歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年02月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
超特急、全国ツアーに京都・三重公演が追加
Sat, 18 Feb 2017 21:00:00 +0900
『Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017「Trans NIPPON Express」』ポスター画像 (okmusic UP\'s)

超特急が4月から5万人を動員して開催する全国ツアーに京都公演・三重公演を追加することを発表した。

【その他の画像】超特急

今回追加された公演は2都市。6月4日(日)の京都文化パルク城陽プラムホールと、7月9日(日)の三重県文化会館大ホールである。三重公演と、更に超特急にとって"初開通"の地となる京都公演に関西出身のバックボーカル タカシは、「多くの関西8号車に会いに行ける事、本当に嬉しい」とコメント。

また、同時にツアーロゴも解禁となった。

【7号車タカシ コメント】
「更に多くの関西8号車に会いに行ける事、本当に嬉しいです。しかも京都は初開通!1人でも多くの8号車に笑顔を届けたいなと思っているので楽しみに待っていて下さい!皆、大きいリアクション期待してるでー(笑)」

■超特急 5周年サイト
http://bullettrain.jp/5th/

■『Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017「Trans NIPPON Express」』

4月29日(土) 北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
5月03日(水・祝) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月04日(木・祝) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月06日(土) 山口・周南市文化会館
5月07日(日) 広島・広島JMSアステールプラザ大ホール
5月12日(金) 神奈川・よこすか芸術劇場
5月20日(土) 石川・本多の森ホール
5月21日(日) 富山・高周波文化ホール
5月27日(土) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール
5月28日(日) 岐阜・土岐市文化プラザ・サンホール
6月03日(土) 和歌山・和歌山市民会館 大ホール
6月04日(日) 京都・文化パルク城陽 プラムホール ※追加公演
6月17日(土) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール 第二ホール
6月18日(日) 福岡・福岡サンパレス
6月24日(土) 千葉・松戸・森のホール21 大ホール
7月01日(土) 山形・酒田市民会館 希望ホール
7月02日(日) 宮城・東京エレクトロンホール宮城
7月09日(日) 三重・三重県文化会館 大ホール ※追加公演
7月15日(土) 香川・サンポートホール高松・大ホール
7月17日(月・祝) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
7月23日(日) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
8月08日(火) 東京・東京国際フォーラム ホールA

<チケット料金>
指定席:¥7,000(税込)
ファミリー号車席:¥7,000(税込)
※夢の青春8きっぷ会員受付のみで販売
※3歳以上はチケットが必要となります。
※3歳未満のお子様は大人1名につき1名まで膝上に限り無料。ただしお席が必要な場合はチケットが必要です。
※ファミリー号車席は、完全着席の席になります。立ち見不可。
※ファミリー号車席は、中学生以下のお子様1名以上が同席いただく席です。

【夢の青春8きっぷ先行(ファンクラブ会員+ファンクラブ会員)】
受付URL:http://fc.bullettrain.jp
枚数制限 2枚(指定席1〜2枚/ファミリー号車席2枚)
受付期間:2月18日(土)21:00〜2月28日(火)23:59
当落・入金期間:3月4日(土) 14:00〜3月8日(水)23:00

・申込対象者
2017年2月14日(火)23:59までに入会の方⇒2017年2月18日(土)21:00〜申込可能
2017年2月15日(水)〜2017年2月22日(水)23:59までに入会の方⇒2017年2月24日(金)18:00〜申込可能
※先着順での受付ではございません。受付期間中なら、いつでも都合の良いお時間にお申込みいただけます。

【夢の青春8きっぷ2次先行(ファンクラブ会員+非会員)】
受付URL:http://fc.bullettrain.jp
枚数制限 4枚(指定席1〜4枚/ファミリー号車席2〜4枚)
受付期間:3月4日(土)18:00〜3月14日(火)23:59
当落・入金期間:3月18日(土) 14:00〜3月22日(水)23:00

・申込対象者
2017年3月1日(水)23:59までに入会の方⇒2017年3月4日(土)18:00〜申込可能
2017年3月2日(木)〜2017年3月7日(火)23:59までに入会の方⇒2017年3月9日(木)18:00〜申込可能
※先着順での受付ではございません。受付期間中なら、いつでも都合の良いお時間にお申込みいただけます。

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急ユーキ、テレビ朝日「なら≒デキ」出演決定!
超特急のカイ&ユーキがNHK『オトナヘノベル』で爆笑トーク!?
超特急、念願の「めちゃイケ」に初出演! ユーキよりコメントも

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

『TOKUFUKU LIVE Connect』でBIGMAMAと超特急がコラボ!
Sat, 18 Feb 2017 20:00:00 +0900
2月17日@東京・豊洲PIT(BIGMAMA & 超特急) (okmusic UP\'s)

