歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年02月25日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
NakamuraEmi、新曲「大人の言うことを聞け」MVは子供から大人までが踊る印象的な作品に
Sat, 25 Feb 2017 18:00:00 +0900
NakamuraEmi (okmusic UP\'s)

NakamuraEmiが3月8日(水)にリリースするメジャー2ndアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』のリードトラック「大人の言うことを聞け」のMVを公開した。

【その他の画像】NakamuraEmi

この楽曲は子供と大人の中間の世代にいるNakamuraEmiが感じたことを歌詞にしたもので、MVにも子供から大人が出演し、彼女が紡ぐ歌詞の世界観を印象的なダンスを通して見事に表現している。

またMVの公開と合わせて「大人の言うことを聞け」のセルフライナーノーツも公開。さらに2ndアルバムの購入者特典も発表となったので、こちらも合わせてチェックしてほしい。

■【「大人の言うことを聞け」セルフライナーノーツ】

「そんなのやってみないとわかんないじゃん」「私の何がわかるんだ」と大人によく反発していた私。
でも今は10代の方と話をしてると、「それは…」と私が口だししそうになります。
自分が経験した事で道案内をしてあげたくなっているのかもしれません。
大人の言ってる事がただ自分勝手に言ってる事なのか、いつか君の為になると思って言ってる言葉なのか、受け止め方は君次第。
でもどちらかわからないのもしょうがない。
それならば大人の言う「言葉」を沢山聞いた上で、納得したり、そんな風にはなりたくないと思ったり、いい見本も悪い見本も全部自分に蓄えて、何十年後に君らしいかっこいい大人になれますようにと思って書いた曲です。

■「大人の言うことを聞け」MV
https://www.youtube.com/watch?v=Tohr3D3a_1Y

■アルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』

2017年3月8日発売
【CD】
■初回限定生産盤(豪華紙ジャケ特別仕様)
COCP-39885/¥2,700+税
■通常盤(Pケース仕様)
COCP-39890/¥2,700+税
※初回限定生産盤が終了次第、通常盤に切り替わります
【LP】
COJA-9310/¥4,000+税
※本人直筆シリアルナンバー入り
※数量限定生産
<収録曲>
1.Rebirth
2.大人の言うことを聞け
3.晴人
4.ボブ・ディラン
5.ヒマワリが咲く予定
6.ハワイと日本
7.めしあがれ
8.メジャーデビュー

◎購入者特典
『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』(CDもしくはアナログ)を?タワーレコード/ヴィレッジヴァンガード/その他協力店舗にてご購入頂きますと?、それぞれ絵柄違いとなる『NOU4特製ポストカード(NakamuraEmiデザイン)』をプレゼントいたします。
?※クラフト紙にて印刷している為、画像と実際の特典で色が異なります。?
※一部お取り扱いのない店舗もございます。特典の有無の詳細は各店舗までお問い合わせ下さい。
※特典は無くなり次第終了となります。
http://columbia.jp/artist-info/nakamuraemi/info/53399.html

【関連リンク】
NakamuraEmi オフィシャルHP
NakamuraEmi、メジャー2ndアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』発売決定
NakamuraEmi、新曲「大人の言うことを聞け」を「SCHOOL OF LOCK!」で初OA!
NakamuraEmi、「YAMABIKO」が全国FM/AMラジオ・エアプレイチャートの邦楽部門で8位を獲得!

【関連アーティスト】
NakamuraEmi
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

山嵐の全国ツアーファイナル公演にThe BONEZが参戦決定
Sat, 25 Feb 2017 17:00:00 +0900
山嵐 (okmusic UP\'s)

3月21日に行なわれる山嵐の全国ツアー「山嵐 20th Anniversary 『RED ROCK TOUR』」のファイナル公演に、盟友であるDragon Ashに加え、新たにThe BONEZも出演することが明らかになった。

【その他の画像】山嵐

このツアーは結成20周年を迎えた山嵐が2016年にリリースしたアルバムを引っさげての約7年ぶりとなる全国10箇所を回るツアーとなっており、縁の深いバンドが対バンとして参加している。山嵐、Dragon Ash、そしてThe BONEZ…この3バンドがこの日のために集まり、互いに切磋琢磨する勇姿を目撃することができるまたとない機会である。これからも語り継がれるであろう1日になるのではないだろうか。是非とも多くの人にこの夜の出来事を目撃、体験してほしい。

■「山嵐 20th Anniversary 『RED ROCK TOUR』」

3月01日(水) Club Swindle
w/HEY-SMITH
3月02日(木) MACANA
w/HEY-SMITH
3月06日(月) アメリカ村 DROP
w/RIZE
3月21日(火) STUDIO COAST
w/Dragon Ash、The BONEZ
※終了分は割愛

【関連リンク】
山嵐 オフィシャルHP
04 Limited Sazabys主催フェスにスカパラ、ブルエンなど豪華な5組が参加決定
2017年の幕開け、○○周年を迎えたバンドたち5曲
ONE OK ROCK、ツアー前半戦のSPゲストとしてFall Out Boyら豪華アーティストが出演

【関連アーティスト】
山嵐, The BONEZ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MAGiC BOYZ、3月発売のニューシングルでGAGLEとコラボ
Sat, 25 Feb 2017 16:00:00 +0900
シングル「3.141592」【これからも盤】  (okmusic UP\'s)

3月29日(水)に新体制となる3MC1DJでのニューシングル「3.141592」を発売するMAGiC BOYZが、カップリング違いの3種類の中の1つ【これからも盤】にGAGLEとのコラボ曲を収録する事を発表し、同盤のジャケット写真を公開した。

【その他の画像】GAGLE

ZEN-LA-ROCKからの『マジボに足りないものを学ぶため、修行に行ってきて!』という指令のもと、仙台の地からグッドミュージックを20年以上発信し続けているGAGLEの元へストイックなスタイルや"続けていくこと"の大切さを学びに行ったメンバー。これまで様々な経験をしてきて感じたことや、これからも続いていくMAGiC BOYZについて、思い思いにリリックを書き、HUNGERと意見交換しながらレコーディングを行ない、今回の楽曲を完成させた。タイトルは、"続いていく"という意味を持つ「ON & ON」。DJ Mitsu the Beatsがビートを制作し、これまでのMAGiC BOYZにはない大人なビートに乗せてそれぞれのストイックな覚悟を綴り、自身を奮い立たせるような楽曲となっている。

今回のシングル「3.141592」の他2形態ではGAGLEの他に2組の先輩アーティストとコラボした楽曲を収録。この2組は後日公開予定だが、今のMAGiC BOYZに足りない要素を学び、スキルアップする為、ZEN-LA- ROCKが選んだ相手となっている。制作過程は、ドキュメンタリー映像としてYouTubeに随時アップされていき、その第一弾も公開されたので是非チェックしてほしい。

3月からは、シングル発売に先駆けて。様々な会場でリリースイベントの開催が決定しているほか、3月26日には、渋谷HARLEMでZEN-LA-ROCKとのラストライブ『平成28年度 卒業パーティー』、4月30日には、TSUTAYA O-EASTでのワンマンライブも予定されている。

■【各アーティストよりコメント】

■HUNGER(GAGLE)
“続ける"をテーマにド直球なGAGLEサウンドでコラボさせてもらいました(本気)。ラップをするのが難しい、揺れのあるビートでしたが、メンバー一丸となって何度もトライしてトライして乗り越えました。一皮むけたマジボをお楽しみに。仙台修行お疲れ様!

■MAGIC BOYZ
・トーマ
GAGLEのみなさんには、いろいろなことを教えてもらって、あえてリズムをずらしてラップをするとか、今までやったことないことを学べたので良かったです。
コラボしてくださり、本当にありがとうございます!

・リュウト
今回は"続けていく事"をテーマにGAGLEさんと楽曲を作らせていただきました! 続ける、前に進む事について、他のグループよりも考えさせられる事が多かったマジボにとってピッタリな曲を一緒に作らせてもらえて本当に光栄です!

・マヒロ
今回は"続けていく"がテーマなので、過去の事も少し触れつつこれからのマヒロを「見てろ!」とういう気持ちで書きました。これからのマジボは一味違うって事を伝えたいです!
HUNGERさんは本当に優しい方で、今までの僕とは違う歌い方を教えてくれました! レコーディング中に色々相談しても優しく丁寧に答えてくれました! このコラボ曲、是非みんなに聴いてもらいたいです!

・ジョー
ON & ONがテーマで続いて欲しいこと、続いて欲しくないことを一杯考えました。
スカイプで打合せした時、向こうは雪が降ってました!

