歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年01月31日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
BIGBANG、T.O.P入隊前ラスト公演を収録したLIVE DVD&Blu-rayが発売決定
Tue, 31 Jan 2017 20:00:00 +0900
BIGBANG (okmusic UP\'s)

BIGBANGが、2016年12月29日に京セラドーム大阪にて行なわれたツアーファイナルを完全収録したLIVE DVD&Blu-rayを3月22日(水)に発売することがわかった。

【その他の画像】BIGBANG

T.O.Pの入隊前フルメンバーでの最後の日本ツアーとなった『BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-』。

2012年11月23日に自身初のドーム公演を京セラドーム大阪で行ない、2016年12月29日のツアーファイナルまで、4年連続ドームツアー全71公演で350万9,500人を動員。そんなドーム公演の始まりの地である京セラドーム大阪で、10年の軌跡を振り返るかのごとく披露された、新旧を代表するヒット曲全22曲約3時間。ファンにとって、またBIGBANGにとっても忘れられない一夜を余すところなく収録したメモリアルな映像作品となっている。

さらにはドームツアー全公演に完全密着し、ツアーにかける想い、10年間支え続けてくれたファンへの感謝の気持ちを語ったメンバーインタビューをふんだんに盛り込んだツアードキュメンタリー映像も同時収録。

初回生産限定となる豪華フォトブック付きSPECIAL BOX仕様のDELUXE EDITIONには、上記コンテンツはもちろん、ファンイベント『BIGBANG SPECIAL EVENT -HAJIMARI NO SAYONARA-』、ツアー各公演MC名珍場面集『SPECIAL FEATURES』、各公演のライブ映像で特別編集した『COLLECTION OF BEST MOMENTS』、さらにマルチアングル映像と、トータル約10時間の大ボリュームの映像を収録するほか、2枚組LIVE CDまでもパッケージング予定となっている。

また2月15日(水)には、ファン待望の日本版フルアルバム『MADE』の発売も決定。日本でのアルバム発売は、自己最高のアルバム週間売上枚数でオリコン週間アルバムランキング初登場1位を記録した『MADE SERIES』以来約1年ぶりとなる。

ラインナップは、メンバーソロバージョン(全5種)を含む全10形態。「FXXK IT」「LAST DANCE」「GIRLFRIEND」といった最新楽曲3曲、そして「BANG BANG BANG」「LOSER」「IF YOU」日本語バージョン3曲を含む全14曲が収録される。

DVD/Blu-ray付のタイプには、全11本のMV、MVメイキングなどの特典映像に加え、3年連続ヘッドライナーとして出演した8月27日東京公演の『a-nation stadium fes. 2016』のライブ映像(70分)を完全収録。さらに初回生産限定の豪華フォトブック付きDELUXE EDITIONには、上記コンテンツのほか、4都市27公演で28万人を動員した『BIGBANG FANCLUB EVENT 〜FANTASTIC BABYS 2016〜』(164分)もコンパイルし、トータル約5時間の映像コンテンツが堪能できる超豪華内容となっている。

また来年4月には、D-LITE初のソロドームツアー開催も決定。ファン待望の『D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017』は、4月15日(土)・16日(日)西武プリンスドーム、4月22日(土)・23日(日)京セラドーム大阪の2大ドームで開催される。ソロとしては2015年1月〜2月開催の『Encore!! 3D Tour [D-LITE DLive D\'slove]』以来約2年2か月ぶりのステージとなり、今回は自身最大規模の2都市4公演で20万人を動員する見込み。また、ワンツアーで西武プリンスドーム・京セラドーム大阪の2大ドーム公演開催は、2013年のBIGBANGリーダー・G-DRAGON以来、海外ソロアーティスト史上2人目の快挙となる。こちらもぜひチェックしてほしい。

■DVD&Blu-ray『BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-』

2017年3月22日発売
【[DVD(4枚組)+LIVE CD(2枚組)+PHOTO BOOK+スマプラムービー&ミュージック] -DELUXE EDITION-】(初回生産限定)
AVBY-58473〜6/B〜C/¥12,300+税
仕様:SPECIAL BOX+フォトブック
封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード+メンバーソロカード(1種ランダム)
【[Blu-ray(3枚組)+LIVE CD(2枚組)+PHOTO BOOK+スマプラムービー&ミュージック] -DELUXE EDITION-】(初回生産限定)
AVXY-58477〜9/B〜C/¥13,300+税
仕様:SPECIAL BOX+フォトブック
封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード+メンバーソロカード(1種ランダム)
<収録曲>
《DVD_DISC1〜4・Blu-ray_DISC1〜3》
■BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL- [TOUR FINAL @ KYOCERA DOME OSAKA (2016.12.29)]
-OPENING MOVIE-
MY HEAVEN
WE LIKE 2 PARTY -KR Ver.-
HANDS UP
-MC 1-
BAD BOY
LOSER
-MC 2-
ガラガラ GO!!
-BAND JAM-
LET\'S TALK ABOUT LOVE + STRONG BABY / V.I
古い日記 + ナルバキスン (Look at me, Gwisun) / D-LITE
-MC 3-
じょいふる / D-LITE&V.I
HEARTBREAKER + CRAYON / G-DRAGON
HIGH HIGH / GD&T.O.P
GOOD BOY / GD X TAEYANG
PRETENDED + DOOM DADA / T.O.P
EYES, NOSE, LIPS -KR Ver.- / SOL
ONLY LOOK AT ME + RINGA LINGA -KR Ver.- / SOL
IF YOU
HaruHaru -Japanese Version-
-MC 4-
BANG BANG BANG
FANTASTIC BABY
SOBER -KR Ver.-

-ENCORE MOVIE-
LAST FAREWELL + FEELING + LIES
声をきかせて
-PERFORMER INTRODUCTION-
BAE BAE -KR Ver.-
■DOCUMENTARY OF BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-
■SPECIAL FEATURES
■COLLECTION OF BEST MOMENTS
■MULTI ANGLE
■BIGBANG SPECIAL EVENT -HAJIMARI NO SAYONARA-
《CD_DISC1〜2》
■BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL- [TOUR FINAL @ KYOCERA DOME OSAKA (2016.12.29)]
・MY HEAVEN
・WE LIKE 2 PARTY -KR Ver.-
・HANDS UP
・BAD BOY
・LOSER
・ガラガラ GO!!
・LET\'S TALK ABOUT LOVE + STRONG BABY / V.I
・古い日記 + ナルバキスン (Look at me, Gwisun) / D-LITE
・じょいふる / D-LITE&V.I
・HEARTBREAKER + CRAYON / G-DRAGON
・HIGH HIGH / GD&T.O.P
・GOOD BOY / GD X TAEYANG
・PRETENDED + DOOM DADA / T.O.P
・EYES, NOSE, LIPS -KR Ver.- / SOL
・ONLY LOOK AT ME + RINGA LINGA -KR Ver.- / SOL
・IF YOU
・HaruHaru -Japanese Version-
・BANG BANG BANG
・FANTASTIC BABY
・SOBER -KR Ver.-
・LAST FAREWELL + FEELING + LIES
・声をきかせて
・BAE BAE -KR Ver.-

