歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年02月21日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
Shout it Outがティッシュ配りに挑戦!? アルバムリリース&全国ツアーPR企画実施
Tue, 21 Feb 2017 22:00:00 +0900
限定ポケットティッシュ (okmusic UP\'s)

Shout it Outが、1stフルアルバム『青年の主張』リリースツアーの先行特別公演開催日に、限定ポケットティッシュを配布し、アルバムのリリースとツアーをPRする『ティッシュ配りサーキット』を敢行することがわかった。

【その他の画像】Shout it Out

今回の企画は、1人につき最大3個のポケットティッシュが手渡しされ、1個は自分用として、残りの2個は知り合いに配り、アルバムリリースとツアー開催についての代理PRを託すという、リスナー参加型のプロモーションイベント。

また、該当店舗では『青年の主張』の収録全曲を1日限定で店内放送としてフル視聴でき、予約購入者を対象とした特典の先行配布も実施される。フル視聴の時間などの詳細は、オフィシャルHPをチェックしよう。

■Shout it Out「ティッシュ配りサーキット」開催日時・店舗

2月25日(土) 大阪エリア
11:10〜11:30 タワーレコードあべのHoop店
12:05〜12:25 タワーレコードNU茶屋町店
12:40〜13:00 タワーレコード梅田大阪マルビル店
13:25〜13:45 タワーレコード難波店

3月05日(日) 名古屋エリア
11:30〜12:00 タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
12:30〜13:00 タワーレコード名古屋パルコ店

■アルバム『青年の主張』

2017年3月8日発売
PCCA-04474/¥2,800(税込)
※プレイパス封入付き
※初回生産分限定 スリーブケース仕様
<収録内容>
01. 大人になれない
02. 17歳
03. 雨哀
04. 道を行け
05. DAYS
06. 夜間飛行
07. トワイライト
08. 青春のすべて
09. 影と光
10. 青年の主張
11. エンドロール
12. 灯火

■1stフルアルバム『青年の主張』リリースツアー

2月25日(土) 大阪・OSAKA MUSE <ワンマン>
3月05日(日) 名古屋・APOLLO BASE <ワンマン>
3月21日(火) 松山・松山Double-u Studio <対バン>
3月25日(土) 仙台・spaceZero <ワンマン>
3月26日(日) 札幌・SOUND CRUE <ワンマン>
3月31日(金) 金沢・LIVE HOUSE vanvanV4
<対バン/サイダーガール、BURNOUT SYNDROMES>
4月02日(日) 新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGE
<対バン/サイダーガール、Halo at 四畳半>
4月08日(土) 福岡・DRUM SON <ワンマン>
4月09日(日) 広島・広島BACK BEAT
<対バン/ドラマチックアラスカ>
4月14日(金) 神戸・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
<対バン/HOWL BE QUIET、climbgrow>
4月16日(日) 高松・高松DIME
<対バン/HOWL BE QUIET>
4月22日(土) 松本・松本ALECX <対バン>
5月07日(日) 東京・TSUTAYA O-WEST <ワンマン>

【関連リンク】
Shout it Out オフィシャルHP
Shout it Out、須賀健太出演の「青年の主張」MVフル解禁! アパレルブランドとのコラボも決定
Shout it Out、須賀健太が叫ぶ「青年の主張」MV公開
Shout it Out、全国ツアーの対バン第2弾にドラマチックアラスカ、Halo at 四畳半、BURNOUT SYNDROMESら

【関連アーティスト】
Shout it Out
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

Dragon Ash、大規模全国ツアー決定&新曲「Mix It Up」のMVを公開
Tue, 21 Feb 2017 21:00:00 +0900
Dragon Ash  (okmusic UP\'s)

Dragon Ashが、約3年ぶりとなる全国ツアー『Dragon Ash Tour 2017』の開催を発表した。

【その他の画像】Dragon Ash

本ツアーは全国30ヶ所31公演を予定。スタンディング形式にこだわってライヴを行なう彼らの信条どおり、ライヴハウスでの公演が中心となるが、今回は初の試みとして、ステージの都合で今までワンマンを行なうことのできなかったエリアや、初お目見えとなるライヴハウスにも挑戦する。チケットの詳細はオフィシャルHPにて確認しよう。

また、配信がスタートしたばかりの新曲「Mix It Up」のMVもあわせて公開された。「Mix It Up」は『20th Anniversary Live Show 「MIX IT UP」』でライヴ初披露されたが、20周年の記念日にドロップされるにふさわしい、正真正銘のライヴチューンとなっている。

MVは、KenKenを擁する現メンバーで行なわれた、巨大フェスを中心とした熱すぎるパフォーマンスを存分にフィーチャー。なお、同MVは後日GYAO!で独占フル視聴が可能となる。

さらに、3月29日にリリースされるシングル「Beside You」のジャケット写真も解禁。今作もアートワークのデザインはKj! 楽曲のイメージとリンクするアートワークは30cm×30cmアナログLPサイズの完全限定盤で存分に堪能できるので、ぜひ手に入れてほしい。

■「Mix It Up」MV
https://youtu.be/IiVWKNcTgKw

■シングル「Beside You」

2017年3月29日発売
【完全限定盤】 (CD+DVD)
VIZL-1117/¥2,980+税
・30cm×30cmアナログLPサイズ豪華メモリアル・パッケージ
・32ページ大型写真集封入
・歴代ロゴステッカー封入    
【期間限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1118/¥1,980+税
・歴代ロゴステッカー封入
※2017年12月までの出荷といたします
【通常盤】(CD)
VICL-37251/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.Beside You
2.Circle
■DVD/完全限定盤、期間限定盤
「20 years of Dragon Ash 」
・初商品化となる12曲にも及ぶライブ映像と、未公開の映像や資料もふんだんに盛り込んだバンドの核心に迫る初のヒストリービデオ。
100分を超える充実の映像作品で20年の活動を振り返る。
《収録曲》
・The Day dragged on / 1997.11.20 SHIBUYA ON AIR WEST
・Future / 1999.4.11 AKASAKA BLITZ
・Fever / 1999.4.11 AKASAKA BLITZ
・Cool Boarders / 1998.10.6 SHIBUYA CLUB QUATTRO
・Humanity / 1999.10.7 YOKOHAMA ARENA
・百合の咲く場所で / 2001.5.5 Tokyo Bay NK Hall
・Fantasista / 2003.11.23 Tokyo Bay NK Hall
・Scarlet Needle / 2005.11.25 YOKOHAMA BLITZ
・Fly / 2007.6.28 Zepp Tokyo
・Velvet Touch / 2009.5.8 Zepp Tokyo
・SLASH / 2011.4.22 Zepp Tokyo
・The Live / 2014.4.20 Ishinomaki Onepark

■『Dragon Ash Tour 2017』

6月08日(木) 東京 Zepp DiverCity
6月16日(金) 愛知 Zepp Nagoya
6月17日(土) 大阪 なんばHatch
6月22日(木) 福島 いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場
6月30日(金) 宮城 仙台 PIT
7月02日(日) 香川 高松festhalle
7月03日(月) 愛媛 松山WstudioRED
7月05日(水) 鳥取 米子laughs
7月07日(金) 広島 BLUE LIVE 広島
7月15日(土) 長野 キッセイ文化ホール 中ホール
7月16日(日) 富山 クロスランドおやべ
7月20日(木) 京都 KBSホール
7月21日(金) 福井 県民ホール
7月25日(火) 神奈川 CLUB CITTA\'
8月16日(水) 兵庫 チキンジョージ
8月17日(木) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
8月23日(水) 岐阜 club-G
8月24日(木) 静岡 Live House 浜松 窓枠
8月30日(水) 山口 周南 RISING HALL
8月31日(木) 福岡 DRUM LOGOS
9月02日(土) 熊本 KUMAMoTo B.9 V1
9月03日(日) 鹿児島 CAPARVO HALL
9月07日(木) 北海道 PENNY LANE24
9月08日(金) 北海道 PENNY LANE24
9月10日(日) 北海道 帯広MEGA STONE
9月12日(火) 宮城 石巻BLUE RESISTANCE
9月13日(水) 山形 ミュージック昭和セッション
9月15日(金) 青森 Quarter
9月18日(月・祝) 新潟 LOTS
10月01日(日) 群馬 桐生市市民文化会館 小ホール
10月03日(火) 東京 Zepp Tokyo

【関連リンク】
Dragon Ash オフィシャルHP
Dragon Ash、20周年記念日にSPライブ開催&新曲を配信! 3月にはシングルのリリースも!
『ビクターロック祭り2017』、サカナクション・Dragon Ashら5組の追加出演者を発表!
Dragon Ash、J-WAVE主催イベント出演決定&バンド初VR MV公開

【関連アーティスト】
Dragon Ash
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

『ASOBINITE!!!』3月のヘッドライナーは中田ヤスタカ&CAPSULEが2017年初ライブ
Tue, 21 Feb 2017 20:00:00 +0900
『ASOBINITE!!! -SPRING SPECIAL-』フライヤー画像 (okmusic UP\'s)

3月4日(土) 新木場ageHaにて、『ASOBINITE!!! -SPRING SPECIAL-』が開催されることが決定した。

【その他の画像】CAPSULE

ヘッドライナーにはASOBINITE!!!のレジデントであり稀代の音楽家・中田ヤスタカと、彼のメインユニット・CAPSULEが登場。2017年初ライブということもあり、注目が集まりそうだ。

また"SPRING SPECIAL"に相応しく、tofubeats、80KIDZ、TeddyLoidら豪華ラインナップもARENAに集結。ISLANDでは人気アパレルショップ「WHO\'S WHO gallery」の新宿ルミネ店、立川ルミネ店のアニバーサリーパーティを、そして超局所型ジャンルに特化したBOXは、都内だけに留まらず、地方のパーティーでもひときわ愉快な存在感を放つ実力派DJ&VJが集結する。

春爛漫な3月の宵は、ぜひ『ASOBINITE!!!』に足を運んでみては?

