歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年04月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
NoGoD、楽曲の持つ“静"と"動"を映像化した「Missing」MV公開
Tue, 18 Apr 2017 21:00:00 +0900
NoGoD (okmusic UP\'s)

NoGoDが4月21日に発売するシングル「Missing」より、タイトル曲「Missing」のMVが公開された。

【その他の画像】NoGoD

2015年に10周年を迎え、メンバーそれぞれがNoGoDを見つめ直し、さらに進化に向けて歩む彼らが最初に導きだした答えは、NoGoD史上例を見ない硬質さをまといながらも情感溢れるバラード。「Missing」はNoGoDの持つ魅力がひとところに留まらない事実をまざまざと見せつけられる楽曲となった。

「Missing」は多くのNoGoDファンが団長(Vo)に抱いているであろう突き抜けるハイトーン・ヴォイスが活きた楽曲というよりは、団長の声そのものの色気や込められた感情の変化が鮮やかに見える、絶妙なキーのロングトーンが心を打つ楽曲。歌手としての表現力の高さを改めて認識させるものとなっている。

団長の歌声が曲全体の持つ情景の中の“静"を映し出し、Kyrie(Gt)、Shinno (Gt)、華凛 (Ba)、K (Dr)の紡ぎ出す重厚かつ躍動感あふれるサウンドは“動"を表現。今回のMVはそのサウンドをそのままに映像化されており、団長のもつ“静"の空気と、“静"に内包された激情が楽器隊に伝わっての“動"となり、荒涼とした大地とその真逆のギミック感のある映像演出との対比も含め、全体のバランスが緻密に計算された仕上がりとなった。

4月22日(土)名古屋公演を皮切りに、シングル「Missing」を引っ提げた全国6か所でのツアーも決定。極限まで削ぎ落としたソリッドな新曲を生で味わいつつ、NoGoDらしさ溢れる熱いパフォーマンスに期待してほしい。

■「Missing」MV(Short ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=QUWfPHXwLrA

■シングル「Missing」

2017年4月21日(金)発売
KICM-1765/¥1,600+税
<収録曲>
1. Missing
2. Nightmare
3. 不完全肯定論
4. emotional disorder(live version)※
5. 桃源郷へようこそ(live version)※
※Recorded at TSUTAYA O-WEST, January 6th, 2017

■『W/O-U』

4月22日(土) 名古屋 ell.FITSALL
4月23日(日) 大阪 ROCKTOWN
4月26日(水) 福岡DRUM Be-1
4月27日(木) 広島 SECOND CRUTCH
4月30日(日) 長野 JUNK BOX
5月06日(土) 東京 shibuya WWW X

【関連リンク】
NoGoD オフィシャルHP
NoGoD、ニューシングル「Missing」の詳細解禁
NoGoD、2カ月連続デジタルシングル第2弾「emotional disorder」先行配信がスタート
新章に突入したNoGoDが2ヶ月連続で新曲を配信&新ビジュアル解禁!

【関連アーティスト】
NoGoD
【ジャンル】
ビジュアル, メタル

吉田山田、『じゅん散歩』 EDテーマ「RAIN」のMV&ジャケット写真公開
Tue, 18 Apr 2017 20:00:00 +0900
シングル「街」【初回限定盤】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

吉田山田が、ニューシングル「街」のカップリング曲「RAIN」のMVを公開した。


【その他の画像】吉田山田

「RAIN」はトヨタカローラ博多創立50周年テーマソングに起用され、現在はテレビ朝日『じゅん散歩』4月・5月度エンディングテーマとしてもオンエア中の楽曲。

MVでは2人がレコーディングしている光景がメインに映し出され、「RAIN」というタイトルどおり、雨の中で傘を差して仲睦まじく歩く2人の姿、アートワーク撮影時の様子なども組み込まれ、オンとオフが垣間見える映像に仕上がっている。

さらに、シングル「街」の追加情報が解禁。高層ビルをバックに下から見上げるような構図で撮影されたジャケット写真が公開となり、通常盤のカップリング曲には「たしか」が収録されることが明らかになった。発売週にはリリース記念イベントを開催、先着予約購入特典の画像公開と盛りだくさんとなっている。詳細はオフィシャルHPにてご確認を。

■「RAIN」MV
https://youtu.be/JDv3gknp7Lg

■シングル「街」

2017年5月24日発売
【初回限定盤】(CD+ DVD)
PCCA.04498/¥1,852+税
【通常盤】(CD)
PCCA.04499/¥1,204+税
<収録曲>
■初回限定盤CD
1.街
2.RAIN
3.街(Instrumental)
4.RAIN(Instrumental)
■初回限定盤DVD
撮り下ろしロケ企画映像
■通常盤CD
1.街
2.RAIN
3.たしか
4.街(Instrumental)
5.RAIN(Instrumental)
6.たしか(Instrumental)
◎封入特典
イベント参加券
※通常盤は初回生産分のみ封入
◎先着予約購入特典
【初回限定盤】ポストカードA
【通常盤】ポストカードB
※絵柄は初回限定盤、通常盤でそれぞれ異なります。
※一部取り扱いの無いCDショップもございますので、詳しくは店舗までご確認のうえご購入下さい。
※ネット販売につきましても、一部取り扱いの無い場合もございますので、各WEBショップの告知をご確認下さい。
※先着予約購入特典は数に限りがございます。無くなり次第終了致します。

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャル HP
吉田山田、新曲「街」をレギュラーラジオにてOA&気になる歌詞を先行公開
吉田山田、ツアーファイナルで新曲披露&『吉田山田祭り』今年も開催決定!
吉田山田、5月24日に待望のシングル「街」リリース&“街”を透過させた最新アー写解禁

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

THE ORAL CIGARETTES、“刺激的で映画的”なMVを公開
Tue, 18 Apr 2017 19:00:00 +0900
THE ORAL CIGARETTES (okmusic UP\'s)

THE ORAL CIGARETTESが6月14日にリリースする初の両A面シングル「トナリアウ/ONE\'S AGAIN」より、表題曲「ONE\'S AGAIN」のMVが公開された。

【その他の画像】THE ORAL CIGARETTES

「ONE\'S AGAIN」は自身の鼓舞や他者への依存だけでなく、対等もしくは共存する関係の中でお互いを高め合える関係でありたい、今まで以上に深い絆をリスナーと作っていきたいという思いで綴られた楽曲。

MVは楽曲の世界観を受け、中田クルミと佐野弘樹をはじめとする複数のキャストによる、刺激的かつ映画のワンシーンのような映像と熱量の高いメンバー4人のパフォーマンスが組み合わさった、これまでのオーラルとは一味違うシネマライクな作品に仕上がっている。ぜひ楽曲とあわせてチェックしてみてほしい。

■「ONE\'S AGAIN」MV
https://youtu.be/T6z8MiYSqjk

■【池田圭監督 コメント】

歌詞に込められたメッセージを拓也から聞いた時
若者たちを鮮やかに描いた青春映画を思わせた。
今作のTHE ORAL CIGARETTESの想いは
とても不器用で無骨で、しかしひたすらに優しい。

「僕らの居場所は?」
その言葉をコンセプトに始まった今回のMV制作は撮影4日間にまで及び
それぞれの出演者の物語を断片的に切り取っていった。
ハッピーエンドなのかバッドエンドなのかわからない、
それは「何があっても強く生き続けてほしい」
そう願うTHE ORAL CIGARETTESのメッセージであると僕は思っている。

■シングル「トナリアウ/ONE\'S AGAIN」

2017年6月14日発売
【初回盤】(CD+ DVD)
AZZS-64/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
AZCS-2064?/¥1,200+税
※「サクラダリセット」描き下ろし特製ワイドキャップステッカー仕様
<収録曲>
■CD
01.トナリアウ
02.ONE\'S AGAIN
03.Uh...Man
?■初回盤DVD
2017年初春からメンバーに密着した「THE ORAL CIGARETTES 2017 Spring Diary」を収録。初の海外ツアーとなったタイ・シンガポール・台湾での「スペースシャワー列伝ASIA TOUR 2017」やワンマンツアー「UNOFFICIAL BRUNCH TOUR 2017」のツアー密着、さらにはレコーディングの様子など他では見られないメンバーの素顔に迫る内容を収録予定。

【関連リンク】
THE ORAL CIGARETTES オフィシャルHP 
MIYAVI、デビュー15周年を記念した対バンイベント15本を都内で開催
THE ORAL CIGARETTES、ニューアルバム『UNOFFICIAL』のCMがYouTubeにて公開
THE ORAL CIGARETTES、これまで以上にダイナミックな新曲「リコリス」のMV解禁