2月17日に東京・豊洲PITにてスペースシャワーTV主催の新ライブイベント『TOKUFUKU LIVE Connect Vol.1』が開催された。

【その他の画像】BIGMAMA

「TOKUFUKU LIVE Connect」はスペースシャワーTVで放送中の「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪」発の新しいイベント。ジャンルの異なるアーティストや、リスナーと新たなアーティストをつなぐ場を作りたいという主催者の願いから立ち上げられたもので、同番組にゲスト出演した経験を持つアーティストがライブパフォーマンスを行う。記念すべき初回公演にはBIGMAMAと超特急が登場。現メンバーでの活動が10周年を迎えた歴戦のロックバンドと今勢いに乗るメインダンサー&バックボーカルグループという、ジャンルの垣根を越えた2組の競演が実現した。
?
番組のアシスタントVJであり、10代女子を中心にファッションアイコンとして絶大な人気を誇る菅沼ゆりがイベントMCとして登場後、早速ライブはスタート。先攻で登場した超特急は高速アッパーチューン「超えてアバンチュール」でライブをスタートさせる。続く「Drive on week」ではユーキがオーディエンスに向けて振り付け指導をして、一気に会場の熱を引き上げた。リーダーのリョウガはMCで「BIGMAMAさんはロックとクラシックを融合させたスタイル。僕らも少し変わった形のダンスボーカルグループですから、勝手に親近感を持っています」とBIGMAMAへの印象を語る。中盤には彼らの最新アルバム「Dramatic Seven」からの楽曲が3曲連続で披露され、妖艶かつダイナミックなダンスを見せる「Beasty Spider」、愛嬌たっぷりな表情とパフォーマンスでオーディエンスの笑顔を誘う「ライオンライフ」と、7人は多彩な表現を次々と提示していった。
?
ユースケが「さあみんな、騒ぐ準備はできてますか!?」とフロアに問いかけるとラストスパートへ。彼らのキラーチューン「バッタマン」でユーキが「BIGMAMA−!」と絶叫すると、ダンサーの5人は勢いよく花道へと飛び出した。ラストの「Burn!」では両手を大きくクロスさせる振りを全力で踊り、熱狂のピークをしっかりと作り上げた7人。全8曲のパフォーマンスを終えると、彼らは深々と礼をして自身のステージを終えた。
?
「No.9」でライブの口火を切ったBIGMAMAは、さわやかなサウンドで冒頭からオーディエンスを魅了。「ラララ」というシンガロングからなだれ込んだ「Mr.&Mrs. Balloon」では金井政人(Vo, G)と柿沼広也(G, Vo)の心地よいハーモニーが会場に響く。続く「Merry-Go-Round」では、5人それぞれが熱のこもったスキルフルなプレイを見せ、ファンの熱狂を誘った。
?
金井はMCで「スペシャさんから今までいただいたオファーの中で、今回が一番ビックリしました。でも、彼らのライブを観ていたらグッとこみ上げるものがあって。オファーの意味がわかりました」と超特急へリスペクトを捧げる。このあとに披露された「Swan Song」では、彼の「照らしといて」という呼びかけに応えた8号車(超特急ファンの総称)が一斉にペンライトを点灯させるというシーンも。5人は7色の光に照らされながら次々と楽曲を披露し、金井はコール&レスポンスやフロアに降りての熱唱で一体感をぐんぐんと高めていった。ラストナンバーの「until the blouse is buttoned up」ではBIGMAMAファンも8号車も一緒になってタオルを高々と掲げる。パワフルな歌声とパフォーマンスでフロアをまとめ上げた金井は最後に「ありがとうございました。BIGMAMAでした!」と告げ、さっそうと舞台をあとにした。
?
アンコールでは2組のコラボレーションが実現。BIGMAMAの「MUTOPIA」に超特急の7人が体を揺らせば、続く超特急の「fanfare」はBIGMAMAの演奏で披露される。花道に立つ超特急のダンサーの5人はBIGMAMAが紡ぎ出す華やかなバンドサウンドに乗せて躍動。大サビでは、金井に寄り添ったコーイチが弾けるような笑顔で歌声を響かせた。全員が息を合わせた大ジャンプでステージが締めくくられると、超特急メンバーは次々に「楽しかった!」と声を上げる。金井も「生まれてきてよかったです」と、対バンの成功をかみしめるように微笑みを浮かべていた。
?
このイベントの模様は4月にスペースシャワーTVプラスで、5月にはスペースシャワーTVで放送される。

(C)「TOKUFUKU LIVE Connect」photo:上山陽介

■【セットリスト】

■超特急
01. 超えてアバンチュール
02. Drive on week
03. Beasty Spider
04. Seventh Heaven
05. ライオンライフ
06. DJ Dominator
07. バッタマン
08. Burn!
■BIGMAMA
01. No.9
02. 春は風のように
03. Mr.&Mrs. Balloon
04. Merry-Go-Round
05. Swan Song
06. Paper-craft
07. Make Up Your Mind 〜運命に着火する〜
08. 秘密
09. 神様も言う通りに
10. Sweet Dreams
11. until the blouse is buttoned up
■BIGMAMA & 超特急
01. MUTOPIA / BIGMAMA
02. fanfare / 超特急

【関連リンク】
超特急ユーキ、テレビ朝日「なら≒デキ」出演決定!
超特急のカイ&ユーキがNHK『オトナヘノベル』で爆笑トーク!?
超特急、念願の「めちゃイケ」に初出演! ユーキよりコメントも
BIGMAMA、10月15日にキャリア初となる日本武道館公演を開催

【関連アーティスト】
BIGMAMA, 超特急
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, イベント

THE MODS 苣木寛之のソロプロジェクトDUDE TONE再始動! 4月にアコースティック・ライブ開催!
Sat, 18 Feb 2017 19:00:00 +0900
DUDE TONE  (okmusic UP\'s)

THE MODSのギタリストであり、サウンドプロデューサーでもある苣木寛之のソロプロジェクト“DUDE TONE”が再始動! 4月23日(日)に新横浜 strageにて単独でのアコースティック・ライブを開催することを発表した。

【その他の画像】THE MODS

2014年5月に2ndアルバム『十字路のGuitar』を発表し、6月に下北沢 Gardenにて、さらに11月には横浜 THUMBS UPにてライブを行なったDUDE TONE。その際には花田裕之(Gu)と井上富雄(Dr)、そして椎野恭一(Dr)という布陣でのバンド編成だったが、今回は苣木の弾き語りによるアコースティックスタイルとなる。彼の幅広い音楽性が堪能できる一夜となること請け合いだ。

■『DUDE TONE LIVE 2017 "Walkin\' Blues" #1』

4月23日(日) 新横浜 strage
開場 17:00/開演 17:30
出演:DUDE TONE (Vo&Gu 苣木寛之)

<前売チケット料金>
自由席/立見 4,000円
※消費税込/入場時のドリンク代別途
※未就学児童の入場不可・小学生以上は要チケット
※THE MODSファンクラブ会員のチケット優先は、2月6日発送のDMにてご案内しております。(2/28締め切り)

【関連リンク】
DUDE TONE オフィシャルHP
THE MODS、デビュー35周年記念の日比谷野外大音楽堂公演が映像化
THE MODS、来年3月にTHE COLTSとのスプリットツアーを開催
THE MODS、35周年のクライマックスを迎える日比谷野音にて森山達也が完全復活!

