歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年04月30日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
SUPER★DRAGON初の東名阪ツアーファイナルをレポート! 新曲MV公開&8月に東阪ツアー開催決定
Sun, 30 Apr 2017 21:33:00 +0900
4月29日@大阪・umeda TRAD (okmusic UP\'s)

9人組ダンス&ヴォーカルグループSUPER★DRAGONが初の東名阪ツアーを開催。“新しいことを見せる”ということを裏テーマにしていたという本ツアーは各地“room”と“sense”の2部構成で、グループはもちろんメンバーが各々で挑んだ挑戦もあり、若手ならではの伸びしろを余すことなく見せつけた。

【その他の画像】SUPER★DRAGON

 メンバー9人が同じ家で共同生活を送っているという設定で、“room”と題した1部はリビングに見立てたステージ。全身真っ白の衣装をまとったメンバーが集うと、ジャンがジャケットを用意したということでそれぞれジャケットを手に取りジャケットダンスへ。軽やかにジャケットを投げ渡したり羽織ったりと、息が合ったスタイリッシュなパフォーマンスから目が離せない。「Pendulum Beat!」では早速“お好み焼き!”“たこ焼き!”と大阪ならではのコールアンドレスポンスを挟み、重みのあるビートが印象的な「Ooh! Ooh!」ではオーディエンスも巻き込んで全員で拳を突き上げるなど攻めの姿勢だ。

 ジャンを筆頭にした『ジャジャジャジャンコール』は、リズムに合わせてひとりずつ自分の名前を言いながらポーズを決めるのだが、自己紹介しかり、壮吾は自身の好きな電車になぞらえて車掌の真似をしていたり、楽は両手を上げて猫のようにキュートな構えを決めたり、それぞれ個性あふれるポーズでアピール。そんな9人が観せるパフォーマンスは実に多彩で、「The Survivor」では手を巧みに使ったタット、「HACK MY CHOICE」では変わりゆくフォーメーションで魅せた。

 中盤では年少組5人によるサンダードラゴンのコーナーも。黄色のキャップを手に、楽がくるりと回すように投げて頭に被せたのをきっかけに、5人でキャップでのハットトリックとダンスを融合したライトフィートパフォーマンスを披露。そして、“ツーリング行きませんか?”(彪馬)と呼びかけ「リマカブロ!」で一体感を生み出し、続く前向きで明るい「GETSUYOUBI」では5人全員で楽しげに歌う姿が印象的だった。

 年長組のファイヤードラゴンはシューズで対抗。シューズを宙に舞わせて履いたり、手で自由自在に操ったりというクールなアクション。パーティーチューン「PAYAPAYA」を経て「ARIGATO」をしっとりと響かせ、緩急を付けた年長組ならではの大人の趣きで心を掴む。

 改めて9人が出揃い6月28日リリースの「ワチャ-ガチャ!」を大阪初披露。彪馬が同じEBiDANに所属する超特急、DISH//、PrizmaXのことを“偉大な先輩”と感謝つつ、SUPER★DRAGONなりの魅力で虜にさせたいと宣言。「BROTHERHOOD」の手を合わせたり、肩を組んだり、9人で円になって拳を向き合わせるといった心を通わせる場面には絆だけではなくその決意も見えた。

 この日楽曲面で新しさを提示したのは、アンコールのミディアムバラード「Believe」。前述した先輩グループPrizmaXの清水大樹が作った楽曲で、ジャン、洸希、和哉の3人は初めてラップ詞の制作に参加、9人全員のヴォーカルのソロパートがあるというのも新境地。この楽曲が今後のSUPER★DRAGONにどのような風を吹き込むのか楽しみだ。

 1部の最後に共同生活を送る家の禁断の扉を楽が開けてしまったことで、先ほどまでのアットホーム感とは一転して、陰の空気が漂う異世界に迷い込んだ2部の“sense”。クールにまとめた衣装、髪の毛はそれぞれ鮮やかなペイントを施し、顔には白い仮面を付けて登場。「hide-and-seek」が始まり仮面を外して素顔を現すと歓声が起きる。その後も和を感じさせるサウンドや歌舞伎のような手の振りと足拍子が印象的な「BIG DIPPER」、コールアンドレスポンスで沸かせた「BAD BOY」で序盤にして最高潮の盛り上がりに。

 曲を終えると意識を失うようにメンバーが倒れ込み、目覚めて気が付いたら玲於、毅、颯がいなくなっている。扉があるが出口が分からない異世界に迷い込んだ残りの6人は戸惑いながらも脱出方法を探しつつ、3人を探しに行くことに。

 それと入れ替わるように、異世界に迷い込んだことで特殊能力に目覚めた3人のステージへ。サッカーボールを片手にユニフォームを着た颯はサッカーボールでリフティングやヘディングを次々にこなしていく。全身黒のジャージに赤のキャップを被り、大きなラジカセを肩に担ぎ登場した玲於は、大胆なブレイクダンスを披露。毅はこの日のために練習を始めたというアコギを片手に、叙情感たっぷりに歌い上げた「砂時計」で会場を酔わせた。

 そんな3人が合流し、再び9人が揃ったことで今度は二手に分かれて出口を探すことに。ステージに残ったサンダードラゴンの5人は“俺たちはバイクで行こう!”と、バイクに見立てたポーズを組んだり、全力で拳を上げて飛び跳ねる「リマカブロ!」でアクセル全開に攻め、雷の音が鳴り響いた「INAZUMA」でカッコ良く締め括った。一方、ファイヤードラゴンは毅の伸びやかな歌声とファルセットが心地良い「MIKAZUKI」を聴かせ、「PAYAPAYA」の曲中で“サンダー出てこいや!”と言うとサンダードラゴンが合流。サビで一体感を生み出す手と頭の振りは、9人が揃うと一層賑やかに。

 先ほどから同じ場所を彷徨っていること、そして扉の鍵は自分たちの力=音楽で開けられるかもしれないと気付き、新曲「ワチャ-ガチャ!」でオーディエンスと一緒に踊り、そのまま「Pendulum Beat!」「+IKUZE+」とアップナンバーを投下。その後、“終わってしまうという実感がない。そして、楽しい時間だから短く感じる”(和哉)、“アクシデントもあったけど、改めてこのグループが好きだと思った”(颯)とそれぞれ語り、洸希のビートボックスが冴え渡った「BROTHERHOOD」で再び絆を再確認した。

 アンコールでは、「Believe」について洸希がラップ詞に挑戦した時についての苦悩を語ったことで、ジャン、洸希、和哉の3人がSUPER★DRAGONを結成してから経験してきた思い出を振り返ったというリリックがよりダイレクトに伝わってきた。そして、ひとり残らずまた会えるようにと気持ちを込めた「KITTO→ZETTAI」で多幸感に包みこんだ後、5th東阪ワンマンツアーを8月18日(金)豊洲PIT、8月27日(日)Zepp Osaka Baysideの2公演開催することを発表すると、割れんばかりの歓声がメンバーを祝福した。

