歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年04月07日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
千聖、20周年記念ベストの収録曲が明らかに! 岡本真夜ら豪華ゲストも解禁
Fri, 07 Apr 2017 20:00:00 +0900
参加アーティスト (okmusic UP\'s)

千聖が6月7日にリリースするベストアルバム『千聖〜CHISATO〜 20th ANNIVERSARY BEST ALBUM『Can you Rock?!』』。遂にその全貌が明らかになった。

【その他の画像】PENICILLIN

ソロデビュー20周年を記念して発表された本作は、20年前にソロデビューした徳間ジャパンコミュニケーションズからリリースされることでも話題に。

そして今回、オフィシャルサイトでのファン投票の結果、上位15曲が決定。楽曲は全て再レコーディングし、豪華ゲスト陣も参加することがわかった。

ゲストには、友人でもあるLEVIN(La\'cryma Christi)、IKUO(BULL ZEICHEN 88/Rayflower)、Ricky(DASEIN)をはじめ、後輩のSARSHI(HERO)や盟友O-JIRO(PENICILLIN/Crack6)のほかにも、錚々たる面子が集まった。

特筆すべきは、20年前の当時「falling over you」という楽曲にコーラスで参加した岡本真夜が、世紀を超えて本作でも美声を聴かせてくれることになったのだ。これはまさに20年もの間、千聖が第一線で活躍し、真摯に音楽に向き合ってきたからこそできたことであろう。

収録曲は、代表曲「CYBER ROSE」「VENUS」「WAKE UP!」などを含む15曲を収録。千聖名義としては約17年振りとなる新曲「Can you Rock?!」も期待が高まる。限定盤は豪華フォトブック付き、通常盤にはボーナストラックとしてさらに1曲追加さた全16曲収録となる。

さらに、アルバムインストアイベントの開催も決定! 6月18日からスタートするソロツアーとあわせて、ぜひ各会場へ足を運んでほしい。

■徳間ジャパンコミュニケーションズ
http://www.tkma.co.jp/jpop_top/chisato.html

■Crack6・千聖20th ANNIVERSARY
http://www.crack6.jp/chisato20th/

■アルバム『千聖〜CHISATO〜 20th ANNIVERSARY BEST ALBUM『Can you Rock?!』』

2017年6月7日(水)発売
【初回限定盤】(CD+フォトブック)
TKCA-74513/¥4.000+税
※「CYBER ROSE」「VENUS」「WAKE UP!」新曲1曲などを含む15曲収録
【通常盤】(CDのみ)
TKCA-74514/¥3.000+税
※ボーナストラック1曲収録
※「CYBER ROSE」「VENUS」「WAKE UP!」新曲1曲などを含む16曲収録

<収録曲(順不同)>
・Can you Rock?!(新曲)
・CYBER ROSE
・DANCE WITH THE WILD THINGS
・falling over you
・KICK!
・kissin\' the moonlight
・LAST TEARS
・LOVE 〜lost in the pain〜
・Millennium
・Shadow
・This Side Of Paradise
・VENUS
・WAKE UP!
・電撃ミサイル2000
・電脳遊戯
・666

◎参加アーティスト(五十音順/敬称略)
※2017年4月7日時点
IKUO(BULL ZEICHEN 88/Rayflower)、岡本 真夜、O-JIRO/JIRO6(PENICILLIN/Crack6)、SARSHI(HERO)、塩谷 瞬、重盛 美晴(Crack6)、Jackie、鈴木孝彦(PianoBassWorld)、玉木 勝、DJ-BASS、長野 典二(everset/Crack6/etc)、魔太朗、Ricky(DASEIN/RIDER CHIPS)、Rookie Fiddler、LEVIN(La\'cryma Christi)、山田 巧、他

■【インストア・アウトストア イベント開催情報】

5月20日(土) 大阪・タワーレコード 梅田NU茶屋町店/大阪・タワーレコード 難波店
5月26日(金) 名古屋・HMV 栄
6月07日(水) 東京・タワーレコード 渋谷店
6月09日(金) 埼玉・HMV 大宮アルシェ
6月10日(土) 東京・タワーレコード 町田店/神奈川・タワーレコード 横浜ビブレ店
6月11日(日) 東京・HMV エソラ池袋/東京・ブランドX
6月17日(土) 東京・タワーレコード 吉祥寺店/東京・タワーレコード 新宿店
6月18日(日) 東京・渋谷 ZEAL LINK
6月23日(金) 名古屋・名古屋 ZEAL LINK
6月24日(土) 名古屋・ライカエジソン 名古屋店
6月25日(日) 名古屋・fiveStars
6月30日(金) 大阪・ZEAL LINK
7月01日(土) 大阪・ライカエジソン 大阪店
7月02日(日) 大阪・little HEARTS. 大阪店
7月08日(土) 東京・ライカエジソン 東京店

※各会場の詳細、イベント券配布方法・参加方法については徳間ジャパン及び各店舗のオフィシャルWEBサイトをご覧ください。

■Crack6 Presents 千聖〜CHISATO〜 20th ANNIVERSARY BEST ALBUM リリースTOUR & Crack6 ワンマンTOUR 2017「千聖 vs Crack6 TOUR 2017 Can you Rock?!」

6月18日(日) SHIBUYA REX [??? DAY] <CLUB NEO 限定LIVE>
6月24日(土) 名古屋 ell. FITS ALL [千聖 DAY]
6月25日(日) 名古屋 ell SIZE [Crack6 DAY]
7月01日(土) 江坂 MUSE [千聖 DAY]
7月02日(日) 大阪 RUIDO [Crack6 DAY]

“TOUR FINAL”
7月08日(土) 新宿 ReNY [千聖 DAY]
“TOUR FINAL”
7月09日(日) 渋谷 TSUTAYA O-WEST [Crack6 DAY]

【関連リンク】
Crack6 オフィシャルHP
『Missing Link』に見るV系シーンをけん引した才気! 結成25周年を迎えた生真面目なバンド、PENICILLIN
PENICILLIN・千聖、ソロデビュー20周年ベストアルバムを徳間ジャパンよりリリース!

【関連アーティスト】
PENICILLIN, BULL ZEICHEN 88, 岡本真夜, DASEIN, 千聖, Crack6, Ricky, Ikuo, Rayflower, HERO, La\'cryma Christi
【ジャンル】
ビジュアル

minus(-)×Jugendgedenken、進化を遂げた全国ツアーがついに終幕
Fri, 07 Apr 2017 19:00:00 +0900
4月6日@新代田FEVER (okmusic UP\'s)

藤井麻輝のソロユニットとなったminus(-)と、彼とYOW-ROW(GARI、SCHAFT)のユニットであるJugendgedenkenによる全国ツアーが新代田FEVER2デイズでファイナルを迎えた。

【その他の画像】minus(-)

最終日となった4月6日のステージで、まず登場したのはJugendgedenken。SCHAFTにおける藤井の楽曲が中心だが、バンドのアレンジとは違い、プリミティブでより生々しい印象に。YOW-ROWの荒々しいヴォーカルと、黙々とギターを弾く藤井のコントラストも印象的だ。さらには新曲「JG17」も披露され、このスタイルでの今後に期待を持たせた。

またminus(-)は藤井がフロントでヴォーカルを取り、Yuumi(DE BESO)のドラムがそれを支えるスタイル。相変わらずの爆音だが、ダンサブルなところはそのままに、minus(-)でやるべきスタイルに腹を括った印象を受ける。MCも積極的に行なったため、藤井の素が自然に見えてくる所も非常に良かった。  

予定になかったアンコールでは、YOW-ROWが飛び入りしての「PEEP SHOW」を披露。このツアーで得たものは藤井にとって大きかったに違いない。また8月にはminus(-)としてのワンマンライヴを大阪・味園ユニバースと東京・WWW-Xで行なうことが発表された。まだまだ進化を続けるminus(-)のこれからが非常に楽しみだ。

■『minus(-)LIVE2017 Dutchman\'s pipe cactus』

8月22日(火)大阪・味園ユニバース
8月24日(木)東京・WWW-X
<チケット>
オフィシャルサイト先行:4月20日(木)12:00〜5月13日(土)23:59
一般発売:5月20日(土)10:00〜

