歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年04月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
I Don’t Like Mondays.、新作EP完成を記念したアコースティックライブをLINE LIVEで生配信!
Thu, 27 Apr 2017 21:00:00 +0900
I Don’t Like Mondays. (okmusic UP\'s)

6月7日(水)にEP「SUMMER」をリリースすることを発表した I Don\'t Like Mondays.が、4月28日(金)20:00からLINE LIVEでEPの完成を記念したアコースティックライブを生配信することが決定した。

【その他の画像】I Don\'t Like Mondays.

番組では新曲のオンエアや初回限定盤のDVDに収録されるライブ映像の一部も放送される予定となっている。事前予約も可能なので、ぜひチェックしてほしい。

また、iTunes限定でCDとは一部収録曲が異なる「SUMMER(Special Edition)」のリリースが決定した。4月28日(金)にはアルバムの予約と、リードトラック「On my way」の先行配信がスタート。Special Editionにはライブ音源や「On my way」のInstrumentalなど8曲が収録される。

オフィシャルHPでは、CDの購入者特典に加え、"メンバーからのメッセージ"が聴ける全国のCDショップでの先行試聴展開なども発表された。こちらもぜひチェックしてほしい。

■『E.P. 「SUMMER」完成記念LINE LIVE』配信URL
4月28日(金)20:00-21:00
https://live.line.me/channels/73/upcoming/2680594

■EP「SUMMER(Special Edition)」

2017年6月7日(水)配信
COKM-40199/¥1,200
<収録曲>
1. On my way 
2. Shape of love  
3. PRINCE 
4. TONIGHT(KSUKE Remix) 
5. TOKYO BROTHERS(Live mix)
6. MEMORIES(Live mix) 
7. DON\'T LOOK BACK(Live mix) 
8. On my way(Instrumental)

■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/artist/i-dont-like-mondays/id973243168

■【「SUMMER」購入者特典】

・タワーレコード(オンライン含む):タワーレコードオリジナルB3ポスター
・HMV(オンライン含む):HMVオリジナルカップスリーブ
・TSUTAYA (TSUTAYAオンラインショッピングは予約分のみ):TSUTAYAオリジナルコースター
・セブンネットショッピング:オリジナルステッカー
・その他対象店舗:オリジナルポストカード

■【「SUMMER」全国のCDショップ先行試聴】

試聴楽曲:「On my way」「PRINCE」「Shape of love」全3曲
試聴期間:4月28日(金)店舗開店時〜 6月5日(月)店舗閉店時まで
対象店舗:http://columbia.jp/artist-info/IDLMs/info/54471.html

■EP「SUMMER」

2017年6月7日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
COZP-1304-5/¥3,600+税
【通常盤】(CD)
COCP-39906/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
1. On my way 
2. Shape of love  
3. PRINCE 
4. TONIGHT(KSUKE Remix)
5. WE ARE YOUNG (from AL「TOKYO」) 
6. Freaky boy(from AL「FASHION」)
7. MEMORIES(from miniAL「PLAY」)
■DVD(LIVE@2016.11.19 Zepp DiverCity) ※初回限定盤のみ
01. Fashion 
02. Sorry 
03. Stranger 
04. Marry me 
05. Crazy
06. Freaky boy
07. Game over 
08. Girlfriend 
09. Don\'t look back
10. Tonight 
11. Life

【関連リンク】
I Don’t Like Mondays. オフィシャルHP
I Don\'t Like Mondays.、最新作「SUMMER」の全貌が明らかに
ビッケブランカ、iTunes限定新曲リリース&2マンツアー対バン発表
I Don\'t Like Mondays.、プロデュースイベントが大盛況&新作リリースも決定

【関連アーティスト】
I Don\'t Like Mondays.
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM), ライブ

それでも世界が続くなら、“脳内”を再現した「消える世界のイヴ」MVを公開
Thu, 27 Apr 2017 20:00:00 +0900
「消える世界のイヴ」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

それでも世界が続くならが、レコード会社移籍1周年を機に、最新MV「消える世界のイヴ」を公開した。

【その他の画像】それでも世界が続くなら

死にたがりの少女が、無意識に「生きたい」と口にした一言で、失われた全ての時間が戻るという心理的解放を具現化した、超現実的な今作。「消える世界のイウ?」は、破壊的轟音とクラッシックの様な美しさが同居する芸術的なサウンドと、一発録音のリアルな音像で篠塚の脳内を再現した音楽作品となっている。

同曲を収録したニューシングル「消える世界のイヴ/アダムの林檎」は、タワーレコードにて数量限定でリリース。MVとあわせてチェックしてほしい。

■「消える世界のイウ?」MV
https://youtu.be/NLxTHbIHiw4

■シングル「消える世界のイヴ/アダムの林檎」

2017年5月24日発売
926+税
※タワーレコード数量限定シングル
<収録曲>
1.消える世界のイヴ
2.アダムの林檎 
3.アラームと起床 
4.寝ていたい

【関連リンク】
それでも世界が続くなら オフィシャルHP

【関連アーティスト】
それでも世界が続くなら
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BUCK-TICK、劇場映画作品のポスターヴィジュアル解禁&メッセージ企画実施中!
Thu, 27 Apr 2017 19:00:00 +0900
『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』ポスター (okmusic UP\'s)

6月から公開されるBUCK-TICKの劇場映画作品『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』上映に向け、ポスターヴィジュアルが解禁となった。

【その他の画像】BUCK-TICK

ポスターは1992年の横浜アリーナ公演「CLIMAX TOGETHER」で話題になったオープニング曲「JUPITER」でのメンバーのシルエット姿と、2016年の横浜アリーナ公演「CLIMAX TOGETHER 3rd」で披露された「JUPITER」の写真をメインにしている。

また、BUCK-TICKへのメッセージや過去3度開催されたスペシャルライヴ「CLIMAX TOGETHER」にまつわるエピソードや思い出、また映画への応援メッセージなどを、ハッシュタグ「#BUCKTICKと私」、「#Episode of BT」を付けて、twitter、instagram、facebook、tumblrで募集! 投稿されたメッセージは特設サイトで随時紹介されるとのことなので、熱いメッセージを投稿しよう。

■「Episode of BUCK-TICK」キャンペーン特設サイト
https://bt-movie.tumblr.com/

■『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』

6月24日(土)〜新宿バルト9ほか2週間限定公開

■劇場映画作品『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』公式サイト
http://bt-movie.com/

