歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年04月10日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
M!LK、板垣瑞生と佐野勇斗が『GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER』にモデルとして出演決定
Mon, 10 Apr 2017 20:00:00 +0900
『GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER』ロゴ (okmusic UP\'s)

5月3日(水・祝)に国立代々木競技場第一体育館で開催される日本最大級のファッション&音楽イベント『マイナビ GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER』に、M!LKの板垣瑞生と佐野勇斗がモデルとして出演することが発表された。

【その他の画像】M!LK

板垣は2016年4月・10月にM!LKとしてアーティスト出演したが、モデルとしては今回が初出演となる。一方、佐野は過去2回のM!LKとしての出演に加え、2016年7月に開催された『Girls Summer Festival by GirlsAward』にモデル出演して以来、今回が2度目の出演だ。

なお、板垣は今年1月から放送されたNHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』に皇子チャグム役として出演。シーズン3への出演も決定しており、佐野も今秋公開の映画『ミックス。』への出演が決定するなど、話題を集めている。

現在、全国5大都市をまわる2ndワンマンツアー『Mow Mow DREAM〜超B!Gな牛になりたい〜』を開催中のM!LK。4月30日に開催される追加公演の東京国際フォーラムホールCを含む全公演のチケットは即完し、4月30日正午には待望のオフィシャルファンクラブ『PREMIUM MILK』が発足。5月10日には6枚目のシングル「テルネロファイター」がリリースされるなど、その勢いが止まる事を知らないM!LKから今後も目が離せない。

■『マイナビ GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER』公式HP
http://girls-award.com/

■『マイナビ GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER』

5月03日(水・祝)  国立代々木競技場第一体育館

■シングル「テルネロファイター」

2017年5月10日(水)発売
【TYPE-A】
ZXRC-1107/¥1,000+税
<収録曲>
M1 テルネロファイター
M2 サンキュー! N・D・K!
【TYPE-B】
ZXRC-1108/¥1,000+税
<収録曲>
M1 テルネロファイター
M2 ボクノアカシ
【TYPE-C】
ZXRC-1109/¥1,000+税
<収録曲>
M1 テルネロファイター
M2 桜咲く頃には

【関連リンク】
M!LK オフィシャルHP
M!LK、ツアー東京公演にて新曲「テルネロファイター」MV解禁
M!LKのファンクラブ 「PREMIUM MILK」が4月30日に発足
M!LK、ニューシングル「テルネロファイター」リリース決定

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, イベント

BUCK-TICK、10月から始まるツアー『THE DAY IN QUESTION 2017』の日程を解禁
Mon, 10 Apr 2017 19:00:00 +0900
BUCK-TICK (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKが10月から行なうツアー『THE DAY IN QUESTION 2017』の日程が明らかになった。

【その他の画像】BUCK-TICK

2001年以来、12月29日の日本武道館公演を中心に行なわれてきた『THE DAY IN QUESTION』。代表曲からレアな曲まで、アルバムのリリースに伴うツアーでは聴けない選曲で、毎回瞬時にソールドアウトしチケット争奪戦と化しているライヴが、今回はツアーとなって全国で開催される。

9月23日・24日に行なわれるデビュー30周年を祝う野外ライヴ『BUCK-TICK 2017 “THE PARADE"〜30th anniversary〜』に続き、全国各地で30周年を祝うライヴになることだろう。

『THE DAY IN QUESTION 2017』の詳細は7月上旬に発表とのことなので、オフィシャルHPを随時チェックしよう。

先日発表になった劇場映画作品『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』の公開、それにともなった1992年の『Climax Together』を完全収録したライヴCDの発売と、まだまだ発表されそうなBUCK-TICKの30周年プロジェクト。続報を楽しみに待とう!

■『THE DAY IN QUESTION 2017』

10月21日(土) 埼玉:大宮ソニックシティ 大ホール
10月29日(日) 神奈川:川崎市スポーツ・文化総合センター
11月04日(土) 石川:本多の森ホール
11月11日(土) 兵庫:神戸国際会館こくさいホール
11月12日(日) 京都:ロームシアター京都(京都会館) メインホール
11月18日(土) 栃木:栃木県総合文化センター メインホール
11月23日(木・祝) 宮城:仙台銀行ホール イズミティ21
11月26日(日) 北海道:わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
12月02日(土) 大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
12月03日(日) 大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
12月07日(木) 愛知:日本特殊陶業市民会館フォレストホール(旧:名古屋市民会館)
12月08日(金) 香川:サンポートホール高松 大ホール
12月10日(日) 広島:広島上野学園ホール
12月16日(土) 熊本:熊本県立劇場 演劇ホール
12月17日(日) 福岡:福岡サンパレスホテル&ホール
12月23日(土・祝) 群馬:高崎アリーナ
12月28日(木) 東京:日本武道館
12月29日(金) 東京:日本武道館
※日程・会場以外の詳細は7月上旬発表予定

■『BUCK-TICK 2017 “THE PARADE"〜30th anniversary〜』

『BUCK-TICK 2017 “THE PARADE"〜30th anniversary〜 FLY SIDE』
9月23日(土・祝)  お台場野外特設会場J地区
開場:15:30(予定) 開演:17:30(予定)

『BUCK-TICK 2017 “THE PARADE"〜30th anniversary〜 HIGH SIDE』
9月24日(日)  お台場野外特設会場J地区
開場:15:30(予定) 開演:17:30(予定)

<チケット>
一般発売日:2017年6月24日(土)AM10:00〜
■1日券・オールスタンディング(ブロック指定・整理番号付)
¥10,000(税込)
■2日通し券・オールスタンディング(ブロック指定・整理番号付)
¥18,919(税込)
※5歳未満入場不可
※雨天決行/実行不可能な荒天の場合は中止

【関連リンク】
BUCK-TICK オフィシャルHP
BUCK-TICK、デビュー30周年を記念して劇場映画作品を6月に公開! ライブCDの発売も!
BUCK-TICK、再生アクセサリーの売り上げ一部を熊本への義援金として寄付
BUCK-TICK、武道館公演を収めた最新映像作品の本編ダイジェストを公開

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

シド、日本武道館2daysが両日完売! シングル「バタフライエフェクト」JK写公開も
Mon, 10 Apr 2017 18:15:00 +0900
シングル「バタフライエフェクト」【初回生産限定盤A】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

シドが5月12日(金)、13日(土)の2日間にわたって日本武道館で開催するワンマンライブのチケットが、両日ともにソールドアウトとなった。

【その他の画像】シド

今回開催される日本武道館2daysは、シドのワンマン公演としては実に1年7カ月ぶり。また本公演はそれぞれ、5月12日(金)は『夜更けと雨と』、5月13日(土)は『夜明けと君と』と題され、シド史上初のコンセプトライブとなるとのこと。運よくチケットを購入できたファンは当日を楽しみに待とう。

そしてその日本武道館公演に先駆け、5月10日(水)にリリースされるニューシングル「バタフライエフェクト」のジャケット写真も公開となった。今回公開されたジャケット写真は初回生産限定盤A、初回生産限定盤B、通常盤の計3形態。さらにシングル購入者特典も発表されたので、是非チェックしておこう。

なお、4月14日(金)放送のTOKYO FM/JFN系列『やまだひさしのラジアンリミテッドF』にて、新曲「バタフライエフェクト」のフル音源が初オンエアされるので、こちらもお聴き逃し無く。

■『シド 日本武道館公演 2017』

『夜更けと雨と』
5月12日(金) 日本武道館
開場 17:30 / 開演 18:30
※SOLD OUT!