【関連アーティスト】
THE ORAL CIGARETTES
【ジャンル】
ジャパニーズロック

locofrank、新ミニアルバム『WAY』のジャケット&ツアー詳細を公開
Tue, 18 Apr 2017 18:00:00 +0900
アルバム『WAY』 (okmusic UP\'s)

6月21日に4th ミニアルバム『WAY』を発売するlocofrankが、作品の詳細とジャケットを公開した。

【その他の画像】locofrank

あわせて、すでに開催を発表していた『WAY TOUR』の詳細も解禁。水戸、仙台、札幌、宇都宮、横浜、名古屋、東京、大阪の全国8ヶ所をワンマンにてまわとのこと。なお、ファイナルは10月6日(金)大阪BIG CATで開催。チケットのオフィシャル先行は4月20日(木)11時から26日(水)11時まで実施される。

さらに、大阪ファイナル公演後には、『FOUR SEASONS “TOUR" 2017』で全国を周ることが決定している。こちらの詳細は後日発表予定とのことなので、続報を楽しみに待っていてほしい。

■locofrank『WAY』特設サイト
http://locofrank773four.com/way/

■ミニアルバム『WAY』

2017年6月21日発売
773F-1002/¥1,700+税
<収録曲>
1. PASSED AWAY
2. Intertwining
3. Odds and Ends
4. Nostalgic dream
5. We are all alone
6. OVERCOME

■『"WAY" TOUR 2017』

7月13日(木) 水戸 LIGHT HOUSE
7月14日(金) 仙台 HOOK
7月18日(火) 札幌 KLUB COUNTER ACTION
8月05日(土) 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮
8月12日(土) 横浜 F.A.D
9月21日(木) 名古屋 CLUB QUATTRO
9月29日(金) 東京 TSUTAYA O-WEST
10月06日(金) 大阪 BIGCAT

【関連リンク】
locofrank オフィシャル HP
locofrank、ミニアルバム『WAY』を6月にリリース! 全国ワンマンツアーの開催も
locofrank、ニューアルバム表題曲「Returning」MV公開&東阪インストアイベントが決定
locofrank、新作トレーラー映像&レコ発ワンマンツアー詳細を発表

【関連アーティスト】
locofrank
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

D.tion、最新シングル「Promise」が話題&5月中旬までリリースイベント実施
Tue, 18 Apr 2017 18:00:00 +0900
D.tion (okmusic UP\'s)

2016年5月に「今でも」で日本デビューを果たしたD.tionが話題になっている。

【その他の画像】D.tion

日韓両国で多くの方に愛される国民的グループを目標に目指して頑張っているD.tion。メンバー全員の平均身長が186cmという、男らしくダンディーなビジュアルを持ったボーカルグループだが、一方で彼らの音楽は10代から70代までの老若男女に幅広く愛されている。

メンバーは、甘くもパワフルな高音のリーダー兼メインボーカルのメイジュン、魅力的な低音のボーカルルキ、日本の音楽によくマッチした声の持ち主シン、リズムの魔法使い、ラッパーのシオンといった構成だ。

D.tionは「今でも」でオリコン週間インディーズシングルランキング10位を獲得。同年8月に2番目のシングル「Forever」をリリースすると、オリコン週間インディーズシングルランキングで7位を達成し、日本でD.tionの存在を知らしめた。

そして、2017年4月5日には彼らの3枚目のシングル「Promise」が発売され、タワーレコード渋谷店 ディリー総合チャート2位を達成! タイトル曲「Promise」は日本のシンガーソングライター・Luge&Jeraに、"セミバラード曲として甘くて女心を掴む曲"と評価を得ている。

そんな彼らのタイトル曲たちには、すべてにストーリーとしての関連性がある。1枚目では夢を諦めずに、2枚目では永遠に、そして3枚目は約束を守るという意味が込められている。

またD.tionは5月中旬まで日本全国で「Promise」リリースイベントを実施中。新しいファン獲得のためにプロモーション活動を行なっている。

韓国はもとより、日本でも非常に活発な活動を行ない、国民的グループとして成功するために懸命に活動するD.tionに要注目だ。

■シングル「Promise」

発売中
SRE-62(SRE-0062)/¥1,389+税
<収録曲>
1.Promise
2.Break Away
3.Promise(Inst.)
4.Break Away(Inst.)

【関連リンク】
D-LITE from BIGBANG、初のソロドームツアー開幕
MYNAME、ニューシングル「出会いあいして」がオリコン週間シングルランキング3位に!
MYNAME、ニューシングル発売記念イベントで「出会いあいして」初披露
B.I.G、4月28日より来日公演『1.2.3 and 5』3daysを開催!

【関連アーティスト】
D.tion
【ジャンル】
K-POP

ひとりぼっちの純喫茶でぼんやり聴きたい5曲
Mon, 17 Apr 2017 18:00:00 +0900
「LEMON TEA」(シーナ&ロケッツ)の12

このコーナーに真面目に目を通していらっしゃる方がこの世にどのくらい存在するのか今ひとつ掴み兼ねるところですが、大体お察しの通り、前置きがやたら長いのが私です。業界用語でいうところのリード、落語でいうところのマクラというやつです。なぜ毎回ここでダラダラこんなに文章をこねくり回しているのかというと、このくだりを書きながらテーマを考えているからです。今日も今日とて1杯300円のコーヒーをすすりながらうんうん悩んでいたのですが、歌人の枡野浩一さんの「人間のつくるすべての食べ物の中でいちばんババロアが好き」という一句が視界に入ったので、今回は純喫茶にありそうなメニュー縛りの5曲にします。みんな南阿佐ヶ谷の枡野書店に行くといいよ、ババロア美味しいよ。

【その他の画像】小島麻由美

■1. 「LEMON TEA」(’79)/シーナ&ロケッツ

「君みたいな女の子がロックやってるの、おじさん嬉しいな」の呪縛をブーツとハスキーなシャウトで木っ端微塵に吹き飛ばすシーナさんが亡くなられて早2年。笑ってしまうほどに露骨なエロスの暗喩がだくだくと展開される歌詞を、とびっきりドライに、クールに、そしてキュートに歌い上げ、いやらしさを払拭しながらも最高にグラマラスなシーナさんの勇姿には、“セクシー”という一語の万能さを盲信するほかありませんでした。今でもCDを聴くたびに落涙してしまうのですが、デビュー時から変わらぬ8ビートのロックを放熱しながら転がり続ける、アーシーなシナロケのステージは健在です。

■2. 「ショートケーキのサンバ」(’98)/小島麻由美

“ありふれた生活の中に常にあるスペシャル感”という矛盾を、スポンジとクリームと苺というシンプルな構成でものの見事に体現するショートケーキ。かわいい顔して日常と非日常の橋渡しさらりとやってのけるショートケーキ。それをこっそり独り占めしてしまおうという内容なのですが、NHK『みんなのうた』に紛れ込んでも違和感のない普遍的でポップなテーマを、不意に挿入される《香港生まれのカプセルと一緒に夕方には私のお腹の中だよ。》というフレーズが喚起する猥雑で怪しげなイメージと、鼻にかかったもったいぶったような歌声がすっぱり裏切る小気味よさがたまりません。文字通り軽快にサンバのリズムを刻み続けるパーカッションに絡むオルガンにフルートに…といった楽器隊の複雑な贅沢さも“大人ならでは”といった塩梅で、歳をとればとるほど味わい深くなります。

■3. 「カプチーノ」(’99)/ともさかりえ

宇多田ヒカルのソニー移籍で「椎名林檎とのEMIガールズはどうなってしまうんだ」と驚愕した方も多かったのですが、実はともさかりえと椎名林檎が昵懇の仲で、「カプチーノ」をはじめとして数曲プロデュースしているというのを知っているのは…もうアラサー以上になるのでしょうか。ほのかなエロスを醸し出す歌詞の中で浮き彫りになる、キュートネスの皮を被った女性ならではの葛藤。恋に耽溺するのではなく、あくまでパートナーと拮抗する仲でありたいという真摯な胸中を、ソフトロックのアレンジとともさかりえの鼻歌のようなヴォーカルでふわっとポップスに昇華する妙。その影でエレキギターとドラムが淡々と同じリズムで無言の駆け引きを続けている構図に差し込まれるホーン隊の華やかさにぼーっとしていると原稿がまったく捗りません。