【関連リンク】
BUCK-TICK オフィシャルHP
BUCK-TICK、10月から始まるツアー『THE DAY IN QUESTION 2017』の日程を解禁
BUCK-TICK、デビュー30周年を記念して劇場映画作品を6月に公開! ライブCDの発売も!
BUCK-TICK、再生アクセサリーの売り上げ一部を熊本への義援金として寄付

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, 映画

中村舞子、「やだ」が30回登場するラブソング発表
Thu, 27 Apr 2017 18:30:00 +0900
中村舞子 (okmusic UP\'s)

中村舞子がビクターエンタテインメントに移籍を発表。第1弾配信シングル「やだ」を5月24日にリリースする。

【その他の画像】中村舞子

本作はタイトル通り「やだ…」という言葉が歌詞中に30回も登場する、辛く苦しい気持ちを歌った切なすぎるラブソング。「涙やだ…」「嘘もやだ…」「こんな気持ちはやだ…」JPOP史上最多と思われるほど「やだ…」という言葉が繰り返されるにも関わらず、最終的には“変わりたい”気持ちや、背中を押すような前向きで力強いメッセージを感じる楽曲になっている。

また、デビューから確実に実績を積み重ね、今年26歳を迎える中村舞子の、より一層深みの増した歌唱力や表現力が相まって、聴くもの全ての胸を締め付ける作品へと仕上がっている。これまでのキャリアの真骨頂とも言える、彼女にしか出来ない表現をぜひ体感してほしい。

さらに、YouTubeのビクター公式チャンネルにて「やだ」のMVが公開された。感情的に歌い上げる中村舞子の姿が印象的で、まっすぐな感情や重たく迫る気持ちが伝わる映像となっている。こちらもあわせてチェックしてほしい。

■「やだ」MV
https://youtu.be/Gg48HF-vWKE

■配信シングル「やだ」

2017年5月24日配信
※iTunes Store、レコチョク他各配信サイトにて配信
※各種定額制音楽配信サービスでも同日配信

【関連リンク】
中村舞子 オフィシャルHP
中村舞子、デジタルシングル「涙のち晴れ」いよいよリリース! バラ売りトラックのコンプリート盤も!
中村舞子、心に晴れ間を届ける新曲「涙のち晴れ」のMVを公開
中村舞子、2年ぶりの新曲第二弾「言えない気持ち」のティザー映像を公開

【関連アーティスト】
中村舞子
【ジャンル】
J-POP

それでも時代はまわってます。始動! 5月にお披露目フリーライブ開催
Thu, 27 Apr 2017 18:00:00 +0900
それでも時代はまわってます。告知ビジュアル (okmusic UP\'s)

5月に“いつだって今を楽しもう”というキャッチフレーズを掲げたアイドルグループ「それでも時代はまわってます。」が誕生する。

【その他の画像】それでも時代はまわってます。

メンバーは2016年に開催されたTwin Planet Entertainment主催の『NEXT BREAK AUDITION』のファイナリストで14歳の中学生、地元神戸でアイドル活動をしていてこの春上京してきたばかりのメンバーなど、それぞれファッションや趣味嗜好が異なる14歳〜22歳までの個性豊かな面子が5人揃っている。

一見グループ名なのかどうかもわからない「それでも時代はまわってます。」というグループ名には"新しいものが出来てはなくなり、めまぐるしく変化するこの時代において、次の新しい時代(流行)を作る存在になりたい"という想いが込められている。

楽曲のジャンルやビジュアル面、コンセプトの幅は特には持たないとのことで、“その時代のアイドルの形”を代表できるようなグループになっていきたいという狙いも。

楽曲やグループ情報の公開は、随時オフィシャルTwitterアカウント(@soremaru_jidai)で発表していくとのこと。

気になるグループのお披露目は、5月10日にTwinBoxAKIHABARAにてフリーライブの開催が決定。今後の展望などもそこで明かされる様子だ。入場無料のフリーライブということで、この春誕生の新生アイドルグループを是非チェックしたもらいたい。

■【メンバー紹介/コメント】

■間中芽衣(めーめー)
Twitterアカウント:@mei_soremaru
『メンバー1人1人の個性を出して頑張りたいと思います(*´-`)私達から目を離すな〜〜』

■小川すみれ(すみれ)
Twitterアカウント:@sumire_soremaru
『身長145センチ、小さいけど見つけてください
マイペースだけど私らしく頑張ります〜〜』

■藤方実穂(みぽろん)
Twitterアカウント:@mihochan_soremaru
『みんなと素敵な思い出をこれから作っていけるよう頑張ります!たくさん可愛がってください?』

■高田みさき(にぎちゃん)
Twitterアカウント:@nigi_soremaru
『それでも時代はまわってます。の高田みさきです 何事にも全力で!!!これから頑張っていきたいと思います!応援宜しくお願いします☆』

■水口延愛(NOAH)
Twitterアカウント:@noah_soremaru
『チーム最年少!水口延愛です
食べること歌うこと踊ることが大好きですっ
私はこのグループに所属させていただく以上、全力を尽くし私の精一杯…いや、限界を超えて頑張りたいと思います!!!のあのお兄ちゃん・お姉ちゃんになってくれる優しい人募集中です』

【関連リンク】
妄キャリ、『冴えカノ♭』カフェとコラボ! 原宿オタク化計画応援隊に
上月せれな、3周年記念ワンマンライブが大盛況
乃木坂46、アンダーメンバーによる東京体育館3daysライブ閉幕
三澤紗千香とエラバレシ・朝倉ゆりがアイドルやヴィジュアル系になりきりアドリブインタビュー!「アニメぴあちゃんねる」

【関連アーティスト】
それでも時代はまわってます。
【ジャンル】
女性アイドル

RIZE、モンスターエナジーとスポンサーシップ契約
Thu, 27 Apr 2017 18:00:00 +0900
RIZE (okmusic UP\'s)

RIZEが、モンスターエナジーとスポンサーシップ契約を締結したことがわかった。

【その他の画像】RIZE

マキシマム ザ ホルモン、coldrain、 MAN WITH A MISSIONに次ぐ、新たなアーティストとしてモンスターエナジーファミリーに加わったRIZE。

