歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年03月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
WEBER、Instagramにてシングル「-BALLON- / 笑顔が叶いますように」JK写解禁
Mon, 27 Mar 2017 21:30:00 +0900
シングル「-BALLON- / 笑顔が叶いますように」【初回A】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

4人組ダンスボーカルユニット・WEBERが4月26日にリリースするダブルAサイドシングル「-BALLON- / 笑顔が叶いますように」のジャケットを公開した。

【その他の画像】WEBER

ジャケットはWEBERのオフィシャルInstagramにて初回A盤・初回B盤・通常盤のそれぞれが公開され、「-BALLON-」が意味する『風船』、「笑顔が叶いますように」がテーマとする『笑顔』をモチーフとしたビジュアルイメージとなっている。

また、初回盤Bには20Pの特製絵本を封入。この絵本は1stシングル「オオカミの涙」から続く今作の物語を描いたもので、タイトルは『バロンとおおかみしょうねん』。を手掛けたのは、メインボーカルのTaka.で、『悲しみの涙が“嬉し涙"に変わることをテーマに書きました』と語る彼の言葉通り、誰もが笑顔になれる、心温まる物語となっている。また、この絵本のイラストを手掛けるのはTaka.の幼馴染でもあり、現在はイラストレーター/コンセプトアーティストとして海外で活動している大曽根純氏。大曽根氏の作品に以前から感銘を受けていたTaka.は、いつかWEBERの世界観とコラボレーションした作品を作りたいと考えていたが、「-BALLON- / 笑顔が叶いますように」の初回盤の絵本は是非大曽根氏にイラストをお願いしたいとオファー。大曽根氏はTaka.からのおはなしを読んで『とても優しく温かい物語で、今回のテーマにぴったりだと感じました。』と今回のコラボレーションを快諾し、絵本「バロンとおおかみしょうねん」が生まれることになった。

大曽根氏のイラストは、公開された初回盤Bのジャケット写真背景でも見ることができる。大曽根氏の描く『バロンとおおかみしょうねん』の世界にWEBERの4人が入り込み、ファンタジーでぬくもり感溢れるジャケットとなっているので、是非チェックしよう。

■WEBER オフィシャルInstagram
http://instagram.com/weber_story

■「-BALLON-」ティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=Slwkrnnti_8

■シングル「-BALLON- / 笑顔が叶いますように」

2017年4月26日発売
【初回A】(CD+DVD)
UPCH-7249/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
1: -BALLON-
2: 笑顔が叶いますように
3: -BALLON-(instrumental)
4: 笑顔が叶いますように(instrumental)
■DVD
「-BALLON-(Music Video)」

【初回B】(CD+絵本)
UPCH-7250/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
1: -BALLON-
2: 笑顔が叶いますように
3: -BALLON-(instrumental)
4: 笑顔が叶いますように(instrumental)
■絵本
「バロンとおおかみしょうねん」

【通常】(CD)
UPCH-5904/¥1,200(税込)
<収録曲>
1: -BALLON-
2: 笑顔が叶いますように
3: Ready Steady Go→

◎購入者特典
・Amazon.co.jp
生写真(メンバー集合1種 ※AMAZONオリジナル絵柄)
・mu-moショップ
生写真(メンバー集合1種 ※mu-moショップオリジナル絵柄)
・ユニバーサルミュージックストア
告知ポスター(先着100名様分は直筆サイン入り)
※サイン入りが完売後はサインなしポスターとなります
※上記以外のCDショップでも生写真(メンバーソロショット絵柄全4種ランダム)の特典としてプレゼントできる店舗があります。店舗の詳細は後日お知らせ致します。

【関連リンク】
WEBER オフィシャルHP
WEBER、新ビジュアル&新曲「-BALLON-」MVのティザー映像公開
WEBER、バレンタインにニューシングルのリリースを発表!
WEBER、初のZEPPワンマンで熱いパフォーマンスを披露

【関連アーティスト】
WEBER
【ジャンル】
J-POP

RADWIMPS、シングル「サイハテアイニ / 洗脳」JK写で描かれる天使と悪魔が示すものとは?
Mon, 27 Mar 2017 21:00:00 +0900
シングル「サイハテアイニ / 洗脳」【初回限定盤】 (okmusic UP\'s)

5月10日(水)にリリースされるRADWIMPSのニューシングル「サイハテアイニ / 洗脳」のジャケットビジュアルが公開となった。

【その他の画像】RADWIMPS

今回のシングルタイトル曲である「サイハテアイニ」と「洗脳」の2曲それぞれが相反するコントラストを持った楽曲であるところから着想を得て、ビジュアル面でもその二面性をテーマに制作が進められた。

通常盤は「サイハテアイニ」をイメージした“天使”、そして初回限定盤は「洗脳」をイメージした“悪魔”のビジュアルに。二役を同じ1人の少年が演じることにより、人間が持つ二面性を鮮烈に表現し、苦悩する天使と、それをまるで嘲笑うかのような悪魔は、別々の空間でお互いに影響しあい、片方だけでは成立しえない存在として描かれている。また、同時に公開されたRADWIMPSの最新アーティスト写真も、今作のアートワークの世界観と連動して撮影が行なわれた。

シングル「サイハテアイニ / 洗脳」は、新曲2曲と既発曲「棒人間」のニューバージョンを含む計3曲。最新アルバム『人間開花』に収録されている「棒人間」は、4月からスタートする日本テレビ系ドラマ『フランケンシュタインの恋』の主題歌に大抜擢され話題に。また、初回限定盤にはその「棒人間」の絵本が付属されるとの事だ。

■シングル「サイハテアイニ / 洗脳」

2017年5月10日(水)発売
【初回限定盤】(CD+「棒人間」絵本)
UPCH-89333/¥1,600+税
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-80470/¥1,200+税
<収録曲>
1.サイハテアイニ
2.洗脳
3.棒人間 [Strings ver.]

■『Human Bloom Tour 2017』

4月01日(土) 愛知 名古屋 日本ガイシホール
4月02日(日) 愛知 名古屋 日本ガイシホール
4月08日(土) 広島 広島グリーンアリーナ
4月09日(日) 広島 広島グリーンアリーナ
4月15日(土) 福井 サンドーム福井
4月22日(土) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
4月23日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
4月29日(土・祝) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
4月30日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
5月09日(火) 東京 日本武道館
5月10日(水) 東京 日本武道館

【関連リンク】
RADWIMPS オフィシャルHP
RADWIMPS、ニューシングル初回限定盤は話題の楽曲「棒人間」の絵本付き!
RADWIMPS、初のドラマ主題歌は「棒人間」!
RADWIMPS、6月9日より4カ国を回るアジアツアーを開催

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

くるりの最新ライブ映像がGYAO! MUSIC LIVEにて期間限定配信スタート
Mon, 27 Mar 2017 20:00:00 +0900
くるり×GYAO! MUSIC LIVE (okmusic UP\'s)

くるりのライブ映像がGYAO! MUSIC LIVEにて配信された。

【その他の画像】くるり

配信開始となったのは、2016年9月にリリースしたベストアルバム『くるりの20回転』を記念し全国5都市で行なわれた全国ツアー『チミの名は。』のファイナル、2月28日のZepp DiverCity(TOKYO)公演の模様だ。

岸田繁(Vo/G)、佐藤征史(B/Cho)の他、野崎泰弘(Key)、松本大樹(G)、山本幹宗(G)、クリフ・アーモンド(Dr)、そしてバンドの初期オリジナルメンバーである森信行(Dr)を迎え、楽曲によってギタリスト、ドラマーが入れ替わったり共演したりする形でステージを展開した同公演。日本の音楽シーンの裾を広げ続けてきたくるりらしい演出と、多彩な楽曲をちりばめたセットリストで、自身の20周年を惜しみなく表現したライブとなっている。期間限定配信なので、お見逃しなく!