■4. 「コーヒーピープル」(’16)/TAMTAM

ダブステップ、ベースミュージックをフィジカルにパフォーマンスするバンドからひと皮もふた皮も剥けたTAMTAMが2016年に発表したアルバム『NEWPOESY』に収録されている R&Bナンバーです。ステップを踏む前にじっと聴き入ってしまうラテンのリズム、ひやりとした温度のまま機能美的に旋回するギターにヒリヒリと焦げ付くようなキーボード、悩まし気でどこか虚ろながらピンと張り詰めた糸のようにタフなヴォーカル。ブラジルもクラブミュージックも潤沢に飲み込みながらも、孤独な者同士が視線を合わすことなく踊るような、いい意味で力みのないこの曲は、周囲の雑音をシャットアウトして聴き込んでもよし、作業中に聴き流してもよしと、シンプルなふりをして多面的な輝きを秘めています。

■5. 「MILK TEA」/Plus-Tech Squeeze Box(’00)

『ユーリ!!! on ICE』サントラへの参加も記憶に新しい“マッドサイエンティストオブサンプリング”ハヤシベトモノリとワキヤタケシによるフューチャーポップユニットです。収録アルバム『FAKE VOX』の“ FAKE”というワードをロケットランチャー代わりにシンセポップやギターポップやカントリーの境目を息をつく暇もなくぶち破り、一曲一曲がコンセプチュアルでありながらもあまりの情報量の膨大さに白目を剥きながら、カラフルでハピネスな空想の異空間に逃避したくなる名作にして問題作の後半に登場する「MILK TEA」は、当時のヴォーカルのカマダジュンコの無重力の発声と、ミドルテンポでパステルカラーのテクノポップサウンドが手を握って“退屈な時間を抜け出そう!(?)”と多幸感しかない国へ手を引いて連れていってくれるような一曲。 ハヤシベトモノリ曰く「無重力の宇宙船の中でミルクティーを飲んでるイメージ」とのことですが、本当にそんな心穏やかな日々に溺れていたいものです…。

【関連アーティスト】
小島麻由美, ともさかりえ, シーナ&ロケッツ, Plus-Tech Squeeze Box, TAMTAM
【ジャンル】


SpecialThanks、3rdアルバム『Anthem』より最新MV「午走-umahashiru-」公開
Tue, 18 Apr 2017 17:00:00 +0900
SpecialThanks (okmusic UP\'s)

SpecialThanksの3枚目となるフルアルバム『Anthem』より、リード曲「午走-umahashiru-」のMVが公開された。

【その他の画像】SpecialThanks

まさに午=馬が走っているようなスピーディなメロディックチューンに軽快な日本語詞が踊るように散りばめられた"スペサン節"に、馬と絡めてウエスタンの雰囲気を醸し出した荒野のロケーションが絶妙にマッチした疾走感あふれる映像作品に仕上がった。

本作の歌詞には、過去にリリースされたSpecialThanksの作品タイトル名が随所に登場しており、駆け抜けるように過ぎていったSpecialThanksの歴史とこれからも走り続けるバンドの決意がうかがえる内容となっている。ぜひ歌詞にも注目してほしい。

また、タワーレコード各店では『Anthem』の5曲入りダイジェストサンプラーの限定配布を実施中。サンプラーCDに付属の応募券を切り取って、アルバムに封入されている応募ハガキに貼付けて応募すると、もれなく全員にメンバー直筆サイン入りポストカードがプレゼントされる。ぜひ応募してみてはいかがだろうか。

■「午走-umahashiru-」MV
https://youtu.be/BQazzq4BwgU

■アルバム『Anthem』

2017年5月10日発売
KOGA-205/¥2,400+税
<収録曲>
1. singing
2. 午走-umahashiru-
3. happy
4. white lover
5. we go
6. 心を震わせて
7. tokyoサンセット
8. summer drive & summer dive
9. reach you
10. everyday
11. snow town〜雪の降る街に〜
12. LIFE to go

【関連リンク】
SpecialThanks オフィシャルHP
SpecialThanks、アルバム『Anthem』JK写解禁&各店舗特典とインストア日程を発表
SpecialThanks、ニューアルバム『Anthem』は日本詞が心に響く珠玉の一作に
The Winking Owl、主催イベントにShiggy Jr.やLONGMAN等が参戦

【関連アーティスト】
SpecialThanks
【ジャンル】
ジャパニーズロック

androp、シルエットと実像による「Prism」MV公開
Tue, 18 Apr 2017 14:00:00 +0900
「Prism」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

andropが、5月10日に発売するニューシングル「Prism」のMVを公開した。

【その他の画像】androp

アナログな手法にこだわり、アクリルに立ち込めるスモークへ一つひとつプロジェクターでandropの今の姿を映し出した今作。ミニチュアサイズだったものが等身大サイズへと大きく変化し、夜明けに眩しく光を放っている様子は、今までのさまざまな経験や出来事のすべてが今のandropに繋がり、今回の新曲でプリズムのように思いを放っていることを表しているようだ。

演奏するandrop自身の姿に映し出される夜明けからも、この新曲で新たなスタートを切る気持ちが感じられる。見るたびに新たな気持ちを感じさせる作品となっているので、ぜひチェックしたい。

また、発売週には東京、大阪でインストアイベントの開催が決定。5月13日(土)にタワーレコード渋谷店、5月14日(日)にタワーレコード梅田NU茶屋町店でそれぞれ開催。また各ショップでの購入者には先着でポスターやステッカーなど様々な特典も付くことが決定している。ぜひご予約の上、発売を待ちたい。

■「Prism」MV(short ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=n3E9FNVEl6A

■【内澤崇仁(Vo&Gt) コメント】

新しい曲が産まれました。
悲しみや痛み、暗闇を包んで照らすような光をまとった、次の一歩を踏み出し始める自分たちと重なるような曲です。
この曲を掲げ、より自分たちの音楽を打ち開いていく為、image worldは新しくチームを組んで踏み出します。
曲たちと共に僕たちが何処まで行けるか、まだ届けられていない想いや言葉、andropでしか鳴らせない音楽と感動を受けとってください。

■シングル「Prism」

2017年5月10日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7258/¥2,300+税
【通常盤】(CD)
UPCH-5907/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1. Prism
2. Ryusei
3. BGM (single ver.)
■DVD ※初回限定盤のみ
「Prism」Music Video
「Prism」Making Video
live tour 2016 "best blueprint" (2016.10.16 Zepp DiverCity)
「Kaonashi」「Irony」「Digi Piece」「Sunny day」「Kienai」「Lost」

■【インストアイベント】

5月13日(土) タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUPSTUDIO」
19:00〜
5月14日(日) タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース
13:00〜/16:00〜
※東京、大阪ともに出演は内澤崇仁(Vo&Gt)、佐藤拓也(Gt&Key)の2名となります

【関連リンク】
androp オフィシャルHP
androp、“Prism”を表現したCDジャケットと新ビジュアルを公開
androp、バンドの原点である下北沢GARAGEでワンマンライブ開催
androp、ZIP-FM主催『HOT SHOT THE LIVE』で新曲を披露

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
ジャパニーズロック

AAA、9月より初の4大ドームツアーを開催!
Tue, 18 Apr 2017 14:00:00 +0900
AAA (okmusic UP\'s)

新体制となったAAAが、9月よりグループ初の4大ドームツアー『AAA DOME TOUR 2017 -WAY OF GLORY-』を行なうことを発表した。

【その他の画像】AAA

9月2日(土)・3日(日)名古屋ドーム、 9月8日(金)・9日(土)京セラドーム大阪、 9月13日(水)・14日(木)東京ドーム、10月1日(日)福岡ヤフオク!ドームの全国4都市、計7公演を開催。

2月にリリースしたオリジナルアルバム『WAY OF GLORY』を携えたアリーナツアーが6月17日(土)の広島グリーンアリーナ公演を皮切りに、全国5ヶ所での開催が発表されている中、反響が大きく実現したドームツアーとなる。  

ドーム公演だからこそ実現できる迫力ある演出やパフォーマンスはもちろん、新体制のAAAが魅せる新たなステージに注目してみよう。

■『AAA DOME TOUR 2017 -WAY OF GLORY-』

9月02日(土) 名古屋 ナゴヤドーム
9月03日(日) 名古屋 ナゴヤドーム
9月08日(金) 大阪 京セラドーム大阪
9月09日(土) 大阪 京セラドーム大阪
9月13日(水) 東京 東京ドーム
9月14日(木) 東京 東京ドーム
10月01日(日) 福岡 福岡ヤフオク!ドーム

【関連リンク】
AAA オフィシャルHP
Nissy(西島隆弘)、『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2017』ヘッドライナーに!
第67回NHK紅白歌合戦、“紅白ソムリエ”が注目する7曲
AAAとピコ太郎の楽曲付き年賀状が送れる!? プレゼントキャンペーンも!

