歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年02月23日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
超特急のLINE公式ソロスタンプがついに発売!
Thu, 23 Feb 2017 21:00:00 +0900


超特急のLINE公式ソロスタンプが、2月24日からLINE STOREにて発売されることが発表された。

【その他の画像】超特急

8号車(=ファンの総称)待望の超特急メンバーソロのLINEスタンプは、メンバー(1号車コーイチ、2号車カイ、3号車リョウガ、4号車タクヤ、5号車ユーキ、6号車ユースケ、7号車タカシ)それぞれが考案した内容となっている。

ファンはぜひ普段のLINEトークで活用してみよう。

■LINE STORE
https://store.line.me/stickershop/home/user/ja

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、ユーキがTBS『ピラミッドダービー』に出演
超特急、全国ツアーに京都・三重公演が追加
『TOKUFUKU LIVE Connect』でBIGMAMAと超特急がコラボ!

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

Mayu、大盛況のワンマンライブで舞台『杜町ペッパージャム』出演を発表
Thu, 23 Feb 2017 20:00:00 +0900
2月17日@渋谷チェルシーホテル (okmusic UP\'s)

Mayuが2月17日、渋谷チェルシーホテルにて2度目となるワンマンライブを開催した。

【その他の画像】Mayu

『大きな声で、ワンツーいけますか!?』。渋谷の街をイメージして作った「グローアップタウン」、割れんばかりの「ワンツー!」コールで、Mayu二度目のワンマンライヴ「ONEMAN Mayu SHOW vol.2〜それゆけ!スーパーヒューマン〜』が幕を開けた。

「Good day, good life」で観客との距離を縮めると、『今日は会場にいる全員と目を合わせて帰ります!』の宣言から「深夜バス」、「しぶや26時」を立て続けに披露。リズミカルにバンドアレンジされた新曲「ドライビング・マイ・カー」を披露。

『2017年は挑戦の年にする』という目標どおり、特別編成でのステージも盛り込まれた。まずはエレキギター一本で新アレンジの「ほろよいヒロイン」。続けて、スペシャルゲストの事務員G(※)を招いて、舞台「虹色オーケストラ Music Story『透明のシンフォニー』」(以下、虹オケ)の想い出話に花を咲かせつつ、ピアノ伴奏とのデュオで劇中曲の「Melody in the sly」を披露。さらにウッドベースを呼び込むと、Mayuもギターを持ち替え、アコースティックセットで「KISSED MY DERAM」を演奏して観客を魅了した。そして、バンドメンバー参加による虹オケ曲「ドレミファロンド」で場を沸かせ、事務員Gを見送ると、ここから再びバンドタイムへと突入する。

後半戦を「ナイトトレイン」「ステレオラブ」「チャンキーモンキー」「時の婚約者」で一気に駆け抜け、本編ラストでは、『4年前にできていた曲。当時は気恥ずかしくて歌えなかったけど、改めて聴いたら自分が勇気づけられた。今なら誠心誠意歌える』と、サブタイトルにもなっていた「スーパーヒューマン!」を初披露した。

大声援のアンコールに応え、新グッズ『それゆけ!Tシャツ』に着替えたMayuが再び登場し、3月に劇団ハーベストの第11回公演『杜町ペッパージャム』へ出演することが発表された。最後は再び事務員Gを呼び込んで、出演者全員による「RED CARPET」。客席を巻き込んだ熱いコールアンドレスポンスでフィナーレを迎えた。

なお、舞台『杜町ペッパージャム』の劇中には歌唱シーンも盛り込まれる予定なので、公演情報を逃さずチェックしてほしい。5日間で全9公演、Mayuの新たなチャレンジが幕をあける。

Photo by Ohagi

■【セットリスト】

M1. グローアップタウン
M2. Good day, good life
M3. 深夜バス
M4. しぶや26時
M5. ドライビング・マイ・カー
M6. ほろよいヒロイン
M7. Melody in the sky(虹オケ曲)
M8. KISSED MY DREAM
M9. ドレミファロンド(虹オケ曲)
M10. ナイトトレイン
M11. ステレオラブ
M12. チャンキーモンキー
M13. 時の婚約者
M14. スーパーヒューマン!
En. RED CARPET

■劇団ハーベスト第11回公演『杜町ペッパージャム』

3月22日(水)〜3月26日(日)※全9公演
出演:劇団ハーベスト
ゲスト:Mayu、橋詰遼(蜜)、岩崎健一郎ほか
<チケット>
前売 4,000円(税込)
※日時指定・全席自由
■『Bon Appetit』(SMA☆チケット)先行発売:
2月21日(火)18:00〜2月24日(金)23:59
http://www.sma-ticket.jp/artist/herbest
※一般発売日:2017年2月25日(土)10:00〜

【関連リンク】
Mayu オフィシャルHP
Mayu、ファンが撮影した電車ライヴMV公開&2月ワンマンライブ開催決定
Mayuが9月にBOMI、ORESAMAを迎えて「TAIBAN Mayu SHOW」vol.2を開催
Mayu、初のコンセプトZINEリリースパーティー開催&静岡朝日テレビ新企画に出演

【関連アーティスト】
Mayu
【ジャンル】
J-POP, ライブ

さくら学院×タワレコ再び! ミニパティコラボカフェ&店舗限定応援企画が決定
Thu, 23 Feb 2017 19:30:00 +0900
ミニパティ (okmusic UP\'s)

タワーレコードにて、さくら学院の部活動ユニット、クッキング部「ミニパティ」とのコラボレーションカフェの開催と、タワーレコードの店舗限定による応援企画を実施することがわかった。

【その他の画像】さくら学院

今回の企画は、さくら学院の7th アルバム『さくら学院 2016年度 〜約束〜』のタワーレコード、タワーミニ全店舗での独占販売(※オンラインはアミューズオンラインショップ『アスマート』にて販売)を記念して行なわれるもの。さくら学院応援企画は今年で5年連続の開催となる。

期間限定コラボカフェは、アルバムの発売日である3月3日(金)から3月12日(日)までの期間、TOWER RECORDS CAFE渋谷店、表参道店、梅田NU茶屋町店のカフェ3店で開催。関西地区でのミニパティとのコラボカフェは初めての開催となる。

今年のコラボメニュー「サラダでシャキッと!チキンでカリッと!ダバダ♪サラダ with カリカリチキン〜ミニパティカラフルドリンクもどうぞ▽(※)〜」(1,580円(税込))をオーダーした方には、特典として3店舗ごとにデザインの異なるミニパティ写真(3種)がプレゼントされる。

今回も、例年通りTOWER RECORDS CAFEが先にメニューを提案、そのレシピをもとにアルバム収録曲「ダバダ♪サラダ de セボン☆アベニュー」が制作されるという逆コラボレーションによりスペシャルメニューが実現。ドリンクはミニパティのメンバーそれぞれのコックチーフのカラーにちなんだドリンクを選ぶことが可能となっている。

コラボカフェの他、タワーレコード主要15店舗では、3月3日(金)〜3月12日(日)の期間、さくら学院パネル展を開催。各店にて『さくら学院 2016 年度 〜約束〜』を購入した方を対象に、応募抽選にて、各店舗1名様に展示パネルが1枚プレゼントされる。

