歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年02月07日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
ストック・エイトキン・ウォーターマンの極めつけディスコヒット5曲
Tue, 07 Feb 2017 18:00:00 +0900
ストック・エイトキン・ウォーターマンの極めつけディスコヒット5曲 (okmusic UP\'s)

80年代後半〜90年代初頭にかけてディスコでヒットを連発していたのがバナナラマ、カイリー・ミノーグ、リック・アストリーらのユーロビート勢だが、彼らをプロデュースしていたのがマイク・ストック、マット・エイトキン、ピート・ウォーターマン(SAW)らによるユーロビート制作チームだ。今回はSAWが生んだディスコヒットを紹介する。

【その他の画像】Rick Astley

■ユーロビートの仕掛け人、SAWが生んだディスコヒット

70年代のディスコサウンドは、ソウルやファンクが中心となって広がっていったが、80年代にはシンセを多用したロックやポップスが中心となり、その後はほぼシンセのみによる無機質なユーロビートへと人気が移り変わっていく。80年代中頃から後半にかけてのディスコは、どの時代よりもポップス志向が強かったが、それはディスコの世界的な流行によって、若い世代も通うようになったからである。若い世代だけにそれまでよりもテンポの速い曲が好まれるようになり、SAWはそのあたりの配慮も上手かった

1984年にリリースされたデッド・オア・アライブの「You Spin Me Round(Like A Record)」がディスコで大ヒット、この曲はユーロビートの仕掛け人として知られるSAWのプロデュースによるもので、彼らのプロデュース手腕に注目が集まり、バナナラマ、リック・アストリー、カイリー・ミノーグらがこぞって彼らをプロデュースに迎えることになる。ディスコでのSAWの全盛期がやってくるのである。彼らの創り上げたデジタルサウンドは、メリハリの効いたリズムを中心に据えて“踊る”ことに主眼を置きつつメロディーも重要視するというスタイルであった。90年代後半のモー娘。や小室ファミリーの音はSAWにかなりインスパイアされていると思うが、要するにあの感じがSAWの得意とする音作りであった。80年代中期には若い世代がディスコに通うようになったため、ソウルやファンクといった暑苦しいサウンドよりも、軽くてスナック感覚を持つポップなサウンドのほうが好まれたからである。しかし、その軽さは飽きがくるのも早く、90年代中頃までにはユーロビートは廃れていく。

それでは、SAWプロデュースによる極めつけのディスコヒットを5曲セレクトしてみよう。

■1.「ヴィーナス(原題:Venus)」(‘86)/バナナラマ

バナナラマはイギリス出身の女性3人組。SAWの方法論には古い曲のカバーが多いことでも知られているが、これがその代表的なナンバーだ。オリジナルはオランダのグループ「ショッキング・ブルー」の69年の世界的大ヒット。僕が小学校の頃、この曲はラジオや商店街など、いたるところでかかっていただけに愛着を感じているが、かなりテンポは速くなっているものの、意外にオリジナルに忠実な仕上がりで、素材を活かしたアレンジが好ましい。当時、MTVで毎日のようにミュージックビデオがオンエアされていて、彼女たちの振り付けがシンプルだけに新鮮だった記憶がある。PUFFYの自然体の雰囲気ってバナナラマが手本じゃないのかな。この時期、バナナラマは他にも「アイ・ハード・ア・ルーマー(噂)(原題:I Heard A Rumour)」とか「第1級恋愛罪(原題:Love In The First Degree)」(共に87年)など、ディスコで大ヒットを飛ばしまくっていた。昨年、27年ぶりに来日公演が行なわれたみたいで、50オーバーだとは思うけど、未だに健在(3人組ではなく現在は2人組)なのは嬉しい。バナナラマはディスコヒットが多いので、単独で取り上げるべきかもしれないと今思案中。

■2.「トイ・ボーイ(原題:Toy Boy)」(‘87)/シニータ

彼女はアメリカ出身の黒人歌手ではあるが、幼少期からイギリスで育っている。デビューのきっかけは、後にテレビ番組『アメリカン・アイドル』の審査員でお馴染みとなるサイモン・コーウェルに歌唱力が認められたからであった。86年にリリースした「ソー・マッチョ(原題:So Macho)」が全英チャート2位となる。この時はユーロビートの前身であるハイ・エナジー(1)の歌手として知られたが、その後SAWの面々にプロデュースを任せることになり「トイ・ボーイ」が4位まで上昇するなど、ディスコで大ヒットした。この曲は88年に日本でも大ヒットし、オリコンの洋楽チャートで12週連続1位となり、洋楽年間チャートでも1位となっている。ただ彼女はヒットがヨーロッパに限られていただけ(日本でのヒットはあったが)に、アメリカであまり知られていないことで、今では忘れられた存在となっているのが残念である。ヒットを飛ばしていた80年代後半には、あのブラッド・ピット(無名時代)と交際していたことでも知られる。

■3.「ギブ・ユー・アップ(原題:Never Gonna Give You Up)(‘87)/リック・アストリー

彼のデビューシングル。この曲はアメリカやイギリスだけでなく、世界中でチャート1位を獲得し、一躍有名人になった。日本でもデビュー当時のアイドル的な人気は相当なもので、ディスコファンだけでなく、童顔で可愛らしい顔をしていたからコマーシャルにも登場するほどであった。ソロデビューする前は、ブリティッシュ・ファンクのグループ(グループ名はFBI。アベレージ・ホワイト・バンドと比べられるほどの本格的なグループ。僕は1枚しか持っていないが、それには残念ながら未参加)でドラムをやっており、若いが新人ではなかった。SAWが目を付ける歌手はみんな歌が上手いが、彼はその中でも数少ないソウルフルな歌い方ができるシンガーだ。彼の強みはユーロビートが消滅しても歌で勝負できたところにある。昨年には8枚目のアルバムとなる『50』をリリース、デビューアルバム以来の全英1位を獲得している。そのデビューアルバム『ウェンネバー・ユー・ニード・サムバディ』は全10曲収録されていて、アストリー自身のペンになる曲が4曲(うち1曲は合作)収められているが、ヒットした曲は全てSAWの3人が作詞作曲しているのだから、彼らの才能が並外れていたことがよく分かる。

■4.「ラッキー・ラブ(原題:I Should Be So Lucky)」(‘88)/カイリー・ミノーグ

オーストラリア出身。アイドル的な魅力で、デビュー当時は男性にも女性にも人気があった。日本で特に有名なのはWinkがカバーした「愛が止まらない〜Turn It Into Love〜」であろうが(これは日本だけのシングルカット。外国で流行ったのはヘイゼルディーンのバージョン)、やっぱりディスコで一番人気だったのは「ラッキー・ラブ」だと思う。切なげなAメロと楽しさに満ちたサビのメロディーが対照的で、その仕掛けが大いに受けた。ユーロビートの場合、リズムトラックはどの曲もたいがい似通っているので、メロディーの良さとシンガーのキャラクターが大切な要素になってくるが、SAWのダンサブルなアレンジが秀逸で日本のディスコでも大人気であった。本作は全英チャートで1位を獲得し、日本ではオリコンの洋楽チャートで12週間トップを独走するという輝かしい記録となった。彼女のすごいところはディスコだけで勝負していなかったところで、ニック・ケイブやコールドプレイ、日本ではm-floのVERBALなどとコラボするなど、あの小さい体でデビューから現在に至るまで活躍を続けているところ。今でもファンは多い。

■5.「ユール・ネバー・ストップ・ミー・ラビング・ユー(原題:You’ll Never Stop Me Loving You)(’89)/ソニア

英リバプール出身の歌手ソニアのデビューシングル。彼女の歌声に惚れたピート・ウォーターマンが尽力しただけあって、発売されると3週間後にはイギリスのチャートで1位となり、アメリカでもビルボードのダンスチャートで10位を獲得。これが彼女の唯一のナンバーワンヒットなのだが、彼女のチャーミングな歌声はSAW軍団の中でもトップにランクされるものだろう。日本のディスコでももちろん大いに流行り、日本の歌謡界でもアップテンポのものからスローなものまで、この曲をモチーフにしたアイドルものが大量生産されていたように記憶している。この曲を聴くとバブル全盛期の頃を思い出す人も少なくないと思う。ただ、彼女は一発屋ではなく、しっかりとした歌唱力と表現力を持っていただけに、この曲が収録されたデビューアルバム『エブリバディ・ノウズ』(‘90)から本作以外に「Can’t Forget You」「Listen To Your Heart」「Counting Every Minute」「End Of The World」の4曲をチャートの20位以内に送り込み、1枚のアルバムから5曲の大ヒットを生むという快挙を成し遂げている。これはイギリスの女性シンガーでは初めてのことであった。その後、SAWチームと対立し、彼らのもとを離れていくことになる。

