーを終えたばかり。初日を迎えたこの日はTHE ORAL CIGARETTESとの対バンとなった。

THE ORAL CIGARETTESは人気楽曲「狂乱 Hey Kids」をはじめ、6月14日(水)に発売される7thシングル「トナリアウ/ONE\'S AGEIN」から「ONE\'S AGEIN」も演奏し、全8曲を披露。MIYAVIは、映画『無限の住人』主題歌「Live to Die Another Day - 存在証明 -」をはじめ、全17曲を披露し満員の観客を魅了した。最後に、MIYAVIとTHE ORAL CIGARETTESによる「What\'s My Name ? 2017」を共演し、会場を大いに盛り上げた。

さらに、この日は専用アプリをダウンロードすると、様々な角度からライブを見られる生配信がおこなわれ、公演の一部をマルチアングル映像による生配信を実施。VRでの生配信もおこなわれ、新たなライブの楽しみ方を提案した形となった。さらに、もう一つの専用アプリをダウンロードすると、スマホが光ったり、振動したり、演奏参加できたりと、新たなライブ演出で会場を盛り上げた。

対バンライブ初日を終えたMIYAVIは『アジア、アメリカ、ヨーロッパツアーを経て、ホームに帰ってきたんだなあと感じました。今回、15周年ということで、沢山のアーティスト、ゲストが駆けつけてくれます。その日にしか起こらないドラマと熱を、是非、目撃しにきて下さい。』とコメント。デビュー15周年を迎え、さらに勢いを増して、全世界を駆け巡り、全世界を魅了し、故郷の日本に戻ってきた“サムライ・ギタリスト"MIYAVIの動向から目が離せない。

Photo by Yusuke Okada

■MIYAVI 専用アプリダウンロードページ
https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/miyavi/

■『NTT DOCOMO presents MIYAVI 15th Anniversary Live “NEO TOKYO 15"』

5月21日(日) 赤坂BLITZ
(GUEST:THE ORAL CIGARETTES)
5月25日(木) 代官山UNIT
(GUEST:GLIM SPANKY)
5月26日(金) Zepp DiverCity
(GUEST:氣志團、ゆるめるモ!)
5月28日(日) 下北沢GARDEN
(GUEST:LOCAL CONNECT)
6月06日(火) 赤坂BLITZ
(GUEST:金子ノブアキ)
6月10日(土) duo MUSIC EXCHANGE
(GUEST:coldrain)
6月11日(日) LIQUIDROOM
(GUEST:04 Limited Sazabys、魔法少女になり隊)
6月12日(月) LIQUIDROOM
(GUEST:SiM)
6月15日(木) TSUTAYA O-EAST
(GUEST:Crossfaith)
6月21日(水) clubasia
(GUEST:Crystal Lake)
6月22日(木) TSUTAYA O-WEST
(GUEST:OKAMOTO\'S)
6月24日(土) 渋谷WWW
(GUEST:Charisma.com)
6月25日(日) 渋谷WWW X
(GUEST:ちゃんみな)
6月27日(火) 渋谷CLUB QUATTRO
(GUEST:ACIDMAN)
6月29日(木) 新木場STUDIO COAST
(GUEST:三浦大知)

【関連リンク】
MIYAVI オフィシャルHP
THE ORAL CIGARETTES、新作トレーラー映像&ジャケ写公開!
『イナズマロック フェス 2017』雷神ステージ第2弾出演者にTHE ORAL CIGARETTES、HY等が決定
THE ORAL CIGARETTES、“刺激的で映画的”なMVを公開

【関連アーティスト】
THE ORAL CIGARETTES, MIYAVI
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

カイ(超特急)、実写映画『東京喰種 トーキョーグール』ヒデ役に抜擢!
Mon, 22 May 2017 12:00:00 +0900
カイ(超特急) (okmusic UP\'s)

超特急のカイこと小笠原海が、7月29日(土)に公開される実写映画『東京喰種 トーキョーグール』に永近英良(ヒデ)役として出演することがわかった。

【その他の画像】超特急

累計2300万部の発行部数を誇る人気コミック『東京喰種 トーキョーグール』。原作コミックから、アニメ化、舞台化、ゲーム化を経て、衝撃の実写映画化が決定。今回は第4弾キャストの発表となった。

舞台は、人を喰らう怪人“喰種(グール)"が潜む東京。主演の金木研(カネキ)を演じるのは、窪田正孝。内気で平凡な大学生だったカネキは、ある事件がきっかけで半喰種となり、もがき苦しむ中、 喰種たちの世界にふれ、やがてこの世界のあるべき姿を模索してゆく――。

