歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年03月04日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
KEYTALK、横アリ公演決定&情報続々発表!
Sat, 04 Mar 2017 20:00:00 +0900
KEYTALK (okmusic UP\'s)

KEYTALKが3月15日発売のアルバム『PARADISE』のリリースに先駆けて様々な情報を発表した。

【その他の画像】KEYTALK

4枚目のオリジナルアルバム『PARADISE』。アルバムリード曲“Summer Venus"は楽曲、MUSIC VIDEOともにオンエアが解禁され、各チェーン店購入者特典発表、アルバムリリースを記念して3月29日(水)に代々木公園野外ステージでフリーライブ『代々木でリリパパパラダイス』実施&AbemaTVでの生中継も決定した。

また、9月10日(日)に初の横浜アリーナ公演が決定した。併せて、アルバム『PARADISE』初回限定盤A・B・通常盤共通封入特典としてKEYTALK横浜アリーナ公演チケット最速web先行抽選予約用シリアルナンバーが封入されることが発表された。

さらにアルバム『PARADISE』のアルバムトレイラーがYouTubeにUPされた。前作アルバム『HOT!』はリリースツアー、初の日本武道館公演を経て、全国的な知名度を右肩上がりとなり、ロックバンドシーンの中心に進出するきっかけとなった。今や、ロックバンドシーンにおいて欠くことのできない4人はそれでも自然体でオリジナリティへの飽くなき追求を続ける。今作も引き続きNARASAKIをサウンドプロデューサーに迎え、メンバー全員が作詞作曲。様々な音楽性を一気に丸呑みにしてKEYTALKというフィルターを通すことで生まれる強烈な個性を放つ17曲で完成された新作は日本のロックシーンに新たな光を照らすであろう最高傑作となっている。アルバムツアーから夏フェスと更なる進化するKEYTALKの横浜アリーナ公演を是非とも体感して頂きたい。

フジテレビ系『魁!ミュージック』で“Summer Venus”をTV初パフォーマンスが決定。3月7日(火)25:40〜オンエアされる予定。“Summer Venus”は首藤義勝作詞・作曲。おそらく2017年もっとも早くTVでオンエアされるサマーチューンであろう。夏の全国ツアーでの進化が楽しみな高揚感溢れるリード曲である。アルバムリリースに向けてのプロモーションにも拍車が掛かり、更に2017年に向けた展開も続々と発表され、走り続けるKEYTALKに更なるご注目を!

■アルバム『PARADISE』トレイラー
https://youtu.be/SZFdUv8X8Hs

■KEYTALK 横浜アリーナ公演

9月10日(日) 横浜アリーナ
開場16:00/開演17:00
チケット料金 前売り:¥5,400

KEYTALK横浜アリーナ公演チケット最速web先行抽選予約用シリアルナンバー先行受付期間
1次:2017年3月15日(水)昼12:00〜2017年3月20日(月・祝)23:59
2次:2017年3月21日(火)昼12:00〜2017年3月27日(月)23:59

■「KEYTALK爆裂疾風ツアー2017 〜みんなの街でパラリラパパパラダイス〜」

4月22日(土) 熊本B.9 V1
4月23日(日) 鹿児島CAPARVO HALL
4月28日(金) 長野CLUB JUNK BOX
4月29日(土) 富山MAIRO
5月06日(土) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
5月07日(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
5月12日(金) LiveHouse 浜松 窓枠
5月16日(火) MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
5月17日(水) 京都 磔磔
5月27日(土) 高松festhalle
5月28日(日) 松江AZTiC canova
6月03日(土) 高知X-pt.
6月04日(日) 松山 W Studio RED
6月10日(土) HEAVEN\'S ROCK UTSUNOMIYA VJ-2
6月11日(日) 高崎club FLEEZ
6月17日(土) 盛岡CLUB CHANGE WAVE
6月18日(日) 郡山HIPSHOT JAPAN
6月24日(土) 福岡スカラエスパシオ
6月25日(日) 福岡スカラエスパシオ
6月28日(水) CLUB CITTA\' KAWASAKI
7月02日(日) Zepp Sapporo
7月08日(土) 新潟LOTS
7月09日(日) 仙台PIT
7月12日(水) Zepp Tokyo
7月13日(木) Zepp Tokyo
7月16日(日) BLUE LIVE HIROSHIMA
7月17日(月・祝) BLUE LIVE HIROSHIMA
7月28日(金) Zepp Nagoya
7月30日(日) Zepp Osaka Bayside

【関連リンク】
KEYTALK オフィシャルHP
KEYTALK、アルバム『PARADISE』のスペシャル企画が続々追加! 代々木フリーライヴ生中継も
『ビクターロック祭り』タイムテーブル発表! DJダイノジとKEYTALK小野のコラボも!?
KEYTALK、アルバムリード曲「Summer Venus」MV公開&フリーライブ開催決定

【関連アーティスト】
KEYTALK
【ジャンル】
ジャパニーズロック

AK-69、ライヴDVD『Zepp Tour 2016 〜FLYING B〜』を語ったインタビュー前編を公開
Sat, 04 Mar 2017 19:00:00 +0900
DVD『Zepp Tour 2016 〜Flying B〜』 (okmusic UP\'s)

AK-69が3月8日リリースとなるライヴDVD『Zepp Tour 2016 〜FLYING B〜』を語りつくすオフィシャルインタビューの前編が公開された。

【その他の画像】AK-69

なお、後編は3月7日(火)に公開される。

■【AK-69 オフィシャルインタビュー前編】

ーー今回リリースされるライヴDVD『Zepp Tour 2016 〜FLYING B〜』ですが、タイトル通り2016年に東京/名古屋/大阪で行われたZEPPツアーが映像の中心になっています。今回「ホール」ではなく、「ライヴハウス」であるZEPPを会場に選んだ理由は?
「自分が代表を務める「Flying B Entertainment Inc.」を立ち上げてから一発目のライヴは、同じようにライヴハウスである豊洲PITでやったんですよね。そこで得た手応えの延長上という部分もあるけど、もう一つには、今までで記憶に残っているライヴの中の一つに、初めてのZEPPワンマンがあるんですよね。その後には武道館やガイシホールっていうもっと大きい規模のライヴがあるけど、やはりZEPPという規模で初めてワンマンが出来た時に「ここまで来れたか」って感慨があったし、印象深くて。その意味でもDEF JAMへの移籍を含めて、新しい動きを始めるタイミングでは、もう一度その気持ちを思い出す事のできる場所で、ライヴをやる事も必要だと思ったんですよね」

ーーライヴハウスというシンプルな場所であると同時に、映像の中のAKさんの格好も、無地のTシャツにディッキーズのパンツ、ナイキのコルテッツというスゴくシンプルな格好ですね。
「活動を始めた頃の格好ですね。あの格好が俺のスタートだった」

ーーただしその当時との大きな違いは、DEF JAMのマークが刻まれたゴールドのメダリオンが首から下げられてる事だと思います。
「メダリオンやキロチェーンは、俺が活動の中で今までに得てきた、血と汗と涙の結晶なんですよね。それは同時に今はDEF JAMの看板という非常に重いものを背負っているという事の証明でもある。そしてそれを身に着けることは、ヒップホップっていうレベル・ミュージックにやられたタダのガキが、ここまでなれるっていう事の証明なんですよ。俺もお前らと同じように、選ばれた人間でも、特別な存在でも無かった。道も踏み外したこともあった。その意味でも“FLYING B"で歌ってるように、「負けを重ねたB級」だったんですよね、俺は」

ーーそして、そこから「FLYING B」になっていったと。
「はみ出し者が一つの事を思い続けて、努力を重ねたことで、こういう存在になれた。メダリオンやキロチェーンはその証なんですよね。だから「どうだ、このアクセサリースゲえだろ」って自慢したいんじゃなくて、俺はお前らと同じ所から来てるし、キロチェーンを付けられるまでになった、俺の歴史やドラマを分かって欲しいってことなんですよ。ここで本当に見せたいのは、ここに至るまでの「中身」なんですよね」

ーーライヴの演出自体も大掛かりなものではなく、AKさんやダンサーのパフォーマンスが中心になっていました。その意味でも非常に肉体性や「生身」を感じる構成であり、シンプルで削ぎ落とした表現からは、ライヴでしか感じられない「凄味」を感じました。このツアーに続いてリリースされたアルバム『DAWN』がそれと同じように「生身のAK−69」を表現したものだった事も含めて、非常に「さらけ出したアプローチ」が印象に残りました。
「だから正直、ガイシホールや武道館のライヴDVDに比べるとシンプルすぎる内容にはなってると思いますね。だけど、この「原点回帰」を見せることこそが大事だと思うし、そこに意味があるだろうなって。その意味でも、2016年は事務所の立ち上げやDEF JAMとの契約、『DAWN』の制作など、自分の内面や原点、そこからのドラマを提示する部分が強かったと思います」