【関連アーティスト】
Rick Astley, Bananarama, Kylie Minogue, Sinitta, SONIA
【ジャンル】


Shout it Out、モデルの花梨を起用したアルバム『青年の主張』ジャケ写を発表
Tue, 07 Feb 2017 22:00:00 +0900
アルバム『青年の主張』 (okmusic UP\'s)

Shout it Outが3月8日にリリースする1stフルアルバム『青年の主張』のジャケットデザインと収録内容、さらに新アーティスト写真とCD購入者特典のデザインが発表された。

【その他の画像】SUPER BEAVER

アルバムには、柳沢亮太(SUPER BEAVER)プロデュースのリードトラック「青年の主張」をはじめ、メジャーデビューシングル「青春のすべて」、アニメ『DAYS』のEDテーマに起用された「DAYS」、さらには生産終了となったインディーズ時代のCDから「17歳」「トワイライト」「雨哀」「影と光」を再録するなど、新曲を含む全12曲が収録される。

アルバムタイトルをモチーフに制作されたジャケットデザインには、モデルとして活躍する花梨が出演。アートディレクションはEP『これからと夢』に続き、KANA-BOON、ねごと、Aimerなどの作品を手掛けてきた松田剛が担当。初回生産分限定でスリーブケース仕様となっている。

また、CD予約・先着購入特典は、ジャケットデザインでもフィーチャーされているエンブレム・ロゴをデザインに用いたラバーバンドで、タワーレコード ver.、TSUTAYA ver.、Shout it Out応援店ver.の全3種が用意されている。詳細はオフィシャルHPにて。

■アルバム『青年の主張』

2017年3月8日発売
PCCA-04474/¥2,800(税込)
※プレイパス封入付き
※初回生産分限定 スリーブケース仕様
<収録内容>
01. 大人になれない
02. 17歳
03. 雨哀
04. 道を行け
05. DAYS
06. 夜間飛行
07. トワイライト
08. 青春のすべて
09. 影と光
10. 青年の主張
11. エンドロール
12. 灯火

■【CD予約 / 先着購入特典】

『青年の主張』ラバーバンド(全3種)
・タワーレコード ver.
・TSUTAYA ver.
・Shout it Out 応援店 ver.
※タワーレコード、TSUTAYAのオンライン含む全店(一部店舗除く)と、その他の応援店が対象となります。
※特典は数に限りがあるため、お早めにご予約いただくことをお勧めいたします。
※応援店ver.は発売前にタワーレコード・TSUTAYA以外の店舗で予約をしていただくことで、原則どの店舗でご購入いただいてもプレゼントの対象となりますが、発売日直前のタイミングの予約になると対象外となる可能性があり、一部お取り扱いのない店舗/オンラインサイトもございます。お買い求めいただく店舗へ事前に直接ご確認のうえ、ご予約ください。

【関連リンク】
Shout it Out オフィシャルHP
LACCO TOWER主催『I ROCKS 2017』の出演アーティスト日割りがついに解禁
Shout it Out、「青年の主張」を語る座談会開催! 新成人リスナーを大募集!
Shout it Out、新曲「青年の主張」初OA決定&全国ツアーにHOWL BE QUIETらが参加!

【関連アーティスト】
SUPER BEAVER, Shout it Out
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Salley、アルバムリリース記念ワンマンを東京・大阪で開催!
Tue, 07 Feb 2017 21:00:00 +0900
Salley (okmusic UP\'s)

2月8日に3rdアルバム『Clear』を発売するSalleyが、渋谷 WWWと梅田 Shangri-Laの2か所で発売記念ワンマンライヴを開催することがわかった。

【その他の画像】Salley

ここ1年、ワンマンは東京近郊での開催が多かったため、ファンからは関西圏でもワンマンライヴをしてほしいとのリクエストが多数寄せられていた。

自主企画ライヴを積み重ね、着実にステージの評価が高まっているSalley。昨年12月に行なわれたアコースティックワンマンは、チケットが早々にソールドアウト。今度のワンマンではどのようなステージを見せてくれるのか、期待が高まる。

チケット情報などは追ってオフィシャルHPにてアナウンスされるので、お見逃しなく。

■『Salley Live Tour 2017 「Clear」』

6月16日(金) 大阪 梅田 Shangri-La
6月18日(日) 東京 渋谷 WWW

■アルバム『Clear』

2017年2月8日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1089 /¥3,500+税
【通常盤】(CD)
VICL-64692/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01. kodama
02. Wonderland
03. Winding Road
04. 小さな嘘
05. 真昼の月
06. SPECTRUM
07. カノジョとカレシ
08. 言い訳ガール
09. スカイライン
10. Home
11. Clear
■初回限定盤DVD
kodama(Music Video)
流星ラヴァー(Music Video)
キスしてbaby(Music Video)
冬が来る(Music Video)
キスしてbaby(Live at Shibuya www on July 10, 2016)
きみのヒーロー(Live at Shibuya www on July 10, 2016)
OFF SHOT

【関連リンク】
Salley オフィシャルHP
Salleyが3rdアルバムの全曲試聴トレーラー解禁! ここでしか見られない映像も!!
Salley、ソールドアウトのクリスマスワンマンライブが大盛況
Salley、ツイキャスで3rdフルアルバム『Clear』のリリースを発表!

【関連アーティスト】
Salley
【ジャンル】
J-POP

ぼくのりりっくのぼうよみ、川村元気×関和亮コラボ作品「在り処」“タテ型”MV公開
Tue, 07 Feb 2017 20:00:00 +0900
ぼくのりりっくのぼうよみ (okmusic UP\'s)

ぼくのりりっくのぼうよみが2ndアルバム『Noah\'s Ark』の収録曲「在り処」の“タテ型”MVを公開した。

【その他の画像】ぼくのりりっくのぼうよみ

今回の作品は『LINE LIVE』にて始動した、スマートフォンで体験する映像クリエイティブの追求をする企画『Portrait Film Project』とコラボレーションしたもので、クリエイティブ・ディレクターの川村元気と、映像ディレクターの関和亮監督によって手がけられている。

スマートフォンの特性を生かした“タテ型”視聴に特化した本作は、歌詞にある「なんで未だに死ねない」をテーマに“死ねない”男を主人公とした衝撃のMVに仕上がった。 作品とユーザーの距離が近づき、見る人に新鮮な驚きと映像表現の新しい可能性を感じさせる意欲作となっている。

本作はLINE株式会社が運営するライブ配信サービス『LINE LIVE』にて公開されている。

■「在り処 」 MV概要

アーティスト:ぼくのりりっくのぼうよみ
クリエイティブ・ディレクター 川村元気
制作:監督 関和亮
https://live.line.me/channels/21/upcoming/886985

■アルバム『Noah\'s Ark』

発売中
【完全生産限定盤】(CD+特殊パッケージ)
VICL-64689/¥2,800+税
※豪華特殊パッケージ : 漫画家 坂本眞一 描き下ろしイラスト掲載 7インチEPサイズジャケット仕様
※ぼくのりりっくのぼうよみLIVE TOUR チケット先行抽選予約シリアルナンバー封入
※ハイレゾお試しダウンロードクーポン封入:対象楽曲「Water boarding -Noah\'s Ark edition-」
(ダウンロード期間:2017年1月25日(水) 0:00〜2017年4月24日(月)23:59)
【通常盤】(CD)
VICL-64690/¥2,500+税
※ぼくのりりっくのぼうよみLIVE TOUR チケット先行抽選予約シリアルナンバー封入
※ハイレゾお試しダウンロードクーポン封入:対象楽曲「Water boarding -Noah\'s Ark edition-
(ダウンロード期間:2017年1月25日(水) 0:00〜2017年4月24日(月)23:59)
<収録曲>
01. Be Noble
※映画『3月のライオン』前編主題歌
02. shadow
03. 在り処
04. 予告編
05. Water boarding -Noah\'s Ark edition-
06. Newspeak
07. noiseful world
08. liar
09. Noah\'s Ark
10. after that

【関連リンク】
ぼくのりりっくのぼうよみ オフィシャルHP
ぼくのりりっくのぼうよみ、映画『3月のライオン』前編主題歌「Be Noble」をシングルとしてリリース
ぼくのりりっくのぼうよみ、タテ型MVを制作するプロジェクトの初回アーティストに決定
ぼくのりりっくのぼうよみ、映画『3月のライオン』前編主題歌のMVで“水攻め”に!?

【関連アーティスト】
ぼくのりりっくのぼうよみ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

lynch.のオフィシャルHPに謎のカウントダウンが出現!?
Tue, 07 Feb 2017 19:30:00 +0900
lynch. シルエット画像 (okmusic UP\'s)

lynch.のオフィシャルHP上で謎のカウントダウンが開始した。

【その他の画像】lynch.

