歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年05月04日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
Psycho le C?mu、今年初のワンマンでFC限定ライブ&夏の全国ツアー開催を発表
Thu, 04 May 2017 23:00:00 +0900
4月30日(日)@新木場STUDIO COAST (okmusic UP\'s)

Psycho le C?muが4月30日(日)、新木場STUDIO COASTにて『サイコ イン ワンダーランド〜不思議の国のアヤッス〜』と題したワンマン公演を開催した。

【その他の画像】Psycho le Cemu

2015年の完全復活後、3枚目となるシングル「STAR TRAIN」を引っ提げて行われた今年1発目のワンマン公演は、得意の演劇スタイルを織り交ぜたパフォーマンスでアリスの世界を表現。今年はニコニコ超会議などイベントへの出演が多かった彼らだが、エンターテインメント集団としての実力も、本公演では存分に発揮。それでいて、メンバーが互いを意識し、バンドとしてもひときわ輝くPsycho le C?muを見せつけてくれた。

本公演の物語に登場したキャラクターは、娘に逃亡され笑顔を失ってしまった白金のエンペラー・YURAサマ(Dr)、不思議の国への案内人役・兵隊ウサギのLida(G)、不幸のどん底の時に現れるという幸福のエッグマン・seek(Ba)、猫のマッドハンター・DAISHI(Vo)。そして、そんな不思議の国へ迷い込んだ今回の主人公でもある不思議の国のアヤックス・AYA(G)だ。劇団Psycho le C?muは、白金のエンペラー・YURAサマの失った笑顔を取り戻し、不思議の国から元いた世界へ戻るため物語は進んでいく。

“サイコ イン ワンダーランド〜不思議の国のアヤッス〜へ、ようこそおいで下さいました。ここへ迷い込んだら最後。常識は常識でなくなり、アメージングな世界に驚くでしょう。だって、ここはサイコ イン ワンダーランド!”

演劇を挟んでメンバーカラーのペンライトで埋め尽くされた景色の中、ダンスナンバー「MEGATRON ?Upper ver.-」からこの日のライブはスタート。アッパーなトランス調の曲にあわせてメンバー全員で息のあったパラパラ風のダンスをのっけから披露すると、フロアのペンライトもしっかりとその息にあわせて踊り出した。ギターソロでは、Lidaコールが巻き起こり、続く「激愛メリーゴーランド」でも心地よいビートにメンバーのダンスは続く。新曲「STAR TRAIN」を早々に演奏すると、フロアからはさらに歓声が上がった。そして、強いドラムのアタック音からはじまった「あきらめないDAYS」。“諦めないで”という強いメッセージを刻み込むように歌い上げるDAISHI。ここまでポップでメロディアスな楽曲にエネルギッシュな歌声でステージを展開した彼らだったが、ダークなサウンドに“頭ふれんのかー?”と声があがった「摩天楼カオス」では、激しいステージへ豹変。頭を振り乱す観客にサイレンのように唸り声をあげるギター。続く「LOVE IS DEAD」でもスリリングで調和のとれた演奏をリズム隊が披露し、大きな拳とかけ声がフロアにこだました。ステージに押し寄せる観客の波と、熱気。 

“今日は初っぱなからガンガン飛ばしてくからガンガン来いよ!”

ゴリゴリのサウンドにラップを取り入れたミクスチャー・ロックな「one day」では、妖艶なDAISHIの歌声と激しいジャンプに会場は揺れた。そしてメジャーデビュー曲「愛の唄」では、一度耳にしたら忘れないベースのフレーズが印象的なイントロから青空と太陽を感じさせる唄がステージへと響いた。この日は久しぶりに「BLUE AGAIN」も披露。「Fantastic Fantasy」では上手から下手へタオルのウェーブがおこり、デジタルサウンド基軸とした「BLADE DANCE」ではフロアいっぱいにタオルが回った。会場のヴォルテージは更に上昇。

本編も中盤へ差し掛かったところで、再び演劇がはじまった。ライブの中に織り交ぜられたこの演劇は、Psycho le C?muの公演の特色とも言えるが、ここではAYAの“マカロン、ロリータ、ジェラードピケ、あたし”といった様に哀愁漂う謎のひとり劇を繰り広げ、会場を爆笑の渦に包んだ。

その後もライブは続き、「You&Me」がはじまると煌びやかなポンポンを持って再びAYAが登場、踊りながらステージを盛り上げる。さらにLidaの繊細なアルペジオからDAISHIにピンスポットが照らされ「この星に願いを...」が贈られると、会場へ星空を広げていくかのようにその後も「UNIVERSE」が披露され幻想的に美しい歌声で締めくくられた。

そして“今日はちょっと大人の本気のライブなんで”とDAISHIが前置きすると、ヘヴィ・チューン「2020」で再び激しい後半戦の火蓋は切られた。勢いはそのまま「Last Emotion」とインディーズ時代にリリースされたライブの定番曲でもある「Murderer / Death / Kill」をプレイ。押し寄せる熱気でファンが心配されるも、途中ステージからAYAがウォーターガンを噴射。「道の空」「しばしの別れ」を演奏し終えると、ライブ終盤ではPsycho le C?muから夏の全国ツアー&ファンクラブ限定ライブの詳細が発表された。全国ツアーのコンセプトは“ドッペルゲンガー”。MCでは彼らの長年の夢でもある日本武道館公演についてseekが触れ、“笑いながら死ぬ気で頑張っているので、みんなで日本武道館まで行きたいと思ってます”と話した。そして、最後はYURAサマの“ロケットバイビー♪”で本編は終了。

