歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年12月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
BLIND HEADZ、さらなる高みへの到達を示した主催イベント
Sun, 18 Dec 2016 17:00:00 +0900
12月2日@下北沢GARDEN (okmusic UP\'s)

BLIND HEADZによる主催イベント『ノロシヲアゲロ Vol.2』が12月2日、下北沢GARDENにて開催された。

【その他の画像】BLIND HEADZ

7月に14年ぶりとなるアルバム『LOVE YOURSELF』をリリースし、“今年いっぱいは全てレコ発ライブ”と銘打って、7月・9月に引き続き2016年の締めくくりとなったリリースライブ。オリエンタルムード漂うインタールード「Lakshmi」をSEに、KANAME(B)、横内“TAKE”健亨(G)、富岡“GRICO”義広(Dr)が登場し、ライブの序章を告げるセッションがスタートした。ウォームアップさながらのラフな雰囲気を醸し出しながらも、これから始まる怒涛の展開への片鱗を覗かせる。そして、「FREE」のイントロに乗って国岡真由美(Vo)が登場し、クールな佇まいがドライブ感に満ちたラウドなサウンドの中に瞬時に溶け込み、疾走するビートと共に空間は一気にBLIND HEADZの世界へと化していく。

続いて「回天」、「ブラック・コルベット」と立て続けにブルージーかつタイト、タメの効いたリズムでハードボイルドに攻めた後、国岡の挨拶をはさんで、「DRAGON YEARS」と「Grab the Earth」のミディアムナンバーでBLIND HEADZ流のポップネスを展開。普遍性を持つ爽快なメロディと広がりのあるサウンドがひときわ光彩を放っていった。

ここでGRICOがMCをはさみ、第一期BLIND HEADZのオリジナル・メンバーである故・宮内和之(G/from ICE)とのエピソードを披露し、ニューアルバム制作に至った秘話が明かされる。そして第一期メンバーで作った曲に、GRICOが今作のために詞を書き下ろし、ボーカルも務めるメッセージソング「地球にカンパイ」では、まもなく夭逝から10年を迎える宮内もこの音の中にいるような感覚を覚えた。

ライブは中盤へ突入し、アルバムのタイトルチューン「LOVE YOURSELF」の鮮烈なギターリフが放たれ、加速度的に熱量を上げながら流麗なるロックチューン「SLIDER」へとなだれ込み、オーディエンスに陶酔と高揚感をもたらしていく。合間でTAKEの和やかなMCをはさみつつ、「EAR」ではタイトかつヘヴィーなグルーヴが炸裂し、続くライブアンセム「FICTION⇔INFECTION」では決めのフレーズで場内の一体感がピークに達した。

いよいよラストの曲を迎え、KANAMEがかつて属していたCOSA NOSTRAの楽曲で、国岡×KANAMEによるアコースティックユニットでもレパートリーとなっている「Orange Sunshine」が披露された。ラストナンバーにふさわしい壮大なロックバラードが、神々しさすら感じさせる音像で空間を優しく力強く包み込み、本編の幕を閉じた。アンコールでは、ゲストバンドVooDoo Hawaiiansとのツインドラムバトルや、「For You Blue」「タイムマシーンにおねがい」といった洋邦カバー曲のセッションが繰り広げられ、3度目となるリリースライブは大団円を迎えた。巧みなバンド・アンサンブルはより研ぎ澄まされ強靭なグルーヴを生み出し、国岡のスタイリッシュなボーカルはこのラウドなバンドの中でいっそうパワーが増してしなやかな進化を感じさせるなど、BLIND HEADZの果てないポテンシャルを感じさせるパフォーマンスを目の当たりにした。確固たるバンド感を携え、さらなる高みへの到達を示したBLIND HEADZ、追ってアナウンスされる2017年の動向に注目だ。

【セットリスト】
01.FREE
02.回天
03.ブラック・コルベット
04.DRAGON YEARS
05.Grab the Earth
06.地球にカンパイ
07.LOVE YOURSELF
08.SLIDER
09.EAR
10.FICTION⇔INFECTION
11.Orange Sunshine
〜Encore〜
12.Drum Solo (Grico×小関純匡 from VooDoo Hawaiians)
13.For You Blue (w/VooDoo Hawaiians)
14.タイムマシンにおねがい(w/VooDoo Hawaiians)

【関連リンク】
BLIND HEADZが自身初の主催イベントにて、圧巻のバンドアンサンブルで観客を魅了
ガガガSP、6年ぶり主催フェス&20周年突入記念ツアー開催決定
ハナレグミ&レキシ、東阪福ツアーファイナルの福岡公演閉幕
ギターウルフがライブ活動休止を発表

【関連アーティスト】
BLIND HEADZ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

Salley、ソールドアウトのクリスマスワンマンライブが大盛況
Sun, 18 Dec 2016 16:00:00 +0900
12月17日@渋谷7th Floor (okmusic UP\'s)

Salleyのアコースティックワンマンライブ『Salley Live 2016 WINTER「Happy Salley Christmas」』が大盛況の中、終演した。

【その他の画像】Salley

12月17日、東京の渋谷7th Floorで行われた今回のワンマンライブは、約2か月前にチケットがソールドアウトするという、プレミアムライブとなっていた。当日は開場前からライブを楽しみに来た人々で会場が埋め尽くされていた。7月に行われたワンマンライブとは一味違う今回のアコースティックワンマンライブ。Salleyの2人に加えチェロ、キーボードのメンバーが加わった4人編成でのライブとなった。

1曲目は「fuchsia」。クリスマスライブに相応しいしっとりとした雰囲気の中ライブがスタート。「kodama」「カムパネルラ」では会場を見渡しながら、観客に語りかけるように歌ううららが印象的だ。「みなさん、こんばんは。Salleyです!そして、少し早いですけど、Salley Christmas!恥ずかしがらずに、これからMerry ChristmasはSalley Christmasと言ってね!(笑)」とうららがMCをすると、会場からは笑い声が。「今日はあったかい雰囲気の中で、ちょっと大人な空間をお届けしたいと思います。」とギターの上口が話して始まったのはカバー曲「My God」。映画『天使にラブ・ソングを』に登場するこの楽曲に続き、「It\'s Only A Paper Moon」、そしてSalleyの楽曲「Life」「#581」を披露。大人な空間に相応しいセレクトのカバー曲に会場からは拍手が起こった。

「こういった、いつもと違う編成のライブもいいなぁと思っております。チェロと一緒ライブをするのは初めてなんですが、ものすごく刺激を受けてます。ここからは、あと少しでクリスマスということで、クリスマスらしい曲をお届けしたいと思います!」と上口が話し始まったのはクリスマスにちなんだ楽曲のカバーメドレーと、「LASTCHRISTMAS」そして「冬が咲く」。途中うららがタンバリンを叩き、その鈴の音に引きこまれるように会場は一気にクリスマスムードに!

ライブ後半戦では、毎回ライブで盛り上がる「冬が来る」「赤い靴」を演奏し会場をさらに盛り上げる。「プレゼント」のサビではメンバーと観客が手を挙げて合唱し、会場が一体となった。「ありがとうございます!そして、次の曲が最後です。今日はライブが始まるまで本当にすごい緊張してて!夏のワンマンはメンバーも多いし、時間をかけて作り上げたライブなのでそれはそれですごく緊張したんですが、今日はみんなのフィーリングを一番にしたライブなんじゃないかと思っています。寒い中、たくさんの方にご来場いただきまして本当にありがとうございます。そして来年にはアルバムリリースをするので、どうぞお楽しみに!最後にみなさんの心に暖かく届けば良いなというバラードがあります。聞いてください。」といううららのMCで始まったのは「Home」。故郷や大事な人を想う楽曲を伸びやかに演奏し、ライブ本編は終演した。

鳴り止まないアンコールの中、ステージ再度登場したメンバー。「毎回言うんですけど、本当にライブは楽しい。終わりたくないんですけど、初のワンマンライブソールドドアウト、本当に幸せだと思っています。ありがとうございます。本日は寒い中、そして年末の忙しい中、ご来場本当に本当にありがとうございました。これらもメンバー、スタッフ、そしてみなさまと一緒に互いに優しさを持ちながら歩いていきたい、そんな気持ちで最後にこの曲を歌います。」とうららが話すと上口もそれに頷き、本公演最後の曲「Winding Road」を演奏し、アコースティックワンマンライブを締めくくった。

今後のライブは12月24日のイオンモール富士宮のイベントの他、2017年1月27日には『Nikiie×Salley』も鎌倉LOOPで開催される。気になった方はぜひライブに足を運んでほしい。2月8日には3rdフルアルバム『Clear』の発売も決定しているSalley。今後の情報にもぜひご注目を!