『夜明けと君と』
5月13日(土) 日本武道館
開場 16:00 / 開演 17:00
※SOLD OUT!

■シングル「バタフライエフェクト」

2017年5月10日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
KSCL-2909/2910/¥1,500+税
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
KSCL-2911/2912/¥1,500+税
【通常盤】(CDのみ)
KSCL-2913/¥800+税
<収録内容>
■CD(全タイトル共通)
1.バタフライエフェクト
2.バタフライエフェクト ?Instrumental-
■初回生産限定盤A DVD
「バタフライエフェクト」Music Video
「バタフライエフェクト」Photo Session/Music Videoメイキング映像
■初回生産限定盤B DVD
「バタフライエフェクト」Music Video
スペシャルインタビュー映像

◎購入者特典
ニューシングル「バタフライエフェクト」をお買い上げ頂いた方に、シド 『バタフライエフェクト』 B3ポスター(全5種)をプレゼントいたします。
※1枚お買い上げにつき、ポスターをランダムで1枚プレゼントいたします。
※「バタフライエフェクト」は計3形態ございます。どれをお買い上げでもポスターは5種類のうち1枚をお渡しいたします。
※ポスターの絵柄は店頭ではお選び頂けませんので、ご了承ください。
※数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/sid/shoplist/170510/

【関連リンク】
シド オフィシャルHP
シド、日本武道館にて行なうコンセプトライブ2daysの一般発売がいよいよスタート!
シド、ニューシングル「バタフライエフェクト」のビジュアルが解禁
AKi、ソロツアーを収めたDVDリリース決定&6月に東名阪ツアーを開催!

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

流されがちな毎日に“待った!”をかけてくれる5曲
Mon, 10 Apr 2017 18:00:00 +0900
「大人の言うことを聞け」収録アルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol. 4』/NakamuraEmi (okmusic UP\'s)

いろんなことが終わったり始まったり、いつも以上に何かと慌ただしいのが春ですが、そんな中でもいっぱいいっぱいにはならないようにしたいなと思う今日この頃。自分のことばかりで人にやさしくできないのは嫌だし、他人の目を気にしすぎて本心が言えないのも健全ではないので、なるべく、フラットでいたいものです。政治の話も普通にしたらいい。未来がどうでもいいわけじゃないし、税金を納めているわけだし。協調性も大事だけど、無関心は恐い。テキトーに生きたくない。…なんてなことを思う時に聴きたくなる5曲です。

【その他の画像】音速ライン

■1.「大人の言うことを聞け」(\'17)/NakamuraEmi

愚直に自分と向き合い続けるシンガーソングライター、NakamuraEmi。「大人の言うことを聞け」はメジャー2ndアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』のリード曲です。タイトルで全てを判断せずに、まずは聴いてほしい! 真のメッセージが伝わった時には、もう胸が熱くなっているはずだから。主体性を持つことの大切さ、思い出せます。最近の若手ロックバンドなんかよりもよっぽどズバッと核心を突いていて、とても気持ちのいい歌。彼女の歌うことは信用できる。

■2.「ガストロンジャー」(\'99)/エレファントカシマシ

デビュー30周年に合わせて『All Time Best Album THE FIGHTING MAN』がリリースされたばかりなので、改めてプッシュ! 1990年代の最後に宮本浩次(Vo)が放ったメッセージ…例えば《お前正直な話率直に言って日本の現状をどう思う?》《もっと力強い生活をこの手に!》は、本人もベスト盤の推し曲のひとつに挙げているだけあって、2017年の今日でもまだまだ響くんです。“納得いかないことにはちゃんと声あげようぜ”っていう、実は至極当たり前のことを歌った名曲。

■3.「Beep! Beep!」(\'16)/グッドモーニングアメリカ

“音楽に政治を持ち込むな!”みたいな偏った考えも飛び交いがちですが(日本だけ?)、そんな中にあっても疑問に感じたことを歌う、曲にする人のほうが好きだし、表現者として真っ当だと思います。「コピペ」という曲だったり、グドモは時代の不穏なムードを切り取るのが上手い。ここで聴こえてくるのは、誰もが漠然とは分かっている現状。“Beep!”は警笛などの“ビーッ”という音のこと。“ビーッ”で思い出したけど、ザ・クロマニヨンズの「B&K」もいい警鐘ソングです。

■4.「だってネットに載ってたもん」(\'16)/音速ライン

クラウドファンディングで制作したアルバム『鋼鉄の魔法使い』に収録。クリエイターの箭内道彦が作詞を手がけた、最高にシニカルなロックナンバーです。“ネットに載ってた”に、“だって”と“もん”が付くことで際立つ幼稚さがエグい(笑)。音速ラインならではのセンチメンタルで美しいメロディーでありながら、この仕上がりは面白いなと。フェイクニュースも多く、ネットリテラシーが求められる時代だけに、刺さりまくりますね。自分の目で見たものを信じたい!

■5.「伝言ゲーム」(\'13)/ハルカトミユキ

こちらもシニカルでポップな、ハルカトミユキの初期ナンバー。今の世の中にあふれる同調主義とか匿名批判とかを上手く抉った楽曲で、最近のライヴではピッチを上げてよりカッコ良くなっています。《協調性が大事ですから 前ならえして並びましょう 足並み揃えられない人は 廊下に立ってろ》なんて、行きすぎた愛国心みたいな話にもつながるようなテーマでめっちゃタイムリーに聴けるはずなので、自分らしさを取り戻したい人はぜひ! グランジ感のあるコード進行も素敵です。

【関連アーティスト】
音速ライン, エレファントカシマシ, グッドモーニングアメリカ, ハルカトミユキ, NakamuraEmi
【ジャンル】


井上陽水、数々の名曲で魅せるコンサートツアーがついに開幕
Mon, 10 Apr 2017 17:00:00 +0900
井上陽水 (okmusic UP\'s)

井上陽水のコンサートツアー『井上陽水 コンサート2017 "Good Luck!"』が、4月8日(土)の福島県いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール公演よりスタートした。

【その他の画像】安全地帯

初日から万雷の拍手で迎えられた本公演は、「この頃、妙だ」「青空、ひとりきり」など、前半部分はここ数年とは異なるナンバーが中心となる構成で開幕。

『今年、安全地帯はデビュー35周年らしいので…』と語り、安全地帯に歌詞提供した「ワインレッドの心」をボサノヴァテイストのアレンジで魅力たっぷりに披露したのち、NHK『ブラタモリ』福島編での思い出を語りながら披露された「女神」「瞬き」では、地元いわきのファンから一段と大きな歓声があがった。また後半では「リバーサイド ホテル」「氷の世界」など、ヒット曲が惜しみもなく披露され、大きな盛りあがりを見せた。

