歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年03月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
POLYSICS、真っ黄色の新衣装&新アー写を公開
Sun, 05 Mar 2017 19:00:00 +0900
POLYSICS (okmusic UP\'s)

2017年3月4日に結成20周年を迎えたPOLYSICSが、同日豊洲PITにて行われたライブ『20周年 OR DIE!!! All Time POLYSICS!!!』にて新衣装を発表した。さらに、新衣装をまとった新アーティスト写真も発表した。

【その他の画像】POLYSICS

今回の新衣装はトレードマークのバイザーが黒になり、ツナギは鮮やかな黄色で、胸元にPOLYSICSのロゴが付けられた仕様となっている。新アーティストのアートディレクションは、2月22日リリースした再録ベストアルバム『Replay!』のアートワークも務めた、バンド快速東京のメンバーの一之瀬雄太氏が担当している。

そして、結成20周年を記念して、豪華アーティストからのお祝いコメント等が掲載された、20周年特設サイトが公開された。あわせて是非チェックして欲しい。

■POLYSICS20周年特設サイト
http://polysics.com/20th/

■20周年特別企画 All Time POLYSICS!!! トークライブ OR DIE!!!

■DAY 1 トイス前夜
3月31日(金) 下北沢 風知空知
OPEN 18:00 / START 19:00
■DAY 2 トイスの覚醒
4月01日(土) 下北沢 風知空知
OPEN 17:00 / START 18:00
■DAY 3 進撃のトイス
4月02日(日) 下北沢 風知空知
OPEN 17:00 / START 18:00

前売:¥2,500(ドリンク代500円別途)
問合せ:風知空知 03-5433-2191

【関連リンク】
POLYSICS オフィシャルHP
POLYSICS、結成20周年を記念して「わらしべ長者」企画再び!
POLYSICS、衝撃の展開満載の「Tune Up!」MV公開
POLYSICS、盟友・快速東京の一ノ瀬雄太が手がけた再録ベスト盤ジャケ写を公開

【関連アーティスト】
POLYSICS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

FLOW、新作LIVE DVDはサンキューフロウ価格!? トレイラー映像も公開!
Sun, 05 Mar 2017 18:00:00 +0900
FLOW (okmusic UP\'s)

FLOWが3月15日に発売する4年ぶりのLIVE DVD『FLOW THE LIVE 2016』のダイジェストトレイラー映像を公開した。

【その他の画像】FLOW

2016年も数多く行なった主なライブをDVD2枚組にコンパイルした、その名も「FLOW THE LIVE 2016」! Disc 1にはアルバム『#10』を引っ提げての全国ツアー『FLOW LIVE TOUR 2016「#10」』より、2016年3月26日にZepp Tokyoで開催されたツアー最終公演を中心に収録。2016年2月にリリースされた10枚目のオリジナルアルバム『#10』は、十人十色の様々なゲストアーティストを迎えFLOWのサウンドの可能性をさらに広げた作品。そんなアルバムを引っ提げたツアーファイナルでは、ライブゲストにAFRAを迎えた「DECATHLON feat.AFRA」や、津軽三味線奏者の疾風を迎えた「魑魅魍魎(feat. 疾風)」などを披露し、そのサウンドの融合に会場が熱くヒートアップした。もちろん今回のDVDにはその模様も収録され、アルバム『#10』の世界を映像で存分に楽しめる内容となっている。さらには2016年に海外で行われたライブでの出来事なども余すことなくおり込まれている。日本からは遠くアブダビ、フランス、ブラジル、メキシコの地でFLOWはいかに過ごし、ステージに立っていたのか。これを観れば一目瞭然だ。

Disc 2は記憶に新しい2016年12月31日にディファ有明で開催されたカウントダウンライブ『FLOW COUNT DOWN LIVE 2016-2017「刻ノ陣」』より全24曲を収録し早くも発売される。この日は現在発売中の最新シングル「INNOSENSE」をいち早く披露。代表曲も多数演奏され、さらには年越しカウントダウンの瞬間の模様も収録される。「刻(トキ)ノ陣」といタイトル通り、“時を刻む”ことをテーマに演出が組まれており、円形ステージという変則的な環境のなか、まさかの“ステージ回転”もあり、観客の度肝を抜いたライブだった。天井から円形ステージを楽しめるカメラも設置され、臨場感たっぷりの映像が楽しめる内容となっている。まさにFLOW2016年のライブ活動集大成ともいえるこのDVDは、ファンへの感謝も込めて2枚組¥3,926+税(サンキューフロウ価格)で発売される。こんなところもFLOWらしい。約3分にまとめられたこのダイジェスト映像を見るだけでも、商品への期待が高まる内容だ。尚、現在全国店舗にて予約受付中。予約特典として店舗特典・ライブ会場特典あわせて全3種のオリジナルバッジが用意されており、是非こちらもチェックしたい。

そして、2017年7月からはデビュー15周年に突入するFLOW。まさにその7月から始まる全国6大都市ツアーの開催も発表されており、15周年イヤーは全国6大都市7公演に渡る全国ツアーから口火を切る。これまでの14年を追い風に、これからの新しい一歩を踏み出すためのツアーとなることは間違いないだろう。このツアーの最速チケット先行は4月よりFLOW OFFICIAL MEMBER「26ers」会員を対象に実施される予定。是非チェックしておこう。2017年に15周年を迎えるFLOWからまだまだ目が離せない!

