歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年02月06日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
谷山浩子、全50曲を収録したキャリア初のシングルコレクション発売決定
Mon, 06 Feb 2017 12:00:00 +0900
谷山浩子 (okmusic UP\'s)

谷山浩子が2月4日に渋谷区文化総合センターで開催したライブ「谷山浩子ひとりでオールリクエスト180分」にて、デビュー45周年を記念した初のシングルコレクション『HIROKO TANIYAMA 45th シングルコレクション』をリリースすることを発表した。

【その他の画像】谷山浩子

2016年2月に大好評を博した180分間たっぷりのオールリクエスト企画第二弾とあって、チケットは完売。会場には多くのファンが詰めかけた。

ライブでは「カイの迷宮」のリクエストを皮きりに、「お早ようございますの帽子屋さん」「風を追いかけて」「DESERT MOON」、本編最後は「ヤマハ発動機社歌」の大合唱となった。

そして、アンコールで再度ステージに上がった谷山からのサプライズ発表に、ファンからはその日一番の大きな歓声が上がった。谷山は初のシングルコレクションについて、『シングルはもういいよね。と思っていたらシングルコレクションが発売になります! 3枚組でものすごくお得です! 一曲あたりいくら? 皆さん後で計算して下さい。』と嬉しそうに語った。アンコールでは、「ねこの森には帰れない」、最後は自ら選曲した「窓」を歌唱し、本編と合わせて全28曲を披露した。

2017年4月25日にデビュー45周年を迎える彼女のデビューシングル「銀河系はやっぱりまわってる」から、2012年に発売したNHKラジオ深夜便のテーマ曲「同じ月を見ている」まで、45年間で発売した23枚のシングルと24曲のカップリング、そしてボーナストラックとして3曲のカラオケを追加した全50曲を3枚のCDに収録した記念盤。

本作品に収録されるシングルは、第7回『ポプコンつま恋本選会』で入賞を獲得した「お早ようございますの帽子屋さん」、『オールナイト・ニッポン』のテーマ曲としてラジオリスナーを虜にした「てんぷら☆さんらいず」、エーザイ 緑の胃薬新サクロンCMソングの「風になれ-みどりのために-」、NHK『ラジオ深夜便』で「深夜便のうた」としてオンエアされた「同じ月を見ている」など、TV、ラジオ、CM等で流れていた人気曲はもちろん、斉藤由貴へ楽曲提供セルフカバー曲「MAY」、そして「河のほとりに」「窓」「カントリーガール」「海の時間」などファンに人気の代表曲まで、谷山浩子の変わることのない一貫した魅力を楽しめる曲が満載。

また、全50曲の中には、7インチレコードやカセットテープのみ発売されていた貴重な楽曲「ゲームの終わり」「ミスティーナイト」を初めてCD化。その貴重なレア音源を含めた全50曲を高音質CD(Blu-spec CD2)に収めることで、普通のCDプレーヤーで気軽に高音質な再生を楽しめる作品となる。

さらに、封入のブックレットには谷山浩子本人による45年を振り返ったインタビューや楽曲解説を掲載。なお、本作の先着購入特典も決定。CDと一緒にこちらの特典も楽しんでみてはいかがだろうか。

4月29日(土・祝)にはデビュー45周年を記念したコンサート『谷山浩子コンサート〜デビュー45周年大収穫祭〜』を開催。アニバーサリーイヤーも精力的に活動する谷山浩子に乞うご期待!

■アルバム『HIROKO TANIYAMA 45th シングルコレクション』

2017年4月26日(水)
【Blu-spec CD2(3枚組み)】
YCCW-10302〜4/¥3,500+税
<収録曲>
01. 銀河系はやっぱりまわってる
02. 天使のつぶやき
03. お早ようございますの帽子屋さん
04. 夕暮れの街角で
05. 河のほとりに
06. 風を忘れて
07. 窓
08. ゲームの終わり(初CD化)
09. 忘れられた部屋で
10. 星のマリオネット
11. あやつり人形
12. 六月の花嫁
13. 風を追いかけて
14. 風の子供
15. カントリーガール
16. ミスティーナイト(初CD化)
17. 夕暮れの街角で
18. 今日は雨降り
19. ごめんね
20. あの子の愛した三毛猫
21. てんぷら☆さんらいず
22. おやすみ
23. サーカス
24. 地上の星座
25. たんぽぽ
26. ほうき星の歌
27. 風になれ-みどりのために-
28. なおちゃん
29. ラ・ラ・ルウ
30. O YA SU MI
31. DESERT MOON
32. 銀河通信
33. ブルーブルーブルー
34. メリーメリーゴーラウンド
35. 夕焼けリンゴ
36. ガラスの巨人
37. MAY
38. Pyun Pyun
39. 海の時間
40. 心だけそばにいる〜HERE IN MY HEART〜
41. ひとみの永遠
42. 会いたくて
43. 夜のブランコ
44. ひとりでお帰り
45. 同じ月を見ている
46. まっくら森の歌
47. 恋するニワトリ
【Bonus track】
48. ひとみの永遠(Original Karaoke)
49. 夜のブランコ(Original Karaoke)
50. 同じ月を見ている(Original Karaoke)

■商品紹介ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=906&artist_id=58

■【先着特典情報】

『HIROKO TANIYAMA 45th シングルコレクション』を下記のCDショップでご購入の方に、下記の「デビュー45周年記念・オリジナル特典」を先着でプレゼント。

■タワーレコード
45周年記念オリジナル・エコバッグ
※タワーレコードオンラインも対象
PC/スマホ:http://tower.jp/item/4446104
ガラケー:http://m.tower.jp/item/4446104
■Amazon
45周年記念 オリジナル・コースター(2枚1セット)
オリジナル特典付き商品ページ:http://www.amazon.co.jp/dp/B01NAZD0GI
※amazonは特典なしの商品ページもございますので、特典をご希望のお客様はお間違えのないようご購入ください。
特典なし商品ページ:http://www.amazon.co.jp/dp/B01N5VGBWN
詳細ページはこちら:http://www.yamahamusic.co.jp/news/detail.php?id=801