■くるり『「くるりの20回転」リリース記念ツアー「チミの名は。」』厳選集
配信期間:2017年3月27日〜2017年4月16日
http://gyao.yahoo.co.jp/music-live/player/quruli

【関連リンク】
くるり オフィシャルHP
GYAO! MUSIC LIVE
くるり、『京都音楽博覧会』を今年も開催すると宣言
くるり、『NOW AND 弦』リリースツアーはメンバーが“いれかわったりがったいしたり”!?

【関連アーティスト】
くるり
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

MONSTA X、ユニバーサルミュージックの新レーベルより日本デビューシングル「HERO」をリリース!
Mon, 27 Mar 2017 19:30:00 +0900
MONSTA X (okmusic UP\'s)

MONSTA Xが5月17日に日本デビューシングル「HERO」をユニバーサルミュージックの新レーベルMercury Tokyoよりリリースすることがわかった。

【その他の画像】MONSTA X

日本デビュー曲として選ばれたのは、韓国で大ヒットし、YouTubeでのPerformance Video再生回数が3,000万回超を記録した「HERO」の日本語バージョンだ。カップリング曲にはパワフルな楽曲「STUCK (Japanese ver.)」を収録。この2曲を聞いただけでMONSTA Xの魅力に十分触れることができる。

併せて、シングルのジャケット写真とアーティスト写真、ティーザーが初公開となった。今までにない光と影の幻想的なイメージに仕上がっており、楽曲への期待は高まるばかりだ。

初回限定盤Aには「HERO (Japanese ver.)」のMVとメイキング映像が収録されたDVDが付属。初回限定盤Bに付属するDVDには、1月20日に東京・品川ステラボールで開催され、超満員の約2,000人が大熱狂した初の単独SHOWCASEの中から4曲を収録。通常盤には、メンバーソロ7種と集合1種の全8種の中から1枚のトレーディングカードがランダムで封入される。

今回のシングル発売を前に、5月1日(月)大阪・Zepp NambaでSHOWCASEを開催することも発表されており、こちらも見逃せない。

今後、日本での精力的な活動が期待されるMONSTA Xに注目してほしい。

■「HERO (Japanese ver.) 」ティーザー
https://youtu.be/xiBXEqGKitE

■シングル「HERO」

2017年5月17日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
UMCE-9003/¥2,100(税込)
<収録曲>
■CD
M-1 HERO (Japanese ver.)
M-2 STUCK (Japanese ver.)
■DVD
・「HERO」 Music Video
・「HERO」 Music Video メイキング映像

【初回限定盤B】(CD+DVD)
UMCE-9004/¥2,100(税込)
<収録曲>
■CD
M-1 HERO (Japanese ver.)
M-2 STUCK (Japanese ver.)
■DVD
『「Japan 1st SHOWCASE 」2017.1.20 品川ステラボール』より4曲収録予定

【通常盤】(CDのみ)
UMCE-5001/¥1,200(税込)
<収録曲>
M-1 HERO (Japanese ver.)
M-2 STUCK (Japanese ver.)
初回プレス分のみ:トレーディングカード(全8種/メンバーソロ各7種:集合1種)ランダム封入

■「MONSTA X【JAPAN 1st SHOWCASE in OSAKA】」

5月01日(月) 大阪/Zepp Namba
OPEN 17:30/START 18:30
チケット料金:8,000円(税込)

【関連リンク】
MONSTA X オフィシャルHP
MYNAME、シングル「出会いあいして」全7形態のジャケット写真を公開
MYNAME、湘南乃風SHOCK EYEと感動のご対面
ROMEO、ついに日本デビュー! 4月より全国プロモーション活動も

【関連アーティスト】
MONSTA X
【ジャンル】
K-POP

欅坂46、360°3Dシアターのオープンを記念して8,000人を前にSPライブを披露
Mon, 27 Mar 2017 19:00:00 +0900
3月26日@愛知県蒲郡市・ラグーナテンボス (okmusic UP\'s)

欅坂46が3月26日、愛知県蒲郡市にあるラグーナテンボスにて、欅坂46 360°3Dシアターのオープンを記念し行なわれた音楽フェス『Shop Japan Presents LAGUNA MUSiC FES.2017 シアターオープン記念"欅坂46"プレミアムライブ』に出演した。

【その他の画像】欅坂46

開演前にはこの日オープンしたばかりの『欅坂46 360°3Dシアター』に長蛇の列ができ、ファンのテンションは既に上がりまくり。さらにフェスの合間には寒空の中ながら集まってくれた8,000人のファンの前でシアターオープン記念スペシャルトークを実施。撮影時の秘話やエピソードを語り観客からも笑いと歓声が沸き起こった。

そして、このフェスのトリとして最後に登場した欅坂46はヒット曲「二人セゾン」を含む全9曲を熱唱。メンバーの守屋茜は『天気はどんよりしてますが、私たちの最高のおもてなしをお届けします!』とライブ冒頭観客を盛り上げ、静岡出身の織田奈那は『ラグーナには昔からよく来てたので嬉しい!』と語った。尚、欅坂46が握手会以外で愛知県でライブを行なうのは今回が初めてとのこと。

また今回のフェスはキュレーションショッピングサイト『ストリコ』の協力により、MCを務めたタレントの松中みなみが6回衣装をチェンジ。ステージ上ではミニファッションショー風の演出があったり、ライブの合間にはフェスに出演した宮脇詩音やGEMもShop Japanブースに立ち寄り、ヘアアイロン『インスタイラー』を試すなど、ライブのみならず、イベント全体を来場者と共に大いに楽しんだ。

■シングル「不協和音」

2017年4月5日発売
【初回仕様限定盤 TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9394〜9395/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.微笑みが悲しい
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.微笑みが悲しい off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.W-KEYAKIZAKAの詩 Music Video
3.石森虹花 個人PV 
4.上村莉菜 個人PV
5.小林由依 個人PV 
6.原田葵 個人PV
7.長濱ねる 個人PV 
8.柿崎芽実・佐々木美玲 ペアPV

【初回仕様限定盤 TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9396〜9397/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.チューニング
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.チューニング off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.チューニング Music Video
3.今泉佑唯 個人PV 
4.尾関梨香 個人PV
5.齋藤冬優花 個人PV 
6.守屋茜 個人PV
7.渡辺梨加 個人PV 
8.齊藤京子・高本彩花 ペアPV

【初回仕様限定盤 TYPE-C】(CD+DVD)
SRCL-9398〜9399/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.割れたスマホ
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.割れたスマホ off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.割れたスマホ Music Video
3.小池美波 個人PV 
4.佐藤詩織 個人PV
5.志田愛佳 個人PV 
6.土生瑞穂 個人PV
7.渡邉理佐 個人PV 
8.潮紗理菜・加藤史帆・佐々木久美 トリオPV

【初回仕様限定盤 TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9400〜9401/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.僕たちは付き合っている
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.僕たちは付き合っている off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.僕たちは付き合っている Music Video
3.織田奈那 個人PV 
4.菅井友香 個人PV
5.鈴本美愉 個人PV 
6.長沢菜々香 個人PV
7.平手友梨奈 個人PV 
8.米谷奈々未 個人PV
9.井口眞緒・影山優佳 ペアPV

【通常盤】(CD)
SRCL-9402/¥972+税
<収録曲>
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.エキセントリック
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.エキセントリック off vocal ver.
※通常盤はCDのみで特典なし

【関連リンク】
欅坂46 オフィシャルHP
欅坂46、激しいダンスに目を奪われる「不協和音」MVを公開
けやき坂46、初のワンマンライブに5000人が大熱狂
欅坂46、4thシングル「不協和音」全貌公開

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
女性アイドル, イベント, ライブ

日本武道館のバトンをつなぐ、ベテランバンドたちの名曲5選
Mon, 27 Mar 2017 18:00:00 +0900
「ハイブリッド レインボウ」収録アルバム『LITTLE BUSTERS』/the pillows (okmusic UP\'s)