【関連アーティスト】
THE MODS, DUDE TONE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

『MUSIC TAGS vol.4』関西編でロットン、夜ダン、四星球、Ivyが熱演
Sat, 18 Feb 2017 18:00:00 +0900
2月16日@大阪・なんばHatch(集合写真) (okmusic UP\'s)

ビクターエンタテインメント内のレーベル“Getting Better Records”が主催する『MUSIC TAGS vol.4 〜カロリー高め!東西ガチモリ燃焼系ナイト〜 』。2月14日(火)の東京・新木場STUDIO COAST公演に続き、大阪・なんばHatch公演が2月16日(木)に行われた。

【その他の画像】四星球

オープニングアクトはIvy to Fraudulent Game。最近、急速にその名が全国に広まっている群馬のバンドだ。SEが鳴り響き、ブルーのライトに染まったステージにメンバーたちが登場。ドラムが先陣を切り、「dulcet」がスタートした。力強いビート、ドリーミーな音像、妖艶なメロディが心地よい。観客に強烈なインパクトを与えているのを感じた。続いて、「青写真」と「アイドル」も届けられた後に迎えたインターバル。寺口宣明(G/Vo)は「素晴らしいものには喝采を。気に食わないものには中指を。まだまだ旅の途中。まだまだ青二才」という印象的な言葉を放った。そして、ラストに披露されたのは「青二才」。観客はじっくりと耳を傾けながら、ほろ苦い風味のメロディを噛み締めていた。初めて観た人が大半だったと思うが、気になるニューカマーとして彼らの名を覚えたのではないだろうか。

2組目は夜の本気ダンス。「踊れる準備はできてますか?」、米田貴紀(Vo・G)が観客に問いかけて、「WHERE」がスタート。すると瞬く間に激しいタテノリのダンスで揺らいだフロア。2曲目の「By My Side」に至る頃には、夢中になって踊る人々のエネルギーは、早くも最高潮へと達していた。このような中、粋なアクセントとなっていたのが、鈴鹿秋斗(Dr)によるMC。彼は前回の『MUSIC TAGS』で憧れのバンドORANGE RANGEと共演した思い出に触れた後、メジャーデビューしてからご飯を食べる牛丼屋やファミレスのグレードが若干上がったのだという非常に地味なサクセスストーリーを誇らしげに語って爆笑を起こしていた。しかし、演奏が始まると、みるみる内にダンス天国と化していた会場内。ギターをスタンドに置いて身軽になった米田が、リズミカルにステップを踏みながら歌った「escape with you」は、観客のダンスを痛快にエスカレートさせていた。そして「最後まで本気ダンスできますか? いや、違うな。クレイジーにダンスできますか?」という米田の言葉に応えて、あの場にいた誰も彼もが汗だくになって踊った「Crazy Dancer」でライブは終了。漂っていたギラギラした余韻は、夜の本気ダンスの恐るべき威力を示していた。

3組目は四星球。気合が入りまくっていたモリス(Dr)が、一瞬「ドキリ!」としなくもない肌色のパンツを穿いて登場し、法被+白いブリーフというお馴染みの恰好の北島康雄(シンガー)、U太(B)、まさやん(G)が慌てる……という寸劇からスタートした四星球のライブ。その後も、様々なネタを仕込んだパフォーマンスが展開した。ビクターのマスコットキャラクター犬「ニッパー」のつもりで制作されたはずなのに、似ても似つかぬ姿の土佐犬が登場して観客をずっこけさせた「Mr.Cosmo」。曲の途中で突然まさやんの卒業セレモニーとなり、彼が乗り込んだ段ボール製のだんじりが観客の頭上を漂ったり、後任ギタリストとして夜の本気ダンスの鈴鹿が法被+ブリーフ姿で登場した「四星球十五年史〜上巻〜」……などなど、とにかく自由奔放だったが、グッと来る場面もあった。特に印象的だったのは、「オモローネバーノウズ」。「俺たちは音楽を作るためにビクターと契約したわけじゃない。時代を作るために契約しました!」という北島の雄々しい言葉と共に演奏が始まり、観客の間から熱い歓声が湧き起った。彼らが誘う笑いは、時折、深い感動へと繋がる。観客を元気にするコミックバンドとしての強い使命感が伝わってきたライブだった。