また、先日発表されたタワレコのアイドル応援施策『NO MUSIC, NO IDOL?』のポスターデザインも発表となった。こちらも合わせてチェックしてみてほしい。

※▽:ハートマーク

■【さくら学院 ミニパティ・コラボカフェ 概要】

期間:3月3日(金)〜3月12日(日)
開催店舗:
・TOWER RECORDS CAFE 渋谷店
10:00〜23:00 ※ラストオーダー22:00
・TOWER RECORDS CAFE 表参道店
11:00〜22:00 ※ラストオーダー21:00
・TOWER RECORDS CAFE 梅田 NU 茶屋町店
11:00〜22:00 ※ラストオーダー21:00
コラボメニュー特典
写真:写真 A(渋谷店)、写真 B(表参道店)、写真 C(梅田 NU 茶屋町店)

<スペシャル・コラボレーション・メニュー>
■「サラダでシャキッと!チキンでカリッと! ダバダ♪サラダ with カリカリチキン〜ミニパティカラフルドリンクもどうぞ▽〜」
¥1,580(税込)
・メニュー特典:写真
・食材:チキン、パプリカ、タマゴ、チーズ、ポテトサラダ、バゲット、桜の花びら
・セットドリンク:ヨーグルト&マンゴー ダブルで HAPPY☆ 沢山、冒険してみてね▽▽~マンゴー、ヨーグルトドリンク~/つぶつぶ 15▽ さくらカルピス~イチゴジュースゼリー、カルピス~/Love&Peace Green Nature ドリンク~メロンソーダ、バニラアイス~

■【パネル展開催 概要】

さくら学院 7th Album『さくら学院 2016 年度 〜約束〜 』発売を記念 パネル展開催&応募抽選にて各店舗1名様に展示パネルを1枚プレゼント!

開催期間:3月3日(金)〜3月12日(日)
開催店舗:新宿店、渋谷店、池袋店、横浜ビブレ店、浦和店、津田沼店、秋葉原店、川崎店、セブンパーク アリオ柏店、名古屋近鉄パッセ店、名古屋パルコ店、梅田NU茶屋町店、梅田大阪マルビル店、難波店、アミュプラザ鹿児島店(計15店舗)
応募方法:上記開催店舗にて 7th Album『さくら学院 2016年度 〜約束〜』の初回限定盤 さくら盤、初回限定盤 学院盤、通常盤のいずれかを1点お買い上げの方に応募用紙を1枚お渡しいたします。必要事項を記入の上、店内に設置されている応募箱に投函ください。

※展示&応募期間は店舗によって延長になる場合がございます。各店にご確認ください。
※展示パネルの内容は店舗によって異なります。
※プレゼントのパネル写真はお選びいただけません。
※プレゼントのパネルは展示パネルとなります。多少のキズ、痛みなどはご了承ください。

■【NO MUSIC, NO IDOL?ポスタープレゼント 概要】

対象店舗 :タワーレコードおよびタワーミニ全店(タワーレコード渋谷店を除く)
対象商品 :
・卒業生2名 Ver./対象商品:初回限定盤さくら盤(CD+Blu-ray)¥4,100+税
・全員 Ver./対象商品:初回限定盤学院盤(CD+DVD)¥3,900+税 または、通常盤(CD ONLY)¥3,000+税
※ポスターは各店なくなり次第、終了となります。

■アルバム『さくら学院 2016年度 〜約束〜』

2017年3月3日(金)発売
【初回限定盤 さくら盤】(CD+Blu-ray)
SGAL-0004/¥4,100+税
【初回限定盤 学院盤】(CD+DVD)
SGAL-0005/¥3,900+税
【通常盤】(CD ONLY)
SGAL-0006/¥3,000+税
※取扱い:タワーレコードおよびタワーミニ全店 アミューズオンラインショップ『アスマート』
<収録曲>
■CD
※3形態共通 曲順未定
1.目指せ!スーパーレディー - 2016年度 -
2.負けるな!青春ヒザコゾウ ※新録Band ver.
3.Song for smiling ※新録Band ver.
4.メロディック・ソルフェージュ
5.ダバダ♪サラダ de セボン☆アベニュー / クッキング部ミニパティ
6.走れ正直者 / 帰宅部 sleepiece
7.ピース de Check! -2016- / 購買部
8.デルタ / 科学部 科学究明機構 ロヂカ?:ver.2.0
9.ユビキリ / 中等部3年(倉島颯良、黒澤美澪奈)
10.オトメゴコロ。 ※新録Band ver.
11.マシュマロ色の君と ※新録Band ver.
12.未完成シルエット ※新録Band ver.
13.アイデンティティ
14.夢に向かって
■【初回限定盤 さくら盤】特典Blu-ray
1.「メロディック・ソルフェージュ」 Music Video
2.「FLY AWAY」 Live Video from 2016.11.13 「さくら学院祭☆2016」
3.「オトメゴコロ。」Live Video from 2016.11.13 「さくら学院祭☆2016」
4.「マシュマロ色の君と」Live Video from 2016.11.13 「さくら学院祭☆2016」
■【初回限定盤 学院盤】特典 DVD
1. 『ガチで今年も魅せちゃいます!“さくら学院 2016年度 学年末テスト〜涙涙!の歓喜戦〜”』

【関連リンク】
さくら学院 オフィシャルHP
桜の季節がやって来た! 俺的、桜ソング2016
さくら学院の岡崎百々子&麻生真彩がTVアニメ「12歳。」サポーターズに決定、原作者&キャストコメントも到着
さくら学院、SF仕立てのハートフルMVにKenKenが登場

【関連アーティスト】
さくら学院
【ジャンル】
女性アイドル

デヴィッド・ボウイ、英国のグラミー賞『BRIT AWARDS 2017』で2部門を受賞
Thu, 23 Feb 2017 19:00:00 +0900
デヴィッド・ボウイ (okmusic UP\'s)

デヴィッド・ボウイが、『BRIT AWARDS 2017』にて、「最優秀ブリティッシュ・アルバム」(Mastercard British Album Of The Year)、「最優秀ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト」(British Male Solo Artist)の2部門を受賞した。

【その他の画像】デヴィッド・ボウイ

2月22日、O2アリーナにて開催された、英国のグラミー賞とも呼ばれる『BRIT AWARDS』。

「最優秀ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト」の発表では、ボウイが脚本を手がけNYとロンドンで上演された舞台『ラザルス』で主役ニュートンを務めた、マイケル・C・ホールがボウイに代わって受賞した。

マイケル・C・ホールは今回の受賞について、『もしデヴィッド・ボウイが今夜ここにいられる状態だったとしても、彼は恐らくここにはいないでしょう。ですが、彼は今夜ここにいられない状態なので、私が彼やご遺族の代理として、彼が自身の果てしない想像力や大胆さ以外に一切の恩恵を受けることなく、その絶え間なく広がり続けるアーティスティックな生命力で私たちを同時に癒し、印象づけ、驚かせてきたことの証を受け取ります。もしかしたら彼は今夜ここにいるかも知れませんね。ともあれ、みなさんの前に立ち、彼の作品の効力に対して与えられたものに感謝の意を示すことができて光栄です。また、デヴィッドの優しさ、寛大さ、そして熱意が、今後もいつまでも私がよりよい人間になるためのインスピレーションであり続けることも付け加えておきます。彼の代わりに…ありがとうございます。』とコメント。