■【ライブ情報】

『谷山浩子コンサート〜デビュー45周年大収穫祭〜』
4月29日(土) 東京国際フォーラム・ホールC
『僕らのポプコンエイジ2017〜Forever Friends, Forever Cocky Pop〜』
5月12日(金) 大阪・オリックス劇場
5月20日(土) 千葉・市川市文化会館・大ホール

【関連リンク】
谷山浩子 オフィシャルHP
谷山浩子と栗コーダーカルテット、小島アジコ書き下ろしによるニューアルバムのジャケ写公開
谷山浩子、栗コーダーカルテットとのコラボアルバムを9月にリリース
谷山浩子がライヴDVD『101人コンサートスペシャル』トレーラー映像を公開

【関連アーティスト】
谷山浩子
【ジャンル】
J-POP

清春、オフィシャルFC発足&プラグレス公演の優先受付を実施
Mon, 06 Feb 2017 22:00:00 +0900
清春 (okmusic UP\'s)

清春が新たなオフィシャルファンクラブ『INOS』を発足した。

【その他の画像】清春

この新体制ファンクラブは、清春自身の活動はもちろん、彼が参加するすべての形態のチケット優先受付が可能なシステムとなる。現時点では準備段階のコンテンツもあるが、新しい試みも企画されているという。

併せて、「MONTHLY PLUGLESS 2017 KIYOHARU LIVIN\' IN Mt.RAINIER HALL 『エレジー』」の開催が発表された。3月から12月まで実に33日間66回という壮大な公演数のプラグレス公演は、近年の清春のライフワークとも呼べる形態のステージである。

ロックアーティストのアコースティックライブと聞くと、サブポジションでありどこかでファンユースな形態を想像しがちではあるが、そんな概念を持つ人にこそ彼のプラグレス公演を体験することをおすすめしたい。おそらくその概念を軽く覆されてしまうようなパフォーマンス、そして想像を上回る程の彼のクリアな声と詩を耳にすることであろう。

2016年、珍しく出演したフェスでは、この形態のたった数曲で観客を独自のムードに引き摺り込んだが、本公演ではこれまでの清春のイメージをも変えてしまうという。表現としての音楽に興味を持つ人であれば、きっと何度も体験したくなるはずだ。

新体制オフィシャルファンクラブ『INOS』では、チケット優先受付を実施。気になる方は早めの入会手続きをおすすめする。

■清春official fanclub 『INOS』入会フォーム
https://www.kiyoharu.tokyo/inos/reg/

■「MONTHLY PLUGLESS 2017 KIYOHARU LIVIN\' IN Mt.RAINIER HALL 『エレジー』」

3月02日(木) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
3月10日(金) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
3月16日(木) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
3月17日(金) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
4月01日(土) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
4月02日(日) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
4月22日(土) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
4月26日(水) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
5月03日(水) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
5月04日(木) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
5月19日(金) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
5月27日(土) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
6月10日(土) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
6月17日(土) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
6月24日(土) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
6月30日(金) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
8月11日(金) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
8月12日(土) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
8月18日(金) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
8月20日(日) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
9月06日(水) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
9月07日(木) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
9月21日(木) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
9月22日(金) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
10月06日(金) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
10月20日(金) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
10月30日(月) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
11月12日(日) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
11月16日(木) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
11月24日(金) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
11月30日(木) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
12月08日(金) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
12月21日(木) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

【関連リンク】
清春 official ownd
清春、配信に先駆けシングル「夜を、想う」をライブ会場限定リリース!
有村竜太朗×SuG×ノクブラによるライブバトル終了!ゲストに清春が登場!
清春、デジタルシングル「夜を、想う」配信決定! ツアー会場限定のシングルも発売へ

【関連アーティスト】
清春
【ジャンル】
ジャパニーズロック

RIZE、揺るがぬ信念を表現したシングル「SILVER」ジャケット&MVを解禁
Mon, 06 Feb 2017 20:00:00 +0900
シングル「SILVER」【通常盤】(CD) (okmusic UP\'s)

2017年に結成20周年を迎えたRIZEが、3月1日(水)にリリースするニューシングル「SILVER」のジャケットビジュアルを解禁した。

【その他の画像】RIZE

通常盤のジャケットは、表題曲「SILVER」のテーマでもある『決して変わることのない信念』の象徴を一振りの日本刀で表現した、シンプルだが力強さを感じるデザインとなっている。期間生産限定盤は、エンディングテーマに起用されている超人気アニメ『銀魂.』にちなみ、主人公の坂田銀時が描き下ろされたアニメファン垂涎のデザインだ。

また、同曲のMVも同時に公開。RIZEのパワフルで魂のこもった演奏シーンと『銀魂.』の世界観をイメージした居合シーンが見事に融合した見ごたえある内容になっている。居合シーンを演じたのは久世七曜会に所属する真島敏貴氏。弧刀影裡流をベースにした迫力ある刀さばきを披露、加えて、新作名刀展覧会等で数々の賞を受賞している晶平鍛刀道場の川崎晶平氏が伝統に裏打ちされた刀鍛冶職人の眼差しで実際に真剣を作成した。ジャケットに使用された真剣の日本刀とMVがつながっている一貫したコンセプトワークにも注目だ。

(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

■「SILVER(TV size ver.)」配信ページ
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1187832872?at=10lpgB&ct=4547366293777_wn&app=itunes
・レコチョク
http://recochoku.com/s0/silver-tvsize/
・mora
http://mora.jp/package/43000001/4547366293777/

■「SILVER」MV(Short ver.)
https://youtu.be/q_2CWEdFJfk

■シングル「SILVER」

2017年3月1日(水)発売
【期間生産限定盤】
ESCL-4829/¥1,296+税
※デジパック仕様、描き下ろし銀魂オリジナルイラストジャケット
<収録曲>
1. SILVER
※テレビ東京系アニメ「銀魂.」エンディングテーマ
2. ONE SHOT(EP edition)
※「WOWOW NBAバスケットボール 16-17シーズン」イメージソング
3. 日本刀(STUDIO LIVE ver.)
4. SILVER(TV size ver.)

