歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年04月24日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
miwaのアリーナツアーにスコット&リバース・内澤崇仁(androp)がサプライズ登場
Mon, 24 Apr 2017 20:00:00 +0900
4月22日@名古屋ガイシホール (okmusic UP\'s)

ニューアルバム『SPLASH☆WORLD』をひっさげたmiwaのアリーナツアーが、4月22日 名古屋ガイシホールでの公演を皮切りにスタートした。

【その他の画像】miwa

初日となった4月22日の公演では、weezerのフロントマンであるリバース・クオモと、ALLiSTER/MONOEYESなど日米の人気バンドで活躍するスコット・マーフィーによるJ-POPプロジェクト<スコット&リバース>がサプライズ登場し、両者のアルバムにも収録されているコラボ曲「変わらぬ想い」を3人で初披露した。

また2日目の公演には、miwaと坂口健太郎のW主演映画『君と100回目の恋』の劇中歌「アイオクリ」の作曲を務めたandropの内澤崇仁が登場し、miwaと共作した同曲をセッション。一夜限りのスペシャルコラボで約5,000名のオーディエンスを感動の渦に巻き込んだ。

なお、miwaのアリーナツアーは6月18日(日)のファイナル公演まで全国6会場、全9公演行なわれる。気になる方は是非チェックしてほしい。

■『miwa ARENA tour 2017“SPLASH☆WORLD"』

5月06日(土) 福岡県・マリンメッセ福岡
5月13日(土) 宮城県・ゼビオアリーナ仙台
6月03日(土) 大阪府・大阪城ホール
6月04日(日) 大阪府・大阪城ホール
6月11日(日) 神奈川県・横浜アリーナ
6月17日(土) 埼玉県・さいたまスーパーアリーナ
6月18日(日) 埼玉県・さいたまスーパーアリーナ

■シングル「シャイニー」

2017年5月24日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9408-09/¥1,620(税込)
【通常盤】(CD only)
SRCL-9410/¥1,296(税込)
<収録曲>
01. シャイニー
02. 絶対あの場所に 
03. 結 -ゆい- (Sound Inn“S"ver.) 
04. シャイニー (Instrumental)

■「変わらぬ想い with miwa」MV
https://www.youtube.com/watch?v=xv65mJP_HUg

【関連リンク】
miwa オフィシャルHP
miwa、新曲「シャイニー」が爽健美茶新CMソングに
androp、シルエットと実像による「Prism」MV公開
miwa、ニューシングル「シャイニー」発売決定! カップリング情報も解禁

【関連アーティスト】
miwa, androp, Weezer, Scott & Rivers
【ジャンル】
J-POP, ポップス(洋楽), ライブ

クアイフ、超満員の地元・名古屋公演でワンマンツアーに幕
Mon, 24 Apr 2017 19:00:00 +0900
4月21日(金)@渋谷TSUTAYA O-Crest (okmusic UP\'s)

2017年にEPICレコードジャパンよりメジャーデビューすることが決定しているクアイフが、4月22日(土)地元・名古屋のCLUB QUATTROにてワンマンツアーのファイナル公演を行なった。

【その他の画像】Qaijff

“next for the future"と銘打たれたこのツアーは発表と同時に大きな反響を呼び、全公演SOLD OUTとなるなど話題となっていた。開演前から熱気を帯びた550人の歓声に迎えられた森彩乃(Vo/Pf)、内田旭彦(Ba)、三輪幸宏(Dr)の3人は、森のアカペラから始まった「meaning of me」、サウンドの緩急に心揺さぶられる「hello world」、広がりある世界観の歌詞が印象的な「universe」の3曲を立て続けに披露し会場のボルテージを急上昇させると、森が『今日来ている人は一人残らず私たちの虜にします』とオーディエンスに宣戦布告。

間髪入れずに透明感あるサウンドが胸にスッと入り込むラブソング「snow traveler」、前向きな歌詞が聴く人の背中を押すミディアムナンバー「ソングフォーミー」で森の伸びやかな歌声をしっかりと聴かせる。さらに「Re:Answer」「ピラミッドを崩せ」といったインディーズ時代初期のナンバーや、独特のテンポ感が特徴の「虹を探していた」を披露すると、BGMを合図に発生した会場一体のコールとともに登場したのは三輪扮するDJキャラクター"YU!YU!YUKIHIRO"。お約束の観客からの"いじり"にもめげない軽妙なトークで会場は爆笑に包まれた。

後半戦はできたてのアップテンポな新曲からスタート。内田が持ち前のベーステクニックで魅せる「未完成ワールド」、聴く人皆が暖かい気持ちになれる人気曲「clock hands」へと続き、『時がとともに変わりゆく中でこそ見えてくる変わらないもの』を歌った「変わって」を森が弾き語りでしっとりと聴かせると、今度は三輪が圧倒的なテクニックのドラムソロでオーディエンスを魅了した。

再び森と内田が加わりライブは怒涛の終盤戦へと突入。聴き心地の良いインストゥルメンタル曲「MUSIC」、光あふれる前途への行進曲「光を探しに」「ニューワールド」、さらにクアイフの真骨頂とも言える超絶的なテクニックに息を飲む「organism」、メンバーとオーディエンスお互い全力のコール&レスポンスが応酬するライブアンセム「Don\'t Stop The Music」へとノンストップで駆け抜ける。さらに心の夜明けを壮大なサウンドに載せて届ける「good moring」、『今日ここに集まってくれた人の明日が素晴らしい日になるように』と願いを込めた「Wonderful Life」でクアイフとオーディエンスのグルーヴが限界を突破したところで本編が終了。