4月20日からスタートした全国40ヶ所を回るロングツアー『TOUR 2017 “RIZE IS BACK”』もモンスターエナジーが全面サポートする。結成20周年のアニバーサリーイヤーとしていっそうの盛り上がりを見せるRIZEにとって強力なバックアップとなることは間違いない。

■【RIZE コメント】

RIZEのロングツアーをサポートしてくれるモンスターエナジー。
ここぞとばかり、気合いを入れなければいけない現場が多いメンバーもクルーも
ドリンクの力で助けられている。そのエナジーは計り知れない。

■「TOUR 2017 “RIZE IS BACK”」

【春季爆雷】
4月27日(木) 北海道 帯広MEGA STONE
5月08日(月) 兵庫 神戸チキンジョージ
5月11日(木) 山口 周南RISING HALL
5月14日(日) 熊本 B.9 V1
5月18日(木) 京都 MUSE
6月11日(日) 奈良 NEVERLAND
6月23日(金) 横浜 BAY HALL
4月21日(金) 東京 下北沢QUE
4月25日(火) 北海道 札幌PENNY LANE24
5月01日(月) 宮城 石巻BLUE RESISTANCE
5月09日(火) 鳥取 米子laughs
5月13日(土) 長崎 DRUM Be-7
5月16日(火) 広島 広島クラブクアトロ
6月10日(土) 滋賀 U-STONE
6月13日(火) 岐阜 Club G
6月24日(土) 千葉 柏PALOOZA
※終了分は割愛

【秋季爆雷】
9月23日(祝・土) 新潟 LOTS
9月24日(日) 金沢 EIGHT HALL
9月26日(火) 富山 MAIRO
9月28日(木) 長野 CLUB JUNK BOX
9月30日(土) 群馬 高崎club FLEEZ
10月05日(木) 栃木 宇都宮VJ-2
10月07日(土) 福島 郡山HIP-SHOT JAPAN
10月09日(祝・月) 秋田 秋田Club SWINDLE
10月11日(水) 青森 青森Quarter
10月12日(木) 岩手 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
10月14日(土) 宮城 仙台Rensa
10月29日(日) 愛知 名古屋DIAMOND HALL
10月31日(火) 岡山 CRAZYMAMA KINGDAM
11月02日(木) 福岡 DRUM LOGOS
11月04日(土) 鹿児島 キャパルボホール
11月05日(日) 宮崎 SR BOX
11月07日(火) 大分 DRUM Be-0
11月09日(木) 愛媛 松山Wstudio RED
11月11日(土) 高知 X-pt
11月15日(水) 山梨 CONVICTION
11月16日(木) 静岡 LiveHouse浜松窓枠
11月18日(土) 大阪 なんばHatch

【関連リンク】
RIZE オフィシャルHP
RIZE、待望の全国ツアー初日公演にて初の武道館公演開催を発表!
RIZE、『ロック兄弟』発のフェスで女王蜂と禁断の競演
RIZE、ニューシングル発売に合わせてフルMV2本を同時解禁!

【関連アーティスト】
RIZE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

INKT、「ファンと共に作り上げる」ライブDVDプロジェクト始動
Thu, 27 Apr 2017 17:00:00 +0900
WIZY INKTプロジェクト (okmusic UP\'s)

INKTによるプロジェクト『INKT LIVE HOUSE TOUR 2017 FINAL 〜DVD制作プロジェクト〜INKT TOUR FINAL SHIBUYA CLUB QUATTRO公演の傑作DVDを一緒に作り上げよう!』が、共創・体験型プラットフォームのWIZYにてスタートする。

【その他の画像】INKT

「ファンと共に作り上げる」という想いから、最新アルバム収録曲「Break down」のMVを『INKT LIVE HOUSE TOUR 2017』のライブ会場にて収録したINKT。そんな“ファンと共に作り上げる”企画がWIZYでも展開。『INKT LIVE HOUSE TOUR 2017』のファイナルとなる7月23日の東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO公演のライブ映像を形にするべく、DVD制作プロジェクトが発足した。

ライブDVDのタイトルは『INKT LIVE HOUSE TOUR 2017 FINAL』。一般販売も行なう予定(12月中旬〜下旬発売予定)だが、「WIZY限定盤」では限定グッズやツアーMCをセレクトしたMCDが付いたものから、ファイナル公演リハーサル鑑賞券、世界最速プレミアム上映会&お楽しみ会への参加特典など、WIZYでしか体験することができない特別プランが付与されるほか、発送時期も11月下旬〜12月上旬と一般販売よりも早くお届けできる予定とのこと。

なお、このプロジェクトはWIZYのサイトでのみ、6月12日までの期間限定となっている。この機会にぜひチェックしてみてほしい。

■WIZYプロジェクトページ
https://wizy.jp/project/21/

■INKTメンバーからのメッセージ動画
https://youtu.be/U6v0PChau_s

■【INKT コメント】

INKTとして活動して3年目の今年、僕たちは全県ツアーという大きな勝負に出ました。
その集大成となるファイナル公演は、これまでのINKTにとっても、これからのINKTにとっても、
ファンのみんなにとっても、関係者とスタッフの皆さんにとっても、
間違いなくかけがえのない公演になると確信しています。
メンバー、ファンのみんな、スタッフ、関係者。誰一人欠けてもこのLIVEだけは成立しないです。
是非会場に来て頂き、思いっきり暴れて、素晴らしい景色の主役になってほしいことはもちろん、
どうしてもLIVE当日に参加できない人も、このプロジェクトの制作者の一人となって、
完成した時に僕らと同じ気持ちで一つの作品と向き合ってもらえると嬉しいと思い、
このプロジェクトを立ち上げました。
よろしくお願い致します!
(INKT)

■【[INKT]LIVE HOUSE TOUR 2017 FINAL〜DVD制作プロジェクト 〜INKT TOUR FINAL SHIBUYA CLUB QUATTRO公演の傑作DVDを一緒に作り上げよう!】