■『ASOBINITE!!! -SPRING SPECIAL-』

3月4日(土)新木場ageHa@STUDIO COAST
OPEN 23:00

<ARENA - ASOBINITE!!! ->
LIVE:CAPSULE
LINEUP:中田ヤスタカ/tofubeats/80KIDZ(DJ SET)/TeddyLoid/Fumihiko Chiba and more
DANCER:CYBERJAPAN DANCERS/ageHa POLE DANCERS
VJ:滝紘平/AK2
LIGHTING:MIURA

<ISLAND - WHO\'S WHO gallery LUMINE EST SHINJUKU & LUMINE TACHIKAWA Anniversary party ->
GUEST:Fujita(FU-TSUKA/JieDa/KIKUNOBU)/SE-TA(MADNESS/BOUNCE)
LINEUP: YASUKI/5kage/K-TA/Underdog/Yusuke!/0nika/flashlight/パル・ノイ・トウ/ノドパチ/YUTA69/クボンヌ
MC:輩MC
VJ:VJ KAZUTOMO/VJ H!RONαRI
DANCER:BeBe/MIKA

<WATER - Hands Up! ->
LINEUP:ROLF U DIV/TAKAHASHI YU/MA-SA/yucci/NIKO/KENICHI/Takanori with J.STOKES/MISAKI

<BOX>
LINEUP:DJZERO(PINGLOOP/YAVADJs/酔音)/kiki\'ch(NEWKOOL/雑飲み部)/CHiNTAKU(POSSE)/オーシマカズキ(MIDSUMMER\'S KNIGHTS) and more
VJ:ノム(アニメブレイク/POSSE/A-ON!/大アニ)

■イベント詳細
・ageHa
http://www.ageha.com/schedule/event.php?id=280760
・ASOBIPRESS
http://asobipress.jp/event/event_detail.php?id=CnSfGVRO

【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ、24歳の誕生日に中田ヤスタカとSPライブを開催
Crossfaith、世界で活躍する豪華リミキサー陣によるリミックスアルバム配信決定
中田ヤスタカ、新曲MVにてCharli XCX、きゃりーぱみゅぱみゅと新バンドを結成!?
中田ヤスタカ、ソロ最新作にCharli XCX・きゃりーぱみゅぱみゅが参加決定!

【関連アーティスト】
CAPSULE, 80kidz, tofubeats, 中田ヤスタカ, TeddyLoid
【ジャンル】
J-POP, ダンス/ハウス/テクノ, イベント

PrizmaX、新曲「Someday」MV公開&タイアップ決定! ワンマンツアーの開催も明らかに!
Tue, 21 Feb 2017 19:30:00 +0900
PrizmaX (okmusic UP\'s)

PrizmaXが、3月29日(水)にリリースする1stアルバム『Gradually』に収録されている新曲「Someday」のMVとタイアップ情報、ワンマンライブツアーの詳細を明らかにした。

【その他の画像】PrizmaX

新曲「Someday」のMVは、離れ離れになっていく男女の気持ちを表現したストーリー性のある映像とライブ映像がうまく合わさり、MVの世界観にグッと引き込まれる作品に。また「Someday」は日本テレビ系『採用!フリップNEWS』3月度のエンディングテーマにも決定している。

さらに、あわせてワンマンツアーの情報も解禁となった。『PrizmaX Live Tour Level 5「DIVE」』と題された今回のツアーは、福岡・大阪・愛知・東京の4都市を巡るツアーとなっており、1stアルバム『Gradually』収録の楽曲で作り出される、映画のようなライブとなる。是非会場に足を運び、PrizmaXのステージを体験してほしい。

■「Someday」MV
https://youtu.be/iG9RUu3b0IM

■アルバム『Gradually』

2017年3月29日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
ZXRC-2017/¥3,780(税込)
【通常盤】(CD only)
ZXRC-2018/¥2,700(税込)
<収録曲>
■CD
1. Gradually
2. Pleasure
3. Sing it!
4. Angel
5. REBORN
6. my girl
7. UP<UPBEAT
8. Never
9. Someday
10. Just Revolution
11. Mysterious Eyes <New Version>
12. It’s Love
13. FANTASISTA
14. Three Things
■DVD(初回限定盤のみ)
PrizmaX Live Level 4
2016.11.20 @新木場Studio Coast
〜やっと来た、あの夜を思い出すときが〜
1. I want your love
2. 抱きしめて行く
3. Mysterious Eyes
4. OUR ZONE
5. Just Revolution
6. If you
7. 春空
8. Never
9. Without you
10. Truth
11. Someday

■『PrizmaX Live Tour Level 5「DIVE」』

7月21日(金) 福岡 BEAT STATION
7月22日(土) 大阪 なんばHatch
7月26日(水) 愛知 DIAMOND HALL
8月09日(水) 東京 Zepp DiverCity (TOKYO)

【関連リンク】
PrizmaX オフィシャルHP
PrizmaXの森崎ウィンが映画『クジラの島の忘れもの』のメインキャストとして出演決定
PrizmaX・福本有希×SUPER★DRAGON・志村玲於、舞台『バイオハザード』最新作にWキャストで出演
PrizmaX 島田翼、2017年は連載『Wet Crate』が外に飛び出す!?

【関連アーティスト】
PrizmaX
【ジャンル】
J-POP

吉田山田、伝説の鳥人間も再来した『Over The Rainbowツアー』札幌公演
Tue, 21 Feb 2017 19:00:00 +0900
2月19日@北海道・札幌PENNY LANE 24 (okmusic UP\'s)

吉田山田が2月19日、北海道の札幌PENNY LANE 24にて、『吉田山田7周年記念7ヶ月7会場マンスリー企画「Over The Rainbowツアー」』の札幌公演を開催した。

【その他の画像】吉田山田

『Over The Rainbowツアー』は2016年9月から毎月1公演ずつすべて異なるセットリスト、演出で行なわれているマンスリー企画。今回の札幌公演は『〜札幌 ツートンカラー〜』と題して、2人のソロパートも設けられ、それぞれの世界観を披露した。

それぞれ白と黒でコーディネートした、まさにツートンカラーの衣装で登場した吉田山田。山田義孝(Vo)の『ハロー! 札幌! 最後の最後までヨロシク!』の掛け声と共にライブはスタート。「希望とキャンディ」「新しい世界へ」での幕開けに会場は手拍子をしながら総立ちとなり、早くも熱気に包まれる。

『Over The Rainbowツアー 〜札幌ツートンカラー〜へ皆さんようこそ! お待たせ! ただいま!』とあいさつし、47都道府県ツアー以来の札幌公演に会場からも『おかえり!』の声が飛び交う。北海道ということで吉田結威(Gu/Vo)が登別市にあるのぼりべつクマ牧場のCMに合わせたコールアンドレスポンスを唐突に投げかけると、会場も見事にそれに応え和やかな空気に。温まった空気のまま「ソウルフード」でも楽器を駆使したコールアンドレスポンスで会場はノリノリに。一転、この冬の季節に染み入る「水色の手袋」ではしっとりと聴かせた。初めて北海道にイベントで来た際に雪の上で相撲をとって携帯電話を失くしたり、寒さに慣れておらずブラウス一枚で降り立ってしまい、イベント会場で上着を買った思い出など、吉田山田節も飛び出す。

デビュー以降、それぞれで作詞作曲をする機会が増えたこともあり、ここからはそれぞれのソロパートへ突入。吉田は初めて自分の母へ向けて書いた「母のうた」を弾き語り、田舎から東京へ帰る時に祖父から言われた“寂しい”という言葉から感化されて作った「逢いたくて」をBU-NI(Key)を迎え入れて披露。感涙のバラードに会場からはすすり泣く声が聞こえてくる。さらにもう一曲「好きだよ」では、歌詞を<吉田と山田が好きだよ〜♪><本当は吉田が好きだよ〜♪>と変えて、ソロならではの本音(?)も飛び出し会場から笑いが巻き起こる。

吉田がギターでサポートに回り山田のパートへ突入すると、鳥の羽を身に纏った山田が登場。約3年ぶりとなる「鳥人間になりたい」を披露した。<鳥人間になりたい 鳥人間になりたい>という印象的なサビと羽ばたきながら歌う独特な世界観に会場からはこの日一番の歓声があがる。吉田からも思わず『独特すぎるでしょ! これを弾くためにギター練習したんじゃないんだよ!』と突っ込みが入る。ここからは聴かせどころと言わんばかりに、NHKみんなのうた「日々」のリリース以降、色んな家族と出会うことが増え、親に対する気持ちを歌にした新曲の「化粧」、『手拍子も歌声も自分のために、自分に拍手をおくるように、自分自身にエールをおくるように一緒に歌ってください』と「魔法のような」をソロで披露。会場に集まった子供も大人も一緒になって<LALALA〜♪>と歌声を響かせた。

再び2人で楽曲を披露するのかと思いきや、鳥人間の衣装に身を包んだ吉田が登場し、これには会場から笑いが巻き起こる。改めて二人で歌えることへの感謝の気持ちを込めながら、弾き語りで「日々」「Today,Tonight」を披露。力強く歌う姿に会場も真剣に耳を傾ける。最後に自分達から歌のエールをと「頑張ることに決めた」を届け、『ありがとう札幌! サンキュー!』と深く礼をして本編の幕を閉じた。

