歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年02月28日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
GYZE、アルバムリリース後の日本ツアースケジュール発表
Tue, 28 Feb 2017 19:00:00 +0900
GYZE (okmusic UP\'s)

ニューアルバム『Northern Hell Song』のリリースを控え、3月からヨーロッパを40日間で34か所をまわるという過酷なツアーを行う予定のGYZEが、待望の日本ツアーの日程を解禁した。

【その他の画像】GYZE

また、ツアー初日にあたる札幌公演では、ゲストバンドを一般公募することも決定。参加希望のアーティストは、プロアマ国籍問わずバンド形態であればGYZEのオフィシャルHPよりエントリーが可能だ。ふるって応募しよう。

■【ライブ情報】

『GYZE JAPAN TOUR』
4月16日(日) 北海道 札幌Cube Garden
※ゲストバンド一般公募
4月22日(土)愛知 名古屋Tight Rope
w:Each Of The Days/Unveil Raze
4月23日(日) 大阪 大阪club vijon
w:No Limited Spiral/BLOOD STAIN CHILD
5月25日(木) 宮城 仙台マカナ
7月22日(土) 大阪 大阪Club Vijion
※ワンマン
※中高生無料(学生証提示、要別途Drink代)
7月23日(日) 愛知 名古屋ZION
※ワンマン
※中高生無料(学生証提示、要別途Drink代)
7月25日(火) 東京 渋谷 Tsutaya O-East
※ワンマン
※中高生無料(学生証提示、要別途Drink代)

『PURE ROCK JAPAN LIVE 2017』
5月28日(日) 神奈川 クラブチッタ川崎 
w:GALNERYUS/Aldious/摩天楼オペラ

【関連リンク】
GYZE オフィシャルHP
メロディック・デス・メタル・バンドGYZE 聴き放題音楽アプリ『FaRao』でニューアルバム先行試聴企画を実施
エクストリーム・メタルの超新星!GYZEがFaRao「劇的メタル」に初出演
ファンやバンドおよび業界関係者の要望で『PURE ROCK JAPAN LIVE 〜EXTRA vol.2〜』開催決定!

【関連アーティスト】
GYZE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

『ビクターロック祭り』タイムテーブル発表! DJダイノジとKEYTALK小野のコラボも!?
Tue, 28 Feb 2017 18:00:00 +0900
「ビクターロック祭り2017」タイムテーブル (okmusic UP\'s)

3月18日に幕張メッセ国際展示場にて開催される『ビクターロック祭り2017』のタイムテーブルが発表された。 あわせて、同イベントクロージングアクトとなるDJダイノジのDJタイムに、てんぷらDJアゲまさ a.k.a. 小野武正(KEYTALK)とのコラボレーションも決定した。はたしてどんなコラボレーションとなるか当日は最後まで見逃さないで欲しい。

【その他の画像】KEYTALK

そして、現在開催中の『ビクターロック祭り2017』への出演権をかけた公募オーディション『Eggs Presentsワン!チャン!!』のグランプリも発表された。東京と大阪にて2次審査となるライヴ審査が開催され、選考の結果、グランプリにkoboreとSILYUSの2組が決定した。2組はROAR STAGEの『Eggs Presentsワン!チャン!!〜ビクターロック祭り2017への挑戦』枠に出演、合わせて昨年度同オーディション準グランプリのAUSTINESも出演する。

チケットは現在発売中! その他、最新情報はオフィシャルサイトにて随時発表される。

■『ビクターロック祭り2017』

3月18日(土) 千葉 幕張メッセ国際展示場
開場9:00 開演10:30 終演21:00(予定)
出演者:ADAM at、雨のパレード、KEYTALK、キュウソネコカミ、Xmas Eileen、KREVA、Cocco、サカナクション、四星球、竹原ピストル、DJダイノジ、Dragon Ash、never young beach、夜の本気ダンス、レキシ、ばってん少女隊(オープニングアクト) 、DJ片平実、てんぷらDJアゲまさ a.k.a. 小野武正(KEYTALK)、AUSTINES(ワン !チャン !!2016準グランプリ)、kobore、SILYUS(ワン!チャン!!2017グランプリ)

【関連リンク】
『ビクターロック祭り2017』 オフィシャルHP
KEYTALK、アルバムリード曲「Summer Venus」MV公開&フリーライブ開催決定
SCANDAL、ベスト盤リリース日にSP記念特番放送決定! スタジオライブの生中継も
『MUSIC TAGS vol.4』東京会場限定企画第4弾でKEYTALKからチョコレートが貰えちゃう!?

【関連アーティスト】
KEYTALK, DJダイノジ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, フェス

ディスコに参入した大物アーティストの極めつけディスコヒット5曲(その1)
Tue, 28 Feb 2017 18:00:00 +0900
ディスコに参入した大物アーティストの極めつけディスコヒット5曲(その1) (okmusic UP\'s)

もともとはディスコ向けのアーティストではないが、その流行に目ざとく反応して、ディスコヒットを飛ばした大物アーティストは少なくない。大物アーティストは予算もふんだんに使えるだけに、良い曲をディスコに投入できた。前に紹介したストック・エイトキン・ウォーターマンのようなプロデューサーチームや有名なソングライターへの楽曲提供を依頼し、ディスコヒットではあっても後世に残る名曲を生み出している。今回はそんな大物アーティストのディスコヒットを紹介してみよう。

【その他の画像】Phil Collins

■ディスコ音楽がポピュラー音楽のひとつのジャンルに

70年代の中頃までは、世界的に名前が知られていたアーティストは多いが、ディスコ界に参入することをためらっていた人たちが少なくなかった。それは彼らがディスコヒットの存在自体を低く見ていたからである。確かに、ディスコ音楽にはジンギスカンやシルバー・コンヴェンションらのように一発屋も多かったし、踊ること以外に使い道のない音楽も多々あったのも事実だ。ただ、77年にアメリカで公開された映画『サタデー・ナイト・フィーヴァー』が大ヒットしてからは、ディスコ音楽もポピュラー音楽のひとつのジャンルとして完全に認知されるようになった。それからは一発屋であろうが大物アーティストであろうが、ディスコでのヒットを狙うことが普通になっていくのである。商業音楽というものは、その性質上、巨大マーケットには決して抗えない存在であり、70年代の終わりから80年代中期にかけて、ポピュラー音楽市場でもっとも高セールスを見込めるのがディスコ音楽であった。

