歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年03月28日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
X JAPAN、60時間にわたるニコ生特番が決定! YOSHIKIがニューアルバムについて語る!?
Tue, 28 Mar 2017 21:00:00 +0900
YOSHIKI  (okmusic UP\'s)

X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』のロングラン上映を記念し、ニコニコ生放送にて3月30日(木)13時から4月1日(土)25時まで初の60時間にわたる特別番組が生放送されることが発表された。

【その他の画像】X JAPAN

番組では3月31日(金)23時から、凱旋帰国したばかりのYOSHIKIを番組に迎え、先に発表された世界ツアー『WORLD TOUR 2017 WE ARE X』やニューアルバムについて、また映画の核心に迫る貴重なインタビューをお届けするほか、視聴者からの質問コーナーも予定。また、GLAYのHISASHIをゲストに迎え、映画を鑑賞した著名人からのコメント紹介コーナー、さらにサプライズゲストの生出演も予定しているとのこと。

そして、番組後半には本邦初公開となる映画のメイキング映像を公開! このほか、現在YOSHIKI CHANNELでは、X JAPANの歴史を振り返る事のできるライブ映像や、昨年10万人を動員した日本最大のビジュアル系音楽フェス『VISUAL JAPAN SUMMIT』の会場から放送された特別番組をはじめ、数々の豪華ゲストとのトーク回など新しいアーカイブ映像も公開。生出演パートの前後にはそれらの厳選映像にくわえ、YOSHIKI CHANNELでこれまでに放送された映画『WE ARE X』の世界各国での映画祭・ジャパンプレミアの模様など、映画関連番組を一挙にお届けする。

■映画『WE ARE X』公式サイト
http://www.wearexfilm.jp/
■X JAPAN オフィシャルHP
http://xjapan.com/
■YOSHIKI CHANNEL
http://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial

■【ニコニコ生放送概要】

<タイトル>
X JAPAN 映画「WE ARE X」ロングラン上映記念 60時間特番〜YOSHIKI、HISASHI(GLAY)ほか生出演&映画未公開映像初公開+映画&アルバム&ツアー真相究明+ゲスト多数〜新たな発表も〜
<放送日時>
3月30日(木)13:00 〜 4月1日(土)25:00 予定
http://live.nicovideo.jp/watch/lv294237906
※生出演パートは、YOSHIKI CHANNELでも同時に放送されます。

■【YOSHIKI CHANNEL放送概要】

<タイトル>
映画「WE ARE X」大ヒット&ロングラン記念・YOSHIKI緊急帰国映画未公開映像初公開+映画&アルバム&ツアー真相究明+ゲスト多数〜新たな発表も〜
<放送日時>
3月31日(金)23:00 〜 25:00(予定)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv294186312
※生出演パートの一部は、YOSHIKI CHANNEL会員限定放送となります。

【関連リンク】
X JAPAN、ワールドツアーのチケット抽選先行受付詳細を解禁
YOSHIKIのプレミアムディナーショーが東京・名古屋・大阪の3大都市で開催決定
X JAPAN、英国ロックの殿堂ウェンブリー・アリーナでの公演が大成功!
TAKURO(GLAY)、初のソロツアー完走! 「彼らがいたからここまで来れた」

【関連アーティスト】
X JAPAN, YOSHIKI
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, 映画

AWAがバンドコンテスト『HARD ROCK RISING 2017』カフェラウンド優勝賞品に楽曲配信の権利を提供
Tue, 28 Mar 2017 21:00:00 +0900
『HARD ROCK RISING 2017』ロゴ (okmusic UP\'s)

音楽ストリーミングサービスAWAが、世界規模のバンドコンテスト『HARD ROCK RISING 2017』のカフェラウンド優勝賞品として、AWAで楽曲が配信できる権利を提供する。

【その他の画像】

『HARD ROCK RISING 2017』は、様々な音楽を聴きながら料理が楽しめるアメリカンレストラン「ハードロックカフェ」が主催する世界規模のバンドコンテスト。日本国内では、東京店、ユニバーサル・シティウォーク大阪TM店、福岡店の3店舗にて開催される予定だ。

同コンテストはまだ世に知られていない才能あふれるミュージシャンやバンドを発掘しサポートすることを目的にしており、16歳以上のミュージシャンであれば誰でもエントリーが可能。

オリジナル楽曲音源のWEBエントリーが3月3日から受付開始し、5月2日(火)から実施するWEB一般投票(一次審査)を通過した8組が、5月に国内店舗で行なわれるライブ審査に出場し、各店の代表が選出。各店代表は、6月に開催されるアジア地区代表選出ラウンドに進出することができる。

その後、6月2日(金)より世界4地区(北米地区、中南米地区、ヨーロッパ地区、アジア・中東地区)の代表グループ「Regional Winners」が選出され、6月14日(水)には、優勝グループ「Grand Prize Winner」が決定される。

エントリー受付の締め切りは3月29日(水)。各店の代表に当たるカフェラウンドの優勝者には、AWAで楽曲を配信できる権利がプレゼントされるとのことなので、ぜひ応募してみてほしい。

【関連リンク】
AWA
和楽器バンド、3rdアルバム『四季彩−shikisai−』が各ランキングで上位を獲得!
木村カエラ、人気イラストレーターが手がけたジャケ写&特典イラスト公開
星野源、「第9回伊丹十三賞」を受賞! 『これからも手探りで活動を続けたい』

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP

アニソンフィットネス、4月よりダンススタジオでのレッスンが開講!
Tue, 28 Mar 2017 20:30:00 +0900
アニソンフィットネスライブ (c)KING RECORD CO.,LTD.(okmusic UP\'s)

3月29日(水)をもって最終回を迎える「A-fit LIVE LESSON」。それと入れ替わりに、4月5日(水)からダンススタジオでのレッスンが開講することが明らかになった。

【その他の画像】

キングレコードと面白法人カヤックが共同で仕掛ける新規事業のアニソンフィットネス。新世紀エヴァンゲリオン主題歌『残酷な天使のテーゼ』をVol.1に掲げ、1月からのテレビ放送を皮切りに本格始動。

ニコニコ生放送とコラボレーションしたマンスリーイベント「A-fit LIVE LESSON」は、約100人の来場者と15,000人近い視聴者数を誇っており、ライブ感覚で参加者が一体となって楽しめるフィットネスLIVEは、ネット上でも新たなムーブメントの兆しとして話題になっている。

また、4月30日(日)開催の「ニコニコ超会議2017」内【超踊ってみたステージ】と【超音楽祭ステージ】にて、高橋洋子とのコラボレーションによるLIVEをアナウンスしたばかりで、"生うた×フィットネス"の演出に盛り上がりをみせている。

レッスンは渋谷にあるダンススタジオ・BEASTARで行なわれ、毎週水曜日19:00〜19:30のクラスとなる。ワンレッスン1,500円で受けられ、事前予約等は不要とのこと。仕事終わりや空いた時間に是非参加してみてはいかがだろうか。

アニソンフィットネスはプログラムVol.2として、『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生』の主題歌で、高橋洋子が歌唱する『魂のルフラン』もイベント披露されており、今後のどのような楽曲が追加されるのか気になるところだ。

(C)KING RECORD CO.,LTD.

■アニソンフィットネス・レギュラーレッスン詳細
https://beastar.jp/news/a-fit/

■アニソンフィットネスライブ映像
https://youtu.be/8cnB06dEwVE

■初中級編デモンストレーション(short version)
https://www.youtube.com/watch?v=GwTByjTebsY

【関連リンク】
アニソンフィットネス オフィシャルHP
欅坂46、360°3Dシアターのオープンを記念して8,000人を前にSPライブを披露
ニューミドルマン養成講座、6月より第6期スタート&4月1日に「ニューミドルマン・デイ」開催
大原櫻子、横浜でシロイルカと共演!「ひらり」を生披露

【関連アーティスト】

【ジャンル】
アニメ, イベント

GLIM SPANKY、台湾フェスで圧倒的パフォーマンスを見せつける
Tue, 28 Mar 2017 20:00:00 +0900
3月25日@台湾・高雄駁二藝術特區(高雄市)屋外 (okmusic UP\'s)

ミニアルバム『I STAND ALONE』の発売を4月12日に控えるGLIM SPANKYが、3月25日に海外初進出となる台湾ライヴを行なった。

【その他の画像】GLIM SPANKY

彼らが出演した『Megaport Festival 』(大港開唱)は台湾・高雄駁二藝術特區(高雄市)屋外で行なわれた多種多様な音楽イベントであり、今年で11年目を迎える。今年は3月25〜26日の2日間にわたって、台湾のアーティストのみならず国外からのアーティストも加え、のべ数十組のアーティストが参加。今回日本からはGLIM SPANKY以外にLOVE PSYCHEDELICO、酒井法子等が出演した。