1966年にザ・ビートルズが来日公演を開催して以降、“ロックの聖地”として数多くのロックバンドが伝説を生んできた日本武道館。昔から“日本武道館”を目標とするバンドは多く、武道館でライヴをするということは人気を指し示すバロメーターやひとつのステイタスでありながら、それだけでない特別な意味を持っていた。そんな日本武道館で09年にワンマンを行なったthe pillowsをきっかけに、ベテランバンドたちが武道館のバトンをつなぐ、素敵な連鎖が起きている。ここではそんなベテランバンドたちが武道館で鳴らした名曲たちを紹介したい。

【その他の画像】the pillows

■「ハイブリッド レインボウ」(\'97)/the pillows

2009年9月16日、結成20周年を記念して日本武道館公演を開催。本編ラストに演奏されたのが、この曲だった。この曲も収録された98年リリースのアルバム『LITTLE BUSTERS』は人気も高く、バンドを取りまく環境が好転していくきっかけになったと言われる作品。00年代にはOPテーマや挿入歌を提供したアニメ『フリクリ』の効果もあり、国内のみならず、海外からも高い評価を集めたthe pillows。あの頃、《きっとまだ 限界なんてこんなもんじゃない》と現状への不満と未来への仄かな希望を歌っていた山中さわおは、その12年後に満員の武道館に立ち、どんな想いでこの曲を歌ったのだろうか? 20年前の楽曲だが、エモーショナルな歌とギターは色褪せることなく心に響く。

■「歩きつづけるかぎり」(\'12)/怒髪天

2014年1月12日、結成30周年を記念して日本武道館公演を開催。「何のズルもしないで、ただただバンドやってきたら、大体このくらいかかる!」と増子直純が語った結成30年目の武道館は、超満員の会場に涙と笑いがあふれていた。そんな中、本編クライマックスでたっぷり気持ちを込めて歌ったのがこの曲。結成30年にして武道館の大舞台に立ち、《未だ夢は覚めず 胸焦がすならば 旅に終わりは無い 歩きつづける限り》と青臭いとも思われる歌詞を大真面目に歌う増子の姿に、涙があふれたのを覚えてる。バンドでもなんでも“続けること”の意味や重要さがよく語られるが、歩き続けた先にはこんな素晴らしい未来が待ってることを怒髪天は身をもって証明してくれた。増子がMCで「次、ここでやるのは誰だ?」とバンド仲間を煽り、ベテランバンドを繋ぐ武道館のバトンが意識されたのもこの日がきっかけだった。

■「真冬の盆踊り」(\'03)/フラワーカンパニーズ

2015年12月19日、結成26年&デビュー20周年を記念して日本武道館公演を開催。無謀とも言われた武道館ワンマンに、「ガラガラのシミュレーションしかしてなかった」と鈴木圭介は笑っていたが、会場は見事に満員御礼。本編ラストでこの曲を披露し、♪ヨッサホイヨッサホイと満員のお客さんを踊らせ、武道館を揺らした。武道館ライヴのタイトルにも「生きててよかった、そんな夜はココだ!」と、歌詞が引用されている「深夜高速」もすごく良かったが。僕は「行くあてなんかどこにもないけど、くよくよしても仕方ない。踊っとけ、笑っとけ!」と開き直って馬鹿騒ぎするこの曲にグッときていた。この日、「次は50代のバンドに武道館のバトンを渡したい」と語っていた、グレートマエカワ。この言葉やフラカンの武道館成功が、周囲のバンドに与えた影響も大きかったはず。

■「愛ある世界」(\'93)/THE COLLECTORS

2017年3月1日、結成30周年を記念して日本武道館公演を開催。「ようやく身の丈にあった場所でライヴできる」と加藤ひさしが語った武道館ワンマンは、ミュージシャン仲間やモッズファッションの熱心なファンの支えもあって客席はほぼ満員。武道館公演の1曲目に演奏された、93年発表のアルバム『UFO CLUV』に収録されたこの曲は、昨年7月に「愛ある世界 -30th Anniversary Session-」として、奥田民生、甲本ヒロト、TOSHI-LOW、吉井和哉、藤井フミヤら、豪華ミュージシャンが集結し、再録ヴァージョンも発売された大名曲。「この光景を見るのが夢だった。みんなも絶対できるから。何年かかってもやってくれ」と加藤が語り、武道館のバトンは6月に武道館公演を行なうTheピーズへ渡された。

■「グライダー」(\'04)/Theピーズ

2017年6月9日、結成30周年を記念して行なわれる日本武道館公演。昨年12月、the pillowsの山中さわおのラジオに出演した大木温之の口から発表され、ロックファンを大いに驚かせたtheピーズの武道館。その前から存在は知ってたが、96年リリースのアルバム『どこへも帰らない』からしっかり聴き始めて、『リハビリ中断』後の活動休止を切なく見守り、03年の復帰盤『Theピーズ』に大号泣してと、良い時期も辛い時期もリアルタイムで見てきただけに、武道館の発表は僕も本当に驚いたし嬉しかった。まだ開催されていないので、どんな内容になるのか全く想像付かないが、僕が聴きたい曲は「グライダー」。ふわっと上昇気流にのったグライダーが日本武道館に辿り着き、超満員の観客に10年前と10年先と同じ真青な空を見せてくれることを期待している。

【関連リンク】
THE COLLECTORS、初の武道館公演を収めた映像作品を6月にリリース!
怒髪天、afoc等が出演するインペリアルレコード主催イベントのPRキャラが誕生
怒髪天、ひめキュンとのコラボ曲も収録するニューシングルのリリースを発表
UNISON SQUARE GARDEN、新作映像作品リリース決定&自主企画ツアーのゲストが明らかに!

【関連アーティスト】
the pillows, フラワーカンパニーズ, 怒髪天, THE COLLECTORS, The ピーズ
【ジャンル】


X JAPAN、ワールドツアーのチケット抽選先行受付詳細を解禁
Mon, 27 Mar 2017 18:00:00 +0900
「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」ポスター画像 (okmusic UP\'s)

X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』の大ヒット&ロングランを記念して開催するワールドツアー『X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X』。そのチケット抽選先行受付の詳細がこのたび公開となった。

【その他の画像】X JAPAN

3月27日より、映画『WE ARE X』のチケット購入者全員にツアーチケットの抽選申し込みが可能な「シークレットコード付きカード」がプレゼントされ、 映画チケットを入手した人は特別に、 YOSHIKIカード会員(YOSHIKI VISA CARD・VIP CARD & YOSHKIKITTY MASTER CARD)と同タイミングで先行申し込みが可能となる。その後、4月3日からは各メンバーファンクラブでの先行予約も開始となる。

2014年の米マディソン・スクエア・ガーデン公演、2017年の米カーネギーホールYOSHIKI単独公演、そして英ウェンブリー・アリーナ公演の成功で音楽の3大殿堂を制覇し、世界中で精力的に活動を続けるX JAPANの日本での貴重な凱旋公演。前回の日本ツアー9公演も一瞬でソールドアウトしただけに、今回もチケット大争奪戦は必至だろう。

■映画『WE ARE X』公式サイト
http://www.wearexfilm.jp/

■【『X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X』チケット抽選先行受付スケジュール】

■3月27日(月)15:00〜
映画『WE ARE X』チケット先行予約
※『WE ARE X』シークレットコード入りカード1枚にて、 先行抽選申し込みが1回可能。
※1人何回でもチャレンジ出来、 1回のお申し込みは最大2枚まで可能。
※チケットの抽選は毎週ごと実施。
※3月27日(月)『WE ARE X』カード配布開始〜映画上映終了時まで配布
※毎週日曜日23 時迄抽選受付、 翌火曜日13 時当落発表、 翌火曜日15時から抽選先行受付再開