フロア中に響き渡るクアイフコールのなか再登場したクアイフは、この日初披露となる新曲と、『こんなに幸せな日があるんだなってくらい今日は幸せです! 会えてよかった!!』と溢れる気持ちを「クロスハッチング」に込めて感情いっぱいに届け、鳴りやまない拍手の中“next for the future"は大団円を迎えた。

今回のツアーを終えて森は、『結成から5年間で出逢ってくれたみんなに最大の感謝と、これからも宜しく!という想いを胸に、ステージから精一杯届けました。私たちは変化し続けたいし、その中でこそ見えてくる変わらない大切なものを音楽を通じて伝えたいと思っています。聴いてくれる人の人生にこの先もクアイフの音楽があり続けられるように、ここからまた始まりの合図を鳴らします!』と想いを語った。

大阪、東京そして名古屋とワンステージごとに確実に進化したライブを届けたクアイフ。メジャーデビューという次のステージに進むなかで、また新しい感動を届けてくれるに違いない。

photo by TAKESHI YAO

■【セットリスト】

M1. meaning of me
M2. hello world
M3. universe
M4. snow traveler
M5. ソングフォーミー
M6. Re:Answer
M7. ピラミッドを崩せ
M8. 虹を探していた
M9. 新曲
M10. 未完成ワールド
M11. Clock hands
M12. 変わって
M13. MUSIC
M14. 光を探しに
M15. ニューワールド
M16. organism
M17. Don\'t Stop The Music
M18. good morning
M19. Wonderful Life
〜ENCORE〜
EN1. 新曲
EN2. クロスハッチング

【関連リンク】
クアイフ オフィシャルHP
クアイフ、名古屋でモバイルFC発足記念イベント開催
Qaijff、waybee、あいくれ出演のOKMusic×新宿SAMURAI企画第二弾を2月28日に開催!
Qaijff、2016年に引き続き名古屋グランパスオフィシャルサポートソングを担当

【関連アーティスト】
Qaijff, クアイフ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

新生活を始めた人に送るフレッシュな気持ちになれる5曲
Mon, 24 Apr 2017 18:00:00 +0900
「Not Afraid」(’10)/Eminem (okmusic UP\'s)

今月から新たなスタートを切った人の中には、環境、活動、人間関係の変化によって楽しいことが目白押しの反面、少々疲れも出てくる頃ですよね。或いは希望に満ちあふれていた先月までの自分とは裏腹に「こんなはずじゃなかった!」という思いを抱えている人もいるかもしれません。しかしながら、2017年度はまだ始まったばかり! ネガティブにならず、頑張る自分を褒めて励ましましょう。今回は「新生活を始めた人に送るフレッシュな気持ちなれる5曲」をご紹介します。

【その他の画像】Eminem

■1. 「Not Afraid」(’10)/Eminem

俯きそうな時、前進するために必要なパワーをくれるのは、ヒップホップモンスターの異名を持つEminemの逸曲「Not Afraid」。7枚目のアルバム『Recovery』のリード曲としてシングルカットされたこの楽曲は、彼自身の人生におけるRecovery(=復活)を遂げるために自分を鼓舞させ、なおかつ周囲をも引っ張っていく強力なエナジーと、並々ならぬ強固な決意とやる気、そして自信があふれまくっています。彼の想いが軽快なラップに乗っかることで、さらにパワフルなメッセージとなって聴き手に伝わってきます。また、自己顕示するだけではなく、聴き手に救いを差し伸べる彼の男気溢れる歌詞に要注目。恐るな、俺たちはともに行く。君はひとりじゃない!

■2. 「Beautiful」(’02)/Christina Aguilera

続いて2曲目は、クリスティーナ・アギレラの代名詞とも言える大ヒット曲「Beautiful」。この曲は2004年のグラミー賞にて最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞を受賞し、年間最優秀楽曲賞にもノミネートされました。自己肯定感が低くなった時、この楽曲に触れるとアギレラの美しくやさしさあふれる歌声と、他人を気にすることなく、ありのままの自分を丸ごと受け止め、そして認めることができる自愛の精神が素直に映し出された歌詞には大いに励まされます。また、LGBTの人々のアンセムとして扱われるなど、人の内面の在り方に正しく前向きに目を向けた、多くの人々に支持され続けている偉大な楽曲のひとつです。そう、あなたは美しい!

■3. 「Where is the Love?」(’03)/Black Eyed Peas

『SUMMER SONIC』のヘッドライナーとして来日が決定しているBlack Eyed Peasが、約15年前にリリースした3枚目のスタジオアルバム『Elephunk』のリードトラックとして発売したシングル「Where is the Love?」はNY同時多発テロ事件を受けて制作された作品。昨年には難民、警官による黒人射殺などのさまざまな問題を受け、ジャスティン・ティンバーレイクなどの豪華ゲストを迎えて“#WHERESTHELOVE”というタイトルでリメイクし、再発しました。そのMVでは世界を震撼させた幼い子供の亡骸が海岸に漂着した難民問題の写真を起用するなど、時事問題と多くのゲストがウィル・アイアムの語りかけるような静と交差しているのも必見です。自分がコントロールできないものにエネルギーを注ぐのは無駄なこと。心のままに、自分を信じて。

■4. 「Harder Better Faster Stronger」(’01)/Daft Punk

何も考えず、ただひたすら仕事に打ち込みたい気分へと自分を持って行きたい時にはフランスの生んだエレクトロ・デュオのDaft Punkの「Harder Better Faster Stronger」(邦題「仕事は終わらない」)が最適です。歌詞は《Work it harder, make it better, do it faster, makes us stronger》の繰り返しで、私たちの毎日も同じことの繰り返し…。しかし、聴いているうちに「働くとはなんぞや?」「学ぶとはなんぞや?」「なぜ一生懸命にやらなければならないの?」「何のために? 誰のために?」など、さまざまな考えが頭に浮かんできて、見失いかけていたものや自分のやるべきことを思い起こさせてもくれる、まさにDaft Punkの深さを見せつけられる一曲です。彼らが敬愛する漫画家・松本零士によるジャケットやMVも必見!