【DVD(2枚組)+スマプラムービー】
AVBY-58480〜1/¥7,300+税 
初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード
封入特典:メンバーソロカード(1種ランダム)
【Blu-ray(2枚組)+スマプラムービー】
AVXY-58482〜3/¥8,300+税
初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード
封入特典:メンバーソロカード(1種ランダム)
<収録曲>
《DVD_DISC1〜2・Blu-ray_DISC1〜2》
■BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL- [TOUR FINAL @ KYOCERA DOME OSAKA (2016.12.29)]
-OPENING MOVIE-
MY HEAVEN
WE LIKE 2 PARTY -KR Ver.-
HANDS UP
-MC 1-
BAD BOY
LOSER
-MC 2-
ガラガラ GO!!
-BAND JAM-
LET\'S TALK ABOUT LOVE + STRONG BABY / V.I
古い日記 + ナルバキスン (Look at me, Gwisun) / D-LITE
-MC 3-
じょいふる / D-LITE&V.I
HEARTBREAKER + CRAYON / G-DRAGON
HIGH HIGH / GD&T.O.P
GOOD BOY / GD X TAEYANG
PRETENDED + DOOM DADA / T.O.P
EYES, NOSE, LIPS -KR Ver.- / SOL
ONLY LOOK AT ME + RINGA LINGA -KR Ver.- / SOL
IF YOU
HaruHaru -Japanese Version-
-MC 4-
BANG BANG BANG
FANTASTIC BABY
SOBER -KR Ver.-

-ENCORE MOVIE-
LAST FAREWELL + FEELING + LIES
声をきかせて
-PERFORMER INTRODUCTION-
BAE BAE -KR Ver.-
■DOCUMENTARY OF BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-

■『D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017』

4月15日(土) 西武プリンスドーム
4月16日(日) 西武プリンスドーム
4月22日(土) 京セラドーム大阪
4月23日(日) 京セラドーム大阪

【関連リンク】
BIGBANG オフィシャルHP
BIGBANGが海外アーティスト史上初となる4年連続、78万1,500人動員のジャパンドームツアー終了
BIGBANG、2017年2月に待望のニューアルバムを日本でリリース!
BIGBANG、海外アーティスト史上初の4年連続ドームツアーがついに開幕

【関連アーティスト】
BIGBANG
【ジャンル】
K-POP

IA&ONE、アニバーサリー特番で重大発表を連発!
Tue, 31 Jan 2017 19:00:00 +0900
「Reload」 (okmusic UP\'s)

1月27日、生誕5周年を迎えたヴァーチャルアーティストIAと、生誕2周年を迎えたONEのアニバーサリー特番『IA 5th & ONE 2nd Anniversary -Special Talk & Live-』が、世界同時配信された。

【その他の画像】IA

IAは、CeVIOトークボイス『IA TALK-ARIA ON THE PLANETES-』が3月1日(水)に発売されることを発表。さらに体験版のフリーダウンロードを放送中から開始した。また、3月24日(金)にメルボルン、メキシコの2都市でライヴを開催することもアナウンス。ヴァーチャルアーティストならではの2ヶ国での同日ライヴ開催となる。これまでIAは、世界7都市でのライヴ、世界100都市でのライヴ上映会キャラバンを実施しており、通算世界9都市でのライヴ開催となる。

そしてONEは、現在『ONEアプリ』が開発されていることを発表。これとあわせ、ONEとリアルタイムでやりとりをしているかのようなティザー映像が反響を呼んでいる。

また、IA&ONEとして、番組内で「ARライブ」を5曲オンエア。特に、今回のアニバーサリー記念の新曲「Reload」では、忍者をモチーフにした新衣装に身をまとい、曲中では殺陣も披露するなど躍動感あふれるパフォーマンスを披露。こちらの動画はすでにYouTubeにて公開されているので要チェックだ。

今回のアニバーサリー特番はアーカイブ視聴も行なっているので、当日生放送を見逃したファンもぜひ視聴してほしい。

■アーカイヴ視聴URL
・ニコニコ生放送(2月26日 23:59まで)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv286947699
・Facebook Live(1月31日 23:00まで)
https://www.facebook.com/IA.WORLD.PAGE/videos/2046132725613260/

■【IA Talk 詳細】

IA Talk(CeVIO Creative Studio S専用トークボイス)
発売日:2017年3月1日(水)
価格:未定
販売形態:ダウンロード販売
■下記サイトにて、体験版配布中
http://1stplace.co.jp/works/specialized/iatalk/
※体験期間:一律2月28日(火)まで

【関連リンク】
IA オフィシャルHP
ONE オフィシャルHP
バーチャルアーティストIA&ONE、アニバーサリー特番世界配信決定
KOHH、無料リリースの新作音源にてボーカロイド・IAと共演!

【関連アーティスト】
IA, ONE
【ジャンル】
ネットカルチャー, ボーカロイド

休日課長(ゲスの極み乙女。)が新プロジェクトDADARAYを結成! ミニアルバム発売&MV公開へ
Tue, 31 Jan 2017 18:00:00 +0900
DADARAY (okmusic UP\'s)

ベーシストの休日課長(ゲスの極み乙女。)が、新プロジェクトDADARAYを結成し、4月5日(水)にミニアルバム『DADAISM』をリリースすることが明らかになった。

【その他の画像】ゲスの極み乙女。

同バンドは、休日課長、ボーカリストのREIS、ボーカリストのえつこからなる3人組。えつこはkatyusha名義でも活動し、ゲスの極み乙女。とindigo la Endではレコーディングやライブサポートも務めている。

大人な雰囲気を感じさせる上質なポップスを軸とした音楽を表現したいと休日課長がREISとえつこに声をかけ意気投合し、何度かのスタジオセッションを経て正式に結成。楽曲制作を旧知の仲であるゲス極メンバーの川谷絵音に依頼した。

バンド名のDADARAYは「既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とするDADAISMのDADAと光を意味するRAYを組み合わせた造語で、既成の秩序や常識を破壊する光」という意味合いが込められている。

また今回、彼らの新曲「イキツクシ」のMVが公開となった。『DADAISM』にも収録される同曲のMVで監督を務めているのは、高橋優やキュウソネコカミら数多くのバンド・ミュージシャンの作品を手がける加藤マニ。

"虚無の光"と訳せそうなバンド名と協奏するように、本作でも歌われる「光を見せて虚無を見せて」というワードをテーマに制作されたMVは、DADARAYの曲が持つ世界観と見事にマッチしている。郷愁を感じさせるピアノの音色に優しく寄り添うREISの魅力的な歌声から幕を開ける同楽曲は、繊細なメロディに力強いグルーブが絡み合い、DADARAYというバンドが持つクオリティの高さ、そして底知れぬ可能性を感じさせる1曲に仕上がっている。

またMVの衣装は、森川マサノリがデザイナーを務めるCHRISTIAN DADAが担当。CHRISTIAN DADAの「アドレッセンス性を持ったプロダクトアウト」(単に服を『着る』というだけの概念にとらわれず、各個人のアイデンティティを1つのツールとして表現)にDADARAYが共鳴し今回のコラボレーションが実現した。

そして、2月23日(木)には下北沢ERAにてバンドの主催イベントを開催することが決定。DADARAYの初ライブとなるため、お見逃しなく。

■【加藤マニ監督 コメント】

"虚無の光"と訳せそうなバンド名と協奏するように
本作でも歌われる「光を見せて虚無を見せて」という
ワードがこのビデオのテーマです。
現実と離れてしまった過去の甘美な思い出は
正しく「虚無の光」でもあり、
そこに光を感じることもまた虚無と言えるでしょう。
しかしながらバンド名に冠された”DADA”は、
虚しさを根底にした、常識への否定や破壊という意味も含まれる以上、
自らの、そして皆さんの虚無を焼き尽くす光線と考えることもできます。
この曲とビデオがその新しい狼煙になることを願っています。