アート、カルチャー、音楽が融合されたイベントの中でGLIM SPANKYは全8曲を堂々と披露し、入場規制がかかる程の大きな盛り上がりを見せた。そして、MCでは現地の言葉で「こんにちは」「ありがとう」を交えてコミュニケーションをとるなど、現地の多くのファンに支持された。

今回のイベントを通し、日本人だけではなく大多数の現地の人に支持されたことは、彼らにとっても大きな自信に繋がったと同時に、初の海外での一歩を大きく踏み出すことができたことは間違いない。

■【セットリスト】

1.NEXT ONE
2.焦燥
3.褒めろよ
4.闇に目を凝らせば
5.話をしよう
6.いざメキシコへ
7.怒りをくれよ
8.大人になったら

■【GLIM SPANKY コメント】

「自分たちの会場が、入場制限がかかるほど想像以上に盛り上がってくれました。温かく迎え入れてくれた現地のファンの人たちが、自分たちが演奏をしたら物凄く盛り上がってくれました。日本人のファンが多いのかと思いきや、現地の方がほとんどで、曲を事前によく勉強していて歌詞も覚えて来てくれていて感慨深かったです。ライブ後にも現地の人に声をかけて頂いたり、お客さんが本当に温かく本当に嬉しかったです。音楽は国境を超える、これを肌で感じたイベントでした」

■ミニアルバム『I STAND ALONE』

2017年4月12日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69115/¥2,700+税
【通常盤】(CDのみ)
TYCT-60098/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
01.アイスタンドアローン
02.E.V.I
03.Freeder
04.美しい棘
05.お月様の歌
■DVD「Next One TOUR 2016」(2016.10.30新木場STUDIO COAST)ライヴ映像
・NEXT ONE
・ダミーロックとブルース
・闇に目を凝らせば
・grand port
・時代のヒーロー
・いざメキシコへ
・風に唄えば
・怒りをくれよ
・大人になったら
・ワイルド・サイドを行け
・リアル鬼ごっこ

◎購入特典
「松尾レミデザイン!!ステッカーシート」
※一部対象外の店舗、WEBあり

【関連リンク】
GLIM SPANKY オフィシャルHP
GLIM SPANKYの新曲「美しい棘」が『警視庁・捜査一課長 season2』の主題歌に決定
GLIM SPANKY、「美しい棘」MV公開&ミニアルバムのiTunesプレオーダーが開始
MIYAVI、デビュー15周年を記念した対バンイベント15本を都内で開催

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

アジカン、完全生産限定BOXセット『AKG BOX -20th Anniversary Edition-』の中身を大公開!
Tue, 28 Mar 2017 19:30:00 +0900
完全生産限定BOXセット「AKG BOX -20th Anniversary Edition-」 (okmusic UP\'s)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが3月29日にリリースする 、結成20周年を記念して制作された完全生産限定BOXセット『AKG BOX -20th Anniversary Edition-』の内容写真を公開した。

【その他の画像】ASIAN KUNG-FU GENERATION

メジャーデビュー作「崩壊アンプリファー」から海外レコーディングが話題となった2015年リリースの「Wonder Future」まで全12タイトルを紙ジャケット化し、さらにメンバー直筆サイン入りミニ色紙や、過去アーティスト写真と全歌詞を入れ込んだ200Pのスペシャルブックレットを同梱した豪華仕様となっている『AKG BOX -20th Anniversary Edition-』。3,000セット限定のため、予約で完売間近とのことなので早めにチェックしてみよう。

また、アニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』主題歌のシングル「荒野を歩け」と、バンド史上初のトリビュート盤『AKG TRIBUTE』も同時リリースされる。

そして、3月29日には、TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK』生放送教室にメンバー全員が出演するので、こちらも要チェックだ。

■ボックス・セット『AKG BOX -20th Anniversary Edition-』

2017年3月29日発売
【完全生産限定盤】(CD12枚組BOX仕様)
KSCL-30050〜61/¥18,333+税
<収録内容>
・2003年〜2015年 フル・アルバム/ミニ・アルバム/編集アルバム 計12作品(紙ジャケット&Blu-spec CD2 × 12枚)
『崩壊アンプリファー』
『君繋ファイブエム』
『ソルファ』
『ファンクラブ』
『フィードバックファイル』
『ワールド ワールド ワールド』
『未だ見ぬ明日に』
『サーフ ブンガク カマクラ』
『マジックディスク』
『ランドマーク』
『フィードバックファイル 2』
『Wonder Future』
・ブック型ブックレット(200P)
・メンバー直筆サイン入りミニ色紙

■シングル「荒野を歩け」

2017年3月29日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD) 
KSCL-2897〜98/¥1,300+税
【通常盤】(CD) 
KSCL-2899/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1. 荒野を歩け 
2. お祭りのあと
■DVD
1. 「荒野を歩け」Music Video 
2. アニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』劇場予告

■アルバム『AKG TRIBUTE』

2017年3月29日発売
【初回仕様限定盤】
KSCL-2896/¥2,913+税
※デジパック仕様
<収録曲/参加アーテイスト>
1. ソラニン/yonige
2. 未来の破片/04 Limited Sazabys
3. Re:Re:/じん
4. 夏の日、残像/amazarashi
5. リライト/Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)
6. 迷子犬と雨のビート/シナリオアート
7. ブラックアウト/LILI LIMIT
8. N.G.S/夜の本気ダンス
9. アンダースタンド/BLUE ENCOUNT
10. ムスタング/リーガルリリー
11. 君の街まで/never young beach
12. 踵で愛を打ち鳴らせ/the chef cooks me
13. 君という花/KANA-BOON

【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION オフィシャルHP
アジカン、主題歌を担うアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』とのコラボMV「荒野を歩け」を公開
アジカン、アルバム『ソルファ』を完全生産限定アナログリリース!
アジカン、名盤『ソルファ』を完全再現した日本武道館公演をWOWOWで独占放送!

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION
【ジャンル】
ジャパニーズロック

欅坂46、グループの歴史を振り返る「W-KEYAKIZAKAの詩」MV公開
Tue, 28 Mar 2017 19:00:00 +0900
「W-KEYAKIZAKAの詩」MV (okmusic UP\'s)

欅坂46の4thシングル「不協和音」の全TYPE共通カップリング曲「W-KEYAKIZAKAの詩」のMVが公開された。

【その他の画像】欅坂46

「W-KEYAKIZAKAの詩」は、初めて欅坂46とけやき坂46(ひらがなけやき)の全32名が合同で歌う曲で、2016年12月に有明コロシアムで開催されたワンマンライヴにて初披露された。

MVは、「サイレントマジョリティー」や「世界には愛しかない」、「大人は信じてくれない」のMVを手掛けた池田一真が担当。これまでの欅坂46の歴史をなぞるようなMVとなっており、欅坂46の「サイレントマジョリティー」や「二人セゾン」、けやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」などこれまでの楽曲の振り付けが散りばめられていたり、長濱ねるの途中加入を感じさせるシーンがあったりと、様々な象徴的な出来事がMVを通して追体験することができる作品に仕上がっている。

いよいよ4月5日にリリースを控え、翌日の4月6日には代々木第一体育館でデビュー1周年記念ライブを控えている彼女たち。欅坂46初となった全員参加の楽曲MVも必見である。

■「W-KEYAKIZAKAの詩」MV
https://youtu.be/s8j9hva3luI

■シングル「不協和音」

2017年4月5日発売
【初回仕様限定盤 TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9394〜9395/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.微笑みが悲しい
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.微笑みが悲しい off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.W-KEYAKIZAKAの詩 Music Video
3.石森虹花 個人PV 
4.上村莉菜 個人PV
5.小林由依 個人PV 
6.原田葵 個人PV
7.長濱ねる 個人PV 
8.柿崎芽実・佐々木美玲 ペアPV

【初回仕様限定盤 TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9396〜9397/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.チューニング
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.チューニング off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.チューニング Music Video
3.今泉佑唯 個人PV 
4.尾関梨香 個人PV
5.齋藤冬優花 個人PV 
6.守屋茜 個人PV
7.渡辺梨加 個人PV 
8.齊藤京子・高本彩花 ペアPV

