歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年05月16日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
超特急、『超特急の撮れ高足りてますか?』がオールナイトで一挙放送
Tue, 16 May 2017 21:00:00 +0900
『超特急の撮れ高足りてますか?』 (okmusic UP\'s)

超特急のCDデビュー5周年を記念して、CDデビュー日である6月10日の24時からフジテレビTWOドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmartで『超特急の撮れ高足りてますか?』のシーズン1全24話がオールナイトでオンエアされる。

【その他の画像】超特急

番組はメンバーが一生懸命にバラエティを学ぶ姿と素顔の魅力が詰まったバラエティパートと、彼らの楽曲のパフォーマンスのフルコーラスを巧みなカメラワークで見せるスタジオライブの構成が人気で、放送されるたびに毎話“神番組”と話題になっており、初の「シーズン1」全24話の一挙放送となるこの機会に、オールで友達と夜通し視聴を楽しむもよし、録画して完全保存版とするもよし。12時間のボリュームで1年間の超特急の成長の過程を楽しんでほしい。

なお、この機会にスカパー!での視聴加入を行なうと、メンバー全員の直筆サイン入り番組オリジナル新デザインポスターをゲットできるチャンスもあるので、詳しくは番組HPをチェックしよう。

■【リーダー・リョウガ コメント】

超特急のデビュー日というおめでたい日に嬉しい事が(^o^)
シーズン2が始まっているのだからシーズン1のおさらいしたいよね?☆
『オールナイトレタリ!深夜超特急』という事で夜行列車として一挙放送されちゃいます(^o^)
まぁ時間も時間なので寝台特急になりながらでもいいので無理なさらずご覧になってください(^o^)

■フジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmart『オールナイトレタリ!深夜超特急』

6月10日(土)24:00〜6月11日(日)12:00
■オフィシャルHP
http://otn.fujitv.co.jp/allnightbt/

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急・ユースケ、新感覚クイズ番組に出演決定
超特急、すべての8号車に贈る5周年記念ヒストリー本を6月10日に発売
止まらない超特急「超ネバギバDANCE」、なんとビルボードでも首位に!

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

U2、巨大スクリーンが圧巻の『ヨシュア・トゥリー』再現ツアーがスタート
Tue, 16 May 2017 20:00:00 +0900
5月14日@シアトル公演 (okmusic UP\'s)

U2が5月12日にカナダのバンクーバーより、アルバム『ヨシュア・トゥリー』の再現ツアー『ヨシュア・トゥリー・ツアー 2017』をスタートさせ、14日にはシアトルでアメリカ公演の初日を迎えた。

【その他の画像】U2

このツアーは今夏北米とヨーロッパのスタジアムで33公演が行わなれ、170万人の観客を動員する。

『ヨシュア・トゥリー』オリジナル・リリース当時のU2は、アメリカの風景、人々、文学などに影響を受け、アルバムにもツアーにもその思いが反映されていた。30年を経た今でも、その魅力は特に現代的なものに感じられ、このアルバムを再訪することはU2のアメリカ大陸への特別な思いを確認する絶好のタイミングとなる。

セットリストは、『ヨシュア・トゥリー』の11曲を曲順通りに演奏(このため「レッド・ヒル・マイニング・タウン」がライヴ初披露となった)、前後に数曲ずつ人気のヒット曲をBステージを使って演奏、アンコールの最後には新曲も披露するという構成。シアトル公演では、この地出身のバンド、パール・ジャムのエディ・ヴェダー(Vo)がゲスト出演、サポート・アクトのマムフォード&サンズも登場して全員で「マザーズ・オブ・ザ・ディサピアード」を共演するという、ロック・ファンにとって非常にうれしいサプライズもあった。

また、U2のツアー・プロダクションは常に世界最新鋭の技術、テクノロジー、アートを駆使することで知られているが、今回はスタジアムの横幅とほぼ同じ大きさの広いステージ上の巨大なスクリーンが圧倒的だ。 目の前を遮るものが何もない、コンサート・ツアー史上最大(約61 x 14メートル)かつ最高解像度(8K)のLEDビデオ・スクリーンが使われている。スクリーンには巨大な“ヨシュア・トゥリー”が描かれ、その木の影の形をしたBステージが伸びている。 このスクリーンに映し出されるのは、『ヨシュア・トゥリー』のジャケット写真などで有名なフォトグラファーのアントン・コービンが撮影した壮大な映像。彼は今回のツアーのスクリーン映像を制作するために、当時ジャケット写真を撮影したモハーヴェ砂漠近くのデス・バレー国立公園やザブリスキー・ポイントを再び訪れたという。

さらに、「ミス・サラエボ」では、フランス人アーティストのJ.Rによって撮影された、8万人のシリア人が母国から避難しているヨルダンのザータリ難民キャンプの現実の様子が。「ウルトラ・ヴァイオレット」では、メリンダ・ゲイツ、メルケル首相、オプラ・ウィンフリー、エレン・デジェネレス、パティ・スミス、ジョニ・ミッチェル、マララ・ユスフザイなど、世界の先駆的な女性を次々と紹介する映像が流れた。後者はボノが世界の貧困撲滅のために取り組む組織ONEのキャンペーン「Poverty Is Sexist」(男女不公平をなくし女性にも機会を)の支援を示すもので、母の日だったこの日は、女性を称賛する曲として演奏された。

今の世界に向き合い、ライブの力強い演奏がメッセージとなって人々に感動を与える、それは常に変わらないU2の姿だ。 名曲の宝庫である『ヨシュア・トゥリー』を今あらためて聴きたい。

■【5月14日@シアトル公演 セットリスト】

Sunday Bloody Sunday
New Year\'s Day
A Sort of Homecoming
Bad
Pride
<『ヨシュア・トゥリー』>
Where The Streets Have No Name
I Still Haven\'t Found What I\'m Looking For
With or Without You
Bullet the Blue Sky
Running to Stand Still
Red Hill Mining Town
In God\'s Country
Trip Through Your Wires
One Tree Hill
Exit
Mothers of the Disappeared

