歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年01月30日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
焚吐、アルバム予約・先着購入特典CD収録の新曲「ごった煮シティ」が完成
Mon, 30 Jan 2017 22:00:00 +0900
タワーレコード池袋店特典CD「ごった煮シティ」 (okmusic UP\'s)

焚吐が2月8日に発売する1stアルバム『スケープゴート』のタワーレコード池袋店の予約・先着購入特典CDに収録される楽曲「ごった煮シティ」が完成した。

【その他の画像】焚吐

池袋という街を表現するにピッタリかつ絶妙なシュールさがあり、焚吐らしさが現れたタイトルとなった「ごった煮シティ」。楽曲は本人が『聴いていて楽しくなる楽曲になるように意識した』と語る通り、まさに軽やかでリズミカルな仕上がりに。歌詞は焚吐がこれまでに池袋で経た経験が語られたり、池袋ではおなじみのものが登場するなど、まさに池袋賛歌といえる楽曲だ。

なお、この楽曲の制作の模様はWEBメディア『MEETIA』が密着取材を行なっているので、そちらも是非チェックしてほしい。

■WEBメディア『MEETIA』
http://meetia.net/interview/takutoikebukuroboy4

■アルバム『スケープゴート』

2017年2月8日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
JBCZ-9049/¥3,900(税込)
※特典DVD品番:JBBZ-9049
【通常盤】(CD)
JBCZ-9050/¥3,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.ハイパールーキー
2.僕は君のアジテーターじゃない (1st EP 収録曲)
3.黒いキャンバス (新曲)
4.オールカテゴライズ (1st Sg / アニメ「ヤング ブラック・ジャック」エンディングテーマ)
5.君がいいんです
6.ふたりの秒針 (2nd Sg / アニメ「名探偵コナン」エンディングテーマ)
7.グリンプス・グランパ (新曲)
8.青い疾走 (タワーレコード池袋店 限定シングル収録曲)
9.夢負い人 (新曲 / 2017年1月~テレビ東京「闇芝居 四期」エンディングテーマ)
10.クライマックス (1st EP 収録曲 / TBSテレビ「CDTV」10月度エンディングテーマ)
11.彼方の明日 (新曲)
12.ティティループ (新曲)
■DVD ※初回限定盤のみ (順不同)
・オールカテゴライズ MV
・子捨て山 MV
・ふたりの秒針 MV
・てっぺん底辺 MV
・人生は名状し難い MV
・クライマックス MV
・僕は君のアジテーターじゃない MV

◎予約・先着購入特典
・タワーレコード池袋店特典CD “ごった煮シティ"
対象店舗:TOWER RECORD池袋店/カエルパルコ
・タワーレコード全店特典 “スケープゴート・ラバーバンド"
対象店舗:TOWER RECORDS全店/TOWER RECORDS ONLINE
・TSUTAYA特典 “焚吐×闇芝居 コラボ缶バッジ(2個セット)"
対象店舗:TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/TSUTAYAオンライン(予約のみ)
・アニメイト特典 “焚吐×闇芝居 コラボクリアファイル(両面仕様)"
対象店舗:アニメイト全店(一部店舗を除く)/アニメイトオンライン

■『スケープゴート・アコースティックミニライブ』

2月07日(火) ニコニコ本社 B2Fイベントスペース
時間:17:30〜
2月11日(土) タワーレコード名古屋近鉄 パッセ店 店内イベントスペース
時間:14:00〜
2月12日(日) タワーレコード難波店5Fイベントスペース
時間:13:00〜
2月15日(水) タワーレコード渋谷店4Fイベントスペース
時間:18:30〜
2月18日(土) タワーレコード池袋店
時間:18:00〜

【関連リンク】
焚吐 オフィシャルHP
焚吐、1stアルバム予約・先着購入特典&アニメ『闇芝居 四期』ED曲「夢負い人」MV公開
焚吐、1stアルバム『スケープゴート』ビジュアル解禁 &『闇芝居 四期』オンエア直前記念イベント開催決定
“次に聴いて欲しい新人アーティスト”18組が豊洲に集結! 『ComingNext 2017』開催決定

【関連アーティスト】
焚吐
【ジャンル】
ジャパニーズロック

PERSONZのJILL(Vo)が3月11日に初のソロライブを開催
Mon, 30 Jan 2017 21:00:00 +0900
JILL (okmusic UP\'s)

PERSONZのJILLの(Vo)がソロプロジェクト“SINGIN\'”として初となるソロライブを3月11日(土) に開催する事が決定した。

【その他の画像】PERSONZ

ゲストヴォーカルに映画『この世界の片隅に』で注目されている片渕須直監督の前作『マイマイ新子と千年の魔法』のサウンドトラックに参加し注目を浴びたMinako “Mooki" Obata、ピアノに古内東子、Something Else、ケミストリー、JUJU等のツアーサポートでも知られる草間新一を迎えてバンドとは違ったアプローチでPERSONZの楽曲を中心に演奏するとの事。気になる方は是非会場に足を運んでみよう。

■【JILLよりコメント】

自分にとっての「歌」は人生を色あざやかに彩るための鍵。

私は自分が歌うことで、いつも目の前の風景は変わるのだと信じている。
295の鍵で開けた扉の向こうの世界には、295のストーリーがある。

歌は活力であり、祈りであり、願いであり、夢、人生そのものである。
向かう未来を夢見てSINGIN\' FOR LOVE…295曲。

■【ライブ情報】

3月11日(土)  Blues Alley Japan
OPEN:17:00 Stage:18:30〜×2st..(入替なし)
<チケット>
前売券:テーブル席(指定/SC込)¥6,000
立見(自由):¥5,000
※当日券は各料金¥500UP(各税込)
一般発売日:2月3日(金)14:00〜
※発売初日のみこちらの時間
http://www.bluesalley.co.jp/schedule/reservation.html#a

【関連リンク】
PERSONZ オフィシャルHP
PERSONZが11月3日の“レコードの日”にミニライブを開催
PERSONZ、「RELOAD」企画の特設サイトがオープン!
PERSONZ、メジャーデビューアルバム完全再現LIVEを発表

【関連アーティスト】
PERSONZ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

VAMPS、3月22日(水)に7か月ぶりとなるシングル「CALLING」をリリース
Mon, 30 Jan 2017 18:00:00 +0900
VAMPS (okmusic UP\'s)

VAMPSが7か月ぶりとなるニューシングル「CALLING」を3月22日(水)に発売することが発表された。

【その他の画像】VAMPS

このシングルではFive Finger Death PunchやPapa Roach、VAMPSも対バン経験があるIn This Momentなどの海外ROCKチャートを賑やかすバンドをプロデュースしているKane Churko氏を起用。K.A.Zが創りだす世界基準とも言えるラウドサウンドにHYDEのオリジナリティ溢れるメランコリックかつメロディックなボーカルが存分に楽しめる楽曲だ。