【通常盤】
ESCL-4828/¥1,296+税
<収録曲>
1. SILVER
※テレビ東京系アニメ「銀魂.」エンディングテーマ
2. ONE SHOT(EP edition)
※「WOWOW NBAバスケットボール 16-17シーズン」イメージソング
3. 日本刀(STUDIO LIVE ver.)

【関連リンク】
RIZE オフィシャルHP
RIZE、『銀魂』ED曲「SILVER」のシングルリリースが決定
RIZE、アニメ『銀魂』ED曲「SILVER」のTV size ver.配信スタート
RIZE、結成20周年記念ロングランツアー開催&新ビジュアル公開

【関連アーティスト】
RIZE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

Sonar Pocket、第2章の幕開け! シングル「一生一瞬」を4月26日にリリース
Mon, 06 Feb 2017 19:00:00 +0900
Sonar Pocket (okmusic UP\'s)

Sonar Pocketの第2章の始まりを告げるキックオフシングル「一生一瞬」が4月26日(水)にリリースされることが決定した。

【その他の画像】ソナーポケット

2016年10月に大病を患ったko-daiが、死と直面して初めて感じた想い。家族、仲間、ファンへの尊い思いを『一生は一瞬です だから君を大切にしたい』という言葉で表現。“ギブ&テイク”ではなく“ギブ&ギブ”。無償の愛をテーマとした歌詞に想いを乗せた本作は、今までにない珠玉のバラード作品となっている。

オフィシャルHPも心機一転し、近日フルリニューアル予定。メンバーであるeyeronがデザインなどを含めたクリエイティブの指揮をとり、今までとは一線を画すSonar Pocket第二章の皮切りとなるビジュアルイメージとなっている。また発売を記念したリリースイベントも同時発表されたので、2017年のSonar Pocketの動向に目を離さずにいてほしい。

また、2月3日(金)に発売されたko-daiの初フォトブック『natural』は初版1万部超えとなり大きな話題を呼んでいる。フォトブックではバスケットボールでシュートをキメる姿、カフェでくつろぐ素顔、そしてシャワーシーンまで、普段見せない自然体な姿を完全撮り下ろし。さらに、自身の人生を語ったロングインタビューも掲載し、誰にも見せることのなかった表情の数々が詰まった大充実の一冊となっている。こちらもチェックしてみよう。

■シングル「一生一瞬」

2017年4月26日(水)発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
WPZL−31284/¥1,296+税
<収録曲>
■CD
M1. 一生一瞬
M2. 未定
M3. 一生一瞬 ? Instrumental
M4. 未定 - Instrumental
■DVD
MV+オフショットビデオ

【初回限定盤B】(CD+DVD)
WPZL−31286/¥1,296+税
<収録曲>
■CD
M1. 一生一瞬
M2. 未定
M3. 一生一瞬 ? Instrumental
M4. 未定 - Instrumental
■DVD
未定曲MV+オフショットビデオ

【通常盤】(CD)
WPCL−12612/¥1,111+税
<収録曲>
M1. 一生一瞬
M2. 未定
M3. 一生一瞬 ? Instrumental
M4. 未定 - Instrumental
M5. 一生一瞬 - Acoustic ver.

■【シングル「一生一瞬」リリースイベント 詳細情報】

4月28日(金) アスナル金山 明日なる広場(愛知県)
時間:18:00〜
4月29日(土) ラゾーナ川崎プラザ2Fルーファ広場 グランドステージ(神奈川県)
時間:14:00〜
4月30日(日) 大阪某所 ※後日発表

◎イベント内容
ミニライブ&ハイタッチ会

【関連リンク】
Sonar Pocket オフィシャルHP
T.M.Revolution主宰『イナズマロック フェス』で豪華アーティストたちが熱いライブを展開
ソナーポケット、24枚目のシングル「Rain」を10月26日にリリース
「a-nation stadium fes.」開幕!豪華14アーティストが観客55,000人を熱狂させた!

【関連アーティスト】
ソナーポケット, Sonar Pocket
【ジャンル】
J-POP

yonige、地元・寝屋川をテーマにしたEPを4月に発売&ツアー開催を発表
Mon, 06 Feb 2017 18:30:00 +0900
yonige ライヴ写真 (okmusic UP\'s)

yonigeが4月19日に5曲入りのEP盤『Neyagawa City Pop』をリリースすることが決定した。

【その他の画像】yonige

今作はメンバーの地元である大阪・寝屋川をテーマに、牛丸ありさ(Vo/Gt)が心情を描いた作品となっており、曲目などは追って発表されるとのこと。

また、リリースに伴うツアー『Neyagawa City Pop Tour』の開催も決定しており、5月8日(月)の寝屋川VINTAGEから、6月22日(木)の梅田QUATTROのファイナルまで全8箇所をまわる予定だ。チケットは先行抽選受付で、2月7日(火)の正午から2月24日(日)23:59までとなっている。

■EP『Neyagawa City Pop』

2017年4月19日発売
SIT-1004/¥1,500
※詳細は後日発表

■『Neyagawa City Pop Tour』

5月08日(月) 寝屋川VINTAGE
5月11日(木) 仙台enn2
5月17日(水) 札幌BESSIE HALL
5月26日(金) 福岡Queblick
6月02日(金) 広島SECOND CRUTCH
6月19日(月) 渋谷CLUB QUATTRO
6月20日(火) 名古屋CLUB QUATTRO
6月22日(木) 梅田CLUB QUATTRO

