歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年12月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
超特急、2016年春ツアーBD&2017年カレンダー発売決定
Sat, 17 Dec 2016 21:00:00 +0900
Blu-ray『超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism』 (okmusic UP\'s)

超特急が、2017年2月15日にBlu-ray「超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism」と2017年オフィシャルカレンダーをリリースすることを発表した。

【その他の画像】超特急

2017年リリース第1弾となる本作品は、超特急“初”となるバンド編成で行われたパシフィコ横浜公演のライブツアーFINALの模様を完全収録。本編以外にも特典映像としてメイキングも収録される。さらに初回限定盤はスマートフォンでも映像を楽しめる「PlugAir」付となる。また、同公演にて超特急オフィシャルカレンダーの発売も発表された。カレンダーと写真がセパレートになっているため、ソロカットからグループカット、7人の集合カットまで、バリエーションに富んだ写真の中から好きな写真を好きな日にセレクトすることができる内容となる。

アリーナツアーを好スタートさせた超特急、12月24日には東京・国立代々木競技場第一体育館でアリーナ公演最終日を迎える。

【コメント】
■リーダー リョウガ
「なんと!僕達超特急が2016年に行ったパシフィコ横浜での「Synchronizm」ツアー公演がBlu-ray Discに詰まって発売☆今まで醸し出す事のなかった「大人感」。是非ご覧になってください。そしてぇ、超特急“初”となる「カレンダー」も発売いたします…!すごい!!カレンダーをめくって超特急と1日1日を過ごし、更に濃密な一年にするためにも…、どうか一家に一冊、否、三冊ッ!!…お納めください」

■カイ
「2月15日発売の“Synchronism”ブルーレイでは、超特急初となるバンド体制でのライブが収録されています。今までとは違う大人っぽいセクシーな超特急を堪能してください。さらに超特急のカレンダーが発売!ソロ、グループ、集合、、たくさんある中から好きな写真を選んで世界に1つ!あなただけのカレンダーを作ることができます。2017年は超特急と一緒に毎日を過ごしましょう」

■Blu-ray『超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism』

2017年2月15日発売
【初回生産完全限定盤】
ZXRB-3018/¥7,593+税
仕様:三方背ケース / デジパック / 40Pブックレット/PlugAir付き(箱入り)
PlugAir配信内容:Blu-ray収録と同内容の映像コンテンツ

【Loppi・HMV限定盤】
ZXRB-3019/¥6,926+税
仕様:三方背ケース/デジパック/40Pブックレット/新録「DJ Dominator」1曲収録CD付き

■『超特急 オフィシャルカレンダー 2017.4→2018.3』

2017年3月7日発売
販売:Loppi&HMV限定販売
形態:ファンクラブ版、通常版の2形態
※通常版とファンクラブ版で紙ケースの表紙写真が異なります。
価格:¥2,500+税
仕様:A5版卓上/32ページ/リング綴じ/紙ケース入り

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、3月開催の『KANSAI COLLECTION』出演決定! ユースケが意気込み語る
超特急がINDEPENDENT 20周年企画に登場! アナザーインタビューを限定公開
超特急、クリスマスコスで『次ナルTV-G』収録

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

ハナレグミ&レキシ、東阪福ツアーファイナルの福岡公演閉幕
Sat, 17 Dec 2016 18:00:00 +0900
12月16日(金)@福岡市民会館 (okmusic UP\'s)

ハナレグミとレキシの所属事務所ラフィンが設立10周年突入を記念した東阪福のカップリングツアー『Laughin\'10周年突入記念イベント La族がまたやって来た、ジュー!ジュー!ジュー!』のファイナル公演が12月16日(金)に福岡市民会館で開催され、終始音楽愛と笑いに溢れた3公演は大盛況で閉幕となった。

【その他の画像】ハナレグミ

初陣を飾ったのは、ハナレグミ。照明が落とされ、バンドメンバーに続いて赤を基調にした装いでハナレグミがステージに登場すると客席は総立ちで迎えた。「10周年だね。この後に“お館様(レキシ)”が控えているから大船に乗ったつもりで最後まで楽しんでね」とMCを交えつつ、ゆったりとギターを抱えるとM-1「光と影」。歌い出しと同時にマイクスタンドに設置された白熱灯のランプが明滅し、青のスポットライトがハナレグミを照らす幻想的な雰囲気でこの日のライブはスタートした。M-2「音タイム」へと曲が移ると、ウッドベースにドラム、キーボード、ホーンセクションが加わり、心地よいアンサブルが溢れるとM-3「家族の風景」へ。照明がオレンジに変わり、ギターをエレキに持ち替えたハナレグミがイントロを弾くと会場からは静かに歓声があがり、優しく紡がれるアルペジオにのったハナレグミの歌声を聴き逃さないよう、会場全体が大きな静寂に包まれ、満場の拍手で応えた。「キマっちゃったね、照明もいい感じで」とのMCに続いて前日の福岡でのエピソードで笑いも誘うと、続く「きみはぼくのともだち」でも青い照明に彩られるステージで強い言葉と歌を響かせた。「これもなんかキマっちゃたね(笑)。僕らは元々SUPER BUTTER DOGというバンドをやっていたんですが、いよいよ事務所を立ち上げるってなった翌年に解散しちゃったので(笑)、いろいろ大変だったと思う」と所属事務所ラフィンへの感謝を込めると「まだまだいくぜ!」とM-5「フリーダムライダー」がはじまり、軽快なリズムにのって一気に後半戦がスタート。M-6「オリビアを聴きながら」では客席との大合唱で会場のグルーブ感が高まりだすと、M-7「無印良人」ではミラーボールがまわり、M-8「オアシス」ではクラップでオーディエンスと一体となり、M−9「明日天気になれ」ではコール&レスポンスで会場は最高潮に。最後はM-10「深呼吸」をゆったりと奥行きの深い歌で60分のライブを締めくくった。

セット転換の間、バッグから稲穂を出す光景のなか、続くはレキシ。ライブの始まりを告げる法螺貝のSEが流れ出すや、M-1「KMTR645」のイントロのブレイクでイルカの浮き輪を持ったレキシがステージにバッチリ登場、かと思いきや微妙にタイミングが合わず、まさかの登場シーンのやり直しを経て、今度はバッチリ登場。場内が爆笑と大歓声と“稲穂”に沸き立つなか、「今日はジュージュージューだけど、1曲目からキュッ、キュッ、キュッしてもいいですか!」とライブがスタート。曲中では、5体のイルカの浮き輪が客席に投げ込まれてイルカが客席をダイブしていく中、「キュッ、キュッ、キュッ」の大合唱も起こり、ハイテンションで1曲目が終了。続く、M-2「年貢 for you」では、 “ミニ俵”を取り出すと、「俵を持ったら隣の人に渡して回してください。この曲が終わるまでに全員に回してね」と観客に無茶振りで手渡し、“年貢の納め時”をラブソングに掛けた軽快なミドルナンバーで観客をグルーヴィーに包み込んだ。続いて間髪入れずに「狩りから稲作へ」のイントロを弾きだすキーボードの元気だせ!遣唐使(渡和久 from 風味堂)に「ちょっと待って。少し休ませて」と諌めるやりとりを経て、「狩りから稲作へ」がスタート。イントロにのって「2曲しかやってないのに、ここまでで既に20分。稲穂はもうこの曲でしか使えませんよ」と呼びかけると客席にはニョキニョキと稲穂が出現。ファイナル公演らしく東京、大阪公演以上の脱線を経て無事楽曲を終えた。「たかし(ハナレグミ、以下同)とは20年の付き合い。たかしとは殴り合い抱き合いでしたが、これからも続いていきます」とのMCのあとにM-4「最後の将軍」を披露。大政奉還と恋愛をテーマにした切なく熱いバラードに会場は一転して静寂に包まれると「まじめコーナーは終了」と、軽快なリズム隊のイントロから「SHIKIBU」へ突入。またもや脱線を繰り返すも的確に付いてくる凄腕のバンドメンバーにも喝采が送られた。そして、最後を飾ったのは、ダイハツの新型車『トール』のCMソングとして全国でオンエア中の「きらきら武士」。イントロが流れる中、「俺はハナレグミのライブを誰よりも見てきたし、ハナレグミ以上のライブは見たことがない。今でも一番影響を受けているのはハナレグミです」としんみりとハナレグミへの思いを話すと、ステージ上に置かれ、「00:00」と表示されたカウントダウン時計を掲げ、「持ち時間もう終わっちゃいました!」と瞬時に笑いを誘って歌いだすと会場は一気にヒートアップ。途中、クリスマスソングも織り交ぜ、この時期ならではの多幸感満載の演出も見せ、「アンコールあるからね」の言葉と共に予定より10分おしの白熱のライブが終了した。

