歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年04月09日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
HOUND DOG、ソールドアウトの東京公演が大盛況
Sun, 09 Apr 2017 14:00:00 +0900
4月8日@東京・豊洲PIT (okmusic UP\'s)

結成37年目に入ったHOUND DOGが4月8日、東京・豊洲PITにて『OUTSTANDING ROCK\'N\'ROLL SHOW 2017 〜Rolling Night〜』を開催した。

【その他の画像】Hound Dog

2017年3月行われた大阪公演はSOLD OUTしており、4月8日の東京公演もSOLD OUTで迎えた会場では、ライブ前から「康平コール」が始まり早くも熱気に包まれた。ヒット曲「BRIDGE〜あの橋を渡るとき〜」「ff」やデビュー曲「嵐の金曜日」はもちろんの事、全22曲を熱くROCK魂全開で披露。大友はMCで「いまだにこんなに沢山のお客さんが集まってくれて、俺たちは、カテゴリーとかそういうものでは無く、ただ熱く生きたかった、熱い音楽がやりたかった、だからお客さんが熱い気持ちでいてくれると最高のステージになります」「いくつになっても熱くなれる、興奮できる、リキむことができる、、、それは皆んなのお陰です」と会場に詰めかけたファンに感謝の言葉を伝えた。「ここに集まってくれた13,000人も7人目のメンバーです(笑)」とジョークを交えた軽快な大友節も健在。2017年の9月には、故郷でもある宮城・仙台にてHOUND DOGの公演を行う約束をして熱い一夜を終えた。

【セットリスト】
01.だから大好きロックンロール
02.DESTINY FUNNY
03.FACE
04.STAY
05.Born To Love You
06.BABY BLUE
07.No More Rock\'n\'Roll
08.ONLY LOVE
09.素顔のままでLovin\' you
10.ROCK ME
11.BRIDGE〜あの橋を渡るとき〜
12.Bad Boy Blues
13.Long Good-Bye
14.OVER HEAT
15.ROAD RUNNER
16.ラスト・ヒーロー
17.ff
〜アンコール〜
En1.STILL!
En1.AMBITIOUS
En2.嵐の金曜日
En3.Last Night Last Time

【関連リンク】
大友康平&HOUND DOG オフィシャルHP
HOUND DOG、大阪2days公演にてチャック・ベリーへ向けて魂の熱唱
HOUND DOG、不屈の闘志で挑んだ150分
HOUND DOG、デビュー35周年記念ライブのセットリストを事前発表!?

【関連アーティスト】
Hound Dog, 大友康平
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

Rhythmic Toy World、5月と7月にワンマンイベントを開催
Sun, 09 Apr 2017 13:00:00 +0900
『超・リズミック祭2017』 (okmusic UP\'s)

Rhythmic Toy Worldが「超・リズミック祭2017」と称し、5月と7月にワンマンイベントを開催することを発表した。

【その他の画像】Rhythmic Toy World

まず5月は、どのバンドよりもいち早く始めた恒例のイベントとなっている「先行視聴会」を全国5都市にて開催。先行試聴会時には“劇団リズミック”と名乗り、初お披露目の新曲をファンと共に試聴しながら、会場を盛り上げる。また、先行試聴会に加えてワンマンライブも実施するという。

7月はイベントタイトルにもあるように「ジキルとハイド」のような楽曲の2面性を活かし、ライブバンドとしての「Rhythmic Toy World」と、Vo.内田の圧倒的な歌唱力に焦点をあてた「RHYTHMIC TOY WORLD」で東名阪にて2日間に分けてワンマンライブを敢行。

まさに、両イベントとも「超・リズミック祭2017」のタイトルにふさわしい、ファンの為に開催するといっても過言ではないイベントとなっている。なお、5月の「Rhythmic Toy World × 劇団リズミック」は、4月8日(土)より各種プレイガイドにて全公演一斉発売開始となり、7月の「ジキルとハイド 〜NO RHYTHMIC NO LIFE〜」のチケット詳細は後日発表されるとのこと。

■『超・リズミック祭2017』

■第一弾「Rhythmic Toy World × 劇団リズミック」
先行試聴会&ワンマンライブ
5月09日(火) 福岡 ・Queblick
5月11日(木) 大阪・心斎橋 AtlantiQs
5月13日(土) 東京・渋谷 CLUB CRAWL
5月24日(水) 愛知・名古屋 ell.SIZE
5月31日(水) 宮城・仙台 FLYING SON
<チケット]>
全公演 前売¥2,000
4月8日(土)10:00〜各種プレイガイドにて全公演一般発売開始。

■第二弾「ジキルとハイド 〜NO RHYTHMIC NO LIFE〜」
<ジキルナイト>
Vo.内田の圧倒的な歌唱力に焦点をあてた“RHYTHMIC TOY WORLD”のワンマンライブ
出演:RHYTHMIC TOY WORLD
<ハイドナイト>
ライブバンドとしての“Rhythmic Toy World”のワンマンライブ
出演:Rhythmic Toy World

【名古屋公演】
DAY1. <ジキルナイト>
7月13日(木)APOLLO BASE
DAY2. <ハイドナイト>
7月27日(木)CLUB UPSET

【大阪公演】
DAY1.<ハイドナイト>
7月14日(金)Live House Pangea
DAY2. <ジキルナイト>
7月28日(金)LIVE SQUARE 2nd LINE

【東京公演】
DAY1. <ジキルナイト>
7月17日(月)TSUTAYA O-Crest
DAY2. <ハイドナイト>
7月31日(月)LIVE HOUSE FEVER

<チケット>
全公演 前売¥2,500
チケット詳細は後日オフィシャルHPにて告知。

【関連リンク】
Rhythmic Toy World オフィシャルHP
LACCO TOWER主催『I ROCKS 2017』の出演アーティスト日割りがついに解禁
Rhythmic Toy World、渋谷CLUB CRAWLで開催する『10本勝負』の7公演の対バンを発表
LACCO TOWER主催『I ROCKS 2017』第一弾出演者発表

【関連アーティスト】
Rhythmic Toy World
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Hilcrhyme、映画『春夏秋冬物語』公開初日に出演者と舞台挨拶
Sun, 09 Apr 2017 12:00:00 +0900
4月8日(土)@東京・角川シネマ新宿 (okmusic UP\'s)

Hilcrhymeの名曲「春夏秋冬」をモチーフにした映画『春夏秋冬物語』が全国の劇場で公開スタートとなり、その記念として公開初日の4月8日(土)にHilcrhymeとドラマパートに出演した葉山奨之、山崎紘菜が登壇する舞台挨拶が行なわれた。

【その他の画像】Hilcrhyme

2016年秋に公開の『Hilcrhyme 10th Anniversary FILM「PARALLEL WORLD」3D』に続く、音楽映画企画第2弾となる本作。2009年に発表した大ヒット・ソング「春夏秋冬」をモチーフに、2016年12月11日に東京ドームシティホールで開催したHilcrhymeのツアーファイナル公演の模様を“現在”として、ライブで披露される“主人公にとって思い出深いHilcrhymeの楽曲”と共に、幼少期から連なる軌跡を切なくノスタルジックに描いていく意欲作に。その主題歌には、「アフターストーリー」は「春夏秋冬」のリリースから約8年後を描いた楽曲が起用されていることもファンには嬉しいところだ。

この日、東京 角川シネマ新宿にて行われた舞台挨拶には、Hilcrhymeに加えてドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』にも出演して話題を呼んだ葉山奨之と、かつて第7回「東宝シンデレラオーディション」で審査員特別賞を受賞した山崎紘菜も登壇。チケット完売の300人が詰めかけた会場の模様は、LINE LIVEでも生中継された。

初日を迎えた今の心境について、HilcrhymeのTOC(MC)が「公開できて感無量です」と笑顔を見せれば、DJ KATSUは「今までにない新しい作品になっているので、楽しみにして観てもらいたいと思います」と、ライブと映画が融合した本作の出来栄えに自信を覗かせる。一方、主人公の板垣修二役を演じた葉山奨之は、「「春夏秋冬」は僕が中学2年の頃に聴いていた楽曲だったので、それを映像化するのが僕でだいじょうぶなのかな……っていう思いもあったんですけど、気合いでがんばりました!」。高木美由役の山崎紘菜は、「色んな人から愛されている曲なので、ファンの方々にどう受け取ってもらえるのか……。すごく不安でした」と、今回の大役に臨む上ではプレッシャーもあったことを吐露した。また、撮影時のエピソードとして、2人は今年の1月末からの撮影だったため、春や夏のシーン撮影では寒くて苦労したことを告白。続いて中学生時代のエピソードを訊かれたHilcrhymeのTOCは、丸坊主で剣道に打ち込んでいたことを明かし、DJ KATSUもサッカー部に所属のわんぱく少年だった時分を回想してファンを喜ばせた。

「Hilcrhymeさんのライブの楽曲と私たちのドラマがひとつになって、時間の流れや季節が愛おしくなるような映画だと思います」(山崎)
「どのタイミングで「春夏秋冬」が流れるのかが見どころです。ぜひ泣いてください!」(葉山)
「ストーリーが進んでいくシーンでもHilcrhymeのインストゥルメンタルがチョイスされているので、その辺りも気にしながら観てもらえると」(DJ KATSU)
「あれから8年経った今、「春夏秋冬」の2人はどうなったのか、その続編として今回の映画主題歌「アフターストーリー」に落とし込んだので、ぜひエンドロールまで楽しんで観ていってください」(TOC)