詳細に関しては発表されておらず、現在ライブ活動自粛中のlynch.なだけに、このカウントダウンが何を示すのか気になるところだ。引き続き動向をチェックしよう。

■アルバム『AVANTGARDE』

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
KICS-93415/¥3,333+税
※スペシャルパッケージ仕様
【通常盤】(CD only)
KICS-3415/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1.AVANT GARDE
2.EVIDENCE
3.PLEDGE
4.F.A.K.E.
5.DAMNED
6.UNELMA
7.PHANTOM
8.KILLING CULT
9.PRAYER
10.NEEDLEZ
11.THE OUTRAGE SEXUALITY
12.FAREWELL
■初回限定盤DVD
「F.A.K.E.」Music Video収録

【関連リンク】
lynch. オフィシャルHP
lynch.、超満員のツアーセミファイナルが大盛況
「JACK IN THE BOX mini」に出演する“YUKKE BIRTHDAY UNIT”のメンバー発表
lynch.、最大級の愛で駆け抜けた東名阪フリーライヴ!

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

デヴィッド・ボウイ、『No Plan - EP』をCDフォーマットで日本リリース
Tue, 07 Feb 2017 19:00:00 +0900
EP『No Plan - EP』 (okmusic UP\'s)

デヴィッド・ボウイの4曲入りEPとしてデジタル配信され、UKをはじめ11カ国のiTunesチャートで1位を獲得した『No Plan - EP』が、CDフォーマットで3月22日に日本リリースされることがわかった。

【その他の画像】David Bowie

収録内容はアルバム『★』より「Lazarus」、生前最後にスタジオレコーディングされた楽曲「No Plan」、「Killing a Little Time」、「When I Met You」の3曲を含む、計4曲入り。日本盤のみ通常のCDプレーヤーで再生可能な高品質フォーマット【Blu-spec CD2】仕様、歌詞・対訳・解説付での発売となる。

海外では4月21日に同EPの12インチ・アナログ・レコード『No Plan ?EP』Vinylも発売。また5月26日には、海外のデヴィッド・ボウイ オフィシャルサイトよりオーダーが可能な、ダイカット(型抜き)されたアートワークに白の180g重量盤レコードと12x12インチのリトグラフを収容、ナンバリングされたリミテッド・エディション盤(『No Plan ? EP』Limited Edition Die-Cut Vinyl)も発売となる。両アナログ盤ともサイドBの盤面にレーザーでエッチングが施されており、アートワーク・デザインはジョナサン・バーンブルックが手がけている。

先月公開され、現在までに200万回以上再生されたMV「No Plan」は、オール・タイム・グレイテスト・ヒッツ『ナッシング・ハズ・チェンジド』に収録されていた「スー(オア・イン・ア・シーズン・オブ・クライム)」のMVを手がけたトム・ヒングストンによるもの。また、この楽曲はRolling Stoneのサイトでも発表されている『Best 50 Songs of 2016』でも4位にランクインし、「ボウイの偉業を称えた最終章…ボウイというユニヴァースから発信した最後のメッセージとなる一曲だ」と評されている。

昨年発売されたアルバム『★』は、アメリカ、イギリスをはじめとした20カ国以上の国で1位を獲得。2016年のNewsweek、MOJO、Q Magazineなどの各メディアで年間アルバムの1位を獲得。2月12日(現地時間)ロサンゼルスのステイプルズ・センターにて開催される第59回グラミー賞授賞式では、アルバムより“Best Rock Performance”、“Best Rock Song”、“Best Alternative Music Album”など計5部門にノミネートされている。

また、2月22日(現地時間)にO2アリーナにて開催される、英国のグラミー賞とも呼ばれるブリット・アワードでも“Mastercard British Album Of The year”、“British Male Solo Artist”の2部門にノミネートされている。

日本でも、デヴィッド・ボウイの世界観やキャリアを総括した大回顧展『DAVID BOWIE is』が天王洲の寺田倉庫G1ビルにて4月9日まで開催中。こちらも合わせてチェックしてみてほしい。

■EP『No Plan - EP』

2017年3月22日発売(予定)
¥1,667+税
※Blu-spec CD2
※歌詞・対訳・解説付
<収録曲>
1.Lazarus
2.No Plan
3.Killing a Little Time
4.When I Met You

■「No Plan」MV
https://youtu.be/xIgdid8dsC8

■大回顧展『DAVID BOWIS is』

2017年1月8日(日)〜4月9日(日) 東京 寺田倉庫G1ビル
主催:DAVID BOWIE is 日本展実行委員会
企画:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館

【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ オフィシャルHP
デヴィッド・ボウイと時代を共にしたクリエーター達によるプレミアム・トークショーの開催が決定
デヴィッド・ボウイ、「ノー・プラン」MVサプライズ公開後24時間で50万回再生
大回顧展『DAVID BOWIE is』の開幕に先駆け、二階堂ふみがトークセッションを実施

【関連アーティスト】
David Bowie
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

MY FIRST STORY、2作同時リリースの全貌が明らかに&トレーラー映像公開
Tue, 07 Feb 2017 18:30:00 +0900
DVD&Blu-ray『We\'re Just Waiting 4 You Tour 2016 Final at BUDOKAN』 (okmusic UP\'s)

4月12日に映像作品『We\'re Just Waiting 4 You Tour 2016 Final at BUDOKAN』『虚言NOBROSE SPECIAL』を2枚同時リリースするMY FIRST STORYが、同作のトレーラー映像とアートワーク、収録内容を公開した。

【その他の画像】MY FIRST STORY

『We\'re Just Waiting 4 You Tour 2016 Final at BUDOKAN』は、全公演ソールドアウトとなった47都道府県ツアー『We\'re Just Waiting 4 You Tour 2016』の最終公演として、2016年11月18日に日本武道館で開催された同タイトルのワンマンライヴの模様を収めたもの。アンコールまでフルパッケージで収録しているほか、当日のオフショットもパッケージされた豪華内容となっている。

『虚言NOBROSE SPECIAL』は、これまで特典映像などで映像化されてきた『虚言NOBROSE』の枠を飛び越えた新たなストーリー。過去に2度にわたりNob(Ba)がドッキリを仕掛けられているが、今回のスペシャルでは海外で仕掛けられた史上最大スケールのドッキリの数々が収録されている。

また、MY FIRST STORYの初となるドキュメンタリー映画『MY FIRST STORY DOCUMENTARY FILM -全心-』が2月17日より2週間限定で劇場公開される。こちらもお見逃しなく。

■「MY FIRST STORY DOCUMENTARY FILM -全心-」特設サイト
http://mfs-movie.com

■『We\'re Just Waiting 4 You Tour 2016 Final at BUDOKAN』トレーラー映像
https://youtu.be/p1QCpo3pa_M

■『虚言NOBROSE SPECIAL』トレーラー映像
https://youtu.be/SAw3IJu1HI8

■DVD&Blu-ray『We\'re Just Waiting 4 You Tour 2016 Final at BUDOKAN』

2017年4月12日発売
【DVD】
INRC-0018/¥5,940(税込)
【Blu-ray】
INRC-0019/¥7,020(税込)
<収録内容>
01. Nothing In The Story
02. ALONE
03. 最終回STORY
04. Last Call
05. 悪戯フィクション
06. Black Rail
07. Smash Out!!
08. Missing You
09. One Light
10. 君の唄
11. 「花」-0714-
12. Love Letter
13. monologue
14. 虚言NEUROSE
15. The Story Is My Life
16. "BOOM"
17. 失踪FLAME
18. The Puzzle
19. モノクロエフェクター
20. Someday
21. Tomorrowland
22. Second Limit
23. 不可逆リプレイス
<encore>
24. ALONE
25. We\'re Just Waiting 4 You
26. Home

■DVD『虚言NOBROSE SPECIAL』

2017年4月12日発売
INRC-0020/¥4,000(税込)
<内容>
虚言NOBROSE SPECIALに加え、大好評だった、「虚言NEUROSE」のseason.1とseason.2の映像も未公開映像も含んで収録された「虚言NEUROSE」をコンプリート!

【関連リンク】
MY FIRST STORY オフィシャルHP
MY FIRST STORY、4月に映像作品を2枚同時リリース!
「LET IT FES」でマイファスら5組のロックバンドが競演!
ロックイベント「LET IT FES」のタイムテーブルが明らかに!

