歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年03月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
YUKI、新曲「聞き間違い」が『花王フレアフレグランス』CM曲に決定
Tue, 14 Mar 2017 20:00:00 +0900
YUKI (okmusic UP\'s)

YUKIが3月15日にリリースするアルバム『まばたき』に収録されている新曲「聞き間違い」が、石原さとみが出演する『花王フレアフレグランス』のCM「香りで前を向く」篇のタイアップ曲に決定したことがわかった。CMのオンエアは4月1日とのことだ。

【その他の画像】YUKI

また、ニューアルバム『まばたき』のリリースを記念して、YUKI本人の手描きによる『まばたき』ジャケットイラストがタワーレコード全国9店舗に展示される。貴重なジャケットイラストの期間限定での展示となるため、こちらも店頭で是非チェックして欲しい。

■アルバム『まばたき』特設サイト
http://www.yukiweb.net/mabataki/

■【アルバム『まばたき』ジャケットイラスト展示 詳細情報】

設置期間:2017年3月14日(火)〜3月27日(月)
※諸事情によって、設置期間が異なる場合もございます。予めご了承ください。

<設置店舗>
北海道:タワーレコード札幌ピヴォ店
宮城県:タワーレコード仙台パルコ店
東京都:タワーレコード新宿店
東京都:タワーレコード渋谷店
新潟県:タワーレコード新潟店
愛知県:タワーレコード名古屋パルコ店
大阪府:タワーレコード梅田大阪マルビル店
広島県:タワーレコード広島店
福岡県:タワーレコード福岡パルコ店

■アルバム『まばたき』

2017年3月15日発売
【初回生産限定盤】(2CD+DVD)
ESCL4837-9/¥5,200+税
※豪華LPサイズ紙ジャケット仕様
※ファンクラブ会員限定ライブ 「YUKI LIVE "commune of ten"」から選りすぐりの10曲を収録したライブCD付属
※「YUKI LIVE "commune of ten"」 ダイジェストムービー収録DVD(4分30秒)付属
※羽海野チカ描き下ろしYUKI15周年ロゴステッカー封入
【通常盤】
ESCL4840/¥3,000+税
※羽海野チカ描き下ろしYUKI15周年ロゴステッカー封入
【アナログ盤】
ESJL 3088〜9/¥3,500+税
※2017年3月29日リリース
【カセットテープ】
ESTL 4/¥3,600+税
※2017年3月29日リリース
<収録曲>
1. 暴れたがっている
2. さよならバイスタンダー
3. こんにちはニューワールド
4. 無敵
5. 名も無い小さい花
6. レディ・エレクトリック
7. 私は誰だ
8. tonight
9. ポストに声を投げ入れて
10. バスガール
11. 2人だけの世界
12. 聞き間違い
13. トワイライト

【関連リンク】
YUKI オフィシャルHP
YUKI、東日本と西日本でアルバム『まばたき』の新曲をそれぞれOA
YUKI、ニューアルバム『まばたき』全収録曲の試聴がスタート!
YUKI、ニューシングル&ニューアルバムW購入者特典は“ゆきんこアイピロー”

【関連アーティスト】
YUKI
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

GreeΣ、1st シングル「GreeM」配布終了店続出!? 急遽試聴動画を公開へ
Tue, 14 Mar 2017 19:30:00 +0900
GreeΣ (okmusic UP\'s)

GreeΣの1st シングル「GreeM」が3月1日より全国のCDショップ、ヴィジュアル系専門ショップで配布開始。早くも各店舗で配布終了のアナウンスが飛び交うほど大好評となっている。

【その他の画像】GreeΣ

手に入らないとの声に応えるべく、GreeΣが急遽全曲試聴動画を公開! さらに全国から配布店舗を増やしてほしいという要望が多く、さらなる店舗拡大に向けて取り組んでいるようだ。

完全自主バンドのため、配布追加店舗が発表されるかされないかは彼ら次第。期待して続報を待とう。

現在、GreeΣ 1ST ONEMAN LIVEの先行チケットが受付中。“自然と涙する”魔法のような月白(Vo)の歌声が話題となっているGreeΣ。彼らの武器でもある"極端すぎる二面性"をぜひ会場で体感してほしい。

text by 神代 研

■シングル「GreeM」全曲試聴動画
https://youtu.be/1ejX9jAAuFw

■GreeΣ 1st ONEMAN LIVE「おはよう、朝が来たよ。」

6月17日(土) 池袋EDGE
開場/開演 18:00/18:30
<チケット>
前売/当日:¥3,300/¥4,000(D代別)
■A:プレオーダー先行
【受付】3/04(土)12:00〜3/20(月)18:00
【抽選】3/21(火)18:00
【結果】3/22(水)13:00〜
【入金】3/22(水)13:00〜3/24(金)21:00
【確定】3/26(日)
■B:イープラス一般
4/1(土)10:00より発売開始
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002217944P0030001

【関連リンク】
GreeΣ オフィシャルHP
GreeΣ、始動ライブは大盛況にて終了!3月1日より配布開始の1st Single「GreeM」は早くも配布終了店続出…!!
新バンド「GreeΣ-グリーム-」解禁!6月17日(土)池袋EDGEにて1st ONEMAN LIVE決定!
シド、早くも2017年第二弾シングルが決定

【関連アーティスト】
GreeΣ
【ジャンル】
ビジュアル

ZARD、初のSPフィルム・ライブが全国のラブコールに応え追加上映決定!
Tue, 14 Mar 2017 19:00:00 +0900
『ZARD Screen Harmony Live 〜25th Anniversary → Forever...!〜』告知画像 (okmusic UP\'s)

2月10日より初のフィルム・ライブ『ZARD Screen Harmony Live 〜25th Anniversary → Forever…!〜』が開催され、ZARDの色褪せない魅力が再認識されている。

【その他の画像】ZARD

デビュー26周年を迎えた2017年2月10日、東京・大阪を皮切りにスタートしたフィルム・ライブは、感動の25周年記念ライブの臨場感あるサウンドを再現し、大型スクリーンで上映したZARD初開催のイベントだ。約6年ぶりの全国イベントとなったこのフィルム・ライブに参加したファンからは「大きなスクリーンで観る映像は、いつもと一味違って新鮮」「大画面・大音響で観るZARDはいい」といったコメントが寄せられた。

しかしその一方、360°空間に迫力のサウンドを生み出す“ドルビーアトモス"対応の劇場はまだ全国に少ないこともあり「遠くて行けない」「観たいけれど近くでない…」といった声も。そこで今回、多くのラブコールに応え、5.1ch対応ミックスを新たに施し、札幌、福岡をはじめとした各地で追加上映が決定! また、東京・日本橋、名古屋でのドルビーアトモス上映も合わせて決定した。

坂井泉水のみずみずしい歌声と詞、バンドの生演奏、そしてオーディエンスの熱気で生まれた興奮と感動…“伝説の25周年記念ライブ"を体感しつつ、フィルム・ライブを通して、ZARDの魅力をぜひ再発見してほしい。

■フィルム・ライブ『ZARD Screen Harmony Live 〜25th Anniversary → Forever...!〜』特設サイト
http://live-package.com/zard/screenharmonylive2017/

■【フィルム・ライブ『ZARD Screen Harmony Live 〜25th Anniversary → Forever...!〜』追加上映】

■4月07日(金)開催
・TOHOシネマズ日本橋(ドルビーアトモス)
時間:19:00〜
・ミッドランドスクエアシネマ名古屋(ドルビーアトモス)
時間:19:00〜 

