歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年02月13日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
Shout it Out、全国ツアーの対バン第2弾にドラマチックアラスカ、Halo at 四畳半、BURNOUT SYNDROMESら
Mon, 13 Feb 2017 22:00:00 +0900
Shout it Out (okmusic UP\'s)

Shout it Outが3月8日にリリースする1stフルアルバム『青年の主張』を記念した全国ツアーの出演アーティスト第2弾が発表された。

【その他の画像】ドラマチックアラスカ

3月31日(金)の金沢公演にはBURNOUT SYNDROMES、4月1日(日)の新潟公演にはHalo at 四畳半、4月9日(日)の広島公演にはドラマチックアラスカの出演が決定。

また、3月26日(日)のワンマンライブ札幌公演には、オープニングアクトとして、昨年の大型コンテストで入賞を果たすなど注目を集めるTRiFOLiUMが出演する。

チケットは一般発売中。この機会にぜひチェックしてみてほしい。

■1stフルアルバム『青年の主張』リリースツアー

2月25日(土) 大阪・OSAKA MUSE <ワンマン>
3月05日(日) 名古屋・APOLLO BASE <ワンマン>
3月21日(火) 松山・松山Double-u Studio <対バン>
3月25日(土) 仙台・spaceZero <ワンマン>
3月26日(日) 札幌・SOUND CRUE <ワンマン>
3月31日(金) 金沢・LIVE HOUSE vanvanV4
<対バン/サイダーガール、BURNOUT SYNDROMES>
4月02日(日) 新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGE
<対バン/サイダーガール、Halo at 四畳半>
4月08日(土) 福岡・DRUM SON <ワンマン>
4月09日(日) 広島・広島BACK BEAT
<対バン/ドラマチックアラスカ>
4月14日(金) 神戸・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
<対バン/HOWL BE QUIET、climbgrow>
4月16日(日) 高松・高松DIME
<対バン/HOWL BE QUIET>
4月22日(土) 松本・松本ALECX <対バン>
5月07日(日) 東京・TSUTAYA O-WEST <ワンマン>

■アルバム『青年の主張』

2017年3月8日発売
PCCA-04474/¥2,800(税込)
※プレイパス封入付き
※初回生産分限定 スリーブケース仕様
<収録曲>
01. 大人になれない
02. 17歳
03. 雨哀
04. 道を行け
05. DAYS
06. 夜間飛行
07. トワイライト
08. 青春のすべて
09. 影と光
10. 青年の主張
11. エンドロール
12. 灯火

【関連リンク】
Shout it Out オフィシャルHP
ドラマチックアラスカ×爆弾ジョニー、ファン熱望のツーマンライブ開催決定
Shout it Out、全国のCDショップでニューアルバム全曲先行試聴決定
Ivy to Fraudulent Game、新曲「Dear Fate,」のMVを番場秀一が監督

【関連アーティスト】
ドラマチックアラスカ, Halo at 四畳半, BURNOUT SYNDROMES, Shout it Out, TRiFOLiUM
【ジャンル】
ジャパニーズロック

カメレオ、オフィシャルHPで解散を発表
Mon, 13 Feb 2017 18:30:00 +0900
カメレオ (okmusic UP\'s)

カメレオが6月をもって解散することをオフィシャルHPで発表した。

【その他の画像】カメレオ

解散の理由として、オフィシャルHPでは「メンバー・スタッフとも今後の活動についての話し合いを重ねた結果、見据えている未来へのヴィジョンがメンバー間で少しずつ変わってきたため」と説明されている。

カメレオのバンド名はカメレオンを捩った造語で、“変幻自在"をコンセプトに2012年1月10日より本格始動。バンドでありながらも5人で歌って踊る楽曲や歌詞に社会風刺を取り入れるなど、何でもありなスタンスを貫き、ヴィジュアル系のシーンでは異端児として、中野サンプラザやZepp DiverCityなどでもワンマン公演を行なうなど人気を集めた。

今後は、3月22日にニューシングル「生きづLIFE!!」のリリースを予定。現在発表されている『カメレオ ワンマンツアー2017 LIFE LINE 〜あなたの○○浄化します!!〜』に関しては、タイトルを『カメレオ ラストワンマンツアー2017「WE ARE KAMELEO!!」』に変更し、4月5日(水) 渋谷WWW から全9公演に渡るツアーがスタートする。このツアーなどを通して、6月の解散まで全国のファンへ感謝の気持ちを伝えながら廻ることになりそうだ。

■【カメレオからの大切なお知らせ】

カメレオを応援してくださっている皆様へ、大切なお知らせがございます。
この度、カメレオは2017年6月を持ちまして解散することとなりました。

メンバー・スタッフとも今後の活動についての話し合いを重ねた結果、
見据えている未来へのヴィジョンがメンバー間で少しずつ変わってきたため、このような結果になりました。
突然のお知らせとなりましたことを心より深くお詫び申し上げます。
また、これまでカメレオの活動を支えて頂いたファンの皆さま、関係者の皆さまに心から感謝申し上げます。

なお現在発表されている<カメレオ ワンマンツアー2017 LIFE LINE 〜あなたの○○浄化します!!〜>につきましては、
タイトルを<カメレオラストワンマンツアー2017「WE ARE KAMELEO!!」>に変更し、
2017年4月5日(水) 渋谷WWW からスタート致します。
このツアーなどを通して、全国の皆さまへ感謝の気持ちをお伝えできればと思っております。

最後までカメレオへの変わらぬ応援とご支援の程、何卒よろしくお願い致します。


2017年2月13日
カメレオ
有限会社デンジャー・クルー

■シングル「生きづLIFE!!」

2017年3月22日発売
【初回生産限定盤】(CD+KMカード)
DCCSG-11/¥1,800+税
<収録曲>
1.生きづLIFE!!
2.ついカッとなって殺った
3.五線譜のなかで
■KMカード特典
「生きづLIFE!!」MV&メイキング
カメちゃんねる -生きづLIFE!! ver.-

【通常盤】(CDのみ)
DCCSG-12/¥1,400+税
<収録曲>
1.生きづLIFE!! 
2.ついカッとなって殺った 
3.五線譜のなかで
4.やりづLIVE!!(生きづLIFE!!替え歌 5VOCAL ver.)
5.カメトーク

■『カメレオ ラストワンマンツアー2017「WE ARE KAMELEO!!」』

4月05日(水) 渋谷WWW
4月08日(土) HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3
4月15日(土) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
5月04日(祝・木) 福岡DRUM Be-1
5月07日(日) 高松DIME
5月14日(日) 名古屋ell fits ALL
5月20日(土) 札幌ペニーレーン24
6月03日(土) 仙台MACANA
6月11日(日) OSAKA MUSE

【関連リンク】
カメレオ オフィシャルHP
V系シーン最大の年越しイベント『Tokyo Chaos』で全15組のバンドが大暴れ!
5年ぶりに復活した『JACK IN THE BOX 2016』が大盛況のうちに幕
レギュラーバンドから初参加バンドまで! 『Tokyo Chaos 2016』開催決定!

【関連アーティスト】
カメレオ
【ジャンル】
ビジュアル

バンドじゃないもん!、メジャー1stアルバムから新曲2曲を2夜連続ラジオOA解禁決定
Mon, 13 Feb 2017 20:00:00 +0900
バンドじゃないもん! (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が3月8日(水)に発売するメジャー1stアルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を▽(※)』に収録されるQ-MHzプロデュースによる「青春カラダダダッシュ!」とHISASHI(GLAY)プロデュースによる「君はヒーロー」のラジオ初解禁が2夜連続で決定した。

【その他の画像】GLAY

「青春カラダダダッシュ!」は2月14日(火)放送のニッポン放送『ミューコミ+』にて、「君はヒーロー」は2月15日(水)放送のbayfm『TERU ME NIGHT GLAY』にて初オンエアされる。『TERU ME NIGHT GLAY』のレギュラーパーソナリティーはGLAYのTERUだが、2月15日は特別にHISASHI&茂木淳一によるDJのスペシャルプログラムとなっており、「君はヒーロー」を作詞と作曲、プロデュースを手掛けたHISASHIが自ら選曲した。

アルバムのリードトラックを飾る「青春カラダダダッシュ!」はQ-MHz×バンドじゃないもん!の化学反応で生まれた制限無視の高速爆発チューン。「君はヒーロー」はHISASHIならではのカルチャー色が前面に出た歌詞とサウンドでバンもん!の新ライブ定番曲を匂わせる楽曲に。どちらもアルバムへの期待感を高めるキラーチューンとなっているので、お聴き逃しなく!

