歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年05月03日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
止まらない超特急「超ネバギバDANCE」、なんとビルボードでも首位に!
Wed, 03 May 2017 20:00:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

4月26日にリリースした5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」が悲願のオリコンウィークリーチャート1位を獲得した、7人組グループの超特急。同曲がビルボードランキング「JAPAN HOT100」でも総合1位に輝いたことがわかった。

【その他の画像】超特急

ビルボードチャートはCDセールのみならず、社会への浸透度を図る複合チャート。超特急の5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」は73,021枚を売り上げ、シングル1位、Twitter1位、ラジオ20位と高ポイントをマーク!  なんと、「JAPAN HOT100」総合首位を獲得した。

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、オリコンウィークリーチャート1位を獲得!
超特急、熱気沸き立つ全国ホールツアーがついに開幕!
超特急のユースケが5月3日OAのテレビ朝日『なら≒デキ』に出演決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

ガガガSPの『卒業アルバム』に見る“青春パンク”の萌芽
Wed, 03 May 2017 18:00:00 +0900
『卒業アルバム』(\'02)/ガガガSP (okmusic UP\'s)

ガガガSPが5月3日に『オールタイムベスト〜勘違いで20年!〜』をリリースした。また、すでに告知されている通り、10-FEET主催の野外フェス『京都大作戦2017』への出演決定(2017年7月9日)に引き続き、9月30日、10月1日の両日、彼ら自身が主催するフェス『長田大行進曲2017』の開催も決定と、さすがに結成20周年にふさわしい盛り上がりを見せている。ベスト盤に“勘違いで20年!”と自嘲気味なサブタイトルを付けているが、“青春パンク”の旗手として2000年代を闊歩した彼らは、邦楽ロックシーンに確かな足跡を刻んできたバンドである。決して勘違いだけで続いてきたパンクバンドではないことを彼らのメジャー第一作『卒業アルバム』をもって証明しよう。

【その他の画像】ガガガSP

■“青春パンク”を背負って立つ

本稿作成のためにガガガSPやコザック前田(Vo)のことをあれこれ調べていたら、“以前、本人らは青春パンクに分類されることを嫌っていたが、現在コザック前田は青春パンクを90歳まで続けると宣言している”という一文を見つけた(“”はWikipediaから引用)。これを基にさらに調べてみたら、ガガガSPがインディーズに戻ってから最初のアルバム『声に出すと赤っ恥』(2008年)のジャケットで“バンドを90歳まで続ける”といった内容が書かれていたり、Yahoo!モバゲーでの「ガガガSPさんのプロフィール」に同様のコメントが残っていたりするようで、その宣言に相違はなかろう。潔い。そもそも“青春パンク”というジャンルは、ガガガSPを始め、175RやGOING STEADYらが活躍した2000年代前半にそれらのバンドをひと括りにしたカテゴリであり、彼らが提唱したものでも何でもない。“以前、本人らは青春パンクに分類されることを嫌っていた”というのも本当だろう。その上で彼が“90歳まで続ける”と言い切っているのは、自身がやっている音楽が懐古的に語られるものではないことを逆説的に表しているのだと思う。その姿勢はパンクであり、ロックであるとも思う。ちなみに、昨年復活した175Rもそうであるし、ガガガSPと同時代にデビューした太陽族やSTANCE PUNKS、ザ・マスミサイルらもそのスタンスは失っていない。そんな彼らの姿勢からは勝手に漢気を感じるところではある。

日本のパンクロックの歴史を大雑把に分けると、1970年代後半の本場パンクムーブメントからの直撃世代、1980年代のインディーズ御三家の時期、1990年代のAIR JAM 世代に分類されるだろうか。青春パンクはその後に続く、2000年代のパンクである。この世代のバンドの特徴は、概ね1970年代後半以降の生まれのメンバーで構成されていることにある。ロンドンでSex PistolsやThe Clashが世界的なムーブメントを起こしている頃に彼らは生まれ、彼らが物心が付くか付かないかの頃にはザ・スターリンが観客に臓物を投げ、LAUGHIN\' NOSEは♪GET,GET,GET THE GLORY♪とオーディエンスを煽っていた。リアルタイムで聴いたパンクはHi-STANDARDやBRAHMANといったところだろう。つまり、彼らは初期パンクが持っていた反社会性や退廃感とはほとんど無縁だったと言える。また、その頃は所謂CDバブル期でもあり、日本のロックそのものが多様性を増していた時期でもある。おそらくジャンルに捕らわれることなく音楽を聴き、それらを柔軟に自らの表現へと取り込むこともできたのだろう。青春パンクは“恋愛や友情、トラウマ、夢と情熱など若者の個人的なできごとや感情を主にテーマにした詞が特徴”とある(“”はWikipediaから引用)。確かにそういうものが多いが、そんな反体制ではない──少なくとも直接的なそれではないパンクロックが生まれたのも、ある種、必然的だったのかもしれない(初期パンクの退廃感はビジュアル系バンドに受け継がれていったと考えられるが、それはいずれまた別の講釈にて──)。

■弱く、しみったれた気持ちも吐露

一方で、下記のような思春期の男子ならではの歌詞があることもガガガSPらしさだ。
《僕の歌う歌なんて、全部君の事さ/だから僕の歌は全部君の歌なのさ》《僕のこの思いは君には届かないだろう/悔しいけど、僕には気持ちは届けられないだろう/どうして、どうして、こんなに切ないんだろう/僕の気持ちは大きくなるばかり》(M4「君の歌は僕の歌なのさ」)。
《僕は自分で自分を盛り上げて、/恋をしてる事に酔ってしまっている/いつも僕はそれで終わってしまっている、/こんなことでは駄目なんだ/だから僕は会話をしないんだ、/君を見てるだけで満足するんだ/このままでは僕はいつまでもずっと、/現実逃避で生きてってしまう》(M5「告白」)。
端的に言えば、男子故の情けなさの露呈である。この辺を可愛いと見るか、可哀そうと見るか、それこそ老若男女それぞれによって意見が分かれるところであろうが、こうした情けなさを包み隠さずに歌ったからこそ、ガガガSPが支持を集めたことは、これもまた事実であろう。
《行けよ男達、山を越え谷を越え、/中途半端なまま突き進めそれが人間だ/言いたい事があればその場で叫ぶんだ、/後で土下座でもすりゃいいさそれが人間だ》(M8「弱男」)。
《言いたくて言えなかった君にはそんな思い出はないか/ケンカが弱いから言えなかった事は無いか/集団に入れないから言えなかった苦しみは無いか/イケてないから遠慮がちになった事は無いか》《そういう奴がいいんだその思い出を大切にしよう/それでいいんだ/しみったれたまま前に進め》(M12「しみったれたまま前に進め」)。
弱くても、しみったれていても──いや、弱いからこそ、しみったれているからこそ、叫ぶべきであり、前を向いて進むべきという自己啓発。これはTHE BLUE HEARTSの「リンダリンダ」《ドブネズミみたいに美しくなりたい/写真には写らない美しさがあるから》にも近い発明だったと思う。少なからず同じような体験をしてきたリスナーがガガガSPをカリスマ視するようになったことにも十分にうなづけるほど、力強い歌詞である。

■汎用性の高いメロディーライン

さて、歌詞の話ばかりしてきたので、最後に『卒業アルバム』を介してガガガSPのサウンドとメロディーについて記そう。まずサウンド。青春パンクというだけあって、音はパンクだ。そう言うと馬鹿みたいだが、そうなのだから仕方がない。吉田拓郎のカバーであるM6「証明」がロッカバラード、M10「雪どけ」がミディアム、M12「しみったれたまま前に進め」が弾き語りではあるものの、その他は初期パンク風、メロコア、80年代風と清々しいほどにパンクのオンパレードである。その勢いのあるサウンドに乗るコザック前田のしゃがれた声がバンド全体に独特のニュアンスを加味。ガガガSP独自のパンクロックを作り出している。メロディーに関しては、M4「君の歌は僕の歌なのさ」でElton Johnの「Your Song」をカバーし、M6で吉田拓郎のカバーしていると言えば、その指向が分かりやすいかもしれない。補足すれば、ワールドワイドなきれいなメロディーと、日本人が持つ叙情性を秘めたメロディーとを併せ持つということである。いずれにしても、その歌は親しみやすく、万人受けするタイプなのだ。結成から20年間。周りからは「パンクバンドなんて5年位で辞めるのが妥当」と言われてきたというが、彼らが長きに渡ってシーンで活躍してきた背景には、この汎用性の高いメロディーラインがあったからだと確信する。

【関連リンク】
ガガガSP、コザック前田が“焼肉のたれCMソング”を担当
ガガガSP、新曲「月影」MVはドキュメンタリー的な仕上がりに
コザック前田(ガガガSP)が熱唱する中島みゆきの「ファイト」がCMソングに!