【関連アーティスト】
MY FIRST STORY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Acid Black Cherryのシングル曲をライヴ映像で振り返る! 総収録7時間の映像作品をリリース
Tue, 07 Feb 2017 17:30:00 +0900
Acid Black Cherry (okmusic UP\'s)

7月18日よりソロデビュー10周年に突入するAcid Black Cherryが、3月22日にライヴ映像作品『10th Anniversary Live History -BEST-』をリリースすることが決定。初収録の映像満載で、総収録時間7時間に及ぶ作品となった。

【その他の画像】Acid Black Cherry

『Live History -BEST-』は、Acid Black Cherryが現在まで発売した全19枚のシングルと、ABCデビュー前に制作された"いつも支えてくれるファンがいるからできた"とyasuが公言している特別な曲で、0thシングルとしても配信されている「君がいるから」を含めた全20曲を、今まで行なってきたさまざまなライヴで時間軸とともに振り返るプログラム。

「君がいるから」は2007年に大阪で行なわれたフリーライヴの際に初披露したという貴重な映像を初収録。また、yasuが各シングルを掘り下げながら語る、10年の裏話満載のトークもコンパイルしている。

特典映像には、アルバム『2012』に一部収録されていたX\'masライヴ『Acid Black Christmas』の模様を完全収録。2011年12月25日に大阪城ホールで開催したライヴの全楽曲とMCはもちろん、この日だけのサプライズとして披露されたアカペラでの「きよしこの夜」も初収録し、クリスマスライヴの興奮が完全パッケージされている。

さらなる特典映像として、『a-nation LIVE 2011-2016』の収録も明らかに。こちらはAcid Black Cherryがa-nationで披露した全楽曲と全MCをまとめた完全版の映像となっており、初出演の2011年から2016年までに出演した5年分、TEAM ABCとABCが共に作り上げてきた『a-nation』の歴史を一挙に感じることができるプログラム。2011年にyasuが感じた"アウェー感"から、2016年に感じた"ちょっとしたホーム感"まで、毎年会場がざわめく伝説のライブ映像を楽しむことができる。詳細は後日発表予定なので、続報を楽しみに待とう。

■ライヴ映像作品『10th Anniversary Live History -BEST-』

2017年3月22日発売
※詳細は後日発表

【関連リンク】
Acid Black Cherry オフィシャルHP
Acid Black Cherry、カヴァーアルバムより「GLAMOROUS SKY」のスタジオライブ映像を公開
Acid Black Cherryが魅せる、普遍的カヴァーアルバム第四弾
Acid Black Cherry、カバーアルバム『Recreation 4』特報映像を公開

【関連アーティスト】
Acid Black Cherry
【ジャンル】
ジャパニーズロック

密会と耳鳴り、ミニアルバム『勝ち戦』の全貌が明らかに
Tue, 07 Feb 2017 17:00:00 +0900
密会と耳鳴り (okmusic UP\'s)

密会と耳鳴りが5月17日発売の2ndミニアルバム『勝ち戦』のジャケット写真と収録曲を発表した。

【その他の画像】密会と耳鳴り

“勝つ”をテーマに、バラエティに富んだ楽曲で攻めにかかっている今作。今年1月から5月までにかけて、彼女達がリリースに伴い行なっている修行企画を自ら応援するために書き下ろしたリード曲「白兵戦」は、5年間バンド活動を自主で行なってきたからこその強い思いが込められた「事務所入りたい」、大人の色気と自暴自棄になった女性の姿が描き、今までになかったシャッフルリズムにも挑戦している「テキーラ」等、全6曲が収録されている。

【修行日程】
・1月修行
滝修行・座禅 →『終了』
・2月修行
カラオケ〜95点以上出すまで帰れまテン〜
・3月修行
自転車リレー 〜名古屋から大阪〜
・4月修行
ダンス特訓:勝ち戦の中から一曲抜粋し創作ダンスを踊る予定)
・5月修行
ティッシュ配り〜3万個配るまで帰れまテン〜

■アルバム『勝ち戦』

2017年5月17日発売
¥1,500(税抜)
<収録曲>
1.白兵戦
2.略奪戦争
3.爆乳で窒息
4.テキーラ
5.事務所入りたい
6.レイジーガール

【関連リンク】
密会と耳鳴り オフィシャルHP
HOOK UP RECORDS開店10周年イベントが東京にて初開催!
数々のバンドを支えた大阪の老舗CD店「HOOK UP RECORDS」が10周年イベントを開催
密会と耳鳴り、バンド史上初の超高画質MV「最低!気分屋!◯◯撲滅!」公開

【関連アーティスト】
密会と耳鳴り
【ジャンル】
ジャパニーズロック

THE BAWDIES、ツアー5公演が映像×ロックのスペシャルライヴに!
Tue, 07 Feb 2017 16:00:00 +0900
THE BAWDIES (okmusic UP\'s)

ニューアルバム『NEW』のリリースを2月8日に控えるTHE BAWDIESが、2月19日よりスタートする全国ツアーのうち5公演にて、“映像とロックンロールがコラボレートするスペシャルライヴ”を実施することがわかった。

【その他の画像】THE BAWDIES

同公演は『NEW BEAT TOUR 2017 〜See The Rock !! Feel The Roll !!〜』と題し、札幌、東京、大阪、愛知、福岡にて開催。これまで多くのMVでタッグを組み、短編映画『NEW』も手掛けた映画監督の草野翔吾が映像を担当。THE BAWDIESの演奏に、このライヴのために制作されたスペシャルな映像が融合し、音と映像の大きな渦がオーディエンスを包み込む。今回の発表とあわせて、予告映像も公開されたので、ぜひチェックしてほしい。

また、『NEW BEAT TOUR 2017』の5月6月公演のオフィシャル先行受付もスタートしたので、こちらもお見逃しなく!

■アルバム『NEW』特設サイト
http://thebawdies.com/NEW.html
■THE BAWDIES オフィシャルHP
http://thebawdies.com/

■『NEW BEAT TOUR 2017 〜See The Rock !! Feel The Roll !!〜』予告映像
https://youtu.be/hL8sdP_WHPo

■アルバム『NEW』

2017年2月8日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1096/¥3,400+税
【通常盤】(CD)
VICL-64705/¥2,800+税
【12インチ・アナログ盤(生産限定)】
VIJL 60180/¥3,000+税
<収録曲>
■CD&アナログ盤
01. THE EDGE
02. HELLO
03. 45s
04. DANCING SHOES[“NEW" Version]
05. RAINY DAY 
06. SUNSHINE*
07. POPULAR GIRL
08. MAKE IT SNOW[“NEW" Version]
09. MY EVERYTHING 
10. SHAKE, SHOUT & SOUL
11. HOT NIGHT, MOON LIGHT*
12. NEW LIGHTS**
■DVD ※初回限定盤のみ
・THE BAWDIES主演 短編映画『NEW』(29分)
・THE MAKING OF SHORT FILM “NEW” (39分)

■【ライブ情報】

『NEW BEAT TOUR 2017 〜See The Rock !! Feel The Roll !!〜』
5月13日(土) 北海道 札幌 Zepp Sapporo
5月21日(日) 東京 NHKホール
5月28日(日) 大阪 オリックス劇場
5月29日(月) 愛知 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
6月11日(日) 福岡 福岡市民会館

『NEW BEAT TOUR 2017』
2月19日(日) 新木場 STUDIO COAST
2月25日(土) なんば Hatch
2月26日(日) 名古屋 DIAMOND HALL
3月02日(木) 高知 X-pt
3月04日(土) 高松 MONSTER
3月05日(日) 松山 WstudioRED
3月09日(木) 浜松 窓枠
3月11日(土) 和歌山 SHELTER
3月12日(日) 京都 磔磔
3月17日(金) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
3月18日(土) 青森 QUARTER
3月20日(祝月) 仙台 Rensa
3月25日(土) 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK VJ-2
3月26日(日) 郡山 Hip Shot Japan
3月30日(木) 岡山 YEBISU YA PRO
4月01日(土) 広島 CLUB QUATTRO
4月02日(日) 周南 RISING HALL
4月15日(土) 滋賀 U-STONE
4月16日(日) 神戸 Chicken George
4月20日(木) 松本 Sound Hall a.C
4月22日(土) 新潟 LOTS
4月23日(日) 富山 MAIRO
4月27日(木) 熊谷 HEAVEN\'S ROCK VJ-1
4月28日(金) 高崎 club FLEEZ
4月30日(日) 水戸 LIGHT HOUSE
6月08日(木) 長崎 DRUM Be-7
6月10日(土) 大分 DRUM Be-0
6月16日(金) 沖縄 桜坂セントラル

【関連リンク】
THE BAWDIES、初の「アルバム発売記念サイン会」開催地に大阪と名古屋を追加!
THE BAWDIES、最新アルバム全曲試聴ダイジェストを公開! プレイしているのは誰?
THE BAWDIES、メンバーが本格的な演技に挑んだ短編映画の予告映像を解禁
THE BAWDIES、新曲「NEW LIGHTS」MVで昼休みの風景を映像化!?