また、現在アルバム制作のためのレコーディング中のVAMPS。今後発売予定のアルバムとの連動で、豪華賞品が当たる抽選企画“VAMPS CHANCE"実施も決定。内容や応募方法等詳細は今後随時発表されるので情報をお見逃しなく。

■シングル「CALLING」

2017年3月22日(水)発売
【初回限定盤】
UICV-9235/¥1,800+税
【通常盤】
UICV-5060/¥1,000+税
<収録曲>
■初回限定盤
M1. CALLING
M2. カヴァー曲予定
M3. 未定 (LIVE音源予定)
M4. 未定 (LIVE音源予定)
M5. 未定 (LIVE音源予定)
■通常盤
M1. CALLING
M2. カヴァー曲予定

◎初回出荷分(初回限定盤、通常盤共通)封入特典
“VAMPS CHANCE"応募券
※初回限定盤、通常盤の収録内容や“VAMPS CHANCE"内容と詳細は今後随時発表

【関連リンク】
VAMPS オフィシャルHP
氣志團、結成20周年を祝す“成人式”で初代メンバーも巻き込み大暴れ!
5年ぶりに復活した『JACK IN THE BOX 2016』が大盛況のうちに幕
『JACK IN THE BOX 2016』でHYDEとD\'ERLANGERがスペシャルコラボ

【関連アーティスト】
VAMPS, OBLIVION DUST, HYDE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

日本ツアー中のジェフ・ベックが緊急インタビューに応じファンへの感謝を語る
Mon, 30 Jan 2017 20:00:00 +0900
ジェフ・ベック (okmusic UP\'s)

現在、日本ツアー中のジェフ・ベックが緊急インタビューに答えてくれた。

【その他の画像】Jeff Beck

ライブでの新メンバーやセットリストなど、今回のツアーの見所や初来日の思い出、ファンへの感謝など貴重なインタビューに答えてくれたジェフ・ベック。残る日本公演はあと7公演、参加する方もそうでない方もまずはこのインタビューをチェックしよう。

Photo by 土居政則

■【ジェフ・ベック インタビュー】

Q:日本ツアーが始まって3公演を終えたところですが、どうですか?
J:うまくいっているよ。仙台も盛り上がったし、やるたびにどんどん良くなっている。

Q:これから公演に来るファンに向けて、改めてこのカーメンやロージーを加えた新しいバンドでの公演の見どころを教えてください。
J:見どころは何と言っても、ロージーのステージでのひょうきんなところ(笑)。あまりネタばらしはしたくないがその怖いもの知らずな様子はきっと目を引くはずだ。そして最後にはみんなそんな彼女が好きになっちゃうと思う。伝える力が彼女にはあるんだ、一貫してね。カーメンもそうだ。彼女にはブルース・ソロを何曲かで弾いてもらっているけど、僕が弾くよりも拍手が大きいくらいだよ。

Q:カーメンは今まで共演したギタリストとどう違うのでしょう? 何がそんなに特別なのでしょう?
J:その純真さ、傷つきやすさ、脆さかな。カーメンのギタープレイはどこかアルバート・コリンズみたいだ。短いフレーズ、とか…タッピングとかはやらないが。ああいうルックスの女性から、ああいうギターが飛び出すとは誰も予想していないから驚くよね。カーメンとロージーにはリアリティがあり、遊び心もある。普段から一緒のバンドでやっているので、息が合ってるんだよ。

Q:セットリストについても話してもらえますか?
J:デビュー50周年ということで、ファンのみんなに喜んでもらえるよう、初期の曲もやりたかったので、ジミー・ホールにも来てもらっているよ。「これが2016年、2017年の僕だ」と最新作だけしかセットリストに入れなかったら、僕自身はそれでも構わないけど、ファンのみんなはノスタルジアを求めてくるわけだし、ノスタルジアは大切だからね。

Q:古い曲も新しい曲も網羅する、ということですね?
J:ああ。ツアーに出るたび、毎回新しい曲だけしかやらなかったら、ファンからは「どうなっているんだ?」と思われちゃうよ。でもそうは言いつつ、新しい曲無しではノスタルジアは生まれない(笑)。ツェッペリンだってスタート当初は客が誰も知らない曲を演奏していたわけだ。でも6〜8週間で否が応でも成熟し、口コミで広がった噂を聞き、一度見た客がまた戻ってくるようになった。そうやって彼らはどんどんビッグになっていった。コンサートで最新曲だけを聞かせていたら、客は退屈しちゃうだろう。曲が本当に心に訴えてくるようになるには、どうしても時間がかかるものだからさ。

Q:『BECK 01』の発売、ハリウッド・ボウルでのデビュー50周年ライヴなど、この50年のキャリアを振り返ってみて、何か日本に関する思い出などありますか?
J:もちろんだよ。まず日本に呼んでもらえたというだけでも驚きだったよ。初めての空港で髪を女性のファンに引っ張られたのを覚えている。まず、なぜ僕らは今ここにいるんだ?って理解できていなかったんだ。BBA(Beck, Bogert & Appice)で来たのが初めてだったが、たった3人であんなでかい音を出してるっていうんで、オーディエンスも信じられない、って顔だった。カーマイン・アピスのドラムはまるで爆発しているみたいで、スモークが立ち上がっているしさ。すごいコンサートだった。僕らはラッキーだった。だってその頃、本来だったら来るはずだったバンドが、ドラッグの前歴で来られなかったらしいから(笑)。そんなバンドじゃなくてよかった! たまたま来られた、なんていうのは嫌だからね。

Q:改めてデビュー50周年おめでとうございます。最後に長年サポートし続けている日本のファンへメッセージをお願いします。
J:ありがとう、本当に感謝している。ちゃんと音楽を聴いてくれるオーディエンスのために演奏できるのは、僕にとっても喜びだ。こうして日本に戻り続けていられることを、心から嬉しく思っているよ。

■【来日公演 詳細】

1月30日(月) 東京国際フォーラムホールA
1月31日(火) 東京国際フォーラムホールA
2月02日(木) グランキューブ大阪
2月03日(金) 福岡サンパレスホール
2月04日(土) 上野学園ホール
2月06日(月) 名古屋市公会堂
※終了分は割愛

【関連リンク】
ジェフ・ベック、6年振りのオリジナル・スタジオ・アルバムが完成
いつかみんなの前でギターを弾いてみたかったあの曲
ギターを弾くために生まれてきた男、ジェフ・ベック!
ジェフ・ベックを聴くなら、この5曲

【関連アーティスト】
Jeff Beck
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

ねごと、アルバム発売日に行なわれるSPライブをLINE LIVEとスぺシャアプリで生配信
Mon, 30 Jan 2017 19:00:00 +0900
ねごと (okmusic UP\'s)

