歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年12月16日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
ageHa恒例のカウントダウンイベント開催! ヘッドライナーにDJ・R3HABを発表
Fri, 16 Dec 2016 20:30:00 +0900
『ageHa COUNTDOWN 2017』ポスター (okmusic UP\'s)

新木場・ageHaにて、毎年恒例のカウントダウンイベントが開催される。

【その他の画像】DJ KAORI

ageHaのカウントダウンといえば、「ワンストップ」が有名だ。湾岸に位置するageHaでは、年越し蕎麦、カウントダウン、初詣、初日の出と年越しに必要な全てがワンストップで叶うとあって、毎年大盛況を誇る。

もちろん2016年も本物の神社「揚羽(アゲハ)神社」が登場し、オリジナルのお守りや福袋の販売も実施されるほか、年越し蕎麦あり、野外プールを備えたWATERエリアの目の前の湾から上る初日の出ありと、まさに史上最強と呼ぶに相応しい日本一の年越しパーティーになるだろう。

また、毎年数々のビッグアーティストが出演することで高い人気を誇る本イベントだが、今年はDJ・DJ KAORIを筆頭に、中田ヤスタカ、banvox、MITOMI TOKOTO、SHINTAROなど、豪華ラインナップが勢揃い。

そして、期待のヘッドライナーには、2年ぶり2度目となるDJ・R3HABが登場! 2014-2015のageHaのカウントダウンパーティーに登場した彼は、2015年のスタートとともに世界中に衝撃を走らせた。そして今回、15周年イヤーを迎える2017年のスタートに彼が帰って来る。またもや伝説の夜を演出してくれることは間違いないだろう。特別な夜を彩るスペシャルVIPプランも3プラン用意されているので、ぜひチェックしてみよう。

■『ageHa COUNTDOWN 2017』

12月31日(土) 新木場・ageHa
OPEN 21:00 to SUNRISE

【関連リンク】
ageHa オフィシャルHP
『ageHa COUNTDOWN 2017』特設サイト
きゃりーぱみゅぱみゅ×中田ヤスタカ、ダブルA面スプリット盤は8センチシングルを再現
新木場・ageHaにて毎年恒例の「ASOBONENKAI」開催! PKCZ(R)他ラインナップが明らかに

【関連アーティスト】
DJ KAORI, 中田ヤスタカ, MITOMI TOKOTO, R3hab, banvox, SHINTARO
【ジャンル】
J-POP, ダンス/ハウス/テクノ, イベント

minus(-)、1stフルアルバム『O』&最新映像作のトレイラーを公開
Fri, 16 Dec 2016 20:00:00 +0900
minus(-) (okmusic UP\'s)

元SOFT BALLETの藤井麻輝と森岡賢のユニット・minus(-)が12月28日にリリースする1stフルアルバムとライブBlu-ray&DVDのトレイラー映像を公開した。

【その他の画像】SOFT BALLET

1stフルアルバムは、これまでの2枚のミニアルバムからゲストボーカルによる楽曲を森岡と藤井のボーカルで再録。加えて6月に急逝した森岡のPCに残された楽曲を、藤井が丹念に仕上げた新曲3曲で構成されている。

同時リリースされるライブBlu-ray&DVDは、2月に行なわれ、森岡の生前ラストライブとなったLIQUIDROOM公演と、森岡の死後トリプルドラムを迎えて敢行された8月の赤坂BLITZでのライブ、2つのステージをコンパイルしたものだ。

minus(-)はこの作品たちを引っさげて2017年3月にツアーを行なう。このツアーはminus(-)と、藤井とYOW-ROW(GARI)のユニットであるJugendgedenkenとの対バン形式となっているので、気になる方は是非会場に足を運んでほしい。

■アルバム『O』・Blu-ray&DVD『V』 トレイラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=9IoC2vYv158

■【リリース情報】

アルバム『O』
2016年12月28日発売
AVCD-93573/¥3,240(税込)

Blu-ray&DVD『V』
2016年12月28日発売
■Blu-ray
AVXD-92434/¥5,940(税込)
■DVD
AVBD-92432〜3/¥4,860(税込)

■【ツアー情報】

2017年
3月05日(日) 札幌COLONY
3月13日(月) 名古屋ell.FITSALL 
3月14日(火) 金沢VANVAN V4 
3月16日(木) 長野CLUB JUNK BOX 
3月20日(月・祝) 心斎橋VARON 
3月21日(火) 福岡DRUM SON

【関連リンク】
minus(-) オフィシャルサイト
Jが対バン10番勝負にてminus(-)、AA=と激突! ソロ20周年記念ツアーの発表も
minus(-)、ニューアルバム&最新映像作品のビジュアルと収録内容が明らかに
minus(-)、1stフルアルバムとライヴ映像作品を12月に同時リリース

【関連アーティスト】
SOFT BALLET, minus(-)
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

超特急、3月開催の『KANSAI COLLECTION』出演決定! ユースケが意気込み語る
Fri, 16 Dec 2016 19:30:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

超特急が、2017年3月19日(日)に行なわれる『KANSAI COLLECTION 2017 SPRING & SUMMER』に出演することを発表した。

【その他の画像】超特急

出演に向けて、メインダンサーのユースケは「関西でしか見れないパフォーマンスでKASAI COLLECTIONにキラキラを届けます。」と意気込んでいる。

2016年、数え切れない程のイベントに出演し、単独ライブのチケットは全て即完売するなど各所で話題を振りまいてきた超特急。ライブでの演出力・パフォーマンス力に定評のある彼らが『KANSAI COLLECTION』でどんなステージで会場を沸かせるのか、今から期待が高まる。

■【6号車 ユースケよりコメント】

超特急が関西コレクションに出演することが決まりました。
数々のファッションショーへ出演してきた超特急ですが、関西コレクションに出演するのは初なので関西でしか見られないパフォーマンスはもちろん、超特急のメンバーには関西出身のメンバーもいますので、関西パワーを全面に出した超特急を見せてやるんやで!! 粉もん超特急で、KANSAI COLLECTIONにキラキラを届けます!!

