歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年01月15日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
Lily\'s Blow、映画『傷だらけの悪魔』スピンオフMV(Short Ver.)公開
Sun, 15 Jan 2017 20:00:00 +0900
Lily’s Blow (okmusic UP\'s)

2月1日にリリースされるLily\'s Blowのメジャーデビューシングル「NAI NAI NAI」のMV(Short Ver.)がYouTubeに公開された。

【その他の画像】Lily\'s Blow

「NAI NAI NAI」は足立梨花が主演を務める映画『傷だらけの悪魔』の主題歌で、Lily\'s BlowのNANAは映画本編にも主人公のクラスメイト「滝沢菜々」役で初出演を果たしている。

シングルの【傷だらけの悪魔盤】特典DVDに収録されるMVには、映画本編より主演の足立梨花はじめ、江野沢愛美、加弥乃、小南光司らが参加しており、「滝沢菜々」のサイドストーリーを描いた本編スピンオフショートームービー仕立てとなっているので、気になる方はこの度公開されたMV(Short Ver.)をチェックしよう。

さらに映画『傷だらけの悪魔』のイベントとして、「KIZUAKU AFTER PARTY」と題されたトーク&ライブイベントが2月10日(金)に大阪・ROCKTOWN、2月18日(土)に東京・渋谷CLUB camelotにて開催される事が決定。映画『傷だらけの悪魔』出演キャストによるトークショーのほかにも、主題歌を歌うLily\'s Blowのスペシャルライブが予定されており、ここでしか聞けない撮影裏話などプレミアムな内容になりそうだ。ぜひ会場に足を運んでみてほしい。

(C)2017 KIZUAKUフィルムパートナーズ

■映画『傷だらけの悪魔』公式サイト
http://kizuaku.jp
■「KIZUAKU AFTER PARTY」特設サイト
http://www.horipro.co.jp/kizuaku_event/

■「NAI NAI NAI」MV(Short Ver.)
https://youtu.be/igiELQaqdx0

■「KIZUAKU AFTER PARTY」

2月10日(金) 大阪・ROCKTOWN
開場:18:00 開演:18:30
2月18日(土) 東京・渋谷CLUB
開場:14:30 開演:15:00
<出演者>
足立梨花、江野沢愛美、加弥乃、藤田冨、小南光司、NANA(Lily\'s Blow) and more…
※出演者は変更になる可能性がございますので、予めご了承ください
<イベント内容>
・映画「傷だらけの悪魔」出演者によるトーク
・Lily\'s Blowミニライブ  その他
https://www.e-get.jp/horifan/pt/

■シングル「NAI NAI NAI」

2017年2月1日発売
【傷だらけの悪魔盤】(CD+DVD)
JBCZ-6057/¥1,204+税
【通常盤】(CD)
JBCZ-6058/¥926+税
<収録曲>
■CD
01. NAI NAI NAI
※映画『傷だらけの悪魔』主題歌
02. Who is the Devil?
※映画『傷だらけの悪魔』イメージソング
03. NAI NAI NAI 〜Instrumental〜
04. Who is the Devil? 〜Instrumental〜
■DVD ※傷だらけの悪魔盤のみ
「NAI NAI NAI」Short Movie Music Video

【関連リンク】
Lily\'s Blow オフィシャルHP
Lily\'s Blow、デビューシングル「NAI NAI NAI」ジャケ写2パターンを公開
Lily\'s Blow、メジャーデビューシングルのMVは映画『傷だらけの悪魔』スピンオフショートムービー
Lily\'s Blow、タワーレコード渋谷店でのインストアイベントをLINE LIVEで生中継決定

【関連アーティスト】
Lily\'s Blow
【ジャンル】
J-POP, 映画

YOSHIKI、夢のNYカーネギーホールで2DAYSライブを開催
Sun, 15 Jan 2017 19:00:00 +0900
『YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL feat.Tokyo Philharmonic Orchestra』 (okmusic UP\'s)

YOSHIKIがニューヨーク・カーネギーホールで1月12日と 13日の2日間、『YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL feat.Tokyo Philharmonic Orchestra』を開催した。

【その他の画像】X JAPAN

有名な話がある。 「カーネギーホールへはどうやって行くのですか?」道行く人に尋ねられたある有名音楽家はこう答えた。 「練習あるのみ。 」「Nothing is impossible」---不可能なことなどないと己を信じ、努力を続けてきたYOSHIKI。大阪、 東京、 香港を巡り、 今回のYOSHIKIクラシカルワールドツアー計4都市7公演の集大成となった本公演。2014年、 X JAPANとしてロックの殿堂マディソン・スクエア・ガーデン公演を成功させ、 今回ソロで臨んだクラシックの殿堂・カーネギーホール。これでYOSHIKIは、 米・ロックとクラシックの2大殿堂制覇という、 ビートルズやローリングストーンズ、 スティング、 デヴィッド・ボウイと世界の名だたるアーティストしか成しえない偉業を達成した。勿論、アジア人初のアーティストとなった。

現地大使館関係者や在住著名人をはじめ世界各国から来場したVIPやメディアで賑わいを見せた会場は、世界の中心ニューヨークに相応しい華やかさで、この歴史的瞬間を見届けようと駆け付けた観客は2日間で5,600人、 全席ソールドアウト。 また日本では、 WOWOW初のカーネギーホール生中継を実施。そして日本国内63館の映画館と、香港、台湾ではライブビューイングも開催。(*15日(日)18時と16日(月)19時より全国映画館にてディレイ放送も開催)こちらも公演会場さながらの盛り上がりで、 感極まり涙する観客の姿も多く見られるほど。 海を越えて飛び火したニューヨークの熱とYOSHIKIが音に込めた想いは、 現地に駆け付ける事ができなかった各地のファンの心にも確実に届いた事だろう。日本人として過去に例がないという2日間連続で行われたカーネギーホール公演は、 大成功のうちに幕を閉じた。

カーネギー初公演となる総勢47名の東京フィルハーモニー交響楽団と共に奏でる、 奇跡のような演奏。オーケストラバージョンにアレンジされたベートーベンの「Moonlight Sonata」や、 アメリカ国歌をピアノでサプライズ披露するなど、 カーネギーホールならではの贅沢な演出に加え、 「Forever Love」や「Kurenai」「Art of Life」などのX JAPANの代表曲。 ゲストボーカリストを迎えた「Hero」やオペラシンガーを迎えての「Miracle」では会場のあちらこちらで感嘆の声が漏れ聞こえ、 現地の耳の肥えたクラシック通さえも唸るほどの素晴らしさ。 最後はミラーボールで美しく彩られたカーネギーホールに響く「Endless Rain」の大合唱で幕は閉じ、 スタンディングオベーションは約10分間に渡り止む事なく続いた。