ーーそういったアプローチを提示したのは?
「「インディペンデント・キング」であり、インディーズに拘ってたAK-69が、DEF JAMというメジャーとディールした事について、「なぜだろう」って思うコアなリスナーだったり、今まで俺のアティテュードについて来てくれたオーディエンスに対して、その行動の説明をする必要があると思ったし、その説明が出来ないと、活動は進められないなって」

ーーファンやリスナーとの信頼関係としても、説明責任を果たして、行動の理由を明らかにする手続きとしても必要だったと。
「そうですね。それが今回のツアーでは果たせたと思います。だから「なんでだよ」って事は誰も言わなかったですし、この動きは間違ってなかったのかなって。ただ名前を売ればいい、注目される事をやればいいっていうんだったら、順序も方向性も、ファンとの関係性も無視して、有効そうな事を詰め込んでいけばいい。だけど、それは俺には出来ないんですよ。俺はそういう人間ではないし、やはり順序と筋道を通して、ドラマをリスナーと共有したい。そして、それを進める事で「AK-69の音楽/ヒップホップの意味」がちゃんと生まれると思う」

(後編に続く)

インタビュー:高木 “JET” 晋一郎

■DVD『Zepp Tour 2016 〜Flying B〜』

2017年3月8日発売
UIBV-90017/8/¥5,500+税
※初回限定生産パッケージ仕様/2DVD
<収録内容>
■DISC 1
OPENING MOVIE
Flying B
CHAMPAGNE BOYZ
A Hundred Bottles
Rolls-Royce, Diamonds, Bixxhes -Remix-
We Don\'t Stop
TOO MUCH MONEY OUT HERE
Oh Lord ?REMIX-
SOLDIERS SONG feat. CITY-ACE
24/7 365 feat. AK-69
One Way, One Mic, One Life feat. 般若
IRON HORSE -No Mark-78er Remix feat. 般若
BECAUSE YOU\'RE MY SHAWTY
The Honesty 〜My Love Pt.III〜
And I love You So
With You 〜10年、20年経っても〜
街模様
ICU
Warriors
ONE (Additional Vocal : HIDE春)
ロッカールーム -Go Hard or Go Home-
KINGPIN
-ENCORE-
THE RED MAGIC
START IT AGAIN
CUT SOLO
■DISC 2
BEHIND THE SCENE
「Forever Young feat. UVERworld」Music Video
「上ヲ向イテ」Music Video 
「Hangover」Music Video 
「Baby」Lyric Video
タイプライター&YMG
「Let me Know feat. AK-69 & KOHH」 @Zepp Tokyo
SPICY CHOCOLATE
「信ジルモノ feat. AK-69, HAN-KUN from 湘南乃風 @Zepp Nagoya

◎購入者特典
・69Homies会員先着特典
B2ポスター(FC限定用オリジナル絵柄)
・その他一般CDショップ先着特典
B2ポスター(CDショップ用共通絵柄)
※特典は先着となり数に限りがあります。
※一部取扱いのない店舗・オンランインショップもございます。詳しくは各CDショップにてご確認ください。

【関連リンク】
AK-69 オフィシャルインタビュー掲載ページ
AK-69、最新DVD『Zepp Tour 2016 〜Flying B〜』のティザー映像が解禁へ
AK-69、「Hangover」MVでグッチプロデュースのシャンパンとコラボ
AK-69・東雲(BEAST)らが一堂に会した一夜限りの『TS PLAY』リニューアルリリース記念イベントは大成功!

【関連アーティスト】
AK-69
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ

MAGiC BOYZ、渋谷HARLEM卒業パーティーの出演者発表
Sat, 04 Mar 2017 18:00:00 +0900
『MAGiC BOYZ 平成28年度 卒業パーティー』フライヤー (okmusic UP\'s)

MAGiC BOYZが3月26日(日)に渋谷HARLEMで開催する『平成28年度 卒業パーティー』のゲストが発表された。

【その他の画像】MAGiC BOYZ

デビュー曲の作詞や「illson」のフィーチャリング参加、マジボの初主演映画「イカれてイル?」への出演など、マジボと交流の深いNIPPSと、CQからなるBUDDHA MAFIA、3月29日(水)発売シングルに収録される楽曲「ON&ON」をコラボ制作したGAGLEからHUNGER、同シングルの表題曲「3.141592」を手掛けたTOKYO HEALTH CLUB、過去にライブで共演、最近では「CINDERELLA MC BATTLE」で優勝を果たし注目を集めている あっこゴリラ、という豪華4組の出演が決定した。

当日は各アーティストのライブに加え、ZEN-LA-ROCKのソロライブ、DJジョーによるDJタイムや卒業式も予定。もちろん、グループ内年齢差26歳!となるZEN-LA-ROCK参加でのMAGiC BOYZラストライブも絶対に見逃せない。チケット一般受付が、3月6日(月)23:59まで行われているので、是非チェックしてほしい。

■『MAGiC BOYZ 平成28年度 卒業パーティー』

3月26日(日) 渋谷HARLEM
開場14:00/開演15:00
出演者:MAGiC BOYZ/BUDDHA MAFIA/HUNGER(GAGLE)/TOKYO HEALTH CLUB/あっこゴリラ

<チケット料金>
オールスタンディング 4,000円(税込)
〜3月6日(月)23:59まで、チケット一般発売受付中!
https://www.stardust-ticket.com/magicboyz0326_ip
※3歳以上はチケットが必要となります。
※別途ドリンク代500円(税込)が必要となります。

【関連リンク】
MAGiC BOYZ オフィシャルHP
MAGiC BOYZ、3月発売のニューシングルでGAGLEとコラボ
MAGiC BOYZ、5枚目のシングル&新ヒ?シ?ュアル発表
MAGiC BOYZのZEN-LA-ROCKが3月26日をもってアイドル活動から卒業

【関連アーティスト】
MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP

MAN WITH A MISSION、ツアー初日に映像作品第5弾の発売をサプライズ発表
Sat, 04 Mar 2017 17:00:00 +0900
3月3日@Zepp Sapporo (okmusic UP\'s)

MAN WITH A MISSIONが3月3日、ツアー『Dead End in Tokyo TOUR 2017』の初日であるZepp Sapporo公演で、2017年春に自身5作目の映像作品となる『狼大全集V』のリリースをサプライズ発表した。内容や発売日等の詳細は近日発表される。

【その他の画像】MAN WITH A MISSION

ツアー初日となるZepp Sapporoでは、Fall Out Boyのパトリック・スタンプをプロデューサーに迎えた最新シングル「Dead End in Tokyo」はもちろんのこと、人気楽曲や過去にライブではなかなか演奏してこなかった楽曲もふんだんに散りばめられ、雪が降る札幌で圧倒的な演奏で観客達を熱狂させた。

今回全7会場のゲストバンドとしてHAWAIIAN6、GOOD4NOTHING、FUNKIST、dustbox、Nothing\'s Carved In Stone、SHADOWS、BIGMAMAも同行しており、ツアー初日はスリーピースメロディックパンクバンド、HAWAIIAN6がステージを盛り上げた。

このツアーは3月7日のZepp 東京、3月10日の仙台PIT、3月15日のZepp 名古屋、3月20日のBLUELIVE 広島、3月24日のZepp 大阪bayside、4月1日のマリンメッセ福岡まで続いていく。

Photo by Daisuke Sakai (FYD inc.)