バンドじゃないもん!は2月13日(月)〜17日(金)にかけて『PERFECT WEEK☆☆☆☆☆』と題した5日間連続ライブを開催する。こちらの公演は全公演ソールドアウトにつき5日間連続LINE LIVEにて放送も決まっているので、惜しくもチケットをゲットできなかった方はチェックしてみよう。また、5日間連続LIVE配信に伴い、特別キャンペーンもスタート。こちらは、LINE LIVE生配信中に視聴者が送るハート数が5日間累計で2000万個以上を達成したらを視聴者にプレゼントを用意する、といったもの。会場に足を運ぶことができないユーザーも楽しめる企画となっているので、奮って参加してほしい。

※▽=白抜きハートマーク

■LINE MUSIC先行配信楽曲「青春カラダダダッシュ!」
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000011fea75&cc=JP

■【LINEダダダッシュ!キャンペーン】

『"ハートで2000万個を目指してダダダッシュ!"』
生配信中のハート数5日間累計2000万個以上を獲得した場合、抽選で5名様に、本キャンペーンでしか手に入らないプレミアムグッズをプレゼント!
※キャンペーン対象のハート数は生配信中に送信されたものに限ります。アーカイブ視聴にて送信されたハートはキャンペーンのカウント対象外です
※各日の生配信でのハート数は、生配信終了後、「LINE LIVE公式Twitter」及び「バンドじゃないもん!公式Twitter」にてお知らせいたします

◎応募方法
「LINE LIVE公式Twitter」をフォロー&プレゼント応募対象Tweetをリツイート
※プレゼント応募対象Tweetは、ハート数達成した場合のみ、2/17(金)ライブ終了後にツイートされます

■【LINE生放送詳細】

2月13日(月)  ⇒LINE MUSICアカウント
https://lin.ee/bE6x5ph/lnms
※男子限定公演
2月14日(火)  ⇒バンもん!アカウント
※バレンタイン企画
2月15日(水)  ⇒バンもん!アカウント
※昼公演
2月16日(木)  ⇒バンもん!アカウント
※女子限定公演
2月17日(金)  ⇒LIVEアカウント
https://live.line.me/channels/21/upcoming/1000022
※全員受付可能。学割有

■『PERFECT WEEK☆☆☆☆☆』

2月13日(月)  SHIBUYA o-nest
※男子限定公演
2月14日(火)  SHIBUYA o-nest
※バレンタイン企画
※ドレスコード:メガネ着用
2月15日(水)  SHIBUYA o-nest
※昼公演
※ドレスコード:パジャマ着用
2月16日(木)  SHIBUYA o-nest
※女子限定公演
2月17日(金)  SHIBUYA o-nest
※全員受付可能。学割有

※全公演SOLD OUT

■アルバム『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を▽』

2017年3月8日(水)発売
【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
PCCA.04477/¥4,000+税
※愛☆まどんなイラストスリーブ仕様
【期間限定スペシャルプライス盤(通常盤)】(CD Only)
PCCA.04478/¥2,000+税
<収録楽曲>
■CD
M1:青春カラダダダッシュ!
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:Q-MHz
M2:キメマスター!
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:Q-MHz
M3:しゅっとこどっこい
作詞・作曲・編曲:ゆよゆっぺ
M4:夏のOh!バイブス
作詞:HIROKI、NAOTO 作曲:NAOTO 編曲:NAOTO
M5:君はヒーロー
作詞 ・作曲・編曲:HISASHI
M6:結構なお点前で
作詞 ・作曲・編曲:DogP
M7:YAKIMOCHI
作詞:浜野謙太 作曲:浜野謙太 編曲:在日ファンク
M8:ドリームタウン
作詞:みさこ 作曲:増田武史 編曲:増田武史
M9:秘密結社、ふたり。
作詞:みさこ 作曲:ムラマサヒロキ 編曲:山岡広司
M10:強気、Magic Moon Night 〜少女は大人に夢を見る〜
作詞:大桃子サンライズ 作曲:太田光史郎 編曲:橘亮祐
M11:ロマンティック▼テレパシー (※2)
作詞:七星ぐみ 作曲:鈴木智貴 編曲:出羽良彰
M12:すきっぱらだいす▽
作詞:みさこ 作曲:村カワ基成 編曲:村カワ基成
M13:ピンヒール
作詞:理姫 作曲:奥脇達也 編曲:TSUCHIE,奥脇達也
M14:YATTA!
作詞:はっぱ隊 作曲:DANCE☆MAN 編曲: DANCE☆MAN
M15:エンド・レス
作詞:みさこ 作曲:ミナミトモヤ・KOJI oba 編曲:ミナミトモヤ・KOJI oba
■Blu-ray
(1)ミュージックビデオ集
M1.君の笑顔で世界がやばい
M2.NaMiDa
M3.キメマスター!
M4.気持ちだけ参加します。
M5.夏のOh!バイブス
M6.アイスクリームになりたいの▽
(Chou Chou Cream fromバンドじゃないもん!)
M7.シンデレラブルース
(ブルーツインズ from バンドじゃないもん!)
M8.ヒーローズ
(コットンラビッツ from バンドじゃないもん!)
M9.YAKIMOCHI
M10.YATTA!
(2)メイキング盛り合わせ
「YAKIMOCHI」「YATTA!」ミュージックビデオ&アルバムジャケット撮影メイキング

※2 ▼=ハートマーク

【関連リンク】
バンドじゃないもん! オフィシャルHP
バンドじゃないもん!、5日間連続ライブ全公演の模様をLINEにて生配信決定
TAKURO(GLAY)、ソロライブ初日にHISASHIが登場
バンドじゃないもん!、メジャー1st作は豪華クリエイター陣が集結した極上のJ-POPアルバムに!

【関連アーティスト】
GLAY, バンドじゃないもん!, Q-MHz
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル

Tama(ex.Hysteric Blue)が3rdソロアルバムのリリースと夏ツアー開催を発表
Mon, 13 Feb 2017 19:00:00 +0900
Tama (okmusic UP\'s)

Tama(ex.Hysteric Blue)が2月11日、東京 Shibuya Milkywayにて2017年最初のワンマンライブを行ない、4月12日に3rdソロアルバム『BITTER』をリリースする事と夏のライブツアー開催を発表した。

【その他の画像】ヒステリック・ブルー

ソロ活動も3年目になり、ステージ上では圧巻の存在感を放つTama。バンマスにはアルバムのプロデュースも担当している重永亮介を迎え、ソロ楽曲である「無限大の空」を爆音でスタート。Hysteric Blueの定番曲も織り交ぜながら会場の熱狂をステージに集めていく。

ライブ中盤には4月12日に3rdアルバム『BITTER』のリリースを発表。そのリード楽曲「ラブレター」を一足先に会場のファンへプレゼント。しっとり、そしてしなやかなTamaの歌声から始まるミディアムナンバーに3rdアルバムの期待が高まった。アンコール最後にはHysteric blueの大ヒット曲「春〜spring〜」を披露し、大盛況のうちにライブは終了した。

同時にアルバム『BITTER』のジャケット写真と最新アーティスト写真も解禁となったので、今後のTamaの動向に期待しつつ、一足早くこちらもチェックしてほしい。

■【セットリスト】

M1 無限大の空
M2 暗闇モンスター
M3 ホロスコープ
M4 Dear
M5 カクテル
M6 Rainy Baby
M7 オパール
M8 なぜ…
M9 Paradox
M10 Like or Love
M11 なみだ
M12 ラブレター
M13 Cherry
M14 アブストラクチャー
M16 Midnight Rave
M17 some day
M18 グロウアップ
M19 フリージア
-アンコール-
M20 Dear everyday
M21 春〜spring〜

■アルバム『BITTER』

2017年4月12日発売
BNTA-0003/¥2,200(税込)
※全8曲収録

■『LIVE TOUR “SUMMER of BITTER"』

7月02日(日) 大阪 北堀江club vijon
OPEN 16:00 / START 16:30
7月15日(土) 東京 Shibuya Milkyway
OPEN 18:00 / START 18:30

【関連リンク】
Brand-New Music Tama オフィシャルページ
Sab?oがプレス発表会にてサプライズミニライブを開催
Sab?o、新曲「‖:Repeat:‖」を配信リリース&MV(Short Ver.)公開
藍井エイル、ツアーファイナルで元ヒスブル・Tamaとコラボ「奇蹟の様です!」

【関連アーティスト】
ヒステリック・ブルー, Tama
【ジャンル】
J-POP

XOX、AWAにてヴォイストラック配信&メンバーが選んだプレイリストを公開!
Mon, 13 Feb 2017 18:30:00 +0900
XOX×AWA (okmusic UP\'s)

音楽ストリーミングサービスAWAが、XOXのヴォイストラックとメンバー自身が選んだプレイリストを配信&公開した。

【その他の画像】XOX

今回AWAが配信&公開したのは、メンバー全員からのメッセージが入ったヴォイストラックと、メンバー自身が選んだ“バレンタインデーに聴きたいラブソング”を集めたプレイリスト。

メンバーからは、『まもなくバレンタインということで、僕らのラブソングから選んでプレイリストを作りました! ぜひ聴いてください』とのコメントが到着している。

2月1日に配信された同グループの新曲「Skylight-Winter For LOVERS Ver.-(feat. JASMINE)[TeddyLoid Remix]」と合わせて、XOXからのメッセージ&プレイリストをAWAで楽しんでほしい。

【関連リンク】
AWA
SuG武瑠×とまん、『二次元男子』で対談実現
AWAの「HAYAMIMI」プロジェクトが本格化! プレイリスト『HAYAMIMI #4』公開へ
AWAの新機能・埋め込みプレイヤーが提供開始へ! HPやブログでプレイリストが公開可能に