【関連リンク】
minus(-) オフィシャルHP
minus(-)、初となる全国ツアーは自然体なライヴから開幕
AA=、minus(-)、MONORAL、sadsがZepp DiverCityで競演! ライブイベント「R JAM \'17」開催
minus(-)、シネマシティ立川の“極上音響上映”が大盛況

【関連アーティスト】
minus(-), Jugendgedenken
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

BUCK-TICK、デビュー30周年を記念して劇場映画作品を6月に公開! ライブCDの発売も!
Fri, 07 Apr 2017 18:30:00 +0900
映画『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』告知画像 (okmusic UP\'s)

今年9月にデビュー30周年を迎えるBUCK-TICK。これを記念するプロジェクトの一環として、劇場映画作品『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』が6月に公開されることが決定した。

【その他の画像】BUCK-TICK

これは1992年、2004年、2016年の9月11日、12年に一度の同じ日、同じ場所で3度にわたって行なわれたBUCK-TICKの特別なライヴ公演『CLIMAX TOGETHER』を題材にした映像作品。

24年という時空を跨いで12年周期で行なわれた同公演についてメンバーがインタビューで改めて振り返り、1992年、2004年、2016年の各ライヴを1本の線上に繋ぎ直すことによって、メンバーの成長、ファンとの関係性、そしてBUCK-TICKというバンドの唯一無二の存在感がくっきりと浮かび上がる作品になっているという。

不動のメンバーによるデビュー30年の歩みを誰もがなしえたことのない定点観測の手法を用いて見つめ直し、その一端に触れる歴史的な音楽作品とのことだ。

そして、この映画企画の原点ともいえる1992年の『Climax Together』を完全収録したライヴCDのリリースも決定した。ビデオシューティングを前提に企画されたライヴとして、1992年9月10日・11日に横浜アリーナで開催された『Climax Together』。この歴史的な2日間のライヴ音源が25年の時を経て、完全収録盤として4枚組SHM-CDでリリースされる。

当時リリースされた映像作品『Climax Together』では、映像編集に重きを置いて楽曲ごとに1日目と2日目のテイクが混在した収録内容となっていたが、今回初めて2日間それぞれの全音源をディスクごとに分けて完全収録。収録当時のマルチテープを発掘し、2017年ミックス版として25年ぶりに完全復活を遂げた。

そのサウンドはエンジニア比留間整氏によるミックスにより臨場感と奥行きのある音像に仕上がっている。1日目と2日目で異なる表情を奏でている音源を聴き比べるとより楽しめる作品となっている。

また、30周年を記念したベストアルバム『CATALOGUE 1987-2016』の制作に伴い、ファンから収録曲のリクエストを募集することも発表された。想い出の1曲、大好きな1曲、特別な1曲など、30周年ベスト盤にふさわしいBUCK-TICKの曲をリクエストしよう!

■映画『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』公式サイト
http://bt-movie.com

■映画『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』

公開日時:2017年6月24日(土)〜
※新宿バルト9ほか 2週間限定公開
製作:「BUCK-TICK 〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016 」製作委員会
配給:ティ・ジョイ/「BUCK-TICK 〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016 」製作委員会

■アルバム『CLIMAX TOGETHER - 1992 compact disc ?』

2017年6月28日(水)発売
【完全限定生産盤】(SHM-CD4枚組)
VICL-70230〜70233/¥5,500+税
<収録曲>
1992年9月10日
1. JUPITER
2. Brain,Whisper,Head,Hate is noise
3. LOVE ME
4. 地下室のメロディー
5. MY FUNNY VALENTINE
6. TABOO
7. HYPER LOVE
8. VICTIMS OF LOVE
9. MISTY BLUE
10. ナルシス
11. M・A・D
12. 惡の華
13. 太陽ニ殺サレタ
14. KISS ME GOOD-BYE
encore1
1. ICONOCLASM
2. SEXUALxxxxx!
encore2
1. スピード
2. JUST ONE MORE KISS
※特典は後日発表致します。

■アルバム『CATALOGUE 1987-2016』

2017年夏発売予定
<内容>
このベスト盤制作に伴い、ファンの皆さまから収録曲のリクエストを募集いたします。皆様にとっての想い出の1曲、大好きな1曲、特別な1曲など、30周年ベスト盤にふさわしいBUCK-TICKの曲をシングル・アルバムから1曲ずつリクエストしてください!
※リクエストサイトのオープンは5月1日(月)12:00からとなります。
<リクエスト受付期間>
2017年5月1日(月)12:00 〜 6月30日(金)23:59まで
■リクエストサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/b-t/30th

【関連リンク】
BUCK-TICK オフィシャルHP
BUCK-TICK、再生アクセサリーの売り上げ一部を熊本への義援金として寄付
BUCK-TICK、武道館公演を収めた最新映像作品の本編ダイジェストを公開
BUCK-TICK、デビュー30周年記念単独野外ライヴをお台場で開催

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, 映画

Czecho No Republic、大阪城野音チケットはFM802への感謝を込めた「衝撃価格」の802円!
Fri, 07 Apr 2017 18:00:00 +0900
「Czecho No Republic presents ドリームシャワー2017」フライヤー (okmusic UP\'s)

3月30日の開催発表以降、“衝撃価格”として伏せられていたCzecho No Republicの大阪城野音ワンマンのチケット代金が、FM802の番組『RADIO∞INFINITY』にて明らかになった。

【その他の画像】Czecho No Republic

その価格は、“衝撃"の『802円』。武井優心(Vo)のブログでは今回の金額決定についての記事が掲載されているので、気になる方は是非こちらもご覧になってみてほしい。

さらに今回は、東京から会場直行便のバスツアーも開催! バスツアーとチケットがセットになったプランで、当日朝発で会場へ直行できる他、バスツアー参加者へは特典で、ドリームシャワーグッズの事前受付ができる。また、ステキな粗品とその他もお楽しみコンテンツ盛りだくさんとなっているため、東京方面から参加予定の方は是非チェックしてみよう。

■Czecho No Republic 公式ブログ『決意表明!!!』
http://lineblog.me/cnr_official/archives/8330562.html

■【武井優心よりコメント(Czecho No Republic 公式ブログより)】

まずはやっぱり色んな人に、沢山の人に来て欲しい。この一点。
2015年に東京の日比谷野音に広がった素晴らしい光景も、2016年新木場STUDIO COASTにばら撒いたお祭り感も全部全部持っていこうと思っています。
まだ俺らの事見た事ない人、名前だけ知ってるような人、フェスでチラッと見たことある人。
来て欲しい。絶対楽しませる。
この値段なら全部成立させることができるんじゃないかなと思ったんです。
しかも、ぶっちゃげてしまうと、もうタダでも良かったんです。
でもそうしてしまうのは、やっぱり応援してくれている人に失礼な気がしたし、そもそものライブとしての価値があまりなくなってしまうのかなと思いました。
そしてもう1つ802円である理由。
結成からずーっとお世話になってきたFM802と何か面白い事がしたいっていう気持ちからです。
ラジオが僕らの音楽をたくさんの人の耳へ届けてくれる、音楽とラジオの関係は切ってもきれないものだと思ってます。
そんなずっと親身に横にいてくれたFM802へお返しの気持ちも込めて俺らも盛り上げたいんです。
この最高な一日を使ってFM802と悪ふざけがしたいし、笑いたい。きっと面白い事が出来ると思う。

■『【Czecho No Republic presents ドリームシャワー2017】 at 大阪城音楽堂 夏だ!野音だ!Czecho No Republicだ!〜そうだ、みんなで大阪へ行こう。〜』

7月02日(日)  大阪城音楽堂
時間:16:30 / 17:30
<チケット>
スタンディング:整理番号付 全席自由
チケット一般発売:5月27日(土)〜
■先行販売
・モバイル(先行&ファンサイト(オリジナルグッズ付き)先行共通)
http://sp.c-n-r.jp/feature/osakayaon201707
・パソコン
http://w.pia.jp/t/dreamshower/
・バスツアー(チケット付き)
http://www.his-j.com/kanto/corp/group/event/czechonorepublic/

【関連リンク】
Czecho No Republic オフィシャルHP
Czecho No Republic、7月に大阪城音楽堂で"衝撃価格!"のワンマン開催!?
ビッケブランカ、iTunes限定新曲リリース&2マンツアー対バン発表
田邊駿一(BLUE ENCOUNT)が『音流〜ONRYU〜』2017年1月のMCに決定