■DVD『FLOW THE LIVE 2016』トレイラー映像
https://youtu.be/14zlWyxvVcU

■DVD『FLOW THE LIVE 2016』

2017年3月15日発売
【DVD】(2DVD)
¥3,926+税
<収録曲>
■Disc 1
FLOW LIVE TOUR 2016「#10」 Zepp Tokyo 2016.3.26
01.光追いかけて
02.蒼き惑星
03.DARK SHADOW
04.JOY TO THE WORLD
05.DECATHLON feat.AFRA  
06.Steppin\' out
07.Oblivion
08.魑魅魍魎 feat.疾風
09.World Symphony
10.Good Days 〜君を忘れない〜
・2016.10.28 「JAPAN MUSIC PARTY 2016 in Abu Dhabi」@アブダビ・du Forum, Yas Island
・2016.11.13 「JAPAN MUSIC PARTY 2016」@La Cigale (Paris,France)
・2016.12.5 FLOW LIMITED CIRCUIT 2016「中南米ノ陣」@ teatro bradesco,S?o Paulo
・2016.12.7 FLOW LIMITED CIRCUIT 2016「中南米ノ陣」@ El Plaza Condesa,MexicoCity
・「GO!!!」
■Disc 2
FLOW COUNT DOWN LIVE 2016-2017「刻ノ陣」〜ディファ年明けシーズン3〜 ディファ有明 2016.12.31
01.Fun Time Delivery 2009
02.Steppin\' out
03.Hey!!!
04.Everything all right
05.Stay Gold
06.Steppers high
07.Sign
08.虹の空
09.RISING DRAGON
10.INNOSENSE
11.BURN
12.乾杯アワー
13.Rookie
14.Shakys
15.SNOW FLAKE 〜記憶の固執〜
16.BAND Inst
17.COLORS
18.Just do it!!!
19.HERO 〜希望の歌〜
20.愛愛愛に撃たれてバイバイバイ
21.GO!!!
22.風ノ唄
【Encore】
EN1. WORLD END
EN2. INNOSENSE

◎LIVE DVD「FLOW THE LIVE 2016」購入特典のお知らせ
2017年3月15日(水)に発売となるFLOW「FLOW THE LIVE 2016」(KSBL-6258〜6259)の購入特典が決定!  お買い上げ頂いた方に、先着で「オリジナル・バッジ」をプレゼント致します。是非お早目にご予約下さい!

【店頭購入特典】
■「FLOW THE LIVE 2016」オリジナル・バッジ(レインボー)
お店にてご予約・ご購入いただいた方には「FLOW THE LIVE 2016」オリジナル・バッジ(レインボー)をプレゼント致します!
※一部店舗・ECサイトでは特典が付かないこともございますので、お手数ですがお客様ご自身で各店舗へお問い合わせください。
※数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。予め御了承下さい。

【ライブ会場購入特典(1)】
■オリジナル風呂バッジ
男性限定ライブ・女性限定ライブのライブ会場にてご予約・ご購入いただいた方には、上記の「オリジナル・バッジ(レインボー)」に加え、もう1つ「オリジナル風呂バッジ」をプレゼント致します!
<対象ライブ>
3月14日(火) 女性限定ライブ2017「女風呂」〜神戸の湯〜@神戸VARIT.
3月15日(水) 男性限定ライブ2017「男風呂」〜神戸の湯〜@神戸VARIT.
※男性限定ライブ・女性限定ライブの会場においては、ライブチケットをお持ちでないお客様は開場前の先行販売時間(16:30〜を予定)をご利用下さい。
※特典の数には限りがありますので、無くなり次第終了となります。予め御了承ください。

【ライブ会場購入特典(2)】
■「FLOW THE LIVE 2016」オリジナル・バッジ(ブラック)
3月5日に仙台で行われるイベント「みちのくアニソンフェス2017」のライブ会場にてご予約・ご購入いただいた方には、上記の「オリジナル・バッジ(レインボー)」に加え、もう1つ「FLOW THE LIVE 2016」オリジナル・バッジ(ブラック)をプレゼント致します!
<対象ライブ>
3月5日(日) みちのくアニソンフェス2017〜Eastern Gale@仙台・イズミティ21?ホール
※特典の数には限りがありますので、無くなり次第終了となります。予め御了承ください。

【関連リンク】
FLOW オフィシャルHP
FLOW、4年ぶりとなるライブDVDのジャケ写と収録曲を発表
FLOW、デビュー15周年は全国6大都市ツアーから口火を切る!
FLOW、「INNOSENSE」MVでの謎のフェンシングマスクを被った人物が明らかに!

【関連アーティスト】
FLOW
【ジャンル】
ジャパニーズロック

TOC、これまでの道のりを感じさせるツアーファイナル終了
Sun, 05 Mar 2017 00:00:00 +0900
3月3日@東京・恵比寿LIQUID ROOM(TOC) (okmusic UP\'s)

TOCがシングル「過呼吸」のリリースライブのアンコール公演として開催した『TOC LIVE TOUR 2017 過呼吸〜アンコール〜』のツアーファイナル公演を3月3日、東京・恵比寿LIQUID ROOMにて行なった。

【その他の画像】Hilcrhyme

このツアーでオープニング・アクトを務めているのが、DRESS RECORDSの第二弾アーティストとして発表されたヴォーカリストの弘Jr.。ソウルフルで太く、安心感を感じる「新・昭和風」と評される歌声で、この日も会場をしっかりと暖かく包み込んでいく。新曲4曲を披露すると共に、MCでは5月31日(本人のMCによると「ゴー・サイン」の日)にミニアルバムを発表し、リリース・デビューすることが発表され、客席からは大きな拍手が起こる。