◎チケット先行抽選受付
※2017年2月7日(火)正午〜2月24日(日)23:59
http://eplus.jp/yonige/

【関連リンク】
yonige オフィシャルHP
ASIAN KUNG-FU GENERATION、初のトリビュートにKANA-BOON・BLUE ENCOUNTら全12組が参加
yonige、Age Factoryとの共同企画『RED』の開催を発表
yonige、全国ツアーファイナルシリーズにハルカミライとさよならポエジーが参戦

【関連アーティスト】
yonige
【ジャンル】
ジャパニーズロック

コレサワ、約1年振りのワンマンにてメジャーデビューを発表!
Mon, 06 Feb 2017 18:00:00 +0900
2月5日@東京・渋谷WWW X (okmusic UP\'s)

2月5日(日)東京・渋谷WWW Xにて約1年振りとなるワンマンライヴ「コレサワワンマンショー コレシアター03」を行なったコレサワが、2017年夏に日本クラウンよりメジャーデビューすることを発表した。

【その他の画像】コレサワ

1曲目の「J-POP」でいきなり着ぐるみをかぶって登場し幕を開けたこの日のライヴでは、コレサワの全アートワークを手掛けるウチボリシンペによる映像と多彩な照明、演出、時にはギターを置いてハンドマイクで会場を煽りながらのパフォーマンスなど、ワンマンならではのステージを繰り広げ観客を魅了。代表曲「君のバンド」「たばこ」を含む全16曲を披露したライヴ本編終了後に、アニメーション映像で冒頭のメジャーデビューの発表が行なわれた。

映像は、最新作『ジエイポップ』のジャケットに登場している2.5Dの「れ子ちゃん」がクラウチングスタートから走り出し、途中で日本クラウンの企業ロゴである王冠をかぶせられ、メジャーデビューが発表されるというもの。歓声で迎えられおもちゃの王冠をかぶってステージに再登場したコレサワは、MCの中で『お母さんにも今朝報告しました、こんな小娘のことを全力で応援してくれてるひとを大切にしなさい、と言われました。これからもコレサワをよろしくお願いします』と感無量の気持ちを伝え、超満員のオーディエンスからは祝福の声があがった。

アンコールでは新曲「これから」の後に「あたしを彼女にしたいなら」を披露。約2時間にわたって会場と一体化し、1年振りとなったワンマンは無事に幕を閉じた。

また、この日のライヴのエンディング映像で一部が公開されたが、コレサワの楽曲で女性シンガーソングライターが続々とカヴァーしている名曲「たばこ」が、3月7日(火)から全国のカラオケDAM独占で新しいMVの映像付きで歌えるようになることが決定した。コレサワ本人のヴァージョンについては現在入手できなくなっていたが、近日中にYouTubeにてMVの公開が予定されているとのこと。こちらも楽しみにしていてほしい。

(C)小坂茂雄

■【セットリスト】

M1 J-POP
M2 バックアップ
M3 トーキョー
M4 ショートカットに憧れて
M5 真っ赤な爪と牛乳
M6 悪いユメ
M7 最終電車
M8 シンデレラ
M9 君のバンド
M10 たばこ
M11 おやじ
M12 女子諸君
M13 シュシュ
M14 お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな
M15 SSW
M16 笑えよ乙女
EN1. これから
EN2. あたしを彼女にしたいなら

【関連リンク】
コレサワ オフィシャルHP
コレサワ、ダミーヘッドマイクで収録した「女子諸君」をワンマンライヴ来場者限定で無料配布
コレサワ、1年振りのワンマン開催&ツアー全公演で苗字に「コレ」が入る方を無料招待
コレサワ、新曲「J-POP」のMVを公開&全国の“コレサワさん”無料招待も

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

祝20周年! 結成20周年を迎える1997年結成バンド5選
Mon, 06 Feb 2017 18:00:00 +0900
「ピンクスパイダー」/RIZE (okmusic UP\'s)

1997年。この年から98年にかけて、CDの売り上げが最高潮に達する“音楽バブル”と呼ばれていた時代。シングルのミリオンヒットが16枚、アルバムのミリオンヒットが22枚と、現在では信じられないくらいCDが売れて、たくさんの音楽と夢があふれていたあの頃。音楽に夢を見た若者たちが結成したバンドは、今年で20周年を迎える。今回は今年、結成20周年を迎える5組のバンドをセレクト。1997年の時代背景とともに紹介したい。

【その他の画像】RIZE

■「脈拍」(\'17)/MUCC

GLAYがシングル「HOWEVER」をリリースし、200万枚を超えるダブルミリオンを達成。L\'Arc〜en〜Ciel、黒夢が勢いを見せる中、La\'cryma Christi、Plastic Tree、SHAZNAといったバンドがデビュー。一方、時代を牽引してきたX JAPAN、LUNA SEAが活動休止を発表するなど、ビジュアル系シーンが大きな転換期を迎えていた1997年。この年、茨城にて結成されたのがMUCC。今年は6月に日本武道館公演を控え、最新アルバム『脈拍』を掲げての全国ツアーもスタート。ツアー初日を観て来たばかりだが、20周年を迎えてなおヘヴィにラウドに、そしてエモーショナルにと進化し続けている彼らのアクトに大興奮! Ken(L\'Arc〜en〜Ciel)プロデュースによる『脈拍』も、またMUCCの新たな魅力に気付かされる名盤です!