ねごとが2月1日(水)に開催する『ねごとワンマンツアー2017 「ETERNALBEAT」-ZERO- supported by cafe & pancakes gram』の模様がLINE LIVEおよびスぺシャアプリで生配信されることが明らかになった。

【その他の画像】ねごと

ねごとのオフィシャルモバイル会員限定でチケット発売され、即日SOLD OUTとなっていた本公演。当日はニューアルバム『ETERNALBEAT』の発売日でもあり、2月3日(金)からスタートする全国ツアーとも一味違ったライブが予定されている。

またライブ当日にアルバム『ETERNALBEAT』を会場に持参した人を対象に、終演後サインセッションの開催も決定。ライブに参加できなかった人も、終演後にアルバムを会場に持参すると、サインセッションに参加することができる。

■【『ねごとワンマンツアー2017 「ETERNALBEAT」-ZERO- supported by cafe & pancakes gram』生配信 詳細】

配信日:2月01日(水)
■スペシャアプリ
http://sstv.jp/app
■LINE LIVE(番組視聴予約URL)
・スペースシャワーTVアカウント https://live.line.me/channels/52/upcoming/803266
・LINE MUSIC公式アカウント
https://live.line.me/channels/24

■【サインセッション 詳細】

2月01日(水)  東京 渋谷 SPACE ODD
時間:ライブ終演後(21:00頃〜予定)
※ニューアルバム『ETERNALBEAT』のCDを会場に持参した人を対象に、終演後サインセッションを開催します。
※ライブ終演後になりますので、開始の時間が前後する場合がございます。
※当日、会場でもCDをご購入いただけますが数に限りがありますので予めご了承ください。
※当日のCD、グッズ販売は、16:30〜開始する予定です。
※ライブチケットをお持ちでない方でも、当日終演後ニューアルバム『ETERNALBEAT』のCDをお持ちいただきますとサインセッションにはご参加いただけます。当日忘れずにお持ちください。
※サインはご購入いただいた『ETERNALBEAT』のCDジャケットにさせていただきます。それ以外へのサインはご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。

■『ねごとワンマンツアー2017 「ETERNALBEAT」-ZERO- supported by cafe & pancakes gram』

2月01日(水)  東京 渋谷 SPACE ODD
OPEN 19:00 / START 19:30
※モバイル会員限定ライブ
※THANKYOU SOLDOUT!!

【関連リンク】
ねごと オフィシャルHP
ねごと、iTunes Storeでニューアルバムが全曲先行試聴スタート
ねごと、ニューアルバムのシンボリック・ソング「ETERNALBEAT」MV公開
ねごと、新アーティスト写真公開&アルバム『ETERNALBEAT』の詳細が明らかに!

【関連アーティスト】
ねごと
【ジャンル】
ジャパニーズロック

2017年の幕開け、○○周年を迎えたバンドたち5曲
Mon, 30 Jan 2017 18:00:00 +0900
「アンテナラスト」(’16)/10-FEET (okmusic UP\'s)

最近取材していると、○○周年を迎えたというバンドに多く遭遇する。当事者はわりとあっさりしたもので、「気付けば、ここまで来てしまった」という感覚だ。もちろんバンドは浮き沈みがあるもので、楽しい時もあれば苦しい時もある。それを乗り越えて、今があるわけで、尊敬に値すると言わざるを得ない。また苦しい時代や、当時は賛否を呼んだ音源でも、改めて振り返ると、それがまたバンドの音楽性に豊かな表情を与え、味わい深く聴けたりするものだ。これを機に各バンドの今と昔の作品にも手を伸ばしてほしい。

【その他の画像】10-FEET

■「80」(’16)/山嵐

昨年、バンド結成20周年を迎えた山嵐。現在は20周年ツアーで全国を駆け巡っている。彼らは96年に結成され、その翌年97年9月21に《やってきたぞ 山嵐 登場 片っ端から投げちらすぞ》(代表曲「山嵐」)というインパクト抜群の歌詞とともに1stアルバム『山嵐』を発表。当時18歳という若さでこの音源を作り上げた。90年代後半はラップを用いたミクスチャーバンドがブームを巻き起こしたが、山嵐はその先頭を切るかたちでシーンを引っ張っていた。昨年は記念すべき20周年となる11thアルバム『RED ROCK』をリリース。KAI_SHiNE(Machine)を新メンバーに入れ、現在は7人編成で活動中。電子音を血肉化させ、ライヴ感あふれる楽曲はどれも最高だ。

■「アンテナラスト」(’16)/10-FEET

今年、バンド結成20年に到達したのは10-FEETだ。彼らの音源を初めて聴いたのは、初音源にあたるデビュー1stシングル「april fool」(01年4月1日)だった。当時は名も知らないバンドだったが、ふと聴いてみたらメロディーがとても良くて一発で気に入った。その頃はHi-STANDARDの影響が強かったのか、英語詞でキャッチーなメロコアを鳴らしていた。それからミクスチャー要素が増え、英語と日本語の両刀使いで、サウンドの幅をどんどん広げていく。ここで取り上げるのは、昨年7月に出た15thシングル表題曲だ。約4年振りの待望の音源となったが、10-FEETの新たな代表曲と言えるほど名曲然とした輝きを放っている。ライヴでもこの曲をプレイすると、場の空気が変わる不思議なオーラを発する。ぜひ聴いてほしい。

■「RISE」(’09)/OUTRAGE

今年デビュー30周年を迎えたのは、名古屋発の骨太メタルバンドであるOUTRAGEだ。和製METALLICAという触れ込みとともに、初期はNWOBHM(ニュー・ウェーヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル)やスラッシュメタルの影響が強かったものの、大傑作4thアルバム『THE FINAL DAY』で一躍その名を知らしめた。ちなみに上記の10-FEETもOUTRAGEのコピーをやっていた時期があり、過去に共演も果たしている。話を戻そう。OUTRAGEのバンドの顔と言える橋本直樹(Vo)が脱退し、ヴォーカル不在のまま、安井義博(Ba)がヴォーカルを務めるかたちで、阿部洋介(Gu)、丹下眞也(Dr)の3人でバンドを継続させる時代もあった。それから橋本が電撃復帰を果たし、09年にセルフタイトルを冠した10thアルバムを発表。この曲はそのオープニングを飾り、涙なくしては聴けない熱い楽曲に仕上がっている。