会場のアンコールに応えて再びステージへあがると、バラードアレンジの「未来」を披露。普段は背中を押してくれるアップテンポな応援歌だが、アレンジが加わることでより一層歌詞が強く刺さる。一番を歌い終えたところで通常のアップナンバーへと戻り、会場も総立ちで飛び跳ねながら盛り上がった。

「OK」では恒例のOKサインを手で作りながら大合唱となり、「イッパツ」ではタオルを振り回し、会場のボルテージも最高潮に。『本当に今日は皆さん最後の最後までありがとうございました。僕達は8年目を走り抜けていますが、全てのランナー(ファン)と共に走り抜けたいと思います』とこれから先の決意と共に、拳を突き上げながらデビュー曲「ガムシャランナー」を歌い上げる。客席にマイクを向け、ライブを一緒に作り上げたランナー 一人一人に目を合わせるように歌いきった2人の顔は、やりきった高揚感に包まれている。『サンキュー! 札幌! また必ずお会いしましょう! バイバイ!』とステージを後にした。

『Over The Rainbowツアー』は3月25日(土)東京のディファ有明にてツアーファイナルを迎えるが、チケットはすでにソールドアウトとなっている。半年にわたって行なってきたライブがどのような結末を迎えるのか、そしてこのツアーを経てさらなるステージへと踏み出していくであろう2人からますます目が離せない。

■【セットリスト】

01.希望とキャンディ
02.新しい世界へ
03.ソウルフード
04.水色の手袋
05.母のうた(吉田ソロ)
06.逢いたくて(吉田ソロ)
07.好きだよ(吉田ソロ)
08.鳥人間になりたい(山田ソロ)
09.化粧(山田ソロ)
10.魔法のような(山田ソロ)
11.日々
12.Today,Tonight
13.頑張ることに決めた
〜アンコール〜
14.未来
15.OK
16.イッパツ
17.ガムシャランナー

■『「Over The Rainbowツアー FINAL」〜有明 コズミックダンスホール〜』

3月25日(土) 東京・ディファ有明
OPEN / START 16:15 / 17:00
身体で感じ、勝手に心が踊り出す小宇宙のダンスホール。

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田がラジオドラマ用に書き下ろした新曲「ホントノキモチ」のライブ映像を公開
吉田山田、音楽と映像を融合させた『Over The Rainbowツアー』名古屋公演の模様を公開
吉田山田、名古屋公演でZIP-FMラジオドラマ主題歌初披露

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ストリート・スライダーズ、企画アルバムを最新リマスター音源で再リリース!
Tue, 21 Feb 2017 18:00:00 +0900
ストリート・スライダーズ (okmusic UP\'s)

ストリート・スライダーズの企画アルバム5タイトルが、2月21日にSony Music Shop限定商品として再リリースされた。

【その他の画像】ストリート・スライダーズ

今回発売されたのは、1987年1月30日の日本武道館公演を収録した『THE LIVE!〜HEAVEN AND HELL〜』、1995年6月17日・18日のNHKホール公演を収録した『GET THE GEAR』、2000年10月29日の日本武道館ラストライヴを収録した2枚組『LAST LIVE』の3枚のライヴアルバムと、デビューから5年間を凝縮した全曲N.Y.リミックスのベストアルバム『REPLAYS』、12インチシングルバージョンを中心にアルバム未収録音源を集めた『RARE TRACKS』の計5タイトル。全タイトル最新リマスター音源、高品質CD(Blu-spec CD2)仕様による完全パワーアップ盤となっている。

いずれもオリジナルアルバムに引けを取らない聴き応え充分のプロダクツばかり。商品の詳細についてはソニーミュージックのスペシャルサイトで確認しよう。

■【商品概要】

発売中
※Sony Music Shop専売
<再発タイトル>
『THE LIVE!〜HEAVEN AND HELL〜』
DYCL 7054/¥2,500+税
『REPLAYS』
DYCL 7055/¥2,500+税
『RARE TRACKS』
DYCL 7056/¥2,500+税
『GET THE GEAR』
DYCL 7057/¥2,500+税
『LAST LIVE』(2枚組)
DYCL 7058-9/¥3,000+税

【関連リンク】
ソニーミュージック ストリート・スライダーズスペシャルサイト
ストリート・スライダーズ、映像作品12タイトルを収録した7枚組DVDボックスを限定発売
中島美嘉、土屋公平ら参加の新プロジェクト“MIKA RANMARU”が初ライヴ
TVアニメ「ACCA13区監察課」OP曲がリリース、“ONE III NOTES”によるジャジーで洒落たナンバー

【関連アーティスト】
ストリート・スライダーズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

アベレージ・ホワイト・バンドの極めつけディスコヒット5曲
Tue, 21 Feb 2017 18:00:00 +0900
アベレージ・ホワイト・バンドの極めつけディスコヒット5曲 (okmusic UP\'s)

70年代に、イギリスから彗星のごとく現れたファンクグループがアベレージ・ホワイト・バンドだ。ソウルやファンクといった音楽はアメリカ人で、なおかつ黒人でなければできないと思われていた時代に、イギリス人で、なおかつ白人ばかりで彼らは登場してきたのである。当初はもちろん、逆風が吹き荒れていたのだが、その卓越したテクニックと熱いパッションで、ディスコでもあっと言う間に人気グループとなった。また、90年代のクラブ時代に人気を博したUKソウルの原点としても彼らは見逃せない存在だと言えるだろう。

【その他の画像】Average White Band

“平均的な白人バンド”という人を食った名前のアベレージ・ホワイト・バンド(以下、AWB)は、1972年初頭にスコットランドで結成された。当時、ファンクの元祖として人気のあったジェームス・ブラウンやスライ&ザ・ファミリー・ストーンを模範にしながら、イギリスのパブで徐々に力を付けていった彼ら。他にも、Gonzalez、FBI、Kokomo, Butts Band、Cado Belle など素晴らしいブリティッシュ・ファンクグループがあったが、AWBが頭ひとつ抜き出ており、73年には元デラニー&ボニーのボニー・ブラムレットのソロデビュー作『スイート・ボニー・ブラムレット』(‘73)のバックを務めることで大きな自信を得る。同年、グループのデビューアルバム『Show Your Hand』を出した後、本場アメリカに渡り、2nd作『Average White Band』(’74)をリリースすると、このアルバムに収録された「Pick Up The Pieces」で大ブレイクし、全米チャート1位を獲得する。この後、オリジナルメンバーで名ドラマーのロビー・マッキントッシュが亡くなるという不幸もあったが、後任の黒人ドラマーのスティーブ・フェローニは、マッキントッシュにも増して優れたグルーブ感を持っており、AWBは大ヒットを連発し、82年までに11枚のオリジナルアルバムをリリースする。この年に一旦は解散するものの、90年代に再結成、今でも断続的に活動している。AWB の黒っぽいサウンドはディスコでも大きな注目を集め、クラブシーンに変化してからも多くのファンを楽しませている。

それでは、アベレージ・ホワイト・バンドの極めつけのディスコヒットを5曲セレクトしてみよう。

■1.「Pick Up The Pieces」(‘74)

全米チャートで1位に輝いた記念すべき2ndアルバム『AWB』(通称ホワイトアルバム)に収録のインストナンバー。全米ダンスチャートでは10位であったが、ポップチャートで1位、ブラックチャートで5位となる。黒人音楽が大好きな彼らにとってみれば、ブラックチャートで5位というのが一番嬉しかったはずだ。当時この曲がリリースされたときは、僕は絶対に黒人のバンドだと思っていたが、おそらくアメリカの黒人もそう思っていたに違いない。イギリスから来た白人グループの曲がブラックチャートに登場することは、まずあり得ないからだ。AWBの中では「Cut The Cake」と並ぶ代表曲で、強烈な黒っぽいグルーブを持っている。特にロビー・マッキントッシュの重いドラミングとアラン・ゴリーの骨太なベースプレイが光るナンバーだ。ホーンセクションはメンバーのロジャー・ボールとモリー・ダンカンの他、ゲストでブレッカー・ブラザーズも参加しているだけに、引き締まったプレイを聴かせている。インストファンクの傑作だ。

■2.「Cut The Cake」(‘75)

3rd作『Cut The Cake』に収録のタイトルトラック。前作リリース後にロビー・マッキントッシュが急死したため、スティーブ・フェローニが参加している。この曲は1)と似たスタイルで、この時期のAWBを代表するナンバー。それだけにマッキントッシュとフェローニのドラミングを比較してしまうが、テクニック的にはどちらも同じぐらい優秀だ(ただし、後にフェローニは誰もが知るほどの名ドラマーに成長する)。曲の途中でベースとドラムだけになる部分では、ゴリーとフェローニの絡みがフュージョン的なプレイを見せており、AWBがディスコ向きの音楽をやっているだけでないことがよく分かる。ダンスチャートで13位と「Pick Up The Pieces」には及ばなかったが、「Cut The Cake」こそがAWBの代表曲だと考えている人は多いのではないだろうか。ヴォーカルは入っているが添え物で、ジュニア・ウォーカーの「ショットガン」やヴァン・マッコイの「ハッスル」みたいに、インストのほうがディスコで流行るって傾向があった。タワー・オブ・パワーほど緻密なサウンドではないが、それだけに黒人っぽさが際立ったナンバーだと思う。

■3.「Queen Of My Soul」(‘76)

