歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年01月11日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
宇多田ヒカル、PUNPEEリミックス 「光 ?Ray Of Hope MIX?」が全米2位に!
Wed, 11 Jan 2017 21:30:00 +0900
配信シングル「光 ?Ray Of Hope MIX?」(REMIXED BY PUNPEE) (okmusic UP\'s)

宇多田ヒカルの最新曲「光 ?Ray Of Hope MIX?」(REMIXED BY PUNPEE)が全9ヶ国で1位を獲得! また、26ヶ国・地域でベスト100入りを果たしたほか、全米のiTunes総合ページでは日本人アーティスト最高位となる2位にランクインした。

【その他の画像】宇多田ヒカル

同曲は『キングダム ハーツ HD2.8 ファイナル チャプター プロローグ』のテーマソングに起用されており、ゲームのトレーラーやネットイベント『30代はほどほど。』で披露されるやいなや、リリースの要望が殺到。満を持して1月11日より全世界で配信販売がスタートされ、たちまち全世界のチャートを席捲した。

■配信シングル「光 ?Ray Of Hope MIX?」(REMIXED BY PUNPEE)

配信中
<収録内容>
1:「光 ?Ray Of Hope MIX?」
2:「Simple And Clean ?Ray Of Hope MIX?」
3:「光 -P\'s CLUB MIX-」
4:「Simple And Clean -P\'s CLUB MIX-」

■iTunes
http://po.st/it_utada_hikarimix

■【iTunesリアルタイムランキング】

iTunesリアルタイム最高位:
日本 #1
Chile #1
Indonasia #1
Malaysia #1
Philippines #1
Saudi Arabia #1
Singapore #1
Thailand #1
Vietnam #1
Hong Kong #2 / #1 (J-pop)
Sweden #2
Taiwan #2 / #1 (J-pop)
USA #2
Finland #4
Bermuda #5
Greece #5
New Zealand #6
Portugal #7
Australia #9
Mexico #9
Canada #13
Spain #18
Brazil #21
Denmark #22
Cambodia #27 / #1 (J-pop)
UK #31
Netherlands #37
Qatar #40
Austria #42
France #54
Ireland #55
Belgium #57
Germany #57
Italy #64
Switzerland #94

【関連リンク】
宇多田ヒカル オフィシャルHP
第67回NHK紅白歌合戦、“紅白ソムリエ”が注目する7曲
宇多田ヒカルのインターネットイベント「30代はほどほど。」3DVR配信を日本工学院の学生が体験!
宇多田ヒカル、『30代はほどほど。』再配信公開延長決定! 3D VR映像も視聴可能に!

【関連アーティスト】
宇多田ヒカル, PUNPEE
【ジャンル】
J-POP

磯貝サイモン、寺岡呼人や椎名慶治や阪井一生(flumpool)らが参加した新作をリリース
Wed, 11 Jan 2017 21:00:00 +0900
磯貝サイモン (okmusic UP\'s)

磯貝サイモンの約3年ぶりとなる4枚目のオリジナルアルバム『sponge-like』が1月11日にリリースされた。

【その他の画像】レミオロメン

様々な音楽性を吸収してポップスに昇華していくさまを“スポンジ”に例え、名付けたタイトルは『sponge-like』。メジャーデビューから10年、全国を駆け巡り、様々な楽器を用いて様々なスタイルでのライブパフォーマンスを展開し、“磯貝サイモン”という自分流ポップスの美学を追い求める傍ら、他ジャンルの楽曲提供や他アーティストのツアーサポートで吸収したものも“スポンジのように”自分の音楽性に取り込んできた。新作はこれまでよりさらに幅広いサウンド感、バラエティに富んだ楽曲群が出揃い、10周年という節目にふさわしい渾身の作品に仕上がった。

また。今回は共作曲も3曲収録。寺岡呼人、椎名慶治、阪井一生(flumpool)と共に制作した楽曲は、 明らかに新たな息吹をこのアルバムに吹き込んでくれている。阪井一生との共作楽曲ではレミオロメン神宮司治(Dr)も参加している。

さらに、アルバムリード曲となる「重々承知のハイジャンプ」は日本テレビ系全国ネット『カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW』エンディングテーマ(2017年1月〜3月)にも決定。MVも公開となったので、チェックして欲しい。

そして、アルバムを引っ提げた東名阪ツアーも1月28日よりスタートする。3月12日にはツアーファイナルスペシャル公演『sponge-like THE SPECIAL』の開催も決定しており、磯貝サイモンから目が離せない。

■「重々承知のハイジャンプ」MV
https://youtu.be/_ENs0MB4iTI

■アルバム『sponge-like』

発売中
HTRD-021/¥2,800+税
<収録曲>
01. 重々承知のハイジャンプ
02. ほくろときみのラブストーリー
03. 不感症クリニック
04. 告白のうた
05. ふるえない
06. time
07. 後戻り出来ないあみだくじ
08. この映画館を出たら
09. 恋するフィッシュ
10. あ・く・せ・く
11. リピーター
12. happy hour

■【ライブ情報】

「磯貝サイモンTOUR2017『sponge-like』」
1月28日(土) 大阪・心斎橋Music Club JANUS
1月29日(日) 愛知・名古屋TOKUZO
2月01日(水) 東京・青山月見ル君想フ
2月02日(木) 東京・青山月見ル君想フ

アルバムツアーFINALスペシャル公演『sponge-like THE SPECIAL』
3月12日(日) 東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

【関連リンク】
磯貝サイモン オフィシャルHP
flumpool、故郷の大阪でカウントダウンライブを開催
flumpool、新曲「ラストコール」が映画『サクラダリセット』の主題歌に決定
JET SET BOYS、高橋まこと(Dr)の誕生日に一夜限定ライブ「まだまだ叩くぜ!」開催

【関連アーティスト】
レミオロメン, 椎名慶治, flumpool, 寺岡呼人, 磯貝サイモン
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

井上陽水、サングラスに出会う前の秘蔵写真を公開
Wed, 11 Jan 2017 20:00:00 +0900
井上陽水 (okmusic UP\'s)

1973年のリリース以来、長年にわたり大ヒットを記録し、さらに今年シングルCDとして装い新たにリリースされる井上陽水の「夢の中へ」のジャケット写真が公開された。

【その他の画像】井上陽水

一般的には井上陽水と言えばサングラスというイメージが定着しているが、このジャケットには、サングラスと運命の出会いを果たす前の若き日の秘蔵写真が使用されている。

デビュー時から井上陽水を応援しているオールドファンにとっては懐かしい姿ともいえるが、サングラス姿が定着している今の彼からは想像がつかない、あどけないビジュアル。CDジャケットとしてもインパクトのある写真となっているが、問題が1つ。 あまりに写真が古すぎて、いつ、どこで撮影したものか不明であるということだ。時期については「夢の中へ」をリリースした1973年の夏ではないか、という説が有力だが、確証を得られていない。場所については三軒茶屋や宇都宮、ほか諸説ある。

所属レコード会社のユニバーサルミュージックは、我こそはという井上陽水フリーク、あるいはこの背景を見て場所がわかる70年代当時の街並みに詳しいリスナーからの情報提供を呼びかけている。

また、この「夢の中へ」は、1月22日(日)からスタートする松坂桃李主演の日本テレビ系ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』のオープニングテーマに決定。今回のシングル化ではNYスターリングサウンドの巨匠エンジニアであるテッド・ジェンセンによるリマスター音源となっている。ぜひ作品をゲットしてほしい。