アンコールを待つ会場にオープニングSEが流れると、今回のツアータイトルにも含まれているLa族の“L”と“A”の驚きの被り物をかぶったハナレグミとレキシが手を繋いで登場。ハナレグミが「“L”です」、レキシが「“A”です」二人揃って「LA族です」の自己紹介からショートコントを披露。ファイナル公演ということもあり、レキシのいつも以上の無茶振りに戸惑うハナレグミという今回のイベントならではのやりとりに会場中が爆笑するなか、「そんな事務所の悩みは、設立以来ずっと求人募集の案内をしているのに、なかなか来てくれない。特に男性スタッフが続かなくて困っているので今から求人募集の歌をやります」とMC。ハナレグミがギターを手に取ると、レキシが事務所スタッフから募った“求める男性スタッフ像”が書かれた短冊を手に、ハナレグミのギターにのせて即興の歌を披露し、会場はまたもや大爆笑に包まれた。そして、フィナーレではLa族にちなんだカバー曲で会場全体は最高にピースフルな大団円を迎え、トータル約3時間以上に及ぶカップリングライブは幕を閉じた。なお、このライブの模様はフジテレビNEXTおよびフジテレビNEXT smartにて2017年1月29日(日)21:00〜22:30の90分枠でのオンエアが決定している。

2016年も駆け抜けた両者だが、ハナレグミは早速2017年春に17都市18公演となるライブハウスツアーを開催することを発表。今回のツアーは今年初頭から9都市10公演にわたり開催され、NHKホール2DAYSでファイナルを迎えた「Tour What are you looking for」以来、待望の、しかもライブハウスツアーとなるので、是非チェックしてみよう。12月21日(水)〜ハナレグミオフィシャルHP先行がスタート。詳細はハナレグミオフィシャルHPまで。

一方、レキシは、12月27日(火)「RADIO CRAZY 2016」、12月28日(水)「エレ片 IN 両国国技館」、12月29日(木)「COUNTDOWN JAPAN 16/17」に出演。さらに、毎回大好評のLINEスタンプ第3弾の発売も決定。詳細はレキシオフィシャルHPまで。

photo by 田中聖太郎
 
【セットリスト】
■ハナレグミ
M-01.光と影
M-02.音タイム
M-03.家族の風景
M-04.きみはぼくのともだち
M-05.フリーダムライダー
M-06.オリビアを聴きながら
M-07.無印良人
M-08.オアシス
M-09.明日天気になれ
M-10.深呼吸
■レキシ
M-1.KMTR645
M-2.年貢 for you
M-3.狩りから稲作へ
M-4.最後の将軍
M-5.SHIKIBU
M-6.きらきら武士

■レキシ 第3弾LINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1212066/ja

■『ハナレグミ ライブハウスツアー「名前のないツアー」』

3月03日(金) HEAVEN\'S ROCK Kumagaya
3月05日(日) 郡山 HIP SHOT JAPAN
3月17日(金) 浜松 窓枠
3月19日(日) 岐阜 CLUB ROOTS
3月21日(火) 京都磔磔
3月22日(水) 京都磔磔
3月24日(金) 富山 MAIRO
4月02日(日) 旭川 CASINO DRIVE
4月04日(火) 小樽 GOLDSTONE
4月07日(金) 盛岡 club CHANGE WAVE
4月09日(日) 石巻 BLUE RESISTANCE
4月14日(金) 鹿児島 CAPARVO ホール
4月15日(土) 長崎 DRUM Be-7
4月17日(月) 周南 RISING HALL
4月19日(水) 神戸 Harbor Studio
4月21日(金) 高松 MONSTER
4月23日(日) 和歌山 SHELTER
5月12日(金) 横浜 BAY HALL

【関連リンク】
レキシ オフィシャルHP
ハナレグミ オフィシャルHP
ほかほかごはんのCMに似合う曲
堀込泰行、ニューアルバムに秦基博やハナレグミがコメント! 本人出演のニコ生もお見逃しなく

【関連アーティスト】
ハナレグミ, レキシ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

デヴィッド・ボウイ、日本限定の12インチ・シングル盤を大回顧展『DAVID BOWIE is』にて販売
Sat, 17 Dec 2016 17:00:00 +0900
日本会場限定盤「★」展開図 (okmusic UP\'s)

デヴィッド・ボウイの12インチ・シングル盤が大回顧展『DAVID BOWIE is』の日本展会場で限定販売されることが決定した。

【その他の画像】David Bowie

今回音源として選ばれたのは計3曲。1月8日(金)に発売されたオリジナルアルバム『★』(Blackstar)より、タイトル曲のアルバムヴァージョンをSIDE1に、SIDE2には「ラザルス」と「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」のラジオエディット2曲を収録。赤いカラーレコード盤、ボウイのオリジナルポスター(590mm×884mm)、歌詞、対訳、解説付きの日本制作による完全生産限定盤となり、先日発表された日本会場限定販売「レディ・スターダスト/クリスタル・ジャパン」を収録した7インチピクチャーディスクに続く第二弾の会場限定販売音源だ。アルバム『★』からアナログ盤でのシングルリリースは世界初となるので、貴重な1枚になることは間違いない。

今回のアートワークは『ヒーザン』『リアリティ』『ザ・ネクスト・デイ』など2000年代に入ってからの作品を手がけ、先日『★』のデザインでグラミー賞“べスト・レコーディング・パッケージ"部門にノミネートされたジョナサン・バーンブルックによるもの。

デザインに関してジョナサンは『前世紀最高のアーティストのひとり、デヴィッド・ボウイにふさわしいものを作ろうとしたんだ。僕は彼のファンがどんなものを気に入るかいつも意識している。今回はデザインがとてもシンプルなだけに、細部に至るまでパーフェクトである必要があったね。レコード盤をジャケットから取り出すと出てくる「無限大」のシンボル(∞)がとても重要だった。「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」の中で、永遠に生きていたいという彼の強い願い、そして彼がもうこの世に居ないながらも、僕たちにはいつまでも彼の音楽があることを象徴しているんだ。』と語っている。

ジョナサン・バーンブルックによるコメント全文は、ボウイ展公式サイトにて全文掲載されているので、気になる方は是非チェックしてほしい。

■ジョナサン・バーンブルック コメント全文
http://davidbowieis.jp/column/18134/

■日本会場限定盤「★」12" SINGLE VINYL

2017年1月8日発売
SCJ7 1/¥3,333+税
※大回顧展『DAVID BOWIE is』日本展会場にて限定販売
※無くなり次第終了となります。予めご了承ください。
※完全生産限定盤 / カラー・レコード(赤)/ 歌詞・解説・対訳付 / オリジナル・ポスター封入
<収録曲>
SIDE 1:★
SIDE 2:LAZARUS(RADIO EDIT) / I CAN\'T GIVE EVERYTHING AWAY(RADIO EDIT)

■『DAVID BOWIE is』

開催期間:2017年1月8日(日)〜4月9日(日)
会場:寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)
主催:DAVID BOWIE is 日本展実行委員会
企画:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)
http://www.davidbowieis.jp/

【関連リンク】
大回顧展『DAVID BOWIE is』、第2期チケット販売開始&オフィシャルグッズ情報発表
横山健が語るデヴィッド・ボウイの魅力とは? 「横山健に聞く、デヴィッド・ボウイ」全文公開
大回顧展「DAVID BOWIE is」がいよいよ日本上陸! ドキュメンタリー映画の再上映も!
デヴィッド・ボウイ、究極のベスト盤がついにリリース! 朝日新聞にて横山健がボウイを語る

【関連アーティスト】
David Bowie
【ジャンル】
ポップス(洋楽), ロック/ブルース(洋楽), イベント

MISTY、4thミニアルバムのティーザー映像とジャケットを公開
Sat, 17 Dec 2016 16:00:00 +0900
ミニアルバム『Worth for believing』 (okmusic UP\'s)

メロディック・パンクバンド MISTYが2017年1月18日(水)に発売する4枚目のミニアルバム『Worth for believing』 のティーザー映像とアルバムジャケットを解禁した。

【その他の画像】MISTY

また、MISTYは12月17日&18日には10周年イヤー幕開けイベントが決定している。チケットは各アーティストHPで予約受付中で、イープラスにて発売中だ。

■4thミニアルバム『Worth for believing』ティーザー映像
https://youtu.be/XjIrVyNzI3E

■ミニアルバム『Worth for believing』

2017月1月18日発売
WLR-1041/¥1,600+税
<収録曲>
1.Shine
2.Last one mile
3.Take it off
4.Rule the world
5.SEPIA
6.Perfect days
7.PLAYROOM

■【MISTY10周年イヤー幕開けイベント】

『MISTY presents “PLAYROOM”vol.2 〜MISTY結成10周年記念〜』
12月17日(土) 愛知@安城RADIO CLUB
open 17:30/start 18:00
出演:MISTY/THE WASTED/BARICANG/INKYMAP/COUNTERCLOCKWISE

『MISTY presents “Dream and Hope”vol.2 〜MISTY結成10周年記念〜』
12月18日(日) 愛知@安城RADIO CLUB
open17:30/start18:00
出演:MISTY/SilberStyle/COCO-ROBINSON/HONE YOUR SENSE

※各アーティストHP等で予約受付中。両日共にプレイガイド(イープラス)にて発売中!
・12月17日 購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
https://t.co/dxwVgsHL6H
・12月18日 購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
https://t.co/96LgjHAASQ

【関連リンク】
MISTY オフィシャルHP
MISTY、4thミニアルバムより新曲「PLAYROOM」ハイレゾ音源を先行配信
MISTY、4thミニアルバムリリース&アウトストアライブ開催決定
MISTY、バンド結成10周年記念イベント第一弾出演者発表!