【関連アーティスト】
ガガガSP, コザック前田
【ジャンル】


陰陽座、『迦陵頻伽』を引っさげたツアーは初日からすでに最高!
Wed, 03 May 2017 18:00:00 +0900
4月30日(日)@神奈川・川崎CITTA’ (okmusic UP\'s)

“妖怪へヴィメタル・バンド”の陰陽座が最新アルバム『迦陵頻伽』を引っさげたツアー『頻伽の聲に応ずるが如し』を4月30日(日)の神奈川・川崎CITTA\'からスタートさせた。

【その他の画像】陰陽座

会場はソールドアウトの高い人口密度で、開場直後から陰陽座がステージに登場するのを今か今かと待ちわびるファンの念が湯気となって立ち上っているかのよう。もう完全に温まった状態だ。

オープニングナンバーは「迦陵頻伽」。開演前からすでに高かった客席のボルテージが、陰陽座の面々が登場して音を鳴らした瞬間、ステージから発せられる圧の高い妖気に、一瞬にして耳と目を奪われ、呑まれたかのように見えた。しかし、その後に続く「鸞」で会場は一気に沸点へ! 拳という拳が天に向けて突き上げられて、会場を埋め尽くす光景は熱く激しくかつ美しい。

リーダー瞬火の“のっけから飛ばしていきますよ!”の声の通りに、激しく硬質な楽曲を畳みかけるかと思いきや、痛いほどの悲しみと刹那を感じさせる重厚な曲や軽やかに舞い踊るような曲の緩急によって、会場の空気の色が十色に変わる。『迦陵頻伽』に収録された曲をメインに据えながらも、コアファンさえも驚くような曲も含む、新旧織り交ざった一期一会のセットリストが繰り広げられた。

まっすぐに胸に刺さる黒猫の高く低く響く声、瞬火の歌声との重なり合い、招鬼の漢らしさがあふれつつも繊細な音色と、狩姦の煽情的なほどの旋律が呼応し、ユニゾンしていき、瞬火の下腹に響くベースが全体を包む。一片の混じりけのない唯一の存在としての“陰陽座”を見せつけた。

瞬火が“残りのツアーを全部回った後に、『初日が一番良かった』と言わせたいのかー!!”と満面の笑顔で叫ぶほどの熱いライヴに、ライヴとはアーティストだけでなく、会場のファンと共に作り上げるものだということを強く感じさせられる。そんな素晴らしいツアー初日となった。

ツアーは5月30日(火)のTOKYO DOME CITY HALLまで全国10ヵ所で行なわれる。

photo by 板橋淳一

■『陰陽座 全国ツアー2017「頻伽の聲に応ずるが如し」』

5月04日(木) 愛知・名古屋 DIAMOND HALL
5月07日(日) 福岡・DRUM LOGOS
5月09日(火) 広島・CLUB QUATTRO
5月11日(木) 愛媛・松山W studio RED
5月13日(土) 大阪・なんばHatch
5月17日(水) 新潟・LOTS
5月21日(日) 北海道・札幌 PENNY LANE24
5月24日(水) 宮城・仙台Rensa
5月30日(火) 東京・TOKYO DOME CITY HALL

【関連リンク】
陰陽座 オフィシャルHP
陰陽座、初アナログLP化に伴いレコードプレーヤーを数量限定発売! 老舗オーディオブランドDenonとコラボ
陰陽座、2016年ホールツアー千秋楽が映像化&アルバム『迦陵頻伽』が重量盤LP2枚組に
陰陽座、大迫力の「愛する者よ、死に候え」アニメーションミックスMV公開

【関連アーティスト】
陰陽座
【ジャンル】
ビジュアル, メタル, ライブ

ササノマリイ、盟友ぼくのりりっくのぼうよみとの新作コラボをリリース
Wed, 03 May 2017 17:00:00 +0900
ササノマリイ (okmusic UP\'s)

ササノマリイが、盟友ぼくのりりっくのぼうよみをゲストに迎えた新曲「game of life feat.ぼくのりりっくのぼうよみ」収録の新EP「game of life」を6月14日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】ササノマリイ

ササノマリイはこれまで、映画「3月のライオン」の主題歌となっている「Be Noble」や「CITI」、「つきとさなぎ」など、ぼくのりりっくのぼうよみへのトラック提供を行なっており、今作で初めてササノマリイの楽曲でのコラボが実現した。オフィシャルHP上では「game of life feat.ぼくのりりっくのぼうよみ」の歌詞が公開となっている。

本EPには、「game of life feat.ぼくのりりっくのぼうよみ」の他、「歩道橋と走馬燈」、「空と散歩」、「Halo Hello Continue」、「game of life(To be, or not to be)」の新楽曲が収録される予定。

初回限定盤には、各収録楽曲のピアノ即興曲と、2016年11月29日にツイキャスにて配信したスライムシンセサイザーとの実験的コラボセッション映像を収録したDVDが同梱される。

また、5月25日に開催される、CINRA presents exPoP!!!!! への出演も発表された。こちらもあわせてチェックしてほしい。

■EP「game of life」

2017年6月14日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL-3344〜3345/¥1,500
<収録曲>
■CD
1 game of life feat. ぼくのりりっくのぼうよみ
2 歩道橋と走馬燈
3 空と散歩
4 Halo Hello Continue
5 game of life (To be, or not to be)
6 game of life (ピアノ即興曲)
7 歩道橋と走馬燈(ピアノ即興曲)
8 Halo Hello Continue (ピアノ即興曲)
■DVD
-ササノマリイLIVE with Slime Synthesizer-
1 バイバイ
2 タカラバコ
3 透明なコメット

【通常盤】(CD)
AICL-3346/¥1,200+税
<収録曲>
1 game of life feat. ぼくのりりっくのぼうよみ
2 歩道橋と走馬燈
3 空と散歩
4 Halo Hello Continue
5 game of life(To be, or not to be)

■CINRA×Eggs presents『exPoP!!!!! volume97』

5月25日(木) TSUTAYA O-nest
OPEN 18:30 / START 19:00
出演:ササノマリイ、evening cinema、PELICAN FANCLUB、and more
<チケット>
料金:入場無料 (without 2Drinks)
予約:http://expop.jp/97.php

【関連リンク】
ササノマリイ オフィシャルHP
ササノマリイ、スライムシンセサイザーとのコラボツイキャス配信決定
ササノマリイ、「タカラバコ」のMVは3000枚のカットを自ら再構築
ササノマリイ、アニメ『夏目友人帳 伍』OP曲「タカラバコ」のアートワーク公開

【関連アーティスト】
ササノマリイ, ぼくのりりっくのぼうよみ
【ジャンル】
J-POP

Saku、恋する女の子の感情をポップ&キャッチーに詰め込んだMV公開
Wed, 03 May 2017 16:00:00 +0900
「検索」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

女性シンガーソングライターのSaku(さく)が5月3日リリースの『KENSAKU E.P.』からリード曲「検索」のMVを公開した。

【その他の画像】Saku

Saku作詞・作曲の「検索」は、現代のSNSあるあるなシチュエーションがテーマとなっており、MVでは“わかっているのにやめられない”乙女心を妄想と現実の世界で表現している。

ピンクに彩られた部屋で、彼からのメールを待つ女の子。彼女が抱く恋心、疑念、もどかしさ、いら立ち、そしてやがてそれらが絡まって爆発する想い。“ポジティブだけじゃない! 恋する女の子はネガティブな感情だってたくさん持っているの!”というメッセージを、ひたすらポップ&キャッチーなトーンでMVに詰め込んでいる。

監督はCDのビジュアルも担当したイラストレーターの小鳥遊しほが務め、楽曲のシュールで毒のある世界観とリンクした映像とアニメーションが小気味よい仕上がりとなっている。

また、地元・横浜のタワーレコード横浜ビブレ店3周年記念コラボ企画もスタート! 横浜Fマリノスの協力のもと、タワヨコ×Sakuのスペシャルコラボポスターがタワーレコード横浜ビブレ店限定で5月2日(火)から店頭に掲示されているので、ぜひこの機会に店頭に足を運んでみてほしい。

Sakuは今年4月から、FMヨコハマ『Tresen』(月〜金 15:00-19:00)の月曜担当DJとしても活動中!