■「Paradice City」(’87)/GUNS N\' ROSES

ガンズ&ローゼズの来日フィーバーに沸きましたね。今回の目玉は何と言ってもオリジナルメンバー3人が集結したことに尽きると思います。アクセル・ローズ(Vo)、スラッシュ(Gu)、ダフ・マッケイガン(Ba)が同じステージに立つのは93年の東京ドーム公演以来なので、実に24年振りになるのです。しかも、今年は彼らの衝撃のデビューアルバム『APPETITE FOR DESTRUCTION』30周年という偶然も重なってます。この曲のMVを観た時は、あまりのカッコ良さに完全に魂を抜かれました。当時リアルタイムでこのMVに出会った人はみんなそうだったと思います。今聴いても楽曲の輝きをまったく失われていない。思わず溜め息が漏れる大名曲です。

■「International You Day」(’02)/NO USE FOR A NAME

“FAT”の3文字だけで伝わるレーベルと言えば、NOFXのFat Mike(Vo&Ba)が元妻のErinと立ち上げたUSパンクレーベル『FAT WRECK CHORDS』だ。90年代のメロコアシーンを牽引した最重要レーベルと言っていい。そのレーベルの25年を歩みを辿るドキュメンタリー映画『A FAT WRECK』が2月4日から日本でも公開される。ひと足先に映画を観たが、これがめちゃくちゃ面白い!  NOFXとは縁が深いHi-STANDARD/NAMB69の難波章浩(Vo&Ba)も登場するし、何よりFat Mikeの知られざる側面が大きくフィーチャーされ、レーベルに対する彼のこだわりや人間性もよく分かる。メロコアファンは必見だ。個人的にはFAT所属バンドの中だと、日本のバンドマンやファンにも愛されたNO USE FOR A NAMEは思い入れが深い。特に『HARD ROCK BOTTOM』は名盤中の名盤だ。Tony Sly(Vo&Gu)は41歳で他界、バンドも解散してしまったが、哀愁メロコア好きを虜にした。

【関連アーティスト】
10-FEET, Guns N\' Roses, No Use For A Name, 山嵐, OUTRAGE
【ジャンル】


魔法少女になり隊、狂騒のツアーファイナルにて新曲リリースを発表
Mon, 30 Jan 2017 17:30:00 +0900
1月29日@渋谷O-WEST (okmusic UP\'s)

魔法少女になり隊の東名阪ツアー『ワンマンツアー2017〜メロディア王国にさよならバイバイ ワタシはみんなと旅に出る〜』のファイナルが1月29日に渋谷O-WESTにて行なわれ、そのステージ上で春の新曲リリースが発表された。

【その他の画像】魔法少女になり隊

早々にチケットがSOLD OUTとなり臨んだこの公演は、まさに彼女たちの“イマ"を提示する、狂騒のパフォーマンスとなった。魔法少女になり隊らしい、冗談とも、本気ともとれる超有名ゲームのサウンドトラックがSEとして流れる中、メンバーがステージに現れると、観客達はのっけから割れんばかりの歓声でライブのスタートを祝福した。

この日、最初に披露されたのは、2016年9月にリリースされたメジャーデビューシングル「KI-RA-RI」。冒険がはじまった瞬間の高揚を、武器であるキャッチーなシンセメロに載せて吐き出す、まさに冒頭を飾るにふさわしい一曲となった。

ノンジャンルでいて、かつ一発で“魔法少女になり隊"と解かる曲の数々が続けざまに繰り出され、「Believe」「ハレ晴れユカイ」「おジャ魔女カーニバル!!」とアレンジカバー3連続の構成に会場のボルテージは否応なく上がり続ける。gariの『まだまだいけますかー!?』という一言がきっかけで、彼女たちの「RE-BI-TE-TO」のイントロが流れると、ユーロビートの軽快なリズムに呼応するように会場の熱気は最高潮に達した。

魔女の呪いで喋る事ができないボーカル・火寺バジルだが、この日は筆談でのMC進行を自ら志願。『私はしゃべれないけど、いつもありがとうの気持ちを込めて歌っているよ』と歌への想いを話して奏でられたのは、彼女たちの最新リリース楽曲「革命のマスク」だった。

《私は革命起こすの、言葉を失くしても》と、バジルの物語と寄り添うように歌われるこの曲で彼女はエモーショナルな一面を見せつけ、観客を熱くさせた。

続けて演奏された新曲(未音源化)は、幻想的なVJと共に届けられる、バジルのやさしい歌声が彼女たちのジャンルの奥深さを感じさせ、後半戦の幕開けを彩り、さらにもう一曲新曲(未音源化)が披露された。

ラストを飾ったのは彼女達の初期の代表曲「BA・BA・BAばけ〜しょん」。最後方までパンパンに詰まったフロアは、この瞬間が過ぎることを拒むようにこの日一番の盛り上がりを見せ本編を締めくくった。

メンバーがステージを下りても観客の熱量は下がらず、大歓声のアンコールを迎え、『アンコールがあったおかげでようやく言えるよ』というgariの言葉のあとに映し出されたのは、今春のニューシングルリリースを発表する声明。この発表に会場は大きな拍手に包まれた。

アンコールに選ばれたのは「冒険の書1」。日曜の夜、この狂騒を名残惜しむかのようにフロアは踊り狂い、ライブは幕を閉じた。汗だくのフロアは、まさにこのツアーファイナル、ひいてはツアー全体の成功を証明したといえる。2017年ますます魔法少女になり隊から目が離せない。

■【セットリスト】

1, KI-RA-RI
2, 火遁の術
3, ☆☆☆☆クエスト
4, 狂騒曲ザラキ
5, Believe
6, ハレ晴れユカイ
7, おジャ魔女カーニバル!!
8, RE-BI-TE-TO
9, 革命のマスク
10, 新曲 (未音源化)
11, 新曲 (未音源化)
12, テッペン伝説
13, MEGA DASH
14, BA・BA・BAばけ〜しょん
EN, 冒険の書1

■「革命のマスク」MV
https://youtu.be/hDxEx8Gf6ng

【関連リンク】
魔法少女になり隊 オフィシャルHP
魔法少女になり隊、高橋名人をリスペクトした16連射ミュージックビデオを公開
魔法少女になり隊、高橋名人ざんまいの新曲MV公開
魔法少女になり隊、ゲーム界の大レジェンド高橋名人がMVに出演!?

