歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年12月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
ALL OFF、アルバムジャケットにスマホで360°パノラマMVを視聴できる仕掛けが!?
Thu, 22 Dec 2016 21:00:00 +0900
ALL OFF (okmusic UP\'s)

12月21日に発売となった、ALL OFFのメジャー1stアルバム『Re:sound』の ジャケットにはある仕掛けが施されている。ジャケット写真にスマートフォンをかざすだけでリード曲 「In Shadows」の360°パノラマMUSIC VIDEOを視聴できるのだ。


【その他の画像】ALL OFF

視聴アプリ「スマート動画」をダウンロードしてジャケット写真にアプリのカメラ画面をかざすと、「In Shadows」360°パノラマMUSIC VIDEOを見ることが出来るという最先端技術を駆使したMUSIC VIDEOは見ごたえ抜群! 是非とも試してみてほしい。

更にアルバムの全曲試聴映像も解禁された。全曲試聴ではアニメタイアップ曲のMUSIC VIDEOや、今年出演した海外フェスのオフショット映像も見ることが出来る。

【使用方法】
(1) スマートフォンの各アプリストアから「スマート動画」アプリを検索してダウンロード!
※iPhone端末の方はAppストアから、Android端末の方はPlayストアから、「スマート動画」と検索して下さい。
(2) ダウンロードしたアプリを起ち上げ、ジャケット写真の絵柄にカメラ画面をかざすだけ!

【関連リンク】
ALL OFF オフィシャルHP
ALL OFF、メジャー1stアルバムよりリード曲「In Shadows」のMVを解禁
ロックイベント『LET IT FES』にMY FIRST STORYら6組の出演が決定!
フォーリミらの所属レーベルが主催イベントのオープニングアクトを募集

【関連アーティスト】
ALL OFF
【ジャンル】
ジャパニーズロック

きゃりーぱみゅぱみゅの誕生日イベントが中田ヤスタカとのツーマンツアーCLUB EDITIONとして開催!
Thu, 22 Dec 2016 20:00:00 +0900
『ASOBINITE!!! -KYARY PAMYU PAMYU BIRTHDAY SPECIAL- YSTK×KPP CLUB EDITION』ポスター (okmusic UP\'s)

1月29日のきゃりーぱみゅぱみゅの誕生日を記念し、2017年1月28日に新木場・ageHaで「ASOBINITE!!! KYARY PAMYU PAMYU BIRTHDAY SPECIAL」が開催されることがわかった。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

さらに今回は、11月に東名阪3箇所のみで開催され、各地満員御礼となった中田ヤスタカ × きゃりーぱみゅぱみゅによるツーマンライブツアー「〜SPECIAL DJ×LIVE ZEPP TOUR 2016〜『YSTK×KPP』」のCLUB EDITIONとして、中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅがスペシャルなライブセットを用意!

さらに同日、ageHaが有する4エリアにも豪華アーティストが集結。きゃりーの誕生日当日をみんなで盛大にお祝いしよう!

■「ASOBINITE!!! -KYARY PAMYU PAMYU BIRTHDAY SPECIAL- YSTK×KPP CLUB EDITION 」

1月28日(土) 新木場・ageHa
■SPECIAL LIVE
YSTK×KPP
■LINE UP
中田ヤスタカ
DAISHI DANCE
RAM RIDER
TeddyLoid feat. voia (ATTACK THE MUSIC)
andmore
■VJ
滝紘平
Jericho
【ISLAND】
CYBERJAPAN Presents BIKINI NIGHT WINTER
GENRE:EDM/HOUSE
■RESIDENT
MITOMI TOKOTO
JapaRoLL
■LINEUP
SONE
■DANCER
CYBERJAPAN DANCERS
andmore
【BOX】
Hands Up!
GENRE:EDM/HOUSE
■LINE UP
TBA
【WATER】
ASOBINITE!!!
GENRE:TECHNO/HOUSE/EDM
■LINE UP
ASOBINITE!!! ALLSTARS

■シングル「タイトル未定 / 原宿いやほい」

2017年1月18日発売
WPCL-12509/¥1,200+税
<収録曲>
01 中田ヤスタカ「タイトル未定」
02 中田ヤスタカ「タイトル未定」-remix-
03 きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい」
04 きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい」extended mix

【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ オフィシャルHP
中田ヤスタカ オフィシャルHP
ageHa恒例のカウントダウンイベント開催! ヘッドライナーにDJ・R3HABを発表
きゃりーぱみゅぱみゅ×中田ヤスタカ、ダブルA面スプリット盤は8センチシングルを再現

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ, 中田ヤスタカ
【ジャンル】
J-POP, イベント

miwa、2月にニューアルバムリリース決定! コンセプトは"流れる水"
Thu, 22 Dec 2016 19:30:00 +0900
miwa (okmusic UP\'s)

miwaの通算5枚目となるフルアルバム『SPLASH☆WORLD』が2017年2月22日に発売されることが発表された。流れる水をコンセプトに、いつにも増してバラエティに飛んだ楽曲が収録された作品となっている。

【その他の画像】miwa

初回生産限定盤付属のDVDには、念願であった母校でのイベント「第58回三田祭前夜祭」スペシャルライブの模様を収録。また、アルバムタイトル『SPLASH☆WORLD』をコンセプトにしたアリーナツアー「miwa ARENA tour 2017“SPLASH☆WORLD"」の先行予約チラシも封入される。

坂口健太郎とのW主演が話題の映画「君と100回目の恋」の公開も2017年2月4日に控え、新たな境地を開こうとするmiwaから目が離せない。

■アルバム『SPLASH☆WORLD』

2017年2月22日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9317~18/¥3,611+税
※三方背ボックス仕様
【通常盤】
SRCL-9319/¥2,913+税

■「miwa ARENA tour 2017“SPLASH☆WORLD"」

2017年
4月22日(土) 愛知県・日本ガイシホール
4月23日(日) 愛知県・日本ガイシホール
5月06日(土) 福岡県・マリンメッセ福岡
5月13日(土) 宮城県・ゼビオアリーナ仙台
6月03日(土) 大阪府・大阪城ホール
6月04日(日) 大阪府・大阪城ホール
6月11日(日) 神奈川県・横浜アリーナ
6月17日(土) 埼玉県・さいたまスーパーアリーナ
6月18日(日) 埼玉県・さいたまスーパーアリーナ

【関連リンク】
miwa オフィシャルHP
miwaと坂口健太郎のW主演映画『君と100回目の恋』珠玉のサウンドトラックが発売決定
miwa、5thアルバムリリース&2017年アリーナツアー開催決定
miwa&坂口健太郎「アイオクリ」、1コーラスバージョンの配信がスタート

【関連アーティスト】
miwa
【ジャンル】
J-POP

MOLE HiLL、東京スカイツリータウン(R)13日間連続フリーライブのスペシャルゲストを発表!
Thu, 22 Dec 2016 19:00:00 +0900
MOLE HiLL (okmusic UP\'s)

東京スカイツリータウン(R) J:COM Wonder Studioにて、怒涛の13日間連続フリーライブを決行中のMOLE HiLLが、連日盛況のステージにスペシャルゲストを招くことがわかった。

【その他の画像】MOLE HiLL

12月24日(土)はA-CO&RYOMA(from.FRONT LINE)、12月28日(水)はSONG ORDER、12月29日(木)はオトループが出演。MOLE HiLLと絆でつながれたアーティストとともに、フリーライブを盛り上げる。

会場では新曲の生演奏やオリジナルCDプレゼントも! ぜひ足を運んでみてほしい。

■「MOLE HiLL クリスマス&カウントダウンライブ」

12月19日(月)〜12月31日(土)13日間連続開催中
18:15〜
※12月23日(金・祝)のみ18:45〜
※観覧無料
場所:J:COM Wonder Studio(東京スカイツリータウン(R)ソラマチ5F 9番地)

(1)12月19日(月)〜25日(日)7日間
クリスマス・ライブ アコースティック編成のステージ
★無料公開中の新曲クリスマスソング「小さなクリスマス」生演奏
(2)12月26日(月)〜31日(土)6日間
カウントダウン・ライブ エレキバンド編成のステージ
★元日無料公開予定の新曲ニューイヤーソング 生演奏
※ライブご来場で、新曲のオリジナルCD(非売品)をプレゼント!