最後はそれぞれに映画の魅力を語ったが、さらにはサプライズとして4月25日で23歳の誕生日を迎える山崎紘菜をお祝いするため、男性3人が花束をプレゼントする一幕も。花束は「春夏秋冬」をイメージした色合いを選んだらしく、山崎は「本当に聞いてなかったのでビックリしました!この作品に携われて、本当に幸せだなって思いました!」と感激した様子だった。なお、その後は横浜に移動し、イオンシネマ港北ニュータウンでも舞台挨拶を行ったが、Hilcrhymeは4月9日に地元 新潟はユナイテッド・シネマ新潟、16日には兵庫と愛知でも映画『春夏秋冬物語』の舞台挨拶を行なうことが決定している。

■映画『春夏秋冬物語』

2017年4月8日(土)より全国の劇場で公開
監督:園田俊郎
脚本:CRG、Kyse
キャスト:葉山奨之、山崎紘菜、小池由、希志真ロイ、財田ありさ、東加奈子、他
主題歌:Hilcrhyme「アフターストーリー」
上映館情報:
・4月8日(土)〜4月20日(木)
 北海道:ユナイテッド・シネマ札幌
 新潟:ユナイテッド・シネマ新潟
 東京:ユナイテッド・シネマ豊洲
 埼玉:ユナイテッド・シネマ入間
 福岡:ユナイテッド・シネマキャナルシティ13

・4月8日(土)〜4月14日(金)
 東京:角川シネマ新宿
 神奈川:イオンシネマ港北ニュータウン
 愛知:ミッドランドスクエア シネマ
 兵庫:MOVIXあまがさき
 大阪:なんばパークスシネマ
 岡山:イオンシネマ岡山
 千葉:MOVIX柏の葉
 茨城:MOVIXつくば
 埼玉:MOVIX三郷
 静岡:MOVIX清水
 宮城:MOVIX仙台
鑑賞料金:1,800円(税込) ※均一料金(割引対象外)

制作:ディー・ウォーカー
企画・配給:ユニバーサル コネクト
企画・製作:ユニバーサル J
配給協力:KADOKAWA
日本語 / 80分 / カラー / シネマスコープ / 5.1ch
(C)2017 UNIVERSAL MUSIC LLC.

■舞台挨拶付上映会
4月09日(日) 新潟 ユナイテッド・シネマ新潟
※12:00上映後、Hilcrhyme登壇
4月16日(日) 兵庫 MOVIXあまがさき  
※10:00上映後、Hilcrhyme登壇
4月16日(日) 愛知 ミッドランドスクエア シネマ 
※17:00上映後、Hilcrhyme登壇

【関連リンク】
Hilcrhyme オフィシャルHP
Hilcrhyme、地元・新潟で行なった10周年記念ライブにHIKAKINとハローキティが登場
Hilcrhyme、映画『春夏秋冬物語』先行試写会でミニライブ&トークショー
TOC、これまでの道のりを感じさせるツアーファイナル終了

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ, 映画

神聖かまってちゃん、新曲「光の言葉」MVフル公開
Sun, 09 Apr 2017 11:00:00 +0900
神聖かまってちゃん  (okmusic UP\'s)

神聖かまってちゃんが5月24日に発売するシングルに収録される新曲「光の言葉」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】神聖かまってちゃん

MVで女子高生を演じたのは、新人女優、りりか・紅甘・戸畑心・希代彩の4名。暗がりから光を目指して走り続ける、体を張った演技を見せてくれている。

「光の言葉」はCD発売に先駆けて、すでに各音楽配信サイトで楽曲が配信されている。また、 TVアニメ「進撃の巨人」Season 2EDテーマ主題歌「夕暮れの鳥」もTVサイズver.が配信されているので合わせてチェックしてほしい。

■神聖かまってちゃん 特設サイト
http://kamattechan.ponycanyon.co.jp

■「光の言葉」ミュージックビデオfull ver.
https://youtu.be/5zaMdph01ak

■【楽曲配信情報】

「光の言葉」
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1220363244?l=ja&ls=1&app=itunes
■AppleMusic
https://itunes.apple.com/jp/album/id1220363244?l=ja&ls=1

「夕暮れの鳥(TVサイズver.) 」
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1220364787?l=ja&ls=1&app=itunes
■AppleMusic
https://itunes.apple.com/jp/album/id1220364787?l=ja&ls=1

■シングル「夕暮れの鳥/光の言葉 」

2017年5月24日発売
PCCA-04531/¥1,500+税
<収録曲>
M1 夕暮れの鳥
(TVアニメ「進撃の巨人」Season 2EDテーマ主題歌)
M2 光の言葉
M3 男はロマンた?せ?!たけた?君っ(2017新録音ver.)
M4 コンクリートの向こう側へ(2017 最新リマスター)

【関連リンク】
神聖かまってちゃん オフィシャルHP
神聖かまってちゃん、TVアニメ『進撃の巨人』ED曲を担当
神聖かまってちゃんがポニーキャニオンへ電撃移籍を発表
unBORDE all starsの新曲「Feel」が『コカ・コーラ』新CMソングに決定

【関連アーティスト】
神聖かまってちゃん
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Shout it Out、男性限定フリラのOAにロケットボーイズ決定! 「ワンチャン整理券」配布も!
Sat, 08 Apr 2017 21:00:00 +0900
Shout it Out (okmusic UP\'s)

Shout it Outが4月11日(火)に渋谷チェルシーホテルにて開催する、男性限定フリーライブ『シャリラのフリラ episode 3 〜ボーイズ・アー・ノット・デッド〜』に、オープニングアクトとしてロケットボーイズの出演が決定した。

【その他の画像】Shout it Out

また、応募抽選で落選してしまったり、急遽来場できることになった男性に、飛び入り参加できる可能性のある「ワンチャン整理券」を当日配布することもアナウンスされた。整理券の配布に関する詳細は、Shout it Outオフィシャルサイトにてチェックできる。

当日は物販にて、5月7日(日)に東京・TSUTAYA O-WESTで開催される「青年の主張」リリースツアーファイナルのチケットも、枚数限定で販売される。残りわずかとなっているので、この機会をお見逃しなく!

■「ワンチャン整理券」配布について
http://shoutitout.jp/news/1022

■男性限定フリーライブ「シャリラのフリラ episode 3 〜ボーイズ・アー・ノット・デッド〜」

4月11日(火) 渋谷チェルシーホテル
開場18:30/開演19:00
入場無料 (※要ドリンク代 ¥500)

■先行物販実施時間 17:00〜18:00
※5月7日(日)の『青年の主張』リリースツアーファイナルのチケット販売あり
※先行物販に限り、当選者以外でも購入可能 (性別も不問)

【関連リンク】
Shout it Out、男性限定フリーライブを緊急開催決定!
Shout it Out、男性限定フリーライブ開催決定
Shout it Out、アルバム『青年の主張』特設サイト&全曲試聴トレーラー公開
Shout it Out、「青年の主張」全国ラジオ29局でパワープレイ&タワレコのストアプレイ開始

【関連アーティスト】
Shout it Out
【ジャンル】
ジャパニーズロック

超特急、気鋭クリエイターと「gr8est journey」MV制作
Sat, 08 Apr 2017 18:00:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

超特急が4月26日に発売する5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」のカップリング曲「gr8est journey」のMVを、テレビ東京の新番組『○○と新どうが』内でクリエーター・眞鍋海里とタッグを組んで制作することを発表した。

【その他の画像】超特急

同番組はアーティストや俳優など今をときめく表現者が気鋭のクリエーターとタッグを組み、これまでにない新しい形の動画を制作していく内容で構成。番組内では制作過程や撮影風景など見どころ満載で放送される。

シュールで遊び心満載の「超ネバギバDANCE」のミュージックビデオが早くも話題になっている超特急。「gr8est journey」でどんな化学反応が起きるのか期待しておこう。

■シングル「超ネバギバDANCE」

2017年4月26日発売
【SUPER DELUXE EDITION】
ZXRC-1100/¥2,778+税
※Blu-ray付き初回生産完全限定盤
<収録曲>
■CD
「超ネバギバDANCE」
「gr8est journey」
ほか全3曲収録予定
■Blu-ray
国立代々木競技場第一体育館ライブ映像(2016年12月24日)

【SUPER NORMAL EDITION】
ZXRC-1103/¥926+税
<収録曲>
「超ネバギバDANCE」
「gr8est journey」
全2曲収録予定

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、新曲「超ネバギバDANCE」フルMV解禁! 新たに発表された“超ネバギバ企画”とは!?
超特急、渋谷modiのコンセプトカフェにて『超特急超ネバギバサロン』を期間限定オープン
BREAKERZ主催対バンシリーズ『10番勝負』で超特急と激突!