■「検索」MV
https://youtu.be/sbgFCzSbwaM

【関連リンク】
Saku オフィシャルHP
Saku、ちょっぴり早めのハロウィンパーティーで新曲「ハローハロー」初披露
Sakuが全力で走る! 新曲「ハローハロー」のMVが完成
Saku、日本一の芋煮会フェスティバルにて新曲「ハローハロー」を披露

【関連アーティスト】
Saku
【ジャンル】
J-POP

『hide Memorial Day』19年、多くの人たちの想いをひとつに
Wed, 03 May 2017 15:00:00 +0900
『hide Memorial Day 2017』@川崎CLUB CITTA\' (okmusic UP\'s)

『hide Memorial Day 2017』が5月2日に開催され、川崎のCLUB CITTA\'は会場に集まった約1500名のファンの熱気に包まれていた。

【その他の画像】Zilch

19年前、1998年のこの日、日本のロックシーンを変えたといわれるミュージシャンhide(X JAPAN、hide with Spread Beaver、zilch)の突然の訃報に、日本中が大きな衝撃と悲しみに包まれ、葬儀には5万人のファンが訪れた。それから、毎年、5月2日には日本のみならず世界各国からhideを慕う多くのファン同士が集まれる場として、「hide Memorial Day」と銘打ったイベントが開催されてきた。一周忌の1999年には西武ドーム、hide生誕の地である横須賀に期間限定でオープンしたhide MUSEUM(2000年〜2005年)でも開催が続けられ、節目となる13回忌はhideの葬儀が行われた東京・築地本願寺で法要と一般献花式が行われ3万5千人が花をたむけた。場所は変わっても、毎年、ここに来れば、たくさんの仲間たちに会える。そんな約束の場所として、「hide Memorial Day」は19年間、多くの人たちの想いを一つにしてきた。

毎年、hideをより身近に感じてもらえるように、趣向を凝らした企画で開催されるこのイベント。今年は二部制で、hideの軌跡を辿る映像作品を上映。一部はこの日のために編集された約120分のライブダイジェストフィルム『hide FILM ALIVE』、二部はhide初のドキュメンタリー映画『hide 50th anniversary FILM JUNK STORY』が映画館さながらの大画面で上映された。

ステージの中央には、マイクスタンドとhideが実際にステージで使用していた機材が置かれている。その周りに、hide愛用のギター・コレクションがずらり。hideの愛器として有名なイエローハート(黄色のボディに赤いハートをあしらったデザイン)のhideモデルギターをはじめ、前持ち主がモトリー・クルーのミック・マーズだったという主にhideがレコーディングに使用してきた歴史的にも非常に貴重なギブソン・レスポールも特別展示された。マイクスタンドの足元や後ろには愛用していた機材が置かれ、hideがステージに上がる直前に、決まって口にしていた喉の薬や、ミント(hideの通称=“辛いの”)までもがセッティングされ、今まさしくそこにhideが立っているような空間だ。※写真添付あり

その左右には、X初期から年代を追って、カラフルなステージ衣装が展示されている。「ヴィジュアル系の生みの親」と称されるhideのアーティスティックな感性は、彼がこだわり抜いて制作したこれらの衣装からも如実に伝わってくる。花畑を彷彿するような華やかな花に囲まれた祭壇のようなステージには、大型スクリーンが設置され、観客はスクリーンの映像に映る衣装やギターたちを、実際に目の前にして、同時に楽しめるようになっていた。

第一部の『hide FILM ALIVE』は、hideの赤ちゃんの頃の写真からスタートした。約120分のこの映像は、ミュージシャンhideの活動を年代順に追体験できるように、この日のために新たに編集されたhide Memorial Day会場でのみ上映される特別映像である。画面は、1993年東京ドームでの「HIDEの部屋」の映像に変わる。X JAPANライブ中のソロコーナーでhideの魅力の真骨頂ともいえる。裸の女性たちがエロティックなダンスでhideに絡むパフォーマンスは、当時のロックシーンでは想像できない斬新なアイデアの固まりで、彼の奇想天外な感性と実験的なパフォーマンスが凝縮されていた。画面は同年1993年に原宿交差点で行われたソロ・デビュー発表イベントの映像になり、ソロ・アーティストhide誕生の瞬間を映し出す。

そして、画面は初のソロツアー『HIDE OUR PSYCHOMMUNITY〜hideの部屋へようこそ』のライブ・シーンへと続いていく。この頃になると、川崎の会場に集まった観客は実際のライブを観ているかのように、身体を動かし、画面のhideに黄色い声援を送っている。音響や照明は実際のコンサートと同じ迫力で展開されており、hide人形を振っているファンも見うけられた。

94年、95年の「HIDEの部屋」(X JAPANライブ)〜セカンド・ソロ・ツアー『PSYENCE A GO GO』〜96年の「HIDEの部屋」(X JAPANライブ)とテンポの速い楽曲が続いた後、97年にhideプロデュースで開催されたhide presents MIX LEMONeD JELLY ALL NITE CLUB EVENTの様子が映し出された。派手な衣装に身を包んでステージ狭しと飛び回るライブ映像の後に、迷彩のつなぎに黒ニットの目出し帽をかぶってDJをする姿は、同一人物とは思えないほどのギャップであるが、この振り幅の大きさこそがhideの大きな魅力。

自分のアンテナに触れた新しいこと、楽しいこと、面白いことをとことん追求し発信する彼が企画したこのイベントの精神は今でも受け継がれ、今年の8月5日には『hide presents MIX LEMONeD JELLY 2017』(会場:新木場STUDIO COAST)の開催が決定しており、この日、第1弾ラインナップも発表された。

さらに、hideが海外での活動を意識して結成した多国籍バンドzilch、hide with Spread Beaverのミュージックビデオが流れ、おなじみの「ROCKET DIVE」ではピンク色のテープが会場を舞い、ファンの盛り上がりも最高潮。歴代のメモリアルイベントを映像で振り返りながらhideへのメッセージが流れて、第一部は終了した。

第二部は、一部とはうってかわり、観客は上映されている映画を食い入るように見つめている。hideの生誕50周年を記念して制作され、全国の映画館、海外でも上映された『hide 50th anniversary FILM JUNK STORY』が特別再上映された。この作品は、hideの音楽・人間性・精神性を巡った台本のないドキュメンタリー映画。画面に登場してhideを語る人々の言葉を、映像を見つめる一人一人がじっくりと噛みしめているようである。多分、多くの観客は既にこの映画を見ているとは思うが、大きな画面でたくさんの仲間と一緒に見ると、また違う新たな発見があったに違いない。

そのほか場内には様々な表情のhideフォトパネルが展示されており、hideへのメッセージを書き込んだシールが貼れるメッセージボードも設置されたほか、会場2階ではカラオケJOYSOUND presents 『KARAOKE GIG〜hideの部屋へようこそ〜』 も開催され、来場したファンがhideの歴代の名曲をステージで熱唱するなど、会場中が1日を通してhide一色のたくさんのお楽しみであふれていた。

永眠後、19年目をむかえた今年、hideの夏フェス『hide presents MIX LEMONeD JELLY 2017』の開催や、1996年hideが立ち上げた『LEMONeD SHOP』が大阪に2号店がオープンするなど、hideの想いは継承され続け、hideを愛する人、影響を受けた人は、今もなお後を絶たない。

来年2018年は、hideが空に旅立って20年という大きな節目となるメモリアルイヤー、様々な企画が展開される予定。

hideが紡ぎ出すストーリーは、彼が発散していた熱をそのままに、今も現在進行形で続いているのである。

text by 大島暁美
photo by Hisao Yamaguchi

■『hide presents MIX LEMONeD JELLY 2017』

8月05日(土) 東京 新木場STUDIO COAST
OPEN 11:00 / START 11:00
<チケット>
・1Fスタンディング:前売券 ¥9,800(税込)
・2F 指定席:前売券 ¥12,800(税込)※特典グッズ付き
※入場時にドリンク代500円が必要。
※小学生以上有料・小学生未満入場無料。

【第1弾ラインナップ<catalog No.1>】 ※順不同
hide
J
ニューロティカ
MAGUMI AND THE BREATHLESS
LM.C
jealkb
DJ INA
DJ ダイノジ
DJ 浅井博章
ZEPPET STORE
defspiral
SPEED OF LIGHTS
カルメラ
heidi.
DaizyStripper
and more...

hideオフィシャルサイト会員・最速チケット先行
【エントリー期間】2017年5月14日(日)23:59まで

■『MIX LEMONeD JELLY2017』特設ページ
http://mixlemonedjelly.hide-city.com/

【関連リンク】
hide オフィシャルHP
『hide Birthday Party 2016』にバンド、落語家ら18組が登場
hide、全国の劇場で上映された3D LIVE MOVIEのDVD&Blu-ray化が決定!
ハロウィンに仮装パレードでかけたい曲

【関連アーティスト】
Zilch, hide, X JAPAN, hide with Spread Beaver
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

パクドル&HERO、Boys Republic、WEBERが『今夜もLL(LIVE&LOVE)』のために集結
Wed, 03 May 2017 14:00:00 +0900
パクドル&HERO、Boys Republic、WEBER (okmusic UP\'s)

5月1日(月)、都内で人気アイドルグループ3組が合同で出演中のドラマ取材会が開催された。

【その他の画像】HERO

TOKYO MXで毎週水曜日22:00〜22:25に放送中、アーティストのライヴとドラマが融合した新感覚テレビドラマ『今夜もLL▼(LIVE&LOVE)』は、実際のライヴ映像に出演するアーティストとヒロインとのドラマで構成され、ストーリーテラーにふかわりょうを迎えた4話完結の3つのオムニバスストーリーとなっている。それぞれの主演を務めるのは、ユニバーサルミュージック所属ボーイズグループのパクドルwithアルスマグナ、Boys Republic、WEBERの3組だ。

ヒロインには、豪華若手注目女優の岡本玲、葵わかな、山崎紘菜が華を添える。全てのエピソードが全国の映画館で映画化されることはすでに決定しているが、ザ・ムービー『私の頭の中のパクドル』の劇場公開が6月24日(土)から全国10館限定公開されることも発表された。

さらに、3組による『今夜もLL▼』座談会『お昼もLL▼』の映像も公開。総勢11人でのボーイズトーク、メンバーの意外な素顔やここでしか観ることのできないパフォーマンスを披露しているので、ぜひチェックを!