■『KANSAI COLLECTION 2017 SPRING & SUMMER』

2017年3月19日(日) 京セラドーム大阪
開場:13:00 / 開演:14:30 / 終演:21:00 (全て予定)
http://www.kansai-collection.net/

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急がINDEPENDENT 20周年企画に登場! アナザーインタビューを限定公開
超特急、クリスマスコスで『次ナルTV-G』収録
超特急、第2弾フォトブックのメイキング映像&場面写真公開

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, イベント

Acid Black Cherry、新作カヴァーアルバムのDVDにて小室哲哉とSP対談を実施
Fri, 16 Dec 2016 19:00:00 +0900
yasu×小室哲哉 (okmusic UP\'s)

Acid Black Cherryが2017年1月25日に発売するカヴァーアルバム第4弾『Recreation 4』のDVDに収録される「The Live Show “Recreation"」と題したショープログラムのトークゲストに小室哲哉を迎え、yasuとのスペシャル対談が実施されることがわかった。

【その他の画像】Acid Black Cherry

前作の『Recreation 3』に収録されている「BELIEVE(渡辺美里 / 1986年)」のアレンジをオリジナルの作曲者である小室哲哉氏が手がけている縁もあり、今回の対談が実現。

yasuがボーカリストでありメインコーポーザーを務めるJanne Da Arcの4枚目のアルバム『ANOTHER STORY』や、Acid Black Cherryが発売した全4枚のアルバムは全てコンセプトアルバムとなっており、yasuはあえてそういった作品作りを目指してきている。yasuがコンセプトアルバムを作る理由として、「もう一歩先にある、もう一つの楽しみのため」と語っており、そのきっかけとなったのが小室哲哉が所属しているTM NETWORKのアルバム『CAROL〜A DAY IN A GIRL\'S LIFE 1991〜』を聴いてからであると音楽誌のインタビューでコメント。小室哲哉はyasuの音楽活動に影響を与えたミュージシャンの一人なのだ。

また、今作では日本の音楽史を彩ってきた様々な名曲をyasuが持つ独特なハイトーンボイスに乗せ、原曲へのリスペクトを持って名曲の魅力を余すことなくカヴァー。「M (プリンセスプリンセス / 1989年)」や「Tomorrow never knows (Mr.Children / 1994年) 」や 「三日月 (絢香 / 2006年) 」など、1980年代から2010年代の楽曲まで全12曲を収録している。収録楽曲の解禁時には、ファンの中で「yasuがまさかのフラゲを?」と話題になったり、「ミスチル」や「フライングゲット」のワードがTwitterでトレンド入りするなど大きな反響を呼んでいた。

小室哲哉との対談が収録される『The Live Show “Recreation"』には、「青空(THE BLUE HEARTS / 1989年) 」や「恋におちて(小林明子 / 1985年)」、「GLAMOROUS SKY(中島美嘉 / 2005年 )」の3曲のスタジオライブセッションを収録。Acid Black Cherryとして初めてカヴァー楽曲を生演奏した貴重映像が収録される。

“名曲を次の世代に唄い継ぐ"がコンセプトのAcid Black Cherryのカヴァーアルバム。今の自分の作品作りに大きな影響を与えた小室哲哉氏とどのような話を交わしたのか、非常に楽しみである。

■アルバム『Recreation 4』

2017年1月25日発売
【CD+DVD】
AVCD-32259/B/¥3,240(税込)
【CD ONLY】
AVCD-32260/¥2,700(税込)
<収録曲>
■CD (※カッコ内は原曲歌唱アーティスト/発売年)
01.流星のサドル (久保田利伸 / 1986年)
02.星空のディスタンス (THE ALFEE / 1984年)
03.輝きながら… (徳永 英明 / 1985年)
04.三日月 (絢香 / 2006年)
05.CLOUDY HEART(BO?WY / 1985年)
06.青空 (THE BLUE HEARTS / 1989年)
07.青春のリグレット (松任谷 由実 / 1985年)
08.私はピアノ (サザンオールスターズ / 1980年)
09.Forget-me-not (尾崎 豊 / 1985年)
10.フライングゲット (AKB48 / 2011年)
11.M (プリンセスプリンセス / 1989年)
12.Tomorrow never knows (Mr.Children / 1994年)
■DVD (※カッコ内は原曲歌唱アーティスト/発売年)
『The Live Show “Recreation"』
[ライブ収録楽曲]
01.恋におちて (小林 明子 / 1985年)
02.GLAMOROUS SKY (中島 美嘉 / 2006年)
03.青空 (THE BLUE HEARTS / 1989年)
※生演奏でのスタジオライブ収録のため、CD収録の音源とは異なります。