アンコールの声にメンバーが再び登場すると、聞かせたい曲がありますとはじまったのは昨年、配信限定でリリースされた「未来少年×未来少女」。メロディアスなベースにポップで明るい楽曲から“一緒に歌ってくれますか?”と、キレの良いシリアスなサウンドを鳴らした「聖〜excalibur〜剣」ではメンバー全員がステージ全体を動き回り、DAISHIもステージ二階部分の王様の椅子に座り堂々と歌い上げ、お祭り騒ぎ。観る者を楽しませてくれた。

最後には “みんなが夢に向かって応援してくれているので、幸せに思ってます”とDAISHIがファンへ感謝の気持ちを伝え、“今の現状に満足はしていないけど、今の一瞬を大切にしたいなって思ってます。特に辛いときはこの曲が僕の中で流れる”と「REMEMBRANCE」でラストを迎えた。自身のライフソングとも話していたこの曲では、ファンの大合唱が強く響きわたっていたのが印象的であった。Psycho le C?muとファンの絆の強さが伺えたラスト。

2006年の活動再開から自粛や活動停止などいくつかの壁を乗り越え、様々な思い入れのあった新木場STUDIO COASTでのワンマン公演を大成功に導いた彼らは今夏、8月福岡DRUMBe-1でのワンマン公演を皮切りに 9月24日豊洲PITまで夏の全国ツアーが決定している。毎回コンセプチュアルで奇抜なコスプレ衣装に目を奪われがちな彼らだが、夢のようなライブにはたくさんの笑顔が広がっていた。ぜひライブを通した彼らの生き様や成長も、肌で感じてほしい。

Text by 後藤千尋

■【SETLIST】

1.MEGATRON ?Upper ver.-
2.激愛メリーゴーランド
3.STAR TRAIN
4.あきらめないDAYS
5.摩天楼カオス
6.LOVE IS DEAD
7.one day
8.愛の唄
9.BLUE AGAIN
10.Fantastic Fantasy
11.BLADE DANCE
12.You&Me
13.この星に願いを...
14.UNIVERSE
15.2020
16.Last Emotion
17.Murderer / Death / Kill
18.道の空
19.しばしの別れ

En1.「未来少年×未来少女」
En2.聖〜excalibur〜剣
En3.REMEMBRANCE

■『モバイルFC限定ライブ』

一部:復活!!PLC学園
OPEN 13:00 / START14:00
二部:TOKYO VISUAL WORLD 〜漆黒のゲルニカ〜
OPEN 17:30 / START18:30

開場:クラブチッタ川崎
料金:?5,800(税込)
※一部二部通し券(?11,000)販売あり

■詳しくはこちら
http://fc-psycholecemu.com/ticket/170430_fclive/

■全国TOUR『Doppelganger ~Next Generations~』

8月11日(金) 福岡DRUM Be-1 
8月19日(土) 名古屋ELL 
8月20日(日) 梅田クラブクアトロ 
8月27日(日) 仙台darwin
9月24日(日) 豊洲PIT 

<チケット代>
福岡・名古屋・大阪・仙台公演
?5,800(税込)
東京公演
?6,800(税込)

■チケットFC先行はこちら
http://fc-psycholecemu.com/ticket/170430_tour2017/

【関連リンク】
Psycho le C?mu オフィシャルHP
Psycho le C?mu 公式モバイルFC
ジャンル不問!猫好きのための祭典「にゃんだらけVol.3」開催!
『VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten』第四弾アーティストは29組

【関連アーティスト】
Psycho le Cemu
【ジャンル】
J-POP, ビジュアル

ゲスの極み乙女。がニューアルバム『達磨林檎』より「影ソング」MV公開
Thu, 04 May 2017 19:00:00 +0900


ゲスの極み乙女。が5月10日(水)に発売する3rdフルアルバム『達磨林檎』より、「影ソング」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】ゲスの極み乙女。

監督は「両成敗」「オトナチック」のミュージックビデオも手掛けている東市篤憲。同アルバムからは、既に「シアワセ林檎」「勝手な青春劇」「心地艶やかに」の3曲のミュージックビデオがYouTubeにて公開されており、今回の「影ソング」で『達磨林檎』からのミュージックビデオは4曲目となる。

また、アルバム『達磨林檎』の全曲試聴が現在、iTunes Storeにて実施中だ。全13曲入りで収録曲は全て新曲からなる同アルバムの内容をいち早くチェックしたい方はiTunesページを要チェックしてほしい。

そして、アルバム発売を記念して、アルバム発売日である5月10日にZepp Tokyoにてワンマンライブの開催も決定している。ゲスの極み乙女。のライブは昨年12月3日に同じくZepp Tokyoで開催されたワンマンライブ以来、約半年ぶりの実施となる。

■iTunes Store 『達磨林檎』
https://itunes.apple.com/jp/album/id1145417023?app=itunes&at=10l6Y8

■「影ソング」ミュージックビデオ
https://youtu.be/qpb26DUBL7s

■【東市篤憲監督 コメント】

川谷絵音のこと自身を言っているのか?世の中のことを言っているのか?歌というものはいろんな表現の仕方があることに驚かされます。木偶人形が見た人間の世界は、我々が見ている世界とどう違うのか?知りたいと思う私もマスクをかぶっている一人なのかも知れません。