■「イキツクシ」MV
https://youtu.be/RVwj5o7AUxc

■ミニアルバム『DADAISM』

2017年4月5日(水)発売
QYCL-10009/¥1,200(税込)
<収録曲>
1. イキツクシ
2. block off
3. ダダイズム
4. 美しい仕打ち
5. 灯火

■DADARAY presents「DADAIST vol.1」

2月23日(木) 下北沢ERA
OPEN/19:00 START/19:30
出演:DADARAY / susquatch / DJ 有るジェルゴッドリッジ
<チケット>
受付開始日:2月4日(土)AM10:00〜
購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通):
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002214610P0030001

【関連リンク】
DADARAY オフィシャルHP

【関連アーティスト】
ゲスの極み乙女。, DADARAY
【ジャンル】
J-POP

一瞬だけ輝いたアーティストの極めつけディスコヒット5曲(その1)
Tue, 31 Jan 2017 18:00:00 +0900
一瞬だけ輝いたアーティストの極めつけディスコヒット5曲 (okmusic UP\'s)

ディスコヒットを飛ばした多くのグループたち。中には連続ヒットを目指すものの、たった1曲で消えてしまったグループやシンガーも少なくない。今回は、ディスコで一瞬だけ輝いたアーティストたちを紹介してみよう。

【その他の画像】Anita Ward

■気持ち良く踊れなければヒットしないディスコ・シーン

ディスコの全盛時代、何がヒットするかは実際にディスコでオンエアされるまで分からなかった。聴いていると「これは売れる!」と思っても、ディスコでは大コケになったりすることは少なくない。

もちろん、それらの中にはディスコの土俵のみで勝負したアーティストもいれば、普通のポピュラー音楽をやっていてディスコに参入したミュージシャンもいる。ロックやジャズの世界ならキャリアと実績があれば、そこそこのセールスが予想できたりもするのだが、ディスコの世界は非情だ。どんなに実績を積んできたアーティストでも気持ち良く踊れなければ売れない。そういう意味では1曲でもディスコで大ヒットを出せれば文句は言えないのかもしれない。しかし、消えていったアーティストたちが、その後ポピュラー音楽界で返り咲いたケースは実に少ない。そういう意味では、ディスコでの成功と失敗がアーティストの将来にとって、大きな試金石であったことは間違いないだろう。

それでは、一瞬だけ輝いたアーティストによる極めつけのディスコヒットを5曲セレクトしてみよう。

■1.「フライ・ロビン・フライ(原題:Fly, Robin, Fly)」(‘75)/シルバー・コンベンション

女性3人組で、ミュンヘンから登場したグループ。ずっと活動していたわけではなく、西ドイツのスタジオミュージシャンふたりによるディスコ向け企画のために集められたチームであった。踊りやすいミディアムテンポのリズムに、ゴージャスなストリングスと単純なリフを繰り返すヴォーカルが乗るというスタイルで、まさかの全米ディスコチャート1位を獲得している(前週の1位はKC&ザ・サンシャイン・バンドの「That’s The Way(I Like It)」)。初期のディスコの鉄板とも言える、ストリングス・単純なリフ・約100前後のBPMという大原則を守ったナンバーで、アメリカの汗臭いファンクと違い、ミュンヘンの音はこの頃すでに無機的なサウンドになっており、のちのユーロビートにつながるプロデュースがなされていたことは興味深い。なお、このグループは翌年の「恋のブギー(原題:「Get Up And Boogie」)」も大ヒット、ディスコチャートで2位となるが、その後は低迷し消えてしまった。メンバーのひとりペニー・マクリーンは、グループの活動と並行してソロとしてもアルバムをリリースし、「フライ・ロビン・フライ」と同じ75年に「レディ・バンプ(原題:Lady Bump)」をディスコでヒットさせている。ソロ作はどちらかと言えばポップロック的なテイストで、こちらが彼女の本来の姿なのかもしれない。

■2.「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック(原題:Play That Funky Music)」(‘76)/ワイルド・チェリー

アメリカの白人ファンク・ロックグループによる文字通りのファンキーなナンバーで、日本のディスコでもバカ受けしたのがこれ。完全にスライ&ザ・ファミリー・ストーンのサウンドを真似ているのだが、本人たちの狙い通り当時のディスコのニーズにマッチした曲となった。演奏もヴォーカルも上手いので、ヒットを出し続けるのではないかと思いきや、これ1曲で終わってしまった。この曲が当時のディスコ向けの曲としては完璧な仕上がりであったがゆえに、悲劇となったのである。以降も次々とリリースするものの、どうしてもこの曲を超えられず…というか、似たような曲ばっかり出すもんだから、売れなかった。似たような曲なら本家を聴くのは当然で、もうちょっと頭使ったほうが良かったのではないかと思う。ただ、未だにこの曲の愛好者は多く、ディスコがクラブに変わっても流され続けているのだから凄い。

■3.「リング・マイ・ベル(原題:Ring My Bell)(‘79)/アニタ・ワード

サザンソウルシンガーのフレデリック・ナイトが、もともとは未成年歌手のステイシー・ラティソーに書いた曲。歌の内容が性的にきわどいということで、大人のアニタ・ワード(綴りは“Anita Ward”なので、正しくはアニタ・ウォード)が歌ったのだと思われる。曲の冒頭で繰り返し登場するシンドラムの音色が、懐かしいというか恥ずかしい。この頃はすでにアナログシンセが多用されていて、75〜78年ぐらいの音楽と比べると2、3年しか経っていないのに急に軽くなっていて、80年代のテクノ時代を目前に控え、シンセポップへの助走が始まっていることが分かる。曲は全米ディスコチャートで1位となり、日本でも大ヒットした。サビの部分の哀愁味を帯びたコード進行が日本人の琴線に触れたのだろう。ただ、彼女はディスコ向けシンガーではなく、普通のR&Bを歌いたかったようで、そういう意味では登場するのが早すぎたのかもしれない。ブラコン全盛の時代であればおそらくもう少し人気が長続きしたような気がするのだが、残念ながらこれ1曲でフェイドアウトしてしまった。元はゴスペル歌手で敬虔なクリスチャンでもあるだけに、アル・グリーンがそうであったように、彼女もまたポップ歌手であることがイヤになったのかもしれない。

■4.「ソウル・ドラキュラ(原題:Soul Dracula)」(‘76)/ホットブラッド

ディスコでヒットした曲の中でも、おバカ路線としては最高峰に属するナンバー。ホットブラッドはフランスのスタジオミュージシャンが集まり、ディスコのみでヒットすることを目標に結成されている。この曲は僕が高校生の頃に出たのだが、なぜか一般リスナーに受けて大ヒット。毎日のように商店街やラジオでかかっていた。田舎のロック好きの高校生にしてみると、この曲が誰をターゲットにしてリリースされたのかまったく分からず、その意味を見つけたかったのだが、ちょうど同時期に登場したピンクレディの「ペッパー警部」や「SOS」(どちらも76年の大ヒット)を聴いて合点がいったことを覚えている。それからは「ソウル・ドラキュラ」も違和感なく接するようになった(笑)。日本のディスコ黎明期において「ソウル・ドラキュラ」は大ヒットしたが、それだけにとどまらずオリコン7位まで上昇し、普段は音楽を聴かない人でもシングル盤を買いに行ったと言われるぐらい売れた。アジアン・テイストのメロディーと、洗脳されるかのようなスキャットが日本人の感性にぴったりハマったとしか思えない。50歳以上のディスコファンには忘れられないナンバーだと思う。歌詞はさておき、よくできた曲だ。