ヒロインの霧嶋董香(トーカ)には、清水富美加。喰種として生きる運命を背負い、人間の世界になじもうと努力する女子高生を演じる。喰種対策法を背景に活動する国の行政機関であるCCG(Commission of Counter Ghoul)本局所属の一等捜査官・亜門鋼太朗(あもん・こうたろう)に鈴木伸之、表向きは理知的で清楚な女性だが貪欲な大喰いの喰種である神代利世(リゼ)に蒼井優、CCG本局所属のベテラン喰種捜査官・真戸呉緒(まど・くれお)に大泉洋が扮し、『東京喰種』の世界を体現する。

カイが演じる永近英良(ヒデ)は、カネキの幼馴染で、同じ大学に通う、カネキの唯一の友人。勘がよく、カネキとは正反対の活発な性格で、幅広い友好関係をもつヒデは、原作でも人気のキャラクターだ。喰種になったカネキの<秘密>を知る由もないヒデは、カネキの身体を気遣い、変わらずカネキの側に寄り添う。ファンならずとも、カイの熱演に注目してほしい。

(C)2017「東京喰種」製作委員会
(C)石田スイ/集英社

■【カイ(超特急)コメント】

僕自身、東京喰種のファンなので今回のお話を心から光栄に思います。
「喰種」と「人間」の2つの世界で彷徨う親友・カネキが、「人間」としての心を保つための存在でありたい。何があってもカネキの味方でありたい。 という気持ちで演じさせていただきました。 たくさんの思いのこもったこの作品を1人でも多くの方に観ていただければと思います。

■【映画概要】

タイトル:『東京喰種 トーキョーグール』
原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「週刊ヤングジャンプ」連載
出演:窪田正孝
清水富美加/鈴木伸之/蒼井優/大泉洋
村井國夫/桜田ひより/相田翔子/浜野謙太/佐々木希/?俊太郎
監督:萩原健太郎
脚本:楠野一郎
配給:松竹
公開:7月29日 全国公開

■公式サイト
http://www.tokyoghoul.jp/

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、「超特急と新どうが created by 眞鍋海里」視聴者数が50万人を突破
超特急、『超特急の撮れ高足りてますか?』がオールナイトで一挙放送
超特急・ユースケ、新感覚クイズ番組に出演決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, 映画

9mm、バクホン、ナッシングス、9月に東名阪ツアー開催決定
Mon, 22 May 2017 11:00:00 +0900
9mm Parabellum Bullet (okmusic UP\'s)

9mm Parabellum Bullet、THE BACK HORN、Nothing\'s Carved In Stoneの3バンドによるスプリットツアー『Pyramid ACT』が、東名阪の3都市で開催されることが発表された。

【その他の画像】9mm Parabellum Bullet

「Pyramid ACT」と名付けられたこの企画は、東名阪の各公演ごとにそれぞれホストバンドの企画名がサブタイトルにつけられており、各所一夜限りのスペシャルなライブとなりそうだ。

■9mm Parabellum Bullet オフィシャルHP
http://9mm.jp
■THE BACK HORN オフィシャルHP
http://thebackhorn.com
■Nothing\'s Carved In Stone オフィシャルHP
http://www.ncis.jp

■『Pyramid ACT』公演詳細

『Pyramid ACT 〜カオスの百年〜』
9月9日(土) Zepp Osaka Bayside
OPEN/START:16:00/17:00
チケット代:前売り¥4,300(税込・D代別)
チケット発売日:2017年7月29日(土)
ホストバンド:9mm Parabellum Bullet

『Pyramid ACT 〜KYO-MEI〜』
9月13日(水) NAGOYA DIAMOND HALL
OPEN/START:18:00/19:00
チケット代:前売り¥4,300(税込・D代別)
チケット発売日:2017年7月29日(土)
ホストバンド:THE BACK HORN

『Pyramid ACT 〜Hand In Hand〜』
9月14日(木) Zepp Tokyo
OPEN/START:18:00/19:00
チケット代:前売り¥4,300(税込・D代別)
チケット発売日:2017年7月29日(土)
ホストバンド:Nothing\'s Carved In Stone

<チケット>
■オフィシャルサイト先行予約
【受付期間】2017年5月21日(日)21:00 〜 2017年6月4日(日)23:59
■プレイガイド最速先行
【受付期間】2017年6月6日(火)12:00 〜 2017年6月19日(月)23:59
■プレオーダー
【受付期間】2017年6月23日(金)12:00 〜 2017年7月3日(月)23:59

受付詳細はツアー特設サイトをご確認下さい。

【関連リンク】
『Pyramid ACT』特設サイト
ACIDMAN、20周年2マンツアーの最終章が幕開け
ORANGE RANGE、7年ぶり映像作品はVRゴーグル付
9mm、モバイル会員限定ライブで滝が一夜限り出演決定!

【関連アーティスト】
9mm Parabellum Bullet, THE BACK HORN, Nothing\'s Carved In Stone
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1