【関連リンク】
Acid Black Cherry オフィシャルHP
小室哲哉が約3年ぶりのソロアルバムで神田沙也加やtofubeats、May J.、つんく♂、大森靖子らとコラボ
AOA、アルバム『RUNWAY』発売記念イベントに小室哲哉がサプライズ登場!
Acid Black Cherry、待望のカヴァーアルバム第4弾のジャケ写を解禁

【関連アーティスト】
Acid Black Cherry, 小室哲哉
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

【連載コラム】稚菜、映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の主題歌をカバー
Fri, 16 Dec 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

さて今日もまずは恒例の一曲。
もうおなじみ、back numberの「ハッピーエンド」
この曲は明日公開の映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の主題歌です。
私は元々この原作が好きで、その上大好きなback numberさんの曲!
これは絶対劇場に観に行くしかないでしょ!!笑
ハッピーエンドは、これまた歌詞が切なくて、聴いた時涙が溢れていた。
依与吏さんが書く歌詞は繊細で人の心の琴線に優しく触れるものが多いなって思う。
大尊敬のシンガーソングライター。
私なりに言葉を大切にしながら歌ってみました、是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=aJ2TSHai_bk

歌詞を書く様になってから、気にかかるものが出て来た。
それが、本や歌詞の中での、漢字と平仮名の使い分け。
上の本の例で上げると、’’ぼく’’や’’きみ’’
こういうものを見かけた時、何故’’僕’’と’’君’’じゃないのか?
そんな部分が無性に気になってしまったりするんです。
’’薔薇’’とかね、難しい漢字をカタカナにしたりするのはなんとなく分かる気もするんです。
でも、そこをあえてひらがな。
その言葉を使った作者や歌手の人たちがどんな思いでそうしたのか、色んな意味があるだろうから凄く聞いてみたいなって思うんですよね。
後は単純に、’’僕は明日、昨日の君とデートする’’より、
’’ぼくは明日、昨日のきみとデートする’’の方がパッと見やすく目に留めて言葉が入って来やすい、だから手に取られやすいという点もある気がする。
日本人になじみのあるひらがなを、漢字と交える、という絶妙な使い方がさすがだなって思ったのです。

私自身は、歌詞の中で漢字の使い方を工夫していたりする。
それが’’うた’’
歌、唄、詩。
この3種類を使っている曲名が多い。
それぞれ自分の中できちんと意味がある。
’’歌 ’’はとにかく楽しくみんなで歌う、というイメージ
‘’唄’’はメロディー:言葉=4:6くらいで言葉に少し重点を置いているもの
そして’’詩’’はそのまま、’’し’’
つまり言葉として訴えかけたいもの
同じ様に感じるかもしれないけれど、少しずつニュアンスが違う。
…私の中では。笑
その言葉を操る人によって本当に意味は異なると思う。
言ってしまえばただの自己満足なのかもしれないけれど。
でも、その書いた人、つくった人が何故使ったかを知れた時、その人の根本、心の部分に触れられる気がして、もっとグッと理解出来る気がするんです。
だから知りたくなる。

世の中にはまだまだ色んな言葉の使い方がある。
そんな言葉を、あなたも是非探してみて下さい。

【関連アーティスト】
back number, 稚菜
【ジャンル】


スキマスイッチ、全国高校ラグビー×アニメ『ALL OUT!!』コラボMVを期間限定フル公開
Fri, 16 Dec 2016 18:00:00 +0900
スキマスイッチ (okmusic UP\'s)

スキマスイッチのオフィシャルHPと『MBSラグビー』オフィシャルHPにて、12月27日(火)から開幕される『第96回全国高校ラグビー大会』を記念した「全力少年 produced by 奥田民生」全国高校ラグビーMVがYouTube「AUGUSTA CHANNEL」にて期間限定でフル公開となった。

【その他の画像】スキマスイッチ

同曲はMBSなどで放送中のラグビーTVアニメ『ALL OUT!!』のEDテーマとしても話題となっているが、12月27日(火)から開幕される『第96回全国高校ラグビー大会』の開催日の深夜(決勝日は除く)に放送する『KOBELCOスポーツスペシャル 全国高校ラグビー大会ハイライト』のOPテーマ曲にも起用が決定している。

今回のMVは再び聖地・花園競技場に立ったスキマスイッチの姿や高校ラグビー大会メインキャスターの大畑大介&小島瑠璃子、全国高校ラグビー大会の感動的なハイライトシーン、アニメ『ALL OUT !!』名シーンなどといった見所が満載。

また、2015年に続いて大会テーマソングに起用されている「ハナツ」を、12月27日放送のMBS『ちちんぷいぷい』で披露することも合わせて発表された。この日限りのスペシャルバージョンのパフォーマンスで、スキマスイッチが選手にエールをおくる。さらに2017年1月7日(土)決勝戦には、2015年に続いて花園ラグビー場へ駆けつけ、MBSが生中継する『第96回全国高校ラグビー大会決勝』の副音声を担当することも決定した。

今回のスキマスイッチと全国高校ラグビー大会のコラボレーションを記念して、最新シングル「全力少年 produced by 奥田民生」を毎日放送1F・らいよんデイリーストア、もしくはSony Music Shop(オンラインショップ)で購入者した方に先着で「ハナツ(premium ver.)」アナザージャケットが配布される。こちらは2017年1月5日(木)準決勝戦、1月7日(土)決勝戦時の花園ラグビー場でのCD購入者も対象となる。どちらも期間・数量限定につき、早めにゲットしたい。