4thアルバム『Soul Searching』に収録されたボサ風のリズムを基調にしたメローなナンバー。このアルバムでは当時流行しつつあったフュージョン(当時はクロスオーバーと呼ばれていた)やポップソウル風の曲を取り入れ、AWBの新しい面を押し出そうとしていた時期である。ヘイミッシュ・スチュアートのヴォーカルがドニー・ハサウェイやマービン・ゲイに影響されていることもあり、彼らの魅力がインストナンバーばかりではないことがファンに伝わったのが、この曲だったと言えるだろう。アルバムには他にもAORの秀作『Hard Candy』(‘76)を既にリリースしていたネッド・ドヒニーの名曲「A Love Of Your Own」を取り上げるなど、ゴリゴリのファンクに都会的な味付けをしようと頑張っていた。この曲でのお洒落なサックスソロはゲストのマイケル・ブレッカーによるものだろう。ただ、ポップソウル的なグループと言えば、同じアトランティック出身(この時は既にRCAに移籍しているが)のホール&オーツという強力なライバルがおり、ダリル・ホールほど秀逸な曲が書けなかったこともあって、この路線は避けるべきだったと、今になっては思う。この曲はアメリカよりも日本のディスコで受けた。

■4.「Get It Up For Love」(‘77)

「スタンド・バイ・ミー」の大ヒットで知られるベン・E・キング(2015年に逝去)とコラボしたアルバム『Benny & Us』に収録されたナンバーで、先述したネッド・ドヒニーとメンバーのヘイミッシュ・スチュアートの共作。3)と同様のメローなポップソウルではあるが、この曲ではAWB本来のファンクサウンドも同居している。曲が良いこともあって、全米R&Bチャートで21位まで上昇するものの、それ以上に上がらなかったのは、重いファンク的なリズムが少し敬遠される時代に突入しようとしていたからだ。ボズ・スキャッグス、アース・ウインド&ファイアーなど、時代は軽めのソフト&メローが受ける時代に変わっていた。AWBもそのあたりはしっかり認識していたようで、79年にはプロデューサーにデビッド・フォスター(ホール&オーツやアース・ウインド&ファイアーなどを手がける才人)を迎えて、AORの要素を盛り込んだサウンドへと変わっていく。しかし、それはファンクグループとして人気を得たAWBらしさを失ってしまうことでもあった…。

■5.「Let’s Go Round Again」(’80)

デビッド・フォスターにプロデュースを任せた9thアルバム『Shine』に収録された彼ら最後のヒットナンバー。ゴージャスなストリングスと軽快なリズムを前面に押し出し、フィリーサウンドを取り入れるなど、明らかにディスコ向けに作られた曲である。4)で述べたようにAWBらしいファンクサウンドではないが、ディスコ好きにとっては、いかに楽しく踊れるかというところだけが重要なので、そういう意味ではパーフェクトに近い仕上がりとなった。この曲は英米を抑えてなぜか日本で大ブレイクし、オリコンの洋楽チャートで1位を獲得している。そう、日本のディスコで大ヒットしたってことですよ。ただ、ディスコ向きとはいうものの、すでに80年代に突入しているわけで、ディスコもファンクやソウルのようなサウンドから、シンセポップへと嗜好は変わっていく。そして、AWBのようなファンクバンドは徐々に活動の場が狭くなり、彼らも82年に解散することになる。ただ、この曲はイギリスでは何度かリバイバルヒットし、97年にリリースされた女性歌手ルイーズのバージョンは、全英ポップチャートで10位まで上昇した。

■♪♪「LOVE★DISCO」を青山でリアルに体験しよう♪♪

ヨーロッパで大流行のPOP-UP Discoが遂に日本上陸! ダンクラ〜ユーロまで定番曲をプレイ。最高峰の音響(JBL10台+サブ)と照明(Moving14台+固定10台+7色LED壁)と最新制御システムで、バブル時代をクールに再現します。

■レジデントDJ:DJ BABY(+ゲストDJ2名がプレイ)
■入場料(1ドリンク&無料ビュッフェ+女性無料シャンパン込):
男性/3,500円・女性/3,000円
■営業時間:18:30〜23:30
■POP-UP日程:2月24日(金)・3月10日(金)・3月11日(土)・4月7日(金)・4月14日(金)・4月15日(土)
■所在地: 東京都港区南青山6 10 12 Future7(表参道駅から:徒歩10分)
■20歳未満入場不可
■HP:https://lovedisco.themedia.jp/
■Facebook:https://www.facebook.com/LOVEDISCOAOYAMA/
(Facebookフォローで入場500円OFF)

【関連アーティスト】
Average White Band
【ジャンル】


MADLICK、4月にニューシングル&主催オムニバスアルバムを同時発売
Tue, 21 Feb 2017 17:30:00 +0900
MADLICK (okmusic UP\'s)

MADLICKが、4月12日にニューシングル『感染コバタリアン』と、自身が主催するオムニバスアルバム『V.A.MAD TRACK DX』をリリースすることを発表した。

【その他の画像】MADLICK

両作品ともに破格の999円。シングルには完全新曲3曲を収録し、オムニバスには“ツアーで出会った、まだあなたが知らないバンド達”をコンセプトに、ほぼ未流通の21バンドの楽曲+MADLICKから新曲2曲が収録される。

新たなキラーチューンとなること間違い無しの新曲達と、現在のライヴハウスシーンを盛り上げ、次世代のシーンをにぎやかすであろうバンド達を見逃すな!

■シングル「感染コバタリアン」

2017年4月12日発売
DYRT-0008/¥999(税込)
<収録曲>
1.煩悩デストロイ
2.アナザーホーム
3.衝動-SHODO-

■アルバム『V.A.MAD TRACK DX』

2017年4月12日発売
DYRT-0009/¥999(税込)
<収録バンド>
ank
AT-FIELD
Brave Back
FIVE STATE DRIVE
FOMARE
FREE CROSS
Goofy Stance
The Last Growing
LEODRAT
MADLICK
ONIONRING
RIDGE
SECRET SERVICE
SHABA
TAGNUTS
THRASHOUT
Wild Pitch
ヴァジリアントマト
ヨルマチダイス
THEリマインズ
谷川POPゴリラ
3SET-BOB

【関連リンク】
MADLICK オフィシャルHP
MADLICK、“ディープにキャッチー! すこぶるハッピー!”なMV「創造イマジネーション」公開
flumpool、29都市31公演に及ぶ『Re:image』ツアー日程解禁!
World Of the WORLD.、初ライブで「バレンタイン・キッス」のロックカヴァーを披露

【関連アーティスト】
MADLICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック

THE BAWDIES、『NEW』リリースツアーがスタート! 「105歳までロックンロールを貫く」
Tue, 21 Feb 2017 17:00:00 +0900
2月19日@新木場Studio Coast (okmusic UP\'s)

THE BAWDIESが2月19日、新木場STUDIO COAST公演より、全国ツアー『NEW BEAT TOUR 2017』をスタートさせた。

【その他の画像】THE BAWDIES

通算6枚目となるアルバム『NEW』を引っ提げ、全国を廻る今回のツアー。初日となった本公演では、まさに“NEW”なBAWDIESが存分に発揮されていた。

この日の会場は隅々まで超満員。スタートするやいなや冒頭3曲をぶっ通しで演奏し、会場を温めたあと、『改めましてBAWDIESです! これから全国33カ所回っていくわけですが、今日はその初日です! 今日は皆さんの太陽になってロックンロールを照らし続けていきます!』とROYがツアーに懸ける意気込みを宣言すると、オーディエンスからは大きな歓声が上がった。

その後アルバム『NEW』の収録曲の中でも一際爽やかな「DANCING SHOES」やシングルカットもされた「SUNSHINE」を披露。途中MCパートでは、最近髪をばっさり切ったTAXMANと髪を染めたMARCYをROYがいじり、場内が和んだあと、MARCYとTAXMANの高速セッションがスタート。2人の真剣なプレイによって会場全体が引き締まったところで、今回のステージで初披露となったメドレーを披露すると、会場の温度はまた一気に上昇した。

『短編映画“NEW”を観てくれた方はいますか? 最近出会った少年の気持ちを曲にしました』と、『NEW』の初回盤付属のDVDに収録されている短編映画「NEW」の一場面をそのままMCで披露するという粋な演出で「POPULAR GIRL」を演奏。その後もこの短編映画「NEW」の話で盛り上がった。

後半戦も新旧織り交ぜた選曲の数々で、息つく暇もない状態でライヴは進行していき、最新アルバム『NEW』が自分たちにとって最高傑作であるという思いを語るROYから、『(アルバム『NEW』は)皆さんの人生のサウンドトラックになると思います。』という自信のこもった一言と共にアルバムのリード曲「NEW LIGHTS」を披露。終盤に差し掛かると、『80歳いや105歳までロックンロールを貫くという決意が込められた曲』という、ROYからの決意表明と共に「THE EDGE」が鳴り響いた。

今回のツアーで初披露となる衣装や演出面も含めて、また新たなTHE BAWDIESを体感できる『NEW BEAT TOUR 2017』。ぜひ会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