それでは、ディスコに参入した大物アーティストの極めつけのディスコヒットを5曲セレクトしてみよう。

■1.「アイム・エブリ・ウーマン」(‘78)/チャカ・カーン

ディスコヒットも多い白黒混合ファンクグループのルーファスに在籍していたチャカ・カーン。これは78年にグループ活動と並行してリリースしたソロ第一弾アルバム『恋するチャカ(原題:Chaka)』の1曲目に収められたナンバー。絢爛豪華なストリングスと上品なファンクのリズムが特徴で、今ではディスコ・クラシックスとして認知されるほどの曲となった。彼女の高低自在の伸びやかなヴォーカルと、一流スタジオミュージシャンによるバックの演奏は素晴らしく、それまでのルーファスでは実現できなかった彼女の資質が開花した名曲だ。ソングライターはヒットメーカーのアシュフォード&シンプソン夫妻で、バックヴォーカルには前回紹介したアベレージ・ホワイト・バンドのヘイミッシュ・スチュアートやホイットニー・ヒューストンの母親のシシー・ヒューストンが参加している。その縁か、93年にはホイットニー・ヒューストンがこの曲をカバーし本家を凌ぐ大ヒットとなり、全米ダンスチャートで1位を獲得している。ただし、チャカのバージョンのほうがはるかにクオリティーが高い。

■2.「ミス・ユー」(’78)/ローリング・ストーンズ

ストーンズが78年に放ったディスコヒット。曲自体はディスコ向きだとは思えないが、リズムセクション(特にベース)は明らかにディスコ的なフレージングを多用している。この曲を収録したアルバム『女たち(原題:Some Girls)』は、彼らの作品の中でも特に開かれた仕上がりで(コアなファンだけに向けられたものではなく、一般のリスナーやディスコファンにも受け入れられた)、この曲をはじめ名曲が詰まった優れたアルバムである。ディスコ向けにミックスされた「ミス・ユー」の12インチシングル(ストーンズ初の12インチシングル)は、8分以上に及ぶロングバージョンであった。このこともあって、全米ダンスチャートでは6位まで上昇した。このロングバージョンは現在入手困難で、『レアリティーズ 1971-2003』(‘05)にのみ収録されている(ただし、こちらもオリジナルよりは若干短いエディット版)ので、興味のある人は中古盤店で探してもらいたい。

■3.「フィジカル」(‘81)/オリビア・ニュートン=ジョン

それまで清純派のカントリー系ポップスシンガーとして知られていた彼女であったが、この曲で大胆なイメチェンを図り大成功を収めた。MTVがスタートしたばかりの頃に、オリビアがレオタードでダンスする有名なPVは当時ヘビーローテーションであった。オリビアの事務所によるマーケティング戦略の勝利だと言えるかもしれないが、この曲が売れた最大の要因は、踊って良し、聴いて良しのこの曲の素晴らしさにある。この曲が全米1位になった時、前週の1位から2位に転落したのはホール&オーツの「プライベート・アイズ」で、こちらももちろんディスコで大ヒットしたナンバーだ。そして、「フィジカル」の1位は10週連続となり、翌年には日本でもオリコンの洋楽チャートで9週連続の1位となっている。今聴いてもそんなに古くなっていないのは、シンセの使い方が控えめだからだと思う。途中のギターソロはTOTOのスティーブ・ルカサー。マイケル・ジャクソンの「スリラー」ではエドワード・ヴァン・ヘイレンがソロ弾いてたし、当時はディスコ音楽と軽めのアメリカンハードロックが流行っていたってことがよく分かる。

■4.「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハブ・ファン」(‘83)/シンディ・ローパー

奇抜なファッションと派手な化粧がデビュー当時の売りだったシンディ・ローパー。この曲もMTVのヘビーローテーションからディスコに火が付き、世界中で大ヒットした。当初の邦題は「ハイスクールはダンステリア」で、のちにシンディ側からクレームが付き、現在のタイトルに変更されている。彼女が登場した時の衝撃はレディ・ガガやケイティ・ペリーらのそれと酷似している…というか、シンディが存在しなければ、おそらくガガもペリーも存在していなかっただろう。軽快なレゲエのリズムと縦横無尽に飛び回るような彼女のヴォーカルは、当時のディスコファンを狂喜させた。ちょっとオツムの弱い女子を演じていたのも束の間、続いてリリースされた「タイム・アフター・タイム」では実力派シンガーというだけでなく、優れたソングライターとしても認められることになった。短期間に、これだけイメージの違うスタイルを演じ分けたのは彼女以外にはマドンナぐらいしか存在しないだろう。「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハブ・ファン」は全米チャート2位(日本ではオリコン洋楽チャートで堂々の3週連続1位)となり、同時期にリリースされたマドンナのディスコヒット「マテリアル・ガール」とは、偶然だけど基本部分がよく似ていると思う。

■5.「イージー・ラバー」(‘84)/フィリップ・ベイリー&フィル・コリンズ

84年に突然リリースされた、アース・ウインド&ファイアーのリードヴォーカリストであるフィリップ・ベイリーと、ジェネシスのドラマー兼ヴォーカリスト、フィル・コリンズのデュエット作。シンセポップ全盛の時代にあって人力を中心にした演奏で、ディスコ界へ殴り込みをかけ大成功を収めた。それもそのはず、この曲のソングライターはベイリー、コリンズと、もうひとりトップのスタジオミュージシャンでベーシストのネイザン・イーストの3人なのである。最高のベーシストとドラマーが絡んでいるだけでなく、ベイリーが在籍しているEW&Fもまた最高の人力演奏で勝負するグループだけに、3人とも人力演奏にかける思いは強い。それにしても、この曲の演奏は強力だ。1度聴いてもらえれば、その迫力は分かってもらえるはず。僕は当時、12インチ・シングル(12インチ・シングルは音が良いのだ)を買ったのだが、その音圧のすごさはぶっ飛ぶぐらいの迫力であった。これを書くのにCDの音源を聴いてみたが、やっぱりすごかった。何がすごいかというと、フィル・コリンズのプロデュース。自分のドラムの音を一番前に出している。だから、自己顕示欲が強い奴は…いや、このドラムがあるから大迫力なのである。こんなミキシング、ミュージシャン(特にドラマー)でなければできないと思う。曲の良さと大迫力の人力演奏で、ディスコでも大ヒットしたのである。途中のギターソロはジェネシスのサポートメンバーでフィル・コリンズがお気に入りのダリル・ステューマー。全英チャート1位、全米チャート2位。フィリップ・ベイリーのソロアルバム『チャイニーズ・ウォール』(‘84)に収録されている。

■♪♪「LOVE★DISCO」を青山でリアルに体験しよう♪♪

ヨーロッパで大流行のPOP-UP Discoが遂に日本上陸! ダンクラ〜ユーロまで定番曲をプレイ。最高峰の音響(JBL10台+サブ)と照明(Moving14台+固定10台+7色LED壁)と最新制御システムで、バブル時代をクールに再現します。

■レジデントDJ:DJ BABY(+ゲストDJ2名がプレイ)
■入場料(1ドリンク&無料ビュッフェ+女性無料シャンパン込):
男性/3,500円・女性/3,000円
■営業時間:18:30〜23:30
■POP-UP日程:3月10日(金)・3月11日(土)・4月7日(金)・4月14日(金)・4月15日(土)
■所在地:東京都港区南青山6 10 12 Future7(表参道駅から:徒歩10分)
■20歳未満入場不可
■HP:https://lovedisco.themedia.jp/
■Facebook:https://www.facebook.com/LOVEDISCOAOYAMA/
(Facebookフォローで入場500円OFF)