【関連アーティスト】
魔法少女になり隊
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

THE COLLECTORS、LINE LIVE『加藤ひさしのコロムビア大行進』で武道館公演について語る!?
Mon, 30 Jan 2017 17:00:00 +0900
LINE LIVE「加藤ひさしのコロムビア大行進」 (okmusic UP\'s)

THE COLLECTORSのリーダー・加藤ひさしとGOING UNDER GROUNDの松本素生によるLINE LIVE『加藤ひさしのコロムビア大行進』が2月6日(月)20時より配信される。

【その他の画像】GOING UNDER GROUND

この日のメールテーマは「3/1の予定を教えてください」。これ以外の詳細はまだ発表されていないが、3月1日といえばTHE COLLECTORSが日本武道館公演を行なう日でもあり、メールテーマをもとに四方八方へと話題が飛びまくるトークは必見だ。

■『加藤ひさしのコロムビア大行進 〜武道館の楽しみ方〜』

配信開始日時:2月6日(月) 20:00〜
※番組内容・番組開始時間は予告なく変更となる場合がございます。
https://live.line.me/channels/781/upcoming/810717

■【ライブ情報】

『GLORY ROAD TO BUDOKAN COUNTDOWN LIVE』
2月05日(日)  渋谷クラブクアトロ
共演:怒髪天
2月12日(日)  渋谷クラブクアトロ
共演:the pillows 
2月19日(日)  渋谷クラブクアトロ
共演:フラワーカンパニーズ

『THE COLLECTORS “MARCH OF THE MODS" 30th Anniversary』
3月01日(水)  日本武道館
開場開演:17:30 / 18:30

【関連リンク】
THE COLLECTORS オフィシャルHP
THE COLLECTORS、30周年記念ツアーが神戸・VARIT.よりスタート!
橋口靖正が虚血性心疾患により逝去
THE COLLECTORS、ニューアルバム収録曲が『ドラゴンボール超』のエンディング主題歌に

【関連アーティスト】
GOING UNDER GROUND, THE COLLECTORS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BABYMETAL、GUNS N\' ROSES日本ツアー最終公演で熱いパフォーマンスを披露
Mon, 30 Jan 2017 16:00:00 +0900
1月29日@さいたまスーパーアリーナ (okmusic UP\'s)

BABYMETALが1月29日にさいたまスーパーアリーナで行なわれたGUNS N\' ROSESのジャパンツアー最終公演にゲスト出演した。

【その他の画像】BABYMETAL

今回、大阪・神戸・横浜・埼玉の4公演にスペシャルゲストとして出演したBABYMETAL。この日は最終公演ということもあり、会場に集まったガンズファン、BABYMETALファンも熱気が高い中、ライブは「BABYMETAL DEATH」でスタートした。伸びやかな歌声とキレのあるダンスによるストイックなパフォーマンスでおなじみの楽曲を次々と披露していき、「KARATE」では『How\'re you feeling tonight, SAITAMA!!』『Let us hear your voice!』と英語で煽ると会場からは大歓声が沸き起こり、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でその熱いステージを締めくくった。

BABYMETALは昨年9月に開催した東京ドームワンマン2 デイズの模様を収録した映像作品『LIVE AT TOKYO DOME』を4月12日に発売。また、同日からはRED HOT CHILI PEPPERSのUSツアー10公演にもスペシャルゲストとして帯同する事が決定している。

BABYMETAL Live photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)

■Blu-ray&DVD『LIVE AT TOKYO DOME』

2017年4月12日(水)発売
【初回限定盤】(Blu-ray2枚組)
TFXQ?78149/¥9,000+税
※アナログサイズジャケット仕様
【通常盤】(Blu-ray2枚組)
TFXQ?78150/¥8,000+税
【DVD】(2枚組)
TFBQ?18187/¥7,000+税
※先着予約・購入特典:オリジナルステッカー(予定)
<収録内容>
「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND ? METAL RESISTANCE ?」
■RED NIGHT (2016.9.19)
1. Road of Resistance
2. ヤバッ!
3. いいね!
4. シンコペーション
5. Amore - 蒼星 -
6. GJ!
7. 悪夢の輪舞曲
8. 4の歌
9. Catch me if you can
10. ギミチョコ!!
11. KARATE
12. Tales of The Destinies
13. THE ONE - English ver. -
[included 13songs. / Approx. 87min]
■BLACK NIGHT (2016.9.20)
1. BABYMETAL DEATH
2. あわだまフィーバー
3. ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
4. META!メタ太郎
5. Sis. Anger
6. 紅月 - アカツキ -
7. おねだり大作戦
8. NO RAIN, NO RAINBOW
9. ド・キ・ド・キ☆モーニング
10. メギツネ
11. ヘドバンギャー!!
12. イジメ、ダメ、ゼッタイ
[included 12songs. / Approx. 82min]

■「THE ONE」限定盤『LIVE AT TOKYO DOME - THE ONE LIMITED EDITION -』

2017年4月1日発売
ONEB-0008/¥27,000(税込)
※Blu-ray(2枚組)、Live CD(4枚組)、写真集、オリジナルグッズ、スペシャルパッケージ仕様
<収録内容>
「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND ? METAL RESISTANCE ?」
■RED NIGHT (2016.9.19)
1. Road of Resistance
2. ヤバッ!
3. いいね!
4. シンコペーション
5. Amore - 蒼星 -
6. GJ!
7. 悪夢の輪舞曲
8. 4の歌
9. Catch me if you can 10. ギミチョコ!!
11. KARATE
12. Tales of The Destinies
13. THE ONE - English ver. -
[included 13songs. / Approx. 87min]
■BLACK NIGHT (2016.9.20)
1. BABYMETAL DEATH
2. あわだまフィーバー
3. ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
4. META!メタ太郎
5. Sis. Anger
6. 紅月 - アカツキ -
7. おねだり大作戦
8. NO RAIN, NO RAINBOW
9. ド・キ・ド・キ☆モーニング
10. メギツネ
11. ヘドバンギャー!!
12. イジメ、ダメ、ゼッタイ
[included 12songs. / Approx. 82min]

【関連リンク】
BABYMETAL オフィシャルHP
BABYMETAL、東京ドーム2デイズ公演の模様が待望の映像化決定
BABYMETAL、韓国にてMETALLICAと夢の競演!
BABYMETAL、イギリスに続いてレッチリのアメリカツアーへの参加が決定

【関連アーティスト】
BABYMETAL, Guns N\' Roses
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル, メタル, ライブ

安室奈美恵、全国ホールツアー追加公演発表で自身初の全100公演に挑戦
Mon, 30 Jan 2017 15:30:00 +0900
安室奈美恵 (okmusic UP\'s)

安室奈美恵が全国ホールツアー『namie amuro LIVE STYLE 2016-2017』の追加公演を発表し、自身初の全100公演を行なう事がわかった。

【その他の画像】安室奈美恵

2016年はドラマ『僕のヤバイ妻』主題歌「Mint」の発売に始まり、リオ五輪テーマソングの「Hero」、映画『デスノート』主題歌・劇中歌の「Dear Diary / Fighter」と、シングルを立て続けに3作リリース。なかでも「Hero」は、主要音楽配信サイトで軒並み1位を獲得し10冠を達成、“USENリクエストランキング"では全国1位を獲得、さらにバラエティ番組をはじめ、数多くのテレビ番組でBGMとして使用されるなど、2016年を代表する1曲となった。