■プロジェクト期間:2017年4月27日(木)正午〜2017年6月12日(月)23:59
■アイテム 税込価格(送料込) 上限数
・LIVE DVDミニフォトブック付(WIZY限定盤)+WIZY限定グッズ(Tシャツ、タオル、パスケース) ¥14,800
・LIVE DVDミニフォトブック付(WIZY限定盤)+LIVE MCD ¥9,800
・LIVE DVDミニフォトブック付(WIZY限定盤)+LIVE MCD+きっとうれCD(秘密アイテム) ¥15,800(上限10)
・LIVE DVDミニフォトブック付(WIZY限定盤)+ファイナル公演リハーサル鑑賞券 ¥18,800(上限70)
・LIVE DVDミニフォトブック付(WIZY限定盤)+INKTとランチ会(2017年11月3日、4日) ¥20,800(上限^
各8)
・LIVE DVDミニフォトブック付(WIZY限定盤)+INKTと立食ディナーパーティー(2017年11月3日、4日) ¥30,800(上限各8)
・LIVE DVDミニフォトブック付(WIZY限定盤)+INKTと一緒に世界最速プレミアム上映会&お楽しみ会(2017年11月5日) ¥25,800(上限200)

※LIVE DVD「INKT LIVE HOUSE TOUR 2017 FINAL」はINKT TOUR FINAL SHIBUYA CLUB QUATTRO公演が収録されたLIVE DVDで、一般発売は2017年12月中旬〜下旬を予定しています。
※WIZY限定盤はサイト(WIZY)でのみ予約購入いただけます。
※WIZYアイテム発送時期は2017年11月下旬から12月上旬を予定しています。
※MCD:ツアーのMCをセレクトして作ったCDです。
※きっとうれCD:聴いたらきっと嬉しくなるCDです。
※その他詳細は、WIZY「INKT」プロジェクトサイトをご覧ください。

【関連リンク】
INKT、ファンと共に作り上げた「Break down」MVを公開!
INKT、約2年半ぶり待望のフルアルバムをリリース!
INKT、ツアーファイナルで初の47都道府県ツアーを発表
INKT、1年半ぶりとなる3rdミニアルバムを9月にリリース

【関連アーティスト】
INKT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ぼくりり、「SKY\'s the limit」MVでまさかのパリピ化!? 女装姿も
Thu, 27 Apr 2017 16:00:00 +0900
ぼくのりりっくのぼうよみ (okmusic UP\'s)

ぼくのりりっくのぼうよみが、ダブルタイアップシングル「SKY\'s the limit/つきとさなぎ」より、資生堂「アネッサ」CMソングである「SKY\'s the limit」のMVを公開した。


【その他の画像】ぼくのりりっくのぼうよみ

資生堂「アネッサ」CMソングとして書き下ろされた超ポップソングを描き出す今回の映像は、楽曲同様にぼくりり史上初の“明るく突き抜けた”MV。これまでのシリアスでクールなイメージとは一転、プールサイドでアロハシャツを着たぼくりりが水着ダンサーを従え踊る、今年の夏を彩るような明るく楽しく爽やかな映像に仕上がっている。

さらに、“美しくあろうとすることが、何より美しい”というインターネット時代を生きる現代の人々へ向けたメッセージを伝えるべく、女装に挑戦。人生初の女装を、動画コミュニケーションアプリ「SNOW」で自撮りするなどして、自身が“美しくあろうとすること”を体現した。

監督を担当したのは、BUMP OF CHICKENを筆頭に、数々のアーティストのMVやCM、ライブの演出を手がけている東市篤憲(A4A)。ぼくのりりっくのぼうよみ作品に関しても、1stアルバム『hollow world』発売時に話題となった「sub/objective」、「CITI」、「Sunrise(re-build)」の三部作MVを手掛けている。

なお、「SKY\'s the limit」はiTunes Storeなどの主要配信ストア、Apple Musicなどの定額制聴き放題サービスで好評配信中。ぜひチェックしてほしい。

■【東市篤憲 コメント】

楽曲の明るくて、楽しく、華やかで、キラキラした世界をそのまま映像にしました。
普段インドア派のぼくりりくんが、様々なことにトライしてくれています!
ワンカットで撮影したり、ダンスしたり、水に落ちたり、たくさん衣装変えしたり、Beautifulという歌詞にあわせて、女性になって、SNOWして美女になったり...。
とにかく楽しい気持ちになること間違いなしのMVで夏を先取りしてくださいませ!

■「SKY\'s the limit」MV
https://youtu.be/OfCeHiQcM4E

■シングル「SKY\'s the limit/つきとさなぎ」

2017年5月24日発売
VICL-37281/¥1,000+税
<収録曲>
01. SKY\'S the limit
02. つきとさなぎ

【関連リンク】
ぼくのりりっくのぼうよみ オフィシャルHP
ぼくのりりっくのぼうよみ、資生堂「アネッサ」CMソングは“明るく突き抜けた”超ポップソング!
ぼくりり、5月にダブルタイアップシングルをリリース!
ぼくのりりっくのぼうよみ、シングル発売日にApple 表参道にて無料SPイベントを開催

【関連アーティスト】
ぼくのりりっくのぼうよみ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

WEBER、新曲「-BALLON- / 笑顔が叶いますように」リリースイベントで意気込み語る
Thu, 27 Apr 2017 15:00:00 +0900
WEBER (okmusic UP\'s)

WEBERが、2ndシングル「-BALLON- / 笑顔が叶いますように」の発売記念イベントを東京ドームシティ ラクーア ガーデンステージにて行なった。

【その他の画像】WEBER

今作「-BALLON-」は風船をモチーフとした楽曲。一方、「笑顔が叶いますように」はそのタイトルどおり笑顔をモチーフとした両A面シングルとなっている。リーダーのJはイベントで、『このシングルが、まさに風船となって全国に飛んでいき、笑顔の花を咲かせます!』と意気込みを語った。

同日早朝には、TBS『ライブB♪』にて新曲「-BALLON-」をTV初パフォーマンスし、各方面で注目が集まっている。

また、「笑顔が叶いますように」のMVを制作するファン参加型のInstagram企画がスタート。全国各地のファンからの「笑顔」の写真・動画をハッシュタグ(#weber_mv)をつけて募集中。応募期間は4月30日までとなっているので、ぜひチェックしてみよう。

■WEBER オフィシャルInstagram
http://instagram.com/weber_story

■シングル「-BALLON- / 笑顔が叶いますように」

発売中
【初回限定盤A】(CD+DVD)
UPCH-7249/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
1: -BALLON-
2: 笑顔が叶いますように
※今夜もLL▽(※)(LIVE&LOVE)エンディング・テーマ
3: -BALLON-(instrumental)
4: 笑顔が叶いますように(instrumental)
※今夜もLL▽(LIVE&LOVE)エンディング・テーマ
■DVD
「-BALLON-(Music Video)」