■4月08日(土)開催
ミッドランドスクエアシネマ名古屋(ドルビーアトモス)
時間:18:30〜

■4月09日(日)開催
ミッドランドスクエアシネマ名古屋(ドルビーアトモス)  
時間:18:30〜

■4月15日(土)開催
・イオンシネマ富士宮(5.1ch)
時間:18:30〜
・イオンシネマ金沢(5.1ch)
時間:18:30〜
・イオンシネマ浦和美園(5.1ch)
時間:19:00〜

■4月22日(土)開催
・イオンシネマ海老名(5.1ch/THX上映)
時間:18:30〜
・イオンシネマ福岡(5.1ch)
時間:18:30〜
・MOVIX昭島(5.1ch)
時間:19:00〜

■5月07日(日)開催
・神戸国際松竹(5.1ch)
時間:15:00〜
・イオンシネマ港北ニュータウン(5.1ch)
時間:19:00〜
・イオンシネマ広島(5.1ch)
時間:19:00〜

■5月12日(金)開催
MOVIXつくば(5.1ch)
時間:19:00〜

■5月13日(土)開催
・札幌シネマフロンティア(5.1ch)
時間:18:30〜
・MOVIX伊勢崎(5.1ch)
時間:19:00〜

【関連リンク】
ZARD オフィシャルHP
ZARDのデビュー26周年を記念したフィルムライブの開催が決定
ZARD、感動と興奮の25周年ライヴがDVDに!
ZARD、坂井泉水の9回目の命日に25周年記念ライブが終幕

【関連アーティスト】
ZARD
【ジャンル】
J-POP, イベント

acid android、7月に2017年初ライブ開催&オフィシャルアートブック第三弾発売決定
Tue, 14 Mar 2017 18:30:00 +0900
acid android  (okmusic UP\'s)

acid androidが2017年初となるライブを7月8日(土)に開催することを発表した。

【その他の画像】People In The Box

今回もバックメンバーには小林祐介(THE NOVEMBERS)、山口大吾(People In The Box)を迎え、2016年に深化を見せたacid androidの音像をさらなる高みに昇華させる。気になるチケットは6月3日(土)の一般発売に先駆け、3月14日(火)13:00よりオフィシャル先行受付がスタートしている。

さらに、オフィシャルアートブック『collection』第三弾のリリースも同時に発表された。これまで発表されてきたアートワークを再構築し、新しい世界観でリデザインされたビジュアルを含め未発表のアートワークも収録予定とのこと。ページ数も80ページから92ページへとボリュームアップされるということなので、こちらも是非チェックしてみてほしい。

■『acid android live 2017 #1』

7月08日(土) 川崎 CLUB CITTA\'
open 17:15 / start 18:00 
<チケット>
一般発売日:2017年6月3日(土) 10:00〜 
オフィシャルHP 先行販売 ※抽選:
2017年3月14日(火) 13:00 〜 3月26 日(日)23:59
http://eplus.jp/hp/acidandroid/

■official artbook「collection #3」

受付期間:2017年3月14日(火)13:00 〜 5月7日(日)23:59
価格:¥3,980 (税込)
仕様:a4 判 92p
発送時期:2017年5月下旬頃より順次発送予定
◎初回通販購入限定特典
オリジナルb6クリアファイル

■BARKS × ARTIST DELI SHOPPING
http://shopping.deli-a.jp/artist/acidandroid.php

【関連リンク】
acid android オフィシャルHP
ラルク、映像作品『L\'ArCASINO』完全生産限定盤の全貌が動画で明らかに!
ラルク、東京ドーム2デイズを全国各地の映画館で生中継!
L\'Arc〜en〜Ciel、Blu-ray&DVD『L\'ArCASINO』トレーラー映像公開&限定グッズが当たるキャンペーン実施

【関連アーティスト】
People In The Box, THE NOVEMBERS, L’Arc~en~Ciel, acid android
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ウルフルズ、デビュー25周年を記念したアルバム『人生』を5月24日にリリース
Tue, 14 Mar 2017 18:00:00 +0900
ウルフルズ (okmusic UP\'s)

今年でデビュー25周年を迎えるウルフルズが、5月24日に14枚目のオリジナルアルバム『人生』をリリースする事を発表した。

【その他の画像】ウルフルズ

結成してから、メンバーの脱退、復活、活動休止、そして復活…。 紆余曲折有りながらも25年を迎えるウルフルズにしては渋さも感じるタイトルだが、そんな想いを吹き飛ばすかのようなお祭りソングあり、涙あり、笑いありの『これぞウルフルズ!』と断言できる作品に仕上がった。

収録曲は全13曲を予定。初回生産限定盤にはプラス1曲のボーナストラックと、毎年恒例の大阪万博で行なわれてる夏の風物詩、2016年の「ヤッサ」の映像をまるっと収録した完全保存版となっている。

■【ウルフルズよりコメント】

ウルフルズ復活3部作のトリにして14枚目のアルバムが堂々完成しました! ウルフルズの原点は、「今やりたい事をやる」に尽きます。
今回はトータス以外のメンバーも詞曲作りに参加して、やりたい事をやり切りました。きっと楽しんでもらえると思います!

■アルバム『人生』

2017年5月24日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31294/5/¥4,300+税
【通常盤】(CD)
WPCL-12626/¥2,800+税
<収録内容>
■CD
全13曲収録予定
※初回生産限定盤のみボーナストラック1曲を収録
■DVD
『OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!2016ヤッサ!20年目のバンザイ〜やっててよかった〜全曲収録Live DVD』
01.バンザイ〜好きでよかった〜
02.あーだこーだそーだ!
03.ツギハギブギウギ
04. SUN SUN SUN\'95
05. あそぼう
06. 愛すれば
07. ひと ヒト 人
08. 明日があるさ
09. 笑えれば
10. あついのがすき
11. パパイヤ・ママイヤ
12. Let\'s Go Monday
13. チークタイム
14. せやなせやせや人生は
15. 今夜どう?(ここまではOK!)
16. 大阪ストラット
17. ワンダフル・ワールド
18. サムライソウル
19. ボンツビワイワイ
20. バカサバイバー
21. ええねん
22. いい女
-アンコール-
En1. ガッツだぜ!!
En2. BANZAI 20th メドレー (トコトンで行こう!〜暴動チャイル〜SUN SUN SUN \'95〜てんてこまい my mind〜大阪ストラット〜ダメなものはダメ〜おし愛へし愛どつき愛〜泣きたくないのに)
En3. バンザイ〜好きでよかった〜

【関連リンク】
ウルフルズ オフィシャルHP
ウルフルズ、Superfly・JUJUら参加トリビュートアルバムの全曲ダイジェスト動画を公開!
ウルフルズ、初のトリビュートアルバムは女性アーティストで華やかに!
高橋優、自身が主催する野外フェス『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016』が大盛況!

