歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年04月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
INCEPTION OF GENOCIDE、1stミニアルバム『Bullseye』を6月にリリース
Fri, 14 Apr 2017 21:00:00 +0900
INCEPTION OF GENOCIDE (okmusic UP\'s)

INCEPTION OF GENOCIDEが、1stミニアルバム『Bullseye』を6月14日にリリースすることがわかった。

【その他の画像】INCEPTION OF GENOCIDE

昨年10月に発売した1stフルアルバム『”do not despair”』から8ヶ月ぶりのリリースとなる本作。収録曲など詳細は近日解禁予定とのことなので、続報に期待して待っていてほしい。

またアルバム発売に伴い、リリースツアーが6月18日(日)渋谷サイクロンでのワンマンライブよりスタートする。その他のツアー日程も近日解禁予定。乞うご期待!

■「INCEPTION OF GENOCIDE 1st ONEMAN LIVE 〜1st mini Album「Bullseye」Release TOUR〜」

6月18日(日)東京・渋谷CYCLONE
open 17:30 / start 18:00
<チケット>
前売:¥2,800(DRINK別途)
※プレイガイドにて一般発中/オフィシャルHPにて予約受付中
■イープラス(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002219772P0030001
■ローソンチケット
Lコード:7746

■「INCEPTION OF GENOCIDE presents"Spit Your Blood" vol.00」

5月3日(水・祝) 東京・下北沢シェルター
open 18:00 / start 18:20
出演:INCEPTION OF GENOCIDE / HOTOKE / AIIS / ZON
<チケット>
前売:¥2,500(DRINK別途)
※プレイガイド(e+)にて一般発売中!!
■イープラス(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002222022P0050001P006001P0030001

【関連リンク】
INCEPTION OF GENOCIDE オフィシャルHP
INCEPTION OF GENOCIDE、下北沢シェルターで新たな企画を開催
INCEPTION OF GENOCIDE、6月に8ヶ月振りの新作をリリース&レコ発ワンマン開催!
HONE YOUR SENSEとINCEPTION OF GENOCIDEがツアーを開催! スケジュール&ゲストバンドも明らかに

【関連アーティスト】
INCEPTION OF GENOCIDE
【ジャンル】
パンク/ハードコア, メタル

上月せれな、8thシングルのリリースパーティーにファン熱狂!
Fri, 14 Apr 2017 20:00:00 +0900
4月13日@渋谷ジーカンス (okmusic UP\'s)

上月せれなが、4月13日(木)渋谷ジーカンスにて、8thシングル「ダイスキスイッチ」のリリースパーティーを開催した。

【その他の画像】上月せれな

4月10日から始まったインストアイベントの中日に行なわれたこのリリースパーティー。オリコンデイリーチャート6位を獲得したばかりということもあり、会場は上月せれなのCDリリースを盛大に祝うような雰囲気に包まれていた。

18時からイベントがスタート。豊島区ぴーすUPがーる、With Love、BiRESCO、loop、星名はる、ユメオイ少女、未完成リップスパークル、Malcolm Mask McLarenとぞくぞくと出演し、リリースパーティーを盛り上げていく。

20時を過ぎ、いよいよ上月せれな(=せれちゅ)が登場。リリースーパーティーの1曲目は“いくよ!”の掛け声と共に「スクランブル」からスタート。サビで歌われる「ぐるぐるまわる!」で会場にサークルができ、文字通りぐるぐる回る光景が繰り広げられた。

続く楽曲は和田光司のカバー「Butter-Fly」。この曲でのせれちゅとファンの一体感は凄まじく、初見のライブで心つかまれた人も多いのではないだろうか?

3曲目は「じゃぱにーずかるちゃー」。和テイストながらも歌の譜割りが高速で、会場はヒートアップ! MCでは「インストアライブではジャンプや声も半分しか出せなかったりしていたじゃないですか! でもここ(渋谷ジーカンス)はジャンプも声もだしていいし! 禁止事項が“ケガしない”ってことなので、みんなで盛り上がって楽しんでいきましょう!」と話し、「踊っチャイナ!」へと繋いだ。

4曲目は会場全体で肩を組合い「VISION.」をシンガロング! 最後は4月11日に発売された新曲「ダイスキスイッチ」を熱唱した。曲中に歌われるせれちゅの「ダイスキ」の掛け合いには「オレも!!」と会場全体で答え、汗だくのリリースパーティーは幸せ溢れる中終了した。

いよいよ4月22日(土)には東京青山・月見ル君思フにてデビュー3周年記念ワンマンライブ『MOON CHRONICLE』が開催。チケットも残りわずかとのことなので、気になる方はお早めに。

■上月せれな オフィシャルHP
https://youtu.be/1vYNOQB7Zd8

■シングル「ダイスキスイッチ / 踊っチャイナ!」

発売中
YOSO-0009/¥1,000+税

■【「ダイスキスイッチ」インストア情報】

4月14日(金)20:00〜 タワーレコード横浜ビブレ店
4月15日(土)13:00〜 ニコニコ本社 B2Fイベントスペース
4月15日(土)20:30〜 タワーレコード渋谷店4階イベントスペース
※終了分は割愛

■インストア詳細はこちら
https://youthsource-records.amebaownd.com/posts/2202132

■上月せれなデビュー3周年ワンマンライブ 『MOON CHRONICLE』

4月22日(土) 青山 月見ル君想フ
18:00開場/18:30開演
<チケット>
料金:前売り1000円 / 当日2000円(1ドリンク代別)
※ライブ会場またはイープラスにて販売中!