【関連アーティスト】
Phil Collins, The Rolling Stones, Olivia Newton-John, Cyndi Lauper, Chaka Khan, Philip Bailey
【ジャンル】


小南千明、2ndミニアルバムのiTunesプレオーダー予約&リード曲配信スタート
Tue, 28 Feb 2017 17:00:00 +0900
小南千明 (okmusic UP\'s)

小南千明が2ndミニアルバム『Quantize』を3月5日より各配信サイトよりリリースする。 これに先駆けてiTunes Music Storeで、プレオーダー受付とタイトル曲「Quantize」の先行配信を開始した。

【その他の画像】小南千明

小南はDAW(Digital Audio Work Station)を駆使して、作詞、作曲、編曲、ライヴ、配信を行う“DAW女(だうじょ)”シンガーソングライター。昨年の8月に配信された前作『SPIRAL DAYS』はiTunes Music Storeエレクトロニック・ランキングで1位を記録し、2016年、自ら主催するイベント『DAW女子会』を4度開催、ワンマンライヴを2度開催、大成功を収めた。

また、YouTubeのみならず動画生配信も活用する等精力的な活動を行い、シンセ、宅録系のメディアや一般音楽ファンから熱い注目を集めている。

さらに、オーディションイベント『MID of MESELLBA vol.6』で優勝を果たし、2017年ポニーキャニオンからのメジャーデビューも決定している注目アーティストだ。

先行配信がスタートしているリード曲、アルバムタイトルの「Quantize」はDAWソフトでの音源データのタイミングを整える機能の名称。“理想と現実をクオンタイズ”と歌い、思い通りにならない自分自身の感情との葛藤を歌っている。ニューウェーブ・テイストのシンセサウンドが新感覚のダークなポップソングとなっている。

3月4日にはアルバム配信を記念して、スタジオ配信ライヴを行なう。

■配信ミニアルバム『Quantize』

2017年3月5日配信スタート
<収録曲>
1.Quantize
2.Happy Rain
3.シンデレラガールコンプレックス
4.Hands
5.しゅわしゅわ

【関連リンク】
小南千明 オフィシャルHP
新プロジェクト「TECHS」のライブイベントにてYun*chiらが最先端のステージを披露!
『TECHS 1@SuperDeluxe』にて、Yun*chiが最先端技術を利用したパフォーマンスを披露!
音楽プロデューサー・山口哲一と浅田祐介による「TECHS 1@SuperDeluxe」にYun*chiら出演

【関連アーティスト】
小南千明
【ジャンル】
J-POP

鋤田正義×立川直樹、『DAVID BOWIE is』プレミアム・トークショー第一弾開催
Tue, 28 Feb 2017 16:00:00 +0900
2月26日(日)@『DAVID BOWIE is 〜プレミアム・トークショー』 (okmusic UP\'s)

2月26日、デヴィッド・ボウイの世界観やキャリアを総括した大回顧展『DAVID BOWIE is』の日本展開催を記念した『DAVID BOWIE is 〜プレミアム・トークショー』の第一弾として、写真家の鋤田正義によるトークショーが立川直樹との対談形式で開催された。

【その他の画像】David Bowie

このイベントはデヴィッド・ボウイと時代を共にした4人のクリエーター、鋤田正義、山本寛斎、ミック・ロック、高橋靖子(出演順)を2月27日、3月5日、11日、19日の各日程1名ずつ迎え、デヴィッド・ボウイのクリエイティブの本質に迫るトークショー。チケットは好評につき完売した。

2月26日は、40年にわたりボウイを撮り続け、アルバム『ヒーローズ』のジャケット写真も担当した写真家の鋤田と、鋤田の写真展プロデュースを始め、幅広いジャンルを手掛けてきたプロデューサー/ディレクターの立川が対談でデヴィッド・ボウイに迫りました。トークショーは鋤田氏撮影の秘蔵写真などを公開しながら進行。冒頭、鋤田からは、写真家になった当初は“どうしてもロック・ミュージシャンを撮りたかったわけでもなかった”という意外なエピソードや、ボウイとの出会ったときの衝撃、撮影許可をもらうためスタイリストの高橋靖子と一緒に自身のポートフォリオを見せたことなどの逸話が語られ、会場の観客は静かに聞き入っていた。

立川は『DAVID BOWIE is』に展示された鋤田の写真を振り返り、「鋤田さんがボウイを撮ったのは偶然なのだけれど、運命的」とコメント。鋤田はボウイとの撮影を、「僕が撮っていても、僕が見られている。そういうところがあったので刺激的だった」と話した。

『DAVID BOWIE is』へ話題が移ると、立川は「人間解剖展みたいでいい。難解なのだけれど、相当レベルが高い」、鋤田は「(『DAVID BOWIE is』にすぐ)答えは出ないけれど、10年後になるとわかるんですよね」と、デヴィッド・ボウイの奥深いアーティスト性に言及。最後は鋤田が「70年代に撮りはじめた時からある種覚悟はしていた。ボウイは最後まで撮ってやろうと思っていた」とボウイとの撮影を振り返るコメントでイベントは終了。客席の誰もが2人の言葉を聞き漏らさないように耳を傾けた至極の一夜となった。

『DAVID BOWIE is』は4月9日まで開催されている。

■『DAVID BOWIE is』

開催期間:1月8日(日)〜4月9日(日)
会場:寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)
主催:DAVID BOWIE is 日本展実行委員会
企画:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)
http://www.davidbowieis.jp/

【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ オフィシャルHP
デヴィッド・ボウイ、第59回グラミー賞にて最多5部門を受賞
デヴィッド・ボウイ、『No Plan - EP』をCDフォーマットで日本リリース
デヴィッド・ボウイと時代を共にしたクリエーター達によるプレミアム・トークショーの開催が決定

【関連アーティスト】
David Bowie
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽), イベント

小室哲哉MC番組『TK MUSIC FRESH!』に加藤ミリヤがゲスト出演! ◯◯の話題で意気投合?
Tue, 28 Feb 2017 15:00:00 +0900
『TK MUSIC FRESH! by AWA #9』 (okmusic UP\'s)

2月25日「AbemaTV」にて、小室哲哉がMCを務める『TK MUSIC FRESH! by AWA #9』が放送された。

【その他の画像】加藤ミリヤ

同番組は、小室哲哉が気になるアーティストをゲストに招き、トークを繰り広げる音楽番組。今回は加藤ミリヤをはじめ、我が家の坪倉由幸、モデルのmimmam、根本弥生が出演した。