「HIDE、TAIJI、そして自身の父親に捧げる」と、これまで毎回演奏されてきた「Without you」。 この日演奏中のYOSHIKIの目から大粒の涙がこぼれた。これまでの自分の人生が走馬灯のように頭を駆け巡り、 思わず流れ落ちた涙だったという。自身が幼い頃から影響を受けてきたというあのチャイコフスキーが、こけら落とし公演を行ったという由緒正しい歴史ある場所。その昔父親に買い与えられたピアノがきっかけでクラシックにのめり込み、そこから遂にこの舞台を成功させるところまでやってきた。それは、YOSHIKI自身そしてHIDE、TAIJIが夢見てきた“外への扉”を一つ一つ着実に開き、 また一歩確実に世界に近付いたという事に他ならない。「僕のルーツを感じてもらえるようなコンサートになると思う。 」ツアー前に語っていたその言葉の通り、YOSHIKIという人間の生き様が全身全霊で体現された2日間であった。

公演終了後にはカーネギーホール側から「また、 ここに戻って来て欲しい!」とのラブコールに続き、 世界中のコンサートホールから公演オファーが続々とYOSHIKIの元に届いている。
歴史的な偉業を成し遂げ、一つの終着点に辿り着いたかのように思える。だが彼にとってそれはまだまだ夢の通り道に過ぎない。次に向かうのは3月4日 英・ロックの殿堂ウェンブリーアリーナ。 X JAPANメンバーと共に更なる高みを目指す。 記念すべき大ニュースで幕を開けた2017年。 全力で突っ走るYOSHIKIの勢いはとどまることを知らない。

【セットリスト】
■1st セットリスト
01.I\'ll BE Your Love [Theme for the World Expo Japan]
02.The Last Song feat.KATIE FITZGERALD
03.Forever Love [Theme for the animation film X]
04.Golden Globe Theme
05.Hero feat.KATIE FITZGERALD[Theme for the animation film Saint Seiya]
06.La Venus[Theme for the film We Are X]
07.Moonlight Sonata
08.Anniversary[Theme for the Emperor of Japan 10 Year Anniversary]
■2nd セットリスト
01.Tears
02.Miracle feat.ASHLEY KNIGHT
03.Star Spangled Banner
04.River Of The Light feat. ASHLEY KNIGHT
05.Swan Lake
06.Without You
07.Kurenai
08.Transition
09.Art of Life
10. Endless Rain[Theme for the film Zipang]

■【ライブビューイング情報】

1月16日(日) 日本全国の映画館
19時開演(ディレイ放送)
料金:¥4,200(税込)
http://liveviewing.jp/contents/yoshiki2/

【関連リンク】
YOSHIKI オフィシャルHP
大回顧展『DAVID BOWIE is』の開幕に先駆け、二階堂ふみがトークセッションを実施
YOSHIKI、トラブルがあった香港公演の振替公演を無事に終了
YOSHIKI、香港公演キャンセルおよび無料ライブ翌日開催を緊急発表

【関連アーティスト】
X JAPAN, YOSHIKI
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, クラシック, ライブ

チャラン・ポ・ランタン、もう『逃げ恥』の「恋ダンス」じゃない方なんて言わせない! 豪華ゲストと作り上げた新作をリリース
Sun, 15 Jan 2017 18:30:00 +0900
チャラン・ポ・ランタン  (okmusic UP\'s)

もと小春による姉妹音楽ユニット、チャラン・ポ・ランタンがほぼ”フルアルバムの新作『トリトメナシ』を1月18日(水)にリリースする。

【その他の画像】Mr.Children

チャランポは社会現象化した大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のオープニングテーマ「進め、たまに逃げても」を担当。ところが同作のエンディングで流れる星野源の「恋」がいわゆる「恋ダンス」と相乗効果を見せ、モンスター級の広がりと共に大ヒットしたことによって、「『逃げ恥』のオープニングほんと空気(存在感がない)」などと「恋」とは対照的な「進め、たまに逃げても」を皮肉る声がネットでは徐々に広がっていった。

しかし、チャランポのふたりはそんな流れに抗うことなく、意外な行動を取り始める。姉の小春(アコーディオン)に至っては「これ、“『逃げ恥』のOP曲 チャラン・ポ・ランタンだったこと知らなかった人RT”で超拡散されるんじゃね」と、むしろ「#チャランポ空気説」というハッシュタグを用いたツイートまでしてみせたのだ。

そんな、見る者からすると自虐的なチャランポの姿は「実はすごい奴らなのでは!?」とゆっくり話題になってゆく。この奇妙な現象によって、チャランポの「進め、たまに逃げても」のMVは見事拡散し、YouTubeでの視聴回数は現在まで230万を突破!

『逃げ恥』の放送終了後には、新作『トリトメナシ』に収録される新曲「かなしみ」(作詞・作曲:小春)にMr.Childrenが“ヒカリノアトリエ”名義でアレンジ・演奏、しかも桜井和寿がコーラス参加していることが判明すると、このニュースは更なる反響を呼んだ。

実はMr.Childrenが他アーティストの曲を手掛けるのはデビューから25年で“初”のこと。桜井は『トリトメナシ』特設サイトで「今Mr.Childrenのツアーを廻っているメンバーで『かなしみ』のレコーディングをさせてもらいました。僕がボーカルではない曲をMr.Childrenで演奏し録音するのは初めてのことでしたが、曲の素晴らしさに引っ張られ、また可愛い歌声に寄り添いながら楽しくレコーディング出来ました。より多くの人にチャラン・ポ・ランタンの才能を感じてもらえたら嬉しいです。チャラン・ポ・ランタンは、そのパフォーマンスが魅力でありますが、この曲『かなしみ』は、パフォーマンスなしで、例えばリスナーが目を瞑って聴いても、心を揺さぶられるような曲にしたいと考え、普段よりも繊細に丁寧に演奏しました。とっても愛しい作品になったと思います。是非聴いてみてください」とコメントを発表している。