■5. 「Beautiful Day」(’00)/U2

U2の原点であるロックへ回帰した楽曲とされ、2001年のグラミー賞では、年間最優秀レコード賞、年間最優秀楽曲賞、最優秀ロックパフォーマンス(デュオ/グループ)賞の3部門を受賞した「Beautiful Day」。《今持っていないものは、今必要のないもの》というフレーズが印象的な歌詞に、ハッとさせられる人も多いのではないでしょうか。隣の芝生が青いとどうこう思うよりも、今頭上に広がる晴天を見上てその美しさに気付くことを呼びかける内容からは“身近にあるチャンスを逃すな”とも受け取れます。友達や身近な人の新生活が羨ましく思えた時、自分のことを卑下するのではなく、まだ気付いていない素敵なもの探しを始めてみてはいかがでしょうか? 人生は案外灯台下暗し!

【関連アーティスト】
Eminem, Black Eyed Peas, Daft Punk, U2, Christina Aguilera
【ジャンル】


D、バンド史上初フリーライブにてシングル「Dark fairy tale」のリリースを発表
Mon, 24 Apr 2017 18:00:00 +0900
D (okmusic UP\'s)

結成14周年を迎えたDが、バンド史上初となるフリーライブを4月23日(日) Zepp Tokyoにて開催した。

【その他の画像】D

2015年9月リリースの「HAPPY UNBITHDAY」から始まり、シングル「MASTER KEY」、そして2016年10月リリースのアルバム『Wonderland Savior』の3作品に渡り“アリスの世界"を描いてきたDが、2017年に放つ新コンセプトは“妖精王の物語"。アーティスト写真を公開するやいなや、大きな反響を呼んだ美しすぎる“妖精"ビジュアルと、待望の新曲「Dark fairy tale」がこの日のライブで初披露になるということで、新たな物語への期待に胸を膨らませたファン約2,000人がZepp Tokyoに集結した。

ライブはこの日初公開となる新曲「Dark fairy tale」のMVから華やかにスタート。お伽話のような幻想的で美しい映像、そして切なく悲しいストーリー展開に観客は息を飲み、Dが魅せる新たな物語の世界に一気に引き込まれていく。

幕が開き、メンバーが登場するやいなや、会場からは大きな歓声とため息が漏れた。黒×紫の美しい衣装に身を包んだメンバーはまさに妖精そのものだ。

煌びやかな妖精たちは、序盤から“攻め"の姿勢で、瞬く間に観客の心に火を付ける。「7th Rose」「闇の国のアリス」「Night-ship “D"」など、会場と激しく一体となる楽曲が続き、会場の熱気は最高潮に達した。

そして、この日は14周年を記念するライブということで、メンバー各々がDとして初めて作曲した曲を次々に披露。これまでバンドを支え続けてきてくれたファンと共に重ねてきた記憶・景色を振り返った。この世界にDが残してきた楽曲の1曲1曲が全く色褪せることなく、その歌声・音色は、進化を続けるDというバンドに相応しい輝きを纏い、新たな光を放っていた。

本編ラストの曲は、この日初披露となる新曲「Dark fairy tale」。妖精の世界の煌めきと、妖精王の美しくも悲しいストーリーが見事に表現された楽曲は、Dが描く物語の無限の広がりと奥深さを十分に感じさせるものだった。まさに、15年目に向かう新章の幕開けに相応しい楽曲と言えよう。

アンコールは、14年間支えてくれたファンへの感謝、そして会場に集まってくれた多くのファンと今この時を迎えることができたことへの感謝の気持ちを込めて、「EDEN」そして「Dearest you」「春の宴」などが演奏された。大きな愛が溢れ、会場は暖かな優しさに包まれていた。

『この先も夢を見させてやるからな!』というASAGIの強い言葉通り、新しい夢の世界の扉を開け、その先へ向かう力強い一歩を感じさせるライブとなった。

そして、この日ニューシングル「Dark fairy tale」のリリースが6月28日であることも発表。限定盤A-TYPEは「Dark fairy tale」のMVとメイキング映像が収録されたDVD付。そして限定盤B-TYPEは、美麗なアートワークが存分に楽しめるブックレットが付属となる。また、限定盤D-TYPEに封入されるジャケットサイズステッカーにはある特殊な仕掛けが! なんと、そのステッカーにARアプリをかざすと妖精メンバーが出現する“妖精降臨仕様"となっている。妖精の世界が存分に楽しめるシングルとなる予定だ。

さらに新宿BLAZEでのニューシングル発売記念ワンマン、ニューシングルを引っ提げての夏ツアーも発表となった。7月21日(金)仙台CLUB JUNK BOXからスタートし、ツアーファイナルは8月29日(火)に赤坂BLITZで開催される。発売記念ワンマン、そしてツアーを通して、妖精王の物語がどのように紡がれていくのか、Dが描く壮大な世界観をぜひライブで体感してほしい。

■シングル「Dark fairy tale」

2017年6月28日(水)発売
【限定盤A-TYPE】(CD+DVD)
VBZJ-46/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
「Dark fairy tale」
他、全4曲収録予定
■DVD
1. 「Dark fairy tale」 Music Video
2. 「Dark fairy tale」 Music Video Making