番組冒頭、小室が「本当にお話を聞いてみたかった」とゲストの加藤ミリヤを歓迎すると、加藤は「子どもの頃から、小室さんの曲を聴いて育った。私の初めての音楽体験は小室さん。当時はまだ歌手になりたいとは思っていなかったけれど、もし歌手を目指していたなら『小室さんのプロデュースでデビューしたい』って絶対に思ったはず」と答え、小室との共演を喜んだ。

続く、「TK Music News Network」のコーナーでは、"宇多田ヒカル、ソニー・ミュージックレーベルズ移籍"の話題に言及。「私は宇多田ヒカルさんの曲『Automatic』を歌って、ソニーのオーディションを受けたんですよ。もともと本当にファンなので嬉しいです」(加藤)。「あちこちで言っているけれど、『Automatic』は僕が終わったなと思わされた曲だから、思い入れがある。レーベル移籍ということは、心機一転という感じなんだと思う」(小室)と、それぞれコメントした。

また、"BABYMETAL 全米TOP40入りの快挙"のニュースでは、「僕はMETALLICAが大好きで、キーボードで入れないかなとずっと思っているくらい」と小室が語ると、「意外!!!」とスタジオ一同驚く場面も。その後、普段から他のアーティストの曲をチェックするか?という話題では、小室が加藤に「DRAKEとか聴きますか? 僕の昨年のベストアルバム」聞くと、「大好きです。小室さん! 合う!!」と加藤も感激している様子をみせた。

個人のニュースを語るコーナーでは、加藤がディズニー映画『モアナと伝説の海』の日本版EDを担当するというニュースを紹介。加藤が、「私もディズニー映画に関わる機会があるとは思わなかったんですが、スタッフさんからこのお話しがきて。候補が何人かいるからということで、オーディションを受けに行ったんです。デビューの時以来15年ぶりのオーディションで、本当に緊張しました(笑)」と、オーディションの際の心境を吐露すると、「僕も、渡辺美里さんの『My Revolution』はコンペで。電話待ちだったんだけど、小室くんに決まったよと言われた時は本当に嬉しかった」(小室)と語り、加藤を驚かせた。

一方、小室のニュースでは、"人気YouTuber SEIKIN・HIKAKIN兄弟とコラボ"、"『GET WILD』のみ33曲収録したアルバムを発売!"、”あの海外DJが遊びに来た!”という3つのニュースをピックアップ。

YouTuberのSEIKIN・HIKAKIN兄弟が2015年に発表した「YouTubeテーマソング」を小室がリアレンジした「YouTubeテーマソング-Tetsuya Komuro Rearrange-」を聴いた加藤は、「このイントロは小室さんって感じですね。上がっていく感じ」とコメント。

続く"『GET WILD』のみ33曲収録したアルバムを発売!"のニュースでは、「 『GET WILD』 は1987年に発売された。そこからいろんな人がカバーしてくれたり、ミックスしてくれたりして、それを一つに集めてみた」と小室。さらに、来日していたニッキー・ロメロとのツーショット写真を公開し、幅広い交友関係を披露していた。

また、「TK TURNING MUSIC」のコーナーでは、自らの音楽観を変えた楽曲として「ディアロンリーガール」を紹介した加藤。「普通の高校に通う高校生で、その時の気持ちをただ書いただけだったんですが、この曲をきっかけに、同世代の女の子たちが自分に注目してくれるようになって。それで自分の歌う方向が見えてきたんですよね」と選曲の理由を語った。同曲の歌詞を見た小室は、「字ずらって大事なんですよ。中身も大事なんだけど、パッと見た瞬間にいいなって思う『見る言葉』って、とても大事」と絶賛。加藤は照れながらも「嬉しい。ありがとうございます」と答えていた。

コーナー後、小室への質問を聞かれた加藤は「安室さんの『SWEET 19 BLUES』は、19歳の女の子の曲じゃないですか?どうやってあの曲の歌詞ができたんでしょうか?」と質問。小室は、「確かに当時安室さんは19歳だったんですよ。ただ、たくさんお話しする人ではなかったので。最初にジャネットジャクソンが好き…ということを言われただけで、あとは音楽に関して何も話したことがないんです。だから、全部イメージです。10年先くらいまでは聴かれると思ったので、ポケベル全盛期だったけどポケベルとわからなくしたりとか、そういうことは気をつけたね。あと、普遍的な言葉を使うようにした。昔でも将来でも使える言葉。そういう言葉は聴いている人間が、気持ちを寄せてきてくれるんだよね」と制作時の歌詞へのこだわりを披露した。

最後には、加藤が「小室さんにお会いしたい、お話したいと思って、今日ここに来たので、すごく嬉しかったです。今日お会いして、本当に素晴らしい方だと思いました。もっとお話したいし、勉強したいですね」と話すと、小室は「僕もまだお話聞きたいですね。共通の友人も多いみたいですし、ぜひ今後もっとお話しできればと思います」と返し、番組は終了した。

【関連リンク】
「TK Music FRESH! by AWA」番組URL
AWA
日本テレビ系情報番組『ZIP!』の音楽イベント『ZIP! 春フェス』が2017年も開催決定
また聴きたくなってきた! 小室哲哉プロデュース曲を振り返る

【関連アーティスト】
加藤ミリヤ, 小室哲哉
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

バンドじゃないもん!、アルバム購入者を対象にプレミアムシークレットツアーを開催
Tue, 28 Feb 2017 15:00:00 +0900
バンドじゃないもん! (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!がメジャー1stフルアルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を▽』のリリースを記念して、CDショップ店頭とオンラインショップでの購入者を対象に応募抽選、完全招待制のプレミアムシークレットワンマンライブを全国5都市で開催することを発表した。

【その他の画像】バンドじゃないもん!

応募はCDに封入されるシリアルコード付き封入応募券からエントリー可能。在庫のない店舗もあるので、参加希望の方は必ずお近くのCDショップまたはオンラインショップにて購入しエントリーしてほしい。会場は当選者のみに通知される完全シークレット制、しかも無料で参加できるという超プレミアムなワンマンライブとなるので、ファンの方は奮って応募しよう!