【関連アーティスト】
MISTY
【ジャンル】
パンク/ハードコア

冨田勲の追悼公演『ドクター・コッペリウス』再演&貴重なインタビューが初公開へ
Sat, 17 Dec 2016 15:00:00 +0900
『ドクター・コッペリウス』 (c)Crypton Future Media,INC.www.piapro.net/photo(okmusic UP\'s)

11月に開催された冨田勲の追悼公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』が、2017年4月に再演される。

【その他の画像】初音ミク

2016年5月に逝去した日本を誇る作曲家であり、世界的シンセサイザー・アーティスト冨田勲の追悼として開催された『ドクター・コッペリウス』は、冨田が亡くなる1時間前まで創作に取り組んでいた、まさに遺言とも言える作品。宇宙へ飛び立つことを夢想する主人公コッペリウスと、それを叶えるべく異界からやってきた初音ミクが織りなすストーリーは、時空を超えた壮大なスペースバレエシンフォニー。バレエ衣装を着た初音ミクとコッペリウスがバレエを踊る姿は、人々を幻想的な世界へと連れて行った。

ラストのシーンでは、晩年の冨田の姿も映し出され、長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた場内は、大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた。なお、その公演の終演後インタビューが、初めて『ドクターコッペリウス』オフィシャルサイトにて公開されたので、そちらも是非チェックしてほしい。

2日間で動員数4200名という多くの人々の心に感動を与えた本公演は2017年1月29日(日)23:00 より、NHK-BSにて放送される。また、1月20日にはNHK WORLD『NEWSROOM TOKYO』でも特集が放送予定とのことなので、会場で観た人も観たことない人も、是非テレビで感動を味わおう。

Photo by 高田真希子
(C)Crypton Future Media,INC.www.piapro.net/photo

【関連リンク】
『ドクターコッペリウス』オフィシャルHP
冨田勲×初音ミク「ドクター・コッペリウス」制作発表で、知られざる事実が続々と明らかに!
冨田勲追悼特別公演「冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』」にエイドリアン・シャーウッドが出演決定
冨田勲×初音ミク、『ドクター・コッペリウス』 公演情報・メインビジュアル発表

【関連アーティスト】
初音ミク, 冨田勲
【ジャンル】
J-POP, ボーカロイド

KOZUMI、ついに音源初公開! デビューアルバムより「窒息」MVが解禁へ
Sat, 17 Dec 2016 14:00:00 +0900
KOZUMI (okmusic UP\'s)

長野出身のツインボーカルバンド・KOZUMIが、 MVや最新情報などを一挙公開した。

【その他の画像】それでも世界が続くなら

KOZUMIは、それでも世界が続くならの篠塚将行がサウンドプロデュース兼アレンジャーとして参加した、長野出身の現役大学生男女ツインボーカルバンドだ。バンドの公式サイトでは音源公開などが全く行なわれず謎に包まれていたが、この度1月11日にリリースとなるデビューアルバム『アンデルセン』より、テクニカルなベースのタッピングから始まる楽曲「窒息」のMVが公開となった。

また、MV以外の収録曲6曲のうち5曲をOTOTOYにて期間限定無料フル公開し、異例の音楽業界約70名からのコメントも一挙公開した。

2月には、東京と長野の2ヶ所でリリース記念主催イベント「From Ducks to Swans」を開催。初日となる2月14日(火)の下北沢公演の詳細のみが解禁され、チケットは12月17日(土)より先行発売が開始となる。また第一弾アーティストとしてKOTORIが出演することも発表された。

徐々にそのヴェールを脱ぎつつあるKOZUMI。これからの活躍にも是非期待したい。

■ミニアルバム『アンデルセン』OTOTOY期間限定ほぼ全曲フル試聴
※試聴は12月16日〜1月10日まで期間限定
http://ototoy.jp/_/default/p/69354
■ミニアルバム『アンデルセン』音楽業界約70名よりコメント
http://kozumiandersencome.wixsite.com/andersen-coment

■【各関係者からのコメント(抜粋)】

■ホシノタツ(batta)
少年が大人になる瞬間を見た。
武器を持たない真っ直ぐさが武器だったKOZUMIというバンドが、明確な武器を持って戦場に立とうとしている。

■松山 晃太(BYEE the ROUND/GRAND FAMILY ORCHESTRA)
「なんかある」って感じたバンドでした。

答えは、この音源に詰まってました。

■土肥大人(セプテンバーミー)
From長野からやってきたKOZUMIの音楽には戦って生きる人を後押しする力がある。
荒々しくて、真実を歌って、なんて儚いんだ。
不器用な、KOZUMIが大好きだよ。

■「窒息」MV
https://youtu.be/jDotNFI9Bfk

■『KOZUMI pre. " From Ducks to Swans " 〜1st. mini album「アンデルセン」release event〜』

2月14日(火)  東京・下北沢LIVE HORIC
Act:KOZUMI/KOTORI /他
■プレイガイド先行発売
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002211706P0030001

■ミニアルバム『アンデルセン』

2017年1月11日発売
LFRR-0001/¥2,000+税
<収録曲>
1. 窒息
2. サヨナラSeptember
3. アンカー
4. サイレン
5. 産声
6. 素晴らしき日々
7. 愛の矛盾

【関連リンク】
KOZUMI オフィシャルHP
それでも世界が続くなら、最新ミニアルバムからMV「弱者の行進」公開
それでも世界が続くなら、移籍後初の全国流通作『52Hzの鯨』を9月21日にリリース
それでも世界が続くなら、レーベル移籍後初MV「狐と葡萄」を解禁

【関連アーティスト】
それでも世界が続くなら, KOZUMI
【ジャンル】
ジャパニーズロック

米津玄師、本人描き下ろしによる新作ジャケットを解禁! 「3月のライオン」桐山零モチーフのライオン盤も
Sat, 17 Dec 2016 13:00:00 +0900
シングル「orion」【ライオン盤(初回限定)】(CD+DVD+紙ジャケット仕様) (c)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会(okmusic UP\'s)

米津玄師が2017年2月15日(水)にリリースするニューシングル「orion」のジャケットアートワークが公開された。

【その他の画像】米津玄師

表題曲「orion」は2017年1月7日(土)から放送予定のTVアニメ『3月のライオン』の新エンディングテーマとなっており、商品は「オリオン盤」「ライオン盤」「通常盤」での発売が予定されている。なお表紙を飾るイラストはすべて本人描き下ろしによるもの。今作のメインカラーはピンクで、初回限定の「ライオン盤」は『3月のライオン』の登場人物である桐山零をモチーフに描き下ろしている。

先日、即日完売となった全国ライブツアーを終え、自身初の単行本『かいじゅうずかん』の発売も決定した米津玄師。最新作にぜひとも注目してほしい。

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

■シングル「orion」

2017年2月15日(水)発売
【オリオン盤(初回限定)】(CD+クリアシート+ハードカバー仕様)
SRCL-9313/¥1,700+税
【ライオン盤(初回限定)】(CD+DVD+紙ジャケット仕様)
SRCL-9314〜9315/¥1,700+税
【通常盤】
SRCL-9316/¥1,200+税

※「orion」…NHK総合TVアニメ『3月のライオン』新エンディングテーマ

【関連リンク】
米津玄師 オフィシャルHP
米津玄師、表現者としての覚醒と次なるステップを示したツアーファイナルが終幕
米津玄師、ツアーファイナルにてTVアニメ『3月のライオン』新EDテーマ担当を発表
中田ヤスタカ、映画『何者』主題歌のMVフル公開&スペシャルコラボイベント開催決定