■「MOLE HiLL ONE-MAN LIVE TOUR「Time」」

1月22日(日) 渋谷 TSUTAYA O-nest
<チケット>
一般発売中:¥2,500(税込)※ドリンク代別

【関連リンク】
MOLE HiLL オフィシャルHP
MOLE HiLL、新曲クリスマスソングを緊急無料公開
MOLE HiLL、13日間連続のクリスマス&カウントダウン無料ライブ開催決定
京都発MOLE HiLL、無料ライブで関東席巻!

【関連アーティスト】
MOLE HiLL, SONG ORDER, A-CO&RYOMA(from.FRONT LINE), オトループ
【ジャンル】
J-POP

WEBERの冠番組『全力? WEBER LAND』、来年1月にスタート
Thu, 22 Dec 2016 12:00:00 +0900
WEBER (okmusic UP\'s)

来年2月にメジャーデビューを果たす要注目の男性4人組ダンスヴォーカルユニット、WEBER。そんな彼らがメインMCを務める音楽バラエティー番組『全力!!WEBER LAND』が、1月27日(金)26:30〜テレビ埼玉でスタートする。

【その他の画像】WEBER

WEBERメンバー4人のことをもっと知ってもらうため、ついに地上波放送に登場する冠番組『全力!!WEBER LAND』。ゲストを招いてのトークコーナーや出演者のカッコいい魅力が詰まったライヴパート、メンバーを成長(?)させるチャレンジ企画、新たな一面が見られるロケ企画など、盛りだくさんでお届けする予定となっている。

なお、1月27日(金)26:30〜の初回放送のゲストはトラフィックライトで、収録は下記イベントでの公開収録とのこと。

■「LIVE is LIFE」

1月10日(火) 東京 SHIBUYA CLUB QUATTRO
第1部:13:00 / 13:30(予定)
第2部:17:30 / 18:00(予定)
出演:WEBER、TRYZERO、Vipere、EPICSTAR、mush uuuuup!!!、IVVY、ポップジャンクスクール、絶好超団?LoVe andmore...

【関連リンク】
WEBER オフィシャルHP
WEBER、メジャーデビュー曲「オオカミの涙」詳細を満月の夜に発表
スキマスイッチ、奥田民生や小田和正らをプロデューサーに迎えたリアレンジアルバム完成!
ORANGE RANGE、存在感抜群のナンバー「リアル・バーチャル・混沌」のライヴ映像を配信

【関連アーティスト】
WEBER
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

KANA-BOON、ニューシングル「Fighter」収録内容解禁! カップリング曲が「はたちの献血」キャンペーンソングに
Thu, 22 Dec 2016 18:30:00 +0900
KANA-BOON (okmusic UP\'s)

KANA-BOONが2017年3月1日にリリースするシングル「Fighter」の収録内容が決定した。

【その他の画像】KANA-BOON

MBS・TBS系列アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期の新オープニングテーマとなる表題曲「Fighter」の他、カップリングには、すれ違う男女の心、届かない想いをエモーショナルに歌い上げる「スーパームーン」と、人が人を想う心のあり方を問いかける「君を浮かべて」の2曲を収録。「君を浮かべて」は、日本赤十字社 平成29年「はたちの献血」キャンペーンソングとして書き下ろした楽曲となっており、同曲が使用されたTVCMは1月1日から全国で放映開始される。

そんなバラエティに富んだ3曲が並ぶ2017年第1弾シングル「Fighter」は、初回生産限定盤、通常盤、期間生産限定盤の3形態でのリリース。初回生産限定盤には、特典DVDが付属し、先日開催された東名阪ツアー「KANA-BOON冬のワンマンライブ 〜セットリストはぼく・わたしにまかせな祭〜」より、初日の東京公演から6曲のライブ映像が収録される。また、期間生産限定盤は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』描き下ろし絵柄デジパック仕様となっている。ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

■【KANA-BOON コメント】

顔も知らない遠くの誰かを想うことは決して簡単なことじゃないけど、自分にとっての“大切な君"を浮かべて、その人を想う心と同じ心で“誰か"とも向き合えたら。そんな理想をテーマとして、歌詞を書きました。
この歌を通じて、若い世代のみんなが献血に対して、そして人と人との間に存在するたくさんの物事に目を向けるきっかけが生まれたらなと思います。
谷口鮪(KANA-BOON)

■シングル「Fighter」

2017年3月1日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD) 
KSCL-2867〜2868/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1. Fighter 
2. スーパームーン
3. 君を浮かべて
■特典DVD:KANA-BOON冬のワンマンライブ 〜セットリストはぼく・わたしにまかせな祭〜 at Zepp Tokyo
1. 1.2. step to you 
2. 白夜 
3. さくらのうた 
4. 羽虫と自販機 
5. A.oh!! 
6. 眠れぬ森の君のため
※どうでもいいオマケ013封入
【通常盤】(CD) 
KSCL-2869/¥1,165+税
※初回仕様:どうでもいいオマケ013封入
【期間生産限定盤】(CD) 
KSCL-2870/¥1,296+税
<収録曲>
■CD
1. Fighter 
2. スーパームーン
3. 君を浮かべて 
4. Fighter(TV size) 
5. Fighter(Instrumental / TV size)
※『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』描き下ろし絵柄デジパック仕様

【関連リンク】
KANA-BOON オフィシャルHP
KANA-BOON、ツアー最終公演にて2017年第1弾シングル「Fighter」のリリースを発表
KANA-BOON、TVアニメ『機動戦士ガンダム』第2期の新OPテーマを担当
アジカンの「ループ&ループ」新録版にKANA-BOON・谷口鮪、BLUE ENCOUNT・田邊駿一が参加

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ミュージック・ソムリエとしてぜひ紹介したかった曲
Thu, 22 Dec 2016 18:00:00 +0900
『RAW LIFE MUSIC』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は、養成講座を今年卒業したばかりの新しいミュージックソムリエたちから、「これをおススメしたかった!」というこだわりの選曲をお贈りします。
※ミュージックソムリエ養成講座第11期の開講決定!くわしくはこちらまで>http://ms-kouza.jp/index.html

■1.「Blackstar」/Amanda Palmer & Jherek Bischoff (Featuring Anna Calvi)

●ダークで美しい、デヴィッド・ボウイのトリビュート
デヴィッド・ボウイの遺作となったアルバム「★(ブラックスター)」。多くの人が曲の意味を解読するのに躍起となる中で、アマンダ・パーマーは、ストリング・カルテットを使って音楽的な構造を掘り起こすことに集中しました。
不穏な暗闇を進む導入部から一転、光が差し込み視界が開がる展開部の息を飲む美しさ、そして明と暗が交錯しながら混沌と
結末に向かうダークネス。
オリジナルの音楽的な革新性を取り払い、ダークで美しいメロディをクローズアップした、注目すべきトリビュートです。
(選曲・文/藤原学)
https://m.youtube.com/watch?list=PLdCjn28n1Ao9gMG5Z8NVFRHggEHp1jyzv&v=xXBj2_aFFeE