※ ▽=白抜きハートマーク

■【「完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を▽」購入者対象 応募抽選完全招待制プレミアムシークレットワンマンライブツアー詳細】

3月25日(土)大阪・心斎橋某所
4月01日(土)愛知・名古屋市某所
4月04日(火)東京・渋谷某所
4月05日(水)福岡・福岡市某所
4月09日(日)北海道・札幌市某所
※入場:無料
※大阪、東京、福岡会場では別途1ドリンク¥500が必要です。
※開催場所に関しては当選者のみに通知致します。

◎応募方法
バンドじゃないもん!メジャー1stフルアルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を▽』の初回限定盤(PCCA.04477)、期間限定スペシャルプライス盤(PCCA.04478)に封入される応募用紙よりエントリー可能です。
応募期間:2017年3月7日(火)〜3月17日(金)23:59
当選発表:3月20日(月)予定
※応募用紙1枚につき、お1人様1会場の応募可能です。
※応募用紙は全国のCDショップ、ECショップで販売される商品にのみ封入されております。(バンドじゃないもん!Shop販売商品、予約イベント、リリースイベント等の特典会対象商品には封入されておりませんのでご注意ください。 )

【関連リンク】
バンドじゃないもん! オフィシャルHP
バンドじゃないもん!×Q-MHz、TVアニメ『つぐもも』OPテーマPV公開
バンドじゃないもん!、アルバムの全曲ダイジェスト動画公開&期間限定ストアがオープン!
バンドじゃないもん!、5日間連続ライブファイナルにて追加公演の開催を発表

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル

TRUSTRICK、活動休止前のラストライブを映像作品として3月22日にリリース
Tue, 28 Feb 2017 14:00:00 +0900
Blu-ray『PERFECT TRICK -TRICK TOUR 2016 & CLIPS-』 (okmusic UP\'s)

2016年11月から12月にかけて行なわれたツアー『TRUSTRICK TRICK TOUR 2016』をもって活動を休止したTRUSTRICK。その活動休止前ラストライブとなった12月17日の中野サンプラザ公演の模様が3月22日(水)に映像作品としてリリースされることが明らかになった。

【その他の画像】神田沙也加

収録内容は「Recall THE END」「未来形Answer」などのタイアップ曲をはじめとした最新アルバム『TRICK』収録曲をメインに、初期の代表曲「ATLAS」「いつかの果て」など、トリプル・アンコールを含む当日のセットリストをほぼ網羅した19曲に加え、仙台・名古屋・福岡・大阪のTRICK TOUR各地方日替わりで披露された楽曲などもボーナス映像としてダイジェスト収録されるとのこと。各公演に参加したファンも、できなかった人にとっても見どころの多い充実した内容になりそうだ。

また本作にはライヴ映像以外にも、これまでTRUSTRICKが発表してきたMUSIC CLIPが全12曲、発表順にまとまった形で収録される。全曲メンバーの神田とBillyによるオーディオ・コメンタリー付きで、TRICK TOUR終了後に改めて二人がデビュー以降のTRUSTRICKの歴史を振り返りながら収録したコメンタリーということで、ファンにとっては非常に貴重かつ感慨深い内容になっている。

約2年半の活動に一旦の休止符を打ったTRUSTRICK。今後はメンバー個々の活動をメインに行なっていくことが発表されているが、今回の約3時間半に及ぶ映像作品はユニット復活を願うファンにとってまたとない贈り物になるに違いない。その日が来ることを期待しつつ、まずはメンバー個々の活動に今後とも注目していきたい。

■Blu-ray『PERFECT TRICK -TRICK TOUR 2016 & CLIPS-』

2017年3月22日発売
COXA-1209/¥6,800+税
<収録曲>
■TRUSTRICK TRICK TOUR 2016
at NAKANO SUNPLAZA HALL 2016.12.17
Opening〜TRICK
Recall THE END
highness
blur blur
pixie
LOVELESS
-MC-
永遠
寂しさの宙から
mint gum
If -君が行くセカイ-
kissing
from where to where -ため息の理由-
未来形Answer
-MC-
Proud
I wish you were here.
ATLAS
-MC-
innocent promise
Honey Complex
いつかの果て
-Finale-
TRICK TOUR EXTRA [Bonus Track]
■MUSIC CLIPS
ATLAS
If -君が行くセカイ-
beautiful dreamer
FLYING FAFNIR
いつかの果て
snow me
未来形Answer
beloved
innocent promise
Recall THE END
I wish you were here.
blur blur
※全12曲TRUSTRICKメンバーによるオーディオ・コメンタリー付き

【関連リンク】
TRUSTRICK オフィシャルHP
小室哲哉が約3年ぶりのソロアルバムで神田沙也加やtofubeats、May J.、つんく♂、大森靖子らとコラボ
TRUSTRICK、11月26日より開催のツアーをもって活動休止
TRUSTRICK、水中撮影が美しすぎる幻想的なMV完成

【関連アーティスト】
神田沙也加, TRUSTRICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック

アジカン、浅野いにおが手がけたトリビュートアルバムのジャケ写を公開
Tue, 28 Feb 2017 13:30:00 +0900
アルバム『AKG TRIBUTE』 (okmusic UP\'s)

3月29日に発売されるASIAN KUNG-FU GENERATION初のトリビュート・アルバム『AKG TRIBUTE』のジャケット写真が公開された! 「ソラニン」など、アジカンとも縁が深い浅野いにおがカバー・イラストを手掛け、ジャケットでも注目のコラボレーションが実現している。

【その他の画像】ASIAN KUNG-FU GENERATION

また、これまでに12組のアーティストの参加が発表されていたが、新たに全員10代の2ピースガールズバンド、リーガルリリーが「ムスタング」で参加することが決定した。この「ムスタング」は本日放送(2月28日)のTOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネットの番組『SCHOOL OF LOCK!』(22時〜23時55分)にて初オンエアされる。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONに影響を受けた若い世代を中心に、全13組の勢いあるアーティストたちが、それぞれに思い入れのあるアジカン・ナンバーをカバーした今作。アジカン20周年に贈るリスペクト感あふれるトリビュート・アルバムに期待が高まる。

■アルバム『AKG TRIBUTE』

2017年3月29日発売
KSCL-2896/¥2,913+税
※初回仕様:デジパック仕様
<収録曲および参加アーティスト>
1. ソラニン / yonige
2. 未来の破片 / 04 Limited Sazabys
3. Re:Re:  / じん
4. 夏の日、残像 / amazarashi
5. リライト / Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)
6. 迷子犬と雨のビート / シナリオアート
7. ブラックアウト / LILI LIMIT
8. N.G.S / 夜の本気ダンス
9. アンダースタンド / BLUE ENCOUNT
10. ムスタング / リーガルリリー
11. 君の街まで / never young beach
12. 踵で愛を打ち鳴らせ / the chef cooks me
13. 君という花 / KANA-BOON

【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION オフィシャルHP
アジカン、映画『夜は短し歩けよ乙女』主題歌「荒野を歩け」が予告編動画にて解禁
04 Limited Sazabys主催フェスにアジカン、NAMBA69、WANIMAらが出演決定
ASIAN KUNG-FU GENERATION、初のトリビュートにKANA-BOON・BLUE ENCOUNTら全12組が参加

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION, リーガルリリー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LACCO TOWER、新ミニアルバムより「怪人一面相」MVが解禁!
Tue, 28 Feb 2017 13:00:00 +0900
LACCO TOWER (okmusic UP\'s)

LACCO TOWERの2017年リリース第一弾となるニューミニアルバム『薔薇色ノ怪人』より、リードトラック「怪人一面相」のMVが完成。LACCO TOWER OFFICIAL YouTube CHANNELにて公開された。