Photo by Shinichi Kawashima,、Yusuke Takamura

【セットリスト】
01.fuchsia
02.kodama
03.カムパネルラ
04.My God(cover)
05.It\'s Only A Paper Moon (cover)
06.Life
07.#581
08.Christmas Songメドレー
09.LASTCHRISTMAS
10.冬が咲く
11.冬が来る
12.赤い靴
13.プレゼント
14.Home
EN.Winding Road

■アルバム『Clear』

2017年2月8日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1089/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
VICL-64692/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.kodama
02.Wonderland
03.Winding Road
04.小さな嘘
05.真昼の月
06.SPECTRUM
07.カノジョとカレシ
08.言い訳ガール
09.スカイライン
10.Home
11.Clear
■DVD ※初回限定盤のみ
01.kodama(Music Video)
02.流星ラヴァー(Music Video)
03.キスしてbaby(Music Video)
04.冬が来る(Music Video)
05.キスしてbaby(Live at www on July 10, 2016)
06.きみのヒーロー(Live at www on July 10, 2016)
07.レコーディングメイキング(予定)

■【ライブ情報】

『K-mix WONDER \'69 in イオンモール富士宮』
12月24日(土) イオンモール富士宮 1階 さくらコート
11:00〜12:55
出演:久保ひとみ、ユーコ・タケダ
ゲスト:Salley
※イオンモール富士宮からの公開生放送
※観覧無料
※14:00、16:00〜 X\'masスペシャルライブ(出演:Salley)を開催します。

『Nikiie×Salley』
1月28日(土) 鎌倉LOOP
【1st】OPEN:12:30/START:13:00
【2nd】OPEN:17:30/START:18:00

【関連リンク】
Salley オフィシャルHP
Salley、ツイキャスで3rdフルアルバム『Clear』のリリースを発表!
Salley、大切な人と歩む道を描いた“愛歌”「Winding Road」を11月30日に配信リリース
Salley、虹色のホログラムで魅せる新曲 「kodama」MVを一部解禁

【関連アーティスト】
Salley
【ジャンル】
J-POP, ライブ

倉木麻衣、360°VRを再現した円形ステージでクリスマスライブイベントを開催
Sun, 18 Dec 2016 15:00:00 +0900
12月17日(土)@たまプラーザテラス (okmusic UP\'s)

倉木麻衣が12月17日(土)、クリスマスに彩られたたまプラーザテラスにて『InterFM897公開収録&倉木麻衣X\'mas Special Live』を開催した。新曲披露のLIVEイベントの出演は約2年半振りとなったこの日、会場には全国からファンが殺到し、のべ6,500人を集客し過去最高の盛り上がりを見せた。

【その他の画像】倉木麻衣

倉木といえば新曲「YESTERDAY LOVE」が360°VRで撮影された特別なMV展開で話題になっているが、この日はその再現ともいうべく特別な円形ステージが使われ、さらにはMV同様6名のダンサーを従えての初披露となった。倉木の360°生LIVEはどこを見ても楽しめる構成になっているが、この日の会場も全方位、かつてない盛り上がりを見せていた。また、「名探偵コナン」エンディングテーマとしてオンエアされ話題を呼んだ「SAWAGE☆LIFE」もこの日初披露。タイトルにふさわしいハジけたダンスが子供連れのお客さんからの大歓声を浴びた。

そして、この日は親子連れにサンタ帽を配布したり赤、緑、白のサイリウムが会場を埋め尽くしたり、特別感溢れるサプライズ演出が一層ステージに華を添えた。特に「always」では子供たちをステージに呼び込み共演、倉木らしいあたたかな演出が会場を沸かせた。他、倉木の代表曲「Love, Day After Tomorrow」や「Secret of my heart」、「chance for you」も披露され、全6曲披露の大充実LIVEイベントとなった。

またトークセクションでは、倉木から「学生の頃はクリスマスを唐揚げでお祝いしたり、家族と手羽で乾杯していました」という驚きの発言も飛び出し、会場を沸かせた。さらには新曲「YESTERDAY LOVE」の360°VR MVを見た時の感想を聞かれ、「まるで妹をみているようだった」と答える姿もいかにも倉木らしく、ほほえましいトークとなった。イルミネーション輝く特別な空間でのスペシャルライブとあたたかなトーク。クリスマス前のたまプラーザテラスは倉木麻衣一色の一夜となった。

2017年は年明け早々から日本初となるVRシングル「YESTERDAY LOVE」をリリースすることが決定している倉木。20周年に沸く「名探偵コナン」との20曲目のコラボレーション楽曲としても早くも話題を呼んでおり、TVアニメエンディングとして12月17日(土)からのオンエアスタートした。

3月から始まる約2年半振りの全国LIVE「Mai Kuraki Live Project 2017 “SAWAGE☆LIVE”」も早くも発表され、ファンの期待は高まるばかりだ。2017年、怒涛の倉木YEARがついに始まりそうだ。

【セットリスト】
1.Love, Day After Tomorrow
2.Secret of my heart
3.SAWAGE ☆ LIFE (初披露)
4.YESTERDAY LOVE (初披露)
5.always
6.chance for you

■VRシングル「YESTERDAY LOVE」

2017年1月11日発売
【初回限定盤】
VNXM-3009/¥3,000(tax out)
・Blu-ray(通常MV収録)
・DVD(通常MV収録)
・360°MV視聴用URL・QRコード
・360°MV視聴用オリジナルメガネ付き
【通常盤】(Blu-ray)
VNXM-3010/¥1,100(tax out)
【通常盤】(DVD)
VNBM-3010/¥1,000(tax out)

※360°MV視聴用QRコード(こちらを使用してスマートフォンで360°VR MVをお楽しみいただけます)
※360°MV視聴用オリジナルメガネ付き(スマートフォンに装着してご使用いただきます)
※Blu-ray(通常のMVをお楽しみいただけます。内容はBlu-ray、DVD同一です)
※DVD(通常のMVをお楽しみいただけます。内容はBlu-ray、DVD同一です)

■『Mai Kuraki Live Project 2017 “SAWAGE☆LIVE”』

3月18日(土) 成田国際文化会館 大ホール
3月20日(月・祝) 福岡国際会議場 メインホール
3月25日(土) 愛知県芸術劇場 大ホール
3月26日(日) 大阪国際会議場(グランキューブ大阪) メインホール
4月02日(日) 東京国際フォーラム ホールA 

【関連リンク】
倉木麻衣 オフィシャルHP
倉木麻衣、日本初のVRシングルで東市篤憲監督とコラボ! 最先端の映像作品を体験せよ
倉木麻衣が“アジアで最も影響力のある日本人歌手”として認定
倉木麻衣、『名探偵コナン』20周年記念コンサートにスペシャルゲストとして出演

【関連アーティスト】
倉木麻衣
【ジャンル】
J-POP, イベント

傳田真央、クリスマスライブで4年ぶりのアルバムリリースを発表
Sun, 18 Dec 2016 14:00:00 +0900
12月16日(金)@モーション・ブルー・ヨコハマ (okmusic UP\'s)

傳田真央が12月16日(金)、横浜の赤レンガ倉庫にあるライブ会場、モーション・ブルー・ヨコハマにてクリスマスワンマンライブを開催! そのMC中に4年ぶりとなるアルバムリリースを発表した。

【その他の画像】傳田真央

会場は満員の傳田ファンで溢れかえり、12月の寒空の中、熱気に溢れたライブとなった。ピアノ、キーボード、ギター、ベース、ドラムの編成で、大人な雰囲気の生演奏をバックに、クリスマスを意識したシックかつゴージャスな衣装で登場した彼女は、クリスマスソングや2009年に配信ヒットとなった代表曲「Bitter Sweet」のSwing Version等、全15曲をアンプラグドバージョンで歌唱。伸びやかで艶のあるオンリーワンな傳田真央の圧倒的なボーカルが満員の観客を魅了した。昨年からアンプラグドスタイルでのライブを積極的に行っており、今回はその集大成とも言える充実した内容のライブとなった。