■【ライヴ情報】

『NEW BEAT TOUR 2017』
※終了分は割愛
2月25日(土) なんば Hatch
2月26日(日) 名古屋 DIAMOND HALL
3月02日(木) 高知 X-pt
3月04日(土) 高松 MONSTER
3月05日(日) 松山 WstudioRED
3月09日(木) 浜松 窓枠
3月11日(土) 和歌山 SHELTER
3月12日(日) 京都 磔磔
3月17日(金) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
3月18日(土) 青森 QUARTER
3月20日(祝・月) 仙台 Rensa
3月25日(土) 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK VJ-2
3月26日(日) 郡山 Hip Shot Japan
3月30日(木) 岡山 YEBISU YA PRO
4月01日(土) 広島 CLUB QUATTRO
4月02日(日) 周南 RISING HALL
4月15日(土) 滋賀 U-STONE
4月16日(日) 神戸 Chicken George
4月20日(木) 松本 Sound Hall a.C
4月22日(土) 新潟 LOTS
4月23日(日) 富山 MAIRO
4月27日(木) 熊谷 HEAVEN\'S ROCK VJ-1
4月28日(金) 高崎 club FLEEZ
4月30日(日) 水戸 LIGHT HOUSE
5月13日(土) 札幌 Zepp Sapporo
5月21日(日) 東京 NHKホール
5月28日(日) 大阪 オリックス劇場
5月29日(月) 愛知 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
6月08日(木) 長崎 DRUM Be-7
6月10日(土) 大分 DRUM Be-0
6月11日(日) 福岡市民会館
6月16日(金) 沖縄 桜坂セントラル

『NEW BEAT TOUR 2017 〜See The Rock !! Feel The Roll !!〜』
5月13日(土) 札幌 Zepp Sapporo
5月21日(日) 東京 NHKホール
5月28日(日) 大阪 オリックス劇場
5月29日(月) 愛知 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
6月11日(日) 福岡市民会館

【関連リンク】
THE BAWDIES オフィシャルHP
THE BAWDIES、ツアー5公演が映像×ロックのスペシャルライヴに!
THE BAWDIES、初の「アルバム発売記念サイン会」開催地に大阪と名古屋を追加!
THE BAWDIES、最新アルバム全曲試聴ダイジェストを公開! プレイしているのは誰?

【関連アーティスト】
THE BAWDIES
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

flumpool、29都市31公演に及ぶ『Re:image』ツアー日程解禁!
Tue, 21 Feb 2017 16:00:00 +0900
flumpool (okmusic UP\'s)

5月20日よりスタートするflumpoolの全国ツアー『flumpool 8th tour 2017 Beginning Special「Re:image」at NIPPON BUDOKAN』のスケジュールが解禁された。

【その他の画像】flumpool

日本武道館公演を含む29都市31公演。2016年に開催した全国ツアーからさらに開催都市数を拡大し、より多くのオーディエンスのもとを訪れる全国ツアーとなる。

3月には映画『サクラダリセット』主題歌となるシングル「ラストコール」をリリースし、5月には日本武道館2days公演を開催。そして、このたびスケジュールが発表された全国ツアー開催と、全国各地にflumpoolの軌跡を残していく。

合わせてチケット先行情報も解禁されているので、オフィシャルHP等で詳細を確認しよう。

■-flumpool 8th tour 2017「Re:image」スペシャルサイト-
http://www.flumpool.jp/sp/tour2017/

■シングル「ラストコール」スペシャルサイト http://www.flumpool.jp/sp/lastcall/

■【ライヴ情報】

『flumpool 8th tour 2017 Beginning Special「Re:image」at NIPPON BUDOKAN』
〜ラストコール〜
5月20日(土) 東京 日本武道館
〜ナミダリセット〜
5月21日(日) 東京 日本武道館

『flumpool 8th tour 2017「Re:image」』
9月16日(土) 宮城 仙台サンプラザホール
9月18日(月・祝) 秋田 秋田県民会館・大ホール
9月23日(土・祝) 岐阜 岐阜市民会館・大ホール
9月24日(日) 富山 富山県民会館
9月29日(金) 北海道 北海道わくわくホリデーホール (札幌市民ホール
10月01日(日) 北海道 函館市民会館
10月06日(金) 高知 高知県立県民文化ホール・オレンジホール
10月07日(土) 岡山 岡山市民会館
10月09日(月・祝) 愛知 名古屋国際会議場・センチュリーホール
10月10日(火) 大阪 フェスティバルホール
10月13日(金) 新潟 新潟県民会館・大ホール
10月15日(日) 埼玉 大宮ソニックシティ・大ホール
10月21日(土) 和歌山 和歌山県民文化会館・大ホール
10月22日(日) 奈良 なら100年会館・大ホール
11月01日(水) 兵庫 神戸国際会館・こくさいホール
11月03日(金・祝) 徳島 鳴門市民会館
11月04日(土) 滋賀 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール・大ホール
11月12日(日) 静岡 富士市文化会館ロゼシアター・大ホール
11月19日(日) 群馬 伊勢崎市文化会館
11月22日(水) 宮崎 宮崎市民文化ホール
11月23日(木・祝) 熊本 荒尾総合文化センター
11月25日(土) 福岡 アルモニーサンク北九州ソレイユホール
11月30日(木) 千葉 市川市文化会館・大ホール
12月02日(土) 神奈川 パシフィコ横浜・国立大ホール
12月03日(日) 神奈川 パシフィコ横浜・国立大ホール
12月09日(土) 福井 福井市文化会館
12月10日(日) 三重 桑名市民会館・大ホール
12月15日(金) 広島 広島上野学園ホール
12月16日(土) 鳥取 米子市公会堂

■シングル「ラストコール」

2017年3月15日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
AZZS-62/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
01.ラストコール
02.ナミダリセット
03.キズナキズ
〈BONUS TRACK ALL BONUS TRACKS from flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017「FOR ROOTS」〜シロテン・フィールズ・フォーエバー〜〉
04.花になれ
05.MW 〜Dear Mr. & Ms. ピカレスク〜
06.大切なものは君以外に見当たらなくて
■DVD
「flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017「FOR ROOTS」〜シロテン・フィールズ・フォーエバー〜@大阪城ホール Special Live Digest & Making of Live」

【通常盤】(CDのみ)
AZCS-2061/¥1,200+税
<収録曲>
01.ラストコール
02.ナミダリセット
03.キズナキズ
04.ラストコール(Instrumental)
05.ナミダリセット(Instrumental)
06.キズナキズ(Instrumental)

【FC限定パック】(CD+GOODS)
AZNT-38/¥2,700+税
※ジャケットは通常盤と共通
<収録曲>
01.ラストコール
02.ナミダリセット
03.キズナキズ
〈BONUS TRACK ALL BONUS TRACKS from official fan club "INTERROBANG" 会員限定Tour「INTERROBANGだョ! 全員集合 〜もしもクリスマスの夜だったら〜」)
04.LOST
05.『ありがとう』くらいじゃ伝えきれない気持ちを
06.Sprechchor

【関連リンク】
flumpool オフィシャルHP
ポルノグラフィティ・Perfumeら出演! アミューズ主催音楽フェスがリニューアル
flumpool、壮大なロケーションで魅せるスポット映像を公開
flumpool、シングル「ラストコール」初回限定盤DVDティザーを一足早く解禁

【関連アーティスト】
flumpool
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

乃木坂46、橋本奈々未の卒業コンサートに3万5千人のファンが集結
Tue, 21 Feb 2017 15:00:00 +0900
2月20日@さいたまスーパーアリーナ (okmusic UP\'s)

乃木坂46がデビュー5周年ライヴ『5th YEAR BIRTHDAY LIVE』を、単独ライヴでは初となるさいたまスーパーアリーナにて2月20日に開催した。

【その他の画像】乃木坂46

3DAYSの初日であり、橋本奈々未の誕生日にもあたる2月20日は、乃木坂46のフロントメンバーの主軸として約5年半もの間グループを引っ張った橋本の『卒業コンサート』として行なわれ、彼女自身のラストを飾った。

橋本の晴れ舞台を見届けようと、会場にはさいたまスーパーアリーナとして超満員となる3万5千人のファンが集結。バックステージ席と呼ばれるステージセット裏側の席にまでファンが取り囲む、360度見渡す限り緑のサイリウムで包まれた。

冒頭のMCで橋本は「今ここで観ている景色を焼きつけつつ、集まってくれた皆さんにも、帰ったあともこびりついて離れない景色を魅せつけていきたい。“こびりついてやる”という気持ち」と意気込みを語った。

割れんばかりの声援の中、橋本がセンターを務めた最新シングル「サヨナラの意味」からスタート。「制服のマネキン」まで、息つく間もなくアップテンポな5曲を披露した。

白石麻衣と橋本のユニット曲である“孤独兄弟”の披露や、各メンバーからの橋本に対するビデオレター、そして、実は橋本と同日が誕生日の伊藤万理華の誕生日を橋本が祝う逆サプライズなど、“卒業コンサート”にかけた卒業企画も満載。「孤独な青空」で幕を下ろした本編のラストには、鳴り止む事のない“ななみんコール”に涙するファンも続出し、メンバーそしてファンからの愛であふれた公演となった。

アンコールでは、橋本がステージに1人で登場。今までの活動を噛み締めるかのようにゆっくりと、自らの心境を涙ながらに語った。「ないものねだりはしたくない、と歌っていますが…こんなに素敵な景色を目の前にしているのに、他の道を歩みたいと思ってしまう自分が、一番ないものねだりだなぁ。…だけど、自分が選んだその先に、正解があると信じています。」

その後、メンバー全員にステージで迎えられると、同期である意味戦友でもある白石から橋本へのサプライズとして手紙が読まれた。苦楽を共にし、時には一緒に涙してきた活動を振り返った手紙を、涙を堪えながら必死に読む白石と、その温かさに再び涙する橋本。その2人がステージで抱き合うシーンは会場に集まったファン達の涙も誘った。

ファイナルでは改めて「サヨナラの意味」を披露。今までたくさんのファンに勇気を与えてきた橋本は、たくさんの勇気をファンから与えられ、ゴンドラに乗ってステージから旅立ち最後を括った。

橋本自身そしてファンにとっても、一生忘れることのできないステージになったに違いない。

【関連リンク】
乃木坂46 オフィシャルHP
乃木坂46、観客の投票によってキャストが決まる舞台『3人のプリンシパル』に3期生が挑む!
『生のアイドルが好き』第46回放送を記念して乃木坂46 白石&高山のゲスト出演が決定
乃木坂46、2017年は5名のメンバーが新成人に!