■シングル「夢の中へ」

2017年2月15日発売
【初回限定盤】
UPCH-7245/¥1,998(税込)
※ボーナストラック(6曲予定)付
【通常盤】
UPCH-5902/¥1,188(税込)
<収録曲>
1.夢の中へ
2.女神
3.瞬き
※初回限定盤のみボーナストラックを追加
井上陽水 コンサート2016秋「UNITED COVER 2」より、井上陽水の名曲・名演ライブ音源を6曲(予定)収録。楽曲詳細は後日発表いたします。

【関連リンク】
井上陽水 オフィシャルHP
井上陽水の大ヒット曲「夢の中へ」が、巨匠テッド・ジェンセンのリマスターでシングルCD化
井上陽水、各地に“笑い”を届けた12万人動員の全国ツアーが大団円
井上陽水、万雷の拍手でオーチャードホール2daysが終了

【関連アーティスト】
井上陽水
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

“次に聴いて欲しい新人アーティスト”18組が豊洲に集結! 『ComingNext 2017』開催決定
Wed, 11 Jan 2017 19:30:00 +0900
『ComingNext2017』 (okmusic UP\'s)

期待の新人アーティスト18組が出演するライヴイベント『ComingNext 2017』が、 3月27日(月)に豊洲PITで開催されることがわかった。

【その他の画像】Beverly

18のレコード会社が、ジャンルやレーベルを超え、“次に聴いて欲しい新人アーティスト”を一堂に会して届けるこのイベント。オーディエンスの期待をいい意味で裏切り、ドキドキ感やワクワク感を刺激してくれる、18組のネクストアーティストが集結する。

なお、特設サイトではイベントの観覧受付もスタート! 抽選で1700名が無料招待されるので、要チェックだ。

■『Coming Next 2017』

3月23日(木) 東京 豊洲PIT
出演:Ayasa/井上実優/エグスプロージョン/カノエラナ/The Idol Formerly Known As LADYBABY/Jin-Machine/瀬川あやか/焚吐/DEVIL NO ID/ BAND-MAID/Beverly/Flower Notes/BOYS AND MEN/BOYS AND MEN研究生/Maison book girl/山崎彩音/UNIONE/ラックライフ
※majikoは都合により出演キャンセルとなりました。
主催:一般社団法人 日本レコード協会

《抽選により1,700名様を無料招待》
観覧応募受付期間:2017年1月11日(水)12:00〜 2017年2月16日(木)23:59
観覧応募受付:ComingNext特設サイト

【関連リンク】
『Coming Next 2017』特設サイト
上白石萌音、瀬川あやか、majikoが共演!『Girls Pop Collection』開催
『unBORDE Next Girls Xmas 2016』に次世代アーティストが大集結
DECAYS、東名阪ワンマンを前にメンバーから気合のコメントが到着!

【関連アーティスト】
Beverly, AYASA, Jin-Machine, ラックライフ, BAND-MAID, Maison book girl, 焚吐, BOYS AND MEN, UNIONE, 瀬川あやか, Flower Notes, カノエラナ, 井上実優, エグスプロージョン, The Idol Formerly Known As LADYBABY, DEVIL NO ID, 山崎彩音
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, イベント

MWAM、全編東京で撮影した「Dead End in Tokyo」MVを公開!
Wed, 11 Jan 2017 19:00:00 +0900
「Dead End in Tokyo」MV (okmusic UP\'s)

MAN WITH A MISSIONの新曲「Dead End in Tokyo」のMVが公開された。

【その他の画像】MAN WITH A MISSION

「Dead End in Tokyo」は、アメリカのロックバンドFall Out Boyのパトリック・スタンプをプロデューサーに迎えて制作されたもので、1月25日にリリースする最新シングルの表題曲。1月21日に公開される映画『新宿スワンII』の主題歌にも起用されている。

MVは全編東京で撮影が行なわれており、都会の喧噪の中、行き詰まり(=dead end)にもがく人間達が表現されている。ぜひチェックしてみよう。

■「Dead End in Tokyo」MV
https://www.youtube.com/watch?v=JjIiK9VcIsA

■シングル「Dead End in Tokyo」

2017年1月25日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL9295-96/¥1,700
【通常盤】(CD)
SRCL9297/¥1,200
<収録曲>
■CD
1.Dead End in Tokyo
2.Hey Now
3.Brave It Out
4.Raise your flag[Takkyu Ishino Twitching Acid Mix] Remixed by 石野卓球
■DVD
1.ASIA TOUR 2016 DOCUMENTARY
2.MISSION MOVIE「ホワイト・リブ -虹色のボーゲン-」第1話・最終話
◎封入特典:初回生産限定盤&通常盤共通
『Dead End in Tokyo TOUR 2017』チケット先行予約フライヤー封入
申込受付期間:2017年1月25日(水)12:00〜2月1日(水)23:59

【関連リンク】
MAN WITH A MISSION オフィシャルHP
ガンズ・アンド・ローゼズ、BABYMETALとMAN WITH A MISSIONが来日公演のサポートアクトに!
MAN WITH A MISSION、映画『新宿スワンII』の主題歌を担当
ハロウィンに仮装パレードでかけたい曲

【関連アーティスト】
MAN WITH A MISSION, FALL OUT BOY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

SHAKALABBITSがバンドシーンを盛り上げた『CLUTCH』
Wed, 11 Jan 2017 18:00:00 +0900
『CLUTCH』(’04)/SHAKALABBITS (okmusic UP\'s)

2016年12月、SHAKALABBITSのオフィシャルサイトにおいて“SHAKALABBITSより重要なお知らせ”として、2017年内をもってバンドが無期限に活動を休止することが発表された。すでに、Project Nyxの第16回公演『時代はサーカスの象にのって』への参加(1月19日〜23日)。2月14日には東京キネマ倶楽部にてアコースティックライヴの開催。そして、4月上旬には5年振りとなる通算8枚目のフルアルバムのリリースとそのリリースツアーの開催(5月13日〜)が発表されており、そのファン、リスナーへけじめを示そうとする姿勢は何とも彼女ららしくはあるが、活動休止は残念な出来事であることは間違いない。今回はそのSHAKALABBITSの軌跡を振り返る。

【その他の画像】SHAKALABBITS

■バンドシーンの端境期に出現

ロックシーンを彩ってきたバンドがまたひとつフェードアウトすることとなった。2002年のメジャーデビュー後、幾度かのレーベル移籍、メンバーチェンジを経てきたSHAKALABBITSが今年その活動に終止符を打つ。彼女らの活動を振り返ってみると、何と言うか…上手く言葉にできないが、“よくぞここまで…”とその労をねぎらいたくなってくる。音楽コラムにおいて、したり顔でこんなことを言うのもイヤだが、CD不況が言われて久しい音楽業界。CD販売枚数は1998年をピークに、2010年代に若干持ち直したものの、全体的には右肩下がりが止まることはなく、現在の市場規模はピーク時の半分以下に縮小した。SHAKALABBITSの結成は1999年。前年に引き続き、CD販売は好調でミリオンヒットも数多く生まれた年だ。だが、彼女らがデビューした2002年にはそれも激減。年間アルバムのミリオン作品は前年の22作から7作と大幅減し、シングルのミリオンセラーは浜崎あゆみの「H」1作のみだった。時代はディーヴァ全盛期。浜崎の他、宇多田ヒカル、MISIAの3人でチャート上位を占めていた。バンド勢は、Mr.Children、GLAY、L\'Arc〜en〜Ciel、Dragon Ashら20世紀末にブレイクしていたバンドはともかくとして、アルバム『MESSAGE』がインディーズながら200万枚を売り上げたモンゴル800がひとり気を吐いていたことを除くと、総体的に元気がなくなりつつある頃だったと思う。