■YouTube「AUGUSTA CHANNEL」
https://www.youtube.com/user/officeaugusta
■『MBSラグビー』オフィシャルHP
http://www.mbs.jp/rugby/

■【 「ハナツ (premium ver.)」アナザージャケット特典 詳細情報】

<特典>
スキマスイッチ手書きイラスト&サイン入り「ハナツ(premium ver.)」アナザージャケット
<対象店舗・会場>
■毎日放送1F"らいよんデイリーストア"
CD販売&特典配布期間:2016年12月16日(金)〜2017年1月7日(土)
■Sony Music Shop 
特典配布期間:2016年12月16日(金)〜2017年1月7日(土)
http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=AUCL-217
■東大阪市花園ラグビー場 
CD販売&特典配布期間:2017年1月5日(木)11:30〜15:30、2017年1月7日(土)13:00〜15:00の二日間のみ

※アナザージャケットはCDジャケットサイズで裏面の手書きイラスト&サインは印刷になります。
※特典配布期間以外のご購入には上記特典はつきませんので、予めご了承ください。
※特典は数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。
※上記、期間・店舗/会場以外での配布はございません。ご了承下さい。

■シングル「全力少年produced by 奥田民生」

発売中
【期間生産限定盤】(CD)
AUCL-217/¥1,300+税
※2017年2月末日までの期間生産限定盤
※雨瀬シオリ描き下ろしジャケット&デジパック仕様+anime ver.音源収録
<収録曲>
1.全力少年 produced by 奥田民生
2.ハナツ (premium ver.)
3.全力少年 produced by 奥田民生 (anime ver.)
4.全力少年 produced by 奥田民生 (KARAOKE)

■『第96回全国高校ラグビー大会』

開催日程:2016年12月27日(火)〜2017年1月7日(土) 
出場校:全国47都道府県・51校が出場

『KOBELCOスポーツスペシャル 全国高校ラグビー大会ハイライト』
<放送日時>
【ハイライト番組】
12月27日(火)・12月28日(水)・12月30日(金)、1月1日(日)・1月3日(火)・1月5日(木)の(決勝を除く)大会開催日の深夜
メインキャスター:大畑大介・小島瑠璃子
【大会中継(予定)】
1月5日 (木)準決勝 13:55〜 、1月7日 (土)決勝 13:55〜

【関連リンク】
スキマスイッチ オフィシャルHP
スキマスイッチ、映画『一週間フレンズ。』主題歌として名曲「奏(かなで)」をリアレンジ
スキマスイッチ、奥田民生プロデュース「全力少年」MV公開
スキマスイッチの新「全力少年」、ジャケ写は『ALL OUT!!』とのコラボ!

【関連アーティスト】
スキマスイッチ
【ジャンル】
J-POP, アニメ, テレビ(番組/CM)

ホール&オーツの絶頂期にリリースされた充実作『プライベート・アイズ』
Fri, 16 Dec 2016 18:00:00 +0900
『Private Eyes』(’81)/Daryl Hall & John Oates (okmusic UP\'s)

ホール&オーツはブルー・アイド・ソウルから始まって、ロックやAORまで、さまざまな顔を見せながらも、実はビシッと筋の通った頑固なところがある。あれだけ息の長い活動ができたのは、頑固なまでのソウル好きと、何より万人に愛される良い曲が書けたことだろう。世代的なものかもしれないが、僕は彼らの初期にあたる73年〜75年のサウンドが一番好きだ。「シーズ・ゴーン」「ラスベガス・ターンアラウンド」「サラ・スマイル」などの楽曲群は未だによく聴くが、名曲だと思う。時流に合わせてさまざまなタイプのヒット曲を繰り出していくが、彼らの良さは培った経験を捨てることなく、しっかりと積み重ねながら成長していったことだ。今回紹介する『プライベート・アイズ』は通算11枚目(ベストアルバムは除く)となるアルバムで、2枚目のセルフプロデュース作。良い曲は「プライベート・アイズ」だけじゃないので、じっくり聴いてみてほしい。

【その他の画像】Daryl Hall

■レーベルごとに違った顔を見せる変幻自在のミュージシャン

ホール&オーツの活動は、大きく分けると3つの時代にわかれる。ひとつ目はデビュー時の72年から78年までのブルー・アイド・ソウル期で、アルバムはアトランティックレコードから3枚、RCAレコードから4枚リリースした頃だ。この時期には前述した「シーズ・ゴーン」「ラスベガス・ターンアラウンド」「サラ・スマイル」の他、初の全米ナンバーワンを獲得した「リッチ・ガール」などのシングルヒットがある。

ふたつ目がロック時代で、デビッド・フォスター(著名なプロデューサー兼ミュージシャン)がプロデュースし、RCAから「赤い断層(原題:Along The Red Ledge)」(’78)と「モダン・ポップ(原題:X-Static)」(‘79)の2枚のアルバムをリリースしている。この2枚はブルー・アイド・ソウル風味はあまり前面に出さず、ロック〜AOR系のサウンドで勝負している。ヒット曲は「It’s A Laugh」(『赤い断層』に収録)と「Wait For Me」(『モダン・ポップ』に収録)がある。天才的な才能を持つプロデューサーを迎えたことで、ダリル・ホールはデビッド・フォスターから作曲やプロデュースの手法について多くを学んでおり、これ以降に怒涛のごとくリリースするヒットメーカーとしての準備期間とでも言うべき重要な時期であった。