【初回仕様限定盤 TYPE-C】(CD+DVD)
SRCL-9398〜9399/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.割れたスマホ
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.割れたスマホ off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.割れたスマホ Music Video
3.小池美波 個人PV 
4.佐藤詩織 個人PV
5.志田愛佳 個人PV 
6.土生瑞穂 個人PV
7.渡邉理佐 個人PV 
8.潮紗理菜・加藤史帆・佐々木久美 トリオPV

【初回仕様限定盤 TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9400〜9401/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.僕たちは付き合っている
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.僕たちは付き合っている off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.僕たちは付き合っている Music Video
3.織田奈那 個人PV 
4.菅井友香 個人PV
5.鈴本美愉 個人PV 
6.長沢菜々香 個人PV
7.平手友梨奈 個人PV 
8.米谷奈々未 個人PV
9.井口眞緒・影山優佳 ペアPV

【通常盤】(CD)
SRCL-9402/¥972+税
<収録曲>
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.エキセントリック
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.エキセントリック off vocal ver.
※通常盤はCDのみで特典なし

■【欅坂46 デビュー1周年記念ライブ情報】

4月06日(木) 国立代々木競技場第一体育館
開場:16:30 / 開演:18:00

【関連リンク】
欅坂46 オフィシャルHP
欅坂46、360°3Dシアターのオープンを記念して8,000人を前にSPライブを披露
欅坂46、激しいダンスに目を奪われる「不協和音」MVを公開
けやき坂46、初のワンマンライブに5000人が大熱狂

【関連アーティスト】
欅坂46, けやき坂46
【ジャンル】
女性アイドル

和楽器バンド、3rdアルバム『四季彩−shikisai−』が各ランキングで上位を獲得!
Tue, 28 Mar 2017 18:30:00 +0900
和楽器バンド (okmusic UP\'s)

和楽器バンドの3rdアルバム『四季彩−shikisai−』が、発売初週に4.2万枚を売り上げ、オリコン週間アルバムランキング初登場2位を獲得した。

【その他の画像】和楽器バンド

これは約1年半前に発売された前作『八奏絵巻』が記録した初週売上3.6万枚を上回り、自己最高の好スタートとなった。ユーザーの音楽の楽しみ方が多様化し、CDの売れ行きが縮小傾向にある中での前作実績を上回る好スタートには、現在の和楽器バンドの勢いが感じられる。

さらに、Billboard JAPAN Top Albums Salesで2位、iTunesトップアルバムで2位、レコチョクアルバムランキングで1位など、各主要サイトにおいても上位にランクインしており、幅広いユーザー層から人気を博していることも注目すべき点だ。

アルバム『四季彩−shikisai−』には、配信シングル「オキノタユウ」(TBS系『CDTV』2・3月度OPテーマ/『レコチョク』TVCMソング)をはじめ、「起死回生」(テレビ東京系『リオ五輪』中継テーマソング)、「Strong Fate」(映画『残穢-住んではいけない部屋-』イメージソング)、「Valkyrie-戦乙女-」(TVアニメ『双星の陰陽師』オープニングテーマ)といったタイアップ曲が9曲、メンバー書き下ろし楽曲を含む全16曲が収録されている。

1月末にYouTubeに公開されたアルバムリード曲「オキノタユウ」のMVは、公開からわずか2か月弱で300万再生を突破し、彼らの作品の中でもっとも早い300万再生を記録している。なお今作に収録されている楽曲のMVは全部で5タイトルあるが、そのYouTube再生数の合計は約1200万再生となっており、楽曲だけでなく映像にも注目が集まっていることがわかる。

なお和楽器バンドは4月22日(土)より、初の全国ホールツアー「和楽器バンド HALL TOUR 2017 四季ノ彩 -Shiki no Irodori-」を開催。2016年は積極的な海外展開を試み、初のニューヨーク公演とアメリカ西海岸ツアーを敢行。国内では大型ロックフェスへの初出演も果たすなど、大きな成長を遂げた彼ら。今や世界へと人気を拡大させている和楽器バンドが音楽シーンを席巻する日も近いかもしれない。

■アルバム『四季彩-shikisai-』

発売中
■MUSIC VIDEO COLLECTION 初回生産限定盤
【CD+DVD+スマプラムービー&ミュージック】
AVCD-93641/B/¥4,320(税込)
【CD+Blu-ray+スマプラムービー&ミュージック】
AVCD-93642/B/¥5,184(税込)
■LIVE COLLECTION 初回生産限定盤
【CD+DVD+スマプラムービー&ミュージック】
AVCD-93643/B/¥4,320(税込)
【CD+Blu-ray+スマプラムービー&ミュージック】
AVCD-93644/B/¥5,184(税込)
■CD ONLY 初回生産限定盤
【CD+スマプラミュージック】
AVCD-93645/¥3,024(税込)
■mu-moショップ・FC八重流専売数量限定盤
【2CD+2DVD+Blu-ray+スマプラムービー&ミュージック】
AVZ1-93651〜2/B〜D/¥16,200(税込)

■「オキノタユウ」MV
https://youtu.be/WSUGASFlypY

【関連リンク】
和楽器バンド オフィシャルHP
和楽器バンド、最新アルバムが2日連続オリコンデイリーチャート2位を獲得!
和楽器バンド、東京体育館で開催した『大新年会2017』の模様をWOWOWで独占放送
和楽器バンド、鈴華ゆう子(Vo)が雪女に扮する新作MV「雪よ舞い散れ其方へ向けて」公開

【関連アーティスト】
和楽器バンド
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック

岸田 繁(くるり)、NHK総合『京いちにち』&NHK-FM『くるり電波』の新テーマ曲を書き下ろし
Tue, 28 Mar 2017 18:30:00 +0900
岸田 繁(くるり) (okmusic UP\'s)

くるりの岸田繁が、NHK京都放送局のニュース番組『京いちにち』のエンディングテーマ、そして毎月最終火曜日にNHK-FMで放送されているくるりのレギュラー番組『くるり電波』のテーマ曲を書き下ろしたことがわかった。

【その他の画像】くるり

演奏は岸田の地元である京都より、「交響曲第一番」の初演を担当した京都市交響楽団。指揮は同楽団の常任指揮者兼ミュージックアドバイザーである広上淳一が務めた。

NHK京都放送局に岸田が書き下ろしたのは、くるりの名曲「宿はなし」のオーケストラバージョン。 そして京都市交響楽団との共演で岸田自らが歌う「宿はなし」の新バージョンも制作された。この曲は『京いちにち』に新設されるコーナー『京の守り人』の中でテーマ曲として放送される。

『京の守り人』は時代とともに変わりゆく京都でこの街の未来を担う“守り人”を発掘し、末永く応援していく連続ドキュメンタリーで、4月から隔週でオンエアされる新企画だ。

また、『くるり電波』に書き下ろした楽曲は「2017年の行進曲」。岸田いわく古典的なクラシックの作曲法とオーケストレーションの技法を強く意識したという、重厚でありながらも 軽快なオープニング曲に仕上がっている。「2017年の行進曲」は、3月28日の放送で初オンエアとなるとのことなので、欠かさずチェックしよう。

■【放送概要】

■NHK総合『京いちにち』
毎週月〜金 18:30
※京都ローカル

■NHK-FM『くるり電波』
(毎月最終火曜日 23:00〜
※全国放送

【関連リンク】
くるり オフィシャルHP
くるりの最新ライブ映像がGYAO! MUSIC LIVEにて期間限定配信スタート
くるり、『京都音楽博覧会』を今年も開催すると宣言
くるり、『NOW AND 弦』リリースツアーはメンバーが“いれかわったりがったいしたり”!?