■「ヒトリセカイ」(\'17)/10-FEET

インディーズシーンでは、『ANGRY FIST』をリリースしたHi-STANDARDが『AIR JAM\'97』を開催。HUSKING BEE、SUPER STUPID、COCOBUT、ヌンチャクといった最先端のパンク、ラウド系バンドが集結したフェスにキッズが大熱狂! 同年には山梨県富士天神山スキー場にて、伝説となっている第1回目の『フジロックフェスティバル』も開催。現在は全国に乱立する、ロックフェスの始まりとなった1997年。この年、京都にて結成されたのが10-FEET。日本を代表するロックフェスに成長した『京都大作戦』の主催者でもある彼ら。熱狂的なファンも多く、ライヴではダイブ、モッシュの嵐が起きる激しいバンドのイメージだが、「アンテナラスト」「ヒトリセカイ」と最近のリリースは心のより深いところを歌った叙情的かつ哀愁ある曲が続き、バンドがさらに進化、深化していることがうかがえる。年齢やキャリアを重ねた現在だからこその魅力が滲み出た、20年目の10-FEETもたまらなく良い。

■「不良品」(\'16)/氣志團

ロック、ヒップホップ、レゲエとさまざまなジャンルが熟し、ライブハウスにも個性的なバンドが溢れていたあの頃。僕も後に関わらせてもらうことになる、雑誌『インディーズマガジン』の当時のラインナップを見ても、Hi-STANDARD、イースタンユース、BLOODTHIRSTY BUTCHERS、ギターウルフ、ロリータ18号、QP-CRAZYなど、魅力的なバンドが目白押し! ライヴハウスが楽しすぎて、通い詰めていた1997年。この年、千葉県木更津市で結成されたのが氣志團。今年1月には結成二十周年記念公演『成人式』を行ない、まだ4人編成のインストバンドだった時代のメンバーでの演奏も披露。僕が初めて観た時は6人編成になったばかりで、「ONE NIGHT CARNIVAL」もすでに披露してたと思うのだが、その強烈な個性は他のバンドを圧倒し、僕を夢中にさせるのに十分すぎるものだった。ちなみに同時代に下北沢あたりでともに戦っていた戦友と言えるバンド、POLYSICKSも1997年結成。

■「ガガガを聴いたらサヨウナラ」(\'14)/ガガガSP

兵庫県神戸市で酒鬼薔薇事件が起き、18歳以下の少年による凶悪犯罪が注目された1997年。奇しくも同年、同じ兵庫県神戸市にて結成されたのが、ガガガSP。2000年代前半にGOING STEADY、175Rらとともに青春パンクブームと呼ばれる時代を牽引することになるこのバンド。まだ“青春パンク”なんて言葉もないこの時代、コザック前田が友人とともにフォークギターを担いで歌う、路上パフォーマンスから活動がスタート。その後、バンド形式となりガガガSPを名乗り、ライヴハウスでの活動を始めるのだが。フォークとパンクをベースとした土着的なサウンドと独特のヴーカルスタイルは初めて聴いた時から唯一無二だったし、今も変わらぬスタイルを貫く彼らが本当にカッコ良く美しいと思う。どうせ10代の悶々とした気持ちや抑えられないエネルギーを放つなら犯罪ではなく、ガガガのように音楽など違った表現で放つことが出来れば良かったのに!と彼に思う。

■「ピンクスパイダー」(\'06)/RIZE

1997年の洋楽CDランキングを見ても、Mariah Carey、Jamiroquai、OASIS、Aerosmith、2パックとさまざまなジャンルの音楽が並び、たくさんの良質な音楽があふれていた時代だったし、たくさんの選択肢があったことを改めて感じる1997年。この年、東京で結成されたのがRIZE。ミクスチャーロックという日本独自のジャンルも、それほど一般的ではなかったこの時代。実は吉祥寺のライヴハウスで前説をやっていた時、まだ高校生だったRIZEのライヴを観ているのだが、まったく新しい価値観を持つ若者の登場に、すげぇビビったことを覚えている。そんなRIZEが2006年にリリースしたのが、hide with Spread Beaverの「ピンクスパイダー」のカバー。洋楽邦楽、時代もジャンルも問わず、カッコ良いものを積極的に取り入れていくというスタイルは現在でこそ普通だが。その礎を作ったのはこの時代だし、彼らの世代だったと思う。

【関連リンク】
MUCC、BESTアルバム&カップリングBEST同時リリースを発表
『REALIFE』は当代随一のライブバンドである10-FEETが非凡なセンスを示した初期の傑作
2017年の幕開け、○○周年を迎えたバンドたち5曲
RIZE、『銀魂』ED曲「SILVER」のシングルリリースが決定

【関連アーティスト】
RIZE, 10-FEET, ガガガSP, 氣志團, MUCC
【ジャンル】


T.M.Revolution、全MVを収録した究極のオールタイム・ビジュアル・コレクションを5月に発売
Mon, 06 Feb 2017 17:30:00 +0900
T.M.Revolution (okmusic UP\'s)

T.M.Revolutionがデビュー20周年特別企画として、デビューから現在までに公開したすべてのMVを収録したオールタイム・ビジュアル・コレクションDVDを5月10日にリリースすることが決定した。

【その他の画像】T.M.Revolution

完成度の高い多くの映像作品をひとつのプロダクツに集約した、まさに「究極」ともいえるビジュアル・コレクション。収録曲などの詳細は後日発表されるとのことなので、続報を楽しみに待とう。

リリース直後の5月13日(土)・14日(日)にはさいたまスーパーアリーナで、デビュー20周年プロジェクトの集大成となるメモリアルライブ『T.M.R. LIVE REVOLUTION\'17 -20th Anniversary FINAL-』を開催することも決定しており、これからもその動向に期待が高まる。

■【リリース情報】

DVD&Blu-ray『タイトル未定』
2017年5月10日発売
【DVD(2枚組)】
ESBL-2473〜2474/¥5,500+税
【Blu-ray】
ESXL-116/¥6,500+税

■『T.M.R. LIVE REOLUTION\'17 -20th Anniversary FINAL-』

5月13日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
開場/開演:16:00/17:00
5月14日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
開場/開演:15:00/16:00