■5.「スカイ・ハイ(原題:Sky High)(’75)/ジグソー

中年以上の人なら、知らない人はいないと断言できるほど日本ではよく知られた曲。それはディスコではなくテレビの話で、当時はミル・マスカラスというメキシコの覆面レスラーに人気が集中し、彼がテレビに出る日は町で遊ぶ人が減るぐらいの人気プロレスラーであった。その彼の入場曲がこの「スカイ・ハイ」なのだ。1975年にこの曲がリリースされた時、アメリカ(ジグソーはイギリスのポップスグループ)では3位にランクインし、イギリスでも9位と大ヒットするのだが、日本では2年後の77年にオリコンの洋楽チャートで1位を獲得し、年間1位となる。その理由はもちろん、この年にマスカラスが入場曲にしたからである。AOR寄りの甘いメロディーとドラマチックなストリングスで、スターの入場には相応しいナンバーであったと思う。ディスコでも大ヒットしたが、この曲に限って言えば、ディスコとディスコ以外を比べてもヒットとしては同じぐらいの割合だったのではないだろうか。要するに、日本人が好きなパターンの曲なのだ。イギリスのグループだけに、クイーンやポール・マッカートニーの作風に似たところがある。ただ、アレンジが大げさすぎるんだよなぁ。ディスコで聴く(というか踊る)と気分がアガるので良いのだが、普通に聴くとなるとやりすぎになってしまう。ジグソーは悪いグループではないが、76年になるとAORの全盛を迎え、ボズ・スキャッグスやマイケル・フランクスなどが登場すると、そのセンスの良さは圧倒的で、ジグソーの厚化粧的サウンドが際立ってしまい、生き残ることはできなかった。

【関連アーティスト】
Anita Ward, Jigsaw, Wild Cherry, シルヴァー・コンヴェンション/SILVER CONVENTION, Hot Blood
【ジャンル】


ネイザン・イースト、最新アルバムが日米で快挙! ビルボード・ジャズアルバムチャートで初登場1位を獲得
Tue, 31 Jan 2017 17:00:00 +0900
アルバム『レヴェランス(Reverence)』 (okmusic UP\'s)

ネイザン・イーストの最新アルバム『レヴェランス(Reverence)』が、アメリカのBillboard Top Current Jazz Albumsで初登場1位に輝いた。

【その他の画像】NATHAN EAST

1月11日に日本国内盤が世界先行発売され、Billboard Japan Top Jazz Albums Salesで初登場1位を獲得し、すでに2週に渡ってトップの座に輝いている同アルバム。アメリカでは1月20日に発売され、日米で1位という快挙を成し遂げた。

世界中が保守的になって様々な問題が起こっている世界情勢のなかで、他を尊敬し思いやることが唯一、平和につながること。ネイザン・イーストは音楽を通して学んだ上で、それが音楽の役割だと思うと常々語っている。ソロ2作目となるアルバムのタイトル『Reverence(深い尊敬)』は、ミュージシャンであり1人の人間である彼の生き方そのものだ。

今回のアルバムには、先行配信され、米国ビルボードスムースジャズチャートで7週間に渡って第1位に輝いたリード曲「Lifecycle」を筆頭に、25年ぶりに発見されたエリック・クラプトン、フィル・コリンズの音源が録音された幻のアナログテープを元にアース・ウィンド&ファイアーのメンバーらがトラックを重ねた「Serpentine Fire(邦題:太陽の戦士)」のカヴァーなど、話題曲が満載。

ネイザン・イーストは今回のアルバムについて下記のように語っている。

「自分の人生を振り返ると、実にたくさんの先輩たちに知恵を授かり、人生の道しるべを示してもらったことに気付く。彼らが道を開いてくれたからこそ今日の音楽があり、彼らがいなかったら現在の僕はない。そんな思いを込めて2枚目のソロアルバムを『Reverence(深い尊敬)』と名付け、僕に影響を与えてくれたアーティストに共演をお願いした。それが自分なりの彼らへの敬意の表し方だと思ったからだ。」

まさにその言葉通り、EW&Fのフィリップ・ベイリー、ゴスペル界の大御所ヨランダ・アダムス、グラミー賞受賞サックス奏者のカーク・ウェイラム、グラミー賞受賞12回を誇るジャズ界の巨匠チック・コリア、『アメリカン・アイドル・シーズン2』の優勝歴をもつルーベン・スタッダードと、素晴らしいアーティストたちとの共演を実現。グラミー賞受賞作を含む2,000以上のアルバム作品にクレジットされ、世界で最もレコーディングを行なったセッションベーシストの1人に数えられるネイザン・イーストの人望の厚さを改めて感じるアルバムとなっており、今回の日米両チャートでの第1位獲得も納得だ。

また、ネイザン・イーストは2月23日(木)〜2月24日(金)にかけて今作を携えたビルボードライブ東京来日公演が決まっている。前日の2月22日(水)にはヤマハ銀座スタジオにて『NATHAN EAST VIP ファンミーティング』と銘打ち、通常見ることの出来ないリハーサル風景の公開や、バンドメンバーとの交流、さらにはネイザン本人とトーク形式で交わることができるファンイベントの開催も予定。ぜひ合わせてチェックしてみてほしい。

■アルバム特設サイト
http://www.yamahamusic.co.jp/nathaneast/reverence/

■アルバム『レヴェランス(Reverence)』

発売中
YCCW-10295/¥2,500+税
※12Pブックレット、約3,500文字のライナー・ノーツ、歌詞対訳付き
<収録曲>
全14曲収録(日本盤ボーナス・トラック2曲含む)
01. ラヴズ・ホリデイ(フィーチャリング・フィリップ・ベイリー)
Love’s Holiday (Feat. Philip Bailey)
02. ライフサイクル
Lifecycle
03. イレヴンエイト
Elevenate
04. サーペンティン・ファイアー(フィーチャリング・フィリップ・ベイリー, ヴァーディン・ホワイト・アンド・ラルフ・ジョンソン・オブ・アース・ウィンド&ファイアー)
Serpentine Fire (Feat. Philip Bailey, Verdine White and Ralph Johnson of Earth, Wind & Fire)
05. フィールズ・ライク・ホーム(フィーチャリング・ヨランダ・アダムス)
Feels Like Home (Feat. Yolanda Adams)
06. ハイアー・グラウンド(フィーチャリング・カーク・ウェイラム)
Higher Ground (Feat. Kirk Whalum)
07. ザ・ムード・アイム・イン(フィーチャリング・ニッキ・ヤノフスキー)
The Mood I’m In (Feat. Nikki Yanofsky)
08. オーヴァー・ザ・レインボウ(フィーチャリング・ノア・イースト)
Over The Rainbow (Feat. Noah East)
09. シャドウ (フィーチャリング・チック・コリア)
Shadow (Feat. Chick Corea)
10. パサン
Pasan
11. ホワイ・ノット・ディス・サンデイ(フィーチャリング・ルーベン・スタッダード)
Why Not This Sunday (Feat. Ruben Studdard)
12. アンティル・ウィ・ミート・アゲイン
Until We Meet Again
13. エイプリル *日本盤 ボーナス・トラック
April (Japan Bonus Track)
14. カンタロープ・アイランド *日本盤 ボーナス・トラック
Cantaloupe Island (Japan Bonus Track)