また、昨年末にはセブン-イレブンとタイアップしたクリスマス・キャンペーンを展開し、安室初のクリスマスソング「Christmas Wish」がダウンロードできるミュージックカードが付いたクリスマスケーキが100万台以上のセールスを記録。さらに、コンタクトレンズ新ブランド『ReVIA(レヴィア)』のイメージモデルに起用されることも発表されている。

そんな彼女のツアーは、チケットが入手困難であることはあまりにも有名。今回の追加公演発表はファンにとって嬉しいニュースとなるに違いない。気になる方はオフィシャルHPをチェックして、是非会場に足を運んでほしい。

■『namie amuro LIVE STYLE 2016-2017』

2月02日 (木) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
2月03日 (金) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
2月07日 (火) 東京・東京国際フォーラム ホールA
2月08日 (水) 東京・東京国際フォーラム ホールA
2月11日 (土) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール 第一
2月12日 (日) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール 第一
2月15日 (水) 沖縄・沖縄コンベンション劇場
2月17日 (金) 沖縄・沖縄コンベンション劇場
2月18日 (土) 沖縄・沖縄コンベンション劇場
2月25日 (土) 大阪・大阪・フェスティバルホール
2月26日 (日) 大阪・大阪・フェスティバルホール
2月28日 (火) 大阪・大阪・フェスティバルホール
3月05日 (日) 佐賀・佐賀市文化会館
3月06日 (月) 長崎・アルカスSASEBO 大ホール
3月08日 (水) 愛媛・松山市民会館
3月13日 (月) 大阪・フェスティバルホール
3月14日 (火) 大阪・フェスティバルホール
3月18日 (土) 福岡・福岡サンパレス
3月19日 (日) 福岡・福岡サンパレス
3月21日 (火) 宮崎・宮崎市民文化ホール
3月25日 (土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
3月26日 (日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
3月30日 (木) 東京・東京国際フォーラム ホールA
3月31日 (金) 東京・東京国際フォーラム ホールA
<2017年追加公演>
4月03日 (月) 東京・オリンパスホール八王子
4月04日 (火) 東京・オリンパスホール八王子
4月08日 (土) 山梨・コラニー文化ホール 大ホール
4月09日 (日) 山梨・コラニー文化ホール 大ホール
4月13日 (木) 群馬・桐生市市民文化会館 シルクホール
4月14日 (金) 栃木・宇都宮市文化会館 大ホール
4月17日 (月) 京都・ロームシアター京都 メインホール
4月18日 (火) 京都・ロームシアター京都 メインホール
4月25日 (火) 静岡・アクトシティ浜松 大ホール
4月27日 (木) 広島・ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ
4月28日 (金) 山口・周南市文化会館
5月02日 (火) 大阪・オリックス劇場
5月03日 (水) 大阪・オリックス劇場
※終了分は割愛

【関連リンク】
安室奈美恵 オフィシャルHP
また聴きたくなってきた! 小室哲哉プロデュース曲を振り返る
安室奈美恵がコンビニとコラボ!? セブン‐イレブンでしか手に入らない新曲を初公開
安室奈美恵、死神達とコラボする映画『デスノート』劇中歌のMVを公開

【関連アーティスト】
安室奈美恵
【ジャンル】
J-POP

きゃりーぱみゅぱみゅ、24歳の誕生日に中田ヤスタカとSPライブを開催
Mon, 30 Jan 2017 15:00:00 +0900
1月28日(土)@新木場agheHa (okmusic UP\'s)

中田ヤスタカ/きゃりーぱみゅぱみゅによるスプリット盤のリリースを記念して、きゃりーぱみゅぱみゅが24歳の誕生日を迎えた1月28日(土)に新木場agheHaで「ASOBINITE!!! -KYARY PAMYU PAMYU BIRTHDAY SPECIAL- YSTK×KPP CLUB EDITION」が開催された。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

この公演は2016年11月に東名阪3箇所のみで開催され、各地満員御礼となった中田ヤスタカ × きゃりーぱみゅぱみゅによるツーマンライブツアー「〜SPECIAL DJ×LIVE ZEPP TOUR 2016〜『YSTK×KPP』」のCLUB EDITIONとして、中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅによるスペシャルなライブセットが披露された。

2人のステージが始まる午前2時前からフロアは最高の盛り上がり。そして午前2時になり、この日のために特設されたステージのカーテンが開くと、観客の歓声とともに中田ヤスタカはCAPSULE 「Dancing Planet (remix feat. VERBAL) 」でステージに登場。続いてCapsule 「Hero」でオーディエンスのテンションをさらに高めていく。

そして、フロアのテンションが完全に高まったところで、赤いドレスに身をまとったきゃりーぱみゅぱみゅがステージに姿を現す。24歳最初の1曲は「CANDY CANDY 」。きゃりーぱみゅぱみゅ自身もフロアを煽り、もはや文句なしの盛り上がりだ。

それに続いてきゃりーぱみゅぱみゅは「NO NO NO」、中田ヤスタカの「Motor Force ft.KPP」でフロアとコールアンドレスポンスをしたりと、彼女自身もこの記念日を心から楽しんでいた。そして、「ポリポンポン」「きらきらキラー」ではファンが手拍子をしたりタオルを回したりと、ライブが進むごとに会場の一体感は増していく一方だ。

「もんだいガール」を歌ったあと、MCへ。きゃりーぱみゅぱみゅの20歳へのカウントダウンパーティから5年連続で行なわれてきたこのバースデーパーティだが、中田ヤスタカは『24歳のお誕生日おめでとう! このパーティは毎年続けていきましょう!』と来年の開催への意欲を示していた。

そしてきゃりーぱみゅぱみゅは『24歳の抱負は、友達とファンを増やすことです! 私は結構控えめな性格をしているんですが、今年はもっと人と接するようにして、楽しい一年にしたい!』と、24歳としての抱負を語り、「にんじゃりばんばん」へ。その後、ファンの間で1.2を争うほどの人気曲、「チェリーボンボン」を披露。

続いて、中田ヤスタカ が手がけた映画『何者』のテーマソング「NANIMONO (feat. 米津玄師)」をプレイした後はきゃりーぱみゅぱみゅが「インベーダーインベーダー」「ファッションモンスター」を歌い、『今日は来てくれてありがとうございます! とても幸せです!』と、この日のために駆けつけたファンに感謝を伝えた。そして最後に1月18日にリリースされたきゃりーぱみゅぱみゅの最新曲「原宿いやほい」を披露し、ファンの大歓声に包まれながら2人はステージを去った。

きゃりーぱみゅぱみゅ24歳のバースデーパーティは、中田ヤスタカとのスペシャルなコラボステージを前に、フロアを埋め尽くしたファンの熱気に包まれた最高の一夜となった。早くも来年の開催を待ちわびつつ、引き続き2人の今後にも期待しよう!