■3月27日(月)15:00〜3月31日(金)23:00
カード会員先行予約
(YOSHIKI VISA CARD・VIP CARD/Yoshikitty MASTER CARD)

■4月03日(月)15:00〜4月06日(木)
メンバーファンクラブ先行予約
「YOSHKI MOBILE」、 「YOSHIKI CHANNEL」、 「Toshlove」、 「PATA OFFICIAL FANCLUB」、 「heath OFFICIAL FANCLUB」、 SUGIZO OFFICIAL FANCLUB「SOUL\'S MATE」、 hide official fanclub「hide-city」

■4月13日(木)11:00〜5月16日(日)18:00
ウドープレミアム会員先行予約

■4月13日(木)11:00〜5月26日(金)18:00
VIPパッケージ先行予約

■4月19日(水)13:00〜
ローソン先行予約

■5月08日(月)〜5月26日(金)
イープラス、 チケットぴあ、 CNプレイガイド先行

■5月27日(土)
一般発売

■『X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X』

7月11日(火) 大阪 大阪城ホール
7月12日(水) 大阪 大阪城ホール
7月14日(金) 横浜 横浜アリーナ
7月15日(土) 横浜 横浜アリーナ
7月16日(日) 横浜 横浜アリーナ
7月17日(月・祝) 横浜 横浜アリーナ

【関連リンク】
X JAPAN オフィシャルHP
YOSHIKIのプレミアムディナーショーが東京・名古屋・大阪の3大都市で開催決定
X JAPAN、英国ロックの殿堂ウェンブリー・アリーナでの公演が大成功!
TAKURO(GLAY)、初のソロツアー完走! 「彼らがいたからここまで来れた」

【関連アーティスト】
X JAPAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

Hilcrhyme、地元・新潟で行なった10周年記念ライブにHIKAKINとハローキティが登場
Mon, 27 Mar 2017 17:00:00 +0900
3月25日@朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(ハローキティ) (okmusic UP\'s)

Hilcrhymeが3月25日(土)に結成10周年記念特別公演『朱ノ鷺二〇一七』を彼らの本拠地・新潟市にある朱鷺メッセ新潟コンベンションセンターにて開催した。

【その他の画像】Hilcrhyme

南北に長い会場の中央に舞台が置かれ、その東西それぞれに花道がせり出した360℃ステージで、TOCとDJ KATSUの2人は全35曲、約3時間40分に及ぶ渾身のパフォーマンスを展開。セットリストは、オープニングを飾った「朱ノ鷺」以降は、彼らが発表してきたアルバムから4〜5曲ずつをセレクトし、アルバムの発売順にパフォーマンスしていくというスタイルで、1stアルバム『リサイタル』から「純也と真菜実」等、2nd『MESSAGE』から「大丈夫」等といった具合に、これまで発表してきたシングル曲20曲を全て披露した。

10年間、彼らが積み上げてきたHilcrhymeのサウンドは、場内大合唱のメロディアスナンバーあり、ダンスビートが引っ張るアップチューンありで、全国各地から新潟に集まった約6,000人のオーディエンスを魅了。MCではそれぞれのアルバム制作時の想い出などをパート毎に語っていき、TOCの言う通り、まさに『Hilcrhymeの歴史を確かめていくライブ』となった。

後半にはサプライズゲストとして、日本のYouTuberの第一人者であり同郷でもあるHIKAKINが登場し、「Summer Up」でヒューマンビートボックスとのコラボレーションを実現。アンコールでは、これまた新潟出身で、ソチ冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプ銀メダリストの平野歩夢選手による10周年のお祝いコメント映像を上映。そして、TOCが『世界で一番かわいいと思っている女性』だと言うハローキティが10周年のお祝いにサンリオピューロランドから駆けつけ、約2年半ぶりの再共演を果たして「Moon Rise」をパフォーマンスした。なお、Hilcrhymeは今年の秋頃にサンリオピューロランドでライブを開催する予定があるという。世界で活躍するこの3組のゲストに加え、さらには、5月に東名阪ツアー『Hilcrhyme TOUR 2017“SIDE BY SIDE"』を開催することがビジョンに映し出されて発表されるなどスペシャルな演出も飛び出し、フロアを大いに盛り上げた。

フィナーレは、Hilcrhyme最大のヒット曲である「春夏秋冬」を観客全員と大合唱した後、その「春夏秋冬」をモチーフにした映画『春夏秋冬物語』(4月公開)の主題歌である新曲「アフターストーリー」を初披露。『未だ空白となっている皆さんの人生の予定がHilcrhymeで埋めていきますように』と、11年目へとつながる、彼ららしい前向きなメッセージで締め括った。なおこの模様は5月6日にスカパーで放送されることが決定したので、見逃したファンはぜひチェックしてほしい。

■BSスカパー! 公式サイト
https://www.bs-sptv.com/
※5月6日(土)午後9時より『Hilcrhyme10周年記念特別公演「朱ノ鷺二〇一七」』を放送

■【セットリスト】

1 朱ノ鷺
2 もうバイバイ
3 純也と真菜実
4 リサイタル
5 RIDERS HIGH
6 ルーズリーフ
7 トラヴェルマシン
8 MESSAGE BOX
9 大丈夫
10 no one
11 Extraction 10th Anniversary Mashup
12 臆病な狼
13 パーソナルCOLOR
14 Changes
15 ジグソーパズル〜Kaleidoscope〜蛍
16 STAY ALIVE
17 NEW DAY,NEW WORLD
18 エール
19 Lost love song〜想送歌
20 YUKIDOKE〜FLOWER BLOOM
21 Summer Up
22 New Era
23 パラレル・ワールド
24 言えない 言えない
25 WARAE〜In The Mood〜
26 Side By Side
EN
1 My Place
2 Moon Rise
3 Little Samba〜情熱のRemix〜
4 春夏秋冬
5 アフターストーリー 

■『Hilcrhyme TOUR 2017 “SIDE BY SIDE"』

5月05日(金)  名古屋・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
5月20日(土)  大阪・Zepp Osaka Bayside
6月10日(土)  東京・豊洲PIT

【関連リンク】
Hilcrhyme オフィシャルHP
Hilcrhyme、映画『春夏秋冬物語』先行試写会でミニライブ&トークショー
TOC、これまでの道のりを感じさせるツアーファイナル終了
Hilcrhyme、「春夏秋冬」をモチーフにした映画『春夏秋冬物語』の撮影現場を訪問

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ, ライブ

THE RAMPAGE、新たな世界を切り開く2ndシングル「FRONTIERS」MV解禁
Mon, 27 Mar 2017 16:00:00 +0900
THE RAMPAGE (okmusic UP\'s)

THE RAMPAGEが4月19日にリリースする2ndシングル「FRONTIERS」のMVを公開した。

【その他の画像】THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

MVは「FRONTIERS」という楽曲タイトル通り、“開拓者のごとく、新しい世界、新しい自分に踏み込んでいく"というメンバーの想いが込められた映像作品に仕上がっている。

メンバー16人による圧巻のパフォーマンスや、一連のショットで撮影に挑んだ緊迫感とスピード溢れるダンスシーンはもちろん、作品に効果的に散りばめられた新たな自分に決意表明するメンバーの表情や仕草などのエモーショナルな感情表現も見所の一つだ。

エンタテインメントシーンの道なき道を切り開く“開拓者達"が放つ、決意の一作を見逃すな!