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ライブ

World Of the WORLD.、初ライブで「バレンタイン・キッス」のロックカヴァーを披露
Tue, 21 Feb 2017 14:00:00 +0900
2月18日@南青山Future SEVEN (okmusic UP\'s)

2016年6月にプロジェクトの始動を発表したWorld Of the WORLD.が2月18日、南青山Future SEVENにて初ライブを開催した。

【その他の画像】小寺可南子

まるでゲームのオープニングのような映像がSEと共に流れるなか、ファンタジックかつ個性豊かな衣装を身にまとったメンバーが順に現れ、場内はWorld Of the WORLD.の独特な世界に変えられていく。

ピアノの荘厳なイントロで始まる「絶対と相対のトラバント」、PS4ゲームの公式参加ソング「LET IT DIE―プラトニックな言葉で、今すぐ殺して」、そして『バレンタインが近いから、こちらの世界で有名な曲と聞いているので、みんなで歌おう』と、名曲「バレンタイン・キッス」のロックアレンジカヴァーを披露するなど、幅広い楽曲を変幻自在に歌いこなし、ライブは終盤へ。

パワフルさと疾走感を共有する「カナリアの夢」、そして初公開ながらも会場をハッピーな一体感で包み込んだ「In World Of the WORLD.」といった、全7曲ながらもポテンシャルの高さをしっかりと見せつける幕開けとなった。

MCでは小寺可南子(Vo)から"こちらの世界"を対になる言葉として『わたしたちのいるWorld Of the WORLD.という世界』と表現していた。その独自の世界観がより一層濃く、深くなっていくであろうことを連想させられる、メンバー各々のキャラクターや舞台演出、そしてオフィシャルサイト上で展開されているストーリー構成など、World Of the WORLD.の展開から、今後も目が離せない。

■【セットリスト】

1. 絶対と相対のトラバント
2. 楔
3. LET IT DIE ―プラトニックな言葉で、今すぐ殺して
4. Tell Me Why
5. バレンタイン・キッス(カヴァー)
6. カナリアの夢
7. In World Of the WORLD.

【関連リンク】
World Of the WORLD. オフィシャルHP
World Of the WORLD. オフィシャル試聴ページ
小寺可南子、ワンマンライヴでWOW.の本格始動を発表!
VAMPS、“裏の世界”がコンセプトのアルバム『UNDERWORLD』を4月26日にリリース

【関連アーティスト】
小寺可南子, World Of the WORLD.
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

三代目JSB、1920年代のレトロ&きらびやかさ再現した「HAPPY」MV公開
Tue, 21 Feb 2017 13:30:00 +0900
三代目 J Soul Brothers (okmusic UP\'s)

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが3月8日に発売するニューシングル「HAPPY」のMVが解禁となった。

【その他の画像】三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

「HAPPY」は堤真一主演の日本テレビ系土曜ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』主題歌で、ファンク・ディスコの要素にレトロなソウル感もミックスされたノリの良い爽快なトラック。メンバーの今市隆二は、「この楽曲がドラマとしっかりリンクして多くの方々に届いてくれることを願っています。悩み事だったり、心に秘めているネガティヴなことを全て取っ払って、一緒に楽しみながら幸せになろう、未来を切り開いていこうという想いを込めて、作詞家の小竹正人さんと一緒に歌詞を書かせて頂きました。とてもポジティブな楽曲ですし、コールアンドレスポンスや歌って頂くパートもありますのでオーディエンスの方々と一緒にこの楽曲を作り上げていきたいです」とコメントしている。

そして、本MVは1920年の空気感やファッションなどに非常にこだわった内容に。豪華絢爛なパーティー「Dress Up Ballroom(仮装パーティー)」にメインアーティストとして呼ばれた三代目 J Soul Brothers。彼らがステージの上で華麗に、お洒落に、かっこよく踊る姿は映画のワンシーンに入り込んだようだ。

■「HAPPY」MV
https://www.youtube.com/watch?v=KahN0yJU1Wo

■シングル「HAPPY」

2017年3月8日発売
【CD+DVD】
RZCD-86294/B/¥1,800+税
【CD】
RZCD-86295/¥1,000+税 
<収録曲>
■CD
01.HAPPY
02.J.S.B. LOVE
03.HAPPY (Instrumental)
04.J.S.B. LOVE (Instrumental)
■DVD
HAPPY(Music Video)

【関連リンク】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE オフィシャルHP
三代目 J Soul Brothers、オールタイムベストアルバム発売決定! 33作のMV収録盤含む3形態
LDHは“LDH JAPAN”へ! 2017年プロジェクト大発表!
三代目 J Soul Brothersの新曲「Happy?」が約3年振りのドラマ主題歌に決定

【関連アーティスト】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP

Brian the Sun、メジャー1stアルバム発売記念ライブが大盛況
Tue, 21 Feb 2017 13:00:00 +0900
2月17日(金)@ Music Club JANUS (okmusic UP\'s)

Brian the Sunが2月17日(金)、メジャー1stアルバム『パトスとエートス』の発売記念スペシャルライブを地元・大阪のMusic Club JANUSで行なった。

【その他の画像】Brian the Sun

今回のライブはアルバムの発売記念で行なわれた特別な企画として1月11日に発売となったメジャー1stアルバム『パトスとエートス』の収録楽曲を全て収録曲順に全曲披露するというもので、アルバム購入者を抽選で100名の無料招待が行なわれ、チケットはSOLD OUT。会場は満員の観客で埋め尽くされた。

この日のライブはSEから1曲目の「Impromptu」に繋がるオープニングから始まり、11曲目の「月の子供」までアルバムの収録曲順通りそのまま再現するライブとなった。全曲の作詞・作曲を担当する森(Vo./Gt.)が『誰にも媚びずに情念を込めて制作したアルバム』と発言していたように、今のBrian the Sunが表現されたエモーショナルなパフォーマンスが披露された。

Brian the Sunは3月3日 仙台・enn 2ndでの公演を皮切りに、ファイナルの東京・恵比寿リキッドルーム公演まで17本の全国ツアーを開催する。

■Brian the Sun TOUR 2017『パトスとエートス』

3月03日(金) 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd[ワンマン]
3月12日(日) 名古屋 SPADE BOX[ワンマン]
3月25日(土) 京都 KYOTO MUSE
Act:HAPPY、Brian the Sun
3月26日(日) 神戸VARIT.
Act:HAPPY、Brian the Sun
3月31日(金) 高松 DIME
Act:フィッシュライフ、Brian the Sun
4月01日(土) 岡山 livehouse IMAGE
Act:フィッシュライフ、Brian the Sun
4月04日(火) 札幌COLONY
Act:The Floor、Brian the Sun
4月07日(金) 横浜BAYSIS
Act:BARICANG、Brian the Sun、and more…
4月11日(火) 宮崎 SR BOX
Act:Brian the Sun、and more…
4月12日(水) 鹿児島 SR HALL
Act:Brian the Sun、and more…
4月22日(土) 金沢 vanvan V4[ワンマン]
4月23日(日) 富山 SOUL POWER
Act:BARICANG、Brian the Sun、and more…
4月30日(日) 新潟 CLUB RIVERST[ワンマン]
5月06日(土) 梅田 CLUB QUATTRO [ワンマン]
5月12日(金) 広島 BACK BEAT[ワンマン]
5月21日(日) 福岡 BEAT STATION[ワンマン]
5月27日(土) 東京 LIQUIDROOM[ワンマン]

■「パトスとエートス」MV(Short Ver.)
https://youtu.be/vr0adm010sM

【関連リンク】
Brian the Sun オフィシャルHP
Brian the Sun、全国ツアーの対バン第1弾発表&「パトスとエートス」MVフルをGYAO!独占配信
Brian the Sun、メジャー1stアルバム購入者をスペシャルLIVEへ招待
Brian the Sun、メジャー1stアルバムのリリースツアーが決定

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

「ボカロで覚える」シリーズ第2弾いよいよ発売! 参加ボカロPからコメントも
Tue, 21 Feb 2017 12:30:00 +0900
「ボカロで覚える」シリーズ (okmusic UP\'s)

中学生向けの参考書としては異例の売り上げを見せている「ボカロで覚える」シリーズの第2弾、「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える 中学英単語」(以下、「ボカロで覚える 中学英単語」)と「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える中学数学」(以下、「ボカロで覚える 中学数学」)が発売された。

【その他の画像】れるりり

中学生向けの参考書としては異例の売り上げを見せている「ボカロで覚える」シリーズ。第1弾は2016年4月に中学歴史と中学理科の参考書を販売開始し、発売1ヵ月で10万部を突破。ネットニュースや雑誌のみならず、朝の情報TV番組でも紹介され、話題となった。

今回参加しているボカロPは、40mP、ナユタン星人、れるりり、tilt-six、EasyPopなど、総勢17名。それぞれの書籍には10曲ずつボカロ曲が収録されており、今回オリジナル曲として17曲が書き下ろされた。

