歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年05月10日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
ゲスの極み乙女。が全国ワンマンツアーの開催を発表! ファイナルは9月3日(日)の日比谷野音!
Wed, 10 May 2017 22:00:00 +0900
ゲスの極み乙女。 (okmusic UP\'s)

ゲスの極み乙女。が5月10日にZepp Tokyoにて開催された『達磨林檎発売記念ライブ』で、8月01日(火)の渋谷WWW Xを皮切りに全国ワンマンツアー『丸三角ゲス』を開催することを発表した。

【その他の画像】ゲスの極み乙女。

同ツアーは全国8箇所9公演が開催され、ツアーファイナルは9月3日(日)に日比谷野外音楽堂にて行なわれる。チケット先行受付もスタートしているので是非チェックしてみよう!

また、この『達磨林檎発売記念ライブ』の模様は、AbemaTVにて5月13日(土)夜10時より、3曲のみ独占先行放送されるので、こちらも是非お見逃しなく!

■AbemaTV  ゲスの極み乙女。『達磨林檎』発売記念超プレミアムライブ
http://bit.ly/2q1vudt

■『ゲスの極み乙女。全国ワンマンツアー「丸三角ゲス」』

8月01日(火) 渋谷WWW X
8月03日(木) 札幌ペニーレーン
8月07日(月) 福岡DRUM LOGOS
8月08日(火) 広島CLUB QUATTRO
8月15日(火) 新潟LOTS
8月16日(水) 仙台Rensa
8月28日(月) 大阪BIG CAT
8月29日(火) 名古屋DAIAMOND HALL
※各公演ともに OPEN/18:00 START/19:00
<チケット料金>
オールスタンディング ¥4,860(税込/D代別/整理番号付)

9月03日(日) 日比谷野外音楽堂
OPEN /16:00 START/17:00
<チケット料金>
指定席 ¥5,400(税込)

■オフィシャルHPチケット先行受付リンク
受付期間:2017年5月10日(水)22:00〜5月18日(木)18:00
受付URL: http://eplus.jp/gesuotome17hp/

■アルバム『達磨林檎』

2017年5月10日(水)発売
WPCL-12443/¥3,000+税
<収録曲>
01 シアワセ林檎
02 影ソング
03 DARUMASAN
04 某東京
05 id 2
06 心地艶やかに
07 午後のハイファイ
08 いけないダンスダンスダンス
09 勝手な青春劇
10 小説家みたいなあなたになりたい
11 id 3
12 Dancer in the Dancer
13 ゲストーリー

■iTunes Store,レコチョク他各配信サイトにて全曲配信中
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1145417023?app=itunes&at=10l6Y8
※iTunes StoreはApple Inc.の登録商標です。
・各配信サイトリンク
https://gesunokiwamiotome.lnk.to/darumaringoAD

【関連リンク】
ゲスの極み乙女。オフィシャルHP
DADARAY、REISが踊る「WOMAN WOMAN」MVを公開
ゲスの極み乙女。がニューアルバム『達磨林檎』より「影ソング」MV公開
ゲスの極み乙女。ニューアルバム『達磨林檎』より新曲3曲の先行配信がスタート

【関連アーティスト】
ゲスの極み乙女。
【ジャンル】
ジャパニーズロック

魔法少女になり隊、ニューシングル「ヒメサマスピリッツ」の全曲試聴映像を公開
Wed, 10 May 2017 21:30:00 +0900
全曲試聴映像「ALL SONGS PREVIEW」キャプチャ (okmusic UP\'s)

魔法少女になり隊が、5月17日にリリースするニューシングル「ヒメサマスピリッツ」の全曲試聴映像を公開した。

【その他の画像】魔法少女になり隊

今作はバンドとして初めて、「ヒメサマスピリッツ」「ラムのラブソング」「sayonara fantasy」の収録曲すべてがラブソングというコンセプトのもとで制作された。楽曲はもちろんのこと、メンバーのgari(VJ&Vo)による8bitの世界観で制作・編集した映像も楽しむことができる。

また、7月1日(土)、2日(日)にはバンド初の自主企画「魔法少女になりな祭 2017」が開催。同公演は今作「ヒメサマスピリッツ」の発売を記念したレコ発ライヴとなっている。チケットは5月20日(土)から一般発売がスタート! “今”の魔法少女になり隊を生で体感してみてほしい。

■「ヒメサマスピリッツ」ALL SONGS PREVIEW
https://youtu.be/fnuedZNTogs

■3RD SINGLE「ヒメサマスピリッツ」レコ発ライブ「魔法少女になりな祭 2017」

7月01日(土) 東京 渋谷STAR LOUNGE
7月02日(日) 東京 渋谷STAR LOUNGE
開場/開演 18:00/18:30
出演:魔法少女になり隊(両日)、Wienners(7月1日)、オメでたい頭でなにより(7月2日)

■シングル「ヒメサマスピリッツ」

2017年5月17日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9385〜6/¥1,800(税込)
※地図のかけら封入
※まほうのメダルが入っているかは、開けてからのお楽しみ!
【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9387/¥1,300(税込)
<収録曲>
■CD
01.ヒメサマスピリッツ
02.ラムのラブソング
03.sayonara fantasy
■DVD ※初回生産限定盤のみ
〈「ワンマンツアー2017 〜メロディア王国にさよならバイバイ ワタシはみんなと旅に出る〜」LIVE AT 2017.01.29 SHIBUYA TSUTAYA O-WEST〉
・KI-RA-RI
・狂騒曲ザラキ
・RE-BI-TE-TO
・MEGA DASH

【関連リンク】
魔法少女になり隊 オフィシャルHP
魔法少女になり隊が最新ワンマンライブ映像を公開
魔法少女になり隊、姫がジパングを駆け抜ける新曲「ヒメサマスピリッツ」MV公開
魔法少女になり隊、「ヒメサマスピリッツ」の8bitジャケ&意味深予告映像解禁

【関連アーティスト】
魔法少女になり隊
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BALLOND\'OR、1stアルバムのアートワーク公開
Wed, 10 May 2017 21:00:00 +0900
アルバム『MIRROR MIND』 (okmusic UP\'s)

BALLOND\'ORが6月7日にリリースする1stアルバム『MIRROR MIND』のアートワークを公開した。

【その他の画像】BALLOND\'OR

BALLOND\'ORは2011年に結成されたロックバンドで、ノイジーなサウンドと破天荒なライヴパフォーマンスで熱狂的なファンを集め、2016年に実施した下北沢3ヵ月連続企画と下北沢DAISY BARでの初ワンマンがソールドアウトとなった、大注目の5人組。夜の本気ダンス、VOLA & THE ORIENTAL MACHINEら所属のインディーレーベル・actwiseから、初の音源『MIRROR MIND』を6月7日にリリースする。

6月23日(金)には、かねてからの盟友SEVENTEEN AGAiNとFINLANDSを迎え、下北沢SHELTERでレコ発ライヴを開催。ぜひ一度チェックしてみてほしい!

■アルバム『MIRROR MIND』

2017年6月7日発売
ACW-010/¥2,000+税
<収録曲>
01.ICEBOY
02.DIVE TO DIE
03.悪魔の二人
04.GORSTERS
05.裸の女王様
06.ぬいぐるみが燃えた日
07.NOISE HEAD GIRRRLS
08.ブリングリング
09.超糞(スーパーシット)
10.チルアウツ
11.心臓に咲く薔薇

■BALLOND\'OR「MIRROR MIND」レコ発東京編

6月23日(金) 東京 下北沢SHELTER
開場 18:30 / 開演 19:00
出演:BALLOND\'OR、SEVENTEEN AGAiN、FINLANDS
<チケット>
料金:前売 ¥2,500+1D / 当日 ¥3,000+1D

【関連リンク】
BALLOND\'OR オフィシャルHP
次世代ガールズショーケースイベント「ガールズトーク」SP企画開催決定
次世代のロックシーン牽引するバンドを収録した『オドロック』コンピのリリースが決定
米津玄師、『僕のヒーローアカデミア』OP曲「ピースサイン」のCDは3形態リリース

【関連アーティスト】
BALLOND\'OR
【ジャンル】
ジャパニーズロック

シド、武道館2days前にニコ生特番決定!
Wed, 10 May 2017 20:30:00 +0900
シド (okmusic UP\'s)

シドがニューシングル「バタフライエフェクト」の発売(5月10日)と、5月12日(金)・13日(土)に行なわれる日本武道館2days公演「夜更けと雨と」「夜明けと君と」の開催を記念して、ニコ生で前夜祭特番を実施することを発表した。

【その他の画像】シド

番組はこれまでのシドのライヴダイジェスト映像や、ニューシングル「バタフライエフェクト」を含むMVなど、スペシャルな映像構成で放送されるとのこと。

また、5月12日(金)・13日(土)の日本武道館公演でのニューシングル「バタフライエフェクト」購入者限定特典も発表された。「シド 日本武道館公演 2017」会場CD即売所で購入すると、会場購入者限定『オリジナルステッカー』(全3種)がランダムでプレゼントされる。2日間のみ購入できる限定特典なので、こちらもぜひゲットしてほしい。

■ニコニコ生放送「シド『バタフライエフェクト』発売&日本武道館2days公演 前夜祭特番」

放送日時:5月11日(木)21:00〜

■番組視聴&タイムシフトURL
http://live.nicovideo.jp/watch/lv297731098

■「シド 日本武道館公演 2017」

5月12日(金) 東京 日本武道館 「夜更けと雨と」
5月13日(土) 東京 日本武道館 「夜明けと君と」

【関連リンク】
シド オフィシャルHP
シド、新作「バタフライエフェクト」MVを渋谷で初フル解禁&Gyao!にてフル公開開始
シド、日本武道館2daysが両日完売! シングル「バタフライエフェクト」JK写公開も
シド、日本武道館にて行なうコンセプトライブ2daysの一般発売がいよいよスタート!