■【MAGiC BOYZのP!P!P! MiSSiON マジボ、また大人にふりまわされてるってよ 〜ゼンラ編〜 vol.1】
https://youtu.be/xr6REblXKPI

■シングル「3.141592」

2017年3月29日(水)発売
【お金があれ盤】
ZXRC-1095/¥1,000(税込)
01. 3.141592
02. タイトル未定(MAGiC BOYZ × ???)
【これからも盤】
ZXRC-1096/¥1,000(税込)
01. 3.141592
02. ON & ON (MAGiC BOYZ × GAGLE)
【ずら盤】
ZXRC-1097/¥1,000(税込)
01. 3.141592
02. タイトル未定(MAGiC BOYZ × ???)

■【イベント・ライブ情報】

『The 男子音楽厨房〜ライブとクッキングバトルの饗宴〜』
3月12日(日)  代官山UNIT

『平成28年度 卒業パーティー』
3月26日(日)  渋谷HARLEM

『ワンマンライブ2017春』
4月30日(日)  TSUTAYA O-EAST

【関連リンク】
MAGiC BOYZ オフィシャルHP
MAGiC BOYZ、5枚目のシングル&新ビジュアル発表
MAGiC BOYZのZEN-LA-ROCKが3月26日をもってアイドル活動から卒業
MAGiC BOYZ、リリースイベントにてシングル発売&ワンマン開催を発表

【関連アーティスト】
GAGLE, MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

フジファブリックのツアー追加公演に山田孝之がサプライズ登場
Sat, 25 Feb 2017 15:00:00 +0900
2月24日@中野サンプラザ (okmusic UP\'s)

フジファブリックが2月24日(金)に東京・中野サンプラザにて行なった全国ツアーの追加公演に俳優・山田孝之がサプライズで登場! 発売されたばかりのコラボシングル「カンヌの休日 feat. 山田孝之」を歌唱した。

【その他の画像】フジファブリック

ライブ本編ではニューアルバム『STAND!!』に収録されている全10曲に加え、映画『モテキ』の主題歌としてヒットした「夜明けのBEAT」等、新旧織り交ぜた楽曲を映像を投影した演出や激しいパフォーマンスと和やかなトークで観客を魅了した。

アンコールにタキシード姿で登場したメンバーが、現在放送中のドキュメンタリードラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』のオープニングテーマ「カンヌの休日 feat. 山田孝之」を歌い始めると、サビで後ろの赤いビロードのカーテンが開き、同じくタキシード姿の山田孝之が登場! 会場からは大歓声が起こり、ギター&ボーカルの山内総一郎と共に力強い歌声を披露し会場を沸かせた。

フジファブリックの全国ツアーはこの日で幕を閉じたが、6月と7月に今年で4年目の開催となる自主企画イベント『フジファブリック 2マンツアー フジフレンドパーク2017』の開催を発表したばかり。まだ対バン相手が発表されていないが、毎回ここでしか見られないセッションを披露している事もあり、今年の相手が誰になるのか今から期待が高まる。フジファブリックのオフィシャルモバイル会員サイト『FAB CHANNEL』ではチケット最速先行を2月26日(日)まで受付中。先行では、特典ムービー付きオリジナルカラーチケット仕様となっているのでお見逃しなく。

■【セットリスト】

1.FREEDOM
2.Green Bird
3.SUPER!!
4.ALONE ALONE ALONE
5.Splash!!
6.プレリュード
7.陽炎
8.have a good time
9.炎の舞
10.COLORS
11.the light
12.TEENAGER
13.流線形
14.夢みるルーザー
15.徒然モノクローム
16.夜明けのBEAT
17.ポラリス
18.Girl! Girl! Girl!
EN1.カンヌの休日 feat. 山田孝之
EN2.銀河
EN3.STAR

■『フジファブリック 2マンツアー フジフレンドパーク2017』

6月26日(月) 大阪・Zepp Osaka Bayside
6月30日(金) 東京・Zepp DiverCity TOKYO
7月01日(土) 東京・Zepp DiverCity TOKYO

■FAB CHANNEL会員限定最速チケット先行
※受付期間:2月17日(金)22:00〜2月26日(日)23:00
※先行チケット特典:特典ムービー付きオリジナルカラーチケット
http://ch.fujifabric.com/0217ticket/(携帯・スマホのみ)

【関連リンク】
フジファブリック オフィシャルHP
フジファブリック、今年で4回目となる自主企画2マンツアー『フジフレンドパーク』の開催を発表
フジファブリック、ワンマン全編をLINE LIVEで生中継!
フジファブリック、「カンヌの休日 feat. 山田孝之」MVを期間限定フル公開

【関連アーティスト】
フジファブリック, 山田孝之
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

ビッケブランカ、東名阪2マンツアー開催決定
Sat, 25 Feb 2017 14:00:00 +0900
ビッケブランカ (okmusic UP\'s)

ビッケブランカが2マンツアー『Take me Take out TOUR 2017』の開催を発表した。

【その他の画像】ビッケブランカ

2016年10月のメジャーデビューミニアルバムが各所で話題となり、SKY-HIへの楽曲提供や大型タイアップへの抜擢、さらに初のワンマンツアーは全会場がソールドアウトするなど、今年の最注目シンガーソングライター ビッケブランカ。この2マンツアーの対バン情報は後日発表されるので、要チェッック! なお、ビッケブランカのオフィシャルサイトで3月12日23:59までチケットの先行予約を受け付けている。完売必至のチケット、早めにチェックを!

■『Take me Take out TOUR 2017』

5月11日(木) 名古屋CLUB QUATTRO (2マン)
5月12日(金) 心斎橋Music Club JANUS (2マン)
5月25日(木) 渋谷TSUTAYA O-WEST (2マン)

<オフィシャル最速先行受付>
受付期間:2月24日(金)20:00〜3月12日(日)23:59
URL: http://w.pia.jp/s/vickeblanka17of/
※抽選受付となります。
チケット:オールスタンディング¥3,500(税込)
※3歳以上よりチケット必要 3歳未満は入場不可
※入場時別途ドリンク代あり
※一般発売:4月3日(月)10:00

【関連リンク】
ビッケブランカ オフィシャルHP
I Don\'t Like Mondays.、初のプロデュースイベントツアー『JOINT GIG TOUR』全出演者解禁!
ビッケブランカ、メジャーデビューミニアルバムのアナログ盤をリリース
フォーリミらの所属レーベルが主催イベントのオープニングアクトを募集

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-POP

ガガガSP、結成20周年記念盤をリリース&主催フェスの開催場所が明らかに
Sat, 25 Feb 2017 13:00:00 +0900
ガガガSP (okmusic UP\'s)

ガガガSPが5月3日(水)に結成20周年記念盤となるアルバムをリリースすることがわかった。

【その他の画像】ガガガSP

今回の発表は全国ツアー初日である2月24日(金)、大阪梅田シャングリラ公演のMCで発表されたもの。同公演には、レーベルの後輩にあたり、約10年以上の仲となるかりゆし58がゲストバンドとして登場。魂揺さぶるライブバンド二組の共演とあって、チケットはソールドアウト。大いに盛り上がりを見せた。

また、主催フェス『長田大行進曲2017』の開催場所として、バンドの地元神戸の玄関口として知られる神戸空港島内の多目的広場にて、野外特設ステージを組んで開催されることも判明。2月24日 22:00よりイベント特設サイトと20周年記念盤の特設サイトがオープンしているので、要チェックだ。

■ガガガSP 20周年記念盤 特設サイト
http://gagagasp.jp/20th/

■アルバム『20周年記念盤(仮)』

2017年5月3日発売
※収録内容は近日発表

■『ガガガSP主催フェス「長田大行進曲2017」』

日程:9月30日(土)・10月01日(日)
会場:神戸空港島 多目的広場 特設野外ステージ
時間:開場10:00 / 開演11:00
料金:前売?6,000(税別) / 二日券?11,000(税別)
主催:LD&K / 俺様レコード / サウンドクリエーター

■「長田大行進曲2017」特設サイト
http://gagagasp.jp/nagatafes2017/

【関連リンク】
ガガガSP オフィシャルHP
祝20周年! 結成20周年を迎える1997年結成バンド5選
ガガガSPの「成人式」ツアーゲストにイナ戦、ヒスパニ、ボイガルら追加決定
ガガガSP、6年ぶり主催フェス&20周年突入記念ツアー開催決定

【関連アーティスト】
ガガガSP
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア

リリカルスクール、メンバー卒業前ラストライブをLINE LIVEで生配信決定
Sat, 25 Feb 2017 12:00:00 +0900
『リリカルスクール one man live 2017 ”ラストソング”』 (okmusic UP\'s)

リリカルスクールが、現体制ラストとなるライブをLINE LIVEにて生配信することが明らかになった。

【その他の画像】リリカルスクール

2月26日(日)に新宿BLAZEで開催する『lyrical school one man live 2017“ラストソング”』をもって、現体制での活動を終了することを発表したリリカルスクール。2010年に結成された「tengal6」からのメンバーであるami、ayaka、meiが卒業し、準備期間を経てhime、minanを中心とした新体制での活動をスタートすることが2016年末に発表された。