【関連アーティスト】
ウルフルズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

80‘sアーティストの極めつけディスコヒット5曲(その1)
Tue, 14 Mar 2017 18:00:00 +0900
80‘sアーティストの極めつけディスコヒット5曲(その1) (okmusic UP\'s)

70年代中頃までのディスコ音楽はファンクやソウル系が中心であったが、70年代の後半になるとディスコ人口が増え、それに比例するようにポップス系やロック系のアーティストが台頭するようになる。80年代に入るとシンセを中心にしたテクノ系やユーロビートなども参入するなど、様々なスタイルの音楽が群雄割拠したが、ディスコファンはサウンドの広がりを大いに歓迎したのである。今回は日本のディスコ人口が激増した80年代のヒットを取り上げようと思う。

【その他の画像】Deniece Williams

■様々なジャンルに派生していった80年代のディスコ音楽

ディスコにおいて何より優先すべきことは、“踊る”ことであり、初期のディスコ音楽は単純にダンサブルな曲がなにより好まれた。しかし、ディスコ人口が増えるにつれ愛好者の年齢層が幅広くなり、ファンクやソウルに加えてポップス系やロック系などの音楽も好まれ、世代によっての好みが細分化していった。そんな中、映画『サタデー・ナイト・フィーバー』が大ヒットを記録し、各映画会社はダンス映画とサウンドトラックをタイアップすることで、二匹目のドジョウを狙っていく。『グリース』(‘78)、『フラッシュダンス』(‘83)、『フットルース』(’84)など、音楽映画は次々にヒットし、そのサウンドトラックはディスコでも大ヒットする。

一方で、アバが道筋をつけたディスコのポップス路線も順調で、本家のアバはもちろん、ノーランズやブロンディーらが80年代に入るとヒットを連発する。ロックやテクノ系のアーティストではブリティッシュ勢のカルチャー・クラブ、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド、デビッド・ボウイらがディスコ向けのダンス路線で成功するなど、ディスコ音楽の層は厚くなり、ますます隆盛を極めていく。そんなわけで、80年代のディスコヒットは様々なジャンルに分散し、またその数も多いので何回かに分けて紹介しようと思う。

それでは、80‘sアーティストによる極めつけのディスコヒットを5曲セレクトしてみよう。

■1.「Funky Town」(‘80)/Lipps Inc.

全米ダンスチャート1位。曲の出だしは無機質なユーロビートでミュンヘンあたりのグループかと思いきや、このグループはアメリカ在住の3人組ユニット。このユニットはディスコ向けの企画チームなのだが、他にもリリースしているものの、この曲以外はヒットせず83年には解散している。シンプルで印象に残るリフ以外は大したメロディーがあるわけでもカッコ良い演奏があるわけでもないが、今でもラジオやテレビでしょっちゅう聴く。CMで一部だけ使われるのを聴くとインパクトがあるので広い用途で使われているようだ。当時は誰も想像しなかったことだが、意外に息の長い曲なのだ。日本ではディスコ好き以外にはそんなに知られていたわけではないが、ディスコ愛好者にとっては大いに盛り上がる曲のひとつである。余談だが、不思議とPUFFYの「アジアの純真」のメロディーに似ているのが面白い。

■2.「ダンシング・シスター(原題:I’m in the Mood for Dancing)」(‘80)/The Nolans

当時ヒットを飛ばしまくっていたアバの曲と似た、キャッチーなメロディーで勝負したノーランズの大ヒット。これはディスコ向けというわけではないが、若い世代のディスコファンが激増した頃でもあるのでディスコでも大人気曲となった。60年代のモータウンやフィラデルフィア・インターナショナルのヒットをよく研究して作られており、今リリースしてもヒットするのではないかと思うほど、よくできた曲だ。ノーランズはイギリスの姉妹グループで、日本とイギリスでは絶大な人気があった。この曲はオリコン洋楽チャートで1位を獲得しているのだが、面白いことにアメリカではシングルカットすらされていない。この後も「恋のハッピー・デート(原題:Gotta Pull Myself Together)」(‘80)や「セクシー・ミュージック」(’81)などのディスコヒットを立て続けにリリースするが、ヒットはそこまでで以降は徐々に忘れ去られていく。90年代に入って日本の歌謡曲をカバーするという企画で再ブレイクを果たすものの、彼女たちが光り輝いていたのはやっぱり80〜81年の2年間だろう。

■3.「Can’t Take My Eyes Off You」(‘82)/Boys Town Gang

ディスコファンなら忘れられない大人気曲。ボーイズ・タウン・ギャングは3人組で、別にいなくていい白人男性2人(ダンス要員)とヴォーカルの黒人女性ひとりからなるディスコ向けユニットだ。もとは1967年のフランキー・ヴァリのヒットをカバーしたもので、原曲の良さを損なわずに見事なディスコヴァージョンにアレンジされている。ストリングスのリフやサビの盛り上がりなど、どれだけ落ち込んでいる時でも必ず元気が出るという不思議な魅力を持っている。これだけディスコのフロアーに向いた曲はそうないだろう。彼らは持ち曲がカバーで成り立っており、星の数ほどあったディスコ向けの企画ユニットで、後世に残る1曲を生み出せただけでも奇跡に近いことである。この曲の前年にリリースした「Cruising the Streets」は全米ダンスチャート5位まで上昇しているが、単調なリズムに下品な語りが入るだけの曲で日本ではまったく受けなかった。

■4.「Let\'s Hear It for the Boy」(‘84)/Deniece William

映画『フットルース』の中に登場するキャッチーな曲。サントラからのケニー・ロギンスの「フットルース」に続く第二弾シングルとしてリリースされ、全米ダンスチャートで2週連続の1位となる。デニースは70年代にはスティービー・ワンダーのバックヴォーカリストを務めソロになるのだが、ソウルシンガーというよりはポピュラー寄りの歌手だ。当時はシンディ・ローパーやマドンナに似たシンガーとして活動していたため、サウンドプロデュースも類似した感じとなっている。だからこそ、ディスコでも人気が出たような気もする。ジョージ・デュークやポール・ジャクソンなど、豪華なバックを従えてはいるものの、リズムトラックが打ち込みなので軽い仕上がりになってしまっているところが少し残念である。この曲のヒットのあとも順調な歌手生活を送るのだが、やがて商業音楽から手を引きゴスペルシンガーとなる。

■5.「Take On Me」(’85)/a-ha

彼らは珍しくノルウェー出身の3人組グループで、この曲が世界的に大ヒットし、ディスコでもかなりのヘビーローテーションとなった。打ち込みを基本としたチープなサウンドプロデュースで、シンセポップとしては当時すでに古臭いアレンジではあったが、美しいメロディーと北欧らしい透き通るようなコーラスは独特で、そのあたりが世界的に認められたのだろう。イントロのリフなどを聴くと日本の歌謡曲的な雰囲気もあるので、日本のディスコでは特にヒットしたのかもしれない。ちなみに、ノルウェーのアーティストで全米1位を獲得したのは彼らが最初で、2番目はまだ登場していない。当時、この曲のビデオクリップがMTVで頻繁にかかっており、アニメーションと実写が混ざった秀逸な作品で、今観てもすごい出来だと思う。このPVがなければ、これだけの大ヒットになったかどうか微妙なところ。

■♪♪「LOVE★DISCO」を青山でリアルに体験しよう♪♪

ヨーロッパで大流行のPOP-UP Discoが遂に日本上陸! ダンクラ〜ユーロまで定番曲をプレイ。最高峰の音響(JBL10台+サブ)と照明(Moving14台+固定10台+7色LED壁)と最新制御システムで、バブル時代をクールに再現します。

■レジデントDJ:DJ BABY(+ゲストDJ2名がプレイ)
■入場料(1ドリンク&無料ビュッフェ+女性無料シャンパン込):
男性/3,500円・女性/3,000円
■営業時間:18:30〜23:30
■POP-UP日程:4月7日(金)・4月14日(金)・4月15日(土)
■所在地:東京都港区南青山6 10 12 Future7(表参道駅から:徒歩10分)
■20歳未満入場不可
■HP:https://lovedisco.themedia.jp/
■Facebook:https://www.facebook.com/LOVEDISCOAOYAMA/
(Facebookフォローで入場500円OFF)

【関連アーティスト】
Deniece Williams, a-ha, The Boys Town Gang, Lipps Inc., The Nolans
【ジャンル】


MYNAME、レコーディング中のメンバーを映した新曲「出会いあいして」ティザー映像解禁
Tue, 14 Mar 2017 17:30:00 +0900
MYNAME (okmusic UP\'s)

MYNAMEが4月5日(水)にリリースするシングル「出会いあいして」のティザー映像が公開となった。

【その他の画像】MYNAME

先日、全7形態のジャケット写真が公開となった際に"楽曲が早く聴きたい"というリクエストが殺到した「出会いあいして」。公開されたティザー映像は同曲をレコーディングしているメンバーの様子を撮影したリリックビデオとなっているので、気になる方はご覧になってみてほしい。

また、急遽3月15日(水)23時からSHOWROOMにて生配信が実施されることが決定。楽曲公開直後の生配信ということで、メンバーからも新曲についての話が聴けるかもしれない。こちらも要チェックだ!