トリを飾ったのはROTTENGRAFFTY。N∀OKI(Vo)が煽りの言葉を放ったのを合図にスタートし、全身で興奮を露わにする観客を続発させた「世界の終わり」を皮切りに、強烈なサウンドが吹き荒れていった。会場内がビリビリと不穏に震えるのを感じた「This world」。開放的なダンスを巻き起こした「響く都」。疾走感に溢れた展開がスリリングだった「So…Start」。来月、幕張メッセ国際展示場で行われる『ビクターロック祭り〜2017〜』に出演できないことに触れたNOBUYA(Vo)が、「ここを幕張メッセに変えませんか?」と言い、激しく踊る人々の輪を広げた「D.A.N.C.E.」……切れ味抜群なサウンドが連発され、最高の盛り上がりが生まれていた。大合唱を起こした「アンスキニー・バップ」と「金色グラフティー」で本編は終了。そして、アンコールでは「Bubble Bobble Bowl」が披露されたが、途中から四星球、夜の本気ダンス、Ivy to Fraudulent Gameのメンバーたちも合流。四星球のモリスがドラムを叩いたり、まさやんが何度もバック宙をさせられたり、夜の本気ダンスの4人がクラウドサーフをして観客の頭上を漂ったり……4バンドが一緒にはしゃぎまくった明るいエンディングだった。

出演バンドたちの私物がもらえる「ガチモリお宝抽選会」と、記念撮影も行われて迎えた終演。関西エリアを拠点としているバンドたちの濃厚な存在感が光るイベントであった。『MUSIC TAGS』は、個性豊かなアーティストが多数所属している“Getting Better Records”の魅力を存分に噛み締められる場だ。“vol.5”も開催されてほしい。

【関連リンク】
Ivy to Fraudulent Game、新曲「Dear Fate,」のMVを番場秀一が監督
LACCO TOWER主催『I ROCKS 2017』の出演アーティスト日割りがついに解禁
『ビクターロック祭り2017』にADAM atと夜の本気ダンスが追加出演決定
ASIAN KUNG-FU GENERATION、初のトリビュートにKANA-BOON・BLUE ENCOUNTら全12組が参加

【関連アーティスト】
四星球, ROTTENGRAFFTY , 夜の本気ダンス, Ivy to Fraudulent Game
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

斉藤和義、ドラマ主題歌としても話題の新曲「遺伝」MVを公開
Sat, 18 Feb 2017 17:00:00 +0900
斉藤和義 (okmusic UP\'s)

2月22日にリリースされる斉藤和義のニューシングル「遺伝」のMVがYouTubeとスペシャルサイトで公開された。

【その他の画像】斉藤和義

「遺伝」は阿部サダヲ主演のTBS系 金曜ドラマ『下剋上受験』の主題歌。斉藤和義は、このドラマの根幹に秘められた親子間にある無償の愛をテーマに楽曲を書き下ろしたという。

本作のプロデューサーである渡辺良介は『斉藤和義さんがドラマの"魂"を見事に歌に封じ込めてくれたことに、スタッフ一同感嘆し、感謝しています』と喜び、『"努力は裏切らない"という力強い応援歌でもあります。この「遺伝」という楽曲とドラマが、受験生とその家族の励みに、またすべての家族がキズナを見つめ直すキッカケになれば幸いです』とコメントしている。

MVは、2007年に発表された「ウエディング・ソング」も手掛けた?木聡が監督を務め、主演には大杉漣、新井浩文、そして星流という役者陣が並んだ。

映像のテーマは『子連れ孫連れ狼』で、伝説の刺客・拝一剣(大杉)が、北風の吹く何もない道をひたすら手押し車を押して進むシーンよりスタート。手押し車には、体は大きくなっても頼りなさそうに見える若者、大三郎(新井)が、さらにその前にあるもう一つの車には大三郎の息子、大十郎(星流)がじっと前を見据えて乗っており、その手押し車にかけられたのぼりには「遺し候 伝え候」の文字が書かれている。道中、草むらから怪しい人影が近づき三人は絶体絶命のピンチに。すると、その人影たちに背を向けるように、ぼろぼろの大きい三度笠、薄汚れた道中合羽、そしてギターを抱えた木枯らし和次郎(斉藤)が登場…という時代劇風ショートムービーに仕上がった。

なお、このMVで使用されている手押し車、のぼりがそれぞれタワーレコード渋谷店、梅田マルビル店にて2月21日(火)より展示されることも決定したので、気になる方はそちらもチェックしよう。

■シングル「遺伝」スペシャルサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/ks/

■「遺伝」MV(Short ver.)
https://youtu.be/3y94oFku34Y

■シングル「遺伝」

2017年2月22日発売
【初回限定盤】(CD+オリジナルピンバッチセット)
VIZL-1600/¥1,950+税
【通常盤】(CD)
VICL-38300/¥1,200+税
<収録曲>
1. 遺伝 
※TBS系 金曜ドラマ「下剋上受験」主題歌
2. 行き先は未来 
※映画「超高速!参勤交代 リターンズ」主題歌
3. ひまわりに積もる雪 
※スノービューティー2016「逆さに降る雪」主題歌

【関連リンク】
斉藤和義 オフィシャルHP
斉藤和義、ドラマ『下剋上受験』主題歌リリース&弾き語りツアーの開催も決定
斉藤和義、最新ライブBlu-ray/DVD/CDトレーラー&スペシャルサイト公開
MANNISH BOYS、待望のニューアルバムを10月19日にリリース

【関連アーティスト】
斉藤和義
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

EXILE AKIRA、アジア人初のファッションブランド「ラルフローレン」アンバサダーに就任
Sat, 18 Feb 2017 16:00:00 +0900
EXILE AKIRA&ラルフ・ローレン? (okmusic UP\'s)