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

川本真琴、セルフカバーアルバムのレコーディング風景映像を公開
Sat, 08 Apr 2017 16:00:00 +0900
川本真琴 (okmusic UP\'s)

川本真琴が2016年11月にリリースした、初のピアノ弾き語り&セルフカバーアルバム『ふとしたことです』のレコーディング時の模様をおさめたダイジェスト映像がコロムビアのHPにて公開された。

【その他の画像】川本真琴

また、今回のアルバム収録曲それぞれの制作過程をつぶさにレビューした川本自身の筆による「セルフ・ライナーノーツ」も同時に公開。今回のアルバムの内容がよりビビッドに浮かび上がるガイドとなっている。

4月15日(土)からは全国4都市5公演の弾き語りツアー『惑星』をスタートさせる川本真琴。アルバム『ふとしたことです』を経てさらに進化を遂げた彼女の歌声を楽しめる貴重なライヴとなる。また、6月18日に東京・渋谷で行われる『YATSUI FESTIVAL!2017』にも出場する予定となっている。

■川本真琴 コロムビアHP http://columbia.jp/kawamotomakoto/

■【ライブ情報】

■川本真琴 弾き語りツアー「惑星」
4月15日(土) 福岡県 Space Terra
<出演者>
川本真琴 / 藤井邦博(オープニングアクト)

4月16日(日) 福岡県 UTERO
<出演者>
川本真琴withゴロニャンず

5月13日(土) 沖縄県 Output
<出演者>
川本真琴

5月20日(土) 宮城県 SENDAI KOFFEE CO.
<出演者>
川本真琴 / 澁谷浩次(オープニングアクト)

5月27日(土) 北海道 OYOYO MACHI × ART CENTER SAPPORO
<出演者>
川本真琴

『YATSUI FESTIVAL! 2017』
6月18日(日) TSUTAYA O-EAST/TSUTAYA O-WEST/TSUTAYA O-nest/TSUTAYA O-Crest/duo MUSIC EXCHANGE/7th FLOOR/club asia/VUENOS/GLAD/SOUND MUSEUM VISION / HARLEM PLUS
http://yatsui-fes.com/

【関連リンク】
川本真琴 オフィシャルHP
川本真琴、初の弾き語りツアー『惑星』開催決定
川本真琴、15枚の写真で構成された「ドーナッツのリング」MVを公開
川本真琴の確かな才能を余すところなく詰め込んだデビューアルバム『川本真琴』

【関連アーティスト】
川本真琴
【ジャンル】
J-POP

SKE48、全国ツアー香川公演開催!松井珠理奈が作詞した「花占い」初披露も
Sat, 08 Apr 2017 15:00:00 +0900
4月7日(金)@香川県・サンポート高松大ホール (okmusic UP\'s)

SKE48の全国ツアー『SKE48 47都道府県全国ツアー〜機は熟した。全国へ行こう!〜』の公演が4月7日(金)香川県サンポート高松大ホールにて行なわれた。

【その他の画像】SKE48

2014年11月18日、愛知県豊橋市でスタートを切った本ツアーは今回の香川公演で24回目を数える。開演とともに会場にovertureが鳴り響き、スポットライトを浴びながらメンバーが1人ずつステージに登場。オープニングはSKE48の楽曲の中でもダンスレベル最高峰と称される『Escape』でスタートし、メンバー18人全員でキレのある迫力のダンスパフォーマンスを披露。

香川県出身の?畑結希は「香川県のみんな、ただいま〜!!」と挨拶。SKE48キャプテン斉藤真木子が「SKE48が香川にやってきましたー!みなさんSKE48に会いたかったですかー?」と声をかけると、会場から大きな歓声と拍手が飛び交った。松井珠理奈は、2017年2月に全国ツアー再開の口火を切った千葉公演で、アンコールにサプライズ登場したが、正式なツアーメンバーとしては2015年6月に行った岩手公演(岩手県民会館)以来の参加となり、「前回の千葉公演はサプライズ出演だったのでフルで出るのは久しぶりです。香川県は思い出の場所なんです。だって『ごめんね、SUMMER』のミュージックビデオ撮影で小豆島に来てますから!」とコメント。

ユニットパートでは、北川綾巴・後藤楽々・菅原茉椰ら7人が、SKE48の派生ユニット【ラブ・クレッシェンド】の『今夜はShake it !』を披露。大場美奈・?畑・谷真理佳の3人は『恋よりもDream』をコミカルに歌い上げ、内山命、竹内彩姫、日高優月ら5人はクールなダンスで『Darkness』をパフォーマンス。珠理奈は2月22日に発売されたSKE48の2ndアルバム『革命の丘』に収録された自身初の作詞曲『花占い』をコンサートで初披露した。

トークコーナーでは、香川県出身の?畑結希が進行をつとめ、香川県のご当地キャラクター・うどん脳くん をゲストに交えて、香川名物のうどんに関する質問を斉藤真木子、大場美奈、日高優月に出題するも、質問が難しすぎて正解が出ず…。日高は悶えながらすするも一問も答えられず…で、笑いを誘った。

コンサート終盤は、全メンバーで『不器用太陽』『1!2!3 !4! ヨロシク!』や『アイシテラブル!』などのSKE48人気シングル曲を次々と披露。『そばにいさせて』を歌い本編が終了。

アンコールが始まると、2ndアルバム収録のリード曲『夏よ、急げ!』とSKE48の代表曲『パレオはエメラルド』で会場の盛り上がりはピークを迎え、凱旋コンサートを果した?畑は『地元・香川でツアーをしたいなって思っていた夢が叶って嬉しいです。会場のみなさんに “おかえり” っていってもらえてすごく幸せな気持ちでいっぱいです。それから、SKE48としてステージに立ってみんなに見てもらえて嬉しかったです。またSKE48として香川県に来れるように頑張りたいな!って思いました』と感想を述べると、会場から大きな拍手が起こった。

更に、キャプテンの斉藤にスタッフからメモが渡され、次のツアー開催日程、5月6日(土)滋賀県【滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール】、5月7日(日)奈良県【なら100年会館】の2箇所の予定がサプライズ発表される。「めっちゃ(ツアーが次々に)決まってるやん!」と斉藤がコメントすると、メンバーが「嬉しい!」「すごく楽しみ!!」と次々に喜びを口にした。

最後に珠理奈が「ファンの皆さんやメンバーひとりひとりの熱が伝わったから、こうやってどんどんツアーの場所も決まっていくんだと思います。応援してくださっているファンのみなさん、いつも本当にありがとうございます! いろんな場所でSKE48を観ていただいて、全国の方に愛してもらいたいという気持ちが、ツアーで各地をまわるたびに増えていきます。ミュージックビデオの撮影で香川に来たときに、次は絶対SKE48のメンバーみんなで来たいと思っていたので、こうしてツアーで、SKE48として香川に来れたことを嬉しく思っています」と挨拶し、『僕は知っている』を歌唱し、香川公演の幕を閉じた。

【関連リンク】
SKE48 オフィシャルHP
SKE48、関西コレクションにて新曲パフォーマンス&ランウェイに初挑戦!
SKE48、史上初となる59人のソロコンサートを収めた映像作品を3月29日に発売
SKE48、一風変わったアルバムリリースイベント開催!?

【関連アーティスト】
SKE48
【ジャンル】
女性アイドル, ライブ

バンドハラスメント、新曲「サヨナラをした僕等は2度と逢えないから」MV解禁
Sat, 08 Apr 2017 14:00:00 +0900
バンドハラスメント (okmusic UP\'s)

バンドハラスメントの新曲「サヨナラをした僕等は2度と逢えないから」のMVが公開された。

【その他の画像】バンドハラスメント

「サヨナラをした僕等は2度と逢えないから」は5月3日(水)にリリースされる自身初となる全国流通盤1stミニアルバム『エンドロール』のリード曲。MVはSUPER BEAVER、MY FIRST STORYなど数々の映像作品を手がけてきた池田圭監督が指揮を取っており、鮮やかなままの思い出が言葉とともに脳裏に焼き付けられる、印象的な作品となっている。気になる方は是非チェックして、彼らからのメッセージを受け取ってほしい。

■「サヨナラをした僕等は2度と逢えないから」MV
https://youtu.be/C6XawSuZZ38

■ミニアルバム『エンドロール』

2017年5月3日(水)発売
SANPA-0001/¥1,800+税
<収録曲>
1.脇役
2.大人になるために
3.サヨナラをした僕等は2度と逢えないから
4.君がいて
5.アリバイパリナイ
6.9月4日

■【全国ツアー情報】

5月13日(土) 東京:渋谷o-nest
5月17日(水) 福岡:キューブリック
5月20日(土) 大阪:新神楽
5月27日(土) 名古屋:栄RAD
7月01日(土) 北海道:KRAPS HALL(夢チカLIVE vol.121)
7月15日(土) 初○○○○ライブ

【関連リンク】
バンドハラスメント オフィシャルHP
バンドハラスメント、5月3日に新レーベルより初の全国流通盤『エンドロール』をリリース
BUCK-TICK、デビュー30周年を記念して劇場映画作品を6月に公開! ライブCDの発売も!
minus(-)×Jugendgedenken、進化を遂げた全国ツアーがついに終幕

【関連アーティスト】
バンドハラスメント
【ジャンル】
ジャパニーズロック

それでも世界が続くなら、人間の内側と外側を描いた両A面シングルを5月24日に発売
Sat, 08 Apr 2017 13:00:00 +0900
それでも世界が続くなら (okmusic UP\'s)