■アルバム『達磨林檎』

2017年5月10日(水)発売
WPCL-12443/¥3,000+税
<収録曲>
01 シアワセ林檎
02 影ソング
03 DARUMASAN
04 某東京
05 id 2
06 心地艶やかに
07 午後のハイファイ
08 いけないダンスダンスダンス
09 勝手な青春劇
10 小説家みたいなあなたになりたい
11 id 3
12 Dancer in the Dancer
13 ゲストーリー

◎ iTunes Store プレオーダー実施中!
プレオーダー手続きが完了すると、その場で「シアワセ林檎」、「心地艶やかに」、「勝手な青春劇」の3曲がダウンロードされます。
https://itunes.apple.com/jp/album/id1145417023?app=itunes&at=10l6Y8
※iTunes StoreはApple Inc.の登録商標です。

■アルバム『達磨林檎』発売記念ライブ

5月10日(水) Zepp Tokyo
開場:18:00 開演:19:00

<参加方法>
5月10日(水)10:00〜17:00の間にZepp Tokyo会場CD即売ブースにて『達磨林檎』を購入した方を対象に、その場でくじ引きを行ないます。引かれたくじに番号が記載されていた方は、当選となります。入場時には当選くじが必要となりますので、紛失されぬようお気をつけくださいませ。チケットが当選されなかった方には、当日の会場限定特典として「片目達磨林檎缶バッジ」をプレゼント致します。

<注意事項>
・お一人様につき、1枚までの購入とさせて頂きます。
・クレジットカードでのお支払は出来ませんので、予めご了承くださいませ。
・「当選くじ」は数に限りがございます。なくなり次第配布終了とさせていただきますのであらかじめご了承ください。
・当日はAM10:00より販売を開始致します。AM10:00より前の場所取り等はご遠慮頂いております。
・販売時間内であっても「当選くじ」が規定数に達したり、商品がなくなった場合は時間内であっても
販売終了となることがありますので予めご了承ください。
・「当選くじ」の再発行はいかなる場合も致しませんのでご了承ください。
・「当選くじ」のダフ屋行為、転売、複製は一切を禁止致します。
・諸事情により、内容等の変更・イベント中止となる場合がございますので、予めご了承ください。
・会場までの交通費・宿泊費等はお客様ご自身のご負担となります。万が一のイベント中止時でも同様です。
・会場内外で発生した事故・盗難等は主催者・会場・出演者は一切責任を負いません。
・運営の妨げとなる行為をされた場合は会場より退場して頂きます。最悪の場合、イベント自体を中止することもございます。
・会場周辺での座り込み・集会等は、他のお客様のご迷惑となりますので禁止させて頂きます。
・会場周辺での徹夜行為等は、固くお断りいたします。
・当日、イベントスタッフの指示を必ずお守り頂き、行動していただくようにお願い致します。
・当日マスコミ・メディアの取材・撮影が入る場合がございます。
・イベント時の録音・録画、写真撮影などの行為は禁止とさせていただきます。

【関連リンク】
ゲスの極み乙女。 オフィシャルHP

【関連アーティスト】
ゲスの極み乙女。
【ジャンル】
ジャパニーズロック

安室奈美恵、全国ツアー100公演完走
Thu, 04 May 2017 18:00:00 +0900
『namie amuro LIVE STYLE 2016-2017』 (okmusic UP\'s)

安室奈美恵が5月3日(水)、大阪・オリックス劇場にて自身最多公演数となる100公演の全国ホールツアー『namie amuro LIVE STYLE 2016-2017』の最終公演を迎えた。

【その他の画像】安室奈美恵

安室のライブといえば、MCを一切挟むことなく、歌とダンスのみで構成されたストイックなパフォーマンスに定評があり、そのチケットは発売と同時に即ソールド・アウト。なかなか手に入れることのできないプレミアムチケットであることは有名だ。今回は全国40都市・100公演・約26万人動員のロングツアーの最終公演。会場はプレミアムチケットを手に入れた幸運なファンで埋め尽くされた。

ライブはダンサーと繰り広げるクオリティの高いダンスパフォーマンスはもちろんのこと、今回特に注目が集まったのは、セット後方に設置された6本の可動式タワーだ。片面にはLED、もう片面には照明が組み込まれていて、パフォーマンスに合わせて綿密にプログラミングされている。また、LED面が6本集まると1枚の巨大スクリーンとなり、3本づつ集まると合計2枚のスクリーンに、2本づつ集まると合計3枚のスクリーンになるなど、楽曲に合わせて様々なパターンが用意されている。

特に、ライブ中盤で披露したアルバム『PLAY』収録曲の「Hide & Seek」では、1枚の巨大スクリーンが中央から左右に割れ、回転しながら照明へと転換していく中、ステージで歌い上げる安室奈美恵の姿が迫力そのものだ。その他、アルバム『FEEL』収録曲の「Hands On Me」では、6本バラバラの縦長スクリーン1本1本に、モーションキャプチャで制作されたCGのダンサーが映し出され、ステージ上の安室奈美恵とダンサーのダンスと完全シンクロ。関西テレビ・フジテレビ系火曜22時連続ドラマ『僕のヤバイ妻』主題歌の「Mint」でも、2本づつ合計3枚のスクリーンに「Mint」MVが映し出され、MV内のダンスとステージ上がシンクロするなど、このステージがいかに計算し尽くされた上で完成されたものかが伝わってくる。