SHAKALABBITSのデビュー前後には大物バンドの解散も相次いだ。2000年7月にBLANKEY JET CITYが解散。Hi-STANDARDも8月の『AIR JAM 2000』を最後に活動を停止した。LUNA SEAの終幕も2000年だし、JUDY AND MARYはその翌年3月の東京ドームのライヴで解散している。さらには、これはすでに彼女らが人気を博した後ではあるが、2002年にNUMBER GIRLが、2003年にはTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTが解散した。だが、とは言っても、これでバンドシーンが完全に停滞したわけもない。漫画『BECK』の台詞──「たぶん今もどっかで…今まで見たこともないようなすげぇバンドが演奏しとるんだわ。今は誰もそいつらのこと知らんけど、いつかシーンに登場して本物の音を聴かせてくれるはずだて」じゃないが、新世代の胎動は始まっていた。前述のモンゴル800以外にも、1997年メジャーデビューのくるりは着々とその知名度と音楽性を高めていったし、2000年デビューのBUMP OF CHICKENは2002年発売のアルバム『jupiter』でチャート初登場1位を記録。ASIAN KUNG-FU GENERATIONが初音源であるミニアルバム『崩壊アンプリファー』を発表したのが2002年である。1998年〜2002年、つまりは世紀末から新世紀にかけては邦楽バンドシーンにおける端境期であった。そして、その胎動は後の“青春パンクブーム”や“ネオヴィジュアル系”を含む、俗に言う第4次バンドブームにつながっていった。

■デビュー時に175Rとカップリング

さて、前置きが長くなったが、SHAKALABBITSは2000年代前半からの第4次バンドブームをけん引したバンドのひとつである。彼女たちは停滞し始め、景気は悪くなる一方であった音楽業界へ果敢に立ち向かったのだ。忘れ得ない出来事はメジャーデビュー時の175Rとのコラボレーションである。2002年5月、シングル「ROLLIE」でメジャーデビューした直後の同年7月にSHAKALABBITSと175Rとの完全共作のシングル「STAND BY YOU!!」を発表し、発売後も2バンドのカップリングツアーで全国11カ所を回った。今、プロフィールだけを見ると、2001年5月にリリースした2ndシングル「Let\'s PARTY!!」はインデーズチャート初登場1位、同年10月には1st アルバム『EXPLORING OF THE SPACE』もインディーズチャート1位を獲得した上にメジャーを含めても初登場10位を記録しており、新作をリリースするにしてもツアーを切るにしても間違いなく単独でイケたはずである。しかし、そうではなかったことにSHAKALABBITSの心意気を見る。それまでシングル「From North Nine States」のみのリリースだった175Rは、「STAND BY YOU!!」の翌年の「ハッピーライフ」「空に唄えば」が連続でチャート初登場1位となり、ブレイクを果たすわけだが、これは明らかにSHAKALABBITSとの相乗効果によるものだっただろう。誤解しないでほしいが、何も175RがSHAKALABBITSに便乗したと言ってるわけではない。決してそうではない。手と手と携えて…という言い方は泥臭くてイヤだが、件の通り、CD販売は右肩下がり、当時のバンド勢の元気がなくなる中で、2バンドが手を組んでブレイクスルーを目指したというのが正解だろう。

■ポップ感が前面に出たパンクサウンド

それが功を奏したのだろう。2003年、SHAKALABBITSは3枚のシングルを発表し、年に3度の全国ツアー(!)を成功させ、シーンになくてはならないバンドに成長を遂げる。その翌年の2004年2月、まさに満を持して発表されたのが2ndアルバム『CLUTCH』である。チャートリアクションはバンド史上最高位で、セールスもバンド史上最高だった本作は、今聴いても瑞々しい。M1「CAN\'T ESCAPE THE CHOCOLATE SYRUP」やM5「IT\'S OUR SECRET」、M8「Pivot」など、スカパンクが目立つ気もするが、とにかくポップだ。ライヴ感あふれると言い換えてもいいかもしれない。M2「マッシュルームキャットナンバープレート」辺りは“ちょっとポップすぎやしないか!?”と思うほどだし、M3「WISH OF A VAMPIRE」は最初の聴き応えこそ、“ストレートなポップとは言い難いかな?”なんて思ってしまうが、Bメロからサビにかけては十分にポップだ。アルバムのラスト、M11「SPICE!」からM13「COMEBACK ANYTIME」は言うに及ばず。弾け方っぷりはお見事だ。この辺は、この時期、パンクシーンの頂点は間違いなくSHAKALABBITSであったことを示す好材料だと思う。アルバム発売前にライヴの場数を踏んだことも良かったのだろう。当時のバンドの活き活きとした様子も上手くパッケージされている。

■UKIの歌がもたらす力強さ

所謂3ピースのアンサンブルに勢いがあり、しっかりとバンドのボトムを支えていたからこそできた技ではあろうが、当時のSHAKALABBITSのポップ感は、やはりUKI(Vo)の優れたヴォーカルパフォーマンス、そしてメインコンポーザーであるMAH(Dr)のソングライティングの確かさがもたらしたものであろう。まず、UKIの声だが──これは説明不要であろう。ファッション雑誌のモデルとして活躍していた彼女だが、決して可愛さだけではなかった。スイートだが力強い。同性からも多くの共感を得ていたことも頷ける。MAHの作るメロディーラインに関しても、改めてM4「MONSTER TREE」やM7「「ポビーとディンガン」」を聴けば、その大衆性の高さは充分に確認できるところだろう。この2曲は今なおバンドの代表曲としてライヴでは欠かせない楽曲になっている。

《すれ違う君と 手のひらをつなぐもの/目を閉じ恐れない/悲しみが飛び乗って優しさに/生まれ変わる/そしてひとつになれればいい》(M4「MONSTER TREE」)。
《終わらない旅に恋して/生きてゆける いつまでも/握りしめたその手/重ねて空に投げる》《どんな小さな空にだって/想いは届く 足跡残したいから》(M7「「ポビーとディンガン」」)。

そのポピュラリティーの高いメロディーに上記の歌詞が乗ることで生まれる独特の高揚感は、SHAKALABBITSの核心であろう。《手のひらをつなぐもの》や《握りしめたその手》からは否応なく他者との繋がりを感じられるところで、ヒューマニティあふれるバンドであることの証左でもある。

以後のSHAKALABBITSは、2005年に初の日本武道館公演を成功させ、ほぼ毎年、新作のリリース&全国ツアー、イベント出演と順調に活動を展開してきたが、2011年にKING(Gu)が脱退し、TAKE-C(Gu)の実弟であるYOSUKE(Ba)が加入。2014年には自主レーベル兼マネジメント“Hallelujah Circus Inc.”を立ち上げ、翌年にはProject Nyx第13回公演 『新宿版 千一夜物語』に出演するなど、活動のフィールドを広げかけていた。その末での無期限活動休止の発表は若干解せない印象がないわけではないが、「メンバー・スタッフと協議を重ねた結果」とあるのだから、今のところは察するしかないというところか。何よりも今春に通算8枚目のフルアルバムが発表され、そのレコ発ツアーも行なわれるというのだから、作品の中に何かしらのメッセージがあるかもしれないし、ツアーのMCでメンバーから直に話があるかもしれない。今はそれを待つしかないが(「聞きたくない」というファンもいるだろうが)、彼女らの言葉がどうであれ、2000年代前半、ロックシーンを盛り上げた彼女らの功績は失われることはない。もう一度言うが、SHAKALABBITSの当時の頑張りを労いたい。