小春は昨年のMr.Childrenのツアーにサポートメンバーとして同行し、ミスチルのメンバー4人と、小春を含めた実力派プレイヤー4名を合わせた8名はツアータイトルと同じ“ヒカリノアトリエ”を冠した活動をしている。

11日にミスチルが発表したシングルのタイトルは「ヒカリノアトリエ」だが、この演奏はミスチルと小春を含めた“ヒカリノアトリエ”が担当している。つまり今回の「かなしみ」には“ヒカリノアトリエ”が全面サポートに入っているのだ。

アルバム『トリトメナシ』には他にも東京スカパラダイスオーケストラ、片平里菜&Reiとのコラボも実現している。

過去にレコード・CD総売り上げ2億3,000万枚を誇るモンスターバンド“ピンク・フロイド”のリーダー“デヴィッド・ギルモア”が共演を望んだり、Twitter会長がアジア系アーティストとして唯一(当時)チャランポをフォローしていたり、ギリシャではTVでもものモノマネをするコメディアンが現れるほどの人気があったりと、既に海外では注目されているこの姉妹。

チュートリアル徳井、キングコング西野、春風亭昇太、松井玲奈など、チャランポファンを公言している著名人も多数。ミスチルら大物アーティストとも活動を共にするチャランポはただの「空気」でもなければ自虐発言をするアーティストでもない、実力に裏打ちされたユニットであることは新作『トリトメナシ』が証明してくれるはずだ。

■アルバム『トリトメナシ』特設サイト
http://avex.jp/charanporantan_toritomenashi/

■「かなしみ」Music Video(short ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=lCHcNnSiu_A

■アルバム『トリトメナシ』

2017年1月18日(水)発売
【CD+DVD】
AVCD-93591/B/¥3,024(税込)
【CD】
AVCD-93592/¥2,484(税込)
<収録曲>
■CD
01 進め、たまに逃げても
※TBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』オープニングテーマ
02 Sweet as sugar
※『SWEETS by NAKED』テーマソング
03 まゆげダンス
※NHKみんなのうた 2016年12月・2017年1月
04 夢ばっかり
※片平里菜/Rei コラボ曲
05 月
※毎日放送『ディアスポリス 異邦警察』主題歌
06 恋はタイミング
※クラシエ『葛根湯』CM曲の別Ver.
07 雄叫び
※東京スカパラダイスオーケストラ コラボ曲
08 かなしみ
※Mr.Childrenツアーバンド編成『ヒカリノアトリエ』アレンジ・演奏
■DVD
・進め、たまに逃げても Music Video
・まゆげダンス Music Video
・雄叫び Music Video
・かなしみ Music Video
・トリトメナイおまけ映像

【関連リンク】
チャラン・ポ・ランタン Amazon ページ
チャラン・ポ・ランタン オフィシャルHP
人気音楽番組『ムジカ・ピッコリーノ』新作発売記念イベントの開催が決定
ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル、トリビュート盤の詳細がついに解禁

【関連アーティスト】
Mr.Children, Pink Floyd, 片平里菜, チャラン・ポ・ランタン
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

BLUE ENCOUNT、ショーケースイベントでコントラストのついた2ステージを展開
Sun, 15 Jan 2017 18:00:00 +0900
1月14日@豊洲PIT(2部) (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが1月14日に豊洲PITにて、KDDIとぴあが手掛けるエンタメサイト「uP!!!」がお送りするショーケースイベント「uP!!!NEXT BLUE ENCOUNT 〜HERO NEVER END」を開催した。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

2部構成となる今回、「静寂の椅子エン」と題した第一部はバンドにとっても、会場である豊洲PITにとっても、初のアコースティック・セットかつ、センターステージというレアな構成だ。暗転と同時にスポットライトがフロアを照らし、メンバーはプロレス入場というサプライズ。田邊駿一(Vo,Gt)が「今日はゆっくり楽しんで」と、初の試みに戸惑いがちなファンの緊張をほぐすように語りかけ、オープナーは「SMILE」。江口雄也(Gt)はもちろん、ベースの辻村勇太もアコギを持ち、そして高村佳秀(Dr)はカホンという編成で、メロディはもちろん4人が曲をどう捉え、演奏しているのかが手に取るように分かる。「ラジオみたいな気分でいい意味ユルく行きましょう」と、いつも以上にMC多めで進行していく。このスタイルがハマる「だいじょうぶ」に続き、レア選曲の「LIFE」では江口の哀愁味溢れるフレージングや、辻村がウッドベースを持っただけでフロアがどよめいた「YOU」など、ミュージシャン・BLUE ENCOUNTの軸の太さや成熟も垣間見せ、アコースティックセットならではの見所が随所に溢れる。逆にアコースティック・アレンジが想像しにくい「LAST HERO」は、怒りや熱さとは違うベクトルでこの曲を鳴らす姿を見た。加えて、ラスト2曲では楽器をエレクトリックに持ち替え、高村もドラムセットに付いて届けた「EVE」。アルバム『≒』収録曲としてファンには人気の高い、しかしライブでの披露は相当レアなナンバーだ。エレクトリックだが、圧が少ないアンサンブルで、細部に心を通わせる演奏を浮き彫りにする。それはラストの「はじまり」でさらに会場の隅々まで行き届くように、温もりを伝えていった。「改めて自分たちの曲を尊いなと思えました。いい新年のスタートを切れたと思います」と感謝を述べ、アンコールではニューアルバム『THE END』のアルバム曲として、最速となる「涙」を演奏。エモーショナルで泣けるバンド、BLUE ENCOUNTとは一味違うこのアプローチは、2017年の第一歩としてチャレンジングかつ良い選択だった。

一転、「激動の立ちエン」と題した第二部は、バンドにとっては馴染みのシチュエーション。が、ステージ前の紗幕に映像が映し出されたと同時にバンドはすでにそこにいるという、これまたサプライズなオープニング。しかも新作『THE END』の中でも最もエモラウド寄りのナンバー「HEART」だ。ライブ初披露とは思えない引き締まったプレイで、そのまま展開の多い「MEMENTO」を立体的に展開していく。田辺が第一部の緊張から解放された旨を話しながら、「お前ら容赦ねえな!」と、沸きまくるフロアに笑顔で応える。そのまま、ブルエンのソリッドでアッパーなマイナーチューン、「GO CRAZY」、オーディエンスが声を出すことで、さらにグッとギアアップし、ステージ上もフロアもアドレナリンが湧き出した「声」。放射状のレーザーが豊洲PITを射抜いていくと同時にリアクションもさらに熱いものに膨張し、実際、室温がものの20分で5℃は上昇したんじゃないか?と思える「アンバランス」「ロストジンクス」と、これまでブルエンのライブを長く見てきたファンですら、ここまでのキラーチューンの連投には驚きとともに狂喜している。これぞ二部構成にした意味ということだろう。しかも4人の演奏、一音一音の説得力が高い。曲そのものが持っている強度で自然に高まっていくテンション。こんなに理想的なライブはなかなかないんじゃないだろうか。「目の前には信じられない光景が広がってます!やっぱライブハウスだよな!」と満面の笑みの田邊。一部での緊張感と比べ、ライブハウスを実家にたとえ、自由自在に動き表現できる楽しさを全身に溢れさせた。