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

Boys Republic×葵わかな主演ドラマ「今夜もLL(LIVE&LOVE)」エピソード2の第1話がいよいよOA!
Wed, 10 May 2017 20:00:00 +0900
「今夜もLL▼(LIVE&LOVE)」 場面画像 (okmusic UP\'s)

Boys Republicが女優・葵わかなと共演した、TOKYO MXテレビドラマ 水10「今夜もLL▼(LIVE&LOVE)」エピソード2「君の瞳に花束を」が、いよいよ5月10日(水)22時に第1話がオンエアとなる。

【その他の画像】Boys Republic

ドラマのストーリーは、2010年公開超新星映画「君にラヴソングを」のリメイク版。盲目の女子高生のひかり(葵わかな)はある日、道に迷ったBoys Republicのメンバー・スウンと出逢う。スウンとの交際を経て、ひかりは視力回復手術を受けることを決意する。困難な手術にのぞむひかりのために、スウンとBoys Republicのメンバーたちはある計画を思い立つ。

撮影の合間には、お互いの言語を教え合うなど、息もぴったり合った2人の共演に注目してほしい。

※▼は白抜きのハート

■『今夜もLL▼(LIVE&LOVE)』 オフィシャルHP
http://www.universal-music.co.jp/jp/konyamoll/

■【コメント】

■スウン(Boys Republic)
「韓国で演技をした経験はあるけれど、ここまで真剣な恋愛話は初めてでちょっとドキドキしました。セリフを覚えるのと同時に、日本語の発音等にも気を付けました。葵わかなさんは、難しい盲目の役をとても上手に演じていて、いろいろと勉強になりましたし、僕も演技に集中することができました。共演シーンでは息を合わせることを大事に思いながら演じました。」

■葵わかな
「とてもストレートなラブストーリーだと思います。そこに、音楽が加わってよりロマンチックに、ドラマチックにお話が進んでいくのがとても素敵なので、このお話の世界にどっぷり浸りながら観て欲しいです。」

■テレビドラマ「今夜もLL▼(LIVE&LOVE)」 エピソード2 Boys Republic×葵わかな「君の瞳に花束を」ティザー
https://youtu.be/cCDvU5nBEcU

■「今夜もLL▼(LIVE&LOVE)」

4月12日〜 TOKYO MX 水曜日22:00 スタート
※無料アプリ「エムキャス」にて全国同時放送
※全12話をニコニコチャンネルにてアーカイブ配信(有料)
◎5月10日〜4話放送
エピソード2 Boys Republic×葵わかな「君の瞳に花束を」
キャスト:Boys Republic/葵わかな/広澤草/愛加あゆ/カズレーザー

【関連リンク】
Boys Republic オフィシャルHP
「今夜もLL▼(LIVE&LOVE)」 スペシャルコンテンツ
ドラマ『今夜もLL』エピソード2、Boys Republic&葵わかなのインタビューを公開
パクドル&HERO、Boys Republic、WEBERが『今夜もLL(LIVE&LOVE)』のために集結

【関連アーティスト】
Boys Republic
【ジャンル】
K-POP, テレビ(番組/CM)

安田レイ、号泣の日に“泣ける歌声”認定受賞
Wed, 10 May 2017 20:00:00 +0900
5月9日(火)@東京タワー大展望台1F Club333 (okmusic UP\'s)

安田レイが5月9日に東京タワー大展望台1F Club333で行なわれた涙活プロデュースの“号泣イベント”に出演し、涙活より史上初となる「泣ける歌声」を認定受賞した。

【その他の画像】安田レイ

5月24日に最新シングル「きみのうた」を発売する安田レイ。タイトル曲はテレビアニメ『夏目友人帳 陸』エンディングテーマに決定しており、アニメ放送以来“泣ける”“心が洗われる”と話題になっている。

安田レイは作詞に全面的に参加していて、“実体験の別れを元に書いた一曲になってます。別れがあると、私たちはもうその人に会うことはできませんが、きっとその人をものすごく近くに感じることができるんじゃないかと思うんです。寂しさの中に光る小さな光を感じていただけたら嬉しいです”とコメントしている。

「きみのうた」のMVは、涙を流すことで心のデトックスを提唱する“涙活プロデューサー”の寺井広樹がプロデュース。その内容は、大切な“彼”を事故で失い、傷ついた“ワタシ”の葛藤と再生を描く感動のドラマに仕上がっていて、事故で死んだはずの“彼”が「写ルンです」を持って“ワタシ”の前にゴーストとなって現れるところから物語は始まる。

“思い出の写真を一緒に撮っていこう。使い切ったら、僕はいなくなるから”という彼。“何言ってんの、そんなの使えるわけないじゃん。使わなかったら一緒にいられるんでしょ?”とワタシ。そんな“ワタシ”がある日をきっかけに写真を1日1枚撮っていくことを決意するのだが、最後の別れの1枚を撮るシーンは涙なしでは見られない。安田レイ自身も歌唱シーンで感情が高まり、思わず歌いながら涙をこぼす。そんな場面も見どころのひとつだ。

この「きみのうた」のMVをプロデュースした涙活が、史上初となる号泣イベントを“涙しても前向きになれる場所”として東京タワーを選んで開催。イベントは、涙活所属の感涙療法士・吉田英史による泣き言セラピー、涙活が選んだ感涙動画の上映などが実施された。中でも涙を誘ったのは、この日特別に涙活が新たに作成した、「きみのうた」MVの“彼”が亡くなる前のアナザーストーリーを、MVにも出演して話題となった長沢裕が朗読劇として披露し、「きみのうた」MVが上映されたパート。これには会場に集まった泣きたい女子こと“泣き女達”も思わず号泣だった。

さらに、このあといよいよ安田レイが登場。話題の「きみのうた」を広がる夜景と共に生歌披露し、会場はますます号泣状態となった。

そんな感涙の生歌唱を終えたところで、涙活プロデューサーで全米感涙協会会長も務める寺井広樹が登場。“安田レイさんの歌声は、非常に感動・感涙します。誠に勝手ながら“泣ける歌声”として認定授与させて下さい”と涙型のトロフィーを授与したのだった。

安田レイもこの受賞に、“こんな賞をいただけるなんて! ありがとうございます。色んな辛いことを思い出して書いてよかったです。気持ちが救われます”とコメントした。

安田レイ「きみのうた」は、CDの発売に先駆けてフル配信がスタートしている。

また、号泣の日に合わせて、史上初となる泣き出すWEBページ“泣くWEB”というサイトも出現! こちらは、安田レイ「きみのうた」の楽曲に合わせて、WEBページ全体が泣き出すという仕様になっている。SNSを中心に“すげえ。泣いてる”“すばらしい”“これやばいわ、よく出来てる”と話題なので、ぜひチェックしてみてほしい。

■泣くWEB
http://www.nakiweb.com/

■「きみのうた」MV
https://www.youtube.com/watch?v=YvlA5XBuXYA

【関連リンク】
安田レイ オフィシャルHP
安田レイがLUMINE ESTシーズンビジュアルに決定
SPICY CHOCOLATE、アルバム参加アーティストのサインが当たるTwitter企画を実施
SPICY CHOCOLATE、ナオト・インティライミ&安田レイとのコラボMV完成

【関連アーティスト】
安田レイ
【ジャンル】
J-POP, アニメ, テレビ(番組/CM), イベント

THE YELLOW MONKEY、公開生放送など25周年記念企画が続々決定!
Wed, 10 May 2017 19:30:00 +0900
THE YELLOW MONKEY (okmusic UP\'s)