それぞれの書籍に収録されている曲や歌詞には世界観が持たされており、「ボカロで覚える 中学英単語」では、ゲーム、ファンタジー、ミステリーなど、ラノベやゲームでお馴染のテーマで曲を構成。一方「ボカロで覚える 中学数学」では、恋愛と図形や関数などをからめて覚えるなど、かたいイメージのある数学を、身近で感情移入しやすいものにしている。

書籍には単元ごとにQRコードのような読み込み式のマーカーが印刷されており、スマホなどで読み込めば簡単にその単元の動画にアクセスでき、再生が可能。前シリーズで好評だった、視て、聴いて、楽しく学習できるシリーズの特徴はそのまま引き継いでいる。また、専用サイトにログインすれば、カラオケバージョンの映像も視聴が可能。音楽CDも付いているので、携帯音楽プレーヤーにDLすれば、いつでもどこでも繰り返し聴けるようになっている。

2月18日からは池袋のニコニコ本社に据え付けられている大型ビジョンでもクロスフェード動画を放映開始しており、通りの人々も足を止め見入っている姿も見られた。同動画は2月28日(火)まで11時〜21時の毎時00分に放映されるようだ。

中学生だけではなく、参考書という枠組みから外れてボカロファンからも広く支持を集めた同シリーズ。第2弾もぜひ注目してほしい。

■【参加ボカロPコメント】

■40mP
今回、英単語曲の「Bus Stop」と数学曲の「恋愛確率論」の制作を担当させていただきました、40mPと申します。
「Bus Stop」は、指定された単語を使って作詞するという楽曲制作の流れがとても新鮮な経験でした。頂いた単語リストの中で「Bus Stop」と「Monday」「Tuesday」など曜日を表す単語が印象的だったので、そこからバス停で毎日会う男女の恋物語を思いつき、歌詞にしてみました。英語版のボーカロイドもはじめて使用しましたが、とても流暢な発音で驚きました。
「恋愛確率論」は、主人公の女の子が片思いの彼と席が隣合う確率や、遊園地でペアでおばけ屋敷に入る確率など、恋愛に関する様々な確率を計算していく、という楽しい楽曲になっています。
実際に確率の導き方まで歌詞に盛り込んだので、ぜひチェックしてみていただけると嬉しいです。

■EasyPop(BETTI)
EasyPopのBETTIと申します。自分の作った楽曲が、教材に使って頂けるなんて、夢のようなお話であり、本当に光栄に思っています。
英語のリスニング教材ということで、ミックスバランスや、調声師さん(今回は海外のボカロPのCircusPが担当)の作業など、かなりの数トライアンドエラーを繰り返しました。特に、調声師さんにおかれましては、かなりの苦労があったと思いますし、だいぶ頑張って頂いたのではないかと思います。
一般的には、人の声よりは聴き難いとされるVOCALOID楽曲ではありますが、そのような調声師さんの頑張りのおかげで、とても聴きやすい、教材用楽曲に仕上がったのではないかと思っています。
この楽曲が、少しでも皆様の英単語の学力向上につながって頂けたら、うれしく思います。

■【収録曲/作曲者一覧】

「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える 中学単語」
01. Hit the Monitor!(ゲーム的世界 方角・方向など160語)/tilt-six
02. Battle for Hope(ファンタジー的世界 基本の形容詞など110語)/OSTER project
03. Four Seasons(乙女的世界 月名,季節など160語)/とあ
04. Mr. Ghostman(ミステリー的世界 疑問詞など80語)/ゆちゃP
05. End of the World(ディストピア的世界 前置詞など90語)/カラスヤサボウ
06. Bus Stop(恋愛的世界 曜日,接続詞など130語)/40mP
07. Meaning of Life(科学的世界 基本の副詞など100語)/MARETU
08. (Y)OUR HERO(ヒーロー的世界 基本の動詞など60語)/ぎぶそん
09. Happy Synthesizer(ハッピーシンセサイザ English ver.)/EasyPop(BETTI)
10. The Lost One\'s Weeping(ロストワンの号哭 English ver.)/Neru
※09,10以外はすべて本書のための書きおろしオリジナル曲

「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える 中学単語」
01. 一発即答☆解ガール ※「一触即発☆禅ガール」替え歌(方程式)/れるりり
02. 二人の恋愛関数(関数)/koyori(電ポルP)
03. パラレリズム恋心(平面図形)/ナユタン星人
04. グラフィックマジック(空間図形)/Last Note.
05. ホンモノ証明書(証明)/かいりきベア
06. 恋愛確率論(確率)/40mP
07. 不思議なルート(平方根)/トラボルタ
08. 僕らの事情(三平方の定理)/とあ
09. 色恋沙汰は全て作図で解決可能であることの証明(作図)/家の裏でマンボウが死んでるP
10. 解の公式おぼえMATH! (解の公式)/れるりり
※01以外はすべて本書のための書きおろしオリジナル曲

■【書籍情報】

「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える 中学英単語」
2017年2月24日発売
ISBN-13: 978-4053045874
¥1,728(税込)
単行本:240ページ
出版社:学研プラス
CD付(10曲)

「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える 中学数学」
2017年2月24日発売
ISBN-13: 978-4053045881
¥1,728(税込)
単行本:240ページ
出版社:学研プラス
CD付(10曲)

■「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える 中学英単語」(出版社書籍情報)
http://hon.gakken.jp/book/1130458700
■「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える 中学数学」(出版社書籍情報)
http://hon.gakken.jp/book/1130458800

■【収録曲公開URL】

■一発即答☆解ガール
※「一触即発☆禅ガール」替え歌(方程式)/れるりり
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30605036

■Happy Synthesizer(ハッピーシンセサイザ English ver.)/EasyPop(BETTI)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30604756

■【GUMI】色恋沙汰は全て作図で解決可能であることの証明/家の裏でマンボウが死んでるP
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30675843

■クロスフェード
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30604594

【関連リンク】
学研プラス
学研出版サイト(中学生)
三月のパンタシア、最新リリックビデオ解禁&ノベライズコンテスト企画がスタート!
今年も超豪華な松崎しげるプレゼンツ「黒フェス」、第1弾出演アーティスト発表!

【関連アーティスト】
れるりり, 40mP, EasyPop, tilt-six, ナユタン星人
【ジャンル】
ネットカルチャー, ボーカロイド

冨田勲、現代美術家・宇川直宏が手がけたアルバムアートワークを公開&アニメ交響詩『ジャングル大帝』上演決定
Tue, 21 Feb 2017 12:00:00 +0900
アルバム『ドクター・コッペリウス DR.COPPELIUS』 (okmusic UP\'s)

2016年5月5日に逝去した作曲家、シンセサイザーアーティスト・冨田勲の遺作『ドクター・コッペリウス』の世界初演をライヴ収録したアルバムの発売に先駆けて、ジャケットアートワークが公開された。

【その他の画像】冨田勲

アートワークを手掛けたのは現代美術家であり、人気ストリーミングチャンネルDOMMUNEの主宰である宇川直宏。宇川は、幕張メッセで2013年に行なわれたFREEDOMMUNEで冨田を夜明けのヘッドライナーに起用したり、晩年のリリースアルバムの多くのジャケットアートワークを手掛けるなど、まさに“TOMITAルネッサンス"のけん引役として活動を共にした人物だ。今回のアルバムは、逝去後初のリリース作品とあって、宇川の手掛けた作品として初めて冨田自身の写真を用いたジャケットアートワークとなる。

なお『ドクター・コッペリウス』は初演の成功を受けて4月に東京・すみだトリフォニーホールにて再演を予定していたが、公式サイトにて実施の延期と、代わりに4月19日(水)に同ホールにて冨田勲の生誕85年を記念し、冨田の代表作のひとつであるアニメ交響詩『ジャングル大帝』が上演されることが発表された。この作品は「TOMITAサウンド」と呼ばれる壮大なオーケストレーションで、ジャングル大帝の1時間におよぶストーリーが描かれるもので、オーケストラの生演奏と映像で上演される貴重な機会となる。

(C)Tezuka Productions
Photo by Yashuhiro Ohara

■『ドクター・コッペリウス』オフィシャルHP
http://www.dr-coppelius.com/

■【宇川直宏よりコメント】

70年の大阪万博のスローガンよろしく「人類の進歩と調和」をサウンドで提唱し続けた冨田勲!!!!!!! 2016年5月5日….そんな冨田先生が子供の日に他界され、惑星の一つとなった….享年84。そしてこのたび、先生の遺作が銀盤に焼きついた!!!!!! 僕は常々、先生から、神の厳しさよりも仏のような慈悲深さを感じていました。「Dr.コッペリウス」!!!!! この作品は、冨田勲が全人類に託した真言であり、未完の人類遺産なのだ!!!!!!! 万物は流転しても冨田勲は永遠だ….