【関連リンク】
SHAKALABBITS、2017年内で活動休止を発表
SHAKALABBITS、5月17日のライヴのセットリストを先行公開!
SHAKALABBITS 、メンバーとファンとで完成させる2種類のベスト盤発売決定
SHAKALABBITS、新メンバー加入を経て最新作をリリース 全国ツアー追加公演も決定

【関連アーティスト】
SHAKALABBITS
【ジャンル】


3人に増殖したきゃりーが踊る!? 「原宿いやほい」MVが完成!
Wed, 11 Jan 2017 18:00:00 +0900
「原宿いやほい」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

きゃりーぱみゅぱみゅだが1月18日(水)に発売するシングル「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) / 原宿いやほい」より、「原宿いやほい」のMVが解禁となった。 今作は昨年リリースされた「最&高」のミュージックビデオの演出、監督を担当した鬼才・田中秀幸氏が再びタッグを組み、3人組となったきゃりーぱみゅぱみゅが史上最強に盛り上げるアッパーでダンサブルなミュージックビデオに仕上がっている。


【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

デビューより親交深いクリエイターと共に、きゃりー自ら企画段階より入念に打合せを重ね完成した同MV。“曲調がロシアの民族音楽に似ている”というところから、振り付けはコサックダンスなどをテーマに制作。マイムマイムのように参加型のダンスになるように本人がこだわった。サビの動きは、素早く難易度高めだができたら最高に気持ちいい「いやほいダンス」となっている。

そんな同MVの撮影は12月半ばに横浜某所で実施。合成が非常に多い作品となるため、本番日の数日前からの綿密なリハーサルを重ねての撮影となった。 そんな今作のスタッフィングはデビュー当時からきゃりーを支える衣装デザイナーの飯嶋久美子、コレオグラファーまいこ、ヘアメイク奥平正芳が担当。

そして、きゃりーのメイン衣装は、雪国をイメージしたアイスブルーとシルバーのロシアンテイストの衣装。さらに、サイドに引き連れた本人自ら扮するダンサーは、原宿ガールをイメージしたIYAとHOI。海外から見た「the原宿ガール」みえるよう頭に大きなリボンをつけるなど誇張した色使いやポップさがを取り入れた衣装になっている。撮影から制作期間が約1ヶ月を要したモーションキャプチャーにより制作したハイヒールやスニーカー、シルクハット、ぬいぐるみなどを身にまとったダンサーたちと、無数のきゃりーがシンクロしながら「いやほいダンス」を披露する最高傑作に仕上がった。

■「原宿いやほい」MV
https://youtu.be/mAGyQ5Rmz7o

■【コメント】

■きゃりーぱみゅぱみゅ
『原宿いやほい』は、大人っぽいサウンドのなかにも、「いやほい」という謎の言葉で盛り上げる、その対比がとても面白い、不思議なお祭りソングに仕上がりました。ミュージックビデオも私のメイン衣装は水色とシルバーでクールに、サイドのダンサーはピンクとラベンダーでポップに創るなど衣装のコントラストをこだわってみました。アウトロにかけて、続々と出てくる謎のダンサーもポップながらに狂気に満ち溢れているのでこちらにもご注目ください!

■田中秀幸監督
原宿いやほい。タイトルを見て、曲を聴いて、一瞬で浮かんだイメージをビジュアル化しました。真夜中の原宿。イメージスケッチを描いて、きゃりーちゃんとスタイリストの飯嶋さんとあれこれ衣装やモチーフのアイデアを出し合ったのが12月入ってから。年末年始を挟んだ撮影と作業でハードでしたが、なんとか完成しました!忙しい中、撮影で何十回も踊ったきゃりーちゃんに拍手。振り付けもかわいいです!

■シングル「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) / 原宿いやほい」

2017年1月18日発売
WPCL-12509/¥1,200+税
<収録曲>
1.中田ヤスタカ「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu)」
2.中田ヤスタカ「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) -remix-」
3.きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい」
4.きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい -extended mix-」

【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ オフィシャルHP
GYAO!特別番組『COUNTDOWN JAPAN 16/17』に追加出演アーティスト決定
中田ヤスタカ、ソロ最新作にCharli XCX・きゃりーぱみゅぱみゅが参加決定!
きゃりーぱみゅぱみゅの誕生日イベントが中田ヤスタカとのツーマンツアーCLUB EDITIONとして開催!

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ
【ジャンル】
J-POP

EBiDAN NAGOYA、ラジオ番組「ナガオカ×スクランブル」内レギュラーコーナーに挑戦!
Wed, 11 Jan 2017 17:00:00 +0900
EBiDAN NAGOYA(桐山吏翔・嵐樹・曽野舜太・日向・中村旺太郎) (okmusic UP\'s)

EBiDAN NAGOYAがCBCラジオ(AM1053kHz)で放送されている、永岡歩アナウンサーによるミュージック&コミュニケーション番組「ナガオカ×スクランブル」内にて月に一度のレギュラーコーナー『月刊EBiDAN×NAGAOKA』を担当することが決定した。

【その他の画像】EBiDAN NAGOYA

初回放送はEBiDAN NAGOYAから上村汰暉・桐山吏翔・曽野舜太・中村旺太郎・日向・吉田るきと・嵐樹ら7人が収録に参加。1月18日(水)放送「ナガオカ×スクランブル」(火〜金曜 22:00〜24:30)内でオンエアされる予定だ。

通称“えびなご”ことEBiDAN NAGOYAはスターダストプロモーション所属・新人若手俳優集団で、DISH//など人気アーティストを先輩に持つ恵比寿学園男子部(EBiDAN)の名古屋エリアの研究生集団。小中学生で構成され、2016年から本格始動を開始。若さが溢れるはじけるようなダンスに加え、ファン参加型のメンバー自己紹介など、老若男女問わずまつり行事に参加するような、一緒に楽しめるイベントが魅力だ。

2016年に実施されたCBCラジオ夏まつりでは、メイン会場である久屋広場にてオープニングアクトを務めたほか、名古屋・栄エリアのライブハウスを中心に、小中学生メンバーのみで6日間・全7公演のワンマンライブを実施、東京・渋谷マウントレーニアホールやライブハウスshibuya aubeなどで実施されたライブイベントへ積極的に参加、レギュラーテレビ番組『EBiDANアミーゴ!』(BS日テレ・毎週土曜9:30〜)での番組企画によるCD「EBi BEST」のレコーディング、リリースイベントの実施など、精力的に活動を行なってきた。

さらに、2017年元日にDISH//が行なった武道館公演のバックダンサー出演に始まり、春には活動拠点を関西にも広げ、3月19日(日)には大阪・梅田にあるライブハウス・梅田ZeelaにてEBiDAN TOKYO選抜チーム・NineAとの2マンライブも開催を予定している。名古屋エリアから新たなムーブメントを巻き起こすべく、勢いが止まらないEBiDAN NAGOYAの活躍にご注目を!