【関連アーティスト】
THE BAWDIES
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ニッキー・ロメロ、ageHaにてSPショーケースを開催!
Tue, 07 Feb 2017 15:30:00 +0900
『ageHa Presents NICKY ROMERO Special Showcase』フライヤー (okmusic UP\'s)

2月17日(金)新木場・ageHaにて、ビッグアーティストを招いた単独ショーケースが開催される。

【その他の画像】Nicky Romero

世界中のフェスやクラブを賑わせ続けるスーパースターAFROJACKに続き、今回ageHaが招聘したのは、音楽大国オランダが生んだDJ/プロデューサーのニッキー・ロメロ。自身が所属するレーベル「Protocol Recordings」のオーナーも務め、2014年度の世界DJランキング8位(DJ MAG“TOP 100 DJs”)にランクインした経歴を持つ、誰もが認めるトッププロデューサーである。

世界のポップアイコンであるリアーナやブリトニー・スピアーズを始め、日本でもSEKAI NO OWARIの「ドラゴンナイト」のサウンドプロデュース、EXILEの代表曲「EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜」のリミックスなどを手掛けてきたニッキー。2015年開催の『ULTRA JAPAN』で初来日を果たし、2016年には単独公演を敢行。そして2017年は、昨年より規模も演出も拡大してageHaオンリーのショーを披露するという。

しかも今回は19時のOPEN/START、22時半にCLOSE予定という、クラブイベントには珍しく未成年も来場できる時間帯での開催が決定! さらに現在オフィシャルサイトでは、特別な夜を彩るスペシャルなVIPプランも3プラン用意されている。ぜひチェックしてみてほしい。

■『ageHa Presents NICKY ROMERO Special Showcase』

2月17日(金) 新木場・ageHa
OPEN/START 19:00/CLOSE 22:30(予定)
【ARENA】
NICKY ROMERO Special Showcase
GENRE:EDM/HOUSE
■SPECIAL GUEST
NICKY ROMERO
■SUPPORT ACT
JapaRoLL
SONE
CYBERJAPAN DANCERS
【ISLAND】
"numbersixxx"
GENRE:HOUSE/BASS
■LINE UP
YASK
NASTY
Atsushi
YUYA

《注意事項》
・未成年の方もご入場になれます。ご入場の際にIDチェックをさせていただきますので必ず写真付き身分証明証をお持ち下さい。
We require a valid photo ID that states your birth day at the door.?Copies are not acceptable. We reserve the right to refuse admission to anyone.
・未成年限定チケットを購入の方。
※未就学児入場不可。成人の場合は当日券からの差額徴収とさせていただきます。
Preschool children are not allowed to enter. If you are entering with minor fee, and you are an adult, you need to pay the balance at the door.
※NO preschool children are allowed to enter. Require your photo ID with your birthday. If you are an adult and purchase Minor ticket, need to pay the balance at the door.
・クラブスタイルの営業になりますがオールナイト公演ではありません。
・整理番号順の入場となります。
・出演者のキャンセル・変更に対してのチケットの払い戻しは一切行いませんので予めご了承下さい。
・チケットの再発行はいかなる場合でも一切致しません。取り扱いには十分ご注意下さい。
・会場内外において、他のお客様の迷惑になるような行為を行う、係員の指示に従わない等の方は強制的に退場していただくか入場をお断りする場合があります。また、その場合でのチケット料金・入場料金の払い戻しは一切行いませんので予めご了承ください。
・本イベントではモッシュ、ダイブ等の危険行為は一切禁止とさせていただきます。危険行為を行ったお客様には退場等の厳重な措置をとらせていただきます。また、その場合でのチケット料金・入場料金の払い戻しは一切行いませんので予めご了承ください。
・会場内外での事故・盗難等は主催者・出演アーティスト・会場側では一切責任を負いません。

【関連リンク】
新木場・ageHa オフィシャルHP
EXILE、ニューアルバム豪華盤特典『EXILE REMIX』にニッキー・ロメロら世界のトップDJが参加
スキマスイッチ、女子限定バレンタインイベントで川口春奈にサプライズ
minus(-)、シネマシティ立川の“極上音響上映”が大盛況

【関連アーティスト】
Nicky Romero
【ジャンル】
ダンス/ハウス/テクノ, イベント

POLYSICS、衝撃の展開満載の「Tune Up!」MV公開
Tue, 07 Feb 2017 15:00:00 +0900
POLYSICS (okmusic UP\'s)

結成20周年を迎えたPOLYSICSが2月22日発売の再録ベストアルバム『Replay!』より、新曲「Tune Up!」のMVを公開した。

【その他の画像】POLYSICS

アフリカン・ビートを導入した、POLYSICSにとっては新境地とも呼べるダンスチューン「Tune Up!」。そのタイトルにちなんで自動車整備工場を舞台に構成されているMVは、誰も予期することができない衝撃の展開が待っているとのこと。20周年を記念する演出も含まれている映像をぜひチェックしてほしい。なお、監督は数多くのMVを手がけている田辺秀伸が務めている。

来る3月4日には結成20周年記念ライヴ『20周年 OR DIE!!! All Time POLYSICS!!!』を豊洲PITで行うPOLYSICS。1年をかけて、20周年を記念した企画が数多く行われる予定となっている。2017年のPOLYSICSにぜひ注目してほしい。

■「Tune Up!」MV
https://youtu.be/zHTYsFo5UCE

■アルバム『Replay!』

2017年2月22日発売
【初回生産限定盤】 (CD+DVD)
KSCL 2864~2865/¥3,240(税込)
【通常盤】(CD)
KSCL 2866/¥2,700(税込)
<収録曲>
■CD
01.Tune Up!
02.シーラカンス イズ アンドロイド 2017
03.Young OH! OH! 2017
04.Shout Aloud! 2017
05.URGE ON!! 2017
06.Electric Surfin\' Go Go 2017
07.Digital Coffee 2017
08.Rocket 2017
09.カジャカジャグー 2017
10.MEGA OVER DRIVE (Live at Shinjuku ReNY 2016/10/13)
11.Let\'s ダバダバ (Live at Shinjuku ReNY 2016/10/13)
12.Buggie Technica (Live at Shinjuku ReNY 2016/10/13)
■DVD ※初回生産盤のみ
『Replay! Live Side DVD』
01.Tune Up! (from COUNTDOWN JAPAN 16/17)
02.シーラカンス イズ アンドロイド(from Now is the live!)
03.Young OH! OH! (from BUDOKAN OR DIE!!!! 2010.3.14)
04.Shout Aloud! (from BUDOKAN OR DIE!!!! 2010.3.14)
05.URGE ON!!(from DVDVPVDVLIVE!!)
06.Electric Surfin\' Go Go(from Now is the live!)
07.Digital Coffee(from We ate the show!!)
08.Rocket(from We ate the show!!)
09.カジャカジャグー(ハヤシ iMovie Edit)
10.MEGA OVER DRIVE(from What\'s This???)
11.Let\'s ダバダバ(from MEMORIAL LIVE OR DIE!!! 祝1000本&15周年!!! 2012.03.03/04)
12.Buggie Technica (from LIVE AT newwave)

■『20周年OR DIE!!! All Time POLYSICS!!! 』

3月04日(?) 豊洲PIT
OPEN 16:00 / START 17:00

【関連リンク】
POLYSICS オフィシャルHP
POLYSICS、盟友・快速東京の一ノ瀬雄太が手がけた再録ベスト盤ジャケ写を公開
POLYSICS、結成20周年記念再録ベスト盤の詳細と新アー写を解禁
POLYSICS、結成20周年を記念した再録ベストアルバムをリリース!

【関連アーティスト】
POLYSICS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

YUKI、ソロデビュー15周年を祝して特設サイトをフルリニューアル
Tue, 07 Feb 2017 14:00:00 +0900
YUKI (okmusic UP\'s)

2月6日にソロデビュー15周年を迎えたYUKIの特設サイト”YUKI 15th Anniversary Special Site”がフルリニューアルされた。

【その他の画像】YUKI

スマートフォン用のスペシャルバージョンでは、CGで作られた3D空間が楽しめるほか、YUKI本人からのコメントも公開されている。

YUKIは2002年2月6日にリリースしたシングル「the end of shite」でソロ活動を開始。シングル「さよならバイスタンダー」 、待望のニューアルバム『まばたき』のリリースや、全国ツアーの開催など、今後もYUKIの活躍から目が離せない。

■YUKI 15th Anniversary Special Site
http://yuki15th.net/

■【YUKI コメント】

私は私が気持ち良いようにやるの

スカートに手を入れて決意表明した2002年2月6日から15年。
今、なぜだかあの頃のような気持ちが、私をまた奮い立たす。

15年間、私を上手に育ててくれた皆さん、
どうもありがとう。

自分を褒めて、頑張ってきたYUKIの心と身体、
どうもありがとう。

どうもありがとう。
私に起きた、全ての出来事に。

そう、拙い文字の無邪気な足取りが間違いだらけだとしても、
夜は明けたのだ。大きな声で叫ぶよ!