■2.「Jesus Is The Answer」/ Jessy Dixon Singers

●聖夜に聴きたいオーガニックな応援歌(ゴスペル)
年の瀬に色々なことが一段落して、ふと「なんか疲れたな」という時。巷に溢れる応援ソングがトゥーマッチに感じられる時。
そんな時にお勧めしたいのがこの曲です。
童謡のように素朴なメロディが、スッと耳に入って思わず口ずさみたくなります。さらには圧倒的な声の力で、ぎゅっと抱きしめ
られ、ぐいぐい押し上げられていやでも気持ちが昂ります。「ああ、人の声ってこんなに気持ちいいんだ」。
シンプルな編成で化合物がないので、健康にもよさそうです。
(選曲・文/藤原学)

■3.「Feed Back」/Caravan

●土臭い町の朝焼けに聞こえる音。物語はここから…。
全国を旅しながらライブを重ねるネオフォークシンガー。2004年、インディーズから発売されたデビューアルバムの1曲目としてライブでも人気である。メロウなアコーステックギターのリズムと切なげな歌い方は、子供のころイメージしたアメリカの田舎町を想起させ、激しいロックを聞いた時の高揚感とは違う胸の高鳴りを覚える。それは「西へ行く道の彼方に沈む太陽」という歌いだしで、その世界に引き込まれるからだ。
自分を見失いそうになるほど目まぐるしい時間の中で、彼の歌はじんわりと体に染み入り、“何か始めよう”という気持ちにさせる。もし人生に迷ったときは、ぜひこの曲を聴いてほしい。
(選曲・文/齊藤靖英)
https://www.youtube.com/watch?v=xmq5qMRXkYs

■4.「Bring On The Night」/THE POLICE

●白いレゲエおやじは活火山
スティングの今秋リリースのアルバムが、“13年ぶりのロックアルバム”として注目、65歳にしてますますアグレッシブである。
ジャズやクラシック、映画音楽に寄っていた90年代以降から溜まり続けたマグマが爆発したかのようだ。
マグマの基は、ポリスにある。ロックとレゲエの要素を併せ持ったサウンドは当時、斬新なアプローチでホワイトレゲエと呼ばれた。ブイブイ系のベースと裏ビートに刻まれたギターに、衝撃を覚えた。さて、13年前のロックアルバムは『セイクレッド・ラヴ』。今回のアルバムはそれよりもロックだ。
才能豊かな白いレゲエおやじは定期的にロックアルバムで爆発する、まさに活火山のようなアーティストである。
(選曲・文/齊藤靖英)

■5.「One Day At A Time」/Joe Walsh

●1日1日を大切に
「この曲は、親友のウォッカ無しにどうやって生きるかって曲だよ。もう18年も前にオサラバしたけどね。」 Eaglesのギタリストであるジョー・ウォルシュは、世界的な大成功を収めた裏側で、長い間アルコール依存症に苦しんで来た。まるで「暴走列車」の様な生活を続けて来たが、同じ様に走ってきた仲間は次々とこの世から居なくなってしまった。「こんなに長く生きるつもりはなかった!」と神様に嘆くも、「1日1日を大切に生きよう」とする大ロックスターの姿に感動。
2012年作『Analog Man』収録。
(選曲・文/コニシマコト)
https://www.youtube.com/watch?v=xlfCyHbLdpI

■6.「40 oz. Dream 」/Good Charlotte

●2000年代西海岸パンクの意地
「ラジオをつけるとひどく混乱した。ラッパーは歌っているし、ロッカーはDJしている」。
2000年代US西海岸パンクシーンを牽引していたGood Charlotteが今年、音楽シーンを痛烈に批判した楽曲を発表した。現状を「40オンスの悪夢」に例え、2013年当時の楽しさは何処へ行ってしまったのかと訴える。また、的確な批判内容を上手くリズムとメロディーに落とし込み、しっかり韻を踏める音楽的センスが素晴らしい。「今でもパーティーのやり方を知っている」彼らの姿に胸が熱くなった30歳目前の元キッズは、私だけだろうか。
2016年作 『Youth Authority』収録
(選曲・文/コニシマコト)
https://www.youtube.com/watch?v=1Q7FdMFWFxY

さて、お気に召した選曲はございましたか。
ぜひこれを機にCDやレコードなどの音源でも、楽曲をお楽しみいただければ幸いです。
また、「ミュージックソムリエってなに?」と気になった方は、まずはぜひ資料をお取り寄せください。
>養成講座URL:http://ms-kouza.jp/index.html

それでは、また次号で♪

【関連アーティスト】
Caravan, The Police, Joe Walsh, Good Charlotte, Anna Calvi, Amanda Palmer
【ジャンル】


エディット・ピアフの半生を新たな視点で描いた舞台『ピアフ〜私は何も後悔しない〜』いよいよ開幕
Thu, 22 Dec 2016 18:00:00 +0900
舞台『ピアフ〜私は何も後悔しない〜』 (okmusic UP\'s)

12月19日に生誕101周年を迎えた、フランスを代表するシャンソン歌手エディット・ピアフの人生を描いた舞台『ピアフ〜私は何も後悔しない〜』が、12月24日(土)〜27日(火)まで東京芸術劇場シアターウエストで上演される。

【その他の画像】Edith Piaf

『ピアフ』といえば、加藤登紀子、大竹しのぶ、安蘭けいなど、錚々たる顔ぶれが演じ、歌ってきたが、今回上演される『ピアフ』は、これまでの『ピアフ』とは一味違う。彼女が生涯心の拠り所として祈りを捧げ続けた存在とともに人生を振り返る物語となっており、舞台を観た人間は、情熱的な彼女の生き方に瞬く間に魅き込まれ、やがては自分の人生と重ね合わせることになるかもしれない。

原作は、第13回テアトロ新人戯曲賞受賞作家、森本ジュンジ。構成・上演台本・演出は、2001年に若手演出家コンクールで最優秀演出家賞を受賞し、俳優の持ち味を十二分に生かした緻密でテンポ感のある演出に定評のある演出家、小林七緒(流山児★事務所)。音楽監督は、SMAP、沢田研二、EXILE、平井堅、その他著名なアーティストのツアーサポートやレコーディングなど多方面に活躍中の大山泰輝。そして主役ピアフを、クラシックからジャズ、ポップス、ミュージカルなど幅広いジャンルを歌いこなし、国内外で活躍するシンガーであり、本舞台の企画者でもあるSetsukoが演じる。

登場人物は13名。ピアフ以外の12名は、すべて男性キャストで構成されている。中でも、ピアフの父、そしてピアフを教育した男性レーモン・アッソーの2役を演じるWAHAHA本舗・佐藤正宏の登場シーンは注目である。舞台セットはいたってシンプル。12人の男たちが身体を使って、ピアフと出会い、風景になり、音になり、彼女と旅をしていく…そんな物語となっている。「生身の身体がそこにある、という演劇ならではの『ピアフ』」と演出の小林は語る。

今年のクリスマスはぜひ大切な人と、2016年のラストを飾る「愛」の舞台へ足を運んでみてはいかがだろうか。

■舞台『ピアフ〜私は何も後悔しない〜』

■会場:東京芸術劇場 シアターウエスト
■公演スケジュール:
12月24日(土)15:00
12月25日(日)13:00
12月26日(月)13:00/19:00
12月27日(火)13:00
※開場は開演の30分前
■出演:
Setsuko 伊藤俊彦 吉田宗洋 佐藤正宏 祁答院雄貴 益田恭平 岩井翔 梅田祥平 中島幸一 長谷川てるや 宮崎貴宜 矢上竜誠
■ピアノ演奏:
大山泰輝(24日/25日/26日19:00)
佐藤日里(26日13:00/27日)
■スタッフ:
作:森本ジュンジ/構成・上演台本・演出:小林七緒/舞台監督:小林岳郎/音楽監督:大山泰輝/ステージング:天野まり/美術:池田ともゆき/照明:横原由祐/音響:岩野直人/スタイリスト:西田さゆり/ピアフ衣装:上野淑子/ピアフヘアメイク:水島裕作/宣伝美術:田中裕美子/制作・プロデュース:西初恵(ファーストピック)/制作補:佐山直子
■主催:S&S Entertainment Studio
<チケット>
前売り4,700円/当日5,000円
ペアチケット1組9,000円(24・25日限定)