■『今夜もLL▼(LIVE&LOVE)』 オフィシャルHP
http://www.universal-music.co.jp/jp/konyamoll/

※▼は白抜きのハート

■『今夜もLL▼』座談会『お昼もLL▼』
https://youtu.be/x8hCyKLwco8

■『今夜もLL▼(LIVE&LOVE) 』

TOKYO MX 毎週水曜日22:00〜22:25
※無料アプリ「エムキャス」にて全国同時放送
・4/12〜4話放送 エピソード(1)
パクドルwithアルスマグナ×岡本玲 「私の頭の中のパクドル」
・5/10〜4話放送 エピソード(2)
Boys Republic×葵わかな「君の瞳に花束を」
・6/7〜4話放送 エピソード(3)
WEBER×山崎紘菜 「僕らのライブ大事件」

さらに、全12話をニコニコチャンネルにてアーカイブ配信(有料)。「今夜もLL▼」チャンネル開設!

【関連リンク】
パクドル オフィシャルHP
アルスマグナ オフィシャルHP
Boys Republic オフィシャルHP
WEBER オフィシャルHP

【関連アーティスト】
HERO, アルスマグナ, WEBER, パクドル, Boys Republic
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM), 男性アイドル

mol-74、「hazel」&「light」MVを同時公開&モルカルの日に自主企画開催決定
Wed, 03 May 2017 13:00:00 +0900
mol-74 (okmusic UP\'s)

mol-74の最新ミニアルバム『colors』(5月24日リリース)から、ミニマルなピアノのフレーズとアンビエントな音像が"静"を印象づける「hazel」と軽快に跳ねるビートで"動"を表現した「light」のMVが2曲同時に公開された。

【その他の画像】mol-74

さらに、7月4日を「mol-74の日」とちなんで、京都にて自主企画の開催が決定した。当イベントには共演を熱望していた佐々木亮介(a flood of circle)をゲストに招いて行なわれる。

自主企画では、メンバーのルーツに焦点をおいて、「アコースティック形式で1st ミニアルバム『18%の描いた季節』の収録曲すべてと、メンバーが音楽を始めるきっかけとなった楽曲のカバーをお届けする」といった内容が予定されている。

オフィシャルサイトでは5月2日から5月10日まで、先行予約の受付を実施。気になる方は欠かさずチェックしよう。

■「hazel」MV
https://youtu.be/PApSyvQE-JQ

■「light」MV
https://youtu.be/VU7TijJhUXE

■ミニアルバム『colors』

2017年5月24日発売
LADR-011/¥1,900+税
<収録曲>
1.hazel
2.yellow
3.light
4.complementary colors
5.rose
6.tears

■「mol-74 presents "mol-7.4"」

7月04日(火) 京都磔磔
ゲスト:佐々木亮介(a flood of circle)

【関連リンク】
mol-74 オフィシャルHP
mol-74、ツアーゲスト発表&追加公演とインストアライヴも決定
mol-74、ミニアルバムリリース&全国ツアー開催決定
mol-74、2017年1月より初のアコースティックツアーを開催

【関連アーティスト】
mol-74
【ジャンル】
ジャパニーズロック

HISASHI(GLAY)、ニコニコ超会議でGLAY曲を超演奏&バンドじゃないもん!と初共演
Wed, 03 May 2017 12:00:00 +0900
HISASHI(GLAY)×バンドじゃないもん! (okmusic UP\'s)

HISASHI(GLAY)が4月30日(日)、ニコニコ超会議の超演奏してみたステージに出演した。

【その他の画像】GLAY

オープニング、登場と共にGLAYの新曲で現在放送中のドラマ『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の主題歌「the other end of the globe」の演奏後、レッドブルエアレースのテーマソング「XYZ」とGLAYのナンバーを立て続けに披露した HISASHI。「なんか聞いたことあるフレーズがGLAYっぽくなる曲です。」とスマホの着信音やコンビニのエントランスで流れる音などをギターMIXしたプレイで会場を沸かせた。

また、今話題沸騰中のアニメ『けものフレンズ』のOPテーマ「ようこそジャパリパークへ」を披露し、その後のMCでは弾いてみたについて触れる一コマが。「ギターの入っていない曲に自分だったらどうするだろうか、GLAYだったらどうするだろうか、毎回課題があって、それに対してギターを入れている。これからも色々な曲を『弾いてみた』で発表していきたいと思います。」と話した。

続けて、HISASHIが記念すべき『弾いてみた』第一号曲となった「もってけ!セーラーふく」を演奏し、最後に、スペシャルゲストとして「バンドじゃないもん!」が超音楽祭に出演した直後に駆けつけて登場した。HISASHIが作詞・作曲・プロデュースを担当した「君はヒーロー」をスペシャルアレンジで披露し、両者の初共演が実現。HISASHIのニコニコ超会議・超演奏してみたステージは大盛り上がりの中、終了した。

【関連リンク】
バンドじゃないもん!、全国ツアー発表&公式オンラインストアオープン
バンドじゃないもん!、シングル「METAMORISER」JK写&進化する新ビジュアル解禁
バンドじゃないもん!がプリントシール機のモデルに!?
バンドじゃないもん!、アニメ『つぐもも』OP曲「METAMORISER」の先行配信がスタート

【関連アーティスト】
GLAY, HISASHI, バンドじゃないもん!
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

魔法少女になり隊が最新ワンマンライブ映像を公開
Wed, 03 May 2017 11:00:00 +0900
『「ワンマンツアー2017 〜メロディア王国にさよならバイバイ ワタシはみんなと旅に出る〜」LIVE AT 2017.01.29 SHIBUYA TSUTAYA O-WEST』ダイジェスト映像 キャプチャ (okmusic UP\'s)

魔法少女になり隊が5月17日(水)にリリースするニューシングル「ヒメサマスピリッツ」初回限定盤DVDに収録される『「ワンマンツアー2017 〜メロディア王国にさよならバイバイ ワタシはみんなと旅に出る〜」LIVE AT 2017.01.29 SHIBUYA TSUTAYA O-WEST』のダイジェスト映像が公開された。


【その他の画像】魔法少女になり隊

■『魔法少女になり隊 2017TOUR FINAL [LIVE AT SHIBUYA TSUTAYA O-WEST]DIGEST』
https://youtu.be/AiYjj7SJUd4

今回のダイジェスト映像『魔法少女になり隊 2017TOUR FINAL [LIVE AT SHIBUYA TSUTAYA O-WEST]DIGEST』では、メンバーとオーディエンスが一体となった灼熱のライブ会場の模様を見ることができる。魔法少女になり隊の“今"が見られるのはここだけなので、是非ともチェックして頂きたい。

また、7月1日(土)・2日(日)に開催する、バンド初の自主企画「魔法少女になりな祭 2017」のチケットが先行受付中だ。今作「ヒメサマスピリッツ」発売を記念したレコ発ライブとなるので、“今"の魔法少女になり隊のライブを是非生で体感してほしい。

冒険の更なる一歩を踏み出した魔法少女になり隊の今後の動向から、目が離せそうにない。

photo by キセキミチコ

■シングル「ヒメサマスピリッツ」

2017年5月17日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9385〜6/¥1,800(税込)
※地図のかけら封入
※まほうのメダルが入っているかは、開けてからのお楽しみ!
【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9387/¥1,300(税込)
<収録曲>
■CD
01.ヒメサマスピリッツ
02.ラムのラブソング
03.sayonara fantasy
■DVD ※初回生産限定盤のみ
〈「ワンマンツアー2017 〜メロディア王国にさよならバイバイ ワタシはみんなと旅に出る〜」LIVE AT 2017.01.29 SHIBUYA TSUTAYA O-WEST〉
・KI-RA-RI
・狂騒曲ザラキ
・RE-BI-TE-TO
・MEGA DASH

【関連リンク】
魔法少女になり隊 オフィシャルHP
魔法少女になり隊、姫がジパングを駆け抜ける新曲「ヒメサマスピリッツ」MV公開
魔法少女になり隊、「ヒメサマスピリッツ」の8bitジャケ&意味深予告映像解禁
魔法少女になり隊、ライブで話題の「ヒメサマスピリッツ」をシングルとしてリリース