3つ目はホール&オーツが大ブレイクするときで、セルフプロデュース作の『モダン・ヴォイス(原題:Voices)』(‘80)、本作『プライベート・アイズ(原題:Private Eyes)』(’81)、『H2O』(‘82)、『ビッグ・バン・ブーム(原題:Big Ban Boom)』(’84)の4枚のアルバムが該当する。彼らふたりが最も影響を受けたフィリーソウルをベースに、80年代の流行りであったシンセポップの味付けをしながら、独自のサウンドを創り上げた時期で、彼らの手腕は見事であったと思う。これらのアルバムから、ホール&オーツの代表作である「Kiss On My List」「Everytime You Go Away」「Private Eyes」「I Can’t Go For That(No Can Do)」「Did It In A Minute」「Maneater」「One On One」「Family Man」「Out Of Touch」「Method Of Modern Love」「Possession Obsession」などの大ヒット群が生まれており、これらの曲は未だによくオンエアされている。

■ホール&オーツとしての最後のヒット

このあと、彼らはホール&オーツの音楽の原点を見つめ直すために、テンプテーションズのメンバーを迎えてアポロ劇場でのライヴ盤『ライヴ・アット・ジ・アポロ』(‘85)にリリースし、一旦ホール&オーツとしての活動を休止、88年にアリスタレコードに移籍し、第一弾アルバム『Ooh Yeah!』をリリース、彼らにとって最後の大ヒット「Everything Your Heart Desires」(全米3位)を出す。彼らのヒットメーカーとしての勢いはここまでで、以降のアルバムから大きなヒットは出ていない。ただ、ヒットは出なくてもアルバムの完成度は高く、彼らがアメリカ屈指のソングライターであることは間違いない。その後、休止〜再スタートなどの期間を経て、現在もライヴ活動には積極的で、日本でも2015年に4年振りの来日公演を行ったばかりだ。

■人力演奏の魅力

テクノが主流の80年代に、ホール&オーツは費用のかかる分厚いバックのミュージシャンたちに支えられていた。僕はここに彼らの成功の秘訣があったのだと考えている。もちろん、彼らもリズムボックスやシンセを使っているのだが、基本は凄腕のミュージシャンたちによる人力演奏が中心であった。当時、リアルタイムで彼らの82年のライヴDVDを観たのだが、ベースとドラムの重いグルーブ感に圧倒された記憶がある。他のグループが流行のチープな音でライヴをやっている時に、70年代前半のようなバンド編成でロックスピリットにあふれた演奏を繰り広げていたのである。彼らのライヴを観ると、やっぱりロックは人力による演奏が一番だってことを再認識させられる。冒頭で彼らには“筋の通った頑固さがある”と言ったのはそういう部分なのだ。

■本作『プライベート・アイズ』について

本作からは「Private Eyes」「I Can’t Go For That(No Can Do)」の2曲が全米チャート1位を獲得、アルバムも5位となった。特に「Private Eyes」は、当時のディスコ人気と、始まったばかりのMTVでのヘヴィローテーションもあって、それまでにない多角的なヒットの仕組みを作ったことでも忘れられない曲となった。

アルバムの構成は、特に流行りの音を採り入れているわけではなく、彼らのルーツであるソウル(特にフィラデルフィアソウル)をベースに、優れたポップソングをちりばめるという、いたってシンプルな組み立てだ。良い曲を書くことがいかに難しいかは、音楽ファンとして想像できるが、ここではタイトル曲の際立った出来はもちろん、多くの曲がとてもよく練り上げられていて、彼らふたりがもっとも乗っていたことが推測できる佳曲が揃っている。また、この頃にはバックを務めるミュージシャンが固定されており、ベースのTボーン・ウォーク、ドラムのミッキー・カーリー、サックスのチャーリー・デシャントらの活躍も見逃せないところで、随所に絶妙のサポートを見せている。

本作で僕が最も好きな曲は「I Can’t Go For That(No Can Do)」で、この曲はフィラデルフィアソウルというよりは、どちらかと言えば南部寄りのソウルテイストを感じさせるが、伝統的な(ある意味で古臭い)スタイルを採り入れながらも、ちゃんと80年代サウンドとして提示できているところが見事だと思う。

当時、評論家やマニアックな音楽ファンには、単なるヒット制作集団として軽く受け流されたホール&オーツだが、リリースされてから35年が経って、改めて本作を聴いてみると、彼らの真摯なアルバム作りと、単なる流行のサウンドではない普遍的な音楽を追究していたことがよく分かる。本作を含め、彼らが80年代にリリースしたアルバムは秀作揃いなので、まだ聴いたことがないという人は、この機会に聴いてみてほしい。

【関連リンク】
来日公演の前に予習を! ホール&オーツを聴くならこの5曲!!
ホール&オーツのダリル・ホール15年ぶりのソロ作発売
ホール&オーツ、日本のファンが選曲する来日記念ベスト発売

【関連アーティスト】
Daryl Hall, Daryl Hall & John Oates, JOHN OATES
【ジャンル】


忘れらんねえよ、クリスマス開催の『ツレ伝』“ツレ”はSCOOBIE DOに決定!
Fri, 16 Dec 2016 17:00:00 +0900
忘れらんねえよ (okmusic UP\'s)

忘れらんねえよが12月25日(日)に行なう年内最後のツレ伝『ツレ伝X〜俺たちはXmasなど意識してない〜』のツレがSCOOBIE DOであることを発表した。

【その他の画像】SCOOBIE DO

ツレ伝とは、忘れらんねえよが主催する2マンツアーのことで、忘れらんねえよが敬愛してやまない先輩・友達・後輩を招いて行なわれるライブだ。今回、SCOOBIE DOを招いてのツレ伝は初めてとなる。

なおチケットは完売しており、来場者には「Xmasなど意識してないプレゼント」として、うんこ柄携帯クリーナーがプレゼントされることも発表。2016年最後の"ウン"試し(?)として、必ずゲットして携帯を磨こう!