【関連アーティスト】
米津玄師
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, アニメ

ギターウルフがライブ活動休止を発表
Sat, 17 Dec 2016 12:00:00 +0900
ギターウルフ (okmusic UP\'s)

ギターウルフが2016年に決まっているライブ終了後、ライブ活動を休止することを発表した。

【その他の画像】ギターウルフ

【ギターウルフ・ライブ活動休止のお知らせ】
ギターウルフ・セイジは、2007年に手術をした股関節の再手術を2017年1月に受けることになりました。つきましては、ギターウルフは2016年12月26日になんば味園ユニバースにて行われる「宇宙戦艦ミソノFEVER」、翌日12月27日に心斎橋Pangeaにて行われる「ジェット忘年会」の公演をもちまして、ライブ活動をしばらくの間、休止します。ライブ活動は、股関節回復後に再開しますのでホームページ、SNSなどで情報をチェックしていただくともに、引き続き応援よろしくお願いします。
ギターウルフ, DUM-DUM LLP

■【ライブ情報】

「ギターウルフ&DUM-DUM presents『宇宙戦艦ミソノFEVER -メガマックス ジェット遊星の秘密-」
12月26日(月) なんば味園ユニバース
LIVE:ギターウルフ / リンダ&マーヤ / ベッド・イン / Have a Nice Day! / THE VOTTONES
DJ:O.K.D

「GUITAR WOLF presents 『ジェット忘年会 Bye-Bye 2016 これで君も来年は風邪ひかない!』」
12月27日(火) 心斎橋Pangea
LIVE:GUITAR WOLF / GIAN & THE FRIDAY KNIGHTS / JIMMY & THE QUEENIES[TAKAO(JIMMY & HIS MOJOMEN+REEKO(THE BUNNIES)+MOMO(THE GO-DEVILS)+MIWA(BAITONES)
DJ:K.D.M. (TIME BOMB RECORDS) / O.K.D (It\'s Finking Time / Old Hat Gear)

【関連リンク】
ギターウルフ主催イベントにベッド・イン堂々参戦
ギターウルフ、ツアー東京公演の模様をニコ生にて配信決定
ギターウルフ、「逆襲の四畳半ツアー」東京・大阪・名古屋公演のゲスト決定
ギターウルフ、激アツ必至の購入者特典インストアライブが開催決定

【関連アーティスト】
ギターウルフ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

阿部真央、2017年2月にニューアルバム発売決定
Sat, 17 Dec 2016 11:00:00 +0900
阿部真央 (okmusic UP\'s)

阿部真央か?前作『おっは?し?め!』をリリースしてから約2年ふ?りとなるニューアルハ?ム『Babe.』を、2017年2月15日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】阿部真央

7作目となるニューアルバム『Babe.』は自身の出産や、作品を産み出すという意を込めたタイトル。常に等身大の感情を剥き出しに楽曲制作をしてきた阿部真央か?リリースする新作『Babe.』は紛れもなく、27歳を迎える阿部真央か?偽りなく表現された1枚となった。復帰第一弾となった「Don\' t let me down」やテレヒ?朝日系木曜ミステリー「女たちの特捜最前線」の主題歌となった「女たち」をはし?め、多彩な楽曲か?並ふ?本作は怒り、喜ひ?、悲しみ、なと?様々な 感情か?鮮明に打ち出された作品。そのほかにも多彩な楽曲か?詰め込まれた1枚て?、女性シンカ?ーソンク?ライターか?乱立する現在の 音楽シーンの中て?、2年の沈黙を破り、発売される今作はまさしく“待望”の一言に尽きる名盤となっている。

そして、アルバムリリースと同時に最新ビジュアルも公開! アルバムは、限定特典DVD「あべまおらじお〜超超番外編〜」を収録したLoppi・HMV限定盤と通常盤の2形態がリリースされる。

【阿部真央コメント】
「またこうして新たな作品を発表させて頂けること、本当に嬉しく思います。多くの方にこのアルバムが届きますように」

■アルバム『Babe.』特設サイト
http://babe.ponycanyon.co.jp

■アルバム『Babe.』

2017年2月15日発売
【通常盤】(CD)
PCCA-04492/¥3,000
【Loppi・HMV限定盤】(CD+DVD)
BRCA-00078/¥3,500
<収録曲>(全形態共通)
■CD
「You changed my life」「Don\'t let me down」「女たち」など、全13曲入り予定
■Loppi・HMV限定盤特典DVD(収録予定)
・「You changed my life」Music Video
・「Don\'t let me down」Music Video
・「女たち」Music Video
・あべまおらじお〜超超番外編〜


◎通常盤 初回生産分封入特典
・あべまおらじお〜超超番外編〜(DISC PLUSでのDL形式)

■全国ホールツアー『阿部真央 らいふ? No.7』

2月25日(土) 大分 iichiko ク?ランシアタ
3月04日(土) オリックス劇場
3月05日(日) オリックス劇場
3月11日(土) 神奈川県民ホール
3月18日(土) 新潟県民会館
3月20日(月・祝) 札幌市教育文化会館
3月25日(土) 岡山市民会館
3月26日(日) 福岡サンハ?レス
4月01日(土) 仙台市民会館 宮城
4月02日(日) 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
4月08日(土) 神戸国際会館 こくさいホール
4月09日(日) 京都ロームシアター メインホール
4月13日(木) 徳島あわき?んホール
4月15日(土) 広島アステールフ?ラサ?
4月21日(金) 静岡市民文化会館 ホール
4月23日(日) 東京国際フォーラム(ホール A)

【関連リンク】
阿部真央 オフィシャルHP
ウルフルズ、初のトリビュートアルバムは女性アーティストで華やかに!
阿部真央、新曲「女たち」のMVでダンスに挑戦!?
阿部真央、ニュービジュアルとニューシングル「女たち」ジャケ写真が解禁

【関連アーティスト】
阿部真央
【ジャンル】
J-POP

ageHa恒例のカウントダウンイベント開催! ヘッドライナーにDJ・R3HABを発表
Fri, 16 Dec 2016 20:30:00 +0900
『ageHa COUNTDOWN 2017』ポスター (okmusic UP\'s)

新木場・ageHaにて、毎年恒例のカウントダウンイベントが開催される。

【その他の画像】DJ KAORI

ageHaのカウントダウンといえば、「ワンストップ」が有名だ。湾岸に位置するageHaでは、年越し蕎麦、カウントダウン、初詣、初日の出と年越しに必要な全てがワンストップで叶うとあって、毎年大盛況を誇る。

もちろん2016年も本物の神社「揚羽(アゲハ)神社」が登場し、オリジナルのお守りや福袋の販売も実施されるほか、年越し蕎麦あり、野外プールを備えたWATERエリアの目の前の湾から上る初日の出ありと、まさに史上最強と呼ぶに相応しい日本一の年越しパーティーになるだろう。

また、毎年数々のビッグアーティストが出演することで高い人気を誇る本イベントだが、今年はDJ・DJ KAORIを筆頭に、中田ヤスタカ、banvox、MITOMI TOKOTO、SHINTAROなど、豪華ラインナップが勢揃い。

そして、期待のヘッドライナーには、2年ぶり2度目となるDJ・R3HABが登場! 2014-2015のageHaのカウントダウンパーティーに登場した彼は、2015年のスタートとともに世界中に衝撃を走らせた。そして今回、15周年イヤーを迎える2017年のスタートに彼が帰って来る。またもや伝説の夜を演出してくれることは間違いないだろう。特別な夜を彩るスペシャルVIPプランも3プラン用意されているので、ぜひチェックしてみよう。

■『ageHa COUNTDOWN 2017』

12月31日(土) 新木場・ageHa
OPEN 21:00 to SUNRISE

【関連リンク】
ageHa オフィシャルHP
『ageHa COUNTDOWN 2017』特設サイト
きゃりーぱみゅぱみゅ×中田ヤスタカ、ダブルA面スプリット盤は8センチシングルを再現
新木場・ageHaにて毎年恒例の「ASOBONENKAI」開催! PKCZ(R)他ラインナップが明らかに

【関連アーティスト】
DJ KAORI, 中田ヤスタカ, MITOMI TOKOTO, R3hab, banvox, SHINTARO
【ジャンル】
J-POP, ダンス/ハウス/テクノ, イベント

minus(-)、1stフルアルバム『O』&最新映像作のトレイラーを公開
Fri, 16 Dec 2016 20:00:00 +0900
minus(-) (okmusic UP\'s)

元SOFT BALLETの藤井麻輝と森岡賢のユニット・minus(-)が12月28日にリリースする1stフルアルバムとライブBlu-ray&DVDのトレイラー映像を公開した。

【その他の画像】SOFT BALLET

1stフルアルバムは、これまでの2枚のミニアルバムからゲストボーカルによる楽曲を森岡と藤井のボーカルで再録。加えて6月に急逝した森岡のPCに残された楽曲を、藤井が丹念に仕上げた新曲3曲で構成されている。