こんにちはニューワールド、YUKIの15周年Year。
極端上等、こわいものなし。


YUKI

■アルバム『まばたき』

2017年3月15日発売
【初回生産限定盤 】(2CD+DVD)
ESCL4837-9/¥5,200+税
・豪華LPサイズ紙ジャケット仕様
・ファンクラブ会員限定ライヴ『YUKI LIVE “commune of ten”』から選りすぐりの10曲を収録したライヴCD
・『YUKI LIVE “commune of ten”』 ダイジェストムービー収録DVD (4分27秒)
・羽海野チカ描き下ろしYUKI15周年ロゴステッカー封入
【通常盤】(CD)
ESCL4840/¥3,000+税
・羽海野チカ描き下ろしYUKI15周年ロゴステッカー封入
【アナログ盤】
ESJL 3088〜9/¥3,500+税
※2017年3月29日発売
【カセットテープ】
ESTL 4/¥3,600+税
※2017年3月29日発売
<収録曲>
01. 暴れたがっている
02. さよならバイスタンダー
03. こんにちはニューワールド
04. 無敵
05. 名も無い小さい花
06. レディ・エレクトリック
07. 私は誰だ
08. tonight
09. ポストに声を投げ入れて
10. バスガール
11. 2人だけの世界
12. 聞き間違い
13. トワイライト

■シングル「さよならバイスタンダー」

発売中
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL 4821-2/¥1,429+税
■初回特典
羽海野チカ描き下ろし「YUKI×3月のライオン」イラストポストカード封入
【通常盤】(CD)
ESCL 4823/¥971+税
<収録曲>
■CD
1. さよならバイスタンダー
2. You can stay right here
■初回生産限定盤DVD
TVアニメ『3月のライオン』ノンクレジットオープニングムービー収録

【関連リンク】
YUKI オフィシャルHP
「立春」に聴きたい厳選“春待ちソング”
YUKI、羽海野チカが描いた15周年ロゴ公開!
YUKI、ソロ15周年第一弾シングル「さよならバイスタンダー」は『3月のライオン』のOPテーマ

【関連アーティスト】
YUKI
【ジャンル】
J-POP

minus(-)、シネマシティ立川の“極上音響上映”が大盛況
Tue, 07 Feb 2017 13:00:00 +0900
2月5日@立川・シネマシティ (okmusic UP\'s)

minus(-)の“極上音響上映”イベントが、2月5日に立川のシネマシティにて行なわれた。

【その他の画像】minus(-)

「ライヴ映像作品を、映画館という環境の中、ファンがみんなで集まって鑑賞しよう」という趣旨のもと、開催されたこの企画。チケットは販売開始からわずか15分で完売し、プレミアムな催しとなった。

立川シネマシティは、映画『マッドマックス 怒りのデスロード』の爆音上映で一躍全国に名を馳せた映画館。 誰よりもマッドな低音にこだわる“音の魔術士”藤井麻輝が監修を手がけ、ライヴ映像作品の特性として低音を強調する音響スタイルは向かないため、“爆音上映”ではなく“極上音響上映”というスタイルでの実施となった。

また、当日は上映前には雑誌『音楽と人』金光編集長とのトークショーが行なわれた。音楽以外のステージで人前にたつのはやはり苦手だという藤井は、終始、帽子を目深にかぶったままトークを展開。「見下すのは得意だが、見下げられるのは嫌いだ」という迷言も飛び出し、会場を湧かせた。

終演後は物販ブースに本人が立つというサプライズも。一瞬、退場時のロビーが騒然としたが、イベントの成功を物語るエピソードと言えよう。

minus(-)はこの後、3月5日の札幌公演を皮切りに、全国ツアー『minus(-)×Jugendgedenken』を敢行予定。また、パッケージリリースに限っていた最新アルバム「O」の配信が、2月8日からスタートする。

■『minus(-)×Jugendgedenken』

3月05日(日) 北海道 札幌COLONY
3月13日(月) 愛知 名古屋ell.FITSALL
3月14日(火) 石川 金沢VANVAN V4
3月16日(木) 長野 長野CLUB JUNK BOX
3月20日(月/祝) 大阪 心斎橋VARON
3月21日(火) 福岡 福岡DRUM SON
追加公演
4月05日(水) 東京 新代田FEVER
4月06日(木) 東京 新代田FEVER

【関連リンク】
minus(-) オフィシャルHP
minus(-)、忘年会ライブ閉幕&映画館でライブ作品の爆音上映決定
minus(-)、1stフルアルバム『O』&最新映像作のトレイラーを公開
Jが対バン10番勝負にてminus(-)、AA=と激突! ソロ20周年記念ツアーの発表も

【関連アーティスト】
minus(-)
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

家入レオ、デビュー5周年を記念して“一夜限り”のラジオパーソナリティに
Tue, 07 Feb 2017 12:30:00 +0900
家入レオ (okmusic UP\'s)

初のベストアルバム『5th Anniversary Best』のリリースを2月15日に控える家入レオが、約9か月ぶりとなるラジオパーソナリティを務めることが発表された。


【その他の画像】家入レオ

今回パーソナリティを担当するのは、2月11日深夜放送のニッポン放送系『家入レオのオールナイトニッポンR』(27時スタート)で、家入がオールナイトニッポンを担当するのはこの日が初めて。これまでに、J-WAVE『RADIPEDIA』にて火曜日パーソナリティを1年半にわたって出演し、以降も各ラジオ局にて特番放送などのパーソナリティを務めており、今回の出演は2016年5月5日にTOKYO FMにてオンエアされた“こどもの日特番”以来約9か月ぶりとなる。

今回は『家入レオのイメージ調査』と題して、当時17歳でデビューして今や22歳となる家入に持つリスナーのイメージを調査していく。また、お悩み相談のコーナーでもメールを募集している。

さらに、アルバム『5th Anniversary Best』の発売に合わせて、CDショップでの企画も続々と決定。TOWER RECORDS新宿店、TOWER RECORDS渋谷店、SHIBUYA TSUTAYAにて2月14日、15日両日に店頭DAYの開催が決定。CD購入者対象で抽選会なども予定されているのでお楽しみに。

そして、家入レオ初となる衣装展の開催や、今回のベストアルバムに収録される全シングルのポスター展など、ファンならずとも見逃せない企画も目白押しだ。詳細はオフィシャルHP等で確認しよう。

家入は、2月10日にはテレビ朝日系『ミュージックステーション』、日本テレビ系『バズリズム』、翌11日にはフジテレビ系『MUSIC FAIR』、TBS系『CDTV』などが予定されているので忘れずにチェックしよう!

さらに、8日0時からはiTunesにてプレオーダーがスタート、同日AM7時からは「dヒッツ」で「僕たちの未来 (Special Version)」の独占先行配信スタート&特別プログラム「レオヒッツ」ではスペシャル5大企画もスタートするのでこちらも見逃せない。

■家入レオ 『5th Anniversary Best』スペシャルサイト
http://leo-ieiri.com/special
■家入レオ オフィシャルHP
http://leo-ieiri.com

■アルバム『5th Anniversary Best』

2017年2月15日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1097/¥4,900+税
<収録曲>
■CD
01, それぞれの明日へ
(第95回全国高校サッカー選手権大会 応援歌)
02, 僕たちの未来
(日本テレビ系土曜ドラマ「お迎えデス。」主題歌)
03, Hello To The World
(TBS系テレビ「CDTV」2016.2-3月オープニングテーマ曲)
04, 君がくれた夏
(フジテレビ系月9ドラマ「恋仲」主題歌)
05, miss you
(TBS系テレビ「CDTV」2015.2-3月オープニングテーマ曲)
06, Silly
(TBS系金曜ドラマ「Nのために」主題歌)
07, for you
(クラレ企業CMタイアップソング)
08, 純情
(フジテレビ系アニメ「ドラゴンボール改」エンディング主題歌)
09, チョコレート
(テレビ朝日系「お願い!ランキング」エンディングテーマ)
10, 太陽の女神
(フジテレビ系月9ドラマ「海の上の診療所」主題歌)
11, 君に届け
(学校法人 首都医校・大阪医専・名古屋医専CMソング)
12, Message
(TBS系月曜ミステリー「確証-警視庁捜査3課」主題歌)
13, Bless you
(TBS系テレビ「CDTV」2012.9月オープニングテーマ曲)
14, イジワルな神様
(グリコポッキー スペースシャワーTVバージョン TVCMソング)
15, Shine
(フジテレビ系ドラマ「カエルの王女さま」主題歌)
16, サブリナ
(フジテレビ系アニメ「トリコ」エンディング主題歌)
[Bonus Track]
17, 僕たちの未来 (Special Version) 
18, I promise you 
■DVD
家入レオ 5th LIVE Tour 2016 〜WE|ME〜 at 東京国際フォーラム ホールA(2016年12月10日) コンプリート収録映像