また、「最優秀ブリティッシュ・アルバム」(Mastercard British Album Of The year)では、ノエル・ギャラガーがプレゼンターを務め、ボウイの息子であるダンカン・ジョーンズがボウイに代わって受賞した。

『私は昨年父を亡くしましたが、自分が父親にもなりました。息子にはおじいちゃんについてどんなことを知ってもらいたいだろうか。ショックを乗り越えた後はそんなことをずっと考えていました。そしてそれは恐らく、父のファンの大半がこの50年以上にわたって受け継いできたことと同じだと思うのです。父はいつも、人よりちょっと異様で、ちょっと奇妙で、ちょっと変わっていると自分で思っている人々に寄り添い、彼らを支えていました。どんなときも彼らの傍にいたのです。ということで、この賞をすべての変わり者たち、そして変わり者を作るすべての人々に捧げます。ありがとう、ブリット(・アワード)。そして父のファンのみなさん、ありがとう。』とコメントした。

先日開催された、第59回グラミー賞では「最優秀ロック・ソング」(Best Rock Song)を始め5部門を受賞。アデルと並び最多の受賞となった。昨年1月8日ボウイの69回目の誕生日に発売されたアルバム『★』は、アメリカ、イギリスをはじめとした20カ国以上の国で1位を獲得。2016年のNewsweek、MOJO、Q Magazineなどの各メディアで年間アルバムの1位を獲得している。

現在、デヴィッド・ボウイの世界観やキャリアを総括した大回顧展『DAVID BOWIE is』が天王洲、寺田倉庫G1ビルにて4月9日(日)まで開催中。

■マイケル・C・ホール コメント
https://youtu.be/cAa5w5Rw8_I

■ダンカン・ジョーンズ コメント
https://youtu.be/AcnnEg90bXk

■アルバム『★』

発売中
SICP-30918/¥2,500+税
<収録曲>
01.★
02.ティズ・ア・ピティ・シー・ワズ・ア・ホア
03.ラザルス
04.スー(オア・イン・ア・シーズン・オブ・クライム)
05.ガール・ラヴズ・ミー
06.ダラー・デイズ
07.アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ
※デジパック仕様
※日本盤のみ通常のCDプレーヤーで再生可能な高品質フォーマット、Blu-spec CD2仕様
※歌詞・対訳・解説付き

【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ オフィシャルHP
デヴィッド・ボウイを少し知っている人のための代表曲ガイド〜大回顧展『デヴィッド・ボウイ・イズ』の見どころ
横山健が語るデヴィッド・ボウイの魅力とは? 「横山健に聞く、デヴィッド・ボウイ」全文公開
デヴィッド・ボウイ、究極のベスト盤がついにリリース! 朝日新聞にて横山健がボウイを語る

【関連アーティスト】
デヴィッド・ボウイ
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

AA=、minus(-)、MONORAL、sadsがZepp DiverCityで競演! ライブイベント「R JAM \'17」開催
Thu, 23 Feb 2017 18:00:00 +0900
「R JAM \'17」告知画像 (okmusic UP\'s)

4月16日(日)Zepp DiverCity(TOKYO)にて、AA=、minus(-)、MONORAL、sadsの4組によるライブイベント「R JAM \'17」が開催されることがわかった。

【その他の画像】清春

このイベントは、現在新宿ReNYや青山RizMをはじめ、渋谷、新宿、池袋、心斎橋にライブハウスを展開するRUIDOグループが45周年のアニバーサリーイヤーに仕掛ける新プロジェクト。

1972年に新宿でスタートしたライブハウス「RUIDO」。今、メインストリームで活躍するアーティストがかつてステージを踏み、そしてこれから話題になるであろうダイアモンドの原石のようなアーティストたちがライブを繰り広げている場所である。

記念すべき初開催ということで、この日はRUIDOグループ最大級の会場である新宿ReNYにてワンマンを成功させた数多くのアーティストの中より上記4組が集結。そして2014年9月の新宿ReNYこけら落とし公演から幾度となくReNYにて熱狂のライブを繰り広げてきた清春が、今回はsadsとして初めて出演するという。熱狂のイベントをぜひその目で目撃してほしい。

■「R JAM \'17」presented by RUIDO 45th ANNIVERSARY

4月16日(日) Zepp DiverCity(TOKYO)
OPEN 15:45 / START 16:30
出演:AA= / minus(-) / MONORAL / sads(AtoZ順)
<チケット>
前売り ¥5,000 (D代別)
・ぴあ Pコード:323-569
・ローソンチケット Lコード:74457
・e+
※来場者全員に「R JAM \'17」限定アーティストロゴ入りICカードホルダーをプレゼント
※2月26日(日)AM10:00〜発売

【関連リンク】
「R JAM \'17」特設HP
minus(-)、シネマシティ立川の“極上音響上映”が大盛況
minus(-)、忘年会ライブ閉幕&映画館でライブ作品の爆音上映決定
minus(-)、1stフルアルバム『O』&最新映像作のトレイラーを公開

【関連アーティスト】
清春, AA=, MONORAL, sads, minus(-)
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

百花繚乱!2017年4月 来日アーティストが凄すぎる!!
Thu, 23 Feb 2017 18:00:00 +0900
『The Stone Roses (Remastered)』 (okmusic UP\'s)

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は、今春来日アーティストの厳選楽曲を、ライブ情報とともにお届けします。

【その他の画像】The Stone Roses

■はじめに

毎月、多くの海外アーティストが来日してライブを行っていますが、2017年4月はラインナップが凄い! 毎週グラミー賞級もしくはレジェンド級のアーティストが、ライブを繰り広げます。
こんなに一気に来られても、お金が追いつかないわ…と泣き言を言いたくなる今日この頃。ちなみに私は、ポール・マッカートニーのチケットを取るだけで精一杯でした。
話を本題に戻しまして、4月来日アーティスト、中にはまだチケットが手に入るライブもありますので、ぜひチェックしてみて下さいませ!

■1.「I Wanna Be Adored」/The Stone Roses

●後のブリットポップに影響を与えたマンチェスター発のバンドと言えば!
1983年結成。1996年に解散し、2011年に再結成したザ・ストーン・ローゼス。この曲が収録されている『THE STONE ROSES』は、1989年に発売された作品です。1曲目を飾るのが、「I Wanna Be Adored」。イントロだけでおよそ1分50秒。何かに追われて心臓がバクバクしているような音に、ベースが乗り、そしてギターとドラムが合わさり……という感じで、じわじわと引き込まれる感じが、とても好きです。

ちなみに、4月21日(金)の日本武道館はソールドアウト。22日(土)の同会場での追加公演が発売中です。
https://www.youtube.com/watch?v=4D2qcbu26gs

■2.「A Sky Full Of Stars」/Coldplay

●UKが誇る21世紀を代表するスーパーバンドを東京ドームで!
1997年にロンドンで結成された、コールド・プレイ。デビューアルバムから爆発的なヒットを飛ばし、世界的な人気を誇るスーパーバンドです。4月19日(水)の東京ドーム公演は、即売り切れでした。しかも当日のゲストアクトは、RADWIMPSだそうです。
「A Sky Full Of Stars」は、2014年のアルバム「Ghost Stories」に収録。EDMとロックが混ざる音が非常に気持ち良い一曲ですが、歌詞もまたロマンチック。“君は僕にとって満天の星だから、君に僕の心を捧げるよ”なんて、今ココで書いているだけで顔がニヤついてしまう……。