ダンスボーカルグループEXILEのAKIRAが2月16日、ファッションブランド「ラルフローレン」のアンバサダーに就任した。

【その他の画像】EXILE

アジア人としては初めてのアンバサダー就任となる。また現地時間15日には、米・ニューヨークで開催されたラルフローレンのコレクションでラルフ・ローレン氏とも対面。今回のアンバサダー起用は、かねてより雑誌や写真集といった様々なオフィシャルシーンをはじめ、プライベートでも日常的にラルフローレンを愛用しているAKIRAを「ブランドの体現者である」とラルフ・ローレン氏が注目し決定に至った。ニューヨークでAKIRAと対面したラルフ・ローレン氏は「AKIRAはまるで和製ジョニー・デップだね」とAKIRAのスタイルを?絶賛。今後、AKIRAはアンバサダーとしてテレビやファッション誌等に登場することで両者の思いが詰まった念願のコラボレーションが実現する。

ラルフ・ローレン氏は1967年にニューヨークで、ラルフローレンの前身となるファッションブランド「ポロ」を立ち上げ、以降様々な派生ブランドを展開。アメリカンチックな磨き上げられたファッションアイテムで、世界中の人々に愛用されている。1992年には米国ファッションデザイナー協議会でオードリー・ヘップバーンから功労賞を受賞するなど、アメリカン・トラディショナルの代表的存在として知られる。また2016年のリオ・オリンピックでは米国選手団のユニホームもデザイン。米国の名優スティーブ・マックイーンやジョニー・デップ、英国のチャールズ皇太子など多くのラルフローレン愛好家がいる。

【EXILE AKIRA コメント】
「自分が10代の頃からずっと愛?させてもらっているラルフローレンのアジア?として初めてとなるアンバサダーに任命いただいて素直に嬉しいという思いとともに身の引きしまる思いでもあります。今後の?分の活動を通して、ラルフ・ローレン?の思想や美学をファッションという枠を超えて伝えていけたらと思っています。今回の素敵な出会いに感謝しています」

【関連リンク】
EXILE世界&佐藤大樹による新ユニットFANTASTICS結成! 2月から武者修行へ
4大ドーム18公演で開催した『HiGH & LOW THE LIVE』が映像化
EXILE ATSUSHI×久石譲、約3年ぶりの共作が映画『たたら侍』主題歌に決定
LDHは“LDH JAPAN”へ! 2017年プロジェクト大発表!

【関連アーティスト】
EXILE, EXILE AKIRA
【ジャンル】
J-POP

フジファブリック、今年で4回目となる自主企画2マンツアー『フジフレンドパーク』の開催を発表
Sat, 18 Feb 2017 15:00:00 +0900
フジファブリック (okmusic UP\'s)

フジファブリックが2017年で4年目の開催となる自主企画イベント『フジファブリック 2マンツアー フジフレンドパーク2017』の開催を発表した。

【その他の画像】フジファブリック

初年度の2014年は、プライベートで親交のある「ASIAN KUNG-FU GENERATION」、「Salyu」、「秦 基博」、「レキシ」と東京・名古屋・大阪と3箇所で開催。2年目は、先輩・後輩の「ウルフルズ」、「キュウソネコカミ」と東京にて、3年目の2016年は「Suchmos」、「クリープハイプ」、「KANA-BOON」と東京・大阪で行い、いずれも大きな反響を呼んだ。

そんな、常に話題となるフジファブリックの対バン企画。まだ対バン相手が発表されていないが、毎回ここでしか見れないセッションを披露している事もあり、2017年の相手が誰になるのか今から期待が高まる。フジファブリックオフィシャルモバイル会員サイト"FAB CHANNEL”にて『フジファブリック 2マンツアー フジフレンドパーク2017』のチケット最速先行受付がスタートしている。先行では、特典ムービー付きオリジナルカラーチケット仕様となっているのでお見逃しなく。

フジファブリックは、俳優・山田孝之がボーカルとして参加したニューシングル「カンヌの休日 feat. 山田孝之」を発売したばかり。そして、2016年発売したアルバム『STAND!!』を掲げた全国ツアー『フジファブリック LIVE TOUR 2017 “STAND!!”』を現在開催中。追加公演であり、チケットが即日完売している2月24日(金)東京・中野サンプラザホール公演の模様がLINE LIVEで全編生中継される事、さらにその音源が超臨場感バイノーラルオーディオで収録して放送する事を発表しており、このライブを見て、フジフレンドパークを楽しみにしていて欲しい。

■「フジファブリック 2マンツアー フジフレンドパーク2017」

6月26日(月) 大阪・Zepp Osaka Bayside
6月30日(金) 東京・Zepp DiverCity TOKYO
7月01日(土) 東京・Zepp DiverCity TOKYO

スタンディング/2F指定席:¥5,400(税込)+1Drink代別途
チケット一般発売:5月20日(土)

<FAB CHANNEL会員限定最速チケット先行>
受付期間:2/17(金)22:00〜2/26(日)23:00
受付URL:http://ch.fujifabric.com/0217ticket/ (携帯・スマホのみ)
先行チケット特典:特典ムービー付きオリジナルカラーチケット
※FAB CHANNELについてPCでの詳しいご案内はこちら→ http://www.fujifabric.com/fabchannel/

■「フジファブリック LIVE TOUR 2017 “STAND!!”」生配信

2月24日(金)19:00〜
出演:フジファブリック
番組URL: https://lin.ee/3fiVXU9/lnms
※番組内容は変更となる可能性がございます。
※LINE LIVEの公式アカウント及び、 LINE株式会社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」での配信となります。
※バイノーラル録音とは、モノラル・ステレオと並ぶ録音方式の一つで、実際に人が音を認知する状況と同じ条件の下で収録する録音方法です。実際の臨場感をありのままに感じられますので、ヘッドホン、イヤホンでお聞きいただくことをおすすめ致します。(バイノーラル音源収録協力:ソニー)

【関連リンク】
フジファブリック オフィシャルHP
フジファブリック、ワンマン全編をLINE LIVEで生中継!
フジファブリック、「カンヌの休日 feat. 山田孝之」MVを期間限定フル公開
フジファブリック、話題の新曲MVで山田孝之と熱唱!?