【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1098/¥3,900+税
<収録曲>
■CD
16曲+ボーナストラック2曲 全18曲収録(初回限定盤Aと同じ)
■DVD
※デビューシングル「サブリナ」からの全12曲のシングル曲ミュージックビデオに新曲「それぞれの明日へ」ミュージックビデオ&メイキングを初収録。
・それぞれの明日へ (Music Video)
・それぞれの明日へ (Making Movie)
・僕たちの未来 (Music Video)
・Hello To The World (Music Video)
・君がくれた夏 (Music Video)
・miss you (Music Video)
・Silly (Music Video)
・純情 (Music Video)
・チョコレート (Music Video)
・太陽の女神 (Music Video)
・Message (Music Video)
・Bless you (Music Video)
・Shine (Music Video)
・サブリナ (Music Video)

【通常盤】(CD)
VICL-64706/¥2,900+税
<収録曲>
■CD
01, それぞれの明日へ
(第95回全国高校サッカー選手権大会 応援歌)
02, 僕たちの未来
(日本テレビ系土曜ドラマ「お迎えデス。」主題歌)
03, Hello To The World
(TBS系テレビ「CDTV」2016.2-3月オープニングテーマ曲)
04, 君がくれた夏
(フジテレビ系月9ドラマ「恋仲」主題歌)
05, miss you
(TBS系テレビ「CDTV」2015.2-3月オープニングテーマ曲)
06, Silly
(TBS系金曜ドラマ「Nのために」主題歌)
07, for you
(クラレ企業CMタイアップソング)
08, 純情
(フジテレビ系アニメ「ドラゴンボール改」エンディング主題歌)
09, チョコレート
(テレビ朝日系「お願い!ランキング」エンディングテーマ)
10, 太陽の女神
(フジテレビ系月9ドラマ「海の上の診療所」主題歌)
11, 君に届け
(学校法人 首都医校・大阪医専・名古屋医専CMソング)
12, Message
(TBS系月曜ミステリー「確証-警視庁捜査3課」主題歌)
13, Bless you
(TBS系テレビ「CDTV」2012.9月オープニングテーマ曲)
14, イジワルな神様
(グリコポッキー スペースシャワーTVバージョン TVCMソング)
15, Shine
(フジテレビ系ドラマ「カエルの王女さま」主題歌)
16, サブリナ
(フジテレビ系アニメ「トリコ」エンディング主題歌)

■ニッポン放送『家入レオのオールナイトニッポンR』

2月11日(土)27:00〜29:00
※leo@allnightnippon.comにてメール募集中
■番組の詳細はこちら
http://www.allnightnippon.com/program/annr/

【関連リンク】
家入レオ、初ベスト盤の特典として武道館公演リハーサル招待などを発表
家入レオ、5年間の成長と進化を体感できる初ベスト盤トレイラー映像を公開
家入レオ、第95回全国高校サッカー選手権決勝にて応援歌「それぞれの明日へ」を熱唱
家入レオ×大原櫻子×藤原さくら、3月開催のイベントにて初の競演が決定!

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP

スキマスイッチ、女子限定バレンタインイベントで川口春奈にサプライズ
Tue, 07 Feb 2017 12:00:00 +0900
2月6日(月)@TOKYU PLAZA 銀座6F (okmusic UP\'s)

2月6日、TOKYU PLAZA 銀座6Fのキリコラウンジにて、映画『一週間フレンズ。』バレンタイントークイベントが開催され、同作の主題歌を担当するスキマスイッチがサプライズで登場した。

【その他の画像】スキマスイッチ

イベントには、1週間で友達の記憶のみ忘れてしまう記憶障害を持つ藤宮香織を演じた主演の川口春奈をはじめ、松尾太陽、上杉柊平、高橋春織ら4名が登場。キャスト達と同世代の恋に仕事にがんばる20代の女性を迎え、“リアルな恋の悩み”に答えた。

イベントの後半には、主題歌「奏(かなで)for 一週間フレンズ。」を提供したスキマスイッチがシークレットゲストとして出演。2月10日に22歳の誕生日を迎える川口に花束を渡した。また、"歌詞を見ずに歌える"というほど、川口が大好きな曲「奏(かなで)」を特別な弾き語りバージョンで披露。その圧巻のパフォーマンスに、川口の目には涙が浮かび、大号泣する場面も。

パフォーマンス終了後、「本当に大好きな曲なんです」と喜びを露わにした川口に、「川口さんのために、みんなが内緒でサプライズを用意していたので、とても緊張しました(笑)。こういう場で歌を披露できて僕らもとても嬉しいです」と常田真太郎。大橋卓弥は、「奏(かなで)は僕らにとっても大切な曲です。昔の歌をこうやって主題歌として選んでいただいた上に、本編でも素敵な使い方をしていただいて、感謝しています。お誕生日おめでとうございます!」と、お祝いの言葉を贈った。

最後に川口から、映画を楽しみにしてくれている全国の観客へあいさつ。「世代を超えて、人をまっすぐ思うピュアな想い、大切な人に向けた想いが沢山詰まっていて、切ないけれど温かい世界感になっています。皆さん、大好きな人たちと一緒に観ていただけたら幸いです」と言葉を残し、温かみあふれる雰囲気の中、イベントは終了した。

スキマスイッチは本作のために映画のイメージをふまえて「奏(かなで)」をリアレンジ。2004年に「奏(かなで)」オリジナルバージョンをレコーディングした当時の大橋の歌声と、2016年新たにアレンジ・レコーディングされた楽器演奏をセルフコラボレーションさせたスペシャルバージョンが誕生した。

なお、2月15日発売のニューアルバム『re:Action』」にはまた新たなセルフリアレンジバージョンの「奏(かなで) re:produced by スキマスイッチ」が収録される。こちらもぜひチェックしてほしい。

■【配信情報】

配信楽曲「奏(かなで)for 一週間フレンズ。」
配信中
■iTunes
http://hyperurl.co/1uoorz
■レコチョク
http://recochoku.com/s0/kanadeforisshukanfriends/
■mora
http://mora.jp/package/43000001/4547366295610/

■アルバム『re:Action』

2017年2月15日(水)発売
【初回生産限定盤】(2DISCS:Blu-spec CD2)
AUCL-30040〜1/¥3,611+税
※スリーブケース+高品質CD:Blu-spec CD2
※リアレンジ楽曲のオリジナル音源(全11曲)を収録したボーナスCD付属
【通常盤】(CD)
AUCL-218/¥3,000+税
<収録曲>
■DISC1
1.全力少年 produced by 奥田民生
2.僕と傘と日曜日 produced by 田島貴男(ORIGINAL LOVE)
3.フィクション produced by フラワーカンパニーズ
4.ユリーカ produced by GRAPEVINE
5.マリンスノウ produced by TRICERATOPS
6.Ah Yeah!! produced by 澤野弘之
7.奏(かなで)re:produced by スキマスイッチ
8.晴ときどき曇 produced by BENNY SINGS 
9.君のとなり produced by 小田和正
10.ふれて未来を produced by 真心ブラザーズ
11.ゴールデンタイムラバー produced by RHYESTER
12.冬の口笛 produced by SPECIAL OTHERS
13.回奏パズル produced by KAN
■DISC2・BONUS CD(初回生産限定盤のみ)
1.全力少年
2.僕と傘と日曜日
3.フィクション
4.ユリーカ
5.マリンスノウ
6.Ah Yeah!!
7.奏(かなで)
8.晴ときどき曇
9.ふれて未来を
10.ゴールデンタイムラバー
11.冬の口笛

【関連リンク】
スキマスイッチ オフィシャルHP
スキマスイッチ、ニューアルバム特設サイトで第三弾トレーラー映像&ジャケ写公開
異色のコラボ“Anly+スキマスイッチ=”が話題の新曲ティザーを公開
スキマスイッチ、初の全国対バンツアー開催決定&対バン相手発表

【関連アーティスト】
スキマスイッチ
【ジャンル】
J-POP, 映画, イベント

LACCO TOWER、ニューミニアルバム『薔薇色ノ怪人』詳細&新アー写を解禁
Tue, 07 Feb 2017 11:00:00 +0900
LACCO TOWER (okmusic UP\'s)

LACCO TOWERが3月15日にミニアルバム『薔薇色ノ怪人』をリリースする。それに伴い新アーティスト写真と同作のジャケット写真、さらに収録曲タイトルを発表した。

【その他の画像】LACCO TOWER

このミニアルバムには、新曲5曲と2010年にリリースした『解体心書』収録の「時計仕掛」のRe-Recordingを加えた全6曲が収録される。

同作について松川ケイスケ(Vo)は『音源をリリースするのは、その瞬間の自分たちを切り取るという作業に等しく、今この瞬間まで積み上げてきたLACCO TOWERが、まさに「薔薇色ノ怪人」なのではと、今回このような作品をリリースさせていただく運びとなりました。』とコメントしている。