■【番組概要】

番組名:ナガオカ×スクランブル(火〜金曜日22:00〜24:30放送)
放送局名:CBCラジオ
放送エリア:愛知、三重、岐阜県
パーソナリティ:永岡歩
コーナー名:月刊EBiDAN×NAGAOKA
出演:EBiDAN NAGOYA(初回は、上村汰暉・桐山吏翔・曽野舜太・中村旺太郎・日向・吉田るきと・嵐樹)
初回放送:1月18日(水)ナガオカ×スクランブル内で放送
担当ディレクター:秦進太郎
※初回以降は不定期に同番組枠内にて月1回の放送を予定

■【ライブ情報】

「えびなご×NineA 『なんだかちょっと気になるライブ vol.1』」
3月19日(日) 梅田 Zeela(大阪府)
開場 11:00 / 開演 11:30
出演者:えびなご from EBiDAN NAGOYA (桐山吏翔・曽野舜太・中村旺太郎・日向・嵐樹)、NineA from EBiDAN TOKYO (石井雅哉・長野凌大・山下夕越)
Special Guest:AMEZARI
※メンバー・三屋響は都合により欠席となります。
チケット料金:全自由 1,800円(税込)
※チケット販売情報ほか詳細は公式サイトSCHEDULEページでご確認下さい。

【関連リンク】
EBiDAN オフィシャルHP
スターダストプロモーション 名古屋営業所Twitter
WEBER、新曲MVで号泣! 涙の理由とは!?
水曜日のカンパネラ、新曲「一休さん」先行配信スタート&武道館公演のビジュアル公開

【関連アーティスト】
EBiDAN NAGOYA
【ジャンル】
J-POP

忘れらんねえよのツアーにタナカヒロキ(LEGO BIG MORL)が参加! 新グッズも明らかに
Wed, 11 Jan 2017 16:00:00 +0900
タナカヒロキ(LEGO BIG MORL) (okmusic UP\'s)

忘れらんねえよの約2年ぶりとなるワンマンツアーのサポートギターが発表された。

【その他の画像】LEGO BIG MORL

いよいよ1月14日(土)名古屋CLUB QUATTROからスタートするワンマンツアー『忘れらんねえよ ワンマンツアー 僕とあなたとあんたとお前のごほうびワンマンツアー』。もはやほぼメンバーとも言えるサポートドラマー、マシータ(ex.BEAT CRUSADERS、ex.NATSUMEN)に加え、1月の3公演、14日(土)愛知・名古屋、15日(日)大阪・梅田、21日(土)北海道・札幌においては、LEGO BIG MORLからタナカヒロキがサポートギターとして参加する。

タナカヒロキは昨年の『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016』など、数回サポートとして参加していたが、ツアーへの参加は今回が初となる。

また、今回のワンマンツアーから販売されるグッズアイテムも発表となった。1月の各公演ともチケットは残りわずかとのことなので、まだチケットを入手していない方はお早めに!

■『忘れらんねえよ ワンマンツアー 僕とあなたとあんたとお前のごほうびワンマンツアー』

1月14日(土) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
1月15日(日) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
1月21日(土) 北海道 札幌PENNY LANE24
2月04日(土) 広島 4.14
2月05日(日) 岡山 ペパーランド
2月12日(日) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
2月17日(金) 福岡 DRUM SON
3月03日(金) 新潟 CLUB RIVERST

■『忘れらんねえよ 日比谷野音ワンマン ワンワン!ワンマン!野音でワオーン!』

4月02日(日) 東京 日比谷野外大音楽堂

【関連リンク】
忘れらんねえよ オフィシャルHP
LACCO TOWER主催ロックフェスに四星球、THE BACK HORN、忘れらんねえよ等6組が参戦
忘れらんねえよ、クリスマス開催の『ツレ伝』“ツレ”はSCOOBIE DOに決定!
忘れらんねえよ、12月25日にクリスマスを意識しない『ツレ伝X』開催!?

【関連アーティスト】
LEGO BIG MORL, 忘れらんねえよ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Suchmos、2ndアルバム『THE KIDS』リード曲「A.G.I.T.」MV公開&全国ツアー発表
Wed, 11 Jan 2017 15:30:00 +0900
Suchmos (okmusic UP\'s)

Suchmosが1月25日(水)にリリースする2nd『THE KIDS』のリード曲となっている「A.G.I.T.」のMVを公開! また、15ヶ所18公演の全国ツアー『TOUR THE KIDS』の開催も発表した。

【その他の画像】Suchmos

前作「MINT」と同様にmaxilla(マキシラ)が担当した「A.G.I.T.」MV。CGやアニメーションを使用するなどスケール感のある内容となっている。

そして、全国ツアー 『TOUR THE KIDS』だが、3月2日(木)の横浜club Lizardを皮切りにスタートし、前半7公演はOKAMOTO\'S 、GRAPEVINE、D.A.N.、Yogee New Wavesなどのゲストアーティストを迎えた対バンライブになっている。1月13日(金)10:00〜よりSuchmos オフィシャルサイトで先行予約受付を開始し、CDの購入特典として本ツアーのチケット二次先行抽選のシリアルナンバーが封入されることもあわせて発表された。

■「A.G.I.T.」MV
https://youtu.be/Ula15c4UN4s

■アルバム『THE KIDS』

2017年1月25日発売
【限定盤】(CD+DVD)
PECF-9023/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
PECF-3174/¥2,500+税
<収録曲>
■CD
01. A.G.I.T.
02. STAY TUNE
03. PINKVIBES
04. TOBACCO
05. SNOOZE
06. DUMBO
07. INTERLUDE S.G.S.4
08. MINT
09. SEAWEED
10. ARE WE ALONE
11. BODY
■DVD ※限定盤のみ
01. Pacific
02. YMM
03. JET COAST
04. GAGA
05. DUMBO
06. STAY TUNE
07. MINT
08. Life Easy

■「Suchmos『TOUR THE KIDS』」

3月02日(木) 神奈川 横浜club Lizard YOKOHAMA
3月05日(日) 静岡 浜松Live House 窓枠
w:GRAPEVINE
3月08 日(水) 栃木 宇都宮HEAVEN\'S ROCK Utsunomiya VJ-2
w:Yogee New Waves
3月10日(金) 京都KYOTO MUSE
w:D.A.N.
3月11日(土) 岡山 YEBISU YA PRO
w:D.A.N.
3月15日(水) 群馬 高崎club FLEEZ
w:GRAPEVINE
3月17日(金) 新潟 LOTS
w:OKAMOTO\'S
3月18日(土) 石川 金沢Eight Hall
w:OKAMOTO\'S
3月26日(日) 北海道 札幌PENNY LANE24
4月01日(土) 宮城 仙台Rensa
4月07日(金) 広島 CLUB QUATTRO
4月09日(日) 福岡 BEAT STATION
4月13日(木) 大阪 なんば Hatch
4月15日(土) 大阪 なんば Hatch
4月16日(日) 愛知 名古屋DIAMOND HALL
4月18日(火) 愛知 名古屋DIAMOND HALL
4月22日(土) 東京 恵比寿The Garden Hall
4月23日(日) 東京 恵比寿The Garden Hall