あぁ、この曲がなった瞬間、東京ドームが沸き上がる光景が目に浮かびます。音漏れだけでも味わいに、東京ドームの前に行こうかしら。
https://www.youtube.com/watch?v=VPRjCeoBqrI

■3.「Carry On」/Norah Jones

●深く優しく響く歌声に心癒される。日本武道館で聴くジャズの一夜を堪能したい
どの曲でも、一音目を耳にするだけで、まるでNYのジャズクラブに足を踏み入れたような、上質な時間が味わえるのがノラ・ジョーンズの魅力のひとつだと思うのです。
ピアノとオルガンをベースに、ゆったりとしたテンポで歌われる「Carry On」は、優しく“前へ進みましょう”と聴く人に語りかけてくれます。ちょっと苦い思い出も、やさしく洗い流して、前に進む力を与えてくれる、癒しと活力をくれる歌です。この曲のYoutubeにアップされている日本語訳は、作家の川上未映子さん担当。歌詞も味わいながら楽しめます。

ノラ・ジョーンズは、4月13日(木)14日(金)、追加公演の15日(土)の日本武道館のほか全国6都市でライブを行います。
https://www.youtube.com/watch?v=DqA25Ug71Mc

■4.「Put Your Records On」/Corinne Bailey Rae

●穏やかで気持ちの良い時間を満喫するなら、このライブ!
温かみのある歌声が魅力のコリーヌ?ベイリー?レイ。イギリスのシンガーソングライターです。2006年に発表された「Put Your Records On」は、アコースティックギターに合わせて、いまの自分を悲観しないで進んでいこうと言ったメッセージを歌っています。側で励ましてくれる親友のような優しい前向きソングです。

ライブは、4月10日(月)は大阪 IMPホール、4月11日(火)は東京 赤坂BLITZで開催です。
https://www.youtube.com/watch?v=rjOhZZyn30k

■5.「Real Love」/MARY J.BLIGE

●今に繋がるR&Bの源流を体感できる!レジェンドのライブ
クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウルと賞賛されるメアリー・J・ブライジ。6度のグラミー賞受賞など輝かしい実績を持ちながら今も現役で作品をリリースするレジェンド級のアーティストで、後のR&Bシンガーに多大なる影響を与えています。この曲は1992年にリリースされたセカンドシングル。90年代のR&Bの雰囲気が良く分かる曲ですし、まさにこれで、トレンドの方向性が決定づけられていることを痛感する一曲です。

ライブは、4月17日(月)大阪 なんばHatch、4月19日(水)20日(木)東京 STUDIO COAST開催します。

■さいごに

以上5組ご紹介しましたが、他にも4月に来日するアーティストは、超豪華。
サンタナ、エアロスミスのスティーブン・タイラー、ドゥービー・ブラザーズ、そしてミュージカルスターで、米版「アナと雪の女王」のエルサ役でも有名なイディナ・メンゼルなど……こんな一気に来られても、行けないってば!!

(選曲・文/石井由紀子)

【関連アーティスト】
The Stone Roses, Mary J. Blige, Coldplay, Norah Jones, Corinne Bailey Rae
【ジャンル】


アジカン、映画『夜は短し歩けよ乙女』主題歌「荒野を歩け」が予告編動画にて解禁
Thu, 23 Feb 2017 17:00:00 +0900
ASIAN KUNG-FU GENERATION (okmusic UP\'s)

4月7日(金)全国公開のアニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』の予告編にて、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが手掛ける主題歌「荒野を歩け」が解禁となった。

【その他の画像】ASIAN KUNG-FU GENERATION

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットのイラストを全て手掛けてきた中村佑介が映画のキャラクター原案を担当していることもあり、楽曲との親和性は抜群。京都の街を舞台に色鮮やかに描かれる主人公“先輩"の大奮闘を、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの楽曲が盛り上げる。

なお、新曲「荒野を歩け」のリリースに関しては近日アナウンスされる予定とのことなので、続報を待とう。

■映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイト
http://kurokaminootome.com/

■【後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION) コメント】

再び『四畳半神話大系』に関わった皆さんと仕事ができて嬉しいです。
甘酸っぱくも不思議な世界観の作品に馴染むように、ちょっと変だけど爽やかな曲を書きました。
星野源君にも歌ってほしいです。
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)     

■アニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』予告編
https://youtu.be/tmeU9GFJW3I

【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION オフィシャルHP
04 Limited Sazabys主催フェスにアジカン、NAMBA69、WANIMAらが出演決定
ASIAN KUNG-FU GENERATION、初のトリビュートにKANA-BOON・BLUE ENCOUNTら全12組が参加
ASIAN KUNG-FU GENERATIONが真っすぐにリスナーとの繋がりを訴えた『君繋ファイブエム』

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION
【ジャンル】
ジャパニーズロック

INKT、約2年半ぶり待望のフルアルバムをリリース!
Thu, 23 Feb 2017 16:00:00 +0900


INKTが5月3日(水・祝)にニューアルバム『square』をリリースすることを発表した。

【その他の画像】INKT

4枚目となる本作はフルアルバムとなっており、3月から開催の「INKT LIVE HOUSE TOUR 2017」のツアー中にリリースされる。

リリースについてKOKIは、『いよいよINKT4枚目となるアルバムを発表しました。色々な事を経験したINKTの今が全て詰まってます。ライブが倍楽しくなる事間違い無し。是非お聞きください』とコメント。

アルバムタイトルの『square』は、自分たちが音楽的に本当にやりたいことを真っ直ぐに表現する、"正々堂々"という意味の「square deal」から。なお、全国ツアーと連動して全国のタワーレコードでリリースイベントの開催も決定。第1弾のイベント詳細も合わせてアナウンスされた。

デビューから地道にライブ活動を続け、着実に実力をつけてきたINKTが満を持してリリースする本作。彼らの渾身のニューアルバムに期待しよう。

■アルバム『square』

2017年5月3日(水・祝)発売
NARC-006/¥2,700(税込)

■『INKT LIVE HOUSE TOUR 2017』

3月04日(土) 東京・TSUTAYA O-WEST / ワンマン公演
3月12日(日) 栃木・HEAVEN\'S ROCK宇都宮VJ-2 / coming soon…
3月18日(土) 山梨・甲府CONVICTION / coming soon…
3月19日(日) 埼玉・西川口Hearts / Guest Artist:AKIRA
3月20日(月・祝) 群馬・高崎club FLEEZ / Guest Artist:AKIRA
3月25日(土) 茨城・mito LIGHT HOUSE / Guest Artist:Jin-Machine
3月26日(日) 千葉・DOMe柏 / coming soon…
4月01日(土) 山形・ミュージック昭和SESSION / Guest Artist:Jin-Machine
4月02日(日) 福島・郡山CLUB#9 / Guest Artist:Jin-Machine
4月08日(土) 富山・SoulPower / Guest Artist:ROOKiEZ is PUNK\'D、午前四時、朝焼けにツキ
4月09日(日) 石川・金沢vanvan V4 / Guest Artist:ROOKiEZ is PUNK\'D、午前四時、朝焼けにツキ
4月14日(金) 岩手・the five morioka / Guest Artist:AKIRA
4月15日(土) 秋田・Akita Club SWINDLE / Guest Artist:AKIRA
4月16日(日) 青森・Quarter / Guest Artist:AKIRA
4月22日(土) 神奈川・川崎Serbian Night / coming soon…