本編最終曲前のMCで、2013年に発売した前作アルバム『セミダブル』以来、4年ぶりのニューアルバム『Love for Sale』が発売されることを発表すると、会場からは大きな拍手が巻き起こり興奮の中ライブは終了した。2000年にR&Bムーブメントの最中20歳でデビューし、2017年で17年目を迎える彼女。ファン待望、6枚目の新作アルバムは3月8日に発売。詳細は後日発表されるとのことなので、ぜひ楽しみにしてほしい。

photo by Takako Shioya

■アルバム『Love for Sale』

2017年3月8日発売
CRCP-40499/¥2,593+税
<収録曲>
「Love for Sale」
「大人の階段」
「愛逢い傘」
「Bitter Sweet(‘17 Piano session ver. )」
「耳もとにいるよ〜Ring the bells〜(‘17 Unplugged live ver.)」を含む全10曲収録予定

【関連リンク】
傳田真央 オフィシャルHP
ET-KING、平井大、米倉利紀らが出演する『YOKOHAMA LIVE JACK』のタイムテーブル発表!
ORANGE RANGEのNAOTOとHIROKIによるユニット・プロジェクトがMV公開&先行試聴開始
ダメ恋歌姫、傳田真央がアルバム発売ワンマンで21曲熱唱!

【関連アーティスト】
傳田真央
【ジャンル】
J-POP, ライブ

mora主催ライブイベントにanderlust、Leola、瀧川ありさが登場
Sun, 18 Dec 2016 13:00:00 +0900
12月16日(金)@『Hi-Res Fresh Live“Juicy”Vol.3  supported by WALKMAN(R)』 (okmusic UP\'s)

2016年12月16日(金)、音楽ダウンロードサービス「mora 〜WALKMAN(R)公式ミュージックストア〜」主催のライブイベント『Hi-Res Fresh Live“Juicy”Vol.3  supported by WALKMAN(R)』が行なわれた。

【その他の画像】瀧川ありさ

このイベントはmoraでハイレゾ音源を配信している旬なアーティストが出演するライブイベントの第3弾。今回の出演者は、今秋展開中のSONYハイレゾプロモーションキャラクターのanderlust、瀧川ありさ、Leolaの3組。合計100組200名の完全招待制だったが、抽選に外れて当日会場に入れないファンの声を受け、LINE LIVEでも生配信を実施。視聴者数は約15,000人、ハート数約70万と、会場内外で盛り上がったイベントとなった。イベントの司会は、自称ハイレゾプロモーション“未公認”キャラクター『ハイレゾマン』が務め、陽気な前説とLIVEタイトル「ジューシー」のコール&レスポンスで会場を温めた。

イベントジングルとともに登場したトップバッターは、 2016年3月にメジャーデビューした注目ユニットanderlustが小林武史とともに制作した楽曲「帰り道」を披露。 曲間のMCでは「みんな、ゾクゾクしてますか!?」とハイレゾ音源のキーワードでもある“ゾクゾク”を客席に問いかけて会場を温めた後、SONYハイレゾ級ワイヤレスタイアップ曲「ヒカリ」、2ndシングル「いつかの自分」を立て続けに演奏。最後に今までと違うロックな曲調の新曲「Scrap&Build」をボーカル越野アンナがパワフルに歌い上げ、会場を魅了した。

続いて、2016年4月から始まった月9ドラマ「ラブソング」にわずかデビュー1ヶ月で出演したLeolaが「Summer time」を披露。続いてデビュー曲「Rainbow」、 2ndシングル「Let it fly」をアコースティックで披露。 MCで「あったかく包み混むように、寒い冬も心が温まるよう作詞しました。」と話した、SONYハイレゾ級ワイヤレスタイアップ曲「I&I」をしっとり優しく透き通った歌声で披露し、生中継していたLINE LIVEでは、「I&Iきたー!!!」など多くのコメントが溢れた。

イベントのトリを飾ったのは、シンガーソングライターの瀧川ありさ。2016年11月に発売した1stアルバム『at film.』から「プラネタリウム」を披露し、続いてTVアニメ『終物語』エンディング・テーマ曲の「さよならのゆくえ」をアコースティックアレンジで歌い上げた。曲間のMCでは「今日会場に来ているみなさんは、普段からハイレゾ音源を聴いてる効果なのか、手拍子も裏拍を取ったりできて音楽の素養が高いです!」と話した。最後にSONYハイレゾ級ワイヤレスタイアップ曲「The Seven Deadly Sins Medley」を優しくも力強い歌声で披露し、イベントを締めくくった。

会場からはアンコールが発生し、anderlust、瀧川ありさ、Leolaの3組が赤いサンタ帽という可愛らしい姿で登場。瀧川ありさは「はじめてサンタ帽かぶりました。普段こういうことしないので、皆さんびっくりしている方も多いかもしれません。」と照れながら話し、クリスマスソングの定番曲でもある松任谷由実「恋人はサンタクロース」をセッション。当日はじめて合わせたにもかかわらず美しいハーモニーを披露し会場はこの日一番の盛り上がりを見せ、3アーティストからファンへの少し早いクリスマスプレゼントとなった。

【セットリスト】
■anderlust
M-1.帰り道
M-2.ヒカリ
M-3.いつかの自分
M-4.Scrap&Build
■Leola
M-5.Summer time
M-6.Rainbow
M-7.Let it fly
M-8.I&I
■瀧川ありさ
M-9.プラネタリウム
M-10.さよならのゆくえ
M-11.Summer of Love
M-12.赤いスニーカー
M-13.The Seven Deadly Sins Medley
■セッション(anderlust、瀧川ありさ、Leola)
M-14.恋人はサンタクロース

【関連リンク】
anderlust、カリスマショップ店員“ぺえ”と女心満載の新曲MV制作
「LDH SHOWCASE LIVE MUSIC BOX vol.1」で宮田悟志、塩ノ谷早耶香、Leolaが豪華コラボを連発!
「a-nation island 2016 powered by dTV」開幕!HONEST BOYZ(R)初披露など豪華コラボの連発!
anderlust(アンダーラスト)、フジテレビ"ノイタミナ"新アニメ『バッテリー』のOP&EDを担当

【関連アーティスト】
瀧川ありさ, Leola, anderlust
【ジャンル】
J-POP, イベント

ガガガSP、6年ぶり主催フェス&20周年突入記念ツアー開催決定
Sun, 18 Dec 2016 12:00:00 +0900
ガガガSP (okmusic UP\'s)

ガガガSPがバンド結成20周年を迎える2017年、伝説の野外フェス『長田大行進曲』を約6年ぶりに開催することを12月17日に行われたワンマンライブ中に発表した。また、20周年記念ツアー『二十歳になったのさ!どーって事ねえな!』の開催を決定した。

【その他の画像】ガガガSP

震災復興を掲げた1万人のフリーライブ開催や日本最大級の音楽チャリティーフェス「COMIN\'KOBE」にて12年連続でイベントの大トリを務めるなど、地元神戸から全国に向けて数々の伝説を作ってきた日本最古の青春パンクバンド「ガガガSP」。「長田大行進曲」は彼らが愛する「地元・神戸」から、日本のバンドシーンを共に牽引する盟友たちとともに、「音楽の力強さ」、圧倒的な熱量を誇る「ライブの魅力」を発信いくために始動した野外フェス。

それに先駆け20周年をバンドの「成人式」として、『二十歳になったのさ!どーって事ねえな!』を敢行し全国11都市を回ることも同時に発表された。対バンは、かりゆし58、STANCE PUNKS、KNOCK OUT MONKEYなどともにバンドシーンを賑わせてきたメンツが揃う。その他のバンドも続々発表する予定。

更には年末関西ロックシーンの風物詩ともなっている『FM802 RADIO CRAZY』内にて、2日間限定で「長田大食堂」を限定オープンする。ガガガSPドラム“田嶋 悟士”は調理師免許をもち、自らが居酒屋「鬼味噌田嶋屋」をプロデュースするなど異色の経歴を活かし、彼らの地元・長田名物のB級グルメ「ぼっかけ!!!」シリーズを考案し、ご提供するという。出店中は、ガガガSPメンバーもゲリラで店頭に立つ予定だ。ガガガSPが歩み出す痛快すぎる結成20周年イヤーの幕開けにぜひご注目を。