そして、舞台が暗転すると、メイン・アクトであるTOCが登場。赤い花束を抱え、マイク・スタンドを立てて“過呼吸”を披露するという、スタイリッシュなスタイルでライヴの幕を開ける。しかし、そのまま“Bird”、“JIMOTO”とロッキッシュなサウンドに乗せて熱いラップを披露し、会場の温度を一気に高めていく。「今日は俺だけでいいですか。じゃあ始めよう、TOCにだけの宴を」というMCどおり、この日のライヴは、ノー・ゲストで貫かれ、登場するアクトはTOCのみ(女性の観客をステージに上げる“2Face”はあるが)。またライヴ全体を通しても、過剰な演出や大げさなアプローチはなく、非常にシンプルなステージ構成でライヴを形作り、そこからは「生身のTOC」という、タフなスタンスを感じさせられた。そういったアプローチの効果によって、彼のソロの原点である、デビュー・シングルとなる“BirthDay"にも、非常に深い意味が生まれていた。

続いて、前ツアーまでライブDJを務めたDJ松永(Creepy Nuts)の作品に客演参加した“ミスターキャッチー”や、ダイアナ・ロス“I\'m coming out”のカヴァーなど、ソロ以外の楽曲もエクスルーシヴで披露。また、今回のライブDJとして参加したDJ AGETETSUとのビート・セッションである“CUT\'S IN THE KITCHEN”のようなスキルフルな楽曲から、希望を歌い彼のメッセンジャーとしての才能を提示する“RAY”、世代論的な感触もある“X9X”など、その楽曲性の幅広さを提示していく。「このソロ・プロジェクトを楽しんで貰えてるかな? 俺は滅茶苦茶楽しいです。いい感じです。2013年10月4日からソロとして活動を始めて、非常に濃い3年半だと思ってます。そこまで針を戻しましょう」という言葉から両A面のソロ・デビュー・シングル“Atonement”を披露し、そのままソロMCとしてのキャリアを形作った1stアルバム『IN PHASE』収録の“PEEKABOO”、ラッパーとして新たな側面を見せた2ndアルバム『SAFARI PARK』に収録された“JENGA”など、彼のソロとしての道のりを感じるような構成でライヴは展開。そして、ライヴはバウンシーなビートで客席にダンスを促す“HATE”で一旦幕を閉じる。

アンコールの声に促されて登場したTOCの、「もう一人呼んでいい?」という言葉に続いて弘Jr.が登場し“SIZE feat. 弘Jr.”を披露。「メジャー進出やレーベルの立ち上げ、事務所の移籍など、新しい体制で作りだしたこのツアーは、自分にとってスゴく大事なツアーになりました。だから、今日が『始まりの日』として見て欲しい」という言葉から、彼の新しい一歩となった“過呼吸”でライヴは終了。生身の姿でオーディエンスに立ち向かったTOCはこれからどんな姿をリスナーに見せてくれるのか、強い期待を感じさせるライヴとなった。

【セットリスト】
01.過呼吸
02.Bird
03.JIMOTO
04.BirthDay
05.2FACE
06.Daydream
07.ミスターキャッチー
08.I\'m coming out
09.X9X
10.CUT\'S IN THE KITCHEN
11.DISOBEY
12.Ray
13.Atonement
14.TSUMETAI-NICHIYOBI
15.PEEKABOO
16.JENGA
17.HATE
〜アンコール〜
SIZE feat. 弘Jr.
Shepherd
過呼吸

【関連リンク】
TOC オフィシャルHP
TOC、メジャーデビュー後初の全国ツアーで弘Jr.とコラボパフォーマンスを披露
Hilcrhyme、ユーザー参加の“寄り添う"動画公開&TOCがレーベル第2弾アーティストを発表
TOC、メジャーデビュー後初のワンマンツアーを2017年2月より開催

【関連アーティスト】
Hilcrhyme, TOC, 弘Jr.
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ, ライブ

MAGiC BOYZ、コラボ曲第2弾は餓鬼レンジャーとお金持ちに!?
Sun, 05 Mar 2017 17:00:00 +0900
MAGiC BOYZ (okmusic UP\'s)

MAGiC BOYZが3月29日(水)に新体制でリリースするニューシングル「3.141592」の【お金があれ盤】に、餓鬼レンジャーとのコラボ曲「10000000000YEN」が収録される事を発表! 同盤のジャケット写真も公開された。

【その他の画像】餓鬼レンジャー

ZEN-LA-ROCKからの「マジボに足りないものを学ぶため、修行に行ってきて!」という指令から始まった今回の企画。GAGLEに続く2組目は、20年以上前に熊本で結成され、以降独自の視点・センスのユーモア溢れる楽曲やライブパフォーマンスで、幅広く活躍している、餓鬼レンジャーとのコラボ楽曲作成だった。コラボ曲「10000000000YEN」は、普段あまり表に出さない“欲”をテーマに楽曲を制作。マジボメンバーの今一番欲しいものが「お金」という事で、「100億円あったら何がしたいか?」という妄想・欲望をそれぞれがリリックにし、GPが手掛けた爽やかなトラックに乗せた、ライブでも盛り上がりそうなパーティーチューン。

今回のシングル「3.141592」のカップリングには、GAGLE・餓鬼レンジャ?と、もう1組、ZEN-LA-ROCKが小中学生メンバーの成長の為にセレクトした3組のアーティストとのコラボ楽曲を収録。最後の1組は後日公開される。コラボ楽曲の制作過程は、ドキュメンタリー映像としてYouTubeに随時アップされていき、第2弾が3月5日に公開された。