【関連リンク】
Suchmos オフィシャルHP
Suchmos、ワンマンツアーソールドを受けて追加公演開催
海辺でサザンとTUBEにもう1曲……ならコレ!
フジファブリックが自主企画ライブでSuchmos、クリープハイプ、KANA-BOONとコラボを披露

【関連アーティスト】
Suchmos
【ジャンル】
ジャパニーズロック

星野源の「恋」が 『第89回選抜高等学校野球大会』の入場行進曲に決定
Wed, 11 Jan 2017 15:00:00 +0900
星野源 (okmusic UP\'s)

星野源の大ヒットシングル「恋」が、3月19日から阪神甲子園球場で開幕予定の『第89回選抜高等学校野球大会』の入場行進曲に決定した。

【その他の画像】星野源

“春のセンバツ”の愛称で親しまれ、広く社会に定着している同大会。開会式での入場行進曲は第1回大会(1924年)から始まり、第34回大会(1962年)の「上を向いて歩こう」から毎年、「その前年に広く社会に親しまれた曲、その年を象徴するような曲」を対象に選定しており、楽曲を行進曲にアレンジし、開会式の各校入場時などに使用される。

2016年を代表する楽曲として広く認められ選出された「恋」が、春の甲子園を熱く彩りそうだ。

■【星野源 コメント】

古くは坂本九さんの「上を向いて歩こう」から、ヒット曲や多くの人に印象に残った曲が選ばれています。その流れのなかで僕の曲も選んでもらってうれしく思います。行進曲用のアレンジがどのようになるのか、とても楽しみです。
ワクワクして体が勝手に動くようなダンスミュージックになったらいいなと思って作った曲なので、高校生のみなさんがワクワクして「やるぞ」という前向きな気持ちになってもらえたらうれしいです。

■シングル「恋」

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1006/¥1,800+税
※スリーブケース仕様
【通常盤】(CD)
VICL-37189/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1. 恋
2. Drinking Dance
3. Continues
4. 雨音(House ver.)
■DVD ※初回限定盤のみ
『恋ビデオ。』 約63分
・特別番組「ニセ明、石垣島へ行く」
・「METROCK 2016」ライブ映像
星野源と友人によるコメンタリー付

【関連リンク】
星野源 オフィシャルHP
星野源、『オールナイトニッポン』50周年ジングル制作を担当
第67回NHK紅白歌合戦、“紅白ソムリエ”が注目する7曲
星野源、自身初のオフィシャルイヤーブックで1年間の音楽活動を振り返る

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Gacharic Spin、ライヴDVDリリース決定&全国ツアースケジュールも発表
Wed, 11 Jan 2017 15:00:00 +0900
Gacharic Spin (okmusic UP\'s)

Gacharic Spinが昨秋に行なったバンド結成7周年を記念した全国ツアー『な・な・なんと7周年!!!!!!!』より、TOKYO DOME CITY HALLのファイナル公演の『な・な・なんと7周年!!!!!!! TOUR FINAL』の模様がDVD化され、2月22日にリリースされることがわかった。

【その他の画像】Gacharic Spin

本編Discには当日のパフォーマンスの中から21曲約120分、22台のカメラによりあらゆるアングルから撮影された迫力と臨場感満点の映像が収録されている。ハウスウェルネスフーズ“メガシャキ”CM曲としてスマッシュヒットを記録した「シャキシャキして!!」をはじめとした最新アルバム『確実変動 ?KAKUHEN-』の収録曲はもちろん、過去の代表曲も収録されており、まさに“見て"“聴いて"楽しむバンド・Gacharic Spinの魅力を存分に織り込んだ内容となっている。

また、通常盤とあわせて、結成7周年にちなみラッキープライス7777円(税込)でリリースされる初回限定盤の特典Discには、リハーサルやライブ当日のメイキング映像はもちろん、本番2曲目で起きた機材トラブルにより中断を余儀なくされた、もはや伝説として語られている出来事にメンバーのインタビューを織り交ぜたドキュメント映像「ま・ま・まさかの7周年!!!!!!! 〜TAKE1の真実〜」として奇跡の作品化。そして、アンコール終了直後にサプライズ上映された「白がこの街と僕を染める」と初DVD化となる「KAKUHEN」のMVも収録される。さらに、ライヴ本番はもちろんリハーサルや舞台裏の写真で構成された豪華フォトブックも封入される、まさにファン垂涎の内容となっている。

また、春の全国ワンマンツアーのスケジュールと概要も発表された。すでに発表されている6月24日に行われる日比谷野外大音楽堂で行われるGacharic Spin初となる単独公演へとつながる今回のツアータイトルは『野音への道』。 3月19日の福岡を皮切りに6月10日の札幌まで全10都市10公演が行われるのでこちらも要注目だ。

■【Gacharic Spinメンバーコメント】

何回見ても飽きない映像作品が出来上がりました!
私達の7年間の集大成をこのDVDでしっかり見て欲しいです。
TOKYO DOME CITY HALLで大暴れするメンバーの姿は、映像で見てもまるで自分がライブにいるような感覚にしてくれます。それくらい勢いのあるDVDなんです!
手に取ってもらえたらわかります(笑)だから、、、、、取ってください!!

■DVD『な・な・なんと7周年!!!!!!! TOUR FINAL』

2017年2月22日発売
【初回限定盤】(2DVD+フォトブック)
VIZL-1112/¥7,201+税  
【通常盤】(DVD)
VIBL-831/¥3,704+税
<収録内容>
■DISC-1
01. ダンガンビート
02. 赤裸ライアー
03. デジタルフィクション
04. 今を生きてる
05. L.I.B
06. PVガチャノミックス-Medley-
MUSIC BATTLER〜雪泣くメロディー〜ヌーディズム〜溶けないCANDY〜ファイナルなファンタジー〜NEXT STAGE〜Don\'t Let Me Down
07. 白がこの街と僕を染める
08. 最後のピース
09. 胸を張ってもいいんだよ
10. Across the now!!
11. Ben-Jan-Dan
12. 恋愛スイッチ
13. JUICY BEATS
14. KAKUHEN
15. アルブスの少女
16. シャキシャキして!!
17. 爆弾娘(ボンバーガール)
18. Lock On!!
19. ゴー!ライバー
-ENCORE-
20. ハンティングサマー
21. WINNER
■DISC-2 ※初回限定盤のみ> 
01. オフショット 〜リハーサル編〜
02. オフショット 〜当日編〜
03. ま・ま・まさかの7周年!!!!!!! 〜TAKE1の真実〜
04. 白がこの街と僕を染める Music Video
05. KAKUHEN Music Video
06. KAKUHEN Music Video (答え合わせver.)