アンコールでは2月に最新デジタルリマスター音源でシングルとして再リリースされ注目を集めている「夢の中へ」や「アジアの純真」で会場は総立ちに。最後は井上陽水、玉置浩二、日本の音楽シーンの孤高の天才2人によって作られた「夏の終りのハーモニー」でコンサートは幕を閉じた。再来年デビュー50周年を迎える井上陽水は、これからますます精力的に活動していきそうだ。

■『井上陽水 コンサート2017 ″Good Luck!』

4月08日(土)  いわき芸術文化交流館
4月09日(日)  やまぎんホール(山形県県民会館)
4月13日(木)  ウェスタ川越
4月23日(日)  久留米シティプラザ
4月24日(月)  長崎ブリックホール
4月28日(金)  栃木県総合文化センター
5月06日(土)  千葉県文化会館
5月11日(木)  人見記念講堂
5月12日(金)  人見記念講堂
5月18日(木)  フェスティバルホール
5月19日(金)  フェスティバルホール
5月21日(日)  レクザムホール(香川県県民ホール)
5月27日(土)  ニトリ文化ホール
5月29日(月)  北見市民会館
5月30日(火)  釧路市民文化会館
6月04日(日)  富士市文化会館ロゼシアター
6月09日(金)  岩手県民会館
6月11日(日)  青森市文化会館
6月12日(月)  大館市民文化会館
6月16日(金)  新潟県民会館
6月24日(土)  三原市芸術文化センター ポポロ
6月25日(日)  周南市文化会館

【関連リンク】
井上陽水 オフィシャルHP
井上陽水、40年以上の時空を超えて「夢の中へ」リマスター音源リリース
井上陽水、「夢の中へ」のボーナストラック&スタジオ動画公開
井上陽水、撮影場所不明のジャケ写の謎が明らかに!?

【関連アーティスト】
安全地帯, 井上陽水
【ジャンル】
J-POP, ライブ

岩手県大船渡の復興イベントにBRAHMAN、MONOEYES、10-FEET、マンウィズが集結
Mon, 10 Apr 2017 16:00:00 +0900
4月9日@キャッセン大船渡・モール&パティオ(MAN WITH A MISSION) (okmusic UP\'s)

2017年4月末に岩手県大船渡市津波復興拠点整備事業区域内の商業施設としてオープンする『キャッセン大船渡』。そのプレオープンとして大船渡市と縁のあるアーティスト4組が集結し、2日間の復興イベントが開催された。

【その他の画像】BRAHMAN

このイベントに集まったのはBRAHMAN、MONOEYES、10-FEET、MAN WITH A MISSIONの4組。震災から6年、未だ復興が完全には出来てはいない大船渡市の真ん中には約8000人の来場者が全国から詰めかけ、各アーティスト達の熱いライブで復興への新たな力を感じながら楽しんだ2日間となった。

Photo by @HayachiN

■『andNEXT KESSEN OFUNATO Stage “ONE"』

4月08日(土) キャッセン大船渡・モール&パティオ 
4月09日(日) キャッセン大船渡・モール&パティオ 
<出演アーティスト>
■4月8日(土)
BRAHMAN / MONOEYES
■4月9日(日)
MAN WITH A MISSION / 10-FEET

【関連リンク】
『andNEXT KESSEN OFUNATO Stage “ONE"』オフィシャルHP
MAN WITH A MISSION、ツアーのさらなる追加公演&ヨーロッパ公演が決定
BRAHMAN featuring KO (SLANG)、話題の「守破離」MV完全版が解禁
BRAHMAN、"4分割縦型"の「不倶戴天」MVティザーを期間限定公開!

【関連アーティスト】
BRAHMAN, 10-FEET, MAN WITH A MISSION, MONOEYES
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

9mm Parabellum Bullet、アルバムSPサイト開設&新曲「ガラスの街のアリス」初OA決定
Mon, 10 Apr 2017 15:00:00 +0900
9mm Parabellum Bullet (okmusic UP\'s)

9mm Parabellum Bulletが5月10日にリリースする7thアルバム『BABEL』のスペシャルサイトが開設された。

【その他の画像】9mm Parabellum Bullet

スペシャルサイトではニューアルバムの情報はもちろん、メディア情報やツアー日程など『BABEL』の情報を網羅する事ができる。4月15日には『BABEL』を聴いたアーティストを始め、さまざまな関係者からのコメントを公開する予定との事だ。

また、アルバムのリード曲「ガラスの街のアリス」が4月13日のTOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』にて初オンエア、4月20日にはOFFICIAL YOUTUBE CHANNELにてミュージックビデオが公開となる。そして、既に先行配信している「眠り姫」に続き、21日より「ガラスの街のアリス」の先行配信リリースが各音楽配信サイトにてスタートする。

さらに、各レコードショップ別オリジナル特典として、ショップ毎にデザインが異なるオリジナルイラストステッカーが付属する事も発表! 気になる方はこちらも是非チェックしてほしい。

■アルバム『BABEL』スペシャルサイト 
http://9mm.jp/7th_album

■「眠り姫」MV
https://www.youtube.com/watch?v=syzs_9fmlnI

■アルバム『BABEL』

2017年5月10日発売
【初回限定盤 Special Edition】(CD+DVD+スコアブック)
COZP-1326〜8/¥6,481+税
※スコアブック:メンバー監修『BABEL』バンドスコア
【初回限定盤】(CD+DVD)
COZP-1308〜9/¥3,333+税
【通常盤】(CDのみ)
COCP-39909/¥2,593+税
【アナログ盤】(LP+ダウンロードカード)
COZA-1320〜1/¥3,333+税
<収録内容>
■CD(全形態共通)
1. ロング・グッドバイ
2. Story of Glory
3. I.C.R.A
4. ガラスの街のアリス
5. 眠り姫
6. 火の鳥
7. Everyone is fighting on this stage of lonely
8. バベルのこどもたち
9. ホワイトアウト
10.それから
■DVD
・「TOUR 2016 “太陽が欲しいだけ"」 16.11.05 At 豊洲PIT
1.太陽が欲しいだけ
2.Discommunication
3.モーニングベル
4.インフェルノ
5.ロンリーボーイ
6.スタンドバイミー
7.反逆のマーチ
8.Lost!!
9.The Revolutionary
10.生命のワルツ
11.Talking Machine
・ボーナストラック『BABEL』レコーディングドキュメンタリー

◎全形態共通封入特典有り

■【ライブ情報】

『9mm Parabellum Bullet "TOUR OF BABEL"』
6月11日(日)  神奈川県民ホール 大ホール [横浜]
6月18日(日)  神戸国際会館こくさいホール [神戸]
6月25日(日)  日本特殊陶業市民会館(ビレッジホール) [名古屋]

『オフィシャルモバイサイト[9mm MOBILE]会員限定ライブ
「9mm Parabellum Bullet"TOUR OF BABEL II"」』
7月02日(日)  昭和女子大学人見記念講堂 [東京]