【関連リンク】
上月せれな オフィシャルHP
上月せれな、高校生活の"日常"を感じられる「ダイスキスイッチ」MVが公開!
アニソンフィットネスのニコニコ超会議決起イベントにザ・たっち登場! アンバサダーにサプライズ就任!?
L\'Arc-en-Ciel、結成25年周年ライブ2日目『この笑顔に会うためだったなら、悪くない道のりだった』

【関連アーティスト】
上月せれな
【ジャンル】
女性アイドル, ライブ

フジファブリック、自主企画2マンライブにてUNISON SQUARE GARDENとの対バンが決定
Fri, 14 Apr 2017 19:00:00 +0900
フジファブリック (okmusic UP\'s)

4年目を迎えるフジファブリックの自主企画2マンライブ『フジフレンドパーク』。その第1弾の発表として、6月30日(金)Zepp DiverCity TOKYO公演のゲストがUNISON SQUARE GARDENに決定したことが明らかとなった。

【その他の画像】フジファブリック

UNISON SQUARE GARDENは事務所の後輩でもあり、斎藤宏介(Vo&Gt)が『Viva la Rock2016』のVIVA LA J-ROCK ANTHEMSのバンドにてフジファブリック「若者のすべて」をカバーしたり、さらには事務所のイベントにて金澤とUNISON SQUARE GARDENの鈴木貴雄(Dr&Cho)が企画バンドにて共演しているなど、親交も深い間柄だ。

残り2公演の対バン相手は後日発表。こちらへの期待も高まるばかりだ。なお4月14日 18時より、バンドのオフィシャルHPにてオフィシャル第2次チケット先行の受付がスタート。ぜひこちらもチェックしてほしい。

■『フジファブリック 2マンツアー フジフレンドパーク2017』

6月26日(月) 大阪・Zepp Osaka Bayside
6月30日(金) 東京・Zepp DiverCity TOKYO
w/UNISON SQUARE GARDEN
7月01日(土) 東京・Zepp DiverCity TOKYO

<オフィシャルHP第2次チケット先行>
受付期間:2017年4月14日(金)18:00〜2017年4月23日(日)23:00
http://www.getticket.jp/g?t=avacfdyh

【関連リンク】
フジファブリック オフィシャルHP
UNISON SQUARE GARDEN、最新ライヴ映像作品の詳細&トレイラー公開
フジファブリックのツアー追加公演に山田孝之がサプライズ登場
UNISON SQUARE GARDEN、新作映像作品リリース決定&自主企画ツアーのゲストが明らかに!

【関連アーティスト】
フジファブリック, UNISON SQUARE GARDEN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

tres-men、「夏のめぐり逢い feat.奇妙礼太郎」のMVがYouTubeにて公開
Fri, 14 Apr 2017 18:00:00 +0900
tres-men (okmusic UP\'s)

tres-menが発売中のアルバム『和音 COVERED by tres-men』の中から、「夏のめぐり逢い feat.奇妙礼太郎」のMVが公開された。

【その他の画像】奇妙礼太郎

本作はドラマ仕立ての映像作品となっており、サンバダンサーとプロレスラーの一夏の出逢いをベースにしながら、西口プロレスの焙煎たがい。を中心に、様々なネタが入れ込まれた面白い映像となっている。ぜひ一度チェックしてみてほしい。

■「夏のめぐり逢い feat.奇妙礼太郎」MV
https://youtu.be/XA3aBgp0H6U

■アルバム『和音 COVERED by tres-men』

発売中
TYOR-0003/¥2,500+税
<収録曲>
1. 夏のめぐり逢い feat.奇妙礼太郎(原曲:加山雄三)
2. まちぶせ feat. Lyn(原曲:三木聖子・石川ひとみ)
3. 想い出を永遠にかえて feat.坂口舜(原曲:Birthday Suit)
4. LOVE MAGIC feat. YULALi(原曲:アン・ルイス)
5. Runaway feat. Mayu wakisaka(原曲:桑江知子)
6. ひなげしの花 feat. RYO(原曲:アグネス・チャン)
7. 星降る街角 feat. Kim Wooyong(原曲:敏いとうとハッピーブルー)
8. スカーレットの毛布 feat.鈴木桃子(原曲:太田裕美)
9. ムーンライト・ベイ feat.井手麻理子(原曲:アグネス・ラム)
10. 片想い feat.牧野竜太郎(原曲:中尾ミエ)

【関連リンク】
tres-men オフィシャルHP
天才バンド、6月より全国7都市を回るワンマンツアーを開催
tres-men、多彩なゲストヴォーカルを迎えて制作したカバーアルバムのリリースが決定
金原千恵子、豪華ミュージシャン参加の新アルバム発表&一週間限定で無料ダウンロードも

【関連アーティスト】
奇妙礼太郎, tres-men
【ジャンル】
J-POP, ダンス/ハウス/テクノ

ロック・トリオの最高峰、ベック・ボガート&アピスの唯一のスタジオ録音盤『ベック・ボガート&アピス』
Fri, 14 Apr 2017 18:00:00 +0900
『Beck, Bogert & Appice』(’73)/Beck, Bogert & Appic (okmusic UP\'s)

世にスーパーギタリストと呼ばれるプレーヤーはたくさんいるが、1973年の時点で世界最高峰のロックギタリストは間違いなくジェフ・ベックであった。ただ残念なことには、70年にはもっとも必要とされたスーパーギタリストも、73年には必要でなくなっていたのもまた事実なのである。この頃と言えば、あのエリック・クラプトンもアメリカへ渡り、歌を中心としたアメリカンテイストのサウンドを追求していたし、時代はイーグルスやドゥービーブラザーズに代表されるさわやかなロックへと移り変わっていた。そんな中で、ジェフ・ベックは熱いロックを続け、ベック・ボガート&アピスを結成、60年代のロックスタイルを引きずりながらも最高のテクニックとロックスピリットを持った文句なしのアルバムを完成させた。それが今回紹介する『ベック・ボガート&アピス』である。