Beautiful Day
Elevation
Ultraviolet
One

Miss Sarajevo
The Little Things That Give You Away(新曲)

■アルバム『ヨシュア・トゥリー(30周年記念盤)』

2017年6月2日発売
【2CDデラックス】
UICI-1144/5/¥3,300+税
※ジャケット写真も内容も一新される新装盤
<収録曲>
DISC-1:『ヨシュア・トゥリー』
DISC-2:『ライヴ・フロム・マジソン・スクエア・ガーデン』(1987) (17曲)※初音源化

【4CDスーパー・デラックス】
UICI-9051/4/¥15,000+税
※直輸入盤仕様
※ジ・エッジ(G)による写真集(84Pハードカヴァー・ブック)
※ジャケット写真を撮影したアントン・コービンによるフォトプリント8枚
※スペシャル・ボックス仕様
※歌詞/対訳/解説/英文ライナー対訳付
<収録曲>
DISC-1、DISC-2:2CDデラックスに同じ
DISC-3:2017リミックス(6曲)※初音源化
DISC-4:B-SIDES & アウトテイク(15曲)

【関連リンク】
U2 オフィシャルHP
新生活を始めた人に送るフレッシュな気持ちになれる5曲
U2、歴史的名作『ヨシュア・トゥリー』の30周年記念盤の発売が決定
スーパーボール・ハーフタイムショーの歴史に残る5曲

【関連アーティスト】
U2
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽), ライブ

セプテンバーミー、1st EP全曲トレーラーを公開&リリースツアーのゲストバンド第1弾発表
Tue, 16 May 2017 19:00:00 +0900
セプテンバーミー (okmusic UP\'s)

セプテンバーミーが5月17日にリリースする1st EP「世界として生きる君へと想う.ep〔特別盤〕」の全曲トレーラー映像を公開した。

【その他の画像】asobius

このトレーラーは、神奈川県・久良岐能舞台で撮影した躍動するバンドシーンと、久恒美菜とメンバーによるドラマシーンで織り成す「キツネ憑きの唄」MVと、撮影時のオフショット映像、そしてライブ映像からなるもの。新譜の全曲が2分19秒に濃縮されている。

さらに、リリースツアー『百鬼夜行ツアー2017』のゲストバンド第1弾が発表となった。OVER THE DOGS、asobius、THREE LIGHTS DOWN KINGSらが、各地ゲストバンドとして出演する。

■「世界として生きる君へと想う.ep[特別盤]」トレーラー
https://youtu.be/PrelybyaYrM

■EP「世界として生きる君へと想う.ep〔特別盤〕」

2017年5月17日発売
CCN-003/¥2,000(税込)
※タワーレコード限定販売(2000枚限定生産)
<収録曲>
1.化かし化かされ化かし合い
2.キツネ憑きの唄
3.光のストーリー
4.magical chocolate moon
5.アイヲウタウトリヨ

■『百鬼夜行ツアー2017』

7月07日(金) 千葉 千葉LOOK
w:the twenties/THREE LIGHTS DOWN KINGS/and more
7月15日(土) 福岡 福岡Queblick
w:OVER THE DOGS/asobius/and more
7月16日(日) 熊本 熊本Django
w:OVER THE DOGS/asobius/and more
7月17日(祝月) 鹿児島 鹿児島SR HALL
w:OVER THE DOGS/asobius/and more
7月23日(日) 香川 高松MONSTER
w:THREE LIGHTS DOWN KINGS/フィッシュライフ/and more
7月29日(土) 愛知 名古屋UPSET
THREE LIGHTS DOWN KINGS/ and more
8月05日(土) 宮城 仙台LIVE HOUSE enn 3rd
w:ヨルニトケル/グッバイフジヤマ/and more
8月12日(土) 岡山 岡山PEPPER LAND
w:さしすせそズ/the twenties/and more
8月13日(日) 兵庫 兵庫MSUIC ZOO KOBE 太陽と虎
w:さしすせそズ/the twenties/and more
8月26日(土) 富山 富山SOUL POWER
w:OVER THE DOGS/ミソッカス/THREE LIGHTS DOWN KINGS
8月27日(日) 新潟 新潟CLUB RIVERST
w:OVER THE DOGS/THREE LIGHTS DOWN KINGS/and more
9月01日(金) 大阪 梅田Shangri-La
w:THREE LIGHTS DOWN KINGS/the twenties/and more
9月05日(火) 東京 渋谷TSUTAYA O-WEST

※全公演対バン形式、ゲストバンド後日発表予定

【関連リンク】
セプテンバーミー オフィシャルHP
セプテンバーミー、「キツネ憑きの唄」MVは女優・久恒美奈とメンバーによるドラマ!?
セプテンバーミー、1st EP『世界として生きる君へと想う.ep〔特別盤〕』ジャケ写公開
セプテンバーミー、能舞台に座った新ビジュアルを公開&ライブハウス3会場で主催フェスを開催

【関連アーティスト】
asobius, THREE LIGHTS DOWN KINGS, セプテンバーミー, OVER THE DOGS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ACIDMAN、20周年2マンツアーの最終章が幕開け
Tue, 16 May 2017 18:00:00 +0900
5月15日@Zepp Sapporo (okmusic UP\'s)

2016年11月より、全国15都市16公演で開催されている『ACIDMAN 20th Anniversary 2man tour』の最終第3クールが、5月15日のZepp Sapporoよりスタートした。

【その他の画像】ACIDMAN

同公演にはTHE BACK HORNが登場。彼らは第2クール最終日となる3月11日のいわき市文化センターライブにも出演したが、チケット即完売を受けて今ツアー唯一の2箇所の共演となった。

既報のニューシングル「ミレニアム」、そして集大成となる11月23日のさいたまスーパーアリーナで開催の『SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”』とまだまだ続くACIDMAN20周年の今後の動きにも注目しよう。