【初回限定盤B】(CD+絵本)
UPCH-7250/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
1: -BALLON-
2: 笑顔が叶いますように
3: -BALLON-(instrumental)
4: 笑顔が叶いますように(instrumental)
■絵本
「バロンとおおかみしょうねん」

【通常盤】(CD)
UPCH-5904/¥1,200(税込)
<収録曲>
1: -BALLON-
2: 笑顔が叶いますように
3: Ready Steady Go→

◎購入者特典
・Amazon.co.jp
生写真(メンバー集合1種 ※AMAZONオリジナル絵柄)
・mu-moショップ
生写真(メンバー集合1種 ※mu-moショップオリジナル絵柄)
・ユニバーサルミュージックストア
告知ポスター(先着100名様分は直筆サイン入り)
※サイン入りが完売後はサインなしポスターとなります
※上記以外のCDショップでも生写真(メンバーソロショット絵柄全4種ランダム)の特典としてプレゼントできる店舗があります。店舗の詳細は後日お知らせ致します。

※ ▽=白抜きハートマーク

■シングル「-BALLON- / 笑顔が叶いますように」リリース記念イベント

4月29日(土) 大阪 難波OCAT B1F・ポンテ広場ウィングステージ
13:00〜/16:00〜
ミニライブ&握手会

【関連リンク】
WEBER オフィシャル HP

【関連アーティスト】
WEBER
【ジャンル】
J-POP, イベント

コブクロ、NIGOが手がけた「心」ジャケット公開&カップリング曲が明らかに
Thu, 27 Apr 2017 14:00:00 +0900
シングル「心」【初回限定盤】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

コブクロが5月24日にリリースする新曲「心」のジャケット写真と最新のアーティスト写真が公開された。

【その他の画像】コブクロ

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の主題歌にも起用された同曲。ジャケット写真のアートディレクションを担当したのは、プライベートでも交流のあるNIGO。コブクロからオファーし、完成したジャケットは、今までのコブクロのイメージとは一転、意外性のあるシンプルで力強く奥深い“心”の漢字一文字を表現した。なお、NIGOとのコラボは2012年に発売の『ALL SINGLS BEST2』以来4年ぶり。

新曲「心」は、初めて“心”というテーマと深く向き合い、自分の心と体が時々離れてしまいそうになった時、そのバランスをどう生きるか。“心”を一人称としてとらえ、「心と生きること」という答えに辿り着き、完成したもの。

さらに、今回の発表と合わせてカップリング楽曲も解禁。「心」に加え、新曲「HELLO, NEW DAY」「LIFE」の計3曲が収録されることになった。「HELLO, NEW DAY」は、九州朝日放送(KBC)主催の『RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント2017』大会公式ソングに決定。45回目の記念大会となる今年は、8月24日〜27日まで、福岡県糸島市の芥屋ゴルフ倶楽部で行なわれ、熱戦の模様はテレビ朝日系列で全国ネット放送される。

新曲「心」は、CD発売に先駆けて5月13日から各音楽配信サイトにて先行配信が開始。iTunes Storeでは4月27日よりプレオーダー(予約注文)の受付もスタート。 iTunes Storeで新曲「心」をダウンロードすると、iTunesでしか入手できない「心」のオリジナルムービー(特典映像)が付属する。 新アーティスト写真の撮影オフショットから、コブクロらしい爆笑シーンを抜粋したほか、コブクロのコメントムービーも収録されているので、お見逃しなく。

また、シングルCDをCD店舗で購入すると、小渕と黒田がライカのインスタントカメラ“ライカ ゾフォート”でお互いを撮影し合った、オリジナル写真 ICカードステッカーをプレゼント。詳細は「心」特設サイトで確認しよう。

全国ラジオ、有線では、新曲「心」のリクエストとオンエアもスタート。KBCラジオのみ、『HELLO, NEW DAY』もオンエアとなる。 ぜひチェックしてほしい。

Art Direction: NIGO(R)

■シングル「心」特設サイト
http://emtg.jp/feature/kobukuro_kokoro/

■新曲「心」先行配信プレオーダーURL
https://itunes.apple.com/jp/album/kokoro-single/id1227458544?app=itunes&at=10l6Y8

■【コブクロ コメント(ジャケット写真に関して)】

シングルのタイトルを「心」に決めたとき、「この漢字一文字を、どうやってデザインに落とし込もうか?」と、正直悩みました。
そこで、「ALL SINGLES BEST 2」のジャケットデザインして頂いた、NIGOさんに相談しました。
仕上がりには、驚嘆し、そして感動しました。
「心」という、一見、柔らかなディティールの文字を、その意味の深さや、楽曲の世界観まで感じられる様な見事なモチーフに変えて頂きました。
こうして見ると「漢字ってスタイリッシュな記号なんだな」と、改めて感じました。
素敵なコラボレーションが出来て、とても楽しかったです。

コブクロ

■シングル「心」

2017年5月24日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
¥2,800+税
・型押しジャケット仕様
・アコースティックライブ映像(11曲/約111分)収録DVD付き
【通常盤】(CD only)
¥1,200+税
<収録内容>
■CD
01.心
02.HELLO, NEW DAY
03.LIFE
04.心 (Instrumental)
05.HELLO, NEW DAY (Instrumental)
06.LIFE (Instrumental)
■DVD ※初回限定盤のみ
ロッテ 「真っ赤なGhanaキャンペーン2016」に当選した1,000名しか観ることのできなかった超高倍率ライブ「Ghana Presents コブクロ アコースティック プレミアムライブ@豊洲PIT 2016.08.01」の模様を、トーク含め収録。
Ghana Presents コブクロ アコースティック プレミアムライブ@豊洲PIT 2016.08.01
01.ストリートのテーマ
02.虹
03.MC
04.君色
05.Rising
06.MC
07.tOKi meki
08.そばにおいで
09.MC
10.hana
11.風見鶏
12.MC
13.未来
14.アンコールMC
15.One Song From Two Hearts
16.MC
17.ANSWER

【関連リンク】
コブクロ オフィシャルHP
コブクロ、ツアー会場限定『TIMELESS WORLD -Deluxe Package-』をリリース
コブクロ、1000名限定ライヴでガーナチョコレート新CMソングを初披露
コブクロ、『orange-オレンジ-』原作の舞台でフリーライヴ開催