【関連リンク】
9mm Parabellum Bullet オフィシャルHP
9mm Parabellum Bullet、ニューアルバムから「眠り姫」MV公開&先行配信開始
9mm Parabellum Bullet、『ベルセルク』OPを再び書き下ろし!
9mm Parabellum Bullet、ニューアルバム『BABEL』のジャケット&新アーティスト写真公開

【関連アーティスト】
9mm Parabellum Bullet
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LOVE PSYCHEDELICO、ニューアルバムプレビューライブの模様をGYAO! MUSIC LIVEにて生配信
Mon, 10 Apr 2017 14:00:00 +0900
『How is your Love?』告知画像 (okmusic UP\'s)

4月17日(月)にLOVE PSYCHEDELICOがEX THEATER ROPPONGIで開催する、「NEW ALBUM PREVIEW LIVE『How is your Love?』」の模様がGYAO! MUSIC LIVEで生配信されることが決定した。

【その他の画像】LOVE PSYCHEDELICO

現在4年振り7作目のアルバムリリースへ向けて制作を続けているLOVE PSYCHEDELICO。4月17日(月)19:30からスタートする本ライブでは、既に公開中のトレーラー映像でイントロ部分を一部聴くことができる「Might fall in Love」や、バンド編成では初披露となる「This moment」をはじめとした、ニューアルバムに収録される新曲が数曲初披露される予定との事。アルバムリリース前にプレビューライブを行なうのは、活動史上初の試みとなる。さらに、「Your Song」や「Freedom」といった代表曲といえる楽曲が組み込まれた本ライブは、結成20年を迎え唯一無二のジャンルを築くLOVE PSYCHEDELICOの“これまで"と“これから"を楽しむことができる一夜になること間違いない。

■GYAO! MUSIC LIVE
「LOVE PSYCHEDELICO NEW ALBUM PREVIEW LIVE『How is your Love?』」
配信日時:4月17日(月) 19:30〜
https://gyao.yahoo.co.jp/music-live/

■「LOVE PSYCHEDELICO NEW ALBUM PREVIEW LIVE『How is your Love?』」

4月17日(月)  EX THEATER ROPPONGI
開場/開演:18:30/19:30
<料金>
アリーナスタンディング 前売り:¥5,000
スタンド 指定 前売り:¥6,000
※税込・別途入場時に1ドリンク代 ¥500を頂きます。

【関連リンク】
LOVE PSYCHEDELICO オフィシャルHP
LOVE PSYCHEDELICO、新曲「Place Of Love」が映画『昼顔』の主題歌に決定
LOVE PSYCHEDELICO、新アルバムのプレビューライブ開催&レコーディング映像大公開
THE BAWDIES、2年ぶり&通算6枚目のフルアルバムのタイトルは『NEW』

【関連アーティスト】
LOVE PSYCHEDELICO
【ジャンル】
ジャパニーズロック

布袋寅泰、35周年を記念した日本武道館公演が映像作品&CD化!
Mon, 10 Apr 2017 13:00:00 +0900
布袋寅泰 (okmusic UP\'s)

布袋寅泰35周年アニバーサリープロジェクトの最後を飾った「Climax Emotion 〜35 Songs from 1981-2016」最終日の日本武道館公演を映像化した「Climax Emotions 〜Live at 武道館〜」の発売が6月28日(水)に決定した。

【その他の画像】布袋寅泰

この作品は、2016年12月30日(金)日本武道館で行なわれた「Climax Emotions 〜35 Songs from 1981-2016〜」を完全収録したもの。

「SUPERSONIC GENERATION」からスタートしたライブは、"Climax Emotions"の名に偽りのない盛り上がりを見せ、魂のこもった演奏で次々にヒット曲を畳み掛けていく。しかし、単なるヒットパレードにとどまらない究極の選曲からは、常に革新性を求め、時代に挑戦し続けてきたアーティストとしての覚悟と自信が垣間見える。

怒涛のロックチューンからソロでは初めてプレイした「DANCING IN THE PLEASURE LAND」、聴かせるバラード、ときにギタープレイを思いっきり堪能できるインストゥルメンタル曲を挟み、「バンビーナ」「POISON」「スリル」といった大ヒットシングルから観客の大合唱が鳴り響くダブルアンコールまで、長丁場にもかかわらず、観るものをぐいぐいと惹きこませる圧巻のステージ。

BO?WY、COMPLEX時代を含む、現在までに発表された全楽曲の中から厳選した35曲を収録したこの作品は集大成ではなく、さらなる未来をも期待させる感動の永久保存盤と言っても過言ではない。

また、初回限定盤には2016年一年間の布袋を追い続けた貴重なドキュメンタリー・ロードムービー映像をパッケージ。アーチスト活動35周年アニバーサリープロジェクトとして敢行された8つのLIVEプロジェクト、原点であるライブハウスを巡った【BEAT1】、国立代々木競技場 第一体育館と大阪城ホールにてソロデビューLIVEを再現した【BEAT2】、高崎で行なった自身初のフリーライブ【BEAT3】、“笑顔と感動"を与えた東北ツアー【BEAT4】、アメリカ進出の第一歩、ロサンゼルスとニューヨークでのLIVE公演【BEAT5】、5年ぶりに出演したRISING SUN ROCK FESTIVAL【BEAT6】、24箇所26公演の全国ホールツアー「Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜」【BEAT7】、そして、全楽曲の中から35曲を厳選、披露した【BEAT8】「Climax Emotions 〜35 Songs from 1981-2016〜」、世界を駆け巡った1年の舞台裏に迫る作品だ。

合わせて、2007年にリリースした『MTV UNPLUGGED』以来10年ぶりとなる、ライブCDの同時発売が決定。映像作品と同じく、12月30日(金)日本武道館で行なわれた「Climax Emotion 〜35 Songs from 1981-2016」を完全収録。ファンと布袋にとって様々な思い出がある“日本武道館"でのライブ音源は感涙ものに違いない。

■【リリース情報】

「35th ANNIVERSARY LIVE BD/DVD/CD Climax Emotions 〜Live at 武道館〜」
2017年6月28日(水)発売
【Blu-ray】
■初回限定盤(Blu-ray 3枚組)
TYXT-19010/2/¥7,870+税
■通常盤(Blu-ray 2枚組)
TYXT-10032/3/¥6,400+税
【DVD】
■初回限定盤(DVD 3枚組)
TYBT-19020/2/¥6,944+税 
■通常盤(DVD 2枚組)
TYBT-10047/8/¥5,400+税
【CD】(3枚組)
TYCT-60102/4/¥3,241+税
<収録曲>(BD/DVD/CD共通)
1. SUPERSONIC GENERATION
2. B.Blue
3. RADIO!RADIO!RADIO!
4. BAD FEELING
5. BE MY BABY
6. CIRCUS
7. DANCING IN THE PLEASURE LAND
8. さよならアンディ・ウォーホル
9. CAPTAIN ROCK
10. 命は燃やしつくすためのもの
11. Stereocaster
12. YOU
13. ANGEL WALTZ
14. 薔薇と雨
15. HOWLING
16. CLOUDY HEART
17. MILK BAR P.M.11:00
18. UPSIDE-DOWN
19. GOOD SAVAGE
20. BEAT EMOTION
21. PRISONER
22. さらば青春の光
23. バンビーナ
24. POSION
25. スリル
26. MERRY-GO-ROUND
27. Marionette
28. 恋を止めないで
29. Dreamin\'
30. FLY INTO YOUR DREAM
31. 8 BEAT のシルエット
32. RUSSIAN ROULETTE
33. GLORIOUS DAYS
34. NOBODY IS PERFECT
35. LONELY★WILD
◎BD/DVD初回限定盤付属
2016年間通して敢行された35周年アニバーサリープロジェクト「8 BEATのシルエット」を通して布袋を一年間追い続けたドキュメンタリー・ロードムービー映像作品

【関連リンク】
布袋寅泰 オフィシャルHP
布袋寅泰、全開の「POISON」ライヴ映像をGYAO!で1週間限定公開!
布袋寅泰、ユーロツアーに続き5月より初のアジアツアー開催を発表
布袋寅泰、“歌える”ギターソロ映像を公開!

