歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年03月23日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
BLOOD STAIN CHILD、3ヶ月連続配信プロジェクト第一弾「TRI ODYSSEY」のMVとアー写が解禁
Thu, 23 Mar 2017 21:00:00 +0900
BLOOD STAIN CHILD (okmusic UP\'s)

2017年4月よりスタートするBLOOD STAIN CHILDの3ヶ月連続配信プロジェクト“TRI ODYSSEY”。その第一弾「TRI ODYSSEY」のMVとアーティスト写真が公開された。

【その他の画像】BLOOD STAIN CHILD

自らのサウンドを“COSMIC METAL”と呼ぶように、宇宙空間を彷彿させる映像は、トランス×メロディックデスメタルなサウンドがクロスオーバーした、これぞBSCの真骨頂という作品に仕上がっている。

また、白を基調とした衣装を纏った新アーティスト写真からは、彼らの新しい一面が垣間見れる。ぜひ併せてチェックしてみてほしい。

■「Project "TRI ODYSSEY"」特設サイト
http://www.bloodstainchild.com/triodyssey.html

■「TRI ODYSSEY」MV
https://youtu.be/P_iUjF_55Fw

■【Project "TRI ODYSSEY"についてRYUからのコメント】

TRI(トライ)とは“3”という意味で
3ヶ月に新しい3つの曲たちが
ODYSSEY(オデッセイ)“旅立っていく”
そして、それぞれの旅路を冒険し3つの世界を創り上げていく
というパラレルワールド的な意味を持たせています。

このプロジェクトの3曲は、ブラステ恒例となっているサウンドエンジニア、Jacob Hansen(AMARANTHE、DESTRUCTION、HEAVEN SHALL BURN)が大変素晴らしいサウンドプロダクションに仕上げてくれました。
3曲それぞれが個性的で、アーティストビジュアルもイメージや衣装を各曲に合わせました。
様々な新しいブラステをお見せします!
楽しみにしていてください!

■【配信予定】

■第一弾「TRI ODYSSEY」
4月3日(月)配信
■第二弾「TRANCE DEAD KINGDOM」
5月9日(火)配信
■第三弾「gaia evolution」
6月6日(火)配信

■『TRI ODYSSEY TOUR 2017』

4月16日(日) 東京・吉祥寺CRESCENDO
4月30日(日) 大阪・心斎橋FAN J
5月28日(日) 名古屋CLUB 3STAR IMAIKE
6月18日(日) 東京・吉祥寺CRESCENDO
6月25日(日) 大阪・心斎橋soma

【関連リンク】
BLOOD STAIN CHILD オフィシャルHP
BLOOD STAIN CHILD、3ヶ月連続リリースプロジェクトのメインビジュアルが解禁
BLOOD STAIN CHILD、新体制初のシングル「NEXUS」をリリース!
ファンやバンドおよび業界関係者の要望で『PURE ROCK JAPAN LIVE 〜EXTRA vol.2〜』開催決定!

【関連アーティスト】
BLOOD STAIN CHILD
【ジャンル】
メタル

IA&ONE、最新パッケージを「ニコニコ超会議2017」にて発売&新曲2曲の先行配信が開始
Thu, 23 Mar 2017 20:00:00 +0900
IA&ONE (okmusic UP\'s)

1月27日(金)に生誕5周年を迎えたヴァーチャルアーティストIAと、生誕2周年を迎えたONEの最新パッケージの発売が決定した。

【その他の画像】IA

IA&ONE名義として初めてパッケージ商品となる今作は、4月29日(土)、4月30日(日)に開催される「ニコニコ超会議2017」会場内“1st PLACE Official Shop-HACHIMAKI-"ブースにて販売される。

収録されるのは、IA&ONEのアニバーサリーソングとして発表された新曲「Reload」、そしてライブではお馴染みの人気曲「Into Starlight」の両A面シングル。DVD付きパッケージになっており、DVDには1月27日に世界同時放送された特別番組からIA&ONEの最新ARライブ映像5曲を「IA 5th & ONE 2nd Anniversary -SPECIAL AR LIVE SHOWCASE-」と題して完全収録。さらに、購入者特典として「IA&ONE特製ラバーストラップ」がプレゼントされる。

また、パッケージ発売に先駆け、3月22日から「Reload/Into Starlight」の先行配信がスタート。両曲の関連動画はトータルで100万再生を超えるなど、注目度の高い作品と言える。

そんなIAは、3月23日(木)にメキシコシティ、3月24日(金)にメルボルンでのワールドツアーを開催。ヴァーチャルアーティストならではの過密なスケジュールで全世界を駆け巡っている。今後もIA&ONEの活躍に注目してほしい。

■ニコニコ超会議1st PLACEページ
http://www.chokaigi.jp/2017/booth/1st_place.html

■CD&DVD「IA 5th & ONE 2nd Anniversary -SPECIAL AR LIVE SHOWCASE-」

2017年4月29日(土)、4月30日(日)販売
<収録曲>
■CD
1, Reload
2, Into Starlight
3, Reload -instrumental ver.-
4, Into Starlight -instrumental ver.-
■DVD
1, Into Starlight | IA & ONE
2, 東京リアルワールド | IA with out of service
3, ミライ | ONE with YOUTEE (Rock Steady Crew)
4, Shooting Star | IA with Runa & Sakura (RSC MASAMI STUDIO)
5, Reload | IA & ONE

■配信楽曲「Reload / Into Starlight」/IA & ONE

配信中
シングル購入 : ¥200
アルバム購入 : ¥750

■iTunes
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/reload-into-starlight-ep/id1208891738?app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.jp/album/A2000882355/

【関連リンク】
IA オフィシャルHP
ONE オフィシャルHP
バーチャルアーティスト・IAのトークソフトウェアが販売スタート
IA&ONE、アニバーサリー特番で重大発表を連発!

【関連アーティスト】
IA, ONE
【ジャンル】
ネットカルチャー, ボーカロイド

Bentham、観覧無料のインストアツアー開催&7インチEPサイズ盤の追加販売決定
Thu, 23 Mar 2017 19:00:00 +0900
Bentham (okmusic UP\'s)

Benthamが4月12日にリリースする「激しい雨/ファンファーレ」。それに伴い東名阪でのインストアツアーを開催する事が決定し、店舗特典も発表された。


【その他の画像】Bentham

インストアツアーでの演奏は、普段のバンドセットではなくアコースティックセットで行なうため、普段披露している曲が違ったアレンジで聴ける貴重な時間となっており、しかも観覧は無料! さらに、インストアイベントが行なわれる対象店舗で「激しい雨/ファンファーレ」を購入すると、ライブの後に行われる「サイン会」に参加できる参加券がついてくる。そして、店舗特典はラバーバンドに決定し、タワーレコードVer.と、その他の販売店Ver.の2種類を用意。イベントの詳細はBenthamのオフィシャルHPでチェックを!

また、通販サイト「Bentham屋」での予約販売のみだった、7インチEPサイズ紙ジャケット仕様の「激しい雨/ファンファーレ」が、好評につき数量限定で23日(木)18:00から販売を再開する。

■『「激しい雨/ファンファーレ」インストアーツアー』

4月11日(火)19:00〜 タワーレコード横浜ビブレ店 イベントスペース
4月12日(水)19:00〜 タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
4月16日(日)20:00〜 タワーレコード渋谷店 SpaceHACHIKAI
4月19日(水)19:30〜 タワーレコード梅田NU茶屋町店イベントスペース
4月20日(木)18:00〜 パルコ西館1Fイベントスペース

■シングル「激しい雨/ファンファーレ」

2017年4月12日発売
【ライブ映像DVD付き盤】(CD+DVD)
PCCA.04496/¥1,836(税込)
※DVDはライブ映像収録予定
【通常盤】(CD)
PCCA.04497/¥1,296(税込)
【Bentham屋限定盤】(CD)
PCCA.00048/¥1,500(税込)
※7インチEPサイズ紙ジャケット仕様
<収録曲>
1,激しい雨
2,ファンファーレ
3,NEW WORLD
4,夜明けの歌

【関連リンク】
Bentham オフィシャルHP
mol-74、ツアーゲスト発表&追加公演とインストアライヴも決定
Bentham、タイトル通りの“激しい雨"をあびながら撮影したMV公開
Bentham、4月に両A面シングル「激しい雨/ファンファーレ」でメジャーデビュー!