【限定盤B-TYPE】(CD+豪華ブックレット)
VBZJ-47/¥1,800+税
<収録曲>
「Dark fairy tale」
他、全4曲収録予定

【通常盤C-TYPE】 (CD)
VBCJ-30021/¥1,200+税
<収録曲>
「Dark fairy tale」
他、全4曲収録予定

【限定盤D-TYPE】 (CD+ステッカー)
VBZJ-48/¥1,500+税
※妖精降臨仕様!ジャケットサイズステッカー封入(全5種ランダム)
…ステッカーにARアプリをかざすとメンバーが出現する特殊ステッカー(ステッカーの絵柄のメンバーが出現します。)
<収録曲>
「Dark fairy tale」
他、全3曲収録予定

◎限定盤A-TYPE・B-TYPE/通常盤C-TYPE封入特典(初回生産分のみ)
トレーディングカード(全6種ランダム)

◎全4形態同時購入特典
全4形態収納オリジナルスリーブケース
※一部ショップでは特典のご用意がない場合がございます。詳しくはショップにお問い合わせ下さい。
※特典は全て先着となり、無くなり次第終了となりますので、予めご了承下さい。

■【ライブ情報】

『D 14th Anniversary Special Premium Live 高田馬場AREA 5Days』
「Exceed your limit」〜Produced by HIROKI〜
5月01日(月)  高田馬場AREA 
「燃え上がれ赤」〜Produced by Tsunehito〜
5月02日(火)  高田馬場AREA 
「Memory of the Wind」〜Produced by HIDE-ZOU〜
5月03日(水・祝)  高田馬場AREA 
「K.M.N.N(今日は皆で猫になろう)」〜Produced by Ruiza〜
5月04日(木・祝)  高田馬場AREA 
「L\'amour de VampireIII」〜Produced by ASAGI〜
5月05日(金・祝)  高田馬場AREA ※SOLD OUT!

『D New Single「Dark fairy tale」発売記念ワンマン「Dark fairy tale 〜The midsummer night\'s Dream〜」』
6月21日(水)  新宿BLAZE
※当日は終演後マル秘企画有り

『D TOUR 2017 「Dark fairy tale」』
7月21日(金) 仙台CLUB JUNK BOX 
7月23日(日) 札幌cube garden
7月27日(木) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
7月30日(日) HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3
8月02日(水) 金沢AZ 
8月04日(金) 名古屋Electric Lady Land 
8月06日(日) OSAKA MUSE 
8月12日(土) 新横浜NEW SIDE BEACH!! 
8月14日(月) 岡山IMAGE 
8月16日(水) 広島SECOND CRUTCH 
8月18日(金) 福岡DRUM Be-1 
8月29日(火) 赤坂BLITZ ※ツアーファイナル
※当日はご来場者全員に未発表曲音源(CD)プレゼント!!

【関連リンク】
D オフィシャルHP
『HOPE AND LIVE 2016』12月11日に開催&河村隆一・S.Q.F・D・VANIRUら8組が出演!
Dが11月のアルバム発売後、年内活動休止に
阿部真央、完全復活を遂げた全国ホールツアーが終幕

【関連アーティスト】
D
【ジャンル】
ビジュアル, ライブ

石川さゆり、CDジャーナルとの記事連動試聴イベント開催!
Mon, 24 Apr 2017 17:30:00 +0900
石川さゆり (okmusic UP\'s)

CDジャーナル5月号誌面で展開された「CDボックスの真の姿を聴く!Part 4」とのコラボとして、石川さゆりの全CD楽曲をハイエンドDACで聴くイベントが開催されることが決定した。

【その他の画像】石川さゆり

今回のイベントには、株式会社テイチクエンタテインメントの協力を得て45周年CDボックスからデータライブラリ化された全CD楽曲を使用。ゲストには株式会社テイチクエンタテインメントの担当者を招いて行なわれる。

さらに、オーディオ用NAS「DELA」のメーカーであるメルコシンクレッツ株式会社より、おなじみの荒木社長を迎え、ミュージックライブラリーと楽しみ方、できることについて語ってもらう予定とのこと。

当日は、4月5日に発売開始された『石川さゆり 45周年記念CDボックスDVD付』の注文受付を実施。注文した方にはもれなく特製のクリアファイルとステッカーがプレゼントされる。この機会にぜひ参加してみてはいかがだろうか。

■【イベント内容】

4月29日(土) オリオスペック イベントスペース(秋葉原)
定員:20名様程度
申し込み方法:メール(pcaudio@oliospec.com)または
お電話(03-3526-5777)にてお申し込み下さい。
※先着順にて受付とさせて頂きます。
(定員になり次第受付終了とさせて頂きます)

◎内容
1.企画紹介&ミュージックライブラリーと楽しみ方、できることの紹介
2.45周年CDボックスの紹介
3.比較試聴(録音技術、機材の進化やマスタリングの傾向による違いなど)
4.恒例のリクエストタイム

【関連リンク】
石川さゆり オフィシャルHP
昭和は遠くなれどいつでも青春を蘇らせてくれる心に残る名曲集
懐メロからしっとりバラードまで、40代女性向けカラオケソング
2015年カラオケアーティスト首位は西野カナ、洋楽楽曲では「Let It Go」、アニソンでは『ドラえもん』主題歌「ひまわりの約束」が1位に

【関連アーティスト】
石川さゆり
【ジャンル】
演歌/歌謡曲

SPICY CHOCOLATE主催の『渋谷レゲエ祭』第二弾出演アーティストを解禁
Mon, 24 Apr 2017 17:00:00 +0900
『渋谷レゲエ祭〜レゲエ歌謡祭2017〜』告知画像 (okmusic UP\'s)

SPICY CHOCOLATEが主催するイベント『渋谷レゲエ祭〜レゲエ歌謡祭2017〜』の第二弾出演アーティストが発表となった。

【その他の画像】BES

今回発表となったのは、寿君、TAK-Z、CHEHON、KEN-U、KENTY GROSS、BES、NATURAL WEAPON、APOLLO、RAY、CHOP STICKというSPICY CHOCOLATEとの関わりが深いレゲエ・アーティスト10名。さらなる追加アーティストの発表も予定されているとのことなので、今後の発表から目が離せない!