ラストライブのチケットは既にソールドアウト。チケットを買い逃してしまったり、遠方で見ることができないファンは必見だ。

■LINE LIVE『リリカルスクール one man live 2017“ラストソング”』

配信URL:https://live.line.me/channels/73/upcoming/1244274
放送時間:15:00〜16:50 
アーカイブ期間:3月5日(日)まで

■『lyrical school one man live 2017“ラストソング”』

2月26日(日)新宿 BLAZE
開場 14:30/開演 15:00
出演:lyrical school

【関連リンク】
リリカルスクール オフィシャルHP
リリカルスクール、アルバムツアーを完遂!
RINO LATINA IIとHAB I SCREAMがAbemaTVに出演! 「証言」披露に視聴者は『やばすぎる』『神回!』
現在生放送中! AK-69・東雲(BEAST)ら出演のライヴイベントを『TS PLAY』アプリで中継

【関連アーティスト】
リリカルスクール
【ジャンル】
女性アイドル, ヒップホップ

Crossfaith、次なるツアーは九州・中国、北海道エリアへ!
Sat, 25 Feb 2017 11:00:00 +0900
『Crossfaith presents ‘Operation X Tour wave.01’』ポスター画像 (okmusic UP\'s)

Crossfaithの新たにコンセプトツアーを行なうことが発表された。

【その他の画像】Crossfaith

「Operation X」と題したこのツアーシリーズは、これまで彼らがあまり行くことのなかったエリアや、今まで訪れていないエリアを中心に行脚するショートツアー。今後も不定期にて開催していくとのこと。尚、チケットオフィシャル先行受付は2月25日正午よりスタートする。

今夏に3rdシングルのリリースも控え、結成10周年を記念した「10th Anniversary」企画が始動するなど、彼らの活発な動向から目が離せない。

■【Koie(Vo)コメント】

「New Age Warriors Tourでバンドとして初の大規模な全国ツアーを行ない、その時に初めて訪れる場所や、何年振りかに戻る場所。そこで新たな出会い、そして他の街にはないよりプリミティブ(原始的)な熱量を感じることができました。ということで、さらに全国のみんなに俺たちのライブを生で感じてもらうため、今まであまり足を運べていない場所をターゲットにしてショートツアーを回ります。それが\'Operation X\'と題した新たなCrossfaithのツアーシリーズです。このツアーの第一弾は北海道、そして九州・中国地方に決定しました。この作戦へのみんなの参加を心より楽しみにしています。See you in da pit!」

■『Crossfaith presents ‘Operation X Tour wave.01\'』

6月07日(水)北見ONION HOLL
6月09日(金)帯広MEGA STONE
6月10日(土)小樽GOLDSTONE
6月11日(日)苫小牧ELLCUBE
6月22日(木)小倉WOW
6月24日(土)熊本B.9 V1
6月25日(日)周南RISING HALL

【関連リンク】
Crossfaith オフィシャルHP
Crossfaith、配信限定リミックスアルバムのビジュアル公開
Crossfaith、世界で活躍する豪華リミキサー陣によるリミックスアルバム配信決定
フォーリミ主催『YON FES 2017』、第1弾出演アーティスト10組を発表

【関連アーティスト】
Crossfaith
【ジャンル】
ジャパニーズロック

在日ファンク、後関好宏(SAX)の脱退を発表
Sat, 25 Feb 2017 00:00:00 +0900
後関好宏&浜野謙太 (okmusic UP\'s)

在日ファンクが後関好宏(SAX)の脱退を発表した。また脱退に際し、現体制でのラストワンマン公演の開催も発表となった。

【その他の画像】在日ファンク

現体制でのラストライブは『在日ファンク10周年まる見えワンマン〜ゴセッキー脱退 根にもってますライブ〜』と題し、3月19日(日)に東京キネマ倶楽部にて開催される。

■【在日ファンクメンバー コメント】

在日ファンクからみなさんへ
「この度、サックス担当のゴセッキーが脱退することになりました。在日ファンクを大事に思ってくれているみなさん、急な報告になってしまい、本当にごめんなさい。3月19日のライブでゴセッキーとはさよならです。在日ファンクメンバーとゴセッキーとで協議してお互いのこれからの勢いのためにそのスケジュールで行こうと判断しました。詳しくは後関×浜野対談をしておりますので是非とも読んでいただきたいです。これからも在日ファンク、並びにゴセッキーを何卒よろしくお願いします」

■【後関好宏 コメント】

いつも応援してくれているファンの皆さんへ
「在日ファンクにとって10周年という節目の年に脱退するべきなのか非常に悩みましたが、中途半端な気持ちのままステージに立つ事は出来無いと思い、メンバーと話し合い脱退する事に致しました。7人で演奏する最後のツアー、いつも以上に最高のライブをお届けします!今後は皆さんと同じように、僕もいちファンとして在日ファンクを応援しようと思います。6年間、ステージから最高のお客さんを前に演奏をしてきましたが、これからはステージからフロアに下りて、みなさんとお酒を飲みながら「在日ファンク」の音楽を聴き、踊れる日が来る事が密かな楽しみでもあります。ファンのみなさん、今まで 応援して頂き本当にありがとうございました!!」

■『在日ファンク10周年まる見えワンマン〜ゴセッキー脱退 根にもってますライブ〜』

3月19日(日) 東京キネマ倶楽部
開場16:45/開演17:30
<オフィシャルサイト先行>
受付期間:2/24(金)19:00〜2/26(日)23:00
枚数制限:お一人様4枚まで
当落発表:2/28(火)18:00予定
発券開始:3/4(土)10:00〜
受付URL:http://w.pia.jp/s/zainichifunk17-of/ (PC・モバイル共通)

【関連リンク】
在日ファンク オフィシャルHP
バンドじゃないもん!、メジャー1st作は豪華クリエイター陣が集結した極上のJ-POPアルバムに!
在日ファンク、全国5大都市ツアーでスチャダラパーやペトロールズらと対バン
バンドじゃないもん!、在日ファンクプロデュース新曲「YAKIMOCHI」MV公開

【関連アーティスト】
在日ファンク
【ジャンル】
ジャパニーズロック

D\'ERLANGER、約2年ぶりのオリジナルアルバムのリリース&スペシャルライブ開催等を発表
Fri, 24 Feb 2017 22:00:00 +0900
D’ERLANGER  (okmusic UP\'s)

再結成から10周年を迎えるD\'ERLANGERが約2年ぶり8枚目のオリジナルアルバム『J\'aime La Vie』のリリース、さらにスペシャルライブなど様々な情報を発表した。

【その他の画像】D\'ERLANGER

1990年1月25日にシングル「DARLIN\'」でメジャーデビュー以来、前衛的で個性的なサウンド、ヴィジュアルを“Sadistical Punk”と形容し、後のヴィジュアル系ロックバンドに多大なる影響を与えた伝説のバンド・D\'ERLANGER。2015年にメジャー・デビュー25周年を迎えたが、1990年のメジャー・デビュー時には、わずか11ケ月後の1990年12月24日に解散。2007年4月22日に、日比谷野外大音楽堂ライヴ「薔薇色の視界」で復活を遂げるまで、17年もの時を要した。2017年はその2007年の再結成から10周年!復活の年から、オリジナルアルバム5枚を含む数々の作品リリースや10年連続のライヴ・ツアーをはじめ、充実した活動を重ね続けてきたD\'ERLANGERにとって、今回こそが本当のメモリアルイヤー!!

その記念すべき2017年に、約2年振り8枚目のニューオリジナルアルバムを5月3日(水・祝)にリリースする。アルバムタイトルの『J\'aime La Vie』はフランス語で「相手を愛している」という意味の「Je t\'aime」に対して、「自分自身を愛している」の意。「我が人生を謳歌している」という意味でもあるこの言葉は、まさに「D\'ERLANGERという薔薇色の人生を謳歌している」唯一無二の4人のメンバー(kyo、CIPHER、SEELA、Tetsu)の決意表明の言葉でもある。

同アルバムは初回限定盤デラックスエディション(CD+DVD)と通常盤の2形態でのリリース。初回限定盤の特典DVDには、2007年から10年連続で12月24日のクリスマスイヴに開催されているファンクラブ限定ライヴ『KIDS BLUE STANDING SPECIAL』の貴重映像より、各年1曲をメンバーがセレクトし、10年分の10曲を年代順に収録予定。このライヴはファンクラブ限定DVDとして毎年リリースされているが、昨2016年の最新ライヴ映像はリリース前に先行収録! 更に、D\'ERLANGER最新フォトセッションのメイキング映像を収録予定。通常盤CDには、通常盤のみ収録のボーナストラックが収録される予定で、初回限定盤より1曲多い全11曲を収録予定!!