《配信情報》
■通常音源
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/album/id1184183208?app=itunes
レコチョク:http://recochoku.jp/album/A1005533028/
mora:http://mora.jp/package/43000019/YCCW-10295/

■ハイレゾ音源
mora:http://mora.jp/package/43000019/YCCI-10284_F/
e-onkyo:http://www.e-onkyo.com/music/album/ycci10284/
レコチョク:http://recochoku.com/y1/nathaneast/reverence_flac/

■【公演情報】

2月23日(木)〜2月24日(金)ビルボードライブ東京
1stステージ:開場 17:30 / 開演 19:00
2ndステージ:開場 20:45 / 開演 21:30
<チケット>
料金:サービスエリア ¥9,500 / カジュアルエリア ¥8,000
予約開始日:
BBL会員 2017年1月11日(水)
一般 2017年1月18日(水)

■公演詳細
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10366&shop=1

■【イベント情報】

『NATHAN EAST VIP ファンミーティング』
2月22日(水) ヤマハ銀座スタジオ
19:00〜21:00
料金:VIPファンミーティング アクセス ¥10,000

■公演詳細
http://nathaneastvip.peatix.com/view

■『レヴェランス(Reverence)』クロスフェード動画
https://youtu.be/r06jd9nJ_-Q

■「Serpentine Fire」メイキング映像
https://youtu.be/ygYpYlTt80g

■「Feels Like Home (Feat. Yolanda Adams)」リリックビデオ
https://youtu.be/byaQ7iFNW9w

■「Feels Like Home (Feat. Yolanda Adams)」プレビュー動画
https://youtu.be/3jYO8v4xs0k

■「Lifecycle」プレビュー動画
https://youtu.be/d3E9tThFWE4

■「Lifecycle」ティーザー動画
https://youtu.be/c9wSZ_sodwQ

【関連リンク】
NATHAN EAST オフィシャルFacebookページ
ネイザン・イースト、新曲3曲の先行配信がスタート&ファン垂涎のメイキング映像公開
ネイザン・イースト、アルバム『Reverence』日本国内盤の世界先行発売が決定!
ボブ・ジェームス×ネイザン・イースト、初デュエットアルバムの日本盤が世界先行発売決定

【関連アーティスト】
NATHAN EAST
【ジャンル】
ジャズ/フュージョン

坂本龍一、8年ぶりのオリジナルアルバムを3月リリース
Tue, 31 Jan 2017 17:00:00 +0900
坂本龍一 (okmusic UP\'s)

坂本龍一の8年ぶりとなるオリジナルアルバムが3月29日にリリースされることがわかった。待望のオリジナルアルバムは、CD、アナログ盤のほか、ハイレゾを含む配信でもリリースされる。

【その他の画像】坂本龍一

昨年末、坂本龍一のオフィシャルHPに 突如現れ話題になった、謎のテキスト「SN/M 比 50%」、はたしてこの謎のメッセージは何を意味するのか。乞うご期待!

なお、坂本龍一主宰のレーベル commmonsのECサイト「commmonsmart」では、スペシャルな抽選特典商品の予約受付もスタートした。commmonsmartの抽選特典つき商品ページにて、3月12日23時59分までにオリジナルアルバムのCDまたはアナログ盤を予約すると、抽選で都内某所にて開催される『坂本龍一企画「ニューアルバム 5.1ch 特別試聴会」』に招待されるとのこと。本特別試聴会ではQ&Aセッションも行う予定なので、お見逃しなく。

抽選特典つき商品ページからご予約のお客様のみ対象となります。

■アルバム『タイトル未定』

2017年3月29日発売
【CD】
RZCM-86314/¥3,780(税込)
【アナログ盤】(12インチ重量盤・2枚組)
RZJM-86312〜3/¥7,020(税込)
※ボーナストラック1曲

■坂本龍一企画「ニューアルバム 5.1ch 特別試聴会」

4月02日(日) 都内某所
※12:00〜18:00の間の2時間前後で予定

【関連リンク】
坂本龍一 オフィシャルHP
坂本龍一の輸入盤「PLANKTON」が9月1日より200枚限定で販売スタート
伝説のレーベル・BETTER DAYSのミュージシャン18組によるコンピ盤がついにリリース
『commmons10健康音楽』最終日はあふりらんぽ、空間現代、高橋幸宏らが熱演

【関連アーティスト】
坂本龍一
【ジャンル】
J-POP

iri、NikeWomen 「わたしに驚け」キャンペーンソング発売決定
Tue, 31 Jan 2017 16:00:00 +0900
iri (okmusic UP\'s)

iriの1stシングル「Watashi」が3月22日にリリースされることがわかった。


【その他の画像】iri

NikeWomen 「わたしに驚け」キャンペーンソングとして書き下された同曲。NikeWomenキャンペーン映像とアーティストによる楽曲とのコラボレ―ションは今回が初の試みであり、昨年デビューし独特のスタンスで注目を集めるiriが大抜擢となった。

今作「Watashi」はトラックメイカーにケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)を招き、これまで以上にダンサブルなハウステイストでポップな1曲に仕上がっており、無限の可能性へと踏み出す女性たちを勇気付けるような歌詞が印象的な楽曲。同曲は、1月31日22時よりスペシャアプリにて配信となる『スペシャのヨルジュウ♪』にて初披露され、2月1日より配信が開始となる。

NikeWomen 「わたしに驚け」の映像は、YouTubeのNIKE JAPANチャンネルに2月13日にアップされる予定。また、2月25日には、両国国技館にて女性限定で2500人を集めて行われるトレーニング&ランニングイベント『NIKEWOMEN TOKYO』で同曲を披露することも決定している。

2月16日には渋谷WWWにて1stアルバム『Groove it』のリリースパーティも控えており、今後の動向にも注目である。

■【iri コメント】

私は「自分の中に気付かない間に根付いてる普通とか常識って一体なんなんだろう」といつも疑問に思っていて、何かに縛られているのがずっと億劫でした。そんな時にちょうどNIKEさんから今回のお話をいただき、やっとこの想いを世の中に吐き出せるって思いました。
今まで制作してきた曲にもそういったメッセージが含まれていますが、今回はこれまでよりももっと大胆に表現しています。
誰も縛られる権利なんてないし、そんなの引きちぎって誰も見たことのない景色を見ようよ。そんな思いを込めてこの曲を制作しました。

■シングル「Watashi」

2017年3月22日発売
【初回限定盤】
VICL-37258/¥1,200+税
<収録曲>
「Watashi」を含む全4曲収録
※初回盤のみボーナストラック1曲収録

【通常盤】
VICL-37259/¥1,200+税
<収録曲>
「Watashi」を含む全3曲収録

◎配信シングル「Watashi」
2017年2月1日配信スタート

■『iri 1st ALBUM “Groove it" Release Party 』

2月16日(木) 渋谷WWW
OPEN18:30 / START19:30 (オールスタンディング)
GUEST ACT:Creepy Nuts

【関連リンク】
iri オフィシャルHP
iriのデビューを祝してケンモチヒデフミ、mabanua等からコメントが到着
iri、Apple Music「今週のNEW ARTIST」に注目アーティストとして選出!
iri、1stアルバムのセルフライナーノーツ公開&全曲試聴スタート

【関連アーティスト】
iri
【ジャンル】
J-POP

Plastic Tree、デビュー20周年特別公演は人気曲だらけの“リクエストライヴ”
Tue, 31 Jan 2017 15:00:00 +0900
Plastic Tree (okmusic UP\'s)