■「FRONTIERS」MV
https://www.youtube.com/watch?v=JfpWrw3x3Wo

■シングル「FRONTIERS」

2017年4月19日発売
【CD+DVD】
RZCD-86337/B/¥1,800+税
※初回盤:スリーブケース
<収録曲>
■CD
1. FRONTIERS
2. Knocking Knocking
3. 13 SAVAGE
4. FRONTIERS (Instrumental)
5. Knocking Knocking (Instrumental)
-Bonus Track-
Lightning (English Version)
■DVD
1. FRONTIERS (Music Video)
2. 13 SAVAGE Introduced by AK-69 (Music Video)
3. Lightning (from EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2016-2017 "WILD WILD WARRIORS")

【CD ONLY】
RZCD-86338/¥926+税
<収録曲>
1. FRONTIERS
2. Knocking Knocking
3. 13 SAVAGE
4. FRONTIERS (Instrumental)
5. Knocking Knocking (Instrumental)
-Bonus Track-
Lightning (English Version)

【関連リンク】
THE RAMPAGE オフィシャルHP
GENERATIONSとTHE RAMPAGEの最新楽曲がAWA×マクドナルドのスペシャルコンテンツで独占先行配信!
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、“暴れまわる”パフォーマンスでファンを魅了
4大ドーム18公演で開催した『HiGH & LOW THE LIVE』が映像化

【関連アーティスト】
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP

美空ひばり、幻の『第15回紅白歌合戦』音声テープ&初公開インタビューを生誕80周年記念作に収録
Mon, 27 Mar 2017 15:30:00 +0900
DVD BOOK『美空ひばり 生誕80周年記念 永遠の美空ひばり』 (okmusic UP\'s)

3月29日に発売される美空ひばりのDVD BOOK『美空ひばり 生誕80周年記念 永遠の美空ひばり』に、残っていないとされていた9回目の紅白「第15回紅白歌合戦」出場の音声テープ、本邦初公開のインタビューテープが収められることがわかった。

【その他の画像】美空ひばり

リリースの発表を見た関係者から連絡があり再調査したところ、残っていないと思われていた美空ひばりの9回目の紅白「第15回紅白歌合戦」出場について、過去にOBから寄贈されていた音声テープがNHKに存在していたことが判明。急遽CDに追加収録することとなった。これにより、美空ひばりの紅白出演の模様は全18回出場のうち、初回を除く2回目以降、17回分の様子がDVD BOOKから窺い知ることができるようになる。

9回目の紅白出場となった第15回紅白歌合戦は、1964年(昭和39年)に東京宝塚劇場にて行なわれ、美空ひばりは「柔」を歌唱。対戦相手は2回目の対戦となった三波春夫だった。紅組25人中のトリを務め、これにて紅組のトリは5回目となった。司会の江利チエミから『さて、紅組の締めくくりは、もう何に申し上げることはありません、美空ひばりさん『柔』です。』と紹介されると、大きな喝采の中、楽曲がスタート。ひばりは朗々と歌い上げている。

また、今回の商品には『不死鳥コンサート』の直前に収録された、NHKの山川静夫アナウンサーによる本邦初公開のインタビューが収録されることも判明。これは1988年(昭和63年)4月12日に、南米向けの国際放送でのみ放送された『この人に聞く』より、NHKアーカイブには一切の記録がなく、山川アナウンサーが編集前のインタビュー素材を個人的にテープに保存していたもの。放送では編集された15分のものが放送されたが、今作では編集前の26分22秒のインタビュー素材そのままが収められる。

「NHK紅白歌合戦」の司会をはじめ、数々の番組で活躍したNHKの顔である山川アナは、1988年(昭和63)年2月26日に東京・目黒区青葉台の美空ひばりの自宅でインタビューを行なった。山川アナの記憶では『収録からほどなく国際放送でラジオ放送された』とのこと。NHKアーカイブにも一切の記録がなかったため、当時の編成表などを捜索し、突き止めるに至ったのが1988年(昭和63)年4月12日に放送された、南米向けの『この人に聞く』だった。当時、国際放送は日本国内では短波放送以外では聞くことができなかったため、このインタビューを聞いた人は皆無に近いとされていた。

ひばりはこれまでの歌手人生や母への思い、病気による長期入院を乗り越えた心境や今後の活動への抱負などを、親交が深く信頼関係の厚い山川アナに淡々と語っており、まさにここでしか聴けない貴重なインタビューとなっている。気になる方は是非作品を手にとり、今一度彼女の想いに耳を傾けてほしい。

■DVD BOOK『美空ひばり 生誕80周年記念 永遠の美空ひばり』詳細
http://columbia.jp/artist-info/hibari/discography/COZP-1296-1303.html

■DVD BOOK『美空ひばり 生誕80周年記念 永遠の美空ひばり』

2017年3月29日発売
価格:¥45,360(税込)
編者:NHK出版 編利き
仕様:DVD 6枚+CD2枚+愛蔵版BOOK(96P) 化粧箱入り

<収録内容>
■「NHK紅白歌合戦」での現存する映像・音声をパッケージにして発売! 「思い出のメロディー」の熱唱、森繁久彌、江利チエミ、島倉千代子らとの共演、素顔に肉薄したドキュメンタリーなども収録。NHKに残る1953〜2003年放送の全20番組 約230歌唱を復刻。
■前回の報道以降、9回目の紅白出場(第15回紅白歌合戦)の音声テープの存在を確認
・美空ひばり9回目の紅白歌合戦出場
・1964年(昭和39年)/第15回 東京宝塚劇場
・「柔」対戦相手:三波春夫(2回目)
・出演順:25番目/紅組25人中 紅組トリ(5回目)
■海外でのみ放送された本邦初公開のインタビューテープも緊急収録
・1988年(昭和63年)4月12日放送 本邦初公開
・国際放送(南米向け)『この人に聞く』
・聞き手:山川静夫

【関連リンク】
美空ひばり オフィシャルHP
美空ひばり生誕80周年を記念した東京ドーム公演に五木・氷川・きゃりー・AKBら出演
美空ひばり、現存する「NHK紅白歌合戦」の映像・音声をパッケージ化
美空ひばりの未発売音源を収録したシングルがリリース

【関連アーティスト】
美空ひばり
【ジャンル】
J-POP, 演歌/歌謡曲

HY、最新アルバム『CHANCE』を引っ提げたライブハウスツアーがついにスタート!
Mon, 27 Mar 2017 15:00:00 +0900
3月26日@新木場スタジオコースト (okmusic UP\'s)

HYが3月26日に新木場スタジオコーストにてライブハウスツアー「HYカメールツアー!! 2017」の初日公演を行なった。

【その他の画像】HY

「HY カメールツアー 2017」初日、新木場スタジオコーストは幅広い層の観客でぎっしりと埋め尽くされていた。"カメール"とは沖縄の方言で、"掴む"という意味があり、最新作の表題で掲げているように、CHANCEを掴んでHAPPYになってもらいたいというHYの願いが託されている。

ライヴ序盤から、そのHAPPYな空気感を振り撒くエネルギー全開のパフォーマンスで、観客を一人残らず魅了していく。新里英之(Vo/G)、宮里悠平(G)、許田信介(B)、仲宗根泉(Key/Vo)、名嘉俊(Dr)のメンバー5人が楽曲の中で一つになったエモーションの強さ、濃さに圧倒されるばかりだ。

仲宗根が耳馴染みのある鍵盤を弾くと、イントロから大きな歓声が沸き、「AM11:00」へ。観客が自分の曲のように歌い上げる様が印象的だった。それから新里が三線に持ち替えると、ここで「三月の陽炎」をプレイ。「AM11:00」同様、新里、仲宗根、名嘉の3人のヴォーカルがうまく溶け合い、楽曲の世界観を奥深いものにしていた。

そして、仲宗根がRIZAPに挑戦した自分の心境を綴った「DEBUと言われて」もしっかり披露。ここでもメンバー5人が一体となり、会場を笑顔が咲き乱れる場へと変えていく。また、地元沖縄を拠点に活動する今のHYらしさを体現したような「BLUE」を放ち、ポジティヴでスケール感のある曲調が新木場スタジオコーストに映え渡っていた。

『皆さん、ハッピーですか?』と新里が呼びかけると、最新作の冒頭を飾る「HAPPY」が繰り出され、天井知らずの明るさを観客と共有する。ファンにはお馴染みのあのバラードも加え、終始観客と密に溶け合う笑顔が絶えない至福のパフォーマンスを展開した。

今後はセルフ・カヴァー、47都道府県ツアーやフェス出演、新里英之による弾き語りツアーと、今回のツアー以外にも様々な企画が立てられることも告げられた。ますますアグレッシヴに活動していくHYから目が離せない!

