歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年02月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
さくらしめじ、新曲「かぜいろのめろでぃー」MVは“わらしべ長者”がテーマのあたたかい作品に
Fri, 17 Feb 2017 20:00:00 +0900
さくらしめじ (okmusic UP\'s)

さくらしめじが3月22日に発売する1stミニアルバム『さくら〆じ』のリード曲「かぜいろのめろでぃー」のMVを公開した。

【その他の画像】さくらしめじ

「かぜいろのめろでぃー」は約一年前からライブで演奏されていた楽曲で、今回満を持しての音源化となる。これまでは“ちょっと切ないラブソング"を数多く歌ってきたさくらしめじだが、今回の楽曲では"誰かの背中を押せるような存在になりたい"という気持ちを歌った、さくらしめじの『これから』を感じさせるような楽曲となっている。

またMVは「わらしべ長者」がテーマとなっており、さくらしめじのあたたかい雰囲気が伝わってくる内容となっている。こちらも是非ご覧になってほしい。

■「かぜいろのめろでぃー」MV
https://youtu.be/Uhlms6q4vls

■ミニアルバム『さくら〆じ』

2017年3月22日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
ZXRC-2019/¥2,315+税
【通常盤】(CD)
ZXRC-2020/¥1,667+税
<収録曲>
■CD
01.ひだりむね
02.かぜいろのめろでぃー
03.おたまじゃくし
04.いーでぃーえむ
05.ゆめがさめたら
06.みちくさこうしんきょく
■DVD
ライブ&メイキング

■『さくらしめじ春のワンマンライブ「春しめじの eat shun」』

4月23日(日) TOKYO DOME CITY HALL
OPEN:16:00 / START:17:00

【関連リンク】
さくらしめじ オフィシャルHP
さくらしめじ、初オフィシャルアーティストブックの表紙&掲載内容が解禁へ
さくらしめじ、カレンダー発売イベントが大盛況
さくらしめじ、“いままで”と“これから”を表わした新作ビジュアル公開

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP

ニコラス・エドワーズ、2016年の集大成となるライブ映像作品の詳細を解禁
Fri, 17 Feb 2017 19:45:00 +0900
DVD『Nicholas Edwards MOTION 2016 Video Document』 (okmusic UP\'s)

ニコラス・エドワーズが3月15日にリリースするライブDVD&Blu-ray『Nicholas Edwards MOTION 2016 Video Document』のジャケット写真と収録内容が発表された。

【その他の画像】ニコラス・エドワーズ

今作のジャケットは、12月3日に行なわれた『MOTION 2016 CHRISTMAS CONCERT ~ Silent Night with Nicholas Edwards 』のスチールから切りとられた一枚。赤と黒の和洋折衷の衣装に身を包みステージ上に立つ姿が印象的なジャケットとなっている。

さらに、DVD&Blu-ray2枚組の豪華収録内容も発表となった。DISC1には12月3日のCHRISTMAS CONCERTの模様をアンコールを含めた全21曲余すことなく収録。さらにDISC2では、ニコラス・エドワーズ本人の解説も入れながら、2016年4月2日に京都劇場で行なわれた『Motion 2016 Spring Concert』、7月8日〜9日にかけてEX THEATER 六本木にて行なわれた『Motion 2016 Summer Concert』、さらに10月16日に大阪メルパルクで行なわれた『Motion 2016 Autumn Concert』という3つのライブの模様をまとめてダイジェスト収録。各公演からピックアップされた全20曲が収録されるメモリアルな一枚となっている。

このDVD&Blu-rayには各公演の写真をふんだんに盛り込んだ24ページのブックレットが封入されるほか、全3種類の内ランダムで1種オリジナルポストカードも封入となる。

ニコラス・エドワーズのファンクラブでは上記の商品に特典を付与したファンクラブ限定商品の発売も決定。こちらもとても貴重な商品となっているため、是非一度チェックしてみてはいかがだろうか。

■ファンクラブ限定商品 詳細ページ
http://www.nicholas-edwards.jp/store

■DVD&Blu-ray 『Nicholas Edwards MOTION 2016 Video Document』

2017年3月15日(水)発売
【DVD】(2枚組)
PCBP.53162/¥5,800+税
【Blu-ray】(2枚組)
PCXP.50476/¥6,800+税
<収録内容>
■DISC1:MOTION2016 CHRISTMAS CONCERT
(EX THEATER ROPPONGI)
M1 Let\'s Be Together
M2 クリスマスの願い
M3 Christmas (Baby Please Come Home)
M4 W/W/W
M5 We Get By
M6 Homebound
M7 Loving My Lover
M8 恋しちゃったよ
M9 恋に落ちたら
M10 Feel It
M11 She\'s The Stranger
M12 夢を力に
M13 My First Love Song
M14 Feliz Navidad
M15 Happy X\'mas Train
M16 サイレント ナイト
-Encore-
M17 Midnight Runaway
M18 Moonlight Carnival
M19 Sticks&Stones
M20 Freeze
M21 I\'ll Be Home For Christmas
■DISC2
MOTION2016 SPRING CONCERT/SUMMER CONCERT/AUTUMN CONCERT
「MOTION2016 SUMMER CONCERT」
(EX THEATER ROPPONGI)
M1 君が歌詞になる
M2 女神と絵葉書
M3 琥珀のセレナーデ
M4 You\'re My World
M5サイレント ナイト
M6 DRIVE
M7 花びら雪
M8 Ocean
M9 夢を力に
M10Beyond
M11 innocent world
M12 青空の白い雲
M13 雲の向こうには
「MOTION2016 SPRING CONCERT」
(京都劇場)
M14 She\'s The Stranger
M15 Mercy
「MOTION2016 SUMMER CONCERT」
(EX THEATER ROPPONGI)
M16 Te Extra?ar?
M17 Song For Departure
M18 Moonlight Carnival
「MOTION2016 AUTUM CONCERT」
(大阪メルパルク)
M19 My First Love Song
M20 She\'s The Stranger

◎封入特典
・ブックレット(24P)
・オリジナルポストカード1枚(全3種類のうちランダム封入)

【関連リンク】
ニコラス・エドワーズ オフィシャルHP
ニコラス・エドワーズ、「Listen with」1〜3月期のレギュラーDJに
ニコラス・エドワーズ、ネイル・チェーン店とのコラボキャンペーンが決定
ニコラス・エドワーズがメジャー1stアルバムの発売を記念し期間限定コラボショップを開催

【関連アーティスト】
ニコラス・エドワーズ
【ジャンル】
J-POP

作曲家の船村徹、心不全のため逝去
Fri, 17 Feb 2017 19:45:00 +0900
船村徹 (okmusic UP\'s)

昭和歌謡を代表する「王将」「矢切の渡し」をはじめ、数多くの楽曲を手掛けた作曲家の船村徹が2月16日、心不全のため逝去した。84歳だった。

【その他の画像】船村徹

通夜は22日午後6時から、葬儀は23日午前11時から、いずれも東京都の護国寺にて執り行われる。

作曲生活は64年に渡り、代表曲には「別れの一本杉」「男の友情」「王将」「なみだ船」「矢切の渡し」「風雪ながれ旅」「兄弟船」「みだれ髪」などがある。

文化人として幅広い活動のほか、昭和33年から刑務所慰問などの「演歌巡礼」や、音楽界の仲間を追悼する「歌供養」にも取り組んできた。また、平成28年11月には文化勲章を受章し、今年1月18日には祝賀会が開かれたばかりだった。

【関連リンク】
山田姉妹のデビュー発表コンベンションでこまどり姉妹が激励
美空ひばり生誕80周年を記念した東京ドーム公演に五木・氷川・きゃりー・AKBら出演
八代亜紀、震災から1年となる4月15日に開催する地元・熊本でブルースライブは「熊本応援価格」
フルコーラスにこだわったSP番組『名歌復活!〜弾き語り 昭和のメロディー』BSフジにて放送

【関連アーティスト】
船村徹
【ジャンル】
演歌/歌謡曲

MAGiC BOYZのZEN-LA-ROCKが3月26日をもってアイドル活動から卒業
Fri, 17 Feb 2017 19:30:00 +0900
MAGiC BOYZ  (okmusic UP\'s)

2月16日にYouTubeライブにて配信されたMAGiC BOYZのレギュラー番組『水曜日のマジボネラ』にて、ZEN-LA-ROCKがMAGiC BOYZを卒業することが発表された。

【その他の画像】ZEN-LA-ROCK

元々メンバーの成長を見守る役割として期間限定の参加ではあったが、今年夏前に発売を予定している自身のアルバム制作や、プライベートでの婚活に専念するため、アイドル活動から卒業することを決意。卒業についてZEN-LA-ROCKは『普通の男の子に戻ります。』とコメントしている。

グループ内年齢差26歳、オトナと小中学生のHIPHOPグループとしてのラストライブは3月26日(日)の『平成28年度 卒業パーティー』。イベント内では卒業式も予定しているので、ファンは是非駆けつけてほしい。