【関連アーティスト】
AAA
【ジャンル】
J-POP, ライブ

LOVE PSYCHEDELICO、アルバムプレビューライヴにて4年ぶりアルバム&全国ツアーを発表
Tue, 18 Apr 2017 13:00:00 +0900
4月17日@EX THEATER ROPPONGI (okmusic UP\'s)

4月17日、自身初となる新作アルバムプレビューライヴをEX THEATER ROPPONGIにて開催したLOVE PSYCHEDELICOが、オリジナルアルバム『LOVE YOUR LOVE』のリリースと全国ツアーの開催を発表した。

【その他の画像】LOVE PSYCHEDELICO

2月頭に、都内に突如として現れたシティボードに“How is your Love?”のキャッチコピーを掲げ、LOVE PSYCHEDELICOがゆっくりと、しかし大きな存在感で動き出した。ライブの開催告知から2か月後、新作アルバムのプレビューライブが、ついにEX THEATER ROPPONGIにて開催される。

シティボードと同じデザインの [How is your Love?] が浮かび上がり、画面を背に現れたKUMIとNAOKI、この日のバンドメンバーである深沼元昭(Gt)・高桑圭(Ba)・冨田政彦(Dr)・松本圭司(Key)・福長雅夫(Per)も続いて登場。心地のいいコンガの音から、ついにライブがスタート。2016年6月に配信シングルとしてリリースされた、「C\'mon, it\'s my life」だ。ギターとオルガンの音色、KUMIの解放感ある声、早くも会場に一体感が生まれる。

続いて披露されたのは、制作中のアルバムより初披露となる「Feel my desire」。一気に駆け抜ける軽快なリズムに、客席からも大きな声援が送られる。『こんばんは! LOVE PSYCHEDELICOです。How is your Love? みんな元気にしてた?』とKUMIが発すると、会場からもそれに応えて声援が上がる。

解放感のある最初の2曲から一転、妖しげな雰囲気と共に新曲「Might fall in love」がスタート。LOVE PSYCHEDELICOの楽曲としては非常に珍しいラテン調のメロディーラインに合わせて、耳残りのあるギターリフからNAOKIのギターソロが続く。妖しさと切なさを持ち合わせたKUMIの歌声が、非常に印象的な楽曲だ。独特な雰囲気をガラリと変えるように、「Love Is All Around」を披露。ピアノの音色と共に、暖かな雰囲気が会場に響きわたる。

『新曲は書いていると言いながら4年たっちゃったけど、やっとアルバムの発売日が決まりました。今年の夏、7月5日! タイトルは『LOVE YOUR LOVE』! 楽しみにしててね。ありがとう!』とついにKUMIから新作アルバムの情報が伝えられると、その情報を誰よりも待っていたであろう観客たちからは大きな拍手が贈られる。

『気に入ってくれると嬉しいな』とKUMIの曲紹介から始まったカントリー調の楽曲「Birdie」もまた、非常に伸びやかな楽曲で、自然と体が横揺れのリズムを刻む。サビ部分の歌詞が会場正面の画面に浮かび、映像からも新曲の世界観が伝わる。

NAOKIのアコースティックギターから、今日一番優しい音色が流れ始める。その音色に乗せてKUMIもまた、今日一番の優しい歌声で歌い上げる。新作アルバムから「1 2 3」だ。ここまでで、先ほど発表されたアルバム『LOVE YOUR LOVE』より6曲が披露された。まだアルバムの一部ではあるものの、陰と陽、光と影といったLOVE PSYCHEDELICOの楽曲達の多面性を感じることができる。

ここから、ライブで馴染みのある「No Reason」、印象的なギターリフでスタートとする「Shadow behind」、「It\'s Ok, I\'m Alright」が立て続けに披露されると、待ちわびた観客から大きな声援が上がる。KUMIの『みんな楽しんでる?Alright!』の声から陽気なリズムと共に始まった「Abbot Kinney」。会場全体に一体感が生まれるのを肌で感じることができた。

「Your Song」のイントロが始まると、それが始まるのを察知したかのように、観客がそのギターの音に耳をゆだねる。トリプルギターの音の厚み、KUMIの伸びやかな歌声がとにかく心地がいい。『みんな、まだ踊れる?Alright!』と始まった「Calling You」では、観客がKUMIの動きに合わせて片手をあげてリズムに乗る。

ギターを置いたKUMIが手を広げ伸びやかに歌い上げる、ギターの音と共に飛び跳ね、この日一番の歓声が上がる、「Freedom」。本編最後に披露されるのは、ちょうど17年前の4月に彼らがデビュー曲としてこの世に送り出した楽曲「LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー〜」。17年後の今、こうして聞いても色あせず、むしろ未だにずっと心に響くのは、彼らが常に妥協せず、自分たちの信じた音楽を貫く姿勢からくるものなのだろう。

アンコールの声援にこたえて再び登場し、『もうちょっと楽しもうか!』と始まった「Free World」。ライブ「How is your Love?」の最後に披露されたのは、「This moment」。最後はバンドメンバー全員で肩を組み、『I love you!』と観客へ向けて手をふりながら名残惜しそうに会場を後にした。

この20年独自のスタイルを貫き、未だに第一線としての圧倒的な存在感を放つLOVE PSYCHEDELICOの今回のライブから、彼らの歩む足跡を垣間見た、そんな夜だった。

Photo by 上山陽介

■アルバム『LOVE YOUR LOVE』

2017年7月5日発売
【初回限定盤】(2CD)
VIZL-1176/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
VICL-64802/¥3,000+税

■「LOVE PSYCHEDELICO Live Tour 2017 LOVE YOUR LOVE」

9月01日(金) LiveHouse 浜松窓枠
9月09日(土) 仙台Rensa
9月10日(日) Zepp DiverCity (TOKYO)
9月24日(日) Zepp Namba
10月01日(日) 札幌PENNY LANE 24
10月06日(金) 高松オリーブホール
10月13日(金) Zepp Nagoya
10月14日(土) 広島CLUB QUATTRO
10月27日(金) 新潟LOTS
11月10日(金) 福岡DRUM LOGOS
11月17日(金) 金沢EIGHT HALL
11月24日(金) 中野サンプラザ

【関連リンク】
LOVE PSYCHEDELICO オフィシャルHP
LOVE PSYCHEDELICO、ニューアルバムプレビューライブの模様をGYAO! MUSIC LIVEにて生配信
LOVE PSYCHEDELICO、新曲「Place Of Love」が映画『昼顔』の主題歌に決定
LOVE PSYCHEDELICO、新アルバムのプレビューライブ開催&レコーディング映像大公開

【関連アーティスト】
LOVE PSYCHEDELICO
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

天野月、夏以降の無期限活動休止を発表&4月26日にニコ生特番を放送
Tue, 18 Apr 2017 12:00:00 +0900
天野月 (okmusic UP\'s)

天野月が4月1日に渋谷 チェルシーホテルで行なわれた16周年の記念ライブ『センチメンタル・ジャーニー』のステージにて、今年夏以降の音楽活動を無期限で休止することを発表した。

【その他の画像】天野月

7月には恒例のファン投票による楽曲を演奏する『AMNリクエストアワーFINAL』を毎土曜5週連続で開催し、のべ100曲に及ぶライブへの挑戦を宣言。また、8月には渋谷Mt.RAINER HALL PLEASURE PLEASUREにて『アマノヒトリ』という弾き語りのライブを行なうなど精力的な活動告知の直後ゆえに、集まった超満員のファンも戸惑いを隠せない様子だった。

その後、活動休止についてはオフィシャルな発信はされていないが、4月14日付の本人ブログにて新作の完成報告とともに、発売日の4月26日にニコニコ生放送の特別番組出演が発表になった。ツイッターでの事前の質問受付もあり、新作の話とともに活動休止についても何らかのコメントがあるかもしれない。7、8月のライブはすでに全会場ソールドアウトとのことで、会場に行けないファンにとっては貴重な機会となる今回のニコニコ生放送、ぜひチェックしてほしい。

■天野月 ブログ「雑音生活」
http://tsuki-amano.weblogs.jp/
■天野月「ビューティフル・デイズ-後編-」発売記念ニコ生特番
※配信日時:4月26日(水) 21:00〜22:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv295710742

■アルバム『ビューティフル・デイズ-後編-』

2017年4月26日発売
KURA-0075/¥2,000(税込)
※主要配信サイトにてポニーキャニオンより配信スタート
<収録曲>
1.センチメンタル・ジャーニー
2.DOUBT
3.空中散歩
4.絲とり
5.帰り路
6.星掛け