【関連アーティスト】
コブクロ
【ジャンル】
J-POP

ねごと、ブンブン中野雅之と再タッグ! 新曲「DANCER IN THE HANABIRA」を6月リリース
Thu, 27 Apr 2017 13:00:00 +0900
ねごと (okmusic UP\'s)

ねごとが、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)と再タッグとなる新曲「DANCER IN THE HANABIRA」を6月21日にリリースすることがわかった。

【その他の画像】ねごと

2016年、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)サウンドプロデュースによる楽曲「アシンメトリ」をリリースし、ねごと流ダンスミュージックを体現、そして2017年2月にはその「アシンメトリ」を含む全11曲入りのアルバム『ETERNALBEAT』をリリースし、「やまないビート」をテーマにメロディ、サウンド、歌詞、様々な面で自身の新たな魅力を提示してみせたねごと。

中野雅之サウンドプロデュースによるニューシングル「DANCER IN THE HANABIRA」は、出会いと別れをテーマにヴォーカル蒼山幸子が描く、儚くも力強い楽曲。シングルには表題曲の他に、「DEADEND LOVE STORY」「ETERNALBEAT ?Mizuki Masuda Remix-」を収録。

初回生産限定盤の特典DVDには、2017年3月に開催された「TOUR 2017 ?ETERNALBEAT-」からツアーファイナルの模様を早くも収録。2017年冬にはツアーファイナルの模様を全編収録した映像作品をリリース予定とのこと。今回はその中から先行して3曲が収録される。また、ライヴ映像に加え、「ETERNALBEAT」のMVとそのオフショットとなるメイキング映像も収録。
さらに今回、その映像の中から、「アシンメトリ」のライヴ映像がYouTubeにて公開されたので是非チェックしよう。

ねごとは、4月28日(金)にはLILI LIMITのツアーファイナル、29日(土)には「ARABAKI ROCK FEST.」に出演。6月には自身の企画ライヴ「ねごと presents ETERNALBEAT NIGHT」を東京、大阪にて開催する。ぜひあわせて注目してほしい。

■シングル「DANCER IN THE HANABIRA」

2017年6月21日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL 2936-2937/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
KSCL 2938/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1. DANCER IN THE HANABIRA
2. DEADEND LOVE STORY
3. ETERNALBEAT -Mizuki Masuda Remix-
■DVD ※初回生産限定盤のみ
・-TOUR 2017 ?ETERNALBEAT- LIVE at Zepp DiverCity Tokyo 2017.3.24-
Ribbon
cross motion
アシンメトリ
・Music Video
ETERNALBEAT
Making of ETERNALBEAT

■「アシンメトリ」(TOUR 2017 -ETERNALBEAT-)
https://youtu.be/n-FNlWDMN7k

■【ライブ出演情報】

■ねごと presents 「ETERNALBEAT NIGHT」
6月26日(月) 恵比寿 LIQUIDROOM
6月27日(火) 梅田 CLUB QUATTRO
■「LILI LIMIT presents Entrance」
4月28日(金) 渋谷 CLUB QUATTRO
w/ LILI LIMIT
■「ARABAKI ROCK FEST. 17」
4月29日(土) 宮城県 みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく
■夜の本気ダンス「No rain,new days o\'scene ツアー」
6月30日(金) 福岡 BEATSTATION
w/ 夜の本気ダンス

【関連リンク】
ねごと オフィシャルHP
ねごと、6月にでゲストアクトを迎えた東阪企画ライブイベント開催
SCANDAL、ベスト盤リリース日にSP記念特番放送決定! スタジオライブの生中継も
ねごと、ニューアルバム『ETERNALBEAT』スペシャルダイジェスト公開

【関連アーティスト】
ねごと, BOOM BOOM SATELLITES
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック

SEKAI NO OWARI、ニューシングル「RAIN」を7月にリリース決定! セカオワ流"王道"ポップソング
Thu, 27 Apr 2017 12:00:00 +0900
SEKAI NO OWARI (okmusic UP\'s)

SEKAI NO OWARIが7月5日にニューシングル「RAIN」をリリースすることが決定した。

【その他の画像】SEKAI NO OWARI

前作「Hey Ho」から約9か月ぶりのリリースとなる今作は、彼らの目線で"雨"をモチーフに人生と成長を描いた楽曲。やさしくて、あたたかくて、常に近くに存在していたかの様に懐かしく、それでいて強い生命力を放つ、SEKAI NO OWARI流、王道のポップソングだ。

7月にリリースされる今作は、まるで目の前に日本の風景が浮かび上がってくる様な穏やかなノスタルジーと、淡くドキドキするような夏の高揚感が同居。楽曲の核が持つエネルギーを、彼らが培ってきたすべてで余すことなく、まるごと包みあげた。子供から大人まで口ずさめるような、2017年の夏を彩る1曲にぜひ注目してほしい。

■シングル「RAIN」

2017年7月5日(水)発売
【初回限定盤A】(CD+謎のDVD)
TFCC- 89620/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.RAIN(作詞:Fukase&Saori 作曲:Nakajin,Fukase&Saori)
2.未定
3.未定
■初回盤A DVD
謎のDVD ※初回限定盤B DVDとは別内容

【初回限定盤B】(CD+謎解きDVD)
TFCC- 89621/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.RAIN(作詞:Fukase&Saori 作曲:Nakajin,Fukase&Saori)
2.未定
3.未定
■初回盤B DVD収録内容
謎解きDVD ※初回限定盤A DVDとは別内容

【通常盤】(CD)
TFCC- 89622/¥1,200+税
<収録曲>
1.RAIN(作詞:Fukase&Saori 作曲:Nakajin,Fukase&Saori)
2.未定
3.未定

【関連リンク】
SEKAI NO OWARI オフィシャルHP
ゆずが20周年ベスト盤でいきものがかり、back number、セカオワとコラボ!
セカオワ、club EARTH11周年記念ライブ開催&共演者募集!
スキーの日、銀世界で聴きたい曲

【関連アーティスト】
SEKAI NO OWARI
【ジャンル】
J-POP

THE MODS、エピック&アンティノス時代の映像を初DVD化
Thu, 27 Apr 2017 11:30:00 +0900
THE MODS (okmusic UP\'s)