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
ジャパニーズロック

カバー曲ばかりで勝負したスリー・ドッグ・ナイトの最高傑作『ナチュラリー』
Fri, 07 Apr 2017 18:00:00 +0900
『Naturally』(’70)/Three Dog Night (okmusic UP\'s)

70年代初頭、ジェームス・テイラーやキャロル・キングといったシンガーソングライターと呼ばれる自作自演歌手の登場で、ロック界はオリジナル曲で勝負する時代に突入した。60年代のアーティストはビートルズやストーンズでさえ、ブルースやR&Bのカバーを多く取り上げていたのだが、だんだんと身近な素材(家族や恋人、日常生活のことなど)を歌にすることが主流になっていく。そんな中にあって、68年にデビューしたスリー・ドッグ・ナイトはあえてカバー曲のみ(ほんの少しオリジナルもある)で勝負した珍しいグループだ。今回は彼らが70年にリリースした文句なしの傑作5thアルバム『ナチュラリー』を取り上げる。

【その他の画像】Three Dog Night

■リードシンガーが3人(!)、カバー曲のみで勝負するグループ

僕が中2の頃、スリー・ドッグ・ナイトの代表曲「ジョイ・トゥ・ザ・ワールド」が全米1位となり、日本でも大ヒットしたことで彼らのことを知ることになった。現在の日本でもよく取り上げられているので、この曲を知っている人は多いはずだが、当時から彼らは不思議なグループであった。それはリードヴォーカルが3人(全て男性)もいたことで、その3人ともが黒っぽいフィーリングを持った骨太の同系統のシンガーだけに、彼らを好きになってからも誰がどの曲を歌っているのか分からなかったほどだ。

もうひとつ不思議なことは、彼らの曲がカバー曲で占められていたことだ。70年初頭と言えば、ジェームス・テイラー、キャロル・キング、エルトン・ジョン、キャット・スティーヴンスなど、当時はシンガーソングライターが大いに受けた時代で、日本でも高石友也、岡林信康、高田渡、加川良(残念なことに、4月5日に逝去)など、フォークシンガーを中心に自作自演が当たり前になりつつあった頃である。そんな中で、時代に逆行するような彼らのスタンスが僕には理解できなかった。ただ、当時日本で知られていなかったシンガーやグループの曲を取り上げ、スリー・ドッグ・ナイトはヒットを生み出していたのである。そのおかげで多くの埋もれていたソングライターが世に出たことは、ポピュラー音楽界にとって素晴らしいことであったと思う。

このふたつの大きな謎は今でもクリアーできていない…というか、リードヴォーカルが3人もいて、カバー曲のみで勝負するというスタイルは、長いロックの歴史の中でも彼ら以外に存在しない。まぁ、突然変異的に誕生したグループとしか言いようがないわけで、それだけに他のアーティストとは違った魅力があるのも事実である。グループのメンバーは7人。ヴォーカルの3人の他、ギター、ベース、ドラム、キーボードを担当するメンバーがいる。この7人はデビュー作から8作目まで不変であった。

■優れたシンガーソングライターを世に出す天才的な聴覚

スリー・ドッグ・ナイトの曲選びはヴォーカルの3人それぞれが歌いたい曲を持ち寄り、全員がOKを出した時だけ自分たちのレパートリーになるという民主主義的なものだった。僕が彼らのアルバムを熱心に聞いていたのは、68年のデビュー作『Three Dog Night』から73年にリリースされたライヴ盤で8作目となる『Around The World』までであるが、はっきり言って彼らの良い時って実質的にはここまでだ。9枚目以降はオリジナルメンバーが脱退したり、ヴォーカリストのひとりのチャック・ネグロンの麻薬所持問題に端を発するメンバー間の緊張などがあったりと、あっと言う間に失速していく。

僕はいつしか彼らがカバーするアーティストについて、調べるようになっていった。それだけ、彼らの選曲が素晴らしかったからだが、その素晴らしい曲を作った本人がアルバムを出すという情報を聞き付けると、そのアルバムを入手したものだ。スリー・ドッグ・ナイトのファンは多かれ少なかれ、そういう聴き方をしていたのではないだろうか。埋もれたアーティストたちを認知させるという彼らの功績は讃えるべきものだと思う。

デビュー作『Three Dog Night』には、アメリカを代表するソウルシンガーのひとりであるオーティス・レディングの「トライ・ア・リトル・テンダネス」(オリジナルを聴いて感動するのは2年後ぐらい)や、グラミー賞を2度受賞しているアメリカを代表するシンガーソングライターのひとり、ニルソンの名曲「ワン」、他にもザ・バンド、ランディ・ニューマン、ニール・ヤング、トラフィックなど、幅広いジャンルにまたがるアーティストを取り上げ、このアルバムはデビュー作にもかかわらず全米チャート11位まで上昇する大ヒットとなった。

ニルソンやランディ・ニューマンなどは、スリー・ドッグ・ナイトが取り上げたことで脚光を浴びるきっかけとなったのは間違いない。良い素材を探し当てる彼らの能力はずば抜けていると思う。これ以降、2作目『Suitable For Framing』(‘69)ではローラ・ニーロや売れる前のエルトン・ジョンを、4作目の『It Ain’t Easy』(’70)ではフリー、ポール・ウィリアムスなどの他、お気に入りのランディ・ニューマン作「Mama Told Me(Not To Come)」をシングルカットし、初の全米チャート1位を獲得している。そして、彼らのカバー曲のアレンジが練り上げられてきた頃、5作目の『Naturally』(‘70)がリリースされるのだ。

■本作『ナチュラリー』について

スリー・ドッグ・ナイトはデビュー当時から本作まで、基本的に音楽性は変わっていないと思う。しかし、自分たちが民主的に選んだ他のアーティストの佳曲を、自分たちなりにアレンジしてリスナーに提供するというスタイルが継続する中で熟練し、このアルバムでそのテクニックが頂点を迎えたということなのだと思う。この熟練は次のアルバム『Harmony』(‘71)でも同水準に保たれているのだが、ロックの激しさや楽しさという面では『ナチュラリー』に軍配が上がる。『Harmony』は楽曲の充実度で言えば本作より上かもしれないが、ポップス性が高くロック的な魅力は半減している。『Harmony』でダニー・ハットン、チャック・ネグロン、コリー・ウェルズというソウルフルな3人のシンガーの魅力が引き出されているかと言われると、それは否定せざるを得ない。

『ナチュラリー』には「ジョイ・トゥ・ザ・ワールド」(全米チャート1位)が収録されているのが大きい。この曲は彼らの代表曲というだけでなく、70年代のロックを代表する一曲だ。そういう意味でも、やっぱり本作が彼らの代表作だろう。他にも「ライアー」(全米チャート5位)、「ワンマンバンド」(全米19位)といった有名曲を収録、そして、グループを支えているのは3人だけじゃないぞと言わんばかりの初のインスト曲「ファイアー・イーター」(バックを受け持つ残りの4人による共作)や、ジェシ・コリン・ヤング作のフォークロック的な名曲「サンライト」にも挑戦するなど、それまでのアルバムより幅広いサウンドが聴ける。どの曲もヴォーカリストの魅力を生かしたロックフィールに満ちた素晴らしいものばかりである。

若い世代にはすっかり忘れられた感があるスリー・ドッグ・ナイトではあるが、彼らは歌も演奏もハイレベルなので、この機会にぜひ聴いてみてほしい。

【関連アーティスト】
Three Dog Night
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、映画「夜は短し歩けよ乙女」のテーマをカバー
Fri, 07 Apr 2017 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

【その他の画像】稚菜

今週の一曲の100曲目は。
ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「荒野を歩け」
アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」の主題歌です。
アジカンさんの曲って今まであまり通らずに来てしまったのんですが、あ、この曲かっこいい…!素直にそう思った歌。
何だかずっと聴いていたくなる様なそんな曲調と歌声。
このきっかけでアジカンさんの曲に触れる事が出来て良かったなって思います。
(…そして個人的にこのジャケ写が可愛くて凄く凄く好きです。)
是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=D8lkcqM2h2g&feature=youtu.be