■『Gacharic Spin ワンマンツアー「野音への道」』

3月19日(日) 福岡 DRUM Be−1
3月20日(月・祝) 広島 SECOND CRUTCH
3月25日(土) 埼玉 HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
3月26日(日) 愛知 名古屋Electric Lady Land
4月01日(土) 石川 LIVE HOUSE vanvanV4
4月02日(日) 長野 NAGANO CLUB JUNK BOX
4月15日(土) 大阪 umeda AKASO
4月22日(土) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
5月03日(水・祝) 宮城 仙台darwin
6月10日(土) 北海道 札幌PENNY LANE24

【関連リンク】
Gacharic Spin オフィシャルHP
Gacharic Spin、全国ツアーファイナルで初の日比谷野外大音楽堂ワンマンを発表
大阪で初開催の「ビクターロック祭り」、11,000人が燃えた!
Gacharic Spin、7つの発表ラストはLINE LIVE生放送番組の決定

【関連アーティスト】
Gacharic Spin
【ジャンル】
ジャパニーズロック

AKB48グループリクエストアワー&NGT48の1周年記念コンサートをライヴビューイング
Wed, 11 Jan 2017 14:30:00 +0900
『AKB48 グループリクエストアワー セットリストベスト100 2017 ライブ・ビューイング』 (c)AKS(okmusic UP\'s)

1月20日(金)に開催されるNGT48のコンサート『NGT48 1周年記念コンサートin TDC 〜Maxときめかせちゃっていいですか?〜』、および1月21日(土)と22日(日)にTOKYO DOME CITY HALLで開催される『AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2017』の模様が、全国各地の映画館でライヴビューイングされることがわかった。


【その他の画像】AKB48

『NGT48 1周年記念コンサートin TDC 〜Maxときめかせちゃっていいですか?〜』は、NGT48が専用劇場オープン1周年記念として初の単独コンサートをTOKYO DOME CITY HALLで開催。新潟から来た元気でピュアな少女たちによる全力のパフォーマンスをお楽しみに!

また、『AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2017』は、AKB48グループの楽曲の中から、ファン投票を行い、上位100位にランクインした楽曲を実際にライブでお届けするイベント。当日はこのイベントしか見ることのできないレアな編成で、メンバーたちが各楽曲を盛り上げる。今年はどの楽曲が何位に入るのか? 栄光に輝くのはどの楽曲なのか? スペシャルライヴのセットリストをぜひ映画館で楽しんでほしい。

さらに、今回初の試みとして、『満員御礼!100発98中権利大抽選会』ライヴビューイング新春お年玉企画を実施。各公演、満員となった映画館の中から1館を選ぶ生抽選会をステージ上でメンバーが行い、抽選で選ばれた映画館の半券を所有している対象者に全員に、3月〜4月に利用できる『100発98中権利』がプレゼントされる。今回発表となっらライヴビューイングに加え、1月15日に実施する『新春!チーム8祭り』のライヴビューイングも対象となるので、チャンスは全部で8回。詳細はオフィシャルHP等で確認しよう。

■『AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2017ライヴ・ビューイング』情報サイト
http://liveviewing.jp/AKBrequest2017/
■『NGT48 1周年記念コンサートin TDC 〜Maxときめかせちゃっていいですか?〜ライブ・ビューイング』 情報サイト
http://liveviewing.jp/NGT48/
■AKB48 オフィシャルHP
http://www.AKB48.co.jp/
■NGT48 オフィシャルHP
https://NGT48.jp/

(C)AKS

■【ライヴ・ビューイング実施概要】

『NGT48 1周年記念コンサートin TDC 〜Maxときめかせちゃっていいですか?〜ライブ・ビューイング』
1月20日(金)18:30開演

『AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2017 ライブ・ビューイング』
1月21日(土) 、22日(日)各日12:00開演/17:00開演

<会場>
全国各地の映画館 
■NGT48 1周年記念コンサート ライブ・ビューイング
http://liveviewing.jp/ngt48/
■AKB48 グループリクエストアワー ライブ・ビューイング
http://liveviewing.jp/akbrequest2017/

※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府では16歳未満の方で保護者同伴でない場合、終映が19:00を過ぎる上映回はご入場いただけません。予めご了承ください。

<チケット料金>
・先行割引チケッ:全席指定 ¥2,800(税込)
・当日券(映画館):全席指定 ¥3,100(税込)
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。

【100発98中権利】
・3 月〜4月の2ヶ月間に劇場で行う公演及びイベントにご利用頂けます。
・初日/千秋楽公演にはご利用頂けません。左記以外にも一部ご使用頂けない公演がございます。
・ご使用時は、AKB48グループチケットセンター上で、事前にご希望公演へのお申し込みが必要です。
・ご使用時はチケット代金が別途必要となります。
・申込者多数の場合は、ご利用頂けない場合がございます。

【関連リンク】
AKB48、10年の軌跡を収めた映像作品のダイジェスト公開
柏木由紀、プロバスケットボールのハーフタイムショーに出演
柏木由紀、初のソロ全国ツアーがついに映像作品化!

【関連アーティスト】
AKB48, NGT48
【ジャンル】
女性アイドル, イベント

ONE OK ROCK、AWAにて81曲が配信スタート!
Wed, 11 Jan 2017 14:00:00 +0900
ONE OK ROCK (okmusic UP\'s)

ONE OK ROCKが1月11日(水)、音楽配信サービス「AWA」にて楽曲の配信を開始した。

【その他の画像】ONE OK ROCK

今回AWAで配信が開始された楽曲は、「完全感覚Dreamer」や「Wherever you are」をはじめとする全81曲。サブスクリプション型(定額制)音楽配信サービスとしては、KKBOX、Apple MusicおよびSpotifyに続く配信で、 国内発の音楽配信サービスへの配信は初となる。

この機会にぜひAWAを利用してみてはいかがだろうか。

【関連リンク】
ONE OK ROCK オフィシャルHP
AWA
ONE OK ROCK、NHK『18祭』で話題を呼んだ新曲 「We are」MV解禁
ONE OK ROCK、世界を黄色に染めるプロジェクト特設サイト「WORLD AMBITIONS」をオープン

【関連アーティスト】
ONE OK ROCK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 音楽配信

L\'Arc〜en〜Ciel、大阪・夢洲の10万人動員ライヴ『L\'ArCASINO』を映像化
Wed, 11 Jan 2017 13:00:00 +0900
Blu-ray『L\'Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L\'ArCASINO』【完全生産限定盤】(BD+2CD+3アナログレコード+7L\'ArCHIP) (okmusic UP\'s)

L\'Arc〜en〜Cielが、2015年9月21日、22日の2日間にわたって大阪の夢洲で開催し、10万人を動員した『L\'Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L\'ArCASINO』のDVD&Blu-ray化が決定。3月1日にリリースされる。

【その他の画像】L’Arc~en~Ciel

今作には、2日目となる9月22日のライヴを全曲収録しており、10,000セットのみリリースされる完全生産限定盤には、バンド史上初となるライヴ音源収録アナログレコード同梱される。また、『運だめし!ポーカーで勝って限定グッズに応募しよう! 』と題した施策も実施。詳細はオフィシャルHP等でチェックしよう。

発表と会わせてティザー映像も公開されたので、こちらもお見逃しなく!