 本公演のほかにも“sense”と題した2部では、東京公演で山手線にちなんだソロ曲の披露(壮吾)、ループステーション&ビートボックス(洸希)、殺陣(和哉)、名古屋公演でアニメーションダンス(ジャン)、手袋から出るレーザーを操りながらのダンスパフォーマンス(彪馬)、キャップとシューズを取り入れたライトフィート(楽)などそれぞれが特殊能力として新しい挑戦を行なってきた本ツアー。最終公演で玲於、毅、颯も特殊能力を発揮し9人のセンス=扉の鍵が揃ったことで、迷い込んだ異世界から外へつながる扉がついに開き、『NUMBER 9 TOUR』は終了。

 終演後には“次のツアーではさらにレベルアップした姿を観せたい”(玲於)、“今回のツアーでSUPER★DRAGONの新しい扉が開いたというイメージを持っているので、期待してほしい”(颯)と充実感にあふれた表情で語ってくれた。そんな次の8月のツアーのチケットは無料ファンクラブ『C.L.S.D』にて現在先行抽選受付中。新たな一歩を踏み出したSUPER★DRAGONが次に観せてくれるものとは? ぜひその目で確かめてほしい。

 また、サプライズで発表された東阪ワンマンツアーとともに新曲「ワチャ-ガチャ!」のアーティスト写真、MVも公開された。併せて要チェック!

■セットリスト

【1部】
1.ジャケットダンス
2.Pendulum Beat!
3.BIG DIPPER
4.Ooh! Ooh!
5.The Survivor
6.HACK MY CHOICE
7.BAD BOY
8.LiteFeet 〜CAP〜(サンダードラゴン)
9.リマカブロ!(サンダードラゴン)
10.GETSUYOUBI(サンダードラゴン)
11.LiteFeet 〜SHOES〜(ファイヤードラゴン)
12.PAYAPAYA(ファイヤードラゴン)
13.ARIGATO(ファイヤードラゴン)
14.hide-and-seek
15.ZEN-SHIN-ZEN-REI
16.ワチャ-ガチャ!
17.+IKUZE+
18.BROTHERHOOD
<ENCORE>
1.Believe
2.KITTO→ZETTAI

【2部】
1.hide-and-seek
2.Ooh! Ooh!
3.ZEN-SHIN-ZEN-REI
4.The Survivor
5.HACK MY CHOICE
6.BIG DIPPER
7.BAD BOY
8.特殊能力パフォーマンス(颯)
9.特殊能力パフォーマンス(玲於)
10.特殊能力パフォーマンス(毅)
11.リマカブロ!(サンダードラゴン)
12.INAZUMA(サンダードラゴン)
13.MIKAZUKI(ファイヤードラゴン)
14.PAYAPAYA(ファイヤードラゴン)
15.ワチャ-ガチャ!
16.Pendulum Beat!
17.+IKUZE+
18.BROTHERHOOD
<ENCORE>
1.Believe
2.KITTO→ZETTAI

■「ワチャ-ガチャ!」MV
https://www.youtube.com/watch?v=hAZLg8dEVaI&feature=youtu.be

■シングル「ワチャ-ガチャ!」

2017年6月28日(水) 発売
【TYPE-A】
ZXRC-1110/¥1,000 (税込)
<収録曲>
M1.ワチャ-ガチャ! 
M2.未定

【TYPE-B】
ZXRC-1111/¥1,000 (税込)
<収録曲>
M1.ワチャ-ガチャ! 
M2.未定

【TYPE-C】
ZXRC-1112/¥1,000 (税込)
<収録曲>
M1.ワチャ-ガチャ! 
M2.未定

■【ライブ情報】

『SUPER★DRAGON 5th ONEMAN LIVE TOUR(仮)』
8月18日(金) 豊洲PIT(東京都)
8月27日(日)  Zepp Osaka Bayside(大阪府)

<席種・料金>
【東京】
全自由 ¥5,000(税込)
【大阪】
全自由 ¥5,000(税込)/ 2階指定席 ¥5,500(税込)
※別途ドリンク代500円必要。
※3歳以上はチケットが必要となります。
※全自由の方は整理番号順でのご入場となります。

■公演に関する問合せ
【東京】
ホットスタッフ・プロモーション TEL:03-5720-9999(平日12:00〜18:00)
【大阪】
キョードーインフォメーション TEL:0570-200-888(毎日10:00〜18:00)

【関連リンク】
SUPER★DRAGON オフィシャルHP
SUPER★DRAGON、6月に新曲「ワチャ-ガチャ!」をリリース&TVアニメ主題歌に決定!
SUPER★DRAGON、音楽認識アプリのJapanチャートで1位にランクイン
SUPER★DRAGON、1stアルバムのリリースイベントにて東名阪ワンマンライブツアーを発表

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
J-POP, ライブ

セプテンバーミー、「キツネ憑きの唄」MVは女優・久恒美奈とメンバーによるドラマ!?
Sun, 30 Apr 2017 19:00:00 +0900
セプテンバーミー (okmusic UP\'s)

セプテンバーミーが5月17日にリリースする1st EP『世界として生きる君へと想う.ep〔特別盤〕』より、リード楽曲「キツネ憑きの唄」のフルサイズMVを公開した。

【その他の画像】セプテンバーミー

MVの監督を務めたのは、バンドと3度目のタッグを組んだ太田タイキ氏。冒頭では、過去に公開してきたセプテンバーミーのMVがダイジェストで流れ、その後に今作のMVが流れる仕様になっている。映像は、神奈川県にある久良岐能舞台で撮影され、躍動するバンドシーンと、女優の久恒美奈とメンバーによるドラマシーンによって形成されている。

また、リリースツアー「百鬼夜行ツアー2017」とインストアイベントの日程が公開となった。「百鬼夜行ツアー2017」は、初日の7月7日(金)千葉LOOK公演を皮切りに、全国13か所を予定しており、ファイナルは9月5日(火)の東京・渋谷TSUTAYTA O-WEST公演となる。全公演にゲストを迎えた対バン形式を予定しており、ゲストバンドは後日発表となる。

あわせて、東名阪を予定しているリリースを記念したインストアライブのうち、東京公演と名古屋公演の詳細も発表となった。大阪公演に関しては、後日改めてインフォメーションされる。3公演ともにバンドはアコースティックセットのミニライブを予定しており、CD購入者を対象に、サイン会などが実施される予定だ。