さて、このコラムもついに記念すべき100回目を迎えました!(パチパチ)
何だかんだ楽しく書かせて&歌わせてもらっています。
最初は1ヶ月に1回、というペースから始まったこのコラム。
気が付いたら1週間に1回になっていました。
…何度でも言いますが、結構きつかったりはしますよ?笑
いつも締め切りに追われています。笑
でも、カバーはいつも楽しく歌わせてもらっている。
いつもYouTubeに出来上がった曲を聴くと自分でもわくわくしている部分はあるんです。
最初はピアノと声だけのカバー曲から、今はまだまだ勉強の身ながらハモりを考えるこの瞬間が楽しくて仕方がない。
そしてやっぱり知らなかった歌、アーティストの音楽に触れて新しく知れる事が出来て嬉しいんです。
このコラムでカバーをしなかったら知らないまま人生過ごしていたかもしれない。
ここから興味を持って更に深くまで知りたい、と思った尊敬する先輩アーティストの歌とも出逢う事が出来ました。
そして、自分の曲作りへの参考にさせてもらっている毎日。
引き出しを沢山増やさせてもらっています。
それって本当に幸せな事だなって。
音楽が生活の一部にあって、考える時間をくれる。
そんな瞬間をこれからも大切にしていきたいです。

いつもこのコラムを読んだり、カバー曲を聴いてくれたりしてくれているあなたへ。
本当にありがとう。
滅多に会えない人や友達とかからも、見てるよー!とか聴いてるよー!とSNSで連絡をもらったりする。
私の知らないところでそうやって気にかけてくれている人がいるんだなぁと思うと嬉しいし、続けていて良かったなと思う今日この頃。
そして何よりもありがたい事。
私も好きでやっている事だから続けられるんですけどね。
もっともっと沢山の人に知ってもらえる様に、そして楽しんでもらえる様頑張っていきますので、これからもどうぞ宜しくお願いします。
ちなみに、リクエストとかも受け付けますので。(…私が歌える範囲で、ですが。笑)
どうぞ宜しくお願いします。

【関連アーティスト】
稚菜
【ジャンル】


欅坂46、デビュー1周年記念ライブにて12,000人が熱狂!
Fri, 07 Apr 2017 17:30:00 +0900
4月6日@国立代々木競技場第一体育館 (okmusic UP\'s)

2016年4月6日にシングル「サイレントマジョリティー」にて鮮烈なメジャー・デビューを飾った欅坂46が、デビューから1年後の2017年4月6日に1stアニバーサリーライブを開催し、12,000人のファンが代々木第一体育館に集結した。

【その他の画像】欅坂46

グループにとって“始まりの曲"でもある「サイレントマジョリティー」で会場が緑一色の光に包まれる中、登場したメンバーたち。デビューからあっという間に1年が過ぎたことに驚く彼女たちの前に、1周年記念のバースデーケーキが登場し、お祝いムードは絶頂に。

今回の1stアニバーサリーライブは、欅坂46の1年間を振り返る内容の演出が至る所に散りばめられた内容。昨年の初ワンマンライブでも評価の高かったダンストラックが更にパワーアップし、続く「語るなら未来を…」の曲中にもソロダンスが追加され、“ダンスに対する攻めの姿勢"が顕著となった。また、けやき坂46も特技披露を織り交ぜたダンストラックで、欅坂46とはまた異なる個性を見せた。

ライブ終盤では、リリースしたばかりの4thシングル収録楽曲を初披露。新曲「エキセントリック」では、曲の途中で靴を脱ぎ捨てるという前代未聞の振付で客席が熱狂の渦に飲みこまれ、表題曲「不協和音」では、デビューして1年で培ってきた確かな実力を、魂を込めて披露する姿が圧巻であった。

アンコールでは、キャプテンの菅井友香が『今まで何ともなかった4月6日でしたが、欅坂46に入ってすごく特別な日になりました!』と語り、
ファンへの感謝の気持ちと決意を表明。さらに、“ひらがなけやきパワーアップ計画"と題した、けやき坂46の新メンバー募集がサプライズで発表され、驚きのあまり涙を流す佐々木久美が『たくましい先輩になれるようこれからもっと頑張ります!』と思いを語った。

デビューから1年で急速に坂道を駆け上がってきた欅坂46。2年目を迎えたばかりの彼女たちからますます目が離せない。

■【セットリスト】

M1 サイレントマジョリティー/欅坂46
M2 手を繋いで帰ろうか/欅坂46
M3 乗り遅れたバス/長濱 今泉 小林 鈴本 平手
M4 山手線/平手
M5 渋谷川/ゆいちゃんず(今泉 小林)
M6 キミガイナイ/欅坂46
M7 ひらがなけやき/けやき坂46
M8 また会ってください/長濱
M9 青空が違う/青空とMARRY(志田 菅井 守屋 渡辺 渡邉)
M10 ボブディランは返さない/ゆいちゃんず(今泉 小林)
M11 渋谷からPARCOが消えた日/平手
-DANCE TRACK-
M12 語るなら未来を…/欅坂46
M13 世界には愛しかない/欅坂46
M14 僕たちの戦争/FIVE CARDS(上村 長沢 土生 渡辺 渡邊)
M15 夕陽1/3/今泉 小林 平手 長濱
M16 誰よりも高く跳べ!/けやき坂46
-制服ファッションショー-
M17 制服と太陽/欅坂46
M18 大人は信じてくれない/欅坂46
M19 二人セゾン/欅坂46
M20 エキセントリック/欅坂46
M21 微笑みが悲しい/てち&ねる(平手 長濱)
M22 チューニング/ゆいちゃんず(今泉 小林)
M23 割れたスマホ/青空とMARRY(志田 菅井 守屋 渡辺 渡邉)
M24 僕たちは付き合っている/けやき坂46
M25 不協和音/欅坂46
-アンコール-
M26 W-KEYAKIZAKAの詩/欅坂46 けやき坂46

■シングル「不協和音」

発売中
【初回仕様限定盤 TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9394〜9395/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.微笑みが悲しい
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.微笑みが悲しい off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.W-KEYAKIZAKAの詩 Music Video
3.石森虹花 個人PV 
4.上村莉菜 個人PV
5.小林由依 個人PV 
6.原田葵 個人PV
7.長濱ねる 個人PV 
8.柿崎芽実・佐々木美玲 ペアPV

【初回仕様限定盤 TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9396〜9397/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.チューニング
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.チューニング off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.チューニング Music Video
3.今泉佑唯 個人PV 
4.尾関梨香 個人PV
5.齋藤冬優花 個人PV 
6.守屋茜 個人PV
7.渡辺梨加 個人PV 
8.齊藤京子・高本彩花 ペアPV

【初回仕様限定盤 TYPE-C】(CD+DVD)
SRCL-9398〜9399/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.割れたスマホ
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.割れたスマホ off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.割れたスマホ Music Video
3.小池美波 個人PV 
4.佐藤詩織 個人PV
5.志田愛佳 個人PV 
6.土生瑞穂 個人PV
7.渡邉理佐 個人PV 
8.潮紗理菜・加藤史帆・佐々木久美 トリオPV

【初回仕様限定盤 TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9400〜9401/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.僕たちは付き合っている
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.僕たちは付き合っている off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.僕たちは付き合っている Music Video
3.織田奈那 個人PV 
4.菅井友香 個人PV
5.鈴本美愉 個人PV 
6.長沢菜々香 個人PV
7.平手友梨奈 個人PV 
8.米谷奈々未 個人PV
9.井口眞緒・影山優佳 ペアPV

【通常盤】(CD)
SRCL-9402/¥972+税
<収録曲>
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.エキセントリック
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.エキセントリック off vocal ver.
※通常盤はCDのみで特典なし

■「不協和音」MV
https://youtu.be/gfzuzDrVRVM

【関連リンク】
欅坂46 オフィシャルHP
欅坂46が4thシングル「不協和音」個人PVの予告動画公開
欅坂46、けやき坂46の「僕たちは付き合っている」MVを公開
欅坂46のユニット“青空とMARRY”が歌う「割れたスマホ」MV解禁

【関連アーティスト】
欅坂46, けやき坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ライブ

グッドモーニングアメリカ、映画主題歌となった新曲「悲しみ無き世界へ」を4月21日に配信
Fri, 07 Apr 2017 17:00:00 +0900
グッドモーニングアメリカ (okmusic UP\'s)

4月21日(金)にグッドモーニングアメリカの新曲「悲しみ無き世界へ」が配信リリースされることが決定した。

【その他の画像】グッドモーニングアメリカ

この曲は映画『破裏拳ポリマー』の主題歌として書き下ろされたもので、映画は5月13日より全国で公開される。楽曲のラジオOAもスタートしているので、是非チェックして頂きたい。

さらに、4月8日(土)からはじまる『あなたの街へ猛ダッシュで〜ワンマンツアー2017〜』ファイナルシリーズのトレイラーがバンドのyoutubeチャンネルで公開された。気になる方はそちらもご覧になってみてはいかがだろうか。

(C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会

■映画『破裏拳ポリマー』公式サイト
http://polimar.jp

■【新曲「悲しみ無き世界へ」について、グッドモーニングアメリカよりコメント】

今回、主題歌の話を頂いてから「破裏拳ポリマー」「新破裏拳ポリマー」のアニメ、そして今回のこの映画を観て接し、曲を制作しました。このアニメ・映画の持つアクションシーンや昭和感の格好良さを、そして未来への希望や喜劇感を少しでも僕らの曲がある事でより多くの人がハッピーになったら嬉しいです。日頃の全部忘れて映画を楽しんで下さい!