2016年を代表する一曲となった、NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「Hero」では、安室が観客にマイクを向けると、それに答えるかのように観客がシンガロング。「Baby Don’t Cry」などのミディアム・ナンバーでは、コミュニケーションを取るかのように、観客一人一人に笑顔で手を振るなど、ホールという近い距離だからこそ生まれる親密で温かな空気に会場が包まれる場面もあった。

安室奈美恵本人は「初めての100公演を、無事に終えることができてとても嬉しく思います。ホールツアーということで、皆さんとより近い距離でライブを楽しむことができました。」とコメント。 総勢10名のダンサーと、アンコール含め全27曲を披露し、大歓声のなかライブは終了となった。

また、最終公演と同日に発売された本ツアーのLIVE DVD&Blu-rayには、「Hero」「Mint」をはじめ、映画『デスノート Light up the NEW world』主題歌&劇中歌の「Dear Diary / Fighter」など、2016年を彩ったヒットソングで構成された本編全27曲が収録されている。さらには、昨年クリスマスに話題となったCMソング「Christmas Wish」など、季節限定で披露されたハロウィンver.とクリスマスver.のアンコール曲も収録される。会場を訪れた人はもう一度、訪れていない人はこの機会に、プレミアム・ステージと言われる安室奈美恵のライブを体感してみて欲しい。

さらに、5月31日には、現在放送中の日本テレビ系水曜ドラマ『母になる』主題歌のシングル「Just You and I」を発売。デビュー日となる9月16日&17日には、25周年記念ライブ『25周年記念ライブ「namie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA』の開催も決定。今年も安室奈美恵の活躍を目にする機会が多くなりそうだ。

【関連リンク】
安室奈美恵 オフィシャルHP
安室奈美恵、全国ツアー京都公演で『母になる』主題歌を披露!
安室奈美恵が沢尻エリカ主演ドラマ『母になる』の主題歌を担当
安室奈美恵、全国100公演におよぶツアーを収録したライブ映像作品を5月にリリース

【関連アーティスト】
安室奈美恵
【ジャンル】
J-POP, ライブ

FAKY、『GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER』でSpotify全米Top 10入り曲を熱唱
Thu, 04 May 2017 17:00:00 +0900
5月3日@『マイナビ GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER』 (okmusic UP\'s)

FAKYが5月3日(祝・水)に行なわれた『マイナビ GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER』に初出演し、来場した超満員のガールズを前に持前の歌唱力とダンスパフォーマンスでその存在感を存分にアピールした。


【その他の画像】FAKY

この日、FAKYはEXO-CBX、欅坂46、阪本奨悟、JY、SHINJIRO ATAE(from AAA)、田口淳之介、乃木坂46等今話題の錚々たるアーティストが出演者に名を連ねる中、イベント中盤にちゃんみなのパフォーマンスに続いてランウェイの先端から登場。ファッションイベントであるガールズアワードということもあり、春らしいカラフルな衣装を身にまとった彼女達は、Spotify全米Top 10入りを果たした「Surrender」と代表曲である「Candy」の2曲をメドレーで歌唱。ソリッドな側面とポップな側面を打ち出したパフォーマンスでイベントに大きな華を添え、初のガールズアワードの舞台にも関わらず、気迫満点のステージで会場である代々木第一体育館に居合わせた大観衆の注目を集めることができたと言えそうだ。

なお、FAKYは来る6月14日にメジャーデビューミニアルバム『Unwrapped (読み : アンラップド)』をリリースすることが発表されており、大沢伸一プロデュース楽曲「Keep Out」や前述の全世界のSpotifyで話題となっている「Surrender」、昨年MTV『VMAJ 2016 BEST NEW ARTIST VIDEO』賞にノミネートした「Candy」等選りすぐりの6曲がこの作品収録される予定となっている。今日のパフォーマンスで「FAKY」の存在が気になった方はぜひ彼女達のオフィシャルサイトで作品の詳細やリリースイベントをチェックしてみてほしい。

【関連リンク】
FAKYオフィシャルHP
FAKY、話題の新曲「Surrender」がBillboard公式チャート第7位を獲得!
BACK-ON、アニメ「ガンダムビルドファイターズ」新OP初オンエア&先行配信開始
「MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE 2013」が開幕!

【関連アーティスト】
FAKY
【ジャンル】
J-POP, イベント

Hilcrhyme、「春夏秋冬」の続編「アフターストーリー」の配信が決定
Thu, 04 May 2017 16:00:00 +0900
Hilcrhyme (okmusic UP\'s)

Hilcrhymeの2017年新曲第一弾、映画『春夏秋冬物語』の主題歌「アフターストーリー」が6月10日から配信されることが決定した。

【その他の画像】Hilcrhyme

この楽曲は映画のために台本を読んで書き下ろした新曲で、「春夏秋冬」が発売された2009年から8年後の主人公を描いたという“「春夏秋冬」の続編"となっている。 映画を観たファンからの「もう一度アフターストーリーが聴きたい」という熱い声に応えて配信が決定した。

また、6月10日の配信開始に先駆け、今年3月に新潟・朱鷺メッセで行った10周年記念特別公演の「アフターストーリー」のライブ映像が特別に公開されているので、こちらも是非チェックしてほしい!