MAGiC BOYZは、3月4日から、シングル発売に先駆けて様々な会場でのリリースイベントが決定しているほか、3月26日には、渋谷HARLEMでZEN-LA-ROCKとのラストライブ「平成28年度 卒業パーティー」、4月30日には、TSUTAYA O-EASTでのワンマンライブも予定されている。またまた一皮むけ、急成長を遂げているMAGiC BOYZ、乗り遅れる前に是非チェックして欲しい。

■【餓鬼レンジャー コメント】

■YOSHI
「何度かLIVEで一緒になることがあり「凄い刺激的なステージのグループだな!」と思っておりましたが、まさか一緒に曲を作るなんて?! しかも皆さんRAPが上手い!! 最近の小学校や中学校ではRAPを教えているのか?! いや、これは才能と努力の賜物ですな…。我々も中年アイドルグループとしては負けてられないw。じゃあ始めますか?百億円獲得ゲーム!!」

■ポチョムキン
「数日、マジボのメンバーと接触して、ぶっちゃけ、ファンになりそうよ、恋かしら? 特にジョーには骨抜きにされたわ、曲に関しては、「今一番何が欲しい?」って聞いてみたら、「お金です!」ってまっすぐな瞳で言うもんだから、「そうよね!わかるわ!」ってことで こんな曲になったわ、これを聞いて大富豪気分をFeelしてほしいわ、オネエ言葉に特に意味はないわ」

■DJ GP
「11歳と15歳と40歳の最強コラボ曲が完成しましたー! 最初はどんな感じに仕上がるか全く見えませんでしたが、マジボのメンバーが全員スキルフルなので素晴らしいセッションができました!レコーディングも楽しくてあっという間に完成しました!ノリノリチューンなんで一緒にライブできる日を楽しみにしてます!これからのMAGiC BOYZを見逃すな!がっぽりぽり〜♪」

■【MAGIC BOYZ コメント】

■トーマ
「今までマジボが表に出していなかった「金欲」をテーマにしているので、僕達がどんな事にお金を使いたいのかがわかります。今回リリックには入っていませんが、僕は馬主にもなりたいと思っています。欲望がぎゅうぎゅうに詰まった、餓鬼レンジャーさんらしい盛り上がる曲になったと思います!」

■リュウト
「まず…GPさんのトラックでラップするのが僕の夢だったので、本当に嬉しいです!!最高の楽曲をありがとうございます!!!今回は、100億円あったら…というテーマを設定してくださり、歌いたい事を歌えるラッパーになるために、これまで少し足を踏み出しづらい部分もあったのですが、餓鬼レンジャーの皆さんが優しく教えて下さり、色々と引き出して下さったおかげで、とても楽しく、素の自分の野望を出せたと思います!」

■マヒロ
「『10000000000YEN』は、マジボにぴったりのノリノリな曲なのですが、いつもとは違う声の出し方や音のハメ方などを教えてもらいました!餓鬼レンジャーの皆さんのレクチャーが本当に上手でレコーディングもサクサク進みました!とっても気さくな方々で、現場がすごく楽しかったです!」

■ジョー
「憧れの有名な人と一緒にできてうれしかった!100億円あったらやりたいことを色々考えて、餓鬼レンジャーさんと一緒にリリックも作りました。お金持ちになったらぼくがやりたいことをジョーバースで歌っているからお楽しみに!」

■『MAGiC BOYZのP!P!P! MiSSiON マジボ、また大人にふりまわされてるってよ 〜ゼンラ編〜 vol.2』
https://youtu.be/fklir-7WAQI

■シングル「3.141592」

2017年3月29日発売
【お金があれ盤】
ZXRC-1095/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.3.141592
02.10000000000YEN (MAGiC BOYZ ×餓鬼レンジャー)

【これからも盤】
ZXRC-1096/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.3.141592
02.ON&ON (MAGiC BOYZ × GAGLE)

【ずら盤】
ZXRC-1097/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.3.141592
02.タイトル未定(MAGiC BOYZ × ???)

■【イベント情報】

シングル「3.141592」リリース記念イベント「春のパイ(π)まつり2017」
3月05日(日) 船橋西武 2階屋外カーニバル広場
3月11日(土) 仙台E BeanS 10F屋上イベントスペース
3月18日(土) 関東
3月19日(日) 関東
3月20日(月・祝) 関東
3月25日(土) 関東
3月28日(火) 関東
3月29日(水) 福岡
3月30日(木) 大阪
3月31日(金) 名古屋
4月01日(土) 関東
4月02日(日) 静岡

「The 男子音楽厨房〜ライブとクッキングバトルの饗宴〜」」
3月12日(日) 代官山UNIT

「平成28年度 卒業パーティー」
3月26日(日) 渋谷HARLEM

「ワンマンライブ2017春」
4月30日(日) TSUTAYA O-EAST

【関連リンク】
MAGiC BOYZ オフィシャルHP
MAGiC BOYZ、渋谷HARLEM卒業パーティーの出演者発表
MAGiC BOYZ、3月発売のニューシングルでGAGLEとコラボ
MAGiC BOYZ、5枚目のシングル&新ヒ?シ?ュアル発表

【関連アーティスト】
餓鬼レンジャー, MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP

ガールズ・メタル界の新星“LOVEBITES”が渾身のミニアルバムで5月24日に堂々デビュー!
Sun, 05 Mar 2017 16:00:00 +0900
LOVEBITES (okmusic UP\'s)

ガールズ・メタル界の新星“LOVEBITES”がビクターエンタテインメントとの契約を発表し、同社の洋楽部から5月24日(水)に英詞がメインのミニアルバム『THE LOVEBITES EP』を3,000枚の完全生産限定盤としてリリースする事がわかった。