【関連リンク】
舞台『ピアフ〜私は何も後悔しない〜』特設ページ
舞台『ピアフ〜私は何も後悔しない〜』予約ページ
デヴィッド・ボウイ、日本限定の12インチ・シングル盤を大回顧展『DAVID BOWIE is』にて販売
横山健が語るデヴィッド・ボウイの魅力とは? 「横山健に聞く、デヴィッド・ボウイ」全文公開

【関連アーティスト】
Edith Piaf, SETSUKO, 大山泰輝
【ジャンル】
ポップス(洋楽)

AK-69、話題の「Forever Young feat. UVERworld」MVフルver.が配信開始
Thu, 22 Dec 2016 17:30:00 +0900
「Forever Young feat. UVERworld」MVキャプチャ (okmusic UP\'s)

AK-69「Forever Young feat. UVERworld」MVのフルヴァージョンが配信開始した。

【その他の画像】AK-69

12月21日にiTunesやレコチョクなどでMVのダウンロードがスタートした「Forever Young feat. UVERworld」。Def Jam Recordings第一弾アルバム『DAWN』収録のこの楽曲は、先行配信以降大きな話題を集め、11月にZepp Sapporoで開催されたUVERworldとの対バンの模様をMV化。これまで一部が公開されていたが、今回待望のフル配信となった。気になる方は下記リンクよりチェックしてほしい。

■「Forever Young feat. UVERworld」MV ダウンロードURL
・iTunes
http://po.st/itak69fymv
・レコチョク
http://po.st/recoak69fy

■アルバム『DAWN』

発売中
【初回限定盤】
UICV-9215/¥3,800+税
【通常盤]
UICV-1077/¥3,000+税
<収録曲>
■CD(通常盤、初回盤共通)
01. Dawn
02. Flying Lady feat. CITY-ACE , HIDE春
03. Forever Young feat. UVERworld
04. Streets feat. 2WIN(T-PABLOW & YZERR)
05. Flying B 〜DAWN ver.〜
06. Hangover
07. Rainy days feat. 清木場俊介
08. With You 〜10年、20年経っても〜
09. Baby
10. 上ヲ向イテ
11. もう1ミリ feat.般若
12. We Don\'t Stop feat. Fat Joe
13. KINGPIN
■DVD ※初回盤
1. KINGPIN(MUSIC VIDEO)
2. With You〜10年、20年経っても〜(MUSIC VIDEO)
3. Flying B(MUSIC VIDEO)
4. We Don\'t Stop feat. Fat Joe(MUSIC VIDEO)
5. 2016.2.27「NON FICTION〜一夜限りのプレミアム・ライブ〜」
@豊洲PIT LIVE映像
・Opening〜The Cartel From Streets
・Prologue -The Man They Call Rain Man-
・The Throne
・雨音
・Click da trigger
・CROWZ feat. Lil\'J
・You don\'t care
・Ding Ding Dong 〜心の鐘〜
・IRON HORSE -No Mark-
・THE RED MAGIC
・ICU
・START IT AGAIN
・Lookin\' In My Eyez 〜 ロッカールーム -Go Hard or Go Home-
・Flying B
・And I love You So
・IT\'S OK

【関連リンク】
AK-69 オフィシャルHP
AK-69、清木場俊介のコンサートにサプライズ登場! 「こんなに同じ匂いのする人だと思ってなかった」
AK-69、名古屋に続き再びUVERworldのアリーナツアーに登場!
AK-69、ドラマ挿入歌となった「Baby」のリリックビデオを公開

【関連アーティスト】
AK-69
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ジャパニーズヒップホップ

「COUNTDOWN JAPAN 16/17」特別番組がGYAO!にて無料配信決定! 投票でアーティストへのお歳暮が選べる!?
Thu, 22 Dec 2016 17:00:00 +0900
「COUNTDOWN JAPAN 16/17」特別番組 (okmusic UP\'s)

12月28日(水)〜12月31日(土)に幕張メッセで行われるロックフェス「COUNTDOWN JAPAN 16/17」の特別番組『CDJ16/17最速GYAO!レポート』が、映像配信サービス・GYAO!にて各日イベント終了後に最速で無料配信されることがわかった。

【その他の画像】miwa

番組では、ORANGE RANGE、KEYTALK、KREVA、ゴールデンボンバー、back number、miwaなど、豪華出演アーティストのインタビューの模様などを約2時間に渡ってお届けする予定だ。

また、番組MCには俳優の大東駿介を起用。イベントの翌日12時から翌々日の12時まで、各日24時間限定で配信される。

さらに、GYAO!オリジナル企画として、『あなたが選ぶ! ROCKお歳暮5選!』を実施。全国で人気のお土産15点から番組出演アーティストに送りたいお歳暮をユーザーに投票してもらい、選ばれた5つのお歳暮をイベント当日にアーティストに差し入れするという企画となっている。お歳暮を差し入れする模様も本番組で放送されるとのことなので、欠かさずチェックしよう!

■【番組MC・大東駿介 コメント】

一年の締めくくりに大好きな音楽に浸りたい、新しい音楽に出会いたい。そして音楽で新年を迎えたい。そんなみなさんが集まるCOUNTDOWN JAPANには毎年ここにしかない、ドラマチックで特別な熱気を感じます。そして忘れられないライブがあります。
そんなCOUNTDOWN JAPANの会場から、この番組でしか観られないアーティストの方々の、熱帯びた鮮度の高いインタビューをみなさんに届けたいと思います!

■【「COUNTDOWN JAPAN 16/17」特別番組概要】

■番組タイトル
『CDJ16/17最速GYAO!レポート』
■番組出演予定アーティスト(※五十音順)
UVERworld、ORANGE RANGE、KANA-BOON、KEYTALK、きのこ帝国、キュウソネコカミ、KREVA、ゴールデンボンバー、Silent Siren、SKY-HI、Czecho No Republic、10-FEET、back number、フレデリック、miwa、RIP SLYME、レキシ and more…
■番組MC
大東駿介
■配信日時
12月28日(水)番組:12月29日(木)12:00〜12月30日(金)12:00
12月29日(木)番組:12月30日(金)12:00〜12月31日(土)12:00
12月30日(金)番組:12月31日(土)12:00〜1月1日(日)12:00
12月31日(土)番組:1月1日(日)12:00〜1月2日(月)12:00

■【『あなたが選ぶ! ROCKお歳暮5選!』キャンペーン概要】

全国で人気のお土産15点から、5点の商品をユーザー投票によって決定し、番組出演アーティストに差し入れとしてお届けします。投票してくださったユーザーの中から抽選で10名様にCOUNTDOWN JAPAN 16/17オフィシャルグッズをプレゼント。

応募期間:12月22日(木)〜12月25日(日)
応募資格:Twitterアカウントを持ち、GYAO!アカウント(https://twitter.com/yahoo_gyao)をフォローしている方
応募方法:特設サイトに掲載されている商品の中から、番組出演アーティストにお歳暮として贈りたい商品を選び、「ツイートして応募する」ボタンからツイートしてください。
商品:「COUNTDOWN JAPAN 16/17」マフラータオル 10名様