■Hilcrhyme「アフターストーリー」at 新潟・朱鷺メッセ
・UMチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=yUTeWXLlN9s
・短縮チャンネル
https://youtu.be/yUTeWXLlN9s

■【「アフターストーリー」配信情報】

2017年6月10日配信
■iTunes
http://po.st/ithcafter
■レコチョク
http://po.st/recohcafter

【関連リンク】
Hilcrhyme オフィシャルHP
Hilcrhyme、映画『春夏秋冬物語』公開初日に出演者と舞台挨拶
Hilcrhyme、地元・新潟で行なった10周年記念ライブにHIKAKINとハローキティが登場
Hilcrhyme、映画『春夏秋冬物語』先行試写会でミニライブ&トークショー

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ, 映画

ゆず、総動員数30万人となる最大規模の全国ドームツアースタート
Thu, 04 May 2017 15:00:00 +0900
5月3日@愛知・ナゴヤドーム (okmusic UP\'s)

ゆずが5月3日に愛知・ナゴヤドームにて全国ドームツアー 『YUZU 20th Anniversary DOME TOUR 2017 ゆずイロハ』初日公演を開催し、デビュー20周年イヤーを象徴する大規模ツアーの幕を開けた。


【その他の画像】ゆず

4月26日に発売され、初週17.3万枚を売り上げオリコン週間アルバムランキング1 位を獲得したオールタイムベストアルバム『ゆずイロハ 1997-2017』を引っさげて敢行される、 ゆずにとって初となるドームツアー『YUZU 20th Anniversary DOME TOUR 2017 ゆずイロハ』。5月3日の愛知公演を皮切りに、20日、21日の東京ドーム公演、 27日、28日の京セラドーム大阪公演を経て、6月4日の福岡ヤフオク!ドームにてファイナルを迎え、 4カ所6公演で約30万人を動員する。

本ツアーではベストアルバム『ゆずイロハ 1997-2017』のジャケット写真に登場している ゆずのマスコットキャラクター・ゆず太郎を“具現化"。約20メートルに及ぶ巨大ゆず太郎のほか、 ゆずに縁のあるアーティスト・村上隆氏、彫刻家・名和晃平氏、フラワーアーティスト・東信氏が それぞれ表現したゆず太郎3体もステージ上に鎮座。中央のオリジナルゆず太郎には、楽曲ごとに さまざまな映像が映し出され、まるでテーマパークのような世界観が、 アニバーサリーライブの盛り上がりをさらに高めている。また、本編では「夏色」「虹」「アゲイン2」をはじめ、オールタイムベストアルバム 『ゆずイロハ 1997-2017』に収録された楽曲を中心に新旧のヒット曲を続々と披露。 2人だけの弾き語りから激しいバンドスタイルまで、振り幅の大きい エンターテインメントライブで、会場を訪れた約4万人のファンを熱狂の渦に包んだ。

■『YUZU 20th Anniversary DOME TOUR 2017 ゆずイロハ』

5月03日(水・祝) ナゴヤドーム(愛知県)
5月20日(土) 東京ドーム(東京都)
5月21日(日) 東京ドーム(東京都)
5月27日(土) 京セラドーム大阪(大阪府)
5月28日(日) 京セラドーム大阪(大阪府)
6月04日(日) 福岡ヤフオク!ドーム(福岡県)

【関連リンク】
ゆず、タワレコ渋谷店で開催中の"ゆずイロハカフェ"にサプライズ訪問!
ゆず×いきものがかり、コラボ楽曲「イロトリドリ」のMVがフルサイズ解禁!
ゆず、新曲「カナリア」が4月より『NEWS ZERO』テーマソングに!
ゆず、名曲「少年」が三浦春馬出演の伊藤園「お〜いお茶」新CMソングに

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ライブ

シド、新作「バタフライエフェクト」MVを渋谷で初フル解禁&Gyao!にてフル公開開始
Thu, 04 May 2017 14:00:00 +0900
シド (okmusic UP\'s)

シドが5月10日(水)に発売するニューシングル「バタフライエフェクト」のMusic Videoのフルを初解禁した。

【その他の画像】シド

今作は渋谷を中心に撮影が行われたことから、初解禁は5月3日(祝・水)の22時、渋谷の商業施設「渋谷モディ」屋外大型ビジョン「ソニービジョン渋谷」 に上映する形で実施された。大型ビジョンにはニューシングル「バタフライエフェクト」のMusic Videoだけでなく、メンバーの映像コメントも上映され、ゴールデンウィーク中の渋谷に集まったファンからは歓声があがった。

今作のMusic Videoのテーマは“感染"。平穏な日常を送っていた女子高生が、街に流れるシドの音楽を聴くことで感染。体に異変が現れ、最後には渋谷のド真ん中で乱舞するといったストーリーになっており、メンバーのクールな演奏シーンと、奇妙なドラマシーンとのコントラストが印象的な仕上がりになっている。

今回、ドラマシーンの主演に起用されたのは「山田葵」という、MAN WITH A MISSION「Dead End in Tokyo」やcinema staff「pulse」のMVなどにも出演する、今話題の16歳現役女子高生ダンサー。撮影では全身にカラフルな特殊メイクを施し、渋谷モディ前やスクランブル交差点で踊り狂う演技は圧巻だ。

「バタフライエフェクト」のMusic Videoは5月9日(火)まで、Gyao!にて期間限定でフルが公開中! さらに、「バタフライエフェクト」CD発売に先駆けて、先行配信もスタート!  iTunesでは、シドのライブ定番曲が詰まった「バタフライエフェクト-Special edition-」の予約も開始。予約特典として、メンバー直筆サイン入りポスターが3名に当たるとのことなので、こちらもお見逃しなく。