4月23日(日) 静岡・Sunash / Guest Artist:ROOKiEZ is PUNK\'D
4月29日(土) 福井・CHOP / coming soon…
4月30日(日) 京都・GLOWLY / Guest Artist:THE Hitch Lowke
5月03日(水・祝) 和歌山・CLUB GATE / Guest Artist:THE Hitch Lowke 、PULSE FACTORY
5月04日(木・祝) 兵庫・神戸music zoo KOBE太陽と虎 / Guest Artist:THE Hitch Lowke、LASTGASP
5月06日(土) 滋賀・B-FLAT / Guest Artist:THE Hitch Lowke、PULSE FACTORY
5月07日(日) 奈良・NEVER LAND / Guest Artist:THE Hitch Lowke、LASTGASP
5月13日(土) 愛知・名古屋ell.FITS ALL / Guest Artist:ROOKiEZ is PUNK\'D、LASTGASP
5月14日(日) 長野・LIVE HOUSE J / Guest Artist:ROOKiEZ is PUNK\'D、LASTGASP
5月20日(土) 新潟・Live Hall GOLDEN PIGS RED STAGE / Guest Artist:LASTGASP
5月21日(日) 東京・渋谷CHELSEA HOTEL / ワンマン公演
5月27日(土) 三重・四日市Club Chaos / Guest Artist:PULSE FACTORY
5月28日(日) 岐阜・Yanagase Ants / Guest Artist:PULSE FACTORY
6月03日(土) 徳島・Club GRINDHOUSE / coming soon…
6月04日(日) 高知・X-pt / coming soon…
6月06日(火) 愛媛・松山サロンキティ / coming soon…
6月07日(水) 香川・高松DIME / coming soon…
6月09日(金) 岡山・CRAZYMAMA 2nd ROOM / coming soon…
6月10日(土) 鳥取・米子AZTiC laughs / coming soon…
6月10日(日) 島根・松江AZTiC canova / coming soon…
6月13日(火) 山口・LIVE rise SHUNAN / Guest Artist:PULSE FACTORY
6月15日(木) 佐賀・佐賀GEILS / coming soon…
6月17日(土) 熊本・熊本B.9 V2 / coming soon…
6月18日(日) 長崎・長崎Studio Do! / coming soon…
6月20日(火) 鹿児島・鹿児島SR HALL / coming soon…
6月22日(木) 宮崎・宮崎SR BOX / coming soon…
6月24日(土) 大分・DRUM Be-0 / Guest Artist:PULSE FACTORY
6月25日(日) 福岡・DRUM Be-1 / Guest Artist:PULSE FACTORY
7月02日(日)  沖縄・Output / Guest Artist:HEM、AS ALLIANCE
7月08日(土) 北海道・札幌COLONY / coming soon…
7月16日(日) 大阪・OSAKA MUSE / coming soon…
7月17日(月・祝) 広島・SECOND CRUTCH / coming soon…
7月22日(土) 宮城・HooK SENDAI / coming soon…

【関連リンク】
INKT オフィシャルHP
INKT、ツアーファイナルで初の47都道府県ツアーを発表
INKT、1年半ぶりとなる3rdミニアルバムを9月にリリース
ORANGE RANGE、15周年記念コラボベスト11曲目は同郷の後輩ドラマーとの「鬼ゴロシ」

【関連アーティスト】
INKT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

バンドじゃないもん!、アルバムの全曲ダイジェスト動画公開&期間限定ストアがオープン!
Thu, 23 Feb 2017 15:00:00 +0900
バンドじゃないもん! (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が3月8日に発売するメジャー1stアルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を▽(※)』の全曲ダイジェスト動画が公開された。

【その他の画像】バンドじゃないもん!

Q-MHzプロデュースの「青春カラダダダッシュ!」やHISASHIプロデュース「君はヒーロー」など、すでに先行配信やラジオOAが解禁されていたり、ライブで披露された曲もあるが、今回の動画で初出しとなる楽曲も多数あるので、視聴して発売を心待ちにしてほしい。

また、アルバムの発売を記念して、3月1日(水)より「バンもん!パーフェクトストア」が期間限定でオープンすることがあきらかになった。今回のアルバムのイラストを描き下ろした愛・まどんな氏の絵柄ビジュアルを使ったグッズや、再メジャーデビュー後のバンドじゃないもん!のビジュアルを多様したものなど、盛りだくさんのオリジナルグッズが発売。ここでしか手に入らないものグッズも多数販売される。

また、前回の『夏のOh!バイブストア』にて販売されたグッズや、過去の公式グッズの販売も予定しているとのことなので、この機会をお見逃しなく! なお、3月1日のオープン日には、バンドじゃないもん!本人たちも来店し、アルバムの予約イベントを実施する。奮って参加してほしい。

※▽=白抜きハートマーク

■アルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を▽』ダイジェスト映像
https://youtu.be/Zew4QCM5Cos

■期間限定ストア「バンもん!パーフェクトストア」

3月1日〜3月12日 東京 渋谷マルイ8F
※3月1日イベント詳細 後日解禁

■アルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を▽』

2017年3月8日(水)発売
【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
PCCA.04477/¥4,000+税
※愛☆まどんなイラストスリーブ仕様
【期間限定スペシャルプライス盤(通常盤)】(CD Only)
PCCA.04478/¥2,000+税
<収録楽曲>
■CD
M1:青春カラダダダッシュ!
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:Q-MHz
M2:キメマスター!
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:Q-MHz
M3:しゅっとこどっこい
作詞・作曲・編曲:ゆよゆっぺ
M4:夏のOh!バイブス
作詞:HIROKI、NAOTO 作曲:NAOTO 編曲:NAOTO
M5:君はヒーロー
作詞 ・作曲・編曲:HISASHI
M6:結構なお点前で
作詞 ・作曲・編曲:DogP
M7:YAKIMOCHI
作詞:浜野謙太 作曲:浜野謙太 編曲:在日ファンク
M8:ドリームタウン
作詞:みさこ 作曲:増田武史 編曲:増田武史
M9:秘密結社、ふたり。
作詞:みさこ 作曲:ムラマサヒロキ 編曲:山岡広司
M10:強気、Magic Moon Night 〜少女は大人に夢を見る〜
作詞:大桃子サンライズ 作曲:太田光史郎 編曲:橘亮祐
M11:ロマンティック▼テレパシー (※2)
作詞:七星ぐみ 作曲:鈴木智貴 編曲:出羽良彰
M12:すきっぱらだいす▽
作詞:みさこ 作曲:村カワ基成 編曲:村カワ基成
M13:ピンヒール
作詞:理姫 作曲:奥脇達也 編曲:TSUCHIE,奥脇達也
M14:YATTA!
作詞:はっぱ隊 作曲:DANCE☆MAN 編曲: DANCE☆MAN
M15:エンド・レス
作詞:みさこ 作曲:ミナミトモヤ・KOJI oba 編曲:ミナミトモヤ・KOJI oba
■Blu-ray
(1)ミュージックビデオ集
M1.君の笑顔で世界がやばい
M2.NaMiDa
M3.キメマスター!
M4.気持ちだけ参加します。
M5.夏のOh!バイブス
M6.アイスクリームになりたいの▽
(Chou Chou Cream fromバンドじゃないもん!)
M7.シンデレラブルース
(ブルーツインズ from バンドじゃないもん!)
M8.ヒーローズ
(コットンラビッツ from バンドじゃないもん!)
M9.YAKIMOCHI
M10.YATTA!
(2)メイキング盛り合わせ
「YAKIMOCHI」「YATTA!」ミュージックビデオ&アルバムジャケット撮影メイキング