■『ACIDMAN 20th Anniversary 2man tour』

5月19日(金) 愛知 Zepp Nagoya
w:RIP SLYME
5月21日(日) 大阪 Zepp Osaka Bayside
w:HEY-SMITH
5月27日(土) 東京 Zepp Tokyo
w:東京スカパラダイスオーケストラ/ヤセイコレクティブ(O.A.)
6月03日(土) 沖縄 桜坂セントラル
w:RIZE

※終了分は割愛

■ACIDMAN主催『SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”』

11月23日(木・祝) 埼玉県 さいたまスーパーアリーナ

■シングル「ミレニアム」

2017年7月26日発売
【初回限定】
TYCT-39059/¥1,200+税
※紙ジャケット仕様
【通常仕様】
TYCT-30066/¥1,200+税
<収録曲>
1.ミレニアム
2. Seesaw
3. 青の発明 −instrumental−
4. Live Track From 20141023 Zepp Tokyo(『世界が終わる夜』リリース記念プレミアム・ワンマンライヴ)
アイソトープ/赤橙/type-A

【関連リンク】
ACIDMAN オフィシャルHP
ORANGE RANGE、7年ぶり映像作品はVRゴーグル付
ACIDMAN、20周年第3弾作品「ミレニアム」で千年の時をも越えていく
フラカン、夏のライブ企画に山田将司とBABA(真城めぐみ&うつみようこ)の出演が決定

【関連アーティスト】
ACIDMAN, THE BACK HORN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

androp、ライブハウスツアー『one-man live tour 2017 “angstrom 0.8 pm”』が開幕
Tue, 16 May 2017 17:00:00 +0900
5月15日(月)@千葉LOOK (okmusic UP\'s)

andropのライブハウスツアー『one-man live tour 2017 “angstrom 0.8 pm”』が5月15日、千葉LOOKにて初日を迎えた。

【その他の画像】androp

およそ2年ぶりのライブハウスツアーとなる今ツアーは、これまでに訪れたことの無い都市、会場が多く含まれおり、初ワンマンとなった千葉LOOKもメンバーの強い想いから実現した。

最新シングルから「Prism」、さらには「Sensei」「Dreamer」などここ数年披露されることが少なかった楽曲をふんだんに盛り込んだセットリストで、「ライブハウスならではの近い距離感をより意識したい。」という内澤崇仁(Vo.&Gt.)の言葉通り、アグレッシブなパフォーマンスで満員のオーディエンスを盛り上げた。「行ってきます! タフになって帰ってきます !!」という言葉と共に、andropは7月7日福岡 DRUM LOGOSでの最終公演まで駆け抜ける。

また、10月28日にバンド史上初となる野外ワンマンライブ『one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂』を開催。ニューシングル発売や全国ツアー、野外ワンマンライブと、勢いの増しているandropから目が離せない。

photo by Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER)

■【ライブ情報】

『one-man live tour 2017 “angstrom 0.8 pm” 』
5月15日(月) 千葉 LOOK
5月16日(火) 群馬 高崎 club FLEEZ
5月18日(木) 神奈川 横浜 bay Hall
5月20日(土) 滋賀 U STONE
5月21日(日) 京都 礫礫
5月23日(火) 兵庫 神戸 VARIT.
5月25日(木) 香川 高松 DIME
5月27日(土) 愛媛 松山 WStudioRED
5月28日(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
5月30日(火) 静岡 浜松 窓枠
6月03日(土) 新潟 LOTS
6月04日(日) 福島 郡山 HIPSHOT JAPAN
6月09日(金) 熊本 B.9 V1
6月11日(日) 長崎 DRUM Be-7
6月15日(木) 北海道 札幌 PENNY LANE 24
6月16日(金) 北海道 函館 CLUB Cocoa
6月22日(木) 宮城 Sendai Rensa
6月25日(日) 愛知 Nagoya DIAMOND HALL
6月27日(火) 大阪 umeda AKASO
7月04日(火) 東京 Ebisu LIQUIDROOM
7月07日(金) 福岡 DRUM LOGOS

『androp one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂』
10月28日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂

【関連リンク】
androp オフィシャルHP
androp、10月28日に初の日比谷野外大音楽堂ワンマンが決定!
miwaのアリーナツアーにスコット&リバース・内澤崇仁(androp)がサプライズ登場
androp、シルエットと実像による「Prism」MV公開

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

ORANGE RANGE、7年ぶり映像作品はVRゴーグル付
Tue, 16 May 2017 16:00:00 +0900
ORANGE RANGE (okmusic UP\'s)

ORANGE RANGEのライブBlu-ray&DVD『ORANGE RANGE LIVE TOUR 016-017 〜おかげさまで15周年! 47都道府県 DE カーニバル〜 at 日本武道館』が7月12日にリリースされる。

【その他の画像】THE BACK HORN

今回作品化されるのは、結成15周年を記念した47都道府県ツアー『ORANGE RANGE LIVE TOUR 016-017 〜おかげさまで15周年! 47都道府県 DE カーニバル〜』のクライマックスとして2017年2月25日に行なわれた日本武道館公演。ヒット曲満載のセットリストで披露された圧巻のパフォーマンス全23曲が収録される。

このライブには、彼らのアニバーサリーを盛り上げるべく、二松學舍大学附属高等学校吹奏楽部、K、岡峰光舟(THE BACK HORN)、有松益男(BACK DROP BOMB)、男鹿 なまはげ太鼓、琉球國祭り太鼓、Kuboty(TOTALFAT)といった様々なゲストが集結。昨年リリースのコラボベストアルバム『縁盤』に収められた縁が目に見える形で表現されている。

また、完全生産限定盤には特典映像として、2017年3月20日に地元の沖縄市民会館で行われた最終公演よりMONGOL800、沖縄市立山内中学校吹奏楽部、リュウキュウノツカイ、ARIA、安次嶺希和子といった沖縄会場のみのコラボゲストを交えて披露された楽曲を中心に6曲を追加収録。さらに、スマホを使って手軽にバーチャルリアリティ体験ができる、ORANGE RANGEオリジナル仕様のVRゴーグル、ハコスコが付属。360°で収録したツアーファイナルさながらの臨場感溢れる5本の限定動画をハコスコアプリで視聴できるオリジナルグッズ。最前列席、ステージ上、そしてドラムセット前など、めったに見られない視点からVR体験が楽しめる。