■『忘れらんねえよ主催 ツレ伝X 〜俺達はXmasなど意識してない〜』

12月25日(日) 下北沢CLUB Que(SOLD OUT)
OPEN 18:00 / START 18:30
ツレ(対バン):SCOOBIE DO

■「眠れぬ夜は君の名をググるよ」MV
https://youtu.be/RS3ThhcelIE

【関連リンク】
忘れらんねえよ オフィシャルHP
忘れらんねえよ、12月25日にクリスマスを意識しない『ツレ伝X』開催!?
忘れらんねえよ、川口潤が手掛ける「眠れぬ夜は君の名をググるよ」のMV公開
忘れらんねえよ、ミニアルバム『俺よ届け』を定額音楽配信サービスにて配信スタート

【関連アーティスト】
SCOOBIE DO, 忘れらんねえよ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MERRY、前代未聞の企画ツアー開催! 雨の日限定の無料ライブも!?
Fri, 16 Dec 2016 16:30:00 +0900
MERRY (okmusic UP\'s)

MERRYが2017年2月に行なう怒濤&前代未聞のライブスケジュールを発表した。

【その他の画像】MERRY

『MANY MERRY-HOLIC(メニー・メリーホリック)』と題されたこのライブツアーは、2月3日(金)名古屋・HOLIDAY NEXT NAGOYAを皮切りに、大阪・福岡・札幌・東京を巡る企画満載の10日間開催。ライブ本数はなんと13本に及ぶ。

またその内容に注目が集まっており、「朝8時開演のMERRY初の早朝ライブ」「2人で3000円ぽっきり!男性限定・女性限定ライブ」「北と南で勃発!?MERRY vs スーパーメリーズの因縁対決」「極寒の地で挑む!全身全霊ドラマー・ネロの生誕&完全プロデュースライブ」など目を引くタイトルばかりだ。ライブに定評のあるMERRYだが、普通のライブでは終わらせないと言わんばかりに畳み掛けるツアーに《MERRY中毒》が続出することは間違いないだろう。

さらに、2月1日発売の最新シングル「傘と雨」と『MANY MERRY-HOLIC』との連動企画として、「“もしも雨が降ったら…"スペシャル無料ライブ<RAINY MERRY-HOLIC>」を行なう事も同時発表された。2月3日(金)〜2月5日(日)開催の『MANY MERRY-HOLIC』名古屋・大阪公演のみ、ライブ当日の正午時点でもしも雨が降っていたらワンマンライブの前に無料ワンマンライブが追加で開催されるという、破天荒な企画である。最新シングル「傘と雨」に封入されている参加券があれば、ライブへの入場は無料。詳細はMERRYのオフィシャルHPをチェックしてほしい。

■【ライブ情報】

『MANY MERRY-HOLIC』
2月03日(金)  HOLIDAY NEXT NAGOYA
2月04日(土)  HOLIDAY OSAKA
2月05日(日)  HOLIDAY OSAKA
2月07日(火)  福岡DRUM SON
w/ スーパーメリーズ
2月10日(金)  札幌BESSIE HALL
w/ スーパーメリーズ
2月11日(土・祝)  札幌BESSIE HALL【ネロBirthday & Produce Live】
2月14日(火)  HOLIDAY SHINJUKU (女性&1時間限定ライブ)
2月14日(火)  HOLIDAY SHINJUKU
2月15日(水)  HOLIDAY SHINJUKU (男性&1時間限定ライブ)
2月15日(水)  HOLIDAY SHINJUKU
2月24日(金)  HOLIDAY SHINJUKU【ONLINE LIMITED】
2月26日(日)  HOLIDAY SHINJUKU【Morning Live】
2月26日(日)  HOLIDAY SHINJUKU【CORE LIMITED】

『“もしも雨が降ったら…"スペシャル無料ライブ<RAINY MERRY-HOLIC>』
2月03日(金)  HOLIDAY NEXT NAGOYA
2月04日(土)  HOLIDAY OSAKA
2月05日(日)  HOLIDAY OSAKA

■シングル「傘と雨」

2017年2月1日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
SFCD-0203〜204/¥2,315+税
<収録曲>
■DISC 1 : CD
1. 傘と雨
2. 傘と雨 -Acoustic version-
■DISC 2 : DVD(ライブ映像)
Merry Halloween Party 〜Trick or MERRY〜
2016.10.29 クリエイティブセンター大阪
1. イエローガール※
2. 赤い靴※
3. バイオレットハレンチ※
4. ビニ本2丁目八千代館
5. 絶望
6. Carnival
7. 千代田線デモクラシー
8. 平日の女 -A面-
OFFSHOT
※=O.A. スーパーメリーズ

【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
SFCD-0205〜206/¥1,800+税
<収録曲>
■DISC 1 : CD
1. 傘と雨
2. 傘と雨 -Acoustic version-
■DISC 2 : DVD
傘と雨 (MUSIC VIDEO)
MAKING OF 傘と雨