さらに、バンドが主催する新宿エリア3会場を使用したライブハウスサーキット「バーミーフェスvol.3」のゲストバンド第二弾も発表となり、新たに10組のアーティストが名を連ねている。

セプテンバーミーは、5月17日に初となるEP作品『世界として生きる君へと想う.ep〔特別盤〕』を、タワーレコード限定2000枚生産にてリリース。最新情報はオフィサシャルサイトよりご確認を。

■「キツネ憑きの唄」MV
https://youtu.be/eEmpIMa36gg

■EP『世界として生きる君へと想う.ep[特別盤]』

2017年5月17日発売
CCN-003/¥2,000(税込)
※タワーレコード限定販売(2000枚限定生産)
<収録曲>
1.化かし化かされ化かし合い
2.キツネ憑きの唄
3.光のストーリー
4.magical chocolate moon
5.アイヲウタウトリヨ

■EP『世界として生きる君へと想う.ep〔特別盤〕』リリース記念インストアイベント

6月04日(日)18:30〜 名古屋パルコ西館1Fイベントスペース
6月05日(月)19:00〜 タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
※大阪会場の詳細は後日発表。

■『百鬼夜行ツアー2017』

7月07日(金) 千葉LOOK
7月15日(土) 福岡Queblick
7月16日(日) 熊本Django
7月17日(月・祝) 鹿児島SR HALL
7月23日(日) 香川高松MONSTER
7月29日(日) 愛知名古屋UPSET
8月05日(土) 宮城仙台LIVE HOUSE enn 3rd
8月12日(土) 岡山PEPPER LAND
8月13日(日) 兵庫MSUIC ZOO KOBE 太陽と虎
8月26日(土) 富山SOUL POWER
8月27日(日) 新潟 CLUB RIVERST
9月01日(金) 大阪 梅田Shangri-La
9月05日(火) 東京 渋谷TSUTAYA O-WEST

※全公演対バン形式、ゲストバンド後日発表予定。

チケット代 前売り¥2,500
9月5日(火)東京渋谷TSUTAYA O-WESTのみ¥3,000
チケット一般発売 5月11日(木)正午12:00

■「バーミーフェスvol.3」

6月24日(土) 新宿motion、新宿marble、新宿MARZ
3会場、サーキット形式。
開場12:00/開演12:30(予定)
前売り¥3,000/当日¥3,500

<出演>
■第2弾発表アーティスト
密会と耳鳴り new!
ナナヲアカリ new!
CRZY VODKA TONIC new!
バンドハラスメント new!
午前四時、朝焼けにツキ new!
リアクションザブッダ new!
ROACH new!
Yellow Studs new!
VOI SQUARE CAT new!
asobius new!
■発表済アーティスト
セプテンバーミー
アンテナ
the twenties
鳴ル銅鑼
OVER THE DOGS
さしすせそズ
UN CHICK SHOW
yEAN
WAFY
1869(OA)

※全30バンド前後出演予定。
※チケットイープラスにて一般発売中

【関連リンク】
セプテンバーミー、1st EP『世界として生きる君へと想う.ep〔特別盤〕』ジャケ写公開
セプテンバーミー、能舞台に座った新ビジュアルを公開&ライブハウス3会場で主催フェスを開催
セプテンバーミー、2000枚限定生産となる1st EPをタワレコ限定で発売決定
セプテンバーミー、ココナッツ先輩(Ba)ラストツアーが大団円

【関連アーティスト】
セプテンバーミー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ギターウルフ、セイジの地元・島根で野外ライブイベント開催決定
Sun, 30 Apr 2017 18:00:00 +0900
『SHIMANE JETT FES ヤマタノオロチライジング2017』 (okmusic UP\'s)

2017年で30周年を迎えるギターウルフが、10月7日に野外ライブイベント『シマネジェットフェス ヤマタノオロチライジング2017』を島根松江の古墳の丘古曽志公園で開催することを決定した。

【その他の画像】ギターウルフ

ステージは4つあり、ヤマタノオロチステージ、スサノオステージ、クシナダステージそして古墳の足元から発車する、映画『RAILWAYS』でも知られる一畑電車の中にステージが組まれる。目の前に宍道湖が広がる古墳の丘で、岩見神楽の大蛇が舞い、バンドがロックする。八雲立つこの地にて始まる第一回目の古墳と神話とロックの融合をお楽しみに。そしてもう一つ、この時期の宍道湖の夕日は絶品!

■『SHIMANE JETT FES ヤマタノオロチライジング 2017』 オフィシャルHP
http://jettfes.com/

■GUITAR WOLF 30th Anniv.『SHIMANE JETT FES ヤマタノオロチライジング 2017』

10月07日(土) 島根県・古墳の丘古曽志公園

■アルバム『チラノザウルス四畳半 T-REX FROM A TINY SPACE YOJOUHAN』

発売中
【初回生産限定盤】(CD+カセットテープ)
KSCL 2717-2718/¥3,200+税
【通常盤】(CD)
KSCL 2719/¥3,000+税

【関連リンク】
ギターウルフ オフィシャルHP
ギターウルフ、U.G脱退前ラストライブの開催が決定
ギターウルフのU.G(Ba&Vo)が脱退を発表
ギターウルフがライブ活動休止を発表

【関連アーティスト】
ギターウルフ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, フェス

メトロノーム、ツアーファイナル公演でワンマンライブ開催発表
Sun, 30 Apr 2017 17:00:00 +0900
4月29日@渋谷・TSUTAYA O-EAST (okmusic UP\'s)

エレクトロ・ポップ・ヴィジュアル系バンド メトロノームが、4月29日に最新アルバム『CONTINUE』を引っ提げた『現代MONO/POLY』ツアーのファイナル公演を渋谷・TSUTAYA O-EASTで行なった。

【その他の画像】メトロノーム

会場の入り口からすぐに壁や階段に縦横無尽に貼られたメトロノームの文字が延々と連なる黒と黄色のKEEP OUT風のテープに迎えられ、ライヴ会場というアトラクションへ向かうドキドキ感をどんどんあおっていく。

SEとしてアルバム1曲目に収録されているインストゥルメンタル曲「CONTINUE」が徐々にライヴオリジナルアレンジへ。「コンニチハ、メトロノーム デス」というゲームライクなナレーションがメンバーを一人ずつステージに呼び込む。それぞれのメンバーがステージに登場するたびに待ちわびていたファンの歓声が嵐のように湧き上がる。そして再度「コンニチハ、メトロノーム デス」のあと、VOICECODER(Vocal)シャラクの鬨の声「メトロノームだ!」で華々しくファイナルが幕を開けた。

まずはALBUMリード曲である『強くてNEW GAME』。腕を突き上げるシャラクに呼応して会場も一気にヒートアップ。妖艶な面持ちでTALBOからパッド、そしてテルミンを操るTALBO-1(ギター)フクスケに上手ファンは失神寸前。最初から身体能力を発揮してのっけからヘッドバンギングをかますTALBO-2(ベース)リウからは片時も目を離すことができない。