■MAN WITH A MISSION presents『Dead End in Tokyo TOUR 2017』

3月10日(金) 仙台PIT
3月15日(水)Zepp 名古屋
3月20日(月・祝) BLUELIVE 広島
3月24日(金) Zepp大阪bayside
4月01日(土) マリンメッセ福岡

【関連リンク】
MAN WITH A MISSION オフィシャルHP
VAMPS、新曲「BREAK FREE」にマンウィズのKAMIKAZE BOYがベースで参加
「イナズマロック フェス 2016 リターンズ」にT.M.R.、UVER、マンウィズが出演!
スキーの日、銀世界で聴きたい曲

【関連アーティスト】
MAN WITH A MISSION
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

焚吐、東名阪ツアーファイナルをLINE LIVE生配信決定
Sat, 04 Mar 2017 16:00:00 +0900
焚吐 (okmusic UP\'s)

焚吐が1stアルバム『スケープゴート』を引っさげて行なっている初の東名阪ツアー『リアルライブ・カプセルVol.2』。そのツアーファイナルである3月5日(日)のSHIBUYA WWW公演を焚吐の公式LINE LIVEで配信することが決定した。

【その他の画像】焚吐

SHIBUYA WWWは、焚吐がデビューするきっかけとなったオーディションの最終審査会場だった思い出の場所。そんなライブハウスで初のツアーファイナルを迎える。デビューの頃よりひと回り成長した焚吐が観られるライブになるだろう。

■LINE LIVE『リアルライブ・カプセル@渋谷WWW 生中継ライブ』

3月5日(日)17:00〜

<「LINE LIVE」視聴方法>
まずは「LINE LIVE」のスマートフォン用アプリをダウンロード!
■iOS(iPhone)
https://lin.ee/goCPbh2/dtzb/h/0518
■Android
https://lin.ee/4C8u0Ln/dtzb/h/0518

配信中にコメントやハートを送ってみんなで盛り上がろう!  アプリダウンロード後に以下のページへアクセスすると視聴予約ができます。
URL: https://live.line.me/channels/166610/upcoming/1421051

※URLクリック後に自動的に「LINE LIVE」アプリが自動的に起動します。配信画面に下記にある「予約」をクリック→ LINE LIVEアプリで視聴予約完了となり放送開始されましたらポップアップ通知が届きます。

■『リアルライブ・カプセル Vol.2』ツアーファイナル

3月5日(日) SHIBUYA WWW(東京)
開場16:15/開演17:00

【関連リンク】
焚吐×りゅうせーのタッグ再び! "歌詞とのリンクがすごい"アニメーションMV公開
焚吐、アルバム予約・先着購入特典CD収録の新曲「ごった煮シティ」が完成
焚吐、1stアルバム予約・先着購入特典&アニメ『闇芝居 四期』ED曲「夢負い人」MV公開
焚吐、1stアルバム『スケープゴート』ビジュアル解禁 &『闇芝居 四期』オンエア直前記念イベント開催決定

【関連アーティスト】
焚吐
【ジャンル】
J-POP

セカオワ、club EARTH11周年記念ライブ開催&共演者募集!
Sat, 04 Mar 2017 15:00:00 +0900
SEKAI NO OWARI (okmusic UP\'s)

SEKAI NO OWARIが立ち上げたライブハウス「club EARTH」の11周年を記念したライブが6月11日(日)に新木場Studio Coastで開催されることが決定した。

【その他の画像】SEKAI NO OWARI

今回の「club EARTH 11th Anniversary」のステージで、SEKAI NO OWARIと共演する対バンアーティストをオーディションで募集している。オーディション応募の方法、チケット購入方法等詳細はclub EARTH オフィシャルHPへ。チケット購入方法はSEKAI NO OWARI オフィシャルHPからも確認出来るので、チェックしてみよう。

■『club EARTH 11th Anniversary』

6月11日(日) 東京・新木場Studio Coast
開場16:00/開演17:00/終演21:20予定
出演者:SEKAI NO OWARI …and more!
チケット代:¥6,100(税込)
※1Fスタンディング/2F指定席/2Fスタンディング
※入場時にドリンク代別途必要。
※未就学児入場不可。
※お一人様4枚まで。

◎オフィシャルファンクラブにて会員限定チケット先行販売(抽選)スタート!
受付期間:3月3日(金)23:00〜3月22日(水)23:59
■オフィシャルモバイルファンクラブ「S.N.O.W.S」 http://sp.sekainoowari.jp/
■オフィシャルペーパーファンクラブ「R.A.I.N.S」 http://sekainoowari.jp/rains/

<一般発売>
2017年5月13日(土)

【関連リンク】
SEKAI NO OWARI オフィシャルHP
club EARTH オフィシャルHP
スキーの日、銀世界で聴きたい曲
SEKAI NO OWARI、全国アリーナツアー映像作品より「MAGIC」のライヴ映像をフル公開

【関連アーティスト】
SEKAI NO OWARI
【ジャンル】
ジャパニーズロック

夜の本気ダンス、アニメ『境界のRINNE』最新作OP収録のシングルを4月26日にリリース
Sat, 04 Mar 2017 14:00:00 +0900
夜の本気ダンス (okmusic UP\'s)

夜の本気ダンスが4月26日にメジャー2ndシングル「SHINY E.P.」をリリースする事が決定した。

【その他の画像】夜の本気ダンス

表題曲となる「SHINY」は、4月8日から放送されるNHK Eテレのテレビアニメ『境界のRINNE』第3シリーズのオープニングテーマにも決定している。同曲はこの作品のイメージに基づいて書き下ろされた楽曲になるので、是非アニメの放送も楽しみにしていてほしい。

メジャー2ndシングルとなる「SHINY E.P.」は前述の表題曲「SHINY」を含め、収録される4曲全てが最新曲という気合の入れようだ。まさにメンバー渾身のシングル作品ということになる。「SHINY」以外の楽曲は只今鋭意制作中ということで、後日発表となるタイトルや詳細を楽しみに待とう。

■アニメ『境界のRINNE』公式サイト
http://www.nhk.or.jp/anime/rinne/

■シングル「SHINY E.P.」

2017年4月26日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1151/¥1,700+税
【通常盤】(CD)
VICL-37266/¥1,200+税
※詳細は後日発表予定

■「Without You」MV
https://www.youtube.com/watch?v=4g5D46_MLIo

【関連リンク】
夜の本気ダンス オフィシャルHP
『MUSIC TAGS vol.4』関西編でロットン、夜ダン、四星球、Ivyが熱演
『ビクターロック祭り2017』にADAM atと夜の本気ダンスが追加出演決定
ASIAN KUNG-FU GENERATION、初のトリビュートにKANA-BOON・BLUE ENCOUNTら全12組が参加

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

瀬川あやか、“妄想ダンス”で話題の新曲「妄想スニーカー」振り付け動画を急遽公開!
Sat, 04 Mar 2017 13:00:00 +0900
瀬川あやか (okmusic UP\'s)

瀬川あやかが3月15日(水)にリリースする1stアルバム『SegaWanderful』のリードトラック「妄想スニーカー」の“妄想ダンス"振り付け動画が急遽公開となった。

【その他の画像】瀬川あやか

先日公開された「妄想スニーカー」MVのショートバージョンで初めて振り付けに挑戦した“妄想ダンス"がSNS上で話題を呼び、3月1日には日本テレビ系『Oha!4 NEWS LIVE』でもこのMVが取り上げられ、注目を浴びることに。その状況を受けて、急遽この「妄想スニーカー」の振り付け動画が公開される運びとなった。これからさらに話題になっていくであろう“妄想ダンス"に注目しよう。

■「妄想スニーカー」“妄想ダンス"振り付けver.
https://youtu.be/hrKhE4tbvCI

■アルバム『SegaWanderful』

2017年3月15日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04502/¥2,500(税込)
【通常盤】(CD)
PCCA-04503/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.妄想スニーカー
2.夢日和
3.声
4.いつでも恋はカメレオン
5.恋の知らせ
6.ベストフレンド
7.未熟なうた
■DVD ※初回限定盤のみ
「妄想スニーカー」Music Clip
Making of 「SegaWanderful」
瀬川あやかSpecial Interview

◎タイアップ・パワープレイ情報
M1「妄想スニーカー」
・フジテレビ系「魁!ミュージック」3月度エンディングテーマ
・全国音楽情報TV「MUSIC B.B.」パワープレイ(全国31局ネット)
M2「夢日和」
・TBS系テレビ「CDTV」6月度ED(2016年)
・北海道「ルスツリゾート」TVCMソング(2016年)
・東海ラジオ「井上一樹のドラヂカラ!!」6月度ED(2016年)
M3「声」
・北海道文化放送「みんなのテレビ」3月前半エンディング
M4「いつでも恋はカメレオン」
北海道文化放送「映女と音女と福男」3月度オープニングテーマ
M5「恋の知らせ」
・HBCテレビ「音ドキッ!」11月度OP(2016年)
・テレビ大阪「サイクル∞キッチン」テーマ曲
M6「ベストフレンド」
北海道文化放送「土曜プレゼンアワー」3月度エンディングBGM
M7「未熟なうた」
・北海道文化放送「みんなのテレビ」3月後半エンディング

■『瀬川あやか “SegaWanderful” LIVE TOUR 2017 〜ニコニコニッコリ2ッ5リツアー〜 』

4月28日(金) 東京・恵比寿Creato
4月30日(日) 大阪・hillsパン工場
5月05日(金・祝) 札幌・キューブガーデン

【関連リンク】
瀬川あやか オフィシャルHP
瀬川あやか、1stアルバム『SegaWanderful』収録曲2曲のタイアップが決定!
瀬川あやか、話題の新曲「妄想スニーカー」が『魁!ミュージック』3月度ED曲に決定
瀬川あやか、“妄想ダンス”を盛り込んだ「妄想スニーカー」のMV公開