またこの発表にあわせ、第二次オフィシャルチケット先行(先着制)の受付も開始。SPICY CHOCOLATE結成23周年のアニバーサリーということで、昨年以上の盛り上がりを見せている渋谷レゲエ祭。SPICY CHOCOLATEファンはもちろん、各出演者のファンもお見逃しなく。

■『渋谷レゲエ祭』オフィシャルHP
http://shibuyareggaesai.com/

■『渋谷レゲエ祭〜レゲエ歌謡祭2017〜』

9月23日(土)  新木場STUDIO COAST
OPEN 14:30 / START 15:30
<ARTIST>
■SOUND
SPICY CHOCOLATE
INFINITY16
…AND MORE!
■ARTIST
TAK-Z
寿君
RAY
NATURAL WEAPON
CHEHON
KEN-U
CHOP STICK
KENTY GROSS
BES
APOLLO
…AND MORE!

【関連リンク】
SPICY CHOCOLATE オフィシャルHP
SPICY CHOCOLATE主催『渋谷レゲエ祭〜レゲエ歌謡祭2017〜』開催決定
ageHaにて5年ぶりの土曜日開催! 『SABISHINBO NIGHT 2016』に卍LINE・DJ KAORI・SPICY CHOCOLATEら出演!
SPICY CHOCOLATE、アルバム参加アーティストのサインが当たるTwitter企画を実施

【関連アーティスト】
BES, APOLLO, KENTY GROSS, Ray, CHEHON, KEN-U, SPICY CHOCOLATE, NATURAL WEAPON, TAK-Z, 寿君, CHOP STICK
【ジャンル】
J-POP, レゲエ/スカ

日食なつこ、初ライブ映像化作品の熱気あふれるトレーラーを公開
Mon, 24 Apr 2017 16:00:00 +0900
日食なつこ (okmusic UP\'s)

全国8会場すべてソールドアウトとなった日食なつこのワンマンツアー\'17『マニアたちの親睦会』。そのツアーファイナルである東京キネマ倶楽部のライブを初映像化したトレーラーが公式チャンネルで公開された。

【その他の画像】日食なつこ

トレーラーは冒頭のチャイムから「ビックバード」にはじまり、「水流のロック」「ログマロープ」のライブ映像が映し出され、会場の熱気がひしひしと伝わる内容になっている。ファンの方はもちろん、気になる方はぜひチェックしてみてほしい。

■『マニアたちの親睦会』千秋楽 東京キネマ倶楽部2017 トレーラー映像
https://youtu.be/nKA0Q2zZxck

■DVD「『マニアたちの親睦会』千秋楽 東京キネマ倶楽部2017」

発売中(ライブ会場&公式オンラインショップ先行販売)
価格:¥5,000(税込)
※ライブフォトブック8P封入
<収録曲>
01.黒い天球儀
02.ビッグバード
03.神様お願い抑えきれない衝動がいつまでも抑えきれないままでありますように
04.エピゴウネ
05.青いシネマ
06.It seems like a frog
07.深夜潜水(リクエスト)
08.Red-light Tower
09.エバーシルバー
10.ヒューマン
11.あのデパート
12.大停電
13.サイクル
14.非売品少女
15.ハイウェイは気にも留めない
16.水流のロック
17.ログマロープ
EN-1.跳躍
EN-2.ヘールボップ
全19曲収録
(日食なつこ&komakiによるオーディオコメンタリー付き)※副音声機能付き

◎先着購入者特典
・先着500名限定「日食先生による日食検定2017年度版」封入
日食なつこ本人が考案する7つの問題「日食検定2017年度版」。日食先生自らが直筆であなたの回答に赤ペン添削指導し、気まぐれで返送します。模範解答、珍回答は本人がSNSでシェアする、かも...?

■オンラインショップ
https://ldandk-shop.jp/product/6413/

■カフェワンマンツアー「遊泳喫茶(2)2017春」

4月29日(土) 札幌レストランのや
4月30日(日) 函館マーキーズカフェ
5月03日(水・祝) 仙台SENDAI KOFFEE CO.
5月05日(金・祝) 金沢もっきりや
5月12日(金) 六本木ARK HiLLS CAFE
※終了分は割愛

【関連リンク】
日食なつこ オフィシャルHP
日食なつこ、日本初の「Spotify Session」に抜擢! 「あのデパート」に即興の歌詞も!?
日食なつこ、5月に開催される『GREENROOM FESTIVAL \'17』への出演を発表
日食なつこ、自身初となるライブ映像作品は3部構成の豪華な内容に

【関連アーティスト】
日食なつこ
【ジャンル】
J-POP

阿部真央、完全復活を遂げた全国ホールツアーが終幕
Mon, 24 Apr 2017 15:00:00 +0900
4月23日@東京国際フォーラム ホールA (okmusic UP\'s)

阿部真央が4月23日(日)、約2年ぶりとなる全国ホールツアー『阿部真央らいぶNo.7』(全16公演)の最終公演を東京国際フォーラム ホールAで開催した。

【その他の画像】阿部真央

シングル「You changed my life」「Don\'t let me down」「女たち」を収めた最新アルバム『Babe.』を引っ提げた今回のツアー。その集大成となるこの日のライブで阿部真央は、幅広いボーカル表現と華やかなエンターテインメント性を共存させた素晴らしいステージを見せてくれた。