【関連アーティスト】
くるり
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

Xmas Eileen、1stシングル「99.9」購入者イベント詳細&特典が明らかに!
Tue, 28 Mar 2017 18:00:00 +0900
Xmas Eileen (okmusic UP\'s)

Xmas Eileenが、4月19日に発売する1stシングルの購入者イベントの詳細と購入者特典を発表した。

【その他の画像】Xmas Eileen

購入者イベントは、名古屋・大阪・福岡・仙台・札幌でシングル「99.9」購入者を対象にサイン会を実施。そして、全国タワーレコードチェーンでシングル「99.9」を購入すると、先着でオリジナルWジャケットステッカーがプレゼントされる。

さらにタワーレコード渋谷店、およびタワーレコード新宿店にてシングルを購入すると、応募者のなかから抽選で各店1名に“「99.9」TOUR 2017グッズ全部入れ”をプレゼントするキャンペーンも実施。

また、『TSUTAYA RECORDS Xmas Eileen “99.9” スペシャル・キャンペーン』として、全国7か所で開催される初のワンマンライヴツアー『「99.9」TOUR 2017』に、抽選で各会場2組4名(計14組28名)をライヴレポーターとして招待することも決定。さらに、サイン入りポスターが抽選で当たる施策も発表された。こちらも「99.9」購入者に応募ハガキが渡されるとのこと。詳細はオフィシャルHPで確認しよう。

■各地インストアイベント、各CDショップ購入者キャンペーンの詳細はこちら
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Information/A025403.html

■シングル「99.9」

2017年4月19日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1147/¥1,980+税
【通常盤】(CD)
VICL-37264/¥1,480+税
<収録曲>
■CD
01.99.9
02.Are You Free?
03.Growing Crime 〜BSフジ放送エンディングテーマ「リゾーリ&アイルズ サード・シーズン」〜
04.NANANA −NAOtheLAIZA Remix−
05.Before the Skyfall −HIDE Remix−
06.Still a Liar −HIDE Remix−
■DVD
「99.9」ミュージックビデオ
「Future Song」ミュージックビデオ
「ONLY THE BEGINNING Tour 2016ドキュメント1.22@代官山UNIT」

■シングル「99.9」リリース記念インストアイベント(ジャケットサイン会)

4月22日(土)タワーレコードNU茶屋町店イベントスペース
12:30集合/13:00スタート
4月22日(土)タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
18:30集合/19:00スタート
4月28日(金)タワーレコード福岡パルコ店 店内イベントスペース
18:30集合/19:00スタート
5月11日(木)タワーレコード仙台パルコ店 店内イベントスペース
18:30集合/19:00スタート
5月14日(日)タワーレコード札幌ピヴォ店 店内イベントスペース
11:30集合/12:00スタート

■『Xmas Eileen「99.9」TOUR 2017』

5月12日(金)仙台HOOK
5月14日(日)札幌BESSIE HALL
6月09日(金)福岡DRUM SON
6月11日(日)岡山IMAGE
6月22日(木)恵比寿LIQUID ROOM
6月23日(金)名古屋E.L.L
6月25日(日)大阪なんばHatch

【関連リンク】
Xmas Eileen オフィシャルHP
Xmas Eileen、新曲「99.9」のMVに人気モデル・志村禎雄と佐藤ノアが出演! LINE LIVEでフル尺解禁も
Xmas Eileen、1stシングル「99.9」リリース&全国ツアー開催を発表
Xmas Eileen、即日完売となったツアーファイナルをLINE LIVEで生配信決定

【関連アーティスト】
Xmas Eileen
【ジャンル】
ジャパニーズロック

80‘sアーティストの極めつけディスコヒット5曲(その3)
Tue, 28 Mar 2017 18:00:00 +0900
80‘sアーティストの極めつけディスコヒット5曲(その3) (okmusic UP\'s)

今回も、前回前々回と同様に80sディスコヒットを取り上げようと思う。80年代はディスコヒットが多いだけに、2回や3回では主要なアーティストを追いかけられないが、この時期はディスコが全盛期で需要が供給に追いつかず、似たような曲が増えてきたのも事実である。

【その他の画像】ABC

コメントは前回&前々回でまとめてあるので、今回は能書きなしで80‘sアーティストによる極めつけのディスコヒットを10曲セレクトしてみよう。

■1.「The Look Of Love」(‘82)/ABC

イギリスと日本で特に爆発的なヒットを記録した、ディスコファンには忘れられないナンバーのひとつ。彼らはニューロマンティックの代表的なグループで、そのサウンドはトーキングヘッズの『リメイン・イン・ライト』(‘80)やピーター・ガブリエルの『ピーター・ガブリエル』(’80)に影響を受けたものである。ファンクをベースにしてはいるが深みはなく、キャッチーであったがゆえに万人受けしたと言えよう。この曲は彼らのデビューアルバム『The Lexicon Of Love』に収録されており、このアルバムだけで4曲の大ヒットを生み、1発屋かと思いきや80年代の終わりに至るまでヒットをリリースし続けることになる。昨年、『The Lexicon Of Love II』をリリースし、ファンを驚かせた。

■2.「Love Come Down」(‘82)/Evelyn “Champagne” King

彼女にとって2曲目となる全米R&Bチャートとダンスチャートで1位を獲得、日本のディスコでも大いに受けた。彼女はジャズも歌えるので、第2のチャカ・カーンになるかと期待したのだが、90年代以降は名前を聞かなくなってしまった。全然売れなかったが、アルバム『The Girl Next Door』(‘89)はディスコ(この時期、アメリカではディスコは廃れてしまっている)以外にブラコン的な要素もあって巻き返すかと思っていたが、レコード会社が宣伝せずに惨敗し、マイナー落ちとなってしまった。「Shame」(’78)や「I’m In Love」(‘81)など忘れられないヒットもあって、ディスコ愛好家にとっては今でも大切なシンガーのひとりである。

■3.「Forget Me Nots」(‘82)/Patrice Rushen

彼女はジャズ、フュージョン、ソウル、ディスコと、何でもこい!のアーティストで、キーボード奏者としてもシンガーとしても超一流である。70年代はフュージョン奏者として売れ、80年代はディスコで大ヒットを飛ばした珍しいタイプ。この曲は全米ヒップホップチャートで4位、ダンスチャートで2位を獲得している。一見単純なダンスナンバーであるが、巧みなベースプレイにも話題が集中し、著名なスタジオミュージシャンのフレディー・ワシントンが弾いていることで注目を集めた。今聴いてもこの曲が古くならないのは、リズムマシーンを極力使わず人力演奏(バックを務めているのは超一流のミュージシャンたち)をしているからだと思う。日本のディスコファンには懐かしい曲のひとつだと思う。

■4.「Relax」(‘83)/Frankie Goes To Hollywood

トレヴァー・ホーンのZTTレコードはシンセの可能性を追求した先鋭的で前衛的なレコード会社であったが、彼らはその中にあってもっとも分かりやすく、最も売れたグループである。歌詞の内容が卑猥だとされ放送禁止になったこともあったが、日本のディスコでは英語のせいであまり関係なく、ビッグヒットになった。特にこの曲は様々なミックスの12インチシングルがリリースされ、その後の12インチのリミックス盤の流行を加速させたと言えるだろう。アメリカのダンスチャートでは20位と振るわなかったが、ヨーロッパ各国では軒並み1位となる大ヒットとなった。日本ではフランキーといえばこの曲しか思い浮かばない人が多いと思う。87年に解散。

■5.「Flash Dance…What A Feelin’」(‘83)/Irene cara

映画『フラッシュダンス』のテーマとして全世界で大ヒットし、特に日本のディスコでは大いに流行った。なんせ、この曲の作者のひとりはミュンヘン・ディスコサウンドの仕掛け人として知られるジョルジオ・モロダーだ。以前このコーナーでドナ・サマーを取り上げたときに彼のことに触れているので、興味のある人はそっちも見てください。シンセを多用しているだけに今となっては少し古臭いアレンジに感じるが、やっぱり良い曲であることに間違いはない。当時、オリコンの洋楽チャートで21週連続1位という記録を残している。特に日本人の琴線に触れるメロディーなのだと思う。

■6.「Breakout」(‘86)/Swing Out Sister

ちょっとアダルトな魅力を持つイギリス人3人組(この後すぐにデュオとなる)の大ヒット。86年になるとデジタル機器も進歩を遂げているので、あまりチープな音でなく結構良い音になっている。このグループ、ピチカートファイブあたりの渋谷系サウンドに近いものがあって、ディスコ音楽とは性質が異なる気もするが、雑食の日本ではこんな音楽もディスコでは受けたのである。ヴォーカルのコリーン・ドリュリーはモデル兼デザイナーでもあり、タケオ・キクチのモデルを務めたこともある。落ち込んでいる時でもハッピーな気分になれるアッパーこの上ない曲。

■7.「Don’t You Want Me」(‘87)/Jody Watley

もっともディスコで輝いていた女性シンガーのひとり。この曲をはじめ、彼女はダンスヒットを数多くリリースしている。彼女はディスコ向けファンクグループシャラマーのメンバーで、プロになった時からディスコヒットに憧れたシンガー。それだけに、彼女のディスコサウンドへの取り組みは真剣なのである。1988年にはグラミーの最優秀新人賞に輝くなど、華々しいデビューを飾っている。特に80年代の活躍はめざましく「Looking for a New Love」 (’87)「Don’t You Want Me」(‘87)「Some Kind of Lover」(’88)「Real Love」(‘89)の4曲が全米ダンスチャートで1位を獲得しているし、ベストテンに入ったのも3曲ある。まさにディスコの女王と言ってもいいぐらいのシンガーだ。サウンドプロデュースも素晴らしく、重厚な人力での音作りが特徴なだけに、いま聴いても古くなっていないところはさすが。