また卒業にあたり、メンバー4人の成長度合いに未だ不安が残るZEN-LA-ROCKから『とある3組のアーティストの元へスキルアップの勉強に行き、コラボ楽曲を制作する』というミッションが与えられた。コラボ曲は3月末に発売予定のシングルに収録され、このミッション遂行の模様はドキュメンタリー映像として順次Youtubeに映像がUPされていく予定。これまでも様々なアーティストと交流してきた彼らが、果たしてどんなアーティストと対峙し、どう成長していくのか? 続報を楽しみにしたい。

■【イベント・ライブ情報】

『The 男子音楽厨房〜ライブとクッキングバトルの饗宴〜』
3月12日(日)  代官山UNIT

『平成28年度 卒業パーティー』
3月26日(日)  渋谷HARLEM

『ワンマンライブ2017春』
4月30日(日)  TSUTAYA O-EAST

【関連リンク】
MAGiC BOYZ オフィシャルHP
MAGiC BOYZ、リリースイベントにてシングル発売&ワンマン開催を発表
MAGiC BOYZ、新メンバーとしてZEN-LA-ROCKが加入し怒濤の急展開!?
MAGiC BOYZ、小学生DJのミロが10月でグループ卒業を発表

【関連アーティスト】
ZEN-LA-ROCK, MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

吉澤嘉代子、衝撃の新曲「地獄タクシー」MVに新進気鋭のラッパー・ACEが参加
Fri, 17 Feb 2017 19:00:00 +0900
吉澤嘉代子 (okmusic UP\'s)

吉澤嘉代子の3rdアルバム『屋根裏獣』に収録される新曲「地獄タクシー」のMVが解禁された。

【その他の画像】ACE

「地獄タクシー」は吉澤の真骨頂である“妄想世界の物語”全開の3rdアルバム『屋根裏獣』の中でも、エッジが立った楽曲。愛するあまり亭主の首を狩り、遠い土地へ逃げようと乗りこんだタクシーが地獄行きだった!…という衝撃のストーリーだ。

楽曲とMVには人気番組『フリースタイルダンジョン』で注目を集める新進気鋭のラッパー・ACEがタクシーの運転手役で参加している。吉澤嘉代子が高校の同級生であったACEに声をかけたことにより、この超異色コラボが実現した。

MVでは、吉澤嘉代子が夫人と亭主の一人二役を演じており、ACEの『お客さま』『貴女、もう地獄に落ちてますよ」』という不気味な台詞と演技も見どころとなっている。なお同曲は3月1日よりiTunes、レコチョクにて先行配信がスタートするので、気になる方はぜひチェックを。

■「地獄タクシー」MV
https://youtu.be/KxiRy_UMZfI

■アルバム『屋根裏獣』

2017年3月15日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-40497/¥3,241+税
【通常盤】(CD)
CRCP-40498/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1.ユートピア
2.人魚
3.カフェテリア
4.ねえ中学生
5.屋根裏
6.えらばれし子供たちの密話
7.地獄タクシー
8.麻婆
9.ぶらんこ乗り
10.一角獣
■DVD
・地獄タクシー MUSIC VIDEO
・アボカド feat.伊澤一葉 (live at 東京キネマ倶楽部 2016.10.16)
・東京絶景 feat.曽我部恵一 (live at 東京キネマ倶楽部 2016.10.16)

【関連リンク】
吉澤嘉代子 オフィシャルHP
吉澤嘉代子、2017年春に3thアルバムリリース決定
「いいお産の日」妊婦さんに贈るリラックスソング
吉澤嘉代子、OL衣装に身を包んだツアー東京公演に曽我部恵一・伊澤一葉らがゲスト出演

【関連アーティスト】
ACE, 吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

超特急ユーキ、テレビ朝日「なら≒デキ」出演決定!
Fri, 17 Feb 2017 18:30:00 +0900
ユーキ(超特急) (okmusic UP\'s)

超特急の5号車ユーキが、2月22日(水)放送のテレビ朝日「なら≒デキ」に出演することが発表された。

【その他の画像】超特急

「なら≒デキ」は、"肩書き"、"職業"、"キャラクター"が特殊な技術や技術を持っている達人たちに『こんなことができるはず』という素朴な思いつきを番組から提案、本当にできるかどうかを実際に体を張って挑戦&検証をするバラエティ番組。

5号車ユーキは、「普段から拝見させていただいている番組に出演することができたのがとても嬉しかった。収録は幸せなものでした♪」とコメント。

バラエティ番組への出演が増えてきているユーキのトークスキルにも注目だ。

■【ユーキコメント全文】

普段から拝見させていただいている番組に出演することができたのがとても嬉しかったです!!
MCのココリコの遠藤さん田中さんに囲まれながらの収録は幸せなものでした♪
見応えある白熱の「なら≒デキ」になっていますのでお見逃しなく!!
5号車ユーキ

■【番組概要】

テレビ朝日「なら≒デキ」
放送日時: 2月22日(木) 24:15〜24:45
http://www.tv-asahi.co.jp/naradeki/

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急のカイ&ユーキがNHK『オトナヘノベル』で爆笑トーク!?
超特急、念願の「めちゃイケ」に初出演! ユーキよりコメントも
日本テレビ系情報番組『ZIP!』の音楽イベント『ZIP! 春フェス』が2017年も開催決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

関西出身の王道アイドルグループ・サクヤコノハナ、この春デビュー!
Fri, 17 Feb 2017 18:00:00 +0900
サクヤコノハナ (okmusic UP\'s)

この春、大阪に新しいアイドルグループ・サクヤコノハナが誕生する。

【その他の画像】サクヤコノハナ

サクヤコノハナはメンバー全員が関西出身&関西在住で、Twin Planet Entertainment主催の『NEXT BREAK AUDITION』でアイドル賞を獲得した瀬山まどかをはじめ、同コンテストのファイナリスト、その他アキシブprojectオーディションのファイナリストでアパレルショップ定員や、淡路島出身の双子など、個性豊かな8人組のグループとなる。

サクヤコノハナというグループ名は、古今和歌集や百人一首にある難波津の歌に出てくる大阪の春に咲き誇る花に由来する。

現在アイドルシーンで活躍中のアキシブproject、先日TSUTAYA O-EASTでのワンマンLIVEを成功させた大人系アイドルグループ・DREAMING MONSTERなどに続くアイドルグループとなり、今後は大阪を拠点に名古屋圏まで拡げて活動していく予定だ。

そして気になるお披露目は、3月11日(土)に大阪で行なわれるLIVEイベントにて決定しており、そこでは先輩アイドルのアキシブproject、DREAMING MONSTER、HIGH SPIRITSなども参加する予定だ。

また今後、アキシブproject、DREAMING MONSTER、HIGH SPIRITSなど、TWIN PLNAETのアイドル事業が分社化。アイドルグループのマネジメント、制作などに特化した会社“LIVE PLNAET”が立ち上がり、サクヤコノハナはそこで活動していくことになる。

大阪では珍しいタイプの王道アイドルグループとして、今後に活躍に注目したい。

■【リーダー辰野 梨沙コメント】

「王道アイドルにプラスして、私たち関西だから出せるノリと強烈な個性でみんなの見たことのない景色をお見せします!」

■【メンバー紹介】

・辰野 梨沙(20) ※ リーダー
・宮口 愛絵里(20)
・渡辺 葉月(19)
・瀬山まどか(18)
・阪上 彩香(17)
・阪上 晴香(17)
・嶋田 のあ(15)
・難波 みのり(14)

【関連リンク】
サクヤコノハナ オフィシャルHP
サクヤコノハナ オフィシャルTwitter
ハ?ント?し?ゃないもん!がパジャマ姿で昼公演!? ゆよゆっぺプロデュース「しゅっとこどっこい」を初披露
ハ?ント?し?ゃないもん!、バレンタイン公演で新曲「エンド・レス」を初披露

【関連アーティスト】
サクヤコノハナ
【ジャンル】
女性アイドル

フー・ファイターズの『ソニック・ハイウェイズ』は、アメリカ音楽全体を俯瞰した大作
Fri, 17 Feb 2017 18:00:00 +0900
『Sonic Highways』 (okmusic UP\'s)

2014年にリリースされたフー・ファイターズの8thアルバムは、アメリカのポピュラー音楽を生み出してきた著名な8つの土地に出向き、レコーディングされた作品だ。各地で収録された全8曲は、1曲ごとに物語がある。決して録音場所と曲の内容がリンクしているわけではないが、本作はデイブ・グロールのアメリカ音楽(ロックだけではない)への想いがしっかりと伝わってくる力作となった。この作品が他のロック作品と異なっているところは、各曲が収録された場所についてのドキュメンタリー番組がCD発売に併せて放映されたことにある。一昨年、日本でもWOWOWで8時間(1曲について1番組、計8時間弱)分を放映していたのを観たが、どれもかなりの予算で作られており、後世に残すべき名ドキュメンタリーに仕上がっている。そんなわけで、今回はフー・ファイターズの20周年記念作『ソニック・ハイウェイズ』を取り上げる。