そして、アルバムリリースに先駆け、復活の日からちょうど10周年を迎える4月22日(土)には、『REUNION 10th ANNIVERSARY -薔薇色の激情-』と題したスペシャルライヴを豊洲PITで開催! リリース直後の5月6日(土)の岡山IMAGEより9ヶ所18本のライヴ・ツアー『J\'aime La Vie TOUR 2017』も決定している。その後も2018年までの約1年間に渡って、さまざまなリユニオン10周年記念アクトが予定されている。D\'ERLANGERという薔薇色の人生をたっぷり謳歌できる1年になりそうだ。

■アルバム『J\'aime La Vie』

2017年5月8日発売
【デラックスエディション】(CD+DVD)
WPZL-31272/73/¥4,630+税
<収録曲>
■CD
・全10曲収録予定
■DVD
・THE HISTORY of KIDS BLUE STANDING SPECIAL 2007〜2016 (仮):ライヴ映像10曲収録予定
・フォト・セッション2017メイキング映像(予定)

【通常盤】(CD)
WPCL-12535/¥3,000+税
<収録曲>
・通常盤のみ収録のボーナス・トラック含む全11曲収録予定

■【ライブ情報】

『D\'ERLANGER 「REUNION 10th ANNIVERSARY -薔薇色の激情-」』
4月22日(土) 豊洲PIT
OPEN 17:00/START 18:00

<チケット料金>
前売:¥7,000- 当日:¥7,500-(税込・スタンディング・ドリンク代別・GOODS付)
前売:¥9,000- 当日:¥9,500-(税込・指定席・ドリンク代別・GOODS付)
※未就学児童入場不可/小学生は要保護者同伴・有料
[チケット一般発売日]2017/2/25(土)

ツアー『J\'aime La Vie TOUR 2017』
5月06日(土) 岡山IMAGE
5月07日(日) 岡山IMAGE
5月13日(土) 福岡DRUM Be-1
5月14日(日) 福岡DRUM Be-1
5月20日(土) 金沢EIGHT HALL
5月21日(日) 金沢EIGHT HALL
5月27日(土) 梅田クラブクアトロ
5月08日(日) 梅田クラブクアトロ
6月03日(土) 長野CLUB JUNK BOX
6月04日(日) 長野CLUB JUNK BOX
6月10日(土) 仙台darwin
6月11日(日) 仙台darwin 
6月17日(土) 名古屋クラブクアトロ 
6月18日(日) 名古屋クラブクアトロ 
6月24日(土) 札幌cube garden 
6月25日(日) 札幌cube garden
6月30日(金) TSUTAYA O-EAST
7月01日(土) TSUTAYA O-EAST

<席種・チケット料金>
前売:¥6,000-(税込・オールスタンディング・ドリンク代別)
当日:¥6,500-(税込・オールスタンディング・ドリンク代別)
※未就学児童入場不可/小学生は要保護者同伴・有料
※梅田・札幌・O-EAST公演のみプレミアムシート¥10,000-(税込)(プレミアムグッズ付き・ドリンク代別 ※KIDS BLUE先行のみ)

【関連リンク】
D\'ERLANGER オフィシャルHP
5年ぶりに復活した『JACK IN THE BOX 2016』が大盛況のうちに幕
『JACK IN THE BOX 2016』でHYDEとD\'ERLANGERがスペシャルコラボ
『MAVERICK DC GROUP』発足35周年を記念し、『JACK IN THE BOX』復活!

【関連アーティスト】
D\'ERLANGER
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SuG、極彩SuGの会場限定シングル「Darlin\'」リリース決定
Fri, 24 Feb 2017 20:00:00 +0900


SuGが3月9日のライブより、新曲「Darlin\'」を1,000枚限定・会場限定シングルとしてリリースすることを発表した。

【その他の画像】SuG

「Darlin\'」は、2016年開催されたツアー『SuG VersuS 2016 EXTRA』でそのリリースが約束されていたシングル。SuGがダークでゴシックな“極悪SuG”とポップでカラフルな“極彩SuG”という対照的なコンセプトでライブの盛り上がりを競い、その勝者にCD発売権が与えられるという前代未聞の対決型ライブ『SuG VersuS EXTRA 2016』全17公演のツアーを経て、“極彩SuG”が勝利を飾り、今作「Darlin\'」のリリースへと漕ぎ着けた。

さらにSuGは各メンバーのTwitterにて、3月8日にリリースされる10周年記念ベストアルバム『MIXTAPE』のティザー映像を公開した。2016年12月30日に豊洲PITにて開催されたツアーファイナルのアンコールで披露されたメジャーデビューシングル「gr8 story」のライブ映像だ。2017年9月2日に日本武道館公演というSuG史上最大の挑戦に臨む彼らの状況を暗示し、鼓舞するかのような歌詞にも注目して聴いてほしい。

■ライブ会場限定CD「Darlin\'」

2017年3月9日発売
BRCA-70030/¥926+税
※ライブ会場でのみ販売・1000枚限定

■【ライブ情報】

『SuGの日 FROM PSC』
3月09日(木) 恵比寿LIQUIDROOM

『39 LIVE ADDICT chapter1 THE BEST TOUR』
3月11日(土) 松本ALECX
3月12日(日) 新潟CLUB RIVERST
3月17日(金) 柏Thumb Up
3月19日(日) DUCE Sapporo
3月20日(月) DUCE Sapporo
3月25日(土) 仙台darwin
3月26日(日) 山形ミュージック昭和Session
4月14日(金) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
4月16日(日) 静岡Sunash
4月22日(土) 松阪M\'AXA(三重)
4月23日(日) 名古屋CLUB QUATTRO
4月29日(土) 岡山IMAGE
4月30日(日) 高松DIME
5月03日(水) 宮崎SR BOX
5月05日(金) 福岡DRUM Be-1
5月06日(土) 大分DRUM Be-0
5月11日(木) 渋谷TSUTAYA O-WEST
5月14日(日) umeda AKASO

【日本武道館公演】
9月02日(土) 日本武道館

【関連リンク】
SuG オフィシャルHP
SuG、ベストアルバム『MIXTAPE』のジャケ写&収録楽曲が明らかに
有村竜太朗×SuG×ノクブラによるライブバトル終了!ゲストに清春が登場!
SuG、結成10周年となる1月12日にツイキャス緊急生配信! 10周年プロジェクトの詳細発表も!?

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

三月のパンタシア、ニコ生でアルバムリリース記念特番を放送&歌唱パフォーマンスも
Fri, 24 Feb 2017 19:30:00 +0900
アルバム『あのときの歌が聴こえる』【初回生産限定盤】(CD+BD)  (okmusic UP\'s)

三月のパンタシアのファーストアルバム『あのときの歌が聴こえる』のリリースを記念したアーティスト特別番組が、3月7日(火)21時よりニコニコ生放送にて放送されることが決定。番組内で歌唱パフォーマンスが披露されることが発表された。

【その他の画像】三月のパンタシア

また、番組ではリリースの月でもありアーティスト名にも入っている『三月』にまつわるエピソードも募集。ファンとの生放送上でのコミュニケーションは今回が初となる。

なお、三月のパンタシアは5月にさいたまスーパーアリーナにて開催されるライヴイベント「MUSIC THEATER 2017」への出演も決まっている。今後も彼女達の活躍に是非ご期待いただきたい。

■特別番組視聴リンク
http://live.nicovideo.jp/watch/lv289126831

■【ニコニコ生放送特別番組 放送詳細】

番組タイトル:三月のパンタシア楽曲パフォーマンス初放送!AL「あのときの歌が聴こえる」リリース特番
放送日時:3月7日(火)21:00〜
番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv289126831

【番組説明】
三月のパンタシア、ファーストアルバム「あのときの歌が聴こえる」リリースを記念して、これまで表に出てこなかった三月のパンタシアが特別番組を生放送!楽曲の歌唱パフォーマンスもあり!お楽しみに!

【お便り募集】
あなたの『三月』にまつわるエピソードを募集!