それでも世界が続くならが、5月24日にタワーレコード数量限定シングル「消える世界のイヴ/アダムの林檎」をリリースすることがわかった。

【その他の画像】それでも世界が続くなら

今作は、ある少女の外側と内側の出来事を描いた、2曲連曲による初の両A面シングル。「消える世界のイヴ」は傷ついた少女に 『世界のどこかで、貴方より苦しんでる人がいる、だから貴方も耐えなさい』 と言った社会と正論に対しての警鐘と、少女のその後の言葉を描いた楽曲だ。

対となる 「アダムの林檎」では、ボーイフレンド=バンドマン、リスナー=ガールフレンドと称し、バンドマンの自己顕示欲を無欲に受け止めるリスナーの少女へ『見ないでと言われたその顔は、誰よりもずっときれいだったよ』と言った実話を元に、競争社会に生きる人間の欲望を描いた楽曲となっている。

本作と同形態の前作、タワーレコード数量限定シングル「狐と葡萄」が即完売となった彼らだけに、ファンのみならず、オルタナティヴロックファンは注目してほしい。

■シングル「消える世界のイヴ/アダムの林檎」

2017年5月24日発売
BZCM-10006/¥926+税
※タワーレコード数量限定シングル
<収録曲>
1. 消える世界のイヴ
2. アダムの林檎
3. アラームと起床
4. 寝ていたい

【関連リンク】
それでも世界が続くなら オフィシャルHP
KOZUMI、デビューアルバム発売前夜に新曲のMVを解禁!
KOZUMI、ついに音源初公開! デビューアルバムより「窒息」MVが解禁へ
それでも世界が続くなら、最新ミニアルバムからMV「弱者の行進」公開

【関連アーティスト】
それでも世界が続くなら
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LOCAL CONNECT、新曲「スターライト」がTBS『有田ジェネレーション』ED曲に!
Sat, 08 Apr 2017 12:00:00 +0900
LOCAL CONNECT (okmusic UP\'s)

LOCAL CONNECTの新曲「スターライト」がTBS『有田ジェネレーション』の4・5月度エンディングテーマに決定した。

【その他の画像】LOCAL CONNECT

「スターライト」は4月26日にリリースする1stシングルの表題曲で、エモーショナルでメロディックなナンバーで、KBS京都のスポーツ番組『京スポ』の4月度エンディングテーマにも決定している。

また、同時に同曲のフルMVもついに公開! このMVは『僕らの光を受け、あなた自身も誰かを照らす光になってほしい』というコンセプトを元に、深い闇の中からLOCAL CONNECTが放つ「希望の光」を表現している。

LOCAL CONNECTは5月11日からリリースツアーをスタート。大阪 Music Club JANUSを皮切りに全国4カ所をまわるツアーとなり、ファイナルは5月24日(水)渋谷 TSUTAYA O-WESTで開催する。

■TBS『有田ジェネレーション』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/arigene/

■「スターライト」MV
https://www.youtube.com/watch?v=Up2XMBmRw6E

■シングル「スターライト」

2017年4月26日発売
WPCL-12636/¥1,080(税込)
<収録曲>
1. スターライト
2. Power Song
3. またあした

■【「スターライト」 リリースツアー】

5月11日(木) 心斎橋 Music Club JANUS ※ワンマン
5月19日(金) 愛知 池下 CLUB UPSET 
w/ ROOKiEZ is PUNK\'D / BURNOUT SYNDROMES / dot the period
5月21日(日) 福岡 Queblick 
w/ ユビキタス / スノーマン / Saucy Dog
5月24日(水) 渋谷 TSUTAYA O-WEST ※ワンマン

【関連リンク】
LOCAL CONNECT オフィシャルHP
MIYAVI、デビュー15周年を記念した対バンイベント15本を都内で開催
WOMCADOLEが「アルク」ライヴビデオ公開! リリースツアーのゲスト第3弾発表!
LOCAL CONNECT、2ndミニアルバムより新曲「piece」MV公開

【関連アーティスト】
LOCAL CONNECT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

SpecialThanks、アルバム『Anthem』JK写解禁&各店舗特典とインストア日程を発表
Sat, 08 Apr 2017 11:00:00 +0900
アルバム『Anthem』 (okmusic UP\'s)

SpecialThanksが5月10日にリリースするフルアルバム『Anthem』のジャケット写真が公開された。

【その他の画像】SpecialThanks

ジャケットの公開と同時に各チェーン店のオリジナル特典と全国8店舗にて行なわれるインストアライブの日程も発表された。各チェーン店特典、インストアライブが気になるという方は下記の情報をチェックして、是非お近くのCDショップに足を運んでほしい。

■【インストアライブ 詳細情報】

5月14日(日) タワーレコード横浜ビブレ店
時間:16時
内容:ミニアコースティックライブ&ポスターサイン会
参加メンバー:Misaki(Vo.) / Chikai(Gt.)

5月20日(土) 埼玉熊谷モルタルレコード
時間:開場14:30/開演15:00
内容:ミニアコースティックライブ&サイン会
参加メンバー:Misaki(Vo.) / Chikai(Gt.)

5月28日(日) タワーレコード名古屋パルコ店
時間:13時
内容:ミニアコースティックライブ&ポスターサイン会
参加メンバー:Misaki(Vo.) / Chikai(Gt.)

6月05日(月) タワーレコード梅田NU茶屋町店
時間:19時
内容:ミニアコースティックライブ&ポスターサイン会
参加メンバー:Misaki(Vo.) / Chikai(Gt.)

6月17日(土) タワーレコード新宿店
時間:15時
内容:ミニアコースティックライブ&ポスターサイン会
参加メンバー:Misaki(Vo.) / Chikai(Gt.)

6月18日(日) ディスクユニオン dues新宿
時間:開場18:15 / 開演18:30
内容:SpecialThanksライブ&ポスターサイン会
参加メンバー:Misaki(Vo.Gt.) / Chikai(Gt.Cho.) / Hiromu(Ba.Cho.) / yoshi(Dr.)<フルバンドセット>

6月23日(金) タワーレコード東浦店
時間:夜(詳細未定)
内容:ミニアコースティックライブ&ポスターサイン会
参加メンバー:Misaki(Vo.) / Chikai(Gt.)

7月07日(金) タワーレコード札幌ビヴォ店
時間:18:30
内容:ミニアコースティックライブ&ポスターサイン会
参加メンバー:Misaki(Vo.Gt.)

※参加方法等、詳細は後日発表。

■アルバム『Anthem』

2017年5月10日発売
KOGA-205/¥2,400+税
<収録曲>
1. singing
2. 午走-umahashiru-
3. happy
4. white lover
5. we go
6. 心を震わせて
7. tokyoサンセット
8. summer drive & summer dive
9. reach you
10. everyday
11. snow town〜雪の降る街に〜
12. LIFE to go

◎各チェーン店特典
・タワーレコード
アルバム未収録 録り下ろしアコースティック音源CD(全4曲収録)
・HMV
CD+ラバーブレスセット(価格:¥2,900+税)
・ディスクユニオン
CD+Tシャツセット(価格:¥3,400+税)
・ヴィレッジヴァンガード
未発表ライブ映像DVD(全4曲収録)
・Amazon
オリジナル32mm缶バッジ

【関連リンク】
SpecialThanks オフィシャルHP
SpecialThanks、ニューアルバム『Anthem』は日本詞が心に響く珠玉の一作に
The Winking Owl、主催イベントにShiggy Jr.やLONGMAN等が参戦
SpecialThanks初の自主企画として、東名阪を回るツアーが決定!

【関連アーティスト】
SpecialThanks
【ジャンル】
ジャパニーズロック

D\'ERLANGER、待望の8thアルバム通常盤に名曲「Loveanymore」の新録Ver.を収録
Sat, 08 Apr 2017 00:00:00 +0900
D\'ERLANGER (okmusic UP\'s)

5月3日(水・祝)に約2年振りとなるオリジナルアルバム『J\'aime La Vie』をリリースするD\'ERLANGERが、その詳細とメジャーデビュー当時の写真とほぼ同じシチュエーションで撮影された新アーティスト写真を公開した。

【その他の画像】D\'ERLANGER

アルバム『J\'aime La Vie』は、初回限定盤デラックス・エディション(CD+DVD)と通常盤の2形態でのリリース。通常盤CDにのみボーナストラック「Loveanymore -J\'aime La Vie version-」の収録が決定し、初回限定盤より1曲多い全11曲が収録される。

「Loveanymore」は、1990年のメジャーデビュー前から存在し、30年以上の歴史を持つ名曲で、現在も大切なタイミングにプレイされ、ファンに愛され続けている。D\'ERLANGER加入前に、客席側で初めて触れたという現ヴォーカルのkyoは『当時からとても印象深い曲で、心の奥底にある感情を搾り出すかのようなバンドのプレイがとてもエモーショナルで、初めて聴いた時からとても印象深い曲』と語る。