■「COUNTDOWN JAPAN 16/17」

12月28日(水) 幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール
開場 10:30/開演 12:00/終演 20:30
12月29日(木) 幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール
開場 10:30/開演 12:00/終演 20:30
12月30日(金) 幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール
開場 10:30/開演 12:00/終演 20:30
12月31日(土) 
開場 13:30/開演 15:00/終演 29:00

【関連リンク】
「COUNTDOWN JAPAN 16/17」特別番組特設サイト
ORANGE RANGE、存在感抜群のナンバー「リアル・バーチャル・混沌」のライヴ映像を配信
【連載コラム】稚菜、映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の主題歌をカバー
miwaと坂口健太郎のW主演映画『君と100回目の恋』珠玉のサウンドトラックが発売決定

【関連アーティスト】
miwa, ゴールデンボンバー, KEYTALK, ORANGE RANGE, back number, KREVA
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM), フェス

超特急、生放送「ただいま、ゲーム実況中!!年末スペシャル」でゲーム実況に挑戦
Thu, 22 Dec 2016 16:30:00 +0900
タクヤ (okmusic UP\'s)

超特急のリョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケの4人が、12月30日(金)深夜1時40分から生放送されるテレビ朝日「ただいま、ゲーム実況中!!年末スペシャル」に出演し、ゲーム実況にチャレンジすることがわかった。

【その他の画像】超特急

博多華丸・大吉がMCを務める同番組は、CSテレ朝チャンネルで2ヶ月に1度のペースでレギュラー放送されており、古川未鈴(でんぱ組.inc)など、毎回ゲーム好きの芸能人たちが6時間の生放送の中でさまざまなゲームソフトを実況しながらプレイするといった内容になっている。今回は地上波の特番として4時間を超える生放送に挑戦! 超大作から話題の最新作までゲーム実況に挑戦する。

リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケの4人は「バイオハザード7レジデントイービル」に挑戦。当日はAbemaTVやCSテレ朝チャンネルとの連動も予定されている。

全ゲーマーはもちろん、普段はゲームに触れることが少ない方も必見! 放送を楽しみに待とう。

■『ただいま、ゲーム実況中!!年末スペシャル』

テレビ朝日 2016年12月30日(金)25:40〜29:50 関東ローカル
<出演者>
MC:博多華丸・大吉 
進行:林 美沙希アナウンサー
岩本輝雄/浅野智秋/アモーレ橋本/鴛海友輔/アルコ&ピース/パンサー/じゅんいちダビッドソン/アンガールズ/稲村亜美/ニッチロー‘/さかとも/古川未鈴(でんぱ組.inc)/タクヤ(超特急)/ユーキ(超特急)/ユースケ(超特急)/リョウガ(超特急)/天山広吉選手(新日本プロレス)小島聡選手(新日本プロレス) 他(順不同)

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急×スイパラコラボが再び! 期間限定“超特急カフェ”が12月22日よりオープン
超特急、タクヤ&ユーキがテレビ朝日の年越し特番『クイズサバイバー2016』に出演
超特急、2016年春ツアーBD&2017年カレンダー発売決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

松本孝弘(B\'z)、ダニエル・ホーとのコラボアルバムが2月に発売決定
Thu, 22 Dec 2016 16:00:00 +0900
Tak Matsumoto & Daniel Ho (okmusic UP\'s)

B\'z・松本孝弘とダニエル・ホーによるアルバム『Electric Island, Acoustic Sea』が2017年2月8日にリリースとなることが決定した。

【その他の画像】DANIEL HO

松本孝弘はラリー・カールトンとの共作アルバム『TAKE YOUR PICK』が、2011年開催の第53回グラミー賞にて「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」を受賞。ダニエル・ホーはラミー賞に14回ノミネート、6度の受賞を誇るなど、まさにグラミー・ウィナー夢の共演と言えるTak Matsumoto & Daniel Ho。

美しいメロディに松本孝弘が繰り出す唯一無二のエレキギターと、ハワイ出身のダニエル・ホーが奏でる色彩豊かなアコースティック楽器が融合した本作は、日本とハワイ、エレキとアコースティック、プロデューサーとマルチプレイヤーそれぞれの背景にある音楽文化と特性がアメリカ西海岸で出会い完成。

『Electric Island, Acoustic Sea』というタイトルが物語る通り、エレキギターを中心に、琴、三線、太鼓、ウクレレ、イプヘケ、スラックキーギターなどの伝統的な楽器や奏法が取り囲むように融合して生まれたサウンドは、寄せては返す波のように、細部に至るまで常に違う表情を見せるこだわりがありながら、聴き心地はあくまでもピースフルな空間。 アルバムに存在する全ての楽器、音楽に対する真摯で温かい姿勢が1音1音に感じられる、奇跡のコラボレーションをご堪能あれ。

また、2月25日(土)からは、Tak Matsumoto & Daniel Hoによるライブツアーがスタート。こちらもぜひ会場に足を運んでいただきたい。

■アルバム『Electric Island, Acoustic Sea』

2017年2月8日発売
【通常盤 CD】 
BMCS-8010/¥2,800(税込)
【アナログレコード LP2枚組】 
BMJS-8010〜8011/¥4,500(税込)
<収録曲>
01. Soaring on Dreams
02. Fujiyama Highway
03. Magokoro (True Heart)
04. Infinite Escapade
05. Faithfully
06. Sunny Tuesday
07. Wander Blues
08. Adrenaline UP!
09. Omotesando
10. Island of peace
11. Rain
12. Lia

■松本孝弘メッセージ&「Soaring on Dreams」「Faithfully」MV
https://www.youtube.com/watch?v=v_XpkngkJZU

■「Tak Matsumoto & Daniel Ho Live! 2017 -Electric Island, Acoustic Sea-」

2月25日(土) BLUE NOTE TOKYO
2月26日(日) BLUE NOTE TOKYO
2月28日(火) NAGOYA Blue Note
3月01日(水) NAGOYA Blue Note
3月02日(木) NAGOYA Blue Note
3月04日(土) Billboard Live OSAKA
3月05日(日) Billboard Live OSAKA
3月06日(月) Billboard Live OSAKA
3月10日(金) BLUE NOTE TOKYO
3月11日(土) BLUE NOTE TOKYO
3月12日(日) BLUE NOTE TOKYO

【関連リンク】
TAKURO(GLAY)の1stソロアルバム発売記念特番が全国15局で放送決定
TAKURO(GLAY)、ソロアルバムより豪華ゲスト出演の特典映像内容が解禁
TAKURO(GLAY)が“ギタリスト”としての自身を捉えた1stソロ作のアートワークを公開
B\'zの新たなる挑戦!松本・稲葉 各ソロツアー開催決定

【関連アーティスト】
DANIEL HO, 松本孝弘
【ジャンル】
ジャパニーズロック

『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2017』、アーティストに歌ってもらいたい楽曲を募集!
Thu, 22 Dec 2016 15:00:00 +0900
大原櫻子 (okmusic UP\'s)

2017年3月26日(日)に国立代々木競技場第一体育館にて開催される、東京ガールズコレクションプロデュースの都内最大級ガールズミュージックフェス『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2017』。大原櫻子、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、Da-iCE、MY FIRST STORYが出演するのだが、来場者参加型企画として「大原櫻子」「Da-iCE」の2組に『TGM』 のステージで歌ってもらいたい楽曲を募集することが決定した。


【その他の画像】Da-iCE

応募いただいたリクエストの多かったTOP3曲をセットリストに盛り込むという、ファン必見の企画となっており、第1弾として「大原櫻子」のリクエスト企画を12月22日(木)〜1月8日(日)、第2弾の「Da-iCE」は12月26日(月)〜1月13日(金)が募集期間となる。