【ガガガSP 唄い手 コザック前田コメント】
「市井(ちまた)の37歳が自分の人生を振り返ってみても、ろくな事は無いだろう。この数年なんとかメンバー、周りのバンドマン、スタッフ、所属事務所に助けられてやってこれた。“パンクバンドなんて5年位で辞めるのが妥当。後は虚しいもんやで。”と、何人の人にこれまで言われてきたかわからないが、結局のところ20年やってしまった。18歳からこのバンドを始めたので、人生の半分以上をガガガSPに費やして来た。答えなんてわからないし、正解なんて無いのだろう。でも、確実にガガガSPはまだ活動している。休止やメンバーが変わった事もあったけど、まだやっている。でも何でやっているのか?と聞かれてもはっきり言うてわからない。ただ30代の後半になってまだイバラの道を歩きたいのか!?自分でもなんかわからない。でもガガガSPをやる気持ちは線香花火の火の様に、僕の火はまだ消えてはいない。昔、バンドの先輩に言われた事で凄い覚えている事がある「才能やセンスなんて本当にいるのかなあ?本当はやり続けてる連中は〈クソヂカラ(力)〉や〈意地〉でやってると思うんよ。」今になって思う。本当にそうかもしれない。そうだとしたら、この20年の集大成を一度見せたいと思う。病みながら、人にも迷惑かけながら、そしてたまにそのクソヂカラでやってきた音楽で人を少しでも救って来たかもしれないから。ガガガSP、二十歳になります。まだ成人したばかり。成人式を見て欲しい。クソヂカラの成人式を。」

■『長田大行進曲2017』

日程:2017年9月30日(土)、10月1日(日)
会場:後日発表
開場/開演:OPEN/10:00〜、START/11:00〜

■『ガガガSP 20周年突入記念ツアー「二十歳になったのさ!どーって事ねえな!」』

2月24日(金) 梅田Shangri-La
w/ かりゆし58
2月26日(日) 岡山CRAZY MAMA 2nd ROOM
w/ KNOCK OUT MONKEY
3月08日(水) 金沢Van Van V4
3月09日(木) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
3月10日(金) 仙台enn 3rd
3月17日(金) 松山サロンキティ
3月26日(日) 福岡Queblick
4月05日(水) 札幌COLONY
4月07日(金) 名古屋CLUB UPSET
w/ STANCE PUNKS
4月08日(土) 渋谷STAR LOUNGE
w/ STANCE PUNKS
4月15日(土) 神戸 太陽と虎 <ワンマン>

【関連リンク】
ガガガSP オフィシャルHP
ガガガSP、新春2マン「ガガガSP×175R」で青春対決!
ガガガSPの「くそくらえ節」がSpotifyのCMソングに決定
ガガガSP、20周年記念ワンマンを12月に地元・神戸にて開催!

【関連アーティスト】
ガガガSP
【ジャンル】
ジャパニーズロック

KOHH、無料リリースの新作音源にてボーカロイド・IAと共演!
Sun, 18 Dec 2016 11:00:00 +0900
IA (okmusic UP\'s)

KOHHがタイトーの携帯アプリ『GROOVE COASTER』内で無料リリースした新作音源でボーカロイドのIAと共演を果たした。

【その他の画像】IA

アプリ内ではオリジナルヴァージョンとリミックスヴァージョン2曲が同時リリース。リミックスヴァージョンの「KOHH - 働かずに食う(IA Ver.)」をゲーム内でクリアするとオリジナルヴァージョンが出現し、アプリ内で聴くことができるといった仕組みになっている。

リミックスヴァージョンの楽曲プロデュースは、KOHHやIAの数々の楽曲を手がけるTeddyloid氏が担当し、同曲はアーケード版の『GROOVE COASTER』にも2017年1月上旬より追加予定とのことなので、こちらも楽しみに待とう。

■タイトー『GROOVE COASTER』ダウンロードリンク
http://groovecoaster.com/apps/

【関連リンク】
KOHH オフィシャルHP
IA オフィシャルHP
宇多田ヒカル、ネットイベント「30代はほどほど。」アクセス殺到を受け再配信が決定!
宇多田ヒカル、『30代はほどほど。』で生パフォーマンス! 再配信も急遽決定!!

【関連アーティスト】
IA, TeddyLoid, KOHH
【ジャンル】
J-POP, ゲーム, ボーカロイド

超特急、2016年春ツアーBD&2017年カレンダー発売決定
Sat, 17 Dec 2016 21:00:00 +0900
Blu-ray『超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism』 (okmusic UP\'s)

超特急が、2017年2月15日にBlu-ray「超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism」と2017年オフィシャルカレンダーをリリースすることを発表した。

【その他の画像】超特急

2017年リリース第1弾となる本作品は、超特急“初”となるバンド編成で行われたパシフィコ横浜公演のライブツアーFINALの模様を完全収録。本編以外にも特典映像としてメイキングも収録される。さらに初回限定盤はスマートフォンでも映像を楽しめる「PlugAir」付となる。また、同公演にて超特急オフィシャルカレンダーの発売も発表された。カレンダーと写真がセパレートになっているため、ソロカットからグループカット、7人の集合カットまで、バリエーションに富んだ写真の中から好きな写真を好きな日にセレクトすることができる内容となる。

アリーナツアーを好スタートさせた超特急、12月24日には東京・国立代々木競技場第一体育館でアリーナ公演最終日を迎える。

【コメント】
■リーダー リョウガ
「なんと!僕達超特急が2016年に行ったパシフィコ横浜での「Synchronizm」ツアー公演がBlu-ray Discに詰まって発売☆今まで醸し出す事のなかった「大人感」。是非ご覧になってください。そしてぇ、超特急“初”となる「カレンダー」も発売いたします…!すごい!!カレンダーをめくって超特急と1日1日を過ごし、更に濃密な一年にするためにも…、どうか一家に一冊、否、三冊ッ!!…お納めください」

■カイ
「2月15日発売の“Synchronism”ブルーレイでは、超特急初となるバンド体制でのライブが収録されています。今までとは違う大人っぽいセクシーな超特急を堪能してください。さらに超特急のカレンダーが発売!ソロ、グループ、集合、、たくさんある中から好きな写真を選んで世界に1つ!あなただけのカレンダーを作ることができます。2017年は超特急と一緒に毎日を過ごしましょう」

■Blu-ray『超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism』

2017年2月15日発売
【初回生産完全限定盤】
ZXRB-3018/¥7,593+税
仕様:三方背ケース / デジパック / 40Pブックレット/PlugAir付き(箱入り)
PlugAir配信内容:Blu-ray収録と同内容の映像コンテンツ

【Loppi・HMV限定盤】
ZXRB-3019/¥6,926+税
仕様:三方背ケース/デジパック/40Pブックレット/新録「DJ Dominator」1曲収録CD付き

■『超特急 オフィシャルカレンダー 2017.4→2018.3』

2017年3月7日発売
販売:Loppi&HMV限定販売
形態:ファンクラブ版、通常版の2形態
※通常版とファンクラブ版で紙ケースの表紙写真が異なります。
価格:¥2,500+税
仕様:A5版卓上/32ページ/リング綴じ/紙ケース入り

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、3月開催の『KANSAI COLLECTION』出演決定! ユースケが意気込み語る
超特急がINDEPENDENT 20周年企画に登場! アナザーインタビューを限定公開
超特急、クリスマスコスで『次ナルTV-G』収録

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

ハナレグミ&レキシ、東阪福ツアーファイナルの福岡公演閉幕
Sat, 17 Dec 2016 18:00:00 +0900
12月16日(金)@福岡市民会館 (okmusic UP\'s)

ハナレグミとレキシの所属事務所ラフィンが設立10周年突入を記念した東阪福のカップリングツアー『Laughin\'10周年突入記念イベント La族がまたやって来た、ジュー!ジュー!ジュー!』のファイナル公演が12月16日(金)に福岡市民会館で開催され、終始音楽愛と笑いに溢れた3公演は大盛況で閉幕となった。