【関連アーティスト】
Bentham
【ジャンル】
ジャパニーズロック

井上実優、デビューシングル「Boogie Back」MV公開&ストリーミング先行配信スタート!
Thu, 23 Mar 2017 18:45:00 +0900
シングル「Boogie Back」MV (okmusic UP\'s)

井上実優が4月19日(水)に発売するデビューシングル「Boogie Back」のMVが公開された。

【その他の画像】井上実優

フジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール超」4〜6月度のエンディングテーマに決定した「Boogie Back」のMVは、ディレクターに多くのテレビCMやMVを手掛ける中根さや香を起用。撮影は全編渋谷の街中ロケで行なわれた。井上実優の歌唱シーンと、ファッション・カルチャー誌の表紙やモデルとして活躍する人気ハーフモデル・aRekとアユミ ターンブルが演じる渋谷の街で不意に出会う男女のドラマを融合させ、女性らしい繊細なタッチで、美しく、かつ楽曲が持つダンサブルな疾走感を見事に描いている。

同時に、楽曲のストリーミング先行配信がスタート。国内主要音楽配信サービス、オンデマンド型のApple Music、LINE MUSIC、AWA、KK BOX、Google Play Music、レコチョクBest、ラジオ型のdヒッツ、AUスマートパス、スマホでUSENにて、表題曲「Boogie Back」、カップリング曲「Slave」「I will be your love」計3曲のストリーミング配信、そしてiTunes Storeでは「Boogie back」単曲の先行ダウンロード配信とシングルプレオーダーが開始した。
 
さらに、オフィシャルHPもリニューアルされ、「Boogie Back」の作品スペシャルページが公開となった。スペシャルページでは「Boogie Back」のMV視聴はもちろん、CD収録全3曲の試聴、そして約5,500文字に及ぶオフィシャルインタビューも掲載されている。こちらも是非ともチェックしてほしい。

3月28日(火)には初のラジオ生放送ゲストとして文化放送「レコメン!」(22時〜25時)への出演も決定。今後も続々と新情報が公開されていく井上実優から目が離せない!

■「Boogie Back」MV
https://youtu.be/-1ahiGLoUM0

■【配信情報】

国内主要音楽配信サービスにて「Boogie Back」「Slave」「I will be your love」計3曲ストリーミング配信中

■「Boogie Back」単曲先行ダウンロード配信&シングル「Boogie Back ep」プレオーダー受付URL
https://itunes.apple.com/jp/album/id1213686248?app=itunes&ls=1

■シングル「Boogie Back」

2017年4月19日(水)発売
【通常盤】(CDのみ)
VICL-37262/¥1,200+税
<収録曲>
M-1「Boogie Back」
M-2「Slave」
M-3「I will be your love」
M-4「Boogie Back(instrumental)」
M-5「Slave(instrumental)」
M-6「I will be your love(instrumental)」

【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1146/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
通常盤と同内容
■DVD
「Boogie Back Music Video」
「I will be your love 20160729」

【アニメ盤】(CDのみ)
VICL-37263/¥1,000+税
<収録曲>
M-1「Boogie Back」 
M-2「I will be your love」 
M-3「Boogie Back(TV version)」 
M-4「Boogie Back(instrumental)」 

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

【関連リンク】
井上実優 オフィシャルHP
4月にメジャーデビューする井上実優の人生初ステージは日本武道館!?
“次に聴いて欲しい新人アーティスト”18組が豊洲に集結! 『ComingNext 2017』開催決定
欅坂46、激しいダンスに目を奪われる「不協和音」MVを公開

【関連アーティスト】
井上実優
【ジャンル】
J-POP

欅坂46、激しいダンスに目を奪われる「不協和音」MVを公開
Thu, 23 Mar 2017 18:30:00 +0900
シングル「不協和音」MV (okmusic UP\'s)

欅坂46が4月5日に発売する4thシングル「不協和音」のMusic Videoを公開した。

【その他の画像】欅坂46

秋元康総合プロデュースの乃木坂46に続く“坂道シリーズ"第2弾として結成され、2016年4月6日に「サイレントマジョリティー」にて鮮烈なデビューを飾ってから早1年。2017年3月17日深夜のニッポン放送「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」でオンエア解禁されると即座にツイッタートレンドに入り、MVの公開に一層期待が高まっていた。

今作のMVはデビュー曲「サイレントマジョリティー」を彷彿とさせる強い意志を感じさせる楽曲となっており、それを体現するかのような、激しいダンスに目を奪われる内容に仕上がっている。監督は前作の表題曲「二人セゾン」のMVを手掛けた新宮良平氏、振付は引き続き世界的なダンサーのTAKAHIRO(上野隆博)氏が担当。今作も特徴的な振付がとても印象的。デビューから1年が経ちダンススキルも大きく成長したことも伺える。

■「不協和音」MV
https://youtu.be/gfzuzDrVRVM

■シングル「不協和音」

2017年4月5日発売
【初回仕様限定盤 TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9394〜9395/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.微笑みが悲しい
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.微笑みが悲しい off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.W-KEYAKIZAKAの詩 Music Video
3.石森虹花 個人PV 
4.上村莉菜 個人PV
5.小林由依 個人PV 
6.原田葵 個人PV
7.長濱ねる 個人PV 
8.柿崎芽実・佐々木美玲 ペアPV

【初回仕様限定盤 TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9396〜9397/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.チューニング
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.チューニング off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.チューニング Music Video
3.今泉佑唯 個人PV 
4.尾関梨香 個人PV
5.齋藤冬優花 個人PV 
6.守屋茜 個人PV
7.渡辺梨加 個人PV 
8.齊藤京子・高本彩花 ペアPV

【初回仕様限定盤 TYPE-C】(CD+DVD)
SRCL-9398〜9399/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.割れたスマホ
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.割れたスマホ off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.割れたスマホ Music Video
3.小池美波 個人PV 
4.佐藤詩織 個人PV
5.志田愛佳 個人PV 
6.土生瑞穂 個人PV
7.渡邉理佐 個人PV 
8.潮紗理菜・加藤史帆・佐々木久美 トリオPV

【初回仕様限定盤 TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9400〜9401/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.僕たちは付き合っている
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.僕たちは付き合っている off vocal ver.
■DVD
1.不協和音 Music Video
2.僕たちは付き合っている Music Video
3.織田奈那 個人PV 
4.菅井友香 個人PV
5.鈴本美愉 個人PV 
6.長沢菜々香 個人PV
7.平手友梨奈 個人PV 
8.米谷奈々未 個人PV
9.井口眞緒・影山優佳 ペアPV

【通常盤】(CD)
SRCL-9402/¥972+税
<収録曲>
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.エキセントリック
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.エキセントリック off vocal ver.
※通常盤はCDのみで特典なし

【関連リンク】
欅坂46オフィシャルHP
欅坂46、4thシングル「不協和音」全貌公開
日本テレビ系情報番組『ZIP!』の音楽イベント『ZIP! 春フェス』が2017年も開催決定
欅坂46、握手会のライブ中に新キャプテン&新副キャプテン発表

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

アジカン、主題歌を担うアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』とのコラボMV「荒野を歩け」を公開
Thu, 23 Mar 2017 18:00:00 +0900
ASIAN KUNG-FU GENERATION (okmusic UP\'s)

3月29日(水)に待望のニューシングル「荒野を歩け」をリリースするASIAN KUNG-FU GENERATIONが、表題曲「荒野を歩け」のミュージックビデオ(Short Ver.)を公開した。


【その他の画像】ASIAN KUNG-FU GENERATION

同楽曲は4月7日(金)から全国公開される注目のアニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』の主題歌となっているが、今回公開されたミュージックビデオは『夜は短し歩けよ乙女』の映像とコラボレーションしたスペシャルエディションとなっている。真夜中の東京の街を歩く少女の背中に、演奏するメンバーの姿やアニメーション映像を投影して撮影。シンプルなアイディアならでは、楽曲の素晴らしさが耳に届く映像で、楽曲や映画のテーマともリンクした作品に仕上がっている。

3月29日(水)にはこのシングルの他、バンド結成20周年を記念して制作された数量限定(3,000セット)の完全生産限定BOXセット『AKG BOX -20th Anniversary Edition-』、気鋭のアーティスト13組が集結した初のトリビュート・アルバム『AKG TRIBUTE』も同時リリースされる。

■「荒野を歩け」MV(映画『夜は短し歩けよ乙女』ver.)MV Short
https://youtu.be/AbaGY7TWq8A

■シングル「荒野を歩け」

2017年3月29日(水) 発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD) 
KSCL-2897〜98/¥1,300+税
【通常盤】(CD) 
KSCL-2899/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1. 荒野を歩け 
2. お祭りのあと
■DVD
1. 「荒野を歩け」Music Video 
2. アニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』劇場予告

【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION オフィシャルHP
アジカン、アルバム『ソルファ』を完全生産限定アナログリリース!
アジカン、名盤『ソルファ』を完全再現した日本武道館公演をWOWOWで独占放送!
ASIAN KUNG-FU GENERATION、3月29日にシングルと20周年記念BOXを同時リリース

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, 映画

TWEEDEES、アニメ「おじゃる丸」エンディングテーマを担当
Thu, 23 Mar 2017 17:00:00 +0900
配信楽曲「プリン賛歌 ~20th ? la mode edition」 (okmusic UP\'s)

TWEEDEESがアニメ「おじゃる丸」の新エンディングテーマを担当することが明らかになった。


【その他の画像】TWEEDEES

1998年に放送を開始したNHK Eテレのアニメ「おじゃる丸」は、今年20年目を迎えたことを記念して、最初のエンディングテーマである「プリン賛歌」の新バージョンを4月5日から放送する。この2017年のアニバーサリーバージョンを清浦夏実と沖井礼二によるポップ・グループ、TWEEDEESが担当することになった。

「プリン賛歌 ~20th ? la mode edition」として、ポップでドリーミーなロックサウンドに生まれ変わった「プリン賛歌」を是非チェックしてほしい。

また、このTVサイズの音源は4月12日からiTunesとレコチョクにて配信される予定だ。併せてTWEEDEESの新しいアーティスト写真も公開されている。

■「おじゃる丸」公式サイト
http://www.nhk.or.jp/anime/ojaru/
■TWEEDEESオフィシャルサイト
http://www.tweedees.tokyo/
■日本コロムビアTWEEDEESサイト
http://columbia.jp/tweedees/