ギターのCIPHERが16歳の時に作曲したというこの楽曲は、二代目ヴォーカルがオリジナルの作詞者だったが、kyoが1990年にオリジナルを元に全面的に書き換え、2007年の復活以降に更に手を加え、現在の歌詞に至っている。発表した音源としては、1991年にリリースしたライヴ・アルバム『MOON AND THE MEMORIES... THEENTERNITIES / LAST LIVE1』に収録のライヴ音源と、2008年リリースのシングル「柘榴」のカップリング曲として、スタジオレコーディングバージョンを発表していたが、今回は「Loveanymore -J\'aime La Vie version-」として、新たに新録音。初めてオリジナルアルバムに収録される運びとなった。

また初回限定盤デラックス・エディションの特典DVDには、2007年から10年連続で12月24日のクリスマスイヴに開催されている限定ライヴ『KIDS BLUE STANDING SPECIAL』の貴重映像より、各年1曲をメンバーが厳選し、10年分の全10曲を年代順に収録! 更に、D\'ERLANGER最新フォト・セッション映像も収録。また、初回限定盤は三方背BOX仕様で、全24ページの別冊フォト・ブックレットも付属する。歌詞ブックレットも通常盤と初回限定盤とでは異なる内容となっているので、こちらも見逃せない。

■【D\'ERLANGER kyo(Vo)よりコメント】

2007年4月22日、D\'ERLANGERは日比谷野外音楽堂でのLIVEで再始動を本格的に始めました。
2017年5月3日、D\'ERLANGERは8枚目のOriginal Album "J\'aime La Vie"をリリースをします。
あの復活劇から10年。
"J\'aime La Vie=我が人生を謳歌している"
というAlbumに出逢うなんて偶然でしょうか?
4人で歩んできた10年という道のり。
しっかりと踏みしめ、熱や想いを刻み込んできた先にあった、
"J\'aime La Vie=我が人生を謳歌している"
必然ではないでしょうか?!
時にRock Bandは奇跡を創りあげます。
その瞬間をD\'ERLANGERと共に感じてみませんか。

■アルバム『J\'aime La Vie』

2017年5月3日(水・祝)発売
【初回限定盤デラックス・エディション】(CD+DVD)
WPZL-31272/73/¥4,630+税
※24Pフォト・ブックレット付き三方背BOX仕様
<収録内容>
■DISC 1:CD
I Kilmister=Old NO.7
II Harlem Queen Complex
III Harlem Queen Romance
IV LOVE is GHOST
V バライロノセカイ-Le monde de la rose-
VI Je t\'aime
VII Vanilla
VIII Mona Lisa
IX Everlasting Rose
X 沈む
■DISC2:DVD
[after the elapse of 10years...History of 2007〜2016]
・dummy blue(2007.12.24 SHIBUYA-AX)
・Sensual Dance(2008.12.24 SHIBUYA-AX)
・Angelic Poetry(2009.12.24 SHIBUYA-AX)
・ALONE(2010.12.24 SHIBUYA-AX)
・Singe et Insecte(2011.12.24 SHIBUYA-AX)
・MARIA(2012.12.24 SHIBUYA-AX)
・Beast in Me(2013.12.24 SHIBUYA-AX)
・Dance naked, Under the moonlight.(2014.12.24 CLUB CITTA\')
・CRAZY4YOU(2015.12.24 TSUTAYA O-EAST)
・LA VIE EN ROSE(2016.12.24 TSUTAYA O-EAST)
[PHOTO SHOOTING 2017]
D\'ERLANGER最新フォト・セッション映像

【通常盤】(CD)
WPCL-12535/¥3,000+税
<収録内容>
■通常盤
I Kilmister=Old NO.7
II Harlem Queen Complex
III Harlem Queen Romance
IV LOVE is GHOST
V バライロノセカイ-Le monde de la rose-
VI Je t\'aime
VII Vanilla
VIII Mona Lisa
IX Everlasting Rose
X 沈む
XI Loveanymore -J\'aime La Vie version-

【関連リンク】
D\'ERLANGER オフィシャルHP
D\'ERLANGER、プレミアムフライデーに相応しいご当地インストア開催を発表
D\'ERLANGER、約2年ぶりのオリジナルアルバムのリリース&スペシャルライブ開催等を発表
5年ぶりに復活した『JACK IN THE BOX 2016』が大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
D\'ERLANGER
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

千聖、20周年記念ベストの収録曲が明らかに! 岡本真夜ら豪華ゲストも解禁
Fri, 07 Apr 2017 20:00:00 +0900
参加アーティスト (okmusic UP\'s)

千聖が6月7日にリリースするベストアルバム『千聖〜CHISATO〜 20th ANNIVERSARY BEST ALBUM『Can you Rock?!』』。遂にその全貌が明らかになった。

【その他の画像】PENICILLIN

ソロデビュー20周年を記念して発表された本作は、20年前にソロデビューした徳間ジャパンコミュニケーションズからリリースされることでも話題に。

そして今回、オフィシャルサイトでのファン投票の結果、上位15曲が決定。楽曲は全て再レコーディングし、豪華ゲスト陣も参加することがわかった。

ゲストには、友人でもあるLEVIN(La\'cryma Christi)、IKUO(BULL ZEICHEN 88/Rayflower)、Ricky(DASEIN)をはじめ、後輩のSARSHI(HERO)や盟友O-JIRO(PENICILLIN/Crack6)のほかにも、錚々たる面子が集まった。

特筆すべきは、20年前の当時「falling over you」という楽曲にコーラスで参加した岡本真夜が、世紀を超えて本作でも美声を聴かせてくれることになったのだ。これはまさに20年もの間、千聖が第一線で活躍し、真摯に音楽に向き合ってきたからこそできたことであろう。

収録曲は、代表曲「CYBER ROSE」「VENUS」「WAKE UP!」などを含む15曲を収録。千聖名義としては約17年振りとなる新曲「Can you Rock?!」も期待が高まる。限定盤は豪華フォトブック付き、通常盤にはボーナストラックとしてさらに1曲追加さた全16曲収録となる。

さらに、アルバムインストアイベントの開催も決定! 6月18日からスタートするソロツアーとあわせて、ぜひ各会場へ足を運んでほしい。

■徳間ジャパンコミュニケーションズ
http://www.tkma.co.jp/jpop_top/chisato.html

■Crack6・千聖20th ANNIVERSARY
http://www.crack6.jp/chisato20th/

■アルバム『千聖〜CHISATO〜 20th ANNIVERSARY BEST ALBUM『Can you Rock?!』』

2017年6月7日(水)発売
【初回限定盤】(CD+フォトブック)
TKCA-74513/¥4.000+税
※「CYBER ROSE」「VENUS」「WAKE UP!」新曲1曲などを含む15曲収録
【通常盤】(CDのみ)
TKCA-74514/¥3.000+税
※ボーナストラック1曲収録
※「CYBER ROSE」「VENUS」「WAKE UP!」新曲1曲などを含む16曲収録

<収録曲(順不同)>
・Can you Rock?!(新曲)
・CYBER ROSE
・DANCE WITH THE WILD THINGS
・falling over you
・KICK!
・kissin\' the moonlight
・LAST TEARS
・LOVE 〜lost in the pain〜
・Millennium
・Shadow
・This Side Of Paradise
・VENUS
・WAKE UP!
・電撃ミサイル2000
・電脳遊戯
・666

◎参加アーティスト(五十音順/敬称略)
※2017年4月7日時点
IKUO(BULL ZEICHEN 88/Rayflower)、岡本 真夜、O-JIRO/JIRO6(PENICILLIN/Crack6)、SARSHI(HERO)、塩谷 瞬、重盛 美晴(Crack6)、Jackie、鈴木孝彦(PianoBassWorld)、玉木 勝、DJ-BASS、長野 典二(everset/Crack6/etc)、魔太朗、Ricky(DASEIN/RIDER CHIPS)、Rookie Fiddler、LEVIN(La\'cryma Christi)、山田 巧、他

■【インストア・アウトストア イベント開催情報】

5月20日(土) 大阪・タワーレコード 梅田NU茶屋町店/大阪・タワーレコード 難波店
5月26日(金) 名古屋・HMV 栄
6月07日(水) 東京・タワーレコード 渋谷店
6月09日(金) 埼玉・HMV 大宮アルシェ
6月10日(土) 東京・タワーレコード 町田店/神奈川・タワーレコード 横浜ビブレ店
6月11日(日) 東京・HMV エソラ池袋/東京・ブランドX
6月17日(土) 東京・タワーレコード 吉祥寺店/東京・タワーレコード 新宿店
6月18日(日) 東京・渋谷 ZEAL LINK
6月23日(金) 名古屋・名古屋 ZEAL LINK
6月24日(土) 名古屋・ライカエジソン 名古屋店
6月25日(日) 名古屋・fiveStars
6月30日(金) 大阪・ZEAL LINK
7月01日(土) 大阪・ライカエジソン 大阪店
7月02日(日) 大阪・little HEARTS. 大阪店
7月08日(土) 東京・ライカエジソン 東京店

※各会場の詳細、イベント券配布方法・参加方法については徳間ジャパン及び各店舗のオフィシャルWEBサイトをご覧ください。

■Crack6 Presents 千聖〜CHISATO〜 20th ANNIVERSARY BEST ALBUM リリースTOUR & Crack6 ワンマンTOUR 2017「千聖 vs Crack6 TOUR 2017 Can you Rock?!」

6月18日(日) SHIBUYA REX [??? DAY] <CLUB NEO 限定LIVE>
6月24日(土) 名古屋 ell. FITS ALL [千聖 DAY]
6月25日(日) 名古屋 ell SIZE [Crack6 DAY]
7月01日(土) 江坂 MUSE [千聖 DAY]
7月02日(日) 大阪 RUIDO [Crack6 DAY]

“TOUR FINAL”
7月08日(土) 新宿 ReNY [千聖 DAY]
“TOUR FINAL”
7月09日(日) 渋谷 TSUTAYA O-WEST [Crack6 DAY]

【関連リンク】
Crack6 オフィシャルHP
『Missing Link』に見るV系シーンをけん引した才気! 結成25周年を迎えた生真面目なバンド、PENICILLIN
PENICILLIN・千聖、ソロデビュー20周年ベストアルバムを徳間ジャパンよりリリース!