■『あなたの街へ猛ダッシュで〜ワンマンツアー2017〜』ファイナルシリーズトレイラー
https://youtu.be/QFCt_7PFEUM

■『あなたの街へ猛ダッシュで〜ワンマンツアー2017〜』

4月08日(土) 梅田CLUB QUATTRO ※追加公演
4月09日(日) 心斎橋BIGCAT
4月15日(土) 名古屋BOTTOM LINE
4月16日(日) 名古屋CLUB QUATTRO ※追加公演
4月21日(金) 渋谷CLUB QUATTRO ※追加公演
4月22日(土) 渋谷TSUTAYA O-EAST
※終了分は割愛

【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP
グッドモーニングアメリカ、金廣真悟の声帯ポリープ手術のためライブ活動を休止
グッドモーニングアメリカ、アルバム『鉛空のスターゲイザー』リリースツアー東名阪追加公演決定
グドモ、新アルバム『鉛空のスターゲイザー』関連動画を一挙公開!

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

超特急、新曲「超ネバギバDANCE」フルMV解禁! 新たに発表された“超ネバギバ企画”とは!?
Fri, 07 Apr 2017 16:00:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

超特急が4月26日(水)にリリースする5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」のフルMVが解禁された。

【その他の画像】超特急

「超ネバギバDANCE」のMVは“超特急=電車”にちなんで、鉄道発祥の地であるイギリス・ロンドンで撮影。メンバーが縦列に並びながら列車に扮し、ロンドンの街を駆け巡るシュールで遊び心が満載の“これぞ超特急!”という作品だ。メンバーがそれぞれロンドンの地から目的地に向かって出発し、途中メンバー同士が街中で出会い、徐々に連結しながらビッグ・ベン、アビイ・ロード、ウォータールー、タワーブリッジ、カムデンなど、ロンドンの数々の名所を駆け巡り、最後はイギリスの"顔"でロンドンの主要鉄道ターミナルであるキングス・クロス駅でパフォーマンスする…というバラエティに富んだ内容で、絶大なインパクトを残す振り付けにも注目してほしい。

さらに、本作の発売に向けて「超特急の全国超"ネバギバ"企画」が4月14日よりスタートすることも発表された。第一弾企画は、特設サイトにて公開されるMV本編とは異なるメンバーのソロCM合計7本と、メンバーが集合したCM1本の合計8本の中からお気に入りのCMをツイートして「8号車(=ファンの愛称)の輪」を広げるというもの。リーダーでメインダンサーのリョウガは『8号車の輪を大きく広げたいと思っています。獲るぞ! 立つぞ! 8号車と共に!』とコメントしている。

■【3号車 リョウガよりコメント】

皆さんお待たせ致しました。
あぁ、そんな所も行ったんだ。
あぁ、こんな所で踊ったんだ。
と思うであろう、とてもシュールなMVでございます。
さらに「超ネバギバ企画」がスタートという事で、8号車の輪を大きく広げたいと思っています。ですがこの企画メンバー全員の協力が必要です。
そうッ! 8号車であるそこのあなたぁッ、次の壁も破るためにもどうか頼むぞ!
さぁ、超特急が走るレールの方向はどこだ!!
そうだ! てっぺんだ!!
獲るぞ! 立つぞ! 8号車と共に!

■「超ネバギバDANCE」MV
https://youtu.be/5sX7EcUSJIk

■シングル「超ネバギバDANCE」

2017年4月26日発売
【SUPER DELUXE EDITION】(CD+Blu-ray)
ZXRC-1100/¥2,778+税
※初回生産完全限定盤
<収録曲>
■CD
「超ネバギバDANCE」
「gr8est journey」
ほか全3曲収録予定
■Blu-ray
国立代々木競技場第一体育館ライブ映像(2016年12月24日)

【SUPER NORMAL EDITION】(CD)
ZXRC-1103/¥926+税
<収録曲>
「超ネバギバDANCE」
「gr8est journey」
全2曲収録予定

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、渋谷modiのコンセプトカフェにて『超特急超ネバギバサロン』を期間限定オープン
BREAKERZ主催対バンシリーズ『10番勝負』で超特急と激突!
超特急・ユースケ、アキラ100%とTBS『珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー』出演決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

RADWIMPS、新曲「サイハテアイニ」が『アクエリアス』の新CMソングに決定
Fri, 07 Apr 2017 15:30:00 +0900
シングル「サイハテアイニ / 洗脳」【初回限定盤】 (okmusic UP\'s)

RADWIMPSの新曲「サイハテアイニ」が、スポーツ飲料ブランド『アクエリアス』の新TVCMソングに決定した。

【その他の画像】RADWIMPS

4月10日(月)から『アクエリアス』と『アクエリアス ゼロ』のパッケージデザインを一新し全国でリニューアル発売することに伴い、新TVCM『渇き』篇の全国放映がスタート。「サイハテアイニ」はRADWIMPSが『アクエリアス』のために書き下ろした新曲で、5月10日(水)にリリースされるニューシングルに収録されている1曲だ。

新TVCM『渇き』篇には、新たな波に挑むプロサーファーの田岡なつみ、そして毎日の中で渇きを感じているたくさんの人たちに加えて、RADWIMPSの野田洋次郎も登場する。疾走感のある楽曲にのせて、さまざまな人の渇きを象徴的な漢字一文字とともに描いており、見る人もその渇きをリアルに感じ、思わず前へ踏み出したくなる、ライブ感あふれる内容になっている。

■『アクエリアス』公式サイト
https://secure.aquarius-sports.jp/

■【RADWIMPS 野田洋次郎よりコメント】

『アクエリアス』に合う曲を書いてみようと思いました。
『アクエリアス』は僕にとっての中高時代のバスケ部で、電車に走ってむかうときの滝のように流れる汗で、ムダに遊びすぎた試験後のカラオケで、ほんのり涼しくなった夜のお風呂上がりだったりします。
どうしたって、自分の甘塩っぱい記憶と切っても切れないのです。あのサイハテまで続きそうな青い青い記憶と。
そんな想いで作りました。皆さんの日々と、この曲が共に過ごせたら幸せです。

■シングル「サイハテアイニ / 洗脳」

2017年5月10日(水)発売
【初回限定盤】(CD+「棒人間」絵本)
UPCH-89333/¥1,600+税
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-80470/¥1,200+税
<収録曲>
1.サイハテアイニ
2.洗脳
3.棒人間 [Strings ver.]

【関連リンク】
RADWIMPS オフィシャルHP
RADWIMPS、シングル「サイハテアイニ / 洗脳」付属の絵本のビジュアル公開
RADWIMPS、シングル「サイハテアイニ / 洗脳」JK写で描かれる天使と悪魔が示すものとは?
RADWIMPS、ニューシングル初回限定盤は話題の楽曲「棒人間」の絵本付き!