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
ジャパニーズロック

04 Limited Sazabys主催フェスにスカパラ、ブルエンなど豪華な5組が参加決定
Sat, 18 Feb 2017 14:00:00 +0900
『YON FES 2017』ロゴ (okmusic UP\'s)

4月1日(土)と2日(日)に愛知県・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)にて行なわれる04 Limited Sazabys主催の野外フェス『YON FES 2017』の最終出演アーティストおよび出演日が発表された。

【その他の画像】東京スカパラダイスオーケストラ

今回発表されたのは東京スカパラダイスオーケストラ、BLUE ENCOUNT、EVERLONG、coldrain、The BONEZという豪華な5組。これで全ての出演者が発表となり、ますます開催に期待が高まる。

■『YON FES 2017』オフィシャルHP
http://yonfes.nagoya

■【04 Limited Sazabys GENよりコメント】

去年、皆さんのご協力のおかげで名古屋に新しいロックフェスが誕生しました。
今年も無事開催できることを幸せに思います。

YON FESというイベントは僕らの帰って来る居場所であり、僕らの経験や出会いを持ち帰ることができる場所です。
この一年間の活動の中で、ライブを観て純粋にカッコイイなと痺れたバンド達に声をかけました。
今年は同世代のライバルはもちろん、尊敬する先輩達がたくさん力を貸してくれます。
去年以上に熱く重たいバトンがまわってくることが予想されますが、僕らも去年以上に強く大きくなっていますので期待していてください。

初年度の経験を生かし様々な部分が改良改善されています。
より快適に、よりロックにパワーアップして帰ってくるYON FES 2017。
安心して遊びに来てください。

■『YON FES 2017』

日時:4月1日(土)、2日(日)
時間:開場9:30 開演11:00 終演19:00(各日共予定)
※雨天決行(荒天の場合は中止)
会場:愛知 モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
<出演>
■4月1日(土)
04 Limited Sazabys / ASIAN KUNG-FU GENERATION / BLUE ENCOUNT / coldrain / EVERLONG / My Hair is Bad / SUPER BEAVER / SHANK / The BONEZ / 四星球 / 忘れらんねえよ
■4月2日(日)
04 Limited Sazabys / cinema staff / Crossfaith / go!go!vanillas / NAMBA69 / sumika / tricot / WANIMA / キュウソネコカミ / 東京スカパラダイスオーケストラ / フレデリック

<料金>
4月1日(土)1日入場券:¥6,500(税込)
4月2日(日)1日入場券:¥6,500(税込)

【関連リンク】
04Limited Sazabys オフィシャルHP
SCANDAL、ベスト盤リリース日にSP記念特番放送決定! スタジオライブの生中継も
04 Limited Sazabys主催フェスにアジカン、NAMBA69、WANIMAらが出演決定
「立春」に聴きたい厳選“春待ちソング”

【関連アーティスト】
東京スカパラダイスオーケストラ, coldrain, BLUE ENCOUNT, The BONEZ, 04 Limited Sazabys, EVERLONG
【ジャンル】
ジャパニーズロック, フェス

Shout it Out、須賀健太が叫ぶ「青年の主張」MV公開
Sat, 18 Feb 2017 13:00:00 +0900
「青年の主張」予告スポット (okmusic UP\'s)

Shout it Outが3月8日にリリースする1stフルアルバム『青年の主張』より、リードトラック「青年の主張」のミュージックビデオの予告スポットが公開された。

【その他の画像】Shout it Out

今作ではロックシーンに精通していることで知られ、インディーズ盤のリリース前からShout it Out についてSNSで発信していた須賀健太に、青年の象徴としての出演をShout it Outから熱烈オファー。その想いを受けた須賀が快諾し、出演が実現した。山内彰馬(Vo&Gt)が少年から青年への過渡期で抱いた心情をリアルに綴った歌詞に共感し、等身大の声として叫んでいる青年・須賀健太の姿にも注目だ。ミュージックビデオのフルサイズは、2月20日(月) 20:00に公開予定。

■「青年の主張」ミュージックビデオ(予告スポット)
https://youtu.be/dUQaBFYgBv8

■アルバム『青年の主張』

2017年3月8日発売
PCCA-04474/¥2,800(税込)
※プレイパス封入付き
※初回生産分限定 スリーブケース仕様
<収録曲>
01.大人になれない
02.17歳
03.雨哀
04.道を行け
05.DAYS
06.夜間飛行
07.トワイライト
08.青春のすべて
09.影と光
10.青年の主張
11.エンドロール
12.灯火

■1stフルアルバム『青年の主張』リリースツアー

2月25日(土) 大阪・OSAKA MUSE <ワンマン>
3月05日(日) 名古屋・APOLLO BASE <ワンマン>
3月21日(火) 松山・松山Double-u Studio <対バン>
3月25日(土) 仙台・spaceZero <ワンマン/TRiFOLiUM(O.A)>
3月26日(日) 札幌・SOUND CRUE <ワンマン>
3月31日(金) 金沢・LIVE HOUSE vanvanV4
対バン:サイダーガール、BURNOUT SYNDROMES
4月02日(日) 新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGE
対バン:サイダーガール、Halo at 四畳半
4月08日(土) 福岡・DRUM SON <ワンマン>
4月09日(日) 広島・広島BACK BEAT
対バン:ドラマチックアラスカ
4月14日(金) 神戸・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
対バン:HOWL BE QUIET、climbgrow
4月16日(日) 高松・高松DIME
対バン:HOWL BE QUIET、WOMCADOLE
4月22日(土) 松本・松本ALECX <対バン>
5月07日(日) 東京・TSUTAYA O-WEST <ワンマン>

【関連リンク】
Shout it Out、全国ツアーの対バン第2弾にドラマチックアラスカ、Halo at 四畳半、BURNOUT SYNDROMESら
Shout it Out、全国のCDショップでニューアルバム全曲先行試聴決定
Shout it Out、モデルの花梨を起用したアルバム『青年の主張』ジャケ写を発表
Shout it Out、「青年の主張」を語る座談会開催! 新成人リスナーを大募集!