Plastic Treeが7月29日にパシフィコ横浜で行なう、デビュー20周年の特別公演の詳細を解禁した。

【その他の画像】Plastic Tree

『Plastic Tree二十周年“樹念”特別公演』と題されたこの日の公演は、『第一幕 【Plastic】things/1997?2006』と『第二幕 【Tree】songs /2007?2016』と昼、夜の2部構成になっており、内容はメジャーデビューからの前期1997年〜2006年までのアルバム、後期2007年〜2016年までのアルバムの中からファンよりリクエストを募り、それぞれトップ1枚に輝いたアルバムを完全再現するという“リクエストライブ”になるとのこと。また、次点のアルバムから楽曲をメンバーがセレクトし、バンド自身のこれまでの歴史を実演するということで、周年ならではのメモリアルな公演になりそうだ。リクエストはPlastic TreeのオフィシャルHPで簡単に応募できるので、ぜひチェックしてみてほしい。

先週リリースになったばかりのシングル「念力」を冠した全国20公演ツアー『念力発生』が3月からスタートする彼らだが、その後の展開にも目が離せない。

■『Plastic Tree二十周年“樹念”特別公演』

7月29日(土) 神奈川 パシフィコ横浜
第一幕【Plastic】things / 1997?2006
第二幕【Tree】songs / 2007?2016

■リクエストページURL
http://www.jrock.jp/various/request/
※リクエスト期間は3月30日(木)24:00まで
※リクエストはお一人様1日1回となります。

■シングル「念力」

2017年1月25日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
VBZJ-35/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
1.念力
2.creep
3.念力(Instrumental)
■DVD
特典ライブ映像「Black Silent/White Noise」最終公演 於 東京国際フォーラムA・前編
・うつせみ
・フラスコ
・みらいいろ
・メルト
・くちづけ
・ピアノブラック
・時間坂
・サナトリウム
・影絵
・サイレントノイズ

【初回限定盤B】(CD+DVD)
VBZJ-36/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
1.念力
2.creep
3.念力(Instrumental)
■DVD
特典ライブ映像「Black Silent/White Noise」最終公演 於 東京国際フォーラムA・後編
・シンクロ
・メランコリック
・スラッシングパンプキン・デスマーチ
・マイム
・バリア
・静かの海
・剥製
・曲論
・あバンギャルど
・クリーム

【初回限定盤C】(CD+DVD)
VBZJ-37/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.念力
2.creep
3.念力(Instrumental)
■DVD
「念力」Music Video

【通常盤】(CD)
VBCJ-30019/¥1,200+税
<収録曲>
1.念力
2.creep
3.サーカス(Live Arrange Version)
4.念力(Instrumental)

【関連リンク】
Plastic Tree オフィシャルHP
有村竜太朗、実験的な初ソロツアーを完遂
Plastic Tree、ニューシングル「念力」発売記念でニコ生特番の放送が決定
Plastic Tree、赤外線アートで描く新曲「念力」MV解禁&2017年3月より全国ツアーを開催

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

SA、ツアーファイナルで完全燃焼&自主企画開催も決定
Tue, 31 Jan 2017 14:00:00 +0900
1月29日@赤坂BLITZ (okmusic UP\'s)

昨年11月の千葉よりスタートした『LOVE\'N\'ROLL TOUR』は1月29日、SA初となる赤坂BLITZでツアーファイナルを迎えた。

【その他の画像】SA

「ハロー!トーキョー! オラが町にSAが来たぜ!!」TASEI(Vo.)の野太い声とともに「CLUNKER A GO-GO」でライヴの火蓋は切って落とされると、右へ左にフロアが揺れた「槍もて弓もて」、高く頭上に掲げたクラップが咲き乱れた「KIDZ IGNITE」と、初っ端からの畳かけに会場全体のボルテージが上昇していく。

「2017年SA決起集会へようこそ!!」NAOKI(Gt.)の声に大歓声で応えるコムレイズ(※SAファンの総称)。すると、TAISEIが神妙な面持ちで口を開いた。「2017年、オレにとってとても悲しい話があります……。こんな格好してますけども、今年で50歳です!」そんな真っ青なエドワードジャケットをまとった50歳を迎えるリーゼントのボーカリストを讃えるように、温かい拍手と声援が送られた。

「ロックで人生台無しだ!」というTAISEIの叫びで始まった「runnin\' BUMPY WAY」、16ビートの「ケリをつけろ」でまくしたてていく。SHOHEI(Dr.)のタイトなリズムに笑顔を見せながらグルーヴを絡めていくKEN(Ba.)がバンドと会場の熱量をさらに引き上げる。

「離れていってしまったヤツもいるけど、新しく出会えたヤツも今日いっぱい来てくれていると思います」SAは現メンバーで16年目に突入する。その間に多くの別れと出会いがあったことをTAISEIが口にした。「男と女の別れは悲しいけどさ、男同士の別れはもっと寂しいぜ、というそんな気持ちを歌った曲」と紹介した「Andy」を力強く歌い上げた。

「ちょっと長い英文だけど、もうお前たちは歌えるよね? 先にオレが行きます」と、歌い出したNAOKIに誘われるようにコムレイズが歌い、TAISEIへと継がれていく。そんな風に始まった「YOUR DOOR」が終わると、NAOKIがCOBRA時代に憧れのジョー・ストラマーとここ赤坂BLITZで対バンしたこと、そしてあれから十数年、自分がジョー・ストラマーの年齢を超えてしまったことを話した。

「誰がための人生だ」では歌詞をはっきりと噛み締めるように歌い、拳を突き上げるコムレイズたちの顔を一人一人見つめ、指をさし、確認するように自分の胸をたたくTAISEIの姿が印象的だった。しっとり歌い上げた「はじめてのバラード」は、男女のラブバラードのつもりで作ったが、本ツアーを経て、コムレイズと15年やってきたメンバーのことを思って歌う曲になったという。

SAのスローガンでもある「否定をするな、受け入れろ!!」のTAISEIの叫びからのラストスパート。「DON\'T DENNY, GIVE IT A TRY!!」「GET UP! WARRIORS」「情熱 WINNER」と怒涛のアッパーチューンの応酬で会場は最高潮の熱気に包まれた。

最後は「START ALL OVER AGAIN!」「ピーハツグンバツ WACKY NIGHT」でSAもコムレイズもバリバリハッピーに笑顔を見せながら本編は終了した。

アンコールは、<愛でもくらえ!>と、ツアータイトルにもなっている「LOVE\'N\'ROLL 」、そして最後の最後はコムレイズみんなが肩組んだ「GO BARMY KIDS」で大団円を迎えた。

「16年目もガツガツドカドカで攻めていきますんで。パンクの枠の中にいるのは楽ちんでしょうよ。だけどよ、SAはSAなりのハメ外して、SAのパンク、いわば、『ジャンルはSA』で行きたいわけ!!」 ──TAISEI

自称“懐の深くてセンスのある”五十路バンド、SAはこれからもその生き様で我々を魅了し続けるのだろう。

photo by MAYUMI-kiss it bitter-

■【ライヴ情報】

「A presents KYOTO GENE BARKIN\'」
4月01日(土) 京都 磔磔
4月02日(日) 京都 磔磔

「SA presents BIG TOP」
4月20日(木) 東京 恵比寿LIQUIDROOM

【関連リンク】
SA オフィシャルHP
テイチク・インペリアルレコード主催イベントに怒髪天、SA、afoc、BUGYが出演!
SA、アルバム『WAO!!!!』発売記念トークイベント&5ショット撮影会が大盛況!
SA、待望の新曲MV解禁で“ピーハツ”感が“グンバツ”に!?