【関連リンク】
天野月 オフィシャルHP
天野月、新作アルバムから新曲と人気ゲーム参加曲の先行配信決定
天野月、デビュー15周年最終企画で初のアナログレコードBOXをリリース
天野月、本人直筆イラストも使用したニューアルバム全曲ダイジェスト公開

【関連アーティスト】
天野月
【ジャンル】
J-POP

「RECORD STORE DAY」全世界同時開催目前! 注目輸入盤ラインナップ紹介
Tue, 18 Apr 2017 11:30:00 +0900
The Beatles/Strawberry Fields Forever / Penny Lane (okmusic UP\'s)

いよいよ4月22日に(土)全世界同時開催を控えた「RECORD STORE DAY」。その輸入盤ラインナップから、注目の作品を紹介する。

【その他の画像】Prince

アメリカやイギリスを始め、全世界23か国で同時開催されているRECORD STORE DAY。日本国内のアーティストのみならず、輸入盤も魅力的なラインナップとなっている。

4月22日は、RECORD STORE DAY参加店舗を巡って、お目当てのレコードはもちろん、多くの作品を掘り当ててほしい。

※作品によっては、日本国内のみの特典付もあります。
※輸入盤も国内盤と同様、予約、取り置きが出来ませせん。
※限定商品のため、全ての店舗で取扱いしているとは限りません。

■輸入盤発売タイトル
http://www.recordstoreday.com/SpecialReleases
■RECORD STORE DAY JAPAN
http://www.recordstoreday.jp/

■The Beatles/Strawberry Fields Forever / Penny Lane (7"Single)【限定盤】

ザ・ビートルズ、不朽の名盤がレコード・ストア・デイ復刻! 「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー/ペニ ー・レイン」がレコード・ストア・デイの限定アイテムとして復刻! 音源は「ザ・ビートルズ1」「ライヴ・アッ ト・ザ・ハリウッド・ボウル」等を手掛けたプロデューサー、ジャイルズ・マーティン(ジョージ・マーティンの息子)とミックス・エンジニアのサム・オケルによる最新ミックス! 英国オリジナル盤シングル・スリ ーヴを忠実に再現。
《輸入国内盤のみの特典》
・日本初回盤シングルのジャケットを復刻封入
・解説/歌詞・対訳付

■DAVID BOWIE/CRACKED ACTOR

デヴィッド・ボウイ、1974年9月4日のロサンゼルス公演を収録した未発表ライヴ! ダイアモンド・ドッグ ス・ツアーとフィリー・ドッグス・ツアーの合間の貴重な公演。プロデュースを手掛けたのはボウイ自身。ミックスはトニー・ヴィスコンティが2016年10月・11月に行なったもの。
・180g重量盤

■Elton John/17/11/1970(2LP)

Record Store Day10周年を記念して、エルトン・ジョンのライヴの名盤が登場! 1970年11月17日、ニューヨークでラジオ放送のため公開録音されたアルバム。ベースのディー・マレイ、ドラムのナイジェル・オルソンとの三人構成の臨場感あふれるアルバム。本邦初公開の未発表6トラックを収録した2枚組LP。
・180g重量盤

■PRINCE/BATDANCE

プリンスの12インチ・シングルがレコード・ストア・デイに続々復活! 映画『BATMAN』から生まれた大ヒット・シングルのリミックスと、サントラ未収 録曲『200 Ballons』を収録。

■Pink Floyd/Interstellar Overdrive (12inch Vinyl for RSD)

ピンク・フロイドが1966年、デビュー以前にレコーディングしていた未発表音源「Interstellar Overdrive(邦題:星空のドライブ)」のオリジ ナル・ヴァージョンを今作にて初めてリリース! サイドBの盤面にレーザーでエッチングが施されている。
・ポスター(388mm x 595mm) ポストカード付
・180g 重量盤

■RAMONES/RAMONES SINGLES BOX

昨年アルバム・デビュー40周年を迎えたラモーンズがSIREから1980年以前にリリースした US7ンチ・シングルを集めた10枚組ボックス!

■Sex Pistols/God Save Sex Pistols (Coloured Vinyl)

セックス・ピストルズの金字塔 、『Never Mind The Bollocks』のオリジナル・トラックリスト&ジャケット盤をLP化。カラーヴァイナル。

■Primal Scream/Mixamatosis (12inch Vinyl for RSD)

プライマル・スクリーム、通算11作目のスタジオ・アルバムとして2016年3月にリリースされた最新アルバム『Chaosmosis』の収録曲である「Golden Rope」「100% Or Nothing」「(Feeling Like A) Demon Again (Wrangler Remix)」「Where The Light Gets In」のリミックス5曲を収録したアナログ盤。(「Golden Rope」はリミックス2曲収録。)
・ ジャケットの絵柄(色)が2パターンあり(グリーン / レッド)
・180g重量盤

■The Cure/Greatest Hits (2LP/Picture Disc)

2001年発表のザ・キュアのベストアルバムを初のピクチャー・ディスク化。ロバート・スミス自身による最新リマスター。オリジナル・フォトの別ショットを使用したニュー・ジャケットかつ、ダイカット(型抜)仕様の見開きジャケット。

■Kasabian/You\'re In Love With A Psycho (10inch Vinyl for RSD)

ソニックマニア 2017ヘッドライナーのカサビアン最新アルバム『For Crying Out Loud』からシングル「You\'re In Love With A Psycho」をアナログ盤化。 英国民的モンスター・バンド=カサビアン。5/5 にリリースされる3年振り6作目となる最新アルバム『For Crying Out Loud』からシングル「You\'re In Love With A Psycho」をアナログ盤化! カップリングには同じくアルバム『For Crying Out Loud』に収録される「Are You Looking for Action?」を収録。

■Paul McCartney/Cassette Demos<カセット・テープ>

ポール・マッカートニーとエルヴィス・コステロのフラワ ーズ・イン・ザ・ダートのデモが3曲収録された限定カセット! この限定カセットには、「アイ・ドント・ウォント・トゥ・ コンフェス」、「シャロウ・グレイヴ」、「ミストレス・アン ド・メイド」の3曲のポールとエルヴィスが最初にレコーディングしたヴァージョンが収録。 ポールいわく、「このデモは、当時出来立てホヤホヤの曲で、絶対にボックス・セットに収録したいと思ってだんだ。この曲が素晴らしいのは、当初まだ書き上げたばかりだったんだ。なので、これ以上、新鮮にはならないよ。その素晴らしい瞬間が収められているんだ。長らくこのデモは聴いてなかったんだけど、聴いた瞬間に、みんなに聴かせたいと思ったんだ。テープにこの曲を入れてエルヴィスに送ったんだ。そしたら、彼も喜んでくれたよ。EPか何らかの形でリリースしたいねって話になったんだけれど、やっとそれが実現したよ」

【関連リンク】
80‘sアーティストの極めつけディスコヒット5曲(その2)
出会い、別れの季節に聴きたい5曲
ポール・マッカートニー、4月に3度目の日本武道館公演を開催!
鋤田正義×立川直樹、『DAVID BOWIE is』プレミアム・トークショー第一弾開催

【関連アーティスト】
Prince, The Cure, The Ramones, Paul McCartney, The Beatles, Primal Scream, Pink Floyd, Elton John, David Bowie, The Sex Pistols, KASABIAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ポップス(洋楽), イベント

go!go!vanillas、新曲「平成ペイン」完全限定生産盤DVDの特別予告篇を公開
Tue, 18 Apr 2017 11:00:00 +0900
go!go!vanillas (okmusic UP\'s)

go!go!vanillasが5月17日にリリースするニューシングル「平成ペイン」。その8,200枚完全限定生産盤に付属するDVD『go!go!vanillas 1st Acoustic Session』の特別予告篇映像が公開された。

【その他の画像】go!go!vanillas

バニラズにとって初の試みとなるアコースティック・セッション。DVDにはファン投票によって選ばれた上位6曲が、失敗を許されない「一発録り」方式で収録されている。

公開された特別予告篇は、本番直前までメンバー同士がアレンジの確認を重ねたりする様子など、緊張感溢れる収録の舞台裏が覗ける貴重な映像となっているので、こちらも是非ご覧になってほしい。

■『go!go!vanillas “1st Acoustic Session"』特別予告篇
https://youtu.be/rTNT-bNZx-g

■シングル「平成ペイン」

2017年5月17日発売
【8,200枚完全限定生産盤】(CD+DVD)
VIZL-1160/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
VICL-37268/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
M-1:平成ペイン
※フジテレビFODオリジナルドラマ「&美少女 〜NEXT GIRL meets Tokyo〜」主題歌
M-2:Ready Steady go!go!
M-3:カントリー・ロード
■DVD ※8,200枚完全限定生産盤のみ付属
『go!go!vanillas 1st Acoustic Session』
《収録曲》
1.ギフト
2.12:25
3.オリエント
4.バイリンガール
5.なつのうた
6.ツインズ

【関連リンク】
go!go!vanillas オフィシャルHP
04 Limited Sazabys主催『YON FES 2017』、昨年を超える熱狂の渦に
go!go!vanillas、アコースティックリクエスト結果発表
『MUSIC TAGS vol.4』東京会場限定企画第4弾でKEYTALKからチョコレートが貰えちゃう!?