【関連リンク】
T.M.Revolution オフィシャルHP
「イナズマロック フェス 2016 リターンズ」にT.M.R.、UVER、マンウィズが出演!
T.M.Revolution主催『イナズマロック フェス』が2017年も開催決定!
T.M.Revolution、熱狂の新年武道館でメモリアルライヴ開催を発表

【関連アーティスト】
T.M.Revolution
【ジャンル】
ジャパニーズロック

amazarashi、新曲MVは『NieR:Automata』の世界観を表現した破壊と背徳の映像作品
Mon, 06 Feb 2017 17:00:00 +0900
「命にふさわしい」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

amazarashiが2月22日にリリースするニューシングル「命にふさわしい」のMVを公開した。

【その他の画像】amazarashi

新曲「命にふさわしい」は、2月23日に発売されるPS(R)4用RPG『NieR:Automata』との共創プロジェクトである「NieR:Automata meets amazarashi」の一環として秋田ひろむが書き下ろした楽曲。

もともとゲームフリークでもある秋田ひろむが、ファンであったゲームタイトル『NieR Replicant(NieR:Automataの過去作)』のディレクターヨコオタロウ氏を自らのライブに招待したことから、この共創プロジェクトがスタート。新作『NieR:Automata』の世界観を表現した本楽曲が生まれた。

秋田ひろむは、“NieR"と自分たちに共通するテーマとして、『命を投げ出すに値するほど、大切なものは何か』というテーマを掲げ楽曲を制作。今回公開したMVは『NieR:Automata』のディレクターであるヨコオ氏の原案を元に制作された映像作品となる。

ストーリーは「命にふさわしい」の初回生産限定盤に同梱される、ヨコオタロウ描き下ろしの同タイトル絵本『命にふさわしい』の物語から、一年後の世界が舞台。西暦11944年の遠い未来。とある"事件"の教訓から、巨大な廃墟のような工場で、一体の管理ロボットが旧時代の人間が残した人形を破壊し続けている様を描いていく。

■「NieR:Automata meets amazarashi」特設サイト
http://www.amazarashi.com/inochinifusawashi/

■「命にふさわしい」MV
https://youtu.be/HEf7p_7MjkM

■シングル「命にふさわしい」

2017年2月22日発売
【初回生産限定盤(NieR盤)】 (CD+DVD)
AICL-3275〜3278/¥1,800+税
※オリジナル絵本『命にふさわしい』同梱
(作:ヨコオタロウ/絵:幸田和磨)
※PlayStation(R)4『NieR:Automata』プロダクトコード「ポッドスキン:amazarashi ヘッド」封入
【通常盤】(CD)
AICL-3279/¥1,200+税
※初回仕様 三方背ケース
<収録曲>
■CD
1. 命にふさわしい
2. 幽霊
3. 数え歌
4. 命にふさわしい acoustic version
■DVD ※初回生産限定盤のみ
「命にふさわしい」MV
NieR:Automata Movie 119450310

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルHP
ASIAN KUNG-FU GENERATION、初のトリビュートにKANA-BOON・BLUE ENCOUNTら全12組が参加
amazarashi、新曲「命にふさわしい」をオフィシャルHPにて24時間限定公開
amazarashi、人気ゲーム『NieR』シリーズ最新作とコラボしたシングルJK写を公開

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ゲーム

MIYAVIの新曲が映画『無限の住人』主題歌に決定&4月にデビュー15周年記念ベスト盤を発売
Mon, 06 Feb 2017 16:00:00 +0900
MIYAVI (okmusic UP\'s)

MIYAVIの新曲「Live to Die Another Day - 存在証明 -」が、木村拓哉が主演する映画『無限の住人』の主題歌に決定した。

【その他の画像】MIYAVI

4月29日に公開される『無限の住人』は、三池崇史が監督を務め、世界へ向けて放つ“ぶった斬り"エンターテインメント映画。主題歌を担当したMIYAVIは『三池監督からは「作品の世界観と、お客さんが映画の扉を開けて元の現実に戻っていく、その架け橋であってほしい。ただ、作品に寄り添い過ぎなくても良い。そこはMIYAVIさんの解釈で作ってもらえば良い」と言われました。三池監督は今の日本の中で、無様にもがき、闘い続ける万次の姿を通して「お前は本気で生きているのか?」ということを伝えたかったんだと思うんです。熱くなろうぜ、熱くなっていいじゃないか!ともがき続ける、万次の生き方を、僕はどう音で表せるか。時に激しく、時に切なく。根幹にある万次の強さと凛とした部分を、この楽曲で表現できれば良いなと思いました。たぶん、万次の姿と木村さんを重ね合わせる人もたくさんいると思います。今後、木村さんは、一人のシンガー、エンターテイナー、アーティスト、そして男として、ここからどう戦っていくのか。僕は一アーティスト、一パフォーマー、個人としての木村拓哉という人を知って惹かれたし、もっと観たいなと思ったんです。僕らアーティストはワクワクさせてなんぼだと思いますし、ここまで人をワクワクさせてくれる木村さんには、日本の顔として、凛として存在していてほしい。やはり「無限の住人」は、彼の人生の新たなる岐路というか、出発点なんだろうなと思います。そういう意味で僕も音楽家としてこの作品に関わることができて光栄に思っていますし、刀の代わりにギターで、ともに戦わせてもらったという感覚です。』とコメントしている。

また、MIYAVIのデビュー15周年を飾る集大成ベストアルバム『ALL TIME BEST“DAY 2"』が発売されることが決定した。同作には過去のシングル楽曲から新たに録音した楽曲、新曲となる映画『無限の住人』主題歌「Live to Die Another Day -存在証明-」が収録されるほか、初回盤特典として、2016年に行なわれた『MIYAVI Japan Tour 2016“NEW BEAT, NEW FUTURE"Tour Final』の映像も収録される。