【その他の画像】Foo Fighters

■デイブ・グロールの熱い想いが詰まったドキュメンタリー

1回1時間、計8回のドキュメンタリーは、アルバム『ソニック・ハイウェイズ』に収録された曲順にスタートする。

1曲目の「サムシング・フロム・ナッシング」は、ブルースのメッカとして知られるシカゴ(イリノイ州)での収録だ。生楽器中心のブルースをカントリーブルースとかデルタブルースと呼ぶのに対して、電気楽器を使ったブルースをシカゴブルースと呼ぶことからもそのことは分かるが、この回ではブルース界の重鎮であるバディ・ガイや、最高の女性ロッカーのひとりボニー・レイットなどがインタビューで登場し、シカゴの音楽の魅力を語ってくれる。チープ・トリックのリック・ニールセンや、デイブ・グロールが在籍したニルヴァーナの『イン・ユーテロ』(‘93)でレコーディングエンジニアを務めたスティーブ・アルビニまで登場するなど、全8回の初回だけに見どころの多い回である。

2曲目の「ザ・フィースト・アンド・ザ・ファミン」はワシントンD.C.(アメリカの首都)での収録。この回は黒人ロックグループのバッド・ブレインズやハードコアパンクのフガジ、そして初期のヒップホップグループのトラブル・ファンクを迎え、みんなグロールがリスペクトする存在だけに、彼らが登場してきたときの衝撃がよく分かる内容となっている。グロールの出身はここワシントンD.C.(東部)で、ワシントン州(西海岸北部)とは正反対の場所なので注意。グロールは出身地のことを大切にしており、番組の中でも「どこで活動していても、ワシントンD.C.出身であることは絶対に忘れない」と語っている。ミュージシャンの資質は、育った環境や土地柄に依るところが大きいとグロールが感じたことが、このドキュメンタリーを作る大きなきっかけともなっているのだ。

3曲目の「コングリゲイション」はカントリー音楽のメッカ、ナッシュビルの録音だ。グロールはニルヴァーナの頃からグランジやオルタナティブロックのミュージシャンではあるが、カントリーやブルースなど古くからあるアメリカの伝統的な音楽にも造詣が深い。この回ではグラミー受賞者でもあるザック・ブラウン・バンドのリーダー、ザック・ブラウンの紹介にかなりの時間を費やしていて、他にもカントリー界のスーパースターである天才シンガーソングライター、ドリー・パートン(ホイットニー・ヒューストンの大ヒット「I Will Always Love You」の作者)に自らインタビューするなど、良いものを世間に認知してもらいたいというグロールの意志を感じさせる回となった。ザック・ブラウンとは大の仲良しのようで、この曲にはゲストミュージシャンとして参加している。

4曲目の「ホワット・ディド・アイ・ドゥ/ゴッド・アズ・マイ・ウィットネス」はオースティン(テキサス州)での収録。オースティンは音楽フェスの『SXSW』(1)が開催されることや、多くのミュージシャンがこの街を拠点にしていることなどでも知られている。特にプログレッシブ・カントリーの充実度は高く、伝統的なスタイルが多いナッシュビルとは好対照だと言えるだろう。グロールは変人集団として愛されて(?)いるバットホール・サーファーズや、アウトローカントリーの大御所ウィリー・ネルソンらにオースティンの魅力を存分に語らせている。もうひとつ、ガレージロックの大御所ロッキー・エリクソン(サーティーン・フロア・エレベーターズのリーダーで奇人として知られる)やインテリ・ブルースロッカーのゲイリー・クラーク・ジュニアも登場し、オースティンの懐の深さを再認識させてくれる。

5曲目「アウトサイド」はロサンジェルス(カリフォルニア州)での収録。西海岸はウエストコーストロックをはじめ、ヘヴィメタル、ヒップホップ、ファンクなど、さまざまな音楽が集積するアメリカきっての大拠点である。この回ではランナウェイズ、モトリー・クルー、ベックらが登場し、グロールが子供時代にどんな音楽に興味を持っていたのかを明らかにする。他にグロールがリスペクトするインディーズのカイヤスについて、長い時間が割かれている。カイヤスはストーナー・ロック(2)のグループで、60〜70年代のヘヴィメタルをリスペクトしつつオルタナティブな感性を持って活動しているグループだ。それにしてもロスは音楽的な拡がりが広大なせいか、他の回と比べるとイマイチまとまりがないように感じた。

6曲目の「イン・ザ・クリアー」はニューオリンズ(ルイジアナ州)での録音。ここはジャズ発祥の地というだけでなく、ロックンロールの直接の先祖がニューオリンズ産R&Bにあることでも知られているだけに、グロールの興味も尽きず、ネヴィル・ブラザーズ、ミーターズ、ドクター・ジョン、アラン・トゥーサン(2015年11月に逝去)といった大御所たちが登場している。珍しいところでは、U2、ボブ・ディラン、ネヴィル・ブラザーズのプロデューサーとして著名なダニエル・ラノワとグロールが対談、ニューオリンズ音楽のリズム(セカンドラインと呼ばれる独特のグルーヴ)について語り合っている(使われているのが短時間で残念)。このニューオリンズ編は、全8回の中でも最も充実した内容だと思う。

7曲目は「サブテレニアン」。収録されたのはシアトル(ワシントン州)で、シアトルといえばニルヴァーナをはじめ、パールジャムなどグランジの発祥地として知られている。グロールは自分の音楽の出発点としてシアトルを選んだのだろう。パンクやグランジの元祖と言われる60sグループ、ソニックスのメンバーに、長い時間を割いて当時の話をさせている。グロール自身、ニルヴァーナ時代からソニックスには大きな影響を受けている。他に女性ロックグループのハートや、グランジブームの原点ともなったインディーズレーベルのサブポップについても大きく取り上げている。サブポップはニルヴァーナをはじめスマッシング・パンプキンズ、マッドハニー、ソニック・ユースなどが在籍していたレーベルで、サブポップが存在しなかったら現在のロックシーンは相当変わっていたであろう。それだけグランジやオルタナティブのミュージシャンにとって重要なレーベルなのである。

アルバム最後の曲「アイ・アム・ア・リバー」はニューヨーク録音だ。ニューヨークはさまざまな音楽が生まれたアメリカを代表する大都会だけに、最後の曲に相応しいと言えよう。ラモーンズやパティ・スミスに代表されるニューヨークパンクや、L.L.クールJ、パブリック・エネミーらのヒップホップ勢、世界中からレコーディングに訪れるミュージシャン、CBGBやマックス・カンザスシティなどのライヴハウスのことなど、世界のポピュラー音楽シーンをリードする都市として語られるのはもちろんのことだが、ボブ・ディランやウディ・ガスリーといった社会派フォークシンガーのことについて、しっかり取り上げているところにグロールの音楽に対する誠実さを感じた。ガレージロックの秀作コンピ『ナゲッツ』(‘72)をプロデュースしたレニー・ケイ(パティ・スミス・グループ)にインタビューしているところも見逃せない。パンクロックの人気者を多数送り出したライヴハウスのCBGBが“Country, Blue Grass, Blues”の略だと知ってる人は少ないと思うが、それが番組の中で明らかにされるのもグロールの思惑のひとつだろう。

これら8回の放送を通してデイブ・グロールが伝えたかったことは、どんな音楽も平等に素晴らしいということだと思う。このドキュメンタリーの監督およびインタビュワーは、デイブ・グロール自身が務めている。それだけに、彼の意志や考え方が直接伝わる。こういった手法は、これまでのロックシーンにあまりなかっただけに新鮮であった。

■本作『ソニック・ハイウェイズ』について

これまで、『ソニック・ハイウェイズ』のドキュメンタリーについて解説してきた。冒頭でも触れたが、この作品に収録された曲がレコーディング場所にちなんだ音作りになっているかと言うと、そうではない。実際にはフー・ファイターズの8作目のオリジナルアルバムであり、サウンドもフー・ファイターズのものだ。これまでよりも地味な仕上がりになっていることは間違いないが、それがこの企画(グループ結成20周年記念で、8曲を8カ所でレコーディングする)とは関係ないと僕は考えている。

デイブ・グロールとフー・ファイターズのメンバーたちが、この作品を通して言いたかったことは、音楽というものはミュージシャンの育った風土や土地の匂いに大きく作用するものであり、ミュージシャンにとってそれが何より大切なのだということに尽きる。これまでロックはそうやって成長してきたわけで、だからこそ、ニューオリンズにはニューオリンズの、シカゴにはシカゴの音楽が生まれてきたわけである。

では、アルバムに参加しているゲストミュージシャンを全て挙げておく。

まずは、リック・ニールセン(チープ・トリックのギタリスト)、ピーター・シュタール&スキーター・トンプソン(どちらもスクリームのメンバー。スクリームはグロールが世界一好きなバンドだと公言している)、前述したカントリー界の若手スター、ザック・ブラウン(ザック・ブラウン・バンド)、ゲイリー・クラーク・ジュニア(若手ブルースロックギタリスト)、ジョー・ウォルシュ(ジェイムズ・ギャング→イーグルス)、プリザヴェーション・ホール・ジャズ・バンド、ベン・ギバート(大抜擢の若手オルタナティヴ・シンガー)、クリスティーン・ヤング&トニー・ヴィスコンティ(ヴィスコンティはデヴィッド・ボウイを世に出したことで知られる名プロデューサー。他にムーディー・ブルース、モリッシー、プレファブ・スプラウト、T・レックスをはじめ、名作と呼ばれるロック作品の多くを手がける。クリスティーン・ヤングもヴィスコンティが手がけるオルタナティヴ・シンガーソングライター)が参加している。