■【TWEEDEES コメント】

■清浦夏実
遡ること20年…夕飯前のチャンネルは教育テレビに固定だった清浦家。小学一年生だった私はおじゃる丸の初回放送をハッキリと憶えています。
なので今回お話を頂いた時に「今すぐにでも歌えます」とお返事をしました。
歌録りの際には大地監督もスタジオにいらして、初回放送当時の思い出や、どんなEDにしたいかなどお話ししてくださいました。
大切な20年という節目にTWEEDEESとして参加出来てとても光栄です。
素晴らしきこの時代!是非アニメも音源も楽しんで頂けたら嬉しいでおじゃる。

■沖井礼二 
おじゃる丸放送開始20年を記念して、スタート時のエンディング・ナンバー「プリン賛歌」をカヴァーするという大役をTWEEDEESが担わせていただくことになりました。恐縮です。
恐縮しつつカヴァー・アレンジに着手したところ「メロディがとても良いから、何をやってもいい曲になってしまう。つまり選択肢が多過ぎて困る」という非常に贅沢な悩みに苦しみましたが、これもプロデューサー氏の「TWEEDEESらしくかっこよくしてくれるのが一番です。ただしベースはリッケンバッカーでお願いします。」というディレクションで吹っ切れました。おかげでTWEEDEESらしくフルスイング出来た作品になったと思います。
私自身がデビューするきっかけとなったバンド「Cymbals」を結成したのもちょうど20年前でした。今、おじゃる丸にこうして関われるのも因縁めいたものを感じます。
おじゃる丸放送開始20年を改めてお祝いさせていただきたく思います。

■【番組・楽曲情報】

NHK Eテレ 毎週(水)〜(金)18:00
アニメ「おじゃる丸」2017 年度エンディングテーマ
「プリン賛歌 ~20th ? la mode edition」
歌・演奏:TWEEDEES / 作詞:犬丸りん 作曲:竹中敬一 編曲:沖井礼二

※エンディング映像の中では、曲名は「プリン賛歌」とのみ表示されます。
※エンディングテーマ 4/5〜放送開始
※楽曲(TVサイズ) 4/12〜配信

<配信サイト>
■Tunes
http://www.apple.com/jp/itunes/
■レコチョク
http://recochoku.jp/

【関連リンク】
TWEEDEES、配信番組『Tutti Frutti』のLINE LIVE生放送が決定
TWEEDEES 沖井礼二が選ぶプレイリスト。「TWEEDEESのメンバー募集参考曲集」
TWEEDEES、2ndアルバム詳細と購入特典&インストアイベントを発表
バンドじゃないもん!、再メジャーデビューシングルをiTunes/Apple Musicで独占先行配信スタート

【関連アーティスト】
TWEEDEES
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

ゆず、名曲「少年」が三浦春馬出演の伊藤園「お〜いお茶」新CMソングに
Thu, 23 Mar 2017 16:00:00 +0900
ゆず (okmusic UP\'s)

デビュー20周年を迎えたゆずの2ndシングル「少年」(1998年発売)が、俳優・三浦春?が出演する伊藤園「氷?出し抹茶?りお〜いお茶」新CMソングに決定した。


【その他の画像】ゆず

「少年」は、ゆずのセカンドシングル。発売以来ライブでも?気の高いアップテンポナンバー。同CMでは、友?たちとともにカフェを訪れ、お気に?りの氷?出し緑茶のいれ?を披露する三浦春?の気持ちや友?たちの反応といった世界観を「少年」で表現している。ゆずの既存曲タイアップとしては、3月22?に1stシングル「夏?」がリリースから約19年を経て初のタイアップとなる、ロッテ「爽」CMソングに起?されることが発表されたばかり。「少年」が起?される今回のCMは、予告CM(今年も氷?出しはじめます篇)は3?24?(?)から、本篇CM(今年も氷?出しはじめました篇)は3?29?(?)から、全国で順次オンエアされる。

ゆずは4?26?にCD3枚組全50曲?りのオールタイムベストアルバム『ゆずイロハ1997-2017』を発売。「サヨナラバス」「栄光の架橋」「虹」「?のち晴レルヤ」など代表曲を網羅しているほか、いきものがかり、back number、SEKAI NO OWARIとの豪華コラボレーション楽曲も収録。収録曲のうち、タイアップ楽曲は 35曲にのぼる。そのアルバムを引っさげ、5?3?からは??初のドームツアー<YUZU 20th ANNIVERSARY DOME TOUR 2017ゆずイロハ>の開催が決定している。

■『ゆずイロハ1997-2017』特設サイト
http://www.senha-yuzu.jp/special/yuzuiroha/

■アルバム『ゆずイロハ 1997-2017』

2017年4月26日発売
SNCC-86931/¥3,500+税
※3CD
※初回?産分:三?背ケース仕様
<収録曲>
■Disc1 イ いくつもの?々を越えたよ20年
1.夏?(ロッテ「爽」CMソング)
2.栄光の架橋(アテネオリンピックNHKテーマソング)
3.?のち晴レルヤ(朝の連続テレビドラマ?説「ごちそうさん」主題歌)
4.虹(?本?命CMタイアップソング)
5.?べない?(フジテレビ系「涙をふいて」主題歌)
6.いつか
7.表裏?体(映画「劇場版HUNTER x HUNTER -The LAST MISSION-」主題歌・?本テレビ系「HUNTER x HUNTER」
エンディングテーマ)
8.からっぽ(NHK-FM「ミュージックスクエア」エンディングテーマ)
9.アゲイン2
10.桜?町
11.イロトリドリ(ユーキャンCMソング)
12.少年(エースコックCMソング・伊藤園「氷?出し抹茶?りお〜いお茶」新CMソング)
13.スマイル
14.嗚呼、?春の?々
15.逢いたい(NHKドラマ8「ゴーストフレンズ」主題歌)
16.?上げてごらん夜の星を〜ぼくらのうた〜(?本?命CMタイアップソング)
17.イロトリドリ(ゆず×いきものがかり)
■Disc2 ロ 路上から思えば遠くへきたもんだ
1.サヨナラバス(ニッポン放送LF+R「○○いいこと」キャンペーンソング)
2.贈る詩
3.LOVE & PEACH(「第3回お台場合衆国2011〜僕らがNIPPON応援団!〜」テーマソング)
4.恋の歌謡?
5.OLA!!(「映画クレヨンしんちゃんオラの引っ越し物語〜サボテン?襲撃〜」主題歌・
テレビ朝?系「クレヨンしんちゃん」エンディングテーマ)
6.ヒカレ(?本?命CMタイアップソング)
7.桜会(JR??本?陽・九州新幹線直通運転開始CMソング)
8.春?
9.?
10.?と泪(AC(公共広告機構)CMソング)
11.Yesterday and Tomorrow(TOYOTA「ラクティス」CMソング)
12.翔(フジテレビ系「世界体操東京2011」番組テーマソング・ニッポン放送「第37回ラジオ・チャリティー・
ミュージックソン」テーマソング)
13.?曜?の週末(フジテレビ系「美少?H2」主題歌)
14.3カウント(Go! JRA Jockeyキャンペーンイメージソング)
15.よろこびのうた(フジテレビ系「僕のいた時間」挿?歌)
16.友達の唄(グリコ「ポッキー」CMソング)
17.サヨナラバス(ゆず×back number)
■Disc3 ハ ハモりますいつでもきみはひとりじゃない
1.with you(?本?命CMタイアップソング)
2.終わらない歌(フジテレビ系「めざましテレビ」テーマソング)
3.いちご
4.友〜旅?ちの時〜(第80回NHK合唱コンクール(Nコン)中学校の部課題曲・NHK総合/Eテレ「みんなのうた」)
5.REASON(映画「劇場版HUNTER×HUNTER 緋?の幻影(ファントム・ルージュ)」主題歌・?本テレビ系
「HUNTER×HUNTER」エンディングテーマ)
6.超特急(フジテレビ系「恋愛観察バラエティーあいのり」テーマソング)
7.うまく?えない
8.かける(?本?命CMタイアップソング)
9.Hey和(?本??字社「はたちの献?」キャンペーンソング)
10.センチメンタル
11.シシカバブー(テレビ朝?系?曜ナイトドラマ「サラリーマン?太郎」主題歌)
12.HAMO(イオン「HAPPY NEW AEON」CMソング)
13.守ってあげたい(映画「すべては君に逢えたから」主題歌・?本テレビ系「スッキリ!!」11?テーマソング)
14.ストーリー(TOYOTA「ラクティス」CMソング)
15.またあえる?まで(映画「ドラえもんのび太とふしぎ?使い」主題歌・テレビ朝?系「ドラえもん」エンディ
ングテーマ)
16.悲しみの傘(ゆず×SEKAI NO OWARI)

【関連リンク】
ゆず×広瀬すずによるロッテ『爽』新CM決定! 「夏色」初のタイアップ
ゆず、「タッタ」MVでケント・モリが振付を?掛けた“タッタダンス”を披露
ゆずが20周年ベスト盤でいきものがかり、back number、セカオワとコラボ!
ゆず、めちゃイケのテーマ曲で話題の「タッタ」を3月11日より配信スタート

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

けやき坂46、初のワンマンライブに5000人が大熱狂
Thu, 23 Mar 2017 15:30:00 +0900
けやき坂46 Zepp Tokyo公演 (okmusic UP\'s)

けやき坂46が3月21日(火)と22日(水)、初のワンマンライブをZepp Tokyoにて開催した。両日とも即完、5,000人が大熱狂した!