■SHOWROOM 配信ページ
https://www.showroom-live.com/myname

■【シングル「出会いあいして」についてメンバーよりコメント】

■インス
メロディーも覚えやすくて歌いやすい。初めて聞いたとき、すぐにいい曲だなと思いました。僕たちのことを知らない人にも沢山聴いてもらいたい曲です。

■セヨン
一度聴いたら耳に残る。そこがいいです。カラオケで男性にも歌ってほしいですね。

■ジュンQ
SHOCK EYEさんご本人もアーティストとして活躍している方なので、ステージで僕たちがパフォーマンスすることまでしっかりと想像してくれて作っているような気がしました。

■「出会いあいして」ティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=PeKF7X5cgQY

■シングル「出会いあいして」

2017年4月5日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)  
UICV-9233/¥2,200(税込)
【通常盤】(CD)
UICV-5059/¥1,300(税込)
【メンバー別ソロ・ジャケット盤】※web(キャラアニ)限定盤
■コヌ盤(CD)
PROV-5007/¥1,300(税込)
■インス盤(CD)
PROV-5008/¥1,300(税込)
■セヨン盤(CD)
PROV-5009/¥1,300(税込)
■ジュンQ盤(CD)
PROV-5010/¥1,300(税込)
■チェジン盤(CD)
PROV-5011/¥1,300(税込)

<収録曲>
■CD 
1.出会いあいして
2.タンマレ〜はっきり言って〜 (「? (タン)??(マレ)」 Japanese ver.)
3.出会いあいして (Instrumental)
■DVD
レコーディング・メイキング映像
ジャケット撮影・メイキング映像
「MYNAME 2017 LIVE TOUR 〜ALIVE〜」
(東京シーサイドフェスティバルホール 2017.2.19)
「RAIN」
「Alive or Fallen」

■web(キャラアニ)限定盤 詳細ページ
http://ch.chara-ani.com/

【関連リンク】
MYNAME オフィシャルHP
MYNAME、シングル「出会いあいして」全7形態のジャケット写真を公開
MYNAME、東京ワンマン公演で2年ぶりのシングル発売を発表
SHINee、4年ぶりの大阪城ホール2daysでファン19,000人を魅了!

【関連アーティスト】
MYNAME
【ジャンル】
K-POP

MAGiC BOYZ、仲間との絆を描いた新曲「3.141592」MV公開
Tue, 14 Mar 2017 17:00:00 +0900
「3.141591」MV (okmusic UP\'s)

3月29日(水)に新体制でのニューシングル「3.141592」を発売するMAGiC BOYZが、その表題曲「3.141592」のMVを公開した。

【その他の画像】MAGiC BOYZ

監督を務めたのは、TOKYO HEALTH CLUB「天竺」のMVを手掛けた泉田岳。今作のリリックから得たイメージでストーリーを作成し、楽曲に込められた円周率のように終わらない、卒業しても先々続いていく仲間との関係が描かれた作品となっている。またタイムカプセルを埋め、数年後に掘り起こす姿も描かれており、数年後はそれぞれ意外な職業に就いているという設定や、何を埋めるかも見所の一つだ。

MAGiC BOYZは現在、シングル発売に先駆けて様々な会場でのリリースイベントを行なっているほか、3月26日(日)には渋谷HARLEMでZEN-LA-ROCKのラストライブ「平成28年度 卒業パーティー」、4月30日(日)にはTSUTAYA O-EASTでのワンマンライブを開催する。急成長を遂げているMAGiC BOYZ、乗り遅れる前に是非チェックを!

■「3.141591」MV
https://youtu.be/qBfOy5phx_s

■シングル「3.141592」

2017年3月29日発売
【お金があれ盤】
ZXRC-1095/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.3.141592
02.10000000000YEN (MAGiC BOYZ ×餓鬼レンジャー)
【これからも盤】
ZXRC-1096/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.3.141592
02.ON&ON (MAGiC BOYZ × GAGLE)
【ずら盤】
ZXRC-1097/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.3.141592
02.『ずら』との遭遇!(MAGiC BOYZ × YOUNG-G & 原田喜照)

■【ライブ情報】

『平成28年度 卒業パーティー』
3月26日(日)  渋谷HARLEM

『ワンマンライブ2017春』
4月30日(日)  TSUTAYA O-EAST

【関連リンク】
MAGiC BOYZ オフィシャルHP
MAGiC BOYZ、コラボ3曲目は甲州弁でずら♪ずら♪歌うずら!
MAGiC BOYZ、コラボ曲第2弾は餓鬼レンジャーとお金持ちに!?
MAGiC BOYZ、渋谷HARLEM卒業パーティーの出演者発表

【関連アーティスト】
MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

LACCO TOWER、10月28日にZepp DiverCityでワンマン開催&新曲「折紙」MV公開
Tue, 14 Mar 2017 16:00:00 +0900
LACCO TOWER (okmusic UP\'s)

3月15日にニューミニアルバム『薔薇色ノ怪人』をリリースするLACCO TOWERが、10月28日にZepp DiverCity TOKYOにてワンマンライブを開催する事を発表した。

【その他の画像】LACCO TOWER

バンド史上最大キャパ会場での開催となり、成長し続けるLACCO TOWERのパフォーマンスに期待が寄せられる。

またミニアルバム『薔薇色ノ怪人』より既に公開されている「怪人一面相」「桜桃」に続き、3本目となる「折紙」のMVが公開された。松川ケイスケ(Vo.)は このMVについて『MVでは歌詞に合わせ折り紙を折っています。皆が誰かと心を折る際、この歌を思い出していただければ幸いです。』とコメントしている。

3月17日には東京・渋谷 CLUBQUATTRO にて『悪髪ノ怪人』(GUEST: My Hair is Bad)を行ない、さらに4月22日・23日には群馬音楽センターにて4年目を迎える主催ロックフェス『I ROCKS 2017』を開催するLACCO TOWER。10月28日のZepp DiverCity公演を含め、今後の動向からも目が離せそうにない。

■【「折紙」MVについて、松川ケイスケ(Vo.)よりコメント】

きっかけはお客様からもらった1枚の手紙でした。
ハートの形に折られたそれを見て、単純にどう折っているのか知りたくなったんです。
ハートの折り方を調べてみると、画像での説明の隣に、懇切丁寧にその作り方が記載されていました。それを見た折、折紙みたいに誰かと誰かの心を折ってハートの形にすることができたら幸せだなと。そして歌詞に合わせて折り紙を折れば、ハートの形になれば、もっとこの歌詞の意味を伝えられると。