デビュー15周年を迎え、全世界に向けて挑戦し続ける“サムライ・ギタリスト"MIYAVIの動向に要注目だ。

(C)沙村広明/講談社 (C)2017 映画「無限の住人」製作委員会

■映画『無限の住人』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/

■【ベストアルバム発売についてMIYAVIよりコメント】

17で上京し、ただひたすら我武者羅にギターを弾いてきました。まだまだ道半ば、振り返ってる暇さえないですが、こうして一つの楔として本作品を発表できる事を嬉しく思うと同時に、何より応援し続けてくれるファンの皆の事を誇りに思います。皆にとっても誇りに思えるアーティストでいられるように、これからも変わらず、日々精進し続けます。さあ、DAY3 が始まります。

■映画『無限の住人』本予告
https://www.youtube.com/watch?v=SHQiWqvh1fo

■アルバム『ALL TIME BEST “DAY 2"』

2017年4月5日(水)発売
【初回限定盤】(2CD+DVD)
TYCT-69114/¥7,800+税
※スリーブケース付き
【通常盤】(CD)
TYCT-60097/¥2,500+税
<収録内容>
■CD DISC 1 -DAY 1- (初回限定盤、通常盤共通)
01. What\'s My Name ? - Day2 mix(新録)
02. Universe - Day2 mix (新録)
0. Ahead Of The Light - Day2 mix(新録)
04. 素晴らしきかな、この世界 ?What A Wonderful World - Day2 mix(新録)
05. Guard You- Day2 mix(新録)
06. Live to Die Another Day -存在証明-(新曲:映画『無限の住人』主題歌)
07. What\'s My Name ?
08. Survive
09. Torture
10. Strong
11. Day 1
12. Ahead Of The Light
13. Horizon
14. Secret
15. Real?
16. Let Go
17. The Others
18. Afraid To Be Cool
19. Fire Bird
20. Long Nights
■CD DISC 2 -DAY 0-
1. ロックの逆襲 -スーパースターの条件-
2. Freedom Fighters -アイスクリーム持った裸足の女神と、機関銃持った裸の王様-
3. 結婚式の唄-with BAND ver.-
4. セニョール セニョーラ セニョリータ
5. 愛しい人(ベタですまん。)-2006 ver.-
6. Dear my friend -手紙を書くよ-
7. 君に願いを
8. We Love You〜世界は君を愛してる〜
9. Selfish love -愛してくれ、愛してるから-
10. 咲き誇る華の様に -Neo Visualizm-
11. 素晴らしきかな、この世界 ?What A Wonderful World-
12. 陽の光さえ届かないこの場所で feat. SUGIZO
13. Girls, be ambitious.(インディーズ盤音源)
■DVD
MIYAVI Japan Tour 2016“NEW BEAT, NEW FUTURE"Tour Final 幕張メッセLIVE映像(約90分予定)
■特典Booklet
・新規撮影素材
・MIYAVI Japan Tour 2016“NEW BEAT, NEW FUTURE"オフショットスチール集

【関連リンク】
MIYAVI オフィシャルHP
MIYAVI、スイスの高級時計PIAGETのイベントで「Fire Bird」をパフォーマンス
MIYAVI、ファンタジスタ歌磨呂とコラボしたニューアルバムのジャケット写真公開
MIYAVI、「Afraid To Be Cool」MV公開&待望のニューアルバム発売決定

【関連アーティスト】
MIYAVI
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

TETSUYA、2017年のFC公演はアコースティック編成でのプレミアムな一夜に
Mon, 06 Feb 2017 15:00:00 +0900
TETSUYA(L’Arc〜en〜Ciel) (okmusic UP\'s)

毎年恒例となっているTETSUYA(L\'Arc〜en〜Ciel)のオフィシャルファンクラブ「C?LUXE(セリュックス)」の限定ライヴが4月28日(金) に開催されることが決定した。

【その他の画像】TETSUYA

2016年は2公演開催されたが、今年は東京・EX THEATER ROPPONGIにて「C?LUXE NIGHT VOL.3」と題し、アコースティック編成で1公演のみ開催する。また今回、初となるペアチケット席が販売されるので、ファンクラブに入っていない人もプレミアムなライヴを観られるチャンスだ。

チケットはファンクラブ会員を対象に、2月15日(水)から先行予約の受付を開始する。気になる方はオフィシャルHPにて詳細を確認してほしい。

■OFFICIAL FAN CLUB LIVE「C?LUXE NIGHT VOL.3」

4月28日(金) EX THEATER ROPPONGI
OPEN 18:00/START 19:00
<チケット>
料金:ペア ¥13,300(税込) 指定 ¥6,900(税込)
※ドリンク代¥500別

【関連リンク】
TETSUYA オフィシャルHP
Ken(L\'Arc〜en〜Ciel)主宰『MIDNIGHT PARTY ZOO 2017 〜AKi\'s Birthday Month〜』開催決定
L\'Arc〜en〜Ciel、大阪・夢洲の10万人動員ライヴ『L\'ArCASINO』を映像化
L\'Arc-en-Cielの新情報が止まらない! ラル代官様、新曲配信、コラボMV上映、MステSP!!