【関連アーティスト】
魔法少女になり隊
【ジャンル】
ジャパニーズロック

「RECORD STORE DAY」全世界同時開催! 世界各国の音楽ファンの熱狂の様子をレポート
Tue, 02 May 2017 20:30:00 +0900
「RECORD STORE DAY」オフィシャルイラスト (okmusic UP\'s)

「RECORD STORE DAY」が4月22日に全世界同時開催。日本はもちろんのこと、世界各国でも音楽ファンとレコード店とアーティストが一緒に楽しむ日として盛り上がりをみせた。日本のレポート、及びアメリカやフランスのレポートをお届けする。

【その他の画像】

■【国内レポート】

2016年、熊本地震により「RECORD STORE DAY」が開催出来なかった熊本県では、PEANUTS RE-CORDSを始め、地元のレコード店を巡るスタンプラリーを実施。各店舗オリジナルの缶バッヂがもらえる他、4店舗巡るとオリジナルトートバッグがもらえる施策。夜中の特別オープン時にも関わらず、15人が店舗を訪れた。

渋谷のHMV record shop 渋谷や同新宿 ALTA店、JETSET 下北沢店やDISKUNIONなどでは、早朝より50人〜100人の行列ができ、整理券を出して対応していた。

また、今年も全国のラジオ局と連携し、主にJ-WAVE『SEASONS 』やINTER-FM『Tokyo Scene』、ラヂオもりおか“特別番組”、KISS FM KOBE『PRIME HITS KOBE』、 FM802『802 BINTANG GARDEN「802 レコ散歩」』などでレコード店のレポートやインタビュー、参加アーティストのコメントがオンエアされた。

さらに、「RECORD STORE DAY JAPAN2017」アンバサダーのスチャダラパーがレコード店先着来店者特典としてステッカーを作成。彼等のロゴが入り、真ん中に穴が空いたレコードのレーベルに見立てたデザインが好評だった。またスチャダラパーのSHINCOがタワーレコード渋谷店でDJを、ANIがHMV record shop 新宿でDJを披露する場面も。

また、期待の新人、“in FAM step”が地元、宇都宮のレコード店、DX-RECORDSに来店し、来場客と交流したり、HMV record shop吉祥寺店でインストアライヴを実施、神戸出身の“シンリズム”は同じく神戸発のレコード店、渋谷のデシネショップでインストアライヴを行なった。

関西のFLAKE RECORDSでは、FLAKE RECORDSをお買い上げの方が先着入場出来るアウトストアライヴを実施、“Predawn”、“角舘健悟(Yogee New Waves)”、“Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)”が出演した。

また「RECORD STORE DAY JAPAN」オフィシャルイラストを毎年描き下しているイラストレーターの永井博も北千住のFANDANGO!Recordsや武蔵小山のPET SOUNDS RECORDSを訪問、さらに前夜祭や「RECORD STORE DAY」翌日のイベントではDJを披露、京都で行なわれた第1回ジャケット・オン・バトルのトークイベントなどにも出演した。 参加アーティストからのコメントも数々紹介された。

その他、東京の参加店舗全店では、レコードプレイヤーやヘッドフォン、スピーカー、リフト・ア ダプターなど豪華景品が当たるスタンプラリーを実施し、多くの来場客が店内を回った。 外国の来場客も多く見られたのが印象的だった。 全国のレコード店やイベント会場、ライヴハウスで前夜祭やセール、ライヴ、DJ、展示会など、昨年より多くの場所で広がりを見せた「RECORD STORE DAY 」だった。

人気の商品としては、特に輸入盤のuichi Sakamoto 千のナイフ 7inchや、DAVID BOWIEのロサンゼルス公演を収録した未発表ライヴ『CRACKED ACTOR』が人気を博したようだ。

■【アメリカレポート】

4月22日のRSDロサンゼルスAmoeba Musicには、沢山の列が店から数ブロック先までぐるりと取り囲んだ。一番先頭に並んでいたお客に一体何時から列に並んでいるのか?と伺ったところ、「昨日の16時から並んでいる」、4番目に並んでいたお客は、なんとわざわざアリゾナ州から18時半にガールフレンドと一緒に訪れ並んでいると語った。このカップルは初めてのRSD体験にもの凄く興奮していた。夜中の0時半には既に自前チェアーを持って来て並んでいた男性が25人くらいおり、早朝6時半には店から2ブロックほど取り囲む状態で、人々は店側が配ったリストをチェックしたり、周りの人達と音楽について語り合ったり、携帯を見て他の国の音楽ファンと連絡を取り合ったり、それぞれ音楽への熱い思いがそこにはあった。

店はRSDファンだけの為に1時間早めにオープン(一般オープンは10時)また早朝から、 The Coffee Bean & Tea Leafのサービスにより無料でドーナツやデーニッシュパン、コーヒーが客達に振る舞われた(スポンサーシッップ)。これにはもの凄く驚いたと同時に、RSDがひとつのフェスティバルであるということを感じた瞬間でもあった。

またこの日は朝から夏日だったためなのか、Amoeba Music うちわも無料で配られた。前日から並んでいた第一弾達がRSD商品をゲットした後、12時半からは、普段ショーケースが行なわれるステージで4種類の本年Amoeba MusicRSDデザインTシャツをその場で選んで刷ってもらえるサービス(T-シャツ、エコバックそれぞれ$10)も好評。こちらもまた長い列を作ったが、人々は疲れているのかと思ったら、逆にエキサイティングしており、買いたくなる雰囲気にそそられた。

RSDプロダクツ以外にも古本やDVD、ポスター、レコードプレイヤーなどが20%OFFだったりしているため、RSDプロダクツをゲットした後も客達は再び店に戻り、さらに他の商品をチェックしていた。

午後になっても外には長い列が止まらない。後から来たお客の話では、ハンティングトンビーチのレコード屋に行ったが、店が小さいので商品の入荷が少なくすぐに売り切れたため、最終的に、LAで一番大きいAmoeba Musicに来たという。

購入者に話を聴いたところ、大体この日だけで平均$1000〜$2000ほど使う人が多かったことにも驚かされた。若い客の中には、とにかくこのイベントのお祭り騒ぎ具合が楽しく、長い列には疲れるけれど、一遍に色んなもの(レコード、テープ、DVD、CD、T シャツ、ポスターなど)を購入したくなる日だと語っていた。

店の外にはRSD限定商品のソールドアウトの状況が随時チェックリストに更新されていた。一年で一番忙しい日だけに、スタッフもさぞかし大変だろうかと思ったが、みんながハッピーで心から音楽を楽しむ和やかな様子が伝わって来た。

■アメリカ Amoeba Music での来店者インタビューやAmoeba Music co-founder 兼共同オーナーのMarc Weinstein氏インタビュはー「RECORD STORE DAY JAPAN」HPに掲載中!
http://www.recordstoreday.jp/

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, イベント

橙々、1stフルアルバム『EVER』を7月にリリース! 各関係よりコメントも
Tue, 02 May 2017 20:00:00 +0900
橙々 (okmusic UP\'s)

橙々がファーストフルアルバム『EVER』を7月19日にリリースすることが明らかになった。

【その他の画像】橙々

みやり(Dr)加入以前の楽曲の再録も含む12曲を収録、様々な色を魅せる全楽曲の作詞作曲者でもある林田裕馬(Vo/Gt)の素直な言葉とメロディがガッチリと心を掴む、かなり聴き応えのある1枚となっている。

アルバム発表に伴い、オフィシャルホームページ内には、THE NINTH APOLLOの渡辺旭、Last Allianceの佐野森吾、Jr.MONSTER のMASAOSHI EJIMAなどの様々な関係者・アーティストからのコメントを紹介する特設ページがオープン。

また、CDショップの初回購入特典には、弾き語り音源や、演奏隊がボーカルを務める普段聴けないレア音源と、メンバーによる「EVER」解説が収録されたCDRが決定した。

発売後の7月29日(土)15時からは、タワーレコード京都店にてアルバム発売を記念したインストアアコースティックライブも決定している。なお、彼らはレコ発ツアーという名目ではなく、発売以降全てのライブをレコ発として大切に行なってゆきたいということで、こちらも随時更新されるとのこと。

MVは、前回同様映画監督でTV・MV・CMを手掛ける柴田有麿が担当しており、近日公開予定となっている。公開を楽しみに待とう。

■アルバム『EVER』

2017年7月19日(水)発売
BSCO-0004/¥2,315+税
<収録曲>
1. シンデレラクロス
2. 生まれる
3. 夜を泳ぐ
4. ホウプ
5. ピロウ
6. リリイ
7. 染まる
8. 情景
9. おんなじすいそう2
10. もし僕らの言葉が音楽であったなら
11. 僕らの街
12. endever