■8.「Tell It To My Heart」(‘87)/Taylor Dayne

パワフルさでは、どのシンガーにも負けないテイラー・デイン。姉御肌で場末のスナック的な雰囲気が良い味を出していると思う。シンセポップなのだが、ユーロビートではなくロックに聴こえてしまうあたり、彼女の資質はただ者ではない。これは全米ダンスチャート4位になっており、日本のディスコでも「Prove Your Love」(‘88:ダンスチャート1位)と並んでよくかかっていたナンバー。90年代以降はディスコそのものが消滅していくので、あまり知られていないが、彼女はコンスタントにヒットをリリースしており、1990年以降2014年までに11曲のトップテンソングをダンスチャートに送り込んでいる。

■9.「Monkey」(‘88)/George Michael

全米ダンスチャート1位。この曲は、彼の初のソロアルバム『フェイス』(‘87)に収録されている。このアルバム、ワム!の頃と比べると音作りが実にゴージャスで、全世界で2500万枚のセールスを記録し、白人で初めて全米R&Bチャートの1位を獲得するという快挙を成し遂げている。この曲はシンセを多用したポップスの頂点を極めた作品だと言えるのではないか。それほど完成度が高く、日本のディスコでも大ヒットとなった。昨年末、クリスマスの日に53歳の若さで亡くなったことは記憶に新しい。

■10.「Electric Youth」(‘89)/Debbie Gibson

日本人好みのマイナーなメロディーで、ディスコ後期の名曲だと思う。この曲は彼女が19歳の時にリリース、全米ダンスチャートで3位まで上昇するヒットとなった。誰もが口ずさめるメロディーとPVの踊りやすい振り付けなどもあって、ヒットにつながったのだろう。演奏は基本的に人力で、特にうねるようなベースがカッコ良く、今リリースしても大ヒットすると思う。現在はデボラ・ギブソンの名でミュージカルを中心に活動している。

■♪♪「LOVE★DISCO」を青山でリアルに体験しよう♪♪

ヨーロッパで大流行のPOP-UP Discoが遂に日本上陸! ダンクラ〜ユーロまで定番曲をプレイ。最高峰の音響(JBL10台+サブ)と照明(Moving14台+固定10台+7色LED壁)と最新制御システムで、バブル時代をクールに再現します。

■レジデントDJ:DJ BABY(+ゲストDJ2名がプレイ)
■入場料(1ドリンク&無料ビュッフェ+女性無料シャンパン込):
男性/3,500円・女性/3,000円
■営業時間:18:30〜23:30
■POP-UP日程:4月7日(金)・4月14日(金)・4月15日(土)
■所在地:東京都港区南青山6 10 12 Future7(表参道駅から:徒歩10分)
■20歳未満入場不可
■HP:https://lovedisco.themedia.jp/
■Facebook:https://www.facebook.com/LOVEDISCOAOYAMA/
(Facebookフォローで入場500円OFF)

【関連アーティスト】
ABC, Taylor Dayne, Swing Out Sister, Jody Watley, Irene Cara, George Michael, Evelyn Champagne King, Debbie Gibson, Frankie Goes to Hollywood, Patrice Rushen
【ジャンル】


木村カエラ、人気イラストレーターが手がけたジャケ写&特典イラスト公開
Tue, 28 Mar 2017 17:15:00 +0900
シングル「HOLIDAYS」 (okmusic UP\'s)

木村カエラのニューシングル「HOLIDAYS」のジャケット写真と、生産限定盤に梱包されるレジャーシートの絵柄が公開となった。

【その他の画像】木村カエラ

いずれも、ニューヨーク在住のイラストレーター、ロドニー・グリーンブラットによる描き下ろしとなる。ロドニーはゲームソフト『パラッパラッパー』のイラスト等、独創的な作品を手掛けていることでも有名だ。

ジャケット写真は、空を飛ぶペガサスにまたがる木村カエラと、虹がかかった空と緑に囲まれた、まるでテーマパークのような「HOLIDAYS」というタイトルに相応しいジャケットとなった。また、ロドニーを知る人のみならずキャラクターとして有名なPJベリーもジャケット内に登場している。 ホールツアーで披露するたびにコンサート会場が一体となり、「ラッタッタ」の大合唱となる楽曲の楽しさを再現したアートワークに注目してほしい。

また生産限定盤に梱包されるレジャーシート(900mm×600mm)はCDジャケットを開くと現れる1枚絵を元にデザインされたもの。まさに春のホリデーシーズンのお供として必需品となることは間違いない。生産限定のため、お早めの予約でゲットしたいところ。

また、合わせてカップリング楽曲も発表となった。アルバム『PUNKY』に収録されていた、卒業をテーマにした楽曲「僕たちのうた」を、カエラの中学校の恩師の音楽の先生率いる中学生の合唱団とともに歌った混声3部合唱バージョンが収録されることになった。またビルボード東京で行なわれたMTVアンプラグドで披露したNo Doubt「Just A Girl」のカバーが収録される。

そして、各販売店の特典内容も公開。特典となるクリアファイルやステッカーはいずれもロドニーの絵柄となるが、詳細絵柄の公開は後日となる。こちらも楽しみに待っていてほしい。

■シングル「HOLIDAYS」

2017年5月10日発売
【生産限定盤】(CD+グッズ)
VIZL-1173/¥2,000+税  
※完全生産限定
※「HOLIDAYS」レジャーシート(900mm×600mm)付
【初回盤】(CD+DVD )
VIZL-1148・¥1,800+税  
【通常盤】(CD ONLY)
VICL-37265・¥1,200+税  
<収録曲>
■CD
1. HOLIDAYS
2. 僕たちのうた (混声3部合唱ver.)
3. Just A Girl (Live at MTV Unplugged)
4. HOLIDAYS (Instrumental)
■初回盤DVD
・HOLIDAYS (Music Video)
・“DIAMOND TOUR” Documentary Film

◎各販売店特典内容
・Amazon:レジャーシート絵柄A5クリアファイル
・タワーレコード全国各店/タワーレコードオンライン限定特典:丸型ステッカー(カラーA)
・HMV全国各店/ローチケHMV限定特典:丸型ステッカー(カラーB)
・TSUTAYA RECORDS全国各店/TSUTAYAオンラインショッピング限定特典:丸型ステッカー(カラーC)
※TSUTAYAオンラインショッピングは予約分のみとなります。
・その他一般店:丸型ステッカー(カラーD) 
※一般店の対象店舗は4月10日以降に発表させていただきます。ビクターのサイトをご覧ください。
http://www.ela-music.com/
※丸型ステッカーはジャケットに登場する木村カエラの絵柄となり、直径90mmのサイズとなります。
これら特典の詳しいデザイン絵柄は後日ビクターのサイトにて公開となります。

【関連リンク】
木村カエラ オフィシャルHP
木村カエラ、ニューシングル「HOLIDAYS」完全生産限定盤はレジャーシート付き!?
木村カエラ、全国ツアーファイナル完走! 念願の国際フォーラムに「夢が叶ってとっても嬉しい」
ウルフルズ、Superfly・JUJUら参加トリビュートアルバムの全曲ダイジェスト動画を公開!