【関連アーティスト】
瀬川あやか
【ジャンル】
J-POP

ふぉ〜ゆ〜主演舞台「23階の笑い」、東京公演のプレイガイド先行がスタート!
Sat, 04 Mar 2017 12:00:00 +0900
「23階の笑い」ロゴ (okmusic UP\'s)

錦織一清演出、ふぉ〜ゆ〜主演による舞台「23階の笑い」東京公演のプレイガイド先行がスタートした。

【その他の画像】錦織一清

同作はアメリカを代表する喜劇作家・ニール・サイモンのコメディステージであり、サイモン自身がバラエティ番組の作家として修業していたエピソードを織り交ぜて描いた作品。

主演のふぉ〜ゆ〜のほか、お笑い芸人のなだぎ武らが出演、2016年12月に上演され、初演は発売後即完売。4ヶ月後という異例の早さで再演が発表された人気舞台となっている。

東京公演のチケット先行は、3月4日(土)12:00から3月8日(水)23:00まで実施。3月25日から一般販売がスタート。予定枚数に達し次第受付終了のため、気になる方はお早めのご購入を。

■【「23階の笑い」概要】

■東京公演
4月27日(木)〜5月7日(日)
会場:銀座・博品館劇場
■名古屋公演
5月9日(火)〜5月11日(木)
会場:青少年文化センターアートピアホール
■福岡公演
5月13日(土)・14日(日)
会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール
■大阪公演
5月17日(水)〜5月19日(金)
会場:サンケイホールブリーゼ
※詳しい公演日程はこちら
http://event.1242.com/special/23kai_no_warai/schedule.html

<出演>
ふぉ〜ゆ〜(福田悠太/越岡裕貴/辰巳雄大/松崎祐介)
じろう(シソンヌ)/長谷川忍(シソンヌ)/
立花瑠菜 入山法子 なだぎ武
原作:ニール・サイモン
演出:錦織一清

<チケット>
■チケット料金
・東京・名古屋・福岡公演:全席指定 8,500円(税込)
・大阪公演:指定席 8,500円(税込)
《プレイガイド1次先行(先着)》
対象公演:東京公演
受付期間:3月4日(土)12:00〜3月8日(水)23:00
・チケットぴあ 0570-02-9552
・ローソンチケット 0570-084-102
※予定枚数に達し次第受付を終了いたします。

【関連リンク】
「23階の笑い」 オフィシャルHP
くり子(ex.黒猫の憂鬱)、新ユニット「コバルトブルーは白昼夢」の始動を発表&MVが公開へ
高橋優、映画『クレヨンしんちゃん』最新作の主題歌MV&しんちゃんとのコラボJK写を公開
ぼくのりりっくのぼうよみ、シングル発売日にApple 表参道にて無料SPイベントを開催

【関連アーティスト】
錦織一清, ふぉ〜ゆ〜
【ジャンル】
J-POP

SuG、10周年記念ベストアルバム発売を記念したニコ生特番を放送!
Sat, 04 Mar 2017 12:00:00 +0900
SuG (okmusic UP\'s)

3月8日に10周年記念ベストアルバム『MIXTAPE』をリリースするSuGが、ニコニコ生放送でリリース記念特番を放送することがわかった。

【その他の画像】SuG

『MIXTAPE』発売記念特番は、リリース前日の3月7日(火)20:00よりニコニコ生放送にて放送される。番組内ではSuGの10年間の歴史を振り返りつつ、ベストに収録された18曲を発表当時のエピソードや映像とともに解説。またSuG史上最大の挑戦となる日本武道館公演に向けたコーナーも放送されるとのこと。バンドにとっても特別な生放送となるので、ファンの方はぜひお見逃しなく!

■「10周年記念ベストアルバム『MIXTAPE』発売記念特番 〜9.2 日本武道館公演までの道〜」

放送日:3月7日(火)
<タイムスケジュール>
20:00〜 MV特集
21:00〜 生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv292009049

■アルバム『MIXTAPE』

2017年3月8日(水)発売
【LIMITED EDITION】(CD+2DVD)
PCCA-04513/¥3,611+税
※マルチケース仕様
【STANDARD EDITION】(CD)
PCCA-04514/¥2,315+税
<収録曲>
■CD ※共通
01. gr8 story
02. R.P.G. ~Rockin\' Playing Game~
03. 不完全 Beautyfool Days
04. MISSING
05. KILL KILL
06. sweeToxic
07. Vi-Vi-Vi -Rebirth ver.-
08. 桜雨
09. 無条件幸福論 -Rebirth ver.-
10. teenAge dream
11. ☆ギミギミ☆
12. SICK\' S
13. mad
14. Howling Magic
15. LOVE SCREAM PARTY -Rebirth ver.-
16. 小悪魔 Sparkling
17. CRY OUT
18. Smells Like Virgin Spirit
■DVD(LIMITED EDITION)
・DISC1: MV COLLECTION Part 1
01. gr8 story
02. dot.0
03. 小悪魔 Sparkling
04. Five Starz ~五枚目俳優~
05. R.P.G. ~Rockin\' Playing Game
06. 無条件幸福論
07. Crazy Bunny Coaster
08. NO OUT NO LIFE
09. mad
10. ☆ギミギミ☆
11. Toy Soldier
12. 不完全 Beautyfool Days
13. Pastel Horror Yum Yum Show
14. Howling Magic
15. sweeToxic
16. fat inside horror
・DISC2: MV COLLECTION Part 2
01. MISSING
02. Rolling!!
03. B.A.B.Y.
04. CRY OUT
05. BLACK
06. teenAge dream
07. 上海ハニー
08. SICK\' S
09. 桜雨
10. Smells Like Virgin Spirit
11. KILL KILL

■【ライブ情報】

『3/9 SuGの日 FROM PSC』
3月9日(木) 恵比寿LIQUIDROOM

『39 LIVE ADDICT chapter1 THE BEST TOUR』
3月11日(土) 松本ALECX
3月12日(日) 新潟CLUB RIVERST
3月17日(金) 柏Thumb Up
3月19日(日) DUCE Sapporo
3月20日(月) DUCE Sapporo
3月25日(土) 仙台darwin
3月26日(日) 山形ミュージック昭和Session
4月14日(金) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
4月16日(日) 静岡Sunash
4月22日(土) 松阪M\'AXA(三重)
4月23日(日) 名古屋CLUB QUATTRO
4月29日(土) 岡山IMAGE
4月30日(日) 高松DIME
5月03日(水) 宮崎SR BOX
5月05日(金) 福岡DRUM Be-1
5月06日(土) 大分DRUM Be-0
5月11日(木) 渋谷TSUTAYA O-WEST
5月14日(日) umeda AKASO

◎日本武道館公演
9月02日(土) 日本武道館

【関連リンク】
SuG オフィシャルHP
SuG、極彩SuGの会場限定シングル「Darlin\'」リリース決定
SuG、ベストアルバム『MIXTAPE』のジャケ写&収録楽曲が明らかに
有村竜太朗×SuG×ノクブラによるライブバトル終了!ゲストに清春が登場!

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

コレサワ、活動初期の楽曲「たばこ」配信リリース&メジャー宣言後初のワンマン開催を発表
Sat, 04 Mar 2017 11:00:00 +0900
コレサワ (okmusic UP\'s)

2017年夏に日本クラウンからのメジャーデビューを発表したコレサワが、インディーズとしては最後の作品となる「たばこ」を3月29日に配信でリリースすることを発表した。なおLINE MUSICでは3月22日から同曲が独占先行配信される。

【その他の画像】コレサワ

「たばこ」は数々のシンガーソングライターにカヴァーされ、Twitterやnana、YouTube等でカヴァーヴァージョンが次々にアップされているコレサワの活動初期の楽曲だが、現在本人の元々のオリジナルヴァージョンは入手不可能になっていた。

また、配信リリースに先駆けて、「たばこ」のMVがYouTubeで公開になったほか、3月7日からは全国のカラオケDAMにてMV映像付きで配信されることになっている。

さらに、メジャー宣言後初となるワンマンライブの開催を緊急発表。これは、東京渋谷のStar loungeで6月1日(木)に開催される『コレサワ メジャーデビュー前祝 「お祝いさせてあげまショー」』と銘打たれたワンマンとなる。渋谷Star loungeは、2014年にコレサワが『コレシアター01』を行ない、ある意味活動のスタート地点となった場所。今回、初心に戻って活動を行なっていくという意思表明を込めて選ばれたという。なおこちらは3月3日よりオフィシャルHPにて抽選での先行予約がスタートした。