しかし、メトロノームはピコりつつ多彩なサウンドで魅せる、その変幻自在さ。「空想ヒーロー」ではフクスケの激しく繰り出されるギターのサウンドが排他的なほどのハードロックを突き付け、空気を硬質にしたかと思うと、「東京ロマンチカ」ではリウの襲い掛かるような姿勢から紡ぎだされる繊細なピアノに、メトロノームとしては異色の艶っぽい声色をビブラートで響かせるシャラクに心を奪われる。さらに「ハーメルン」では一挙に異国に連れ出されるようなシュールで退廃的な妖しい世界が広がるが、一方でメンバー全員が黄色と黒のポンポンを持って会場に振り付け講座をする「豆腐メンタル」はコミカルでおもちゃ箱をひっくり返したようなにぎやかな空気感にと、次から次へとステージ自体のムードが変わっていく。

そんな中で大事に披露されたアルバム『CONTINUE』唯一のカバー曲「形而上気分でRock\'n Roll」はグルグル映畫館が原曲。ファンからの惜しみない歓声は、リーダーの天野鳶丸氏に届いただろうか。

本編最後は「プチ天変地異」から「三つ数えろ」。会場が一気に興奮のるつぼと化し、ファンは頭が転げ落ちそうなほどのヘッドバンギング。このまま終われるはずのないステージに向けて、アンコールがメンバーが捌けたとほぼ同時に沸き起こる。その呼び声に応じたメトロノームは「自分コンプレックス」「めんどくさい」と畳み込み、「φD-SANSKRIT」では今回ツアーを通して使われていたメトロノームテープが宙に舞った。

一度ハイになった会場はもう止められない。さらにアンコールの声に登場したメトロノームはライヴで聴かずには帰れない「絶望さん」で大きく「絶望ですかー!?」のシャラクの呼びかけに、何百倍もの熱量で「絶望でーす!!」と返す会場いっぱいのファン。まだ帰れないファンからの熱烈なアンコールに、最後はお祭り騒ぎの「MATSURI」で後ろ髪を全力両手で引っ張る強烈な印象を残して、NEW ALBUM『CONTINUE』発売記念ツアー『現代MONO/POLY』の全公演が終了した。

ライヴ内ではメトロノーム19周年と、シャラクの生誕の両方を一気に祝うワンマンライブ「しゃーたん&めとたん」が、8月25日赤坂BLITZにて行われることが発表された。詳細は4月30日(日)11時以降、オフィシャルHPで発表されるため、チェック必至だ。

Photo by 洲脇理恵(MAXPHOTO)

【セットリスト】
01.強くてNEW GAME
02.ボク募集中
03.空想ヒーロー
04.メタリア〜ノ?ピコリア〜ノ!
05.東京ロマンチカ
06.BYE-BYE
07.ハーメルン
08.暗いbaby
09.INFORMATION
10.青い鳥
11.解離性同一人物
12.惨敗生活
13.形而上気分でRock\'n Roll
14.気が狂いそうな時に口ずさむ唄
15.豆腐メンタル
16.千年世界
17.パパパラノイア
18.プチ天変地異
19.三つ数えろ
ENCORE
20.自分コンプレックス
21.めんどくさい
22.φD-SANSKRIT
23.絶望さん
24.MATSURI

【関連リンク】
メトロノーム オフィシャルHP
メトロノーム、4月29日に開催されるツアーファイナルをLINE LIVEで一部生中継
メトロノーム、9年振りのアルバム『CONTINUE』全世界で音源配信&カナダライブも決定
メトロノーム、待望の新曲「強くてNEW GAME」MVがついに解禁

【関連アーティスト】
メトロノーム
【ジャンル】
ビジュアル, ライブ

アンテナ、2017年秋にメジャーデビュー決定
Sun, 30 Apr 2017 16:00:00 +0900
アンテナ (okmusic UP\'s)

アンテナが4月30日に宮城・みちのく公園北地区エコキャンプみちのくで行なわれた『ARABAKI ROCK FEST\'17』にて、2017年秋にテイチクエンタテインメント「BOGUS RECORDS」よりメジャーデビューすることを発表した。

【その他の画像】アンテナ

2010年、仙台にて結成されたアンテナ。『ARABAKI ROCK FEST\'12』にも出演。地元仙台を拠点に全国で精力的に活動している。

2017年秋リリース予定のメジャーデビュー作はBUMP OF CHICKENやTRICERATOPSなどを手がけた木崎賢治氏を迎えて現在制作中とのこと。また、本作においてリスナー参加型の企画も発表! 『みんなでアンテナ』と題してBOGUS RECORDSのHPとSNSにてテーマにそった“日常の音”を募集。集めた音源がアンテナのメジャーデビュー作に使用される。

7月21日にはレーベルメイトとなるココロオークションとの2マンイベント『アンテナpresents「背伸びしたら見えるかな。」なんだかんだ初めて2マン編』を地元・仙台で開催する事も発表された。本公演最速チケットは5月1日仙台でのライブ公演会場にて販売、プレイガイドでは5月8日より販売開始される。

■アンテナpresents『背伸びしたら見えるかな。』なんだかんだ初めて2マン編

7月21日(金) 宮城県 仙台enn3rd
Open18:30/Start19:00
前売り:¥2,500/当日¥3,000
出演:アンテナ/ココロオークション

【関連リンク】
新体制となったアンテナが2017年1月に新ミニアルバムをリリース
テスラは泣かない、恒例の自主企画イベント「High noble MATCH!」名古屋での初開催が決定
Halo at 四畳半、新曲「春が終わる前に」MV公開&ツアーの対バンを発表
アンテナ、「底なしの愛」MV&タワレコ仙台PARCO店30周年書き下ろし曲発表

【関連アーティスト】
アンテナ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ZIGGY、全国ツアー最終公演で10年振りとなるフルアルバムのリリースを発表
Sun, 30 Apr 2017 15:00:00 +0900
4月29日@東京EX THEATER (okmusic UP\'s)

デビューから30周年を迎えたZIGGYが4月29日に東京EX THEATERでツアーファイナルとなるライブを行なった。

【その他の画像】ZIGGY

4月2日よりスタートした全国ツアー『ZIGGY TOUR2017』(全国10か所)では、各地でSOLD OUTを連発。ZIGGYとしては実に3年振りのライブツアーの締めくくりを大成功で終えた。

ZIGGYと共に歩んできた多くのファンが会場を埋め尽くす中、「威風堂々」のSEが流れ出し会場が揺れる。サポートメンバーに続き、デビュー当時と同じ真紅のジャケットに身を包んだ森重樹一(vo)がステージに飛び出し、ブルースハープを吹き鳴らす。ZIGGYとしては約10年振りのニューシングルとなる「CELEBRATION DAY」でいよいよライブがスタート!