【その他の画像】ハナレグミ

初陣を飾ったのは、ハナレグミ。照明が落とされ、バンドメンバーに続いて赤を基調にした装いでハナレグミがステージに登場すると客席は総立ちで迎えた。「10周年だね。この後に“お館様(レキシ)”が控えているから大船に乗ったつもりで最後まで楽しんでね」とMCを交えつつ、ゆったりとギターを抱えるとM-1「光と影」。歌い出しと同時にマイクスタンドに設置された白熱灯のランプが明滅し、青のスポットライトがハナレグミを照らす幻想的な雰囲気でこの日のライブはスタートした。M-2「音タイム」へと曲が移ると、ウッドベースにドラム、キーボード、ホーンセクションが加わり、心地よいアンサブルが溢れるとM-3「家族の風景」へ。照明がオレンジに変わり、ギターをエレキに持ち替えたハナレグミがイントロを弾くと会場からは静かに歓声があがり、優しく紡がれるアルペジオにのったハナレグミの歌声を聴き逃さないよう、会場全体が大きな静寂に包まれ、満場の拍手で応えた。「キマっちゃったね、照明もいい感じで」とのMCに続いて前日の福岡でのエピソードで笑いも誘うと、続く「きみはぼくのともだち」でも青い照明に彩られるステージで強い言葉と歌を響かせた。「これもなんかキマっちゃたね(笑)。僕らは元々SUPER BUTTER DOGというバンドをやっていたんですが、いよいよ事務所を立ち上げるってなった翌年に解散しちゃったので(笑)、いろいろ大変だったと思う」と所属事務所ラフィンへの感謝を込めると「まだまだいくぜ!」とM-5「フリーダムライダー」がはじまり、軽快なリズムにのって一気に後半戦がスタート。M-6「オリビアを聴きながら」では客席との大合唱で会場のグルーブ感が高まりだすと、M-7「無印良人」ではミラーボールがまわり、M-8「オアシス」ではクラップでオーディエンスと一体となり、M−9「明日天気になれ」ではコール&レスポンスで会場は最高潮に。最後はM-10「深呼吸」をゆったりと奥行きの深い歌で60分のライブを締めくくった。

セット転換の間、バッグから稲穂を出す光景のなか、続くはレキシ。ライブの始まりを告げる法螺貝のSEが流れ出すや、M-1「KMTR645」のイントロのブレイクでイルカの浮き輪を持ったレキシがステージにバッチリ登場、かと思いきや微妙にタイミングが合わず、まさかの登場シーンのやり直しを経て、今度はバッチリ登場。場内が爆笑と大歓声と“稲穂”に沸き立つなか、「今日はジュージュージューだけど、1曲目からキュッ、キュッ、キュッしてもいいですか!」とライブがスタート。曲中では、5体のイルカの浮き輪が客席に投げ込まれてイルカが客席をダイブしていく中、「キュッ、キュッ、キュッ」の大合唱も起こり、ハイテンションで1曲目が終了。続く、M-2「年貢 for you」では、 “ミニ俵”を取り出すと、「俵を持ったら隣の人に渡して回してください。この曲が終わるまでに全員に回してね」と観客に無茶振りで手渡し、“年貢の納め時”をラブソングに掛けた軽快なミドルナンバーで観客をグルーヴィーに包み込んだ。続いて間髪入れずに「狩りから稲作へ」のイントロを弾きだすキーボードの元気だせ!遣唐使(渡和久 from 風味堂)に「ちょっと待って。少し休ませて」と諌めるやりとりを経て、「狩りから稲作へ」がスタート。イントロにのって「2曲しかやってないのに、ここまでで既に20分。稲穂はもうこの曲でしか使えませんよ」と呼びかけると客席にはニョキニョキと稲穂が出現。ファイナル公演らしく東京、大阪公演以上の脱線を経て無事楽曲を終えた。「たかし(ハナレグミ、以下同)とは20年の付き合い。たかしとは殴り合い抱き合いでしたが、これからも続いていきます」とのMCのあとにM-4「最後の将軍」を披露。大政奉還と恋愛をテーマにした切なく熱いバラードに会場は一転して静寂に包まれると「まじめコーナーは終了」と、軽快なリズム隊のイントロから「SHIKIBU」へ突入。またもや脱線を繰り返すも的確に付いてくる凄腕のバンドメンバーにも喝采が送られた。そして、最後を飾ったのは、ダイハツの新型車『トール』のCMソングとして全国でオンエア中の「きらきら武士」。イントロが流れる中、「俺はハナレグミのライブを誰よりも見てきたし、ハナレグミ以上のライブは見たことがない。今でも一番影響を受けているのはハナレグミです」としんみりとハナレグミへの思いを話すと、ステージ上に置かれ、「00:00」と表示されたカウントダウン時計を掲げ、「持ち時間もう終わっちゃいました!」と瞬時に笑いを誘って歌いだすと会場は一気にヒートアップ。途中、クリスマスソングも織り交ぜ、この時期ならではの多幸感満載の演出も見せ、「アンコールあるからね」の言葉と共に予定より10分おしの白熱のライブが終了した。

アンコールを待つ会場にオープニングSEが流れると、今回のツアータイトルにも含まれているLa族の“L”と“A”の驚きの被り物をかぶったハナレグミとレキシが手を繋いで登場。ハナレグミが「“L”です」、レキシが「“A”です」二人揃って「LA族です」の自己紹介からショートコントを披露。ファイナル公演ということもあり、レキシのいつも以上の無茶振りに戸惑うハナレグミという今回のイベントならではのやりとりに会場中が爆笑するなか、「そんな事務所の悩みは、設立以来ずっと求人募集の案内をしているのに、なかなか来てくれない。特に男性スタッフが続かなくて困っているので今から求人募集の歌をやります」とMC。ハナレグミがギターを手に取ると、レキシが事務所スタッフから募った“求める男性スタッフ像”が書かれた短冊を手に、ハナレグミのギターにのせて即興の歌を披露し、会場はまたもや大爆笑に包まれた。そして、フィナーレではLa族にちなんだカバー曲で会場全体は最高にピースフルな大団円を迎え、トータル約3時間以上に及ぶカップリングライブは幕を閉じた。なお、このライブの模様はフジテレビNEXTおよびフジテレビNEXT smartにて2017年1月29日(日)21:00〜22:30の90分枠でのオンエアが決定している。

2016年も駆け抜けた両者だが、ハナレグミは早速2017年春に17都市18公演となるライブハウスツアーを開催することを発表。今回のツアーは今年初頭から9都市10公演にわたり開催され、NHKホール2DAYSでファイナルを迎えた「Tour What are you looking for」以来、待望の、しかもライブハウスツアーとなるので、是非チェックしてみよう。12月21日(水)〜ハナレグミオフィシャルHP先行がスタート。詳細はハナレグミオフィシャルHPまで。

一方、レキシは、12月27日(火)「RADIO CRAZY 2016」、12月28日(水)「エレ片 IN 両国国技館」、12月29日(木)「COUNTDOWN JAPAN 16/17」に出演。さらに、毎回大好評のLINEスタンプ第3弾の発売も決定。詳細はレキシオフィシャルHPまで。

photo by 田中聖太郎
 
【セットリスト】
■ハナレグミ
M-01.光と影
M-02.音タイム
M-03.家族の風景
M-04.きみはぼくのともだち
M-05.フリーダムライダー
M-06.オリビアを聴きながら
M-07.無印良人
M-08.オアシス
M-09.明日天気になれ
M-10.深呼吸
■レキシ
M-1.KMTR645
M-2.年貢 for you
M-3.狩りから稲作へ
M-4.最後の将軍
M-5.SHIKIBU
M-6.きらきら武士

■レキシ 第3弾LINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1212066/ja

■『ハナレグミ ライブハウスツアー「名前のないツアー」』

3月03日(金) HEAVEN\'S ROCK Kumagaya
3月05日(日) 郡山 HIP SHOT JAPAN
3月17日(金) 浜松 窓枠
3月19日(日) 岐阜 CLUB ROOTS
3月21日(火) 京都磔磔
3月22日(水) 京都磔磔
3月24日(金) 富山 MAIRO
4月02日(日) 旭川 CASINO DRIVE
4月04日(火) 小樽 GOLDSTONE
4月07日(金) 盛岡 club CHANGE WAVE
4月09日(日) 石巻 BLUE RESISTANCE
4月14日(金) 鹿児島 CAPARVO ホール
4月15日(土) 長崎 DRUM Be-7
4月17日(月) 周南 RISING HALL
4月19日(水) 神戸 Harbor Studio
4月21日(金) 高松 MONSTER
4月23日(日) 和歌山 SHELTER
5月12日(金) 横浜 BAY HALL