※2 ▼=ハートマーク

【関連リンク】
バンドじゃないもん! オフィシャルHP
バンドじゃないもん!、5日間連続ライブファイナルにて追加公演の開催を発表
バンドじゃないもん!、初の試みとなる女子限定ライブにて新曲「ピンヒール」を披露
ハ?ント?し?ゃないもん!がパジャマ姿で昼公演!? ゆよゆっぺプロデュース「しゅっとこどっこい」を初披露

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
女性アイドル

瀬川あやか、新曲「声」と「未熟なうた」が北海道文化放送『みんなのテレビ』EDに決定!
Thu, 23 Feb 2017 14:00:00 +0900
瀬川あやか (okmusic UP\'s)

瀬川あやかが3月15日に発売する1stアルバム『SegaWanderful』の収録曲「声」と「未熟なうた」のタイアップが決定した。

【その他の画像】瀬川あやか

2曲とも瀬川あやかの地元北海道、北海道文化放送『みんなのテレビ』のエンディング曲に起用され、「声」が3月前半(3月1日〜17日)、「未熟なうた」が3月後半(3月20日〜31日)のオンエアとなる。

アルバム『SegaWanderful』発売後は、アルバムを引っ提げた自身初のワンマンツアー『瀬川あやか “SegaWanderful” LIVE TOUR 2017 〜ニコニコニッコリ2ッ5リツアー〜』が4月28日(金)恵比寿CreAtoよりスタート。4月30日(日)の大阪公演を経て、5月5日(金・祝)地元北海道で最終日を迎える。ぜひ会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

■アルバム『SegaWanderful』

2017年3月15日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04502/¥2,500(税込)
【通常盤】(CD Only)
PCCA-04503/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.妄想スニーカー
2.夢日和
3.声
4.いつでも恋はカメレオン
5.恋の知らせ
6.ベストフレンド
7.未熟なうた
■DVD(初回限定盤)
・「妄想スニーカー」Music Clip
・Making of 「SegaWanderful」
・瀬川あやかSpecial Interview

■『瀬川あやか “SegaWanderful” LIVE TOUR 2017 〜ニコニコニッコリ2ッ5リツアー〜』

4月28日(金) 東京 恵比寿Creato
4月30日(日) 大阪 hillsパン工場
5月05日(金・祝) 札幌 キューブガーデン

【関連リンク】
瀬川あやか オフィシャルHP

【関連アーティスト】
瀬川あやか
【ジャンル】
J-POP

あいくれ、全国デビューを飾るに相応しい新曲MVが完成
Thu, 23 Feb 2017 13:00:00 +0900
あいくれ (okmusic UP\'s)

東京都立川市発のロックバンド、あいくれが3月22日にリリースする1stミニアルバム『アンシャンテの手紙』から「ノンフィクションドラマ」のMVを公開した。

【その他の画像】あいくれ

監督に加藤マニ(manifilms)を迎え、矢内康洋、橋本岬という若手俳優2名を起用した意欲作で、これが全国デビューとなるあいくれを飾るに相応しい作品に仕上がった。

また、『アンシャンテの手紙』の各法人特典も発表された。タワーレコードとHMVは、あいくれのモチーフであるマーガレットロゴをあしらったオリジナルキーホルダー。ヴィレッジヴァンガードは、「ノンフィクションドラマ」のMVを収めたDVD-Rとなっている。

そして、あいくれはHMVの「エイチオシ!」にも選出! 『ロッキング・オン』主催の「RO69JACK」で入賞、同時期に4社合同オーディション「MASH A&R」のマンスリーにも選出された実績を持つ、あいくれだからこその選出なのだろう。今後も目が離せない。

■「ノンフィクションドラマ」MV
https://youtu.be/clf_oBxhyJI

■ミニアルバム『アンシャンテの手紙』

2017年3月22日発売
DDCR-1010/¥1,500+税
<収録曲>
01.ノンフィクションドラマ
02.回顧展の林檎
03.シロツメクサの指環
04.愛を注ぐ
05.リビルド

【関連リンク】
あいくれ オフィシャルHP
Qaijff、waybee、あいくれ出演のOKMusic×新宿SAMURAI企画第二弾を2月28日に開催!
GACKT、話題の新曲が配信開始! 楽曲に込められたメッセージとは?
サカナクション史上初! 全国ツアーの模様を生配信でお届け

【関連アーティスト】
あいくれ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Dragon Ash、20周年の記念日ライヴはサプライズもありで大盛況!
Thu, 23 Feb 2017 12:00:00 +0900
2月21日@EX THEATER ROPPONGI (okmusic UP\'s)

Dragon Ashが20周年の記念日となる2月21日(火)にEX THEATER ROPPONGIで行なった『20th Anniversary Live Show「MIX IT UP」』。新旧の楽曲を織り交ぜた多彩なセットリストに約2,000人が熱狂し、大盛況のうちに終幕した。まさに20周年記念日にふさわしい圧巻のライヴの模様をリポートする。

【その他の画像】Dragon Ash

「誇りに思えるバンドであるように!」
ライヴモンスターの軌跡と未来が鳴り響いた
一夜限りの20周年記念日ライヴ

<思い出に縛られるぐらいなら/いっそその頭を割ろう>

 モノクロームのLED映像をバックに、EX THEATERのステージに現れた7人のメンバー。彼らが最初に鳴らし始めたのは、1997年に発表されたデビューミニアルバム『The day dragged on』からの1曲「天使ノロック」だった。早くもフロアにモッシュの波が続々と生まれていく。過去にとらわれず、信じるのは目の前の真実だけ。そう歌う1曲で幕を開けた、デビュー20周年を祝う一夜限りの宴、Dragon Ash 20th Anniversary Live Show『MIX IT UP』。さらに場内の熱気を煽るように、この日配信されたばかりの渾身のライヴ賛歌「Mix It Up」、そして昨年末に発表されたシングル『光りの街』収録の「Headbang」と、最新のライヴ・アンセムが続く。つねに音楽性とスタイルを進化させながら邁進し続けてきたライヴモンスター、Dragon Ashらしい始まりだ。

 すでにモッシュとダイブの坩堝と化したフロアをクールダウンするように始まったのは、オリジナル・メンバーでベーシストのIK?Z?NEの最後の演奏曲としてリリースされた、「Walk with Dreams」。赤と青のバンダナを腰につけたKjがギターを鳴らしながらかみしめるように歌うと、青から赤へゆっくりと照明の色が変わる。アンプの傍らに、IK?Z?NEのトレード・マークの赤と青のチェックのシャツコートをかけていたベーシスト、KenKenが奏でているのは、IK?Z?NEが使っていた赤と青の愛機だ。続いて披露された「繋がりSUNSET」は、当時29歳だったKjが20代で得たものを歌った1曲。HIROKIのギターソロが温かく優しい音色を響かせると、それはすべての人の人生の賛歌へと生まれ変わっていく。