また『コレシアター03』に来場できなかったファンや、コレサワのライブの雰囲気を知りたいという人に向けて、2月5日に行なわれた『コレシアター03』より「トーキョー」のライブ映像もあわせて公開された。こちらは随時ライブ映像を公開していくということなので、ぜひチェックしてほしい。

■「たばこ」MV
https://youtu.be/7B_PVsPvcg0

■「トーキョー」LIVE @コレサワワンマンショー コレシアター03
https://youtu.be/JLLKVK3w-CU

■配信シングル「たばこ」

2017年3月29日よりiTunes、レコチョク他にて配信開始
※LINE MUSICでは3月22日から先行配信

■コレサワ メジャーデビュー前祝 「お祝いさせてあげまショー」

6月1日(木)  渋谷StarLounge
開場 18:30 開演 19:00
チケット一般発売日:4月22日(土)
料金:¥3,000(税込/ドリンク別)
当日 ¥3,500(税込/ドリンク別)
※高校生以下学生証提示で¥500キャッシュバック
※入場制限 未就学児童入場不可
※枚数制限 お一人4枚まで

◎3月3日(金)18:00より抽選先行実施
http://koresawa.jp/

【関連リンク】
コレサワ オフィシャルHP
コレサワ、約1年振りのワンマンにてメジャーデビューを発表!
コレサワ、ダミーヘッドマイクで収録した「女子諸君」をワンマンライヴ来場者限定で無料配布
コレサワ、1年振りのワンマン開催&ツアー全公演で苗字に「コレ」が入る方を無料招待

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP

MY FIRST STORY、9月より自身最大規模の豪華2マンツアーを開催
Fri, 03 Mar 2017 22:00:00 +0900
MY FIRST STORY (okmusic UP\'s)

MY FIRST STORYが東名阪にて初開催したOfficial Member\'s club STORYTELLERのメンバー限定のツアー『STORYTELLER TOUR』のファイナル公演、東京 渋谷TSUTAYA O-EASTのアンコールにて、『MY FIRST STORY TOUR 2017』の開催を発表した。

【その他の画像】MY FIRST STORY

本ツアーはゲストアーティストを迎えた自身最大規模のキャパの全国ツアーとなる。マイファスだからこそ成し得る多彩なジャンルの豪華ゲストの発表を楽しみに待とう。なおチケットは公演終了後よりOfficial Member\'s club STORYTELLER内にてメンバー限定抽選先行がスタートしているので、是非チェックしてほしい。

■『Member\'s Club STORYTELLER』
https://xxxstorytellerxxx.com

■『MY FIRST STORY TOUR 2017』

9月08日(金)  東京 Zepp Tokyo
9月09日(土)  東京 Zepp Tokyo
9月16日(土)  大阪 Zepp Osaka Bayside
9月17日(日)  大阪 Zepp Osaka Bayside
9月23日(土・祝)  名古屋 Zepp Nagoya
9月24日(日)  名古屋 Zepp Nagoya
9月30日(土)  北海道 Zepp Sapporo
10月07日(土)  香川 高松festhalle
10月09日(月・祝)  広島 BLUELIVE HIROSHIMA
10月11日(水)  静岡 浜松窓枠
10月13日(金)  新潟 LOTS
10月15日(日)  石川 金沢 EIGHT HALL
10月21日(土)  宮城 仙台 PIT
10月22日(日)  宮城 仙台 PIT
10月28日(土)  福岡 DRUM LOGOS
10月29日(日)  福岡 DRUM LOGOS
11月04日(土)  沖縄 ミュージックタウン音市場

【関連リンク】
MY FIRST STORY オフィシャルHP
MY FIRST STORY、2作同時リリースの全貌が明らかに&トレーラー映像公開
MY FIRST STORY、4月に映像作品を2枚同時リリース!
「LET IT FES」でマイファスら5組のロックバンドが競演!

【関連アーティスト】
MY FIRST STORY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SA、京都自主イベントはワンマン&異種格闘技的ライブ!?
Fri, 03 Mar 2017 20:00:00 +0900
SA (okmusic UP\'s)

SAが4月1日&2日に京都磔磔にて開催する『SA presents KYOTO GENE BARKIN\'』の詳細を発表した。

【その他の画像】SA

4月1日は単独ワンマンとなり、4月2日は赤犬を迎えての異種格闘技的な内容となる。

また、全国ツアー『KEEP THE FLAG FLYING TOUR』の開催も決定した。初日4月29日の岐阜CasperはSA創世記にライブを行って以来、約30年以上振りの出演となる。岐阜・松阪はワンマンとなり、その他は対バンを迎えて行われる。対バン発表は後日HPで発表されるとのこと。

■【ライブ情報】

『SA presents KYOTO GENE BARKIN\'』
4月01日(土) 京都磔磔
出演:SA ※ワンマン
4月02日(日) 京都磔磔
出演:SA、赤犬、and more

『SA presents BIG TOP ?ROCK SHOCK TREATMENT?
4月20日(木) LIQUIDROOM
出演:SA、怒髪天

『KEEP THE FLAG FLYING TOUR』
4月29日(土・祝) 岐阜Casper (ワンマン)
5月07日(日) HEAVEN\'S ROCK 熊谷 VJ-1
5月10日(水) 松阪M\'AXA (ワンマン)
5月12日(金) 広島Cave-Be
5月13日(土) 小倉LIVE SPOT WOW !
5月21日(日) 足利ライブハウス大使館
5月25日(木) 郡山#9
5月27日(土) 盛岡the five morioka
5月28日(日) 米LIVE?ARB
6月02日(金) 和歌CLUB CATE
6月23日(金) 新潟CLUB RIVERST
6月29日(木) 高松DIME
6月30日(金) 松江B1
7月02日(日) 奈良ネバーランド
7月08日(土) 長野J
7月09日(日) 静岡UMBER
7月28日(金) 神戸太陽と虎
7月30日(日) 熊本Django
8月05日(土) 秋田LIVE SPOT 2000
8月15日(火) 水戸ライトハウス

『MID CENTURY BANQUET ?TAISEI\'S BIRTHDAY GIG?』
6月12日(月) 渋谷CLUB QUATTRO

【関連リンク】
SA オフィシャルHP
SA、ツアーファイナルで完全燃焼&自主企画開催も決定
テイチク・インペリアルレコード主催イベントに怒髪天、SA、afoc、BUGYが出演!
SA、アルバム『WAO!!!!』発売記念トークイベント&5ショット撮影会が大盛況!

【関連アーティスト】
SA, 赤犬
【ジャンル】
ジャパニーズロック

くり子(ex.黒猫の憂鬱)、新ユニット「コバルトブルーは白昼夢」の始動を発表&MVが公開へ
Fri, 03 Mar 2017 19:00:00 +0900
コバルトブルーは白昼夢 (okmusic UP\'s)

2016年10月に惜しまれつつ解散した「黒猫の憂鬱」のくり子が、新たに「コバルトブルーは白昼夢」の活動を開始することがわかった。

【その他の画像】コバルトブルーは白昼夢

コバルトブルーは白昼夢は、くり子の作詞・作曲能力と感性を最大限に引き出すための新アイドルユニットとなっており、青と白を基調としたビジュアルと音楽を展開していく予定とのこと。

また、音楽レーベル「clear」の浅野シュンスケがトータルプロデュースを担当し、黒猫時代から交流のあったロックバンド「arrival art」の坪本伸作(Vo,Gt)がステージでのDJ&コーラス参加に加え、作詞・作曲でもプロジェクトを支える。

そして、昨年より制作を開始し時間をかけて完成させた、"コバハク"の音楽性を示す代表曲「ロールプレイング」のMVが、活動発表と同時に初公開された。

3月11日(土)には、新宿SAMURAIにて開催されるレーベルの9周年イベントで初ステージを披露する予定。チケットはオフィシャルホームページと公式Twitterにて予約の受付けを行なっている。

さらに、くり子の妹であるAKOが、新たなアイドルグループ「旋律メロディアス」を結成し活動することが明らかになった。現在、clearのホームページでメンバーを募集中。コバハクと合わせて、今後の動向にぜひ注目してほしい。

■「ロールプレイング」MV
https://youtu.be/d9SXXgOSzkk

■「clear 9th Anniversary Live」

3月11日(土) 新宿SAMURAI
18:00 open / 18:30 start
出演:コバルトブルーは白昼夢、ToySpeaker、福永実咲、RainDrop
ゲストバンド:arrival art
■公演詳細
http://live-samurai.jp/
<チケット>
料金:前売 ¥2,400 / 当日 ¥2,900

【関連リンク】
コバルトブルーは白昼夢 オフィシャルHP
clear オフィシャルHP
ぼくのりりっくのぼうよみ、シングル発売日にApple 表参道にて無料SPイベントを開催
ゆず、オールタイムベスト『ゆずイロハ』ジャケ写はゆず太郎×世界的アーティストのコラボ作品!