■Gyao! 「バタフライエフェクト」MV
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v08299/v0993900000000548746/
※フル公開期間:〜5月9日(火) 23:59まで

■「バタフライエフェクト」MV(Short ver.)
https://youtu.be/y65MfPoeLV0

■シングル「バタフライエフェクト」

2017年5月10日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
KSCL-2909/2910/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.バタフライエフェクト
2.バタフライエフェクト ?Instrumental-
■DVD
「バタフライエフェクト」Music Video
「バタフライエフェクト」Photo Session/Music Videoメイキング映像

【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
KSCL-2911/2912/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.バタフライエフェクト
2.バタフライエフェクト ?Instrumental-
■DVD
「バタフライエフェクト」Music Video
スペシャルインタビュー映像

【通常盤】(CDのみ)
KSCL-2913/¥800+税
<収録曲>
1.バタフライエフェクト
2.バタフライエフェクト ?Instrumental-

■【配信情報 】

ニューシングル「バタフライエフェクト」の先行配信がiTunes他でスタート!  さらに、シドのライブ定番曲が詰まった「バタフライエフェクト-Special edition-」を iTunesにてご予約いただいた方の中から抽選で3名様に、メンバー直筆サイン入りポスターをプレゼント!

■「バタフライエフェクト-Special edition-」
https://itunes.apple.com/jp/album/id1230907811?at=10lpgB&ct=4547366311525_al&app=itunes 
<収録楽曲>
M1「バタフライエフェクト」
M2「妄想日記2」
M3「V.I.P」
M4「one way」
M5「バタフライエフェクト -Instrumental-」

iTunesでは5月4日(祝・木)より予約開始!
iTunes予約限定特典:シドメンバー直筆サイン入りポスター(抽選で3名様)

【iTunes特典応募方法】
1. 『バタフライエフェクト-Special edition-』をiTunesにて予約し、予約済み画面をキャプチャして、
あなたのTwitterアカウントから「#シド応募」をつけて楽曲の感想とキャプチャ画像をツイートしてください。
2. シド オフィシャルツイッター(https://twitter.com/sid_staff )をフォローお願いいたします。
※当選者にはシドオフィシャルツイッターより、ダイレクトメッセージで当選のご案内を出させていただきます。以上で応募完了です。
募集期間:2017年5月4日(祝・木)〜5月8日(月)23:59まで

【関連リンク】
シド オフィシャルHP
シド、日本武道館2daysが両日完売! シングル「バタフライエフェクト」JK写公開も
シド、日本武道館にて行なうコンセプトライブ2daysの一般発売がいよいよスタート!
シド、ニューシングル「バタフライエフェクト」のビジュアルが解禁

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

unBORDEのクリスマスパーティー、今年は真夏に実施!?
Thu, 04 May 2017 13:00:00 +0900
イベント『unBORDE Summer Xmas Party 2017』ロゴ (okmusic UP\'s)

きゃりーぱみゅぱみゅ、神聖かまってちゃん、RIP SLYMEらが所属するワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル、unBORDE。毎年12月に行なっていた所属アーティストによるクリスマスパーティーを、今年は趣を変え、7月に“真夏のクリスマス・パーティー”と称して開催することが決定した。

【その他の画像】アカシック

『unBORDE Summer Xmas Party 2017』には、ドラマ『ラブホの上野さん』主題歌で話題となった4人組ロックバンドのアカシック、兵庫県西宮出身のシンガー・ソングライターのあいみょんほか、次世代を担うアーティストが全4組出演予定。

なお、オリジナルメモリアルチケット(抽選250名限定)の受付第一次先行応募がスタートしている。こちらはオリジナルメモリアルチケット仕様に加え、あいみょんのアートデザインを担当するとんだ林蘭によるロゴをデザインしたタオル付きとなる。

■『unBORDE Summer Xmas Party 2017』

7月25日(火) 東京 渋谷WWWX
開場18:00 / 開演19:00(終演予定22:00)

出演:あいみょん、アカシック and more...(全4組)
料金:¥1,000(税込)
※ドリンク代別
※タオル付チケットあり

■第一次先行受付期間:2017年5月9日(火)23:59まで
http://shop.wmg.jp/shop/pages/unbordesummerxmas2017.aspx
※おひとり様4枚まで(それ以上の枚数をお申込みいただいた場合は無効となります)

■注意事項
・当落および整理番号は、先着順ではございません。受付期間内にお申し込みいただいた中から、厳正なる抽選で決定いたします。尚、整理番号はチケットをお引き取りいただくまでご確認できません。チケット券面にてご確認ください。
・お申し込み後の取り消し・キャンセル、受付終了後の内容変更はできません。
・抽選制のため、お申し込み希望枚数分ご購入できない場合があります。予めご了承ください。
・「応募完了メール」が届いても、注文の確定ではありません。抽選申し込み受付後、抽選を行い、「抽選結果のお知らせ」が配信されます。当選されたお客様は、マイページより決済方法・配送先の選択をお願い致します。
・受付期間外のお申し込みは一切受付できません。余裕を持って受付期間内にお申し込みください。
・お申し込み内容に不備があるものは無効となります。
・営利目的・転売目的でのお申し込みは禁止いたします。予めご了承ください。
・複数のブラウザ(タブ)での操作は、誤った申し込みとなる可能性がございますので、必ず単一のブラウザ(タブ)でご操作ください。
・客席を含む場内の映像・写真が公開される場合があります。予めご了承ください。
・出演者の変更に伴うチケットの変更、払い戻しはできません。ご了承ください。
・再入場不可。
・抽選結果や抽選方法についてのお問い合わせには一切お答えできません。