【その他の画像】Jeff Beck

■クラプトン、ベック、ペイジが在籍したヤードバーズ

前回紹介したスリー・ドッグ・ナイトを書いている時に、ふと思い出したのがベック・ボガート&アピス(以下BB&A)で、なぜかと言うとスリー・ドッグ・ナイトのメンバーふたりが本作『BB&A』に参加していたからだ。スリー・ドッグ・ナイトのメンバーとジェフ・ベックの関係は残念ながら分からない(たまたまスタジオに遊びに来たとか、その程度の気がする…)が、このアルバムは僕がリリース当時に大きな衝撃を受けたアルバムでもあったから、今回取り上げることにした次第。

クラプトンやジミー・ペイジと肩を並べるギタリストとして知られるジェフ・ベック。はっきり言って、テクニックではジェフ・ベックのほうが一枚も二枚も上手である。彼ら3人は同じグループ(ヤードバーズ)に在籍していたことで知られ、リードギタリストとして活躍した期間はクラプトン→ベック→ペイジの順となる。ヤードバーズでは特にベックがいた頃のアルバム『ヤードバーズ』(‘66)は傑作で、ここではブルースベースではない純粋なロックギターをベックは弾いている。はるか後に登場してくるヘヴィメタル的なフレーズや各種トリッキーな奏法は、ヤードバーズ時代のベックが既に確立しつつあったのだからすごいのだ。

ロックにおけるリードギターのルーツは、ブルースとカントリーの両方を混ぜ合わせ、若干ジャズのフレイバーを加味したものである。特にシカゴブルースの影響は大きく、当時のクラプトンやペイジのギターはブルースのコピーからスタートしていることが分かる。ところが、ベックのギターはブルース臭があまりなくカントリーっぽさも感じられない、まさに純粋にロックのギターを若い時から弾いているのだ。それがはっきりと感じられるのが、ヤードバーズを脱退し第1期ジェフ・ベック・グループを結成してからだ。

■第1期ジェフ・ベック・グループの『トゥルース』と『ベック・オラ』

ヤードバーズを脱退したベックは『トゥルース』(‘68)をリリース、その当時のロック少年を狂喜させた。実は、このアルバムを僕もリアルタイムで聴いたわけでなく、カッコ良いギターソロのレコードを探していた頃に出会ったのであった。それは中学に入ってからなので、リリースから2〜3年は経っていただろう。しかし、そのロック的なギタープレイと卓越したテクニックには子供ながらも感動した。グループとしてロッド・スチュワートやロン・ウッドを従えたこのアルバムは、出来も素晴らしい。

『トゥルース』の次にリリースしたのが『ベック・オラ(原題:Cosa Nostora Beck-Ola)』(’69)。これも名作で、この頃ベックと仲の良かったレッド・ツェッペリンのメンバーたちはベックの初期のセッションに立ち会い、ツェッペリンのイメージを作り上げたと言われている。各種エフェクターを駆使するなど、すでに他のロックギタリストの手本になるギタープレイを見せている。この頃のベックの飛び抜けたテクニックと対等に渡り合えるのは、ロックでは他にジミ・ヘンドリックスぐらいしか思い付かない。

■第2期ジェフ・ベック・グループ

この頃、ベックのお気に入りのグループがヴァニラ・ファッジで、このグループのメンバーのベースのティム・ボガートとドラムのカーマイン・アピスが大のお気に入りだったらしい。しばらくしてからベックとは親友でレッド・ツェッペリンのドラマー、ジョン・ボーナムの口利きで彼らとのバンド結成の話が持ち上がるのだが、ベックは交通事故により長期の入院を余儀なくされ、残念ながらこの話はボツになってしまう。

ヴァニラ・ファッジを抜けたボガートとアピスは入院中のベックをあてにはできず、カクタスを結成する。ベックは1年半以上のブランクのあと、第2期ジェフ・ベック・グループを立ち上げ、それぞれ別の道を進むことになる。第2期ジェフ・ベック・グループでは、ファンクやソウルの要素も加味しアメリカ寄りのスタイルを見せていて、『ラフ・アンド・レディ』(‘71)、『ジェフ・ベック・グループ』(’72)という2枚のアルバムをリリースした。どちらも黒っぽさを前面に押し出しながらも、ベックのロックスピリットもしっかり感じさせ、ますますギタープレイは冴えまくっている。今から思えば、後のクロスオーバー的な傑作『ブロウ・バイ・ブロウ』(’75)や『ワイアード』(‘76)は、この頃からのアイデアではないかと思う。当時は分からなかったけど、かなりセンスの良いロックに仕上がっている。ちなみにこの2枚、どちらも名作である。

■本作『ベック・ボガート&アピス』について

第2期ジェフ・ベック・グループは優れたメンバーにも恵まれ、順調にいくのかと思いきや、やはりベックはティム・ボガート&カーマイン・アピスと組みたかったらしく、1年ほどの活動でグループを解散。たまたまボガートとアピスもカクタスを抜けていたので、ようやく念願のトリオをスタートさせる。ベースをギターのように弾きまくるティム・ボガートと、華麗なテクニックを随所に入れながらも重いグルーブが身上のカーマイン・アピスは、間違いなくロック界最上のプレーヤーである。そのふたりとベックが組むのだから、結果は火を見るより明らかである。ただ、個性の強い3人だけに長続きはしないだろうと思っていたら、その読みは当たった。