この作品を味わうためには、まずCDを聴き、次にDVDでドキュメンタリーを観る。その後でもう一度CDを聴くと、1回目に聴いたのとは違う印象を受けるはずだ。え、自分の好きに聴かせろって? あ、はい。すみません。

(1)サウス・バイ・サウス・ウエスト
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88

(2)ストーナー・ロック
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

【関連リンク】
節分は終わったけど。イラつく上司に豆をぶつけたい時に聴きたい曲
フー・ファイターズ、EP「Saint Cecilia」の無料配信/ストリーミングを開始
Foo FightersのステージにマンウィズJean-ken Johnnyがサプライズ出演
今年のフジロックの出演アーティストのハイレゾ楽曲が体験試聴できる『Hi-Res SPECIAL STAGE』開催

【関連アーティスト】
Foo Fighters
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、ドラマ「レンタルの恋」の主題歌をカバー
Fri, 17 Feb 2017 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

今週もやって参りました、コラムの日。

【その他の画像】赤い公園

第93弾になる今日の一曲は、赤い公園の「闇夜に提灯」
ドラマ、「レンタルの恋」の主題歌。
私は、ガールズバンドってあまり聴かないのだけれど赤い公園の歌は凄くかっこいいなって思う。惹き付けられる音楽。
このドラマを見てみよう、と思ったきっかけも赤い公園が主題歌をやると知ったから。
…ちなみに私事ですが、面識があるギターを弾いている米咲ちゃんとは実は生年月日が全く一緒という。笑
生きてきた中で初めての出会い。笑
同い年でこれだけ沢山かっこいい曲を作れる米咲ちゃんを私は凄く尊敬する。
聴いた事が無い人にも聴いて欲しかったので歌ってみました。
是非聴いて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=-29Nd2QXmjM

私は実家暮らし。
母と兄と3人で暮らしている。
だから、いつもは母が料理を作ってくれるのだけれど、家にいて時間があったり、今日はどうしてもこれが食べたい…!という衝動に駆られた時、たまにご飯を作ったりする。
…あとはふと気分で作りたくなった時。笑
食べたいものがある時はその材料を買って作るけれど、基本はスーパーに行ってその日安売りをしているもので今日はこれを作ってみよう!そんな決め方をする。
安い食材でちゃんと料理出来た時、よし!勝った!やってやった!!ってなる。(…勝った、って誰にだよ、って感じですが。笑)
料理をしている時間は好き。
そこだけに集中出来るから。
余計な事を考える時間が全くない。
…ただ失敗しない様に必死なだけだからかもしれませんけどね。笑

自分の為に作ろうとは思わない。
食べてくれる人がいるから、作る。
美味しいって言ってくれる笑顔があるから、作る。
もちろん、上手い人には敵わないけれど。笑
料理だけじゃない。
喜んで欲しいから、誰かを笑顔にしてあげたいから、そんな思いで自分は動かされる。
友達や家族、恋人との付き合い方、音楽、仕事、全部そう。
だから、そうやって私を動かす原動力となってくれる人が自分の周りにいる事に感謝なんだ。

料理するのは好きだけれど、喜んでもらいたいけれど、それを毎日しろって言われたら無理な気がする。
毎日ご飯を作る主婦(または主夫)って凄いなぁって思う。
毎日お弁当を作ってくれてたお母さんって凄いなぁって思う。
そんな人になれるだろうか。
そんな人にいつかはなりたい、そう思うのでした。

【関連アーティスト】
赤い公園, 稚菜
【ジャンル】


バンドじゃないもん!、初の試みとなる女子限定ライブにて新曲「ピンヒール」を披露
Fri, 17 Feb 2017 17:30:00 +0900
2月16日@TSUTAYA O-nest (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が2月16日にTSUTAYA O-nest 5日間連続ライブ『PERFECT WEEK☆☆☆☆☆』の4日目として、初の試みとなる女子限定ライブ『〜私たちプリンセス▽(※)そうみんなお姫様★★★★☆〜』を開催した。

【その他の画像】バンドじゃないもん!

メンバー含め全てを女性だけで作り上げるライブを前に、会場は緊張感と期待で包まれていた。暗転した瞬間に場内は黄色い歓声で包まれ、本公演のタイトルにも歌詞が引用されている「お姫様ごっこ」でライブがスタートし、大いに盛り上がりを見せる。

最初のMCコーナーではメンバーが女性客のみの光景を見て感嘆の声を次々に挙げる。リーダーの鈴姫みさこからは『会場がすごくいい匂いがする』と女性ばかりの空間に驚きと感動の言葉を挙げ、望月みゆからは『バンドじゃないもん!のファンは本当に女の子が多くて、とても嬉しい』と、改めて満杯となった会場を見渡し、感謝の意を述べた。

『PERFECT WEEK☆☆☆☆☆』では毎公演、3月8日(水)発売のメジャー1stアルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を▽(※)』の中から1曲新曲を初披露しており、4日目はアカシックのプロデュース楽曲「ピンヒール」を初パフォーマンス。メンバーが口を揃えて『この曲は女の子に聴いてほしくて、絶対にこの日に披露したかった』と言って始まったパフォーマンスは、甘夏ゆずのギター、望月みゆのベースも光り、これまでのバンドじゃないもん!のナンバーとはまた一線を画す「大人の女性」のための一曲に会場は酔いしれるばかりであった。

残すは最終公演のみとなった『PERFECT WEEK☆☆☆☆☆』だが、2月17日に行なわれる最終公演は『〜部費削減の嵐ウケる★★★★★〜』。特にドレスコードなどは設けられていないが、学生ならば顔写真付きの学生証の提示で500円のキャッシュバックありという学生に優しいライブとなる。チケットはソールドアウトしているので、LINE LIVEでの生配信をご覧頂き、盛り上げて頂きたいところ。最終日に初披露される新曲は一体どの楽曲なのか? 是非楽しみにしていてほしい!

※▽=白抜きハートマーク

Photo by ハヤシサトル

■【セットリスト】

M1 お姫様ごっこ
M2 雪降る夜にキスして
M3 夏のOh!バイブス
M4 すきっぱらだいす▽
M5 キメマスター!
M6 YAKOMOCHI
M7 NAMiDa
M8 YATTA!
M9 ピンヒール
M10 Long long ashi
M11 ショコラ・ラブ
En.1 White Youth
En.2 君の笑顔で世界がやばい

■『PERFECT WEEK☆☆☆☆☆』

2月17日(金) TSUTAYA O-nest
開場 18:30 / 開演19:00
※学割有
※終了分は割愛

■アルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を▽』

2017年3月8日(水)発売
【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
PCCA.04477/¥4,000+税
※愛☆まどんなイラストスリーブ仕様
【期間限定スペシャルプライス盤(通常盤)】(CD Only)
PCCA.04478/¥2,000+税
<収録楽曲>
■CD
M1:青春カラダダダッシュ!
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:Q-MHz
M2:キメマスター!
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:Q-MHz
M3:しゅっとこどっこい
作詞・作曲・編曲:ゆよゆっぺ
M4:夏のOh!バイブス
作詞:HIROKI、NAOTO 作曲:NAOTO 編曲:NAOTO
M5:君はヒーロー
作詞 ・作曲・編曲:HISASHI
M6:結構なお点前で
作詞 ・作曲・編曲:DogP
M7:YAKIMOCHI
作詞:浜野謙太 作曲:浜野謙太 編曲:在日ファンク
M8:ドリームタウン
作詞:みさこ 作曲:増田武史 編曲:増田武史
M9:秘密結社、ふたり。
作詞:みさこ 作曲:ムラマサヒロキ 編曲:山岡広司
M10:強気、Magic Moon Night 〜少女は大人に夢を見る〜
作詞:大桃子サンライズ 作曲:太田光史郎 編曲:橘亮祐
M11:ロマンティック▼テレパシー (※2)
作詞:七星ぐみ 作曲:鈴木智貴 編曲:出羽良彰
M12:すきっぱらだいす▽
作詞:みさこ 作曲:村カワ基成 編曲:村カワ基成
M13:ピンヒール
作詞:理姫 作曲:奥脇達也 編曲:TSUCHIE,奥脇達也
M14:YATTA!
作詞:はっぱ隊 作曲:DANCE☆MAN 編曲: DANCE☆MAN
M15:エンド・レス
作詞:みさこ 作曲:ミナミトモヤ・KOJI oba 編曲:ミナミトモヤ・KOJI oba
■Blu-ray
(1)ミュージックビデオ集
M1.君の笑顔で世界がやばい
M2.NaMiDa
M3.キメマスター!
M4.気持ちだけ参加します。
M5.夏のOh!バイブス
M6.アイスクリームになりたいの▽
(Chou Chou Cream fromバンドじゃないもん!)
M7.シンデレラブルース
(ブルーツインズ from バンドじゃないもん!)
M8.ヒーローズ
(コットンラビッツ from バンドじゃないもん!)
M9.YAKIMOCHI
M10.YATTA!
(2)メイキング盛り合わせ
「YAKIMOCHI」「YATTA!」ミュージックビデオ&アルバムジャケット撮影メイキング