【その他の画像】欅坂46

場内が暗転すると、OVERTUREが鳴り響き一瞬にして会場は緑のサイリウム一色となった。 けやき坂46にとっての初めてのオリジナル楽曲「ひらがなけやき」からスタートし、「世界には愛しかない」「二人セゾン」と欅坂46のシングル曲を“初披露"し、会場を驚かせた。中でもひと際大きな歓声は、普段は平手友梨奈が担当する「二人セゾン」の間奏のダンスパートをメンバーで一番ダンスが苦手な井口眞緒が踊り始めた時であった。誰しもが驚く人選と必死で踊る井口に客席のボルテージは高まっていった。

その後は「青空が違う」「僕たちの戦争」と欅坂46のユニット曲の初カバーも披露。そして、MCと登場とともに発表されたのはタップダンスへの挑戦だった。驚きを隠せないメンバーにさらに、衝撃が訪れる。このタップダンスの披露を5月31日のZepp Nambaにて行うことと、このライブ公演が実はツアーだったことが発表された。

ライブ後半は更に加速し、4thシングルに収録されるけやき坂46の楽曲 「僕たちは付き合っている」も初披露された。 本編の最後はライブでも評判の高い「誰よりも高く跳べ!」で会場は大いに盛り上がった。

アンコールでは昨年12月のワンマンライブで初披露された「W-KEYAKIZAKAの詩」で締めくくられ、終演後はメンバーが来場したファンをロビーでお見送りし、終始暖かい空気で公演は幕を閉じた。 欅坂メンバーより先に全国ツアーが発表となったけやき坂46の今後にも注目である。

■【セットリスト】

M1:ひらがなけやき
M2:世界には愛しかない
M3:二人セゾン
M4:青空が違う
M5:僕たちの戦争
MC〜タップダンスレクチャー
M6:手を繋いで帰ろうか
M7:ABC(カバー)
M8:僕たちは付き合っている ※4thシングル収録曲 
M9:サイレントマジョリティー
M10:誰よりも高く跳べ!
EN:W-KEYAKIZAKAの詩

■【ライブ情報】

■けやき坂46 全国ツアー
5月31日(水) Zepp Namba
詳細は後日発表

■欅坂46 デビュー1周年記念ライブ
4月06日(木) 国立代々木競技場第一体育館
開場:16:30/ 開演:18:00

【関連リンク】
欅坂46オフィシャルHP
欅坂46、4thシングル「不協和音」全貌公開
日本テレビ系情報番組『ZIP!』の音楽イベント『ZIP! 春フェス』が2017年も開催決定
欅坂46、握手会のライブ中に新キャプテン&新副キャプテン発表

【関連アーティスト】
欅坂46, けやき坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ライブ

さくらしめじ、初のリリース記念イベントが大盛況
Thu, 23 Mar 2017 15:00:00 +0900
3月22日@豊洲ららぽーと (okmusic UP\'s)

この春、中学を卒業したばかりの田中雅功と?田彪我による若手フォークデュオ、さくらしめじ。4月にいよいよ高校生になる彼らが1stミニアルバム『さくら〆じ』の発売日であった3月22日、豊洲ららぽーとにてリリース記念イベントを行なった。



【その他の画像】さくらしめじ

海風が吹いてくるオープンエアのイベント会場に響き渡った1曲目「おたまじゃくし」は、少しずつ訪れる成長の変化に戸惑いながら、いつか必ず訪れる未来への希望に思いを馳せるピアノ・アコースティック・ロック。実はこの日の前、大阪と福岡で行われたリリースイベントは彪我が体調不良で参加できなかったため、雅功がたった1人で彪我の分まで歌を届けに行っていた。そんなブランクをものともせず、ピタリと息の合った力強いユニゾンの歌声が心地よかった。「雅功さん、すみませんでした!! そのときの姿を後日、映像で見て感動しました!」。そう頭を下げる彪我にニコリと笑って「今日はとことん楽しんでいきましょう!」と雅功。

続く「かぜいろのめろでぃー」は、一歩ずつ確実に大人へと歩んでいるさくらしめじが、同世代の背中をそっと支えてくれる優しいエールソング。軽快なテンポと透明感のあるサウンドが、少し風が強く吹く今日の日にぴったりだ。この曲は『さくら〆じ』のリード曲で、ミュージックビデオも作られている曲。持ち前のゆる〜いMCで撮影ウラ話を披露し、集まったファンを笑わせながら、次に歌う「ゆめがさめたら」の紹介へ。これはTHURSDAY\'S YOUTH(ex.Suck a stew Dry)の篠山浩生氏による作詞・作曲であること、そして先日、岩手県田原中学の卒業生4人と合唱した曲であることを告げる。卒業式を待つ前日の夜の心境を切々と歌う、ちょっぴりセンチメンタルな美しい卒業ソングで、まさに雅功と彪我の“今"を綴っている。

そしてラストは、さくらしめじのワンマンライブでは必ずアンコールの最後に披露するナンバーであり、音源化が待ち望まれた「みちくさこうしんきょく」。この先どんな困難が訪れたとしても、笑顔を絶やさず楽しみながら前に進んでいこうという、さくらしめじのアーティスト・コンセプトを背負った、リズミカルで明るい曲。この雰囲気に引き込まれ、2人の正面から左右、後方まで集まったたくさんファンのファンは一斉に手拍子で盛り上がり、記念すべき初のミニアルバムの発売を祝った。

このミニアルバムの発売と同日3月22日より、さくらしめじの1stシングル「いくじなし」から4thシングル「ひだりむね」に収録されている全曲が各配信サイトにて配信開始、そして4月23日には東京・TOKYO DOME CITY HALLにて4回目であり、高校生になって初のワンマンライブ『春しめじのeat shun』が控えている。

Text by 恒川めぐみ
Photo by ハヤシサトル

【楽曲配信情報】
■iTunes 
https://itunes.apple.com/jp/artist/さくらしめじ/id988303344
■レコチョク
http://recochoku.jp/artist/2000394340/?affiliate=4350010263

■ミニアルバム『さくら〆じ』

発売中
【初回限定盤】(ライブ&メイキングDVD付)
ZXRC-2019/¥2,315+税
【通常盤】
ZXRC-2020/¥1,667+税
<収録曲>
01.ひだりむね
02.かぜいろのめろでぃー
03.おたまじゃくし
04.いーでぃーえむ
05.ゆめがさめたら
06.みちくさこうしんきょく

■【ワンマンライブ情報】

『さくらしめじ春のワンマンライブ「春しめじの eat shun」』
4月23日(日) TOKYO DOME CITY HALL
OPEN:16:00 / START:17:00

【関連リンク】
さくらしめじ、 卒業ソングの合唱ドキュメンタリー映像を公開
さくらしめじ、卒業式を間近に控える学生と卒業ソングを合唱
さくらしめじ、新曲「かぜいろのめろでぃー」MVは“わらしべ長者”がテーマのあたたかい作品に
さくらしめじ、初オフィシャルアーティストブックの表紙&掲載内容が解禁へ

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, イベント

超特急が"ロンドンの無駄遣い"!? 「超ネバギバDANCE」MVティザー&ビジュアルついに解禁
Thu, 23 Mar 2017 14:15:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

超特急の5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」のMVティザーとビジュアルが解禁された。

【その他の画像】超特急

MVは超特急=電車にちなんで鉄道発祥の地であるイギリス・ロンドンで撮影。メンバーが縦列に並びながら列車に扮してロンドンの街を駆け巡る、シュールで遊び心が満載の"これぞ超特急!"な作品に仕上がっている。

メンバーがそれぞれロンドンの地から目的地に向かって出発。途中メンバー同士が街中で出会い、徐々に連結しながらビッグ・ベン、アビイ・ロード、ウォータールー、タワーブリッジ、カムデンなど、ロンドンの数々の名所を駆け巡る。そして最後に全員が辿り着いた場所は、イギリスの"顔"でロンドンの主要鉄道ターミナルであるキングス・クロス駅。ヨーロッパ大陸を繋ぐ国際列車ユーロスター(=新幹線)を背景にパフォーマンスするという、バラエティに富んだ内容だ。"超"が連呼される楽曲は、絶大なインパクトを残す振り付けとともに話題になること必至。

また、ジャケット写真およびビジュアル写真も同じくキングス・クロス駅にて、イギリスとヨーロッパ大陸を繋ぐ国際列車ユーロスター(=新幹線)を背景に撮影された。

過去にマドンナ、カイリー・ミノーグ、エイミー・ワインハウスなど錚々たる世界的アーティストや、映画「ダ・ヴィンチ・コード」の舞台としても使用されるなど、イギリスの“顔"となる場所でのロケは日本人アーティストでは超特急が初となる。

超特急は、4月から5周年ツアーを開催。グループ史上初の5万人を動員し、日本を縦断する。ぜひシングルと併せてチェックしてほしい。

■【超特急 コメント】

■1号車コーイチ
スーパー超特急らしい?!
今までよりも何倍もスーパーなMVが完成しました!!
超特急がロンドンを駆け巡る?!
ぜひお楽しみください!