後半は前半とは打って変って、2ビートや高速スカなど、明るく盛り上がれる「GO」「LIVER」と続け、「LIVER」では恒例のタオル回しで、「今年はもうどのバンドのタオル回すなとか言わない!」と、寛容(!?)なところも見せる。そしていつも通り、ステージ上もフロアもともに逞しく育ち続ける「BLUE ENCOUNTという価値観」をも感じさせてくれたのだ。ファストチューンはその後も「THANKS」まで続き、アレンジがアップデートされ続けている「DAY×DAY」、第一部のアコースティックアレンジとの対比が印象的な「LAST HERO」は大文字のロックを体現する8ビートの力強さがあった。新年一発目、しかも二部構成という切り替えの難しいライブをやり切りつつあるバンドは、すでに去年とも違う新しいバンド像を体現。田邊のMCも新たな価値を告げるもので、「今年は自信持って、ライブハウスに行ってきます!って言え。お前らが泣いたり笑える場所は俺らが用意してるから。こんなにクソ熱い4人がいるから自信持っていけ!」という言葉とともに放たれた「もっと光を」の迸るような優しさは、あまりにもリアルだった。アンコールの「NEVER ENDING STORY」まで13曲を凄まじい濃度で駆け抜けた。自ら提案した二部構成ライブ、バンドもファンも大きな収穫になったに違いない。

【セットリスト】
■1部『静寂の椅子エン』
1.SMILE
2.だいじょうぶ
3.LIFE
4.YOU
5.LASTHERO
6.EVE
7.はじまり
EN.涙
■2部『激動の立ちエン』
01.HEART
02.MEMENTO
03.GO CRAZY
04.声
05.アンバランス
06.ロストジンクス
07.GO
08.LIVER
09.THANKS
10.DAY×DAY
11.LAST HERO
12.もっと光を
EN.NEVER ENDING STORY

■2017年ワンマンツアー「TOUR2017 break“THE END”」

3月12日(日) 香川:高松Festhalle
3月20日(月) 千葉:幕張メッセ国際展示場
4月02日(日) 北海道:Zepp Sapporo
4月08日(土) 宮城:仙台PIT
4月09日(日) 新潟:LOTS
4月15日(土) 大阪:Zepp Osaka Bayside
4月16日(日) 広島:BLUE LIVE
4月26日(水) 名古屋:Zepp Nagoya
4月27日(木) 名古屋:Zepp Nagoya
5月07日(日) 福岡:福岡国際センター

■先行チケット予約受付け中!
受付期間:1月16日23時59分まで
受付URL: http://eplus.jp/blue-encount/

<チケット料金>
スタンディング:¥4,300(税込・ドリンク代別)
2F指定席:¥4,800(税込・ドリンク代別)
●幕張メッセ公演 スタンディング・ブロック指定:¥4,800(税込)
●福岡公演 アリーナ立見・スタンド指定:¥4,800(税込)

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
BLUE ENCOUNTが本気の大喜利勝負!? スペシャル特番放送決定
BLUE ENCOUNT、1月14日開催のライブをau 動画配信サービスで独占生配信
BLUE ENCOUNT、ブルブル震える遠藤憲一が出演するアルバム『THE END』CM公開

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

CLOW、1stミニアルバムより「Hair Make」MV公開
Sun, 15 Jan 2017 17:00:00 +0900
CLOW (okmusic UP\'s)

日常の影と光を綴るシンガー“CLOW”がEggsレーベルより1月18日にリリースする1stミニアルバム『DEAR FRAME』より、「Hair Make」のMVを公開した。

【その他の画像】CLOW

すでに公開中の「スクロール」のMVに続いて勝又悠氏が監督を務めており、楽曲の独特な緊張感を2人の女子高生の印象的な映像で表現した作品となっている。

さらに、2月1日にはタワーレコード横浜ビブレ店でインストアライブ、2月2日には東京・下北沢GARAGEにて『DEAR FRAME』の発売を記念したライブ「KBKK」の開催も決定! 出演はCLOWのほか、藤森真一(藍坊主)、門田匡陽(Poet-type.M、BURGER NUDS)、ATLANTIS AIRPORT、Blueglueが名を連ねている。この機会にぜひCLOWのライブに足を運んでほしい。

■「Hair Make」ミュージックビデオ
https://youtu.be/k-sVL2AlmSw

■【イベント情報】

「CLOW 『DEAR FRAME』発売記念ミニライブ&サイン会」
2月01日(水) タワーレコード横浜ビブレ店
時間: 19:00〜
内容:ミニライブ&サイン会
入場方法:
観覧フリー。ご予約者優先で、タワーレコード横浜ビブレ店・渋谷店・新宿店にて、1月18日発売ミニアルバム『DEAR FRAME』(EGGS-016)1枚お買い上げの方に先着で「イベント参加券」を差し上げます。イベント参加券をお持ちの方はミニライブ終了後、サイン会にご参加いただけます。

CLOW『DEAR FRAME』リリースイベント「KBKK」
2月02日(木) 下北沢GARAGE
開場/開演:18:00/18:30
料金:前売 ¥2,500/当日 ¥3,000 (D代別¥500)
出演:CLOW/藤森真一 (藍坊主)/門田匡陽(Poet-type.M、BURGER NUDS)/ATLANTIS AIRPORT/Blueglue
詳細: http://www.garage.or.jp/7581

【関連リンク】
CLOW オフィシャルHP
超特急、1月24日放送の『Good Time Music』にてトーク&パフォーマンスを披露
マキタスポーツの定期ソロライブに竹原ピストルがゲスト出演決定
大黒摩季、7月より復帰後初の『北海道ドリーム・ツアー2017』を開催