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

ウルフルズ、デビュー25周年を祝うアルバム『人生』JK写&全曲順がついに解禁
Fri, 07 Apr 2017 15:00:00 +0900
ウルフルズ (okmusic UP\'s)

5月24日に14枚目のオリジナルアルバム『人生』をリリースするウルフルズが、そのジャケットと最新のアーティスト写真を公開した。

【その他の画像】ウルフルズ

ジャケットにはデビュー25周年をお祝いするかのように、晴れやかな青空に“人生“という強い文字と可愛らしいメンバーのイラストが描かれている。そしてアーティスト写真は、これもまた“人生"という文字を4人で囲み、揃いのスーツで決めた写真だ。

この公開と同時に全曲順も発表となったが、曲タイトルは全てがウルフルズらしく非常に興味深い。今回の作品はトータス松本だけではなく、メンバーそれぞれが作詞・作曲に関わった作品で、どの楽曲をどのメンバーが手掛けたのか?と想像を掻き立てるのも楽しみの一つ。

また、アルバムを引っさげたツアーも発表になり、Yahoo!チケットとコラボしてデビュー25周年を記念した特集ページが開設された。特集ページではウルフルズ25周年の軌跡を当時の写真と共に辿る年表『ウルフルズA・A・Pトレイル』が大公開されている。

さらに、GYAO!ではMV一挙配信と過去ライブ映像からの厳選集「GYAO!MUSIC LIVEウルフルズ集」の配信も決定。GYAO!MUSIC LIVEは、なんと4月、5月、6月と3カ月連続で更新する期間限定スペシャル企画も! メンバーからのメッセージや全国ツアーの先行チケットなど、充実した内容になっているので、特設サイトも是非チェックして頂きたい。

■Yahoo!チケット デビュー25周年企画 特設ページ
https://ticket.yahoo.co.jp/special/ulfuls/
■GYAO! ミュージックビデオ一挙配信
URL:https://gyao.yahoo.co.jp/p/00101/v08899/
■GYAO! MUSIC LIVE 「ウルフルズデビュー25周年 GYAO! MUSIC LIVE 過去ライブ特集」
URL:https://gyao.yahoo.co.jp/music-live/player/ulfuls

■アルバム『人生』

2017年5月24日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31294/5/¥4,300+税
【通常盤】(CD)
WPCL-12626/¥2,800+税
<収録内容>
■CD
M-1. せやなせやせや人生は
M-2. もーあかんブギ
M-3. バカヤロー
M-4. こいよ!
M-5. なんでなん
M-6. おれを夢中にさせないで
M-7. ヤラカシ男
M-8. 迷ったらDo It
M-9. 胸ポケット
M-10. クラクラフラフラ Everyday
M-11. ひと ヒト 人
M-12. しあわせ
M-13. はげしくやさしく
※初回生産限定盤:ボーナストラック「おーい!!」収録
■DVD
『OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!2016ヤッサ!20年目のバンザイ〜やっててよかった〜全曲収録Live DVD』
01.バンザイ〜好きでよかった〜
02.あーだこーだそーだ!
03.ツギハギブギウギ
04. SUN SUN SUN\'95
05. あそぼう
06. 愛すれば
07. ひと ヒト 人
08. 明日があるさ
09. 笑えれば
10. あついのがすき
11. パパイヤ・ママイヤ
12. Let\'s Go Monday
13. チークタイム
14. せやなせやせや人生は
15. 今夜どう?(ここまではOK!)
16. 大阪ストラット
17. ワンダフル・ワールド
18. サムライソウル
19. ボンツビワイワイ
20. バカサバイバー
21. ええねん
22. いい女
-アンコール-
En1. ガッツだぜ!!
En2. BANZAI 20th メドレー (トコトンで行こう!〜暴動チャイル〜SUN SUN SUN \'95〜てんてこまい my mind〜大阪ストラット〜ダメなものはダメ〜おし愛へし愛どつき愛〜泣きたくないのに)
En3. バンザイ〜好きでよかった〜

【関連リンク】
ウルフルズ オフィシャルHP
ウルフルズ、デビュー25周年を記念したアルバム『人生』を5月24日にリリース
ウルフルズ、Superfly・JUJUら参加トリビュートアルバムの全曲ダイジェスト動画を公開!
ウルフルズ、初のトリビュートアルバムは女性アーティストで華やかに!

【関連アーティスト】
ウルフルズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BUMP OF CHICKEN、アニメ『3月のライオン』再放送にあわせOP曲「アンサー」フルMV公開
Fri, 07 Apr 2017 14:30:00 +0900
BUMP OF CHICKEN (okmusic UP\'s)

BUMP OF CHICKENの楽曲「アンサー」のフルMVがでバンドの公式YouTubeチャンネルで公開された。

【その他の画像】BUMP OF CHICKEN

「アンサー」はNHK総合で放送されたテレビアニメ『3月のライオン』のオープニングテーマとして書き下ろされたナンバー。2016年12月にはシャフトが監修を担当したTVサイズのMVを公開しており、そのクオリティの高さが絶賛されるとともに、フルサイズの発表を待ち望む声が多く寄せられていた。

このたび公開されたフルサイズのMVも、TVサイズと同じくシャフトが監修を担当。2016年10月から2017年3月まで放送されたアニメ第1シリーズのさまざまなシーンを使用しており、シリーズ全体を振り返られるような映像に仕上がった。

また4月7日(金)19:25からは、NHK Eテレにてテレビアニメ『3月のライオン』第1シリーズの再放送がスタートするので、ぜひ双方楽しんでみてほしい。

■アニメ『3月のライオン』公式サイト
http://3lion-anime.com/

■「アンサー」MV
https://www.youtube.com/watch?v=bRWQckbQ9tQ

■配信シングル「アンサー」

各ダウンロード配信サイトにて配信中
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1182264509?l=ja&ls=1&app=itunes
・レコチョク
http://recochoku.com/t0/answer/

【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN オフィシャルHP
【連載コラム】稚菜、BUMP OF CHICKEN「GO」をカバー
BUMP OF CHICKEN、1曲限りのスタジオライブを生配信
BUMP OF CHICKEN、さまざまな生き物の思いを可視化した「GO」のMVが完成

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

Lugz&Jera、ニューアルバムがiTunes R&B/ソウルアルバムDLランキング1位を獲得!
Fri, 07 Apr 2017 14:00:00 +0900
アルバム『Sing For Love』 (okmusic UP\'s)

Lugz&Jeraが4月5日にリリースした1stアルバム『Sing For Love』が、iTunes R&B/ソウルアルバムのダウンロードランキングで1位を獲得した。

【その他の画像】Lugz&Jera

今回発売したアルバムのリード曲である「Love For You」は、西野カナなどのの楽曲制作にも携わるYuichi Yamadaをプロデューサーに迎え、女子目線の"リアルなリリック"を歌った切な系ラブソングとなっている。

また、3月30日にYouTubeに公開された同曲のMVは、4月5日17時の時点で3万7千回再生を記録している。

アルバム『Sing For Love』は4月5日時点でiTunes R&B/ソウルアルバムランキングで1位を獲得したほか、iTunes R&B/ソウルシングルランキングでは収録シングルが2曲トップ10入りを果たすという快挙を成し遂げた。SUGAR SHACKの盟友であるLEO、CIMBAを迎えた「Love Letter (feat. LEO & CIMBA)」が7位、「出逢ってくれてありがとう」が9位にランクイン。今後もLugz&Jeraの止まらない活躍に注目してほしい。

■アルバム『Sing For Love』

発売中
FMCD-012/¥2,315+税
<収録曲>
1. Find Myself
2. Love For You
3. Stay the Night
4. Be with You feat JAY\'ED
5. 君は僕の愛する人
6. Love Leter feat LEO,CIMBA
7. 出逢ってくれてありがとう
8. 帰り道 feat. SHIROSE(from WHITE JAM)
9. Power of Belief
10. Sing For Love

■「Love For You」MV
https://youtu.be/WubTSRN0iy0

【関連リンク】
Lugz&Jera オフィシャルHP
Lugz&Jera、JAY’EDをゲストに迎えたデジタルシングルがいよいよ配信スタート
超特急、渋谷modiのコンセプトカフェにて『超特急超ネバギバサロン』を期間限定オープン
miwa、ニューシングル「シャイニー」発売決定! カップリング情報も解禁

【関連アーティスト】
Lugz&Jera
【ジャンル】
J-POP, R&B/ソウル

シド、日本武道館にて行なうコンセプトライブ2daysの一般発売がいよいよスタート!
Fri, 07 Apr 2017 13:00:00 +0900
シド (okmusic UP\'s)