僕はこの3人のプレイを最初にテレビで観た(『イン・コンサート』という番組)のだが、想像をはるかに超える3人のインタープレイに、まさに釘付けになった。このアルバムには彼らの最上の、それでいて余裕がありそうな圧倒的なパワーが漲っている。第2期ジェフ・ベック・グループのような、ある種都会的なサウンドではなく、汗が滴り落ちるような熱さに満ちたロックがここにある。ハードなナンバーから、しっとりとしたバラードナンバーでさえも暑苦しい仕上がりだ。

冒頭で述べたように、アルバムがリリースされた73年の時点でも、少し古臭いスタイルのロックなのだが、ベックはそれを分かりながらも、最高の演奏を提供できれば誰も文句など言わないことを知っていたのである。それぐらいロックとして圧倒的なパワーを持ったアルバムである。アメリカ南部のロッカー、ドン・ニックスの曲を2曲(「黒猫の叫び」「スイート・スイート・サレンダー」)、スティービー・ワンダーの代表曲「迷信」をはじめ、名曲揃い。主にヴォーカルを担当するボガートとアピスの歌と、彼らの精度の高いコーラスも聴きものではある。しかし、何と言っても当時ロックギタリストの頂点に君臨していたベックのすごすぎるギターが格別。

本作は間違いなくロック史上に残る名盤中の名盤だ。楽器を弾く人であるならば、特にこの3人の尋常でないテクニシャンぶりが理解できるであろうし、この3人が後発のアーティストにどれだけの影響を与えているかが分かると思う。本作がリリースされてから彼らは来日、日本だけで2枚組のライヴ盤が発売された。長い間、コレクターズアイテム扱いで高値が付いていたが、今はそれもCD化されて普通に入手できるので、本作を聴いて気に入った人はライヴ盤もぜひ聴いてみてもらいたい。 

そしてこの後、メンバー間のいざこざが原因でBB&Aは解散、グループはたった1年半しかもたなかった。ベックはしばらくセッション活動を精力的に行なっていたが、そのギターテクニックを武器にソロとしてフュージョン路線で勝負し、前述した『ブロウ・バイ・ブロウ』(’75)と『ワイアード』(‘76)ではジャズ界の凄腕メンバーと合流、70年代後半まで、彼の最高の時代を築くことになるのである。

【関連アーティスト】
Jeff Beck, Carmine Appice, Beck, Bogert & Appice
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、映画「クレヨンしんちゃん 襲来?宇宙人シリリ」のEDテーマをカバー
Fri, 14 Apr 2017 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

【その他の画像】稚菜

さて、100飛んで1回目の今週のカバー曲は。
大好きな高橋優さんの「ロードムービー」
クレヨンしんちゃん25周年記念作品「映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」の主題歌。
聴きたいが為に絶対観に行こうと思っている。
聴いた瞬間に泣きそうになった歌詞。
やっぱり尊敬する人。
またいつか必ず一緒のステージに立ちたい。
そう強く願う方。
そんな高橋優さんの歌を歌ってみました。
是非聴いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=MMGUDi6Bexc

あなたは験担ぎ(げんかつぎ)を信じていたり、している験担ぎはありますか?
まずは験担ぎという言葉についてウィキペディア先生を参照にしてみたところ、次のように書かれていた。
「ある物事に対して、以前に良い結果が出た行為を繰り返し行うことで吉兆をおしはかること。また、良い前兆であるとか悪い前兆であるとかを気にすること。縁起を気にする事」

私、意外と験担ぎが苦手、であったりする。
というのも、験担ぎになる行為を見つけた瞬間、しなかったから上手くいかないのではないか?と考えてしまうし、
失敗した時は、これだけはしない様にしなきゃ!と変に気にしてすぐ構えてしまう。
1人で勝手に余計な不安に駆られてしまうのである。笑
良く考えたらそんなの全く関係ないんだろうし、活躍しているアスリートの方は験担ぎをしている、という話をよく聞くからやったほうがいいのかもしれませんが…
でも、気にしいの私にとっては験を担がない、つくらない、くらいがちょうどよかったのだ。

そんな事を思いながら25年間過ごして来たのですが、つい先日、その験担ぎ的なものに出会ってしまった。
ピアスの穴を開けていない私、でもオシャレが好きだからイヤリングをする事は多々ある。
そんな中、一目惚れで買ったとあるイヤリング。
付けた日には必ず自分にとってこれは良い出逢いだ!と思える人に出逢えたり、友達が実は自分ととても価値観の合う人で意気投合した、という人に恵まれる形になったのだ。
付けるだけでなく、持っていても効果があった瞬間もあった。
発見した当初、今までの自分から少し戸惑ったりした。
けれど最近は、遊びに出かける日や飲みに行く日、人と接したり仲良くなれそうな日はなるべく付けて行こう、と思う様になった。
なぜなら、これを付けなきゃ最悪な日になる!とは思わなくなったから。
付けなくてもいくらでも人と出逢える瞬間は沢山あって、付けていればより人との絆が強くなるちょっとしたお手伝いをしてもらっている、と構え過ぎずに楽に考えられる様になった。
結局これも気持ち次第なのかもしれないけれど。笑
勝負時に試した訳でもない。
絶対的習慣ではなく、本当に単なるオシャレ感覚で付けたという事実から発見した一つの出来事。
私にはそれくらいがちょうどいい。
今後も私は、担ぐより拝むものとしてこれからも付き合っていこうと思うのでした。

【関連アーティスト】
稚菜
【ジャンル】


上白石萌音、話題の初オリジナル曲「告白」を秦 基博がプロデュース
Fri, 14 Apr 2017 17:00:00 +0900
配信楽曲「告白」 (okmusic UP\'s)

4月よりフジテレビ系『めざましテレビアクア』の新テーマソングとしてオンエア中の上白石萌音の初オリジナル曲「告白」が、秦 基博による初プロデュース楽曲であることが明らかになった。