Photo by 前田政宗

■シングル「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) / 原宿いやほい」/中田ヤスタカ/きゃりーぱみゅぱみゅ

発売中
WPCL-12509/¥1,200+税
<収録内容>
01 中田ヤスタカ「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu)」
02 中田ヤスタカ「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) -remix-」
03 きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい」
04 きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい -extended mix-」

【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ オフィシャルHP
きゃりーぱみゅぱみゅ、ホールツアー初日にニューシングルとライブ映像作品のリリースを発表
中田ヤスタカ、新曲MVにてCharli XCX、きゃりーぱみゅぱみゅと新バンドを結成!?
3人に増殖したきゃりーが踊る!? 「原宿いやほい」MVが完成!

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ, 中田ヤスタカ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

オアシスの貴重な日本公演映像が上映決定! 新宿ピカデリー他にて期間限定公開
Mon, 30 Jan 2017 14:30:00 +0900
『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』 ロゴ (okmusic UP\'s)

2009年7月24日のフジロックフェスティバル初日、グリーン・ステージのヘッドライナーを務めたオアシスのライヴ映像が、『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』というタイトルで3月4日(土)より劇場にてフル上映されることが決定した。

【その他の画像】Oasis

オアシスは、2001年以来8年振りの出演となったフジロックフェスティバル出演の約1か月後にノエル・ギャラガーがオアシスからの脱退を表明、バンドはその活動にピリオドを打った。オアシスの日本における最後のライヴであり、ノエルとリアムのギャラガー兄弟が揃ってステージに立つ貴重な映像は必見だ。

「ロックン ロール・スター」、「ライラ」、「ザ・マスタープラン」、「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」など、この日のセットリストはオアシスのマスターピースが盛り込まれているまさにべスト版並みの選曲!

また予告編では、ライヴの超貴重映像を一部解禁。大雨の中、グリーン・ステージを埋め尽くした多くの観客を前に、堂々と「ロックロール・スター」を歌い上げるリアム。観客たちが波のようにうねり、ライヴパフォーマンスの熱狂がひしひしと伝わってくる。そして、優しくも力強くギターを奏でるノエルは 「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」を観客の胸に語りかけるように歌う。もはや伝説と化したライヴの感動と熱狂を劇場で体感せよ!

(C) Masanori Naruse

■【公開概要】

タイトル:『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』
アーティスト:オアシス
公開劇場:新宿ピカデリーほか、全国にて“期間限定”上映
上映日時:2017年3月4日(土)19:00〜
※一部劇場では2週間上映
上映時間:約100分
<チケット>
■料金
入場チケットのみ:2,500円(税込)
公開記念グッズ付き入場チケット:7,500円(税込)
※入場チケット+トートバック+Loppi 限定 T シャツ(フリーサイズ)【数量限定】
■チケット発売日
〜2月7日(火)までローソンチケットにて抽選受付中
一般発売は2月23日(木)よりローソンチケットにて発売開始
■受付URL
http://l-tike.com/oasisfrf09
※入場チケットは劇場・座席・日時指定となります。
※当日券は残席がある場合のみ、各上映劇場で販売予定。

《セット・リスト(全20曲)》
ファッキン・イン・ザ・ブッシーズ/ロックンロール・スター/ライラ/ショック・オブ・ザ・ライトニング/ シガレッツ&アルコール/ロール・ウィズ・イット/ウェイティング・フォー・ザ・ラプチャー/ザ・マスター プラン/ソングバード/スライド・アウェイ/モーニング・グローリー/マイ・ビッグ・マウス/ハーフ・ザ・ ワールド・アウェイ/アイム・アウタ・タイム/ワンダーウォール/スーパーソニック/リヴ・フォーエヴァー/ドント・ルック・バック・イン・アンガー/シャンペン・スーパーノヴァ/アイ・アム・ザ・ウォルラス

※上映劇場、チケット発売情報等、詳細は映画公式サイトにて

■『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』 予告編
https://youtu.be/7siE831bZUQ

【関連リンク】
映画『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』公式サイト
キングギドラが“言いてぇ事言うのがヒップホップであること”を示した傑作アルバム『最終兵器』
Mayday、日本武道館公演に向けたスペシャルムービー公開&日本限定盤のジャケ写解禁!
MORGAUA QUARTET、キース・エマーソンに捧げるプログレ名曲群『トリビュートロジー』を発売

【関連アーティスト】
Oasis
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

ASIAN KUNG-FU GENERATION、初のトリビュートにKANA-BOON・BLUE ENCOUNTら全12組が参加
Mon, 30 Jan 2017 14:00:00 +0900
ASIAN KUNG-FU GENERATION (okmusic UP\'s)

2016年に結成20周年を迎えたASIAN KUNG-FU GENERATIONにとって初となるトリビュート・アルバム『AKG TRIBUTE』が、3月29日にリリースされる。

【その他の画像】ASIAN KUNG-FU GENERATION

参加アーティストはレーベルメイトでもあるKANA-BOON、BLUE ENCOUNT、シナリオアート、LILI LIMITをはじめ、amazarashi、Creepy Nuts、the chef cooks me、じん、never young beach、04 Limited Sazabys、yonige、夜の本気ダンスの全12組。ASIAN KUNG-FU GENERATIONに影響を受けた若い世代を中心に、勢いあるアーティストたちが、それぞれに思い入れのあるアジカン・ナンバーをカバーしている。さらに、今作のカバーイラストにはゆかりのあるクリエイターが参加予定との事で、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの結成20周年に贈る、リスペクト感溢れるトリビュート・アルバムに期待が高まる。

■アルバム『AKG TRIBUTE』

2017年3月29日(水)発売
KSCL-2896/¥2,913+税
※初回仕様:デジパック仕様
<収録曲および参加アーティスト> ※50音順・曲順未定
・夏の日、残像 / amazarashi
・君という花 / KANA-BOON
・リライト / Creepy Nuts
・踵で愛を打ち鳴らせ / the chef cooks me
・迷子犬と雨のビート / シナリオアート
・Re:Re: / じん
・アンダースタンド / BLUE ENCOUNT
・君の街まで / never young beach
・未来の破片 / 04 Limited Sazabys
・ソラニン / yonige
・NGS / 夜の本気ダンス
・ブラックアウト / LILI LIMIT

【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION オフィシャルHP
BLUE ENCOUNT、初の武道館ワンマンを収録した映像作品を3月にリリース
KANA-BOON、新曲「Fighter」フル配信開始&アニメ描き下ろしジャケ写公開
『MUSIC TAGS vol.4』東京会場限定企画第4弾でKEYTALKからチョコレートが貰えちゃう!?