「それゆけ!R&R BAND」、「MAKE IT LOUD」、「LAZY BEAT」など、 30年前のデビューアルバムからのナンバーや、「マケイヌ」、「STEP BY STEP」といったシングル群を、全くの出し惜しみなく披露。今回のツアーを支える最強のサポートメンバー、カトウタロウ(G.)、Toshi(Ba.)、CHARGEEEEEE…(Dr.)、佐藤達哉(Key.)のZIGGYをリスペクトして止まない個性溢れるメンバーが、森重と最高のグルーヴを醸し出す。「I\'M A LOSER」、「HEAVEN&HELL」、「LA VIE EN ROSE」などライブでは欠かせない曲たちを織り交ぜながらたたみかける。「I CAN\'T STOP DANCIN」、「BURNIN\' LOVE」などファンには馴染みの曲を経て、本編のクライマックスはあの名曲「GLORIA」! この日に集った熱いファンとの大合唱となった。

そして、アンコール。再び観客に感謝の意を示すメンバー。「月が昇る頃には」などに続き、「WHISKY R&R AND WOMEN」を演奏。森重と観客との掛け合いの中、圧倒的な盛り上がりを見せ、メンバーは一旦ステージを去る。会場のコールに導かれた二度目のアンコール最初の曲は「静寂の音がただ青過ぎて」。今回のニューシングルのカップリングにフィーチャーされているナンバーで、バンド名の由来にもなったDavid Bowieの名作「Ziggy Stardust」。敬愛する彼へのオマージュを彷彿させる曲を歌いあげる。

この日は四回目のアンコールでは名曲「I\'M GETTIN\' BLUE」! 鍛え上げられた体で唯一無二の歌声とパフォーマンスを披露する森重の姿は、30年前と微塵も変わらないロックレジェンドそのもの。また、この日ステージの森重の口から、2017年秋にフルアルバムのリリースが発表された。

「来月から、レコーディングの準備に入ります。 ZIGGY のアルバムを、みんなに聞いてほしいと思う! みんなに待っていてほしいと思ってます!! 30年目の秋に森重が満54歳になったあかつきに、発売出来るように、頑張ろうと思ってます!! ZIGGY 応援して下さい!!」

ラストナンバーは「EASTSIDE WESTSIDE」。集ったファンと仲間たちとの別れを惜しむように歌い上げ、場内の歓声が鳴りやまない中、ZIGGYはステージを後にする。全38曲、約3時間半にも及ぶビッグステージ! 80年代から日本の音楽シーンで長きにわたって “伝説”を築き上げ、デビューからこれまでの間に一度たりとも解散する事なく進化を遂げてきたZIGGYの“今”がしっかり詰まった最高のライブ。実に3年振り、長い期間を経て再びシーンに戻ってきたZIGGYのツアーファイナルは大成功の内に幕を閉じた。

本公演でZIGGY にとって実に10年振りとなる待望の新作のリリースも発表されたが、YouTube、SPACE SHOWER MUSIC の公式チャンネルにて、未公開のライブ映像や様々なオリジナル映像が随時公開される事も決定! 第一弾はツアー初日の新横浜 NEW SIDE BEACH!から、オープニングナンバー「CELEBRATION DAY」のライブ映像を早くも公開されている。他にも新規の映像と気になる情報を続々UP予定なので、待望のアルバムリリースまで待ちきれない人は、YouTubeで日本最高のR&R バンド ZIGGYの魅力を随時チェックしてほしい。

【セットリスト】
01.CELEBRATION DAY
02.赤の残像
03.LET\'S DO IT WITH THE MUSIC
04.GO TO BLAZE
05.AGAIN
06.それゆけ! R&R BAND
07.MAKE IT LOUD 08. マケイヌ
09.LAZY BEAT
10.STEP BY STEP
11.ROCK THE NIGHT AWAY
12.I\'M A LOSER
13.HIGHWAY DRIVING NIGHT
14.FEELIN\' SATISFIED
15.TOKYO CITY NIGHT
16.SILENT EVE を待ちながら
17.JEALOUSY
18.GUILTY VANITY
19.HEAVEN&HELL
20.FOREVER WILD
21.LA VIE EN ROSE
22.DON\'T STOP BELIEVING 23. 928
24.I CAN\'T STOP DANCIN\'
25.BURNIN\' LOVE
26.蒼ざめた夜
27.GLORIA [ENCORE1]
28.月が昇る頃には
29.7 DAYS\' HANGOVER
30.ONE NIGHT STAND
31.WHISKY, R&R AND WOMEN [ENCORE2]
32.静寂の音がただ青過ぎて
33.DON\'T YOU LEAVE ME ALONE
34.STAY GOLD [ENCORE3]
35.6 月は RAINY BLUES [ENCORE4]
36.BORN TO BE FREE
37.I\'M GETTIN\' BLUE
38.EASTSIDE WESTSIDE

■「CELEBRATION DAY」 (LIVE ver. @新横浜NEW SIDE BEACH!! 〜2017.04.02〜)
https://youtu.be/6ThPysGbwtQ

【関連リンク】
森重樹一 オフィシャルHP
ZIGGY、ニコ生特番で対談や引き語り生ライブを披露
MADBEAVERS、“衝動”に満ちたミニアルバム『その衝動の先へ』をツアーで先行リリース
忘年会でカラオケなに歌う!?40代男性が歌う必ず盛り上がる曲、オススメ5選

【関連アーティスト】
ZIGGY, 森重樹一
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

MAN WITH A MISSION、狼大全集ラストの第5弾リリース決定
Sun, 30 Apr 2017 14:00:00 +0900
DVD&Blu-ray「狼大全集V」 (okmusic UP\'s)

MAN WITH A MISSIONが映像作品第五弾『狼大全集V』を6月14日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】MAN WITH A MISSION

2016年2月10日にリリースされたアルバム『The World\'s On Fire』を引っ提げ、追加公演を含め、全国32公演のツアーを達成したMAN WITH A MISSION。今作はMAN WITH A MISSION史上東海地区最大キャパシティーのポートメッセなごやで行われた追加公演のライブ模様を収録している。

更には『狼大全集I』以来となる、ミュージックビデオ集も収録され、過去のミュージックビデオの他に、今回の映像作品の為に制作された「The World\'s On Fire」のリリックビデオが特別に収録される。対象店舗での購入者特典として、オリジナルステッカーがプレゼントとなるようだ。