【関連アーティスト】
木村カエラ
【ジャンル】
J-POP

星野源、「第9回伊丹十三賞」を受賞! 『これからも手探りで活動を続けたい』
Tue, 28 Mar 2017 15:00:00 +0900
星野源 (okmusic UP\'s)

星野源が「第9回伊丹十三賞」を受賞したことが、伊丹十三記念館を運営するITM伊丹記念財団から発表された。

【その他の画像】星野源

デザイナー、イラストレーター、俳優、エッセイスト、テレビマン、雑誌編集長、映画監督……さまざまな分野で才能を発揮し、つねに斬新、しかも本格的であった仕事によって時代を切り拓く役割を果たした伊丹十三の遺業を記念して、創設された同賞。あらゆる文化活動に興味を持ちつづけ、新しい才能にも敏感であった伊丹十三が「これはネ、たいしたもんだと唸りましたね」と呟きながら膝を叩いたであろう人と作品に贈られるものとなっている。

過去の受賞者には糸井重里、タモリ、内田樹、森本千絵、池上彰、リリー・フランキー、新井敏記、是枝裕和とそうそうたる顔ぶれ。

周防正行、中村好文、平松洋子、南伸坊からなる伊丹十三賞選考委員会は星野源の受賞理由として、『音楽、エッセイ、演技のジャンルを横断し、どこか息の詰まる時代に、エンターテイナーとして驚くような風穴をあけてしまった星野的表現世界に。』とコメントしている。なお、贈呈式は4月17日(月)に行なわれる。

■伊丹十三記念館ホームページ
http://itami-kinenkan.jp/award/index.html

■【星野源からのコメント】

受賞のお知らせを聞き、本当に驚いています。自分にとって伊丹さんの存在は、遥か遠くに見える灯台のようでした。しかし、その灯りへはどうやっても辿り着けないようにできていて、その活動の姿勢や後ろ姿から、暗に「君は君の場所を作れ」と言われてるようにいつも感じていました。そしていま、こうして伊丹十三賞をいただけたことは、身に余る光栄であり、人生を丸ごと認めていただいたように嬉しいです。これからも手探りで活動を続けたいと思います。本当に、有難うございます。

【関連リンク】
星野源、「恋」が阪神電車甲子園駅の列車接近メロディに起用
星野源、本人解説付きMV集『Music Video Tour 2010-2017』リリース決定
星野源、自らが撮影時のエピソードを語るMV集『Music Video Tour 2010-2017』を5月にリリース
星野源、 大盛況となった新春ライヴ2days『YELLOW PACIFIC』で自身初のアリーナツアー開催を発表

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
J-POP

LOVE PSYCHEDELICO、新曲「Place Of Love」が映画『昼顔』の主題歌に決定
Tue, 28 Mar 2017 14:00:00 +0900
LOVE PSYCHEDELICO (okmusic UP\'s)

LOVE PSYCHEDELICOの新曲「Place Of Love」が、6月10日全国公開の映画『昼顔』の主題歌に決定した。

【その他の画像】LOVE PSYCHEDELICO

上戸彩主演、相手役・斎藤工で2014年に放送されたテレビドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」の劇場版となる映画『昼顔』。テレビドラマ版は、平日昼間に夫以外の別の男性と恋に落ちる主婦のことを指す造語「平日昼顔妻」をテーマに、道ならぬ恋に人生を狂わせてしまった女性を描き出し、「昼顔」はその年の流行語大賞にノミネートされるなど、社会現象にまでなった。

今作では、それから3年が経ち、再びめぐり会う紗和と北野、二人の物語を描く。メガホンをとるのは、『容疑者Xの献身』(08年)『任侠ヘルパー』(12年)『真夏の方程式』(13年)など数々の作品でその演出力を高く評価された西谷弘。さらに井上由美子が脚本を手掛け、音楽を菅野祐悟が担当する。

LOVE PSYCHEDELICOの映画主題歌は、2004年公開『ホテルビーナス』、2012年公開『任侠ヘルパー』、2013年公開『自縄自縛の私』につづき4作目。『任侠ヘルパー』も西谷弘監督がメガホンをとっており、実に5年振りのタッグを組むこととなった。

2017年の初頭に西谷監督からのイメージオファーを受け、書き下ろされた新曲「Place Of Love」は、今までの楽曲とは一味違っている。オリジナリティ溢れるギターリフが特徴的な楽曲が多いLOVE PSYCHEDELICOではあるが、主題歌の「Place Of Love」は、映画『昼顔』のインスパイアを持って生まれ出た深く壮大なストリングスアレンジが印象的であり、叙情的な世界を綴ったメロディアスな楽曲に仕上がっている。

また、LOVE PSYCHEDELICOと上戸彩も関わりが深く、2010年4月13日〜6月22日放送の連続ドラマ「絶対零度 Season1〜未解決事件特命捜査〜」、2011年7月8日放送ドラマ「絶対零度 Season1〜未解決事件特命捜査〜Special」、2011年7月12日〜9月21日放送連続ドラマ「絶対零度 Season2〜特殊犯罪潜入捜査〜」に於いて、オープニングテーマ 「Shadow behind」、メインテーマ「Dry Town〜Theme of Zero」(Season1・Special)及び「It\'s You」(Season2)を担当しており、今回で4曲目のコラボレーションとなる。

グループ結成から20年を迎えるLOVE PSYCHEDELICOは、4月17日(月)にニューアルバムのプレビューライブをEX THEATER ROPPONGIにて開催予定。話題の映画主題歌を皮切りに、さらにその存在感を増すべく精力的に活動を行なっていく。

■【コメント】

■KUMI(Vo)
西谷監督とは映画「任侠ヘルパー」で、上戸彩さんとは以前ドラマ「絶対零度」でご一緒したこともあり、皆さんと作品の中で再会出来ることを大変嬉しく思います。
「Place Of Love」の制作中に何度もパイロット版を観させていただき、監督とは何度も打ち合わせを重ねてきました。
この映画に深く関わらせていただけたことを、光栄に思います。

■NAOKI(Gt) 
素晴らしい作品に参加させていただいたことに、心から感謝しております。
作品からのインスパイアもあり、LOVE PSYCHEDELICOとしては今までにない壮大なストリングスを主軸にした新しいサウンドを描くことができました。
監督との綿密なやり取りもまた、この「Place Of Love」を作り上げていく上で大きな原動力となりました。
貴重な制作体験に感謝しております。
エンドロールでの監督の映像と「Place Of Love」のコラボレーションを、楽しみにしております。
    
■上戸彩
最初に聴いたときは曲調がすごく「昼顔」っぽいと思いました。特にイントロ部分が「ザ・昼顔」という感じで、歌詞の内容も「昼顔」の主題歌以外としては考えられないほどその世界観にぴったりだと思います。
LOVE PSYCHEDELICOさんは以前ドラマの主題歌でもご一緒させていただいて、よく聴いていました。
私は映画『昼顔』を観終わったとき大きく深いため息をついてしまったのですが、その余韻に浸れて切なくなれる、そして心が苦しくなるような、とても世界観を大事にしてくださった主題歌だと思います。是非劇場で映画と共に感じて頂きたいです。

■西谷弘 監督
LOVE PSYCHEDELICOは映画作家として存在した。一方通行的な楽曲提供で終わることはなかった。二人の魂が、哲学が、惜しむことなく何度もスクリーンにぶつけられた。
そして生まれたのは永遠に色褪せることのない?茜色の愛の詩″だった。
KUMIさん、NAOKIさん、二人のチームメイトに感謝しています。

■映画『昼顔』

6月10日(土) 全国東宝系にて公開
出演:上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行
監督:西谷弘 脚本:井上由美子 音楽:菅野祐悟
主題歌:「Place Of Love」LOVE PSYCHEDELICO (SPEEDSTAR RECORDS)
(C)フジテレビジョン 東宝 FNS27社

■『LOVE PSYCHEDELICO NEW ALBUM PREVIEW LIVE「How is your Love?」 』

4月17日(月) EX THEATER ROPPONGI
開場/開演:18:30/19:30

【関連リンク】
LOVE PSYCHEDELICO、新アルバムのプレビューライブ開催&レコーディング映像大公開
THE BAWDIES、2年ぶり&通算6枚目のフルアルバムのタイトルは『NEW』
LOVE PSYCHEDELICO、新曲をはじめとする全166曲のサブスクリプション配信スタート
LOVE PSYCHEDELICO、新曲ミュージックビデオを2曲同時公開

【関連アーティスト】
LOVE PSYCHEDELICO
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック

EXILE TAKAHIRO、伝説の舞台「MOJO」で初舞台&初主演に挑戦
Tue, 28 Mar 2017 13:00:00 +0900
EXILE TAKAHIRO (okmusic UP\'s)

EXILEのメインボーカリストTAKAHIROが初舞台に挑むことがわかった。

【その他の画像】EXILE

1990年代にイギリス演劇界で鮮烈のデビューを飾り、今は『007/スペクター』の共同脚本を?掛けるなどハリウッド映画界からも熱い注?を浴びるジェズ・バターワース。彼の処?作にして、イギリス演劇界最?の栄誉とされるオリヴィエ賞最優秀新作コメディー賞に輝いた伝説の舞台「MOJO」が、ついに?本初演!