【関連アーティスト】
XOX
【ジャンル】
K-POP, 音楽配信

BRAHMAN、バンドの革新性が織り込まれた傑作「不倶戴天 -フグタイテン-」を4月12日にリリース
Mon, 13 Feb 2017 18:00:00 +0900
シングル「不倶戴天 -フグタイテン-」 (okmusic UP\'s)

BRAHMANが4月12日(水)に約1年9ヶ月振りとなるシングル「不倶戴天 -フグタイテン-」を発売することを発表した。全3曲収録の今作は、結成23年目にしてなお進化を続けるBRAHMANというバンドの革新性が織り込まれた傑作となっている。

【その他の画像】BRAHMAN

オールドスクールなハードコアパンクチューン「不倶戴天」は、これまで以上に研ぎ澄まされたリリックが胸を打ち、ILL-BOSSTINO (THA BLUE HERB)を迎えた「ラストダンス」は、日本のヒップホップとパンクの歴史において重要な意味を持つ衝撃的な1曲となった。「怒涛の彼方」も含めた全収録曲を通じて、リリック、サウンドともにBRAHMANが新たな領域に足を踏み入れたことがはっきりと感じられるはずだ。これこそが2017年のBRAHMAN。これこそが今の時代に鳴らされるべきパンクロックなのだ。なお初回限定盤には、BRAHMANが2016年に出演したフェスティバルから厳選したパフォーマンス(“AIR JAM 2016"他、全10会場)を収めたDVDが付属する。

また、新たなアーティスト写真(photo by 太田好治)と本作のジャケット写真も公開されているので、合わせてチェックしてほしい。

■シングル「不倶戴天 -フグタイテン-」

2017年4月12日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-89614/¥1,667+税
【通常盤】(CD)
TFCC-89615/¥1,111+税
<収録曲>
■CD
1,不倶戴天
2,ラストダンス featuring ILL-BOSSTINO (THA BLUE HERB)
3,怒涛の彼方
■DVD
「BRAHMAN 2016 BEST MOMENTS」
・AIR JAM 2016 (福岡)
・RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO (北海道)
・ARABAKI ROCK FEST .16 (宮城)
・百万石音楽祭 〜ミリオンロックフェスティバル〜 (石川)
・RUSH BALL 2016 (大阪)
・KESEN ROCK FESTIVAL 2016 (岩手)
・茨城県常総市災害復興支援イベント「Dappe Rock\'s」(茨城)
・MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2016 (宮古島)
・風とロック芋煮会2016 KAZETOROCK IMONY WORLD (福島)
・MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!16 (沖縄)

?【アナログ7inch】
TFCK-38028/¥1,000+税
<収録曲>
■side A
ラストダンス featuring ILL-BOSSTINO (THA BLUE HERB)
■side B
守破離 featuring KO (SLANG)

■『BRAHMAN 2017 Tour 戴天 -タイテン-』

4月12日(水)  横浜 BAY HALL
4月15日(土)  松山 W studio RED
4月16日(日)  高松 festhalle
4月21日(金)  福井 響のホール
4月22日(土)  富山 MAIRO
4月24日(月)  松本 Sound Hall aC
4月27日(木)  名古屋 DIAMOND HALL
5月20日(土)  福岡 DRUM LOGOS
5月23日(火)  周南 RISING HALL
5月25日(木)  滋賀 U STONE
5月27日(土)  大阪 Namba HATCH
6月06日(火)  仙台 Rensa
6月07日(水)  盛岡 CLUB CHANGE WAVE
6月15日(木)  新木場 STUDIO COAST

【関連リンク】
BRAHMAN オフィシャルHP
BRAHMAN、新曲「守破離」のMVはスマホ向け3分割!?
金原千恵子、豪華ミュージシャン参加の新アルバム発表&一週間限定で無料ダウンロードも
京都GATTACAにて開催『ミタケオアシン』にBRAHMANとSABANNAMANの出演が決定

【関連アーティスト】
BRAHMAN, THA BLUE HERB
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ESP学園主催イベント『COLORS』初の大阪開催決定&全出演者が明らかに!
Mon, 13 Feb 2017 18:00:00 +0900
『ESP学園presents COLORS OSAKA』告知画像 (okmusic UP\'s)

3月18日(土)なんばHatchにて開催されるESP学園主催の音楽イベント『ESP学園presents COLORS OSAKA』。これまで【Main Stage】出演者としてSILENT SIREN、yonigeのほか、ESP学園の出身アーティスト、BRIDGET、ReVision of Senceの出演が決まっていたが、この度、GOOD4NOTHINGの出演も発表された。

【その他の画像】GOOD4NOTHING

ついに初の大阪開催となる今回。【Sub Stage】では、ESP学園出身アーティストや在校生のアーティスト達がイベントを大いに盛り上げる。

同イベント『COLORS』は、音楽・楽器・ダンス・声優の専門学校ESP学園の在校生、卒業したアーティストをバックアップすることを目的として、2003年よりスタジオコースト(東京)にてスタート。イベントに携わるスタッフも業界で活躍するプロの卒業生スタッフと在校生が共同作業で実施・運営を行なうESP学園の完全パッケージイベントで、過去にはでんぱ.組inc、POLYSICS、SCANDAL、Janne Da Arc、TOTALFAT、影山ヒロノブ、土屋アンナなどが出演した。

音楽ファンだけでなく、音楽業界を志す学生も欠かさずチェックしよう。

■『ESP学園presents COLORS OSAKA』

3月18日(土) なんばHatch(大阪)
開場/開演 16:00/17:00
終演21:00予定
※時間は変更になる可能性あり。
料金:入場無料(招待制)
<出演>
■Main Stage
・GOOD4NOTHING
・SILENT SIREN
・BRIDGET
・yonige
・ReVision of Sence
Opening Act:
・BLOSSOM(ESP学園ヴォーカル&パフォーマンスユニット)
■Sub Stage
・あきお
・AYA1000RR
・大山藍
・3WAG

■応募方法はオフィシャルサイトをご覧下さい
http://www.esp.ac.jp/enter/colorsosaka/
※応募締切3月3日(金)17:00まで

《高校生限定!バックステージツアーも開催!!》
話題のライブの舞台裏をのぞいてみよう!
観覧するだけではなく、舞台裏をのぞくことができるCOLORS OSAKAバックステージツアーも実施!
一般の観客の方は絶対に入ることができないバックステージをたっぷり紹介。もちろんライブ本番のために準備が進むステージの様子もバッチリお見せします♪ 舞台監督・照明・音響・楽器・イベンターなどのコンサートスタッフ志望の方はもちろんこと、ステージ上でパフォーマンスするアーティストやタレント志望の方にとっても、貴重な体験になること間違いなし! 一年に一度のこのチャンスをお見逃しなく☆

■COLORS OSAKAバックステージツアー申込フォーム
https://ssl.esp.ac.jp/osaka/colorsosaka_bst/
※応募締切2月17日(金)17:00

【関連リンク】
『ESP学園presents COLORS OSAKA』オフィシャルHP
Rhythmic Toy World、渋谷CLUB CRAWLで開催する『10本勝負』の7公演の対バンを発表
『FREEDOM NAGOYA 2016』第4弾アーティストはGOOD4NOTHINGや東京カランコロンら13組
BUZZ THE BEARS、自主企画イベントでGOOD4NOTHINGとの2マン決定

【関連アーティスト】
GOOD4NOTHING, BRIDGET, Silent Siren, ReVision of Sence, yonige
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, イベント

スーパーボール・ハーフタイムショーの歴史に残る5曲
Mon, 13 Feb 2017 18:00:00 +0900
「Lets Go Crazy」収録アルバム『Purple Rain』(Prince) (okmusic UP\'s)

アメリカの誇るエンターテインメント『Super Bowl』。アメフトのナショナル・リーグのチャンピオンシップのことで、年間視聴率1位を毎年獲得している番組でもあります。このプロリーグ優勝決定戦では、エンタメ界での最高峰舞台と称されるハーフタイムショーが行なわれ、今年はレディ・ガガが素晴らしいステージパフォーマンスを披露して大きな話題となりました。今回は「スーパーボール・ハーフタイムショーの歴史に残る5曲」をご紹介します。

【その他の画像】Prince

■1. 「Born This Way」(’11)/Lady Gaga

昨年の国歌斉唱に続き、今年のハーフタイムショーを異次元に変えたのは世界の歌姫、レディ・ガガ。300機のドローンによる光の粒がスタジアム上空に星条旗を描き、その屋根から飛び降りて始まったショーでもっとも印象的だったのが「Born This Way」です。カラフルな人種が存在する事実、ヒューマニティーを讃える彼女の信念とメッセージが込められたこの名曲が、多国籍からなる美しいダンサーらとともに、人種のるつぼであるアメリカという国の最高峰に位置付けされる舞台にて披露されたことに大きな意味があったと言えるでしょう。ニューアルバムも好調なガガ、来日公演開催が期待されます。