【関連アーティスト】
Shout it Out
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SUGIZO vs INORANの対バン・ライヴイベントが待望のDVD化! ツアーも発表!
Sat, 18 Feb 2017 12:00:00 +0900
『SUGIZO vs INORAN PRESENTS BEST BOUT〜L2/5〜』 (okmusic UP\'s)

2016年6月9日(木)のロックの日にLUNA SEAのギタリストであるSUGIZOとINORANが開催した、それぞれのソロ・プロジェクトの対バン・ライヴイベント『SUGIZO vs INORAN PRESENTS BEST BOUT〜L2/5〜』がDVDとなって4月26日(水)にリリースされる。

【その他の画像】INORAN

先攻INORANが鳴らしたストレートなロックンロール、対照的に、後攻SUGIZOがノンストップで放ったサイケデリック・トランス、互いの楽曲にゲスト参加し合った豪華セッションなど、見逃せない場面の連続。また、“名勝負”と名付けられたイベントでありながら、互いを兄・弟と呼び合う2人の姿が浮き彫りにしたのは、揺るぎない信頼関係でもあった。一夜限りの開催で、限られたファンしか味わえなかった熱と興奮を、この機会に是非とも体感してほしい。

そして、共にソロ活動20周年を迎えるSUGIZOとINORANが、2017年もソロ・プロジェクト対バン・ライヴツアー『SUGIZO vs INORAN PRESENTS BEST BOUT 2017〜L2/5〜』を開催する。2016年にZepp DiverCityにて、2,500人のオーディエンスを歓喜させた初回も記憶に新しいが、第二回目となる2017年は単発イベントではなくツアーへと進化・拡大!

まずは、2016年同様6月9日(金)の“ロックの日”に開催される大阪なんばHatch公演、6月11日(日)の東京Zepp Tokyo公演からなる“JAPAN Leg”、続く6月17日(土)の香港、6月24日(土)のシンガポール公演を“ASIA Leg”と称し、国内外を巡る初のBEST BOUTツアーを敢行する。2016年、終演間際のステージ上で、「またやろうか? もし皆が求めていただけるのであれば」(SUGIZO)、「また戻ってくると思う」(INORAN)と第二弾をほのめかしていた2人の言葉が、更なるスケールアップを果たした上で、早くも具現化したことになる。

初回の開催後、INORANはソロ・オリジナルアルバム『Thank you』を、続いてSUGIZOは『音』をリリースし、それぞれに音楽的探求を一層深めて来た。同時に、LUNA SEAとしては2016年12月23日(金・祝)・24日(土)に共にさいたまスーパーアリーナのステージに立ち、両夜公演を成功裏に終えている。そんな2人が2017年、国内外へとフィールドを広げ再び音楽の“リング”に上がるのだから、名勝負にならないわけはない。どのように魂と魂とをぶつけ合い熱を放つのか?その場面を思い描きながら、続報をお待ちいただきたい。

■DVD『SUGIZO vs INORAN PRESENTS BEST BOUT〜L2/5〜』

2017年4月26日発売
KIBM-611/¥5,926+税

■【ライブ情報】

『SUGIZO vs INORAN PRESENTS BEST BOUT 2017 〜L2/5〜 -Japan Leg』
6月09日(金) 大阪 なんばHatch
6月11日(日) 東京 Zepp Tokyo

『SUGIZO vs INORAN PRESENTS BEST BOUT 2017 〜L2/5〜 -Asia Leg』
6月17日(土) 香港
6月24日(土) シンガポール
※ アジア2公演の詳細は後日発表

チケット料金:1F立見¥7,800/2F指定席¥8,300(税込・DRINK代別)※3歳以上チケット必要
チケット一般発売日:5月6日(土)

【関連リンク】
大回顧展『DAVID BOWIE is』の開幕に先駆け、二階堂ふみがトークセッションを実施
J、ソロ20周年へカウントダウン!ファイナル公演終了
LUNA SEA、1年9カ月ぶりのワンマン公演2デイズが大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
INORAN, LUNA SEA, SUGIZO
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

中村 中、5月開催・東京国際フォーラム公演のチケット一般発売迫る!
Sat, 18 Feb 2017 12:00:00 +0900
「10TH ANNIVERSARY SHOW 『天晴れ!我は天の邪鬼なり』」告知画像 (okmusic UP\'s)

中村 中が5月20日(土)に東京国際フォーラム・ホールCにて開催する「10TH ANNIVERSARY SHOW 『天晴れ!我は天の邪鬼なり』」のチケット一般発売が迫っている。

【その他の画像】中村 中

2006年のデビュー以来、歌手・作詞作曲家・役者として幅広く活動を続けてきた中村 中。デビュー10周年を迎えた2016年は、舞台『ライ王のテラス』、中島みゆき主催『夜会vol.19「橋の下のアルカディア」』に出演し、ロック・バンドDECAYSに参加し、10年間の感謝の意も込めた全国4公演のツアー『TOUR2016十の指』を展開するなど、慌ただしく過ぎていった。