【関連アーティスト】
コバルトブルーは白昼夢, 旋律メロディアス
【ジャンル】
J-POP

高橋優、映画『クレヨンしんちゃん』最新作の主題歌MV&しんちゃんとのコラボJK写を公開
Fri, 03 Mar 2017 19:30:00 +0900
高橋 優 (okmusic UP\'s)

高橋優が4月12日にリリースするニューシングル「ロードムービー」のMV(ショートバージョン)がYoutube限定で公開となった。

【その他の画像】高橋優

「ロードムービー」は4月15日(土)から全国東宝系で公開される、クレヨンしんちゃん25周年記念作品『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』の主題歌として高橋が書きおろした作品で、すでにYoutubeでは野原しんのすけ主演の「ロードムービー」クレヨンしんちゃんコラボMVが公開され話題となっている。

今回のMVは昨年『MTV VMAJ 2016』最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞を受賞した「光の破片」を手掛けた山口保幸監督と再びタッグを組んで制作された作品で、高橋優も出演。楽曲のテーマでもある“つながり"について、現代のSNS社会を題材に作られている。なおこのMVのフルバージョンは、シングルの期間生産限定盤特典DVDに収録され、そちらではメイキング映像も見ることができるとのこと。

そして、シングル「ロードムービー」の全3パターンのジャケット写真とアーティスト写真も公開。今回は曲中の歌詞に《繋がっているよ この空の下 繋がっているよ おんなじ星を》とあるように、星空の下にいる高橋が印象的なジャケットとアーティスト写真となっている。またクレヨンしんちゃん盤のジャケットではしんちゃんが高橋優に扮して星空の下にいるコラボジャケットとなっており、通常のCDよりも大きな7インチサイズで楽しむことができる。

そんな新曲「ロードムービー」のフルサイズが、3月4日に自身がレギュラー出演しているニッポン放送『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』(23:30〜)にてラジオ初OAとなることも決定した。いち早く新曲を聴きたい方は是非こちらもチェックしよう。

また、3月3日からiTunes Storeにて「ロードムービー」のプレオーダー(予約注文)受付がスタート。iTunes Storeで「ロードムービー」をダウンロードすると、iTunesでしか入手できないスペシャル映像【「ロードムービー」独占インタビュー(特典映像)】が付属する(楽曲「ロードムービー」、スペシャル映像のダウンロードは3月24日より開始)。なお「ロードムービー」はCD発売に先駆けて3月24日から各音楽配信サイトで配信開始となる。

■iTunes Store「ロードムービー」プレオーダー(予約注文)受付https://itunes.apple.com/jp/album/road-movie-single/id1206339835?app=itunes&at=10l6Y8

■【「ロードムービー」MV監督 山口保幸よりコメント】

SNSの発達により、ツイッターのアイコンだけで知っている人や、見ず知らずの人同士がオンラインでゲームを楽しんだり、人と人の繋がり方が大きく変わりました。その無数に繋がるラインが現代の道であり、そこに繰り広げられる人間模様が今の「ロードムービー」なのではないかという想いでMVを構想しました。

■「ロードムービー」MV(short ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=m3yizNMZgqw

■シングル「ロードムービー」

2017年4月12日発売
【通常盤】(CD)
WPCL-12609/¥1,200+税
<収録曲>
1.ロードムービー
※『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』主題歌
2.life song
3.BLUE(弾き語り)
4.ドライアイ/メガネツインズ(高橋 優&亀田誠治)

【クレヨンしんちゃん盤】(CD)
WPCL-12608/¥1,000+税
※生産限定 7インチジャケット+しんちゃんコラボステッカー封入
<収録曲>
1.ロードムービー
2.life song
3.BLUE(弾き語り)

【期間生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31280/1/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
1.ロードムービー
2.life song
3 .BLUE(弾き語り)
4.ドライアイ/メガネツインズ(高橋 優&亀田誠治)
■特典DVD
1.「ロードムービー」MV+メイキング
2.高橋 優×林卓スペシャルBIG対談
・ハヤタクどっきりマル秘報告
・高橋どっきりマル秘報告その2?
3.林卓デビュー曲「オレオレオーレ」MV+爆笑メイキング

◎CDショップ購入特典
高橋優オリジナルポストカード
・amazon :amazon Ver.
・タワーレコード:TOWER RECORDS Ver.
・TSUTAYA RECORDS:TSUTAYA RECORDS Ver.※
※一部の店舗を除く。オンラインは予約のみ。
・Loppi/HMV :Loppi/HMV Ver..
・サポート店:サポート店 Ver.
※アスマート及びワーナーミュージックダイレクトはサポート店特典対象店です。
※絵柄5種、サポート店の詳細は後日発表

【関連リンク】
高橋優 オフィシャルHP
高橋優、シングル「ロードムービー」詳細&クレヨンしんちゃんとのコラボMVを発表
ポルノグラフィティ・Perfumeら出演! アミューズ主催音楽フェスがリニューアル
SCANDAL、ベスト盤リリース日にSP記念特番放送決定! スタジオライブの生中継も

【関連アーティスト】
高橋優
【ジャンル】
J-POP, アニメ, 映画

浜田麻里、ライヴDVD&Blu-rayのプレミアム上映会にサポートギタリスト若井望と共に登壇
Fri, 03 Mar 2017 19:00:00 +0900
3月2日(木)@新宿ピカデリー (okmusic UP\'s)

3月2日(木)、浜田麻里が2月22日にリリースしたDVD&Blu-ray『Mari Hamada Live Tour 2016“Mission”』の一夜一回限りのプレミアム上映会が新宿のピカデリーにて開催された。

【その他の画像】浜田麻里

会場は抽選で当選となった約580名のファンで埋め尽くされ、上映前には浜田麻里本人と今作のライブにギターサポートミュージシャンで参加している若井望氏も登壇。舞台挨拶にて浜田本人より、「この映画館は幼い頃よく家族で映画を観に来ていた懐かしいところなので、久しぶりにまた来ることができて嬉しいです。今回の映像作品は3本のギターということで、なかなか音作りも大変だったのですが、ミキシングエンジニアが大変頑張ってくれて、全てのギターがプラスに作用して音に関しても自慢できる作品に仕上がりました」など同作品を語り、また若井氏も「浜田さんのライヴ映像作品を映画館の巨大スクリーンで観ること、迫力ある大音量で楽しめることは滅多にないことなので、壮大な映画を1本観る感覚でみなさんと今夜は楽しみたいです」など約20分ほどのトークで会場を盛り上げた。

ライヴ映像の上映では巨大スクリーン&大音量にてライブ会場さながらの臨場感に会場がつつまれ、まさにプレミアムな一夜となった。

今作は昨年の全国TOUR『Mari Hamada Tour 2016“Mission”』から、東京国際フォーラムホールAでの追加公演最終日、2016年7月18日のバースデーライヴを収録したもので、全23曲・165分の超大作となっている。

■DVD&Blu-ray『Mari Hamada Live Tour 2016“Mission”』ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=S9RHZahNc-M

■DVD&Blu-ray『Mari Hamada Live Tour 2016“Mission”』

2017年2月22日発売
【Blu-ray / 2枚組】
TKXA-1100/¥7,500+tax
【DVD / 2枚組】
TKBA-1240/¥6,500+tax
<収録曲>
■DISC1
Introduction SE.
1. Sparks
2. Monster Wave
3. Crimson
4 .In Your Hands
5 .Revolution In Reverse
6 .Night Steals
7 .Anti‐Heroine
8 .Beautiful Misunderstanding
9. Missing You
10. Antique
11. Orion
12. Tears Of Asyura
13. Carpe Diem
14. Superior
15. Dystopia
16. Crisis Code
17. Tokio Makin\' Love
18. Rainbow After A Storm
19. Rin
■DISC2
En1.
1. Historia
2. Somebody\'s Calling
En2.
3. Blue Revolution
4. Heartbeat Away From You
Outro SE. Orion

【関連リンク】
浜田麻里/徳間ジャパン公式HP
浜田麻里、“天命”をまっとうする熱演がついに放映!
浜田麻里、東京追加公演終演後に誕生日を記念したミート&グリートを開催!
浜田麻里、ニコニコ生放送に初登場