同時リリースされるライブBlu-ray&DVDは、2月に行なわれ、森岡の生前ラストライブとなったLIQUIDROOM公演と、森岡の死後トリプルドラムを迎えて敢行された8月の赤坂BLITZでのライブ、2つのステージをコンパイルしたものだ。

minus(-)はこの作品たちを引っさげて2017年3月にツアーを行なう。このツアーはminus(-)と、藤井とYOW-ROW(GARI)のユニットであるJugendgedenkenとの対バン形式となっているので、気になる方は是非会場に足を運んでほしい。

■アルバム『O』・Blu-ray&DVD『V』 トレイラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=9IoC2vYv158

■【リリース情報】

アルバム『O』
2016年12月28日発売
AVCD-93573/¥3,240(税込)

Blu-ray&DVD『V』
2016年12月28日発売
■Blu-ray
AVXD-92434/¥5,940(税込)
■DVD
AVBD-92432〜3/¥4,860(税込)

■【ツアー情報】

2017年
3月05日(日) 札幌COLONY
3月13日(月) 名古屋ell.FITSALL 
3月14日(火) 金沢VANVAN V4 
3月16日(木) 長野CLUB JUNK BOX 
3月20日(月・祝) 心斎橋VARON 
3月21日(火) 福岡DRUM SON

【関連リンク】
minus(-) オフィシャルサイト
Jが対バン10番勝負にてminus(-)、AA=と激突! ソロ20周年記念ツアーの発表も
minus(-)、ニューアルバム&最新映像作品のビジュアルと収録内容が明らかに
minus(-)、1stフルアルバムとライヴ映像作品を12月に同時リリース

【関連アーティスト】
SOFT BALLET, minus(-)
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

超特急、3月開催の『KANSAI COLLECTION』出演決定! ユースケが意気込み語る
Fri, 16 Dec 2016 19:30:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

超特急が、2017年3月19日(日)に行なわれる『KANSAI COLLECTION 2017 SPRING & SUMMER』に出演することを発表した。

【その他の画像】超特急

出演に向けて、メインダンサーのユースケは「関西でしか見れないパフォーマンスでKASAI COLLECTIONにキラキラを届けます。」と意気込んでいる。

2016年、数え切れない程のイベントに出演し、単独ライブのチケットは全て即完売するなど各所で話題を振りまいてきた超特急。ライブでの演出力・パフォーマンス力に定評のある彼らが『KANSAI COLLECTION』でどんなステージで会場を沸かせるのか、今から期待が高まる。

■【6号車 ユースケよりコメント】

超特急が関西コレクションに出演することが決まりました。
数々のファッションショーへ出演してきた超特急ですが、関西コレクションに出演するのは初なので関西でしか見られないパフォーマンスはもちろん、超特急のメンバーには関西出身のメンバーもいますので、関西パワーを全面に出した超特急を見せてやるんやで!! 粉もん超特急で、KANSAI COLLECTIONにキラキラを届けます!!

■『KANSAI COLLECTION 2017 SPRING & SUMMER』

2017年3月19日(日) 京セラドーム大阪
開場:13:00 / 開演:14:30 / 終演:21:00 (全て予定)
http://www.kansai-collection.net/

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急がINDEPENDENT 20周年企画に登場! アナザーインタビューを限定公開
超特急、クリスマスコスで『次ナルTV-G』収録
超特急、第2弾フォトブックのメイキング映像&場面写真公開

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, イベント

Acid Black Cherry、新作カヴァーアルバムのDVDにて小室哲哉とSP対談を実施
Fri, 16 Dec 2016 19:00:00 +0900
yasu×小室哲哉 (okmusic UP\'s)

Acid Black Cherryが2017年1月25日に発売するカヴァーアルバム第4弾『Recreation 4』のDVDに収録される「The Live Show “Recreation"」と題したショープログラムのトークゲストに小室哲哉を迎え、yasuとのスペシャル対談が実施されることがわかった。

【その他の画像】Acid Black Cherry

前作の『Recreation 3』に収録されている「BELIEVE(渡辺美里 / 1986年)」のアレンジをオリジナルの作曲者である小室哲哉氏が手がけている縁もあり、今回の対談が実現。

yasuがボーカリストでありメインコーポーザーを務めるJanne Da Arcの4枚目のアルバム『ANOTHER STORY』や、Acid Black Cherryが発売した全4枚のアルバムは全てコンセプトアルバムとなっており、yasuはあえてそういった作品作りを目指してきている。yasuがコンセプトアルバムを作る理由として、「もう一歩先にある、もう一つの楽しみのため」と語っており、そのきっかけとなったのが小室哲哉が所属しているTM NETWORKのアルバム『CAROL〜A DAY IN A GIRL\'S LIFE 1991〜』を聴いてからであると音楽誌のインタビューでコメント。小室哲哉はyasuの音楽活動に影響を与えたミュージシャンの一人なのだ。

また、今作では日本の音楽史を彩ってきた様々な名曲をyasuが持つ独特なハイトーンボイスに乗せ、原曲へのリスペクトを持って名曲の魅力を余すことなくカヴァー。「M (プリンセスプリンセス / 1989年)」や「Tomorrow never knows (Mr.Children / 1994年) 」や 「三日月 (絢香 / 2006年) 」など、1980年代から2010年代の楽曲まで全12曲を収録している。収録楽曲の解禁時には、ファンの中で「yasuがまさかのフラゲを?」と話題になったり、「ミスチル」や「フライングゲット」のワードがTwitterでトレンド入りするなど大きな反響を呼んでいた。

小室哲哉との対談が収録される『The Live Show “Recreation"』には、「青空(THE BLUE HEARTS / 1989年) 」や「恋におちて(小林明子 / 1985年)」、「GLAMOROUS SKY(中島美嘉 / 2005年 )」の3曲のスタジオライブセッションを収録。Acid Black Cherryとして初めてカヴァー楽曲を生演奏した貴重映像が収録される。

“名曲を次の世代に唄い継ぐ"がコンセプトのAcid Black Cherryのカヴァーアルバム。今の自分の作品作りに大きな影響を与えた小室哲哉氏とどのような話を交わしたのか、非常に楽しみである。

■アルバム『Recreation 4』

2017年1月25日発売
【CD+DVD】
AVCD-32259/B/¥3,240(税込)
【CD ONLY】
AVCD-32260/¥2,700(税込)
<収録曲>
■CD (※カッコ内は原曲歌唱アーティスト/発売年)
01.流星のサドル (久保田利伸 / 1986年)
02.星空のディスタンス (THE ALFEE / 1984年)
03.輝きながら… (徳永 英明 / 1985年)
04.三日月 (絢香 / 2006年)
05.CLOUDY HEART(BO?WY / 1985年)
06.青空 (THE BLUE HEARTS / 1989年)
07.青春のリグレット (松任谷 由実 / 1985年)
08.私はピアノ (サザンオールスターズ / 1980年)
09.Forget-me-not (尾崎 豊 / 1985年)
10.フライングゲット (AKB48 / 2011年)
11.M (プリンセスプリンセス / 1989年)
12.Tomorrow never knows (Mr.Children / 1994年)
■DVD (※カッコ内は原曲歌唱アーティスト/発売年)
『The Live Show “Recreation"』
[ライブ収録楽曲]
01.恋におちて (小林 明子 / 1985年)
02.GLAMOROUS SKY (中島 美嘉 / 2006年)
03.青空 (THE BLUE HEARTS / 1989年)
※生演奏でのスタジオライブ収録のため、CD収録の音源とは異なります。

【関連リンク】
Acid Black Cherry オフィシャルHP
小室哲哉が約3年ぶりのソロアルバムで神田沙也加やtofubeats、May J.、つんく♂、大森靖子らとコラボ
AOA、アルバム『RUNWAY』発売記念イベントに小室哲哉がサプライズ登場!
Acid Black Cherry、待望のカヴァーアルバム第4弾のジャケ写を解禁

【関連アーティスト】
Acid Black Cherry, 小室哲哉
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

【連載コラム】稚菜、映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の主題歌をカバー
Fri, 16 Dec 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

さて今日もまずは恒例の一曲。
もうおなじみ、back numberの「ハッピーエンド」
この曲は明日公開の映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の主題歌です。
私は元々この原作が好きで、その上大好きなback numberさんの曲!
これは絶対劇場に観に行くしかないでしょ!!笑
ハッピーエンドは、これまた歌詞が切なくて、聴いた時涙が溢れていた。
依与吏さんが書く歌詞は繊細で人の心の琴線に優しく触れるものが多いなって思う。
大尊敬のシンガーソングライター。
私なりに言葉を大切にしながら歌ってみました、是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=aJ2TSHai_bk