《タワーレコ―ド購入特典》
■CDR (裕馬弾き語り音源+メンバーのEVER解説収録)
※ヴィレッジヴァンガード&HMV共通購入特典
■CDR (めぐむボーカルver.音源+メンバーのEVER解説収録)
※imc 購入特典
■CDR (みやりボーカルver音源+メンバーのEVER解説収録)
(収録音源は決定次第発表)

■【各関係者よりコメント】

■渡辺旭(THE NINTH APOLLO / BRONZE)
青い春を感じるフレーズも赤裸々を匂わせる言葉選びも黄昏に似合いすぎる音色も素敵なアルバム。
橙々という色気のあるバンド名がしっくりくるこのカラフルな音源で本物かどうか白黒付けて欲しい。

■佐野森吾 Last Alliance
ストレートなロックに乗せて熱い気持ちを歌われたら、ぐっさり心に奥に突き刺さります。
感情をこれでもかと揺さぶられます。
ビートに合わせて胸の鼓動も高鳴ります。
アルバムの最初から最後まで一気に聴き切ってしまえる純度の高い誠実なロック、ここにあります。
またライブが良いんだよな〜。参った。。

■Jr.MONSTER MASAOSHI EJIMA
聴いてて惹き込まれるよ。橙々の世界観に。
その世界観は耳だけでなく、心にまで刺ささってくるはず。
そして、一人でも多くこの音楽に出会って欲しいと思ってる。
俺は、出会えて良かった。

【関連リンク】
橙々 オフィシャルHP
the band apart (naked)、ニューシングル発売決定! ライブ会場・オフィシャルサイト通販の先行販売も実施
超特急、オリコンウィークリーチャート1位を獲得!
奥華子、アルバム発売を記念した2つのキャンペーンを実施!

【関連アーティスト】
橙々
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ハッピーエンド、改名して"マチカドラマ"に&KIZUNA RECORDSへ所属が決定
Tue, 02 May 2017 19:30:00 +0900
マチカドラマ (okmusic UP\'s)

2014年より活動してきたハッピーエンドが、サポートベースだったタクオの正式加入に伴い、バンド名をマチカドラマに改名したことがわかった。

【その他の画像】マチカドラマ

さらに、午前四時、朝焼けにツキやA(c)が在籍するKIZUNA RECORDSに所属が決定となり、2017年中の全国リリースを目指して動き出すこともあわせて発表となった。彼らの今後の動きに、ぜひ注目してほしい。

■【ライブ情報】

5月08日(月) 渋谷 TSUTAYA O-Crest
5月09日(火) 新潟 CLUB RIVERST
5月19日(金) 新潟 GOLDENPIGS BLACK
5月28日(日) 新潟 GOLDEN PIGS BLACK
6月10日(土) 上越 EARTH

【関連リンク】
マチカドラマ 新オフィシャルHP
M!LK、春のワンマンツアー完走! 7月にFC発足記念ファンミーティングを開催
miwa、"miwaバンド"初参加の「シャイニー」MV&爽やかなジャケ写が解禁!
超特急、オリコンウィークリーチャート1位を獲得!

【関連アーティスト】
マチカドラマ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

9mm Parabellum Bullet、アルバム『BABEL』トーク特番生配信&購入者抽選会開催決定
Tue, 02 May 2017 19:00:00 +0900
9mm Parabellum Bullet (okmusic UP\'s)

9mm Parabellum Bulletが、7thアルバム『BABEL』のトーク特番「『BABEL』全貌大公開スペシャル〜バベルのおともだち〜」を5月8日(月)21:00からLINE LIVEで生配信することが決定した。

【その他の画像】9mm Parabellum Bullet

これは、7thアルバム『BABEL』リリース&ホールツアー「TOUR OF BABEL」開催を記念して行なわれるトーク番組。番組では、メンバー立ち会いのもと、いち早く『BABEL』を全曲試聴でき、6月からスタートする3都市ホールツアー「TOUR OF BABEL」 に向けて公開メンバーミーティングを行なう。また、番組内では重大発表も行なう予定とのこと。

さらに、生配信の翌日5月9日(火)タワーレコード渋谷店では、『BABEL』購入者抽選会を行なうことも決定。こちらはタワーレコード渋谷店にて『BABEL』を購入した方に、先着で参加券を配布、一等には7月2日(日)に昭和女子大学人見記念講堂で行なわれる9mm MOBILE会員限定公演「TOUR OF BABEL II」のチケットが用意されている。

そして、5月16日(火)にロフトブックスより「9mm Parabellum Bullet PERSONAL BOOK」のリリースも発表。フリーマガジン「Rooftop」に過去掲載されたインタビュー14本の他、対談や道中記、ブログをまとめた4人の個性に迫る9mm本となっている。こちらもあわせてチェックしてほしい。

■【生配信概要】

LINE LIVE「『BABEL』全貌大公開スペシャル〜バベルのおともだち〜」
配信日時:5月8日(月)21:00〜
出演:9mm Parabellum Bullet
配信チャンネル:LIVEミュージック(@linelive_music)
配信URL:https://live.line.me/channels/73/upcoming/2796441

■【7thアルバム『BABEL』大抽選会】

1等:7月2日(日)「TOUR OF BABEL II(9mm MOBILE会員限定公演)」昭和女子大人見記念講堂チケット 9名様
2等:メンバー直筆サイン入り「BABEL」告知ポスター 9名様
3等:「BABEL」告知ポスター 99名様
4等:「BABEL」イラストステッカー(OTHER SHOP Ver.) 99名様
※「BABEL」をご購入の方に先着で抽選券をお渡しいたします。
※抽選会は5月9日(火)のみの開催となります。
※抽選券は数に限りがございますので、無くなり次第終了いたします。

■アルバム『BABEL』

2017年5月10日発売
【初回限定盤 Special Edition】(CD+DVD+スコアブック)
COZP-1326〜8/¥6,481+税
※スコアブック:メンバー監修『BABEL』バンドスコア
【初回限定盤】(CD+DVD)
COZP-1308〜9/¥3,333+税
【通常盤】(CDのみ)
COCP-39909/¥2,593+税
【アナログ盤】(LP+ダウンロードカード)
COZA-1320〜1/¥3,333+税
<収録内容>
■CD(全形態共通)
1. ロング・グッドバイ
2. Story of Glory
3. I.C.R.A
4. ガラスの街のアリス
5. 眠り姫
6. 火の鳥
7. Everyone is fighting on this stage of lonely
8. バベルのこどもたち
9. ホワイトアウト
10.それから
■DVD
・「TOUR 2016 “太陽が欲しいだけ"」 16.11.05 At 豊洲PIT
1.太陽が欲しいだけ
2.Discommunication
3.モーニングベル
4.インフェルノ
5.ロンリーボーイ
6.スタンドバイミー
7.反逆のマーチ
8.Lost!!
9.The Revolutionary
10.生命のワルツ
11.Talking Machine
・ボーナストラック『BABEL』レコーディングドキュメンタリー

◎全形態共通封入特典有り

【関連リンク】
『BABEL』スペシャルサイト
9mm Parabellum Bullet オフィシャルHP
9mm Parabellum Bullet、アルバムSPサイト開設&新曲「ガラスの街のアリス」初OA決定
9mm Parabellum Bullet、ニューアルバムから「眠り姫」MV公開&先行配信開始

【関連アーティスト】
9mm Parabellum Bullet
【ジャンル】
ジャパニーズロック

sukekiyo、画家・戸田麻子が手がけた最新音源&映像作品集のジャケットアートワークが解禁
Tue, 02 May 2017 18:30:00 +0900
音源&映像作品集『ADORATIO』 (okmusic UP\'s)

sukekiyoが、6月に発表する最新音源&映像作品集『ADORATIO』のジャケットアートワークを解禁した。

【その他の画像】DIR EN GREY

今作では、2009年に第7回佐藤太清賞公募美術展佐藤太清賞、2011年には第65回記念二紀展損保ジャパン美術財団奨励賞を受賞するなど、精力的に活躍している画家・戸田麻子が本作のために描き下ろした最新作品が使われている。

トータルプロデュースを務める京と戸田による打ち合わせのなかで生まれた“犠牲”というキーワードを元に誕生した作品であり、今作品集のタイトルが持つ“崇拝”(ラテン語)と融合したアートワークは唯一無二の世界観を表現している。

尚、5月10日(水)までに公式通販サイトで予約をすると「早期予約特典」として、sukekiyoが通常は見せない撮影の裏側が視聴できるQRコード付きのオリジナルポストカードがプレゼントされる。作品自体が数量限定生産となるので、入手したい人は早めに予約しよう。