募集方法:三月のパンタシアスタッフTwitterアカウント宛てのDM投稿
※冒頭に【お便り募集】とペンネームを添えてお送りください。

■三月のパンタシアスタッフTwitterアカウント
https://twitter.com/3pasi_official

■アルバム『あのときの歌が聴こえる』

2017年3月8日(サンパシの日)発売
【初回生産限定盤】(CD+BD)
KSCL 2858-2859/¥3,800+税(サンパシ価格)
※トールデジパック仕様
【通常盤】(CDのみ)
KSCL 2860/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1. いつかのきみへ
2. はじまりの速度
3. day break
4. フェアリーテイル
5. イタイ
6. 青に水底
7. 群青世界
8. 七千三百とおもちゃのユメ
9. 星の涙
10. ブラックボードイレイザー
11. シークレットハート
12. あのときの歌
■BD
1. はじまりの速度 -Music Video-
2. 群青世界 -Music Video-
3. フェアリーテイル -Music Video-
4. ブラックボードイレイザー -Lyric Video-
5. シークレットハート -Lyric Video-

■iTunesアルバム予約URL
https://itunes.apple.com/jp/album/id1200355386?at=10lpgB&ct=4547366298444_al&app=itunes

■アルバム『あのときの歌が聴こえる』トレイラー映像
https://youtu.be/904ypS1ETPQ

■『MUSIC THEATER 2017』

5月27日(土)・28日(日)
さいたまスーパーアリーナ(アリーナモード)
出演:綾野ましろ/Aimer/ELISA/Kalafina/GARNiDELiA/ClariS/
さユり/SawanoHiroyuki[nZk]/三月のパンタシア/シド/高垣彩陽/
CHiCO with HoneyWorks/戸松遥/TrySail/春奈るな/FLOW/LiSA
and more…(五十音順・両日共通)
<チケット>
各8,000円(税抜)

※チケット二次先行予約実施中(3月5日(日)23:59まで)
※チケット先行予約はこちらから
http://eplus.jp/smt2017/

【関連リンク】
三月のパンタシア オフィシャルHP
三月のパンタシア、1stアルバムのトレイラー映像公開&新曲「シークレットハート」リリックビデオ初解禁!
三月のパンタシア、1stアルバムの収録内容&購入特典が明らかに
三月のパンタシア、「フェアリーテイル」MV公開&LINE公式アカウント始動

【関連アーティスト】
三月のパンタシア
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

J(LUNA SEA)、ESPの歴代モデルベース大展示会を開催
Fri, 24 Feb 2017 19:00:00 +0900
『J 20th ANNIVERSARY SPECIAL EXHIBITION -J MUSEUM W.U.M.F.- 』 (okmusic UP\'s)

ソロデビュー20周年を迎えたLUNA SEAのJ(Ba)が、自身のモデルベースを一挙に展示公開するイベント『J 20th ANNIVERSARY SPECIAL EXHIBITION -J MUSEUM W.U.M.F.- 』の開催を発表した。

【その他の画像】J

LUNA SEA活動初期から、楽器メーカーESPとのタッグで数々のモデルベースを発表してきたJのベーシストとしての軌跡を、3月18日(土)〜4月2日(日)の期間、渋谷ESP MUSEUM にて余すことなく観覧することが出来る。

展示会場には、歴代Jモデルベース約60本に加え、各時代を彩った告知ポスターやオリジナルピック、さらには自身の代名詞ともいえる、フロントカバーにマリアを施したベースアンプも展示。その展示をバックに記念撮影ができるコーナーも設けられるとのことだ。

ESPによると、これまで発表されてきたアーティストモデルベースの中でもJモデルはすでに累計5万本を突破。トップレベルのセールスを誇り、未だ記録を更新し続けているという。

来場者にはもれなくイベントのオリジナルピックがプレゼントされ、会場ではイベント限定デザインのTシャツも販売される。是非この機会に足を運んで、Jのベーシストとしての歴史にたっぷり触れてほしい。

尚、Jがベストアルバム『W.U.M.F.』を携え開催する全国ツアーのチケットが、2月25日(土)より各プレイガイドにて発売開始となるので、そちらも合わせてチェックしよう。

■『J 20th ANNIVERSARY SPECIAL EXHIBITION -J MUSEUM W.U.M.F.- 』

3月18日(土)〜4月2日(日) ESP MUSEUM (渋谷)
詳細はこちら:http://www.espguitars.co.jp/museum/

■『J 20th Anniversary Live Tour 2017 W.U.M.F.』

5月05日(金・祝) 大阪 BIGCAT
5月13日(土)高崎 club FLEEZ
5月14日(日)柏 PALOOZA
5月21日(日)札幌 cube garden
6月03日(土)高松 DIME
6月04日(日)岡山 IMAGE
※チケット一般発売日 : 2017年2月25日(土)〜

6月10日(土) 金沢 AZ
6月11日(日) 名古屋 CLUB QUATTRO
6月17日(土) 福岡 DRUM Be-1
6月18日(日) 広島 CAVE-BE
6月24日(土) 仙台 Rensa
※チケット一般発売日 : 2017年3月11日(土)〜

6月25日(日) 東京 EX THEATER ROPPONGI(ツアーファイナル)
※チケット一般発売日 : 2017年3月25日(土)〜

全公演チケット料金:前売¥5,300(税込/ドリンク代別)

【関連リンク】
J オフィシャルHP
SUGIZO vs INORANの対バン・ライヴイベントが待望のDVD化! ツアーも発表!
J、バンドメンバーを従えた新曲「one reason」MV公開
J、歩んできた20年を自らの姿で語るベスト盤JK写&ヴォーカル再録6曲を発表

【関連アーティスト】
J, LUNA SEA
【ジャンル】
ジャパニーズロック

I Don\'t Like Mondays.、初のプロデュースイベントツアー『JOINT GIG TOUR』全出演者解禁!
Fri, 24 Feb 2017 18:00:00 +0900
『IDLMs. JOINT GIG TOUR』ロゴ (okmusic UP\'s)

I Don\'t Like Mondays.が東京、大阪、名古屋で開催する初のプロデュースイベントツアー『JOINT GIG TOUR』の全出演者が発表された。

【その他の画像】UNCHAIN

とことんポップでキャッチーなメロディをベースに、ROCK・EDM・FUNK・ディスコミュージック・80’sをミックスさせた音楽で、各メディアや音楽ファンから注目を浴びているI Don\'t Like Mondays.。

昨年末にZepp DiverCity(TOKYO)で行なわれた初の全国ワンマンツアーのファイナル公演では、確かな演奏力もさることながら、ファッションショーやド派手なステージセットを展開した演出が大きな話題を呼んだ。

今回のイベントツアーは、卓越した技術とセンスで独特のグルーヴを生み出すバンド・UNCHAIN、 美しい歌声とともにPOPとROCKを自在に行き来するビッケブランカ、心地よいメロディを届けるKeishi Tanaka、そして現在の東京インディーシーンを牽引するPAELLASをゲストに迎えた、シティポップに焦点を当てたものとなる。一体どんなステージになるのか、今から非常に楽しみだ。

また、I Don’t Like Mondays.のレギュラーラジオ番組、TOKYO FM「アイドラ男子夜会」では2週にわたり、全公演を一緒に回るKeishi Tanakaが初顔合わせとして出演する。ライブ前の意気込み、お互いの音楽ルーツやスタイルについて深夜に熱いトークをお届けするとのことなので、是非チェックしてみてほしい。

さらに、今回のツアー限定グッズも発表となった。ファンから強い要望があったというシリコンブレスレットが各会場100本限定で販売。公演ごとに色が異なるようで、プレミアムなグッズになることは間違いない。

チケットは現在一般発売中。この機会に、I Don’t Like Mondays.がプロデュースするシティポップに浸る一夜を体験してみてはいかがだろうか。

■レギュラーRADIO TOKYO-FM「アイドラ男子夜会」
毎週土曜日26:00〜26:30
http://www.tfm.co.jp/yakai/

■『IDLMs. JOINT GIG TOUR』

3月10日(金) LIQUIDROOM
開場:18:30 / 開演:19:00
出演:I Don\'t Like Mondays. / Keishi Tanaka / PAELLAS
<プレイガイド>
・チケットぴあ
0570-02-9999 Pコード:321-847
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1701656&rlsCd=001&lotRlsCd=
・ローソンチケット
0570-084-002 Lコード:76574
http://l-tike.com/order/?gLcode=76574
・e+ http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002169368P0050001P006001P0030008
・Yahoo!チケット
https://ticket.yahoo.co.jp/p/35737/

3月12日(日) umeda AKASO
開場:17:30 / 開演:18:00
出演:I Don\'t Like Mondays. / Keishi Tanaka / UNCHAIN
<プレイガイド>
・チケットぴあ
0570-02-9999 Pコード:322-450
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1702804&rlsCd=001&lotRlsCd=
・ローソンチケット
0570-084-005 Lコード:56842
http://l-tike.com/order/?gLcode=41672
・e+
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002215391P0050001P006001P0030001
・CNプレイガイド
0570-08-9999
・楽天チケット
http://ticket.rakuten.co.jp/music/jpop/RTKMIJG
・Yahoo!チケット
https://ticket.yahoo.co.jp/p/35737/