歌詞を書く様になってから、気にかかるものが出て来た。
それが、本や歌詞の中での、漢字と平仮名の使い分け。
上の本の例で上げると、’’ぼく’’や’’きみ’’
こういうものを見かけた時、何故’’僕’’と’’君’’じゃないのか?
そんな部分が無性に気になってしまったりするんです。
’’薔薇’’とかね、難しい漢字をカタカナにしたりするのはなんとなく分かる気もするんです。
でも、そこをあえてひらがな。
その言葉を使った作者や歌手の人たちがどんな思いでそうしたのか、色んな意味があるだろうから凄く聞いてみたいなって思うんですよね。
後は単純に、’’僕は明日、昨日の君とデートする’’より、
’’ぼくは明日、昨日のきみとデートする’’の方がパッと見やすく目に留めて言葉が入って来やすい、だから手に取られやすいという点もある気がする。
日本人になじみのあるひらがなを、漢字と交える、という絶妙な使い方がさすがだなって思ったのです。

私自身は、歌詞の中で漢字の使い方を工夫していたりする。
それが’’うた’’
歌、唄、詩。
この3種類を使っている曲名が多い。
それぞれ自分の中できちんと意味がある。
’’歌 ’’はとにかく楽しくみんなで歌う、というイメージ
‘’唄’’はメロディー:言葉=4:6くらいで言葉に少し重点を置いているもの
そして’’詩’’はそのまま、’’し’’
つまり言葉として訴えかけたいもの
同じ様に感じるかもしれないけれど、少しずつニュアンスが違う。
…私の中では。笑
その言葉を操る人によって本当に意味は異なると思う。
言ってしまえばただの自己満足なのかもしれないけれど。
でも、その書いた人、つくった人が何故使ったかを知れた時、その人の根本、心の部分に触れられる気がして、もっとグッと理解出来る気がするんです。
だから知りたくなる。

世の中にはまだまだ色んな言葉の使い方がある。
そんな言葉を、あなたも是非探してみて下さい。

【関連アーティスト】
back number, 稚菜
【ジャンル】


スキマスイッチ、全国高校ラグビー×アニメ『ALL OUT!!』コラボMVを期間限定フル公開
Fri, 16 Dec 2016 18:00:00 +0900
スキマスイッチ (okmusic UP\'s)

スキマスイッチのオフィシャルHPと『MBSラグビー』オフィシャルHPにて、12月27日(火)から開幕される『第96回全国高校ラグビー大会』を記念した「全力少年 produced by 奥田民生」全国高校ラグビーMVがYouTube「AUGUSTA CHANNEL」にて期間限定でフル公開となった。

【その他の画像】スキマスイッチ

同曲はMBSなどで放送中のラグビーTVアニメ『ALL OUT!!』のEDテーマとしても話題となっているが、12月27日(火)から開幕される『第96回全国高校ラグビー大会』の開催日の深夜(決勝日は除く)に放送する『KOBELCOスポーツスペシャル 全国高校ラグビー大会ハイライト』のOPテーマ曲にも起用が決定している。

今回のMVは再び聖地・花園競技場に立ったスキマスイッチの姿や高校ラグビー大会メインキャスターの大畑大介&小島瑠璃子、全国高校ラグビー大会の感動的なハイライトシーン、アニメ『ALL OUT !!』名シーンなどといった見所が満載。

また、2015年に続いて大会テーマソングに起用されている「ハナツ」を、12月27日放送のMBS『ちちんぷいぷい』で披露することも合わせて発表された。この日限りのスペシャルバージョンのパフォーマンスで、スキマスイッチが選手にエールをおくる。さらに2017年1月7日(土)決勝戦には、2015年に続いて花園ラグビー場へ駆けつけ、MBSが生中継する『第96回全国高校ラグビー大会決勝』の副音声を担当することも決定した。

今回のスキマスイッチと全国高校ラグビー大会のコラボレーションを記念して、最新シングル「全力少年 produced by 奥田民生」を毎日放送1F・らいよんデイリーストア、もしくはSony Music Shop(オンラインショップ)で購入者した方に先着で「ハナツ(premium ver.)」アナザージャケットが配布される。こちらは2017年1月5日(木)準決勝戦、1月7日(土)決勝戦時の花園ラグビー場でのCD購入者も対象となる。どちらも期間・数量限定につき、早めにゲットしたい。

■YouTube「AUGUSTA CHANNEL」
https://www.youtube.com/user/officeaugusta
■『MBSラグビー』オフィシャルHP
http://www.mbs.jp/rugby/

■【 「ハナツ (premium ver.)」アナザージャケット特典 詳細情報】

<特典>
スキマスイッチ手書きイラスト&サイン入り「ハナツ(premium ver.)」アナザージャケット
<対象店舗・会場>
■毎日放送1F"らいよんデイリーストア"
CD販売&特典配布期間:2016年12月16日(金)〜2017年1月7日(土)
■Sony Music Shop 
特典配布期間:2016年12月16日(金)〜2017年1月7日(土)
http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=AUCL-217
■東大阪市花園ラグビー場 
CD販売&特典配布期間:2017年1月5日(木)11:30〜15:30、2017年1月7日(土)13:00〜15:00の二日間のみ

※アナザージャケットはCDジャケットサイズで裏面の手書きイラスト&サインは印刷になります。
※特典配布期間以外のご購入には上記特典はつきませんので、予めご了承ください。
※特典は数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。
※上記、期間・店舗/会場以外での配布はございません。ご了承下さい。

■シングル「全力少年produced by 奥田民生」

発売中
【期間生産限定盤】(CD)
AUCL-217/¥1,300+税
※2017年2月末日までの期間生産限定盤
※雨瀬シオリ描き下ろしジャケット&デジパック仕様+anime ver.音源収録
<収録曲>
1.全力少年 produced by 奥田民生
2.ハナツ (premium ver.)
3.全力少年 produced by 奥田民生 (anime ver.)
4.全力少年 produced by 奥田民生 (KARAOKE)

■『第96回全国高校ラグビー大会』

開催日程:2016年12月27日(火)〜2017年1月7日(土) 
出場校:全国47都道府県・51校が出場

『KOBELCOスポーツスペシャル 全国高校ラグビー大会ハイライト』
<放送日時>
【ハイライト番組】
12月27日(火)・12月28日(水)・12月30日(金)、1月1日(日)・1月3日(火)・1月5日(木)の(決勝を除く)大会開催日の深夜
メインキャスター:大畑大介・小島瑠璃子
【大会中継(予定)】
1月5日 (木)準決勝 13:55〜 、1月7日 (土)決勝 13:55〜

【関連リンク】
スキマスイッチ オフィシャルHP
スキマスイッチ、映画『一週間フレンズ。』主題歌として名曲「奏(かなで)」をリアレンジ
スキマスイッチ、奥田民生プロデュース「全力少年」MV公開
スキマスイッチの新「全力少年」、ジャケ写は『ALL OUT!!』とのコラボ!

【関連アーティスト】
スキマスイッチ
【ジャンル】
J-POP, アニメ, テレビ(番組/CM)

ホール&オーツの絶頂期にリリースされた充実作『プライベート・アイズ』
Fri, 16 Dec 2016 18:00:00 +0900
『Private Eyes』(’81)/Daryl Hall & John Oates (okmusic UP\'s)

ホール&オーツはブルー・アイド・ソウルから始まって、ロックやAORまで、さまざまな顔を見せながらも、実はビシッと筋の通った頑固なところがある。あれだけ息の長い活動ができたのは、頑固なまでのソウル好きと、何より万人に愛される良い曲が書けたことだろう。世代的なものかもしれないが、僕は彼らの初期にあたる73年〜75年のサウンドが一番好きだ。「シーズ・ゴーン」「ラスベガス・ターンアラウンド」「サラ・スマイル」などの楽曲群は未だによく聴くが、名曲だと思う。時流に合わせてさまざまなタイプのヒット曲を繰り出していくが、彼らの良さは培った経験を捨てることなく、しっかりと積み重ねながら成長していったことだ。今回紹介する『プライベート・アイズ』は通算11枚目(ベストアルバムは除く)となるアルバムで、2枚目のセルフプロデュース作。良い曲は「プライベート・アイズ」だけじゃないので、じっくり聴いてみてほしい。

【その他の画像】Daryl Hall

■レーベルごとに違った顔を見せる変幻自在のミュージシャン

ホール&オーツの活動は、大きく分けると3つの時代にわかれる。ひとつ目はデビュー時の72年から78年までのブルー・アイド・ソウル期で、アルバムはアトランティックレコードから3枚、RCAレコードから4枚リリースした頃だ。この時期には前述した「シーズ・ゴーン」「ラスベガス・ターンアラウンド」「サラ・スマイル」の他、初の全米ナンバーワンを獲得した「リッチ・ガール」などのシングルヒットがある。