7月16日からは4thアルバム『ORANGE RANGE』を再現する全国ツアーがスタート。今年も彼らから目が離せない。

■Blu-ray&DVD『ORANGE RANGE LIVE TOUR 016-017 〜おかげさまで15周年! 47都道府県 DE カーニバル〜 at 日本武道館』スポット
https://youtu.be/GDlpNae377o

■Blu-ray&DVD『ORANGE RANGE LIVE TOUR 016-017 〜おかげさまで15周年! 47都道府県 DE カーニバル〜 at 日本武道館』

2017年7月12日発売
【Blu-ray 完全生産限定盤】(Blu-ray+VRゴーグル)
VIZL-1184/¥7,500+税
【Blu-ray 通常盤】(Blu-ray)
VIXL-195/¥6,000+税
【DVD 完全生産限定盤】(2DVD+VRゴーグル)
VIZL-1185/¥6,500+税
【DVD 通常盤】(DVD)
VIBL-860/¥5,000+税
<収録曲>
■「ORANGE RANGE LIVE TOUR 016-017 〜おかげさまで15周年! 47都道府県 DE カーニバル〜」 2017.2.25 at 日本武道館
01.以心電信
02.ロコローション
03.Special Summer Sale 
04.チャンピオーネ [×二松學舍大学附属高等学校吹奏楽部]
05.イカSUMMER [×二松學舍大学附属高等学校吹奏楽部]
06.*〜アスタリスク〜
07.ミチシルベ 〜a road home〜
08.君 station
09.SUSHI食べたい feat.ソイソース
10.ウトゥルサヌ
11.リアル・バーチャル・混沌 
12.花 [×K]
13.キズナ [×K]
14.SP Thanx
15.上海ハニー
16.イケナイ太陽
17.GOD69
[×岡峰光舟(THE BACK HORN),有松益男(BACK DROP BOMB),男鹿 なまはげ太鼓]
18.キリキリマイ
19.Silent Night [×琉球國祭り太鼓]
ENCORE
20.ここにいるよ
21.落陽
22.Иatural Pop [×Kuboty(TOTALFAT)]
23.お願い!セニョリータ
■特典映像
※完全生産限定盤のみ収録
「ORANGE RANGE LIVE TOUR 016-017 〜おかげさまで15周年! 47都道府県 DE カーニバル〜」 2017.3.20 at 沖縄市民会館
01.以心電信 [×MONGOL800]
02.チャンピオーネ [×沖縄市立山内中学校吹奏楽部]
03.ウトゥルサヌ [×リュウキュウノツカイ]
04.Silent Night [×琉球國祭り太鼓, ARIA, 安次嶺希和子]
05.瞳の先に
06.祭男爵

【関連リンク】
ORANGE RANGE オフィシャルHP
かりゆし58率いる“島ぜんぶでおーきなバンド”、『沖縄国際映画祭』クロージングライブで名曲連発!
ORANGE RANGE、映画『ありえなさ過ぎる女 〜被告人よしえ〜』の主題歌を書き下ろし
ORANGE RANGE、3月9日にLINE LIVE特番『もうひとつの縁』を配信

【関連アーティスト】
THE BACK HORN, TOTALFAT, ORANGE RANGE, BACK DROP BOMB, K
【ジャンル】
ジャパニーズロック

阪本奨悟がGYAO!主催『プレミアムフライデーライブ』第3弾アーティストに決定
Tue, 16 May 2017 15:00:00 +0900
阪本奨悟 (okmusic UP\'s)

映像配信サービス「GYAO!」が主催する、毎回1組の豪華アーティストがライブパフォーマンスを披露する『プレミアムフライデーライブ』の第3回目が5月26日(金)に開催されることが決定した。

【その他の画像】阪本奨悟

そして、第3弾アーティストとしてミュージカル『テニスの王子様』、大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』などに出演し、5月31日に「鼻声/しょっぱい涙」で満を持してメジャーデビューを迎える阪本奨悟が発表された。

このイベントは “プレミアムフライデー”の取り組みの一環として、毎月末の金曜日に音楽ライブイベントを実施し、その模様を「GYAO!」でも無料生配信するほか、抽選で15組30名様のお客様をスタジオにご招待するプレミアム感満載の内容となっている。

■『プレミアムフライデーライブ』番組概要

■放送日時:5月26日(金) 19:00〜19:45(※予定)
■内容:ライブ&MCトーク生配信 ※後日アーカイブ配信あり。
■出演者:阪本奨悟
■ライブ会場:Yahoo! JAPAN 本社17階 LODGEスタジオ
■ライブ招待数:15組30名様を抽選でご招待
■応募期間:5月16日(火)12:00 〜 5月21日(日)23:59
※当選結果は5月22日(月)夕方以降に発表します。
■応募資格
・GYAO! Twitter公式アカウントをフォローして頂いている方
・またはキャンペーン期間中にフォローして頂いた方
・プレゼント告知の投稿をリツイートした方。
※応募年齢は18歳以上とさせて頂きます。
■応募方法
TwitterでGYAO!公式アカウント(@yahoo_gyao)をフォローし、ライブ招待プレゼント告知の投稿をリツイートをして頂ければ応募完了です。

【関連リンク】
『プレミアムフライデーライブ』番組公式HP
ANiUTaのサービス開始を記念した"アニソンまみれ"のSPイベント「あにゅパ!!」に9,000人が大熱狂!
音楽番組発信イベント『LIVE MONSTER LIVE』が大阪・東京にて2年ぶりの復活!
ヒップホップイベント『R-Festa』が約5年ぶりにリニューアル復活!