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
ジャパニーズロック

THE STARBEMS、ツアーファイナルでミニアルバム発売を発表
Mon, 10 Apr 2017 12:00:00 +0900
THE STARBEMS (okmusic UP\'s)

THE STARBEMSが6月7日(水)にミニアルバムをリリースすることを発表した。同時に新ヴィジュアルもWEB上で公開された。

【その他の画像】THE STARBEMS

全国15ヶ所を巡る全国ツアー「Feast The Beast LIVE 2017」のファイナル・札幌公演のライブMCでボーカル日高央が、「ツアーはファイナルだけどバンドは休むことなく新作を発表します!」と、現在レコーディング中である事を明かした。

新作は、新曲5曲(予定)+アウトテイク(未発表)5曲(予定)の2枚組のコンセプト・ミニアルバムとして発売される。全国ツアーを廻り、各会場で見た光景や感じた熱気。そんな気持ちが新作に込められている。前作『Feast The Beast』では頑なにこだわらない事が逆にPUNKではないか?!と新たなTHE STARBEMSのサウンドを聴かせてくれたが、今回はどんな世界観をみせてくれるのか楽しみだ。

■ミニアルバム『タイトル未定』 

2017年6月7日発売
TECI-1543/¥2,315+税
収録楽曲は後報

【関連リンク】
THE STARBEMS オフィシャルHP
THE STARBEMS、2年振りのアルバムを11月に発売
日高央とTGMXでブッチャーズ吉村が主催した弾き語りイベントを復活
THE STARBEMS、ライブ納めとなる自主企画イベントの開催を発表

【関連アーティスト】
THE STARBEMS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

怒髪天、新曲「赤ら月」MV公開&シングルリリース記念イベント開催
Mon, 10 Apr 2017 11:00:00 +0900
シングル「赤ら月」【初回限定盤A】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

怒髪天が5月24日に発売するシングル「赤ら月」のジャケット写真、ミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】怒髪天

「赤ら月」は怒髪天の2017年版JAPANESE R&E(リズム&演歌)の真骨頂な表題曲。平成29年の現代に「昭和の決定盤」の要素がたくさん詰まった短編映画のような構成となっており、メンバー全員の迫真の演技にも注目だ。

また、シングル「赤ら月」の発売を記念したイベントも続々と発表された。5月23日には東京・タワーレコード渋谷店 CUTUP STUDIO、5月26日には神奈川・ラゾーナ川崎プラザ、5月27日には、愛知・タワーレコード名古屋パルコ店、大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店、6月5日には北海道・テルミネス広場の全国6カ所で開催される事が決定。詳細は今後オフィシャル特設サイトにて随時発表される。

■「赤ら月」ミュージックビデオ
https://youtu.be/Sd7TjVMLu8I

■シングル「赤ら月」

2017年5月24日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
TECI-558/¥2,200+税
【初回限定盤B】(CD+CD)
TECI-559/¥2,200+税
【通常盤】(CD)
TECI-561/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.赤ら月
2.恋ノ猛毒果実
3.愛のおとしまえ
■初回盤A 特典DVD
2017年1月8日(日)長野CLUB JUNK BOX「2017年新春公演 “謹賀新年、ネオ元旦。2017年は二度明ける。”」全19曲、ノーカット完全収録。
01.酒燃料爆進曲(おめでとうVer)
02.ホトトギス
03.夕暮れ男道
04.オレとオマエ
05.団地でDAN!RAN!
06.喰うために働いて生きるために唄え!
07.蒼き旅烏
08.サムライブルー
09.そのともしびをてがかりに
10.つきあかり
11.DO RORO DERODERO ON DO RORO
12.人生○×絵描きうた
13.マンイズヘヴィ
14.せかいをてきに
15.セイノワ
16.プレイヤーI 
17.歩きつづけるかぎり
EN1. オトナノススメ EN2.実録!コントライフ
■初回盤B 特典CD
昭和歌謡曲カバーミニアルバム
1.ラ・セゾン(歌:増子直純)
2.夏の扉(歌:増子直純)
3.1/2の神話(歌:増子直純、岡本真依(ひめキュンフルーツ缶))
4.絶体絶命(歌:増子直純、谷尾桜子(ひめキュンフルーツ缶))

■怒髪天 ニューシングル「赤ら月」発売記念イベント“バック・トゥ・ザ・ショーワ”

5月23日(火) タワーレコード渋谷店 B1 「CUTUP STUDIO」
集合19:00/開演 19:30 
内容:ミニライブ(バンド編成ライブ)&ハイタッチ会(メンバー4人)
5月26日(金) ラゾーナ川崎プラザルーファ広場 グランドステージ
18:30〜(CD会場販売開始時間 17:00〜)
内容:アコースティックライブ&サイン会(メンバー4人)
5月27日(土) ワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
13:00スタート(12:30 集合)
内容:トークイベント&サイン会(共に増子のみ)
5月27日(土) タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース
19:00スタート(18:30 集合)
内容:トークイベント&サイン会(共に増子のみ)
6月05日(月)札幌 パセオ地下1階 テルミヌス広場
19:00〜
内容:トークイベント&サイン会(増子のみ)
※福岡、東京は後日追加発表の予定あり。

【関連リンク】
怒髪天 オフィシャルHP
日本武道館のバトンをつなぐ、ベテランバンドたちの名曲5選
怒髪天、afoc等が出演するインペリアルレコード主催イベントのPRキャラが誕生
怒髪天、ひめキュンとのコラボ曲も収録するニューシングルのリリースを発表

【関連アーティスト】
怒髪天
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SHE\'S、6月にミニアルバム発売&2017年秋東名阪ホールツアー決定
Mon, 10 Apr 2017 00:00:00 +0900
SHE’S (okmusic UP\'s)

2017年3月からスタートしたSHE\'Sの全国10箇所全公演ソールドアウトのファイナル公演が4月9日(日)、東京・赤坂BLITZにて行われた。 そして、ライブ本編が終了し、アンコールで登場したKey.&Vo.井上竜馬の口から2つの嬉しいお知らせが!