■2. 「Where the Streets Have No Name」(’87)/U2

2002年のハーフタイムショーを担ったのはアイルランド出身のモンスターバンド、U2でした。ニューヨーク同時多発テロ事件が2001年の9月11日に起きた後の最初のショーにおいて、彼らがショーのラストを飾る曲に選んだのは「Where the Streets Have No Name」。“アメリカ!”と絶叫して演奏を始めると同時に、テロ事件による犠牲者一人ひとりの名前をしっかり読める大きさで映画のエンドロールの如く巨大なスクリーンに投影したのでした。ショーの最後にBonoが翻したジャケットの裏地にはアメリカ国旗が鮮やかに彩られ、ステージには光でか辿られた大きなハートがひとつ浮かび上がらせるなど、バンドは終始アメリカ国民の心に寄り添ったのでした。

■3. 「We Are The World」(’85)/Michael Jackson

彼がケーンでスタジアムを指すと、それぞれの肌・目・髪の色が違う世界中の子供たちの姿が次々に現れたのは、1993年のハーフタイムショーでのこと。「誰も苦しむべきではないんだ。特に子供たちは苦しむべきではない!」と訴えかけたのは、King of Popことマイケル・ジャクソンです。現代のようにLED制御技術などなかった時代、その巨大アートを浮かび上がらせたのは他でもない、色紙を手にした観客でした。当時は、昼間にショーを行なっていたため、照明効果もあまり出ていない、とてもシンプルな演出ですが、この歌が象徴するように、世界平和と愛を歌い願うマイケルのやさしさがその場にいたオーディエンスのみならず、ブラウン管の向こう側にも伝わる歴史的なショーでした。

■4. 「(I Can\'t Get No) Satisfaction」(’65)/The Rolling Stones

2006年は、あの唇ロゴのかたちをしたUKのロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズによるハーフタイムショーでした。多くの大物ミュージシャンですら気負い、新たな何かに挑戦しようとしがちなこのUSエンターテインメント最高峰のステージにおいても、イギリス生まれのロックンロール界の王者バンドはワールドツアーの一環のような、い・つ・も・のストーンズのステージを魅せ、観客を大いに沸かせたのでした。その姿勢、その風格にロックの在り方を示されたショーをもっとも会場を沸かせた曲が60年代ロックを代表する曲のひとつである「(I Can\'t Get No) Satisfaction」でした。ぜひお聴きください。

■5. 「Lets Go Crazy」(’84)/Prince

歴史に深く刻まれたベスト・ハーフタイムショーとの呼び声が高いのは、2007年のプリンスによるステージです。昨年、天賦の才能の塊であったプリンスが選んだオープニングで聴こえてきたのは、なんとQueen の「We Will Rock You」。それ以外にも彼はジミ・ヘンドリックス/ボブ・ディランの「All Along The Watchtower」、Foo Fightersの「Best of You」などを披露。屋根なしのスタジアムでの雨の中で「Purple Rain」を聴いたオーディエンスはさぞ興奮したことでしょう。ここでは、あの日の1曲目を飾った「Lets Go Crazy」をご紹介します。歴史的なショーの盛り上げに大きく貢献した、タイトル通りクレイジーになれるアッパーなナンバーです。

【関連アーティスト】
Prince, U2, The Rolling Stones, Michael Jackson, Lady GaGa
【ジャンル】


水曜日のカンパネラがお世話になったCDショップ2店舗にサプライズ訪問!?
Mon, 13 Feb 2017 17:30:00 +0900
CDショップサプライズ訪問写真(コムアイ) (okmusic UP\'s)

2月8日(水)にメジャー1stフルアルバム『SUPERMAN』をリリースした水曜日のカンパネラが、2月12日(日)に都内のCDショップにサプライズ訪問した。

【その他の画像】水曜日のカンパネラ

今回訪問したのは、タワーレコード渋谷店とヴィレッジヴァンガード下北沢店の2店舗。タワーレコード渋谷店は今回のアルバム発売時に、店内の中吊りや、コムアイ等身大の特製看板、号外新聞型のフリーペーパーを制作し、非常に盛り上げてくれている店舗の一つ。ヴィレッジヴァンガード下北沢店は、インディーズ初期から一早く目を付けて応援をしてくれている店舗で、どちらもインディーズ時代からお世話になっている店舗に挨拶に訪れた。

まず、タワーレコード渋谷店を訪れたコムアイ。店に入るなり、試聴機でCDを聞いていた男性二人組にいきなり話しかけた。いきなりコムアイが現れるとは思ってもみなかったため、驚いた様子の二人。コムアイは、『あ、すみません〜。水曜日のカンパネラと申します〜』と挨拶。その後、『水曜日のカンパネラはどこで知ったんですか?』『普段タワーレコードにはどういうアーティストがいるか調べに来るんですか?』『どれくらいの頻度で来ているんですか?』等と聞いてみたかったことをここぞとばかりに質問責めに!

タワー渋谷店の店員さんとの会話では、今回のために製作された号外新聞型のフリーペーパーが大好評だという報告を受けると『えー、すごい嬉しい!』と大喜び。そのフリーペーパーの中から数枚にサインをこっそり入れ、取ってみた人しかアタリかハズレかわからないコムアイらしいサプライズも仕込んでいた。その後は、コムアイの等身大の特製看板や店頭の巨大POPの一番目立つところなど、店内の様々なところにサインを楽しみながら書いていた。店内の中吊りや、コムアイ等身大の特製看板、号外新聞型のフリーペーパーなど大プッシュされている店内に大満足。店は一時大混雑となったが、集まってくれたファンに『ありがとうね! 武道館、遊びに来てねー!!』と声をかけながら店を後にした。

続いて訪れたのは、ヴィレッジヴァンガード下北沢店。こちらも大々的なお客さんの目を引く展開を行なっている。訪れるなり、昨年の『SUPERMANツアー』の中野公演でコムアイに呼ばれ急遽ステージに立ったお客さんとまさかの遭遇を果たす。お互いに『え? あの時の〜!?』と驚きを隠せない様子で、動揺しているお客さんに何故かその時食べていたドーナッツを分けて、これ美味しいから食べてと差し出す自由奔放なコムアイ。この店でもたくさんのお客さんが一気に集まり、サインの要求にも快く答える。その後は、インディーズ初期から応援してくれていたスタッフに感謝を伝えつつ、懐かしい話に花が咲く。インディーズの1stアルバムを取り扱ってくれたのがヴィレッジヴァンガード下北沢店だったり、音楽に詳しいその店員さんとご飯を食べに行って音楽の話を聞いたりしたことを話した。

そして今回リリースされた『SUPERMAN』のUSB版について触れ、売り上げが落ちていくCD業界に対しての風刺で、次が“これ"というメディアがない中で今年提案できるメディアの形としてUSBをリリースしたと熱く語るコムアイ。なぜ、今回、このUSB版を制作したのか…アーティスト・コムアイが今の音楽業界に対して思っていることが垣間見えた瞬間だった。その後、インディーズの頃からコムアイが書き続けてていたという手書きのPOPをを眺めながら、今回の『SUPERMAN』のPOPを書き。『ぜんぜんまだまだなんでスタート地点だと思って、武道館見に来てください!』と、初の日本武道館公演へ意気込みが伝わるメッセージを残した。

こうして、メジャー1stフルアルバムリリースを記念したサプライズCD店訪問は終了した。いよいよ3月8日には、初の日本武道館公演が満を持して開催される。アルバム『SUPERMAN』からも初披露となる曲が多数含まれると予想される、果たしてどんな趣向を凝らした演出で観客を楽しませてくれるのかぜひ期待して待ってほしい。

Photo by Yohji Igarashi

■アルバム『SUPERMAN』

発売中
【CD版】
WPCL-12464/¥3,000+税
【USB版】
WPEL-10009/¥3,000+税
<収録曲>
M1-アラジン
M2-坂本龍馬
M3-一休さん
M4-オニャンコポン
M5-チンギス・ハン
M6-チャップリン
M7-オードリー
M8-カメハメハ大王
M9-世阿弥
M10-アマノウズメ

■配信URL
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/superman/id1185651591?app=itunes&at=10l6Y8
・レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1005975656/

■「水曜日のカンパネラ 日本武道館公演〜八角宇宙〜」

3月08日(水) 日本武道館
OPEN/START 18:15/19:15
<チケット>
料金:アリーナスタンディング、スタンド指定席:¥4,888(税込)
※アリーナスタンディングは未就学児童入場不可、スタンド指定席は3歳以上チケットが必要
※3歳未満のお子様は、スタンド指定席での膝上観覧に限り、大人1名につき子供1人のみ入場可
■一般チケット発売日
2月8日(水)10:00〜

【関連リンク】
水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
水曜日のカンパネラ、足の親指を咥えた斬新なビジュアルを公開!?
水曜日のカンパネラ、シンガポールで開催されたフェスに日本人初の出演者に!
水曜日のカンパネラ、コムアイが2役を演じる新曲「一休さん」MV公開

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-POP, イベント

葉加瀬太郎がイベント・アドバイザーを務める『情熱大陸ライブ』が今年も東阪で開催決定
Mon, 13 Feb 2017 17:00:00 +0900
『情熱大陸ライブ2017』ロゴ (okmusic UP\'s)

葉加瀬太郎がイベント・アドバイザーを務める音楽イベント『情熱大陸ライブ2017』が今年も大阪と東京で開催される事が決定した。

【その他の画像】葉加瀬太郎

同イベントは2002年の7月に大阪城野外音楽堂、8月に東京・よみうりランドEASTで第1回が開催。作年15回の節目を終え、16年目の今年はイベント・タイトルが従来の『情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA』から『情熱大陸ライブ2017』になり、東京会場は作年までの夢の島から、葛西臨海公園に変更になる。

現段階での出演者は葉加瀬太郎のみだが、作年は大阪会場で12組、東京で15組のアーティストが参加。今年も多彩なミュージシャンの出演が期待出来そうだ。出演アーティストは近々に随時、発表されていく。チケットは一般発売に先駆け2月13日より先行受付がスタート! 詳細はイベント公式サイトをチェックしよう。

■『情熱大陸ライブ2017』公式サイト
http://www.mbs.jp/jounetsu/live/2017/

■【葉加瀬太郎よりコメント】

今年も夏がやって来ます!
思い返せば3 4歳で始めたこのフェスが16年目ですって!
体力的にはあの頃とは違うんだけど、まだまだやりたいことが本当にいっぱいあって、気持ちはあの頃のまま。それ以上か! 今年も楽しいフェスにしますよ!