【関連リンク】
レキシ オフィシャルHP
ハナレグミ オフィシャルHP
ほかほかごはんのCMに似合う曲
堀込泰行、ニューアルバムに秦基博やハナレグミがコメント! 本人出演のニコ生もお見逃しなく

【関連アーティスト】
ハナレグミ, レキシ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

デヴィッド・ボウイ、日本限定の12インチ・シングル盤を大回顧展『DAVID BOWIE is』にて販売
Sat, 17 Dec 2016 17:00:00 +0900
日本会場限定盤「★」展開図 (okmusic UP\'s)

デヴィッド・ボウイの12インチ・シングル盤が大回顧展『DAVID BOWIE is』の日本展会場で限定販売されることが決定した。

【その他の画像】David Bowie

今回音源として選ばれたのは計3曲。1月8日(金)に発売されたオリジナルアルバム『★』(Blackstar)より、タイトル曲のアルバムヴァージョンをSIDE1に、SIDE2には「ラザルス」と「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」のラジオエディット2曲を収録。赤いカラーレコード盤、ボウイのオリジナルポスター(590mm×884mm)、歌詞、対訳、解説付きの日本制作による完全生産限定盤となり、先日発表された日本会場限定販売「レディ・スターダスト/クリスタル・ジャパン」を収録した7インチピクチャーディスクに続く第二弾の会場限定販売音源だ。アルバム『★』からアナログ盤でのシングルリリースは世界初となるので、貴重な1枚になることは間違いない。

今回のアートワークは『ヒーザン』『リアリティ』『ザ・ネクスト・デイ』など2000年代に入ってからの作品を手がけ、先日『★』のデザインでグラミー賞“べスト・レコーディング・パッケージ"部門にノミネートされたジョナサン・バーンブルックによるもの。

デザインに関してジョナサンは『前世紀最高のアーティストのひとり、デヴィッド・ボウイにふさわしいものを作ろうとしたんだ。僕は彼のファンがどんなものを気に入るかいつも意識している。今回はデザインがとてもシンプルなだけに、細部に至るまでパーフェクトである必要があったね。レコード盤をジャケットから取り出すと出てくる「無限大」のシンボル(∞)がとても重要だった。「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」の中で、永遠に生きていたいという彼の強い願い、そして彼がもうこの世に居ないながらも、僕たちにはいつまでも彼の音楽があることを象徴しているんだ。』と語っている。

ジョナサン・バーンブルックによるコメント全文は、ボウイ展公式サイトにて全文掲載されているので、気になる方は是非チェックしてほしい。

■ジョナサン・バーンブルック コメント全文
http://davidbowieis.jp/column/18134/

■日本会場限定盤「★」12" SINGLE VINYL

2017年1月8日発売
SCJ7 1/¥3,333+税
※大回顧展『DAVID BOWIE is』日本展会場にて限定販売
※無くなり次第終了となります。予めご了承ください。
※完全生産限定盤 / カラー・レコード(赤)/ 歌詞・解説・対訳付 / オリジナル・ポスター封入
<収録曲>
SIDE 1:★
SIDE 2:LAZARUS(RADIO EDIT) / I CAN\'T GIVE EVERYTHING AWAY(RADIO EDIT)

■『DAVID BOWIE is』

開催期間:2017年1月8日(日)〜4月9日(日)
会場:寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)
主催:DAVID BOWIE is 日本展実行委員会
企画:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)
http://www.davidbowieis.jp/

【関連リンク】
大回顧展『DAVID BOWIE is』、第2期チケット販売開始&オフィシャルグッズ情報発表
横山健が語るデヴィッド・ボウイの魅力とは? 「横山健に聞く、デヴィッド・ボウイ」全文公開
大回顧展「DAVID BOWIE is」がいよいよ日本上陸! ドキュメンタリー映画の再上映も!
デヴィッド・ボウイ、究極のベスト盤がついにリリース! 朝日新聞にて横山健がボウイを語る

【関連アーティスト】
David Bowie
【ジャンル】
ポップス(洋楽), ロック/ブルース(洋楽), イベント

MISTY、4thミニアルバムのティーザー映像とジャケットを公開
Sat, 17 Dec 2016 16:00:00 +0900
ミニアルバム『Worth for believing』 (okmusic UP\'s)

メロディック・パンクバンド MISTYが2017年1月18日(水)に発売する4枚目のミニアルバム『Worth for believing』 のティーザー映像とアルバムジャケットを解禁した。

【その他の画像】MISTY

また、MISTYは12月17日&18日には10周年イヤー幕開けイベントが決定している。チケットは各アーティストHPで予約受付中で、イープラスにて発売中だ。

■4thミニアルバム『Worth for believing』ティーザー映像
https://youtu.be/XjIrVyNzI3E

■ミニアルバム『Worth for believing』

2017月1月18日発売
WLR-1041/¥1,600+税
<収録曲>
1.Shine
2.Last one mile
3.Take it off
4.Rule the world
5.SEPIA
6.Perfect days
7.PLAYROOM

■【MISTY10周年イヤー幕開けイベント】

『MISTY presents “PLAYROOM”vol.2 〜MISTY結成10周年記念〜』
12月17日(土) 愛知@安城RADIO CLUB
open 17:30/start 18:00
出演:MISTY/THE WASTED/BARICANG/INKYMAP/COUNTERCLOCKWISE

『MISTY presents “Dream and Hope”vol.2 〜MISTY結成10周年記念〜』
12月18日(日) 愛知@安城RADIO CLUB
open17:30/start18:00
出演:MISTY/SilberStyle/COCO-ROBINSON/HONE YOUR SENSE

※各アーティストHP等で予約受付中。両日共にプレイガイド(イープラス)にて発売中!
・12月17日 購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
https://t.co/dxwVgsHL6H
・12月18日 購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
https://t.co/96LgjHAASQ

【関連リンク】
MISTY オフィシャルHP
MISTY、4thミニアルバムより新曲「PLAYROOM」ハイレゾ音源を先行配信
MISTY、4thミニアルバムリリース&アウトストアライブ開催決定
MISTY、バンド結成10周年記念イベント第一弾出演者発表!

【関連アーティスト】
MISTY
【ジャンル】
パンク/ハードコア

冨田勲の追悼公演『ドクター・コッペリウス』再演&貴重なインタビューが初公開へ
Sat, 17 Dec 2016 15:00:00 +0900
『ドクター・コッペリウス』 (c)Crypton Future Media,INC.www.piapro.net/photo(okmusic UP\'s)

11月に開催された冨田勲の追悼公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』が、2017年4月に再演される。

【その他の画像】初音ミク

2016年5月に逝去した日本を誇る作曲家であり、世界的シンセサイザー・アーティスト冨田勲の追悼として開催された『ドクター・コッペリウス』は、冨田が亡くなる1時間前まで創作に取り組んでいた、まさに遺言とも言える作品。宇宙へ飛び立つことを夢想する主人公コッペリウスと、それを叶えるべく異界からやってきた初音ミクが織りなすストーリーは、時空を超えた壮大なスペースバレエシンフォニー。バレエ衣装を着た初音ミクとコッペリウスがバレエを踊る姿は、人々を幻想的な世界へと連れて行った。

ラストのシーンでは、晩年の冨田の姿も映し出され、長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた場内は、大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた。なお、その公演の終演後インタビューが、初めて『ドクターコッペリウス』オフィシャルサイトにて公開されたので、そちらも是非チェックしてほしい。

2日間で動員数4200名という多くの人々の心に感動を与えた本公演は2017年1月29日(日)23:00 より、NHK-BSにて放送される。また、1月20日にはNHK WORLD『NEWSROOM TOKYO』でも特集が放送予定とのことなので、会場で観た人も観たことない人も、是非テレビで感動を味わおう。