【関連アーティスト】
阪本奨悟
【ジャンル】
イベント

go!go!vanillas、ニューシングル「平成ペイン」発売記念スペシャルLINE LIVE特番決定
Tue, 16 May 2017 14:00:00 +0900
LINE LIVE特番『go!go! LINE!〜プリティ内閣本会議〜』 (okmusic UP\'s)

go!go!vanillasが5月17日リリースのシングル「平成ペイン」の発売を記念したLINE LIVE特番『go!go! LINE!〜プリティ内閣本会議〜』を、5月18日(木)21時より配信することを発表した。

【その他の画像】go!go!vanillas

「go!go! LINE!〜プリティ内閣本会議〜」と題されたこの番組では、ニューシングル「平成ペイン」のMusic Videoでメンバーが演じている架空のロック政権“プリティ内閣”が初登場! 悩める視聴者の“世論”を生電話で直接受け止めながら、お悩みを解決するための特別法案を可決していく。さらに番組内では「平成ペイン」MVの制作裏話やバニラズの最新情報も語られるとのことだ。

同番組はgo!go!vanillas / ビクターエンタテインメント / スペースシャワーTV 3つの公式LINE LIVEチャンネルより配信される。

■【LINE LIVE特番『go!go! LINE!〜プリティ内閣本会議〜』概要】

配信日時:5月18日(木)21:00〜
<視聴方法>
下記視聴URLにアクセスもしくはLINE LIVEアプリで各チャンネル名を検索してください。
■「go!go!vanillas」公式LINE LIVEチャンネル: https://live.line.me/channels/154580/upcoming/3014638
検索ワード:go!go!vanillas
■「ビクターエンタテインメント」公式LINE LIVEチャンネル:https://live.line.me/channels/520/upcoming/3065884
検索ワード:ビクターエンタテインメント
■「スペースシャワーTV」公式LINE LIVEチャンネル:https://live.line.me/channels/52/upcoming/3015702
検索ワード:スペースシャワーTV

※LINEアプリは、以下よりダウンロードできます。
iPhone:https://lin.ee/goCPbh2/dtzb/ta
Android: https://lin.ee/4C8u0Ln/dtzb/ta

【関連リンク】
go!go!vanillas オフィシャルHP
go!go!vanillas、全国ツアー開催決定!
go!go!vanillas、「Ready Steady go!go!」の“55秒限定"スペシャルMusic Videoを公開
go!go!vanillas、新曲「平成ペイン」完全限定生産盤DVDの特別予告篇を公開

【関連アーティスト】
go!go!vanillas
【ジャンル】
ジャパニーズロック

EXILE PROFESSIONAL GYMから選出されたFANTASTICSのボーカリストオーディション開催決定
Tue, 16 May 2017 13:00:00 +0900
『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION5』 (okmusic UP\'s)

夢を持ったボーカリストを発掘すべく、過去に4度開催し、述べ10万人が参加した『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION5』が、6月17日より4年振りに開催することが決定した。

【その他の画像】FANTASTICS

2006年にEXILE TAKAHIRO、2010年に三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの今市隆二、登坂広臣、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太、数原龍友、2011年にFlower/E-girlsの鷲尾伶菜、2013 年にはTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの青山陸、川村壱馬、吉野北人らなど、多くのボーカリストを輩出。また、現在は俳優として活動する劇団EXILEの青柳翔や鈴木伸之のように、ボーカリストとしての夢を持ちチャレンジした若者が、新たなステージへの夢を掴むキッカケの場ともなった同オーディション。

5回目の開催となる今回は、EXILEパフォーマーの世界と佐藤大樹をリーダーに、ダンス&ボーカル、アクトスクールEXILE PROFESSIONAL GYMから選出された5名を加えたパフォーマー集団「FANTASTICS」のボーカリストを探すべく開催される。

FANTASTICSは、世界、佐藤の二人が更なる成長を求め、今年の2月にパフォーマンスグループとして結成し活動を開始。2月13日から4月16日まで、バス一台で全国各地をパフォーマンス行脚する「武者修行」を14都市50公演実施するなど、メジャーデビューを目指し、日々パフォーマンス力を磨いてた。

過去の『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION』同様、今回も書類審査はなく全国各地で行われる一次審査から全員の歌唱を審査員らがチェック。さらに、より多くの夢を持ったボーカリストにチャレンジする場を提供すべく、これまでの「会場審査」以外にも、カラオケの歌唱映像による「DAM★とも動画による映像審査」を新たに取り入れ、日本全国からのエントリー(5月22日より開始)を受付する。

世界は「僕と大樹もオーディション出身なので、あの時と同じような熱い志を持つ人に出逢える事にワクワクしています!『夢が持つチカラ』が人を動かし、また、『新たな夢』へ繋がると僕自身感じているので、このオーディションを通して、また新たな夢を共に見られるように僕ら自身も頑張りたいと思います!」と意気込んだ。また、佐藤も「自分自身、EXILEになりたいという夢を叶える為にダンスをはじめ、2014年に『EXILE PERFOMER BATTLE AUDITION』を受け、その夢を叶えることができました!オーディション出身者である僕は“夢の持つ力は無限大である”と日々強く感じています!! 1人でも多くの方の夢を叶えるために、そしてFANTASTICSが更に進化していくために多くの可能性との出会いを楽しみにしています!!」と期待を寄せた。