【その他の画像】SHE\'S

まずは、6月21日にミニアルバム『Awakening』の発売が決定した。ミニアルバムとしてはインディーズの頃の三部作以来のリリースとなり、メジャーデビュー以降は初となる。タイトルの『Awakening』は“目覚め”という意味で、次のフェーズへ向かう!という強いメッセージが込められている。収録内容はファイナル公演で初披露した「Over You」ほか、全7曲が収録される。ミニアルバム発売決定に併せて、新しいアーティスト写真も解禁された。今作もメジャーデビュー以降の制作陣、アートディレクター:大楠孝太郎、カメラマン:オノツトム、スタイリスト:タカハシエイジによるSHE\'Sらしい、都会的なアーティスト写真に仕上がっている。

そして、もう1つの発表は2017年秋にストリングスを従えたスペシャル編成での初のホールツアーを東名阪で開催する事が明らかとなった。ツアータイトルは“SHE\'S Hall Tour 2017 with Strings 〜after awakening〜”、東京は9月29日(金)&30日(土)草月ホール での2days、名古屋は10月13日(金)愛知・名古屋市芸術創造センター 、ファイナルは大阪で10月14日(土)大阪・立命館いばらきフューチャープラザ グランドホールにて行われる。ストリングスの音が立つ、SHE\'Sの壮大な楽曲の世界観に相応しいライブになることに違いない。

なお、4月9日(日)に行われたファイナル公演のセットリストがApple Music、LINE MUSIC、Spotify、KKBOXなどのストリーミングサービスにて公開されているのでチェックして欲しい。ネクストブレイクの呼び声が高いだけに、2017年はSHE\'Sの動向から目が離せなくなりそうだ。

■ミニアルバム『Awakening』

2017年6月21日発売
TYCT-60099/¥1,700+税
<収録曲>
「Over You」ほか 全7曲収録

■『SHE\'S Hall Tour 2017 with Strings 〜after awakening〜 』

9月29日(金) 東京・草月ホール
9月30日(土) 東京・草月ホール
10月13日(金) 愛知・名古屋市芸術創造センター
10月14日(土) 大阪・立命館いばらきフューチャープラザ グランドホール

<チケット料金>
全席指定¥4,320(税込) 一般発売:7月29日(土)〜[e+/ぴあ/ローチケ]

■SHE\'Sオフィシャル先行
ぴあ 2017年4月9日(日)21:00〜4月17日(月)23:59
受付URL :http://w.pia.jp/t/she-s-of/  PC(スマホ) ・携帯共通
※お申込にはぴあ会員登録(無料)が必要となります、予めご了承ください。
※当選者は、受付期間終了後、厳選なる抽選の上、決定させて頂きます。先着順ではございませんので、期間内に余裕を持ってお申し込みください。

■ツアー特設サイト
http://she-s.info/shes-halltour2017

【関連リンク】
SHE\'S オフィシャルHP
SHE\'S、アルバム曲が松井玲奈×新川優愛W主演映画『めがみさま』の主題歌に
SHE\'S、LINE LIVEにてツアーファイナルの模様を生中継! 重大発表も!?
Ivy to Fraudulent Game、新曲「Dear Fate,」のMVを番場秀一が監督

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
ジャパニーズロック

HOUND DOG、ソールドアウトの東京公演が大盛況
Sun, 09 Apr 2017 14:00:00 +0900
4月8日@東京・豊洲PIT (okmusic UP\'s)

結成37年目に入ったHOUND DOGが4月8日、東京・豊洲PITにて『OUTSTANDING ROCK\'N\'ROLL SHOW 2017 〜Rolling Night〜』を開催した。

【その他の画像】Hound Dog

2017年3月行われた大阪公演はSOLD OUTしており、4月8日の東京公演もSOLD OUTで迎えた会場では、ライブ前から「康平コール」が始まり早くも熱気に包まれた。ヒット曲「BRIDGE〜あの橋を渡るとき〜」「ff」やデビュー曲「嵐の金曜日」はもちろんの事、全22曲を熱くROCK魂全開で披露。大友はMCで「いまだにこんなに沢山のお客さんが集まってくれて、俺たちは、カテゴリーとかそういうものでは無く、ただ熱く生きたかった、熱い音楽がやりたかった、だからお客さんが熱い気持ちでいてくれると最高のステージになります」「いくつになっても熱くなれる、興奮できる、リキむことができる、、、それは皆んなのお陰です」と会場に詰めかけたファンに感謝の言葉を伝えた。「ここに集まってくれた13,000人も7人目のメンバーです(笑)」とジョークを交えた軽快な大友節も健在。2017年の9月には、故郷でもある宮城・仙台にてHOUND DOGの公演を行う約束をして熱い一夜を終えた。

【セットリスト】
01.だから大好きロックンロール
02.DESTINY FUNNY
03.FACE
04.STAY
05.Born To Love You
06.BABY BLUE
07.No More Rock\'n\'Roll
08.ONLY LOVE
09.素顔のままでLovin\' you
10.ROCK ME
11.BRIDGE〜あの橋を渡るとき〜
12.Bad Boy Blues
13.Long Good-Bye
14.OVER HEAT
15.ROAD RUNNER
16.ラスト・ヒーロー
17.ff
〜アンコール〜
En1.STILL!
En1.AMBITIOUS
En2.嵐の金曜日
En3.Last Night Last Time

【関連リンク】
大友康平&HOUND DOG オフィシャルHP
HOUND DOG、大阪2days公演にてチャック・ベリーへ向けて魂の熱唱
HOUND DOG、不屈の闘志で挑んだ150分
HOUND DOG、デビュー35周年記念ライブのセットリストを事前発表!?

【関連アーティスト】
Hound Dog, 大友康平
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

Rhythmic Toy World、5月と7月にワンマンイベントを開催
Sun, 09 Apr 2017 13:00:00 +0900
『超・リズミック祭2017』 (okmusic UP\'s)

Rhythmic Toy Worldが「超・リズミック祭2017」と称し、5月と7月にワンマンイベントを開催することを発表した。

【その他の画像】Rhythmic Toy World

まず5月は、どのバンドよりもいち早く始めた恒例のイベントとなっている「先行視聴会」を全国5都市にて開催。先行試聴会時には“劇団リズミック”と名乗り、初お披露目の新曲をファンと共に試聴しながら、会場を盛り上げる。また、先行試聴会に加えてワンマンライブも実施するという。

7月はイベントタイトルにもあるように「ジキルとハイド」のような楽曲の2面性を活かし、ライブバンドとしての「Rhythmic Toy World」と、Vo.内田の圧倒的な歌唱力に焦点をあてた「RHYTHMIC TOY WORLD」で東名阪にて2日間に分けてワンマンライブを敢行。

まさに、両イベントとも「超・リズミック祭2017」のタイトルにふさわしい、ファンの為に開催するといっても過言ではないイベントとなっている。なお、5月の「Rhythmic Toy World × 劇団リズミック」は、4月8日(土)より各種プレイガイドにて全公演一斉発売開始となり、7月の「ジキルとハイド 〜NO RHYTHMIC NO LIFE〜」のチケット詳細は後日発表されるとのこと。