オープニングは、阿部真央のアカペラから始まったバラード「愛みたいなもの」。さらに「逝きそうなヒーローと糠に釘男」「Don\'t let me down」とニューアルバム『Babe.』の収録曲が次々と披露される。今回のアルバムでは、自身の体験だけではなく、フィクションの要素を取り入れたという彼女。豊かな想像力から生まれたストーリーとカラフルなサウンドがひとつになった「Babe.」の楽曲は、バンドメンバーの卓越した演奏力、阿部真央の多彩な歌声とともに、オーディエンスの心をしっかりと捉えていた。「みなさんに楽しんでもらえるように、最後まで一生懸命歌います!」というキッパリした挨拶も彼女らしい。
 
中盤では、椅子に座り、バラード系のナンバーをじっくり聴かせるアコースティック・コーナーも。母親になった喜びと覚悟を生々しく綴った「母である為に」、そして、“好きな人の側にいたい"という哀切な思いを綴った「側にいて」。ツアー前のインタビューで「ワーッと盛り上がって、一体感が感動につながるというライブも好きだけど、それプラス、しっかり曲を味わってもらいたいんです。『Babe.』は心に染み入っていくような曲も多いですから」と語っていた彼女。ひとつひとつの言葉にしっかりと思いを込め、観客に手渡すように歌う姿からは、シンガーとしての確かな成長が感じられた。

「体を揺らして楽しみましょう!」というMCに導かれた後半では、軽快なロックンロール「バイバイ」、ヘビィメタルのテイストを取り入れた「gasp」など、個性豊かな楽曲が次々と放たれる。さらに「ロンリー」「伝えたいこと」「モットー。」といった代表曲を連発し、観客のテンションも一気に頂点へ。ライブが進むにつれて力強さを増していくボーカルはまさに圧巻だ。「この2年間、いろんなことがありましたけど、悔いのない選択をできたと思います。ブランクがあってもこれほどたくさんの方がライブに足を運んでくれる。こんなに幸せなことはないです。ありがとうございます」という感謝の言葉、そして、“いろんな思いを抱えながら、それぞれの人生を歩いていこう"というポジティブなメッセージが伝わる「それぞれ歩き出そう」によってライブ本編は終了した。

アンコールでは、タイトスカートと白シャツという姿で登場。まずはダンサブルな「モンロー」を披露し、観客の体を揺らす。さらに“ブルゾンちえみ"のモノマネで会場を沸かせた後は、シングル曲「女たち」、アコースティックギターの弾き語りによる「かしこみかしこみ」「母の唄」などを歌唱。「もっといい曲を書いて、もっといいパフォーマンスをしたいと思っています。これからもよろしくお願いします」とオーディエンスに語り掛け、ツアーはエンディングを迎えた。

アルバム『Babe.』の楽曲を中心に、シンガーソングライターとしての奥深い才能を改めて示した全国ツアー「阿部真央らいぶNo.7」。今回のツアーで得た経験は必ず、次の作品へとつながるはずだ。

Text by 森朋之
Photo by 緒方秀美

■【セットリスト】

1.愛みたいなもの
2.逝きそうなヒーローと糠に釘男
3.Don\'t let me down
4.ふりぃ
5.You Said Goodbye
6.君を想った唄
7.わかるの
8.Don\'t leave me
9.母である為に
10.いつの日も
11.背中
12.側にいて
13.バイバイ
14.Hello, Brand New Days
15.この時を幸せと呼ぼう
16.gasp
17.POSE
18.Believe in yourself
19.ロンリー
20.伝えたいこと
21.モットー。
22.それぞれ歩き出そう
EN1.モンロー
EN2.I wanna see you
EN3.女たち
WEN1.かしこみかしこみ
WEN2.母の唄

【関連リンク】
阿部真央 オフィシャルHP
阿部真央、TV披露した新曲「母である為に」が大反響! 自身の子供に向けられた歌詞に共感・感動の声続出
阿部真央、ニューアルバム発売記念でニコ生特番の放送が決定
ウルフルズ、Superfly・JUJUら参加トリビュートアルバムの全曲ダイジェスト動画を公開!

【関連アーティスト】
阿部真央
【ジャンル】
J-POP, ライブ

D-LITE(BIGBANG)、初のソロドームツアーに幕! 「皆さんが僕の人生の理由」
Mon, 24 Apr 2017 14:00:00 +0900
4月23日@京セラドーム大阪 (okmusic UP\'s)

BIGBANGのD-LITEが最新ソロミニアルバム『D-Day』を引っさげた初のソロドームツアー「D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017 〜D-Day〜」が京セラドーム大阪公演にて幕を閉じた。

【その他の画像】BIGBANG

2013年の初ソロツアー「D-LITE D\'scover Tour 2013 in Japan 〜DLive〜」より、2014年「D-LITE DLive 2014 in Japan 〜D\'slove〜」、2015年「Encore!! 3D Tour [D-LITE DLive D\'slove]」と10万人以上の規模でのソロツアーを成功させてきたD-LITE。

「Encore!! 3D Tour [D-LITE DLive D\'slove]」以来約2年2か月ぶりのソロツアーとなった今回は、4月15日・16日のメットライフドーム(旧:西武プリンスドーム)公演、4月22日・23日の京セラドーム大阪公演の全2都市4公演で15万人を動員した。

2013年からのソロ活動の集大成とも言える、このメモリアルなドームでのステージは、これまでのツアー同様にD-LITE自身がトータルプロデュース。最新作から「D-Day 」・「VENUS」・「The sign」など収録全7曲を惜しみなく披露したほか、代表曲「WINGS」・「ナルバキスン (Look at me, Gwisun)」や昭和歌謡の名曲「どうにもとまらない」・「古い日記」カバーなど、ダブルアンコール含め全23曲を熱唱。約3時間30分に渡りその歌唱力とユーモアたっぷりのMCで会場に詰めかけた5万人の観客を魅了した。