※2 ▼=ハートマーク

【関連リンク】
バンドじゃないもん! オフィシャルHP
バンドじゃないもん!がパジャマ姿で昼公演!? ゆよゆっぺプロデュース「しゅっとこどっこい」を初披露
バンドじゃないもん!、バレンタイン公演で新曲「エンド・レス」を初披露
バンもん!、5日間連続ライヴ初日でHISASHIプロデュース曲を初披露

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ライブ

majikoがApple Musicのエキスパートが選ぶ「今週のNEW ARTIST」に選出
Fri, 17 Feb 2017 17:00:00 +0900
majiko (okmusic UP\'s)

メジャーデビューミニアルバム『CLOUD 7』を2月15日に発表したmajikoがApple Musicの「今週のNEW ARTIST」に選ばれた。

【その他の画像】majiko

「今週のNEW ARTIST」とは、あらゆるジャンルの音楽に精通するApple Musicのエキスパートたちが、今最も注目すべき新人アーティストを毎週1組ピックアップし紹介する企画。

作詞・作曲・編曲全てを自ら手掛け、ヴォーカルのディレクションまでをmajiko自身で行なったという『CLOUD 7』収録の新曲「ノクチルカの夜」は、テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』2月度オープニングテーマとしてオンエア中のほか、ラジオ局5局のパワープレイにも選ばれ、各所で話題となっている。今後さらなる活躍が期待されるmajiko、ぜひ注目してみよう。

■ミニアルバム『CLOUD 7』配信ページ
・Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/cloud-7-ep/id1201707638?l=ja&ls=1
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/cloud-7-ep/id1201707638?l=ja&ls=1&app=itunes

■ミニアルバム『CLOUD 7』

2017年2月15日(水)発売  
PCCA-04473/¥1,620(税込)
<収録曲>
01.prelude
02.SILK
03.ノクチルカの夜
04.昨夜未明
05.shinigami
06.Lucifer

【関連リンク】
majiko オフィシャルHP
majiko、新作ミニアルバム『CLOUD 7』特設サイトで日替わりコンテンツ公開
majiko、ミニアルバムリード曲「ノクチルカの夜」がタイアップ&パワープレイ決定
majiko、デビュー作の先着購入特典が明らかに! 自身描き下ろしによる絵柄も解禁

【関連アーティスト】
majiko
【ジャンル】
ジャパニーズロック

高橋優、シングル「ロードムービー」詳細&クレヨンしんちゃんとのコラボMVを発表
Fri, 17 Feb 2017 16:30:00 +0900


高橋優が4月12日に発売するニューシングル「ロードムービー」の詳細がついに明らかとなった。

【その他の画像】高橋優

「ロードムービー」は4月15日(土)から全国東宝系で公開される、クレヨンしんちゃん25周年記念作品『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』の為に高橋優が書き下ろした新曲ということで、高橋 優出演のMVとは別に、クレヨンしんちゃんとのコラボMVがYouTubeにて公開された。野原しんのすけが主演となり、"この空の下でみんなつながっている"というメッセージが込められたMVとなっている。

シングルは「ロードムービー」の他に、新曲として「life song」、そして2016年に出演した番組でも取り上げられ話題となった、札幌の路上時代に自主制作で発売したインディーズ盤『無言の暴力』収録の「BLUE」をあらたにギター1本でレコーディング。約10年の時を経て新録版が収録される。そして、シングル収録ではお馴染みになった音楽プロデューサー・亀田誠氏とのユニット“メガネツインズ"の第4弾作品として「ドライアイ」も収録決定! 通常盤、期間生産限定盤、クレヨンしんちゃん盤の3形態発売で、クレヨンしんちゃん盤のみ、メガネツインズの作品は未収録となる。

さらに期間生産限定盤の特典DVDには「ロードムービー」の高橋出演バージョンMV完全版とメイキングを収録。そして、謎のシンガーソングライターとして密かな話題を呼んでいる林卓(通称:ハヤタク)と高橋優との対談が実現。ドッキリ映像なども含まれた貴重な初対談の模様がたっぷり収録されるとのことだ。さらに、その林卓のデビュー曲(?)「オレオレオーレ」のMVとメイキングやインタビューも収録されるという。

また、CDショップ各チェーン別の特典も決定。今回、amazon、タワーレコード、TSUTAYA RECORDS、Loppi/HMV、サポート店にてシングル「ロードムービー」を購入した方に先着で高橋優オリジナルポストカードをプレゼント。デザインは各チェーンごとに異なり、5種類となる。そして、7インチ紙ジャケット仕様のクレヨンしんちゃん盤には、しんちゃんとのコラボステッカーの封入が決定! ジャケットなどのビジュアルは近日中に発表となるので、こちらも楽しみにしていよう。

■「ロードムービー」クレヨンしんちゃんコラボMV
https://www.youtube.com/watch?v=eQPQ70pVgFo

■シングル「ロードムービー」

2017年4月12日発売
【通常盤】(CD)
WPCL-12609/¥1,200+税
<収録曲>
1.ロードムービー
※『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』主題歌
2.life song
3.BLUE(弾き語り)
4.ドライアイ/メガネツインズ(高橋 優&亀田誠治)

【クレヨンしんちゃん盤】(CD)
WPCL-12608/¥1,000+税
※生産限定 7インチジャケット+しんちゃんコラボステッカー封入
<収録曲>
1.ロードムービー
2.life song
3.BLUE(弾き語り)

【期間生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31280/1/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
1.ロードムービー
2.life song
3 .BLUE(弾き語り)
4.ドライアイ/メガネツインズ(高橋 優&亀田誠治)
■特典DVD
1.「ロードムービー」MV+メイキング
2.高橋 優×林卓スペシャルBIG対談
・ハヤタクどっきりマル秘報告
・高橋どっきりマル秘報告その2?
3.林卓デビュー曲「オレオレオーレ」MV+爆笑メイキング

◎CDショップ購入特典
高橋優オリジナルポストカード
・amazon :amazon Ver.
・タワーレコード:TOWER RECORDS Ver.
・TSUTAYA RECORDS:TSUTAYA RECORDS Ver.※
※一部の店舗を除く。オンラインは予約のみ。
・Loppi/HMV :Loppi/HMV Ver..
・サポート店:サポート店 Ver.
※アスマート及びワーナーミュージックダイレクトはサポート店特典対象店です。
※絵柄5種、サポート店の詳細は後日発表

【関連リンク】
高橋優 オフィシャルHP
ポルノグラフィティ・Perfumeら出演! アミューズ主催音楽フェスがリニューアル
SCANDAL、ベスト盤リリース日にSP記念特番放送決定! スタジオライブの生中継も
高橋優、『来し方行く末』ツアークライマックス! 初の横浜アリーナ公演開催迫る!

【関連アーティスト】
高橋優
【ジャンル】
J-POP, アニメ, 映画

0.8秒と衝撃。が新アー写を解禁! タワレコ初回特典にはキュウソ ヨコタシンノスケRemix曲も!
Fri, 17 Feb 2017 16:00:00 +0900
0.8秒と衝撃。 (okmusic UP\'s)

3月15日(水)にミニアルバム『つぁら?とぅ?すとら』を発売する0.8秒と衝撃。が、新しいアーティスト写真を発表した。

【その他の画像】0.8秒と衝撃。

メンバーのJ.M.が担当した『つぁら?とぅ?すとら』ジャケット同様、女性像が印象的なアート画像となっている。また、同時に東名阪リリースツアー情報も発表されたので、こちらも是非チェックしよう。

さらに今作のタワーレコード初回限定特典には「狂音ミク(shinnosuke yokota remix)」CDがついてくることも発表された。キュウソネコカミのヨコタシンノスケ(Key/Vo)が、『つぁら?とぅ?すとら』収録曲 である「狂音ミク」で自身初のRemixに挑戦している。果たして、0.8秒と衝撃。の音楽がヨコタシンノスケによってどんな化学反応を起こすのか? こちらは前述の通りタワーレコード初回限定特典となるので、聞き逃しのないようにしてほしい。

また、併せてSTM OnlineではCDとオリジナルパーカーとのバンドル販売が決定。J.M.によるパーカーデザインも公開されたので、気になる方は商品ページを確認しよう!