【その他の画像】秦 基博

上白石萌音と秦 基博は2016年放送のNHK『シブヤノオト』で初共演。その日がちょうどデビューカバーミニアルバム『chouchou』が出来上がった日であり、以前から上白石が秦の楽曲が好きで、出来たばかりのCDを渡し挨拶をしたのが始まりだった。

その後も、他の音楽番組などで共演する中で、上白石から『ぜひ曲を書いていただけたら』とオファー。秦は快諾すると同時に『最後まで責任をもって作りたい』と、初のプロデュースが実現した。

新曲「告白」は、秦 基博による作詞作曲だけでなく、レコーディングでは自らアコースティックギターで参加。アレンジからレコーディング、ミックスに至るまで全てに渡り秦の監修のもと進められた。

これまで、秦は数々のアーティストに楽曲提供を行なってきたが、女性アーティストに詞を提供するのは今回が初めて。本楽曲が秦 基博にとって初プロデュース作品となった。

初めて「告白」のデモを耳にしたときのことについて上白石は、『私は人を好きになっても、あまり伝えられなかったり、秘めてしまう方なので、自分のことを言い当てられてるみたいな気がして、なんで秦さんは私のことを知っているんだろうと最初は驚いた』と語る。

歌詞を読むだけで映像が色まで全部浮かぶような世界観で、大好きな秦の詞が自分の声のために作られたことに何よりも感激したという。手紙のように綴られた新曲は、最後の一言までぜひ聞いてもらいたい1曲だ。

現時点でCDのリリースは決定していないが、4月28日(金)よりiTunes Music Storeをはじめとする各音楽配信サイトで配信が開始。同曲の配信ジャケットには、上白石萌音が自ら撮影した写真と直筆の文字が起用されており、花びらを青空にかざし、どこか切なさと温かさを感じさせる1枚に仕上がっている。

4月29日(土・祝)には、大阪城ホールで開催される『FM802 SPECIAL LIVE 紀陽銀行 presents REQUESTAGE 15』への出演が決定している上白石だが、ここで新曲「告白」を初披露するとのこと。

楽曲制作ではスケジュールが合わず、楽曲制作が始まってからまだ一度も会えていないという二人だが、4月より放送開始をした上白石のラジオ番組 ニッポン放送『上白石萌音 good-night letter』に、秦が初のレギュラー番組を開始した上白石に向けて、サプライズで音声メッセージを送った。その模様は4月14日(金)24:40から放送されるので、上白石が温かいサプライズに歓喜する様子をぜひ聞いてみてほしい。

■【各アーティストよりコメント】

■秦 基博
上白石さんのもつ透明感、清廉性、その凛とした歌声に導かれるように「告白」という曲ができました。
終わりと始まり、少女と大人、いろんなものの間で揺れる一瞬のきらめきが歌の中に閉じ込められていると思います。
ぜひ聴いてください。

■上白石萌音
秦さんが創り出される詞やメロディ、そして世界観が大好きなわたしにとって、こんなに光栄で幸せなことはありません。秦さんの初プロデュースの曲が初のオリジナル曲なんて、本当に光栄です。心から感謝しています。初めて曲を聴いた時に感じた恋に似た胸の高鳴りを、大切に、さらに温めて歌いました。情景が浮かんでくるような歌詞とメロディで、甘酸っぱくも清々しく、そよ風を感じるような曲になっていたらいいなと思います。一人の女の子の真っ直ぐな「告白」を受け取ってください。

■配信楽曲「告白」

2017年4月28日(金)より配信開始

■『FM802 SPECIAL LIVE 紀陽銀行 presents REQUESTAGE 15』

4月29日(土・祝)  大阪城ホール
START 16:00
出演:ASIAN KUNG-FU GENERATION、UVERworld、上白石萌音、Perfume、flumpool、フレデリック、UNISON SQUARE GARDEN
https://funky802.com/requestage/

【関連リンク】
上白石萌音 オフィシャルHP
HY、アルバムリリース記念イベントにて上白石萌音と名曲「366日」をコラボ披露!
上白石萌音、歌に対する強い思いを伝えた初ワンマンライブ
日本テレビ系情報番組『ZIP!』の音楽イベント『ZIP! 春フェス』が2017年も開催決定

【関連アーティスト】
秦 基博, 上白石萌音
【ジャンル】
J-POP

西野カナ、ニューシングルは“パッ”とハジける『ビタミン炭酸MATCH』CMソング!
Fri, 14 Apr 2017 16:00:00 +0900
西野カナ (okmusic UP\'s)

西野カナが5月3日にリリースする30thシングル「パッ」が、4月22日(土)からOA予定の『ビタミン炭酸MATCH』CMソングに決定した。

【その他の画像】西野カナ

2015年「もしも運命の人がいるのなら」、2016年「あなたの好きなところ」に続いて『ビタミン炭酸MATCH』のCMソングに決定した新曲「パッ」は、繰り返しの毎日や、日々の不安やストレスを吹き飛ばしたいという気持ちを《パッとはじけたいの》《人生一度きり》など、誰しも共感してしまうキャッチーな言葉とPOPで爽快なサウンドで表現した、西野カナ流エールソングに仕上がっている。

さらに、「ビタミン炭酸MATCH×西野カナKana Nishino Dome Tour 2017 "Many Thanks"ペアチケット プレゼントキャンペーン」を実施中。詳しくはキャンペーンサイトをチェックしよう!