【その他の画像】LACCO TOWER

また、同ミニアルバムより「怪人一面相」「桜桃」の2曲の先行配信がスタート。MVと合わせて、ミニアルバム発売前にいち早くチェックしてもらいたい。

『薔薇色ノ怪人』発売記念2マンイベントとして、3月10日(金)大阪・梅田CLUB QUATTROにて「雨傘ノ怪人」(GUEST:GOOD ON THE REEL)を、3月17日(金)東京・渋谷CLUB QUATTROにて「悪髪ノ怪人」(GUEST:My Hair is Bad)を開催。さらに4月22日(土)、23日(日)には、4年目を迎える地元・群馬でのバンド主催イベント「I ROCKS 2017」を群馬音楽センターで開催と、2017年もLACCO TOWERから目が離せない。

■「怪人一面相」MV
https://youtu.be/Pbbtgo16G48

■ミニアルバム『薔薇色ノ怪人』

2017年3月15日(水)発売
COCP-39899/¥2,000+税
<収録楽曲>
1. 怪人一面相(かいじんいちめんそう)
2. 悪人(あくにん)
3. 桜桃(さくらんぼ)
4. 楓(かえで)
5. 折紙(おりがみ)
6. 時計仕掛(Re-Recording)(とけいじかけ)

「怪人一面相」「桜桃」が主要各サイトにて先行配信中!
■レコチョク
http://recochoku.com/c1/COCP-39899/
■iTunes Store ※アルバムの予約注文受付中!
https://itunes.apple.com/jp/album/id1207113955?app=itunes

■【ライブ情報】

「LACCO TOWER「薔薇色ノ怪人」発売記念「雨傘ノ怪人」」
3月10日(金)  梅田CLUB QUATTRO
出演:LACCO TOWER
【GUEST】GOOD ON THE REEL 見出し
「LACCO TOWER「薔薇色ノ怪人」発売記念「悪髪ノ怪人」」
3月17日(金)  渋谷CLUB QUATTRO
出演:LACCO TOWER
【GUEST】My Hair is Bad

「I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER[新故郷編]」
3月12日(日) 高崎clubFLEEZ/高崎clubFLEEZ-Asile
出演:LACCO TOWER / old flame / only he knows / CULTURE SICK / Kii / kos / SECRET SERVICE / Sourire / DJ岩瀬ガッツ with スベリーマーキュリー / とり天定食 / fish in water project / 秀吉 / FOMARE / Mississippi Duck Festival / MIDDGIN / Moshu / LILY

「I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER」
4月22日(土) 群馬音楽センター
4月23日(日) 群馬音楽センター
出演:LACCO TOWER / ircle / Ivy to Fraudulent Game / a flood of circle / The Winking Owl / Age Factory / KAKASHI / 片平里菜×cinema staff / SECRET SERVICE / cinema staff / 四星球 / SUPER BEAVER / DJ岩瀬ガッツ with スベリー・マーキュリー / NUBO / Halo at 四畳半 / THE BACK HORN / 秀吉 / BRADIO / Moshu / ラックライフ / Rhythmic Toy World / LILY / 忘れらんねえよ

【関連リンク】
LACCO TOWER オフィシャルHP
LACCO TOWER、ニューミニアルバム『薔薇色ノ怪人』詳細&新アー写を解禁
LACCO TOWER主催『I ROCKS 2017』の出演アーティスト日割りがついに解禁
LACCO TOWER主催フェスに片平里菜×cinema staffら全5組の参戦が明らかに

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】
ジャパニーズロック

vistlip、アルバム『BitterSweet』の全貌が明らかに&リード曲のMVショート版公開へ
Tue, 28 Feb 2017 12:30:00 +0900


vistlipが3月29日にリリースする2年ぶり5作目のフルアルバム『BitterSweet』の全貌が明らかになった。

【その他の画像】vistlip

アルバムには、新たに書き下ろされた8曲の新曲に加え、シングル曲の「MONOGRAM」「BABEL」「COLD CASE」「CONTRAST」「Snowman」をフィーチャーした全13曲を収録。結成10周年を迎える記念すべきアニバーサリーイヤーのスタートを飾る作品となる。

また、発売形態は全4タイプ。【PREMIUM EDITION】には、これまで作品には収録されなかったMV 4作品「MONOGRAM」「COLD CASE」「CONTRAST」を収めたDVD、さらにバンドキャラクターのフィギュアが封入される。【LIMITED EDITION】付属のDVDには、お馴染みの”ROUGH the vistlip”を収録。今回は『謎解きはディナーのまえに』メンバーが料理に挑戦。クイズ形式のレシピをヒントに、繰り広げられる熱いクッキングバトルに注目だ。また【vister】付属のDVDには、アルバムのリードトラック「星一つ灯らないこんな夜に。 」 のMVとメイキング映像を収録。CDのみの【lipper】にはYuh(G)作曲の「Underworld」が収録される。

そしてこの度、アルバムリードトラック「星一つ灯らないこんな夜に。」のMVショートバージョンが公開となった。監督を務めるのは、前作「Snowman」に引き続きムラカミタツヤ氏。迫力の演奏シーンにインサートされる梟と少年のカットは、バンドの今とこれからを暗示させる印象深い映像に仕上がっている。

また、2月28日(火)放送のニコ生V系音楽番組「ニコびじゅ」(毎週火曜日16時〜)では、「星一つ灯らないこんな夜に。」のMVがOAされる予定。アルバムに先駆けて、ぜひチェックしてみてほしい。

さらに、vistlipはアルバムリリースに伴い、全国ワンマンツアーの開催も決定! 4月16日(日)からスタートするこのツアーは、『Good Vibes Circuit II’TURBO-EXTRA STAGE-』との同時開催となっている。他にもアニバーサリーイヤーならではのニュースが続々と発表予定。引き続きvistlipの動向に注目だ。

■「ニコびじゅ」視聴URL
http://live.nicovideo.jp/watch/lv291092459

■【海(G) コメント】

「スピード感と臨場感を何より大切にして、迫力のある今までの演奏メインのvistlipのMVとはまた違ったものに出来たかなと思っています。
所々出てくるマスクを被った少年、そして梟による別目線のストーリーはこの曲の歌詞だけでなく、今の現状、今後の自分達の事、色々な意味合いを込めて表現しました。」