【関連アーティスト】
SA
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

KANA-BOON、人気レギュラー番組が待望のパッケージ化
Tue, 31 Jan 2017 13:00:00 +0900
DVD『SPACE SHOWER TV presents もぎもぎKANA-BOON 2014-2015』 (okmusic UP\'s)

スペースシャワーTVの人気番組『もぎもぎKANA-BOON』のDVD&Blu-ray化が決定! 3月1日にリリースされることがわかった。

【その他の画像】KANA-BOON

同番組は、スペースシャワーTVにて2014年4月より放送が開始されたKANA-BOON初の冠番組。KANA-BOONメンバーがオリジナル企画に体当たりでチャレンジする、音楽&バラエティ番組だ。

本作には2014〜2015年度にかけて放送された番組の中から選りすぐった約4時間半の映像を収録。副音声にはメンバーによるオーディオ・コメンタリーが収録されており、初回仕様には“銀のターザン”ステッカーと称した、番組の人気キャラクター“ターザン小泉”のステッカーが封入される。KANA-BOONメンバーの魅力が凝縮された、ここでしか観られない貴重な作品をぜひゲットしてほしい。

■DVD&Blu-ray『SPACE SHOWER TV presents もぎもぎKANA-BOON 2014-2015』

2017年3月1日発売
【DVD】(2DVD)
KSBL 6261-2/¥2,980+税
【Blu-ray】(Blu-ray)
KSXL 228/¥3,800+税
※初回仕様 特製“銀のターザン”ステッカー封入
<収録内容>
もぎもぎ KANA-1グランプリ
もぎもぎ 上陸作戦
目指せ肉食男子!草食男子改造プログラム
「ただいまつり!」完全密着スペシャル!!!
忍法NEWシングル告知の巻
古賀ドッキリ
1年間お疲れ様でした!ご褒美ツアー!!
ターザン小泉プレゼンツ!アウトドアツアー!
バカは一体誰だ!?もぎもぎ模擬試験
モテる男は誰だ!?ガールズハンティング
感動と爆笑の卒業サプライズ

【関連リンク】
KANA-BOON オフィシャルHP
ASIAN KUNG-FU GENERATION、初のトリビュートにKANA-BOON・BLUE ENCOUNTら全12組が参加
KANA-BOON、新曲「Fighter」フル配信開始&アニメ描き下ろしジャケ写公開
GYAO!で『COUNTDOWN JAPAN 16/17』特別番組のアーカイブ配信がスタート

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

EXILE世界&佐藤大樹による新ユニットFANTASTICS結成! 2月から武者修行へ
Tue, 31 Jan 2017 12:00:00 +0900
EXILE世界 (okmusic UP\'s)

EXILEのパフォーマーの世界と佐藤大樹が1月31日、TBSテレビでレギュラー放送中の「週刊EXILE」内で、新ユニット・FANTASTICSの結成を発表した。

【その他の画像】EXILE

FANTASTICSは、2014年にEXILEの新メンバーとして加入した世界と佐藤のほか、LDHグループが展開するダンス&ボーカル&アクトスクールEXILE PROFESSIONAL GYMの育成生徒から選ばれた精鋭5名のパフォーマーからなる7人組パフォーマー集団。ボーカルはおらず、ダンスパフォーマーのみのグループとなる。

現在、2018年の再集結にむけ個々のスキルアップを掲げているEXILE。世界と佐藤もこれまで幾度となく今後の活動についてHIROと話し合いを重ねてきたという。

番組内でHIROは、世界と佐藤から『パフォーマーとしてもっともっと活躍したいし、世の中にEXILEの良さを伝えていきたい』という強い想いを感じたとコメントしており、同時に『EXILE PROFESSIONAL GYMの次世代の夢を見て頑張っている子たちに、そういう(夢に挑戦する)場所を提供したい想いでいる』と胸中を語っている。

今回、FANTASTICSに加わったEXILE PROFESSIONAL GYMの5名は、かつて佐藤とともに同じレッスンで汗を流していた旧知の仲で、世界もEXILE PROFESSIONAL GYMのインストラクターとしてダンスを教えていた間柄。ダンスの実力は折り紙付きで、昨年EXILE PROFESSIONAL GYMのニューヨーク校が、ダンスの本場ニューヨークで開催したエンタテイメント・ショー「HOUSE OF EXILE 2016」にも出演しており、パワーあふれるパフォーマンスで現地の観客からも大歓声を浴びるなど実績も併せ持っている。

メンバーが叶えたい夢を叶えていくというLDHのスタイルのもと、世界と佐藤二人の想いと、次世代に夢に挑戦する場所を提供したいというHIROの想いが合致しFANTASTICS結成に至った。HIROは彼らに『夢を諦めずに頑張っていれば色んなチャンスがあるんだということをこのユニットで証明してほしい』と期待を寄せた。

また、かつてGENERATIONSやTHE RAMPAGEらも挑戦し、LDHアーティストのデビューへの登竜門となっている「武者修行」を2月から行なうことも発表。バス一台で全国各地をパフォーマンス行脚し、パフォーマンスの向上はもちろんのこと人間性も鍛えるという恒例行事だが、パフォーマーだけでの「武者修行」は初の試みとなる。ぜひ彼らの今後の活躍に注目してほしい。

【関連リンク】
EXILE オフィシャルHP
4大ドーム18公演で開催した『HiGH & LOW THE LIVE』が映像化
EXILE ATSUSHI×久石譲、約3年ぶりの共作が映画『たたら侍』主題歌に決定
LDHは“LDH JAPAN”へ! 2017年プロジェクト大発表!

【関連アーティスト】
EXILE, FANTASTICS
【ジャンル】
J-POP

吉田山田、名古屋公演でZIP-FMラジオドラマ主題歌初披露
Tue, 31 Jan 2017 11:30:00 +0900
1月29日@愛知・愛知県芸術劇場大ホール (okmusic UP\'s)

吉田山田が1月29日に愛知・愛知県芸術劇場大ホールにて、ライヴツアー『吉田山田7周年記念7ヶ月7会場マンスリー企画「Over The Rainbowツアー」』の名古屋公演を行なった。

【その他の画像】吉田山田

『Over The Rainbowツアー』は昨年9月から毎月一公演ずつ全て異なるセットリスト、演出で行われるマンスリー企画で、今回の名古屋公演は『〜名古屋 ミステリアスマジックサーカス〜』と題して、ステージに紗幕に映し出される映像と音楽のコラボレーションで幻想的な世界を演出した。

ステージ上には紗幕が引かれ、開演を迎えるとそこにオープニング映像が映し出される。観客が釘付けとなっていると、天使と悪魔の絵の狭間から二人の姿が照らし出され、激しいサウンドと共に「天使と悪魔」でライヴはスタート。演奏に合わせて目まぐるしく映し出される天使と悪魔のカード。このツアーの中で一番とも言えるド派手な演出に立ち上がった観客も息をのむ。立て続けに紗幕には星空が描かれ、山田義孝(Vo)の「ハロー! 名古屋!」の掛け声と共に、「ORION」で宇宙空間へ誘う。流星が歌詞を紡ぎ出すように映し出す様は、ステージに吸い込まれるような感覚にも感じられる。吉田結威(Gu/Vo)「今日は一夜限りのこの日を最後まで楽しんで帰ってね!ヨロシク!」と挨拶も早々にタイトル通りに星座を投影した「カシオペア」、オーロラで幻想的な世界を演出した「カシスオレンジ」と立て続けに披露。