これが今回の楽曲「折紙」を作ったきっかけです。
MVでは歌詞に合わせ折り紙を折っています。皆が誰かと心を折る際、この歌を思い出していただければ幸いです。

■「折紙」MV
https://youtu.be/-58ggbnyeYQ

■「LACCO TOWER より重要なお知らせ」
https://youtu.be/krOZwYdjyl8

■『LACCO TOWER ワンマンライブ』

10月28日(土)  Zepp DiverCity TOKYO
開場:17:00 / 開演:18:00
前売:1F スタンディング¥3,800 / 2F 指定¥3,800

■ミニアルバム『薔薇色ノ怪人』

2017年3月15日(水)発売
COCP-39899/¥2,000+税
<収録曲>
1. 怪人一面相(かいじんいちめんそう)
2. 悪人(あくにん)
3. 桜桃(さくらんぼ)
4. 楓(かえで)
5. 折紙(おりがみ)
6. 時計仕掛(Re-Recording)(とけいじかけ)

【関連リンク】
LACCO TOWER オフィシャルHP
LACCO TOWER、新ミニアルバム『薔薇色ノ怪人』から「桜桃」MVを公開
LACCO TOWER、新ミニアルバムより「怪人一面相」MVが解禁!
LACCO TOWER、ニューミニアルバム『薔薇色ノ怪人』詳細&新アー写を解禁

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】
ジャパニーズロック

flumpool、俳優・野村周平と新曲「ラストコール」MVで8年越しの共演が実現
Tue, 14 Mar 2017 15:00:00 +0900
flumpool (okmusic UP\'s)

flumpoolが3月15日にリリースするニューシングル「ラストコール」のMV(Full ver.)を公開した。

【その他の画像】flumpool

今作には3月25日より公開される「ラストコール」が主題歌をつとめる映画『サクラダリセット』で主演を務める野村周平が出演。実は野村周平にとって初の映像作品への出演はflumpoolの「見つめていたい」のMVで、今作で8年越しの共演が実現した。

MVの舞台は長崎県にある片島魚雷発射試験場跡。月日と共に荒廃し、忘れてはいけない過去があるにも関わらず、人々の記憶からも忘れ去られようとしている場所だ。その場所には生命の息吹を感じる一本の木が力強く存在し、その周りを脈々と芽吹く草花が咲いている。そんな過去と現在が融合された場所で、flumpoolは力強く未来への希望を歌い上げている。一方、野村周平は無機質で時が止まったかのような街にいる一人の男を演じ、記憶を頼りに誰かを、何かを探している…。2つの世界が絡み合う今までに類を見ない作品は、必見の内容だ。

さらに、先日、定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」にて特別に厳選されたヒットソングの配信がスタートしたばかりであるが、3月18日 20:00よりLINE LIVEを配信することも発表された。ニューシングル発売を記念して、flumpoolの4人が全ての人の新しい春を応援するシングル「ラストコール」にふさわしい『決意』の企画に挑む模様をお届けするとの事なので、こちらも是非チェックしよう。

また、今回もLINEにてニューシングル「ラストコール」のスペシャルオフィシャルインタビューを3月14日(火)より3日間にわたって配信する。シングル「ラストコール」の楽曲について高密度に語られたインタビューに加え、5月の日本武道館公演から幕を開ける全国ツアーのことまで、現在のflumpoolの姿が色濃く届けられる。こちらはflumpoolの公式LINEアカウントから随時配信予定との事だ。

■「ラストコール」MV(Full ver.)
https://youtu.be/7iwBGMovQRU

■『flumpool LINE LIVEラストコール発売記念SP』

配信日時:3月18日(土) 20:00〜
出演:flumpool
※番組内容は変更となる可能性がございます。
※LINE MUSICの公式アカウント及び、 LINE株式会社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」での配信となります。
https://live.line.me/channels/24/upcoming/1641163

■シングル「ラストコール」

2017年3月15日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
AZZS-62/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
01.ラストコール
02.ナミダリセット
03.キズナキズ
〈BONUS TRACK ALL BONUS TRACKS from flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017「FOR ROOTS」〜シロテン・フィールズ・フォーエバー〜〉
04.花になれ
05.MW 〜Dear Mr. & Ms. ピカレスク〜
06.大切なものは君以外に見当たらなくて
■DVD
「flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017「FOR ROOTS」〜シロテン・フィールズ・フォーエバー〜@大阪城ホール Special Live Digest & Making of Live」

【通常盤】(CDのみ)
AZCS-2061/¥1,200+税
<収録曲>
01.ラストコール
02.ナミダリセット
03.キズナキズ
04.ラストコール(Instrumental)
05.ナミダリセット(Instrumental)
06.キズナキズ(Instrumental)

【関連リンク】
flumpool オフィシャルHP
flumpool、「ラストコール」 MUSIC VIDEO short ver.遂に公開
flumpool、29都市31公演に及ぶ『Re:image』ツアー日程解禁!
ポルノグラフィティ・Perfumeら出演! アミューズ主催音楽フェスがリニューアル

【関連アーティスト】
flumpool
【ジャンル】
ジャパニーズロック

YOSHIKIのプレミアムディナーショーが東京・名古屋・大阪の3大都市で開催決定
Tue, 14 Mar 2017 14:30:00 +0900
「YOSHIKI PREMIUM DINNER SHOW 2017」 告知画像 (okmusic UP\'s)

昨年、 国内最高額と謳われ話題となったYOSHIKIのプレミアムディナーショー『EVENING WITH YOSHIKI 2017 IN NAGOYA & OSAKA & TOKYO JAPAN』の開催が今年も決定した。4年目を迎える今回は大阪、東京に初の名古屋を加えた3都市で行なわれる。

【その他の画像】X JAPAN

大きな話題になっている X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』の公開、 そして映画サウンドトラックは発売後9カ国のiTunes チャートで1位、イギリスのアルバムチャートではサウンドトラックとしては異例の27位と、見事トップ30に食い込む快挙。さらにサウンドトラック・チャートではなんと3位にランクインと、日本のアーティストのサントラリリース史上異例と言われるUKチャートへのランクインで世界中を賑わせているX JAPANのリーダー・YOSHIKIが魅せる超プレミアムなステージは一見の価値有り。例年なんと一般発売前に全てソールドアウトになっているだけに、この「プラチナチケット」を賭けた争奪戦は今年も確実だ。

昨年のプレミアムディナーショーでは本人監修の食事にオリジナルのカリフォルニアワイン等の豪華な手土産が振舞われ、このショーの為にゲストボーカリストやカルテットメンバーをはるばるアメリカから招くなど、本人のこだわりもハイレベル。『YOSHIKIMONO』のファッションショーや、超レアアイテム続出で大きな盛り上がりを見せた本人着用衣装のチャリティーオークション、そしてディナーショーでは前代未聞のドラムプレイの披露など、単なるディナーショーでは終わらない、まさに“YOSHIKI流"のショーで見る人を楽しませてくれた。今年はどんな新たな仕掛けで見る人を驚かせてくれるのか楽しみだ。

■『YOSHIKI PREMIUM DINNER SHOW 2017』

8月26日(土) 名古屋マリオット
8月27日(日) 名古屋マリオット
8月29日(火) RITZ CARLTON大阪
8月30日(水) RITZ CARLTON大阪
9月01日(金) グランド・ハイアット東京
9月02日(土) グランド・ハイアット東京