Photo by 高田真希子
(C)Crypton Future Media,INC.www.piapro.net/photo

【関連リンク】
『ドクターコッペリウス』オフィシャルHP
冨田勲×初音ミク「ドクター・コッペリウス」制作発表で、知られざる事実が続々と明らかに!
冨田勲追悼特別公演「冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』」にエイドリアン・シャーウッドが出演決定
冨田勲×初音ミク、『ドクター・コッペリウス』 公演情報・メインビジュアル発表

【関連アーティスト】
初音ミク, 冨田勲
【ジャンル】
J-POP, ボーカロイド

KOZUMI、ついに音源初公開! デビューアルバムより「窒息」MVが解禁へ
Sat, 17 Dec 2016 14:00:00 +0900
KOZUMI (okmusic UP\'s)

長野出身のツインボーカルバンド・KOZUMIが、 MVや最新情報などを一挙公開した。

【その他の画像】それでも世界が続くなら

KOZUMIは、それでも世界が続くならの篠塚将行がサウンドプロデュース兼アレンジャーとして参加した、長野出身の現役大学生男女ツインボーカルバンドだ。バンドの公式サイトでは音源公開などが全く行なわれず謎に包まれていたが、この度1月11日にリリースとなるデビューアルバム『アンデルセン』より、テクニカルなベースのタッピングから始まる楽曲「窒息」のMVが公開となった。

また、MV以外の収録曲6曲のうち5曲をOTOTOYにて期間限定無料フル公開し、異例の音楽業界約70名からのコメントも一挙公開した。

2月には、東京と長野の2ヶ所でリリース記念主催イベント「From Ducks to Swans」を開催。初日となる2月14日(火)の下北沢公演の詳細のみが解禁され、チケットは12月17日(土)より先行発売が開始となる。また第一弾アーティストとしてKOTORIが出演することも発表された。

徐々にそのヴェールを脱ぎつつあるKOZUMI。これからの活躍にも是非期待したい。

■ミニアルバム『アンデルセン』OTOTOY期間限定ほぼ全曲フル試聴
※試聴は12月16日〜1月10日まで期間限定
http://ototoy.jp/_/default/p/69354
■ミニアルバム『アンデルセン』音楽業界約70名よりコメント
http://kozumiandersencome.wixsite.com/andersen-coment

■【各関係者からのコメント(抜粋)】

■ホシノタツ(batta)
少年が大人になる瞬間を見た。
武器を持たない真っ直ぐさが武器だったKOZUMIというバンドが、明確な武器を持って戦場に立とうとしている。

■松山 晃太(BYEE the ROUND/GRAND FAMILY ORCHESTRA)
「なんかある」って感じたバンドでした。

答えは、この音源に詰まってました。

■土肥大人(セプテンバーミー)
From長野からやってきたKOZUMIの音楽には戦って生きる人を後押しする力がある。
荒々しくて、真実を歌って、なんて儚いんだ。
不器用な、KOZUMIが大好きだよ。

■「窒息」MV
https://youtu.be/jDotNFI9Bfk

■『KOZUMI pre. " From Ducks to Swans " 〜1st. mini album「アンデルセン」release event〜』

2月14日(火)  東京・下北沢LIVE HORIC
Act:KOZUMI/KOTORI /他
■プレイガイド先行発売
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002211706P0030001

■ミニアルバム『アンデルセン』

2017年1月11日発売
LFRR-0001/¥2,000+税
<収録曲>
1. 窒息
2. サヨナラSeptember
3. アンカー
4. サイレン
5. 産声
6. 素晴らしき日々
7. 愛の矛盾

【関連リンク】
KOZUMI オフィシャルHP
それでも世界が続くなら、最新ミニアルバムからMV「弱者の行進」公開
それでも世界が続くなら、移籍後初の全国流通作『52Hzの鯨』を9月21日にリリース
それでも世界が続くなら、レーベル移籍後初MV「狐と葡萄」を解禁

【関連アーティスト】
それでも世界が続くなら, KOZUMI
【ジャンル】
ジャパニーズロック

米津玄師、本人描き下ろしによる新作ジャケットを解禁! 「3月のライオン」桐山零モチーフのライオン盤も
Sat, 17 Dec 2016 13:00:00 +0900
シングル「orion」【ライオン盤(初回限定)】(CD+DVD+紙ジャケット仕様) (c)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会(okmusic UP\'s)

米津玄師が2017年2月15日(水)にリリースするニューシングル「orion」のジャケットアートワークが公開された。

【その他の画像】米津玄師

表題曲「orion」は2017年1月7日(土)から放送予定のTVアニメ『3月のライオン』の新エンディングテーマとなっており、商品は「オリオン盤」「ライオン盤」「通常盤」での発売が予定されている。なお表紙を飾るイラストはすべて本人描き下ろしによるもの。今作のメインカラーはピンクで、初回限定の「ライオン盤」は『3月のライオン』の登場人物である桐山零をモチーフに描き下ろしている。

先日、即日完売となった全国ライブツアーを終え、自身初の単行本『かいじゅうずかん』の発売も決定した米津玄師。最新作にぜひとも注目してほしい。

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

■シングル「orion」

2017年2月15日(水)発売
【オリオン盤(初回限定)】(CD+クリアシート+ハードカバー仕様)
SRCL-9313/¥1,700+税
【ライオン盤(初回限定)】(CD+DVD+紙ジャケット仕様)
SRCL-9314〜9315/¥1,700+税
【通常盤】
SRCL-9316/¥1,200+税

※「orion」…NHK総合TVアニメ『3月のライオン』新エンディングテーマ

【関連リンク】
米津玄師 オフィシャルHP
米津玄師、表現者としての覚醒と次なるステップを示したツアーファイナルが終幕
米津玄師、ツアーファイナルにてTVアニメ『3月のライオン』新EDテーマ担当を発表
中田ヤスタカ、映画『何者』主題歌のMVフル公開&スペシャルコラボイベント開催決定

【関連アーティスト】
米津玄師
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, アニメ

ギターウルフがライブ活動休止を発表
Sat, 17 Dec 2016 12:00:00 +0900
ギターウルフ (okmusic UP\'s)

ギターウルフが2016年に決まっているライブ終了後、ライブ活動を休止することを発表した。

【その他の画像】ギターウルフ

【ギターウルフ・ライブ活動休止のお知らせ】
ギターウルフ・セイジは、2007年に手術をした股関節の再手術を2017年1月に受けることになりました。つきましては、ギターウルフは2016年12月26日になんば味園ユニバースにて行われる「宇宙戦艦ミソノFEVER」、翌日12月27日に心斎橋Pangeaにて行われる「ジェット忘年会」の公演をもちまして、ライブ活動をしばらくの間、休止します。ライブ活動は、股関節回復後に再開しますのでホームページ、SNSなどで情報をチェックしていただくともに、引き続き応援よろしくお願いします。
ギターウルフ, DUM-DUM LLP

■【ライブ情報】

「ギターウルフ&DUM-DUM presents『宇宙戦艦ミソノFEVER -メガマックス ジェット遊星の秘密-」
12月26日(月) なんば味園ユニバース
LIVE:ギターウルフ / リンダ&マーヤ / ベッド・イン / Have a Nice Day! / THE VOTTONES
DJ:O.K.D

「GUITAR WOLF presents 『ジェット忘年会 Bye-Bye 2016 これで君も来年は風邪ひかない!』」
12月27日(火) 心斎橋Pangea
LIVE:GUITAR WOLF / GIAN & THE FRIDAY KNIGHTS / JIMMY & THE QUEENIES[TAKAO(JIMMY & HIS MOJOMEN+REEKO(THE BUNNIES)+MOMO(THE GO-DEVILS)+MIWA(BAITONES)
DJ:K.D.M. (TIME BOMB RECORDS) / O.K.D (It\'s Finking Time / Old Hat Gear)

【関連リンク】
ギターウルフ主催イベントにベッド・イン堂々参戦
ギターウルフ、ツアー東京公演の模様をニコ生にて配信決定
ギターウルフ、「逆襲の四畳半ツアー」東京・大阪・名古屋公演のゲスト決定
ギターウルフ、激アツ必至の購入者特典インストアライブが開催決定

【関連アーティスト】
ギターウルフ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

阿部真央、2017年2月にニューアルバム発売決定
Sat, 17 Dec 2016 11:00:00 +0900
阿部真央 (okmusic UP\'s)