 「Velvet Touch」「TIME OF YOUR LIFE」「Freedom」と、場内にシンガロングが巻き起こった後、聞き慣れたスクラッチ音が鳴り響くと、ひときわ大きな歓声が上がる。社会現象にもなった大ブレイクへの布石であり、ヒップホップのビートが大胆に取り込まれたミクスチャーバンドとしてのDragon Ashを決定づけた1曲「Let yourself go, Let myself go」だ。

 「スタッフとみんな(観客)と、こいつのおかげで20年やってこれました」

 Kjがそう言うと、KenKenがベースをビョーンと鳴らしながら、IK?Z?NEの赤青のチェックのシャツコートを自らのマイクスタンドにかけ、スラップベースを響かせる。それに応えるように激しいバンドアンサンブルが重なると、ステージもフロアも一斉にヘドバンのカオスへ。ライヴにかける音楽家の思い、親友でありベーシスト仲間でもあったIK?Z?NEの意志を継ぎ、KenKenがDragon Ashで演奏する理由。すべてが詰まった1曲の中で、KenKenが「馬場育三」の名を叫ぶ。「Amploud」では、IK?Z?NEがこの曲のMVやライブでいつもやっていた、右手を水平チョップするポーズをメンバー全員がすると、もちろんフロアも同調。誰よりもファン思いだったIK?Z?NEは、今も間違いなくDragon Ashの音楽の中に存在しているのだと確信する。<そんで楽しいんだったら歓声を?>と歌うKjのコールに、<Ho!>と叫ぶオーディエンスのレスポンスもバッチリだ。

 「ケガすんじゃないぞ!」

 KjのMCで始まった「百合の咲く場所で」でいくつものモッシュサークルが生まれ、ダイバーが次々と押し寄せるフロアは、ほんの数人の観客しかいないライヴも経験した、20年前のKjが夢見た幸福な光景、だった。音楽と歌と時間を共に分かち合うライヴという空間。それぞれの人生の喜びや悲しみ、ほころびやいろんなものを持ち寄り、ぶちまけて楽しむ唯一無二の場所。そんな自由な表現の場で、ダイヴやモッシュを禁止するのではなく、思いやりやマナーで誰もが楽しめる理想郷を作れたら……。下の人を蹴らないように両足を少し浮かせた体勢で転がるダイバーや、うまくダイブ出来ずに落ちた人がリフトしてくれた人に、「ごめんね」と謝る姿が目に入る。暴れることなく身体を揺らして各々楽しむ人もいる。大丈夫、Dragon Ashのライヴスピリットはちゃんと伝わっている。

 「俺はロックバンドやロックが世界で一番大好きです。だから周りの人すべてに誇りを持ってるし、Dragon Ashが好きだと言ってくれる人たちが誇りを持てるように、これからもがんばります」

 キラーチューン「Fantasista」で極限までフロアを煽った後、Kjがさらに言葉を続ける。

 「俺たちはみんなに救われてきたので、願わくば、俺たちの曲やライヴハウスという空間がみんなの支えになってくれたらいいなという思いで作った新曲です」

 じっと聴き入るオーディエンスに披露されたのは、3月29日にリリースされるニューシングル『Beside You』。どんな時も彼らの音楽を糧に人生を歩むオーディエンスに捧げられた、Dragon Ashからの美しいラヴソングだ。

 最後に希望の歌、「光りの街」で本編を締めくくると、場内に「Viva! Viva! la revolution!」のコールが沸き起こる。ダンサーのATSUSHIとともにこの日のセットリストを作った桜井誠曰く、「いちばん最初に作った曲(「天使ノロック)で始まって、いちばん新しい曲で終わる」という流れに、20周年への思いを込めたという。何しろこの日、2月21日は、Dragon Ashがミニアルバム『The day dragged on』でデビューをした、まさに20周年目の始まりの日。一夜限りの記念日を共に祝いたいというファンの熱い思いも強く、会場の前には、「チケットを譲ってください」と書かれた紙を持つ多くのファンの姿が見受けられた。そんなファンの熱意を代弁するように、アンコールに応えてステージにメンバーが登場した途端、「HAPPY BIRTHDAY」のSEが流れ、ケーキや「20」の数字の金色のバルーン、ファンからのメッセージが書き込まれたフラッグを持ったファンクラブの代表メンバーがサプライズでステージに登場。「20周年は祝われたい」と発言していたドラムの桜井誠の要望を叶えるべく実現した企画だったそうだが、「俺はディナーショーをやってほしかった」と、桜井が無茶を言って場内の笑いを誘う。

 「一介のバンド人生では経験できないようなこととか、抱えきれないことを経験してきたバンドだと思いますけど、やめないでやってきてよかったなと思います」

 かけがえのないメンバーやスタッフ、仲間の喪失。進化し続ける過程でぶち当たった、さまざまな悲しみや苦悩。幾多の音楽を飲み込み、パンク、ハードコア、ヒップホップ、ポストロック、ラテンなど、多彩なアプローチを重ねてきた軌跡。そのすべてを包括するようなKjの言葉に、フロアから大きな拍手と熱い歓声があがる。Dragon Ashの音楽と共に人生を歩んだすべての人にとって、貪欲なまでに革新し続けてきた彼らの姿勢、立ち止まるより前を向こう、どんな状況でも小さな光を見つけようと歌うその音楽は、想像以上に大きな糧になってきたに違いない。多分それはDragon Ash自身にとっても同じなのだ。それを確信するようにアンコールで披露されたのは、「運命共同体」。場内がまさにひとつになった温かな瞬間を惜しむように、「Curtain Call」の美しくも激しい音が最後に響くと、フロア中からオーディエンスの腕が力強く突き上がる。

 「また20年後に会いましょう!」

 BOTSがそう言ってスリップマットをフロアに投げ入れると、桜井も続ける。

 「また今日が始まりですから。今年はガンガン行きますから!」

 桜井の言葉を反映するように、メンバーが去った後、スクリーンに映し出されたのは約3年ぶりとなる大規模な全国ツアー「Dragon Ash Tour 2017」の告知だった。6月8日の東京、Zepp DiverCity TOKYOを皮切りに、10月3日の東京、Zepp Tokyoまで全国30カ所31公演がスタートする。3月29日にはニューシングル『Beside You』も発売。20周年目のDragon Ashがいよいよ走り出す!

photo by 橋本塁(SOUND SHOOTER)
text by 早川加奈子

【セットリスト】
Intro:Duodecimal Future
01.天使ノロック
02.Mix It Up
03.Headbang
04.For divers area
05.Walk with Dreams
06.繋がりSUNSET
07.Velvet Touch
08.TIME OF YOUR LIFE
09.Freedom
10.Ivory
11.few lights till night
12.Let yourself go, Let myself go
13.The Live
14.Amploud
15.百合の咲く場所で
16.Fantasista
17.Beside You
18.光りの街
EN.運命共同体
Curtain Call