抜群のリズム感に満ちたスピーディーな会話劇で、ダークなこと極まりない若者たちの不安定な?理をあぶり出していく本作。バターワースの傑作にさらなる新鮮味を加えるのは、演出・上演台本を?掛ける?? 豪だ。

TAKAHIROが挑む主人公・ベイビーは、ロンドンにあるナイトクラブのオーナーの息子役。幼いころから父親との確執を抱えており、日頃から気性が荒く、極端に冷たい部分を併せ持つ、歪んだ性格の荒くれ者。ある事件をきっかけに仲間内で起こる抗争の中心人物を演じる。

共演には波岡?喜、?村 了、尾上寛之といった実?派俳優のほか、若?ながらその幅広い演技?で頭?を現している味?良介、横??儀らがTAKAHIROの脇を固め「MOJO」の世界観を作り上げる。伝説の舞台の誕生をその目で目撃してほしい。

■【TAKAHIRO コメント】

「MOJO」という、イギリスでとても?気のある作品の?本初公演に、出演させていただくことになりました。まさか自分に舞台のオファーをいただけるとは思ってもみないことでしたし、劇団EXILEを始め、これまでパフォーマー陣が出演している数々の作品から、舞台独特の空気やライブ感、緊張感、迫力…といったものを体感してきているので、初舞台で経験もない、未知数な部分ばかりの自分にとっては、もちろん不安もあります。

でも、未知数だからこそたくさん吸収できると思いますし、舞台を終えたときにまた新しい自分に出会えると思うので、自分の可能性を信じて、とにかく一生懸命喰らいついていきたいと思います。

今作は、1950年代ロンドンの場末のナイトクラブを舞台に展開される若者たちの姿が描かれた作品で、僕はベイビーという役を演じさせていただきます。?太な演劇の中にあるダークな笑いやスリリングな展開など、この作品ならではの魅?を表現し、僕オリジナルなベイビーという?間を作り上げられるよう、全?でぶつかりたいと思います。

■【公演概要】

公演?程:6?23?(?)〜7?14?(?)
劇場:東京・品川プリンスホテル クラブeX
原作:ジェズ・バターワース
演出・上演台本:?? 豪
翻訳:??曜?
出演:TAKAHIRO、波岡?喜、?村 了、尾上寛之、味?良介、横??儀
主催:ネルケプランニング
<チケット>
¥9,500(前売・当?共/全席指定/税込)
?般発売?/5?14?(?)AM10:00〜

【関連リンク】
EXILE オフィシャルHP
EXILE・小林直己、Happinessが被災地の子供たちとふれあう
EXILE AKIRA、アジア人初のファッションブランド「ラルフローレン」アンバサダーに就任
EXILE世界&佐藤大樹による新ユニットFANTASTICS結成! 2月から武者修行へ

【関連アーティスト】
EXILE
【ジャンル】
J-POP

ビッケブランカが華麗に転身!? 新曲「Take me Take out」MV公開!
Tue, 28 Mar 2017 12:00:00 +0900
「Take me Take out」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

ビッケブランカが4月11日に配信限定リリースする新曲「Take me Take out」のMVを公開した。

【その他の画像】ビッケブランカ

前作「Slave of Love」のその後が描かれているこのMVは、映画やテレビでの活躍が注目される女優の藤本泉をヒロインに迎え、ストーリーが繰り広げられている。

ビッケブランカ率いる元囚人が刑期を終え、職探しでたどり着いたカフェには経営難に頭をかかえる美しき女性店長が…という、店内で一騒動を起こすハチャメチャの展開から、痛快ダンス、恋の予感までとミュージカル仕立てともいえる仕上がりは、もはやMVの枠を超えると早くも話題となっている。気になる方は是非チェックを!

■「Take me Take out」MV
https://www.youtube.com/watch?v=vfPX_HijqFI

■配信楽曲「Take me Take out」

2017年4月11日より配信開始
価格:¥250
※4月11日のみ¥150
※iTunes限定配信

■『Take me Take out TOUR 2017』

5月11日(木)  名古屋CLUB QUATTRO
出演:ビッケブランカ / Czecho No Republic
5月12日(金)  心斎橋Music Club JANUS
出演:ビッケブランカ / I Don\'t Like Mondays.
5月25日(木)  渋谷TSUTAYA O-WEST
出演:ビッケブランカ / BRADIO

【関連リンク】
ビッケブランカ オフィシャルHP
ビッケブランカ、iTunes限定新曲リリース&2マンツアー対バン発表
ビッケブランカ、東名阪2マンツアー開催決定
I Don\'t Like Mondays.、初のプロデュースイベントツアー『JOINT GIG TOUR』全出演者解禁!

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-POP

ふくおか官兵衛Girls、デビューシングル「三日月夜」満を持してリリース!
Tue, 28 Mar 2017 12:00:00 +0900
ふくおか官兵衛Girls (okmusic UP\'s)

ふくおか官兵衛Girlsが、結成から3年目にして待望のデビューシングル「三日月夜」を発売する。

【その他の画像】ふくおか官兵衛Girls

2014年に大河ドラマのPR隊として結成された彼女達は、福岡で数多くのイベントやメディアに出演しながら福岡・博多の歴史や魅力を発信してきた。

3月29日(水)に満を持して発売する「三日月夜」は、和楽器とロックサウンドが融合した今までのアイドルにはない魅力のある楽曲に。MVも和の世界観にこだわり、地元福岡の神社や日本庭園の全面協力を得たハイクオリティの作品に仕上がっている。

また、リリースを記念したイベントも開催。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

■【リリースイベント情報】

3月28日(火) 福岡・キャナルシティ博多
3月29日(水) 福岡・ミュージックプラザインドウ
3月31日(金) 愛知・HMV栄
4月01日(土) 東京・新星堂サンシャインシティアルタ店
4月02日(日) 東京・イオンモールレイクタウン/他

■「三日月夜」MV
https://youtu.be/FpBTSpflUf4

■シングル「三日月夜」

2017年3月29日(水)発売
【TYPE-A】(CD+DVD)
ARTCD-0001/¥1,500(税込)
<収録曲>
■CD
1.三日月夜
2.三日月夜(Instrumental)
■DVD
1.三日月夜 Music Video

【TYPE-B】(CD)
ARTCD-0002/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.三日月夜
2.乱世雷神
3.三日月夜(Instrumental)
4.乱世雷神(Instrumental)

【TYPE-C】(CD)
ARTCD-0003/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.三日月夜
2.祭囃子
3.三日月夜(Instrumental)
4.祭囃子(Instrumental)

【関連リンク】
ふくおか官兵衛Girls オフィシャルHP
欅坂46、激しいダンスに目を奪われる「不協和音」MVを公開
けやき坂46、初のワンマンライブに5000人が大熱狂
BiSH、ニューシングル「プロミスザスター」のライブ映像をフル公開

【関連アーティスト】
ふくおか官兵衛Girls
【ジャンル】
女性アイドル

HANDSIGN、いよいよ新シングル「僕が君の耳になる」発売! 足立梨花出演MVが泣けると話題に
Tue, 28 Mar 2017 11:30:00 +0900
HANDSIGN (okmusic UP\'s)

HANDSIGNの最新シングル「僕が君の耳になる」が、3月29日(水)に平尾昌晃氏プロデュースの新レーベル『ジュウバコ』よりリリースされる。

【その他の画像】HANDSIGN

楽曲は昨年入籍した耳の聞こえない女性と聞こえる男性の実話を基にしたラブソングで、手話を通じてパフォーマンスを届けてきたHANDSIGNだからこそ奏でることのできる渾身の1曲となっている。

MV(ドラマver.)では女優・足立梨花が主演を務め、耳の不自由な女性役を熱演。「強い想いがあれば乗り越えられる」というメッセージが込められた感動のストーリーに、涙する人が続出している。

同曲はiTunes、レコチョク等で先行配信中。なお、MVはドラマver.の他、ダンスver.やメイキング映像も制作されており、こちらにも注目だ。

■シングル「僕が君の耳になる」

2017年3月29日(水)発売
【Type-A】(CD+DVD)
YZHM-10301/¥1,000(税込)
<収録曲>
■CD
1. 僕が君の耳になる
2. 僕が君の耳になる(instrumental)
■DVD
1. 僕が君の耳になる MV(ドラマver.)
2. 僕が君の耳になる MV(メイキング映像)
【Type-B】(CD+DVD)
YZHM-10302/¥1,000(税込)
<収録曲>
■CD
1. 僕が君の耳になる
2. 僕が君の耳になる(instrumental)
■DVD
1. 僕が君の耳になる MV(ドラマver.)
2. 僕が君の耳になる MV(ダンスver.)