■『情熱大陸ライブ2017』

7月22日(土)  大阪 万博記念公園もみじ川芝生広場
開場12:00 / 開演13:30(終了予定19:00)
8月05日(土)  東京 葛西臨海公園 汐風の広場
開場12:00 / 開演13:30(終了予定19:00)
<出演アーティスト>
葉加瀬太郎(大阪・東京)
and more…

【関連リンク】
「題名のない音楽会」で葉加瀬太郎と五嶋龍が初共演、「情熱大陸」など披露
関ジャニ∞・大倉忠義がバイオリン最強対決企画でMC担当「人間ってここまでできるんだと思いました」
関ジャニ∞・安田章大がカラオケ最強対決企画でMC担当「とにかくみなさんの歌声が素晴らしい」
松崎しげる主催イベント「黒フェス〜白黒歌合戦〜」が大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
葉加瀬太郎
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM), イベント

谷川POPゴリラ、振り付け満載の最新MV「痴漢、アカン」公開!
Mon, 13 Feb 2017 16:00:00 +0900
谷川POPゴリラ (okmusic UP\'s)

谷川POPゴリラが、1stミニアルバム『愛が欲しくなる』収録曲より「痴漢、アカン」のMVを公開した。

【その他の画像】谷川POPゴリラ

すでにMV「見ろよ」「ネガティブSUMMER」の2本を公開し、注目を集めている彼ら。今回のMVは、みんなで一緒に踊れる振り付けが満載となっており、ライヴの定番曲になることは間違いない。

また、谷川POPゴリラは2月12日より全国ツアーがスタート。4月28日(金)新宿Zico Tokyo FINAL公演まで約20公演を行なう予定だ。こちらもぜひ足を運んでほしい。

■「痴漢、アカン」MV
https://youtu.be/U05IswRtjYI

■【ライヴスケジュール】

2月17日(金) 京都GROWLY
2月18日(土) 心斎橋DROP
2月19日(日) 滋賀B♭
2月22日(水) 横浜FAD
3月02日(木) 名古屋RAD SEVEN
3月11日(土) 宇都宮VJ-2
3月17日(金) 水戸LIGHT HOUSE
3月18日(土) 柏DOMe
3月19日(日) 仙台BIRDLAND
3月29日(水) 新潟CLUB RIVERST
3月31日(金) 神戸太陽と虎
4月01日(土) 広島CAVE BE
4月02日(日) 高知X-pt.
4月21日(金) 梅田Zeela
4月23日(日) 名古屋RAD HALL
4月28日(金) 新宿Zirco Tokyo 〜FINAL〜

■ミニアルバム『愛が欲しくなる』

発売中
BTR-017/¥1,700+税
<収録曲>
M1:Borderless Party
M2:見ろよ
M3:痴漢、アカン
M4:A.D.S.L
M5:夢を見ている
M6:暇乞い
M7:ネガティブSUMMER
M8:愛が欲しくなる
M9:俺的恋の予感

【関連リンク】
谷川POPゴリラ オフィシャルHP
谷川POPゴリラ、新作ミニアルバムから「ネガティブSUMMER」MVを公開
UVERworld、“男祭り”に前代未聞の23,000人が集結
ALL OFF、メジャー1stフルアルバムのリリースツアー開催決定

【関連アーティスト】
谷川POPゴリラ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

FLOW、4年ぶりとなるライブDVDのジャケ写と収録曲を発表
Mon, 13 Feb 2017 15:00:00 +0900
DVD『FLOW THE LIVE 2016』 (okmusic UP\'s)

FLOWが3月15日(水)にリリースする4年ぶりのライブDVD『FLOW THE LIVE 2016』の収録曲とジャケット写真が公開された。

【その他の画像】FLOW

今作のDisc 1にはアルバム『#10』を引っ提げての全国ツアー『FLOW LIVE TOUR 2016「#10」』より、2016年3月26日にZepp Tokyoで開催されたツアー最終公演を中心に収録。ツアーファイナルでは、ライブゲストにAFRAを迎えた「DECATHLON feat.AFRA」や、津軽三味線奏者の疾風を迎えた「魑魅魍魎(feat. 疾風)」などを披露し、そのサウンドの融合に会場が熱くヒートアップした。もちろん今回のDVDにはその模様も収録され、アルバム『#10』の世界を映像で存分に楽しめる内容となっている。さらには昨年海外で行なわれたライブでの出来事なども余すことなくおり込まれている。日本からは遠くアブダビ、フランス、ブラジル、メキシコの地でFLOWはいかに過ごし、ステージに立っていたのか。これを観れば一目瞭然だ。

Disc 2は記憶に新しい2016年12月31日にディファ有明で開催されたカウントダウンライブ『FLOW COUNT DOWN LIVE 2016-2017「刻ノ陣」』より全24曲が収録される。この日は現在発売中の最新シングル「INNOSENSE」をいち早く披露。代表曲も多数演奏され、さらには年越しカウントダウンの瞬間の模様も収録される。「刻(トキ)ノ陣」といタイトル通り、“時を刻む"ことをテーマに演出が組まれており、円形ステージという変則的な環境のなか、まさかの“ステージ回転"もあり、観客の度肝を抜いたライブだった。天井から円形ステージを楽しめるカメラも設置され、臨場感たっぷりの映像が楽しめる内容となっている。

まさにFLOWの2016年のライブ活動集大成ともいえるこのDVDは、ファンへの感謝も込めて2枚組¥3,926+税(サンキューフロウ価格)で発売される。こんなところもFLOWらしい。店頭購入特典としてオリジナル缶バッジが付き、2月・3月に東京・神戸で開催される男女限定ライブ会場で予約、・購入の際には会場限定バッジも付いてくる。ともに数には限りがあるので早めに揃えておきたい。

そして2017年はデビュー15周年。全国6大都市ツアーの開催も発表されており、15周年イヤーは全国6大都市7公演に渡る全国ツアーから口火を切る。これまでの14年を追い風に、これからの新しい一歩を踏み出すためのツアーとなることは間違いないだろう。このツアーの最速チケット先行は4月よりFLOW OFFICIAL MEMBER「26ers」会員を対象に実施される予定。こちらも是非チェックしておこう。

■DVD『FLOW THE LIVE 2016』

2017年3月15日(水)発売
価格:¥3,926+税(サンキューフロウ価格!)
<収録内容>
■Disc 1
FLOW LIVE TOUR 2016「#10」 Zepp Tokyo 2016.3.26
1.光追いかけて
2.蒼き惑星
3.DARK SHADOW
4.JOY TO THE WORLD
5.DECATHLON feat.AFRA  
6.Steppin\' out
7.Oblivion
8.魑魅魍魎 feat.疾風
9.World Symphony
10.Good Days〜君を忘れない〜
・2016.10.28 「JAPAN MUSIC PARTY 2016 in Abu Dhabi」@アブダビ・du Forum, Yas Island
・2016.11.13 「JAPAN MUSIC PARTY 2016」@La Cigale (Paris,France)
・2016.12.5 FLOW LIMITED CIRCUIT 2016「中南米ノ陣」@ teatro bradesco,S?o Paulo
・2016.12.7 FLOW LIMITED CIRCUIT 2016「中南米ノ陣」@ El Plaza Condesa,MexicoCity &「GO!!!」
■Disc 2
FLOW COUNT DOWN LIVE 2016-2017「刻ノ陣」〜ディファ年明けシーズン3〜 ディファ有明 2016.12.31
1. Fun Time Delivery 2009
2. Steppin\' out
3. Hey!!!
4. Everything all right
5. Stay Gold
6. Steppers high
7. Sign
8. 虹の空
9. RISING DRAGON
10. INNOSENSE
11. BURN
12. 乾杯アワー
13. Rookie
14. Shakys
15. SNOW FLAKE〜記憶の固執〜
16. BAND Inst
17. COLORS
18. Just do it!!!
19. HERO〜希望の歌〜
20. 愛愛愛に撃たれてバイバイバイ
21. GO!!!
22. 風ノ唄
-Encore-
EN1. WORLD END
EN2. INNOSENSE