【関連アーティスト】
PENICILLIN, BULL ZEICHEN 88, 岡本真夜, DASEIN, 千聖, Crack6, Ricky, Ikuo, Rayflower, HERO, La\'cryma Christi
【ジャンル】
ビジュアル

minus(-)×Jugendgedenken、進化を遂げた全国ツアーがついに終幕
Fri, 07 Apr 2017 19:00:00 +0900
4月6日@新代田FEVER (okmusic UP\'s)

藤井麻輝のソロユニットとなったminus(-)と、彼とYOW-ROW(GARI、SCHAFT)のユニットであるJugendgedenkenによる全国ツアーが新代田FEVER2デイズでファイナルを迎えた。

【その他の画像】minus(-)

最終日となった4月6日のステージで、まず登場したのはJugendgedenken。SCHAFTにおける藤井の楽曲が中心だが、バンドのアレンジとは違い、プリミティブでより生々しい印象に。YOW-ROWの荒々しいヴォーカルと、黙々とギターを弾く藤井のコントラストも印象的だ。さらには新曲「JG17」も披露され、このスタイルでの今後に期待を持たせた。

またminus(-)は藤井がフロントでヴォーカルを取り、Yuumi(DE BESO)のドラムがそれを支えるスタイル。相変わらずの爆音だが、ダンサブルなところはそのままに、minus(-)でやるべきスタイルに腹を括った印象を受ける。MCも積極的に行なったため、藤井の素が自然に見えてくる所も非常に良かった。  

予定になかったアンコールでは、YOW-ROWが飛び入りしての「PEEP SHOW」を披露。このツアーで得たものは藤井にとって大きかったに違いない。また8月にはminus(-)としてのワンマンライヴを大阪・味園ユニバースと東京・WWW-Xで行なうことが発表された。まだまだ進化を続けるminus(-)のこれからが非常に楽しみだ。

■『minus(-)LIVE2017 Dutchman\'s pipe cactus』

8月22日(火)大阪・味園ユニバース
8月24日(木)東京・WWW-X
<チケット>
オフィシャルサイト先行:4月20日(木)12:00〜5月13日(土)23:59
一般発売:5月20日(土)10:00〜

【関連リンク】
minus(-) オフィシャルHP
minus(-)、初となる全国ツアーは自然体なライヴから開幕
AA=、minus(-)、MONORAL、sadsがZepp DiverCityで競演! ライブイベント「R JAM \'17」開催
minus(-)、シネマシティ立川の“極上音響上映”が大盛況

【関連アーティスト】
minus(-), Jugendgedenken
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

BUCK-TICK、デビュー30周年を記念して劇場映画作品を6月に公開! ライブCDの発売も!
Fri, 07 Apr 2017 18:30:00 +0900
映画『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』告知画像 (okmusic UP\'s)

今年9月にデビュー30周年を迎えるBUCK-TICK。これを記念するプロジェクトの一環として、劇場映画作品『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』が6月に公開されることが決定した。

【その他の画像】BUCK-TICK

これは1992年、2004年、2016年の9月11日、12年に一度の同じ日、同じ場所で3度にわたって行なわれたBUCK-TICKの特別なライヴ公演『CLIMAX TOGETHER』を題材にした映像作品。

24年という時空を跨いで12年周期で行なわれた同公演についてメンバーがインタビューで改めて振り返り、1992年、2004年、2016年の各ライヴを1本の線上に繋ぎ直すことによって、メンバーの成長、ファンとの関係性、そしてBUCK-TICKというバンドの唯一無二の存在感がくっきりと浮かび上がる作品になっているという。

不動のメンバーによるデビュー30年の歩みを誰もがなしえたことのない定点観測の手法を用いて見つめ直し、その一端に触れる歴史的な音楽作品とのことだ。

そして、この映画企画の原点ともいえる1992年の『Climax Together』を完全収録したライヴCDのリリースも決定した。ビデオシューティングを前提に企画されたライヴとして、1992年9月10日・11日に横浜アリーナで開催された『Climax Together』。この歴史的な2日間のライヴ音源が25年の時を経て、完全収録盤として4枚組SHM-CDでリリースされる。

当時リリースされた映像作品『Climax Together』では、映像編集に重きを置いて楽曲ごとに1日目と2日目のテイクが混在した収録内容となっていたが、今回初めて2日間それぞれの全音源をディスクごとに分けて完全収録。収録当時のマルチテープを発掘し、2017年ミックス版として25年ぶりに完全復活を遂げた。

そのサウンドはエンジニア比留間整氏によるミックスにより臨場感と奥行きのある音像に仕上がっている。1日目と2日目で異なる表情を奏でている音源を聴き比べるとより楽しめる作品となっている。

また、30周年を記念したベストアルバム『CATALOGUE 1987-2016』の制作に伴い、ファンから収録曲のリクエストを募集することも発表された。想い出の1曲、大好きな1曲、特別な1曲など、30周年ベスト盤にふさわしいBUCK-TICKの曲をリクエストしよう!

■映画『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』公式サイト
http://bt-movie.com

■映画『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』

公開日時:2017年6月24日(土)〜
※新宿バルト9ほか 2週間限定公開
製作:「BUCK-TICK 〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016 」製作委員会
配給:ティ・ジョイ/「BUCK-TICK 〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016 」製作委員会

■アルバム『CLIMAX TOGETHER - 1992 compact disc ?』

2017年6月28日(水)発売
【完全限定生産盤】(SHM-CD4枚組)
VICL-70230〜70233/¥5,500+税
<収録曲>
1992年9月10日
1. JUPITER
2. Brain,Whisper,Head,Hate is noise
3. LOVE ME
4. 地下室のメロディー
5. MY FUNNY VALENTINE
6. TABOO
7. HYPER LOVE
8. VICTIMS OF LOVE
9. MISTY BLUE
10. ナルシス
11. M・A・D
12. 惡の華
13. 太陽ニ殺サレタ
14. KISS ME GOOD-BYE
encore1
1. ICONOCLASM
2. SEXUALxxxxx!
encore2
1. スピード
2. JUST ONE MORE KISS
※特典は後日発表致します。

■アルバム『CATALOGUE 1987-2016』

2017年夏発売予定
<内容>
このベスト盤制作に伴い、ファンの皆さまから収録曲のリクエストを募集いたします。皆様にとっての想い出の1曲、大好きな1曲、特別な1曲など、30周年ベスト盤にふさわしいBUCK-TICKの曲をシングル・アルバムから1曲ずつリクエストしてください!
※リクエストサイトのオープンは5月1日(月)12:00からとなります。
<リクエスト受付期間>
2017年5月1日(月)12:00 〜 6月30日(金)23:59まで
■リクエストサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/b-t/30th

【関連リンク】
BUCK-TICK オフィシャルHP
BUCK-TICK、再生アクセサリーの売り上げ一部を熊本への義援金として寄付
BUCK-TICK、武道館公演を収めた最新映像作品の本編ダイジェストを公開
BUCK-TICK、デビュー30周年記念単独野外ライヴをお台場で開催

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, 映画

Czecho No Republic、大阪城野音チケットはFM802への感謝を込めた「衝撃価格」の802円!
Fri, 07 Apr 2017 18:00:00 +0900
「Czecho No Republic presents ドリームシャワー2017」フライヤー (okmusic UP\'s)

3月30日の開催発表以降、“衝撃価格”として伏せられていたCzecho No Republicの大阪城野音ワンマンのチケット代金が、FM802の番組『RADIO∞INFINITY』にて明らかになった。

【その他の画像】Czecho No Republic

その価格は、“衝撃"の『802円』。武井優心(Vo)のブログでは今回の金額決定についての記事が掲載されているので、気になる方は是非こちらもご覧になってみてほしい。

さらに今回は、東京から会場直行便のバスツアーも開催! バスツアーとチケットがセットになったプランで、当日朝発で会場へ直行できる他、バスツアー参加者へは特典で、ドリームシャワーグッズの事前受付ができる。また、ステキな粗品とその他もお楽しみコンテンツ盛りだくさんとなっているため、東京方面から参加予定の方は是非チェックしてみよう。

■Czecho No Republic 公式ブログ『決意表明!!!』
http://lineblog.me/cnr_official/archives/8330562.html