阿部真央か?前作『おっは?し?め!』をリリースしてから約2年ふ?りとなるニューアルハ?ム『Babe.』を、2017年2月15日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】阿部真央

7作目となるニューアルバム『Babe.』は自身の出産や、作品を産み出すという意を込めたタイトル。常に等身大の感情を剥き出しに楽曲制作をしてきた阿部真央か?リリースする新作『Babe.』は紛れもなく、27歳を迎える阿部真央か?偽りなく表現された1枚となった。復帰第一弾となった「Don\' t let me down」やテレヒ?朝日系木曜ミステリー「女たちの特捜最前線」の主題歌となった「女たち」をはし?め、多彩な楽曲か?並ふ?本作は怒り、喜ひ?、悲しみ、なと?様々な 感情か?鮮明に打ち出された作品。そのほかにも多彩な楽曲か?詰め込まれた1枚て?、女性シンカ?ーソンク?ライターか?乱立する現在の 音楽シーンの中て?、2年の沈黙を破り、発売される今作はまさしく“待望”の一言に尽きる名盤となっている。

そして、アルバムリリースと同時に最新ビジュアルも公開! アルバムは、限定特典DVD「あべまおらじお〜超超番外編〜」を収録したLoppi・HMV限定盤と通常盤の2形態がリリースされる。

【阿部真央コメント】
「またこうして新たな作品を発表させて頂けること、本当に嬉しく思います。多くの方にこのアルバムが届きますように」

■アルバム『Babe.』特設サイト
http://babe.ponycanyon.co.jp

■アルバム『Babe.』

2017年2月15日発売
【通常盤】(CD)
PCCA-04492/¥3,000
【Loppi・HMV限定盤】(CD+DVD)
BRCA-00078/¥3,500
<収録曲>(全形態共通)
■CD
「You changed my life」「Don\'t let me down」「女たち」など、全13曲入り予定
■Loppi・HMV限定盤特典DVD(収録予定)
・「You changed my life」Music Video
・「Don\'t let me down」Music Video
・「女たち」Music Video
・あべまおらじお〜超超番外編〜


◎通常盤 初回生産分封入特典
・あべまおらじお〜超超番外編〜(DISC PLUSでのDL形式)

■全国ホールツアー『阿部真央 らいふ? No.7』

2月25日(土) 大分 iichiko ク?ランシアタ
3月04日(土) オリックス劇場
3月05日(日) オリックス劇場
3月11日(土) 神奈川県民ホール
3月18日(土) 新潟県民会館
3月20日(月・祝) 札幌市教育文化会館
3月25日(土) 岡山市民会館
3月26日(日) 福岡サンハ?レス
4月01日(土) 仙台市民会館 宮城
4月02日(日) 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
4月08日(土) 神戸国際会館 こくさいホール
4月09日(日) 京都ロームシアター メインホール
4月13日(木) 徳島あわき?んホール
4月15日(土) 広島アステールフ?ラサ?
4月21日(金) 静岡市民文化会館 ホール
4月23日(日) 東京国際フォーラム(ホール A)

【関連リンク】
阿部真央 オフィシャルHP
ウルフルズ、初のトリビュートアルバムは女性アーティストで華やかに!
阿部真央、新曲「女たち」のMVでダンスに挑戦!?
阿部真央、ニュービジュアルとニューシングル「女たち」ジャケ写真が解禁

【関連アーティスト】
阿部真央
【ジャンル】
J-POP

ageHa恒例のカウントダウンイベント開催! ヘッドライナーにDJ・R3HABを発表
Fri, 16 Dec 2016 20:30:00 +0900
『ageHa COUNTDOWN 2017』ポスター (okmusic UP\'s)

新木場・ageHaにて、毎年恒例のカウントダウンイベントが開催される。

【その他の画像】DJ KAORI

ageHaのカウントダウンといえば、「ワンストップ」が有名だ。湾岸に位置するageHaでは、年越し蕎麦、カウントダウン、初詣、初日の出と年越しに必要な全てがワンストップで叶うとあって、毎年大盛況を誇る。

もちろん2016年も本物の神社「揚羽(アゲハ)神社」が登場し、オリジナルのお守りや福袋の販売も実施されるほか、年越し蕎麦あり、野外プールを備えたWATERエリアの目の前の湾から上る初日の出ありと、まさに史上最強と呼ぶに相応しい日本一の年越しパーティーになるだろう。

また、毎年数々のビッグアーティストが出演することで高い人気を誇る本イベントだが、今年はDJ・DJ KAORIを筆頭に、中田ヤスタカ、banvox、MITOMI TOKOTO、SHINTAROなど、豪華ラインナップが勢揃い。

そして、期待のヘッドライナーには、2年ぶり2度目となるDJ・R3HABが登場! 2014-2015のageHaのカウントダウンパーティーに登場した彼は、2015年のスタートとともに世界中に衝撃を走らせた。そして今回、15周年イヤーを迎える2017年のスタートに彼が帰って来る。またもや伝説の夜を演出してくれることは間違いないだろう。特別な夜を彩るスペシャルVIPプランも3プラン用意されているので、ぜひチェックしてみよう。

■『ageHa COUNTDOWN 2017』

12月31日(土) 新木場・ageHa
OPEN 21:00 to SUNRISE

【関連リンク】
ageHa オフィシャルHP
『ageHa COUNTDOWN 2017』特設サイト
きゃりーぱみゅぱみゅ×中田ヤスタカ、ダブルA面スプリット盤は8センチシングルを再現
新木場・ageHaにて毎年恒例の「ASOBONENKAI」開催! PKCZ(R)他ラインナップが明らかに

【関連アーティスト】
DJ KAORI, 中田ヤスタカ, MITOMI TOKOTO, R3hab, banvox, SHINTARO
【ジャンル】
J-POP, ダンス/ハウス/テクノ, イベント

minus(-)、1stフルアルバム『O』&最新映像作のトレイラーを公開
Fri, 16 Dec 2016 20:00:00 +0900
minus(-) (okmusic UP\'s)

元SOFT BALLETの藤井麻輝と森岡賢のユニット・minus(-)が12月28日にリリースする1stフルアルバムとライブBlu-ray&DVDのトレイラー映像を公開した。

【その他の画像】SOFT BALLET

1stフルアルバムは、これまでの2枚のミニアルバムからゲストボーカルによる楽曲を森岡と藤井のボーカルで再録。加えて6月に急逝した森岡のPCに残された楽曲を、藤井が丹念に仕上げた新曲3曲で構成されている。

同時リリースされるライブBlu-ray&DVDは、2月に行なわれ、森岡の生前ラストライブとなったLIQUIDROOM公演と、森岡の死後トリプルドラムを迎えて敢行された8月の赤坂BLITZでのライブ、2つのステージをコンパイルしたものだ。

minus(-)はこの作品たちを引っさげて2017年3月にツアーを行なう。このツアーはminus(-)と、藤井とYOW-ROW(GARI)のユニットであるJugendgedenkenとの対バン形式となっているので、気になる方は是非会場に足を運んでほしい。

■アルバム『O』・Blu-ray&DVD『V』 トレイラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=9IoC2vYv158

■【リリース情報】

アルバム『O』
2016年12月28日発売
AVCD-93573/¥3,240(税込)

Blu-ray&DVD『V』
2016年12月28日発売
■Blu-ray
AVXD-92434/¥5,940(税込)
■DVD
AVBD-92432〜3/¥4,860(税込)

■【ツアー情報】

2017年
3月05日(日) 札幌COLONY
3月13日(月) 名古屋ell.FITSALL 
3月14日(火) 金沢VANVAN V4 
3月16日(木) 長野CLUB JUNK BOX 
3月20日(月・祝) 心斎橋VARON 
3月21日(火) 福岡DRUM SON

【関連リンク】
minus(-) オフィシャルサイト
Jが対バン10番勝負にてminus(-)、AA=と激突! ソロ20周年記念ツアーの発表も
minus(-)、ニューアルバム&最新映像作品のビジュアルと収録内容が明らかに
minus(-)、1stフルアルバムとライヴ映像作品を12月に同時リリース

【関連アーティスト】
SOFT BALLET, minus(-)
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1