■2号車カイ
ついに!5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」のMVが解禁されます!
イギリスで撮影したMV、一体どんな仕上がりなのか!
鉄道が生まれた国イギリスと超特急の最高のコラボご堪能ください。

■3号車リョウガ
皆さんの期待を裏切るMVが出来上がりました!
ロンドンという素敵な場所でまさに超特急な事をしまくりました。
英国紳士が住まう街を超特急が駆け回るぜ☆
「かっこいいけどなんかダサい」を感じてくださったら嬉しいです!

■4号車タクヤ
5周年にして最高な作品ができました。
まさに"ロンドンの無駄遣い"。超特急にしかできない超特急らしいMVの完成です。
みていてワクワクしてきます。ロンドンの街並みに染まる僕たちをお楽しみに。

■5号車ユーキ
超特急5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」MV初解禁!!
5年の節目のシングルは自分でも想定外の楽曲!
初心にかえって超特急が全面にでています。笑
今回はまさかの鉄道の聖地ロンドンでの撮影?
超特急デビュー5周年でメンバー7人がロンドンの街を駆け抜ける特別車両に?
超特急史上もっともダサくもカッコイイ姿が垣間見えるど迫力ギャップのMVを是非お楽しみください!

■6号車ユースケ
僕たちが4月26日に発売するシングル「超ネバギバDANCE」のMVが解禁されました!!
今回のこの楽曲は5周年記念シングルで、超特急のMV史上初、海外のMV撮影とキングスクロス駅でのダンスシーン!は必見です!「かっこいいけど、あれ?」と笑っていただけるシーンがいくつかあると思います。是非それぞれ好きなシーンを見つけて楽しんでいただけたら嬉しいです!!

■7号車タカシ
超特急の超超超超いい感じなMVが完成しました!
撮影地は鉄道発祥の地!イギリス・ロンドン!
ド派手でカッコよく「超」がたくさん詰まった楽曲「超ネバギバDANCE」に注目やで!
皆さん超超超超楽しみにしていて下さい!

■「超ネバギバDANCE」MVティザー
https://youtu.be/fZpF-0FOMSQ

■シングル「超ネバギバDANCE」

2017年4月26日(水)発売
【SUPER DELUXE EDITION】(CD+Blu-ray)
ZXRC-1100/¥2,778+税
※初回生産完全限定盤
<収録曲>
■CD
「超ネバギバDANCE」
「gr8est journey」
ほか全3曲収録予定
■Blu-ray
国立代々木競技場第一体育館ライブ映像(2016年12月24日)

【SUPER NORMAL EDITION】(CD)
ZXRC-1103/¥926+税
<収録曲>
「超ネバギバDANCE」
「gr8est journey」
全2曲収録予定

■『Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017「Trans NIPPON Express」』

4月29日(土)  北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
5月03日(水・祝)  大阪 大阪国際会議場 メインホール
5月04日(木・祝)  大阪 大阪国際会議場 メインホール
5月06日(土)  山口 周南市文化会館
5月07日(日)  広島 広島JMSアステールプラザ大ホール
5月12日(金)  神奈川 よこすか芸術劇場
5月20日(土)  石川 本多の森ホール
5月21日(日)  富山 高周波文化ホール
5月27日(土)  静岡 静岡市民文化会館 大ホール
5月28日(日)  岐阜 土岐市文化プラザ・サンホール
6月03日(土)  和歌山 和歌山市民会館 大ホール
6月04日(日)  京都 文化パルク城陽 プラムホール
6月14日(水)  東京 日本武道館
6月17日(土)  鹿児島 鹿児島市民文化ホール 第二ホール
6月18日(日)  福岡 福岡サンパレス
6月24日(土)  千葉 松戸・森のホール21 大ホール
7月01日(土)  山形 酒田市民会館 希望ホール
7月02日(日)  宮城 東京エレクトロンホール宮城
7月09日(日)  三重 三重県文化会館 大ホール
7月15日(土)  香川 サンポートホール高松・大ホール
7月17日(月・祝)  愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
7月23日(日)  兵庫 神戸国際会館 こくさいホール
8月08日(火)  東京 東京国際フォーラム ホールA

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急・リョウガ、『アニ☆ステ』のMCに大抜擢! 「オタク全開でいきます」
超特急、『KANSAI COLLECTION』にて新曲「超ネバギバDANCE」を初披露
超特急の男性限定ライブが大熱狂のうちに幕

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

クミコ with 風街レビュー、松本隆×つんく♂初タッグによる第2弾シングル「砂時計」発売決定
Thu, 23 Mar 2017 14:00:00 +0900
「砂時計」レコーディング写真 (okmusic UP\'s)

作詞・松本隆と作曲・つんく♂の初タッグが手がけるクミコ with 風街レビューの第2弾シングル「砂時計」が4月19日に発売されることが決定した。

【その他の画像】クミコ

2016年、16年ぶりに歌手のクミコと作詞家の松本隆が本格的にタッグを組み、新進気鋭のシンガーソングライターが楽曲を提供するプロジェクト『クミコ with 風街レビュー』が始動。今回初めて松本とつんく♂がタッグを組む「砂時計」のカップリングには、シューベルトの名曲「セレナーデ」を収録。なお、サウンドプロデューサーとして、第1弾に続き冨田恵一が参加する。

レコーディングは2月中旬に都内のスタジオで行なわれた。この日初対面となった松本とつんく♂は、互いに緊張の面持ちながら、レコーディングが始まると、つんく♂はパソコンやスマホを使い、また時には大きなジェスチャーで積極的にコミュニケーションを取っていく。松本とともにクミコの歌唱の細部まで指示をする様子は、初めて組むとは思えない息の合い様で、驚くクミコもその情熱に応えるように、何度も歌を録り直し、楽曲を完成させた。

4月3日(月)には、松本が生まれ育ち、“風街"の原点となった街・青山にある教会にて、シングル「砂時計」の発売を記念した『クミコ with 風街レビューライブ 〜松本 隆の世界を歌う〜』の開催が決定。あわせてこのライブに、つんく♂と松本隆も登壇することがわかった。なお、同日4月3日より「砂時計」の先行配信が開始することも発表されている。

クミコ with 風街レビューは、クミコのプロデビュー35周年を記念し、2017年はさらに多くの新曲を産み出していく。また、今夏には松本隆と初タッグとなる作曲家との楽曲を集結させたアルバムを発表する予定とのこと。今後の続報に期待してほしい。

■【コメント】

■松本 隆
≪初タッグについて≫
つんく♂さんと初めて作品作りをしたが、とても相性がいいと思う。メロディーはいい意味で歌謡曲の雰囲気もあり、冨田さんがクールなサウンドをつくってくれたから、温度と湿度の割合が丁度良い感じにできたと思う。また機会があれば、一緒に作品作りをしたいね。

≪クミコについて≫
この詞は数年前に書き未発表になっていた作品でしたが、クミコさんならきっと、この歌の世界を表現出来るだろうと思っていた。結果的には、僕が今まで彼女に書いた詞の中で、一番等身大のクミコさんが出来たかなと思う。日本では、声を張り上げるみたいな解りやすい歌い方の巧さが評価されやすいが、今回は、久しぶりに “語り歌"な感じ。クミコさんの歌唱法にもピッタリだね。高度な歌唱をしてくれたと思う。新しい日本の音楽文化が、この作品から見えてくればいいと思う。

≪「砂時計」作詞に込めた想いについて≫
僕は、意識的に歌詞に時間軸を入れることが多く、(第1弾シングルの)「さみしいときは恋歌を歌って」では、“3年後"という時間のキーワードを入れていたけど、この作品では、砂時計が刻む“30秒"というはかない時間の中に人生の残り火を重ね、より大人の歌にした。不倫を思わせる歌ではあるけど、この歌の主人公は、「誰かを不幸にしてまで幸せになりたくない」と思って、一歩手前でやめるんだよね。現実世界の恋愛は、色々な制約を受けることが多いけど、勧善懲悪的に恋愛の形を叩くのは僕は好きではない。だって、好きになってしまったものは、しょうがないからね。歌の中だけは自由な愛の形があっていいと思う。永遠のテーマだからね。この歌から“透明な哀しみ"を感じてもらえたら嬉しい。

≪カップリングのシューベルトの名曲「セレナーデ」ついて≫
彼の作品はほとんどが失恋の歌なんだけど、このセレナーデは、珍しく求愛の歌。まさにラブソング。シューベルト歌曲の中でも代表的な歌で、メロディーも有名。今回はポップスに編曲してあるけれど、Jポップからクラシックまで幅広いジャンルの歌を歌えるクミコさんだから、砂時計だけでなくセレナーデも、叙情的で説得力のある歌になったと思う。

■つんく♂
クミコさんサイドから作曲の依頼がありました。「歌詞に対して曲をつける」というもの。松本隆先生が歌詞を書き、つんく♂が作曲するという話で、僕はとても嬉しく光栄に思いました。

数日後、 松本先生からの「砂時計」という歌詞をいただきました。そしてこの「砂時計」という歌詞を何度も読み返しました。最初の「人魚たち 泣いているみたい」というフレーズのインパクトが強く、タイトルの砂時計からは想像出来ないんですが、この泣いている人魚を思い浮かべると海中から空を見上げた時に見える光のような。 何かそういうキラキラした光をこの歌詞から感じました。一見、恨みつらみを思わせる歌詞なのですが、僕はその中にあるキラキラ感を大事にし、曲自体もマイナーな感じではなく、メジャー(長調)に仕上げました。ただ、単に明るいだけでなく、切なさかセンチメンタルな部分のあるメロディ。 クミコさんのあの声で歌うことを想像しながらの作曲。 少し時間はかかったけど、とても集中した楽しい時間でした。