THE MODSが、3月にのDVD『STAY CRAZY』リリースを皮切りに、初DVD化となる映像商品を3か月連続で発売することがわかった。

【その他の画像】THE MODS

3月には2016年10月に日比谷野外音楽堂で行なったライヴの模様を収録したDVD『STAY CRAZY』をリリース。そして今回、4月26日にエピックレーベル時代、5月24日にアンティノスレーベル時代の合計6作品が初DVD化となる。

DVD化されるのは、エピックレーベルから『ROCK THE BLUE』『Juke Joint』『Yum Yum Gimme Some Live』の3タイトル、アンティノスレーベルから『LIVE BRATS』『THE MODS LIVE〜easy listening?〜』『LIVE+9』の3タイトルの合計6作品で、いずれも完全生産限定盤のBOX商品。

またエピック版には1986年の日本武道館ライヴ「BRAND NEW BEAT」、1987年の「THE MODS CONCERT TOUR‘87」、アンティノス版には1998年「CLOUD9 TOUR」のパンフレット復刻版(縮小版)がそれぞれ付属することも明らかに。

6月には2016年に敢行したツアー最終公演の模様を収めたライヴアルバム『GO STOP TROUBLE』の発売も決定し、36年目に突入していくTHE MODS。これからも日本のロックシーンに多大な影響を及ぼしていくはずだ。

■DVD『THE MODS Non-DVD Release Pictures of Epic years』

2017年4月26日発売
MHBL-310〜2(3枚組)/¥7,407+税
※完全生産限定盤
<収録内容>
「ROCK THE BLUE」
「Juke Joint」
「Yum Yum Gimme Some Live」

■DVD『THE MODS Non-DVD Release Pictures of Antinos years』

2017年5月24日発売
MHBL-313〜5(3枚組)/¥7,407+税
※完全生産限定盤
<収録内容>
「LIVE BRATS」
「THE MODS LIVE〜easy listening?〜」
「LIVE+9」

【関連リンク】
THE MODS オフィシャルHP
THE MODS、アルバム『HAIL MARY』ツアーのライブ盤発売決定
森山達也(THE MODS)が『キャノンボール・フェスティバル広島』にスペシャルゲストとして出演決定
THE MODS 苣木寛之のソロプロジェクトDUDE TONE再始動! 4月にアコースティック・ライブ開催!

【関連アーティスト】
THE MODS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア

Mayday、ポルノグラフィティ岡野昭仁がサプライズ出演した伝説のライヴをAbema TVで初OA!
Thu, 27 Apr 2017 11:00:00 +0900
Mayday (okmusic UP\'s)

Maydayの武道館公演「Re:DNA 〜2017 復刻版〜」の模様がAbema TVでオンエアされることが決定した。

【その他の画像】Mayday

2月3日、4日の2日間にわたって日本武道館で行なわれた「Re:DNA 〜2017 復刻版〜」は、2009年から2010年までの14ヶ月間、全世界44公演を実施したMayday D.N.A.「創造」ワールドツアーを基としており、Maydayファンにとって伝説的なコンサートとなっている。

当日は熱狂的なMaydayファンが国内外から詰め掛け、過去の名曲はもちろん、ポルノグラフィティの新藤晴一が日本語詞を手がけた「Buzzin\'」やフジテレビ系ドラマ『ビター・ブラッド』主題歌となっていた「Do You Ever Shine?」、作詞をGLAYのTAKUROが務め、その原曲ではゲストヴォーカルに同じくGLAYのTERUが参加した「Dancin\' Dancin\' feat.TERU(GLAY)」などの日本語曲も多数披露するなど、新旧織り交ぜた楽曲を展開。

そして、今回のライヴではポルノグラフィティの岡野昭仁がサプライズで登場! 岡野が日本語詞を手がけ、ゲストヴォーカルとして参加している「Song for you feat.Akihito Okano(PORNOGRAFFITTI)」を奇跡のコラボレーションで披露した、伝説の公演となった。

このライヴの模様はAbema TV GOLDチャンネルで、4月29日(土)20:30〜21:00にオンエア。今回が初公開となるので、欠かさずチェックしてほしい。

■『Mayday「Re:DNA 〜2017 復刻版〜」史上初!ダイジェスト放送』

4月29日(土)20:30〜21:00放送
https://abema.tv/channels/special-plus-2/slots/8kQXWXmb5ppWaj

【関連リンク】
Mayday オフィシャルHP
ポルノグラフィティ、台湾での初ワンマンにてファン2,000人が歓喜の渦に!
ポルノグラフィティ・Perfumeら出演! アミューズ主催音楽フェスがリニューアル
Mayday、2年ぶりの日本武道館公演でポルノグラフィティ 岡野と共演

【関連アーティスト】
Mayday, ポルノグラフィティ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM), ライブ

氣志團がすごい結成20周年記念盤をリリース!
Thu, 27 Apr 2017 00:00:00 +0900
氣志團 (okmusic UP\'s)

氣志團の綾小路 翔が自らの誕生日である4月26日(水)に、結成20周年記念盤『万謡集』(まんようしゅう)のリリースを発表した。

【その他の画像】氣志團

なお、9月16日(土)、17日(日)には今年で6回目となる「氣志團万博2017」の開催も控える氣志團。今年の夏も目が離せない!

【綾小路 翔 コメント】
「世界一嬉しい、誕生日プレゼントを頂きました。今夏に発売を予定している、氣志團結成20周年を記念したニューアルバムは、我々が心から尊敬をしている音楽クリエイターの皆様からご提供頂いた楽曲で制作をしております。これが全曲本当に超絶素晴らしく、既に名盤となる事間違いありません。というか、これだけの作品を頂いて名盤に出来なかったら、氣志團は最早解散すべきだと思っております。嗚呼、世界に早く届けたい。このアルバムを氣志團史上最高傑作とすべく、只今メンバー一丸となって鋭意レコーディング中であります。KISSESのみんな、そして音楽を愛するすべての皆様に贈ります。どうか期待しかしないで下さい。そして、ご多忙の中、我々の無茶なお願いをお聞き届けて下さった、日本屈指の音楽クリエイターの皆々様に最大級の感謝を。綾小路 翔、今年も永遠の16歳。今まで生きてきた中で、一番幸せです。氣志團やってて良かったー」