【関連アーティスト】
CLOW
【ジャンル】
J-POP

有村竜太朗×SuG×ノクブラによるライブバトル終了!ゲストに清春が登場!
Sun, 15 Jan 2017 16:00:00 +0900
1月14日(土)@クラブチッタ川崎(有村竜太朗) (okmusic UP\'s)

1月14日(土)、クラブチッタ川崎にてNOCTURNAL BLOODLUST、SuG、有村竜太朗(Plastic Tree)が出演する「GENESIS」が開催された。

【その他の画像】清春

トップバッターのノクブラが、迫り来る轟音でフロアを揺らし、二番手のSuGは、独自のパフォーマンスで会場の熱を上げたところに事前にサプライズ演出有りと発表されていたが、そのサプライズのシークレットゲストに清春が登場した。あまりの突然の登場に会場が驚きと歓喜に包まれ、「竜ちゃん(有村竜太朗)と武瑠くん(SuG)に呼ばれて来ました」と3曲を熱唱。ラストを大阪、名古屋と自身のツアーを周ってきた有村竜太朗が、浮遊した空気感を作りあげイベントを終えた。スペシャルゲストの清春含め各アーティストが、お互いに繋がっているイベントは終始それぞれの個性を表現しながらイベント全体を尊重する一日となった。

【関連リンク】
NOCTURNAL BLOODLUST オフィシャルHP
SuG オフィシャルHP
有村竜太朗 オフィシャルHP
清春 オフィシャルHP

【関連アーティスト】
清春, SuG, NOCTURNAL BLOODLUST, 有村竜太朗
【ジャンル】
ビジュアル, イベント

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、熱いダンスバトルを繰り広げるMVを公開
Sun, 15 Jan 2017 15:00:00 +0900
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE (okmusic UP\'s)

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが1月25日にリリースするデビューシングル「Lightning」から、THE RAMPAGEパフォーマー13名による白熱のダンスバトルが圧巻な「Get Ready to RAMPAGE Introduced by ANARCHY」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

今作はPKCZRがプロデュースを手掛けたダンスナンバーで、そのミュージック・ビデオには、日本のHIP HOPシーンを代表するラッパー・ANARCHYがスペシャルゲストとして参加しており、こちらも話題を呼んでいる。お気付きの方もいるかも知れないが、冒頭のANARCHYのシャウトが乗っているサウンドは、なんと2007年にリリースされたEXILEの25枚目のシングルに収録されている、Sowelu, EXILE, DOBERMAN INCによる「24karats -type EX-」のリミックス音源で、こちらもEXILE TRIBEファンには大興奮間違い無しの内容となっている。是非チェックしてみて欲しい!!

■「Get Ready to RAMPAGE Introduced by ANARCHY」ミュージックビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=bmP3p2fDMLE

■シングル「Lightning」

2017年1月25日発売
【CD+DVD】
RZCD-86226/B/¥1,800+税
【CD ONLY】
RZCD-86227/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.Lightning
2.ELEVATION
3.GO ON THE RAMPAGE
4.Get Ready to RAMPAGE
5.Lightning (Instrumental)
6.ELEVATION (Instrumental)
7.GO ON THE RAMPAGE (Instrumental)
■DVD
1.Lightning (Music Video)
2.Get Ready to RAMPAGE Introduced by ANARCHY (Music Video)
3.GO ON THE RAMPAGE (Document Music Video)

【関連リンク】
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE オフィシャルHP
LDHは“LDH JAPAN”へ! 2017年プロジェクト大発表!
大原櫻子やMY FIRST STORYらが出演する『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2017』開催決定
「a-nation island 2016 powered by dTV」開幕!HONEST BOYZ(R)初披露など豪華コラボの連発!

【関連アーティスト】
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP

M!LK、6thシングルリリース&公式LINEスタンプ発売決定
Sun, 15 Jan 2017 14:00:00 +0900
M!LK (okmusic UP\'s)

M!LKが、6枚目のシングルの発売決定と公式LINEスタンプの発売を発表した。

【その他の画像】M!LK

10月16日からスタートしたM!LK5枚目のシングル「疾走ペンデュラム」のリリースイベントが、1月15日にお台場・ダイバーシティ東京 プラザフェスティバル広場で最終日を迎え、MC中に6枚目のシングルをリリースすることが発表された。また、2月12日(日)にバレンタインデー イブイブ&山?悠稀dayとして生誕祭が悠稀の出身地である大阪で行われることも発表された。

なお、1月15日からM!LKの公式LINEスタンプが発売される。

■LINE STORE
http://line.me/S/sticker/1370981

【関連リンク】
M!LK オフィシャルHP
M!LK、リリースイベントに「砂の塔」“そらちゃん"登場で高野兄妹が再会
M!LK、2周年記念ファンミーティングで“み!るきーず”達が大熱狂!
M!LKが魔術師を目指す!? 「疾走ペンデュラム」MV解禁!

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP

ジャンル不問!猫好きのための祭典「にゃんだらけVol.3」開催!
Sun, 15 Jan 2017 13:30:00 +0900
YURAさまとBijuたん (okmusic UP\'s)

猫のいない猫好きさんのためのイベント「にゃんだらけVol.3」が、1月21日(土)と22日(日)に浅草の東京都立産業貿易センター台東館4Fにて開催が決定した。

【その他の画像】Dacco

開催に先駆け、「にゃんだらけのテーマ」(歌:猫体質/作詞:大島暁美/作曲:岡野ハジメ)が振り付け付きで発表された。振付を担当したのは、歌って叩いて踊るミュージシャン(PsycholeCemu/Dacco)・AFAA公認エアロビクスインストラクターのYURAサマ。誰でも踊れるポップな振付で、にゃんにゃんポーズが可愛い猫ダンスに仕上がっている。YURAサマ自身が振付をわかりやすくレクチャーする動画も公開された。

また、YURAサマが「猫好きさんの祭典 にゃんだらけVol.3」に出演して、実際にみなさまに振り付けのレクチャーをすることも決定した。

■にゃんだらけのテーマ振付講座
https://youtu.be/rC0CWQhC-zw

■「猫マーケット にゃんだらけVol.3」YURAサマの出演時間

1月22日(日)にゃんだらけVol.3会場内トークショーステージ
12:30〜 YURAサマ 「にゃんだらけのテーマ」振付講座
15:00〜 東京ねこガール+YURAサマ 一緒に踊ろう♪「にゃんだらけのテーマ」