ライブ中盤のMCでは、ミニアルバム『D-Day』がオリコン週間CDアルバムランキング(4月24日付)初登場1位を獲得したことについて、『本当に100%皆さんのおかげでオリコンウィークリー1位を取ることができました。ありがとうございます。毎回毎回これが最後の作品になるかも知れないと思いながらすべての力を注いでアルバムを作っていますが、今回もこんなに素晴らしい結果が残せたので、会社から今年の次のステップ、新しいプロジェクトのお許しが出ました(笑)。これからもよろしくお願いします!』と次回作への意欲もみせる一言も。

そしてライブを締めくくるMCでは、『今日来てくださった皆さん、改めてありがとうございます。最初に『D\'scover』を出してホールツアーからここまで来ました。もちろんその時より規模は大きくなったんですが、規模とは関係なく毎回毎回のライブが僕にとっては大切な思い出で、心の財産だと思います。その時から今まで、そして今この瞬間を一緒に過ごしている全ての皆さんに心から感謝の気持ちを伝えたいです。本当にありがとうございます。あるときファンの方から手紙を頂きました。その手紙には「Everything happens for a reason (全ては必然である)」という言葉が書いてありました。もちろんあまりにも有名な言葉なので、そのまま通り過ぎてしまったかもしれないのですが、そのあとの言葉が記憶にはっきりと残っています。「私達があなたを応援することには理由があり、あなたが歌を歌うことにも理由がある。」この言葉がとても感動的で、本当に言葉そのまま皆さんが僕の人生の理由であり、一番大きな幸せです。今までのようにお互いを大切にして愛しながらこれからの時間も過ごしていきたいです。僕も僕が持っている幸せ、力、すべてを皆さんの為、皆さんにお返ししたいと思います。これからもいつも皆さんのそばにいます。 ありがとうございます。』とファンへ最大級の感謝の気持ちを伝えた。

さらにアンコールでは、4月26日に28歳の誕生日を迎えるD-LITEに向け、ファン5万人による「HAPPY BIRTHDAY」スローガンとバースデイソングの合唱がプレゼントされ、そして誕生日ケーキを持ってBIGBANGメンバーのV.Iが祝福に駆け付けるというスペシャルなバースデイサプライズも飛び出すなど、ツアーファイナルにふさわしい大団円を迎えた。

今後のBIGBANGとしては、5月よりスペシャルファンイベント「BIGBANG SPECIAL EVENT 2017」の開催が決定している。このイベントは、5月27日(土) 福岡 ヤフオク!ドーム、5月30日(火) ・31日(水) 東京ドーム、6月3日(土) ・4日(日) 京セラドーム大阪の全3都市5公演のドームツアーで、まさに異例の規模でのスペシャルイベントとなる。メンバー4人とのトークセッションやゲームコーナーなどメンバーの素顔が垣間みられるものから、日本版フルアルバム『MADE』リリース後初となるライブパフォーマンスまで約2時間に及ぶ充実した内容になる模様だ。 ぜひ会場に足を運んでほしい。

■ミニアルバム『D-Day』

発売中
【CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー】
AVCY-58486/B/¥3,800+税
【CD+スマプラミュージック】
AVCY-58487/¥2,400+税
【PLAYBUTTON】
AVZY-58485/¥2,400+税
【CD】
AVC1-58488/¥2,000+税
【CD】
AVC1-58489/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
01. Intro (君へ)
02. D-Day
03. VENUS
04. The sign
05. ハルカゼメロディ
06. 近未来
07. Anymore
■DVD
[MUSIC VIDEO]
D-Day
WINGS
歌うたいのバラッド
I LOVE YOU
Rainy Rainy
SHUT UP
ナルバキスン (Look at me, Gwisun)
[BONUS FEATURES]
D-Day_BEHIND THE SCENES
"DLive GOODS" INTERLUDE MOVIE
"DLive 2014 GOODS" INTERLUDE MOVIE
"Encore!! 3D Tour" INTERLUDE MOVIE
[BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 IN JAPAN_2016.7.30]
WINGS + ナルバキスン (Look at me, Gwisun)
-MC-
じょいふる / D-LITE&V.I
[D-LITE D\'scover Tour 2013 in Japan 〜DLive〜]
歌うたいのバラッド
[D-LITE DLive 2014 in Japan 〜D\'slove〜]
Rainy Rainy
[Encore!! 3D Tour [D-LITE DLive D\'slove]]
Dress

■『BIGBANG SPECIAL EVENT 2017』

5月27日(土) 福岡 ヤフオク!ドーム
5月30日(火) 東京ドーム
5月31日(水) 東京ドーム
6月03日(土) 京セラドーム大阪
6月04日(日) 京セラドーム大阪

【関連リンク】
BIGBANG オフィシャルHP
BIGBANG・SOLが追加公演を発表! 海外アーティスト史上初となるスタジアムツアーに!
D-LITE from BIGBANG、初のソロドームツアー開幕
BIGBANGのSOLが7月に自身初のソロスタジアムライブを開催!