YELLOW MONKEYのデビュー25周年を記念した各メディアでの展開が明らかになった。

【その他の画像】THE YELLOW MONKEY

リリース2日前の5月19日(金)には、cross fmで2時間特番、前日の5月20日(土)にはBSスカパー!で2016年8月の横浜アリーナ公演、フジテレビNEXTで2016年末の日本武道館公演のそれぞれのリピート放送、当日5月21日(日)には新宿・ユニカビジョンでのプレミアム上映会や、SPACE SHOWER TV、MTV、MUSIC ON! TVでの特番が予定されている。

メンバーが出演する5月21日(日)のSPACE SHOWER TVの2時間特番は、タワーレコード渋谷店よりLINE LIVEと同時生中継される。

また、2017年の最新曲「ロザーナ」を収録した新録ベストアルバムCDの特典「2017 LIMITED SPECIAL CD SINGLE」のアートワークも公開された。こちらも合わせてチェックしてほしい。

■【デビュー25周年記念メディア展開】

【SPACE SHOWER TV】
■『V.I.P. -THE YELLOW MONKEY- THE YELLOW MONKEY 25th ANNIVERSARY “THE YELLOW MONKEY IS HERE.”』
※タワーレコード渋谷店より公開生放送(メンバー出演あり)
番組観覧を5月15日(月)まで受付中
http://sstv.jp/yellowmonkey
初回放送:5月21日(日)19:00〜21:00
リピート放送:5月30日(火)23:00〜25:00
※5月21日(日)の生放送のみ、LINE LIVEで同時配信
https://live.line.me/channels/21/upcoming/2968103

■『THE YELLOW MONKEY LIVE SELECTION』
初回放送:5月13日(土)21:00〜23:00
リピート放送:5月21日(日)21:00〜23:00

■『ノンストップ!THE YELLOW MONKEY MUSIC VIDEO HISTORY』
初回放送:5月17日(水)19:00〜21:00
リピート放送:5月21日(日)17:00〜19:00

【MTV】
■『THE YELLOW MONKEY 25th Anniversary VideoSelects』
初回放送:5月21日(日)21:00〜23:30

【MUSIC ON! TV】
■『THE YELLOW MONKEY特集』
初回放送:5月21日(日)24:30〜25:30

【フジテレビNEXT】
■『THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・27 -SP EDITION-』
リピート放送:5月20日(土)16:50〜19:50

【BSスカパー!】
■『Music talk session THE YELLOW MONKEY with ハマ・オカモト powered by FULL CHORUS』
リピート放送:5月20日(土)21:00〜22:00

■『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -YOKOHAMA SPECIAL- SP EDITION』
リピート放送:5月20日(土)22:00〜25:20

【新宿・ユニカビジョン】
■『THE YELLOW MONKEY デビュー25周年記念プレミアム上映会』
※『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10-』全編上映
上映日時:5月21日(日)15:30〜18:40
※詳細は後日発表

【cross fm】
■『〜THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST発売を記念して〜「RADIO◎CONNECTOR 〜TYMS オールリクエストでライブコネクト〜」』
放送日時:5月19日(金)23:00〜25:00



【関連リンク】
THE YELLOW MONKEY オフィシャルHP
THE YELLOW MONKEY、新録ベストのアートワークが解禁&新曲「ロザーナ」MV公開
THE YELLOW MONKEY、新ビジュアル解禁&FC限定フォトモザイクアート企画実施決定!
イエモン、新曲ティザー公開&新録ベスト発売! 12月に東京ドーム2days開催決定!

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

レッド・ウォーリアーズ、7月に後期ベスト盤発売&30周年記念ライヴ開催決定!
Wed, 10 May 2017 19:00:00 +0900
レッド・ウォーリアーズ (okmusic UP\'s)

レッド・ウォーリアーズが、7月15日(土)に埼玉・大宮ソニックシティ大ホールでデビュー30周年を記念したライヴ「RED WARRIORS 30th Anniversary『king\'s Rock\'n Roll』」を開催することがわかった。

【その他の画像】RED WARRIORS

レッド・ウォーリアーズは、1985年に元レベッカのギター“shake”こと木暮武彦と、ヴォーカルのDIAMOND☆YUKAIを中心に結成。86年10月に日本コロムビアよりメジャーデビューした。

1988年には日本武道館と西武球場でライヴを行なうが、89年に解散。96年に再結成して武道館ライヴを実施し、その後も断続的にCDリリースやコンサートを開催するも、2013年に活動休止。2015年に再び集結し、2017年7月にデビュー30周年となる記念ライヴという運びとなった。こちらのオープニングアクトには、氣志團が決定している。

なお、2017年3月1日には97年リリースのアルバム『FIRE DROPS』のリイシュー盤、4月19日には89年にリリースされた初期のベスト盤『RED SONGS』が再発。7月12日には再結成後の後期のベスト盤の発売もアナウンスされた。こちらも合わせてチェックしてほしい。

■「RED WARRIORS 30th Anniversary『king\'s Rock\'n Roll』」

7月15日(土) 埼玉 大宮ソニックシティ 大ホール
OPEN 16:30 / START 17:00
Opening Act:氣志團
<チケット>
VIP:¥20,000
※89席限定
※特典:当日 RH 見学・コンサート終了後「ミート&グリートご招待」
一般:¥9,000(全席指定)

【関連リンク】
レッド・ウォーリアーズ オフィシャルHP
織田哲郎&ダイアモンド☆ユカイによるROLL-B DINOSAURがリリースイベント開催
<肉ロックフェス2015>RED WARRIORS、リンドバーグ、INKTら出演アーティストコメント第二弾
祝・再結成! あの興奮をもう一度、伝説のバンドたちの名曲5選

【関連アーティスト】
RED WARRIORS, レベッカ, DIAMOND☆YUKAI
【ジャンル】
ジャパニーズロック

『マニフェスト』でRHYMESTERが導いた日本のヒップホップのネクストステージ
Wed, 10 May 2017 18:00:00 +0900
『マニフェスト』(’10)/RHYMESTER (okmusic UP\'s)

5月14日、RHYMESTER主催による都市型野外音楽フェスティバル『人間交差点 2017』が、東京都江東区のお台場野外特設会場にて開催される。KREVAやANARCHY、田我流 feat. Stillichimiyaといったラッパー勢、ヒップホップ勢のみならず、クレイジーケンバンドやBase Ball Bear、KIRINJI、SOIL&"PIMP"SESSIONSといったバンド勢、さらには漫才コンビ、浅草キッドまで登場! RHYMESTERならではの流石のラインアップと言える。今回の邦楽名盤列伝はこのフェス開催のタイミングに合わせて、RHYMESTERの作品からチョイスしてみた。

【その他の画像】RHYMESTER

■日本のヒップホップ史と重なる軌跡

本稿作成のため、あれこれ調べていたら、“ジャパニーズHIP HOPの歴史を知りたければ、RHYMESTERの軌跡をたどるのが一番の近道”、さらには“RHYMESTERは日本のヒップホップ史を象徴するグループ”といった形容を見つけた。なるほど、と思う。RHYMESTERの結成は1989年。いとうせいこうがアルバム『Mess/Age』を発表した年である。1stアルバム『俺に言わせりゃ』のリリースが1993年で、同じ年にZeebra、K DUB SHINE、DJ OASISがキングギドラを結成。その翌年の1994年はEAST END×YURIがシングル「Da. Yo. Ne」を、スチャダラパーが小沢健二とのシングル「今夜はブギーバック」をリリースした年でもある。ともにヒットし、ヒップホップをお茶の間に浸透させたことは言わずもがな。この年は日本のヒップホップの大きな転機の年であった。ちなみに「Da. Yo. Ne」は作詞にMummy-Dが参加している。以後、EAST END×YURI(1995年)を筆頭に、KICK THE CAN CREW(2002年)、nobodyknows+(2004年)、m-flo(2005年 ※m-flo ? Akiko Wada(和田アキ子)として出場)、SEAMO(2006年)とヒップホップ・アーティストが『NHK紅白歌合戦』に出場することも珍しくなくなったあと、RHYMESTERは2007年に日本武道館公演を実現。この時すでにRIP SLYME(2002年が初武道館)やKICK THE CAN CREW(2002年)が武道館のステージを踏んでいるからヒップホップ勢の武道館公演自体、特筆すべき時期ではなかったが──こう言っては失礼だが、誰もが知るヒット曲があるわけではないアーティストとしては異例だったと言える。以後、活動休止期間はあったものの(そうは言っても1年間程度)、長いインターバルや表立った“(New)Accident”もなく、ここまで活動を続けているRHYMESTERの軌跡は、確かに日本のヒップホップ史と重なる。