【関連アーティスト】
go!go!vanillas
【ジャンル】
ジャパニーズロック

バンドじゃないもん!、シングル「METAMORISER」JK写&進化する新ビジュアル解禁
Mon, 17 Apr 2017 21:00:00 +0900
バンドじゃないもん! (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が5月17日(水)に発売するシングル「METAMORISER」のジャケット写真と最新アーティスト写真を公開した。

【その他の画像】バンドじゃないもん!

「METAMORISER」とはMetamorphose(メタモルフォーゼ)=変身と、Riser(起き上がる者)の混成語。公開された写真は荒野、廃工場で撮影されたビジュアルで、まさに「進化していく」バンドじゃないもん!がイメージできる。

また、ビジュアルは現在放送中のTVアニメ『つぐもも』のOPテーマとなっていることから、アニメの世界観である"和"を取り入れたスタイリングで、今までのバンもん!にはない新たなイメージとなっているので、こちらにも是非注目してほしい。

■シングル「METAMORISER」

2017年5月17日発売
【つぐもも×バンドじゃないもん!メモリアルBOX盤】(CD+DISC PLUS+Tシャツ)
BRCA-00085/¥6,000+税
<収録曲>
■CD
M1.METAMORISER
※TVアニメ「つぐもも」OPテーマ
M2.FAN+TIC
※新プリントシール機「FAN+TIC」応援ソング
M3.細胞SPC
M4.METAMORISER〜Instrumental〜
M5. FAN+TIC〜Instrumental〜
M6. 細胞SPC〜Instrumental〜
■DISC PLUS
「METAMORISER」ミュージックビデオ
「FAN+TIC」ミュージックビデオ
「METAMORISER 」ジャケ撮影メイキング
※通算ポイント券封入
※収録内容は変更となる場合がございます。

【通常盤】(CD+DISC PLUS)
PCCA-04543/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
M1.METAMORISER
M2.タイトル未定曲A
M3.タイトル未定曲B"
■DISC PLUS
「FAN+TIC」ミュージックビデオ&撮影メイキング
※通算ポイント券封入
※収録内容は変更となる場合がございます。

【アニメ盤】(CD+DISC PLUS)
PCCA-70512/¥1,200+税
※バンドじゃないもん!×つぐももメモリアルコラボジャケット仕様
<収録曲>
■CD
M1.METAMORISER
M2. FAN+TIC
M3.METAMORISER(TV Size)
M4.METAMORISER〜Instrumental〜"
■DISC PLUS
「METAMORISER」ミュージックビデオ&撮影メイキング
※通算ポイント券封入
※収録内容は変更となる場合がございます。

◎全形態対象早期予約特典(バンドじゃないもん!Shop限定)
バンドじゃないもん!Shopにて4月11日中までのご予約・購入の方限定でメンバー1名のサイン入りチェンジングジャケット(全6種のうち1種)をプレゼント!
https://metamoriser.ponycanyon.co.jp/

◎CDショップ先着予約・購入特典
・アニメイト(オンラインショップ含む)
オリジナルブロマイド(アニメ盤ジャケット絵柄/全員Ver.)
・ゲーマーズ全店(オンラインショップ含む)
オリジナルブロマイド(バンドじゃないもん!アーティスト写真絵柄)
・とらのあな全店(一部店舗除く)、通信販売
オリジナルブロマイド(アニメ盤ジャケット絵柄/くくりVer.)
・きゃにめ.jp
バンドじゃないもん!×つぐもも メモリアルBOX盤→缶バッヂ1種類(バンドじゃないもん!×つぐもも メモリアルビジュアル)
通常盤・アニメ盤→ステッカー1種(バンドじゃないもん!×つぐもも メモリアルビジュアル)
http://special.canime.jp/tsugumomo/
・上記以外CDショップ
バンもん!自撮りトレカくじ

【関連リンク】
バンドじゃないもん! オフィシャルHP
バンドじゃないもん!がプリントシール機のモデルに!?
バンドじゃないもん!、アニメ『つぐもも』OP曲「METAMORISER」の先行配信がスタート
バンもん!、 HISASHIプロデュース曲「君はヒーロー」MVでサイボーグヒーローに!?

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
女性アイドル, アニメ

GOODWARP、有安祐二(Dr)が4月19日をもって脱退
Mon, 17 Apr 2017 20:00:00 +0900
GOODWARP (okmusic UP\'s)

GOODWARPの有安祐二(Dr)が脱退することを発表した。

【その他の画像】GOODWARP

有安は4月19日(水)の『FM PORT「MUSIC CONVOY WENDSDAY」』の出演をもって脱退。有安の思いや今後の人生を尊重しながらメンバー内で話し合いを続けた結果だという。今後、GOODWARPは現メンバー3人で活動を続けていくとのことだ。メンバーそれぞれからのコメントも届いているので、ファンの方は是非目を通してほしい。

■【GOODWARP メンバーよりコメント】

■有安祐二(Dr)
こういう発表をすることになってしまって本当にごめんなさい。

今年のツアーから療養していましたが、思うような改善が見られませんでした。 先日のワンマンのように少しだけはスティックを持てるようになったんだけど、長くはまだまだ厳しい状況です。別の治療法も考えたんだけど、それには1年ほどのブランクを作る事になるし、それならば別々の道を歩む事が良いと自分の中で考え出しました。

メンバーと話し合いをする中で、ヨッシー、ともお、チャーは、「待ってる」と言ってくれました。その思いが分かるからこそ、たくさんたくさん話し合って、この決断に至りました。

今までGOODWARPとしてずっと走り続けてきてたくさんのことを経験したけれど、本当にどれも楽しいものばかりでした。
最初の出会いからリハ、ライブ、打ち上げにミーティングに制作にレコーディングにツアーにワンマン、全部楽しかった。GOODWARP組んで良かったと改めて感じています。

僕が活動休止をしてる間に、たくさんの人が励ましの言葉をくれました。本当に助けられたし、気持ちが和らいだし、なにより誇りに思います。みんなありがとう。

これからはお客さんとしてライブを観にいくこともあると思います。
だから、今まで通りライブハウスで。また会いましょう。
今まで本当にありがとうございました。

■吉崎拓也(Vo&Gt)
ありちゃんの帰りを楽しみにしてくれていた皆さん、待ってくれていたのに、期待に応えられなくてごめんなさい。

ありちゃん本人から脱退の意思を聞いたときはびっくりして、何度も話し合ったけど、自分の体調とバンドのこれからを考え抜いての結論なんだということが分かって、悔しいけど納得しました。

GOODWARPを結成してから今まで、毎日のように一緒にいて、良いときも悪いときも、自分のほとんど全てを知ってくれている仲間が、チームからいなくなってしまうのは、やっぱり寂しい。

だけど、4人で一緒にやってきた軌跡は、お互いのこれからにとって大切な糧になると信じています。

きっとあいつはこれからも変わらずマイペースにしぶとくやっていくんだと思う。

僕らはこれから、脱退するありちゃんを送り出すために、そしてなにより、応援してくれているファンの皆さんに胸を張れるように、今まで以上に頑張らなきゃならない。そう思っています。

■萩原尚史(Ba)
同じリズム隊としていつも一緒にカッコいい音楽を追求してきた仲間だったし、ライブではいつもひょうひょうとした顔してんのにアツいドラムを叩く姿に励まされたりと心強いパートナーでした。

ほんとはめっちゃ真面目なやつだったりね。
みんなの前ではそんなところ見せないけど。

そんなありちゃんがGOODWARPのドラマーでなくなることは本当に残念なことだと思う。

けど、時間をかけて話し合って、GOODWARPのことを考えて決断してくれたことだし、ありちゃんが俺たちに託してくれたタスキをかけてこれからも突き進んでいこうと思います。

どうか今後のありちゃん、GOODWARPを見守っていてほしいと思います。

■藤田朋生(Gt)
幾度となくありちゃんと話し合いを行い、ありちゃんの体調、今後のGOODWARP、それぞれの今後の人生を鑑みた結果、ありちゃんはGOODWARPを脱退する事となりました。