シドが5月12日(金)、5月13日(土)に開催する日本武道館公演のチケット一般発売がいよいよスタートする。

【その他の画像】シド

1年7カ月ぶりとなる単独公演は、シド史上初のコンセプトライブ。5月12日は「夜更けと雨と」、5月13日は「夜明けと君と」と2日間で異なるテーマを掲げて行なわれる。

チケットの一般発売は、チケットぴあ他にて4月9日(日)より販売開始。5月10日にはシングル「バタフライエフェクト」のリリースを予定しているなど、シドの2017年の活動から目が離せない。

■【ライブ情報】

『シド 日本武道館公演 2017「夜更けと雨と」』
5月12日(金) 日本武道館
開場 17:30 / 開演 18:30
「夜明けと君と」
5月13日(土) 日本武道館
開場 16:00 / 開演 17:00

■チケット料金
¥6,800(全席指定・税込)
※4歳以上有料
■チケット一般発売日
2017年4月9日(日)

■お問合せ
キョードー東京:0570-550-799(平日11:00〜18:00)
www.kyodotokyo.com/

■【リリース情報】

シングル「バタフライエフェクト」
2017年5月10日(水)発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
KSCL2909〜2910/¥1,500+税
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
KSCL2911〜2912/¥1,500+税
【通常盤】(CDのみ)
KSCL2913/¥800+税
<収録曲>
■CD ※共通
1.バタフライエフェクト
作詞 マオ / 作曲 ゆうや
2.バタフライエフェクト ?Instrumental-
■【初回生産限定盤A】初回特典DVD
「バタフライエフェクト」Music Video
「バタフライエフェクト」Photo Session/Music Videoメイキング映像
■【初回生産限定盤B】初回特典DVD
「バタフライエフェクト」Music Video
スペシャルインタビュー映像

【関連リンク】
シド オフィシャルHP
AKi、ソロツアーを収めたDVDリリース決定&6月に東名阪ツアーを開催!
マオ from SID、ライヴDVDトレイラー映像公開&ツアーチケット先行予約もスタート
マオ from SID、ワンマン公演即完を受けて初のソロツアー開催決定

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

THE YELLOW MONKEY、新ビジュアル解禁&FC限定フォトモザイクアート企画実施決定!
Fri, 07 Apr 2017 12:00:00 +0900
THE YELLOW MONKEY (okmusic UP\'s)

THE YELLOW MONKEYが、フォトグラファー・内田将二撮影による2017年最新アーティストビジュアルを公開した。

【その他の画像】THE YELLOW MONKEY

デビュー25周年を迎え、5月21日に全曲新録ベストアルバム『THE YELLOW MONKEY ISHERE. NEW BEST』をリリース、12月9日、10日に東京ドーム公演「THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017」を行なうTHE YELLOW MONKEY。

また、新録ベストアルバムはバンド解散後の2013年にファンの投票によって選曲されたアルバム『イエモン -FAN\'S BEST SELECTION-』のアンサーアルバムとして位置付けされることから、当時実施したフォトモザイクアート企画を今作ではファンクラブ限定にて行なうことが決定した。

当時はファンからの投稿写真のみで作ったフォトモザイクアートだったが、再集結した今回はファンからの写真に加え、THE YELLOW MONKEYのメンバーが投稿した写真と2016年ライブからの選りすぐりの写真で2017年最新アーティストビジュアルをフォトモザイクアートで完成させる。

出来上がったフォトモザイクアートは、オフィシャルサイトにて5月15日より1カ月間の期間限定公開され、現在受付中(締め切り:4月20日)の5月21日リリースの『THE YELLOW MONKEY ISHERE. NEW BEST』FC限定盤のスペシャルポスターとして入手できる。12月の東京ドーム公演のFC1次受付も4月9日までとなっており、こちらもあわせてチェックしてほしい。

■【フォトモザイクアート 詳細】

◎「THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST」発売記念 ファンとメンバーで作るFC限定フォトモザイクアート
ファンから投稿された写真、THE YELLOW MONKEYの2016年ライブからの選りすぐりの写真、メンバーが投稿した写真で2017年最新アーティストビジュアルのフォトモザイクアートを完成させます。

【写真投稿方法・期間】
オフィシャルサイトより、2017年4月7日(金)12:00(正午)より4月20日(木)12:00(正午)まで受け付けます。

【完成したフォトモザイクアート公開方法】
(1)オフィシャルサイトにて5月15日(月)より6月14日(水)まで期間限定WEB公開
(2)「THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST」FC限定盤のスペシャルポスター

■オフィシャルサイト内フォトモザイクアート企画ページ
http://theyellowmonkeysuper.jp/news/detail/323
※FC限定企画のため、写真投稿、新録ベストアルバム(スペシャルポスター付)購入は、FC会員のみ受付有効とさせていただきます。

■アルバム『THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST』

2017年5月21日発売
【CD】
COCP-39968/¥2,500+税
【アナログ盤】(初回生産限定/2枚組)
COJA-9324〜5/¥3,800+税
※MP3ダウンロードカード付
【FC限定盤】(2CD+スリーブ仕様+スペシャルポスター付)
COCP-1001〜2/¥3,500+税
※送料別:¥617(税込)/離島・沖縄 ¥1,627(税込)
<収録曲>
悲しきASIAN BOY
パール
太陽が燃えている
プライマル。
WELCOME TO MY DOGHOUSE
追憶のマーメイド
BURN
SPARK
楽園
真珠色の革命時代〜Pearl Light Of Revolution〜
SO YOUNG
天国旅行
SUCK OF LIFE
花吹雪
JAM
バラ色の日々
※『2017 LIMITED SPECIAL SINGLE CD』特典付(新曲「ロザーナ」収録)
※店舗によっては、特典が終了する場合がありますことを予めご了承下さい。特典の有無は各店舗までお問い合わせ下さい。
※DISC-2はDISC-1収録曲のインストゥルメンタル音源を収録
 受付期間:2017年3月17日(金)〜2017年4月20日(木)

■「THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017」

12月09日(土) 東京 東京ドーム
12月10日(日) 東京 東京ドーム
<チケット>
・SUPER指定席 ¥15,120(税込)
※特製グッズ付・特典有り《FC1次先行限定販売》
・指定席 ¥9,720(税込)

【関連リンク】
THE YELLOW MONKEY オフィシャルHP
イエモン、新曲ティザー公開&新録ベスト発売! 12月に東京ドーム2days開催決定!
【連載コラム】稚菜、ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」の主題歌をカバー
THE YELLOW MONKEYはお茶に勝てたのか!? 緊急大調査の結果が明らかに!

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

アニソンフィットネス、ニコニコ超会議決起イベントを急遽開催! SPゲストにザ・たっち
Fri, 07 Apr 2017 12:00:00 +0900
ザ・たっち (okmusic UP\'s)

アニソンフィットネスが4月12日(水)六本木ニコファーレでニコニコ超会議2017へ向けた決起イベントを急遽開催することが決定。アニメが大好きと公言しているザ・たっちがスペシャルゲストとして登壇することがわかった。

【その他の画像】

キングレコードと面白法人カヤックが共同で仕掛けるアニソンフィットネスは、新世紀エヴァンゲリオン主題歌「残酷な天使のテーゼ」をVol.1に掲げ、1月からテレビ放送を皮切りに本格始動。

ニコニコ生放送とコラボレーションしたマンスリーイベント『A-fit LIVE LESSON』は、約100人の来場者と15,000人近い視聴者数を誇っており、ライブ感覚で参加者が一体となって楽しめるフィットネスLIVEは、ネット上でも新たなムーブメントの兆しとして話題になっている。

また、4月30日(日)開催のニコニコ超会議2017内の【超踊ってみたステージ】と【超音楽祭ステージ】、にて高橋洋子とのコラボレーションによるLIVEが決定。さらに4月5日(水)から渋谷にあるダンススタジオ・BEASTARでレギュラーレッスンもスタートした。毎週水曜日19:00〜19:30のクラスでワンレッスン1,500円、事前予約は不要となっている。4月30日(水)のニコニコ超会議2017へ向けた練習以外にも、仕事終わりや空いた時間に是非参加してほしい。

なお4月12日(水)のイベント参加は事前応募制となっているので、参加希望者は応募フォームからのアクセスが必要となる。イベント当日は、ザ・たっちのアニメ大好きトークにも期待したい。