また、今回の『狼大全集V』を持って、大全集シリーズがコンプリートされる。今まで『狼大全集I』〜『狼大全集IV』を購入したファンは既に気付いているかもしれないが、背表紙に描かれている絵柄は今回遂に完成するのだろうか。『狼大全集V』の発売に合わせて、全五作が収まる専用ボックスもMAN WITH A MISSIONオフィシャル通販にて販売されるとの事。近日詳細が発表される。

■『狼大全集V』応援店舗一覧http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/manwithamission/shoplist/170426/
※オリジナルステッカーは先着でなくなり次第終了。

■Blu-ray&DVD『狼大全集V』

2017年6月14日発売
【初回生産限定盤】(2DVD)
SRBL-1744〜5/¥5,093+税
【通常盤】(2DVD)
SRBL-1746〜7/¥4,630+税
【Blu-ray】(1Blu-ray)
SRXL-123/¥5,556+税
<収録曲>
■Live Video (全3形態共通収録)
“The World\'s On Fire TOUR 2016”11.3 @愛知 ポートメッセなごや第1展示館
01.Survivor
02.Waiting for the Moment
03.distance
04.Dive
05.database
06.followers
07.Get Off of My Way
08.Give it Away
09.Out of Control
10.Memories
11.Medley(フォーカスライト〜Wake Myself Again〜evils fall)
12.ワンダーランド
13.Hey Now
14.Emotions
15.The World\'s On Fire
16.Seven Deadly Sins
17.FLY AGAIN
18.Raise your flag
■Documentary (全3形態共通収録)
“The World\'s On Fire TOUR 2016” Documentary Movie
■Music Video (全3形態共通収録)
01.Emotions
02.Wake Myself Again
03.database feat.TAKUMA(10-FEET)
04.evils fall
05.higher
06.Seven Deadly Sins
07.Dive
08.Out of Control
09.Raise your flag
10.Far
11.Memories
12.The World\'s On Fire (lyric video)
■Special Mission (特典映像:初回生産限定盤とBlu-ray盤に収録)
狼耳アワー “ディレクターズカット版”
第1回 マンウィズ ア ミッション ガゥガゥ カミカゼ・ボーイ ブレイスキックで100万円?!!

【関連リンク】
MAN WITH A MISSION オフィシャルHP
岩手県大船渡の復興イベントにBRAHMAN、MONOEYES、10-FEET、マンウィズが集結
MAN WITH A MISSION、ツアーのさらなる追加公演&ヨーロッパ公演が決定
LOW IQ 01、ニューアルバム『Stories Noticed』発売決定! 細美武士・TOSHI-LOW・Tokyo Tanakaが参加

【関連アーティスト】
MAN WITH A MISSION
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GLAY、メジャーデビュー記念日にホールツアー追加公演開催決定
Sun, 30 Apr 2017 13:30:00 +0900
GLAY (okmusic UP\'s)

GLAYが現在行なっているホールツアー『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2017 -Never Ending Supernova-』の追加公演として5月25日に金沢歌劇座を発表した。

【その他の画像】GLAY

全会場ソールドアウトとなっているツアーともあり、ファンには朗報となったことだろう。しかも、5月25日は23年前にX JAPANのYOSHIKIプロデュース「RAIN」でGLAYがメジャーデビューした記念すべき日でもあることにも注目したい。

夏にはタイアップ楽曲満載のニューアルバム『SUMMERDELICS』の発売、そして9月からは全23公演23万人を動員する大型アリーナツアーの開催も決まっているGLAY。止まることなく常に進化を続けるモンスターバンドから今後も目が離せない!!

■『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2017 -Never Ending Supernova-』

5月02日(火) 茨城県立県民文化センター
5月04日(木・祝) 栃木 足利市民会館
5月09日(火) 北海道 釧路市民文化会館
5月11日(木) 北海道 北見市民会館
5月15日(月) 千葉 市川市文化会館
5月16日(火) 千葉 市川市文化会館
5月24日(水) 石川 金沢歌劇座 【振替公演】
5月25日(木) 石川 金沢歌劇座 【追加公演】
※終了分は割愛。

■『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”』

9月23日(土・祝) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
9月24日(日) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
9月30日(土) 大阪城ホール
10月01日(日) 大阪城ホール
10月07日(土) 宮城 / セキスイハイムスーパーアリーナ
10月08日(日) 宮城 / セキスイハイムスーパーアリーナ
10月21日(土) 広島グリーンアリーナ
10月22日(日) 広島グリーンアリーナ
10月25日(水) 東京/日本武道館
10月27日(金) 東京/日本武道館
10月28日(土) 東京/日本武道館
11月03日(金・祝) 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11月04日(土) 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11月11日(土) 神奈川/横浜アリーナ
11月12日(日) 神奈川/横浜アリーナ
11月15日(水) 大阪城ホール
11月16日(木) 大阪城ホール
11月25日(土) マリンメッセ福岡
11月26日(日) マリンメッセ福岡
12月09日(土) さいたまスーパーアリーナ
12月10日(日) さいたまスーパーアリーナ
12月16日(土) 愛知・日本ガイシホール
12月17日(日) 愛知・日本ガイシホール

■アリーナツアー特設サイト
http://glay.jp/summerdelics
※公演詳細&チケット発売情報は特設サイトで随時更新。

■アルバム『SUMMERDELICS』

2017年夏発売
<収録予定楽曲>※曲順不同
・HEROES (Written & Composed by TERU)
テレビ東京系アニメ「ダイヤのA -SECOND SEASON-」オープニングテーマ
テレビ神奈川 第97回 全国高等学校野球選手権 神奈川大会 中継テーマソング
・微熱?girlサマー (Written & Composed by HISASHI)
コンタクト専門店アイシティ 夏のキャンペーンCMソング
・Scoop (Written by TAKURO Composed by JIRO)
テレビ朝日系「お願いランキング」1月度エンディングテーマ
・Supernova Express 2016 (Written & Composed by TAKURO)
JR北海道・北海道新幹線開業イメージソング
・空が青空であるために (Written & Composed by TERU)
テレビ東京系アニメ「ダイヤのA -SECOND SEASON-」オープニングテーマ
・デストピア (Written & Composed by HISASHI)
テレビアニメ「クロムクロ」第1クールオープニングテーマ
・超音速デスティニー (Written & Composed by HISASHI)
テレビアニメ「クロムクロ」第2クールオープニングテーマ
・XYZ (Written & Composed by TAKURO)
Red Bull Air Race Chiba 2017テーマソング
・the other end of the globe (Written by TERU/TAKURO Composed by TERU)
MBS/TBSドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」主題歌