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION, the chef cooks me, amazarashi, KANA-BOON, 夜の本気ダンス, BLUE ENCOUNT, シナリオアート, 04 Limited Sazabys, じん(自然の敵P), never young beach, yonige, LILI LIMIT, Creepy Nuts
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BLUE ENCOUNT、初の武道館ワンマンを収録した映像作品を3月にリリース
Mon, 30 Jan 2017 13:00:00 +0900
BLUE ENCOUNT (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが10月9日に行なった初の武道館ワンマン公演を収録した映像作品『LIVER\'S 武道館』が3月22日にリリースされることが決定した。

【その他の画像】キュウソネコカミ

ブルエンの映像作品としてひとつの公演がそのままパッケージ化されるのは初めてなだけに、ファンには待望の商品といえる。さらに初回盤のDVDとブルーレイには特製ラバーバンドと当日のドキュメンタリー映像も収録されるとのことでこちらも見逃せない。

そして、FM802の番組『Walkin\' Talkin\' -徒然ダイアローグ-』にて、2月は4週に渡ってヤマサキ セイヤ(キュウソネコカミ)と田邊駿一(BLUE ENCOUNT)の対談の模様をオンエアすることが決定。FM802のアーティスト番組『MUSIC FREAKS』で、ヤマサキ セイヤは2014年10月〜の1年間、田邊駿一は2015年10月〜の1年間FM802DJをつとめていたこともあり、また田邊駿一の『MUSIC FREAKS』のゲストとして、ヤマサキ セイヤが出演してトークしたこともあったりとこの二人の相性の良さはもはやお馴染み。初回となる2月5日の放送では、そんな二人が改めて「バンド始めたきっかけ」「原点にあるバンド」をテーマに対談。選曲も「バンド初期にかいた曲」や「原点になっている楽曲」をテーマにオンエア。アーティスト同士だからこそ語られる言葉、流れる楽曲もお楽しみに。

また、1月30日20時ごろからは音楽専門チャンネルスペースシャワーTVの公式スマートフォンアプリ『スペシャアプリ』にて配信されるBLUE ENCOUNTのトーク番組『BLUE ENCOUNT 「TOUR 2017 break “THE END"」 前決起集会』にメンバーが出演。商品化が決定した武道館公演の様子も一部オンエアされるとのことなので、こちらも要チェック!

■FM802『Walkin\' Talkin\' -徒然ダイアローグ-』
※放送日程:毎週(日)21:00-22:00
2月5日・12日・19日・26日
http://funky802.com/i/S4205
■BLUE ENCOUNT 「TOUR 2017 break “THE END"」 前決起集会
※配信日時: 1月30日(月)20:00頃〜
・スペシャアプリ
http://sstv.jp/app
・LINE LIVE
https://live.line.me/channels/52/upcoming/788634

■Blu-ray&DVD『LIVER\'S 武道館』

2017年3月22日(水)発売
【初回生産限定盤】(BD+ラバーバンド)
KSXL 229〜230/¥6,111+税
※武道館の入口看板をデザインに落とし込んだ特製ラバーバンドを同梱
【初回生産限定盤】(2DVD+ラバーバンド)
KSBL 6266〜6268/¥5,093+税
※武道館の入口看板をデザインに落とし込んだ特製ラバーバンドを同梱
【通常盤】(DVD)
KSBL 6269/¥3,796+税
<収録内容>
■初回生産限定盤(DVD、BD共に) 
01. DAY×DAY
02. HALO
03. MEMENTO
04. 声
05. Survivor
06. アンバランス
07. JUMP
08. HEEEY!
09. ONE
10. ANSWER
11. YOU
12. はじまり
13. LAST HERO
14. JUST AWAKE
15. THANKS
16. LIVER
17. ロストジンクス
18. だいじょうぶ
19. もっと光を
-アンコール-
20. 涙
21. NEVER ENDING STORY
22. HANDS
・特典映像
Road to LIVER\'S武道館(武道館ドキュメント)
■通常盤
01. DAY×DAY
02. HALO
03. MEMENTO
04. 声
05. Survivor
06. アンバランス
07. JUMP
08. HEEEY!
09. ONE
10. ANSWER
11. YOU
12. はじまり
13. LAST HERO
14. JUST AWAKE
15. THANKS
16. LIVER
17. ロストジンクス
18. だいじょうぶ
19. もっと光を
-アンコール-
20. 涙
21. NEVER ENDING STORY
22. HANDS

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
BLUE ENCOUNT、スペシャアプリにてツアー直前決起集会を生配信
BLUE ENCOUNT、NHK FMにて豪華バンドメンバー同士の対談企画を実施
GYAO!で『COUNTDOWN JAPAN 16/17』特別番組のアーカイブ配信がスタート

【関連アーティスト】
キュウソネコカミ, BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

超特急、タクヤとユースケが出演した『ピラミッドダービー』がSNSで大反響
Mon, 30 Jan 2017 12:30:00 +0900
4号車 タクヤ (okmusic UP\'s)

超特急のタクヤとユースケがTBSの『ピラミッドダービー』に出演し、SNSなどで大反響を呼んでいる。

【その他の画像】超特急

先日放送された『ピラミッドダービー』でタクヤとユースケは、まさに“超特急”で全国を飛び回り、ローカルグルメを堪能。放送が始まるとSNSでは『テレビをつけたら超特急!』『地元に超特急!』『超特急が食べてるところを見たら食べたくなってきました』『TBSさんありがとう』などと視聴者からの声が飛び交い、瞬時にtwitterのトレンドにも入るほどの反響となった。2017年、「バラエティに多数出演」と目標を立てている彼らが着々と結果を残し、お茶の間を席巻する日も近いだろう。

■『Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017「Trans NIPPON Express」』

4月29日(土)  北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
5月03日(水・祝)  大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月04日(木・祝)  大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月06日(土)  山口・周南市文化会館
5月07日(日)  広島・広島JMSアステールプラザ大ホール
5月12日(金)  神奈川・よこすか芸術劇場
5月20日(土)  石川・本多の森ホール
5月21日(日)  富山・高周波文化ホール
5月27日(土)  静岡・静岡市民文化会館 大ホール
5月28日(日)  岐阜・土岐市文化プラザ・サンホール
6月03日(土)  和歌山・和歌山市民会館 大ホール
6月17日(土)  鹿児島・鹿児島市民文化ホール 第二ホール
6月18日(日)  福岡・福岡サンパレス
6月24日(土)  千葉・松戸 森のホール21 大ホール
7月01日(土)  山形・酒田市民会館 希望ホール
7月02日(日)  宮城・東京エレクトロンホール宮城
7月15日(土)  香川・サンポートホール高松・大ホール
7月17日(月・祝)  愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
7月23日(日)  兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
8月08日(火)  東京・東京国際フォーラム ホールA

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、『次ナルTV-G』サプライズ収録で5号車 ユーキが女装し6号車 ユースケとカップルに!?
超特急のタクヤとユースケが人気バラエティ番組『ピラミッドダービー』に出演決定
超特急、男性限定『男祭り』開催決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1