【関連アーティスト】
浜田麻里
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

VAMPS、新曲「BREAK FREE」にマンウィズのKAMIKAZE BOYがベースで参加
Fri, 03 Mar 2017 18:00:00 +0900
KAMIKAZE BOY(MAN WITH A MISSION) (okmusic UP\'s)

3月22日(水)にニューシングル「CALLING」、4月26日(水)にニューアルバム『UNDERWORLD』を発売するVAMPSが、アルバム収録曲「BREAK FREE」にMAN WITH A MISSIONのKAMIKAZE BOYがベース演奏で参加していることを発表した。

【その他の画像】VAMPS

VAMPSとMAN WITH A MISSION、アーティスト同士の純粋な会話から現実となったこのコラボレーションは、互いにワールドワイドな活動を精力的に行ない続けてきた“戦友"とも言える間柄から実現。"ヴァンパイア"と"オオカミ"のコラボレーションは、日本のみならず世界的にも注目を集めるに違いない。

ニューアルバム『UNDERWORLD』には「BREAK FREE feat. KAMIKAZE BOY of MAN WITH A MISSION」の他に、APOCALYPTICAとコラボレーションした全世界配信シングル「SIN IN JUSTICE feat. APOCALYPTICA」、Motionless In WhiteのChris Motionlessをゲストボーカルに迎えた「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White」、Emigrate / RAMMSTEINのギタリストRichard Z. Kruspeと共作した「RISE OR DIE feat. Richard Z. Kruspe of Emigrate / Rammstein」などのコラボレーション曲4曲を含む11曲を収録。日本、アメリカ、ドイツ、フィンランドのロックが融合したヘヴィロックアルバムに注目だ。

■アルバム『UNDERWORLD』

2017年4月26日発売
【初回限定盤A】(SHM-CD&Blu-ray)
UICV-9236/¥5,000+税
【初回限定盤B】(SHM-CD&DVD)
UICV-9237/¥4,000+税
【数量限定特別BOX仕様初回限定盤C】(SHM-CD&Blu-ray&DVD&スカジャン)
UICV-9238/¥17,000+税
【通常盤】(SHM-CDのみ)
UICV-1082/¥3,000+税
<収録曲>
■CD(全形態共通)
M1. UNDERWORLD
M2. CALLING
M3. BREAK FREE feat. KAMIKAZE BOY of MAN WITH A MISSION
M4. DON\'T HOLD BACK
M5. BLEED FOR ME
M6. IN THIS HELL
M7. INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White
M8. RISE OR DIE feat. Richard Z.Kruspe of Emigrate / Rammstein
M9. SIN IN JUSTICE feat. APOCALYPTICA
M10. B.Y.O.B (BRING YOUR OWN BLOOD)
M11. RISE UP
■初回限定盤A付属Blu-ray
2016年9月17日 ZEPP TOKYOのライヴ映像
※収録曲は後日発表
■初回限定盤B付属DVD
・「CALLING」ミュージックビデオ
・「CALLING」メイキング映像
・「INSIDE OF ME」ミュージックビデオ
・「RISE OR DIE」リリックビデオ
・「SIN IN JUSTICE」リリックビデオ
・VAMPS LIVE 2016 ツアードキュメンタリー
■数量限定特別BOX仕様初回限定盤C
・SHM-CD&初回限定盤A付属Blu-ray&初回限定盤B付属DVD&Rockin\' Jelly Bean×VAMPS オリジナル・スカジャン
・スカジャンはワンサイズのみ(Lサイズ相当:着丈75cm / 身幅60cm / 袖丈77cm)
・スカジャンデザインは1種類のみ、カラーはブラック&ワインレッドのみ
・スカジャンデザインは変更になる可能性があります、ご了承ください。

◎初回出荷分封入特典(全形態共通)
シングル「CALLING」&アルバム「UNDERWORLD」連動企画“VAMPS CHANCE”シリアルナンバー
・VAMPSライヴ、Meet&Greet ご招待コース
下記3会場のライヴ、Meet&Greetに合計100名様をご招待します。
6月28日(水) ZEPP TOKYO
7月12日(水) ZEPP NAGOYA
7月26日(水) ZEPP OSAKA BAYSIDE
・VAMPSオリジナルラバーリングコース
VAMPSオリジナル・ラバーリングを200名様にプレゼント
※封入チラシに明記されている応募方法、応募に関する注意事項を必ずお読みください。

■シングル「CALLING」

2017年3月22日発売
【初回限定盤】
UICV-9235/¥1,800+税
<収録曲>
1.CALLING
2.ENJOY THE SILENCE
3.THE PAST -Live-
4.REPLAY -Live-
5.SWEET DREAMS -Live-
・VAMPS LIVE 2016 Acoustic Day (2016.9.20)

【通常盤】
UICV-5060/¥1,000+税
<収録曲>
1.CALLING
2.ENJOY THE SILENCE

◎初回出荷分封入特典(初回限定盤、通常盤共通)
1.シングル「CALLING」&アルバム「UNDERWORLD」連動企画“VAMPS CHANCE”シリアルナンバー
2.シングル「CALLING」購入者対象 「VAMPS LIVE 2017 UNDERWORLD」チケット先行受付
※封入チラシに明記されている応募方法、応募に関する注意事項を必ずお読みください。

【関連リンク】
VAMPS オフィシャルHP
VAMPS、ニューシングル&アルバムのジャケ写公開
VAMPS、“裏の世界”がコンセプトのアルバム『UNDERWORLD』を4月26日にリリース
VAMPS、3月22日に発売するシングル「CALLING」の詳細を解禁

【関連アーティスト】
VAMPS, MAN WITH A MISSION, OBLIVION DUST, HYDE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

グレアム・パーカー&ザ・ルーモアの『ロック・モンスター/グレアム・パーカー・ライブ!』は秀作の多いパブロック作品の中でも飛び抜けた傑作
Fri, 03 Mar 2017 18:00:00 +0900
『The Parkerilla』(’78)/Graham Parker & Rumour (okmusic UP\'s)

イギリス独特の文化のひとつにパブ(要するに居酒屋)が挙げられるが、パブはお酒が安く呑めて音楽も楽しめる庶民のための社交場である。そんなパブから60年代の後半から70年代中頃にかけて、多くの素晴らしいグループやシンガーが登場し、大きなホールやコンサート会場には決して登場しない彼らは、いつしかパブロッカーと呼ばれるようになった。エルヴィス・コステロ、ニック・ロウ、ドクター・フィールグッド、ダムドなど、みんなパブロックなわけだが、同じパブロックでもブルース、ファンク、カントリー、パンクなど、さまざまなジャンルがひしめき合っているのも特徴のひとつである。グレアム・パーカーもイギリス中のパブで名を売り、パンクロッカーにも大きな影響を与えたイギリスを代表するシンガーのひとりである。今回はバックにザ・ルーモアを従えた絶頂期のライヴ盤『ロック・モンスター/グレアム・パーカー・ライブ!(原題:The Parkerilla)』を紹介する。

【その他の画像】Graham Parker & Rumour

■パンクロックにも大きな影響を与えたパブロック

イギリスのパブロックシーンは、他の国ではあまり見られない文化だ。基本的には労働者階級(要するにお金がない人たち)で、酒好きで音楽も好きな人たちがワイワイやる場所で、日本の居酒屋(立ち呑みのほうが近いかな)でライヴも楽しめるような店のことをパブ(パブはパブリック=公共の場のこと)という。日本のライヴハウスと違うのは、パブはあくまでもお酒がメインで、音楽は添え物だというところ。もちろんパブにも音楽が主体の店は多いし、さまざまな形態があるので一概には言えないが、音楽を聴くことが主体のライヴハウスではパブロックのようなレイドバックした音楽は生まれないと僕は思っている。

初期のパブロックの良さはタイトさがあまりないことであり、どこかにアマチュア臭い部分が残っていることが大きな魅力である。この、ある種ゆるゆるな感じがパンクロックを生んだ原点でもある。パブロックの演奏を聴いて「なんだ、これなら俺でもできるじゃん」と思ったかどうかは分からないが、少なくともパブロックの雰囲気がパンク登場のきっかけになったことは間違いない。少なくとも何千人〜何万人も入るホールで演奏するツェッペリンやイエスのようなビッググループと違い、パブロックのアーティストは数十人から多くても100人ほどしか入らない店で演奏するわけなので、その日の客の感じに合わせて演奏する曲目を決めたりするから、客にとっては必然的に身近な存在になる。60年代からパブ生活をしていたアーティストと、70年代に入ってから登場してきたパンク少年たちが同じパブで演奏していたのを想像するだけでワクワクする。その頃の混沌とした状況はパブロック勢とパンクロック勢が集結した『ザ・ロンドンR&Bセッション・ライブ・アット・ホープ&アンカー』(‘78)に収録されている。