【応募期間】
■大原櫻子
2016年12月22日(木)〜2017年1月8日(日)
https://s360.jp/form/32042-17/
■Da-ICE
2016年12月26日(月)〜2017年1月13日(金)

■『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2017』

3月26日(日) 国立代々木競技場第一体育館
開場16:00 開演17:00 終演21:00 (予定)
<チケット>
VIP席 先行:9,600円(税込)・一般:9,900円(税込)
指定席 先行:6,600円(税込)・一般:6,900円(税込)
■ホームページ
http://tgc.st/music/(PC・モバイル共通)
FC先着先行の受付は、2016年12月18日(日)10:00より受付開始。
(受付締め切り:12月24日(土)23:59まで)
■CNプレイガイド先行
2016年12月25日(日)10:00より受け付け開始!
(受付締め切り:2017年1月8日(日)23:59まで)
http://cncn.jp/tgmf17cn/

【関連リンク】
宇多田ヒカル、『30代はほどほど。』再配信公開延長決定! 3D VR映像も視聴可能に!
YUKI、羽海野チカが描いた15周年ロゴ公開!
WEBERの冠番組『全力? WEBER LAND』、来年1月にスタート
AK-69、清木場俊介のコンサートにサプライズ登場! 「こんなに同じ匂いのする人だと思ってなかった」

【関連アーティスト】
Da-iCE, 大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, イベント

氷室京介、ファイナルライブ4大ドームツアーの最終公演が映像化
Thu, 22 Dec 2016 14:30:00 +0900
氷室京介 (okmusic UP\'s)

氷室京介のファイナルライブ4大ドームツアー『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』。その東京ドームファイナル公演の映像作品が、2017年3月1日に発売される事が決定した。この映像作品にはファイナル公演で演奏された全35曲、約200分を超えるステージが完全収録されている。

【その他の画像】氷室京介

耳の不調を理由にライブ活動無期限休止を発表していた氷室京介。そのファイナルライブ4大ドームツアー『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』は4月23日の京セラドーム大阪2Daysを皮切りに、ナゴヤドーム、福岡ヤフオクドーム、東京ドーム3Daysの計7公演が行われ、30万人を動員し35年に及ぶライブ活動に1つの幕が降ろされた。

最後のステージとなった5月23日の東京ドーム公演では、ソロ楽曲とBO?WY楽曲を織り交ぜた全35曲に、ステージ裏側の席までびっしりと埋め尽くされた5万5000人の観客から、会場が揺れるほどの歓声が響き、日本のロックシーンを大きく塗り替え、幾多もの伝説を作ってきた氷室京介の最後のステージに多くの涙が溢れていた。

氷室はこのドームツアーを行う時に「7公演全てを通して1つのLAST GIGSなんだ」と語っていた。そこには35年という長い歴史をずっと支えてくれたファンに向けて、最後まで1公演1公演、完璧なステージを届けるという強い思いがあった。そんな氷室の思いと「各公演の映像作品を発売して欲しい」という多くの声に応え、初回BOX限定盤にはファイナル公演以外の全会場から厳選された16曲に加え、各地でのMCも収録されたスペシャル映像が“LE PROLOGUE"と名付けられ付属されている。このスペシャル映像のタイトルの意味が、これはファイナル公演に向けられたのではなく、これからの氷室京介の始まりかと思わせる様な、まさにタイトル通りの強い作品になっている。

ファイナル公演から半年以上が経った今もなお、「俺たちは、氷室京介を卒業できない」という全てのファン待望の『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』。忘れる事の出来ない氷室京介の伝説のステージが映像作品として完全に蘇る!

■Blu-ray&DVD『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS 』

2017年3月1日発売
【初回BOX限定盤 Blu-ray】
WPXL-90145/6/¥12,960(税込)
※Disc1-KYOSUKE HIMURO LAST GIGS
※Disc2- LE PROLOGUE
※豪華BOX仕様 48Pブックレット
【初回BOX限定盤 DVD】
WPBL-90416/8/¥11,880(税込)
※Disc1&2 -KYOSUKE HIMURO LAST GIGS
※Disc3- LE PROLOGUE
※豪華BOX仕様
※48Pブックレット
【通常盤 Blu-ray】
WPXL-90138/¥9,720(税込)
※Disc1-KYOSUKE HIMURO LAST GIGS 
※48Pブックレット
※スリーブケース&デジパック
【通常盤 DVD】
WPBL-90406/7/¥8,640(税込)
※Disc1&2 -KYOSUKE HIMURO LAST GIGS
※48Pブックレット
※スリーブケース&デジパック

<収録曲>
■『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS 2016.5.23 at TOKYO DOME』
1.DREAMIN\'
2.RUNAWAY TRAIN
3.BLUE VACATION
4.TO THE HIGHWAY
5.BABY ACTION
6.ROUGE OF GRAY
7.WELCOME TO THE TWILIGHT
8.MISS MYSTERY LADY
9.“16"
10.IF YOU WANT
11.LOVER\'S DAY
12.CLOUDY HEART
13.LOVE & GAME
14.PARACHUTE
15.BANG THE BEAT
16.WARRIORS
17.NATIVE STRANGER
18.ONLY YOU
19.RENDEZ-VOUS
20.BEAT SWEET
21.PLASTIC BOMB
22.WILD AT NIGHT
23.WILD ROMANCE
24.ANGEL
Encore-1
25.The Sun Also Rises
26.魂を抱いてくれ
27.IN THE NUDE
28.JEALOUSYを眠らせて
29.NO.NEW YORK
Encore-2
30.VIRGIN BEAT
31.KISS ME
32.ROXY
33.SUMMER GAME
Encore-3
34.SEX&CLASH&ROCK\'N\'ROLL
35.B・BLUE
■LE PROLOGUE
1.DREAMIN\'(KYOCERA DOME OSAKA)
2.LOVE & GAME(KYOCERA DOME OSAKA)
3.MARIONETTE(KYOCERA DOME OSAKA)
4.TO THE HIGHWAY(KYOCERA DOME OSAKA)
5.BABY ACTION(FUKUOKA YAHUOKU! DOME)
6.MISS MYSTERY LADY(FUKUOKA YAHUOKU! DOME)
7.PARACHUTE(FUKUOKA YAHUOKU! DOME)
8.PLASTIC BOMB(KYOCERA DOME OSAKA)
9.DIAMOND DUST(KYOCERA DOME OSAKA)
10.IMAGE DOWN(KYOCERA DOME OSAKA)
11.SEX&CLASH&ROCK\'N\'ROLL(NAGOYA DOME)
12.IN THE NUDE (NAGOYA DOME)
13.VIRGIN BEAT (NAGOYA DOME)
14.THE SUN ALSO RISES (TOKYO DOME)
15.SUMMER GAME (TOKYO DOME)
16.REVOLVER(KYOCERA DOME OSAKA)

【関連リンク】
『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』特設サイト
氷室京介、4大ドームツアー「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」全7公演の配信が決定
氷室京介、超満員の東京ドーム公演で35年に及ぶライブ活動に幕
氷室京介の『Flowers for Algernon』にあるのは、他の誰も到達できないヒムロックならではの説得力

【関連アーティスト】
氷室京介
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ネイザン・イースト、新曲3曲の先行配信がスタート&ファン垂涎のメイキング映像公開
Thu, 22 Dec 2016 14:00:00 +0900
ネイザン・イースト (okmusic UP\'s)

ネイザン・イーストがソロ2作目となるアルバム『レヴェランス(Reverence)』より、「Lifecycle」「Feels Like Home」「Serpentine Fire」の3曲をiTunes Store、レコチョク、mora等の各配信サイトにて先行配信をスタートさせた。