■「星一つ灯らないこんな夜に。」MV(Short ver.)
https://youtu.be/Cmpl7qHW2i0

■アルバム『BitterSweet』

2017年3月29日(水)発売
【PREMIUM EDITION】(CD+DVD+Special Goods,etc)
MJSA-01208〜9/¥4,500+税
※完全生産限定盤
※Special Goods:海が生み出した、あのバンドキャラクターをフィギュア化
【LIMITED EDITION】(CD+DVD)
MJSA-01210〜11/¥3,600+税
※初回生産限定盤
【vister】(CD+DVD)
MJSA-01212〜3/¥3,600+税
【lipper】(CDのみ)
MJSA-01214/¥3,000+税
※初回生産仕様:メンバートレーディングカード(全10種類)
<収録曲>
■CD
01:BABEL
02:Antique
03:星一つ灯らないこんな夜に。
04:Walking Dead
05:COLD CASE
06:WIMP
07:MONOGRAM
08:CONTRAST
09:BLACK BOX
10:Snowman
11:BitterSweet Ending
12:Credit
13:Underworld ※(lipper)のみ収録
■【PREMIUM EDITION】DVD
シングル4作「MONOGRAM」「COLD CASE」「CONTRAST」「Snowman」のMusic Video(フルバージョン)を初収録
■【LIMITED EDITION】DVD
ROUGH the vistlip
〜謎解きはディナーのまえに〜
■【vister】DVD
「星一つ灯らないこんな夜に。」
music video + making

■【ライブ情報】

vistlip ONE MAN TOUR「Taste of Bitter Sweet」
4月16日(日) 大阪IMP HALL
4月21日(金) 札幌Cube garden
5月03日(水・祝) 名古屋DIAMOND HALL
5月21日(日) 品川ステラボール
6月04日(日) 仙台MACANA
6月10日(土) 福岡Drum Be-1

『Good vibes CIRCUIT II’TURBO-EXTRA STAGE-』
4月23日(日) 青森Quarter
4月24日(月) 秋田club swindle
4月26日(水) 山形ミュージック昭和
5月05日(金・祝) 福井CHOP
5月07日(日) 富山SOUL POWER
5月25日(木) 徳島GRIND HOUSE
5月26日(金) 高松MONSTER
5月28日(日) 山口 周南Rise
6月07日(水) 長崎Drum Be-7
6月08日(木) 佐賀GEILS
※沖縄公演:coming soon

■【イベント情報】

『Japanesque Rock Collectionz 【CureCure World Visual Festival 2017】』
4月29日(土) 新木場 STUDIO COAST

『AREA 20th ANNIVERSARY』
6月03日(土) お台場Zepp Tokyo

『10th Anniversary Special Tour 〜from 2007〜』
9月02日(土) Zepp Osaka bayside
9月03日(日) Zepp Nagoya
9月17日(日) Zepp Tokyo
出演:己龍、ダウト、DaizyStripper、HERO、vistlip、Mix Speaker\'s Inc.(50音順)

【関連リンク】
vistlip、結成10周年に向けて3月29日に待望のアルバムをリリース
V系シーン最大の年越しイベント『Tokyo Chaos』で全15組のバンドが大暴れ!
vistlip、伝説のオリジナル映像『ROUGH the vistlip』が大復活! 第一弾は台湾に進出!?
レギュラーバンドから初参加バンドまで! 『Tokyo Chaos 2016』開催決定!

【関連アーティスト】
vistlip
【ジャンル】
ビジュアル

YUKI、東日本と西日本でアルバム『まばたき』の新曲をそれぞれOA
Tue, 28 Feb 2017 12:00:00 +0900
YUKI  (okmusic UP\'s)

YUKIが3月15日に発売するニューアルバム『まばたき』から、東日本と西日本で異なる新曲を公開することが分かった。

【その他の画像】YUKI

東日本では2月28日に新曲「聞き間違い」がJ-WAVE『BEAT PLANET』(11時30分〜14時)にて初オンエアされ、3月6日24時まで1週間独占オンエアされる。 

また、西日本ではFM802『FLiPLiPS』(11時〜15時)にて「レディ・エレクトリック」が初オンエアされ、同じく3月6日24時まで1週間独占オンエアされる予定。

■アルバム『まばたき』特設サイト
http://www.yukiweb.net/mabataki/

■アルバム『まばたき』

2017年3月15日発売
【初回生産限定盤】(2CD+DVD)
ESCL4837-9/¥5,200+税
※豪華LPサイズ紙ジャケット仕様
※ファンクラブ会員限定ライブ 「YUKI LIVE "commune of ten"」から選りすぐりの10曲を収録したライブCD
※「YUKI LIVE "commune of ten"」 ダイジェストムービー収録DVD(4分30秒)
※羽海野チカ描き下ろしYUKI15周年ロゴステッカー封入
【通常盤】
ESCL4840/¥3,000+税
※羽海野チカ描き下ろしYUKI15周年ロゴステッカー封入
【アナログ盤】
ESJL 3088〜9/¥3,500+税
※2017年3月29日リリース
【カセットテープ】
ESTL 4/¥3,600+税
※2017年3月29日リリース
<収録曲>
1. 暴れたがっている
2. さよならバイスタンダー
3. こんにちはニューワールド
4. 無敵
5. 名も無い小さい花
6. レディ・エレクトリック
7. 私は誰だ
8. tonight
9. ポストに声を投げ入れて
10. バスガール
11. 2人だけの世界
12. 聞き間違い
13. トワイライト

【関連リンク】
YUKI オフィシャルHP
YUKI、ニューアルバム『まばたき』全収録曲の試聴がスタート!
YUKI、ニューシングル&ニューアルバムW購入者特典は“ゆきんこアイピロー”
YUKI、ソロデビュー15周年を祝して特設サイトをフルリニューアル

【関連アーティスト】
YUKI
【ジャンル】
J-POP

乃木坂46、“ファッション”がコンセプトのシングル「インフルエンサー」JK写公開
Tue, 28 Feb 2017 11:00:00 +0900
シングル「インフルエンサー」【通常盤】(CD) (okmusic UP\'s)

乃木坂46が3月22日(水)に発売する17thシングル「インフルエンサー」のジャケット写真が公開された。

【その他の画像】乃木坂46

“ファッション”というコンセプトのもと、撮影は1月下旬から2月上旬にかけて選抜メンバー、アンダーメンバー、3期生メンバーと3日間に分けて敢行。カメラマンは2ndアルバム『それぞれの椅子』、16thシングル「サヨナラの意味」に続き、間仲宇氏が担当した。乃木坂46には現役のファッションモデルが多数在籍しており、ファッションを通じて“影響力"を持つ強みにフォーカスをあてたそうだ。

『実際に乃木坂46のファッション誌があったら』をモチーフに完成したジャケット写真。制作に初参加となった3期生メンバーは緊張感漂う中で試行錯誤しながら撮影に臨み、正規メンバーとして更なる一歩を踏み出した。またジャケット同様にブックレットも渾身の仕上がりとなっているので、要注目だ。

■シングル「インフルエンサー」

2017年3月22日(水)発売
【Type-A】(CD+DVD)
SRCL-9370〜9371/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「インフルエンサー」
(17th選抜メンバー)
M2:「人生を考えたくなる」
(秋元真夏・桜井玲香・中田花奈・若月佑美ユニット)
M3:「意外BREAK」
(衛藤美彩・白石麻衣・高山一実・松村沙友理ユニット)
M4:「インフルエンサー」〜off vocal ver.〜
M5:「人生を考えたくなる」〜off vocal ver.〜
M6:「意外BREAK」〜off vocal ver.〜
■DVD
・「インフルエンサー」Music Video
・「意外BREAK」Music Video
※その他、特典映像DVD収録