■【武井優心よりコメント(Czecho No Republic 公式ブログより)】

まずはやっぱり色んな人に、沢山の人に来て欲しい。この一点。
2015年に東京の日比谷野音に広がった素晴らしい光景も、2016年新木場STUDIO COASTにばら撒いたお祭り感も全部全部持っていこうと思っています。
まだ俺らの事見た事ない人、名前だけ知ってるような人、フェスでチラッと見たことある人。
来て欲しい。絶対楽しませる。
この値段なら全部成立させることができるんじゃないかなと思ったんです。
しかも、ぶっちゃげてしまうと、もうタダでも良かったんです。
でもそうしてしまうのは、やっぱり応援してくれている人に失礼な気がしたし、そもそものライブとしての価値があまりなくなってしまうのかなと思いました。
そしてもう1つ802円である理由。
結成からずーっとお世話になってきたFM802と何か面白い事がしたいっていう気持ちからです。
ラジオが僕らの音楽をたくさんの人の耳へ届けてくれる、音楽とラジオの関係は切ってもきれないものだと思ってます。
そんなずっと親身に横にいてくれたFM802へお返しの気持ちも込めて俺らも盛り上げたいんです。
この最高な一日を使ってFM802と悪ふざけがしたいし、笑いたい。きっと面白い事が出来ると思う。

■『【Czecho No Republic presents ドリームシャワー2017】 at 大阪城音楽堂 夏だ!野音だ!Czecho No Republicだ!〜そうだ、みんなで大阪へ行こう。〜』

7月02日(日)  大阪城音楽堂
時間:16:30 / 17:30
<チケット>
スタンディング:整理番号付 全席自由
チケット一般発売:5月27日(土)〜
■先行販売
・モバイル(先行&ファンサイト(オリジナルグッズ付き)先行共通)
http://sp.c-n-r.jp/feature/osakayaon201707
・パソコン
http://w.pia.jp/t/dreamshower/
・バスツアー(チケット付き)
http://www.his-j.com/kanto/corp/group/event/czechonorepublic/

【関連リンク】
Czecho No Republic オフィシャルHP
Czecho No Republic、7月に大阪城音楽堂で"衝撃価格!"のワンマン開催!?
ビッケブランカ、iTunes限定新曲リリース&2マンツアー対バン発表
田邊駿一(BLUE ENCOUNT)が『音流〜ONRYU〜』2017年1月のMCに決定

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
ジャパニーズロック

カバー曲ばかりで勝負したスリー・ドッグ・ナイトの最高傑作『ナチュラリー』
Fri, 07 Apr 2017 18:00:00 +0900
『Naturally』(’70)/Three Dog Night (okmusic UP\'s)

70年代初頭、ジェームス・テイラーやキャロル・キングといったシンガーソングライターと呼ばれる自作自演歌手の登場で、ロック界はオリジナル曲で勝負する時代に突入した。60年代のアーティストはビートルズやストーンズでさえ、ブルースやR&Bのカバーを多く取り上げていたのだが、だんだんと身近な素材(家族や恋人、日常生活のことなど)を歌にすることが主流になっていく。そんな中にあって、68年にデビューしたスリー・ドッグ・ナイトはあえてカバー曲のみ(ほんの少しオリジナルもある)で勝負した珍しいグループだ。今回は彼らが70年にリリースした文句なしの傑作5thアルバム『ナチュラリー』を取り上げる。

【その他の画像】Three Dog Night

■リードシンガーが3人(!)、カバー曲のみで勝負するグループ

僕が中2の頃、スリー・ドッグ・ナイトの代表曲「ジョイ・トゥ・ザ・ワールド」が全米1位となり、日本でも大ヒットしたことで彼らのことを知ることになった。現在の日本でもよく取り上げられているので、この曲を知っている人は多いはずだが、当時から彼らは不思議なグループであった。それはリードヴォーカルが3人(全て男性)もいたことで、その3人ともが黒っぽいフィーリングを持った骨太の同系統のシンガーだけに、彼らを好きになってからも誰がどの曲を歌っているのか分からなかったほどだ。

もうひとつ不思議なことは、彼らの曲がカバー曲で占められていたことだ。70年初頭と言えば、ジェームス・テイラー、キャロル・キング、エルトン・ジョン、キャット・スティーヴンスなど、当時はシンガーソングライターが大いに受けた時代で、日本でも高石友也、岡林信康、高田渡、加川良(残念なことに、4月5日に逝去)など、フォークシンガーを中心に自作自演が当たり前になりつつあった頃である。そんな中で、時代に逆行するような彼らのスタンスが僕には理解できなかった。ただ、当時日本で知られていなかったシンガーやグループの曲を取り上げ、スリー・ドッグ・ナイトはヒットを生み出していたのである。そのおかげで多くの埋もれていたソングライターが世に出たことは、ポピュラー音楽界にとって素晴らしいことであったと思う。

このふたつの大きな謎は今でもクリアーできていない…というか、リードヴォーカルが3人もいて、カバー曲のみで勝負するというスタイルは、長いロックの歴史の中でも彼ら以外に存在しない。まぁ、突然変異的に誕生したグループとしか言いようがないわけで、それだけに他のアーティストとは違った魅力があるのも事実である。グループのメンバーは7人。ヴォーカルの3人の他、ギター、ベース、ドラム、キーボードを担当するメンバーがいる。この7人はデビュー作から8作目まで不変であった。

■優れたシンガーソングライターを世に出す天才的な聴覚

スリー・ドッグ・ナイトの曲選びはヴォーカルの3人それぞれが歌いたい曲を持ち寄り、全員がOKを出した時だけ自分たちのレパートリーになるという民主主義的なものだった。僕が彼らのアルバムを熱心に聞いていたのは、68年のデビュー作『Three Dog Night』から73年にリリースされたライヴ盤で8作目となる『Around The World』までであるが、はっきり言って彼らの良い時って実質的にはここまでだ。9枚目以降はオリジナルメンバーが脱退したり、ヴォーカリストのひとりのチャック・ネグロンの麻薬所持問題に端を発するメンバー間の緊張などがあったりと、あっと言う間に失速していく。

僕はいつしか彼らがカバーするアーティストについて、調べるようになっていった。それだけ、彼らの選曲が素晴らしかったからだが、その素晴らしい曲を作った本人がアルバムを出すという情報を聞き付けると、そのアルバムを入手したものだ。スリー・ドッグ・ナイトのファンは多かれ少なかれ、そういう聴き方をしていたのではないだろうか。埋もれたアーティストたちを認知させるという彼らの功績は讃えるべきものだと思う。

デビュー作『Three Dog Night』には、アメリカを代表するソウルシンガーのひとりであるオーティス・レディングの「トライ・ア・リトル・テンダネス」(オリジナルを聴いて感動するのは2年後ぐらい)や、グラミー賞を2度受賞しているアメリカを代表するシンガーソングライターのひとり、ニルソンの名曲「ワン」、他にもザ・バンド、ランディ・ニューマン、ニール・ヤング、トラフィックなど、幅広いジャンルにまたがるアーティストを取り上げ、このアルバムはデビュー作にもかかわらず全米チャート11位まで上昇する大ヒットとなった。

ニルソンやランディ・ニューマンなどは、スリー・ドッグ・ナイトが取り上げたことで脚光を浴びるきっかけとなったのは間違いない。良い素材を探し当てる彼らの能力はずば抜けていると思う。これ以降、2作目『Suitable For Framing』(‘69)ではローラ・ニーロや売れる前のエルトン・ジョンを、4作目の『It Ain’t Easy』(’70)ではフリー、ポール・ウィリアムスなどの他、お気に入りのランディ・ニューマン作「Mama Told Me(Not To Come)」をシングルカットし、初の全米チャート1位を獲得している。そして、彼らのカバー曲のアレンジが練り上げられてきた頃、5作目の『Naturally』(‘70)がリリースされるのだ。

■本作『ナチュラリー』について

スリー・ドッグ・ナイトはデビュー当時から本作まで、基本的に音楽性は変わっていないと思う。しかし、自分たちが民主的に選んだ他のアーティストの佳曲を、自分たちなりにアレンジしてリスナーに提供するというスタイルが継続する中で熟練し、このアルバムでそのテクニックが頂点を迎えたということなのだと思う。この熟練は次のアルバム『Harmony』(‘71)でも同水準に保たれているのだが、ロックの激しさや楽しさという面では『ナチュラリー』に軍配が上がる。『Harmony』は楽曲の充実度で言えば本作より上かもしれないが、ポップス性が高くロック的な魅力は半減している。『Harmony』でダニー・ハットン、チャック・ネグロン、コリー・ウェルズというソウルフルな3人のシンガーの魅力が引き出されているかと言われると、それは否定せざるを得ない。

『ナチュラリー』には「ジョイ・トゥ・ザ・ワールド」(全米チャート1位)が収録されているのが大きい。この曲は彼らの代表曲というだけでなく、70年代のロックを代表する一曲だ。そういう意味でも、やっぱり本作が彼らの代表作だろう。他にも「ライアー」(全米チャート5位)、「ワンマンバンド」(全米19位)といった有名曲を収録、そして、グループを支えているのは3人だけじゃないぞと言わんばかりの初のインスト曲「ファイアー・イーター」(バックを受け持つ残りの4人による共作)や、ジェシ・コリン・ヤング作のフォークロック的な名曲「サンライト」にも挑戦するなど、それまでのアルバムより幅広いサウンドが聴ける。どの曲もヴォーカリストの魅力を生かしたロックフィールに満ちた素晴らしいものばかりである。