上記楽曲の他、新曲を多数収録!
※アルバムの発売日他詳細は後日発表となります。

【関連リンク】
GLAY、新曲が北海道マラソンオフィシャルソングに! FF初実写化ドラマの主題歌も配信開始
GLAY、島根県よりツアー『Supernova』が開幕
GLAY、初の“夏”アルバムリリース&9月より大型アリーナツアー開催決定!
GLAY、『Red Bull Air Race Chiba 2017』テーマ曲「XYZ」を3月6日より配信

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

URCアナログ復刻シリーズ12作品をアナログLP&カセットテープで発売
Sun, 30 Apr 2017 13:00:00 +0900
URCロゴ (okmusic UP\'s)

今回のURCアナログ復刻シリーズでは、アナログLPレコードと人気再燃のカセットテープで復刻! 7月の“はっぴいえんど”のファースト&セカンドの2タイトルを皮切りに、シリーズ全12作品を隔月2タイトルを6回に渡り発売する予定だ。

【その他の画像】遠藤賢司

URCは日本で最初のインディーズレーベルともいわれ、1969年に会員制レコードクラブとしてスタートした。はっぴいえんど、をはじめ、五つの赤い風船、遠藤賢司、岡林信康、加川良、金延幸子、斉藤哲夫、ザ・ディランII、シバ、高石友也、高田渡、友部正人、中川五郎、早川義夫、休みの国、六文銭、三上寛など、ここからデビューした強烈な才能は枚挙にいとまがない。1960年代末の反戦・社会運動の高揚を背景に、綺羅星のごとく才能が集い、個性溢れる名盤を送り出し、今なお大きな影響を日本の音楽界に及ぼし続けている伝説的レーベルである。

■【12作品発売スケジュール】

第1回発売:2017年7月19日
(以降9月20日,11月15日, 2018年1月17日, 3月21日,5月16日 全6回予定)
価格:全12タイトル共通
アナログLPレコード¥3,700+税
カセットテープ¥2,000+税
※完全限定生産
※予約受付:4月28日開始

<タイトル/アーティスト(LP品番/カセット品番)>
■2017年7月19日発売
アルバム『はっぴいえんど』/はっぴいえんど(PCJA.00065/PCTA.00282)
アルバム『風街ろまん』/はっぴいえんど(PCJA.00066/PCTA.00283)
■2017年9月20日発売
アルバム『教訓』/加川良(PCJA.00069/PCTA.00284)        
アルバム『溶け出したガラス箱』/西岡たかし・木田高介・斉藤哲夫(PCJA.00070/PCTA.00285) 
■2017年11月15日発売
アルバム『niyago』/遠藤賢司(PCJA.00071/PCTA.00286) 
アルバム『HIRO』/柳田ヒロ(PCJA.00072/PCTA.00287) 
■2017年2018年1月17日発売
アルバム『君は英雄なんかじゃない』/斉藤哲夫(PCJA.00073/PCTA.00288)
アルバム『休みの国』/休みの国(PCJA.00074/PCTA.00289)
■2018年3月21日発売
アルバム『 汽車が田舎を通るそのとき』/高田渡(PCJA.00075/PCTA.00290)
アルバム『きのうの思い出に別れをつげるんだもの』/ザ・ディランII(PCJA.00076/PCTA.00291)
■2018年5月16日発売
アルバム『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』/早川義夫(PCJA.00077/PCTA.00292)
アルバム『BANG!』/三上寛(PCJA.00078/PCTA.00293)

■【URCアナログ復刻シリーズ 12作品発売記念ローソンHMV限定スペシャルキャンペーン】

<キャンペーン概要>
HMV record shop、HMVオンライン、HMV店舗にて、URCアナログ復刻シリーズ12作品のLP1枚お買い上げ毎に、キャンペーン応募券を1枚プレゼント致します。キャンペーン応募券4枚を集めて官製はがきに貼付の上 応募いただいた方には“もれなく”『限定特典7インチアナログ』をプレゼント。

限定特典7インチアナログ収録曲
・金延幸子『青い魚』
・休みの国『悪魔巣取金愚』(悪魔ストッキング)

※キャンペーン詳細はお買い上げ時にお渡しさせていただきます キャンペーン応募券をご確認下さい。
※『限定特典7インチアナログ』は、2017年11月上旬以降の発送を予定しております。
※応募締切:2018年6月29日(金)必着

【関連リンク】
加川良が急性白血病のため逝去
“不滅の男”遠藤賢司の『東京ワッショイ』は、エンケンしか辿り着けなかった圧倒的高み
デヴィッド・ボウイ入門映画『戦メリ』に登場する5人の名優/ミュージシャン
鍵、会社に忘れた・・・木枯らしの中、自宅の玄関で佇む時に頭の中でなる曲は?

【関連アーティスト】
遠藤賢司, 早川義夫, 加川良, 斉藤哲夫, 高田渡, ザ・ディランII, 休みの国, はっぴいえんど, 三上寛, 西岡たかし, 木田高介, 柳田ヒロ
【ジャンル】
J-POP

SpecialThanksがニューアルバム『Anthem』より「happy」MV公開
Sun, 30 Apr 2017 12:00:00 +0900
SpecialThanks (okmusic UP\'s)

SpecialThanksが5月10日発売のアルバム『Anthem』より「happy」のミュージックビデオを公開! さらに『Anthem』リリースツアーの対バンを発表した。

【その他の画像】SpecialThanks

今回ミュージックビデオが公開となった「happy」は、テレビ東京「おしゃべりオジサンと怒れる女」の5月度エンディングテーマにも決定し、4月29日(土)放送回よりオンエアされている。

そして、ミュージックビデオは「メンバー各々が思うハッピーなこと」が登場する内容となっており、中にはhappy(ハッピー)とかけて、法被(はっぴ)を来たメンバーが登場するという微笑ましいシーンも。「幸せとは何か?」という普遍的かつシリアスなテーマをよりポップな世界観に落とし込んだ作品となっている。

さらに、 5月よりスタートする『Anthem』リリースツアーの対バンが発表となった。初日5月26日(金)の下北沢CLUB251には前作「heavenly」でスプリットツアーを行った盟友The Winking Owl、そして2016年10月に6年ぶりの活動再開を果たした175R。以降の公演にはLONGMAN、FOUR GET ME A NOTS、トライアンパサンディ、ポタリなどが各地に参戦。ツアーファイナルは7月14日(金)に新宿LOFTでのワンマンライブとなっている。チケットは各種プレイガイドにて絶賛発売中。また、ツアー会場にて未発表アコースティック音源2曲入りワンコインCD(500円)も発売決定。収録曲は1.NEVER GIVE UP/2.YOU=MUSIC I LOVEの2曲となっている。