3月17日(金) ダイアモンドホール
開場:18:30 / 開演:19:00
出演:I Don\'t Like Mondays. / Keishi Tanaka / ビッケブランカ
<プレイガイド>
・チケットぴあ
0570-02-9999 Pコード:322-625
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1703121&rlsCd=001&lotRlsCd=
・ローソンチケット
0570-084-004 Lコード:41672
http://l-tike.com/order/?gLcode=56842
・e+
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002169368P0050001P006001P0030009
・TANK!the WEB
http://www.sundayfolk.com
・Yahoo!チケット
https://ticket.yahoo.co.jp/p/35737/
・ダイレクトセンター
052-320-9000

■『FASHION 1st TOUR』Final ダイジェストムービー
https://youtu.be/Q9ZUGxtRjIs

■『IDLMs. JOINT GIG TOUR』ティザームービー
https://youtu.be/PbznEE-9f5U

【関連リンク】
I Don\'t Like Mondays. オフィシャルHP
ビッケブランカ、メジャーデビューミニアルバムのアナログ盤をリリース
I Don\'t Like Mondays. 、大盛況のツアーファイナルで初のプロデュースイベント開催を発表
フォーリミらの所属レーベルが主催イベントのオープニングアクトを募集

【関連アーティスト】
UNCHAIN, I Don\'t Like Mondays. , ビッケブランカ, Keishi Tanaka, PAELLAS
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, イベント

DADARAY、超満員の初ライブでレコ発ツアーの開催を発表!
Fri, 24 Feb 2017 18:00:00 +0900
2月23日@下北沢ERA (okmusic UP\'s)

ベーシストの休日課長(ゲスの極み乙女。)の新プロジェクト・DADARAYが2月23日、下北沢ERAにて、バンド初となるライブ『DADARAY presents「DADAIST vol.1』を開催。溢れんばかりのファンが集まり、超満員となった。

【その他の画像】ゲスの極み乙女。

お揃いのTシャツを着たメンバー3人に加えて、サポートの長田カーティス(G)、佐藤栄太郎(Dr)、ササミオ(Cho)の計6人がステージに揃うと、REISの『DADARAYです』という挨拶と共に「美しい仕打ち」からライブがスタート。ポップなメロディーと変幻自在のアレンジは、楽曲制作を担当した川谷絵音節を感じさせつつ、大人びたクールさと可愛らしさを併せ持つREISの歌声や、間奏での課長のベースソロがDADARAYらしさを印象付ける。

疾走感のあるサビが特徴の「block off」ではREISがハンドマイクでステージ前方に出て、『シモキター!』とオーディエンスに呼びかけ、「東京Σ」ではプログレッシヴな展開で演奏能力の高さを見せつけた。

MCでは課長が中心となってメンバーを紹介し、REISに『普段はクールなのでなかなかしゃべらないんですけど、今日はライブだからしゃべってよ』と振ると、REISは『みなさんこんばんは、下北沢とっても楽しいです』と笑顔を見せる。

エモーショナルな歌唱とドラマチックなメロディーが耳に残る「誰かがキスをした」、えつことササミオによるスキャットから始まり、フリーキーな演奏に乗せてREISがラップ風のボーカルを披露する「ダダイズム」、オルガンの温かみのある音色と鋭いキメの対比が鮮やかな「9月に落ちるひとしずく」と、まだ結成から日の浅いユニットとは思えない完成度の高さにメンバーの経験値の豊かさが伺える。

ラストはMVが公開されていた「イキツクシ」を演奏し、長田によるアウトロのノイズギターによって本編が締め括られた。アンコールではクラシカルな旋律が美しいバラード「灯火」を披露。ユニット名が意味する「既成の秩序や常識を破壊する光」をステージ上で体現し、今後の活動に期待が募る初ライブとなった。

また、アンコールでは4月5日(水)に発売される1st ミニアルバムのレコ発ツアーを東京と大阪で開催することが発表された。東京は4月12日(水)に新代田FEVER、大阪は4月14日(金)に梅田シャングリラでの開催となる。こちらの先行チケットは2月24日(金)の18:00より販売開始しているので、お見逃しのないように。

■【セットリスト】

1.美しい仕打ち
2.block off
3.東京Σ
4.誰かがキスをした
5.ダダイズム
6.9月に落ちるひとしずく
7.イキツクシ
EN.灯火

■【ライブ情報】

DADARAY presents「DADAPLUS vol.1〜TOKYO〜」
4月12日(?) 新代?FEVER
OPEN/19:00 START/19:30
出演:DADARAY/阿佐ヶ?ロマンティクス
先?チケット受付期間:2017/2/24(?)18:00〜3/2(?)18:00
受付?法:抽選式
受付ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002217955P0030001

DADARAY presents「DADAPLUS vol.1〜OSAKA〜」
4月14日(?) 梅?シャングリラ
OPEN/19:00 START/19:30
出演:DADARAY/jizue
先?チケット受付期間:2017/2/24(?)18:00〜3/7(?)23:59
受付?法:抽選式
受付ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002218168P0050001P006001P0030001

■ミニアルバム『DADAISM』

2017年4月5日(水)発売
QYCL-10009/¥1,200(税込)
<収録曲>
1. イキツクシ
2. block off
3. ダダイズム
4. 美しい仕打ち
5. 灯火

■【「イキツクシ」配信情報】

iTunes,レコチョク他各配信サイトにて先行配信中!
■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/dadaism-ep/id1203794775?app=itunes&at=10l6Y8
■レコチョク 
http://recochoku.jp/song/S1004232198/

■「イキツクシ」MV
https://youtu.be/RVwj5o7AUxc

【関連リンク】
DADARAY オフィシャルHP
休日課長(ゲスの極み乙女。)が新プロジェクトDADARAYを結成! ミニアルバム発売&MV公開へ
2016年、俺が選ぶ邦楽ロック名曲アワード5選
ゲスの極み乙女。が「怖いと思う」と語る、新曲「勝手な青春劇」MV公開

【関連アーティスト】
ゲスの極み乙女。, DADARAY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ドクター・ジョンがニューオーリンズ音楽をロックに浸透させた傑作『ガンボ』
Fri, 24 Feb 2017 18:00:00 +0900
『Dr. John\'s Gumbo』(’72)/Dr. John (okmusic UP\'s)

70年代初め、ザ・バンドやリトル・フィートがセカンドライン(ニューオーリンズ音楽独特のリズム)を取り入れることで、ニューオーリンズ音楽は広くロックの世界で知られるようになった。日本でも久保田麻琴&夕焼け楽団が『セカンドライン』(‘79)という、そのものずばりのアルバムをリリースするなど、ニューオーリンズ音楽がロックに与えた影響は計り知れない。ザ・バンド、リトル・フィート、久保田麻琴、ボ・ガンボスらを虜にしたアルバムが、今回紹介するドクター・ジョンの『ガンボ(原題:Dr. John\'s Gumbo)』である。本作は、ロック好きの若者に向けてドクター・ジョンが発信したニューオーリンズ音楽の入門編であり、永遠のマスターピースでもある。

【その他の画像】Dr. John

■音楽番組『ナウ・エクスプロージョン』と『イン・コンサート』

僕がまだ小学校4年生の頃、ビージーズの「マサチューセッツ」が日本で大ヒットし、この曲が大好きになってシングル盤を買いに行ってから、洋楽にどっぷりはまることになった。お小遣いで洋楽のシングル盤を買い集め、買うたびに幸せな気分になるわけだが、当時はインターネットもケータイもないので、情報を得るのは知り合いの音楽好きの話を聞くか、音楽雑誌からだけ。中学生になるとラジオやテレビでもロックやポップスの番組が放送されるようになり、新聞のラテ欄に洋楽のことが載ると見逃さなかった。中でも、金曜か土曜の深夜に放送されていた『ナウ・エクスプロージョン』という、さまざまなロックのプロモーションビデオ(まさにMTVのような番組)を流す画期的な番組は、眠い目をこすりながらも必ず観ていた。

もちろん、僕がまだ13〜14歳の頃なので、知らないアーティストがでているほうが多かったが、気に入った音楽が流れるとメモしておいて、翌日情報を集めるということを繰り返していた。その番組に出ていたメラニー、ニュー・シーカーズ、バッファロー・スプリングフィールド、ジョニー・ウインター、 CSN&Y、ジミヘンなどに惹かれ、テレビで気に入ったのをレコード屋さんで買うというパターンだ。

しばらくすると、UHF局のサンテレビ(ローカルネタですみません。関西在住なので…)で『イン・コンサート』という番組がスタートする。これはロックのライヴの模様を流すという凄い企画で、毎週(記憶が曖昧で申し訳ないが、ひょっとすると不定期放送だったかもしれない)欠かさず観ていた記憶がある。特にぶっ飛んだのはレコード発売前のベック・ボガート&アピス。当時の最高のテクニック(今観てもすごいけどね)をテレビで観られるという幸せを味わった。