普段なら自分で曲書いて、その後歌詞を乗せるので、少しハマりが悪かったらメロディを変えちゃうという技が使えるのですが、今回は歌詞が先。 少し長くなったかなぁ?とか、ここの言葉の乗っけ方は、こんな感じで合ってるかなぁ…とか、考えながら仕上げたわけですが、完成後提出。正直、最低2〜3回の修正は覚悟してたんですが、一発OK! 返事が来るまで、松本先生がどう思うんだろう…って学生の頃のテストの答案がかえって来る時のようなドキドキ感がありましたね。でも、松本先生の歌詞はすごくリズムを感じるので、メロディをつけるのが楽しいです。

そしてレコーディング。 僕も立ち会わせていただきました。なんと松本先生もいらっしゃって…正直、クミコさんもかなりのドキドキのご様子。まあ、そうでしょう。とはいえ、そこはプロ。 実際ブースに入ると、ささっと場の空気を変え、歌に集中してました。

実はこの曲一番苦労したのは、キー設定だったのかもしれません。歌手にとってキー設定って本当に苦労するんです。レコーディングの日、調子いいからってちょっと高い目のキーで設定して、レコーディングして。 で、いざ歌い込みの時期になると「ああ、高すぎた。声が枯れやすい〜」みたいなことも往々にしてあるのでね。なので、僕もあんまり無理を言いたくなかったんですが、この曲のイメージはちょっと明るくて悲しいんです。なので、クミコさんが想定してたキーより全音高いキー設定で歌ってもらいました。その分、キラキラした様子がしっかり出て、いい歌になったと思います。

あ、あと、僕と松本先生で同じ意見だったのは、歌手にとって一番美味しいというか、気持ちよくなれる部分で、声を張り上げないという点。気持ちよ〜く声を出して歌いたくなるんですが、そこは「我慢」。AH〜と言うフェイクするあたりも一切張り上げずに我慢していただきました。 だからこそ、そこに魂が宿るんですね。この曲、世のOLさんや若いママさんたちにたくさん聞いていただき、そしてカラオケなんかででも歌ってほしいなぁとそう思います。

■クミコ
松本 隆さんの詞による「風街レビュー」のセカンドシングル。今回はつんく♂さんとのタッグになりました。このお二人は、年齢はもちろん、経て来た道筋も全く違う。はたして、どんなことになるのだろうと思っていました。ところが、レコーディング現場でのお二人のサジェスチョンが驚くほど似ていたのです。ここで盛り上がりたい、と思う箇所で、いやいや抑えて抑えて。気持ち良くならない所に悲しみがあるんです。驚きました。お二人には、悲しみや美しさに対する共通の地下水脈があるようなのです。

そうしてできあがった「砂時計」。泡となって消えて行った人魚姫が最後に見たような、一瞬ともいえる人生の悲しみを唄えればいいなあと思っています。そしてもう一曲の 「セレナーデ」。子供の頃から耳馴染みのあるシューベルトの名曲ですが、恋の歌だとは知りませんでした。夜に囁く愛の言葉。男性からの求愛になっているので、低めの声で歌いました。ソプラノの歌唱との違いを楽しんでいただければと思います。

■シングル「砂時計」

2017年4月19日発売
COCA-17273/¥1,300(税込)
<収録曲>
1.砂時計
2.セレナーデ

■『クミコ with 風街レビューライブ 〜松本 隆の世界を歌う〜』

4月3日(月) 東京・南青山 ル・アンジェ教会
開場 14:30 / 開演 15:00
<チケット>
料金:5,000円 (税込・全席自由)

【関連リンク】
クミコ オフィシャルHP
クミコ×松本隆による「風街レビュー」第2弾はつんく♂
小室哲哉が約3年ぶりのソロアルバムで神田沙也加やtofubeats、May J.、つんく♂、大森靖子らとコラボ
クミコ、松本隆とCD購入者イベントを開催

【関連アーティスト】
クミコ, つんく♂, 松本隆
【ジャンル】
J-POP

TRUSTRICKが活動休止前のライヴ映像を公開
Thu, 23 Mar 2017 13:00:00 +0900
TRUSTRICK (okmusic UP\'s)

TRUSTRICK初のBlu-ray『PERFECT TRICK -TRICK TOUR 2016 & CLIPS-』が3月22日にリリースとなった。

【その他の画像】神田沙也加

昨年11月から12月にかけて行なわれたツアー「TRUSTRICK TRICK TOUR 2016」をもって活動を休止したTRUSTRICKの、ツアーファイナル12月17日・中野サンプラザ公演からの19曲に加え、これまでに彼らが発表してきたMV全12曲も収録された、まさにパーフェクトな集大成的内容となっている。

活動休止前最後のアルバムとなった『TRICK』収録曲を中心に、ホール公演ならではのステージセットや照明にもこだわり、時には客席後方まで駆け下りて観客と一体となったパフォーマンスから、アンコールで感極まった神田の涙ながらのMCまで、余すところなく収録したライヴ映像。また、歴代のMVでは、“お嬢様と執事”風のユニット結成当初のビジュアルコンセプトが作品ごとに変遷していく様子、特に神田の“ギター女子”(「未来形Answer」)、“ショートカットのメイド風”(「innocent promise」)などのビジュアル七変化も改めて楽しめる。

そして、今回リリースを記念し、ライヴ映像の中から「Recall THE END」「ATLAS」「innocent promise」など代表曲のダイジェスト映像と、当日の公演ではトリプルアンコールで歌唱した「いつかの果て」のフル映像が公開された。彼らのライヴに触れることができなかった人には、ぜひチェックしてみてほしい。

TRUSTRICKとしての活動を休止中のメンバーだが、神田沙也加は現在、主役を務めるミュージカル『キューティ・ブロンド』公演と、特別映像出演となる舞台『スーパーダンガンロンパ 2 THE STAGE 〜さよなら絶望学園〜 2017』が並行して公演中。また、『スーパーダンガンロンパ 2〜』では、“江ノ島盾子 VS 神田沙也加”名義で公演テーマ曲「PSYCHO POP CANDY GIRL -theme of SUPER DANGANRONPA 2 THE STAGE 2017-」の作詞と歌唱も担当している。

また、BillyはNARASAKI(COALTAR OF THE DEEPERS、特撮 他)がサウンドトータルプロデュースを手掛けたTVアニメ『覆面系ノイズ』の作中バンド、in NO hurry to shout;の楽曲にギタリストとして参加したことが、アニメ公式サイトで発表された。

今後の二人の活躍にも注目したい。

■『PERFECT TRICK -TRICK TOUR 2016 & CLIPS-』LIVEダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=3Ro6nlteVmY

■「いつかの果て」(LIVE)from『PERFECT TRICK -TRICK TOUR 2016 & CLIPS-』
https://www.youtube.com/watch?v=U6FEeMOUqnw

■Blu-ray『PERFECT TRICK -TRICK TOUR 2016 & CLIPS-』

2017年3月22日発売
COXA-1209/¥6,800+税
<収録曲>
■TRUSTRICK TRICK TOUR 2016
at NAKANO SUNPLAZA HALL 2016.12.17
Opening〜TRICK
Recall THE END
highness
blur blur
pixie
LOVELESS
-MC-
永遠
寂しさの宙から
mint gum
If -君が行くセカイ-
kissing
from where to where -ため息の理由-
未来形Answer
-MC-
Proud
I wish you were here.
ATLAS
-MC-
innocent promise
Honey Complex
いつかの果て
-Finale-
TRICK TOUR EXTRA [Bonus Track]
■MUSIC CLIPS
ATLAS
If -君が行くセカイ-
beautiful dreamer
FLYING FAFNIR
いつかの果て
snow me
未来形Answer
beloved
innocent promise
Recall THE END
I wish you were here.
blur blur
※全12曲TRUSTRICKメンバーによるオーディオ・コメンタリー付き

■【神田沙也加 舞台情報】

ミュージカル『キューティ・ブロンド』
<東京公演>
3月21日(火)〜4月3日(月)日比谷シアタークリエ
<全国公演>
4月5日(水)〜4月30日(日)全国8都市
http://www.tohostage.com/cutieblonde/

『スーパーダンガンロンパ 2 THE STAGE 〜さよなら絶望学園〜 2017』(特別映像出演)
<東京公演>
3月16日(木)〜3月26日(日)Zeppブルーシアター六本木
<大阪公演>
3月30日(木)〜4月2日(日)森ノ宮ピロティホール
http://www.cornflakes.jp/dangan/2017/

■【Billy 参加情報】

TVアニメ『覆面系ノイズ』
※作中バンド、in NO hurry to shout;の楽曲にギタリストとして参加。4月11日(火)より、TOKYO MX/関西テレビ放送/BSフジで放送開始。
http://fukumenkei-anime.jp/

【関連リンク】
TRUSTRICK オフィシャルHP
TRUSTRICK、活動休止前のラストライブを映像作品として3月22日にリリース
小室哲哉が約3年ぶりのソロアルバムで神田沙也加やtofubeats、May J.、つんく♂、大森靖子らとコラボ
TRUSTRICK、11月26日より開催のツアーをもって活動休止