■STM Online 商品ページ
https://goo.gl/wzLHZl

■【キュウソネコカミ ヨコタシンノスケよりコメント】

人生初のRemixのお仕事が、本物のミュージシャンの0.8秒と衝撃。からの依頼。大変光栄でした。
ハチゲキの作る、尖っているけど繊細なメロディや歌を今の自分の音楽モードで表現しています。ハチゲキファンに聴いてもらうのはゲロ吐きそうなほど緊張しますが、楽しんでもらえると嬉しいです。

■ミニアルバム『つぁら?とぅ?すとら』

2017年3月15日(水)発売
HAGT-004/¥1,500+税
<収録曲>
1. ブレイクビーツは女神のために
2. 狂音ミク
3. レボリュ。
4. 饅頭こわい
5. 痛みの犬

◎タワーレコード初回限定特典
「狂音ミク(shinnosuke yokota remix)」CD

■『つぁら?とぅ?すとらTOUR?永遠回帰?』

5月12日(金)  名古屋ell size
5月20日(土) 大阪BRONZE
5月28日(日) 新代田FEVER

【関連リンク】
0.8秒と衝撃。 オフィシャルHP
BLUE ENCOUNT、初の武道館ワンマンを収録した映像作品を3月にリリース
GYAO!で『COUNTDOWN JAPAN 16/17』特別番組のアーカイブ配信がスタート
フォーリミ主催『YON FES 2017』、第1弾出演アーティスト10組を発表

【関連アーティスト】
0.8秒と衝撃。, キュウソネコカミ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

音×AiR、リリースイベントで響とコラボ! "ノリ、ツッコミ、バンドサウンド"の新型コントを披露!?
Fri, 17 Feb 2017 15:30:00 +0900
2月14日@JOL原宿 (okmusic UP\'s)

2月14日、女子高生の聖地JOL原宿で、音×AiRとお笑い芸人の響がコラボし、アルバム『ハートフルレボリューション』のリリースイベントを行なった。

【その他の画像】音×AiR

バレンタイ当日、JOL原宿には制服姿の女子高生が集まり、ワクワクしながら音×AiRの登場を待った。

4時になるとお馴染のジングルが会場中に響き、今回司会を担当した木曽さんちゅうが登場。巧みな話術で会場を盛り上げたところで、音×AiRを呼び込みイベントがスタート!

1曲目には、JOL原宿のテーマソング「Catch Your Dream」を演奏し、キャッチ―なメロディーで観客のハート掴む。すると2曲目でお笑い芸人の響が登場し、待ちに待った楽曲「無茶ぶりレシーバー」を披露。響と音×AiRのメンバーが、ノリ、ツッコミ、バンドサウンドの新型コントを繰り広げた。

響がメンバー個々にお題を投げかけ、メンバーが演奏中にそれに答えていく姿はまさに芸人そのもの。平成のドリフターズのように、エンターテイメント性溢れるコラボが実現した。音×AiRは今後も精力的にお笑い芸人とコラボをしていくようなので、要チェック!

また、2月19日(日)JOL原宿にて、13時よりイベントの開催が決定しており、今度は芸人のニッチローが登場する。どんな絡みがあるか乞うご期待!

■アルバム『ハートフルレボリューション』

発売中
YMPCD-32/¥1,980(税込)
<収録曲>
1. 純愛バイセコー
2. 叱ってサディスティック
3. ドジっ娘モーニング
4. オトコボンバー
5. あの頃のままで
6. ダントツ☆YOU
7. 抱きしめたいハグトゥナイ
8. 波乗りトコナッツ
9. バンソウコ
10. ネバギバソウル
11. なんちゃってヒーロー
12. Catch Your Dream

■【ワンマンライブ情報】

“NOW ON AiR リリース記念ワンマン 渋谷TSUTAYA O-CREST編”
届け!あなたの街までハートフルレボリューション!
3月12日(日) 渋谷TSUTAYA O-Crest

“NOW ON AiR リリース記念ワンマン 梅田Shangri-la編”
届け!あなたの街までハートフルレボリューション!
3月17日(金) 梅田Shangri-La

【関連リンク】
音×Ai オフィシャルHP
音×AiR、2月14日開催のリリースイベントでお笑い芸人・響とコラボ
音×AiR、新体制での東京ワンマンが大盛況
音×AiR、先行配信音源「Catch Your Dream」がmysoundシングルチャート2位にランクイン!

【関連アーティスト】
音×AiR
【ジャンル】
ジャパニーズロック

androp、5月にシングル「Prism」を発売&ユニバーサルミュージック ZEN MUSICとのタッグが決定
Fri, 17 Feb 2017 15:00:00 +0900
androp (okmusic UP\'s)

andropが5月10日にニューシングル「Prism」を発売、また本作より新たにユニバーサルミュージック ZEN MUSICとタッグを組むことが 決定した。

【その他の画像】androp

「Prism」は迷いや葛藤を経て新たなスタートを切る気持ちを描いた楽曲となっており、未来に向けた強さを内包するメロディーでandropの"今"を表した1曲。

カップリングには、昨年よりライブで披露しており、各会場を盛り上げた「Ryusei」と、映画『君と100回目の恋』の挿入歌「BGM」のシングルバージョンを収録。また、初回限定盤は「Prism」のMV、メイキングビデオに加え、昨年秋に行なわれたツアーのファイナル・Zepp DiverCity公演から厳選された楽曲を収録した豪華DVD付きとなっている。

2016年10月に独自のレーベル『image world』を立ち上げ、これまでとは大きく変わり"光と闇"をテーマにしたアルバム『blue』をリリースしたandrop。本作からは新たにimage worldがユニバーサルミュージック ZEN MUSICとタッグを組むことで、andropの描く世界観をより表現していく土台が整った。

■【androp 内澤崇仁(Vo&Gt)よりコメント】

新しい曲が産まれました。
悲しみや痛み、暗闇を包んで照らすような光をまとった、次の一歩を踏み出し始める自分たちと重なるような曲です。
この曲を掲げ、より自分たちの音楽を打ち開いていく為、image worldは新しくチームを組んで踏み出します。
曲たちと共に僕たちが何処まで行けるか、まだ届けられていない想いや言葉、andropでしか鳴らせない音楽と感動を受けとってください。

■シングル「Prism」

2017年5月10日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7258/¥2,300+税
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-5907/¥1,200+税
<収録曲>
■CD(通常盤・初回限定盤 共通)
01. Prism
02. Ryusei
03. BGM (single ver.)
■DVD(初回限定盤のみ)
・「Prism」Music Video
・「Prism」Making Video
・live tour 2016 "best blueprint"(2016.10.16 Zepp DiverCity)
「Kaonashi」「Irony」「Digi Piece」「Sunny day」「Kienai」「Lost」

【関連リンク】
androp オフィシャルHP
miwaと坂口健太郎のW主演映画『君と100回目の恋』珠玉のサウンドトラックが発売決定
miwa&坂口健太郎「アイオクリ」、1コーラスバージョンの配信がスタート
andropが2年ぶりのライブハウスツアー開催を発表

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
ジャパニーズロック

大原櫻子、「ひらり」MV解禁&広瀬すずとのSPイベント開催決定!
Fri, 17 Feb 2017 14:00:00 +0900
「ひらり」MV (okmusic UP\'s)

大原櫻子が3月8日にリリースする6枚目のシングル「ひらり」から、映画『チア☆ダン』主題歌の表題曲「ひらり」のMVを解禁した。

【その他の画像】大原櫻子

MVでは、楽曲に出てくる“桜"や“友情"といったキーワードが色とりどりに表現されながら、大原の感動的な歌唱のもと、一足早い満開の桜が堪能できる。

監督を務めたのは、様々なアーティストのMVを手掛けるトッププレイヤーの一人である東 弘明。今までの大原の作品とは全く違うアプローチのビデオを撮りたいという東監督の想いから今回の企画はスタートした。

大原の演技について監督は、「撮影において彼女は曲の感情の流れと完全にシンクロした表情、しぐさを見せてくれる。ここで振り向いてほしいなぁという時にスッとこちらを見てくれる。撮っていて凄く楽しかったです」と、演技活動も同軸で行なう大原ならではの表現力に驚いていたほど。大原にとって初の桜ソングとなる今作のMVに是非注目してほしい。

また、映画『チア☆ダン』の公開を記念し、東京ミッドタウン アトリウムにて、広瀬すず&大原櫻子の親友コンビで初めてイベントを行なうことが決定。内容は、広瀬と大原のスペシャルトーク&ライブイベントを予定しており、非常に貴重なイベントになりそうだ。当日会場には優先エリアが設定され、東宝の応募ページで抽選応募による募集がスタート。奮って参加してほしい。

■【大原櫻子コメント】

すっとその場に立ち、語っているようなシンプルな仕上がりになりました。
歌詞を聴いている方に一言一言受け取ってもらえれば幸いです。
色とりどりのグラデーションが、一人一人の思い出と重なり、見ている方の心が少しでも暖かく包めますように。

■「ひらり」MV
https://youtu.be/6VxYRKYC_GI

■【イベント詳細】

映画『チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』公開記念イベント
日時:3月7日(火) 17:00 開場 / 17:30 開演
場所:東京ミッドタウン アトリウム
※映画の上映はございません。
登壇者:広瀬すず、大原櫻子
応募条件:イベントの性質上、親友同士・1組2名様でのご応募とさせていただきます。
※性別は問いません。
招待:100組200名様を優先エリアへご招待!
※当選の方には2月28日(火)中に、東宝宣伝部よりメールにてご連絡差し上げます。
締切:2月27日(月)正午