Text by 荒金良介
Photo by Handmade Music

■「HY カメールツアー!! 2017」

3月28日(火) 高知 X-pt.
4月04日(火) 石川 金沢エイトホール
4月06日(木) 新潟 LOTS
4月08日(土) 宮城 仙台RENSA
4月21日(金) 北海道 函館club COCOA
4月23日(日) 北海道 札幌PENNYLANE 24
4月27日(木) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
4月29日(土) 福岡 スカラエスパシオ
5月01日(月) 広島 CLUB QUATTRO
5月15日(月) 京都 KYOTO FANJ
5月17日(水) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
5月19日(金) 兵庫 神戸チキンジョージ
5月26日(金) 愛知 名古屋ダイアモンドホール
5月28日(日) 静岡 浜松窓枠
6月01日(木) 鹿児島 CAPARVO HALL
6月03日(土) 熊本 熊本B.9 V1  
6月05日(月) 宮崎 WEATHER KING
6月10日(土) 神奈川 横浜ベイホール
6月17日(土) 沖縄 ミュージックタウン音市場
※終了分は割愛

【関連リンク】
HY オフィシャルHP
HY、日本工学院専門学校でのリリースパーティーに上白石萌音がサプライズ出演!
HY、アルバムリリース記念イベントにて上白石萌音と名曲「366日」をコラボ披露!
HY、ニューアルバム『CHANCE』の超限定イベントを開催

【関連アーティスト】
HY
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ニューミドルマン養成講座、6月より第6期スタート&4月1日に「ニューミドルマン・デイ」開催
Mon, 27 Mar 2017 14:00:00 +0900
山口哲一 (okmusic UP\'s)

CDが売れないと言われ、デジタル化が急速に進み変化する音楽ビジネスにおいて、活躍する人材を育成するために行なわれているニューミドルマン養成講座が、第6期(プレ講座を含めると通算7期目)をスタートさせる。

【その他の画像】

また、PHP研究所より、ニューミドルマン養成講座の講義を書籍化した「エンターテックブック」も4月に刊行。それを記念し、新年度のスタートにあわせて、4月1日に「ニューミドルマン・デイ〜座談会&発表会」が開催される。

『2017年、ニューミドルマンが行うべきこと』と題された座談会ゲストは、2016年に活動再開した宇多田ヒカルの宣伝担当のソニーミュージックエンタテインメントの梶望、著書「ヒットの崩壊」が各方面で話題を呼んでいる柴那典、世界の音楽ビジネスの最先端を紹介するサイト「ALL DIGITAL MUSIC」運営者、ジェイ・コウガミ、そして、本講座オーガナイザーの山口哲一という顔ぶれ。音楽ビジネスが直面する厳しさと新しい時代の可能性に鋭い見識を持つ4人による座談会は必見だ。

また、本イベントではニューミドルマン講座出身者を対象とした、継続的なキャリアデザイン・サポートをするニューミドルマン・インキュベーション・プログラム受講生の一年間の集大成の発表と表彰も行なわれる。時代を切り開く音楽ビジネス人を育成し、様々な機会を提供する場としての可能性が注目されている。

2017年6月よりスタートするニューミドルマン養成講座第6期は近日受講募集を開始予定。内容については、新時代の音楽ビジネスの全体像を学べる内容となっているとのこと。ゲスト講師には、沖野修也(音楽家)、柴那典(音楽ジャーナリスト「ヒットの崩壊」)、ジェイコウガミ(ALL DIGITAL MUSIC)、中川悠介(ASOBI SYSTEM代表)、梶望(ソニー・ミュージック・レーベルズ)など、各分野の最前線で活躍する専門家の講義を受けることができる。併せてチェックしてほしい。

■「エンターテックブック」詳細
http://www.php.co.jp/digital/etb/

■「ニューミドルマン・デイ」

4月01日(土) 東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ
13:00〜16:00
受講料:当日現金 1,000円
【内容】
<第一部>
13:00〜13:30 ニューミドルマン・インキュベーション・プログラム参加者発表会
ニューミドルマン養成講座受講経験者を対象、1年間のキャリアアップ・コンサルティングデジタル新時代に、日本の音楽・エンタメ・IT業界を拡大し 、改革するイノベーティブな人材を育成するためのプログラム。
主宰の山口哲一を始め、コンテンツ関連業界で実績のあるサポーターが後見となって次世代によるイノベーションを促進、応援。第一期修了生による発表を行ないます。
<第二部>
13:30〜15:10 特別座談会
・梶 望(ソニー・ミュージックレーベルズ EPICレコードジャパン) 
・柴 那典(音楽ジャーナリスト)
・ジェイ・コウガミ(ジャーナリスト、「All Digital Music」運営)
・山口 哲一(音楽プロデューサー、ニューミドルマン養成講座オーガナイザー)
<第三部>
15:10〜15:40 インキュベーションプログラム表彰式+ニューミドルマン養成講座6期について
インキュベーションプログラムの優秀者の表彰と次回のニューミドルマン養成講座のご案内をします。
<第四部>
15:40〜16:00 ネットワーキングタイム
座談会の登壇者にもお加わりいただき、名刺交換などの参加者のネットワーキングを行います。

■ニューミドルマン養成講座 詳細
http://tcpl.jp/newmiddleman/
■「ニューミドルマン・デイ〜座談会&発表会」参加申し込みは、こちらから
http://tcpl.jp/archives/2812

【関連リンク】
ゆず、新曲「カナリア」が4月より『NEWS ZERO』テーマソングに!
超特急・ユースケ超特急、念願のテレビ朝日『帰れまサンデープラス』出演決定
大原櫻子、横浜でシロイルカと共演!「ひらり」を生披露
→Pia-no-jaC←、新作『EAT A CLASSIC 6』リリース&10周年記念ツアー開催決定!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, イベント

ポルノグラフィティ、台湾での初ワンマンにてファン2,000人が歓喜の渦に!
Mon, 27 Mar 2017 14:00:00 +0900
3月25日@Legacy Taipei(台湾) (okmusic UP\'s)

ポルノグラフィティが3月25日、26日の2日間にわたり、台湾にて初のワンマンライブを開催した。

【その他の画像】ポルノグラフィティ

3月25日のライブでは、1曲目の「THE DAY」が始まると、会場は待ってましたと言わんばかりの大歓声に包まれた。さらに「ヒトリノ夜」「サウダージ」「アポロ」と台湾でも人気が高い楽曲のオンパレードに熱気はぐんぐん上昇し、その後「ヴォイス」「サボテン」と続き、「黄昏ロマンス」はメンバー2人だけのアコースティックで会場を魅了。「愛が呼ぶほうへ」では、じっくり聴かせる演出に台湾のファンも言葉の壁を越え、心を奪われているようだった。

後半の「ミュージック・アワー」「ハネウマライダー」では会場全体が一体となり飛び跳ね、タオルを振り回し、「メリッサ」で会場のボルテージは最高潮に達し、本編は終了。アンコールの1曲目ではMaydayに昭仁が日本語詞を提供し、ゲストヴォーカルとしても参加した「Song for you」を披露。後半のサビは昭仁が中国語で歌唱し、ファンを驚かせる。