■【FLOWデビュー15周年突入記念 全国6大都市ツアー】

7月01日(土)  恵比寿LIQUIDROOM
7月02日(日)  恵比寿LIQUIDROOM
7月08日(土)  札幌cube garden
7月17日(月・祝)  仙台CLUB JUNK BOX
7月28日(金)  大阪BIGCAT
7月29日(土)  名古屋ダイアモンドホール
8月06日(日)  福岡DRUM Be-1

【関連リンク】
FLOW オフィシャルHP
FLOW、デビュー15周年は全国6大都市ツアーから口火を切る!
FLOW、「INNOSENSE」MVでの謎のフェンシングマスクを被った人物が明らかに!
FLOW、ニューシングル「INNOSENSE」のTVサイズ配信開始

【関連アーティスト】
FLOW
【ジャンル】
ジャパニーズロック

PIERROTとDIR EN GREYが7月に横浜アリーナで初のジョイント・ライブを開催
Mon, 13 Feb 2017 14:00:00 +0900
ANDROGYNOS (okmusic UP\'s)

PIERROTとDIR EN GREYが7月7日・8日の両夜、横浜アリーナで初のジョイント・ライブを行なうことが明らかになった。ビジュアル系バンドのファンの間では「二大宗教戦争」と言われるほど対立していたバンド同士が同じステージに立つとあって、ファンの間では早くも動揺が巻き起こっている。

【その他の画像】DIR EN GREY

ジョイント・ライブ開催は、12日午後2時に東京・新宿アルタのオーロラビジョンで発表され、当日、現地の周辺には情報を聞いたファン5000人が集結した。

『交わる事の無かった2バンド 交わる事の無かった2つの物体 ここに破壊的融合』をコンセプトにした映像は、人類の破壊と誕生をイメージするようなショッキングな内容。言葉による説明がなく、最後にライブの日程が明らかにされると、アルタ前に集まったファンの中からは一瞬、どよめきのような声が巻き起こり、1分42秒ほどの告知映像をファンは食い入るように見つめていた。

DIR EN GREYとPIERROTがタッグを組んでのプロジェクトは、今年の1月1日に“ANDROGYNOS(アンドロジナス)"を立ち上げたことで明らかにされていたが、その内容や詳細は発表されていなかった。『敵対していたバンド、ファンも真っ二つに分かれ競い合ってきた。まさか同じステージに立つなんて想像もしていなかった』(埼玉・春日部から来たという30代の女性ファン)と、今回の発表にファンも驚きを隠せない様子。

2つのバンドについては、かつて東京・原宿の神宮橋にファンが詰めかけ、コスチュームで競い合い、その後、ファンの間では「2つの宗教(バンド)の信者(ファン)による抗争」につながっていったと言われ、現在でも「神宮橋の宗教戦争」として語り継がれているという。

■『ANDROGYNOS』オフィシャルHP
http://androgynos.jp

■『ANDROGYNOS』告知映像
https://youtu.be/1pNCvvQNbn4

■【ライブ情報】

『ANDROGYNOS - a view of the Megiddo -』
7月07日(金)  横浜アリーナ
開場/開演 16:30/18:00

『ANDROGYNOS - a view of the Acro -』
7月08日(土)  横浜アリーナ
開場/開演 15:30/17:00

【関連リンク】
京(DIR EN GREY/sukekiyo)×『イノサン Rouge ルージュ』、揺るがない意志をイメージしたコラボ
京(DIR EN GREY / sukekiyo)、ファン必携のオフィシャルブック『阿吽の蟻』発売
PIERROT×DIR EN GREY、異例のプロジェクト“ANDROGYNOS"が7月に本格始動
PIERROT×DIR EN GREY、ライバル同士がタッグを組みプロジェクト開始

【関連アーティスト】
DIR EN GREY, PIERROT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

flumpool、シングル「ラストコール」初回限定盤DVDティザーを一足早く解禁
Mon, 13 Feb 2017 13:00:00 +0900
flumpool (okmusic UP\'s)

flumpoolが3月15日にリリースするニューシングル「ラストコール」の初回限定盤DVDティザー映像が公開された。

【その他の画像】flumpool

今回の初回盤DVDには先日行なわれたカウントダウンライブ『flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017 「FOR ROOTS」〜シロテン・フィールズ・フォーエバー〜@大阪城ホール』のライブ映像をダイジェストで収録。さらにメンバー自らが自分たちのルーツを辿り様々な地を訪れ、城天(大阪城公園)にてサプライズでストリートライブを敢行した映像を含むドキュメントも収録した超豪華な内容となっている。一足早くティザー映像をチェックして、ニューシングルの発売を楽しみに待とう。

■シングル「ラストコール」特設サイト
http://www.flumpool.jp/sp/lastcall/

■シングル「ラストコール」初回限定盤DVD ティザー映像
https://youtu.be/0nIcrZVA3vA

■シングル「ラストコール」

2017年3月22日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
AZZS-62/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
M-1 ラストコール
※映画「サクラダリセット」主題歌
M-2 ナミダリセット
※映画「サクラダリセット」後篇エンディングテーマ
M-3 キズナキズ
※NHK「みんなのうた」2017年2-3月
-BONUS TRACK-
ALL BONUS TRACKS from flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017 「FOR ROOTS」〜シロテン・フィールズ・フォーエバー〜)
M-4 花になれ
M-5 MW 〜Dear Mr. & Ms. ピカレスク〜
M-6 大切なものは君以外に見当たらなくて
■DVD
『flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017 「FOR ROOTS」〜シロテン・フィールズ・フォーエバー〜@大阪城ホール Special Live Digest & Making of Live』
カウントダウンライブで初披露となった、新曲「ラストコール」や、本公演のテーマソングでもある「ムーンライト・トリップ」を含む『flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017 「FOR ROOTS」〜シロテン・フィールズ・フォーエバー〜@大阪城ホール』のライブ映像ダイジェストに加え、ライブ当日の本番前と本番後のメンバーインタビュー、ライブ前日にデビュー前にストリートライブを行なっていた思い出の地を巡り、サプライズで城天(大阪城公園)でストリートライブを敢行した映像などを盛り込んだライブドキュメントを収録。ライブ映像には「FREE YOUR MIND」「輪廻」「花になれ」「MW 〜Dear Mr. & Ms. ピカレスク〜」「未来」「ムーンライト・トリップ」「ラストコール」「大切なものは君以外に見当たらなくて」「MY HOME TOWN」が約50分に渡り収録。

【通常盤】(CD)
AZCS-2061/¥1,200+税
<収録曲>
M-1 ラストコール
※映画「サクラダリセット」主題歌
M-2 ナミダリセット
※映画「サクラダリセット」後篇エンディングテーマ
M-3 キズナキズ
※NHK「みんなのうた」2017年2-3月
M-4 ラストコール (Instrumental)
M-5 ナミダリセット (Instrumental)
M-6 キズナキズ (Instrumental)

【FC限定パック】(CD+GOODS)
AZNT-38/¥2,700+税
<収録曲>
■CD
M-1 ラストコール
※映画「サクラダリセット」主題歌
M-2 ナミダリセット
※映画「サクラダリセット」後篇エンディングテーマ
M-3 キズナキズ
※NHK「みんなのうた」2017年2-3月
-BONUS TRACK-
ALL BONUS TRACKS fromofficial fan club "INTERROBANG" 会員限定Tour 「INTERROBANGだョ! 全員集合 〜もしもクリスマスの夜だったら〜」
M-4 LOST
M-5 『ありがとう』くらいじゃ伝えきれない気持ちを
M-6 Sprechchor
■GOODS
「Re:image」at NIPPON BUDOKAN オフィシャルタオル
(FC限定モデル)
※本商品はOfficial Fan Club INTERROBANG会員限定のアイテムとなります。商品のご注文はアスマートオフィシャルサイトからお願いいたします。(受注期間:2月3日(金)正午〜2月15日(水)23:59 )
http://www.asmart.jp/p_90001455

【関連リンク】
flumpool オフィシャルHP
flumpool、ニューシングル初回限定盤はカウントダウンライブ映像&ドキュメンタリー収録の豪華盤
flumpool、新曲が映画『サクラダリセット』後篇EDテーマに決定! アー写&新作キービジュアルも解禁へ
磯貝サイモン、寺岡呼人や椎名慶治や阪井一生(flumpool)らが参加した新作をリリース

【関連アーティスト】
flumpool
【ジャンル】
ジャパニーズロック

さくらしめじ、カレンダー発売イベントが大盛況
Mon, 13 Feb 2017 12:00:00 +0900
2月12日(日)@HMV&BOOKS TOKYO 6Fイベントスペース (okmusic UP\'s)

さくらしめじが2017年4月スタートのカレンダーを2月13日(月)に発売するにあたり、それを記念した先行販売イベントを2月12日(日)にHMV&BOOKS TOKYO(渋谷MODI 6F)にて行なった。

【その他の画像】さくらしめじ

田中雅功と?田彪我によるフォークデュオ・さくらしめじ。昨年に続いてのカレンダー発売となる今回は、12ヶ月全て違う衣装、違うシチュエーションで撮り下ろした力作! そんなカレンダー先行販売イベントには熱心なファンが詰めかけ、会場は大いに盛り上がった。