この番組で毎週のように登場する奇妙なアーティストがいた。山高帽にキンキラキンのタキシードを着て、エレピを弾くおじさんだった。そのおじさんは演奏の途中、踊りながら金粉を撒いたのである。そして、すごいダミ声で唸りながらファンクっぽい曲を演奏していた。そのヘンなおじさんが今回紹介するドクター・ジョン、その人だ。

■ザ・バンドとリトル・フィートが取り入れたセカンドライン

ザ・バンドが72年にリリースしたライヴアルバムの傑作、『ロック・オブ・エイジズ』の1曲目に収録されている「ドント・ドゥ・イット」や、リトル・フィートが73年にリリースした、これまた傑作アルバムの『ディキシー・チキン』のタイトルトラックは、紛れもなくロックの世界でニューオーリンズ特有のリズム、セカンドライン(1)を採り入れた最初期の試みである。この2作を聴いて人生が変わったという人は多いと思うが、この2グループが当時もっとも影響を受けていたアーティストがドクター・ジョンであった。日本やイギリスのリスナーも、この2作品を通してニューオーリンズ関係のレコードを入手した人が多かったはずだ。

それからはニューオーリンズのミュージシャン(ドクター・ジョン、アラン・トゥーサン、ミーターズ、プロフェッサー・ロングヘアなど)に注目が集まるようになり、日本ではキャラメル・ママや久保田麻琴が、イギリスではジェス・ローデンやフランキー・ミラー、ロバート・パーマーらがニューオーリンズの音楽に魅力に惹かれ、次々とニューオーリンズ風味のアルバムをリリースしていく。

■ドクター・ジョンの活躍

ニューオーリンズ出身のアーティストの中で、ドクター・ジョンはセッションミュージシャンとして、60年代からロックの世界で活躍しており、参加作は驚くほど多い。僕が持っているロックやポップスのアルバムだけでも、おそらく数百枚に参加しているはずである。60年代は“ドクター・ジョン”という名前ではなく、本名の“マック・レベナック”で活動しており、今でも時折レベナック名義での参加がある。

手元にあるレコードで彼が参加したものを調べてみると、キャンド・ヒート『Living The Blues』(‘68)、ジェシ・デイビス『ウルル』(’71)、カーリー・サイモン『人生はいたずら(原題:Playing Possum)』(‘75)、リンゴ・スター『グッドナイト・ウイーン』(’74)、ローリング・ストーンズ『メイン・ストリートのならず者』(‘72)、ジョー・コッカー『Luxury You Can Afford』(’78)や、他にもマリア・マルダー、リッキー・リー・ジョーンズ、ヴァン・モリソンなどなど、挙げていてもきりがないほどである。彼のセッション参加作での最高の名演は、同郷のボビー・チャールズがベアズビルで録音した『ボビー・チャールズ』収録の「I Must Be In A Good Place Now」だと僕は思う。

60年代から70年代にかけてドクターが参加したのはロックのセッションが多いが、80年代にはジャズのセッションにも多数参加しており、ソロピアノにも絶品の演奏は多い。84年に出た12インチシングルで、ユーロビートをバックにラップに挑戦した「Jet Set」みたいなゲテモノ作品もあるが、デューク・エリントンに捧げた『Duke Elegant』(‘99)と生粋のファンク作品『Creole Moon』(’01)はどちらもジャズのレーベルであるブルーノートからのリリースで、甲乙付け難い名盤だ。ちなみに、彼はこれまでに5回のグラミーを受賞しているし、もちろんロックの殿堂入りも果たしている。

■本作『ガンボ』について

『ガンボ』(2)は彼の5枚目のソロアルバムとなる。それまでの4枚のアルバムは、彼がニューオーリンズからロスに出てきたあとでリリースされたもので、どちらかと言えばサイケデリックロックや前衛音楽に影響された不思議な作品ばかりであった。冒頭で述べた『イン・コンサート』に出演していた頃のサウンドに近いと思う。これらの4作品は、僕には今でもまだ理解できない部分が多い。

ロックアーティストであったドクターが、ニューオーリンズという自身の原点を見つめ直そうとしたのか、ニューオーリンズのミュージシャンに印税を払ってあげたかった(本作はオリジナル曲が1曲しかなく、他の曲は全てニューオーリンズの定番曲をドクターがアレンジし直したもの)のか、彼の考えは分からないが、とにかく『ガンボ』は72年にリリースされた。日本盤もリアルタイムでリリースされている。

1曲目の「アイコ・アイコ」ではセカンドラインのグルーヴとドクターの流麗なピアノが光る名演だ。これは古いニューオーリンズR&Bをドクターの新しいアレンジで演奏したもので、ロックに応用できるセカンドラインの模範演奏が収められている。4曲目の唯一のオリジナル曲「サムバディ・チェンジド・ザ・ロック」は本作以降のドクターのサウンドを予見する名曲だ。他の曲は「アイコ・アイコ」と同じく、ニューオーリンズR&Bの有名曲をドクターの斬新なアレンジで聴かせてくれる。ヒューイ・スミス、プロフェッサー・ロングヘア、アール・キングなどのオリジナル盤は、本作がリリースされてから世界中で相当売れたようだ。日本のレコード店にもニューオーリンズのコーナーができるなど、本作がロックファンをニューオーリンズ音楽に目を向けさせたのは確かである。このアルバムがきっかけとなり、ザディコ(3)やケイジャン(4)など、ニューオーリンズの他の音楽にも注目が集まったことも、ポピュラー音楽の発展に一役買っている。僕がこアルバムの中で一番好きなのは「スタッカ・リー」で、ここでのドクターのピアノには惚れ惚れするけど、彼はヴォーカリストとしても大きな魅力がある。

本作はザ・バンドやリトル・フィートへの影響はもちろん、誰もが聴くべきロックの名盤として今後も語り継がれていくだろう。ドクター・ジョンの『ガンボ』は、間違いなく70sロックを代表する最高のアルバムのひとつである。

(1) セカンドライン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3

(2) ガンボ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%9C_(%E6%96%99%E7%90%86)

(3) ザディコ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B3

(4) ケイジャン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3_(%E9%9F%B3%E6%A5%BD)

【関連アーティスト】
Dr. John
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、BUMP OF CHICKEN「GO」をカバー
Fri, 24 Feb 2017 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。第94回目です。

【その他の画像】BUMP OF CHICKEN

さて今日の一曲。
BUMP OF CHICKENの「GO」
グランブルーファンタジーのCMの曲です。
初めて聴いた時からずっと耳に残っているメロディー
ただただ素直に好きだなって思う曲。
歌っていて凄く気持ちがよくなる歌なんです。
そんな曲を作れるバンプはやっぱり凄い人たちだなって改めてそう思わせられました。
私なりにコーラスをアレンジして入れてみました、是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=2PuBhX4OZ6E

今日は私の音楽が好きになったきっかけのお話。
以前このコラムで、"昔は人前で歌う事があまり好きではなかった”という話をしていたと思う。
"ただ音楽の授業はずっと好きだった”とも。
私の根っこにはやっぱり小学校の音楽の授業がずっと根強く残っている。
小学4年生くらいまでの音楽の先生。
あの時でもう50歳はいっていただろう女性の先生。
だいぶ恐い、という事で有名な人だった。笑
でも私は凄く好きだった。
怒られる様な事をしてない真面目なおちびちゃんだったから余計、だろう。笑
その先生の授業は必ずある歌から始まる。
それがシューベルトの「魔王」という曲。
皆さんはご存知だろうか?
魔王、父、息子、語り手の4人が登場し、会話で成り立つ歌だ。
詳しい内容は是非調べてみてほしい。
これを日本語詞で必ず歌っていたのだ。
今思えば、小学生でこの歌を唄う、というか唄わせるなんて結構凄い事だと思っている。笑
当時の私は子供ながらにこの歌詞を怖い…と思う反面、凄く強く惹かれている部分もあった。
登場人物が4人いるからこそ、表現の唄い分けが出来る事、そしてメロディーにもそれぞれ表現の色がつけられていて、かっこいい、面白い!と思っていた様な気がする。
でも一番強烈だったのは、この曲を先生自身がピアノで弾きあげてくれていたからだろう。
後々知る事になるのだけれど、この曲をピアノで弾くのは相当難しいらしい。
自分も今ピアノを弾いているからこそ余計分かる。
一度楽譜も見せてもらった事があるけれど、とりあえず音符がびっしり並びすぎていて、ぽかん…!としていたのもしっかり覚えている。笑
でもそれを先生はしれっと弾いていた。
今思うと先生こそ、魔王なんじゃないだろうか…という思いでいっぱいだ。笑