■アルバム『ドクター・コッペリウス DR.COPPELIUS』

2017年3月22日発売
COCQ-85337/¥3,240(税込)
<収録楽曲>
2016年11月11日・12日
Bunkamuraオーチャードホール(ライヴ録音)
第0楽章 飛翔する生命体 Ascending Life Form
第3楽章 宇宙へ Into The Outer Space
ヴィラ=ロボス作曲 「ブラジル風バッハ」第7番に基づく
第4楽章 惑星イトカワにて Landing on The Asteroid 25143 Itokawa
レオ・ドリーブ作曲 「コッペリア」ワルツに基づく
第5楽章 嘆きの歌 Song of Grief
ヴィラ=ロボス作曲 「ブラジル風バッハ」第4番に基づく
第6楽章 時の終わり End of The Time
リヒャルト・ワーグナー作曲 「トリスタンとイゾルデ」愛の死に基づく
第7楽章 日の出 Rise of The Planet 9

■冨田勲作品集 生誕85周年記念 アニメ交響詩「ジャングル大帝」

4月19日(水)  すみだトリフォニーホール
開場 18:00 / 開演 19:00
指揮:渡邊一正
新日本フィルハーモニー交響楽団
https://www.isaotomitacollections.com/

【関連リンク】
冨田勲 オフィシャルHP
冨田勲、遺作『ドクター・コッペリウス』世界初演を収録したライヴアルバムをリリース
冨田勲の追悼公演『ドクター・コッペリウス』再演&貴重なインタビューが初公開へ
冨田勲×初音ミク「ドクター・コッペリウス」制作発表で、知られざる事実が続々と明らかに!

【関連アーティスト】
冨田勲
【ジャンル】
クラシック

BOYS AND MEN、47都道府県ツアー初日公演で昭和の名曲をカバーした新曲を初披露!
Tue, 21 Feb 2017 11:00:00 +0900
2月18日@岐阜 CLUB ROOTS (okmusic UP\'s)

BOYS AND MENが日本全国47都道府県を巡るツアー『社長が言ったから有言実行!ボイメン47都道府県ツアー』が岐阜公演からスタートした。

【その他の画像】BOYS AND MEN

このツアーは、今年開催された武道館公演にて所属事務所フォーチュンエンターテイメントの谷口社長よりサプライズ発表。タイトル通り47都道府県にてライブを開催するという、全国制覇を目指すBOYS AND MENにとって大きな一歩となるツアーである。

初日となる岐阜公演のチケットはSOLD OUT。計350人のファンが集結した。今回のツアーは、各地選抜メンバーによってライブを開催。岐阜会場のメンバーはリーダーの水野勝、岐阜出身の辻本達規、田村侑久、本田剛文、土田拓海の5人だ。少数精鋭でボイメンらしい企画や演出でライブを盛り上げた。

また、47都道府県ツアーのために用意された新曲もサプライズ発表! 今回も昭和の名曲をボイメンバージョンとしてカバーし、ファンと一緒に盛り上がれる楽しい楽曲となっている。全国各地のファンは是非ライブで披露されるのを楽しみに待っていてほしい。

さらに全国ツアースタートと同時にTwitter企画もスタート。BOYS AND MENのTwitterアカウント(@BOYSANDMENinfo)をフォローして、47都道府県ツアーのライブの感想と会場名とハッシュタグ『#ボイメン47』をツイートした方47名に、抽選でツアーオフショット写真をプレゼントするというものだ。この機会にボイメンTwitterをフォローして貴重なオフショット写真をもらおう!

■BOYS AND MEN 全国47都道府県ツアー企画「ライブの感想をTweetしてツアーオフショットをもらおう!」

BOYS AND MEN(@BOYSANDMENinfo)のTwitterアカウントをフォローして、会場名とライブの感想とハッシュタグ「#ボイメン47」をツイートしたくれた方に抽選で47名にツアーオフショット写真をプレゼント! 各地の特産物(会場外観などもOK)を付けて投稿すると当選率が上がるかも!?

期間:2月18日(土)〜5月5日(金)
当選期間:5月8日(月)〜5月18日(木)
プレゼント内容:BOYS AND MENメンバーによるオフショット写真(ランダム)

<注意事項>
・当選の問い合わせは受け付けておりません。
・抽選は期間内に投稿された方の中から抽選で行ないます。
・BOYS AND MEN(@BOYSANDMENinfo)のTwitterアカウントをフォローしてください。当選時のDMをお送りする際に必要になります。
・必ず、会場名とハッシュタグ「#ボイメン47」を明記してください。当選の基準とさせて頂いてます。
・当選者によるDMの見落とし、期間内に必要事項の登録が完了されない方は当選無効とさせて頂き、落選数に応じて2次当選をさせて頂きます。 
※DMの登録完了に関する通知はございませんので、最後まで登録完了の画面までお進みください。
・オフショットのメンバー指定はできません。当選者の中からランダム抽選となります。
・当選完了後、オフショットの写真ができ次第、順次発送させて頂きます。

■『社長がラジオで言ったから有言実行!47都道府県ツアー』

2月24日(金)  群馬 高崎club FLEEZ
2月25日(土)  千葉 千葉LOOK
2月26日(日)  神奈川 新横浜NEWSIDE BEACH!
2月27日(月)  東京 新宿BLAZE
3月01日(水)  石川 金沢AZ
3月02日(木)  福井 福井CHOP
3月04日(土)  北海道 札幌PANNY LANE 24
3月07日(火)  静岡 清水SOUND SHOWER ark
3月08日(水)  茨城 水戸LIGHT HOUSE
3月09日(木)  栃木 HEAVENS ROCK Utsunomiya
3月10日(金)  埼玉 HEAVENS ROCK さいたま新都心
3月14日(火)  奈良 奈良NEVER LAND
3月15日(水)  和歌山 和歌山 CLUB GATE
3月16日(木)  兵庫 神戸VARIT
3月19日(日)  京都 京都KYOTO MUSE
3月20日(月・祝)  岡山 岡山CRAZYMAMA KINGDON
3月22日(水)  香川 高松MONSTER
3月24日(金)  愛媛 松山SALONKITTY
3月25日(土)  徳島 徳島club GRINDHOUSE
3月26日(日)  高知 高知X-pt.
3月28日(火)  滋賀 滋賀U☆STONE
3月29日(水)  富山 Soul☆STONE
3月30日(木)  新潟 新潟Live Hall GOLDEN
3月31日(金)  山形 山形ミュージック昭和 Session
4月01日(土)  秋田 秋田Club SWINDLE
4月02日(日)  岩手 盛岡CLUB CHANGE WAVE
4月03日(月)  青森 青森QUARTER
4月05日(水)  宮城 仙台darwun
4月06日(木)  福島 郡山CLUB♯9
4月07日(金)  山梨 山梨CONVICTION
4月08日(土)  長野 長野CLUB JUNK BOX
4月09日(日)  大阪 なんばHatch
4月11日(火)  鳥取 米子AZTiC laughs
4月12日(水)  島根 松江AZTiC canova
4月13日(木)  広島 広島cave-Be
4月15日(土)  山口 周南RISING HALL
4月16日(日)  大分 大分DRUM Be-0
4月18日(火)  長崎 長崎DRUM Be-7
4月19日(水)  福岡 福岡DRUM Be-1
4月20日(木)  佐賀 佐賀GEILS
4月21日(金)  熊本 熊本B.9 V2
4月22日(土)  鹿児島 鹿児島CAPRVO HALL
4月23日(日)  宮崎 WEATHER KING
4月29日(土・祝)  沖縄 桜坂セントラル
5月03日(水)  愛知 Zepp Nagoya
5月04日(木)  三重 松坂MAX\'A
※終了分は割愛

【関連リンク】
BOYS AND MEN オフィシャルHP
“次に聴いて欲しい新人アーティスト”18組が豊洲に集結! 『ComingNext 2017』開催決定
BOYS AND MEN、アルバムのシークレット楽曲は憧れの氣志團からの提供曲
T.M.Revolution主宰『イナズマロック フェス』で豪華アーティストたちが熱いライブを展開

【関連アーティスト】
BOYS AND MEN
【ジャンル】
J-POP

小沢健二、19年ぶりとなるシングルを急遽発売&特設サイトにて過去のMVを公開
Tue, 21 Feb 2017 04:00:00 +0900
小沢健二 (okmusic UP\'s)

小沢健二が1998年リリースの「春にして君を想う」から19年ぶりのシングルとなる、待望のニューシングル「流動体について」を緊急発売! 2月21日(火)に巨大な本人デザイン新聞広告とともに発売が解禁される。

【その他の画像】小沢健二

今作に収録される「流動体について」は、6年ぶりに2016年5月25日 から6月27日にかけて行なわれた全国ツアー『魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ』において7曲披露された新曲の中の1曲。また、カップリングの「神秘的」は2012年に東京オペラシティにて12日間行われたコンサート『東京の街が奏でる』にて披露された楽曲だ。

そして、2月24日(金)にはテレビ朝日『ミュージックステーション』に出演! 「流動体について」、「ぼくらが旅に出る理由」を披露する。また、2月24日(金)は日本テレビ『NEWS ZERO』にてロングインタビュー(報道番組の為急遽放送日が変更になることがあります)、3月1日(水)には日本テレビ『スッキリ!!』生出演・生歌披露が決定している(一部地域を除く。緊急のニュースが入った場合変更する可能性ございます)。さらに、4月にはフジテレビ『Love music』出演と精力的に稼働をしていくとのこと。

なお、特設サイトでは過去のMVがフル尺で見ることが可能に! 小沢健二デザイン、監修の特設ページが解禁。ここでしか見れない懐かしのMVがフルで見れる。

■小沢健二 特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/ozawa-kenji/

■シングル「流動体について」

2017年2月22日(水)発売
TYCT-39050/¥1,200+税
<収録曲>
M1.流動体について
M2.神秘的
M3.流動体について instrumental
M4.神秘的 instrumental

【関連リンク】
フリッパーズ・ギターの2人が示したロックの黙示録、『DOCTOR HEAD\'S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔-』
東京スカパラ、ベストアルバム発売にあたり小沢健二によるライナーノーツが実現
一人旅に予定も立てずに出たくなる曲
小沢健二、『超LIFE』DVDに超追加コンテンツが決定

【関連アーティスト】
小沢健二
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1