■アルバム『万謡集』

2017年8月9日発売
【AL+DVD】
AVCD-93701/B/¥4,000+税
【AL】
AVCD-93702/¥3,000+税
<収録曲>
「蒼き独裁者に告ぐ」
作詞・作曲:TAKURO(GLAY)
■TAKURO コメント
「氣志團にしか演れない曲、あやにーちゃんにしか表現出来ない曲を目指しました。
全ての栄光なき独裁者にまで届くよう祈っています」
----------------
「きかせて!アンコール」
作詞・作曲:鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)
■鬼龍院翔 コメント
「最初にオファー頂いた時は一度断ってしまったんです、
「氣志團さんをイメージした曲を書いて下さい」
とのことだったので、依頼されて曲を書かせてもらうことはたまにあってもあくまで自由に書かせてもらっているので…
でも、去年の氣志團万博での氣志團さんのステージを見ていた時にこの曲のテーマが浮かんでいたんです、その事を一度断った後に思い出しまして、
「すみません!氣志團さんをイメージした曲ありました!」って言って提供させて頂きました(笑)」
----------------
「恋するクリスチーネ」
作詞:櫻井敦司(BUCK-TICK) 作曲:今井寿(BUCK-TICK)
■櫻井敦司 コメント
「翔君、お誕生日おめでとう。
そして氣志團のみんな お元気ですか。
「恋するクリスチーネ」捧げます。
BIG FANのみなさんと どうぞ楽しんでね。

BUCK-TICK 櫻井敦司 愛なんていいだろう」

■今井寿 コメント
「happy birthday !!

結成20周年ですか。
これだからバンドは、やめられないよね〜

さあ!思う存分突き進め!!
(超ノリノリで)」
----------------
「スポットライト」
作詞・作曲:志磨遼平(ドレスコーズ)
■志磨遼平 コメント
「翔やん is カッコイイ男。翔やんに吐いてもらいたい台詞を曲にしました。氣志團結成20周年、おめでとうございます。ずっと後輩でいさせて下さいませね」
----------------
「チャオ〜傷だらけのバンドの旅」
作詞:大槻ケンヂ 作曲:NARASAKI
■大槻ケンヂ コメント
「全氣志團ファン号泣の歌詞を書いてやる!とガンバリました。キザで泣かせて笑わせて、そんな彼らの魅力を自分なりに詞にしてみたら、結果的には、多くのバンドマンが胸に秘めているファンへの感謝の気持ちを氣志團に代表して歌ってもらうような感じになったかと。翔やんにも歌いながら涙ぐんだりしてほしいなぁ」
----------------
「東京湾大飯店」
作詞・作曲:横山剣(クレイジーケンバンド)
----------------
「逃げろ!逃げろ!」
作詞・作曲:真島昌利(ザ・クロマニヨンズ/ましまろ)
----------------
「はすっぱ」
作詞・作曲:前山田健一
■ヒャダイン コメント
「もう長年一緒に番組をやっている翔さんから、「好き放題やってくれ」と言われて、正直最近の仕事の中で一番困りました!
色々考えて、氣志團に歌って演奏してほしい世界観を一つ見つけました。
岩手出身のバツ3ストリッパー女性が寂しさのあまり自動返信botに日々のアレコレや悩みを相談する、という世界です。
歌謡メロを女性目線で歌う翔さんが見たかったんです。はすっぱ!」
----------------
「BANG ON!」
作詞:藤井フミヤ 作曲:藤井尚之
----------------
「バームクーヘン」
作詞・作曲:森山直太朗/御徒町凧
■森山直太朗 コメント
「20周年を迎えた氣志團の新しい挑戦に参加出来て心の底から光栄です。
友達に曲を書くのはいつだって照れ臭いものだけど、みんなでふざけ合ったり、不器用だけど真っ直ぐ悩んでいたあの頃の事がそのまま歌になった気がします。
まだお互いデビューする前に渋谷のブエノスで会った時から時間は止まったままなのかもしれません。
色んな意味でおめでとう。そしてこれからもよろしく」
----------------
「フォーサイクル」
作詞・作曲:TAKUMA(10-FEET)
■TAKUMA コメント
「氣志團と10-FEETがセッションして曲作ったらどんな曲になんのかな?そんなイメージをしながら作りました。
両方の“らしさ”を出すか、敢えて出さないか、どちらも面白いアプローチに繋がると思ったので楽しんで作る事が出来ました。
バンド結成初期、もしくは結成前?
遊びのコピーバンドなんかをやってる時の衝動や楽しさに勝るモノはなかなか無いと思うのですが、
そんな楽しさや衝動を感じながら演奏出来る曲にしたいなと思ったのです」
----------------
「羅武尊寓(ラブソング)」
作詞・作曲:宮藤官九郎
■宮藤官九郎 コメント
「作詞の依頼はともかく、外部への詞曲提供は初めてで、その時点で最高に嬉しかったです。

氣志團は、愛に溢れたグループだなと常々思っています。
ファンを愛し、仲間を愛し、地元を愛するバンド、だから
ファンに愛され、仲間に愛され、地元に愛されるバンド。
双方の愛情の量が尋常じゃない。
そんな氣志團の20年を、ひとりのファン(♀)の目線で書きました。
当初はもっとオカルトチックな、ストーカー気質のファンの、偏った愛情がテーマで、
タイトルも「俺んとこ来ないで」だったのですが、書いててなんだか不吉だったので、
まっすぐでライトなラブソングに、自分のバンドでは決して採用されないような、ストレートな内容になりました。
ちなみに「俺んとこ来ないで」も書こうと思えばすぐ書けますので、いつでも言って下さい」
----------------
「R"N"R P@RTY」
作詞・作曲:ABEDON
■ABEDON(ヨッチ) コメント
「まぁ、ここまで来たら良くも悪くも「一生の付き合い」になるのでしょうなー」
----------------
「タイトル未定」
プロデュース:秋元 康
■秋元 康 コメント
「氣志團の“青臭さ"が好きだ。綾小路 翔のやんちゃな生き方は、20年経っても変わらない。
あの頃に見ていた夢は、まだ、錆びついていないんだ。
今、夢を見ている人も、昔、夢を見ていた人も、氣志團の音楽は胸にしみる」

【関連リンク】
氣志團 オフィシャルHP
「ビバヤング☆スペシャル」に氣志團が参戦決定!
祝20周年! 結成20周年を迎える1997年結成バンド5選
氣志團、結成20周年を祝す“成人式”で初代メンバーも巻き込み大暴れ!

【関連アーティスト】
氣志團, 綾小路翔
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1