【関連リンク】
あいみょん、2ndシングル「愛を伝えたいだとか」のワンカメ、ワンカット、ノー編集MV完成
あいみょん、対バンツアー初日にニューシングルリリースを発表
あいみょん、映画『恋愛奇譚集』主題歌「漂白」MVを公開
『unBORDE Next Girls Xmas 2016』に次世代アーティストが大集結

【関連アーティスト】
アカシック, あいみょん
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

あいみょん、初のフリーライヴで「愛を伝えたいだとか」
Thu, 04 May 2017 12:00:00 +0900
5月2日(火)@代官山UNIT (okmusic UP\'s)

あいみょんが5月2日に東京・代官山UNITにて、 5月3日発売の2ndシングル「愛を伝えたいだとか」リリース記念イベントを行なった。

【その他の画像】あいみょん

自身初となるフリーライブ『"愛を伝えたいだとか" SPECIAL LIVE』には、先着の招待枠には応募が殺到。昨年11月のメジャーデビュー以降も、地道なライブ活動を重ねてきた結果、約500人が集まり、場内の熱気でも目に見える形となって現れていた。

会場内では「愛を伝えたいだとか」のMUSIC VIDEOの舞台である奇妙な小部屋のセットが再現され、展示、ジャケットのアートワークを担当した 「とんだ林蘭」 が手掛けた「爆走天使」「レディース」の文字が刻まれた本人着用のスウェットを展示。「愛を伝えたいだとか」のサビの歌詞(「バラの花に願い込めてさ 馬鹿な夢で踊ろう」)にならって、バラの花が来場者全員にプレゼントされた。

開演を待ち受けるライブフロアでは「愛を伝えたいだとか」のMVを上映。この映像は、現在YouTubeで公開中のオフィシャルMVとはアクションの異なる、ここだけでしか見ることの出来ないスペシャルアザーカットだ。ワンカメラ・ワンカットをコンセプトに6バージョン程撮影した中のひとつで、あいみょんが奇妙な小部屋の中でシャンプーをしているシーンを撮影したもの。ファンからは、「わぁ!」というざわめく声もあがっていた。

客電が落ち、ひと際高まる緊張感の中、バンドメンバーと共にステージへ登場したあいみょんの衣装は、気鋭ブランド『sulvam(サルバム)』のビッグシルエットな黒のセットアップに白のスニーカー。シンプルながら、ここ最近のあいみょんは、どこか艶っぽさも出てきたように思う。「今日は楽しんでってください!」の一声をきっかけに演奏された1曲目は、2nd Singleからこの日がライブ初披露となる「ハッピー」。19歳の時にはじめて身近な人の死に触れた時に書かれたというこの楽曲には、明るめなラブソングでありながら、決してそれだけではない、「白い花」という言葉から思い浮かべるイメージが音像として耳に残る。

続けてのポップチューンは、デビューSingle収録曲の「今日の芸術」。あいみょんが敬愛する岡本太郎氏をモチーフにした楽曲だ。歌詞に登場する、高校卒業の春に手にした念願のポラロイドカメラ。ファインダー越しに見えていた景色は、いまのあいみょんにはどんな風に見えているだろうか。

「みなさん、今日はお越しいただいてありがとうございます。5月3日! 明日! ニューシングル「愛を伝えたいだとか」リリースです! 私なりにイメージする、男の人の女々しさや情けなくも愛しいところを表現しています。ここで初めて披露出来て嬉しいです!」とあいみょんがフロアに語り掛けると、駆け付けたファンも入り口でプレゼントされた赤いバラを掲げて応えていた。

場内で展示されている奇妙な小部屋について紹介しながら、MV撮影当日エピソードについてもコメント。「6本位撮ったんですよ。途中で私、何食べてると思いますか? 正解は冷凍ピラフ。おもろいかなと思ったんですけど、映像で観たら何食べてるかわからんやんって思って(笑)」

3曲目は5月3日にリリースされる、2ndシングル「愛を伝えたいだとか」。何度も何度もリプレイしたくなるような、アーバンさの中にも湿度と旨味がある。ソウルフルで滑らかに耳を伝うあいみょんの声音が良く映えた楽曲だ。バラの花、泥臭さ、想うばかりで何も果たせない男の情けなさ。そういうものがただただ清々しく受け止められるから不思議なものだ。

まさかセカンドでこのテイストが来るとは、とつくづく思わされたのは、続いて披露されたメジャーデビュー曲「生きていたんだよな」のアレンジの些細な変化からだろうか。<こういうジャンルしか歌えなくなるのが怖かった>とあいみょんは言う。それもそのはずだ。受け手によって解釈など様々だけれど、そこだけを切り取って知った気になる怖さ。それも正直で純粋な、人の愛すべき愚かさであることを、あいみょんは知っている。今回披露されたフォーキーに漂う“生”の暖かみを加えたアレンジは、ずっと聞き続けているファンにとっても新鮮味があっただろうし、誤解を恐れずに言えば本人もまだ少し探りながら表現していたように思う。こんな時代だ、出会い頭に触れ合うだけの人も居るだろうし、何度も巡り合う人も居るだろう。様々な角度から触れないと解らないことがいくつもある、あいみょんのステージは見るたびに発見がある。