ふたつ目がロック時代で、デビッド・フォスター(著名なプロデューサー兼ミュージシャン)がプロデュースし、RCAから「赤い断層(原題:Along The Red Ledge)」(’78)と「モダン・ポップ(原題:X-Static)」(‘79)の2枚のアルバムをリリースしている。この2枚はブルー・アイド・ソウル風味はあまり前面に出さず、ロック〜AOR系のサウンドで勝負している。ヒット曲は「It’s A Laugh」(『赤い断層』に収録)と「Wait For Me」(『モダン・ポップ』に収録)がある。天才的な才能を持つプロデューサーを迎えたことで、ダリル・ホールはデビッド・フォスターから作曲やプロデュースの手法について多くを学んでおり、これ以降に怒涛のごとくリリースするヒットメーカーとしての準備期間とでも言うべき重要な時期であった。

3つ目はホール&オーツが大ブレイクするときで、セルフプロデュース作の『モダン・ヴォイス(原題:Voices)』(‘80)、本作『プライベート・アイズ(原題:Private Eyes)』(’81)、『H2O』(‘82)、『ビッグ・バン・ブーム(原題:Big Ban Boom)』(’84)の4枚のアルバムが該当する。彼らふたりが最も影響を受けたフィリーソウルをベースに、80年代の流行りであったシンセポップの味付けをしながら、独自のサウンドを創り上げた時期で、彼らの手腕は見事であったと思う。これらのアルバムから、ホール&オーツの代表作である「Kiss On My List」「Everytime You Go Away」「Private Eyes」「I Can’t Go For That(No Can Do)」「Did It In A Minute」「Maneater」「One On One」「Family Man」「Out Of Touch」「Method Of Modern Love」「Possession Obsession」などの大ヒット群が生まれており、これらの曲は未だによくオンエアされている。

■ホール&オーツとしての最後のヒット

このあと、彼らはホール&オーツの音楽の原点を見つめ直すために、テンプテーションズのメンバーを迎えてアポロ劇場でのライヴ盤『ライヴ・アット・ジ・アポロ』(‘85)にリリースし、一旦ホール&オーツとしての活動を休止、88年にアリスタレコードに移籍し、第一弾アルバム『Ooh Yeah!』をリリース、彼らにとって最後の大ヒット「Everything Your Heart Desires」(全米3位)を出す。彼らのヒットメーカーとしての勢いはここまでで、以降のアルバムから大きなヒットは出ていない。ただ、ヒットは出なくてもアルバムの完成度は高く、彼らがアメリカ屈指のソングライターであることは間違いない。その後、休止〜再スタートなどの期間を経て、現在もライヴ活動には積極的で、日本でも2015年に4年振りの来日公演を行ったばかりだ。

■人力演奏の魅力

テクノが主流の80年代に、ホール&オーツは費用のかかる分厚いバックのミュージシャンたちに支えられていた。僕はここに彼らの成功の秘訣があったのだと考えている。もちろん、彼らもリズムボックスやシンセを使っているのだが、基本は凄腕のミュージシャンたちによる人力演奏が中心であった。当時、リアルタイムで彼らの82年のライヴDVDを観たのだが、ベースとドラムの重いグルーブ感に圧倒された記憶がある。他のグループが流行のチープな音でライヴをやっている時に、70年代前半のようなバンド編成でロックスピリットにあふれた演奏を繰り広げていたのである。彼らのライヴを観ると、やっぱりロックは人力による演奏が一番だってことを再認識させられる。冒頭で彼らには“筋の通った頑固さがある”と言ったのはそういう部分なのだ。

■本作『プライベート・アイズ』について

本作からは「Private Eyes」「I Can’t Go For That(No Can Do)」の2曲が全米チャート1位を獲得、アルバムも5位となった。特に「Private Eyes」は、当時のディスコ人気と、始まったばかりのMTVでのヘヴィローテーションもあって、それまでにない多角的なヒットの仕組みを作ったことでも忘れられない曲となった。

アルバムの構成は、特に流行りの音を採り入れているわけではなく、彼らのルーツであるソウル(特にフィラデルフィアソウル)をベースに、優れたポップソングをちりばめるという、いたってシンプルな組み立てだ。良い曲を書くことがいかに難しいかは、音楽ファンとして想像できるが、ここではタイトル曲の際立った出来はもちろん、多くの曲がとてもよく練り上げられていて、彼らふたりがもっとも乗っていたことが推測できる佳曲が揃っている。また、この頃にはバックを務めるミュージシャンが固定されており、ベースのTボーン・ウォーク、ドラムのミッキー・カーリー、サックスのチャーリー・デシャントらの活躍も見逃せないところで、随所に絶妙のサポートを見せている。

本作で僕が最も好きな曲は「I Can’t Go For That(No Can Do)」で、この曲はフィラデルフィアソウルというよりは、どちらかと言えば南部寄りのソウルテイストを感じさせるが、伝統的な(ある意味で古臭い)スタイルを採り入れながらも、ちゃんと80年代サウンドとして提示できているところが見事だと思う。

当時、評論家やマニアックな音楽ファンには、単なるヒット制作集団として軽く受け流されたホール&オーツだが、リリースされてから35年が経って、改めて本作を聴いてみると、彼らの真摯なアルバム作りと、単なる流行のサウンドではない普遍的な音楽を追究していたことがよく分かる。本作を含め、彼らが80年代にリリースしたアルバムは秀作揃いなので、まだ聴いたことがないという人は、この機会に聴いてみてほしい。

【関連リンク】
来日公演の前に予習を! ホール&オーツを聴くならこの5曲!!
ホール&オーツのダリル・ホール15年ぶりのソロ作発売
ホール&オーツ、日本のファンが選曲する来日記念ベスト発売

【関連アーティスト】
Daryl Hall, Daryl Hall & John Oates, JOHN OATES
【ジャンル】


忘れらんねえよ、クリスマス開催の『ツレ伝』“ツレ”はSCOOBIE DOに決定!
Fri, 16 Dec 2016 17:00:00 +0900
忘れらんねえよ (okmusic UP\'s)

忘れらんねえよが12月25日(日)に行なう年内最後のツレ伝『ツレ伝X〜俺たちはXmasなど意識してない〜』のツレがSCOOBIE DOであることを発表した。

【その他の画像】SCOOBIE DO

ツレ伝とは、忘れらんねえよが主催する2マンツアーのことで、忘れらんねえよが敬愛してやまない先輩・友達・後輩を招いて行なわれるライブだ。今回、SCOOBIE DOを招いてのツレ伝は初めてとなる。

なおチケットは完売しており、来場者には「Xmasなど意識してないプレゼント」として、うんこ柄携帯クリーナーがプレゼントされることも発表。2016年最後の"ウン"試し(?)として、必ずゲットして携帯を磨こう!

■『忘れらんねえよ主催 ツレ伝X 〜俺達はXmasなど意識してない〜』

12月25日(日) 下北沢CLUB Que(SOLD OUT)
OPEN 18:00 / START 18:30
ツレ(対バン):SCOOBIE DO

■「眠れぬ夜は君の名をググるよ」MV
https://youtu.be/RS3ThhcelIE

【関連リンク】
忘れらんねえよ オフィシャルHP
忘れらんねえよ、12月25日にクリスマスを意識しない『ツレ伝X』開催!?
忘れらんねえよ、川口潤が手掛ける「眠れぬ夜は君の名をググるよ」のMV公開
忘れらんねえよ、ミニアルバム『俺よ届け』を定額音楽配信サービスにて配信スタート

【関連アーティスト】
SCOOBIE DO, 忘れらんねえよ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MERRY、前代未聞の企画ツアー開催! 雨の日限定の無料ライブも!?
Fri, 16 Dec 2016 16:30:00 +0900
MERRY (okmusic UP\'s)

MERRYが2017年2月に行なう怒濤&前代未聞のライブスケジュールを発表した。

【その他の画像】MERRY

『MANY MERRY-HOLIC(メニー・メリーホリック)』と題されたこのライブツアーは、2月3日(金)名古屋・HOLIDAY NEXT NAGOYAを皮切りに、大阪・福岡・札幌・東京を巡る企画満載の10日間開催。ライブ本数はなんと13本に及ぶ。

またその内容に注目が集まっており、「朝8時開演のMERRY初の早朝ライブ」「2人で3000円ぽっきり!男性限定・女性限定ライブ」「北と南で勃発!?MERRY vs スーパーメリーズの因縁対決」「極寒の地で挑む!全身全霊ドラマー・ネロの生誕&完全プロデュースライブ」など目を引くタイトルばかりだ。ライブに定評のあるMERRYだが、普通のライブでは終わらせないと言わんばかりに畳み掛けるツアーに《MERRY中毒》が続出することは間違いないだろう。