■「猫マーケット にゃんだらけVol.3」

1月21日(土)12:00〜17:00(前売券11:00入場)
1月22日(日)12:00〜17:00(前売券11:00入場)
場所:東京都立産業貿易センター台東館4F(東京都台東区花川戸2-6-5/浅草駅徒歩5分)
チケット:前売¥800/当日¥1,000
前売りチケット好評発売中 http://nyandarake.tokyo/ticket

【関連リンク】
「にゃんだらけVol.3」オフィシャルHP
Crack6 MSTR主催 HALLOWEEN PARTY、仮装姿のステージに満員の会場が大熱狂
Crack6 MSTR主催「Crazy Monsters」、来年3月に新木場スタジオコーストにて「クレモンフェス」開催
デヴィッド・ボウイと時代を共にしたクリエーター達によるプレミアム・トークショーの開催が決定

【関連アーティスト】
Dacco, PsycholeCemu
【ジャンル】
J-POP, イベント

FLOW、ニューシングル「INNOSENSE」のTVサイズ配信開始
Sun, 15 Jan 2017 13:00:00 +0900
FLOW (okmusic UP\'s)

FLOWが2月8日発売のニューシングルに収録される「INNOSENSE」TVサイズの配信がスタートした。

【その他の画像】FLOW

1月8日より放送されるTVアニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」の第2期エンディング主題歌として、「INNOSENSE」が起用されるがこの楽曲のTVサイズがCD発売に先駆けての配信! 同時に初回盤、通常盤の音源を集約した配信限定Special Edition盤のプリオーダーもスタートした。何かに立ち向かったり、どうしようもない現実に直面している人たちの背中を押してくれる力強い楽曲に仕上がっている「INNOSENSE」。2月8日の発売を待たずとも、いち早く聴いておきたい。

1月29には日本武道館にて開催される『リスアニ!LIVE』への出演も決定しているFLOW。この会場で「INNOSENSE」のCDを予約すると「オリジナルショッピングバッグ」も特典としてプレゼントされるとのこと。こちらも数に限りがあるので是非とも入手しよう。

■シングル「INNOSENSE」

2017年2月8日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2840/1/¥1,500+税 
【通常盤】(CD)
KSCL-2842/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.INNOSENSE
2.アミダ(Live ver.)
3.EGO(Live ver.)
4.KA-ZA-A-NA(Live ver.)
 M5.INNOSENSE-Instrumental-
■DVD ※初回生産限定盤のみ
「INNOSENSE」 Music Video
「INNOSENSE」 Music Video メイキング

【期間生産限定盤/アニメ盤】(CD+DVD/デジパック仕様/ジャケットステッカー付)
KSCL-2843/4/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.INNOSENSE
2.風ノ唄(Live ver.)
3.BURN(Live ver.)
4.INNOSENSE-TV Size-
5.INNOSENSE-TV Size Inst.-
■DVD
「BURN」 Live from【テイルズ オブ フェスティバル 2016】FLOW特別編集ver.
「風ノ唄」 Live from【テイルズ オブ フェスティバル 2016】FLOW特別編集ver.

■『INNOSENSE』MV(Short Ver.)
https://youtu.be/CZtBKUfLRa4

【関連リンク】
FLOW オフィシャルHP
FLOW、ニューシングル「INNOSENSE」MVでフェンシングに挑戦!?
FLOW、4年ぶりの年越しライブでIWASAKIが回転!? 新曲「INNOSENSE」の初披露も
FLOW、ニューシングル「INNOSENSE」全貌公開

【関連アーティスト】
FLOW
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

瀬川あやか、2017年初ワンマンで1stアルバムのリリースを発表
Sun, 15 Jan 2017 12:30:00 +0900
1月13日@shibuya eggman (okmusic UP\'s)

2016年にメジャーデビューを果たし、新人としては異例の数のCMや番組テーマソングに起用されている女性シンガーソングライター瀬川あやかが、1月13日にshibuya eggmanにて2017年初ワンマンライブ「私なりの酉ックオア酉ートメント」を開催した。

【その他の画像】瀬川あやか

「ハッピーニューイヤー!」と会場内に瀬川あやかの声が鳴り響くと、1曲目「ハッピーハッピーバースデー」でライブはスタート。瀬川あやかがステージに現れると、歓声とともにどよめきが。実はトレードマークでもあったツインテールを切り落として、この新年初ライブに臨んだ瀬川あやか。MCでは「今年は自分のポジティブさの上に、クールさとポジティブさを加えて、さらに飛躍できる年になるよう、レベルアップの意味を込めて今回髪を切りました!」と語りライブを盛り上げる。その後会場近くの渋谷のスクランブル交差点をイメージした「マスカット」や、昨年6月にリリースしたメジャーデビューシングル「夢日和」などを披露。

ライブタイトル「私なりの酉ックオア酉ートメント」の “トリック”にちなんで、髪を切っていたのは実は年末で、年末のイベントではウィッグやエクステを付けてのパフォーマンスとのMCに、会場は驚きの声があがり、アコースティックコーナーへ。フジテレビ「ザ・ノンフィクション」のエンディングテーマとしてもおなじみの「サンサーラ」、そして「人魚のあした」を披露。

看護士としての瀬川あやかの一面として「今日も勤務をしていて、看護士も私にとって大切な要素。いつか看護や医療の現場に音楽を還元していきたい。」と“二刀流”シンガーソングライターとしての気持ちを語る。ちなみにライブタイトルの“トリートメント”は自分の歌で癒したい・元気になってほしいとのこと。その後、ギターからキーボードに楽器を変え、2016年10月にリリースした「恋の知らせ」を披露。続く「せーの!」では、歌詞の「いっせーのせ!」を会場のオーディエンスと掛け合い、熱気はさらに上昇。

「まだ驚かせたいことがあります!3月15日に1stアルバムを発売します!」との今日2つめの“トリック”に会場は大歓声があがり、熱気も最高潮に。アルバムタイトルは「SegaWanderful」。Wonderfulに加えて、Wander=歩き回るという意味を含む造語。たくさん曲を作って、いろんな人に声と言葉を届けたい、という気持ちが込められている。「今日はそのアルバム「SegaWanderful」から2曲歌わせてください!」と「ベストフレンド」とアルバムのリードトラックとなる「妄想スニーカー」を披露。そして最後にアップテンポな「はりーあっぷ」を披露し、会場の熱気は大盛況のままに本編終了。