【その他の画像】lovebites

今回、LOVEBITESはミニ・アルバムのミキシングとマスタリングをメタル先進国とも呼ばれるフィンランドのエンジニア・チームに託し、ミッコ・カルミラ、ミカ・ユッシラという、ナイトウィッシュやチルドレン・オブ・ボドム、ストラトヴァリウスにアモルフィスといった北欧メタル・シーンの重鎮の作品を手掛けてきた敏腕エンジニアたちによってメタル大国の空気を音に詰め込むことに成功した。さらに、一部楽曲のアレンジや共同作曲では元LIGHT BRINGERのキーボード奏者で、現在はFuki CommuneのバンドメンバーでもあるMaoにバックアップを仰ぎ、本格的な音作りに取り組んだという。

卓越したスキル、洗練された楽曲、そして可憐なルックスを武器に、今後ガールズ・メタル・シーンを更に盛り上げること間違いなしのLOVEBITES。要注目の存在である事は間違いない!

■ミニアルバム『THE LOVEBITES EP』

2017年5月24日(水)発売
VICL-64792/¥2,000+税
※完全生産限定盤(3,000枚)
<収録曲>
1. Don\'t Bite The Dust / ドント・バイト・ザ・ダスト
2. The Apocalypse / ジ・アポカリプス
3. Scream For Me / スクリーム・フォー・ミー
4. Bravehearted / ブレイヴハーテッド

【関連リンク】
LOVEBITES オフィシャルHP
flumpool、「ラストコール」 MUSIC VIDEO short ver.遂に公開
BRAHMAN、新作「不倶戴天 -フグタイテン-」のトレイラー映像を公開
LUNKHEAD、会場限定で発売されるセルフカバーアルバム第二弾の収録曲発表

【関連アーティスト】
lovebites, LOVEBITES
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

ORANGE RANGE、全国ツアーファイナル沖縄市民会館公演のコラボゲスト発表
Sun, 05 Mar 2017 15:00:00 +0900
ORANGE RANGE (okmusic UP\'s)

ORANGE RANGEが3月20日(月・祝)に開催する47都道府県ツアー『ORANGE RANGE LIVE TOUR 016-017 〜おかげさまで15周年! 47都道府県 DE カーニバル〜』の沖縄市民会館公演のコラボゲストを発表した。

【その他の画像】ORANGE RANGE

15年分の感謝の思いをファンに伝える47都道府県ツアー『ORANGE RANGE LIVE TOUR 016-017 〜おかげさまで15周年! 47都道府県 DE カーニバル〜』もいよいよファイナルの沖縄公演を残すのみとなったORANGE RANGE。2月25日に約8年ぶりとなる日本武道館公演はコラボゲストも続々登場し、セミファイナル公演として大成功をおさめた。

そんな同ツアーのファイナル公演に出演するゲストは、安次嶺希和子、ARIA、琉球國祭り太鼓、リュウキュウノツカイ(ex.リュウグウノツカイ)、山内中学校吹奏楽部。多彩なゲストと共に、地元沖縄でアニバーサリーツアーのラストを盛大なカーニバルで締めくくる。

■『au presents ORANGE RANGE LIVE TOUR 016-017 〜おかげさまで15周年! 47都道府県 DE カーニバル〜』

3月20日(月・祝)  沖縄・沖縄市民会館 大ホール
開場18:00/開演18:30
ゲスト出演者:安次嶺希和子 / ARIA / 琉球國祭り太鼓 / リュウキュウノツカイ(ex.リュウグウノツカイ) / 山内中学校吹奏楽部 ※五十音順

<チケット料金>
全席指定 ¥5,800(税込)
・指定席に関しては未就学児童のご入場は同行の保護者の方の座席の範囲内で、周りのお客様のご迷惑にならないようにご覧いただくことを大前提とさせていただきます。
・小学生以上の方はチケットが必要となります。
各プレイガイドにてチケット絶賛発売中

【関連リンク】
ORANGE RANGE オフィシャルHP
ORANGE RANGE 15周年記念47都道府県ツアー特設サイト
ORANGE RANGE、香港・台湾で自身3度目のアジア単独公演開催!
バンドじゃないもん!、メジャー1st作は豪華クリエイター陣が集結した極上のJ-POPアルバムに!

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE, ARIA
【ジャンル】
ジャパニーズロック

セプテンバーミー、2000枚限定生産となる1st EPをタワレコ限定で発売決定
Sun, 05 Mar 2017 14:00:00 +0900
セプテンバーミー (okmusic UP\'s)

セプテンバーミーが3月4日に行なわれたサーキットイベント『東京見放題』にて、1st EP「世界として生きる君へと想う.ep[特別盤]」を5月17日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】セプテンバーミー

「世界として生きる君へと想う.ep[特別盤]」は、全てを壊し新たに作り上げた、新体制のセプテンバーミーが放つ極彩色の1st EP。セプテンバーミーらしいオカルトな世界観全開の「キツネ憑きの唄」や、初の岸波藍(Dr,Cho)がボーカルを務めた「magical chocolate moon」など、様々な色見せる楽曲が収録された作品となっている。

今作はタワーレコード限定販売で、2000枚限定生産となるので、是非逃さずゲットしてほしい。

■EP「世界として生きる君へと想う.ep[特別盤]」

2017年5月17日発売
CCN-003/¥2,000(税込)
※2000枚限定生産・タワーレコード限定販売
※1形態のみのリリースとなります
<収録曲>
1.化かし化かされ化かし合い
2.キツネ憑きの唄
3.光のストーリー
4.magical chocolate moon
5.アイヲウタウトリヨ

【関連リンク】
セプテンバーミー オフィシャルHP
セプテンバーミー、ココナッツ先輩(Ba)ラストツアーが大団円
セプテンバーミーのココナッツ先輩(B)が脱退を発表
セプテンバーミー、ファン参加型MV「テレキャスターマジック」がついに公開

【関連アーティスト】
セプテンバーミー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

バンもん!、アルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を?』をiTunes/Apple Musicで先行配信
Sun, 05 Mar 2017 13:00:00 +0900
バンドじゃないもん! (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が3月8日に発売する1stアルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を?』を、リリースに先駆けてiTunes/Apple Musicにて全曲先行配信をスタートさせた。

【その他の画像】バンドじゃないもん!