■応募ページURL
http://info.toho.co.jp/cheerdan_eve/

■シングル「ひらり」

2017年3月8日(水)発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1127/¥1,500+税
【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1128/¥1,500+税
【通常盤】(CD)
VICL-37254/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
M1.ひらり 
※3/11公開 映画「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」主題歌
M2.青い季節 
※3/11公開 映画「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」挿入歌
M3.Coming Soon!!! 
※コロプラ「白猫プロジェクト」&「白猫テニス」CMソング(2016年9-12月度)
M4.Realize 
※「at home×sports」CMソング
M5.ひらり(instrumental)
M6.青い季節(instrumental)
M7.Coming Soon!!!(instrumental)
M8.Realize(instrumental)
■DVD(初回限定盤A)
「ひらり」Music Video)
■DVD(初回限定盤B)
「青い季節」Music Video)

◎封入特典
購入者抽選スペシャルイベント(東京・名古屋・大阪3ヶ所で実施予定)のイベント参加応募シリアルコード
応募期間:3月13日(月)正午12:00〆切
※シングル3形態全てに封入(通常盤は初回プレス分のみ封入)

【関連リンク】
大原櫻子 オフィシャルHP
大原櫻子、シングル「ひらり」封入特典&店舗特典ポストカードの絵柄を公開
日本テレビ系情報番組『ZIP!』の音楽イベント『ZIP! 春フェス』が2017年も開催決定
大原櫻子、初のバンド演奏シーンで構成された「青い季節」MV&ニューシングルのジャケ写公開!

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP

B-DASH、2月17日をもって解散を発表
Fri, 17 Feb 2017 13:00:00 +0900


B-DASHが2月17日をもって解散することを発表した。

【その他の画像】B-DASH

解散にあたりメンバーは、「言葉ではとても伝えきれませんが、心から感謝の気持ちでいっぱいです。」とコメント。

また今後の個別の活動等に関しては、現在未定の状態とのこと。以下、オフィシャルのコメントとなっている。

■【B-DASHより重要なお知らせ】

いつもB-DASHを応援して頂き、誠に有難うございます。

B-DASHは結成以来20年間バンドとして活動をして参りましたが、
2017年2月17日をもちまして解散させていただくことをご報告させていただきます。

突然のご報告となりましたことを心より深くお詫び申し上げ致します。

これまでB-DASHの活動を支えて頂いたファンの皆さま、
関係者の皆さまに心より御礼申し上げ致します。

今後の個別の活動等に関しましては、現在未定の状態ではございますが、
これまで同様温かく見守っていただけましたら幸いです。

ほんとうにありがとうございました。

■【メンバーコメント】

〜B-DASHより、皆様に大切なお知らせ〜

いつも応援してくれているファンの皆様とこれまでB-DASHと関わって頂いた皆様にお知らせがあります。
B-DASHは解散します。
1997年に結成してから20年間、シングル8枚、アルバム13枚を発表し、様々なイベントやフェス等に出演させてもらいました。
ここまで活動できたのは、ライブやCD等を通じて応援してくれた一人一人の皆様、
そしてこれまでB-DASHと関わって頂いたすべての皆様のお蔭です。
言葉ではとても伝えきれませんが、心から感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!!!!!

B-DASH GONGON / TANAMAN / ARASE

【関連リンク】
B-DASH オフィシャルHP
SEBASTIAN X主催イベントに東京カランコロンとN\'夙川BOYSの出演が決定!
SEBASTIAN X主催イベントに奇妙、音沙汰、BBBB出演決定
SEBASTIAN X主催野外イベントにB-DASH、大森靖子ら参戦

【関連アーティスト】
B-DASH
【ジャンル】
オルタナティブ

GLAY、『HIGHCOMMUNICATIONS TOUR』追加公演決定により全49公演に!
Fri, 17 Feb 2017 12:00:00 +0900
『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2017 -Never Ending Supernova-』ロゴ (okmusic UP\'s)

2016年1月よりスタートしたGLAYの『HIGH COMMUNICATIONS TOUR 2017 "Supernova"』は、昨年11月に被災地復興を含めた『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 “Supernova" reprise』と題した追加公演を実施。そして、今春開催の更なる追加公演が発表された。4月より全10ヶ所12公演が実施される予定で、約1年半をかけた全49公演に及ぶロングツアーとなる。


【その他の画像】GLAY

現在はリーダーTAKUROがソロアルバムを引っさげてツアーを周るなど、常に精力的に活動を続けるGLAY。2017年の彼らはどんな“Supernova"を魅せてくれるのか注目しよう。

■『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2017 -Never Ending Supernova-』

4月14日(金) 島根/芸術文化センター「グラントワ」
4月16日(日) 鳥取/米子コンベンションセンター BiG SHiP
4月19日(水) 兵庫/神戸国際会館 こくさいホール
4月20日(木) 兵庫/神戸国際会館 こくさいホール
4月25日(火) 石川/金沢歌劇座
4月27日(木) 長野/ホクト文化ホール日(長野県県民文化会館) 
5月02日(火) 茨城/茨城県立県民文化センター
5月04日(木・祝) 栃木/足利市民会館
5月09日(火) 北海道/釧路市民文化会館
5月11日(木) 北海道/北見市民会館
5月15日(月) 千葉/市川市文化会館
5月16日(火) 千葉/市川市文化会館

【関連リンク】
GLAY オフィシャルHP
バンドじゃないもん!、メジャー1stアルバムから新曲2曲を2夜連続ラジオOA解禁決定
TAKURO(GLAY)、ソロライブ初日にHISASHIが登場
バンドじゃないもん!、メジャー1st作は豪華クリエイター陣が集結した極上のJ-POPアルバムに!

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ハ?ント?し?ゃないもん!がパジャマ姿で昼公演!? ゆよゆっぺプロデュース「しゅっとこどっこい」を初披露
Fri, 17 Feb 2017 11:00:00 +0900
2月15日@TSUTAYA O-nest (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が2月15日、『PERFECT YEAR 2017』企画のひとつであるTSUTAYA O-nest 5日間連続LIVE「PERFECT WEEK☆☆☆☆☆」の3日目に、昼公演にもかかわらず、ドレスコードにパジャマを設けた「〜寝起きでジャンプ★★★☆☆〜」を開催した。

【その他の画像】バンドじゃないもん!

思い思いのパジャマを着用した観客がライブハウスに詰め寄る様は今までに見たことの無い光景。開始時間も相まって、ライブが始まる前からいつもとは明らかに違う雰囲気に。開演時間とともに、メンバーもパジャマ衣装を着用した状態で登場。サブタイトル"〜寝起きでジャンプ!〜"通り、「YATTA!」からのスタートで会場全体を飛び起こすスタートとなった。

「PERFECT WEEK☆☆☆☆☆」では毎公演、3月8日(水)発売のメジャー1stアルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を▼(※)』の中から1曲新曲を初披露しており、3日目はゆよゆっぺのプロデュース楽曲「しゅっとこどっこい」を初パフォーマンス。メンバーの恋汐りんごから『大切なバラード曲です』といったフリからスタートするものの、バンもん!らしさをゆよゆっぺなりに咀嚼し、化学反応を起こした変調だらけのアッパーチューンに会場は大盛り上がり。今後ライブでのファンの盛り上がりに期待が持てる1曲となりそうだ。

予測不可能な5日間連続LIVEも2月17日(金) でラスト。会場に参加する人はもちろんのこと、LINE LIVEでの生配信を視聴するファンも、この日に初披露される新曲とともに楽しみにしてほしい。

※▼=ハートマーク

■【セットリスト】

M1 YATTA!
M2 プリズム??リズム
M3 パヒパヒ
-MC-
M4 ボディーだけレディー
M5 歌うMUSIC
M6 HAPPY TOUR
-MC-
M7 しゅっとこどっこい
M8 YAKOMOCHI
M9 すきっぱらだいす▽(※2)
-MC-
M10 Long long ashi
M11 タカトコタン-Forever-
M12 NAMiDa
En.1ツナガル!カナデル!MUSIC