ありちゃんとはバンドを結成してからの仲で、約5年くらいの付き合いになるけれど、結成したての頃は同い年だからか、意見がよく衝突する事がありました。
そんなある日、ありちゃんから電話があり「俺達は飲んでる回数が足りないと思うんだよね。飲みに行こう。」と言われた事をよく覚えてます。「飲めないくせに」って俺は思ったけど、嬉しかったな。

自分たちのためにも、脱退していくありちゃんのためにも、そして、応援してくれているファンの方々のためにも、GOODWARPは今まで以上に頑張っていかなきゃいけないと思っています。

これからはお互い別の道で頑張ることになるけれど、人生を共にした仲間だし、家族のように思っているし、今後もプライベートでは飲みに行こう。

【関連リンク】
GOODWARP オフィシャルHP
ラックライフ、対バンツアー出演アーティスト第一弾にGoodbye holiday、オレスカバンドらを発表
GOODWARP、ドラムの有安が腰痛悪化による治療のためツアーを欠席
GOODWARP、2017年3月にワンマン開催! ツアーゲスト第一弾とライブMVの公開も

【関連アーティスト】
GOODWARP
【ジャンル】
ジャパニーズロック

whiteeeen×GReeeeN、胸キュンCMで話題の新曲が2曲同時にジャケット公開
Mon, 17 Apr 2017 19:00:00 +0900
シングル「テトテとテントテン with whiteeeen」 (okmusic UP\'s)

エフティ 資生堂『SEA BREEZE』CMソングとなっているwhiteeeenの「テトテ with GReeeeN」と、GReeeeNの「テトテとテントテン with whiteeeen」のジャケットが公開となった。

【その他の画像】GReeeeN

5月17日に発売される、胸キュンなCMの世界観にぴったりのラブソング「テトテ with GReeeeN」。同じ高校を舞台に「告白したいけれど、できない」という男子、女子の気持ちを想起させるジャケットは、人気イラストレーターであるloundrawによる描き下ろしのイラストを起用したもの。

一方、5月24日発売のGReeeeN「テトテとテントテン with whiteeeen」は、ジャンプして飛んでいるように見える瞬間の人物を撮影した『空跳人』『ソラリーマン』や、制服姿の少女をフェティッシュに撮影した『スクールガール・コンプレックス』『絶対領域』など、話題の作品の数々を生み出した写真家・青山裕企による写真を使用している。

また、GReeeeNは7月より全国ツアー『GReeeeNと不思議のダンジョン〜失われた古代魔法を求めて〜』を開催することも決定しており、今後の動向からも目が離せない。

■GReeeeN オフィシャルHP
http://greeeen.co.jp
■whiteeeen オフィシャルHP
http://whiteeeen.com

■『SEA BREEZE』CM映像
https://www.youtube.com/watch?v=gI1TPVqtF9k

■【リリース情報】

シングル「テトテとテントテン with whiteeeen」/GReeeeN
2017年5月24日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7259/¥1,512(税込)
【通常盤】(CD)
UPCH-5908/¥1,080(税込)
<収録曲>
■CD
1. テトテとテントテン with whiteeeen
2. サヨナラ ありがとう
■DVD ※初回限定盤のみ
「テトテとテントテン with whiteeeen」ミュージック・ビデオ

シングル「テトテ with GReeeeN」/whiteeeen
2017年5月17日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7263/¥1,512(税込)
【通常盤】(CD)
UPCH-5909/¥1,080(税込)
<収録曲>
■CD
1. テトテ with GReeeeN 
2. 夏の大三角形
■DVD ※初回限定盤のみ
テトテ with GReeeeN Dance Video(Special Edition)

■GReeeeN 2017年ツアー「GReeeeNと不思議のダンジョン〜失われた古代魔法を求めて〜」

7月08日(土)  埼玉・戸田市文化会館(ファンクラブ優先お披露目ライブ)
7月09日(日)  福島・郡山市民文化センター 大ホール
7月17日(月・祝)  福岡・福岡サンパレス
7月20日(木)  東京・中野サンプラザ
7月22日(土)  宮城・SENDAI GIGS
7月30日(日)  広島・広島文化学園HBGホール
8月05日(土)  大阪・Zepp Osaka Bayside
8月06日(日)  大阪・Zepp Osaka Bayside
8月11日(金・祝)  北海道・Zepp Sapporo
8月18日(金)  東京・Zepp Tokyo
8月20日(日)  石川・本多の森ホール (旧 石川厚生年金会館)
8月25日(金)  愛知・Zepp Nagoya
8月26日(土)  愛知・Zepp Nagoya
8月31日(木)  東京・Zepp Tokyo

【関連リンク】
GReeeeN、デビューシングル「道」がSUBARUの新CMソングに
GReeeeN、10年間の“キセキ”を見せたメモリアルライブをWOWOWで独占放送決定
GReeeeN、映画『キセキ −あの日のソビト−』とコラボした新曲「ソビト」のMV公開
GReeeeN、10年間温めてきた新曲「ソビト」を配信スタート

【関連アーティスト】
GReeeeN, whiteeeen
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

D\'ERLANGER、待望の8thアルバム通常盤に名曲「Loveanymore」の新録Ver.を収録
Sat, 08 Apr 2017 00:00:00 +0900
D\'ERLANGER (okmusic UP\'s)

5月3日(水・祝)に約2年振りとなるオリジナルアルバム『J\'aime La Vie』をリリースするD\'ERLANGERが、その詳細とメジャーデビュー当時の写真とほぼ同じシチュエーションで撮影された新アーティスト写真を公開した。

【その他の画像】D\'ERLANGER

アルバム『J\'aime La Vie』は、初回限定盤デラックス・エディション(CD+DVD)と通常盤の2形態でのリリース。通常盤CDにのみボーナストラック「Loveanymore -J\'aime La Vie version-」の収録が決定し、初回限定盤より1曲多い全11曲が収録される。

「Loveanymore」は、1990年のメジャーデビュー前から存在し、30年以上の歴史を持つ名曲で、現在も大切なタイミングにプレイされ、ファンに愛され続けている。D\'ERLANGER加入前に、客席側で初めて触れたという現ヴォーカルのkyoは『当時からとても印象深い曲で、心の奥底にある感情を搾り出すかのようなバンドのプレイがとてもエモーショナルで、初めて聴いた時からとても印象深い曲』と語る。

ギターのCIPHERが16歳の時に作曲したというこの楽曲は、二代目ヴォーカルがオリジナルの作詞者だったが、kyoが1990年にオリジナルを元に全面的に書き換え、2007年の復活以降に更に手を加え、現在の歌詞に至っている。発表した音源としては、1991年にリリースしたライヴ・アルバム『MOON AND THE MEMORIES... THEENTERNITIES / LAST LIVE1』に収録のライヴ音源と、2008年リリースのシングル「柘榴」のカップリング曲として、スタジオレコーディングバージョンを発表していたが、今回は「Loveanymore -J\'aime La Vie version-」として、新たに新録音。初めてオリジナルアルバムに収録される運びとなった。

また初回限定盤デラックス・エディションの特典DVDには、2007年から10年連続で12月24日のクリスマスイヴに開催されている限定ライヴ『KIDS BLUE STANDING SPECIAL』の貴重映像より、各年1曲をメンバーが厳選し、10年分の全10曲を年代順に収録! 更に、D\'ERLANGER最新フォト・セッション映像も収録。また、初回限定盤は三方背BOX仕様で、全24ページの別冊フォト・ブックレットも付属する。歌詞ブックレットも通常盤と初回限定盤とでは異なる内容となっているので、こちらも見逃せない。

■【D\'ERLANGER kyo(Vo)よりコメント】

2007年4月22日、D\'ERLANGERは日比谷野外大音楽堂でのLIVEで再始動を本格的に始めました。
2017年5月3日、D\'ERLANGERは8枚目のOriginal Album "J\'aime La Vie"をリリースをします。
あの復活劇から10年。
"J\'aime La Vie=我が人生を謳歌している"
というAlbumに出逢うなんて偶然でしょうか?
4人で歩んできた10年という道のり。
しっかりと踏みしめ、熱や想いを刻み込んできた先にあった、
"J\'aime La Vie=我が人生を謳歌している"
必然ではないでしょうか?!
時にRock Bandは奇跡を創りあげます。
その瞬間をD\'ERLANGERと共に感じてみませんか。