2014年に結成し、現役中学生フォークデュオとして活動を続けてきたさくらしめじだったが、今年は中学を卒業。新たなステージに進むフレッシュな2人に注目が集まっている。

■【先行販売イベント質疑応答】

ーー昨年に引き続きのカレンダー発売となりましたが、今年はどんなカレンダーが出来ましたか?
田中:去年のカレンダーは壁掛けだったんですが、今回は据え置き型でコンパクトになっています。
?田:去年よりもちょっと成長した「さくらしめじ」が見られるんじゃないかな、と思います。

ーーご自身の1番のお気に入りカットを教えてください。
田中:僕のカットは4月のカットがお気に入りで。4月という事で、ぽかぽかした光の感じと花を(2人の)間に入れて撮影しているので、暖かい感じに「さくらしめじ」らしさが出ているんじゃないかなと思って。このカットがお気に入りです。
?田:僕のお気に入りカットは11月のカットなんですけど、夕日を背にして2人が演奏して唄っていて。アーティストっぽくて、かっこいい写真だと思って。このカットが一番好きです。

ーー撮影のときのエピソードなどありますか?
田中:ぼく、すごく眩しいのが苦手で。この4月のカットの撮影のときが、写真からも分かるように結構晴れていて。すごい光が当たって、すごい眩しかったけど、頑張りました!
?田:公園の撮影で、色とりどりの花があったのを覚えています。

ーーカレンダーはどこに飾ってほしいですか?
?田:サラリーマンの方だったらデスクだったり、学生さんには勉強机に。
田中:主婦の方はキッチンにおいて頂けたらと。きゅうり切りながら見れるので。何日か(笑)
?田:いろんなところに置いて頂ければと思います。

ーー今年の3月で中学卒業ですが、高校生活はどんなものにしたいですか?
?田:勉強面で言うと、中学校で苦手だった英語とか数学とかを高校でなんとか頑張っていきたいなと思います。生活面で言うと、日常生活で進歩して、大人らしい姿になれればと思います。
田中:新しい場所でスタートすると言う事で。新しい出会いを大切にしていきたいと思っています。

ーー高校生になったらやってみたいことは?
田中:登下校中の買い食いをやってみたいです。中学生だと出来ないんですよ、買い食いが。高校生になったらみんなでコンビニ寄って、肉まん買って、みんなでしゃべりながら買い食いしたいです。
?田:登下校中に音楽プレイヤーで音楽が聴けるようになるので、それが1番嬉しいです。高校で新しい友達を作って、友達と一緒にお気に入りの音楽を聞きたいなと思います。

ーー間もなくバレンタインデーですが、理想のバレンタインデーとは?
?田:まず、普通のデートをして帰り際に彼女が「バレンタインデーキッス」を歌いながら、チョコを渡してくれるのが理想です(笑)
田中:(貰うチョコは)手作りがいいなぁ。デート自体は普段と変わらないんじゃないでしょうか。チョコがポイントですかね。

ーーちなみに去年はチョコ貰えたんですか?
田中:貰いました。
?田:貰いましたよ。誰からは(2人で)いっしょに言いましょうか。
2人:せーの、お母さん!
田中:母から頂きました。
?田:雅功さんからも頂きました。
田中:僕あげましたっけ?
?田:えっ!うっそー!!貰ったよ!
田中:一昨年は覚えているんだけど…。今年もあげます!

ーー過去のバレンタインデーでいっぱい貰った年はありますか?
田中:2人とも小学生の頃がモテ期で。それ以上貰った事はないですね。
?田:小学2年生のときに11個貰いました。
田中:小学1年生のときに10個くらい貰いました。でも、小学1年生の頃の事なので…。

ーー今後の「さくらしめじ」の活動は?
田中:3月22日に初めてのミニアルバムをリリースします。タイトルは「さくら〆じ」です。今までライブでやっていた曲に加え、新曲も入っていますので、ぜひぜひ聴いて頂けたらと思います。
?田:そして、4月23日に高校生になって初のワンマンライブ「春じめじの eat shun」が開催されます。
田中:こちらも、ぜひぜひチェックして頂けたらと思います。

ーー最後にファンに向けて一言お願いします!
田中:今年のカレンダー、とてもとても「さくらしめじ」感が出ていると思いますので、みなさんカレンダーと一緒に過ごして頂けたらなと思っています。
?田:去年買った人も、今年のカレンダー楽しめると思います。ぜひよろしくお願いします!

■「さくらしめじかれんだー 2017.4→2018.3」

発売日:2017年2月13日(月)
価格:¥2,000(税込)
ページ: 14 ページ
サイズ: A5判卓上 ケース入

【関連リンク】
さくらめじ オフィシャルHP
吉田山田がラジオドラマ用に書き下ろした新曲「ホントノキモチ」のライブ映像を公開
PKCZ(R)・MAKIDAIが三代目JSBのライブにサプライズ出演
米津玄師/ハチ、KONAMI音楽ゲーム「BEMANIシリーズ」をジャック!?

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, イベント

ドラマチックアラスカ×爆弾ジョニー、ファン熱望のツーマンライブ開催決定
Mon, 13 Feb 2017 11:00:00 +0900
ドラマチックアラスカ (okmusic UP\'s)

ドラマチックアラスカと爆弾ジョニーのツーマンライブが5月8日(月)、岡山CRAZYMAMA KINGDOMにて開催されることが決定した。

【その他の画像】爆弾ジョニー

この2組といえば、爆弾ジョニーKeyロマンチック☆安田が、2015年2月から1年以上に渡りドラマチックアラスカの“仮メン”としてギターを担当。安田の卒業後はドラマチックアラスカは正式メンバーが揃い新体制となり、爆弾ジョニーも活動休止から再始動を遂げた。

以前よりこの2組の対バンを熱望する声も多く、今回それが初めて実現する。共に同世代、再スタートをきった2組のツーマンライブ、乞うご期待!

■ツーマンライブ「マチマチック☆ナイト」

5月8日(月) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
出演:ドラマチックアラスカ、爆弾ジョニー
時間:OPEN 18:15 / START 19:00
料金:前売 ¥3,500(ドリンク代別)

■イープラス先行:2/12(日) 21:00〜2/26(日) 23:59
http://eplus.jp/alaska-bakudan58/
■一般発売:3月4日(土)

【関連リンク】
ドラマチックアラスカ オフィシャルHP
忘れらんねえよ、2月のツアーは爆弾ジョニー・ロマンチック☆安田も参加
赤い公園、2017年開催の結成周年イベントに盟友・爆弾ジョニーらが出演決定
ドラマチックアラスカ、新曲「TEPPEN」MVでK.O.狙いのガチバトル!?

【関連アーティスト】
爆弾ジョニー, ドラマチックアラスカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Hilcrhyme、映画『春夏秋冬物語』トーク&試写会TOURを全国5カ所で開催
Mon, 13 Feb 2017 07:00:00 +0900
Hilcrhyme (okmusic UP\'s)

2017年4月8日(土)より全国の劇場で公開される、Hilcrhymeの名曲「春夏秋冬」をモチーフにした映画『春夏秋冬物語』の先行試写会が3月中旬より全国5カ所で開催されることが決定した。

【その他の画像】Hilcrhyme

各会場ともラジオ局の番組企画などで無料招待され、映画本編の上映に加え、Hilcrhymeと司会のラジオDJによるトークショーも実施。会場にはHilcrhyme&主演の葉山奨之、山崎紘菜の4人の特大パネルが設置されており、その前で記念写真を撮影したり、イベント内でHilcrhymeを写真撮影できるスペシャルな企画も用意されているとのことだ。

■Hilcrhyme 10周年記念特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/hilcrhyme/10th/

■映画『春夏秋冬物語』Hilcrhymeトーク&試写会TOUR

★ラジオ局とのタイアップで、全会場無料ご招待

3月09日(木) 渋谷EUROLIVE
開場17:30/ 開演18:00
トーク&ミニライブ出演:Hilcrhyme
司会:未定
ご招待応募:
・Fm yokohama 各番組にてお知らせ(募集期間:2/14-2/26)
http://www.fmyokohama.co.jp/
・NACK 5「おに魂」「キラスタ」番組にてお知らせ(募集期間:2/13〜2/19)
http://www.nack5.co.jp
※東京会場のみミニライブを予定

3月10日(金) 福岡ROOMS
開場18:30/ 開演19:00
トーク出演:Hilcrhyme
司会:コウズマユウタ
ご招待応募:
cross fm 各番組にてお知らせ(募集期間:2/1〜2/26)
http://www.crossfm.co.jp/contents/w_main.php?oya_id=1&ko_id=4368#4368

3月13日(月) 名古屋ElectricLadyLand
開場18:30/ 開演19:00
トーク出演:Hilcrhyme
司会:橋本みのり
ご招待応募:
ZIP-FM「Peachy.」番組にてお知らせ(募集期間:2/13〜3/5)
http://zip-fm.co.jp/access/entry/EntryInfo.asp?QNo=14043

3月14日(火) OSAKA MUSE
開場18:30/ 開演19:00
トーク出演:Hilcrhyme
司会:遠藤淳
ご招待応募:
FM OSAKA 各ワイド番組・CMにてお知らせ(募集期間:2/20〜3/5)

3月16日(木) 新潟LOTS
開場18:30/ 開演19:00
トーク出演:Hilcrhyme
司会:上村知世
ご招待応募:
「FES.19」他各番組(募集期間:2/20〜)
https://www.fmniigata.com/user/event/doc_id/41216/prog_id/1/stp/true/

【関連リンク】
Hilcrhyme オフィシャルHP
Hilcrhyme、「春夏秋冬」をモチーフにした映画が4月より公開! 初のオールタイムベストも発売!
Hilcrhyme、ユーザー参加の“寄り添う"動画公開&TOCがレーベル第2弾アーティストを発表
Hilcrhyme、10周年記念ツアー東京公演で新曲を含む全37曲を熱唱!