【関連リンク】
HANDSIGN オフィシャルHP
HANDSIGN、メンバーTATSUとSHINGOが新ラジオ番組「Music Around」のDJに挑戦
WEBER、Instagramにてシングル「-BALLON- / 笑顔が叶いますように」JK写解禁
美空ひばり、幻の『第15回紅白歌合戦』音声テープ&初公開インタビューを生誕80周年記念作に収録

【関連アーティスト】
HANDSIGN
【ジャンル】
J-POP

TOTALFAT、約2年ぶりのフルアルバム詳細&強力なコラボ陣を解禁
Tue, 28 Mar 2017 11:00:00 +0900
TOTALFAT (okmusic UP\'s)

TOTALFATが4月26日(水)にリリースする約2年ぶりとなるフルアルバム『FAT』の詳細が明らかになった。

【その他の画像】TOTALFAT

TOTALFATというバンドの身体の一部である言葉を切り取り『FAT』と名付けられたこのアルバム。ジャケットはその『FAT』を全面に押し出したデザインになっており、そのタイトルの中にバンドの歩んできた17年間が垣間見える。デザインを手がけたのはTOTALFATのグッズの多くを手がけているVK DESIGN WORKSで、バンド結成当初からの様々な写真のコラージュはブックレットの中にも多数登場している。

気になる収録曲は進化を止めないTOTALFATらしく、バラエティに富んだ内容に。前作『COME TOGETHER, SING WITH US』ではHIP-HOP界のレジェンド・Zeebra、RIZE/The BONEZのJESSEとのコラボが話題になったが、今作もジャンルの垣根を超えたコラボに注目だ。

昨年末に初披露されライブでは既に人気曲となっている「スクランブル」、ジャパニーズレゲエ界最強の若手ホープ"J-REXXX"とコラボした「Delight!! feat. J-REXXX」は今年のフェスでの盛り上がりが期待されるTOTALFATお得意の夏が似合うアッパーチューンだ。また先日のライブで初披露されたTOTALFATらしい前向きなメッセージが込められた「晴天」や、若手俳優の元木聖也が出演する360度VR映像のBGMに起用された「Chase」、ちょうど1年前のフェスで初披露されミドルテンポのダンシングナンバー「Wanna Be」、一昨年10月にリリースされたシングル「宴の合図」、HIP-HOPシーンで絶大な支持を受けるラッパー&トラックメーカーの"LIBRO"とコラボした「CALLING YOU feat. LIBRO」では、あらゆるジャンルで幅広く活躍する大ベテランDJ/トラックメイカー/プロデューサー/ターンテーブリストのDJ BAKUがスクラッチで参加している。そしてラストナンバーを飾るのは昨年、邦楽アーティストとして初のヘッドライナーを務めた『PUNKSPRING』で無料配布した「ONE FOR THE DREAMS」、とかなり内容の濃いラインナップとなっている。

ShunがMCを務めるZIP-FM『FIND OUT』のレギュラー最終日ではアルバムの中から数曲の先行オンエアも決定しているので、気になる方はこちらも是非チェックしよう!

■アルバム『FAT』

2017年4月26日(水)発売
RX-126/¥2,500+税
※FAST AND TIGHT tour 2017チケット アルバム封入先行有り
<収録曲>
01. R.E.P
02. スクランブル
03. Delight feat. J-REXXX
04. 晴天
05. Chase
06. Wanna Be
07. Revenge of Underdogs
08. 宴の合図
09. マエニマエニ
10. Eyes
11. CALLING YOU feat. LIBRO
12. ONE FOR THE DREAMS

【関連リンク】
TOTALFAT オフィシャルHP
遠藤正明が3年半ぶり6枚目のオリジナルアルバムをリリース、TOTALFATのJose作編曲も含む全12曲収録
TOTALFAT、春の4大ニュースを解禁!
山嵐、2017年全国ツアー『RED ROCK TOUR』の対バン相手発表

【関連アーティスト】
TOTALFAT, DJ BAKU, LIBRO, J-REXXX
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Acid Black Cherryの10年――2012年を振り返る
Tue, 28 Mar 2017 00:00:00 +0900
Acid Black Cherr (okmusic UP\'s)

2017年7月18日よりソロデビュー10周年に突入するAcid Black Cherry。総収録時間7時間32分にも及ぶ、初収録映像満載のライヴ映像作品『10th Anniversary Live History -BEST-』を3月22日にリリースした。そこで、Acid Black Cherryの10年を見てきた音楽ライターの武市尚子氏が、ABCの10年の歴史を1年づつ振り返る連載がスタート!

【その他の画像】Acid Black Cherry

その6回目は、約2年半ぶりのオリジナルアルバム『2012』を発売した2012年に迫る。

■【2012年】「Acid Black Cherry TOUR『2012』」&「Acid Black Cherry 5th Anniversary LIVE “Erect”」

 2012年は、Acid Black Cherryにとって大きな動きがあった年と言えるだろう。前年から続いた5カ月連続リリースの最後を飾るシングル「イエス」を1月にリリースし、3月には、ついに約2年半ぶりとなるオリジナルアルバム『2012』を発表した。

 このアルバムのテーマは「生きる」。物語の中には、天使や悪魔が登場し、一見ファンタジーな世界が広がっているように見えるが、実は現代社会に起きた問題点や事件性なども内包し、「終わりゆく世界の中でも、懸命に生きる人間の姿」を描いた、非常に奥深い作品である。

 yasuは、作品に込めた想をわざわざ語ることがないが、5月1日の福岡サンパレスを皮切りに全国21都市22公演をまわったツアー『Acid Black Cherry TOUR『2012』では、このアルバムに込めた意味を自らの言葉で話すことを選んだ。

「本当のことを言えば、コンセプトとかは、自分の口で説明するモノではないと思ってる。そこは口に出さずとも感じてくれたらいいことやから。俺的には、わざわざそこを口にして説明するのはナンセンスかなって思うねん。このツアーでも、出来れば自分の口から説明するのは避けたかったんだけど、このときばかりはテーマとしたところが、ことがことだっただけに、インタビューもそうやしMCも同じく、そういう大事でナイーブなところを言わずにやりすごすよりも、ちゃんと語った方がいいのかなと思ったんだよね」

 私はこのライヴを通して、彼がアルバムのコンセプトとして掲げた『生きる』という意味を強く感じることができた。そして。yasuは、このツアーにおいて、ライヴに向き合う自身の変化も語ってくれた。

「すごく前向きにやれた初めてのツアーだったんちゃうかな? って思うね。多分、それだけ自分が成長出来てたからかも。技術的な面でも、精神的な面でも。いろんなことに対してあった不安も、そこまでしんどく思わなくなってたし。昔はツアーファイナルまで走りきることしか頭になかったけどね。それがこのツアーやったと思う」

 このツアーは、その時点でのAcid Black Cherryを余すことなく届けられていたと感じた、とても充実したツアーだったことを今も覚えている。また、同年11月30日からは、Acid Black Cherryの5周年を祝う、特別なライヴツアー『Acid Black Cherry 5th Anniversary LIVE“Erect”』が5ヶ所6公演で行われた。

 アルバム『2012』リリース時に行われたファンとの握手会で、直接ファンと言葉を交わしたとき、“ライヴでこの曲が聴きたいです!”という声がたくさんあったことから、yasuはこの特別なツアーを、“ファンが聴きたい曲でセットリストを組もう”と思ったのだそうだ。

「普段からライヴでのみんなの反応を見て選曲してるから、あながち間違ってはいないと思うねんけど、このツアーでは、よりリアルに聴きたい曲をやってあげられるライヴに出来たらいいなって思うね。俺のやりたい曲を聴け! じゃなく、オマエたちの聴きたい曲で盛り上がろうぜ! みたいなね(笑)。このツアーは、昔、ガキの頃バンドに憧れているときに、“ツアーってめっちゃ楽しいんやろなぁ”って思って思い描いてたようなツアーが出来たって感じやったな」

 常に、何よりも聴き手を楽しませるライヴが出来る様にと願うyasu。このツアーでは、yasu本人も手放しでライヴを楽しんでいたのが伝わってきたのも印象的だった。オリコンチャート1位を獲得することとなったAcid Black Cherry通算3枚目のオリジナルアルバム『2012』への想い、そしてその想いを伝えたツアーを経て、5周年記念のライヴツアーを成功させたAcid Black Cherryは、この年さらに大きく成長したと言えるだろう。

text by 武市尚子

■DVD & Blu-ray『10th Anniversary Live History -BEST-』

2017年3月22日(水)発売
【DVD】
AVBD-32265〜8/¥7,560(税込)
【Blu-ray】
AVXD-32269〜71/¥8,640(税込)

【関連リンク】
Acid Black Cherr オフィシャルHP
Acid Black Cherryの10年――2011年を振り返る
Acid Black Cherryの10年――2010年を振り返る
Acid Black Cherryの10年――2009年を振り返る

【関連アーティスト】
Acid Black Cherry
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1