【その他の画像】Philip Bailey

「Serpentine Fire」はアース・ウインド&ファイアーの“太陽の戦士”として知られる名曲だが、今回のカヴァーにあたって知られざる秘話があった。今回のレコーディングのベースとなったのは、なんとネイザンと実弟のマルセルが、エリック・クラプトン(G)、フィル・コリンズ(Dr)と1991年にレコーディングを行なったテープ。

ネイザン・イーストのエンジニアを長年務めるムーギーが25年に渡る長い捜索を経て、最終的に歌手パティ・オースティンの地下室でアナログ・テープに残されたトラックを発見。同テープはテープ・ベーキングの過程(古いテープを一度オーブンに入れ、50〜55度の熱処理によって乾燥させプレイバックを可能にする作業)を経てデジタルリマスターされた後、フィリップ・ベイリーがボーカルを、ヴァーディン・ホワイトがもう一人のベース部分、さらにラルフ・ジョンソンがパーカッションをそれぞれ加えるという、普通では考えられないような豪華な追加レコーディングが行なわれた。このアース・ウインド&ファイアーの3名の参加によって、地下室に眠っていたトラックは不死鳥のごとく蘇った。

また今回、テープ・ベーキングが成功したことを関係者と共に大喜びするネイザン・イースト、そして彼が敬愛するフィリップ・ベイリー、ヴァーディン・ホワイト、ラルフ・ジョンソンの3人のスター達が次々とレコーディングのためにスタジオを訪れた際の様子などが収められた貴重なメイキング映像が公開された。洋楽ファン垂涎の映像となっているので、是非こちらもチェックしていただきたい。

なお、その貴重な「Serpentine Fire」のメイキング映像やこれまでに公開された各種プレビュー動画、そして今回新たに公開されたアルバム『レヴェランス(Reverence)』のクロスフェード動画、さらにアルバム購入特典などが掲載されたアルバム特設サイトも同時オープンした。

ネイザンらしいベースの妙技が冴え渡る「Lifecycle」、ヨランダ・アダムスの歌声が沁みる「Feels Like Home」、そしてスターたちの共演が光る「Serpentine Fire」と、話題に事欠かない最新アルバム『レヴェランス(Reverence)』。今から2017年1月11日(水)の発売が待ち遠しい。

■先行配信先URL
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1184183208?app=itunes
・レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1005533028/
・mora
http://mora.jp/package/43000019/YCCW-10295/

■「Serpentine Fire」メイキング映像
https://youtu.be/ygYpYlTt80g

■『レヴェランス(Reverence)』クロスフェード動画
https://youtu.be/r06jd9nJ_-Q

■「Feels Like Home (Feat. Yolanda Adams)」リリックビデオ
https://youtu.be/byaQ7iFNW9w

■「Feels Like Home (Feat. Yolanda Adams)」プレビュー動画
https://youtu.be/3jYO8v4xs0k

■「Lifecycle」プレビュー動画
https://youtu.be/d3E9tThFWE4

■「Lifecycle」ティーザー動画
https://youtu.be/c9wSZ_sodwQ

■アルバム『レヴェランス(Reverence)』

2017年1月11日(水)発売
YCCW-10295/¥2,500+税
<収録曲>
01. ラヴズ・ホリデイ(フィーチャリング・フィリップ・ベイリー)
Love’s Holiday (Feat. Philip Bailey)
02. ライフサイクル
Lifecycle
03. イレヴンエイト
Elevenate
04. サーペンティン・ファイアー(フィーチャリング・フィリップ・ベイリー, ヴァーディン・ホワイト・アンド・ラルフ・ジョンソン・オブ・アース・ウィンド&ファイアー)
Serpentine Fire (Feat. Philip Bailey, Verdine White and Ralph Johnson of Earth, Wind & Fire)
05. フィールズ・ライク・ホーム(フィーチャリング・ヨランダ・アダムス)
Feels Like Home (Feat. Yolanda Adams)
06. ハイアー・グラウンド(フィーチャリング・カーク・ウェイラム)
Higher Ground (Feat. Kirk Whalum)
07. ザ・ムード・アイム・イン(フィーチャリング・ニッキ・ヤノフスキー)
The Mood I’m In (Feat. Nikki Yanofsky)
08. オーヴァー・ザ・レインボウ(フィーチャリング・ノア・イースト)
Over The Rainbow (Feat. Noah East)
09. シャドウ
Shadow
10. パサン
Pasan
11. ホワイ・ノット・ディス・サンデイ(フィーチャリング・ルーベン・スタッダード)
Why Not This Sunday (Feat. Ruben Studdard)
12. アンティル・ウィ・ミート・アゲイン
Until We Meet Again
13. エイプリル *日本盤 ボーナス・トラック
April
14. カンタロープ・アイランド *日本盤 ボーナス・トラック
Cantaloupe Island

【関連リンク】
NATHAN EAST オフィシャルFacebookページ
アルバム『レヴェランス(Reverence)』特設サイト
ネイザン・イースト、アルバム『Reverence』日本国内盤の世界先行発売が決定!
ボブ・ジェームス×ネイザン・イースト、初デュエットアルバムの日本盤が世界先行発売決定

【関連アーティスト】
Philip Bailey, Ralph Johnson, NATHAN EAST, Verdine White
【ジャンル】
ジャズ/フュージョン

coba、デビュー25周年記念アルバムのダイジェストMV公開
Thu, 22 Dec 2016 13:00:00 +0900
coba (okmusic UP\'s)

11月にデビュー25周年を迎えたアコーディオニスト、cobaのアニバーサリーアルバム『coba?』が12月21日にリリース。そのダイジェストMVが公開された。

【その他の画像】coba

『coba?』には、初心に帰って原点を見つめ直したオリジナル新曲を12曲収録。ブラスが咆哮する「Great Britain」、最新EDM炸裂の「She loves you」、ラテングルーブ吹き荒れるスマッシュナンバー「Back to the Birth」などなど、どれも超個性的な曲ばかり。弦、金管、木管、打楽器がcobaのスーパーアレンジで叫びを上げれば、ロック、ポップ、クラシックが溶けて交ざり“cobaという新たなジャンル”になるのだ。

メロディーメーカーcoba渾身の12曲は、全曲リードトラックに位置づけられる、エポックメイキングなアルバムに仕上がっている。

最新アルバムを引っさげて来年1月より開催される全国ツアーは、全22公演に及ぶ。世界で活躍するcobaの最新のパフォーマンスを、アルバムと共にぜひチェックしてみてほしい。

■『coba?』ダイジェストMV
https://www.youtube.com/watch?v=vC0jS1TO1zI

■アルバム『coba?』

発売中
COCB-54196/¥3,000+税
<収録曲>
01.Great Britain
02.Purpose ballad
03.She loves you
04.スウェーデンの森
05.華麗なるお伽噺 〜花市場へのオマージュ〜
06.Your eyes 〜君のまなざし〜
07.昭和キネマラヴ
08.Moon Gigue
09.Wicked Apple
10.Portafoglio
11.再会
12.Back to the Birth

■「coba tour 2017 25周年記念」

1月12日(木) 愛知 ウインクあいち
1月15日(日) 新潟 新潟市音楽文化会館
1月21日(土) 東京 日本橋三井ホール
2月08日(水) 大阪 BIG CAT
2月10日(金) 広島 広島クラブクアトロ
2月11日(土) 山口 Jazz Club BILLIE
2月17日(金) 高知 高知市文化プラザかるぽーと 小ホール
2月18日(土) 香川 高松オリーブホール
2月19日(日) 愛媛 松山WstudioRED
3月18日(土) 宮崎 宮崎WEATHER KING
3月19日(日) 鹿児島 鹿児島CAPARVO Hall
3月20日(月) 熊本 熊本B.9
3月24日(金) 大分 大分DRUM Be-0
3月25日(土) 福岡 電気ビルみらいホール
6月23日(金) 北海道 札幌cube garden
6月24日(土) 北海道 小樽GOLD STONE
7月01日(土) 長野 まつもと市民芸術館 小ホール
8月22日(火) 秋田 秋田県児童会館
8月23日(水) 岩手 北上さくらホール 中ホール
8月25日(金) 宮城 七ヶ浜国際村
8月26日(土) 山形 シベールアリーナ
8月27日(日) 福島 とうほう・みんなの文化ホール(福島県文化センター) 小ホール