■『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION5』

【応募部門】ボーカル部門
【応募資格】15歳(高校1年生)〜25歳の男性(1992年4月2日〜2002年4月1日生まれの方対象)
※特定のレコード会社や芸能事務所等と所属契約していない方
※20歳未満の方は、保護者の同意が必要
【一次審査日程】
■東京会場 6/17(土)、6/18(日)
■札幌・名古屋会場 6/24(土) 
■仙台・福岡会場 6/25(日)
■大阪会場 7/1(土)、7/2(日)
■松山・沖縄会場 7/3(月)
■宮崎会場 7/4(火)
【エントリー方法】
(1)会場審査
STEP1:スマートフォン、パソコンよりアクセスし、公式サイトからメールアドレスを登録
STEP2:エントリーフォームから必要事項の入力と6ヶ月以内に撮影した写真2枚(全身、上半身各1枚)をアップロード。
STEP3:オーディション会場へ直接来場し、QRコードを提示。
※電話やメールでのエントリーは受け付けておりません。
※参加費用等は無料。ただし、オーディション会場までの交通費、宿泊費は自己負担。
※1人1回のみエントリー可能。
(2)DAM★とも動画による映像審査
STEP1:「DAM★とも」に会員登録(登録無料)
※会員登録はDAM★ともサイト、またはカラオケルーム内に設置されてあるデンモク端末から可能
STEP2:DAM★とも動画を撮影してマイページにアップ
STEP3:パソコン、スマートフォンからDAM★ともサイトにログイン。「VOCAL BATTLE AUDITION 5」特設ページにてDAM★とも動画と必要事項を入力しエントリー。
【一次審査内容】
(1)会場審査/審査員の前で、アカペラ(カラオケなし)による歌唱審査
※歌唱は1人20秒以内で選曲は自由
※RAP曲の歌唱でも可
(2)LIVE DAMを利用してDAM★とも動画による映像審査/カラオケ機能を使用した歌唱審査
※選曲は自由。
※RAP曲の歌唱でも可
※5/22(月)〜6/30(金)までエントリー受付。

【関連リンク】
『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION5』公式サイト
EXILE世界&佐藤大樹による新ユニットFANTASTICS結成! 2月から武者修行へ
BiS、7人体制のお披露目となるLIQUIDROOM公演をニコ生で生中継決定
ササノマリイ、新作EPより「game of life feat.ぼくのりりっくのぼうよみ」の24時間限定フル試聴開始

【関連アーティスト】
FANTASTICS
【ジャンル】
J-POP, イベント

ヨシケン、初のベストルバム『fuckin!the best vol1』を全世界配信!
Tue, 16 May 2017 12:00:00 +0900
ヨシケン (okmusic UP\'s)

5月31日に赤坂BLITZでワンマンライブを開催するヨシケンが、同日、iTunes store及びApple Musicにて初のベストルバムを全世界配信することが決定した。

【その他の画像】ヨシケン

アルバムタイトルは『fuckin!the best vol1』。全曲リマスタリングを施し、過去のライブ音源も一部含まれるとのこと。

収録曲の詳細等、赤坂BLITZのステージでさらなる全貌が明かされるかもしれない。ぜひ会場に足を運んでステージからのメッセージを目撃してほしい。

■【ヨシケン コメント】

どうだ!クソッタレ
こんなご機嫌なナンバーが揃ってるんだぜ!
っていうイメージでタイトルは名付けました。
でもね、本当に大事に創ってきたし
クソッタレな出来事も沢山超えて来ましたから(笑)

「歌い続けていく」ってミュージシャンは簡単に言いがちだけど
本当にちゃんとやろうと思ったら
要所要所できちんと作品を残していかなきゃいけない。
その時の想ってることを形にして残していかないと
ライブ活動さえも嘘になってしまうから。
ライブを中心に活動しているからこそ作品も大事だと
僕は思います。

このタイミングでベストは
今企んでることに関連してる
いずれわかるからファンのみんなは期待していてね!
もちろん未だファンじゃない君と
出逢いの作品になればいいと願ってるよ。

■ROUND 10「The Long and King’s Road」

5月31日(水) 赤坂BLITZ ※ワンマンライヴ
開場:18:00/開演:19:00
企画・制作:Vanilla Sky Records
主催:Vanilla Sky Records

■チケット販売URL
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002217347P0050001P006001P0030001

■「傷だらけの天使達」@赤坂BLITZ ワンマンライヴ映像
https://www.youtube.com/watch?v=6QmSAk7ejHg

【関連リンク】
ヨシケン オフィシャルHP

【関連アーティスト】
ヨシケン
【ジャンル】
ジャパニーズロック

マキシマム ザ ホルモンがMAD動画UP主をツアーに招待!?
Tue, 16 May 2017 11:30:00 +0900
マキシマム ザ ホルモン (okmusic UP\'s)

マキシマム ザ ホルモンのMAD動画がYou Tube上で注目を集めている。しかし、当のホルモンメンバーはむしろそれを絶賛! さらにはそのアップ主を5月20日から始まる2年ぶりの復活ツアー『耳噛じる真打ツアー』へ招待することを発表したのだった。

【その他の画像】マキシマム ザ ホルモン

メンバーのマキシマムザ亮君もTwitter上で、「色んな意味でヤバい動画発見!マジ公式MVにしたいクオリティだけど絶対無理なやつw」「この動画アップ主の見事な仕事っぷりに敬意を評し、まじでツアー無料招待してあげてもよい」と発言するなど興奮を抑えられない様子だ。

動画コメント欄にも「これは凄いwww亮君紹介してたから見に来たけど、確かに公式では無理だな(笑)でも素晴らしいMADだと思います!」「ツアー招待されたじゃん!おめでとう!!」「愛に溢れてた」など、動画を絶賛するコメントが上がっている。

また、ホルモンメンバーが、こういった動画のアップ主をライブ招待してもいいものかどうかもSNS上でファンからアンケートをとっており、そこでも招待することに多くの賛同を得ているようだ。まずは動画をチェックしていただきたい。

■マキシマム ザ ホルモン絶賛の動画
https://www.youtube.com/watch?v=pK62xWTt8lQ&feature=youtu 

【関連リンク】
マキシマム ザ ホルモン オフィシャルHP
「氣志團万博2017」、第1弾出演者発表&チケット先行スタート
ガガガSP、主催フェス第一弾出演者8組公開!
映画『珍遊記』、捧腹絶倒シーン満載の本編冒頭6分間の映像が公開

【関連アーティスト】
マキシマム ザ ホルモン
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MONOEYES、セカンドアルバムのリリースと全国ツアー開催を発表
Tue, 16 May 2017 11:00:00 +0900
MONOEYES (okmusic UP\'s)