最後には、そんなポルノグラフィティが台湾のお客さんに驚かされる場面も。アンコール最後の楽曲「ジレンマ」の演奏が終わり、メンバーがファンに感謝の言葉を伝え、アンコールは終了したのだが、客席からさらなるアンコールを求める拍手が鳴りやまず、メンバーはもう一度ステージへ。想定外のダブルアンコールでは、本編最後でも演奏した「メリッサ」を披露。会場は大歓声のなか終演を迎えた。

初の台湾ライブを大成功で終えたポルノグラフィティ。今後はアジアにとどまらず活躍の場を広げていくだろう。

■【3月25日 セットリスト】

(1) THE DAY
(2) 今宵、月が見えずとも
(3) ヒトリノ夜
(4) LiAR
(5) サウダージ
(6) アポロ
(7) ヴォイス
(8) サボテン
(9) 黄昏ロマンス
(10) 愛が呼ぶほうへ
(11) ANGRY BIRD
(12) 渦
(13) ミュージック・アワー
(14) ハネウマライダー
(15) Mugen
(16) オー!リバル
(17) メリッサ
EN1 Song for you
EN2 アゲハ蝶
EN3 ジレンマ
EN4 メリッサ

【関連リンク】
ポルノグラフィティ オフィシャルHP
ポルノグラフィティ・Perfumeら出演! アミューズ主催音楽フェスがリニューアル
Mayday、2年ぶりの日本武道館公演でポルノグラフィティ 岡野と共演
ポルノグラフィティ、初の台湾ワンマンライブ開催決定!

【関連アーティスト】
ポルノグラフィティ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

夜の本気ダンス、新曲「SHINY」を自身のレギュラーラジオ番組にてフル解禁!
Mon, 27 Mar 2017 13:00:00 +0900
夜の本気ダンス (okmusic UP\'s)

夜の本気ダンスが4月26日にリリースするメジャー2ndシングル「SHINY E.P.」の表題曲「SHINY」を、レギュラーラジオ番組であるJ-WAVE(81.3)『THE KINGS PLACE』でフル尺オンエア解禁することを発表した。

【その他の画像】夜の本気ダンス

「SHINY」は4月8日から放送スタートする、NHK Eテレのテレビアニメ『境界のRINNE』第3シリーズのオープニングテーマソングとして書き下ろした楽曲。夜の本気ダンスとしては初となる書き下ろしタイアップ曲はどのような仕上がりになっているのか? 3月27日の『THE KINGS PLACE』を皮切りに、今後は全国のラジオ等でもこちらの楽曲を聴くことができるので、是非地元のラジオ局へリクエストしてみよう!

そして、2ndシングル「SHINY E.P.」の予約特典と、購入者対象のインストアイベントについても情報が公開となった。「SHINY E.P.」の初回限定盤もしくは通常盤を予約購入いただいた方全員に、“キラキラSHINYステッカー"がもれなくプレゼントされるとのこと。スマホに貼ることが出来るサイズのこちらのステッカーは、タワーレコード、TSUTAYA、HMV各店舗ごとに色が異なる、キラキラ仕様のスペシャルデザインになっているので、是非事前にご確認いただきたい。

■J-WAVE(81.3)『KINGS PLACE』
http://www.j-wave.co.jp/blog/kingsplace/cat2411/

■シングル「SHINY E.P.」

2017年4月26日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1151/¥1,700+税
【通常盤】(CD)
VICL-37266/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.SHINY
※NHK Eテレ テレビアニメ「境界のRINNE」第3シリーズ OPテーマソング
2.Ride
3.Blush
4.THREE
■DVD
・“ Too Shy A key TOUR 2017 " Documentary Movie(30min)
・西田一紀の「俺のことどんだけ好きやねん! 〜京都ぶらり散歩〜」(15min)

◎購入者先着チェーン別オリジナル特典
・タワーレコード全国各店 / タワーレコードオンライン
“キラキラSHINYステッカー" A
・HMV全国各店 / ローチケHMV
“キラキラSHINYステッカー" B
・TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYAオンラインショッピング
“キラキラSHINYステッカー" C
※特典は数に限りがございます。お早めにご予約下さい。
※一部取り扱いの無い店舗がございます。詳しくは店舗へお問い合わせください。

◎AMAZON限定サイン入りグッズプレゼントキャンペーン
4月26日発売シングル「SHINY E.P.」(VIZL-1151, VICL-37266)をご購入の方に専用応募ハガキを差し上げます。必要事項をご記入の上、ご応募いただいた方の中から抽選で10名様にメンバー全員のサイン入りグッズをプレゼント!
<抽選内容>
Aコース:サイン入り 夜の本気ダンス最新タオル 3名様
Bコース:サイン入り「SHINY E.P.」ポスター 7名様

【関連リンク】
夜の本気ダンス オフィシャルHP
夜の本気ダンス、2ndシングル「SHINY E.P.」の詳細解禁
夜の本気ダンス、アニメ『境界のRINNE』最新作OP収録のシングルを4月26日にリリース
『MUSIC TAGS vol.4』関西編でロットン、夜ダン、四星球、Ivyが熱演

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GLIM SPANKYの新曲「美しい棘」が『警視庁・捜査一課長 season2』の主題歌に決定
Mon, 27 Mar 2017 12:00:00 +0900
GLIM SPANKY (okmusic UP\'s)

4月12日(水)にミニアルバム『I STAND ALONE』をリリースするGLIM SPANKY。同作収録の新曲「美しい棘」が4月13日(木)にスタートするテレビ朝日系 木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長 season2』の主題歌に決定した。

【その他の画像】GLIM SPANKY

『警視庁・捜査一課長』は2012年7月『土曜ワイド劇場』からスタートし、2016年4月クールの『木曜ミステリー』枠で連続ドラマとして羽ばたいた人気シリーズの第2弾。“連ドラの鉄人"の異名を誇る俳優・内藤剛志が1年ぶりに、ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ"の捜査一課長・大岩純一を熱演。斉藤由貴や金田明夫などシリーズを支えてきたお馴染みの面々が再び終結。そして、新たに実力派人気俳優・田中圭が加入するのも大きなみどころとなっている。

内藤演じる大岩一課長を中心とした“熱き刑事たちのドラマ"と、GLIM SPANKYが放つ“熱きロック魂"が融合し、さらなる熱さと感動をもたらす“シーズン2"になることは間違いない!

■『警視庁・捜査一課長 season2』公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho2/

■【『警視庁・捜査一課長 season2』主演 内藤剛志よりコメント】

素晴らしい曲をいただきました
棘は外側にも自分にも向けられたものなのですね

多分、僕たちが生きている今は、とても複雑です
美しく醜く、優しく残酷で、温かく冷たい

そのことを「わかったふりをしない」
GLIM SPANKYのお2人の、何よりもの魅力だと思います

レミさんの心を絞り出すような美しいシャウトと、太くドライブする亀本さんの ギターは「立ち止まれ、感じろ、考えろ、そして希望を探せ」と語りかけてくるような気がします

僕たちのドラマもそうでありたいと願っています
美しい棘を胸に、スタッフ、キャスト全員で前進したいと思います

■「美しい棘」MV(Short ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=RH-IHJAQV2A

■ミニアルバム『I STAND ALONE』

2017年4月12日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69115/¥2,700+税
【通常盤】(CDのみ)
TYCT-60098/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
01.アイスタンドアローン
02.E.V.I
03.Freeder
04.美しい棘
05.お月様の歌
■DVD「Next One TOUR 2016」(2016.10.30新木場STUDIO COAST)ライヴ映像
・NEXT ONE
・ダミーロックとブルース
・闇に目を凝らせば
・grand port
・時代のヒーロー
・いざメキシコへ
・風に唄えば
・怒りをくれよ
・大人になったら
・ワイルド・サイドを行け
・リアル鬼ごっこ