■アニソンフィットネス×ニコニコ生放送「A-fit Road to ニコニコ超会議2017」

日時:4月12日(水)
時間:16:30開場 / 17:00開演
場所:六本木nicofarre(港区六本木7-14-23セントラム六本木ビル地下1F)
備考:イベント参加は応募フォーム(http://a-fit.jp/contact/)より事前応募が必要
視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv294456724

■【新感覚!】 発声OK!絶叫OK!アニソンフィットネスライブ MOVIE
https://youtu.be/8cnB06dEwVE

■初中級編デモンストレーション(short version)
https://www.youtube.com/watch?v=GwTByjTebsY

【関連リンク】
アニソンフィットネス オフィシャルHP
超特急、渋谷modiのコンセプトカフェにて『超特急超ネバギバサロン』を期間限定オープン
miwa、ニューシングル「シャイニー」発売決定! カップリング情報も解禁
在日ファンク、NHK新番組「日本人のおなまえっ!」にテーマ曲を書き下ろし

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, アニメ, イベント

Aimer、新曲「zero」が専門学校HALの2017年TVCMソングに決定
Fri, 07 Apr 2017 11:00:00 +0900
Aimer (okmusic UP\'s)

Aimerが5月3日に2枚同時リリースする初のベストアルバム『BEST SELECTION “blanc”』と『BEST SELECTION “noir”』。そのうちの『BEST SELECTION “noir”』に収録される新曲の詳細が発表された。

【その他の画像】Aimer

新曲は「zero」と題され、力強くエモーショナルな楽曲で固められた『BEST SELECTION “noir”』の中でもひときわアグレッシブなナンバー。バラード楽曲を中心に選曲された『BEST SELECTION “blanc”』に収録される新曲「March of Time」とは180°異なるテイストで、Aimerのボーカルの更なる可能性を感じさせてくれる。

そして、この新曲「zero」が専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)の2017年度TVCMに決定したこともあわせて発表された。2017年度のHALのTVCMは、CGのクオリティに特化したハイエンドフルCGムービーとなっており、数多くの映画やアニメ、CG作品を手掛ける日本屈指の映像制作会社 株式会社ロボットが制作。本格的なSF映画の一部を切りとったような圧倒的かつドラマチックな映像とAimerの新曲「zero」が見事に融合した作品となっている。

■専門学校HAL オフィシャルHP
https://www.hal.ac.jp/

■【リリース情報】

アルバム『BEST SELECTION “blanc”』
2017年5月3日(水・祝)発売
【初回生産限定盤A】(CD+Blu-ray)
SECL-2139〜2140/¥3,980(税込)
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
SECL-2141〜2142/¥3,580(税込)
【通常盤】
SECL-2143/¥2,980(税込)
<収録曲>
■DISC1(CD)
01.六等星の夜
(1stシングル・『NO.6』EDテーマ)
02.蝶々結び
(11thシングル・日本テレビ系『スッキリ!!』8月度テーマソング)
※野田洋次郎(RADWIMPS)楽曲提供
03.あなたに出会わなければ〜夏雪冬花〜
(4thシングル・『夏雪ランデブー』EDテーマ)
04.ポラリス
(1stミニアルバム収録)
05.Re:pray
(2ndシングル・『BLEACH』EDテーマ)
06.星屑ビーナス
(ドラマ『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』主題歌)
07.broKen NIGHT
(7thシングル・PS Vita『Fate/hollow ataraxia』主題歌)
08.カタオモイ
(TBS系『CDTV』10・11月度OPテーマ)
※内澤崇仁(androp) 楽曲提供
09.君を待つ
(テレビ朝日ドラマスペシャル『クロハ〜機捜の女性捜査官』主題歌)
10.茜さす
(12thシングル・『夏目友人帳 伍』EDテーマ)
11.雪の降る街
(日本テレビ『ゴースト〜天国からのささやき シーズン3』EDテーマ)
12.everlasting snow
(12thシングル・TBS系テレビ『ひるおび!』12月度EDテーマ)
13.March of Time
(新録曲・JAL日本航空 企業広告『只今、JALで移動中。3月の校庭篇』使用楽曲)
14.歌鳥風月
(新録曲・『食神さまの不思議なレストラン』展イメージソング)


アルバム『BEST SELECTION “noir”』
2017年5月3日(水・祝)発売
【初回生産限定盤A】(CD+Blu-ray)
SECL-2144〜2145/¥3,980(税込)
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
SECL-2146〜2147/¥3,580(税込)
【通常盤】
SECL-2148/¥2,980(税込)
<収録曲>
■DISC1(CD)
01.StarRingChild
(6thシングル・『機動戦士ガンダムUC episode 7』主題歌)
02.Brave Shine
(8thシングル・『Fate/stay night [UBW]』OPテーマ)
03.insane dream
(10thシングル)
※Taka(ONE OK ROK)楽曲提供
04.Stars in the rain
(4thアルバム収録)
※Taka(ONE OK ROK)楽曲提供
05.眠りの森
(デジタルシングル)
06.LAST STARDUST
(3rdアルバム収録・『Fate/stay night [UBW]』挿入歌)
07.凍えそうな季節から -extended ver.-
(新録曲・テレビ朝日『奪い愛、冬』OPテーマ)
08.誰か、海を。
(2ndミニアルバム収録・『残響のテロル』EDテーマ)
09.ninelie
(9thシングル・『甲鉄城のカバネリ』EDテーマ)
10.holLow wORlD
(7thシングル・PS Vita『Fate/hollow ataraxia』挿入歌)
11.us
(10thシングル)
※TK(凛として時雨)楽曲提供
12.s-AVE
(SawanoHiroyuki[nZk]「o1」収録)
13.RE:I AM
(5thシングル・『機動戦士ガンダムUC episode 6』主題歌)
14.zero
(新録曲・専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)TVCMソング)

■【ライブ情報】

『Aimer Live in 武道館 ”blanc et noir”』
8月29日(火) 日本武道館
開場/開演:18:00/19:00 

【関連リンク】
Aimer オフィシャルHP
「第9回CDショップ大賞2017」入賞7作品が明らかに! 選ばれたのは…?
TK from 凛として時雨、様々な仕掛けを施したアルバム特設サイトに豪華著名人がコメントを寄稿
「機動戦士ガンダムUC」&「RE:0096」主題歌集に歴代ガンダム名曲の澤野弘之ライブアレンジ版収録

【関連アーティスト】
Aimer
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

超特急、渋谷modiのコンセプトカフェにて『超特急超ネバギバサロン』を期間限定オープン
Fri, 07 Apr 2017 00:00:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

超特急が4月26日に5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」をリリースすることを祝し、渋谷modi 7階のコンセプトカフェにて『超特急超ネバギバサロン』が4月10日(月)から期間限定でオープンすることが決定した。

【その他の画像】超特急

『超特急超ネバギバサロン』では、アートワークとミュージックビデオを撮影したイギリスの名物料理「フィッシュ&チップス」の超特急ver.やコラボドリンクの提供。さらに、コラボメニューを注文された方にはオリジナルペーパーランチョンやコースター(7種より1枚)、イートインご利用の方より抽選で、直筆サイン入りコースターがプレゼントされるとのこと。※サインはコースター1枚につきメンバー1名。

また、8号車(=ファンの愛称)が楽しく語らえるフリースペースも拡充して設置。歴代告知ポスターの展示や、応援コメントが記入できるノートなども用意されるそうだ。

■『超特急超ネバギバサロン』概要

会場:コンセプトカフェ 
東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷modi 7F
TEL:03-6712-7313
日程:2017年4月10日(月)〜2017年4月29日(土)
営業時間:11:00〜23:00(ラストオーダー22:00)
※混雑状況により、入場整理券を配布させていただく場合がございます。

■シングル「超ネバギバDANCE」

2017年4月26日発売
【SUPER NORMAL EDITION(通常盤)】(CDのみ)
ZXRC-1103/¥1,000(税込)
<収録曲>
「超ネバギバDANCE」
「gr8est journey」
…全2曲収録予定

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
BREAKERZ主催対バンシリーズ『10番勝負』で超特急と激突!
超特急・ユースケ、アキラ100%とTBS『珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー』出演決定
超特急からタクヤもテレビ朝日『なら≒デキ』に出演決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1