■アルバム『J\'aime La Vie』

2017年5月3日(水・祝)発売
【初回限定盤デラックス・エディション】(CD+DVD)
WPZL-31272/73/¥4,630+税
※24Pフォト・ブックレット付き三方背BOX仕様
<収録内容>
■DISC 1:CD
I Kilmister=Old NO.7
II Harlem Queen Complex
III Harlem Queen Romance
IV LOVE is GHOST
V バライロノセカイ-Le monde de la rose-
VI Je t\'aime
VII Vanilla
VIII Mona Lisa
IX Everlasting Rose
X 沈む
■DISC2:DVD
[after the elapse of 10years...History of 2007〜2016]
・dummy blue(2007.12.24 SHIBUYA-AX)
・Sensual Dance(2008.12.24 SHIBUYA-AX)
・Angelic Poetry(2009.12.24 SHIBUYA-AX)
・ALONE(2010.12.24 SHIBUYA-AX)
・Singe et Insecte(2011.12.24 SHIBUYA-AX)
・MARIA(2012.12.24 SHIBUYA-AX)
・Beast in Me(2013.12.24 SHIBUYA-AX)
・Dance naked, Under the moonlight.(2014.12.24 CLUB CITTA\')
・CRAZY4YOU(2015.12.24 TSUTAYA O-EAST)
・LA VIE EN ROSE(2016.12.24 TSUTAYA O-EAST)
[PHOTO SHOOTING 2017]
D\'ERLANGER最新フォト・セッション映像

【通常盤】(CD)
WPCL-12535/¥3,000+税
<収録内容>
■通常盤
I Kilmister=Old NO.7
II Harlem Queen Complex
III Harlem Queen Romance
IV LOVE is GHOST
V バライロノセカイ-Le monde de la rose-
VI Je t\'aime
VII Vanilla
VIII Mona Lisa
IX Everlasting Rose
X 沈む
XI Loveanymore -J\'aime La Vie version-

【関連リンク】
D\'ERLANGER オフィシャルHP
D\'ERLANGER、プレミアムフライデーに相応しいご当地インストア開催を発表
D\'ERLANGER、約2年ぶりのオリジナルアルバムのリリース&スペシャルライブ開催等を発表
5年ぶりに復活した『JACK IN THE BOX 2016』が大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
D\'ERLANGER
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

The Super Ball、胸震わすハーモニーで音楽愛を届けた東名阪ツアーが終了
Mon, 17 Apr 2017 18:00:00 +0900
4月16日@赤坂BLITZ (okmusic UP\'s)

The Super Ballが、4月16日に赤坂BLITZにて、メジャーデビュー後初となるワンマンツアー“The Super Ball LIVE TOUR 2017『スパボ! スパボ!スパボ!』"の最終公演を開催。胸震わすハーモニーと真っ直ぐな音楽愛を、とことん届けてくれた。

【その他の画像】ハシグチカナデリヤ

『こんばんは、The Super Ballです。楽しんでいきましょう!』と、バンドメンバーに続き笑顔で登場した2人。お待ちかねの1曲目は、「キミノコエガ…。」だ。アコースティックギターを手に包容力のある歌声で温もりをもたらす佐々木陽吾、キーボードを弾きながらクリアなハイトーンヴォイスを響かせる吉田理幹。オーディエンスがクラップする中、個性の異なる2人の歌声が、不思議とぴったり重なっていく。理幹が『みなさん楽しんでいますか? 今日が楽しみすぎて昨日あまり眠れなかった僕は、今とても楽しんでいます! もう、どうする?』と興奮気味に言うと、『そりゃあ歌うしかないね!(笑)』と陽吾。音楽活動に専念するため共同生活をしているという2人、トークともなるとすっかり和やかモードで、観ているこちらもついついほっこり。『今日はひとりひとりにちゃんと届けるから、しっかり受け取ってください』という理幹の言葉から、デビューシングルの「トモダチメートル」へ。“君"への一途で不器用な想いが、痛いほどに伝わってくる。

一転、理幹が『みんなで歌うぞ!』と言って前に出てハンドマイクで歌ったのは、「シアワセ」。陽吾もギターを弾きながら前に出て、フロアの熱がどんどん上昇していく。青森出身の陽吾が津軽弁で自己紹介すると、『陽吾さんが津軽弁をしゃべるといつでも笑ってもらえてうらやましい!』と理幹が羨望の眼差しを向け、その流れで、教員免許を持っている陽吾が津軽弁の“ひんじゃかぶ"が“ひざ"を意味することをオーディエンスにレクチャーする場面も。歌力で圧倒しながら、そういった気取らないところもまた、2人の魅力だ。

息を合わせた歌い出しから惹きつけられてしまう「笑顔のカバー」。陽吾がエレキギターを手に、R&Bなテイストを見せる「tell me why」。The Super Ballは、表現幅の広いユニットでもある。『野球選手を目指していたころ、音楽に助けられた』という理幹の言葉を受け、『春は新生活が始まる季節。苦悩することもあると思います。次に歌うのは、僕らが歌を始めたときの想いが詰まった曲です』と陽吾が前置きしたのは、「赤いポストの貯金箱」。バンドメンバーを入れずに届ける2人の歌と想いに、どうしたってグっときてしまう。

『大学生のとき、内定をもらったけど、夢を諦めきれずにこの道を進んで。ずっと歌っていきたいなって、今、歌いながら思いました』と言った理幹。結成当初は路上ライヴになかなか人が集まらなかったという彼ら。ギター伴奏だけで歌った「おいで」には、赤坂BLITZを埋め尽くしたファンへの感謝と、「歌が好き」という純粋な気持ちが満ちていた。「真夏の夜空とシンデレラ」は、彼らが今ツアーのために用意した、高揚感たっぷりなサマーチューン。当たり前のようにコール&レスポンスが起こって、"楽しい"が加速していく。

キラーチューン「スーパーボール」では、陽吾と理幹が笑顔で隣り合ったり、いくつかの巨大バルーンがフロアに投入されたり。さらに、「Rin! Rin! Hi! Hi!」「夢人島へGO!!」では、シングル「Rin! Rin! Hi! Hi!」で異色のコラボを果たした“孤高の天才"ハシグチカナデリヤが、真赤なレスポールギターを携えてゲスト出演。王道をいくThe Super Ballと、サイケデリックを極めるハシグチカナデリヤ。その融合は、やはり目にも耳にも鮮烈。ハシグチカナデリヤとアイコンタクトして歌う理幹、向き合ってユニゾンフレーズを弾く陽吾と、2人の楽しそうな姿も印象的だった。

『ツアーっていいですね。公演を重ねるたびに、メンバーはもちろん、会場のみなさんとも息がどんどん合っていく』と陽吾が手応えを口にし、『今回のツアー、今までで一番、最高と思う景色が見られたけど、もっとみなさんと一緒にいろんな景色を見たいし、誰ひとり離したくない』と決意した理幹。2人が心を込めた「明日、君の涙が止む頃には」は、オーディエンスひとりひとりの胸の奥深くまで染み渡ったはずだ。

そして、アンコール。リゾットを頼んだ理幹に『なにが入っているの?』と尋ねたら、『生ハムとチーズとリゾットとごはん』という謎の返答をされたというまさかの天然エピソードを披露する陽吾に、『陽吾さんはすぐそうやってツッコミ入れるから……』と照れ笑いする理幹。愛すべき2人は、2017年夏に3rdシングル発売&“SUMMER TOUR 2017「みんな毎日いろいろお疲れサマーツアー!」"を開催することを発表。その上で、「ふたつのかげ」「ミライキャッチャー」を歌い、あらためてファンと一緒に未来へ歩んでいくことを誓った。驚くほど混じり気のないThe Super Ball、彼らの快進撃を見逃すわけにはいかない。

Text by 杉江優花
Photo by Kousuke Umebayashi

■【セットリスト】

M1.キミノコエガ…。
M2.RUN
M3.トモダチメートル
M4.シアワセ
M5.SKY
M6.笑顔のカバー
M7.tell me why
M8.赤いポストの貯金箱
M9.おいで
M10.真夏の夜空とシンデレラ
M11.スーパーボール
M12.Rin! Rin! Hi! Hi! (w./ハチグチカナデリヤ)
M13.夢人島へGO!! (w./ハチグチカナデリヤ)
M14.明日、君の涙が止む頃には
En1.ふたつのかげ
En2.ミライキャッチャー

■「明日、君の涙が止む頃には」リリックビデオ
https://youtu.be/mvcTd6xHgPw

【関連リンク】
The Super Ball オフィシャルHP
The Super Ball、ファンと生電話で交流!?
The Super Ball、ファンへのクリスマスプレゼントとして「明日、君の涙が止む頃には」イメージビデオ公開
The Super Ball、アニメ『エルドライブ【?lDLIVE】』ED曲としても話題の「キミノコエガ…。」MV解禁

【関連アーティスト】
ハシグチカナデリヤ, The Super Ball
【ジャンル】
J-POP, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1