■音源&映像作品集『ADORATIO』

2017年6月発売
※数量限定のため、予定数が無くなり次第販売を終了致します。予めご了承ください。
<受付場所>
公式通販サイト【GALAXY BROAD SHOP】http://www.galaxybroadshop.com/artist/sukekiyo/
<発売日程>
2017年6月下旬より発送を予定しております。
※発売時期は変更になる可能性がございます。
※sukekiyo 二〇一七年公演「落下する月面」公演にて先行販売を行なう予定です。
<特典>
■早期予約特典
受付期間:2017/4/20(木)〜2017/5/10(水)
対象:期間内にsukekiyo最新音源&映像作品集『ADORATIO』を公式通販サイトにてご予約された方
特典内容:ポストカード(アーティスト写真撮影風景視聴QRコード付き)
※アーティスト写真撮影風景映像は期間限定での公開となります。
※1商品ご予約につき、特典を1点同封致します。
■公式通販限定特典
対象:sukekiyo最新音源&映像作品集『ADORATIO』を公式通販サイトにてご予約された方
特典内容:8cm single
収録内容:sukekiyo 二〇一七年公演「落下する月面」-盲目の獣- …私の断面からガバガバと、それこそ愛だ恋だの無機質な私の断面から…
2017年2月16日(木) 東京都・赤坂BLITZ公演よりライブ音源1曲
※収録内容は公演会場限定特典とは異なります。
※特典は数量限定のため、予定数が無くなり次第終了致します。
尚、2017年5月10日(水)までにご予約された方にはもれなく特典を同封致します。
※1商品ご予約につき、特典を1点同封致します。
■公演会場限定特典
対象:sukekiyo最新音源&映像作品集『ADORATIO』をsukekiyo公演会場にてご予約された方
特典内容:8cm single
収録内容:sukekiyo 二〇一七年公演「落下する月面」-盲目の獣- …私の断面からガバガバと、それこそ愛だ恋だの無機質な私の断面から…
2017年2月16日(木)東京都・赤坂BLITZ公演よりライブ音源1曲
※収録内容は公式通販限定特典とは異なります。
※sukekiyo 二〇一七年公演「落下する月面」では各公演にて先行販売致します。各公演ごとに商品及び特典をご用意しておりますが、予定数が無くなり次第終了致します。予めご了承ください。
※1商品ご予約につき、特典を1点同封致します。

■sukekiyo 二〇一七年公演「落下する月面」

6月13日(火) 東京都・東京国際フォーラム ホールC
6月16日(金) 京都府・京都劇場
6月17日(土) 京都府・京都劇場

【関連リンク】
sukekiyo オフィシャルHP
京 オフィシャルHP
sukekiyo、最新音源&映像集『ADORATIO』を通販限定リリース
Shinya(DIR EN GREY)、初のソロプロジェクト"SERAPH"始動!

【関連アーティスト】
DIR EN GREY, sukekiyo
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

サカナクション、デビュー10周年プレミアムライブの生中継が決定!
Tue, 02 May 2017 18:00:00 +0900
サカナクション (okmusic UP\'s)

サカナクションのデビュー10周年記念日イベント『2007.05.09-2017.05.09』が、AbemaTVで独占生中継されることが決定した。

【その他の画像】サカナクション

イベントタイトルの通り、2007年5月9日にオリジナルアルバム『GO TO THE FUTURE』でメジャーデビューしたサカナクションが、2017年5月9日、この日のためだけのプレミアムライブをおこなう。

イベントでは、サカナクションのファンクラブ会員がお気に入りの楽曲投票を行なう「10周年記念イベント演奏曲投票」を実施し、そのランキング上位曲がイベントで演奏される。

普段のライブでは聞くことが少なくなったレアな楽曲も演奏される可能性があるスペシャルイベントとなるので、LIVE配信をお見逃しなく!

■【LIVE配信】

AbemaTV『サカナクション10周年ライブ"2007.05.09-2017.05.09"生中継』
配信日時 2017年5月9日(火) 19:00−22:00
配信チャンネル:AbemaSPECIAL2
配信URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/8dxxuFmY9LPgAT

■『サカナクション デビュー10周年記念イベント「2007.05.09 - 2017.05.09」』

5月09日(火) 新木場STUDIO COAST
※SOLD OUT

【関連リンク】
サカナクション オフィシャルHP
サカナクション史上初! 全国ツアーの模様を生配信でお届け
サカナクションが「au×HAKUTO」月面探査ローバー命名式に出演決定
『ビクターロック祭り2017』、サカナクション・Dragon Ashら5組の追加出演者を発表!

【関連アーティスト】
サカナクション
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM), イベント

です。ラビッツ、つむじ文字に挑戦した「ですまスプリング」MVが解禁!
Tue, 02 May 2017 18:00:00 +0900
です。ラビッツ (okmusic UP\'s)

です。ラビッツの新作「ですまスプリング」のMVが公開された。

【その他の画像】です。ラビッツ

サブタイトルの「〜そろそろ敬語を使ってみませんか〜」にもある様に、今作のテーマは「敬語」。緊迫した国際情勢の中、「丁寧な言葉で思いを伝え、お辞儀という世界からも賞賛される日本の礼節を込めた姿勢で、愛情を伝え合うことが平和への道となる」という、です。ラビッツからのメッセージが込められた秀逸曲となっている。

またMVは世界初となる”メンバー自身の頭頂部を使用した「つむじ文字」”で製作! 深々と頭を下げた座礼、世界初の”つむじフォント”、ポップなアートワーク、全てが絡み合い、カオスな世界観を醸し出している。

またこのシングルには通常盤の他に、ラーメン付き特別盤も用意されている。ラーメン付きCDといえば、です。ラビッツのお家芸ということで、2013年に発売された「お祭りJAPAN!!告白Night」に醤油味喜多方ラーメンがおまけに付いたのを皮切りに、翌年の「なんで?」には塩味、2016年にリリースされた「Anger」には味噌味のラーメンが付き、アイドル業界では定番アイテムと化している。

今作はラーメンもさらにバージョンアップ、「史上最高の豚骨醤油ラーメン」が開発された。年間600食以上、通算1万食以上のインスタントラーメンを食し、インスタントラーメン界の第一人者と呼ばれる、即席麺評論家、大山即席斎(本名、大山正弥)が"世界一のインスタントラーメン"開発を目指し、です。ラビッツとタッグを組んだ。

「おまけを超えたクオリティ」「乾麺を超えたコシ」「らーめんだけ販売しろ」等、音楽CDより、おまけのラーメンの異常なレベルの高さがネット上でも話題になっているラーメン付きCD、今作にも大いに期待したい。

そんなです。ラビッツのワンマンライブが、5月7日(日)新宿BLAZEにて行なわれる。ライブ会場では先行して『豚骨醤油・極太です。』が付いた「ですまスプリング」を先行販売。待ちきれない方は是非とも会場へ足を運んで頂きたい。

また、このライブでは通常のライブ観覧に加えて、「地蔵ゾーン」「カメコゾーン」が設定され話題となった。地蔵ゾーンは「ライブを地蔵(微動だにしないスタイル)で徹して頂ければワンコイン(¥500)で観覧できます。もし拍手・手拍子・ヲタ芸をしてしまった際は通常料金を頂きます」、カメコゾーンは「ライブ中はカメコで徹して下さい。もし拍手・手拍子・ヲタ芸をしてしまった際は撮影データを消去させて頂きます」というもの。

この衝撃的な告知にネットでは一躍話題になったが、今回さらに新エリアが発表された。その名も「ピンチケ歓迎!湧き倒すだけで1万円Get!? 足つぼマッサージ器の上でピョンピョンゾーン」というもの。足つぼマッサージ器を敷き詰めたピョンピョンゾーンでライブを終演まで我慢できたら1万円ゲットできるそうだ。こちらは人数制限付きで、エントリーに¥5,000(ドリンク代込み)が必要。お小遣いを稼げる上に話題のライブも観られるという企画に乗ってみるのも面白いかも? いまこそ総合エンターテインメント集団の真価が問われる時。ぜひその目で確かめてほしい。

■「ですまスプリング〜そろそろ敬語を使ってみませんか〜」MV
https://youtu.be/ad47As_rDfw

■シングル「ですまスプリング〜そろそろ敬語を使ってみませんか〜」

2017年5月17日発売
【ラーメン付き特別版】
GACD-0025/¥926

2017年5月24日発売
【通常盤】
GACD-0024/¥926

<収録曲>
1.ですまスプリング〜そろそろ敬語を使ってみませんか〜
2.I LOVE MEN
3.ですまスプリング〜そろそろ敬語を使ってみませんか〜[Instrumental] 
4.I LOVE MEN[Instrumental]
5.ですまスプリング〜そろそろ敬語を使ってみませんか[部長勝手に録っちゃった?バージョン]
6.ですまスプリング〜そろそろ敬語を使ってみませんか〜(です。ラビッツVocal Data)
7.ですまスプリング〜そろそろ敬語を使ってみませんか〜(部長Vocal Data)
8.I LOVE MEN(です。ラビッツVocal Data)
9.I LOVE MEN(部長Vocal Data)
※ラーメン付き特別版は、全国のヴィレッジヴァンガード・ライブ会場にてお買い求め頂けます。