※2 ▽=白抜きハートマーク

■アルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を▽』

2017年3月8日(水)発売
【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
PCCA.04477/¥4,000+税
※愛☆まどんなイラストスリーブ仕様
【期間限定スペシャルプライス盤(通常盤)】(CD Only)
PCCA.04478/¥2,000+税
<収録楽曲>
■CD
M1:青春カラダダダッシュ!
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:Q-MHz
M2:キメマスター!
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:Q-MHz
M3:しゅっとこどっこい
作詞・作曲・編曲:ゆよゆっぺ
M4:夏のOh!バイブス
作詞:HIROKI、NAOTO 作曲:NAOTO 編曲:NAOTO
M5:君はヒーロー
作詞 ・作曲・編曲:HISASHI
M6:結構なお点前で
作詞 ・作曲・編曲:DogP
M7:YAKIMOCHI
作詞:浜野謙太 作曲:浜野謙太 編曲:在日ファンク
M8:ドリームタウン
作詞:みさこ 作曲:増田武史 編曲:増田武史
M9:秘密結社、ふたり。
作詞:みさこ 作曲:ムラマサヒロキ 編曲:山岡広司
M10:強気、Magic Moon Night 〜少女は大人に夢を見る〜
作詞:大桃子サンライズ 作曲:太田光史郎 編曲:橘亮祐
M11:ロマンティック▼テレパシー
作詞:七星ぐみ 作曲:鈴木智貴 編曲:出羽良彰
M12:すきっぱらだいす▽
作詞:みさこ 作曲:村カワ基成 編曲:村カワ基成
M13:ピンヒール
作詞:理姫 作曲:奥脇達也 編曲:TSUCHIE,奥脇達也
M14:YATTA!
作詞:はっぱ隊 作曲:DANCE☆MAN 編曲: DANCE☆MAN
M15:エンド・レス
作詞:みさこ 作曲:ミナミトモヤ・KOJI oba 編曲:ミナミトモヤ・KOJI oba
■Blu-ray
(1)ミュージックビデオ集
M1.君の笑顔で世界がやばい
M2.NaMiDa
M3.キメマスター!
M4.気持ちだけ参加します。
M5.夏のOh!バイブス
M6.アイスクリームになりたいの▽
(Chou Chou Cream fromバンドじゃないもん!)
M7.シンデレラブルース
(ブルーツインズ from バンドじゃないもん!)
M8.ヒーローズ
(コットンラビッツ from バンドじゃないもん!)
M9.YAKIMOCHI
M10.YATTA!
(2)メイキング盛り合わせ
「YAKIMOCHI」「YATTA!」ミュージックビデオ&アルバムジャケット撮影メイキング

【関連リンク】
バンドじゃないもん! オフィシャルHP
ハ?ント?し?ゃないもん!、バレンタイン公演で新曲「エンド・レス」を初披露
バンもん!、5日間連続ライヴ初日でHISASHIプロデュース曲を初披露
バンドじゃないもん!、メジャー1stアルバムから新曲2曲を2夜連続ラジオOA解禁決定

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
女性アイドル

GOOD ON THE REELが日比谷野音ライブDVDティザー映像を公開
Fri, 17 Feb 2017 00:00:00 +0900
GOOD ON THE REEL (okmusic UP\'s)

GOOD ON THE REELが2月16日、SSTVのコラボによるLINE LIVE「GOOD ON THE NEWS〜SSTV生配信スペシャル〜」放送にて、初のDVD商品となる3月22日発売の『HAVE A “GOOD" NIGHT』ティザー映像を公開した。

【その他の画像】GOOD ON THE REEL

2016年10月9日に実施された初の日比谷野外大音楽堂・ワンマンライブ「GOOD ON THE REEL presents『HAVE A “GOOD" NIGHT vol.50』」の模様を収録した『HAVE A “GOOD" NIGHT』。メンバーの千野(Vo)は「今作のDVDは記念すべき初のライブ映像です!内容が本当に素晴らしく、映像チェックをして自分でも感動しちゃいました。楽しみにしてください!」とコメントしている。

また、LINE LIVE「GOOD ON THE NEWS〜SSTV生配信スペシャル〜」では、放送内に事前にファンからの募ったアンケートで、新作サードアルバム『グアナコの足』からバンド名にちなんで“なんか、良い感じ”と思った曲に対して、メンバーがファンからのそれぞれの楽興にまつわる感想・質問に回答。なんと、ファンにサプライズ生電話を実施し、突然の生電話に選ばれたファンにメンバーから直接、それぞれの曲の魅力を語った。

GOOD ON THE REELは3月から新たなツアーの『GOOD ON THE REEL 2017 TOUR HAVE A "GOOD" NIGHT Vol.51〜70「グアナコの行進」』をスタートさせる。

■DVD『HAVE A “GOOD" NIGHT』ティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=09TZAFt-qGM

■【リリース情報】

DVD『HAVE A “GOOD” NIGHT』
2017年3月22日発売
UPBH-1425/¥4,800+税
※初回プレス封入特典 :「HAVE A “GOOD” NIGHT vol.50」ACCESS ALL AREAパス レプリカ封入
<収録内容>
雨天決行
ユリイカ
それは彼女の部屋で二人
2月のセプテンバー

エターナル・サンシャイン
夕映
夏の大三角
つぼみ
24時間
rainbeat
ゴースト
シャボン玉
REM
サーチライト
ホワイトライン
素晴らしき今日の始まり
シャワー
砂漠
うまくは言えないけれど
ハッピーエンド
Mr. Week

アルバム『グアナコの足』
2017年2月8日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7225/¥3,600+税
【通常盤】(CD)
UPCH-2108/¥2,800+税
<収録曲>
■CD
01.砂漠
02.小さな部屋
03.Drop
04.mean me in
05.ひらり
06.あいつ
07.逃げ水
08.いなくなる日
09.zzz
10.冬の羊
11.灯火
12.銀河鉄道の朝
■DVD ※初回限定盤のみ
「夜にだけ」Music Video
「つぼみ」Music Video
「サーチライト」Music Video
「雨天決行」Music Video
「小さな部屋」Music Video

「小さな部屋」先行デジタル配信中
■iTunes
http://po.st/itgotrchiisanaheya
■レコチョク
http://po.st/recogotrchiisanaheya

■『GOOD ON THE REEL 2017 TOUR HAVE A "GOOD" NIGHT Vol.51〜70「グアナコの行進」』

3月24日(金) 神奈川・川崎クラブチッタ
4月01日(土) 兵庫・KOBE VARIT.
4月02日(日) 香川・高松DIME
4月04日(火) 京都・KYOTO MUSE
4月06日(木) 広島・セカンドクラッチ
4月08日(土) 熊本・B.9 V2
4月09日(日) 鹿児島・SR HALL
4月15日(土) 静岡・静岡UMBER
4月23日(日) 札幌・cube garden
4月28日(金) 盛岡・chage wave
5月12日(金) 岡山・YEBISU YA PRO
5月13日(土) 福岡・DRUM LOGOS
5月21日(日) 名古屋・ダイアモンドホール
5月25日(木) 宇都宮・ヘブンズロック
5月27日(土) 新潟・NEX
5月28日(日) 金沢・AZ
6月03日(土) 仙台・darwin
6月04日(日) 郡山・#9
6月11日(日) 大阪・なんばHatch
6月16日(金) 東京・中野サンプラザ

【関連リンク】
GOOD ON THE REEL オフィシャルHP
GOOD ON THE REEL、上白石萌音出演の「小さな部屋」新ティザー映像公開
GOOD ON THE REEL、初の日比谷野外大音楽堂ワンマンライヴを映像化
GOOD ON THE REEL、ニューアルバムから「小さな部屋」MV公開

【関連アーティスト】
GOOD ON THE REEL
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MERRY主催3マンイベントにsukekiyo、犬神サアカス團、メトロノーム出演決定
Fri, 17 Feb 2017 00:00:00 +0900
MERRY (okmusic UP\'s)

MERRY主催による3 マンイベント『三月に咲く愚鈍共による錆びたハサミと戒厳令の雨あられ三輪車の花園にて、許しておくんなはれや』にsukekiyo、犬神サアカス團、メトロノームが出演することが決定した。


【その他の画像】MERRY

奇妙奇天烈なタイトルと日程だけが発表され、ファンの間でも話題になっていたこのイベント。社会への鬱憤を爆発させ、独自の視点で辛辣なメッセージを発信し続けているMERRYと、シーンの中でも独自の路線を貫くアーティストたちによる一切の妥協なしの危険度指数の高いこのイベントのチケットは、今週2月18日(土)よりプレイガイドにて一斉発売される。

■【ガラ コメント】

唯一無二の世界観をもつバンド。そして強烈な妖しい匂いを放つ「毒花」を集めました。
この花園は天国なのかはたまた地獄か、、、
こんなイベントを組んでしまって皆さん、許しておくんなはれや、、、

主謀者 ガラ

■MERRY主催イベント『三月に咲く愚鈍共による錆びたハサミと戒厳令の雨あられ三輪車の花園にて、許しておくんなはれや』

3月17日(金) 大阪味園ユニバース
w/ sukekiyo, 犬神サアカス團

3月18日(土) 名古屋ボトムライン
w/ sukekiyo, メトロノーム

3月21日(火) 東京新宿ReNY
w/ sukekiyo, メトロノーム

【関連リンク】
MERRYオフィシャルHP
メトロノーム、9年ぶりのアルバム『CONTINUE』アートワーク&詳細がついに解禁
MERRY、謎が謎を呼ぶ主催3マンイベントの開催を発表!?
京(DIR EN GREY/sukekiyo)×『イノサン Rouge ルージュ』、揺るがない意志をイメージしたコラボ

【関連アーティスト】
MERRY, メトロノーム, 犬神サアカス團, sukekiyo
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1