続くアンコールでは空気が一変。バラード調の「カレイドスコープ」をキーボードの弾き語りでしっとり歌い上げ、最後は女性の応援歌「 The Brightest Woman」で会場を盛り上げ、新年初のワンマンライブは幕を閉じた。2017年、たくさんの"トリック"で人々の心を“トリートメント”していく瀬川あやかから、ますます目が離せない。

【セットリスト】
01.ハッピーハッピーバースデー
02.マスカット
03.夢日和
04.ロンリーガール
05.to the top
06.サンサーラ
07.人魚のあした
08.恋の知らせ
09.せーの!
10.High Five!
11.ベストフレンド
12.妄想スニーカー
13.はりーあっぷ
EN1.カレイドスコープ
EN2.The Brightest Woman

■アルバム『SegaWanderful』

2017年3月15日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04502/¥2,500(税込)
【通常盤】(CD)
PCCA-04503/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.妄想スニーカー
2.夢日和
3.声
4.いつでも恋はカメレオン
5.恋の知らせ
6.ベストフレンド
7.未熟なうた
■DVD ※初回限定盤のみ
「妄想スニーカー」Music Clip
Making of 「妄想スニーカー」、他

◎先着購入特典
全国のCDショップにて、3月15日発売『SegaWanderful』をご予約・ご購いただくと、商品ご購入時に瀬川あやか本人直筆デザイン“SegaWanderfulスペシャル缶バッジ”を1個プレゼントいたします。
※数量限定で無くなり次第終了となります。
※一部取り扱いの無いCDショップもございますので、ご予約・ご購入の際に店頭にて特典の有無をご確認ください。
※ネット販売につきましても、一部取り扱いの無い場合がございますので、各WEBショップの告知をご確認ください。

◎ライブ・イベント会場限定予約特典
3月13日までに開催する瀬川あやかが出演する各ライブイベント会場にて、3月15日発売『SegaWanderful』をご予約購入いただきますと、CD1枚につきご希望のスペシャルウィンターフォト(全5種)を1枚プレゼントいたします。

<お願い・注意事項>
・本予約特典は、3月13日までに開催するライブ・イベントでの会場限定予約特典です。それ以降は本特典は対象外となりますのでご注意ください。
・全国CDショップでの先着購入特典“SegaWanderfulスペシャル缶バッジ”は対象外となります。あらかじめご了承ください。
・対象商品をお求め頂いた際、払い戻しは一切行いませんので予めご了承ください。不良品は良品交換とさせて頂きます。
・サイン会の実施可否は、ライブイベント・会場によって異なります。
・サイン会実施の場合、サインは「スペシャルウィンターフォト」1枚につき1回のみとさせて頂きます。また、お客様の列が途切れ次第サイン会は終了となります。
・当日の事故・混乱防止のため、サイン会では様々な制限を設けさせて頂くことがございます。
・サイン会へはスタッフの案内にしたがって、ご参加いただくようお願いいたします。

【関連リンク】
“次に聴いて欲しい新人アーティスト”18組が豊洲に集結! 『ComingNext 2017』開催決定
上白石萌音、瀬川あやか、majikoが共演!『Girls Pop Collection』開催
瀬川あやか、青山学院ミスコンファイナリスト6名が夢を語る新曲MVを公開
瀬川あやか、初恋がテーマの新曲「恋の知らせ」MV公開&先行配信開始

【関連アーティスト】
瀬川あやか
【ジャンル】
J-POP, ライブ

RIZE、『銀魂』ED曲「SILVER」のシングルリリースが決定
Sun, 15 Jan 2017 12:00:00 +0900
RIZE (okmusic UP\'s)

2017年結成20周年を迎えたRIZEが、TVアニメ『銀魂』のエンディングテーマであるニューシングル「SILVER」を3月1日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】RIZE

大の『銀魂』ファンであるKenKen(Ba.)が、以前よりテーマソングのオファーがあったときのためにとアイデアを温めていたものをメンバー全員の力を借りて音源化した楽曲。アニメ初回放送に合わせてTV size ver.の配信がスタートしており、パッケージ化待望論が高まる中での満を持してのリリースとなる。RIZEの持ち味でもあるソリッドでテンポ感のある迫力のサウンドと己の信念を貫くことの大切さを歌った歌詞が印象的な1曲だ。

また、カップリングには2016年10月に配信限定でリリースされ話題沸騰中の『WOWOW NBAバスケットボール16-17シーズン』イメージソング「ONE SHOT」を再アレンジ、EP editionとして収録する。さらに、20年間ライブに欠かせない代表曲「日本刀」を現メンバーでリテイクし、STUDIO LIVE ver.として初収録する豪華な内容となっている。通常盤と同時にリリースされる期間限定生産盤は描き下ろし銀魂オリジナルイラストジャケットで『銀魂』ファン垂涎のアイテムとなりそうだ。リリース後には全40公演のツアーが控えるRIZEの2017年一発目の花火に注目したい。

■シングル「SILVER」

2017年3月1日発売
【通常盤】
ESCL-4828/¥1,296+税
<収録曲>
1.SILVER
※テレビ東京系アニメ『銀魂.』エンディングテーマ
2.ONE SHOT(EP edition)
※「WOWOW NBAバスケットボール 16-17シーズン」イメージソング
3.日本刀(STUDIO LIVE ver.)

【期間限定生産盤】
ESCL-4829/¥1,296+税
※デジパック仕様、描き下ろし銀魂オリジナルイラストジャケット
<収録曲>
1.SILVER
※テレビ東京系アニメ『銀魂.』エンディングテーマ
2.ONE SHOT(EP edition)
※「WOWOW NBAバスケットボール 16-17シーズン」イメージソング
3.日本刀(STUDIO LIVE ver.)
4.SILVER(TV size ver.)