【関連リンク】
coba オフィシャルHP
coba、初のアコーディオン独奏アルバム発売&全国ツアー決定
アコーディオニスト・coba、20周年記念ツアーファイナルを東京で開催
世界的アコーディオニストのcobaがイタリア大使館で新曲を披露

【関連アーティスト】
coba
【ジャンル】
J-POP, ワールドミュージック, ヒーリング/ニューエイジ

宇多田ヒカル、『30代はほどほど。』再配信公開延長決定! 3D VR映像も視聴可能に!
Thu, 22 Dec 2016 11:00:00 +0900
『30代はほどほど。』ロゴ (okmusic UP\'s)

宇多田ヒカルが12月9日のデビュー記念日に生放送し、12月16日からは再配信されているネットイベント『30代はほどほど。』。再配信公開後、終了を惜しむ声も多く、ファンからのリクエストにお応えする形で公開の延長が決定した。しかも、事前登録し、当選した方しか閲覧することができなかった3D VR版が、誰でも見れるようになった。

【その他の画像】宇多田ヒカル

また、2D通常版はPUNPEEによるDJからスタート! 宇多田ヒカルによるトークはもちろん、KOHHとのパフォーマンスまでイベントを全網羅する。

3D VR版ではトークパートとパフォーマンスパートを公開中! VR用のゴーグルをお持ちの方は是非この機会に3D VRで体感してほしい。公開は2017年1月10日まで延長予定とのことだ。

番組中に本人も着用していた『30代はほどほど。』スウェット(完全受注限定生産)の予約受付は12月22日までなので、お買い逃しのないように!

■『30代はほどほど。』スウェット 予約受付
http://store.shopping.yahoo.co.jp/vrshopvoor/voor-std-v30-03.html
■宇多田ヒカル オフィシャルHP
http://www.utadahikaru.jp/
■KOHH オフィシャルHP
http://kohh.tokyo/
■PUNPEE オフィシャルHP
http://www.summit2011.net/punpee/

photo by 岸田哲平

■【『サントリー天然水 PRESENTS 「30代はほどほど。」』再配信延長概要】

宇多田ヒカルとファンがインタラクティヴにコミュニケーションするバーチャルリアリティー番組をデビュー記念日の12月9日に放送。「忘却 featuring KOHH」「人魚」をスタジオ生パフォーマンスした。

http://www.utadahikaru.jp/hodohodo/
12月16日(金)11:00AM 〜 2017年1月10日(火)まで(※延長)

【3DVRチャンネル】
SmartPhone(iOS/android)
※国内のみ、「GYAO!」アプリにて
【2Dマルチアングルチャンネル】
SmartPhone(iOS/android)
※国内のみ、「GYAO!」アプリにて
【2D通常版】
PC/ SmartPhone(iOS/android)
※国内外対応

■海外向け 特設ページ
http://www.utadahikaru.jp/hodohodo/?lang=en
※2D通常版の映像のみ配信

■『サントリー天然水 PRESENTS 「30代はほどほど。」』ダイジェスト映像
https://www.youtube.com/watch?v=_44kEUkJ5u8&feature=youtu.be

【関連リンク】
KOHH、無料リリースの新作音源にてボーカロイド・IAと共演!
宇多田ヒカル、ネットイベント「30代はほどほど。」再配信&スウェットの完全受注限定販売が決定
宇多田ヒカル、ネットイベント「30代はほどほど。」アクセス殺到を受け再配信が決定!

【関連アーティスト】
宇多田ヒカル, KOHH, PUNPEE
【ジャンル】
J-POP, イベント

音楽デバイスメーカー「ROLI」から初心者でも楽しめる「ROLI Blocks」が発売! 全国のアップルストアで購入が可能
Thu, 22 Dec 2016 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月14日に全国のアップルストアで販売がスタートした「ROLI Blocks」は、“すべての人をミュージシャンに変える”というコンセプトのもと開発された、新たな音楽制作システム。

タッチセンサー式シリコンサーフェスで、本製品をタップ/スライド/プレス/リフトするなどの直感的なジェスチャーによってサウンドを自在に操ることができる。


既に3タイプの商品展開をしており、リズムやメロディ、コードなども制作できるメインの「ROLI Lightpad Block」と、リアルタイムでの音楽パフォーマンスを容易にするコントローラー「ROLI Loop Block」「ROLI Live Block」が発売されている。

これらはiPhone/iPad向けの無料専用アプリ「NOISE」に対応しており、Bluetoothで接続が可能。アプリに繋ぐことで幅広いサウンドエフェクトが加わり、さらに音楽制作を楽しむことができる。

専用アプリはApp Storeから入手が可能。充電式の商品なので、ワイヤレスで利用ができる。サイズはポケットに収まるサイズなので、持ち運びにも便利だ。

グライムス、スティーブ・アオキ、RIZAなどの著名なアーティスト達も本製品で音楽を制作しており、「ROLI Blocks」ユーザーのためのサウンドパックをデザインしている。

制作した楽曲はコミュニティサイト「NOISE.FM」でシェアができ、ユーザーの楽曲をダウンロードし、サウンドを加え気軽にコラボレーションすることもできる。

気になる使用感だが、今月16日に東京・新宿のミュージック・バー「Spincoaster」にて開催された本製品のローチンイベントで編集部スタッフが実際に使用してみたところ、ワンタッチでサウンドの変更やエフェクトの切り換えもでき、シンプルな操作で楽器のようなサウンドを表現することができた。

音階なども光で示してくれるので、音楽スキルがなくてもブロックを叩くだけ。感覚的に操作できるので、演奏もしやすい。アルペジオなどのエフェクトも何パターンか用意されており、アプリで録音・再生、音を重ねていくこともできるので、素人でも音楽制作をはじめることができそうだ。

従来の音楽制作は専門的なソフトウェアや楽器の演奏ができないと難しいイメージもあったが、本製品はこれ1台で手軽に音楽制作をスタートできるので、音楽制作をしたことがないという方も、ぜひトライしてみてはいかがだろうか。

また同イベントで“音楽家としてより豊かな表現を突き詰めると生の楽器にたどりつくが、ROLI社の製品に出会ったことで豊かな表現ができるデジタルなものに出会えた”と語っていたのは、この日、デモンストレーターを努めたミュージシャンのジャック・パリージ。

デスクのPCに向かって音楽を作る従来の音楽制作を、よりアコースティックな表現ができる楽器のような音楽デバイスに近づけた本製品は、プロのミュージシャンでも充分に満足できる内容となっている。

ROLI社はイギリスのベンチャー企業。2009年にローランド・ラムによって設立された。この他にも先進性と社会性を兼ね備えた現在における、極めて優れたデザインと認められるものに授与されるグッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)を受賞した「Seaboard RISE」などの音楽デバイスを販売している。

 
ROLI社<日本語ポータルサイト>

■製品情報

「 ROLI Lightpad Block」¥21,800 (税別)
「ROLI Live Block」¥9,800(税別)
「ROLI Loop Block」¥9,800(税別)
Apple Store
https://www.youtube.com/watch?v=Cw7WxMkdF8Q

【関連アーティスト】

【ジャンル】
その他













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1