若い世代にはすっかり忘れられた感があるスリー・ドッグ・ナイトではあるが、彼らは歌も演奏もハイレベルなので、この機会にぜひ聴いてみてほしい。

【関連アーティスト】
Three Dog Night
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、映画「夜は短し歩けよ乙女」のテーマをカバー
Fri, 07 Apr 2017 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

【その他の画像】稚菜

今週の一曲の100曲目は。
ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「荒野を歩け」
アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」の主題歌です。
アジカンさんの曲って今まであまり通らずに来てしまったのんですが、あ、この曲かっこいい…!素直にそう思った歌。
何だかずっと聴いていたくなる様なそんな曲調と歌声。
このきっかけでアジカンさんの曲に触れる事が出来て良かったなって思います。
(…そして個人的にこのジャケ写が可愛くて凄く凄く好きです。)
是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=D8lkcqM2h2g&feature=youtu.be

さて、このコラムもついに記念すべき100回目を迎えました!(パチパチ)
何だかんだ楽しく書かせて&歌わせてもらっています。
最初は1ヶ月に1回、というペースから始まったこのコラム。
気が付いたら1週間に1回になっていました。
…何度でも言いますが、結構きつかったりはしますよ?笑
いつも締め切りに追われています。笑
でも、カバーはいつも楽しく歌わせてもらっている。
いつもYouTubeに出来上がった曲を聴くと自分でもわくわくしている部分はあるんです。
最初はピアノと声だけのカバー曲から、今はまだまだ勉強の身ながらハモりを考えるこの瞬間が楽しくて仕方がない。
そしてやっぱり知らなかった歌、アーティストの音楽に触れて新しく知れる事が出来て嬉しいんです。
このコラムでカバーをしなかったら知らないまま人生過ごしていたかもしれない。
ここから興味を持って更に深くまで知りたい、と思った尊敬する先輩アーティストの歌とも出逢う事が出来ました。
そして、自分の曲作りへの参考にさせてもらっている毎日。
引き出しを沢山増やさせてもらっています。
それって本当に幸せな事だなって。
音楽が生活の一部にあって、考える時間をくれる。
そんな瞬間をこれからも大切にしていきたいです。

いつもこのコラムを読んだり、カバー曲を聴いてくれたりしてくれているあなたへ。
本当にありがとう。
滅多に会えない人や友達とかからも、見てるよー!とか聴いてるよー!とSNSで連絡をもらったりする。
私の知らないところでそうやって気にかけてくれている人がいるんだなぁと思うと嬉しいし、続けていて良かったなと思う今日この頃。
そして何よりもありがたい事。
私も好きでやっている事だから続けられるんですけどね。
もっともっと沢山の人に知ってもらえる様に、そして楽しんでもらえる様頑張っていきますので、これからもどうぞ宜しくお願いします。
ちなみに、リクエストとかも受け付けますので。(…私が歌える範囲で、ですが。笑)
どうぞ宜しくお願いします。

【関連アーティスト】
稚菜
【ジャンル】


欅坂46、デビュー1周年記念ライブにて12,000人が熱狂!
Fri, 07 Apr 2017 17:30:00 +0900
4月6日@国立代々木競技場第一体育館 (okmusic UP\'s)

2016年4月6日にシングル「サイレントマジョリティー」にて鮮烈なメジャー・デビューを飾った欅坂46が、デビューから1年後の2017年4月6日に1stアニバーサリーライブを開催し、12,000人のファンが代々木第一体育館に集結した。

【その他の画像】欅坂46

グループにとって“始まりの曲"でもある「サイレントマジョリティー」で会場が緑一色の光に包まれる中、登場したメンバーたち。デビューからあっという間に1年が過ぎたことに驚く彼女たちの前に、1周年記念のバースデーケーキが登場し、お祝いムードは絶頂に。

今回の1stアニバーサリーライブは、欅坂46の1年間を振り返る内容の演出が至る所に散りばめられた内容。昨年の初ワンマンライブでも評価の高かったダンストラックが更にパワーアップし、続く「語るなら未来を…」の曲中にもソロダンスが追加され、“ダンスに対する攻めの姿勢"が顕著となった。また、けやき坂46も特技披露を織り交ぜたダンストラックで、欅坂46とはまた異なる個性を見せた。

ライブ終盤では、リリースしたばかりの4thシングル収録楽曲を初披露。新曲「エキセントリック」では、曲の途中で靴を脱ぎ捨てるという前代未聞の振付で客席が熱狂の渦に飲みこまれ、表題曲「不協和音」では、デビューして1年で培ってきた確かな実力を、魂を込めて披露する姿が圧巻であった。

アンコールでは、キャプテンの菅井友香が『今まで何ともなかった4月6日でしたが、欅坂46に入ってすごく特別な日になりました!』と語り、
ファンへの感謝の気持ちと決意を表明。さらに、“ひらがなけやきパワーアップ計画"と題した、けやき坂46の新メンバー募集がサプライズで発表され、驚きのあまり涙を流す佐々木久美が『たくましい先輩になれるようこれからもっと頑張ります!』と思いを語った。

デビューから1年で急速に坂道を駆け上がってきた欅坂46。2年目を迎えたばかりの彼女たちからますます目が離せない。

■【セットリスト】

M1 サイレントマジョリティー/欅坂46
M2 手を繋いで帰ろうか/欅坂46
M3 乗り遅れたバス/長濱 今泉 小林 鈴本 平手
M4 山手線/平手
M5 渋谷川/ゆいちゃんず(今泉 小林)
M6 キミガイナイ/欅坂46
M7 ひらがなけやき/けやき坂46
M8 また会ってください/長濱
M9 青空が違う/青空とMARRY(志田 菅井 守屋 渡辺 渡邉)
M10 ボブディランは返さない/ゆいちゃんず(今泉 小林)
M11 渋谷からPARCOが消えた日/平手
-DANCE TRACK-
M12 語るなら未来を…/欅坂46
M13 世界には愛しかない/欅坂46
M14 僕たちの戦争/FIVE CARDS(上村 長沢 土生 渡辺 渡邊)
M15 夕陽1/3/今泉 小林 平手 長濱
M16 誰よりも高く跳べ!/けやき坂46
-制服ファッションショー-
M17 制服と太陽/欅坂46
M18 大人は信じてくれない/欅坂46
M19 二人セゾン/欅坂46
M20 エキセントリック/欅坂46
M21 微笑みが悲しい/てち&ねる(平手 長濱)
M22 チューニング/ゆいちゃんず(今泉 小林)
M23 割れたスマホ/青空とMARRY(志田 菅井 守屋 渡辺 渡邉)
M24 僕たちは付き合っている/けやき坂46
M25 不協和音/欅坂46
-アンコール-
M26 W-KEYAKIZAKAの詩/欅坂46 けやき坂46

■シングル「不協和音」

発売中
【初回仕様限定盤 TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9394〜9395/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.微笑みが悲しい
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.微笑みが悲しい off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.W-KEYAKIZAKAの詩 Music Video
3.石森虹花 個人PV 
4.上村莉菜 個人PV
5.小林由依 個人PV 
6.原田葵 個人PV
7.長濱ねる 個人PV 
8.柿崎芽実・佐々木美玲 ペアPV

【初回仕様限定盤 TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9396〜9397/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.チューニング
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.チューニング off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.チューニング Music Video
3.今泉佑唯 個人PV 
4.尾関梨香 個人PV
5.齋藤冬優花 個人PV 
6.守屋茜 個人PV
7.渡辺梨加 個人PV 
8.齊藤京子・高本彩花 ペアPV

【初回仕様限定盤 TYPE-C】(CD+DVD)
SRCL-9398〜9399/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.割れたスマホ
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.割れたスマホ off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.割れたスマホ Music Video
3.小池美波 個人PV 
4.佐藤詩織 個人PV
5.志田愛佳 個人PV 
6.土生瑞穂 個人PV
7.渡邉理佐 個人PV 
8.潮紗理菜・加藤史帆・佐々木久美 トリオPV

【初回仕様限定盤 TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9400〜9401/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.僕たちは付き合っている
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.僕たちは付き合っている off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.僕たちは付き合っている Music Video
3.織田奈那 個人PV 
4.菅井友香 個人PV
5.鈴本美愉 個人PV 
6.長沢菜々香 個人PV
7.平手友梨奈 個人PV 
8.米谷奈々未 個人PV
9.井口眞緒・影山優佳 ペアPV

【通常盤】(CD)
SRCL-9402/¥972+税
<収録曲>
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.エキセントリック
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.エキセントリック off vocal ver.
※通常盤はCDのみで特典なし

■「不協和音」MV
https://youtu.be/gfzuzDrVRVM

【関連リンク】
欅坂46 オフィシャルHP
欅坂46が4thシングル「不協和音」個人PVの予告動画公開
欅坂46、けやき坂46の「僕たちは付き合っている」MVを公開
欅坂46のユニット“青空とMARRY”が歌う「割れたスマホ」MV解禁

【関連アーティスト】
欅坂46, けやき坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1