■『ビタミン炭酸MATCH』スペシャルサイト
http://www.matchnews.com/
■ビタミン炭酸MATCH×西野カナ『Kana Nishino Dome Tour 2017 "Many Thanks"ペアチケット』プレゼントキャンペーンサイト
http://match2017cp.jp

■シングル「パッ」

2017年5月3日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-2152〜2153/¥1,481+税
【通常盤】(CD)
SECL-2154/¥1,165+税

◎初回生産盤特典
(1) “パッ"ジャケット撮影メイキング&インタビュー映像収録
(2) オリジナル限定ジャケット
(3) ドームツアー2017 チケット先行抽選予約チラシ封入
※受付期間:2017年5月3日(水祝)12:00〜5月7日(日)23:59

■『Kana Nishino Dome Tour 2017 "Many Thanks"』

8月26日(土) 京セラドーム大阪
8月27日(日) 京セラドーム大阪
9月23日(土) 東京ドーム
9月24日(日) 東京ドーム

【関連リンク】
西野カナ オフィシャルHP
AWA「2016年7月の月間楽曲再生回数ランキング」に三代目 J Soul Brothers、西野カナらがランクイン
西野カナ、“夏”と“海”をテーマにした楽しい演出がいっぱいの全国アリーナツアーがスタート
AWA「2016年6月の月間楽曲再生回数ランキング」に西野カナ・Flowerがランクイン!

【関連アーティスト】
西野カナ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

布袋寅泰、最新ライブ映像作品より「Iruben Me(with Zucchero)」を公開
Fri, 14 Apr 2017 15:00:00 +0900
布袋寅泰 (okmusic UP\'s)

現在ユーロツアーを敢行中の布袋寅泰が、3月29日に発売となった35周年アニバーサリーライブBlu-ray&DVD『Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜』から「Iruben Me(with Zucchero)」のライブ映像を公開した。

【その他の画像】布袋寅泰

ライブ映像作品には、アンコールにて披露されたズッケロとの貴重なコラボレーション3曲をすべて収録。その貴重なライブ映像の中でも、ズッケロの張り裂けそうなシャウトと布袋の泣きまくるギターが堪能できる「Iruben Me」は、この作品のハイライトの一つと言えるだろう。

このコラボレーションが、5月29日(月)にO-EASTで行なわれるズッケロ初来日単独ライブ『Black Cat World Tour 2017 In Japan』で再度実現する。長年に渡って各国のオーディエンスを熱狂させてきたズッケロのド迫力ライブを体感できる絶好の機会をお見逃しなく!

■「Iruben Me(with Zucchero)」(Maximum Emotion Tour〜The Best for the Future〜 ver.)
https://youtu.be/mKMH9T0lvnY

■Blu-ray&DVD『Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜』

発売中
【Blu-ray】
価格:¥5,900+税
【DVD】
価格:¥4,900+税
<収録曲>
01.POISON
02.BEAT EMOTION
03.NO.NEW YORK
04.BE MY BABY
05.SERIOUS?
06.SURRENDER
07.ラストシーン
08.WILD LOVE
09.WANDERERS
10.Stereocaster
11.ESCAPE
12.8 BEATのシルエット
13.C\'MON EVERYBODY
14.Dreamin\'
15.SCORPIO RISING
16.TEENAGE EMOTION
17.スリル
18.Partigiano Reggiano(with Zucchero)
19.Ti Voglio Sposare(with Zucchero)
20.Iruben me(with Zucchero)
21.ホンキー・トンキー・クレイジー
22.バンビーナ
23.LONELY★WILD
24.DEAR MY LOVE

■『Black Cat World Tour 2017 In Japan』/ZUCCHERO

5月29日(月)  渋谷 TSUTAYA O-EAST
開場/開演:18:30/19:00
チケット:全自由¥6,000(税込)
※入場時別途ドリンク代必要
※未就学児童入場不可

【関連リンク】
布袋寅泰 オフィシャルHP
布袋寅泰、35周年を記念した日本武道館公演が映像作品&CD化!
布袋寅泰、全開の「POISON」ライヴ映像をGYAO!で1週間限定公開!
布袋寅泰、ユーロツアーに続き5月より初のアジアツアー開催を発表

【関連アーティスト】
布袋寅泰, Zucchero
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ロック/ブルース(洋楽)

スピッツ、結成30周年を記念して全シングル表題曲に新曲3曲を加えた3枚組CD BOXをリリース
Fri, 14 Apr 2017 14:00:00 +0900
スピッツ (okmusic UP\'s)

結成30周年を迎えるスピッツが全シングル表題曲に加えて新曲3曲を収録したシングル集『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』を7月5日にリリースする事を発表した。

【その他の画像】スピッツ

これは1991年のデビューシングルから昨年2016年4月に発売されたシングル曲「みなと」までの全シングル曲、そして「愛のことば-2014mix-」「雪風」といったドラマ主題歌としても話題となった配信限定シングル曲、さらには、現在話題沸騰中の『めざましテレビ』テーマソング「ヘビーメロウ」など、新たにレコーディングをした新曲3曲を加えた全45曲収録の3枚組アルバム。価格は¥3,900(税抜)というナイスプライスになっており、まさにスピッツ入門編といえるアイテムだろう。

また2006年から2016年までの楽曲に加えて新曲3曲を収録したシングル集『CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection』も同時発売されるので、 こちらも要チェックだ。

■【スピッツ メンバーよりコメント】

■草野マサムネ(Vo/Gt)
前の『CYCLE HIT』をリリースしてから11年、音楽ソフトを取り巻く環境も随分変わりました。
そんな中で再び“シングル集"をリリースできるのは、淀むことなくバンド活動を続けられたという証でもあり、大変ありがたいことです。
なので今回張り切って新曲も3曲作りました。
最近のスピッツっぽい2曲と、バンド30周年のタイミングということで“ビートパンクバンド・スピッツの新曲"という想定で1曲。
楽しんでいただけると幸いです!