この日は“サーカス”がテーマということで吉田が団長をイメージしたナポレオンジャケット、山田が猛獣をイメージしたというピンクのファーコートを衣装に選んだ。そのピンクが映えるような「春色バスと初恋ベンチ」では、歌詞に登場するバスや舞い散る桜が映し出され、それぞれが胸にしまっている淡い思い出と重なったことであろう。「タイムマシン」からはサーカスらしくピエロも登場してパントマイムで切なさを助長したり、「航海」では波に揺られる船が紗幕に映し出されたりと、視覚で楽しませるさまは、まさに吉田山田のショーとも言うべきところだ。

一転し、2人だけの弾き語りでシンプルながらも歌の持つ力を届けた「日々」、映し出される日常の風景と共に迷いや葛藤を包み込むように歌った「Today,Tonight」と緩急をつけてから一気に後半戦へ。「そろそろさ、一緒に歌って立って踊りたいよね!?」の掛け声に合わせて立ち上がった客席へは「てんてんてんて」「YES」とアグレッシブなサウンドを浴びせる。畳み掛けるように映し出される歌詞と映像に会場も否応無しに盛り上がり、手拍子とジャンプで応える。まさにあっという間に本編のラスト「魔法のような」へ。スクリーンに映し出される子供達の笑顔にあふれた写真と2人から放たれるメッセージのリンクに、会場は涙を流しながらも「LALALA〜♪」の大合唱で一つの空間を作り上げる。「サンキュー名古屋!」と高らかに叫んだ2人の顔には笑顔であふれていた。

会場からは<どれだけあなたに助けられてきただろう>と「約束のマーチ」の大合唱が沸き起こり、それに応えてアンコールがスタート。これまで映像を映し出していた紗幕が取り払われて始まった「新しい世界へ」では、まるで新たにライブがスタートしたかのように会場が湧く。2人もそのボルテージを感じ取ったかのように「行けんの名古屋!? 行けんの名古屋!? 後ろも行けんの!? OK! ついてこい!」と煽り、「行くぞ! 名古屋!」の掛け声で「未来」へと繋ぐ。「押し出せ」「イッパツ」と吉田山田の楽曲の中でもアップテンポな楽曲を集約したこの流れに会場も拳を突き上げ、タオルを振り回す。縦横無尽にステージを左右に行き交っていた2人も、客席へかけ降りて会場全体と一緒になってステージを作り上げ、この日一番の盛り上がりを見せた。そして、この日は吉田山田の新曲でZIP-FM『GROOVER\'S DIVE』とコラボしたラジオドラマ企画『月9ドラマを作ろう!』の主題歌である「ホントノキモチ」を初披露。甘酸っぱい青春をテーマに作り上げたこの曲を二人だけで生演奏し、会場も真剣に耳を傾けていた。

「こんなにもたくさんの人が全国からこの場所に足を運んでくれたのを凄く受け止めながら1曲1曲歌ってきました。今日はたくさん僕らに拍手を送ってくれたけど、最後は僕らから皆さんへ感謝を込めて拍手を送りたいと思います。そして君も、君自身のために拍手をどうか送って欲しいと思います」「理不尽な言葉で傷ついたり、ふとした一言で落ち込んだり、気を使っていつの間にか疲れたり。誰も傷つけたくて生きているわけじゃないのに、家に帰ってもすごく苦しい気持ちになることもあるよね。だから今日の最後の曲は、君の心にリボンを結ぶような気持ちで歌いたいと思います。本当に今日はどうもありがとう 」そう感謝の気持ちを述べ、最後に選ばれたのは「約束のマーチ」。“第二の故郷”と慕う名古屋で彼らの知名度を広めるきっかけになった曲でもあり、これまでも長く歌い続けてきた大切な曲に、会場からもすすり泣く声や溢れる涙が止まらなかった。「本当に今日はどうもありがとうございました! また必ずどこかでお会いしましょう! 吉田山田でした! サンキュー!ありがとう!」2017年一発目となるライヴは大きな感動に包まれながら幕を閉じた。

『Over The Rainbowツアー』残す公演は2公演。2人それぞれの世界も魅せるという2月19日北海道・札幌PENNY LANE 24での『〜札幌 ツートンカラー〜』、そして、3月25日東京・ディファ有明にてダンスホールをテーマに行われるツアーファイナル『〜有明 コズミックダンスホール〜』。どちらもチケットは残りわずかとなっており、一部プレイガイドは販売も終了しているため早めにチェックしよう。

■【セットリスト】

01.天使と悪魔
02.ORION
03.カシオペア
04.カシスオレンジ
05.春色バスと初恋ベンチ
06.タイムマシン
07.航海
08.日々
09.Today,Tonight
10.てんてんてんて
11.YES
12.魔法のような
〜アンコール〜
13.新しい世界へ
14.未来
15.押し出せ
16.イッパツ
17.ホントノキモチ
18.約束のマーチ

■吉田山田7周年記念7ヶ月7会場マンスリー企画「Over The Rainbowツアー」

「Over The Rainbowツアー」〜札幌 ツートンカラー〜
2月19日(日) 北海道 札幌PENNY LANE 24

「Over The Rainbowツアー FINAL」〜有明 コズミックダンスホール〜
3月25日(土) 東京 ディファ有明

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田、デビュー当時のレギュラーラジオ『Boing Boing』が1日限りの復活!
吉田山田、マンスリー企画よりクリスマス公演の模様を公開
吉田山田、2016年を締めくくったクリスマス公演はラブソング中心

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, ライブ

SHANTI、映画『サバイバルファミリー』トークイベントにてミッキー吉野と主題歌を披露
Tue, 31 Jan 2017 11:00:00 +0900
映画「サバイバルファミリー」トークショーイベント (okmusic UP\'s)

2月11日に公開となる映画『サバイバルファミリー』のトークイベントが1月29日に開催され、主題歌「Hard Times Come Again No More」を担当したSHANTIがミッキー吉野の生演奏で同曲のフルバージョンをお披露目した。

【その他の画像】SHANTI

イベントでは葵わかなと映画『サバイバルファミリー』の監督を務めた矢口史靖が撮影秘話を披露。SHANTIは「アレンジのミッキー吉野さんと練習をしているところに監督がやってきて、直接話しながら作ることができた。みんなで作り上げていったという実感がすごくある」と矢口史靖の音楽にかける心意気に感謝を述べた。

また編曲・プロデュースを担当したミッキー吉野は、矢口作品では『スウィングガールズ』や『ハッピーフライト』でも音楽を担当しており、「矢口監督との仕事は、いつもスリリングで新しい発見がある」と監督を賛えた。

■映画『サバイバルファミリー』公式サイト
http://www.survivalfamily.jp/

■アルバム『SAHNTI sings BALLADS』

発売中
COCB-60120/¥3,000+税
※映画『サバイバルファミリー』主題歌「Hard Times Come Again No More」収録

【関連リンク】
SHANTI オフィシャルHP
SHANTI、珠玉のバラード・カバーを集めたベスト盤を12月21日にリリース
『西遊記』は日本の音楽シーンを進化させたスーパーバンド、ゴダイゴの大傑作
?SHANTI、アルバム?発売記念ライヴで実の父であるトミー・スナイダーと共演決定

【関連アーティスト】
SHANTI, ミッキー吉野
【ジャンル】
J-POP, 映画, イベント













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1