■日本のヒップホップの大衆化に腐心

では、そのRHYMESTERの音楽性はというと──。ほぼ同期と言ってもいいキングギドラとスチャダラパーとで比較して“キングギドラ未満、スチャダラパー以上”と形容したら、いずれのファンにも怒られるかもしれないが、個人的にはそこではないかと思う。社会性を帯びたメッセージがなくはない。それはしっかりとある。しかし、キングギドラほどに攻撃性が際立ってはいない。また、極めて日常的なミクロの視点もしっかり有している。が、スチャダラパーほどにはピンポイントすぎない。ていうか、彼らほどにゆるくはない。だからと言って、RHYMESTERが中途半端などではまったくなく、むしろ、そこが“ちょうどいい”感じなのである。鋭角的すぎず、まったりすぎてもいない。あくまでも個人的には、と今一度前置きするが、そこがRHYMESTERらしさであると思う。その上で、ポップに昇華させることに注力しているのがRHYMESTER最大のポイントではないかとも思う。“ポップ”とは“キャッチー”と言い換えてもいいかもしれないし、分かりやすいでもいい。馬鹿でも理解できるというか(これも相当語弊があるなぁ)、日本語ネイティブならほとんどの人がパッと聴いてパッと理解できる汎用性の高いヒップホップを送り出したことが最大の功績ではなかろうか。RHYMESTERは結成以来、極めて周到な“K.U.F.U.”で日本のヒップホップの大衆化に腐心してきたグループであろう。

具体的に言うなら、すでに日本のヒップホップのクラシックナンバーとなっている楽曲──「B-BOYイズム」「キング オブ ステージ」「耳ヲ貸スベキ」辺りを例に挙げるのがいいだろう。いずれのトラックも硬質なビートに乗せられた管楽器のリフレインが印象的だ。DJ JINのルーツにはファンク、ソウル、ジャズがあり、それらを巧みにミックスさせているわけだが、表面上はキャッチー=覚えやすい音階と音質で、まさに掴みは十分である。そして、そこに乗る宇多丸、Mummy-Dのラップもフックでリフレインを多用。ラップであるがゆえにメロディーの抑揚が際立っているというわけではないが、日本語が本来持っているアクセントを活かし、その強勢をビートに合わせていたりするので、これまた印象的に、しかも自然と耳へ飛び込んでくる。

《マイクロフォン1、マイクロフォン2/ザ キング、ザ キング、ザ キング オブ ステージ/ターンテーブル No.1・2/ザ キング、ザ キング、ザ キング オブ ステージ》(「キング オブ ステージ」)。
《耳ヲ貸スベキ 耳ヲ貸スベキ 俺達をよくチェックしとくべき/耳ヲ貸スベキ 耳ヲ貸スベキ とれたての言葉たちを目撃/耳ヲ貸スベキ 耳ヲ貸スベキ これからはじめる最後の奇跡/耳ヲ貸スベキ 耳ヲ貸スベキ それこそ生きる目的》(「耳ヲ貸スベキ」)。

韻の踏み方は芸術的に巧みで、グループ名は伊達じゃない。

《決して譲れないぜ この美学 ナニモノにも媚びず 己を磨く/素晴しき ロクデナシたちだけに 届く轟く/ベースの果てに 見た 揺るぎない 俺の美学 ナニモノにも媚びず 己を磨く/素晴しき ロクデナシたちだけに 届く 轟く ベースの如く》(「B-BOYイズム」)。

文字を眼で追うだけでもリズミカルでスームズであることが分かるリリックである。それでいて、言うべきことをちゃんと主張しているというのもRHYMESTERならではと言えるだろう。

■ネクストレベルを示した作品

さて、「B-BOYイズム」「キング オブ ステージ」「耳ヲ貸スベキ」を挙げたのだから、RHYMESTERの名盤としてはこれらが収録されている3rdアルバム『リスペクト』を推すのが筋であろう。『リスペクト』は“日本語ラップ史上、最重要作”と呼ぶファンがいることにも納得できる傑作であることは間違いない。しかし、独断ではあるが、ここではメジャーでの5枚目に当たるアルバム『マニフェスト』を推したい。初登場3位とグループ史上最もチャートリアクションが良かった作品であるというのも理由のひとつだが、それだけではない。結論から言えば、これより以前から自らのスタイルを確立し、日本のヒップホップシーンに多大なる影響を与えてきたRHYMESTERがネクストレベルを目指し、しっかりと答えを出した堂々たる作品なのである。本作の発売は2010年。前作『HEAT ISLAND』から実に4年のインターバルの後に発表されたものだ。ファンならばご存知かと思うが、このインターバルは、RHYMESTERが件の武道館公演後に活動休止を宣言し、各メンバーが個々の活動に専念していた時期である。他のアーティストのライヴにゲスト出演していたこともあったというから完全休止というわけでもなかったようだが、彼らほどのキャリアがあると、実質の解散状態に陥っても何ら不思議ではない危険なインターバルである。過去そんなグループ、バンドは山のようにいた。しかし、RHYMESTERはそれとは同じにはならず、しかも、グループとして新しい姿を示した作品を携えて復活を果たしたわけで、そんな背景を考えると、個人的にはアルバム『マニフェスト』にグッとくるのである。

■外部Pの招聘で多彩なトラック

まずトラックから説明すると、それまでのRHYMESTERはDJ JINとMummy-Dとでほぼ全てのトラックメイキングを司ってきたが、本作は初めて外部からプロデューサーを招聘。DJ JINもトラックを作っているが(M7「付和Ride On」、M9「K.U.F.U.」)、アルバム全体を見るトータルプロデューサーとしての仕事を主とした。それによって楽曲のバラエティー感は明らかに増したものの、決して散らかった感じはない、うまい具合にバランスが取られているのだ。M2「ONCE AGAIN」やM13「ラストヴァース」は、前述したRHYMESTERのトラックの特徴をさらに壮大に昇華させた鉄板チューン。ギターサウンドを取り込んだM3「H.E.E.L.」やM9「K.U.F.U.」がグイグイと迫る一方で、M10「ちょうどいい」では緩やかなグルーブを聴かせている。トラックの推しはM6「Under The Moon」。『スネークマン・ショー』の「盗聴エディ」からのサンプリングが確認できるので、これはサイケデリックに分類されるものであろうが、所謂サイケっぽいサウンドのみならず、シャープなビートやまさに無機質な電子音が重ねられ、他ではなかなかお目にかかれない面白さだと思う。DJ MITSU THE BEATSの見事な仕事っぷりが光るトラックである。その他、EVISBEATSが作り上げたソウルフルなM4「New Accident」、キエるマキュウのMAKI THE MAGICが手掛けた勢いあるM12「Come On!!!!!!!!」なども良く、聴きどころは満載である。

■言葉の強度が増したリリック

リリックはそれまでのRHYMESTERらしさを踏襲したというか、下記のような自らのスタンスを誇示するような内容もあるにはあるが──。

《オレがB-U-N-K-E-I最凶のパイセン》《ミスター宇多丸 言わば逆ジェロ 真の意味で独自の道行くイエロー》《K.U.F.U.で超越するゲノム お届けしよう もっとスゲーの……》《確と見ときな格の違い/KIDSとKINGの箔の違い/エキストラと主役の違い/RHYMESTER is back!》(M12「Come On!!!!!!!!」)。

そうしたものよりもそこから一歩進んだというべき、力強く前向きなものが中心だ。

《風はまた吹く 気付かないならかざしな人差し指を/陽はまた昇るゆっくりと 決して立てるな己にその中指を/風はまた吹く 気付かないならかざしな人差し指を/陽はまた昇るゆっくりと その時立てろ親指を》(M2「ONCE AGAIN」)。
《武器はたゆまぬK.U.F.U. /常に研究 常に練習 知恵を結集し/君をレスキュー》《その美徳はまさに人間固有/偉大な歴史的モニュメント級/つまり ご先祖たちの探求に/一個付け足す独自のブランニュー》(M9「K.U.F.U.」)。
《もしこれが音楽じゃなくて/もしただの騒音だとしても/もし届くなら届けよう/その先の景色見届けよう/もしそれが現実じゃなくて/もしただの幻想だとしても/もし届くなら届けよう/その先の景色見届けよう》(M13「ラストヴァース」)。

“俺たちはこうだ”と完結するのではなく、“君らはどうする?”と訴えかけているような内容。本人たちがどこまでそれを意図したかどうかは分からないが、ロックやフォークがそうであるように、聴く人の気持ち、心に何らかの化学変化を起こさせるようなメッセージがそこにある。聞けば、本作で総指揮を執ったMummy-Dが、宇多丸が書いたリリックにダメ出しをするという、それまでになかった作業工程をすることで楽曲をブラッシュアップさせたというから、以前に比べて言葉の強度がアップしていることにも納得である。この一点だけでもアルバム『マニフェスト』を聴く価値があるとすら思う。

【関連リンク】
RHYMESTERとぼくのりりっくのぼうよみが異例のヒット映画ドラマ版のOP&ED曲を書き下ろし
スキマスイッチ、奥田民生や小田和正らをプロデューサーに迎えたリアレンジアルバム完成!
いとうせいこうトリビュートに真心、レキシ、岡村靖幸ら参加
RHYMESTER、自身主催による野外音楽フェスティバル『人間交差点 2016』第2回が大盛況で終了

【関連アーティスト】
RHYMESTER
【ジャンル】


ACIDMAN、20周年第3弾作品「ミレニアム」で千年の時をも越えていく
Wed, 10 May 2017 18:00:00 +0900
ACIDMAN (okmusic UP\'s)

ACIDMANが、バンド結成20周年のアニバーサリーイヤー第3弾作品として、7月26日にニューシングル「ミレニアム」をリリースすることがわかった。

【その他の画像】ACIDMAN

すでに発表されている自身の主催フェス「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”」を前に、大木伸夫(Vo&Gu)がこれまで築き上げてきたACIDMANの歴史の隅々までを凝縮した渾身の楽曲が完成!