■三輪テツヤ(Gt)
‘87年から30年がたちました
スピッツもみな今年で50才
2017年のスピッツを楽しんでください

■田村明浩(B)
収録される新曲の中でも最後に録った曲はスピッツにとって一番新しい曲です。
新曲なんだけどアマチュア時代にやっていたアレンジやフレーズをそのまま使ってたりして、かなりレコーディングでは盛り上がりました。
結成当時の自分に負けたくなかったのでギターソロバックのダウンピッキングにはかなりこだわりました。
そんなところを含めて50分の30という時間をちょっとずつ実感しながら楽しんでいます。

■?山龍男(Dr) 
2006年の「魔法のコトバ」から、2016年の「みなと」までのシングルと、2017年新たにレコーディングした3曲を収録しております。
2017年は、スピッツ結成30周年であります。
今年録音した新曲の中にも、結成当時を思わせるようなテンポの速い曲もあったりします。
お楽しみに。
『CYCLE HIT』よろしく。

■アルバム『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』

2017年7月5日発売
UPCH-7329/31/¥3,900+税
<収録曲>
■DISC 1
「CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection」
1.ヒバリのこころ
2.夏の魔物
3.魔女旅に出る
4.惑星のかけら
5.日なたの窓に憧れて
6.裸のままで
7.君が思い出になる前に
8.空も飛べるはず
9.青い車
10.スパイダー
11.ロビンソン
12.涙がキラリ☆
13.チェリー
14.渚
15.スカーレット
■DISC 2
「CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection」
1.夢じゃない
2.運命の人
3.冷たい頬
4.楓
5.流れ星
6.ホタル
7.メモリーズ
8.遥か
9.夢追い虫
10.さわって・変わって
11.ハネモノ
12.水色の街
13.スターゲイザー
14.正夢
15.春の歌
■DISC 3
「CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection」
1.魔法のコトバ
2.ルキンフォー
3.群青
4.若葉
5.君は太陽
6.つぐみ
7.シロクマ
8.タイム・トラベル
9.さらさら
10.愛のことば-2014mix-
11.雪風
12.みなと
13.ヘビーメロウ
(「2017 めざましテレビ テーマソング」)
※新曲1
14.新曲2
15.新曲3

【関連リンク】
スピッツ オフィシャルHP
スピッツ、2017年初の新曲「ヘビーメロウ」が『めざましテレビ』テーマソングに
スピッツ、全国ツアーの映像作品より「醒めない」公開
スピッツ、最新アルバムを引っ提げた全国ツアー映像作品を5月3日にリリース

【関連アーティスト】
スピッツ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Dragon Ash、3年4か月ぶりのアルバム『MAJESTIC』リリース決定!
Fri, 14 Apr 2017 13:00:00 +0900
Dragon Ash (okmusic UP\'s)

Dragon Ashが5月31日(水)にオリジナルフルアルバム『MAJESTIC』をリリースすることが決定した。

【その他の画像】Dragon Ash

『MAJESTIC』は2014年1月にリリースされたアルバム『THE FACES』以来、3年4か月ぶりとなる11枚目のオリジナルフルアルバム。

『MAJESTIC』とは“威風堂々"の意。メジャー20周年を迎えたバンドがスーパーベーシストKenKenの全面的な参加を得て、一段と強度を増した鉄壁のDragon Ashサウンド。さまざまな音楽遍歴を積み重ねたKjが作り出す、優しさと強さをあわせもつ比類なきリリック。そしてメロディがダイナミックに、そしてより緻密に混ざり合う、威風堂々たるミクスチャーロックアルバムとなる。

アルバムは現在最終レコーディング中。詳細は後日発表されるとのことなので、続報を楽しみに待っていてほしい。

さらに、アルバムタイトルの公開に合わせて、既に発表されている全国ツアーの正式タイトルが「Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC」に決定。チケット一般発売もいよいよ4月15日(土)からスタート。ツアーの詳細はDragon Ashオフィシャルサイトをチェックしよう。

■アルバム『MAJESTIC』

2017年5月31日(水)発売
【初回完全限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1172/¥3,800+税
※特殊パッケージ仕様
【通常盤】(CD)
VICL-64800/¥2,800+税

※詳細は後日発表予定

■「Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC」

6月08日(木) Zepp DiverCity
6月16日(金) Zepp Nagoya
6月17日(土) なんばHatch
6月22日(木) いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場
6月30日(金) 仙台 PIT
7月02日(日) 高松festhalle
7月03日(月) 松山WstudioRED
7月05日(水) 米子laughs
7月07日(金) BLUE LIVE 広島
7月15日(土) キッセイ文化ホール 中ホール
7月16日(日) クロスランドおやべ
7月20日(木) KBSホール
7月21日(金) 福井県県民ホール
7月25日(火) CLUB CITTA\'
8月16日(水) チキンジョージ
8月17日(木) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
8月23日(水) 岐阜club-G
8月24日(木) Live House 浜松 窓枠
8月30日(水) 周南 RISING HALL
8月31日(木) DRUM LOGOS
9月02日(土) KUMAMoTo B.9 V1
9月03日(日) CAPARVO HALL
9月07日(木) PENNY LANE24
9月08日(金) PENNY LANE24
9月10日(日) 帯広MEGA STONE
9月12日(火) 石巻BLUE RESISTANCE
9月13日(水) 山形ミュージック昭和セッション
9月15日(金) 青森Quarter 9/18(月・祝) 新潟LOTS
10月01日(日) 桐生市市民文化会館 小ホール
10月03日(火) Zepp Tokyo