<ディナーショー内容(予定)>
・YOSHIKIのピアノとカルテットによるX JAPANやYOSHIKIのソロの楽曲のライブ演奏に加え、 オペラシンガーの来日等もあり。
・YOSHIKIの普段は聞けないスペシャルトーク!
・YOSHIKI監修、 フレンチのフルコースディナー!
・YOSHIKIワインを含め素敵なお土産!
・YOSHIKI本人がプロディースし、 まだ一般には公開されていないYOSHIKIMINOファッションショー!
・YOSHIKI私物を購入できるチャリティーオークションの開催!
・限定グッズの販売!
・その場の楽曲リクエストコーナー!
・スペシャルサプライズあり!!
・YOSHIKIMONOを着て来ていただいた方には、 特別プレゼントもございます!
※名古屋、 大阪、 東京では、多少内容が異なります。

【関連リンク】
YOSHIKI オフィシャルHP
X JAPAN、英国ロックの殿堂ウェンブリー・アリーナでの公演が大成功!
TAKURO(GLAY)、初のソロツアー完走! 「彼らがいたからここまで来れた」
X JAPAN、映画『WE ARE X』サントラの詳細解禁

【関連アーティスト】
X JAPAN, YOSHIKI
【ジャンル】
ジャパニーズロック, クラシック

三代目 J Soul Brothers、オールタイムベストの全貌がついに解禁&「J.S.B. LOVE」MVが公開へ
Tue, 14 Mar 2017 14:00:00 +0900
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE (okmusic UP\'s)

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが3月29日にリリースするオールタイム・ベストアルバム『THE JSB WORLD』の全貌が解禁。併せて、同アルバムに初収録される「J.S.B. LOVE」のMVが公開となった。

【その他の画像】三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

「J.S.B. LOVE」は、三代目 J Soul BrothersのルーツでもあるHIPHOP色を強く表現したトラップ・ミュージック「J.S.B. DREAM」に続く一作。

CRAZYBOYの参加に加えて、「Welcome to TOKYO」「Feel So Alive」を手掛けたT.kuraと「R.Y.U.S.E.I.」「J.S.B. DREAM」を手掛けたSTYが初コラボした三代目 J Soul Brothersならではのトラックとなっている。

そんな「J.S.B. LOVE」MVが初収録される、三代目J Soul Brothersにとって2枚目となるベストアルバム『THE JSB WORLD』は、2010年のデビューから2017年現在に至るまで、彼らの軌跡が全て詰まった作品だ。

まず、DISC1から3には、デビューシングル「Best Friend\'s Girl」から歴代の超大ヒット曲「R.Y.U.S.E.I.」「花火」「Summer Madness feat. Afrojack」「Unfair World」「Welcome to TOKYO」や江崎グリコ「ポッキー」CMソングで超話題になった「Share The Love」、最新作「HAPPY」までを含む全46曲を収録。さらに隠れた名曲「空に住む 〜Living in your sky〜」を初パッケージ化。

そして、DISC4から5には、初収録「J.S.B. LOVE」を含む、全33曲を一挙にコンパイルした3時間を超える超豪華ベストMV集となっており、シングルに収録されている全MVをフルコンプリート。さらにアルバムのみに収録されていた「Eeny, meeny, miny, moe!」「starting over」「J.S.B. DREAM」「Feel So Alive」など三代目 J Soul Brothersの映像作品を余すところなく収録。

さらに、初回盤には、デビュー当時の写真からこのアルバムのために撮り下ろした写真を含む全100Pの超豪華ヒストリー・フォトブックが付属するとのこと。

また、ファンクラブモバイルサイトや全国のCDショップでの購入特典内容も発表。詳しくはオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

この1枚で彼らの歩んできた歴史と築き上げてきた世界観を存分に堪能しよう。

■「J.S.B. LOVE」MV
https://www.youtube.com/watch?v=vS7-JPj8V-Q

■アルバム『THE JSB WORLD』

2017年3月29日発売
【AL3枚組+DVD2枚組】
RZCD-86323〜5/B〜C/¥5,480+税
【AL3枚組+Blu-ray Disc2枚組】
RZCD-86326〜8/B〜C/¥6,480+税
【AL3枚組】
RZCD-86329〜31/¥3,500+税
<収録曲>
■DISC-1:CD 
1 Best Friend\'s Girl
2 On Your Mark 〜ヒカリのキセキ〜
3 LOVE SONG
4 Japanese Soul Brothers / 二代目 J Soul Brothers + 三代目 J Soul Brothers
5 FIGHTERS
6 リフレイン
7 NEW WORLD
8 Go my way
9 最後のサクラ
10 花火
11 (YOU SHINE) THE WORLD
12 Kiss You Tonight
13 LET\'S PARTY
14 Powder Snow 〜永遠に終わらない冬〜
15 FLAP YOUR WINGS
■DISC-2: CD
1 LOOK @ US NOW!
2 SPARK
3 Higher
4 空に住む 〜Living in your sky〜
5 BURNING UP / EXILE TRIBE (三代目 J Soul Brothers VS GENERATIONS)
6 Waking Me Up
7 冬物語
8 T.T.T. (Top to Toe)
9 SO RIGHT
10 S.A.K.U.R.A.
11 風の中、歩き出す
12 R.Y.U.S.E.I.
13 Summer Dreams Come True
14 Wedding Bell 〜素晴らしきかな人生〜
15 C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜
16 Glory
■DISC-3: CD
1 O.R.I.O.N.
2 Eeny, meeny ,miny, moe!
3 starting over
4 STORM RIDERS feat.SLASH
5 J.S.B. DREAM
6 Summer Madness feat. Afrojack
7 Unfair World
8 Feel So Alive
9 Share The Love
10 Born in the EXILE
11 MUGEN ROAD
12 Welcome to TOKYO
13 BRIGHT
14 HAPPY
15 J.S.B. LOVE
■DISC-4:DVD (Blu-ray)※RZCD-86329~31除く
【MUSIC VIDEO】
1 Best Friend\'s Girl
2 On Your Mark 〜ヒカリのキセキ〜
3 LOVE SONG
4 Japanese Soul Brothers / 二代目 J Soul Brothers + 三代目 J Soul Brothers
5 FIGHTERS -ROUND 1-
6 FIGHTERS -ROUND 2-
7 FIGHTERS -ROUND 3-
8 リフレイン
9 Go my way
10 花火
11 Powder Snow 〜永遠に終わらない冬〜
12 LOOK @ US NOW!
13 SPARK
14 BURNING UP / EXILE TRIBE (三代目 J Soul Brothers VS GENERATIONS)
15 Waking Me Up
16 冬物語
17 SO RIGHT
■DISC-5:DVD (Blu-ray) ※RZCD-86329~31除く
【MUSIC VIDEO】
1 S.A.K.U.R.A.
2 R.Y.U.S.E.I.
3 C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜
4 O.R.I.O.N.
5 Eeny, meeny, miny, moe!
6 starting over
7 STORM RIDERS feat.SLASH
8 J.S.B. DREAM
9 Summer Madness feat. Afrojack
10 Unfair World
11 Feel So Alive
12 Born in the EXILE
13 MUGEN ROAD
14 Welcome to TOKYO
15 HAPPY
16 J.S.B. LOVE

■【ファンクラブモバイルサイト購入特典】

■対象サイト
・EX FAMILY OFFICIAL CD・DVD SHOP
http://exfamily.jp/
・LDH official mobile CD/DVD SHOP
http://m.ex-m.jp/
http://m.tribe-m.jp/
http://m.egirls-m.jp/
http://m.ldh-m.jp/