「ふだんライブは緊張もしないし、汗もかかないんですけど、今日はなんか熱い。じわっと来てる。そわそわしてお弁当2個食べた。こんな事珍しいです。」と話す、あいみょん。

5曲目は「MIO」。15歳の頃に友達のために書いた楽曲。

今作2ndシングルは3曲ともラブソング集となっているが、あいみょんの年代別の恋愛観をタイムスリップしながら味わえるのもおもしろい。ギターを置いてスタンドマイク一本で歌うスタイルはあまりお目に掛かれないものだけれど、普段からセンターでストロングスタイルを貫く歌い姿が、よりハッキリとした輪郭を持って響く。

再びギターを手にし、静かにチューニングを終えたあいみょんが「東京ではインディーズの頃から見てくださってる方も、新しく見に来てくださった方も増えてるのも感じていて、本当にありがたいことだなと思っています。上京して一年経って、家族はライブになかなか来てくれないんですけれど、音楽をして親孝行をしたいと思っている。きっと歌い続けていると思うので、もっと大きいところで出来るように。今日はありがとうございました」と、リリース前日の想いを語り本編ラストに披露したのは『漂白』。2017年2月に公開された、ヤオ・アイニン主演の映画『恋愛奇譚集』のために書き下ろした自身初の映画主題歌だ。〈また会いに来てね〉という言葉通り、この楽曲はラジオへのリクエストやSNSでのファンからの反響も高い。アンコールの手拍子にのせ、ひとりステージに現れた「もう緊張したわ、誰か褒めてって感じです」と照れながらもこの日の最後に「君がいない夜を越えられやしない」を引き語りで披露。一つ一つ言葉の意味を噛みしめるような、歌を愛する歌うたいの姿がそこにあった。

あいみょんは時折、〈私にはこんなスタイルは無理だ〉って、面倒な雑念を追い払うようなことも口にするけれど、見る限りではどこまでも自分の可能性を信じているし、色んなものに出会い囲まれ、その中で確固たる自分自身を見つけていく、肝の据わったところがある。そして、デビューを経てこの半年の間に、“あいみょん”に関わる周りの人達をもっと信じようとしている。デビュー前の頃は、〈今日、頭痛いからライブ休みたい〉なんて普通に言って、オトナを困らせた時期もあったという。そんな、自分だけの世界や奇妙な小部屋を出て、現実社会に揉まれ始めた、そんな等身大の22歳の女性のありのままの姿が印象的なステージだった。

発売前日の高まる期待と共に会場に訪れた来場者約500名、そしてLINE LIVEミュージックを通じて配信されたその模様を目撃した約2万5000人には、全7曲へ濃縮にパッケージされた“今のあいみょん"が伝わったはずだ。きっとまた、あいみょんは大きな変化を遂げていく。ゆらゆらと大いに流されながら、予想もしない乱反射をみせてくれることだろう。<人間>にどこまでも興味を持ち、そこに“生々しいほどの愛”を見出すのがあいみょんの魅力だ。どこまでも飄々と、愛を伝えたいだとか、言いながら。

text by Miho Iizuka
photo by 笹森健一

【関連リンク】
あいみょん オフィシャルHP
あいみょん、2ndシングル「愛を伝えたいだとか」のワンカメ、ワンカット、ノー編集MV完成
あいみょん、対バンツアー初日にニューシングルリリースを発表
あいみょん、映画『恋愛奇譚集』主題歌「漂白」MVを公開

【関連アーティスト】
あいみょん
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

日食なつこ、今年の夏は“炎上交際”!
Thu, 04 May 2017 11:00:00 +0900
日食なつこ (okmusic UP\'s)

全会場ソールドアウトと大好評のカフェワンマンツアー『遊泳喫茶』を行なっているピアノ弾き語りアーティスト、日食なつこが初の対バンツアー「炎上交際」を開催することが決定した。

【その他の画像】日食なつこ

神戸、大阪、仙台、東京の4都市でそれぞれ対バンを迎え、熱いバトルが繰り広げられる。

今年に入って3本目のツアーを決定した日食なつこ。対バンアーティストの発表は後日となるが、早めにチケットをゲットしておいたほうがよさそうだ。

【日食なつこ コメント】
「初めて企画するツーマンツアーです。
私が素晴らしいなと思う感性を持つ方々をお呼びしました。
日食なつこ好きなら必ずや気に入って頂けるであろうお相手ばかりです。
この「交際」が無事成功するよう、どうぞ見届けに来てください」

■「〜日食なつこ 対バンツアー「炎上交際」〜」

7月07日(金) 兵庫 神戸 太陽と虎
8月02日(水) 大阪 Shangri-la
8月10日(木) 宮城 仙台 MACANA
8月17日(木) 東京 新代田FEVER

Open 18:30 / Start 19:00
前売¥3,800 / 当日¥4,300

■チケット先行予約受付中 ※5月15日(月)まで
http://eplus.jp/nisshoku17ek/

【関連リンク】
日食なつこ オフィシャルHP
日食なつこ、初ライブ映像化作品の熱気あふれるトレーラーを公開
日食なつこ、日本初の「Spotify Session」に抜擢! 「あのデパート」に即興の歌詞も!?
日食なつこ、5月に開催される『GREENROOM FESTIVAL \'17』への出演を発表

【関連アーティスト】
日食なつこ
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1