そんなこんなでパブロックのシンガーやグループはイギリス中を渡り歩き、毎日酔っ払いを相手に演奏していたわけである。暴言を承知で言ってみれば、ツェッペリンやクリームなどのグループはメジャーリーガーで、パブロッカーたちは草野球のチームみたいなものだ。しかし、そんな草野球のチームが気付いてみればグループやシンガーはどんどん増えていき、毎日のギグを通してめきめき腕を上げていったのである。中でも特に人気の高かったのは、ブリンズリー・シュウォーツ、ドクター・フィールグッド、イアン・デューリー、エース(ポール・キャラックが在籍)、グリース・バンド、ダックス・デラックスあたりだろう。

■スティッフ・レコードの設立

そんな中、ブリンズリー・シュウォーツのマネージャーを務めていたデイブ・ロビンソンがパブロックのアーティストを集めてツアーを始めたり、気に入ったバンドがいれば彼が経営するパブ『ホープ&アンカー』で演奏させたりするなど、70年代中盤にはパブロックが大きな注目を浴びるようになっていく。その頃のロックは巨大レコード産業に取り込まれ、AORやフュージョンといったアダルトなサウンドへと変貌していた時代で、真のロックスピリットを持ったアーティストは、メジャーリーガーではなく草野球のチームにこそ存在していたのだ。

ドクター・フィールグッドはメジャーと契約し、骨太のサウンドでパンクロック的な動きをしていたが、彼らのプロデューサーであったジェイク・リヴィエラはデイブ・ロビンソンと相談し、インディーズレーベルを立ち上げる運びとなった。それが76年に設立されたスティッフ・レコードである。第一弾シングルは解散したばかりのブリンズリー・シュウォーツのメンバー、ニック・ロウによるものだった。その後、ザ・ダムドによるイギリスのパンク第一号と言われるシングル「ニュー・ローズ」をリリースし、スティッフ・レコードは世界的に認められることとなったのだ。

■グレアム・パーカーのデビュー

ブリンズリー・シュウォーツのリーダー、ブリンズリー・シュウォーツはグループ解散後、同じパブロック仲間のダックス・デラックスやボン・トン・ルーレのメンバーたちとザ・ルーモアを結成し、デイブ・ロビンソンの口利きでソロ活動をしていたグレアム・パーカーのバックバンドに収まることになった。この組み合わせは、ブリンズリーが敬愛するボブ・ディランとザ・バンド(前身はホークス)を手本にしたものだ。このパターンは、実は日本でも存在する。岡林信康とはっぴいえんどだ。なぜか日本のほうが早いのだが、日本では60年代にすでにパブロック的な動きがあり、69年に設立されたURCレコードや72年設立のベルウッド・レコードがちょうどスティッフ・レコード的な志を持っていた。だから、当時のURCレコードやベルウッドレコードには優れた作品が多いので、機会があれば聴いてみてほしい。

話がそれてしまったが、グレアム・パーカーとザ・ルーモアは76年に『ハウリン・ウインド』でデビュー、ヴァン・モリソンとボブ・ディランに影響された泥臭いアメリカ的なサウンドはパブロックで鍛え上げた骨太さが感じられ、当時のAOR的なサウンドが多い中で新鮮に響いたものだ。一部の曲ではボブ・アンドリュースのオルガンが早くもニューウェイヴ的な音を出している。その後、『ヒート・トリートメント』(‘76)『スティック・トゥ・ミー』(’77)と順調にアルバムをリリースし、この頃の日本ではパンクロッカーとして扱われていたような記憶があるが、確かにパーカーの音楽はパンクロッカーに影響を与えてはいるが、彼の音楽はやっぱりパブロックでしょう。

■本作『ロック・モンスター/グレアム・パーカー・ライブ!』について

これまでの3作はどれも素晴らしいアルバムで、パブロッカーの熟成された演奏とソウル好きのパーカーの巧みな歌唱力は、古くからのロックファンも魅了するほどのレベルであった。そして、次にリリースされたのが本作『ロック・モンスター/グレアム・パーカー・ライブ!』で、当時は2枚組で発売された。ライヴはA面からC面までで、D面は12インチシングル(1曲のみ収録)で彼の代表曲のひとつ「ドント・アスク・ミー・クエスチョンズ」の新録が収められるという変則的なアルバムである。

アルバムを聴いてみてびっくり。これまでの3枚はなんだったのかと言うぐらい、ルーモアの圧倒的な演奏とパーカーのヴォーカルもかなり激しく攻撃的なもので、間違いなくこれまでで最高の仕上がりであった。本作はパブロック全部のアルバムの中でもベストに入るほどの内容だと思う。この原稿を書くために聴き直してみるとあっと言う間に引き込まれ、気付いたら終わっていたほどなのだ。

収録された曲は名曲揃いで、駄曲は1曲もない。ヴァン・モリソンの影響はかなり大きいが、パーカーとザ・ルーモアのサウンドはロックそのもので、時折唸るホーンセクションも文句なしのパフォーマンスだ。初期のブルース・スプリングスティーンやエルヴィス・コステロが好きなら、このアルバムが一番好きになるかもしれない。最後の「ドント・アスク・ミー・クエスチョンズ」は日本でもヒットし、このアルバムがリリースされたパーカー絶頂期の78年に来日もしているのだが、用事があってコンサートに行けなかった。観に行かなかったことを今でも後悔している。このアルバムを聴くたびにそう思う。ザ・ルーモアは単独でアルバムもしていて、これまた名作揃いだから聴いてみてください。

【関連アーティスト】
Graham Parker & Rumour
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、ドラマ「東京タラレバ娘」の主題歌をカバー
Fri, 03 Mar 2017 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。第95回目。

【その他の画像】Perfume

今回の曲は、あの「東京タラレバ娘」の主題歌
Perfumeの「TOKYO GIRL」
この曲を聴いた時、最初のイントロから、あ…かっこいい…!!と鳥肌が立ちました。
ドラマにもがっちりハマる曲。
母校の先輩でもある中田ヤスタカさん、本当にいつも凄いなと思います。
MVでのPerfumeのダンスも毎回本当に魅入ってしまう。
この三人にしか出来ないもの
この三人だから出来るもの。
沢山練られ、考えられているなと。
私なりに歌ってみました。
是非聴いてみて下さい。
https://youtu.be/wToYwransek

先週は一年ぶりくらいに2回目の奈良へ。
前回と同様、ライブです。
もちろん一番の楽しみはライブなんですが、それ以外にも観光だったり、ご当地グルメだったり、そんな物も凄く楽しみにしていたりする。
やっぱりその土地に足を踏み入れたのなら、その土地ならではのものに触れて知っていきたいから。
…なんて思いながら、ライブの為に車で行くとなかなかそんな時間は無くバタバタしながら結局何もできない事が多い。笑
初めて奈良に行った時も何も出来ていないですからね。笑
という事で今回こそは…!と密かに考えていました。笑
まず、オススメされていた天理スタミナラーメン。
夜中到着だったのですが、遅い時間までやっていた為無事食べる事が出来ました。
こんな真夜中にラーメンとか明日絶対むくむわ…と思いながら。笑

そして次の日のライブ前にも少し時間があり。
一番興味が会った場所は奈良公園。
シカ触りたいし、お寺巡りもしたい。
…なんて思っていたんですが、調べてみると、奈良公園、異様に広いじゃないですか。
東大寺も春日大社もあるし、御朱印だけでもかなりの数がある、との事。
A型の私、それは全部回りたくなるじゃないですか。
中途半端に終わらせるとか絶対出来ないじゃないですか。笑
…三度目の正直は観光で来る事にしよう、と心に決め、今回もまた泣く泣く諦めました。泣

という事で、もう一つ興味があった場所、法隆寺へ。
正岡子規の句でも有名な場所ですね。
駐車場の親切なおじさんからは2時間くらいかかるかな、と言われていましたが、そんな時間はなかったので驚異の1時間切りで全部見て回って来ました。笑
急ぎながらもちゃんとゆっくりした瞬間も。
観音様が祀られている場所。
どこへ行っても、観音様を見ると私はいつも何故か泣きそうになる。
見守ってくれているかの様に見下ろしてくれているその優しげな顔にホッとするのかもしれない。
バタバタしながらも、心を落ち着ける事ができ、法隆寺に来て良かったと思ったのでした。

本当はその後のライブの事も書きたかったのですが今回はここまでで。笑
東京から離れると気付ける事が沢山ある。
そんな旅になったのでした。

【関連アーティスト】
Perfume, 稚菜
【ジャンル】














c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1