■『超・リズミック祭2017』

■第一弾「Rhythmic Toy World × 劇団リズミック」
先行試聴会&ワンマンライブ
5月09日(火) 福岡 ・Queblick
5月11日(木) 大阪・心斎橋 AtlantiQs
5月13日(土) 東京・渋谷 CLUB CRAWL
5月24日(水) 愛知・名古屋 ell.SIZE
5月31日(水) 宮城・仙台 FLYING SON
<チケット]>
全公演 前売¥2,000
4月8日(土)10:00〜各種プレイガイドにて全公演一般発売開始。

■第二弾「ジキルとハイド 〜NO RHYTHMIC NO LIFE〜」
<ジキルナイト>
Vo.内田の圧倒的な歌唱力に焦点をあてた“RHYTHMIC TOY WORLD”のワンマンライブ
出演:RHYTHMIC TOY WORLD
<ハイドナイト>
ライブバンドとしての“Rhythmic Toy World”のワンマンライブ
出演:Rhythmic Toy World

【名古屋公演】
DAY1. <ジキルナイト>
7月13日(木)APOLLO BASE
DAY2. <ハイドナイト>
7月27日(木)CLUB UPSET

【大阪公演】
DAY1.<ハイドナイト>
7月14日(金)Live House Pangea
DAY2. <ジキルナイト>
7月28日(金)LIVE SQUARE 2nd LINE

【東京公演】
DAY1. <ジキルナイト>
7月17日(月)TSUTAYA O-Crest
DAY2. <ハイドナイト>
7月31日(月)LIVE HOUSE FEVER

<チケット>
全公演 前売¥2,500
チケット詳細は後日オフィシャルHPにて告知。

【関連リンク】
Rhythmic Toy World オフィシャルHP
LACCO TOWER主催『I ROCKS 2017』の出演アーティスト日割りがついに解禁
Rhythmic Toy World、渋谷CLUB CRAWLで開催する『10本勝負』の7公演の対バンを発表
LACCO TOWER主催『I ROCKS 2017』第一弾出演者発表

【関連アーティスト】
Rhythmic Toy World
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Hilcrhyme、映画『春夏秋冬物語』公開初日に出演者と舞台挨拶
Sun, 09 Apr 2017 12:00:00 +0900
4月8日(土)@東京・角川シネマ新宿 (okmusic UP\'s)

Hilcrhymeの名曲「春夏秋冬」をモチーフにした映画『春夏秋冬物語』が全国の劇場で公開スタートとなり、その記念として公開初日の4月8日(土)にHilcrhymeとドラマパートに出演した葉山奨之、山崎紘菜が登壇する舞台挨拶が行なわれた。

【その他の画像】Hilcrhyme

2016年秋に公開の『Hilcrhyme 10th Anniversary FILM「PARALLEL WORLD」3D』に続く、音楽映画企画第2弾となる本作。2009年に発表した大ヒット・ソング「春夏秋冬」をモチーフに、2016年12月11日に東京ドームシティホールで開催したHilcrhymeのツアーファイナル公演の模様を“現在”として、ライブで披露される“主人公にとって思い出深いHilcrhymeの楽曲”と共に、幼少期から連なる軌跡を切なくノスタルジックに描いていく意欲作に。その主題歌には、「アフターストーリー」は「春夏秋冬」のリリースから約8年後を描いた楽曲が起用されていることもファンには嬉しいところだ。

この日、東京 角川シネマ新宿にて行われた舞台挨拶には、Hilcrhymeに加えてドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』にも出演して話題を呼んだ葉山奨之と、かつて第7回「東宝シンデレラオーディション」で審査員特別賞を受賞した山崎紘菜も登壇。チケット完売の300人が詰めかけた会場の模様は、LINE LIVEでも生中継された。

初日を迎えた今の心境について、HilcrhymeのTOC(MC)が「公開できて感無量です」と笑顔を見せれば、DJ KATSUは「今までにない新しい作品になっているので、楽しみにして観てもらいたいと思います」と、ライブと映画が融合した本作の出来栄えに自信を覗かせる。一方、主人公の板垣修二役を演じた葉山奨之は、「「春夏秋冬」は僕が中学2年の頃に聴いていた楽曲だったので、それを映像化するのが僕でだいじょうぶなのかな……っていう思いもあったんですけど、気合いでがんばりました!」。高木美由役の山崎紘菜は、「色んな人から愛されている曲なので、ファンの方々にどう受け取ってもらえるのか……。すごく不安でした」と、今回の大役に臨む上ではプレッシャーもあったことを吐露した。また、撮影時のエピソードとして、2人は今年の1月末からの撮影だったため、春や夏のシーン撮影では寒くて苦労したことを告白。続いて中学生時代のエピソードを訊かれたHilcrhymeのTOCは、丸坊主で剣道に打ち込んでいたことを明かし、DJ KATSUもサッカー部に所属のわんぱく少年だった時分を回想してファンを喜ばせた。

「Hilcrhymeさんのライブの楽曲と私たちのドラマがひとつになって、時間の流れや季節が愛おしくなるような映画だと思います」(山崎)
「どのタイミングで「春夏秋冬」が流れるのかが見どころです。ぜひ泣いてください!」(葉山)
「ストーリーが進んでいくシーンでもHilcrhymeのインストゥルメンタルがチョイスされているので、その辺りも気にしながら観てもらえると」(DJ KATSU)
「あれから8年経った今、「春夏秋冬」の2人はどうなったのか、その続編として今回の映画主題歌「アフターストーリー」に落とし込んだので、ぜひエンドロールまで楽しんで観ていってください」(TOC)

最後はそれぞれに映画の魅力を語ったが、さらにはサプライズとして4月25日で23歳の誕生日を迎える山崎紘菜をお祝いするため、男性3人が花束をプレゼントする一幕も。花束は「春夏秋冬」をイメージした色合いを選んだらしく、山崎は「本当に聞いてなかったのでビックリしました!この作品に携われて、本当に幸せだなって思いました!」と感激した様子だった。なお、その後は横浜に移動し、イオンシネマ港北ニュータウンでも舞台挨拶を行ったが、Hilcrhymeは4月9日に地元 新潟はユナイテッド・シネマ新潟、16日には兵庫と愛知でも映画『春夏秋冬物語』の舞台挨拶を行なうことが決定している。

■映画『春夏秋冬物語』

2017年4月8日(土)より全国の劇場で公開
監督:園田俊郎
脚本:CRG、Kyse
キャスト:葉山奨之、山崎紘菜、小池由、希志真ロイ、財田ありさ、東加奈子、他
主題歌:Hilcrhyme「アフターストーリー」
上映館情報:
・4月8日(土)〜4月20日(木)
 北海道:ユナイテッド・シネマ札幌
 新潟:ユナイテッド・シネマ新潟
 東京:ユナイテッド・シネマ豊洲
 埼玉:ユナイテッド・シネマ入間
 福岡:ユナイテッド・シネマキャナルシティ13

・4月8日(土)〜4月14日(金)
 東京:角川シネマ新宿
 神奈川:イオンシネマ港北ニュータウン
 愛知:ミッドランドスクエア シネマ
 兵庫:MOVIXあまがさき
 大阪:なんばパークスシネマ
 岡山:イオンシネマ岡山
 千葉:MOVIX柏の葉
 茨城:MOVIXつくば
 埼玉:MOVIX三郷
 静岡:MOVIX清水
 宮城:MOVIX仙台
鑑賞料金:1,800円(税込) ※均一料金(割引対象外)

制作:ディー・ウォーカー
企画・配給:ユニバーサル コネクト
企画・製作:ユニバーサル J
配給協力:KADOKAWA
日本語 / 80分 / カラー / シネマスコープ / 5.1ch
(C)2017 UNIVERSAL MUSIC LLC.