そして、2017年の幕開けは『中島みゆきリスペクトライブ2017歌縁』で全国を巡り、3月には脚本家江頭美智留率いる劇団クロックガールズ第14回公演『悪女たちのララバイ』へ客演。その直後にはデビュー来の音楽仲間でもある石田 匠をゲストに迎え全国5ヶ所をふたりで旅する『TOUR2017十の指ふたたび』を予定している。

『TOUR2016十の指』と『TOUR2017十の指ふたたび』で計9公演。

これを経ていよいよ5月20日(土)に東京国際フォーラム・ホールCにて、アニバーサリーを締めくくる10本目の切り札となる公演が開催される。「10TH ANNIVERSARY SHOW 『天晴れ!我は天の邪鬼なり』」と銘打たれたこの公演のチケットは、2月19日(日)10時より各プレイガイドにて発売。「喜怒哀楽」を表現するこの公演のフライヤーのアートワークは計4種類で、それがまとまったポスターも公開された。

同時にオフィシャルサイト「中屋」では、デビュー10周年特設ページがオープン。

ミュージシャン、プロデューサー、俳優、作家、漫画家など、多岐に渡る方々よりお祝いコメント、中村への期待などが寄せられている。コメント第一弾は小田和正をはじめとする大先輩方から。このコメントは各週続々とアップされていくので要チェック!

さらに、デビューからの全キャリアを語る『中村 中 10thアニバーサリー・インタヴュー 〜歌でなければ伝えられないこと〜』もお見逃しなく。こちらは35000字にもおよぶボリュームで、性同一性障害カミングアウト、紅白歌合戦出場、歌手と役者の狭間で揺れ動く心模様など、これまで中村が折々に直面してきた課題について赤裸々に明かしながら、『天晴れ!我は天の邪鬼なり』というタイトルに込めた真意を紐解いていく渾身のコンテンツだ。

さあ、あなたも急いで天の邪鬼に遭遇する用意をはじめよう。

■「10TH ANNIVERSARY SHOW 『天晴れ!我は天の邪鬼なり』」

5月20日(土) 東京国際フォーラム・ホールC
開場/開演 17:00/17:45
<チケット>
■料金:全席指定 ¥6,800 (税込)
■チケット発売日:
2017年2月19日(日)10:00
■プレイガイド:
・キョードー東京
0570-550-799
・チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード:317-841)
・ローソンチケット
0570-084-003(Lコード:70193)
・イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002018613P0050001P006001P0030246

【関連リンク】
中村 中オフィシャルサイト「中屋」
DECAYS、東名阪ワンマンを前にメンバーから気合のコメントが到着!
DECAYS、アルバム発売記念イベントで日替わりメンバーが貴重なトークを展開
中村 中、デビュー10周年ファイナル企画のオフィシャルHP先行開始迫る!

【関連アーティスト】
中村 中
【ジャンル】
J-POP

かりゆし58の楽曲「嗚呼、人生が二度あれば」が日本テレビ特番のテーマ曲に決定
Sat, 18 Feb 2017 11:00:00 +0900
かりゆし58 (okmusic UP\'s)

かりゆし58の楽曲「嗚呼、人生が二度あれば」が、日本テレビで2月24日にオンエアされる特番『人生が二度あれば 運命の選択』の主題歌に抜擢されたことがわかった。

【その他の画像】かりゆし58

『人生が二度あれば 運命の選択』は、子どもの頃から地元のヒーローだった男の子、女の子に敷かれたレール……つまりスポーツ界ならプロの道へというのが常識的な運命の選択だが、世の中にはその常識から外れた道を選択する人間も存在する。そんな稀有な人々の運命の選択を徹底リサーチする番組だ。どのような道を“選択"し、どのように“生きた"のか? 彼らの歩んだ人生の軌跡をドキュメントで描いており、番組ナビゲーターは又吉直樹などが担当している。

まさに番組の内容とリンクするかりゆし58の楽曲「嗚呼、人生が二度あれば」だが、"人生二度あれば…"というテーマは誰しも思うことではないだろうか。この楽曲がどんな形で番組に華を添えるのか、放送を楽しみにしよう。

■日本テレビ系『人生が二度あれば 運命の選択』番組HP
※2月24日(金)21:00〜22:54オンエア
http://www.ntv.co.jp/jinseinido/

■「嗚呼、人生二度あれば」MV
https://m.youtube.com/watch?v=c_ue66L48eU

■『ハイサイロード2017〜ロード・トゥ・サイカイ〜』

2月17日(金) 岡山CRAZY MAMA KINGDOM
2月19日(日) BLUE LIVE 広島
2月21日(火) 神戸チキンジョージ
2月22日(水) 京都MUSE
2月25日(土) 梅田Shangri-La
3月04日(土) 渋谷Star lounge
3月05日(日) 渋谷Star lounge
3月10日(金) 名古屋ダイアモンドホール
3月11日(土) 静岡SOUNDSHOWER ark
3月14日(火) 横浜 BAYSIS
3月18日(土) 旭川CASINO DRIVE
3月19日(日) 札幌PENNY LANE 24
3月22日(水) 仙台MACANA
3月24日(金) 盛岡Club Change WAVE
3月26日(日) 秋田CLUB SWINDLE
3月28日(火) 水戸ライトハウス
3月31日(金) 新潟LOTS
4月02日(日) 金沢EIGHT HALL
※終了分は割愛

【関連リンク】
かりゆし58 オフィシャルHP
【連載コラム】稚菜、ドラマ「三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!!〜」の主題歌をカバー
かりゆし58の「オワリはじまり」がドラマ『三匹のおっさん』シリーズ最新作の主題歌に決定
かりゆし58、全国25か所を巡るツアー「ハイサイロード2017」開催決定!

【関連アーティスト】
かりゆし58
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1