■「SILVER(TV size ver.)」配信情報

■レコチョク
http://recochoku.com/s0/silver-tvsize/
■mora
http://mora.jp/package/43000001/4547366293777/
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1187832872?at=10lpgB&ct=4547366293777_wn&app=itunes

■【ライブ情報】

『RIZE TOUR 2017 “RIZE IS BACK”春季爆雷』
4月20日(木) 東京 下北沢QUE(FCのみ)
4月21日(金) 東京 下北沢QUE(FCのみ)
4月24日(月) 北海道 旭川CASINO DRIVE
4月25日(火) 北海道 札幌PENNY LANE24
4月27日(木) 北海道 帯広MEGA STONE(D無)
5月01日(月) 宮城 石巻BLUE RESISTANCE
5月08日(月) 兵庫 神戸チキンジョージ
5月09日(火) 鳥取 米子laughs
5月11日(木) 山口 周南RISING HALL
5月13日(土) 長崎 DRUM Be-7
5月14日(日) 熊本 B.9 V1
5月16日(火) 広島 広島クラブクアトロ
5月18日(木) 京都 MUSE
6月10日(土) 滋賀 U-STONE
6月11日(日) 奈良 NEVERLAND
6月13日(火) 岐阜 Club G
6月23日(金) 横浜 BAY HALL
6月24日(土) 千葉 柏PALOOZA

『RIZE TOUR 2017 “RIZE IS BACK” 秋季爆雷』
9月23日(祝土)新潟 LOTS
9月24日(日) 金沢 EIGHT HALL
9月26日(火) 富山 MAIRO
9月28日(木) 長野 CLUB JUNK BOX
9月30日(土) 群馬 高崎club FLEEZ
10月05日(木) 栃木 宇都宮VJ-2
10月07日(土) 福島 郡山HIP-SHOT JAPAN
10月09日(祝月) 秋田 秋田Club SWINDLE
10月11日(水) 青森 青森Quarter
10月12日(木) 岩手 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
10月14日(土) 宮城 仙台Rensa
10月29日(日) 愛知 名古屋DIAMOND HALL
10月31日(火) 岡山 CRAZYMAMA KINGDAM
11月02日(木) 福岡 DRUM LOGOS
11月04日(土) 鹿児島 キャパルボホール
11月05日(日) 宮崎 SR BOX
11月07日(火) 大分 DRUM Be-0
11月09日(木) 愛媛 松山Wstudio RED
11月11日(土) 高知 X-pt
11月15日(水) 山梨 CONVICTION
11月16日(木) 静岡 LiveHouse浜松窓枠
11月18日(土) 大阪 なんばHatch
※受付詳細は後日発表

<チケット>
料金:スタンディング 前売り4,800円(税込)
※ドリンク代別途必要(帯広は除く)
※YOUTH割 :18歳以下の方には当日会場にて1,000円キャッシュバック(要身分証)
※未就学児以下は入場不可

『RIZE TOUR 2017 “RIZE IS BACK”春季爆雷』(4月24日〜6月24日公演)チケット先行受付
1月11日(水)12:00〜1月20日(金)12:00
https://ticket-every.jp/all/rize2017

■【イベント情報】

『山嵐 20th Anniversary 「RED ROCK TOUR」』
3月06日(月) 大阪 アメリカ村 DROP
開場 19:30/開演 20:00
出演:山嵐・RIZE
詳細:http://yamaarashi.net

『R-BROS.FEST 2017』
3月30日(木) 恵比寿LIQUIDROOM
開場 18:00/開演 19:00
出演:RIZE・女王蜂
詳細:http://rock-kyoudai.com

『ARABAKI ROCK FEST.17』
4月29日(土)・30日(日) みちのく公演北地区 エコキャンプみちのく
※出演日後日発表
詳細:http://arabaki.com

【関連リンク】
RIZE オフィシャルHP
RIZE、アニメ『銀魂』ED曲「SILVER」のTV size ver.配信スタート
RIZE、結成20周年記念ロングランツアー開催&新ビジュアル公開
RIZE、アニメ『銀魂』ED曲で作品への愛を爆発!

【関連アーティスト】
RIZE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

フラカン、年男イヤーの幕開けとして新ヴィジュアル&ツアー後半戦詳細を発表
Sun, 15 Jan 2017 11:00:00 +0900
フラワーカンパニーズ (okmusic UP\'s)

メンバー全員1969年・酉年生まれというフラワーカンパニーズが、年男イヤーの幕開けを飾る新ヴィジュアルを公開! さらに、結成28周年を彩る『フラワーカンパニーズ ツアー「フラカン28号」』の後半戦となる5月〜7月のワンマン公演の日程を発表した。

【その他の画像】フラワーカンパニーズ

4月22日(土)東京 日比谷野外大音楽堂を含む前半戦10公演に加え、今回新たに追加されたのは高松、姫路、松本、埼玉、名古屋、静岡、横浜、そしてツアーファイナルとなる奄美大島の8箇所9公演。2016年に47都道府県ワンマン行脚を成功させたばかりの中、既に発表されている2月開催のクアトロ対バン企画、そしてツアー『フラカン28号』として上記19公演に加え随時発表されているイベント、フェスなど、2017年上半期も再び様々な形で全国を行脚する予定だ。1月14日(土)からはツアー『フラカン28号』3月〜4月公演分の一般チケット発売がスタートするので、気になる方はお見逃しなく!

■『フラワーカンパニーズ ツアー「フラカン28号」』

3月04日(土) 福島@郡山HIP SHOT JAPAN 
3月05日(日) 宮城@石巻BLUE RESISTANCE 
3月18日(土) 福岡@小倉FUSE 
3月19日(日) 福岡@小倉FUSE
4月01日(土) 北海道@札幌Sound Lab mole 
4月02日(日) 北海道@釧路NAVANAホール
4月09日(日) 三重@松阪M\'AXA
4月14日(金) 岡山@ペパーランド
4月15日(土) 岡山@ペパーランド
4月22日(土) 東京@日比谷野外大音楽堂(フラカン28号SPECIAL)
5月18日(木) 香川@高松DIME
5月23日(火) 兵庫@姫路Beta
5月28日(日) 長野@松本ALECX
6月11日(日) 埼玉@HEAVEN\'S ROCK Kumagaya VJ-1
6月17日(土) 愛知@名古屋Electric Lady Land
6月18日(日) 愛知@名古屋Electric Lady Land
6月25日(日) 静岡@Sunash
7月02日(日) 神奈川@F.A.D YOKOHAMA
7月08日(土) 鹿児島@奄美大島ASIVI

【関連リンク】
フラワーカンパニーズ オフィシャルHP
スキマスイッチ、奥田民生や小田和正らをプロデューサーに迎えたリアレンジアルバム完成!
フラカン、対バン企画名古屋公演の対バンはホフディランに決定
フラカン、2017年春ツアー開催&1年ぶり新曲リリースを発表

【関連アーティスト】
フラワーカンパニーズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1