“ミレニアム”=“千年紀”――千年の時をも越えていくような大木のメッセージと、20年のバンドキャリアが成すアンサンブルが絶妙に絡み合い、キャッチーなメロディーが冴え渡る壮大なロックチューンに仕上がっている。

■シングル「ミレニアム」

2017年7月26日発売
TYCT-39059/¥1,200+税
※初回限定 紙ジャケット仕様
<収録曲>
01.ミレニアム
02.Seesaw
03.青の発明 −instrumental−
04.〈Live Track From 20141023 Zepp Tokyo(『世界が終わる夜』リリース記念プレミアム・ワンマンライヴ〉
アイソトープ
赤橙
type-A

【関連リンク】
ACIDMAN オフィシャルHP
MIYAVI、デビュー15周年を記念した対バンイベント15本を都内で開催
ACIDMAN、新井浩文&石橋蓮司出演「愛を両手に」MVをフル公開
ACIDMAN、新井浩文と石橋蓮司が出演したドラマ仕立てMVのトレーラー解禁

【関連アーティスト】
ACIDMAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

米津玄師、『僕のヒーローアカデミア』OP曲「ピースサイン」のCDは3形態リリース
Wed, 10 May 2017 17:30:00 +0900
シングル「ピースサイン」【ヒーロー盤(初回限定)】(CD) (c)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会(okmusic UP\'s)

毎週土曜日17:30より放送中のTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』のオープニングに起用されている米津玄師の「ピースサイン」。そのCDリリースが6月21日に決定。同時に、CDのアートワークと収録曲も公開された。


【その他の画像】米津玄師

今回は「ピース盤」「ヒーロー盤」「通常盤」の3形態でのリリース。「ピース盤」はデジパック仕様で、DVDにはTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』ノンクレジットオープニングムービーを収録、そして米津によるイラストがデザインされたラバーリング「ピースリング」が封入される。

「ヒーロー盤」は赤透明ジュエルケース仕様で、『「僕のヒーローアカデミア」TCGスペシャルカード 米津玄師/ピースサイン EDITION』が封入。ジャケットは3形態ともに、米津玄師の描き下ろしイラストとなる。

■『僕のヒーローアカデミア』アニメ公式サイト
http://heroaca.com/

(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

■【米津玄師 コメント】

「「僕のヒーローアカデミア」の新しいオープニングテーマを歌えることをとても嬉しく思っています。ありがとうございます。憧れに向かってひた走る出久たちのまなざしを受けて感じること、学ぶべきことがたくさんありました。子供のころの自分はどうだったろう?「ピースサイン」を作り始めてからはそういうことをよく考えます」

■シングル「ピースサイン」

2017年6月21日発売
【ピース盤(初回限定)】(CD+DVD+ピースリング)
SRCL-9454〜6/¥1,900+税
【ヒーロー盤(初回限定)】(CD+赤ジュエルケース+ヒロアカTCGカード)
SRCL-9457/¥1,500+税
【通常盤】(CD only)
SRCL-9458/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
01.ピースサイン
02.Neighbourhood
03.ゆめくいしょうじょ
04.ピースサイン(Instrumental)
■DVD ※ピース盤のみ
『僕のヒーローアカデミア』ノンクレジットオープニングムービー

【関連リンク】
米津玄師 オフィシャルHP
米津玄師、「ピースサイン」が使用されているTVアニメ『ヒロアカ』OP映像がWEB配信開始
米津玄師、自身が描く新曲「ピースサイン(TV edit.)」の配信JKが解禁!
米津玄師、アニメ『ヒロアカ』新シリーズOP曲「ピースサイン」を4月29日より配信スタート

【関連アーティスト】
米津玄師
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

T.M.Revolution、究極の映像集ついに発売! WEB-CMが解禁へ
Wed, 10 May 2017 17:00:00 +0900
DVD & Blu-ray『2020 -T.M.Revolution ALL TIME VISUAL COLLECTION-』 (okmusic UP\'s)

T.M.Revolutionが5月10日にリリースした映像作品『2020 -T.M.Revolution ALL TIME VISUAL COLLECTION-』のWEB-CMが公開された。

【その他の画像】T.M.Revolution

本作はデビュー20周年を記念してリリースされた映像作品集で、T.M.R全シングルのMVをはじめ、スペシャル映像として“the end of genesis T.M.R. evolution turbo type D”として発表した3曲のMVも特別収録。全40作からなる究極の映像集に仕上がっている。ぜひチェックしてほしい。

■DVD & Blu-ray『2020 -T.M.Revolution ALL TIME VISUAL COLLECTION-』WEB-CM
https://youtu.be/Z_2fwjGENLc

■「T.M.R. LIVE REVOLUTION\'17 -20th Anniversary FINAL-」

5月13日(土) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
5月14日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ

【関連リンク】
T.M.Revolution オフィシャルHP
『イナズマロック フェス 2017』雷神ステージ第2弾出演者にTHE ORAL CIGARETTES、HY等が決定
T.M.Revolution 西川貴教が「心」の鍛え方を伝授する書籍を5月12日に発売
T.M.Revolution、『オールナイトナイトニッポンGOLD』出演決定!

【関連アーティスト】
T.M.Revolution
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック

奥華子、ニューアルバム発売前に貴重なクロスフェード動画を公開
Wed, 10 May 2017 16:30:00 +0900
奥華子 (okmusic UP\'s)

奥華子が、5月17日(水)のフルアルバム『遥か遠くに見えていた今日』発売を記念して、一足早くアルバムの全貌を知ることができる全曲視聴動画を公開した。

【その他の画像】奥華子

この全曲視聴動画は、ファンの間でもCD化を望む声が絶えなかった1曲目の「Rainy day」を皮切りに、現在『プロモーションビデオを作ろうキャンペーン』が行なわれている4曲目の「プロポーズ」、アルバムタイトルともリンクする14曲目の「遥か遠くに」など、新曲7曲を含む全14曲が視聴できる、貴重なクロスフェード動画となっている。

また、この全曲視聴動画の解禁を受け、5月12日(金)からはiTunes/Apple Musicでアルバム全曲先行配信がスタートする。いち早く作品を聴きたい方はぜひチェックしてみてほしい。

■『遥か遠くに見えていた今日』全曲視聴クロスフェード動画
https://youtu.be/GXO2ynFuRCE

■アルバム『遥か遠くに見えていた今日』

2017年5月17日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04535/¥3,500(税込)
【通常盤】(CD only)
PCCA-04536 /¥3,000(税込)
<収録曲>
■CD
M1. Rainy day      
M2. 恋のはじまり     
M3 . 愛という宝物(2016cross fm オフィシャルGREEN キャンペーンソング)  
M4. プロポーズ(「MAST」TVCMソング)
M5. 彼女
M6. 3 65日の花束 
M7. キミの花(TVアニメ「セイレン」オープニングテーマ)        
M8. ほのぼの行こう(ニンテンドー3DS用ソフト「牧場物語 3つの里の大切な友だち」イメージソング)
M9. 思い出になれ(テレビ朝日「じゅん散歩」16年10月・11月エンディングテーマ) 
M10. 最後のキス
M11. Mail
M12. アイスクリーム
M13. スタンプラリー
M14. 遥か遠くに
■DVD(初回盤)
「キミの花」Music Clip
「最後のキス」Music Clip 
Making of 「遥か遠くに見えていた今日」
「思い出になれ」 Image Clip
※商品の仕様、収録曲は変更になる可能性がございます。

【関連リンク】
奥華子 オフィシャルHP
奥華子、アルバム発売を記念した2つのキャンペーンを実施!
奥華子、TOWER RECORDSにてニューアルバムリリースイベント決定
奥華子、待望の9thアルバム『遥か遠くに見えていた今日』JK写&全収録曲を解禁

【関連アーティスト】
奥華子
【ジャンル】
J-POP

ミスチル、デビュー25周年記念日に配信限定ベストをリリース!
Wed, 10 May 2017 16:00:00 +0900
配信限定アルバム『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』 (okmusic UP\'s)

Mr.Childrenがデビュー25周年を迎えた5月10日。それを記念して、「君がいた夏」から「足音 〜Be Strong」までのシングル曲を中心に、全50曲を選曲した配信限定ベストアルバム『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』がリリースされた。

【その他の画像】Mr.Children

配信期間は2018年5月9日までの1年間限定リリースとなっているので、忘れずにチェックしよう!