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ, 映画

Suchmos、全国ツアー追加公演は新木場 STUDIO COASTでの“EXTRA SHOW”
Mon, 13 Feb 2017 07:00:00 +0900
Suchmos (okmusic UP\'s)

Suchmosが1月25日(水)にリリースした2ndアルバム『THE KIDS』を携えて行なう全国ツアー『TOUR THE KIDS』。全公演のチケットが即日ソールドアウトしたことを受けて追加公演が決定した。

【その他の画像】Suchmos

新たに追加となったのは、『"TOUR THE KIDS" EXTRA SHOW』として4月26日(水)と4月27日(木)に開催される新木場 STUDIO COASTでの2デイズ。同公演のチケット先行は2月13日(月)正午12:00〜2月20日(月)23:59までの期間、Suchmos オフィシャル HPにて予約を受付ける。

■【ライブ情報】

「Suchmos『"TOUR THE KIDS" EXTRA SHOW』」(追加公演)
4月26日(水) 東京 新木場 STUDIO COAST
4月27日(木) 東京 新木場 STUDIO COAST

■Suchmos『"TOUR THE KIDS" EXTRA SHOW』(追加公演)オフィシャル HP 先行予約受付
2017年2月13日(月)正午12:00〜2月20日(月)23:59

「Suchmos『TOUR THE KIDS』」
3月02日(木) 神奈川 横浜club Lizard YOKOHAMA
3月05日(日) 静岡 浜松Live House 窓枠
w:GRAPEVINE
3月08 日(水) 栃木 宇都宮HEAVEN\'S ROCK Utsunomiya VJ-2
w:Yogee New Waves
3月10日(金) 京都KYOTO MUSE
w:D.A.N.
3月11日(土) 岡山 YEBISU YA PRO
w:D.A.N.
3月15日(水) 群馬 高崎club FLEEZ
w:GRAPEVINE
3月17日(金) 新潟 LOTS
w:OKAMOTO\'S
3月18日(土) 石川 金沢Eight Hall
w:OKAMOTO\'S
3月26日(日) 北海道 札幌PENNY LANE24
4月01日(土) 宮城 仙台Rensa
4月07日(金) 広島 CLUB QUATTRO
4月09日(日) 福岡 BEAT STATION
4月13日(木) 大阪 なんば Hatch
4月15日(土) 大阪 なんば Hatch
4月16日(日) 愛知 名古屋DIAMOND HALL
4月18日(火) 愛知 名古屋DIAMOND HALL
4月22日(土) 東京 恵比寿The Garden Hall
4月23日(日) 東京 恵比寿The Garden Hall

【関連リンク】
Suchmos オフィシャルHP
Suchmos、2ndアルバム『THE KIDS』リード曲「A.G.I.T.」MV公開&全国ツアー発表
Suchmos、ワンマンツアーソールドを受けて追加公演開催
海辺でサザンとTUBEにもう1曲……ならコレ!

【関連アーティスト】
Suchmos
【ジャンル】
ジャパニーズロック

UVERworld、“男祭り”に前代未聞の23,000人が集結
Mon, 13 Feb 2017 00:00:00 +0900
2月10日&11日@さいたまスーパーアリーナ (okmusic UP\'s)

UVERworldが2月10日と11日にさいたまスーパーアリーナでライブにて開催! 完売となった本公演は2日併せて41000人を動員した。


【その他の画像】UVERworld

2010日は全国アリーナのツアーファイナル。約4年ぶりにさいたまスーパーアリーナでライブを行うことにTAKUYA∞(Vo)は「楽しみすぎて昨日さいたまスーパーアリーナに泊まってるからね!どれだけ楽しみにしてたか!腹の底から声で聞かせろ!」と思いをぶつけ全22曲を披露した。

翌日の2月11日は通算9回目となる"男祭り"! "男祭り"は2011年にキャパシティ約300人の地元・滋賀のライブハウスからスタートし、過去にはZepp Nambaなど売り切れ無かった公演もあったが、徐々に規模を拡大し、その後、2013年には日本武道館で約1万人、横浜アリーナで約1万2000人、2015年には神戸ワールド記念ホールで約8000人を動員し、いずれも完売となった。そして、この日アーティスト史上最大の前人未到、23,000人の男性ファンが集まり、抽選で選ばれた約200人の女性ファンが目撃者として参加した。

怒号とも取れる大歓声に迎えられてステージに登場したUVERworldは、映画<新宿スワン?>の挿入歌である『エミュー』を披露。「いいよ、いいよ。かかってこい!歴史的一夜が始まったぜ!」と集まった男性crewに呼びかけると、続けて『Don\'t Think.Feel』と『Collide』を披露し、TAKUYA∞(Vo)は何度も客席の中に飛び込んで熱唱。『Forever Young feat. UVERworld 』では"AK-69"がゲストとして登場し、男祭りを盛り上げた。

「UVERworldの男祭りは300人のキャパから始まって、遂にここまでたどり着きました。本当にありがとう!」とこれまでの活動を振り返り、感謝の言葉を語ったTAKUYA∞(Vo)。「今日ほど男として生まれたことを嬉しいと思ったことはない。俺たちはまだまだ色々なものを叶えられることがあるって信じてる。勘違いかもしれないけど、そう思いながら生きている日々は生きている感触しかないよ。23000人の男が集まるUVERworldがうらやましいだろ?お前らもそれぞれ違う輝き方見せてくれよ!俺たちにうらやましいって思わせてみろよな!」という言葉に続いて『7日目の決意』、ラストには予定にはなかった『MONDO PIECE』を披露。ファン同士が肩を組んで大合唱し、一体感あふれる光景が場内に広がった。

「新しい時代に足跡をつける。それがチームUVERworld!よろしくどうぞ!」と宣言しステージを降りたメンバー。アーティスト史上最大の動員数となった"男祭り"。歴史的一夜になったことは間違いないだろう。

なお、4月16日(日)にWOWOWにてUVERworldの特別番組<UVERworld 男祭りHISTORY>がオンエアされる。今回の男性限定ライブ<UVERworld KING\'S PARADE 2017>のライブ映像が放送される他、番組内では過去の男性限定ライブのダイジェストや、メンバーへのインタビュー映像なども届けられる。ライブに足を運ぶことができないファンは、オンエアを楽しみにしておこう。

■WOWOW 番組特設サイト
http://www.wowow.co.jp/music/uw/

■【セットリスト】

■2月10日
『UVERworld ARENA TOUR 2016-2017』
M-1 エミュー ( 映画「新宿スワン?」挿入歌)
M-2 I LOVE THE WORLD
M-3 WE ARE GO
M-4 GOLD
M-5 一滴の影響 (TV アニメ「青の祓魔師 京都不浄王篇」OP)
M-6 REVERSI
M-7 Collide
M-8 Fight For Liberty
M-9 魑魅魍魎マーチ
M-10 earthy world
M-11 energy
M-12 ALL ALONE
M-13 THE OVER
M-14 O choir
M-15 over the stoic
M-16 ナノ・セカンド
M-17 PRAYING RUN
M-18 零HERE 〜 SE 〜
M-19 IMPACT
M-20 LONE WOLF ( 未発表)
M-21 7日目の決意
M-22 終焉 ( 未発表)

■2月11日
『UVERworld KING\'S PARADE 2017(男祭り)』
M-1 エミュー ( 映画「新宿スワン?」挿入歌)
M-2 Don\'t Think.Feel
M-3 Collide
M-4 WE ARE GO
M-5 7th Trigger
M-6 Forever Young feat. UVERworld (AK-69 ゲスト)
M-7 KINJITO
M-8 Fight For Liberty
M-9 一滴の影響 (TV アニメ「青の祓魔師 京都不浄王篇」OP)
M-10 ALL ALONE
M-11 23ワード
M-12 NO.1
M-13 バーベル
M-14 over the stoic
M-15 スパルタ
M-16 CORE PRIDE
M-17 PRAYING RUN
M-18 ナノ・セカンド
M-19 零HERE 〜 SE 〜
M-20 IMPACT
M-21 LONE WOLF ( 未発表)
M-22 7日目の決意
M-23 MONDO PIECE

【関連リンク】
UVERworld オフィシャルHP
「イナズマロック フェス 2016 リターンズ」にT.M.R.、UVER、マンウィズが出演!
UVERworld、史上最大となる男性限定ライブ「男祭り」のチケットが完売
UVERworld、アニメ『青エク』OP曲「一滴の影響」ムービー公開で熱いメッセージ

【関連アーティスト】
UVERworld
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1