既に公開がされている全曲ダイジェスト映像でしか聴くことの出来なかった曲もこのタイミングからは全てフルサイズで聴くことが出来るうえに、CDよりもさらにお求め安く1,500円にてダウンロードが出来るので、是非ともチェックしてほしい。

■アルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を?』先行配信

■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1207216280?l=ja&ls=1&app=itunes
■Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/id1207216280?l=ja&ls=1

■アルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を?』

2017年3月8日発売
【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
PCCA.04477/¥4,000+税
【期間限定スペシャルプライス盤(通常盤)】(CD)
PCCA.04478/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
1:青春カラダダダッシュ!
2:キメマスター!
3:しゅっとこどっこい
4:夏のOh!バイブス
5:君はヒーロー
6:結構なお点前で
7:YAKIMOCHI
8:ドリームタウン
9:秘密結社、ふたり。
10:強気、Magic Moon Night 〜少女は大人の夢を見る〜
11:ロマンティック?テレパシー
12:すきっぱらだいす?
13:ピンヒール
14:YATTA!
15:エンド・レス
■Blu-ray ※初回限定盤のみ
(1)ミュージックビデオ集
1.君の笑顔で世界がやばい
2.NaMiDa
3.キメマスター!
4.気持ちだけ参加します。
5.夏のOh!バイブス
6.アイスクリームになりたいの?
(Chou Chou Cream fromバンドじゃないもん!)
7.シンデレラブルース
(ブルーツインズ from バンドじゃないもん!)
8.ヒーローズ
(コットンラビッツ from バンドじゃないもん!)
9.YAKIMOCHI
10.YATTA!
(2)メイキング盛り合わせ
「YAKIMOCHI」「YATTA!」ミュージックビデオ&アルバムジャケット撮影メイキング

■【ライブ情報】

『購入者対象応募抽選完全招待制プレミアムシークレットワンマンライブ』
3月25日(土) 大阪・心斎橋某所
開場:15:00 / 開演:16:00
4月01日(土) 愛知・名古屋市某所
開場:15:00 / 開演:16:00
4月04日(火) 東京・渋谷某所
開場:18:00 / 開演:19:00
4月05日(水) 福岡・福岡市某所
開場:18:00 / 開演:19:00
4月09日(日) 北海道・札幌市某所
開場:15:00 / 開演:16:00

入場料:無料

※大阪、東京、福岡会場では別途1ドリンク?500が必要です。
※開催場所に関しては当選者のみに通知致します。

<応募方法>
バンドじゃないもん!メジャー1stフルアルバム「完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を?」の初回限定盤(PCCA.04477)、期間限定スペシャルプライス盤(PCCA.04478)に封入される応募用紙よりエントリー可能です。
応募期間:2017年3月7日(火)〜3月17日(金)23:59
当選発表:3月20日(月)予定

※応募用紙1枚につき、お1人様1会場の応募可能です。
※応募用紙は全国のCDショップ、ECショップで販売される商品にのみ封入されております。
バンドじゃないもん!Shop販売商品、予約イベント、リリースイベント等、特典会対象商品には封入されておりませんのでご注意ください。
※応募用紙が封入されている商品には、封入特典名が記載されたシールが貼られております。
※応募期間が終了しても追加応募を行う可能性もございます。

『バンドじゃないもん!ワンマンライブ2017大阪ダダダッシュ! 〜ちゃんと汗かかなきゃ××××〜』
4月29日(土) 大阪・BIGCAT
開場 17:00 / 開演 18:00
チケット料金:All Standing ¥4,800(D代別) / 青春カラダダダシュ切符(学割) ¥3,800(D代別)

『バンドじゃないもん!ワンマンライブ2017東京ダダダッシュ! 〜ちゃんと汗かかなきゃ××××〜』
5月14日(日) 新木場STUDIO COAST
開場 17:00 / 開演 18:00
チケット料金:All Standing ¥4,800(D代別) / 青春カラダダダシュ切符(学割) ¥3,800(D代別)

【関連リンク】
バンドじゃないもん!、アルバム購入者を対象にプレミアムシークレットツアーを開催
バンドじゃないもん!×Q-MHz、TVアニメ『つぐもも』OPテーマPV公開
バンドじゃないもん!、アルバムの全曲ダイジェスト動画公開&期間限定ストアがオープン!
バンドじゃないもん!、5日間連続ライブファイナルにて追加公演の開催を発表

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

M!LK、ニューシングル「テルネロファイター」リリース決定
Sun, 05 Mar 2017 12:00:00 +0900
M!LK(左から 吉田仁人<よしだ じんと> / 佐野勇斗<さの はやと>/ 山?悠稀<やまざき はるき> 板垣瑞生<いたがき みずき> / 塩?太智<しおざき だいち>) (okmusic UP\'s)