【関連アーティスト】
TETSUYA, L’Arc~en~Ciel
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GLIM SPANKY、オフィシャルモバイルサイト開設&新作リリースと野音ワンマン開催決定
Mon, 06 Feb 2017 14:00:00 +0900
GLIM SPANKY (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYのオフィシャルモバイルサイト「FREAK ON THE HILL」が2月6日(月)にオープンした。

【その他の画像】GLIM SPANKY

このオフィシャルモバイルサイトに登録すると最速チケット先行受付やオフショット動画、ラジオ、ゲーム、ツアー連動企画など、様々な会員限定サービスが楽しめる。松尾レミからは『何よりも自由な遊び場を作っていきます! スペシャルなグッズやコーナーを準備しているので、男の子も女の子も遊びに来てね!』とのコメントが届き、亀本寛貴からも『楽しいコンテンツをたくさん用意してます! ぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです! 僕の動画も楽しみにしててください!』というコメントが届いている。「FREAK ON THE HILL」では、早くも会員限定グッズの販売がスタート。こちらは数量限定なので、この機会にぜひ手に入れてほしい。

さらに、4月12日(水)にはミニアルバム『I STAND ALONE』の発売が決定。詳細は後日オフィシャルHPで発表される。さらに6月には『GLIM SPANKY 野音ライブ 2017』の開催が決定。オープンしたばかりの「FREAK ON THE HILL」では会員限定の最速チケット先行受付を開始しているので要チェック!

野音ライブの決定に対して、GLIM SPANKYは『初の屋外会場でのワンマン・ライブなので、とても素敵な景色になると思います! ぜひ遊びに来てください! 晴れるように願っててね!』とコメント。2017年も、全国各地に熱風を届けるGLIM SPANKY。今後の動向からも目が離せそうにない。

Live Photo by KAMIIISAKA HAJIME

■オフィシャルモバイルサイト「FREAK ON THE HILL」
http://sp.glimspanky.com/

■『GLIM SPANKY 野音ライブ 2017』

6月04日(日) 東京 日比谷野外大音楽堂
6月17日(土) 大阪 大阪城音楽堂

【関連リンク】
GLIM SPANKY オフィシャルHP
2016年、俺が選ぶ邦楽ロック名曲アワード5選
GLIM SPANKY、初の全国ツアー最終公演で圧巻のパフォーマンスを披露
GLIM SPANKY、ツアーファイナルをニコ生で中継することが決定!

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GENERATIONS、ニューシングル「太陽も月も」は恋愛感情の変化を表現したロックナンバー
Mon, 06 Feb 2017 13:00:00 +0900
GENERATIONS from EXILE TRIBE (okmusic UP\'s)

GENERATIONS from EXILE TRIBEが2017年第一弾シングル「太陽も月も」を4月12日(水)にリリースすることが決定した。

【その他の画像】GENERATIONS from EXILE TRIBE

本作は、恋愛感情の変化や明暗を表現した歌詞をアップテンポなメロディーに乗せた、印象的なギターイントロから始まるパワフルなロックナンバー。誰もが一度は口ずさみたくなるようなリズムに、体も心も勝手に動き出してしまうことは間違いない。

また、同楽曲は2月6日より全国オンエアされている洋服の青山『AOYAMA PRESTIGE TECHNOLOGY』の新CMソングにも起用されている。メンバーの白濱亜嵐が出演している新CM「Lost and Found」篇は、新生活を迎えたフレッシャーズのあわただしい朝の一場面や鏡の前に立つ白濱のフレッシュなスーツ姿が印象的だ。

なお、CM放映に合わせて、CM内に登場するオリジナルキーホルダーのレプリカがもらえるキャンペーンが近日スタートを予定している。さらなる活動の幅を広げるGENERATIONSに期待が高まる。

■洋服の青山「Lost&Found」篇 CM
https://youtu.be/bSy6_D-gmao

■シングル「太陽も月も」

2017年4月12日(水)発売
【CD+DVD】
RZCD-86345/B/¥1,800+税
【CD ONLY】
RZCD-86346/¥1,000+税
<収録曲>
■CD ※2形態共通
1.太陽も月も
ほか未定
■DVD ※CD+DVDのみ
・太陽も月も(Music Video)

《全国CDショップ共通特典》
B2サイズオリジナルポスター
【CD+DVD】 【CD ONLY】いずれか1枚お買い上げで1枚プレゼント!
■対象店舗
全国CDショップ、ECサイト
※一部取扱いのない店舗、ECサイトがございますので、ご購入の際に必ずお確かめください。
※先着特典となります。数には限りがございますのでご注意ください。

《EX FAMILY OFFICIAL CD・DVD SHOP、LDH official mobile CD/DVD SHOPオリジナル特典》
オリジナルフォトカード
【CD+DVD】 【CD ONLY】いずれか1枚お買い上げで1枚プレゼント!
■対象サイト
・ファンクラブ会員の方(EX FAMILY OFFICIAL CD/DVD SHOP)
https://exfamily.jp/
・モバイルサイト会員の方(LDH official mobile CD/DVD SHOP)
http://m.tribe-m.jp/

■【歌詞解説】

恋人と過ごす恋愛の日々は、
泣いたり、笑ったり、喜怒哀楽の繰り返し。好きでたまらないけれどときには幸せを感じられない瞬間もある。

求め合ったり、傷つけ合ったりしながら、
春夏秋冬、巡る季節を越え、
恋人たちはお互いを理解しあい、
愛を深めていくのかもしれない。

恋愛における男と女の関係は、
まるで太陽と月のように、いろんな表情を見せるもの。

そんな恋愛感情の変化や明暗を、
「太陽」と「月」の関係で表現しているのが、
「太陽も月も」というこの楽曲。

太陽は夜の月を照らしているし、月は太陽に照らされているからこそあんなに綺麗に光る。

恋愛の性質は、決して交わることのない
太陽と月みたいなものだけれど、
実はそれは、
表裏一体のものなんだということに気づかされる。

【関連リンク】
GENERATIONS from EXILE TRIBE オフィシャルHP
4大ドーム18公演で開催した『HiGH & LOW THE LIVE』が映像化
LDHは“LDH JAPAN”へ! 2017年プロジェクト大発表!
GENERATIONS、『GENERATIONS LIVE TOUR 2016 “SPEEDSTER"』 ティザー映像公開

【関連アーティスト】
GENERATIONS from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP, ダンス/ハウス/テクノ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1