【関連アーティスト】
BIGBANG, D-LITE
【ジャンル】
K-POP, ライブ

WANIMA、3rdシングル収録の“お守り”ソング「CHARM」先行配信がスタート
Mon, 24 Apr 2017 13:00:00 +0900
シングル「Gotta Go!!」 (okmusic UP\'s)

WANIMAが5月17日(水)に発売する3rdシングル「Gotta Go!!」の1曲目に収録される新曲「CHARM」が、各配信サイトにて先行配信スタートとなった。

【その他の画像】WANIMA

新曲「CHARM」は新しい事に挑もうとしている人、今いる場所から勇気をもって歩み出そうとする人、そしてそれを見送る人……そういった人達みんなの「お守り」になってほしいという願いを込めて制作された楽曲。各歌詞サイトにて歌詞が先に公開されるやいなやファンの間で好評を博しており、今回待望の先行配信となった。

また、先日発表となった6月3日(土)に開催される初の野外フリーライブ『uP!!!NEXT WANIMA〜Gotta Go!! Release Party〜』は限定5,000人の完全招待制ということで、既に応募が殺到中。参加応募受付は、引き続きライブ特設サイトにて行なっているので、是非応募してみよう!

■「CHARM」先行配信ページ
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/charm-single/id1222655845?app=itunes&at=10l6Y8
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1004571473/
■シングル「Gotta Go!!」特設サイト
http://wanima.net/3rdsg/

■シングル「Gotta Go!!」

2017年5月17日(水)発売
WPCL-12663/¥1,200+税
<収録曲>
M1「CHARM」
M2「ララバイ」
M3「これだけは」

■『uP!!!NEXT WANIMA〜Gotta Go!! Release Party〜』

6月03日(土)  お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
開場:16:30 / 開演:18:00
チケット代:無料(別途チケット発券手数料がかかります)
募集人数:限定5,000名様ご招待!!!
(完全招待制/枚数制限:1申込2枚まで。)

<応募方法>
▼一次(uP!!!/一般)
受付期間:4月11日(火)20:00〜4月30日(日)23:59
▼二次(uP!!!/一般)
受付期間:5月9日(火)20:00〜5月15日(月)23:59
https://up-now.jp/upnext

【関連リンク】
WANIMA オフィシャルHP
WANIMA、6月にお台場で野外フリーライブ開催&「Gotta Go!!」ジャケ写解禁!
04 Limited Sazabys主催『YON FES 2017』、昨年を超える熱狂の渦に
WANIMA、約9カ月ぶりの3rdシングル「Gotta Go!!」をunBORDEからリリース

【関連アーティスト】
WANIMA
【ジャンル】
ジャパニーズロック

米津玄師、自身が描く新曲「ピースサイン(TV edit.)」の配信JKが解禁!
Mon, 24 Apr 2017 12:00:00 +0900
配信楽曲「ピースサイン」 (c)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会(okmusic UP\'s)

毎週土曜17:30より放送中のTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』のオープニングに起用されている米津玄師の新曲「ピースサイン」が、TV edit.として4月29日(土)より配信リリース。その配信用ジャケットが公開された。

【その他の画像】米津玄師

ジャケットは米津玄師自身が『僕のヒーローアカデミア』をイメージして描いたイラストを使用したデザインとなっており、4月24日(月)に発売となった週刊少年ジャンプ21・22合併号にて公開された。

「ピースサイン」のCDリリースに関しては現在未定。まずは4月29日の「ピースサイン(TV edit.)」配信開始を楽しみに待とう。

photo by Jiro konami

(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

■【米津玄師コメント】

「僕のヒーローアカデミア」の新しいオープニングテーマを歌えることをとても嬉しく思っています。ありがとうございます。
憧れに向かってひた走る出久たちのまなざしを受けて感じること、学ぶべきことがたくさんありました。
子供のころの自分はどうだったろう?「ピースサイン」を作り始めてからはそういうことをよく考えます。」

■配信シングル「ピースサイン(TV edit.)」

2017年4月29日(土)配信

■「米津玄師 LIVE 2017 / RESCUE」

7月14日(金) 東京国際フォーラム ホールA
7月15日(土) 東京国際フォーラム ホールA

【関連リンク】
米津玄師 オフィシャルHP
米津玄師、アニメ『ヒロアカ』新シリーズOP曲「ピースサイン」を4月29日より配信スタート
米津玄師、新曲「ピースサイン」がアニメ『僕のヒーローアカデミア』新シリーズのOP曲に決定
米津玄師、「orion」CMスポットで『3月のライオン』声優がナレーション

【関連アーティスト】
米津玄師
【ジャンル】
J-POP

SCANDAL、結成11周年記念SPライブを大阪で開催!
Mon, 24 Apr 2017 11:00:00 +0900
SCANDAL (okmusic UP\'s)

SCANDALがバンド結成11周年記念日の8月21日(月)に、Billboard Live OSAKAにてスペシャルライブを開催することを発表した。

【その他の画像】SCANDAL

結成10周年という節目の年だった2016年は、結成地・大阪の泉大津フェニックスで初の野外ワンマンライブを開催。約1万人の観客とともに盛大にバンド結成10周年をお祝いした。

2017年は観客との距離がさらに近いBillboard Live OSAKAにて、1夜限りのスペシャルな公演が行なわれる予定。詳細は後日発表となるので、お楽しみに。

■『SCANDAL結成11周年スペシャルライブ』

8月21日(月) Billboard Live OSAKA
開場開演:
1st OPEN 17:30 / START 18:30
2nd OPEN 20:30 / START 21:30
※完全入れ替え制
<チケット料金>
サービスエリア:¥6,500
カジュアルエリア(1DRINK付):¥5,500
※詳細は後日お知らせいたします。

【関連リンク】
SCANDAL オフィシャルHP
SCANDAL、初の47都道府県ツアー初日のセトリは“熊本スペシャル”
SCANDAL、新曲「FREEDOM FIGHTERS」スタジオライブ映像公開
SCANDAL、ベスト盤リリース日にSP記念特番放送決定! スタジオライブの生中継も

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1