■対象商品
2017年3月29日発売
『THE JSB WORLD』
・【AL3枚組+DVD2枚組】RZCD-86323〜5/B〜C/¥5,480+税
・【AL3枚組+Blu-ray Disc2枚組】RZCD-86326〜8/B〜C/¥6,480+税
・【AL3枚組】RZCD-86329〜31/¥3,500+税

■特典内容
『メンバー別 1/1サイズ(実寸大)フォトポスター』(紙サイズ:B3 / 全7種)
※全7種(NAOTO、小林直己、ELLY、山下健二郎、岩田剛典、今市隆二、登坂広臣)より絵柄をお選びいただけます。
※全身のポスターではありません。予めご了承下さい。
※特典は3形態共通の特典内容となります。
※特典の数に限りがございますので、対象商品はお早めにお買い求めください。特典は無くなり次第終了となります。

■【全国CDショップ購入特典】

■対象商品
2017年3月29日発売
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
『THE JSB WORLD』
・【AL3枚組+DVD2枚組】RZCD-86323〜5/B〜C/¥5,480+税
・【AL3枚組+Blu-ray Disc2枚組】RZCD-86326〜8/B〜C/¥6,480+税
・【AL3枚組】RZCD-86329〜31/¥3,500+税

■特典内容
『オリジナル・ポスターカレンダー』
(カレンダー4月始まり / B2サイズ / メンバー集合絵柄 1種)

<ご注意下さい>
※一部特典のお取扱いがない店舗やインターネット販売サイトがございます。
※ご予約・ご購入される際は事前に店舗やインターネット販売サイトでの特典の有無をご確認下さい。
※特典の数に限りがございますので、対象商品はお早めにお買い求めください。特典は無くなり次第終了となります。
※「EX FAMILY OFFICIAL CD/DVD SHOP」「LDH official mobile CD /DVD SHOP」でのご予約およびご購入は対象外となります。

【関連リンク】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE オフィシャルHP
三代目JSB、1920年代のレトロ&きらびやかさ再現した「HAPPY」MV公開
三代目 J Soul Brothers、オールタイムベストアルバム発売決定! 33作のMV収録盤含む3形態
LDHは“LDH JAPAN”へ! 2017年プロジェクト大発表!

【関連アーティスト】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP

WiLL、初のMVはライヴの疾走感をそのままパッケージしたかのよう
Tue, 14 Mar 2017 13:00:00 +0900
WiLL (okmusic UP\'s)

3月28日に初の全国流通CD「サクラリフレイン/Let It Out」をリリースするWiLLが、同作より初のMV「Let It Out」を解禁した。

【その他の画像】WiLL

今作は両A面シングルということで全く異なったタイプの2曲を前面に出し、WiLLの楽曲の振れ幅の大きさをアピールすることとなった。

このたび解禁された「Let It Out」はEDMのダンスビートにロックの持つ荒々しさをミックス。“全てを吐き出して前に進め”という強力なメッセージソングとなっている。

ライヴの疾走感をそのままパッケージしたかのようなMV、ぜひ体感してみてほしい。

■「Let It Out」MV
https://youtu.be/JUx5xPBv82E

■シングル「サクラリフレイン/Let It Out」

2017年3月28日発売
【初回盤A】(CD+DVD)
MDR-1029/¥1,667+税
<収録曲>
■CD
01.サクラリフレイン
02.Let It Out
03.サクラリフレイン -inst-
04.Let It Out -inst-
■DVD
01.サクラリフレイン(MV)

【初回盤B】(CD+DVD)
MDR-1030/¥1,667+税
<収録曲>
■CD
01.サクラリフレイン
02.Let It Out
03.サクラリフレイン -inst-
04.Let It Out -inst-
■DVD
01.Let It Out(MV)

【通常盤】(CDのみ)
MDR-1031/¥926+税
<収録曲>
01.サクラリフレイン
02.Let It Out
03.fallin\'
04.fallin\' -inst-

【関連リンク】
WiLL オフィシャルHP
WiLL、新アー写&「サクラリフレイン/Let It Out」試聴ティザーが解禁へ
つばさFly、渋谷O-WESTでのラスト主催イベント最終出演者発表
さくらしめじ、卒業式を間近に控える学生と卒業ソングを合唱

【関連アーティスト】
WiLL
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

シド、早くも2017年第二弾シングルが決定
Tue, 14 Mar 2017 12:00:00 +0900
シド (okmusic UP\'s)

シドが2017年第二弾となるシングルを早くも5月10日にリリースすることがわかった。

【その他の画像】シド

前作から約4カ月ぶりという早さでリリースされる今作は「バタフライエフェクト」と題され、今後ライヴで欠かすことができなくなりそうな攻撃的なナンバーに仕上がっているという。作曲は『劇場版「黒執事 Book of the Atlantic」』主題歌として1月にリリースされた「硝子の瞳」に続き、ドラムのゆうやが手掛けている。

今回リリースされる3形態(初回生産限定盤A、初回生産限定盤B、通常盤)のうち、初回生産限定盤A、初回生産限定盤BはDVD付きで、どちらも「バタフライエフェクト」のMVがセットされるとのこと。初回生産限定盤Aには、MVの他に“「バタフライエフェクト」Photo Session/MVメイキング映像”を収録。初回生産限定盤Bでは、“スペシャルインタビュー映像”が楽しめる。

シドは5月12日(金)、13日(土)の2日間、それぞれ「夜更けと雨と」「夜明けと君と」と題した日本武道館公演も決定しており、ニューシングル「バタフライエフェクト」の披露も期待される。シド初のコンセプトライヴとなる本公演。ただいまチケットの一般発売に先駆け、プレイガイド先行予約、Yahoo!チケットプラス先行予約を受付中なので、こちらもチェックしておこう。

また、『SIDNAD』シリーズ全巻を完全Blu-ray化し、昨年12月に発売されて話題となった『SIDNAD Complete Blu-ray BOX』が、好評につきDVDとして既発だったライヴ5タイトルのみ、各Blu-rayの単体販売も決定! こちらは3月29日発売。BOXを買い逃したファンはお楽しみに。

■Blu-ray『SIDNAD Vol.4 〜TOUR 2009 hikari』

2017年3月29日発売
KSXL-236/¥4,500+税
※既発DVD通常盤および『SIDNAD Complete Blu-ray BOX』内Blu-rayと同内容

■Blu-ray『SIDNAD Vol.6 〜LIVE 2010〜』

2017年3月29日発売
KSXL-237/¥5,000+税
※既発DVD通常盤および『SIDNAD Complete Blu-ray BOX』内Blu-rayと同内容

■Blu-ray『SIDNAD Vol.7 〜dead stock TOUR 2011〜』

2017年3月29日発売
KSXL-238/¥4,000+税
※既発DVD通常盤および『SIDNAD Complete Blu-ray BOX』内Blu-rayと同内容

■Blu-ray『SIDNAD Vol.8 〜TOUR 2012 M&W〜』

2017年3月29日発売
KSXL-239/¥4,500+税
※既発DVD通常盤および『SIDNAD Complete Blu-ray BOX』内Blu-rayと同内容

■Blu-ray『SIDNAD Vol.9 〜YOKOHAMA STADIUM〜 <10th Anniversary LIVE>』

2017年3月29日発売
KSXL-240/¥4,500+税
※既発DVD通常盤および『SIDNAD Complete Blu-ray BOX』内Blu-rayと同内容