【Type-B】(CD+DVD)
SRCL-9372〜9373/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「インフルエンサー」
(17th選抜メンバー)
M2:「人生を考えたくなる」
(秋元真夏・桜井玲香・中田花奈・若月佑美ユニット)
M3:「Another Ghost」
(伊藤万理華・齋藤飛鳥・西野七瀬ユニット)
M4:「インフルエンサー」〜off vocal ver.〜
M5:「人生を考えたくなる」〜off vocal ver.〜
M6:「Another Ghost」〜off vocal ver.〜
■DVD
・「インフルエンサー」Music Video
・「Another Ghost」Music Video
※その他、特典映像DVD収録

【Type-C】(CD+DVD)
SRCL-9374〜9375/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「インフルエンサー」
(17th選抜メンバー)
M2:「人生を考えたくなる」
(秋元真夏・桜井玲香・中田花奈・若月佑美ユニット)
M3:「風船は生きている」
(17thアンダーメンバー)
M4:「インフルエンサー」〜off vocal ver.〜
M5:「人生を考えたくなる」〜off vocal ver.〜
M6:「風船は生きている」〜off vocal ver.〜
■DVD
・「インフルエンサー」Music Video
・「風船は生きている」Music Video
※その他、特典映像DVD収録

【Type-D】(CD+DVD)
SRCL-9376〜9377/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「インフルエンサー」
(17th選抜メンバー)
M2:「人生を考えたくなる」
(秋元真夏・桜井玲香・中田花奈・若月佑美ユニット)
M3:「三番目の風」
(3期生メンバー)
M4:「インフルエンサー」〜off vocal ver.〜
M5:「人生を考えたくなる」〜off vocal ver.〜
M6:「三番目の風」〜off vocal ver.〜
■DVD
・「インフルエンサー」Music Video
・「三番目の風」Music Video
※その他、特典映像DVD収録

【通常盤】(CD)
SRCL-9378/¥972+税
<収録曲>
M1:「インフルエンサー」
(17th選抜メンバー)
M2:「人生を考えたくなる」
(秋元真夏・桜井玲香・中田花奈・若月佑美ユニット)
M3:「当たり障りのない話」
(生駒里奈・井上小百合・星野みなみ・堀未央奈ユニット)
M4:「インフルエンサー」〜off vocal ver.〜
M5:「人生を考えたくなる」〜off vocal ver.〜
M6:「当たり障りのない話」〜off vocal ver.〜

◎初回仕様限定(CD+DVD)盤 共通封入特典
・「全国握手会参加券 or スペシャルプレゼント応募券」1枚
・乃木坂46メンバー生写真1枚(45名×4種=全180種のうち1枚ランダム封入)

【関連リンク】
乃木坂46 オフィシャルHP
乃木坂46、「BIRTHDAY LIVE」にて映画&舞台『あさひなぐ』出演を発表!
乃木坂46、橋本奈々未の卒業コンサートに3万5千人のファンが集結
乃木坂46、観客の投票によってキャストが決まる舞台『3人のプリンシパル』に3期生が挑む!

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

アンティック-珈琲店-、アルバムリリースイベントは未来を願うハッピーで“ニャッピー”な一日に
Tue, 28 Feb 2017 00:00:00 +0900
2月26日(日)@お台場ヴィーナスフォート (okmusic UP\'s)

アンティック-珈琲店-が2015年夏にメジャーしてから初のアルバム『ラフ・ソング』のリリースを記念して、発売週末の2月26日(日)にお台場ヴィーナスフォートにある教会広場にてアウトストアイベントを開催した。

【その他の画像】アンティック-珈琲店-

この日の為に集まった大勢のカフェっ仔(ファンの総称)達とともに、メジャーになってから作り上げた「千年DIVE!!!!!」「JIBUN」「Spring Snow」「JUMBO」「ラフ・ソング」とメロディアスでロックな楽曲達を"ラフ"で"ラブ"な気持ちを持って演奏し、その思いを受け取ったカフェっ仔達は終始ハッピーで笑顔な表情を浮かべていた。このステージは3月から始まる東名阪ツアー『キミたちに届けたいラフ・ソング』公演の方向性を予感できるプロローグ的なライブとなっていたに違いない。

そして、2017年はアンカフェのメンバー5人が出逢ってから10年という記念すべき年でもある。メンバーにとって、そしてカフェっ仔達にとっても教会広場という空間で、アンティック-珈琲店-のこれからの未来を強く願うハッピーで“ニャッピー”な日となった。

■【ライブ情報】

『LIVE CAFE TOUR\'17「キミたちに届けたいラフ・ソング」』
3月11日(土) 大阪 阿倍野ROCKTOWN(SOLD OUT)
3月18日(土) 愛知 名古屋E.L.L
3月26日(日) 東京 渋谷クラブクアトロ

『デモンストレーション復刻ライブ from 2007.5.24』
5月28日(日) 東京 原宿アストロホール(SOLD OUT)
6月17日(土) 愛知 名古屋ell.FITS ALL
6月18日(土) 大阪 大阪MUSE

■アルバム『ラフ・ソング』

2017年2月22日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
JBCW-9001/¥4,800(税込)
<収録曲>
■CD
01.千年DIVE!!!!!
02.JIBUN
03.Spring Snow
04.JUMBO
05.涙より重いWAR
06.似た者同士
07.恋するサンタクロース
08.生きるための3秒ルール
09.熱くなれ
10.ラフ・ソング
・熱くなれ -English ver.-
・スマイル一番イイ♀〜2015ver. 〜 -English ver.-
■DVD
LIVE CAFE 2016「ココロディスコ」 LIVE DVD

【通常盤】(CD)
JBCW-9002/¥2,800(税込) 
<収録曲>
01.千年DIVE!!!!!
02.JIBUN
03.Spring Snow
04.JUMBO
05.涙より重いWAR
06.似た者同士
07.恋するサンタクロース
08.生きるための3秒ルール
09.熱くなれ
10.ラフ・ソング

◎全形態共通封入特典
・直筆サイン入り(コピー)トレカ全6種類のうち1種類をランダム封入
・連動応募特典用ニャッピーマーク
・2種連動間違い探し企画特典応募用シリアルナンバー入り

【関連リンク】
アンティック-珈琲店- オフィシャルHP
アンティック-珈琲店-、「熱くなれ」MVで裸の付き合い!?
アンティック-珈琲店-、ニューシングルで大黒摩季の大ヒット曲「熱くなれ」をカバー
HAKUEI(PENICILLIN)が『ニコニコ超会議』のヴィジュアル系ステージにスペシャルゲストとして登場

【関連アーティスト】
アンティック-珈琲店-
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1