■舞台挨拶付上映会
4月09日(日) 新潟 ユナイテッド・シネマ新潟
※12:00上映後、Hilcrhyme登壇
4月16日(日) 兵庫 MOVIXあまがさき  
※10:00上映後、Hilcrhyme登壇
4月16日(日) 愛知 ミッドランドスクエア シネマ 
※17:00上映後、Hilcrhyme登壇

【関連リンク】
Hilcrhyme オフィシャルHP
Hilcrhyme、地元・新潟で行なった10周年記念ライブにHIKAKINとハローキティが登場
Hilcrhyme、映画『春夏秋冬物語』先行試写会でミニライブ&トークショー
TOC、これまでの道のりを感じさせるツアーファイナル終了

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ, 映画

神聖かまってちゃん、新曲「光の言葉」MVフル公開
Sun, 09 Apr 2017 11:00:00 +0900
神聖かまってちゃん  (okmusic UP\'s)

神聖かまってちゃんが5月24日に発売するシングルに収録される新曲「光の言葉」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】神聖かまってちゃん

MVで女子高生を演じたのは、新人女優、りりか・紅甘・戸畑心・希代彩の4名。暗がりから光を目指して走り続ける、体を張った演技を見せてくれている。

「光の言葉」はCD発売に先駆けて、すでに各音楽配信サイトで楽曲が配信されている。また、 TVアニメ「進撃の巨人」Season 2EDテーマ主題歌「夕暮れの鳥」もTVサイズver.が配信されているので合わせてチェックしてほしい。

■神聖かまってちゃん 特設サイト
http://kamattechan.ponycanyon.co.jp

■「光の言葉」ミュージックビデオfull ver.
https://youtu.be/5zaMdph01ak

■【楽曲配信情報】

「光の言葉」
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1220363244?l=ja&ls=1&app=itunes
■AppleMusic
https://itunes.apple.com/jp/album/id1220363244?l=ja&ls=1

「夕暮れの鳥(TVサイズver.) 」
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1220364787?l=ja&ls=1&app=itunes
■AppleMusic
https://itunes.apple.com/jp/album/id1220364787?l=ja&ls=1

■シングル「夕暮れの鳥/光の言葉 」

2017年5月24日発売
PCCA-04531/¥1,500+税
<収録曲>
M1 夕暮れの鳥
(TVアニメ「進撃の巨人」Season 2EDテーマ主題歌)
M2 光の言葉
M3 男はロマンた?せ?!たけた?君っ(2017新録音ver.)
M4 コンクリートの向こう側へ(2017 最新リマスター)

【関連リンク】
神聖かまってちゃん オフィシャルHP
神聖かまってちゃん、TVアニメ『進撃の巨人』ED曲を担当
神聖かまってちゃんがポニーキャニオンへ電撃移籍を発表
unBORDE all starsの新曲「Feel」が『コカ・コーラ』新CMソングに決定

【関連アーティスト】
神聖かまってちゃん
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Shout it Out、男性限定フリラのOAにロケットボーイズ決定! 「ワンチャン整理券」配布も!
Sat, 08 Apr 2017 21:00:00 +0900
Shout it Out (okmusic UP\'s)

Shout it Outが4月11日(火)に渋谷チェルシーホテルにて開催する、男性限定フリーライブ『シャリラのフリラ episode 3 〜ボーイズ・アー・ノット・デッド〜』に、オープニングアクトとしてロケットボーイズの出演が決定した。

【その他の画像】Shout it Out

また、応募抽選で落選してしまったり、急遽来場できることになった男性に、飛び入り参加できる可能性のある「ワンチャン整理券」を当日配布することもアナウンスされた。整理券の配布に関する詳細は、Shout it Outオフィシャルサイトにてチェックできる。

当日は物販にて、5月7日(日)に東京・TSUTAYA O-WESTで開催される「青年の主張」リリースツアーファイナルのチケットも、枚数限定で販売される。残りわずかとなっているので、この機会をお見逃しなく!

■「ワンチャン整理券」配布について
http://shoutitout.jp/news/1022

■男性限定フリーライブ「シャリラのフリラ episode 3 〜ボーイズ・アー・ノット・デッド〜」

4月11日(火) 渋谷チェルシーホテル
開場18:30/開演19:00
入場無料 (※要ドリンク代 ¥500)

■先行物販実施時間 17:00〜18:00
※5月7日(日)の『青年の主張』リリースツアーファイナルのチケット販売あり
※先行物販に限り、当選者以外でも購入可能 (性別も不問)

【関連リンク】
Shout it Out、男性限定フリーライブを緊急開催決定!
Shout it Out、男性限定フリーライブ開催決定
Shout it Out、アルバム『青年の主張』特設サイト&全曲試聴トレーラー公開
Shout it Out、「青年の主張」全国ラジオ29局でパワープレイ&タワレコのストアプレイ開始

【関連アーティスト】
Shout it Out
【ジャンル】
ジャパニーズロック

超特急、気鋭クリエイターと「gr8est journey」MV制作
Sat, 08 Apr 2017 18:00:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

超特急が4月26日に発売する5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」のカップリング曲「gr8est journey」のMVを、テレビ東京の新番組『○○と新どうが』内でクリエーター・眞鍋海里とタッグを組んで制作することを発表した。

【その他の画像】超特急

同番組はアーティストや俳優など今をときめく表現者が気鋭のクリエーターとタッグを組み、これまでにない新しい形の動画を制作していく内容で構成。番組内では制作過程や撮影風景など見どころ満載で放送される。

シュールで遊び心満載の「超ネバギバDANCE」のミュージックビデオが早くも話題になっている超特急。「gr8est journey」でどんな化学反応が起きるのか期待しておこう。

■シングル「超ネバギバDANCE」

2017年4月26日発売
【SUPER DELUXE EDITION】
ZXRC-1100/¥2,778+税
※Blu-ray付き初回生産完全限定盤
<収録曲>
■CD
「超ネバギバDANCE」
「gr8est journey」
ほか全3曲収録予定
■Blu-ray
国立代々木競技場第一体育館ライブ映像(2016年12月24日)

【SUPER NORMAL EDITION】
ZXRC-1103/¥926+税
<収録曲>
「超ネバギバDANCE」
「gr8est journey」
全2曲収録予定

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、新曲「超ネバギバDANCE」フルMV解禁! 新たに発表された“超ネバギバ企画”とは!?
超特急、渋谷modiのコンセプトカフェにて『超特急超ネバギバサロン』を期間限定オープン
BREAKERZ主催対バンシリーズ『10番勝負』で超特急と激突!

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1