なお、5月10日は全国ホールツアー「Mr.Children Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ」の名古屋 振替公演を予定している。こちらもぜひ注目してほしい。

■配信限定ベストアルバム特設サイト
http://www.toysfactory.co.jp/artist/mrchildren/thanksgiving25/

■配信限定アルバム『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』

配信中
¥2,700(税込)
※2018年5月9日までの期間限定発売
<収録曲>
01.君がいた夏
02.抱きしめたい
03.Replay
04.CROSS ROAD
05.innocent world
06.Tomorrow never knows
07.everybody goes−秩序のない現代にドロップキック−
08.【es】〜Theme of es〜
09.シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
10.名もなき詩
11.花 -Memento-Mori-
12.マシンガンをぶっ放せ−Mr.Children Bootleg−
13.Everything(It\'s you)
14.ニシエヒガシエ
15.終わりなき旅
16.光の射す方へ
17. I\'LL BE
18.口笛
19.NOT FOUND
20.優しい歌
21.youthful days
22.君が好き
23.蘇生
24.Any
25.HERO

■配信限定アルバム『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』

配信中
¥2,700(税込)
※2018年5月9日までの期間限定発売
<収録曲>
01.掌
02.くるみ
03.タガタメ
04.Sign
05.未来
06.and I love you
07. ランニングハイ
08.箒星
09.しるし
10.フェイク
11.旅立ちの唄
12.GIFT
13.HANABI
14.花の匂い
15.エソラ
16.fanfare
17.365日
18.擬態
19.祈り 〜涙の軌道
20.End of the day
21.pieces
22.足音 〜Be Strong
23.Starting Over
24.進化論
25.未完

【関連リンク】
Mr.Children オフィシャルHP
Mr.Childrenの新曲「himawari」がベストセラー小説『君の膵臓をたべたい』実写映画主題歌に決定
チャラン・ポ・ランタン、もう『逃げ恥』の「恋ダンス」じゃない方なんて言わせない! 豪華ゲストと作り上げた新作をリリース
Mr.Children、新曲「ヒカリノアトリエ」MVは勇気(courage)の冒険ストーリー

【関連アーティスト】
Mr.Children
【ジャンル】
ジャパニーズロック

lynch.、5人のベーシストが参加した『SINNERS-EP』の全曲試聴動画を公開
Wed, 10 May 2017 15:00:00 +0900
lynch. (okmusic UP\'s)

lynch.が5月31日にリリースする「SINNERS-EP」。その全曲試聴動画が公開された。

【その他の画像】J

今作はJ、人時、T BONEZ、P.T.P)、YOSHIHIRO YASUI(OUTRAGE)、YUKKE(MUCC)の5人のベーシストが各収録曲のレコーディングに参加している。

また、「SINNERS-EP」発売を記念して行なわれるインストアイベントは告知直後に参加券が配布枚数を終了した会場が相次ぎ、6月10日(土)のタワーレコード渋谷店でのイベントは急遽、参加券の追加配布が決定した。

■「SINNERS-EP」発売記念インストアイベント詳細
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=41281

■EP「SINNERS-EP」曲試聴動画
https://youtu.be/hY90dMbpy5Q

■EP「SINNERS-EP」

2017年5月31日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
KICS-93497/¥2,222+税
【通常盤】(CD)
KICS-3497/¥1,852+税
<収録曲>
■CD ※共通
1.SIN(instrumental)
2.TRIGGER feat. J(「ニコびじゅ」5月度テーマ曲)
3.BLACK OUT DESTROY feat. 人時
4.KALEIDO feat. T
5.DIES IRAE feat. YOSHIHIRO YASUI
6.SORROW feat. YUKKE
■【初回限定盤】DVD
Music Video+特典映像予定

■『SINNERS-EP』発売記念インストアイベント

5月26日(金)【サイン会】
20:30〜HMV大宮アルシェ イベントスペース
6月3日(土)【CDジャケットサイン会】
15:00〜タワーレコード名古屋近鉄パッセ店 イベントスペース
6月3日(土)【トークイベント】
18:00〜HMV栄 イベントスペース
6月4日(日)【CDジャケットサイン会】
13:00〜タワーレコード難波店 5F イベントスペース
6月10日(土)【CDジャケットサイン会】
18:00〜タワーレコード渋谷店B1 CUTUP STUDIO

■イベント詳細はこちら
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=41281

【関連リンク】
lynch. オフィシャルHP
lynch.、活動再開ワンマンライブのダイジェスト映像公開
MUCC、茨城県石岡市と水戸市の大使に就任
MUCC、ツアーを締めくくるZepp DiverCity公演のオフィシャルレポが到着!

【関連アーティスト】
J, lynch., MUCC, The BONEZ, 人時, OUTRAGE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

GReeeeNの男子目線片想いソング、MVにはNHK朝ドラ『ひよっこ』のあの俳優が出演
Wed, 10 May 2017 14:00:00 +0900
資生堂SEA BREEZE CM (okmusic UP\'s)

GReeeeNの新曲「テトテとテントテン with whiteeeen」のMVが公開となった。

【その他の画像】GReeeeN

広瀬すずと中川大志が出演するエフティ 資生堂SEA BREEZE CMソングとなっているwhiteeeenの「テトテ with GReeeeN」が話題沸騰中だが、その続編とも言える資生堂SEA BREEZE CMが5月に公開予定。

この第2弾では、GReeeeNの「テトテとテントテン with whiteeeen」がCMソングとしてオンエアされる。whiteeeenの「テトテ with GReeeeN」のMVはCM同様、広瀬すずと中川大志が出演しているが、今回公開されたGReeeeN「テトテとテントテン with whiteeeen」はCMとは異なるストーリーだ。

こちらには、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』に出演中の若手注目株の俳優、泉澤祐希が登場。大好きなあの子に“好き”の気持ちをなかなか伝えられない、男子目線の片想いソング。女子目線の片想いソングであるwhiteeeen「テトテ with GReeeeN」と合わせて楽しんでみてほしい。

なお、whiteeeen「テトテ with GReeeeN」のダウンロード配信は主要配信サイトでスタートしている。

■whiteeeen「テトテ with GReeeeN」配信URL
・レコチョク
http://po.st/recowttt
・iTunes
http://po.st/itwttt

■GReeeeN「テトテとテントテン with whiteeeen」MV
https://www.youtube.com/watch?v=9YcBFSLTaNA

■whiteeeen「テトテ with GReeeeN」MV
https://www.youtube.com/watch?v=AgLzXWsL_C8

【関連リンク】
GReeeeN オフィシャルHP
whiteeeen×GReeeeN、胸キュンCMで話題の新曲が2曲同時にジャケット公開
GReeeeN、デビューシングル「道」がSUBARUの新CMソングに
GReeeeN、10年間の“キセキ”を見せたメモリアルライブをWOWOWで独占放送決定

【関連アーティスト】
GReeeeN, whiteeeen
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

浜崎あゆみ、全国ツアーの“ライブ写真撮影”を解禁! コラボグッズも発表へ
Wed, 10 May 2017 13:00:00 +0900
浜崎あゆみ (okmusic UP\'s)

浜崎あゆみが、5月13日の横浜アリーナを皮切りに全国60公演を実施するロングツアー「ayumi hamasaki『Just the beginning -20- TOUR 2017』」での“ライブ写真撮影解禁”を発表した。

【その他の画像】浜崎あゆみ

ライブ写真撮影は、2016年の全国アリーナツアー・年末ライブに続き、今年のロングツアーでも解禁。今回はアンコールを除くライブ本編全曲撮影を許可しており、対象は5月〜7月までの第1章公演となる。

自身で撮影した写真は、Twitterハッシュタグ投稿によりツアー特設サイトでアップすることが可能。観客が撮った写真が特設サイトで互いに共有できる場を設けている。

また、今年のツアーの特別企画として『STARTER BLACK LABEL』とのコラボレーション・グッズを発表。オフィシャルサイトでは、バスケタンクやバックパックを発表しており、早くもファンの間で注目を集めている。こちもぜひ合わせてチェックしてみてほしい。

■ツアー特設サイト
http://www.ayu2017tour.com

■浜崎あゆみ2017ツアー・グッズ
http://avex.jp/ayu/goods/detail.php?id=1000979

【関連リンク】
浜崎あゆみ オフィシャルHP
浜崎あゆみ、自身最多・60公演に渡るロングツアーを開催!
浜崎あゆみ、17年連続のカウントダウンライヴが感動のフィナーレ
GACKT、浜崎あゆみの「SEASONS」をカバー! 2017年元日よりMV公開