■「happy」ミュージックビデオ
https://youtu.be/QfiGNvMKDc8

■「SpecialThanks『Anthem』リリースツアー」

5月26日(金) 下北沢CLUB251
w/ The Winking Owl / 175R
5月27日(土) 碧南芸術文化ホール「PunkRockParty」 open 13:00 / start 13:30
w/ All Found Bright Lights / BEAGLE / ember / SEPTALUCK
6月02日(金) 京都GROWLY
w/ SHIMA / MADLICK / LABRET / Hump Back
6月07日(水) 広島4.14 
w/ MINAMI NiNE / FouFou
6月08日(木) 松山Double-u studio
w/ MINAMI NiNE / SEPTALUCK
6月10日(土) 福岡KIETH FLACK<ワンマンライブ> 
O.A/ PIG
6月11日(日) 岡山PEPPER LAND
w/ ガールズロックバンド革命 / and more
6月15日(木) 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
w/ FOUR GET ME A NOTS / DE BESO
6月16日(金) 宇都宮HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
w/ FOUR GET ME A NOTS / DE BESO
6月25日(日) 静岡UMBER
w/ ポタリ / LONGMAN / SEPTALUCK
7月08日(土) 苫小牧ELLCUBE
w/ InbiZiBuru / PLAYLIST / 1st crac / Feels Like War/ Bang Lang
7月09日(日) 札幌KLUB COUNTER ACTION
w/ TAGNUTS / BLAST / オルターリードコード
7月11日(火) 大阪Live House Pangea
w/ トライアンパサンディ / ポタリ / XERO FICTION
7月12日(水) 名古屋CLUB UPSET
w/ 鏡トナリ / トライアンパサンディ
7月14日(金) 新宿LOFT<ワンマンライブ>

【全公演共通】
前売り¥2,500/当日¥3,000(+1d)
各プレイガイドにてチケット発売中
※5/27碧南公演のみバンド予約のみ

■アルバム『Anthem』

2017年5月10日発売
KOGA-205/¥2,400+税
<収録曲>
01.singing
02.午走-umahashiru-
03.happy
04.white lover
05.we go
06.心を震わせて
07.tokyoサンセット
08.summer drive & summer dive
09.reach you
10.everyday
11.snow town〜雪の降る街に〜
12.LIFE to go

◎各チェーン店購入特典
・タワーレコード:アルバム未収録 録り下ろしアコースティック音源CD(全4曲収録)
・HMV:CD + ラバーブレスセット(価格:¥2,900 + 税)
・ディスクユニオン:CD+Tシャツセット(価格:¥3,400 + 税)
・ヴィレッジヴァンガード:未発表ライブ映像DVD(全4曲収録)
・TSUTAYA:ジャケットサイズステッカー
・Amazon.com:オリジナル32mm缶バッジ

【関連リンク】
SpecialThanks オフィシャルHP
SpecialThanks、3rdアルバム『Anthem』より最新MV「午走-umahashiru-」公開
SpecialThanks、アルバム『Anthem』JK写解禁&各店舗特典とインストア日程を発表
SpecialThanks、ニューアルバム『Anthem』は日本詞が心に響く珠玉の一作に

【関連アーティスト】
SpecialThanks, FOUR GET ME A NOTS, 175R, ポタリ, トライアンパサンディ, The Winking Owl, LONGMAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

カトキット、ミニアルバム発売決定&収録曲「怒鳴りつける命」の完全主観MVを公開
Sun, 30 Apr 2017 11:00:00 +0900
カトキット (okmusic UP\'s)

カトキットが2ndミニアルバム『みずみずしい日々』を6月21日(水)にリリースすることが決定した。

【その他の画像】カトキット

前作のリリース以降もオリジナルアプリのリリース、京都&大阪でのワンマン公演を大成功に収め話題を集めたカトキット。また今作にも収録される、App Sttoreミュージックカテゴリランキングにて3位を記録したオリジナルアプリ「怒鳴りつける命」のMVも公開された。

《あたしなんて生き物は 2階の窓から落っこちちゃえば 死んじゃうだけの人間なんです》と歌う歌詞のストーリーを反映し、ワンカットで展開される完全主観MVは、ラストの展開にもぜひ注目してほしい。

■「怒鳴りつける命」MV
https://youtu.be/lxnYhxXvqDU

■ミニアルバム『みずみずしい日々』

2017年6月21日(水)発売
CYBM-1003/¥1,400+税
<収録曲>
1. 神様のはからい
2. フードコート
3. 枕元の短編集
4. 芸術家気取り
5. 怒鳴りつける命
6. 喪失

■【ライブ情報】

5月07日(日) 千葉 柏616
5月08日(月) 東京 渋谷 TSUTAYA O-WEST
5月28日(日) 京都 サーキットイベント
6月16日(金) 天王寺 Fireloop

【関連リンク】
カトキット オフィシャルHP
『イナズマロック フェス 2017』雷神ステージ第2弾出演者にTHE ORAL CIGARETTES、HY等が決定
THE COLLECTORS、初武道館公演を収めた映像作品の発売記念SP上映会&トークショーを開催
Dragon Ash、新曲「Ode to Joy」が"バドワイザー"プロモーションソングに

【関連アーティスト】
カトキット
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Shout it Out、全国ツアー最終出演バンド発表
Sun, 30 Apr 2017 00:00:00 +0900
Shout it Out (okmusic UP\'s)

Shout it Outが1stフルアルバム『青年の主張』のリリースを記念した全国ツアー追加公演の最終発表として、赤色のグリッター、突然少年、夜行性のドビュッシーズの出演がアナウンスされた。

【その他の画像】夜行性のドビュッシーズ

また、ソールドアウト間近となっている5月7日のワンマンライブ東京公演には、オープニングアクトとしてSILVERTREEが参加することもあわせて発表された。各公演とも、チケットは一般発売中だ。

■「1stフルアルバム『青年の主張』リリースツアー」

5月7日(日) TSUTAYA O-WEST<ワンマン>
O.A)SILVERTREE
5月19日(金) clubSPOT<対バン>
w)SIX LOUNGE
5月26日(金) 岡山CRAZYMAMA 2nd Room<対バン>
w)Hump Back / POT / 夜行性のドビュッシーズ[NEW]
6月09日(金) 静岡UMBER<対バン>
w)Brian the Sun / POT / 突然少年[NEW]
6月23日(金) HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2<対バン>
w)リーガルリリー / FOMARE / 赤色のグリッター[NEW]
7月10日(月) 梅田クラブクアトロ<ワンマン>

【関連リンク】
Shout it Out、全国ツアーの追加公演が決定! ファイナルは地元でワンマン
Shout it Out、男性限定フリラのOAにロケットボーイズ決定! 「ワンチャン整理券」配布も!
Shout it Out、男性限定フリーライブを緊急開催決定!
Shout it Out、男性限定フリーライブ開催決定

【関連アーティスト】
夜行性のドビュッシーズ, 赤色のグリッター, Shout it Out
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1