【通常盤】(CDのみ)
SFCD-0207/¥1,204+税
<収録曲>
1. 傘と雨
2. Happy life -幸福論 Acoustic version-
3. Zombie Paradise 〜地獄DISCO mix〜

【関連リンク】
MERRY オフィシャルHP
MERRY、2017年2月にシングル「傘と雨」リリース&5月の野音単独公演の詳細を解禁
レギュラーバンドから初参加バンドまで! 『Tokyo Chaos 2016』開催決定!
MERRY、結成15周年ライヴにてニューシングル発売&日比谷野音ワンマン開催を発表

【関連アーティスト】
MERRY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

きゃりーぱみゅぱみゅ×中田ヤスタカ、ダブルA面スプリット盤は8センチシングルを再現
Fri, 16 Dec 2016 16:00:00 +0900
シングル「タイトル未定 / 原宿いやほい」 (okmusic UP\'s)

きゃりーぱみゅぱみゅと中田ヤスタカによるダブルA面スプリット盤シングルのアートワークが解禁された。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

今作のアートディレクターは、これまできゃりーぱみゅぱみゅの作品全てのデザインを行なってきたスティーブ・ナカムラが担当。中田ヤスタカとは今回が初タッグとなる。

YSTK×KPPツアーでのキーカラーと連動した、赤と黒でデザインしたジャケットは90年代に発売されていた8センチシングルをイメージしており、ブックレットからCDの裏側までリアルに8センチシングルを再現した作品になっている。

また中田ヤスタカ名義の参加海外アーティストや収録内容は追って発表を予定しているので、そちらも楽しみに待とう。

■シングル「タイトル未定 / 原宿いやほい」

2017年1月18日発売
<収録内容>
01 中田ヤスタカ「タイトル未定」
02 中田ヤスタカ「タイトル未定」-remix-
03 きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい」
04 きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい」extended mix
※詳細情報は追って発表予定

【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ オフィシャルHP
中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅのツーマンツアーファイナルに満員の観客が熱狂
きゃりーぱみゅぱみゅ、初のアートワーク展開催! ジャケ写が動き出す!?
新木場・ageHa、"アドベンチャー"をテーマに14周年記念イベントを開催!

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ, 中田ヤスタカ
【ジャンル】
J-POP

L\'Arc-en-Ciel、シングル「Don\'t be Afraid」のCMにあのラル代官様が再登場!?
Fri, 16 Dec 2016 15:30:00 +0900
ラル代官様 (okmusic UP\'s)

L\'Arc-en-Cielが12月21日(水)にリリースするニューシングル「Don\'t be Afraid」のCMに、約1年ぶりに“ラル代官様"が登場することがわかった。

【その他の画像】L’Arc~en~Ciel

2015年にリリースした「Wings Flap」のCMで初登場し、話題となったラル代官様。そのラル代官様が約1年ぶりに再登場するとのことで、気になる方はCMをチェックしてみてほしい。なお現状、そのラル代官様を見ることが出来る“かも"しれないのは、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNS内の広告のみ。スクロールをし過ぎて見逃さないようにしよう。

また、先日公開された映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』とのコラボレーションMVもYouTubeにて公開中。同MVは12月17日(土)からスペースシャワーTVなど、CS各局でも放送がスタートする。また12月23日(金)にはテレビ朝日系『MUSIC STATION SUPER LIVE 2016』に出演することも決定しており、2016年も最後まで彼らの動向から目が離せそうにない。

■シングル「Don\'t be Afraid」

2016年12月21日発売
【完全生産限定 BIOHAZARD(R) × L\'Arc-en-Ciel盤】(CD+BD)
KSCL 2900-2902/¥4,600+税
※LPサイズ特殊仕様レンチキュラージャケット-Human × Zombie-
※「Don\'t be Afraid -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR-」B2ポスター封入
※「Don\'t be Afraid -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR-」絵コンテブック
【初回生産限定盤】(CD+BD)
KSCL 2903-2904/¥1,944+税
【通常盤】(CD)
KSCL 2905/¥1,296+税
<収録曲>
■CD ※共通
1. Don\'t be Afraid
2. Cradle -L\'Acoustic version-
3. Don\'t be Afraid (hydeless version)
4. Cradle -L\'Acoustic version- (hydeless version)
5. Don\'t be Afraid -English version-
■完全生産限定 BIOHAZARD(R) × L\'Arc-en-Ciel盤CD -Bonus Track-
・Member\'s Voice from -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR- (hyde version)
・Member\'s Voice from -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR- (ken version)
・Member\'s Voice from -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR- (tetsuya version)
・Member\'s Voice from -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR- (yukihiro version)
■完全生産限定 BIOHAZARD(R) × L\'Arc-en-Ciel盤BD
・Don\'t be Afraid -Music Clip-
・「Don\'t be Afraid -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR-」 -6 Sided Multi View Movie-
・「BIOHAZARD(R)」 -20th Special History Movie-
・「BIOHAZARD 7 resident evil」 TAPE-1
■初回生産限定盤BD
・Don\'t be Afraid -Music Clip-

■「Don\'t be Afraid -BIOHAZARD THE FINAL collaboration version-」1Chorus
https://youtu.be/lozoL1IU1r4

【関連リンク】
L\'Arc-en-Ciel オフィシャルHP
L\'Arc-en-Ciel、『バイオハザード:ザ・ファイナル』とのコラボMV解禁
『JACK IN THE BOX 2016』出演者第4弾&セッションメンバーが明らかに!
L\'Arc-en-Ciel、アクションシーンのMV場面カットを公開!