■です。ラビッツ 1st ワンマンライブ@新宿BLAZE「Road to 日本武道館」〜己を越えろ〜

5月7日(日) 新宿BLAZE
OPEN 16:00/START 17:00
<チケット>
料金:前売 ¥3,500+1D別/当日 ¥4,000+1D別
※撮影・録音禁止
※入場は整理番号順となります。
※小学生以上のお客様はチケット必要となります。

■プレイガイド
・チケットぴあ(Pコード:326-797)
一般発売/前売り券
http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=DB120037
・ローチケHMV( Lコード:77530)
一般発売/前売り券
http://l-tike.com/order/?gLcode=77530
・イープラス
一般発売/前売り券 http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002219367P0050001P006001P0030001

【地蔵ゾーン 詳細】
ライブ当日に受付にて「地蔵です」とお伝え下さい。
ワンコイン(¥500)にてご入場頂けます。
<注意事項>
※ライブ中は、原則地蔵ゾーンからは出られません。
※ライブ中は地蔵を貫いて下さい。勢い余って振りコピ・ヲタ芸・拍手や拳を突き上げる行為をしてしまった際は通常料金を頂戴します。
※前売り券・当日券をお持ちのお客様の入場後にご案内させて頂きます(入場券購入の必要はありません)
※限定数でのご案内になりますので、当日の状況により入場を制限させて頂く場合もございます。
※別途ドリンク代¥500を頂戴致します。

【カメコゾーン 詳細】
ライブ写真を撮影して頂き、大いに拡散して下さい!
前売券ないしは当日券でご入場頂き、受付にて「カメコです」とお伝え下さい。
是非、この機会に「です。ラビッツ」のライブをご覧下さい。
注意事項
※ライブ中は、原則カメコエリアからは出られません。
※ライブ中は、撮影に徹して下さい。勢い余って振りコピ・ヲタ芸・拍手や拳を突き上げる行為をしてしまった際はカメラのデータを消去させて頂きます。
※ライブ後の「特典会中」の撮影は、周りのお客様にご迷惑がかかる場合がございますので、撮影を行わないようにお願いいたします。
※限定数でのご案内になりますので、当日の状況により入場を制限させて頂く場合もございます。

【ピンチケゾーン 詳細】
20名様限定のゾーンとなります。受付で『ピンチケです。』とお伝えください。参加料金¥5,000をお支払い下さい。
通常チケットからの変更は出来ません。
参加規約書にサインの上、指定エリアにお進み下さい。
指定ゾーンには足つぼマッサージ器がひきつめられています。
開演から閉演までオタ芸を全力でし続けてください(MC中も含む)。
やりきった場合はなんと1万円キャッシュバック!
監視員が見張っており、公演中オタ芸を辞めてしまった際は
指定ゾーンからつまみ出されてしまいます。
湧いて健康。お財布ホクホク。です。ラビッツのライブはまさに桃源郷や!

【関連リンク】
です。ラビッツ オフィシャルHP
です。ラビッツ、即席麺評論家・大山即席斎と異色タッグ! "世界一のインスタントラーメン"開発を目指す!?
BABYMETAL、レッチリのUSツアーにてメンバーと「ギミチョコ!!」を披露
バンドじゃないもん!、全国ツアー発表&公式オンラインストアオープン

【関連アーティスト】
です。ラビッツ
【ジャンル】
女性アイドル

M!LK、春のワンマンツアー完走! 7月にFC発足記念ファンミーティングを開催
Tue, 02 May 2017 17:00:00 +0900
4月30日@東京国際フォーラム・ホールC (okmusic UP\'s)

変幻自在を目指す5人組ヴォーカルダンスユニットM!LKが、全公演完売となった全国5大都市ツアーのファイナルとなる追加公演を開催。

【その他の画像】M!LK

オープニング映像のあと、頭の上に手で牛の角を立てた5人のシルエットが浮かび上がる。幕が落ち、“テルネロ”(生後1年未満の雄牛)と自分たちを重ねて《夢はどでかい牛になる》と闘志を燃やし、佐野勇斗と吉田仁人の雄たけびや台詞がさらに盛り立てる「テルネロファイター」へ。のっけからみ!るきーず(ファンの愛称)の合いの手も白熱! そして、「サンキュー!N・D・K!」でメガネをかけて場内を沸かせ、「夏味ランデブー」では客席通路に駆け出して至近距離で歌うメンバーに、当然、会場はお祭り騒ぎに。他にもステージ両端のお立ち台で各メンバーが代わる代わる煽るなど、リードする場面が多いのは全員がヴォーカルを努めるこのグループならでは。

中盤、この日突如現れたBLACK M!LKが、初披露の「Charge」をはじめM!LKとは正反対のスタイルで衝撃を残したことも特筆すべきところ(その全貌はファンクラブ『PREMIUM MILK』にて公開中)。また、山?悠稀と塩?太智のソロコーナーも。グループ内で一番歌うことが好きな山?はチェック柄のジャケットのセットアップ&ハットで登場し、「恋愛実験サイエンス」で愛らしさをアピール。塩?は2カ月に渡って練習を重ねてきた空中技とダンスを融合したエクストリームマーシャルアーツでクールに沸かせた。

板垣瑞生が“M!LKの新しいスタート”と語ったストレートなロックナンバー「ボクノアカシ」で本編を締め括ると、アンコールでは前述したファンクラブ発足記念のファンミーティングを7月14日に中野サンプラザにて開催することを発表。向上心を持ち走り続ける彼らのライヴを見逃さないでほしい。

■M!LKオフィシャルファンクラブ『PREMIUM MILK』発足記念ファンミーティング

7月14日(金) 中野サンプラザ (東京都)
開場17:30/開演18:30

■シングル「テルネロファイター」

2017年5月10日(水)発売
【TYPE-A】
ZXRC-1107/¥1,000+税
<収録曲>
M1 テルネロファイター
M2 サンキュー! N・D・K!
【TYPE-B】
ZXRC-1108/¥1,000+税
<収録曲>
M1 テルネロファイター
M2 ボクノアカシ
【TYPE-C】
ZXRC-1109/¥1,000+税
<収録曲>
M1 テルネロファイター
M2 桜咲く頃には

【関連リンク】
M!LK オフィシャルHP
M!LK、日本テレビ系『バズリズム』5月度エンディングテーマを担当決定
M!LK、板垣瑞生と佐野勇斗が『GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER』にモデルとして出演決定
M!LK、ツアー東京公演にて新曲「テルネロファイター」MV解禁

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ライブ

miwa、"miwaバンド"初参加の「シャイニー」MV&爽やかなジャケ写が解禁!
Tue, 02 May 2017 17:00:00 +0900
シングル「シャイニー」【初回生産限定盤】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

miwaが5月24日にリリースするニューシングル「シャイニー」のMVとジャケット写真が公開された。

【その他の画像】miwa

ニューシングル「シャイニー」は、初夏に優しい風が吹き、光が溢れるようなイメージの爽やかな楽曲で、「爽健美茶」(日本コカ・コーラ株式会社)の2017年CMソングとして4月25日よりTV CMがスタートしている。

MVは、爽やかな自然の森の中で、仲の良い友達、仲間が集まったパーティーをコンセプトに制作され、現在開催中のツアーでもmiwaを支えてくれているmiwaバンドが初めて撮影に参加している。

この撮影日の数日後に、miwaバンドのキーボードとドラムのメンバーが結婚式を上げるというタイミングだったことから、普通のパーティーシーンの撮影が、自然と二人をお祝いするという雰囲気のパーティーシーンに。天気にも恵まれ、シャイニー感溢れる空間の中、長年一緒にやってきたからこそのmiwaバンドならではのグルーヴ感、そして仲の良さが自然と画面から溢れる作品となった。

さらに、『この曲はライブでタオルを回して盛り上がってほしい』という思いから、急遽miwaの発案でタオル回しのシーンを入れることに。この「シャイニー」もタオルを回して盛り上がる夏のライブに欠かせない楽曲となること間違いないだろう。なお、MVとメイキングは、5月24日発売のシングルの初回限定盤のDVDに収録されるとのこと。

また、今回解禁となったジャケット写真は、「初夏の爽やかさ」をテーマに制作。ナチュラルに佇むmiwaが表現されている。こちらもあわせてチェックしてほしい。

■「シャイニー」MV
https://youtu.be/rrDXewLcRlc

■シングル「シャイニー」

2017年5月24日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9408-09/¥1,500+税
【通常盤】(CD only)
SRCL-9410/¥1,200+税
<収録曲>
01. シャイニー
02. 絶対あの場所に 
03. 結 -ゆい- (Sound Inn“S"ver.) 
04. シャイニー (Instrumental)

【関連リンク】
miwa オフィシャルHP
miwaのアリーナツアーにスコット&リバース・内澤崇仁(androp)がサプライズ登場
miwa、新曲「シャイニー」が爽健美茶新CMソングに
miwa、ニューシングル「シャイニー」発売決定! カップリング情報も解禁

【関連アーティスト】
miwa
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1