【関連リンク】
Dragon Ash オフィシャルHP
Dragon Ash、ファンに捧げるラブソング「Beside You」のMV公開
Dragon Ash、20周年の記念日ライヴはサプライズもありで大盛況!
Dragon Ash、大規模全国ツアー決定&新曲「Mix It Up」のMVを公開

【関連アーティスト】
Dragon Ash
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Sony Music主催イベントにCreepy Nutsら次世代アーティストが出演決定
Fri, 14 Apr 2017 12:00:00 +0900
Creepy Nuts(R-指定&DJ松永) (okmusic UP\'s)

2016年、Sony Music内に発足した集団“次世代ロック研究開発室"が主催イベント「第一回研究発表会」の開催を発表した。

【その他の画像】

このイベントには、R-指定とDJ 松永によるCreepy Nutsをはじめ、CHAIやSurvive Said The Prophetなど、各ジャンルで注目のアーティストが一堂に集結。

今後日本の音楽シーンを担うであろうアーティストたちの“今"を見逃すな!

■次ロッ研 presents 「第一回研究発表会」

6月14日(水) 新宿LOFT
開場 18:30 / 開演 19:00
出演:
■MAIN STAGE
Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)、CHAI、Survive Said The Prophet、w.o.d.
■BAR STAGE
The Songbards、ムノーノ=モーゼス、ムツムロアキラ(ハンブレッダーズ)
<チケット>
一般発売開始:4/22(土)10:00〜6/13(火)18:00
・チケットぴあ(P:330-715)
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1718822&rlsCd=001 
・ローチケHMV(L:71641)
http://l-tike.com/order/?gLcode=71641
・イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002223155P0050001P006001P0030001

料金:前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500(1ドリンク別)
※次世代割:¥500当日キャッシュバック有

※「次世代割」詳細
・公演日に10代(19歳以下)の方は会場にて500円キャッシュバックいたします。 当日、年齢を証明できる学生証・運転免許証・身分証明書等をご持参ください。
・キャッシュバックは当日、会場に来られた方に限ります。
・当日、証明書をお持ちにならなかった方へはキャッシュバックはいたしません。
・キャッシュバック受付は会場入り口付近にて受付となります。(受付時間未定)

【関連リンク】
高橋優、クレヨンしんちゃんと“しんゆう(親友)コンビ”で『Mステ』出演決定
永井 博が描き下した「RECORD STORE DAY」オフィシャルイラストが公開!
04 Limited Sazabys、初の日本武道館公演を収めた映像作品発売&上映会開催決定!
超特急、デビュー5周年記念バスツアーの模様がスぺシャ TVプラスで放送決定

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, ジャパニーズヒップホップ, イベント

MAGiC BOYZ、ワンマンライブのタイトル決定&DJみそしるとMCごはん、DOTAMAら豪華コラボゲストの出演も明らかに
Fri, 14 Apr 2017 11:00:00 +0900
MAGiC BOYZ (okmusic UP\'s)

MAGiC BOYZが4月30日(日)に渋谷TSUTAYA O-EASTで開催するワンマンライブのタイトルが決定。あわせて豪華ゲストの出演も発表された。

【その他の画像】DJみそしるとMCごはん

タイトルは、「ワンマンライブ2017春 〜大漁祭〜」。新体制でのマジボの新しい船出と、過去最大規模のワンマンでファンの数が"大量=大漁"という意味が込められている。ライブ本編でも"船出""大漁"に紐付けられた演出が予定されているとのこと。

MAGiC BOYZといえば、これまでに豪華先輩アーティストとのコラボ曲を制作してきたことも話題となっているが、今回のライブには、3rdシングル「Do The D-D-T!!」CHA盤収録「お茶の国から」をトーマとコラボしたDJみそしるとMCごはん、DO盤収録「イラッとするコト」をマヒロとコラボしたDOTAMA、5thシングル「3.141592」ずら盤収録「『ずら』との遭遇!」をコラボした51歳・元祖甲州弁ラッパー原田喜照という、豪華ゲストの参加が決定。ライブで一緒に曲を披露するのは初めてということで、生のコラボパフォーマンスに期待したい。

他にも、オープニングアクトとしてヤマ電サイファーのメンバーがステージを披露することが決定。日本語ラップシーンのこれからを担っていく若いラッパーたちのステージに注目したい。

また本公演のチケットは、4月15日(土)10:00から一般発売がスタート。まだゲットしていない方は、ぜひこの機会にチェックしてほしい。

■「MAGiC BOYZワンマンライブ2017春 〜大漁祭〜」

4月30日(日) 東京 TSUTAYA O-EAST
開場13:00 / 開演14:00
出演者:MAGiC BOYZ
ゲスト:原田喜照、DJみそしるとMCごはん、DOTAMA
オープニングアクト:ヤマ電サイファー

<チケット>
料金:オールスタンディング 4,800円(税込)
受付期間:4月15日(土)10:00〜
■ローソンチケット 受付URL
http://l-tike.com/magic-b/
TEL受付:0570-084-003(Lコード:76838)
■チケットぴあ 受付URL
http://w.pia.jp/t/magicboyz-t/
TEL受付:0570-02-9999(Pコード:323-802)
■イープラス 受付URL
http://eplus.jp/magic-boyz/
※3歳以上はチケットが必要となります。
※別途ドリンク代500円(税込)が必要となります。
※整理番号順のご入場となります。

【関連リンク】
MAGiC BOYZ オフィシャルHP
MAGiC BOYZ、仲間との絆を描いた新曲「3.141592」MV公開
MAGiC BOYZ、コラボ3曲目は甲州弁でずら♪ずら♪歌うずら!
MAGiC BOYZ、コラボ曲第2弾は餓鬼レンジャーとお金持ちに!?

【関連アーティスト】
DJみそしるとMCごはん, DOTAMA, MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1