■シングル「バタフライエフェクト」

2017年5月10日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
KSCL-2909〜10/¥1,500+税
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
KSCL-2911〜2/¥1,500+税
【通常盤】(CDのみ)
KSCL-2913/¥800+税
<収録曲>
■CD
01.バタフライエフェクト
02.バタフライエフェクト -Instrumental-
■DVD ※初回生産限定盤Aのみ
01.バタフライエフェクト(MV)
02.バタフライエフェクト(Photo Session/MVメイキング映像)
■DVD ※初回生産限定盤Bのみ
01.バタフライエフェクト(MV)
02.スペシャルインタビュー映像

■「シド 日本武道館公演 2017」

5月12日(金) 東京 日本武道館「夜更けと雨と」
5月13日(土) 東京 日本武道館「夜明けと君と」

【プレイガイド先行予約】
プレイガイド3社合同先行
※受付期間:3月14日(火)23:00まで
■ローソンチケット
http://l-tike.com/sidbudokan
■チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/sid-budokan2017/
■イープラス
http://eplus.jp/sid-budokan2017/

【Yahoo!チケットプラス先行予約】
※受付期間:3月13日(月)23:59まで
http://r.y-tickets.jp/sid-budokan2017/

チケット一般発売:2017年4月9日(日)

【関連リンク】
シド オフィシャルHP
マオ from SID、ソロ初ステージを収めた映像作品のジャケットを公開
マオ from SID、豪華ステージで送るソロ初ライヴをDVD化! カバーや未発表の新曲も
Ken(L\'Arc〜en〜Ciel)主宰『MIDNIGHT PARTY ZOO 2017 〜AKi\'s Birthday Month〜』開催決定

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

布袋寅泰、“歌える”ギターソロ映像を公開!
Tue, 14 Mar 2017 11:00:00 +0900
布袋寅泰 (okmusic UP\'s)

布袋寅泰が3月29日にリリースする35周年アニバーサリーライヴ映像作品『Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜』。同作より、“歌える”ギターソロを編集したダイジェスト映像が公開となった。

【その他の画像】布袋寅泰

この作品は“過去最高のベストツアー”と称され、アツすぎるライヴで各地のオーディエンスを熱狂させた「【BEAT7】Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜」最終日である2016年12月1日に、東京NHKホールで開催されたライヴを完全収録!

「POISON」「BE MY BABY」「スリル」「Dreamin‘」など、名曲の歌心満載のギターソロを、布袋の華麗なステージングと共に楽しんでほしい。

■『Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜』“ギターソロ”ダイジェスト映像
https://youtu.be/jFD_g1xVc-o

■Blu-ray&DVD『Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜』

2017年3月29日発売
【Blu-ray】
品番未定/¥5,900+税
【DVD】
品番未定/¥4,900+税
<収録曲>
01.POISON
02.BEAT EMOTION
03.NO.NEW YORK
04.BE MY BABY
05.SERIOUS?
06.SURRENDER
07.ラストシーン
08.WILD LOVE
09.WANDERERS
10.Stereocaster
11.ESCAPE
12.8 BEATのシルエット
13.C\'MON EVERYBODY
14.Dreamin\'
15.SCORPIO RISING
16.TEENAGE EMOTION
17.スリル
18.Partigiano Reggiano(with Zucchero)
19.Ti Voglio Sposare(with Zucchero)
20.Iruben me(with Zucchero)
21.ホンキー・トンキー・クレイジー
22.バンビーナ
23.LONELY★WILD
24.DEAR MY LOVE

【関連リンク】
布袋寅泰 オフィシャルHP
布袋寅泰、『サンレモ音楽祭』でイタリアを熱狂させるパフォーマンス!
布袋寅泰、「過去最高のベストツアー」と絶賛された35周年アニバーサリーツアーの映像化が決定
布袋寅泰、35周年のラストライブとなる日本武道館公演が大盛況

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BLUE ENCOUNT、新曲「さよなら」が『ラストコップ THE MOVIE』の主題歌に
Tue, 14 Mar 2017 00:00:00 +0900
映画『ラストコップ THE MOVIE』キービジュアル (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが映画『ラストコップ THE MOVIE』の主題歌を担当することがわかった。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

3月12日(日)からバンド史上最大規模となる全国ツアー「TOUR2017 break“THE END”」をスタートさせたブルエンことBLUE ENCOUNT。初日の高松公演で本編を終えたアンコールからLINE LIVEによる生配信番組を行ない、メンバー自ら5月3日(水)から公開される映画『ラストコップ THE MOVIE』の主題歌を担当することを発表。会場に居合わせたオーディエンスと生配信番組を試聴していたリスナーを大いに沸かせた。

映画の主題歌となる楽曲タイトルは「さよなら」であることも発表され、その後は昨年10月からオンエアされていたドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』の主題歌「LAST HERO」を演奏しラストコップファンを改めて狂喜させた。

「LAST HERO」はブルエンらしいソリッドで豪快かつキャッチーなサウンドと、闘志と勇気に満ち溢れた歌詞がリスナーを鼓舞する、まさにブルエンスピリットを体現するロックナンバーに仕上がっており、ドラマで主演を務める唐沢寿明扮する熱血な正義感を持つ刑事・京極浩介とのリンクはもちろんのこと、コミカルながら深く熱い愛情が描かれるドラマのイメージにもベストマッチしていただけに、新曲「さよなら」の発表が待たれる。

■映画『ラストコップ THE MOVIE』 オフィシャルHP
http://www.lastcop-movie.jp

【コメント】
■唐沢寿明(『ラストコップ THE MOVIE』主演/京極浩介役)
「今までのBLUE ENCOUNTのイメージも、
THE LAST COPのイメージも、どちらも覆すようなこの曲が、映画のただならぬ結末を感じさせます。
どんなラストが待ち受けるのか、作品も楽しみにお待ちいただければと思います」

■田邊駿一(BLUE ENCOUNT)
「「えっ?まさかこんな結末なの?!」
脚本を読ませていただいたときに思わず声となって出てしまいました。
いい意味で観る側の気持ちをいい方向に裏切って行く
これがまさにラストコップの醍醐味だと思います。
だからこそ僕らも自信を持って裏切れました。
ブルエン史上もっとも切なくもっともあたたかいバラードが完成しました。
ラストコップを、
そして自分達の音楽を信じているからこそ生まれた曲です
さよならがあるから踏み出せる一歩がある
ぜひ劇場でこの全ての真意を体感して欲しいです」

■日本テレビ 戸田一也(『ラストコップ THE MOVIE』プロデューサー)
「デモを渡され、田邊さんの歌声を聴いて10秒で涙が溢れて止まらなくなりました。
さすが、初のドラマ出演も、狂乱の生放送も一緒に乗り越えたチーム・ラストコップの同志!
「わかってるじゃねぇか!ブルエン!!!!」
この曲に、ラストコップの集大成、その意味合いが全て籠められています」

■「TOUR2017 break“THE END”」

3月20日(月) 千葉 幕張メッセ国際展示場
4月02日(日) 北海道 Zepp Sapporo
4月08日(土) 宮城 仙台PIT
4月09日(日) 新潟 LOTS
4月15日(土) 大阪 Zepp Osaka Bayside
4月16日(日) 広島 BLUE LIVE
4月26日(水) 愛知 名古屋 Zepp Nagoya
4月27日(木) 愛知 名古屋 Zepp Nagoya
5月07日(日) 福岡 福岡国際センター

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
BLUE ENCOUNT、初の武道館公演DVD&Blu-rayダイジェスト映像&ジャケ写公開
BLUE ENCOUNT、全国ツアー初日となる3月12日にLINE LIVEで重大発表!?
UNISON SQUARE GARDEN、新作映像作品リリース決定&自主企画ツアーのゲストが明らかに!

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM), 映画













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1