細美武士率いるMONOEYESが2015年にリリースした1st アルバム『A Mirage In The Sun』から約2年ぶりとなる、待望のセカンドアルバムを7月5日(水)にリリースすることを発表した。タイトル、収録内容など作品の詳細は、MONOEYESのオフィシャルサイトならびにオフィシャルSNSで随時発表予定だ。

【その他の画像】細美武士

さらに、リリースに合わせて7月からスタートする全国ツアーも決定! 7月12日(水)の千葉LOOKを初日に、10月21日(土)の沖縄・桜坂セントラルでのファイナル公演までに全28公演を予定している。

■【リリース情報】

アルバム『タイトル未定』
2017年7月5日(水)発売
UPCH-20454/¥2.592(tax in)  
※タイトル、収録内容などの詳細は、後日オフィシャルHPで発表します。

■『MONOEYES TOUR 2017』

7月12日(水) 千葉LOOK
7月20日(木) KYOTO MUSE
7月24日(月) 松江canova
7月25日(火) 岡?CRAZYMAMA KINGDOM
8月01日(火) F.A.D YOKOHAMA
8月08日(火) ?松festhalle
8月16日(水) 新潟LOTS
8月22日(火) 神戸太陽と虎
8月29日(火) 広島クラブクアトロ
8月31日(木) 熊本Django
9月01日(金) 福岡BEAT STATION
9月03日(日) 仙台PIT
9月05日(火) 青森Quarter
9月06日(水) KLUB COUNTER ACTION 宮古
9月08日(金) 石巻BLUE RESISTANCE
9月12日(火) 釧路NAVANA HALL
9月14日(木) 旭川CASINO DRIVE
9月15日(金) Zepp Sapporo
9月20日(水) 大船渡KESEN ROCK FREAKS
9月26日(火) 金沢EIGHT HALL
9月28日(木) Zepp Osaka Bayside
9月29日(金) Zepp Osaka Bayside
10月02日(月) 長野CLUB JUNK BOX
10月04日(水) Zepp Nagoya
10月05日(木) Zepp Nagoya
10月10日(火) 新木場STUDIO COAST
10月11日(水) 新木場STUDIO COAST
10月21日(土) 桜坂セントラル

<全公演チケット代>
¥2,600(税込み / ドリンク代別) 
※3歳以上有料
チケット一般発売日:6/18 (日) 18:00
<オフィシャルHP先行>
受付期間:5/20 (土) 12:00〜5/24 (水) 18:00
受付URL:http://eplus.jp/monoeyes-hp/ (スマホ・PC・携帯)
※お申込みは、お一人様1エントリーのみ2枚まで、第2希望まで (公演日・会場・席種・枚数問わず)
<注意事項>
1)受付にはe+のプレオーダーシステム (抽選制) を利用します。先着順ではございません。
2)e+会員登録 (無料) をお済ませのうえ、期間内にお申込みください。
3)システムメンテナンスのため、毎月第1・第3木曜日AM2:00-8:00までは申込み・支払い・受取り手続きができません。

【関連リンク】
MONOEYES オフィシャルHP
G-FREAK FACTORY、話題の映画主題歌を含むシングルをリリース&ツアーの豪華ゲスト陣を発表
LOW IQ 01、細美武志ゲスト出演のMV公開
岩手県大船渡の復興イベントにBRAHMAN、MONOEYES、10-FEET、マンウィズが集結

【関連アーティスト】
細美武士, MONOEYES
【ジャンル】
ジャパニーズロック

PERSONZ、“RELOAD"企画第二弾は『The Show Must Go On』
Tue, 16 May 2017 00:00:00 +0900
PERSONZ (okmusic UP\'s)

昨年より過去の作品を最新の状態に更新する“RELOAD"企画を展開しているPERSONZだが、その第2弾アイテムとして『The Show Must Go On』のリリースが決定! さらに、6月4日(日)は中野サンプラザにおいて3rdアルバム『NO MORE TEARS』をRELOADすることを発表した。

【その他の画像】PERSONZ

1993年にリリースされた同アルバムは、ギタリスト本田毅脱退後にJILL、渡邉貢、藤田勉の3人で制作された。打ち込みやシンセを多用したオリジナル作品に対し、本田のギターが入ることで本来のPERSONZサウンドが蘇る仕上がりになっている。

■【コメント】

「1993年、本田毅不在の中、その大きすぎる穴を埋め、更には新しく目指すべきサウンドを模索していたあの頃。
残された3人にとってそれは未知なる挑戦でありました。
あれから20余年の時を経て、オリジナルメンバー4人の手であの時の想いを
<RELOAD>しました。
「いつの日かきっと」…明日の向こう、は此処に在る。」

■PERSONZ RELOAD PROJECT 『The Show Must Go On』トレイラー
https://youtu.be/tt01mFpBVhY

■アルバム『The Show Must Go On』

2017年5月25日(木) 発売
ZOE-025/¥5.300(税込)
形態:アナログレコード 2枚組
付属品:CD、ダウンロードカード
※MP3音源のストリーミング・ダウンロード
<収録曲>
■side-A
1. Overture
2. My Desire
3. Sleeping Beauty
■side-B
1. New Sensation
2. Two Hearts
3. Future Star
■side-C
1. What Is Love
2. Lost In Sunset
3. Miracle
■side-D
1. 恋せよ乙女
2. いつの日かきっと
3. The Show Must Go On

■『NO MORE TEARS RELOAD』

6月04日(日) 東京・中野サンプラザ
開場:16:30/開演:17:00  

【関連リンク】
PERSONZ オフィシャルHP
PERSONZ、名盤「NO MORE TEARS」のRELOAD公演含む全国ツアーが決定
PERSONZのJILL(Vo)が3月11日に初のソロライブを開催
PERSONZが11月3日の“レコードの日”にミニライブを開催

【関連アーティスト】
PERSONZ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

井上陽水、緊張と緩和で魅せた圧倒的なツアー東京公演が終幕
Tue, 16 May 2017 00:00:00 +0900
5月11日、12日@東京・昭和女子大学 人見記念講堂 (okmusic UP\'s)