【関連アーティスト】
神田沙也加, TRUSTRICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Fuki、ニューシングル「ログアウトしないで!」のインタビューコメントが到着
Thu, 23 Mar 2017 12:00:00 +0900
Fuki (okmusic UP\'s)

Fukiが3月22日にリリースしたシングル「ログアウトしないで!」(『四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE』EDテーマ)。同作のインタビューコメントが公開となった。

【その他の画像】Fuki

また、3月29日(水)にはAKIHABARAゲーマーズ本店で「ログアウトしないで!」の発売記念イベントを開催! ミニライヴ&トーク&握手会と、盛りだくさんの内容を予定している。

(C)2017 IDEA FACTORY / COMPILE HEART / TAMSOFT

■【Fuki インタビュー コメント】

ーーまずはNEWシングルの発売が決定したときのお気持ちをお願いします。
「シングルのリリースは初めてなので、オフヴォーカルverも含めて聴いてもらえるのが嬉しかったです。アルバムと比べて単価が安いので、リリースイベントに参加しやすいのも利点だと思いました」

ーー『四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE』EDということで、タイアップを聞いたときはいかがでしたか?
「アニメ化もしている人気のネプテューヌシリーズなので、すごく光栄でした。
普段、ボンバーマンやテトリスみたいなすぐに勝敗がつくタイプのゲームしかやらないのですが、今回のED曲は是非ゲームの中で聞いてみたいです。
ゲーム内のキャラクターの声も何人か担当させていただけたのもとても嬉しかったです」

ーー「ログアウトしないで!」はどのような曲になっていますか。
「「ログアウトしないで!」は、自分が歌ったことがないタイプのわちゃわちゃしたカオスな楽しい曲で、早く歌ってみたい!と思いました。
テンポや曲調がコロコロ変わるので、初めて聴くと面食らうような、でも聴けば聴くほど癖になる曲だと思います。
場所によって歌い方を変えたり、いろいろと試行錯誤した曲です。
掛け声もたくさんあるので、是非覚えてライブで叫んでほしいです」

ーー「ログアウトしないで!」はFukiさんの作詞ですね。
「『四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE』がオンラインゲームをテーマにしたゲームなので、オンラインゲーム用語をたくさん入れました。誰視点の歌詞にしようか迷ったのですが、主人公であるネプテューヌから見た世界観にしました。
エンディングにこの曲が流れた後も、ネプテューヌ達は遊び続けているので、終わっちゃう感のない、まるでオープニング曲のような歌詞になりました」

ーーレコーディングの思い出などありましたらお願いします。
「カワイイ声色で歌うことを想定して書いた歌詞だったのですが、いろいろ試してみた結果、Fukiの得意な格好良い歌い方のほうが良いというディレクションをいただいて、そのような仕上がりになりました」

ーーカップリング「Start Dash」はどのような曲になっていますか。
「いつもお世話になっているMaoくんの作曲です。「ログアウトしないで!」のレコーディングの後に作ってもらいました。
「Start Dash」は、Maoくんらしい疾走感と格好良さのあるメロディアスな曲調で、ポジティブな歌詞の情景がすぐに浮かびました。スピード感と、明るさと、ちょっぴりの切なさが混じったメロディーがMaoくんらしいなと思います。
どんな歌詞をつけようか考えた時に、アイドルの曲によくあるような青春・前向き系の雰囲気が合うような気がしたので、“もしアイドルの子に私が歌詞を書いてあげるとしたら…”という裏テーマを課して書いてみました。
キーボードソロが、明るさと切なさが9:1くらいの絶妙な感じですごく好きです。
一人称が「私」なので、女の子女の子した歌い方にしようかと思っていたのですが、これも紆余曲折あり格好良くなりました。
ラストの転調がテンション爆上げって感じで聞いていて爽快だと思います。
歌うのは死にものぐるいでした」

ーー最後にメッセージをお願いいたします。
「2曲とも、歌詞・歌どちらもすごく楽しく制作させていただきました。聞いていて元気になれる2曲だと思います。
初めてのシングルリリース、たくさんの方に手に取ってもらって、リリースイベントでもいっぱいお会いできたら嬉しいです。
どっちの曲も7/30の3rdワンマンライブで絶対やると思うので、聞き込んでほしいです。
ポップではじける格好良いFukiの歌声全開です!楽しんでください!」

■シングル「ログアウトしないで!」

発売中
USSW-0030/¥1,500+税
※エンハンスドCD仕様
※コンパイルハートによる書き下ろしジャケット仕様
※初回封入特典:『四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE』で使用できるDLC「Fukiの霊薬セット」
※CDのエンハンスド部分にカップリング曲「Start Dash」メイキング映像収録
<収録曲>
01.ログアウトしないで!
02.Start Dash
03.ログアウトしないで!(off vocal)
04.Start Dash(off vocal)

■【発売記念イベント】

3月29日(水) AKIHABARAゲーマーズ本店 6F イベントスペース
開場19:15/開演19:30
イベント内容:ミニライヴ&トーク&握手会

<イベント参加方法>
下記対象商品を、参加券配布対象のゲーマーズにて、ご購入またはご予約(内金全額)して下さいましたお客様に参加券1枚を差し上げます。

※イベント参加券の数に限りがございますので、なくなり次第受付終了とさせていただきます。
※握手会への参加は参加券1枚につき、1回ご参加いただけます。参加券を複数枚お持ちで、握手会に複数回参加される場合、2回目以降は最後尾にお並びいただくようお願いいたします。
※参加券は握手会時に回収させていただきます。

<対象商品>
3月22日発売 Fuki「ログアウトしないで!」(USSW-0030)
価格:¥1,500円+税

<参加券配布店舗>
AKIHABARAゲーマーズ本店、ゲーマーズ池袋店、ゲーマーズ新宿店、ゲーマーズ横浜店

<詳細>
https://www.gamers.co.jp/event/66185/

【関連リンク】
Fuki Commune オフィシャルHP
Fuki、ネプテューヌシリーズ最新作ED「ログアウトしないで!」の描き下ろしジャケット&新アー写公開
Fuki、“ネプテューヌ"シリーズ最新作EDテーマを担当
Fuki Commune、新曲が大人気恋愛ゲーム『イケメン』シリーズ最新作の主題歌に

【関連アーティスト】
Fuki, Fuki Commune
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ゲーム

M!LKのファンクラブ 「PREMIUM MILK」が4月30日に発足
Thu, 23 Mar 2017 11:00:00 +0900
ファンクラブ 「PREMIUM MILK」ロゴ (okmusic UP\'s)

M!LKファン待望のファンクラブ「PREMIUM MILK」が4月30日(日) 正午に発足されることが決定した。ファンクラブでしか見られない映像やコンテンツなど色々な企画が予定されているとのことだ。

【その他の画像】M!LK

これは3月22日、5大都市で開催される2ndワンマンツアー『Mow Mow DREAM〜超B!Gな牛になりたい〜』の初日である仙台Rensa公演のライブ本編終了後に、メンバーより発表された。

なお、このツアーは追加公演の4月30日(日の)東京 国際フォーラムホールCまで続き、ツアーで初披露した新曲「テルネロファイター」は5月10日(水)に発売される。

■『Mow Mow DREAM〜超B!Gな牛になりたい〜』

3月25日(土) Drum Logos(福岡県)※SOLD OUT
3月30日(木) Zepp DiverCity(TOKYO)(東京都)※SOLD OUT
3月31日(金) Zepp Nagoya(愛知県)※SOLD OUT
4月15日(土) Zepp Namba(大阪府)
<追加公演>
4月30日(日) 東京国際フォーラム ホールC (東京都)

■シングル「テルネロファイター」

2017年5月10日発売
【TYPE-A】
ZXRC-1107/¥1,000+税
<収録曲>
1.テルネロファイター
2.サンキュー! N・D・K!