LACCO TOWERは『薔薇色ノ怪人』発売記念2マンイベントとして、3月10日(金)大阪・梅田CLUB QUATTROにて「雨傘ノ怪人」(ゲスト:GOOD ON THE REEL)を、3月17日(金)東京・渋谷CLUB QUATTROにて「悪髪ノ怪人」(ゲスト:My Hair is Bad)を行ない、さらに4月22日(土)・23日(日)には4年目を迎える地元・群馬でのバンド主催イベント『I ROCKS 2017』を群馬音楽センターで開催する。こちらも合わせてチェックしよう。

■【LACCO TOWER 松川ケイスケ(Vo)よりコメント】

皆様「薔薇色」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか。
バラといえば赤、そんな人が多いかもしれません。でも実は薔薇には驚くほど様々な色があり、その色一つ一つが伝えたい「感情」や「意味」を持っているんです。

日本語ロックを歌っている僕たちにとって、伝えたい事は非常にシンプルです。ただ、それを「楽曲」というフィルターを通し誰かに伝えるため、時には「感情」を、時には「意味」を変えていること、そして変える事ができること。それこそがLACCO TOWERであり、それは前述した薔薇の持つ性質に近いものがあるようにも思います。

音源をリリースするのは、その瞬間の自分たちを切り取るという作業に等しく、今この瞬間まで積み上げてきたLACCO TOWERが、まさに「薔薇色ノ怪人」なのではと、今回このような作品をリリースさせていただく運びとなりました。

ヘレンケラーは「人生はどちらかです。勇気をもって挑むか、棒にふるか。」と言いました。勇気はないけれど、それでも挑み続けて来た我々の「今」のアイデンティティ。最高の1枚を、是非聞いてください。

■ミニアルバム『薔薇色ノ怪人』

2017年3月15日(水)発売
COCP-39899/¥2,000+税
<収録楽曲>
1. 怪人一面相(かいじんいちめんそう)
2. 悪人(あくにん)
3. 桜桃(さくらんぼ)
4. 楓(かえで)
5. 折紙(おりがみ)
6. 時計仕掛(Re-Recording)(とけいじかけ)

■『LACCO TOWER「薔薇色ノ怪人」発売記念「雨傘ノ怪人」』

3月10日(金)  梅田CLUB QUATTRO
開場 17:45 / 開演 18:30
出演:LACCO TOWER
【GUEST】GOOD ON THE REEL

■『LACCO TOWER「薔薇色ノ怪人」発売記念「悪髪ノ怪人」』

3月17日(金)  渋谷CLUB QUATTRO
開場 17:45 / 開演 18:30
出演:LACCO TOWER
【GUEST】My Hair is Bad

【関連リンク】
LACCO TOWER オフィシャルHP
LACCO TOWER主催『I ROCKS 2017』の出演アーティスト日割りがついに解禁
LACCO TOWER主催フェスに片平里菜×cinema staffら全5組の参戦が明らかに
LACCO TOWER主催ロックフェスに四星球、THE BACK HORN、忘れらんねえよ等6組が参戦

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ЯeaL、『銀魂』OP「カゲロウ」のジャケ写を公開!
Tue, 07 Feb 2017 10:45:00 +0900
シングル「カゲロウ」【通常盤】(CD) (okmusic UP\'s)

ЯeaLが、TVアニメ『銀魂』新シリーズのオープニングテーマに起用された3rdシングル「カゲロウ」のジャケット写真を公開した。

【その他の画像】ЯeaL

情熱的な赤の世界に佇むRyoko(Vo&Gt)の強い眼差しと凛とした姿が目を引く印象的なビジュアルに注目してほしい。

期間生産限定盤は『銀魂』の描き下ろしアニメ絵柄によるトールサイズデジパック仕様の豪華盤。坂田銀時、桂小太郎、坂本辰馬、そして高杉晋助の4人が並んだ、ファン必見の1枚になっている。なお、描き下ろしアニメ絵柄のトレーディングカードも封入されるので、お見逃しなく。

さらにЯeaLのオフィシャルHPでは「カゲロウ」の店頭特典も発表となっているので、ぜひチェックしてほしい。

ライヴアーティストとしても注目を集めるЯeaLは、渋谷 TSUTAYA O-WEST、大阪 BIG CATを含む全国ワンマンライヴツアーの開催も決定。「カゲロウ」のCDには、このワンマンライブツアーのチケット抽選先行予約のチラシが封入されているとのことなので、ぜひCDを手にとって足を運んでほしい。

■シングル「カゲロウ」

2017年3月1日発売
【アニメ盤(期間生産限定盤)】(CD+DVD)
SECL-2120〜2121/¥1,500(税込)
・『銀魂』描き下ろしアニメ絵柄トールサイズデジパック仕様
・『銀魂』描き下ろしアニメ絵柄トレーディングカード封入
<収録曲>
■CD
1.カゲロウ
2.ひらり舞う
3.満月の夜に
4.カゲロウ 〜TV Size〜
5.カゲロウ 〜TV Size Instrumental〜
■DVD
「カゲロウ」MV

【通常盤】(CD)
SECL-2119/¥1,300(税込)
<収録曲]>
1.カゲロウ
2.ひらり舞う
3.満月の夜に
4.カゲロウ 〜Instrumental〜

■『ЯeaLワンマンツアー2017』

5月27日(土) 大阪 BIG CAT
6月11日(日) 愛知 名古屋 CLUB UPSET
6月17日(土) 福岡 Queblick
6月25日(日) 東京 渋谷 TSUTAYA O-WEST

■「カゲロウMV(Short Ver.)
https://youtu.be/JgpSEpAnbEM

【関連リンク】
ЯeaL オフィシャルHP
ЯeaLがデビューシングル「秒速エモーション」の新ビジュアルを公開
ЯeaLが地元CDショップにて“毎週会えるミニライブイベント”を開催
ЯeaL、デビューシングル「秒速エモーション」の詳細&ミニライブ特典会の開催を発表

【関連アーティスト】
ЯeaL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

音×AiR、2月14日開催のリリースイベントでお笑い芸人・響とコラボ
Tue, 07 Feb 2017 10:00:00 +0900
音×AiR、響 (okmusic UP\'s)

音×AiRがアルバム『ハートフルレボリューション』の発売記念として、2月14日(火)JOL原宿でお笑い芸人・響とのコラボによるリリースイベントを行なうことがわかった。

【その他の画像】音×AiR

音×AiRは2011年に結成後、メンバーの豊かな人脈を活かし、お笑い芸人AMEMIYAやコウメ太夫など芸人と共に音楽、お笑い、音楽とコーナー分けしながらライブを行なってきたが、楽曲内でロックバンドとお笑い芸人がコラボするのは今回が初となる。

コラボ内容は楽曲「無茶ぶりレシーバー」で、キーワードの『告白』をもとに、楽曲の中で響と音×AiRのメンバーがノリ、ツッコミ、バンドサウンドの新型コントを繰り広げるというもの。一体どんなステージになるのか、楽しみに足を運んでみよう。

■【コメント】

■響(長友・小林)
「平成のドリフターズのように新しくあって昔からあるようなエンターテイメント性溢れるコラボになるだろう。僕らとコラボしてプラスになるかわからないので日々精進していきます。また、楽曲内でロックバンドとコラボするのは史上初の試みなので、当日がとても楽しみです。」

■楓(Vo/音×AiR)
「いつものイベントと違い楽曲の中でコラボするのは初めてなので、緊張しているがワクワクする。また、これを機にM1に出場しようかなと。」

■【リリースイベント情報】

音×AiR♪JOL原宿でLove Me Do番外編
「ハートフルレボリューション」リリース記念イベント
2月14日(火) JOL原宿
16:00スタート
料金:無料

■アルバム『ハートフルレボリューション』

2017年2月8日発売
YMPCD-32/¥1,980(税込)
<収録曲>
1.純愛バイセコー
2.叱ってサディスティック
3.ドジっ娘モーニング
4.オトコボンバー
5.あの頃のままで
6.ダントツ☆YOU
7.抱きしめたいハグトゥナイ
8.波乗りトコナッツ
9.バンソウコ
10.ネバギバソウル
11.なんちゃってヒーロー
12.Catch Your Dream

■【ワンマンライブ情報】

「“NOW ON AiR リリース記念ワンマン 渋谷TSUTAYA O-CREST編”
届け!あなたの街までハートフルレボリューション!」
3月12日(日) 渋谷TSUTAYA O-Crest

「“NOW ON AiR リリース記念ワンマン 梅田Shangri-la編”
届け!あなたの街までハートフルレボリューション!」
3月17日(金) 梅田Shangri-La

【関連リンク】
音×AiR オフィシャルHP
コレサワ、約1年振りのワンマンにてメジャーデビューを発表!
yonige、地元・寝屋川をテーマにしたEPを4月に発売&ツアー開催を発表
RIZE、揺るがぬ信念を表現したシングル「SILVER」ジャケット&MVを解禁

【関連アーティスト】
音×AiR
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1