井上陽水が5月11日(木)と12日(金)に東京・昭和女子大学 人見記念講堂にて、コンサートツアー『井上陽水 コンサート2017 "Good Luck!"』東京公演を開催した。

【その他の画像】井上陽水

両公演ともに冒頭は「この頃、妙だ」から「青空、ひとりきり」まで4曲続けて演奏を続け、会場は張り詰めたに緊張感に包まれるが、一転『今晩は、井上陽水です。』と、喋っただけで、空気は一気に緩む。ただの挨拶で笑ってしまう、緊張と緩和の振り幅、これを楽しむため井上陽水のコンサートに足を運ぶファンも多い。『今日は日頃の悩みや苦しみを忘れてお楽しみください』と言いながら『といっても、私の曲は不吉な曲が多いんですけど…』と陽水節に観客も笑いが止まらない。最近?引きこもりがち″のため、コンサートのMCで喋る話題がない、と語る陽水だが、日常の些細な出来事を話し、会場を笑いの渦に巻き込むトークには安定感すら感じられる。圧倒的なパフォーマンスはもちろんのこと、MCも一見の価値ありだ。

11日、12日公演それぞれセットリストも異なるコンサートとなったが、両日ともに前半のクライマックスは、ボサノヴァ風のアレンジにより、妖艶な装いとなった「ワインレッドの心」から、NHKブラタモリのテーマソングとしてもお馴染みの「女神」「瞬き」の流れ。「女神」「瞬き」は今や、井上陽水の長いキャリアの中でも、代表曲と言えるほどの人気曲となっている。

ライブ後半は長田進、今堀恒雄を従えた弾き語りのコーナーから始まる。11日の公演では『実は、この曲は最近まであまり好きではなかった』と語り「心もよう」を歌うが、イントロが始まると拍手が起こり、オーディエンスにとっては「是非、聴きたかった」大好きな楽曲のようだ。一方、作詞をしている自分自身?我ながら″一番共感できる曲であり、一番大好きな曲だという「Just Fit」を歌うと、その井上陽水のハイテンションなボーカル、3人のギターが生み出す熱量に、見ている方も思わず手に汗を握ってしまう。陽水も大好きな曲が歌えて満足そうだ。その後も「リバーサイド ホテル」「氷の世界」などヒット曲を惜しみなく披露し、アンコールでは「アジアの純真」「夢の中へ」の2曲で観客は総立ちに。アンコールの2曲は両公演とも同じだったが、最後の1曲はそれぞれ異なる楽曲となったことによって、コンサートの余韻が全く違う2公演となった。

11日のラストは「夏の終りのハーモニー」。シンプルで繊細な歌詞、メロディーが、陽水の艶やかな声に載せて会場いっぱいに広がると、この夜をロマンチックに染めていく。一方、12日の最後は「傘がない」だ。重厚感あふれるお馴染みのイントロが始まると、見る者は鳥肌を立てて固唾を飲む。先ほどの「夢の中へ」までの楽しげな空気からまた一転、今日一番の緊張感が会場を支配し、陽水の鬼気迫る歌声に応えるように、ミュージシャンも迫真の演奏でそれぞれの音をぶつけ合う。ただただ、圧倒され言葉を失うほどに、胸に突き刺さる。

「夏の終りのハーモニー」同様、「傘がない」もラブソング。あまりにも有名な《都会では自殺する若者が…》という言い出しに社会的なメッセージソングと思われがちだが、ただひたすらに?君に会いに行きたい″と叫び続けている。一言でラブソングと言っても、様々なアプローチがあるということを、同じ?井上陽水″というシンガーソングライターから、この2曲の歌詞が生まれていることが、教えてくれている。

1つのコンサートの中でいくつもの表情を見せてくれることが井上陽水の魅力だ。是非、井上陽水の世界、その門戸を一度叩いていただきたい。

Photo by 有賀幹夫

■【セットリスト】

■5月11日
1 この頃、妙だ
2 Pi Po Pa
3 フィクション
4 青空、ひとりきり
5 Tokyo
6 移動電話
7 5月の別れ
8 自然に飾られて
9 ワインレッドの心
10 女神
11 瞬き
12 ゼンマイじかけのカブト虫
13 心もよう
14 Just Fit
15 リバーサイド ホテル
16 つめたい部屋の世界地図
17 限りない欲望
18 氷の世界
19 勝者としてのペガサス
-アンコール-
20 アジアの純真
21 夢の中へ
22 夏の終りのハーモニー

■5月12日
1 この頃、妙だ
2 Pi Po Pa
3 フィクション
4 青空、ひとりきり
5 Make-up shadow
6 移動電話
7 5月の別れ
8 映画に行こう
9 ワインレッドの心
10 女神
11 瞬き
12 かんかん照り
13 Just Fit
14 リバーサイド ホテル
15 限りない欲望
16 嘘つきダイヤモンド
17 氷の世界
18 長い坂の絵のフレーム
-アンコール-
19 アジアの純真
20 夢の中へ
21 傘がない

■『井上陽水 コンサート2017 "Good Luck!"』

5月18日(木)  フェスティバルホール
5月19日(金)  フェスティバルホール
5月21日(日)  レクザムホール(香川県県民ホール)
5月27日(土)  ニトリ文化ホール
5月29日(月)  北見市民会館
5月30日(火)  釧路市民文化会館
6月04日(日)  富士市文化会館ロゼシアター
6月09日(金)  岩手県民会館
6月11日(日)  青森市文化会館
6月12日(月)  大館市民文化会館
6月16日(金)  新潟県民会館
6月24日(土)  三原市芸術文化センター ポポロ
6月25日(日)  周南市文化会館
※終了分は割愛

【関連リンク】
井上陽水 オフィシャルHP
井上陽水、数々の名曲で魅せるコンサートツアーがついに開幕
井上陽水、40年以上の時空を超えて「夢の中へ」リマスター音源リリース
井上陽水、「夢の中へ」のボーナストラック&スタジオ動画公開

【関連アーティスト】
井上陽水
【ジャンル】
J-POP, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1