さらに、2月1日発売の最新シングル「傘と雨」と『MANY MERRY-HOLIC』との連動企画として、「“もしも雨が降ったら…"スペシャル無料ライブ<RAINY MERRY-HOLIC>」を行なう事も同時発表された。2月3日(金)〜2月5日(日)開催の『MANY MERRY-HOLIC』名古屋・大阪公演のみ、ライブ当日の正午時点でもしも雨が降っていたらワンマンライブの前に無料ワンマンライブが追加で開催されるという、破天荒な企画である。最新シングル「傘と雨」に封入されている参加券があれば、ライブへの入場は無料。詳細はMERRYのオフィシャルHPをチェックしてほしい。

■【ライブ情報】

『MANY MERRY-HOLIC』
2月03日(金)  HOLIDAY NEXT NAGOYA
2月04日(土)  HOLIDAY OSAKA
2月05日(日)  HOLIDAY OSAKA
2月07日(火)  福岡DRUM SON
w/ スーパーメリーズ
2月10日(金)  札幌BESSIE HALL
w/ スーパーメリーズ
2月11日(土・祝)  札幌BESSIE HALL【ネロBirthday & Produce Live】
2月14日(火)  HOLIDAY SHINJUKU (女性&1時間限定ライブ)
2月14日(火)  HOLIDAY SHINJUKU
2月15日(水)  HOLIDAY SHINJUKU (男性&1時間限定ライブ)
2月15日(水)  HOLIDAY SHINJUKU
2月24日(金)  HOLIDAY SHINJUKU【ONLINE LIMITED】
2月26日(日)  HOLIDAY SHINJUKU【Morning Live】
2月26日(日)  HOLIDAY SHINJUKU【CORE LIMITED】

『“もしも雨が降ったら…"スペシャル無料ライブ<RAINY MERRY-HOLIC>』
2月03日(金)  HOLIDAY NEXT NAGOYA
2月04日(土)  HOLIDAY OSAKA
2月05日(日)  HOLIDAY OSAKA

■シングル「傘と雨」

2017年2月1日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
SFCD-0203〜204/¥2,315+税
<収録曲>
■DISC 1 : CD
1. 傘と雨
2. 傘と雨 -Acoustic version-
■DISC 2 : DVD(ライブ映像)
Merry Halloween Party 〜Trick or MERRY〜
2016.10.29 クリエイティブセンター大阪
1. イエローガール※
2. 赤い靴※
3. バイオレットハレンチ※
4. ビニ本2丁目八千代館
5. 絶望
6. Carnival
7. 千代田線デモクラシー
8. 平日の女 -A面-
OFFSHOT
※=O.A. スーパーメリーズ

【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
SFCD-0205〜206/¥1,800+税
<収録曲>
■DISC 1 : CD
1. 傘と雨
2. 傘と雨 -Acoustic version-
■DISC 2 : DVD
傘と雨 (MUSIC VIDEO)
MAKING OF 傘と雨

【通常盤】(CDのみ)
SFCD-0207/¥1,204+税
<収録曲>
1. 傘と雨
2. Happy life -幸福論 Acoustic version-
3. Zombie Paradise 〜地獄DISCO mix〜

【関連リンク】
MERRY オフィシャルHP
MERRY、2017年2月にシングル「傘と雨」リリース&5月の野音単独公演の詳細を解禁
レギュラーバンドから初参加バンドまで! 『Tokyo Chaos 2016』開催決定!
MERRY、結成15周年ライヴにてニューシングル発売&日比谷野音ワンマン開催を発表

【関連アーティスト】
MERRY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

きゃりーぱみゅぱみゅ×中田ヤスタカ、ダブルA面スプリット盤は8センチシングルを再現
Fri, 16 Dec 2016 16:00:00 +0900
シングル「タイトル未定 / 原宿いやほい」 (okmusic UP\'s)

きゃりーぱみゅぱみゅと中田ヤスタカによるダブルA面スプリット盤シングルのアートワークが解禁された。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

今作のアートディレクターは、これまできゃりーぱみゅぱみゅの作品全てのデザインを行なってきたスティーブ・ナカムラが担当。中田ヤスタカとは今回が初タッグとなる。

YSTK×KPPツアーでのキーカラーと連動した、赤と黒でデザインしたジャケットは90年代に発売されていた8センチシングルをイメージしており、ブックレットからCDの裏側までリアルに8センチシングルを再現した作品になっている。

また中田ヤスタカ名義の参加海外アーティストや収録内容は追って発表を予定しているので、そちらも楽しみに待とう。

■シングル「タイトル未定 / 原宿いやほい」

2017年1月18日発売
<収録内容>
01 中田ヤスタカ「タイトル未定」
02 中田ヤスタカ「タイトル未定」-remix-
03 きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい」
04 きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい」extended mix
※詳細情報は追って発表予定

【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ オフィシャルHP
中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅのツーマンツアーファイナルに満員の観客が熱狂
きゃりーぱみゅぱみゅ、初のアートワーク展開催! ジャケ写が動き出す!?
新木場・ageHa、"アドベンチャー"をテーマに14周年記念イベントを開催!

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ, 中田ヤスタカ
【ジャンル】
J-POP

L\'Arc-en-Ciel、シングル「Don\'t be Afraid」のCMにあのラル代官様が再登場!?
Fri, 16 Dec 2016 15:30:00 +0900
ラル代官様 (okmusic UP\'s)

L\'Arc-en-Cielが12月21日(水)にリリースするニューシングル「Don\'t be Afraid」のCMに、約1年ぶりに“ラル代官様"が登場することがわかった。

【その他の画像】L’Arc~en~Ciel

2015年にリリースした「Wings Flap」のCMで初登場し、話題となったラル代官様。そのラル代官様が約1年ぶりに再登場するとのことで、気になる方はCMをチェックしてみてほしい。なお現状、そのラル代官様を見ることが出来る“かも"しれないのは、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNS内の広告のみ。スクロールをし過ぎて見逃さないようにしよう。

また、先日公開された映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』とのコラボレーションMVもYouTubeにて公開中。同MVは12月17日(土)からスペースシャワーTVなど、CS各局でも放送がスタートする。また12月23日(金)にはテレビ朝日系『MUSIC STATION SUPER LIVE 2016』に出演することも決定しており、2016年も最後まで彼らの動向から目が離せそうにない。

■シングル「Don\'t be Afraid」

2016年12月21日発売
【完全生産限定 BIOHAZARD(R) × L\'Arc-en-Ciel盤】(CD+BD)
KSCL 2900-2902/¥4,600+税
※LPサイズ特殊仕様レンチキュラージャケット-Human × Zombie-
※「Don\'t be Afraid -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR-」B2ポスター封入
※「Don\'t be Afraid -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR-」絵コンテブック
【初回生産限定盤】(CD+BD)
KSCL 2903-2904/¥1,944+税
【通常盤】(CD)
KSCL 2905/¥1,296+税
<収録曲>
■CD ※共通
1. Don\'t be Afraid
2. Cradle -L\'Acoustic version-
3. Don\'t be Afraid (hydeless version)
4. Cradle -L\'Acoustic version- (hydeless version)
5. Don\'t be Afraid -English version-
■完全生産限定 BIOHAZARD(R) × L\'Arc-en-Ciel盤CD -Bonus Track-
・Member\'s Voice from -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR- (hyde version)
・Member\'s Voice from -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR- (ken version)
・Member\'s Voice from -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR- (tetsuya version)
・Member\'s Voice from -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR- (yukihiro version)
■完全生産限定 BIOHAZARD(R) × L\'Arc-en-Ciel盤BD
・Don\'t be Afraid -Music Clip-
・「Don\'t be Afraid -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR-」 -6 Sided Multi View Movie-
・「BIOHAZARD(R)」 -20th Special History Movie-
・「BIOHAZARD 7 resident evil」 TAPE-1
■初回生産限定盤BD
・Don\'t be Afraid -Music Clip-

■「Don\'t be Afraid -BIOHAZARD THE FINAL collaboration version-」1Chorus
https://youtu.be/lozoL1IU1r4

【関連リンク】
L\'Arc-en-Ciel オフィシャルHP
L\'Arc-en-Ciel、『バイオハザード:ザ・ファイナル』とのコラボMV解禁
『JACK IN THE BOX 2016』出演者第4弾&セッションメンバーが明らかに!
L\'Arc-en-Ciel、アクションシーンのMV場面カットを公開!

【関連アーティスト】
L’Arc~en~Ciel
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1