■『L\'Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L\'ArCASINO』ティザー映像
https://youtu.be/_A02MGVDgs0

■Blu-ray&DVD『L\'Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L\'ArCASINO』

2017年3月1日発売
【完全生産限定盤】(BD+2CD+3アナログレコード+7 L\'ArCHIP)
KSXL 196-202/¥25,000+税
※10,000セット限定スペシャルパッケージ
※バンド史上初ライヴ音源収録アナログレコード3枚組同梱(カラーヴァイナル:RED / BLACK / GREEN)
※7色L\'ArCHIP封入
※運だめし!ポーカーで勝って限定グッズに応募しよう!(詳細近日発表)
【初回生産限定盤】(BD+2CD)
KSXL 203-205/¥12,600+税
【Blu-ray通常盤】(BD)
KSXL 206/¥8,800+税
【DVD通常盤】(2DVD)
KSBL 6235-6236/¥7,600+税

<収録曲>
■Blu-ray
01. SEVENTH HEAVEN
02. Driver\'s High
03. Pretty girl
04. Blurry Eyes
05. flower
06. and She Said
07. ROUTE 666
08. HEAVEN\'S DRIVE
09. Wind of Gold
10. It\'s the end
11. MY HEART DRAWS A DREAM
12. trick
13. REVELATION
14. CHASE
15. X X X
16. TRUST
17. Wings Flap
18. Lies and Truth
19. Link
20. HONEY
21. STAY AWAY
22. READY STEADY GO
23. Pieces

■DVD
・Disc 1
01. SEVENTH HEAVEN
02. Driver\'s High
03. Pretty girl
04. Blurry Eyes
05. flower
06. and She Said
07. ROUTE 666
08. HEAVEN\'S DRIVE
09. Wind of Gold
10. It\'s the end
11. MY HEART DRAWS A DREAM
・Disc 2
01. trick
02. REVELATION
03. CHASE
04. X X X
05. TRUST
06. Wings Flap
07. Lies and Truth
08. Link
09. HONEY
10. STAY AWAY
11. READY STEADY GO
12. Pieces

■CD
・Disc 1
01. SEVENTH HEAVEN
02. Driver\'s High
03. Pretty girl
04. Blurry Eyes
05. flower
06. and She Said
07. ROUTE 666
08. HEAVEN\'S DRIVE
09. Wind of Gold
10. It\'s the end
11. MY HEART DRAWS A DREAM
・Disc 2
01. trick
02. REVELATION
03. CHASE
04. X X X
05. TRUST
06. Wings Flap
07. Lies and Truth
08. Link
09. HONEY
10. STAY AWAY
11. READY STEADY GO
12. Pieces

■Vinyl Records
・Disc 1 / Side A
1.SEVENTH HEAVEN
2.Driver\'s High
3.Pretty girl
・Disc 1 / Side B
1.Blurry Eyes
2.flower
3.and She Said
4.ROUTE 666
・Disc 2 / Side A
1.HEAVEN\'S DRIVE
2.Wind of Gold
3.It\'s the end
4.MY HEART DRAWS A DREAM
・Disc 2 / Side B
1.trick
2.REVELATION
3.CHASE
4.X X X
・Disc 3 / Side A
1.TRUST
2.Wings Flap
3.Lies and Truth
4.Link
・Disc 3 / Side B
1.HONEY
2.STAY AWAY
3.READY STEADY GO
4.Pieces

【関連リンク】
L\'Arc〜en〜Ciel オフィシャルHP
L\'Arc-en-Cielの新情報が止まらない! ラル代官様、新曲配信、コラボMV上映、MステSP!!
L\'Arc-en-Ciel、ファンへのX\'masプレゼントは2008年以来の東京ドーム公演2Days!
L\'Arc-en-Ciel、シングル「Don\'t be Afraid」のCMにあのラル代官様が再登場!?

【関連アーティスト】
L’Arc~en~Ciel
【ジャンル】
ジャパニーズロック

『アニソンフィットネス A-fit』OAに先駆け、デモンストレーション映像が公開に
Wed, 11 Jan 2017 12:00:00 +0900
「アニソンフィットネス A-fit」デモンストレーション映像 キャプチャ (okmusic UP\'s)

“みんなが大好きなアニソンで楽しく健康に”を掲げた『アニソンフィットネス A-fit』が、1月11日(水)TOKYO MXとサンテレビでの放送スタートに先駆け、YouTubeにてデモンストレーション映像のショートバージョンを公開した。

【その他の画像】たかはしごう

映像内では、インストラクターである高橋洋子の実弟ことたかはしごう。プログラムをサポートする“A-fit GIRL”として幅広いジャンルで活躍中の若手声優、高田憂希。Q\'ulleのメンバーで、ニコニコ動画「踊ってみた」カテゴリーの踊り手としても活動中のやっこが、課題曲の『新世紀エヴァンゲリオン』主題歌「残酷な天使のテーゼ」に合わせて、軽快にアニソンフィットネスをナビゲートしている。思わずクスッと笑ってしまうような振り付けや、“みんなで踊ってみたい!!”と思うような構成に注目だ。

1月11日(水)から始まるテレビ放送では、楽曲全体をパートごとに細かくレクチャーし、全12回の放送をもって1曲の振り付けが完成するとのことなので、ぜひマスターしてほしい。

また、アニソンフィットネスのオフィシャルHPでは、各回のオンエア終了後にレッスン動画をアップ予定。見逃した方やリピートして練習したい方は必見!

■アニソンフィットネス(A-fit) 初中級編デモンストレーション(short version)
https://youtu.be/GwTByjTebsY

■『アニソンフィットネス A-fit』

1月11日(水)よりTOKYO MX、サンテレビでオンエアスタート
・TOKYO MX:22:35〜22:40
・サンテレビ:24:05〜24:10

【関連リンク】
『アニソンフィットネス』 オフィシャルHP
「残酷な天使のテーゼ」がフィットネスとシンクロ!? 新番組『アニソンフィットネス』が1月スタート!
WEBER、新曲MVで号泣! 涙の理由とは!?
「劇場版 艦これ」サントラ『艦響 Vol.2』に新曲30曲収録

【関連アーティスト】
たかはしごう
【ジャンル】
アニメ, ネットカルチャー, テレビ(番組/CM), 声優

go!go!vanillas、大熱狂だった2016年のライヴ映像をダイジェスト公開
Wed, 11 Jan 2017 11:00:00 +0900
go!go!vanillas (okmusic UP\'s)

go!go!vanillasが1月18日にリリースするシングル「おはようカルチャー」の初回限定盤DVDのダイジェスト映像を公開した。

【その他の画像】go!go!vanillas

DVDには昨年行なわれたバニラズ史上最長のツアー『Kameleon Lights Tour 2016』のファイナル公演の映像が全8曲収録されている。バニラズのライヴの多幸感と興奮がたっぷり伝わってくる内容となっており、惜しくも足を運べなかったファンも必見だ。

また、1月10日(火)からTOWER RECORDS全店でフリーペーパー『号!外!バニラズ』の配布もスタートした。ここでしか語られていない制作秘話や、エキストラを交えて撮影したMVのエピソードも掲載されているので、こちらもゲットしてみてほしい。

■「おはようカルチャー」初回限定盤付属DVDダイジェスト 〜Kameleon Lights Tour 2016 Tokyo Shinkiba Studio Coast 2016.5.28〜
https://youtu.be/AbvlHf9PUBU

■シングル「おはようカルチャー」

2017年1月18日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1092/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
VICL-37239/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.おはようカルチャー
2.12:25
3.あの素晴しい愛をもう一度
■DVD ※初回限定盤のみ
『Kameleon Lights Tour 2016 Tokyo Shinkiba Studio Coast 2016.5.28』
1.ラバーズ
2.ニューゲーム
3.エマ
4.チルタイム
5.デッドマンズチェイス
6.スーパーワーカー
7.ヒートアイランド
8.ギフト

【関連リンク】
go!go!vanillas オフィシャルHP
go!go!vanillas、話題の新曲「おはようカルチャー」が『musicるTV』1月度OP曲に決定
go!go!vanillasが“あの"バンドとツーマン!? 「go!go!の日」に自主企画イベント開催決定!
go!go!vanillas、集まらないと完成しない!? MVエキストラを大募集!

【関連アーティスト】
go!go!vanillas
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1