【関連アーティスト】
浜崎あゆみ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ウルフルズ、映像作家・児玉裕一とタッグを組んだ「バカヤロー」のMVを公開
Wed, 10 May 2017 12:00:00 +0900
ウルフルズ (okmusic UP\'s)

ウルフルズが5月24日(水)に発売するウルフルズのニューアルバム『人生』から、リード楽曲「バカヤロー」のMVが公開された。

【その他の画像】ウルフルズ

一匹のオオカミが歩を進める映像が見る者の目を引く映像に仕上がっているこの作品は、椎名林檎やPerfumeなどのMVも多数手掛けている映像作家、児玉裕一が監督を担当。なお、児玉監督とウルフルズがタッグを組むのは今作が初となる。

"人生のバカヤロー"というサビの歌詞が印象深い「バカヤロー」はアルバム制作の中で、一番最後にできた渾身の一曲。聴く人誰もが、自分への応援歌として重ね合わせることができる。25年、数多くのヒット曲を世に出してきたウルフルズの新たなる代表曲となることは間違いない。

今回のアルバムはウルフルズのメンバー全員が作詞作曲をしていることも話題となっている。アルバムには様々なタイプの楽曲が収録されており、全13曲、全てが25周年にふさわしいウルフルズらしい楽曲に仕上がっているとのこと。

アルバムを引っさげたツアーも発表され、Yahoo!チケットとのコラボによるデビュー25周年を記念した特集ページが開設中。さらに、GYAO!ではMV一挙配信と過去ライブ映像からの厳選集「GYAO!MUSIC LIVEウルフルズ集」の配信も実施されている。iTunes Storeではアルバムプレオーダー(予約注文)もスタートとなったので、是非25周年の歴史と共にウルフルズを楽しんでほしい。

■Yahoo!チケット デビュー25周年企画 ウルフルズ特設ページ
https://ticket.yahoo.co.jp/special/ulfuls/

■GYAO!ミュージックビデオ一挙配信
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00101/v08899/

■GYAO! MUSIC LIVE「ウルフルズデビュー25周年 GYAO! MUSIC LIVE 過去ライブ特集」
https://gyao.yahoo.co.jp/music-live/player/ulfuls

■iTunes Store プレオーダー(予約注文)受付URL
https://itunes.apple.com/jp/album/jinsei/id1230399384?app=itunes&at=10l6Y8

■【児玉裕一監督 コメント】

誰もが、この「人生」という名のワイルドサイドを歩くひとりぼっちのオオカミです。
年を重ねてくるといろんなこともありますが、それでも前へ進みます。
これはウルフルズのヒストリーであり、わたしたちひとりひとりのテーマソングであります。

そんな一匹オオカミたち4人が25年経っても一緒にいる奇跡!
25周年おめでとうございます。

注:ウルフルズという名前とオオカミは無関係です。(wikipediaより)

児玉裕一(vivision)

■「バカヤロー」MV
https://youtu.be/5ifHE-GNkKY

■アルバム『人生』

2017年5月24日(水)発売
【通常盤】(CD)
WPCL-12626/¥2,800+税
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31294/5/¥4,300+税
<収録曲>
■【通常盤】CD
M-1:せやなせやせや人生は
M-2:もーあかんブギ
M-3:バカヤロー
M-4:こいよ!
M-5:なんでなん
M-6:おれを夢中にさせないで
M-7:ヤラカシ男
M-8:迷ったらDo It
M-9:胸ポケット
M-10.クラクラフラフラ Everyday
M-11.ひと ヒト 人
M-12.しあわせ
M-13.はげしくやさしく
■【初回生産限定盤】 CD
上記13曲に加え、ボーナストラック「おーい!!」収録
■【初回生産限定盤】DVD
クリアアサヒPresents OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!2016ヤッサ!20年目のバンザイ〜やっててよかった〜全曲収録Live DVD付属
《セットリスト》
01.バンザイ〜好きでよかった〜
02. あーだこーだそーだ!
03. ツギハギブギウギ
04. SUN SUN SUN ’95
05. あそぼう
06. 愛すれば
07. ひと ヒト 人
08. 明日があるさ (ジョージアで行きましょう編)
09. 笑えれば
10. あついのがすき
11. パパイヤ・ママイヤ
12. Let’s Go Monday
13. チークタイム
14. せやなせやせや人生は
15. 今夜どう?(ここまではOK!)
16. 大阪ストラット
17. ワンダフル・ワールド
18. サムライソウル
19. ボンツビワイワイ
20. バカサバイバー
21. ええねん
22. いい女
<アンコール>
En1. ガッツだぜ!!
En2. BANZAI 20th メドレー (トコトンで行こう!〜暴動チャイル〜SUN SUN SUN \'95〜てんてこまい my mind〜大阪ストラット〜ダメなものはダメ〜おし愛へし愛どつき愛〜泣きたくないのに)
En3. バンザイ〜好きでよかった〜

■「ウルフルズ ツアー2017 人生 〜デビュー25周年やな!せやせや!〜」

6月24日(土) 埼玉・戸田市文化会館
6月27日(火) 大阪・フェスティバルホール
7月02日(日) 新潟県民会館
7月08日(土) 仙台・東京エレクトロンホール宮城
7月15日(土) 広島・JMSアステールプラザ 大ホール
7月16日(日) 香川・サンポートホール高松 大ホール
7月19日(水) 京都・ロームシアター京都
7月30日(日) 名古屋・愛知県芸術劇場 大ホール
8月03日(木) 東京・中野サンプラザ
8月06日(日) 北海道・札幌 わくわくホリデーホール
8月11日(金・祝) 鹿児島市民文化ホール 第2ホール
8月13日(日) 福岡サンパレスホール

<チケット>
前売チケット料金:指定席 ¥6,925(税込)
25周年記念!チケット:¥2,500(税込) ※座席は客席の最後列です。
※各地一般発売日以降の発売のみになります。
※最後列は会場により異なります。
※キャッシュバック適用外です。
【年齢制限】
※3歳以下入場不可
※4歳・5歳のお子様は無料ですがお席が必要な場合はチケットのご購入をお願い致します。
 その際はキャッシュバック適用なので保険証等、年齢のわかる身分証ご持参ください。
※6歳以上のお子様からチケットが必要となります。

◎コンサート当日、窓口にて学生証提示で2,000円キャッシュバック!
※指定席のみになります。
※お問い合わせは、各地公演の問い合わせ先までお願い致します。
※小学生は、保険証など年齢確認のできる身分証を必ずご提示ください。
※小学生、中学生、高校生、専門学生、大学生(大学院生を含む)の方がキャッシュバック対象です。
※入場後の受付はいたしません。必ず、会場入場前に窓口にて学生証をご提示ください。
※学生証(小学生以下は身分証)のコピーはキャッシュバック対象外です。
【キャッシュバック注意事項】
・学生証は顔写真無しでOK。
・自動車学校、予備校生、カルチャースクールはキャッシュバック対象外です。
・未就学児でお席の必要なお子様も保険証等、年齢のわかる身分証提示でキャッシュバック適用。

■Yahoo!チケット ウルフルズ全国ツアー「ウルフルズ ツアー2017 人生 〜デビュー25周年やな!せやせや!〜”」申し込みページ
https://ticket.yahoo.co.jp/tour/00001806/

【関連リンク】
ウルフルズ オフィシャルHP
石橋凌、約6年ぶりとなる“最高傑作”アルバム『may Burn!』がついに完成
ウルフルズ、デビュー25周年を祝うアルバム『人生』JK写&全曲順がついに解禁
ウルフルズ、デビュー25周年を記念したアルバム『人生』を5月24日にリリース

【関連アーティスト】
ウルフルズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Migimimi sleep tight主催ライブ『Hangout』全出演バンドが明らかに
Wed, 10 May 2017 12:00:00 +0900
「Migimimi sleep tight -1st Anniversary Event Live-

7月9日に行なわれるMigimimi sleep tightの主催ライブ『Hangout Vol.3』に、鶴が出演することがわかった。

【その他の画像】鶴

6月15日には鳴ル銅鑼との2マン、7月23日にはFAT PROPのツアー参加など、盛りだくさんな活動から目が離せない。

"身体と心で感じられる"ライブを繰り出すMigimimi sleep tightのリズムとメロディの最新形をぜひ体感してほしい。

■【ライブ情報】

Migimimi sleep tight -1st Anniversary Event Live-“Hangout Vol.2”
6月11日(日) 東京 下北沢CLUB251
w:EMPTY KRAFT/Quint/The Order Made