M!LKが6枚目のシングル「テルネロファイター」を5月10日(水)にリリースすることを発表! さらに、そのシングルのビジュアルとCDのジャケット写真が解禁された。

【その他の画像】M!LK

今回のビジュアルは“うし柄”のジャケットにメンバーカラーのネクタイがワンポイントとなっており、牛乳ビンのマイクスタンドでクールに決めている。

表題曲となる“テルネロ”とは、生後1年以下のオスの子牛のことで、いつかでっかい牛になることを夢見る内容の歌詞になっており、今までの“あるある”な歌詞と一味違ったM!LKの世界観が楽しめる楽曲となっている。今作もカップリング違いの3形態でのリリースとなる。

さらに、3月22日から開催されるM!LK 2017春ツアー『Mow Mow DREAM〜超B!Gな牛になりたい〜』のチケット一般発売が3月4日よりスタート。発売と同時に仙台、福岡、東京の3公演のチケットが即完売! 名古屋、大阪公演のチケットも残りわずかで、貴重な公演になること間違いない。

■シングル「テルネロファイター」

2017年5月10日発売
【TYPE-A】
<収録曲>
1.テルネロファイター
2.サンキュー! N・D・K!

【TYPE-B】
<収録曲>
1.テルネロファイター
2.ボクノアカシ

【TYPE-C】
<収録曲>
1.テルネロファイター
2.桜咲く頃には

■M!LK 全国5大都市春ツアー「Mow Mow DREAM〜超B!Gな牛になりたい〜」

3月22日(水) Rensa(宮城県)SOLD OUT!
3月25日(土) Drum Logos(福岡県)SOLD OUT!
3月30日(木) Zepp DiverCity (TOKYO)(東京都)SOLD OUT!
3月31日(金) Zepp Nagoya(愛知県)
4月15日(土) Zepp Namba(大阪府)
【追加公演】
4月30日(日) 東京国際フォーラムホールC(東京都)

【関連リンク】
M!LK オフィシャルHP
M!LKの山?悠稀生誕祭&バレンタインイベントに1,500人以上のファンが集結!
M!LK、6thシングルリリース&公式LINEスタンプ発売決定
M!LK、リリースイベントに「砂の塔」“そらちゃん"登場で高野兄妹が再会

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Hachi/Hatch,が3月18日のワンマンライブをもって解散
Sun, 05 Mar 2017 11:00:00 +0900
Hachi/Hatch, (okmusic UP\'s)

Hachi/Hatch,(ハチブンノハチ) が3月4日(土)正午にオフィシャルサイト上で解散を発表した。

【その他の画像】Hachi/Hatch,

Hachi/Hatch,は2013年4月にボーカル中村勝也とドラムゆっきを中心に結成。2013年12月には1stミニアルバム『嘘つきは大嫌い』をリリースし、2014年4月からはバンド名の通り音楽を全国に届けるため、全国88ヶ所を巡る路上ツアーを敢行し、
ゴールとなる2014年8月8日に大阪・アメリカ村三角公園でフィナーレを迎え、同日に3回目のワンマンライブを開催し大成功させる等、ファン層を拡大していった。

2015年2月に数々のアーティストのサポートギタリストやアレンジャーとしても活動する安部智樹と元なついろのピアノ&キーボード北川加奈が加入し、新たに始動。グランフロント大阪とFM802の共同プロジェクト“ミュージックバスカー"で着実にファンを増やし続け、これまで発売してきたCD『嘘つきは大嫌い』『イスカンダルに憧れて』『ゴメイザ』は全てソールドアウトさせた。

そんな彼らのラストライブは3月18日(土)のOSAKA MUSEでのワンマンライブ。手売りチケット、e+チケットを購入した上で来場すると特典として、CDがプレゼントされるとのこと。

■【メンバーからの解散発表コメント】

Hachi/Hatch,から、皆様にご報告がございます。

この度、Hachi/Hatch,は3/18(土)にOSAKA MUSEで開催のワンマンライブを持ちまして活動を終了、解散とさせていただく事となりました。

今後の活動、将来を見据える上で現状のHachi/Hatch,の活動を終了させ、新たな可能性に挑戦したいという思いから、この様な結論に至りました。

2013年4月に始動し、約4年間の活動の中でさまざまな形で応援をして下さった皆様にこの様なご報告をする事をお詫びすると共に、ご理解をいただけますと幸いです。
今まで支えていただき、本当にありがとうございました。

3/18のワンマンライブが最後のステージとなりますので、是非ご来場下さります様、お願い致します。

Hachi/Hatch,
中村勝也
安部智樹
北川加奈
ゆっき

■『ライブハット vol.6』

3月18日(土) OSAKA MUSE
開場 / 開演:18:15 / 19:00
TICKET:前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000(ドリンク代別途)

※手売りチケット・e+チケットをご購入の上ご来場くださった方全員にご来場特典として、CDをプレゼントいたします。この日にしか手に入らない音源ですのでぜひ皆さんワンマンライブへお越しください。

【関連リンク】
Hachi/Hatch,オフィシャルHP
Hachi/Hatch,が “8月8日”にアメリカ村で“88”ヶ所目のフリーライブを開催!
Hachi/Hatch,がエイプリルフールに “嘘つきは大嫌い" 全国88ヶ所ツアー開催を発表
MAGiC BOYZ、渋谷HARLEM卒業パーティーの出演者発表