■『Dragon Ash Tour 2017』

6月08日(木) 東京 Zepp DiverCity
6月16日(金) 愛知 Zepp Nagoya
6月17日(土) 大阪 なんばHatch
6月22日(木) 福島 いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場
6月30日(金) 宮城 仙台 PIT
7月02日(日) 香川 高松 festhalle
7月03日(月) 愛媛 松山 WstudioRED
7月05日(水) 鳥取 米子 laughs
7月07日(金) 広島 BLUE LIVE 広島
7月15日(土) 長野 キッセイ文化ホール 中ホール
7月16日(日) 富山 クロスランドおやべ
7月20日(木) 京都 KBSホール
7月21日(金) 福井 福井県県民ホール
7月25日(火) 神奈川 CLUB CITTA\'
8月16日(水) 兵庫 チキンジョージ
8月17日(木) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
8月23日(水) 岐阜 club-G
8月24日(木) 静岡 Live House 浜松 窓枠
8月30日(水) 山口 周南 RISING HALL
8月31日(木) 福岡 DRUM LOGOS
9月02日(土) 熊本 KUMAMoTo B.9 V1
9月03日(日) 鹿児島 CAPARVO HALL
9月07日(木) 北海道 PENNY LANE24
9月08日(金) 北海道 PENNY LANE24
9月10日(日) 北海道 帯広 MEGA STONE
9月12日(火) 宮城 石巻BLUE RESISTANS
9月13日(水) 山形 ミュージック昭和セッション
9月15日(金) 青森 Quarter
9月18日(月) 新潟 LOTS
10月01日(日) 群馬 桐生市市民文化会館 小ホール
10月03日(火) 東京 Zepp Tokyo

【関連リンク】
Dragon Ash オフィシャルHP
Dragon Ash、大規模全国ツアー決定&新曲「Mix It Up」のMVを公開
Dragon Ash、20周年記念日にSPライブ開催&新曲を配信! 3月にはシングルのリリースも!
『ビクターロック祭り2017』、サカナクション・Dragon Ashら5組の追加出演者を発表!

【関連アーティスト】
Dragon Ash
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

山田姉妹、本人コメント含むプロモーション映像を公開!
Thu, 23 Feb 2017 11:00:00 +0900
山田姉妹 (okmusic UP\'s)

2月22日にアルバム『あなた〜よみがえる青春のメロディー』でメジャーデビューした山田姉妹のプロモーション映像が公開された。

【その他の画像】山田姉妹

山田華(はな 姉 25)・山田麗(れい 妹 25)の双子ソプラノデュオ・山田姉妹。神奈川県出身の2人は、クラリネット奏者の母の影響で4歳から歌を始め、共に音楽大学声楽科を優秀な成績で卒業した。その後も共にクラシックオペラ界の登竜門である二期会オペラ研修所で舞台芸術の研鑽を積み重ねながら、歌手活動のみならず、その淡麗な容姿から、姉はミス鎌倉、妹は女優としてドラマに出演するなど活躍。

クラシックの声楽を勉強した姉妹が昭和歌謡を歌うようになったのは、ドライブの車中、父親が流した歌謡曲を子供心に覚えて歌っていたことがきっかけ。デビューするにあたり、100曲ほどのリストからスタッフとともに厳選して選曲し、今回のデビューアルバムに収録した。

3月20日(月)に東京・王子ホールで開催されるデビューコンサートはすでにチケットが完売するなど、その注目の高さが窺える。またデビュー日でもある2月22日(水)には、東京・タワーレコード渋谷店7Fでのインストアライヴも予定している。

彼女たちのSNSでは、ふたりが“華麗”に収録曲を紹介する動画企画も行なわれているので、ぜひチェックしてみてほしい。

■山田姉妹 オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/yamadashimai/

■山田姉妹 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/Karei1224

■「あなた」short ver.+本人コメント
https://www.youtube.com/watch?v=JE-rqGnYpF4

■【山田姉妹 コメント】

■山田華 コメント
「ずっと夢だった自分たちのCDが完成し念願のデビュー。
ここに至るまでたくさんの方々に支えられ、応援していただき感謝でいっぱいです。
小さい頃から大好きだった歌や今回初めて歌った曲など様々ですが、
1曲1曲に全身の想いを込めて歌いました。
私たちなりの「昭和の名曲」が少しでも多くの方の心に届きますように。
そして"あの頃"を思い出して
温かい気持ちになっていただけますように」

■山田麗 コメント
「いろんな方に出会い
いろんな方に応援していただき
いろんな方のお支えがあって
2人で歌手デビューしたい!という
大切な夢が叶いました。
CDを受け取った時の
嬉しい気持ち、
体が温かくなる感覚を忘れずに
ここをスタート地点に
精進して参ります。
私の次なる目標は
聴いてくださる方の気持ちに寄り添える
歌手になることです。
支えてくださるスタッフの皆様、
応援してくださる家族、友人、
そして私たちの歌を聴いてくださる皆様に
厚く御礼申し上げます」

■【インストアライヴ情報】

2月22日(水)19:30〜
東京 タワーレコード渋谷店 7Fイベントスペース
2月25日(土)14:00〜、15:30〜
東京 銀座山野楽器 本店1F 特設ステージ

■デビューアルバム発売記念コンサート

3月20日(月) 東京 王子ホール

■アルバム『あなた 〜よみがえる青春のメロディー』

2017年2月22日(水)発売 
COCQ-85333/¥3,000+税
<収録曲>
1. 翼をください
作詞:山上路夫 / 作曲:村井邦彦(赤い鳥 1971年)
2. 雨やどり
作詞・作曲:さだまさし(さだまさし 1977年)
3. 結婚しようよ
作詞・作曲:吉田拓郎(吉田拓郎 1972年)
4. おはなし
作詞:遠藤侑宏 / 作曲:田村守 (キャッスル&ゲイツ 1969年)
5. あなた
作詞・作曲:小坂明子(小坂明子 1973年)
6. 見上げてごらん夜の星を
作詞:永六輔 / 作曲:いずみたく(坂本九 1963年)
7. 木綿のハンカチーフ
作詞:松本隆 / 作曲:筒美京平(太田裕美 1975年)
8. 風 
作詞:北山修 / 作曲:端田宣彦(はしだのりひことシューベルツ 1969年)
9. 誰もいない海
作詞:山口洋子 / 作曲:内藤法美(トワ・エ・モワ 1970年)
10. なごり雪
作詞・作曲:伊勢正三(かぐや姫/イルカ 1974年)
11. ひこうき雲
作詞・作曲:荒井由実(荒井由実 1973年)
12. 切手のないおくりもの
作詞・作曲:財津和夫(ペギー葉山/財津和夫 1977年)
13. この広い野原いっぱい
作詞:小薗江圭子 / 作曲:森山良子(森山良子 1967年)

【関連リンク】
山田姉妹 オフィシャルHP
山田姉妹のデビュー発表コンベンションでこまどり姉妹が激励
PrizmaX、新曲「Someday」MV公開&タイアップ決定! ワンマンツアーの開催も明らかに!
『ASOBINITE!!!』3月のヘッドライナーは中田ヤスタカ&CAPSULEが2017年初ライブ

【関連アーティスト】
山田姉妹
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1