新宿SAMURAI1st ANNIVERSARY「式日vol.2」
6月15日(木) 東京 新宿SAMURAI
w:鳴ル銅鑼

Migimimi sleep tight -1st Anniversary Event Live-“Hangout Vol.3”
7月09日(日) 東京 下北沢CLUB251
w:Vanity Sicks/鶴

FAT PROP “COLORFUL TOUR 2017”
7月23日(日) 群馬 高崎club FLEEZ
w:FAT PROP and more

【関連リンク】
Migimimi sleep tight オフィシャルHP
Migimimi sleep tight、結成1周年記念主催ライブ『Hangout』開催決定
Migimimi sleep tight、東名阪ツアーに合わせてデジタルシングルをグッズ化!?
Migimimi sleep tight、新曲「FOLLOW U」の配信スタート&リリックビデオ公開

【関連アーティスト】
鶴, FAT PROP, Migimimi sleep tight, 鳴ル銅鑼
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

佐香 智久、TVアニメ『夏目友人帳 陸』 OP「フローリア」発売&東京・大阪でワンマン開催決定!
Wed, 10 May 2017 11:30:00 +0900
佐香 智久 (okmusic UP\'s)

佐香 智久が、TVアニメ『夏目友人帳 陸』のオープニングテーマ「フローリア」を12枚目のシングルとして5月10日にリリースする。

【その他の画像】佐香智久

また、すでに発表されていた天月との2マンライブに加え、各公演、コンセプトを変えた東京、大阪でのワンマンライブの開催も決定した。

リリースにライブにと5周年イヤーを駆け抜ける佐香 智久の活動を引き続きチェックしてほしい。

(C)緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

■シングル「フローリア」

2017年5月10日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
VVCL-1019〜1020/¥1,600(税込)
<収録曲>
■CD
1.フローリア
2.この世界を変えるのは他でもない
3.ブルーバード
4.フローリア ?Off Vocal-
■DVD
・フローリア -Music Video-
・The Making of “ステラブリーズ”

【期間生産限定盤】(CD)
VVCL-1022/¥1,300(税込)
※アニメ絵柄デジパック仕様
<収録曲>
1.フローリア
2.この世界を変えるのは他でもない
3.ブルーバード
4.フローリア -TVアニメサイズ-

【通常盤】(CD)
VVCL-1021/¥1,300(税込)
<収録曲>
1.フローリア
2.この世界を変えるのは他でもない
3.ブルーバード
4.フローリア ?Off Vocal-

■『フローリア』発売記念ミニライブ&CDジャケットサイン会

※終了分は割愛
5月10日(水) 神奈川 ラゾーナ川崎プラザ 2Fルーファ広場 グランドステージ
18:00〜
5月11日(木) 愛知 あすなる金山
18:00〜
5月12日(金) 大阪 あべのキューズモール 3Fスカイコート
18:00〜
5月13日(土) 福岡 JR博多シティ 3Fスタジオテラス or HMV&BOOKS HAKATA
14:00〜

■【ライブ情報】

天月智久つーまんらいぶ「あまとも、二人でやるってよ。」〜月と太陽編〜
5月25日(木) 東京 Shibuya O-East
5月26日(金) 東京 Shibuya O-East
6月17日(土) 大阪 umeda AKASO
6月18日(日) 愛知 NAGOYA ReNY limited

佐香 智久 Tomohisa Sako Live 2017 〜The Best〜
7月17日(月・祝) 大阪 umeda TRAD
佐香 智久 Tomohisa Sako Live 2017 〜Love Song Day〜
7月29日(土) 東京 WWW X
佐香 智久 Tomohisa Sako Live 2017 〜Party Night〜
7月30日(日) 東京 WWW X

【関連リンク】
佐香智久 オフィシャルHP
Kalafina、LiSAらソニー所属のアニソン系アーティストを中心とした新レーベル“SACRA MUSIC”が発足
松本梨香×佐香智久が約1,000名のファンの前でポケモン名曲大熱唱、新シリーズ「サン&ムーン」OP曲も世界初披露
松本梨香×佐香智久が奇跡のコラボ、1,000人集結イベントで「めざせポケモンマスター」披露

【関連アーティスト】
佐香智久
【ジャンル】
J-POP, アニメ, テレビ(番組/CM)

藤原さくら、『オールナイトニッポンR』パーソナリティーに&CDショップ1時間店長企画も実施
Wed, 10 May 2017 11:00:00 +0900
セカンドフルアルバム「PLAY」リリース記念フォトブース (okmusic UP\'s)

藤原さくらが、2ndフルアルバム『PLAY』のリリースを記念して、『オールナイトニッポンR』の生放送のパーソナリティに初挑戦することがわかった。

【その他の画像】藤原さくら

番組は5月13日に全国最大で20局ネットで2時間にわたってのオンエアを予定しており、『藤原筋肉番付』『有楽町オカルトマガジン』というコーナーや弾き語りなど、様々な企画が用意されている。生放送ということでメールも受け付けているので、番組HPで詳細を確認してほしい。

さらに、『CDショップ1時間店長企画 PART2 店長からのご挨拶&お渡し会』と題して、レコードショップの1時間店長に就任することも決定。アルバムの購入者に、本人から“店長就任記念ポストカード”を直接渡すイベントも実施中だ。

そして、タワーレコード渋谷店3Fでは『セカンドフルアルバム「PLAY」リリース記念フォトブース』が期間限定で設置されている。これはアルバム収録曲「Someday」のMVで実際に藤原さくらが使用したもの。その昔、ヨーロッパを中心に大流行したというトイシアターをモチーフにしたフレームを使ったフォトブースとなっており、MVさながらの撮影を楽しむことができる。 こちらは5月15日までの期間限定となっているので、お早めに。

■ニッポン放送『藤原さくらのオールナイトニッポンR』

5月13日(土)27:00〜29:00(地域によって異なる)
放送局
<27:00〜28:00>
IBC岩手放送 山形放送 福井放送 CBCラジオ(愛知・東海) 和歌山放送
西日本放送(香川) 宮崎放送 南日本放送(鹿児島)
<27:00〜28:30>
ニッポン放送(東京・関東)
<27:00〜29:00>
STVラジオ(北海道) 栃木放送 茨城放送 京都放送 山口放送
四国放送(徳島) 南海放送(愛媛) 高知放送 九州朝日放送(福岡)
長崎放送 大分放送

■受付メールアドレス
sakura@allnightnippon.com
■番組HP
http://www.allnightnippon.com/program/annr/

■藤原さくらALBUM「PLAY」発売記念 CDショップ1時間店長企画 PART2 店長からのご挨拶&お渡し会

■5月09日(火) 福岡 タワーレコード福岡パルコ店 イベントペース
20:00〜
対象店舗:タワーレコード福岡パルコ店、アミュプラザ博多店
■5月10日(水) 東京 タワーレコード新宿店 7F 特設カウンター
17:00〜
対象店舗:タワーレコード新宿店
■5月10日(水) 東京 SHIBUYA TSUTAYA 2F 特設会場
19:00〜
対象店舗:SHIBUYA TSUTAYA
■5月10日(水) 東京 タワーレコード渋谷店 4F イベントスペース
20:30〜
対象店舗:タワーレコード渋谷店
■5月11日(木) タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース19:30〜
対象店舗:タワーレコード名古屋パルコ店・名古屋近鉄パッセ店

■アルバム『PLAY』

2017年5月10日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1149/¥3,500+税
※デジパック仕様
【通常盤】(CD)
VICL-64771/¥2,800+税
<収録曲>
■CD
01. My Way
02. Someday ※BSフジ「ポンキッキーズ」エンディングテーマ
03. 春の歌 ※映画『3月のライオン』後編主題歌
04. play with me
05. 赤
06. 好きよ 好きよ 好きよ ※フジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」劇中歌
07. sakura
08. Necklace
09. Soup ※フジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」主題歌
10. play sick
11. SPECIAL DAY
12. はんぶんこ ※首都医校・大阪医専・名古屋医専TVCMソング
■DVD ※初回限定盤のみ付属
『Someday』(Music Video)に加え、今年2月にオーチャードホールで開催された「Special Live 2017」のライブ映像を8曲収録
Someday (Music Video)
藤原さくら Special Live 2017
- Live at Bunkamura Orchard Hall 20170218 ?
・Soup
・Walking on the clouds
・MC - Soup (reprise)
・500マイル
・1995
・Necklace
・Someday
・「かわいい」
・春の歌

【関連リンク】
藤原さくら オフィシャルHP
藤原さくら、スピッツの名曲カバー「春の歌」ライブVer.を公開!
藤原さくらが映画『3月のライオン』公開記念イベントで後編主題歌「春の歌」披露
家入レオ×大原櫻子×藤原さくら、同世代ビクター3人娘が一夜限りのスペシャルサプライズ!

【関連アーティスト】
藤原さくら
【ジャンル】
J-POP, イベント













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1