【関連アーティスト】
Hachi/Hatch,
【ジャンル】
ジャパニーズロック

angela、初の日本武道館単独ライヴは“特大サーカス”!
Sun, 05 Mar 2017 01:30:00 +0900
3月4日(土)@日本武道館 (okmusic UP\'s)

angelaが2010年からangelaの年末ライヴとして恒例となっていた「大サーカス」が3月4日(土)、「特大サーカス」と銘打って日本武道館にて開催された。

【その他の画像】angela

会場の入り口には、ライヴタイトルが入った巨大豪華レッドカーペットが敷かれ、ライヴに来るぢぇらっ子を歓迎。プレミアムな一夜を思わせ、期待は一層高まる。そして、会場外ではクラウンが(ピエロなど)観客を盛り上げ、スタート前からすでにお祭りムードに溢れていた。

開始時刻を迎えると、会場内のモニターに、会場外からレッドカーペットを歩いて入ってくるangelaの姿が映し出され、会場のボルテージはMAXに!ステージ上の大きな白い幕が開き、現れたangelaのふたり。『DEAD OR ALIVE』から「大サーカス」が開演した。「来たぞ武道館!!」とKATSUが叫ぶと会場の熱気はさらにあがる。MCでatsukoは「デビュー14年、結成24年…」と武道館のステージに立つ喜びを噛み締めていると、「泣いてるんじゃないよ!」と、すでに泣いているアリーナ席の観客たちにKATSUが声をかけるシーンも。angela本人と同じように、観客もangelaの日本武道館ステージへの思いに感極まっていた。

そんな中、angelaのプロデューサー中西さん(キングレコード)と中継がつながり、モニターに登場。「主題歌タイアップ」と書かれた目録を持った中西さんは、現在新宿にいて、ライヴ中に武道館まで走ってangelaに届けるという。走り出す中西さんの背中を見届けたところで中継は終わる。果たして、ライヴ中に九段下にある武道館に到着することができるのか?!

この日に会場で特別販売されたCD『パーソナル裏ベスト』から、atsukoの選曲「此処に居るよ」、KATSU「Yell for you」や、クラウンやダンサーとともにステージ上を盛り上げる『cheers!』、昨年発売したアルバム「LOVE & CARNIVAL」から『是、夏祭り』などを披露。新曲『Dream on』も初披露されるなど、会場はより一層もりあがりを増していった。

メンバー紹介が行われたあと、ステージのセンターから、幻のアイドル“アイドルあっちゃん”が登場。オムライス村のあっちゃん星から来たという17歳のアイドル(らしい)。angelaの事務所の後輩?!であるアイドルあっちゃんは、初めて作詞作曲した楽曲『お願い!シャングリラ』を披露。コールアンドレスポンスも完璧な1曲で観客を沸かせた。

あっちゃんのステージが終わり、しばらくすると、会場の両サイドからトロッコで登場するangela。アリーナを一周しながら、「over the limits」「イグジスト」を披露。MCで初めてのトロッコだったことも明かした。

そして、デビュー曲であり代表曲である『明日へのbrilliant road』を、振付レクチャーしてみんなで歌唱。会場はより一体感を増した。『騎士行進曲』では曲中MCで「結成して24年、デビューして14年、たくさんの苦しいこと辛いこともあり、やめたいと思うこともありました。でもこの日を迎えられたのは、ぢぇらっ子のみんながいてくれたからです!ありがとう!」と感謝の思いを熱く伝え、本編ラストを締めくくった。

アンコールではドメスティック・ラヴバンドが登場。おなじみの「家族愛」コールで会場を温める。1曲披露したところで、「中西さんを忘れていないか?!」と中西さんの走る映像が流れ出し、新宿、浅草、そしてなぜか雪の中を走る中西プロデューサーが。会場では『負けないで』を大合唱して応援。すると、アリーナの扉から中西さんが登場し、感動のゴールをステージ上で迎え、そこで目録が渡された。タイアップは今年の夏に放送開始するTVアニメ「アホガール」の主題歌であることが発表されたが、ドメラバへのタイアップではない、と彼らは受け取らず、ライヴの最後に、angelaの手元にしっかりと届けられたのであった。

アンコールでは、『幸せの温度』、初披露の『memories』としっとりとしたバラードから、『シドニア』で一気に会場の熱気をあげ、ダブルアンコールは代表曲『Shangri-La』で締めくくり。「またここで会おう!」とぢぇらっ子と誓いあって4時間におよんだ特大サーカスの幕を閉めた。

photo by 釘野孝宏、深野輝美
(C) ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

■【セットリスト】

OPENING
1.DEAD OR ALIVE
2.その時、蒼穹へ
3.Different colors
4.KINGS
5.此処に居るよ
6.Yell for you
7.cheers!
8.Dream on
9.是、夏祭り
10.沖縄っぽいインスト(メンバー紹介 )
11.お願い!シャングリラ(アイドルあっちゃん歌唱)
12.蒼い春(アイドルあっちゃん歌唱)
13.over the limits
14.イグジスト
15.明日へのbrilliant road
16.Peace of mind
17.KIZUNA
18.蒼穹
19.僕は僕であって
20.騎士行進曲
<ドメスティック・ラヴバンド コーナー>
21.Shangri-La
22.負けないで
23.大団円の歌
<Encore1>
24.幸せの温度
25.memories
26.シドニア
<Encore2>
27.Shangri-La

【関連リンク】
angela オフィシャル HP
“僕らは目指したShangri-La”――angela、自身初の武道館単独ライヴに向けTVスポットを公開
アニサマ史に残る名演20曲がフルオンエア!angela、May\'n、LiSAら出演特別番組放送決定
angela初の日比谷野音公演で愛に溢れた大カーニバル!中島みゆき「時代」カヴァーも

【関連アーティスト】
angela
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1