【TYPE-B】
ZXRC-1108/¥1,000+税
<収録曲>
1.テルネロファイター
2.ボクノアカシ

【TYPE-C】
ZXRC-1109/¥1,000+税
<収録曲>
1.テルネロファイター
2.桜咲く頃には

【関連リンク】
M!LK オフィシャルHP
M!LK、ニューシングル「テルネロファイター」リリース決定
M!LKの山?悠稀生誕祭&バレンタインイベントに1,500人以上のファンが集結!
M!LK、6thシングルリリース&公式LINEスタンプ発売決定

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP

FUKI、SHEN(Aloha Damashii / Def Tech)と贈る極上サーフチューンが完成
Thu, 23 Mar 2017 10:00:00 +0900
FUKI×SHEN (okmusic UP\'s)

FUKIが、4月26日に配信EP「TWO the OCEAN feat.SHEN(Aloha Damashii)」をリリースすることがわかった。

【その他の画像】Def Tech

タイトル曲「TWO the OCEAN」は、アイランドミュージックを牽引し、Def Techとしても活躍するSHENを招いた、波の音やウクレレが響く心地よいサーフチューンに仕上がっている。FUKIが男性アーティストを招いてリリースするのは、今回が初の試みとのこと。

さらに、SUPER BUTTER DOG「サヨナラCOLOR」、秦基博「アイ」、Rake「100万回の「I love you」」のカバーをカップリングに収録。アコースティックサウンドでゆったりとした、FUKIらしいカバーとなった。

また、今作は2作連続シリーズとなっており、第2弾は6月28日に配信予定。今回同様、男性シンガーを招いたフィーチャリング楽曲に加え、3つのカバー曲をアコースティックアレンジで届ける、全4曲入りになるとのことだ。

また、LINE MUSIC独占で『FUKI LINE LIVE PREMIUM STUDIO SESSION』の配信がスタート。このアルバムには、LINE LIVEで30万人以上が視聴したカバーライヴの一部が収録されている。こちらも併せてチェックしてみてほしい。

■「TWO the OCEAN feat.SHEN(Aloha Damashii)」リリックビデオ
https://youtu.be/gaHT2raAhtA

■配信EP「TWO the OCEAN feat.SHEN(Aloha Damashii)」

2017年4月26日発売
価格未定
※4月12日(水) iTunes Storeプレオーダースタート
<収録曲>
01. TWO the OCEAN feat. SHEN (Aloha Damashii)
02. サヨナラCOLOR (org: SUPER BUTTER DOG)
03. アイ (org: 秦基博)
04. 100 万回の「I love you」(org: Rake)

■『FUKI LINE LIVE PREMIUM STUDIO SESSION』

※LINE MUSIC限定
https://lin.ee/fB8fXp7/lnms
<収録曲>
01.海の声(LINE LIVE PREMIUM STUDIO SESSION)
02.365(LINE LIVE PREMIUM STUDIO SESSION)
03.キセキ(LINE LIVE PREMIUM STUDIO SESSION)
04.LOVE DIARY(LINE LIVE PREMIUM STUDIO SESSION)
05.キミがスキ(LINE LIVE PREMIUM STUDIO SESSION)

【関連リンク】
FUKI オフィシャルHP
FUKI、Anly、ロザリーナ、野田愛実ら出演の『words UP!! VOL.8』、いよいよ3月6日に開催!
FUKI、30万人以上が視聴したカバーライヴをLINE MUSICで独占配信
FUKI、バレンタインカバーライブを生中継&SPゲストとして山猿が登場

【関連アーティスト】
Def Tech, FUKI
【ジャンル】
J-POP, 音楽配信

Acid Black Cherryの10年――2007年を振り返る
Thu, 23 Mar 2017 00:00:00 +0900
Acid Black Cherry (okmusic UP\'s)

2017年7月18日よりソロデビュー10周年に突入するAcid Black Cherryが記念すべき10周年に先駆け、「10th Anniversary Live History -BEST-」と銘打った初収録映像満載の、総収録時間7時間32分にも及ぶライヴ映像作品を3月22日(水)にリリースした。そこでAcid Black Cherryの10年を見てきた音楽ライターの武市尚子氏に、ABCの10年の歴史を1年ずつ振り返ってもらった(全10回予定)。

【その他の画像】Acid Black Cherry

初回はABCがデビューした2007年に迫る。

【2007年】Acid Black Cherry 2007 FREE LIVE

 yasuがAcid Black Cherryとしてソロ活動を始めたのは2007年。ソロ活動をスタートさせる上で、yasuが選んだ始まりは、予想外のものだった。事前告知一切なし。全国15ヶ所のライヴハウスで、地元バンドの前座として出演するという、前代未聞のシークレットライヴツアー。「いきなりワンマンじゃなく、イベントで対バン相手が居る環境でやってみたかった」 そんな想いのもと、Acid Black Cherryは敢えて、過酷な道からのスタートを選んだのである。

 日本武道館や大阪城ホール、さいたまスーパーアリーナなどを即完させる実力を持ったバンドであるJanne Da Arcのボーカリスト・yasuのソロプロジェクトであれば、最初からホール規模でのライヴも可能だったに違いない。しかし。

 「ライヴ会場に行けば、ライヴに必要なものはなんでもたくさんのスタッフが揃えてくれてるっていう状態が当たり前になってきていたから、そういうのに慣れ過ぎてるんちゃうか? って思ってた時期でもあって。せっかくソロで活動するなら、いい機会やから1からやりたいと思って、最初のライヴは、ほんまにまっさらな状態で、インディーズ時代に経験してきた環境でライヴしてみたいなって思って」

 yasuは、この言葉どおり、2007年の5月6日〜6月10日という期間に、ライヴハウスの通常ブッキングの前座として、15本のライヴを敢行した。PAも照明も全て現地のライヴハウスの人に託し、メンバーと機材車を運転するマネージャーだけで全国をまわる。走行距離は5,000キロ。お客さんは現地の対バン相手のお客さんのみで、場所によってはゼロに近い、そんな状況だった。

 ただ、その状況の中でもyasuのパフォーマンスは、いつでも全力だった。お客さんがいようがいまいが、全く変わらない。yasuはyasuのスタイルのまま、シークレットツアーをやりきったのだ。

 このツアーの終了後、Acid Black Cherryの名前は正式に告知され、7月にデビューシングルを発表することが告げられた。

 その後に行われた新宿ステーションスクエアでのゲリラライヴには、実に5000人もの観客が集まり、2曲を演奏したところで警察からの指示を受け、ライヴの中止を余儀なくされた。

 「もちろん、結果を求めてないって言うたら嘘になるけど、それよりも、それよりも………なんやろね、ほんまにただガムシャラやったと思う。なんとか形にしなくちゃっていう気持ち1つだけやったと思うな。俺にはこれしか出来へんから」

 やるからには全力でその物事に向き合っていく。そんなyasuの姿は、このプロジェクトに関わるスタッフやサポートメンバーの心をも一つにした。

 Acid Black Cherryはこの時、一つのプロジェクトが本格始動するためのスタートラインに立ったような想いだったのではないだろうか。

 そして、そのシークレットツアーを終えたyasuの視線の先にあったもの。それが、2007年に行われたフリーライヴだった。「Acid Black Cherry 2007 FREE LIVE」は実質、Acid Black Cherryをファンにお披露目するという、いわば初めてのライヴである。

 このプロジェクトを始めるにあたり、yasuは何よりもファンのことを強く思ったという。

 そこで改めて感じた“ファンの人がいたから、僕は音楽をやれているんだ"という想い。その想いは、このライヴを入場料を設けずFREE LIVEというスタイルにしたところにも表れていた。

 また「Acid Black Cherry 2007 FREE LIVE」では、シークレットライヴツアーで演奏してきた曲の他に、yasuはもう1曲、大切な想いを乗せた曲を披露した。

 「君がいるから」ーーー。

 “君がいるから 僕がいるんだよ”と唄われるこの楽曲は、yasuがAcid Black Cherryを始動させるにあたって、最初に作った曲だという。

 ファン(=君)がいるから、自分(=僕)がいる。
 君が笑顔になるなら、僕は唄うよ。

 このツアーで唄った「君がいるから」には、ファンへの感謝の想いと、これから唄い続ける意志を込めていたように思えた。

 こうして第一歩を踏み出したAcid Black Cherry。大切な「君」に唄を届け続ける物語が、ここから始まったのである。

text by 武市尚子

【関連リンク】
Acid Black Cherry オフィシャルHP
Acid Black Cherry、タワレコ渋谷店で大爆音上映会を緊急開催!?
Acid Black Cherry、10年間のライブの軌跡を収めた映像作品のジャケ写公開
Acid Black Cherryのシングル曲をライヴ映像で振り返る! 総収録7時間の映像作品をリリース

【関連アーティスト】
Acid Black Cherry
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

BiSH、ニューシングル「プロミスザスター」のライブ映像をフル公開
Thu, 23 Mar 2017 00:00:00 +0900
BiSH (okmusic UP\'s)

”楽器を持たないパンクバンド\'\'BiSHがニューシングル「プロミスザスター」の発売を記念して、3月19日に行なったZEPP TOKYO公演で、幕張ワンマン宣言とともにアンコールで初披露された同楽曲のライブ映像をフル公開した。

【その他の画像】BiSH

年明けから初のバンドセットでZEPPクラスの会場を回った最大規模のツアー『BiSH NEVERMiND TOUR』のファイナル公演を3月19日にZEPP TOKYOで行ない、3月22日にはニューシングル「プロミスザスター」をリリースしたBiSH。7月22日には自身最大規模の会場である幕張メッセ イベントホールでのワンマン公演が決定するなど、その勢いは止まることを知らない。

なお、ZEPP TOKYO公演の模様は、4月28日にMTVで1時間にわたって放送されることも決定しているので是非チェックを!

■「プロミスザスター」(『NEVERMiND TOUR』FiNAL @ ZEPP TOKYO)
https://www.youtube.com/watch?v=kWERjRiJh1s

■【O.A.情報】

3月19日にZEPP TOKYOにて開催されたツアーファイナル公演をMTVにて一時間独占放送決定!

『MTV LiVE: BiSH NEVERMiND TOUR FiNAL』
放送日:4月28日 23:00~

■【ライブ情報】

『BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“』
7月22日(土) 幕張メッセ 幕張イベントホール
17:00open/18:00start

【関連リンク】
BiSH オフィシャルHP
BiSH、ツアーファイナルにて幕張メッセイベントホールでの単独公演開催を発表
BiSH、モデル・田中真琴も出演する期待煽りまくりの新曲「プロミスザスター」MV解禁
BiSH、ニューシングル「プロミスザスター」のトレーラー映像&アートワーク公開

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1