◎購入特典
「松尾レミデザイン!!ステッカーシート」
※一部対象外の店舗、WEBあり

【関連リンク】
GLIM SPANKY オフィシャルHP
GLIM SPANKY、「美しい棘」MV公開&ミニアルバムのiTunesプレオーダーが開始
MIYAVI、デビュー15周年を記念した対バンイベント15本を都内で開催
GLIM SPANKY、ミニアルバム『I STAND ALONE』の幻想的なビジュアル&収録曲公開

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

BiSH、1stミニアルバムリリース決定
Mon, 27 Mar 2017 11:00:00 +0900
BiSH (okmusic UP\'s)

BiSHが自身初となるミニアルバムを6月28日にリリースすることを発表した。テレビ朝日系全国ネットTVアニメ「ヘボット!」新エンディングテーマに決定した「社会のルール」を含む新曲全5曲を収録予定だ。

【その他の画像】BiSH

2017年の年始より、初のバンドセットでZEPPクラスの会場を回った最大規模のツアー『BiSH NEVERMiND TOUR』のファイナル公演を3月19日にZEPP TOKYOで行ない、3月22日にはニューシングル「プロミスザスター」をリリースし常に話題の尽きない“楽器を持たないパンクバンド”BiSH。

ミニアルバムに加えて、新メンバーアユニ・Dのボーカル入りで新たにレコーディングを行ない、代表曲を網羅したベスト盤とも言える過去曲12曲入りのアルバム付属バージョンと、BiSH NEVERMiND TOURのファイナル公演ZEPP TOKYOのLIVE映像を完全収録したLIVE DVDが付属されたバージョン、さらに初回生産限定盤としてミニアルバムと12曲入りアルバム、そしてLIVE映像(Blu-ray)に加え、豪華写真集を同梱した全部入りBOXの計4形態でのリリースを予定している。

■ミニアルバム『タイトル未定』

2017年6月28日発売
【初回生産限定盤】(ミニAL+AL+Blu-ray)
AVZD-93683〜4/B/¥10,000+税
※写真集付き・BOX仕様
<収録曲>
■Disc-1 CD
「社会のルール」他全5曲収録予定 
※新曲5曲予定
■Disc-2 CD
12曲収録予定 
※インディーズ時代の曲を含む、LIVE人気曲を再レコーディングして収録予定
■Disc-3 Blu-ray 
2017.3.19 BiSH NEVERMiND TOUR@ZEPP TOKYOを完全収録

【ミニAL+DVD】
AVCD-93685/B/¥5,980+税
<収録曲>
■Disc-1 CD
「社会のルール」他全5曲収録予定 
※新曲5曲予定
■Disc-2 DVD
2017.3.19 BiSH NEVERMiND TOUR@ZEPP TOKYOを完全収録

【ミニAL+AL】
AVCD-93686〜7/¥2,800+税
<収録曲>
■Disc-1 CD
「社会のルール」他全5曲収録予定 
※新曲5曲予定
■Disc-2 CD
12曲収録予定 
※インディーズ時代の曲を含む、LIVE人気曲を再レコーディングして収録予定

【ミニAL】
AVCD-93688/¥1,500+税
<収録曲>
「社会のルール」他全5曲収録予定 
※新曲5曲予定

【関連リンク】
BiSH オフィシャルHP
BiSH、ニューシングル「プロミスザスター」のライブ映像をフル公開
BiSH、ツアーファイナルにて幕張メッセイベントホールでの単独公演開催を発表
BiSH、モデル・田中真琴も出演する期待煽りまくりの新曲「プロミスザスター」MV解禁

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル, パンク/ハードコア

Acid Black Cherryの10年――2011年を振り返る
Mon, 27 Mar 2017 00:00:00 +0900
Acid Black Cherry (okmusic UP\'s)

2017年7月18日よりソロデビュー10周年に突入するAcid Black Cherry。総収録時間7時間32分にも及ぶ、初収録映像満載のライヴ映像作品『10th Anniversary Live History -BEST-』を3月22日にリリースした。そこで、Acid Black Cherryの10年を見てきた音楽ライターの武市尚子氏が、ABCの10年の歴史を1年づつ振り返る連載がスタート!

【その他の画像】Acid Black Cherry

その5回目は、『ABC DreamCUP 2011』の一環として行われた4万人フリーライヴ『Acid Black Cherry FREE LIVE 2011』を開催した2011年に迫る。

■【2011年】『Acid Black Cherry FREE LIVE 2011』

 2011年3月11日。大きな震災が東日本を襲った。yasuにとっても地震はショックなことであり、「自分が何をすべきかが見えなくなったときもあった」そうだが、彼は「自分が今出来ることを精一杯にやることを選んだ」のだという。

 Acid Black Cherryはこの年、日頃応援してくれているファンへの感謝の気持ちを還元するという企画【4年に1度の大感謝! ABC DreamCUP 2011】を立ち上げた。4周年の4にかけて、4つのプレゼントをするというこの企画。4つのプレゼントの中には、愛知・大阪・山梨の3カ所で、合計4万人を抽選で無料招待した野外ライヴ『Acid Black Cherry FREE LIVE 2011』も含まれていた。

 このツアーに挑むための準備段階のyasuの意気込みは、半端なく熱かった。ナント。初めて夏の野外でのフルライヴということで、リハーサル時には、エアコンを切ったスタジオで、サウナスーツを着て体を慣らすなど、待っているファンに、いつも通りの熱いライヴを届けようとする気持ちを強く感じるような準備をしていたというのだ。

 「“いいか! 野外ライヴをなめんな! こんなもんちゃうぞ!”って、みんなでリハーサルスタジオの中で、サウナスーツ着て(笑)。あの心構えは良かったね(笑)。でもね、サウナスーツでのリハーサルはこの時が初めてじゃなくて。最初のフリーライヴも野外だからっていうので、そんときもサウナスーツ着てやって(笑)。“暑いのに慣れとかな!リハスタの空調止めようぜ!” って、過酷な状況を敢えて作ってやってたね。その過酷な状況に慣れてたら、実際、本番でステージ立ったときに、“あ、こっちのが楽や!”って思えるやん(笑)」

 そして、このフリーライブでも、中央に花道を設けるなど、出来るだけオーディエンスとの距離を近くするようにしていたように感じた。

 “とにかく、みんなの近くで歌いたい。なるべく近い距離で歌いたい”。そんなyasuの想いが真っ直ぐに伝わってきたライヴでもあった。

 また、この『Acid Black Cherry FREE LIVE 2011』には、サポートギタリストとして室姫深が参加。yasuが青春時代に聴いてきたアーティスト、DIE IN CRIESのギタリストでもあった室姫深が参加したことで、このツアーはまたひと味違ったサウンド感になっていた。

 「俺ね、サポートメンバーに対して、完コピしてくれって言うタイプじゃなくて。曲を渡して、その人の個性でアレンジして弾いてくれたら、それがいいなと思うから。ある程度の決まり事とかフレーズは必要やけど、細かいとことか好きにしてくれって思うタイプやから、室姫さんにも、“室姫さんの好きに弾いて下さい”ってお願いして。ちょっとしたフレーズで、ちょっとテンション入れたりする、そこにセンスを感じるというか。ほんまに、室姫さんのギターも好きやわって思ったね」

 このフリーライヴでAcid Black Cherryに初めて触れた人も多かったと思うが、yasuの唄と想いは、触れてくれた人たちを確実にAcid Black Cherryの世界に引き込んだように思う。

text by 武市尚子

■DVD & Blu-ray『10th Anniversary Live History -BEST-』

2017年3月22日(水)発売
【DVD】
AVBD-32265〜8/¥7,560(税込)
【Blu-ray】
AVXD-32269〜71/¥8,640(税込)

【関連リンク】
Acid Black Cherry オフィシャルHP
Acid Black Cherryの10年――2010年を振り返る
Acid Black Cherryの10年――2009年を振り返る
Acid Black Cherryの10年――2008年を振り返る

【関連アーティスト】
Acid Black Cherry
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1