でもとにかく、私はこの歌を唄う事が一番好きだった。
この曲との出会いがあったから、そして直に弾いてくれる先生がいたから、音楽の面白さを知り、唄う事が好きだという感情が芽生えたのだと私は思っている。
…あれからもう14〜5年。
残念ながら、今その先生がどこにいるのか、何をしているのか、元気なのか…全く分からない。
誰も知らないのだ。
それが凄く残念過ぎる。
また逢いたい、と思う。
私が今音楽をしている事を、一番に伝えたい人。
先生だったらきっと喜んでくれる気がするなぁ。
いつか必ず探し出して感謝の気持ちを伝えたい、そんな事を思うのでした。

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN, 稚菜
【ジャンル】


映画『ラ・ラ・ランド』劇中映像満載! デュエット曲「CITY OF STARS」のMVが配信開始
Fri, 24 Feb 2017 13:30:00 +0900
映画『ラ・ラ・ランド』 (okmusic UP\'s)

2月24日より公開となった映画『ラ・ラ・ランド』。その劇中映像を使用したデュエット曲「CITY OF STARS」のMVがGYAO!にて配信開始した。

【その他の画像】

2月26日(日)に発表される米アカデミー賞に史上最多タイ作品賞他、14部門にノミネートされるなど、最有力候補として挙げられる映画『ラ・ラ・ランド』。ジャズの師弟関係を激しく描いた『セッション』で注目を浴びたデイミアン・チャゼルが監督した本作は、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演のミュージカル映画で、往年の名作ミュージカルを彷彿とさせるコージャスかつロマンチックな演出が魅力のラブロマンスとなっている。

「CITY OF STARS」はベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが作詞、ジャスティン・ハーウィッツが作曲を手がけており、今回公開された映像は、ライアン・ゴズリングが橋の上でダンスするシーンからはじまる。初日から映画を堪能した方も、これからという方も是非チェックしてほしい。

また、プレミアムGYAO!では、デイミアン監督の代表作『セッション』他、多数の映画・アニメを配信中。テレビの大画面でも楽しめるようになったプレミアムGYAO!でも是非、デイミアン監督作品をお楽しみいただきたい。

■【配信概要】

V.A. 「シティ・オブ・スターズ」(映画『ラ・ラ・ランド』より)
配信日時:2月24日(金)0:00〜 
URL:http://gyao.yahoo.co.jp/player/00101/v13451/v0871400000000547329/

【関連リンク】
プレミアムGYAO! HP
乃木坂46、「BIRTHDAY LIVE」にて映画&舞台『あさひなぐ』出演を発表!
高橋優、シングル「ロードムービー」詳細&クレヨンしんちゃんとのコラボMVを発表
RADWIMPS、シングル「君の名は。English edition」全曲トレーラー映像公開!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
映画

事務員G、話題のジブリメドレーを先行ハイレゾ配信決定
Fri, 24 Feb 2017 17:00:00 +0900
事務員G (okmusic UP\'s)

ピアノ演奏者・事務員Gが3月8日にリリースする最新アルバム『G\'sG60 〜スタジオジブリピアノメドレー60min.〜』のCD発売に先がけて、3月3日よりmoraにて先行ハイレゾ配信されることが決定した。

【その他の画像】事務員G

本作はニコニコ動画の「演奏してみた」カテゴリのピアノインスト動画としては史上初の450万回の再生数を達成した「ジブリ長編映画の曲を全部つなげて弾いてみた」(2013年9月投稿・30分30秒)をベースに制作。「ジブリ長編映画全作品の曲をピアノでつなげて1時間弾きました」のサブタイトル通り、スタジオジブリ映画の名曲を60分間ぴったりに、オリジナルアレンジのノンストップメドレーで収録する。事務員Gとしては 初のハイレゾ配信となる。オーディオファンをはじめ、スタジオジブリ及びピアノファンも楽しめる作品に、ご期待いただきたい。

■『G\'sG60〜スタジオジブリピアノメドレー60min.〜』リリース情報

■ハイレゾ配信
2017年3月3日moraにて先行ハイレゾ配信スタート
2017年3月8日(水)e-onkyo music、レコチョクほかでもハイレゾ配信スタート
COKM-40100/¥2,778+税

■通常配信
2017年3月8日amazon、iTunes、レコチョク ほかにて配信スタート
COKM-40104/¥1,905+税

■CD
2017年3月8日発売
COCX-39894/¥2,315+税
<収録曲>
「風の谷のナウシカ」より
01. 風の伝説
02. ナウシカ・レクイエム
03. 鳥の人
「となりのトトロ」より
04. ねこバス
05. 五月の村
06. 風のとおり道
07. さんぽ
「天空の城ラピュタ」より
08. ハトと少年(スラッグ渓谷の朝)
09. 君をのせて
「千と千尋の神隠し」より
10. あの夏へ
11. ふたたび
12. いつも何度でも
「耳をすませば」より
13. TAKE ME HOME COUNTRY ROADS
「ゲド戦記」より
14. テルーの唄
「紅の豚」より
15. さくらんぼの実る頃
16. Porco e Bella(il porco rosso)
17. 時代の風 −人が人でいられた時−
18. Flying boatmen
19. セリビア行進曲
20. 時には昔の話を
「火垂るの墓」より
21.埴生の宿(Home! Sweet Home!)
「おもひでぽろぽろ」より
22. 愛は花、君はその種子(THE ROSE)
「猫の恩返し」より
23. 風になる
「崖の上のポニョ」より
24. 崖の上のポニョ
「平成狸合戦ぽんぽこ」より
25. 平成狸合戦メインテーマ 〜元気節
26. いつでも誰かが
「ホーホケキョ となりの山田くん」より
27. ひとりぼっちはやめた
「借りぐらしのアリエッティ」より
28. Arrietty\'s Song
「かぐや姫の物語」より
29. いのちの記憶
「思い出のマーニー」より
30. Fine On the Outside
「魔女の宅急便」より
31. 旅立ち
32. 晴れた日に…
33. やさしさに包まれたなら
34. ルージュの伝言
35. 海の見える街
「もののけ姫」より
36. もののけ姫
37. アシタカとサン
38. アシタカせっ記
「レッドタートル ある島の物語」より
※「せっ」=草冠に耳が二つの創作漢字
39. White hair
「風立ちぬ」より
40. ひこうき雲
「コクリコ坂から」より
41. 上を向いて歩こう
42. さよならの夏〜コクリコ坂から〜
「ハウルの動く城」より
43. 人生のメリーゴーランド

<配信版につきまして>
通常配信、ハイレゾ配信共に、配信バージョンとして収録曲をメドレー形式にまとめた以下全5トラックでの配信となります。またアルバム購入のみで、各トラックの単曲購入は不可となります。

1. 風の伝説〜ナウシカ・レクイエム〜鳥の人〜ねこバス〜五月の村〜風のとおり道〜さんぽ〜ハトと少年〜君をのせて〜あの夏へ〜ふたたび〜いつも何度でも〜TAKE ME HOME COUNTRY ROADS〜テルーの唄〜さくらんぼの実る頃
2. Porco e Bella〜時代の風−人が人でいられた時−〜Flying boatmen〜セリビア行進曲〜時には昔の話を〜埴生の宿〜愛は花、君はその種子〜風になる〜崖の上のポニョ
3. 平成狸合戦メインタイトル~元気節〜いつでも誰かが〜ひとりぼっちはやめた〜Arrietty\'s Song〜いのちの記憶〜Fine On the Outside〜旅立ち
4. 晴れた日に…〜やさしさに包まれたなら〜ルージュの伝言〜海の見える街〜もののけ姫〜アシタカとサン
5. アシタカせっ記〜White hair〜ひこうき雲〜上を向いて歩こう〜さよならの夏~コクリコ坂から~〜人生のメリーゴーランド

■『ニコ動10Years&G\'sG60リリース&時として生誕記念 トリプルメモリアル 全国コンサートツアー』

3月12日(日) 沖縄 TOP NOTE
3月15日(水) 熊本 ぺいあのPLUS
3月17日(金) 福岡 アクロス福岡 円形ホール
3月18日(土) 愛媛 Live & Restaurant Bar“Monk"
3月19日(日) 広島 club cream
3月20日(月・祝) 神戸 ジーベックホール
3月22日(水) 名古屋 ボトムラインcafe
3月25日(土) 金沢 AZ
3月26日(日) 新潟 ジョイミーア
3月27日(月) 宇都宮 悠日・ギャラリー悠日
3月29日(水) 仙台 retro Back Page
3月31日(金) 札幌 ルーテルホール
4月01日(土) 東京 よみうり大手町ホール

【関連リンク】
事務員G、ジブリピアノメドレーアルバムリリース&全国コンサート決定
ヴァーチャルアーティスト・IA&ONEのアニバーサリーイベントが大盛況!
40mPと事務員Gの主催イベント「虹色オーケストラ」が12月27日(土)に東京国際フォーラムAで開催
ニコニコ動画で話題の事務員Gが初のピアノソロ・カバーアルバムをリリース!

【関連アーティスト】
事務員G
【ジャンル】
J-POP, アニメ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1