【関連アーティスト】
L’Arc~en~Ciel
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

AK-69、名古屋に続き再びUVERworldのアリーナツアーに登場!
Fri, 16 Dec 2016 15:00:00 +0900
12月14日@横浜アリーナ (okmusic UP\'s)

AK-69が、12月14日に横浜アリーナで行なわれた『UVERworld ARENA TOUR 2016』にスペシャルゲストとして登場し、話題の楽曲「Forever Young feat. UVERworld」をパフォーマンスした。

【その他の画像】UVERworld

11月29日、11月30日の名古屋ガイシホール公演にも出演し同楽曲を披露したAK-69。UVERworldのTAKUYA∞は継続中のアリーナツアーを振り返るコメント中、『はんぱなかったぜ名古屋。名古屋の場合は、スペシャルなサプライズでゲストなんかもあって盛り上がったんだ。そして、名古屋でしかないと思っていたあの1日を、今日もかましたいと思ってさ。名古屋からAK-69だ!』とAK-69をステージに呼び出すと、会場は数度目となる沸点を超える反応で応え、このコラボレーションが両アーティストにとっていかにポジティヴな化学反応になっているのかがうかがえるパフォーマンスとなった。今後もこの奇跡のサプライズが起こるのか、注目したい。

■「Forever Young feat. UVERworld」MV
https://www.youtube.com/watch?v=mQ3yb7SxRZA 

■アルバム『DAWN』

発売中
【初回限定盤】
UICV-9215/¥3,800+税
【通常盤]
UICV-1077/¥3,000+税
<収録曲>
■CD(通常盤、初回盤共通)
01. Dawn
02. Flying Lady feat. CITY-ACE , HIDE春
03. Forever Young feat. UVERworld
04. Streets feat. 2WIN(T-PABLOW & YZERR)
05. Flying B 〜DAWN ver.〜
06. Hangover
07. Rainy days feat. 清木場俊介
08. With You 〜10年、20年経っても〜
09. Baby
10. 上ヲ向イテ
11. もう1ミリ feat.般若
12. We Don\'t Stop feat. Fat Joe
13. KINGPIN
■DVD ※初回盤
1. KINGPIN(MUSIC VIDEO)
2. With You〜10年、20年経っても〜(MUSIC VIDEO)
3. Flying B(MUSIC VIDEO)
4. We Don\'t Stop feat. Fat Joe(MUSIC VIDEO)
5. 2016.2.27「NON FICTION〜一夜限りのプレミアム・ライブ〜」
@豊洲PIT LIVE映像
・Opening〜The Cartel From Streets
・Prologue -The Man They Call Rain Man-
・The Throne
・雨音
・Click da trigger
・CROWZ feat. Lil\'J
・You don\'t care
・Ding Ding Dong 〜心の鐘〜
・IRON HORSE -No Mark-
・THE RED MAGIC
・ICU
・START IT AGAIN
・Lookin\' In My Eyez 〜 ロッカールーム -Go Hard or Go Home-
・Flying B
・And I love You So
・IT\'S OK

【関連リンク】
AK-69 オフィシャルHP
UVERworld オフィシャルHP
AK-69、ドラマ挿入歌となった「Baby」のリリックビデオを公開
UVERworldがアニメ『青の祓魔師』と3度目のタッグ! 新曲が新シリーズのOPテーマに

【関連アーティスト】
UVERworld, AK-69
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ジャパニーズヒップホップ, ライブ

ONE OK ROCK、ニューアルバムより新曲「I was King」の配信が急遽スタート
Fri, 16 Dec 2016 14:30:00 +0900
ONE OK ROCK (okmusic UP\'s)

ONE OK ROCKが2017年1月11日にリリースするニューアルバム『Ambitions』より、急遽「I was King」の配信がスタートした。

【その他の画像】ONE OK ROCK

1月9日にはNHKにて『18祭fes』がオンエア、アルバムリリース後にはキャリア史上過去最大のアリーナツアーが開催されることも決定しているONE OK ROCK。まずは配信スタートとなった「I was King」を聴いて、アルバムのリリースを楽しみに待とう!

■「I was King」配信ページ
https://itunes.apple.com/jp/album/id1173406686?app=itunes&ls=1

■アルバム『Ambitions』

2017年1月11日(水)発売
【DVD付き初回限定盤】
AZZS-56/¥3,500+税
【通常盤】
AZCS-1062/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1. Ambitions - Introduction ?
2. Bombs away
3. Taking Off
※映画「ミュージアム」主題歌
4. We are
5. 20/20
6. Always coming back
※NTTドコモ「感情のすべて/仲間」編CMソング
7. Bedroom Warfare
8. Lost in Tonight
9. I was King
10. Listen (featuring Avril Lavigne)
11. One Way Ticket
12. Bon Voyage
13. Start Again
14. Take what you want (featuring 5 Seconds Of Summer)
■DVD ※初回限定盤のみ
Studio Jam Session Vol.3
「We are」
「Bombs away」

■「ONE OK ROCK 2017 "Ambitions" JAPAN TOUR」

2月18日(土)  静岡エコパアリーナ
2月19日(日)  静岡エコパアリーナ
2月22日(水)  和歌山ビッグホエール
2月25日(土)  大阪城ホール
2月26日(日)  大阪城ホール
3月04日(土)  宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
3月05日(日)  宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
3月08日(水)  アスティとくしま
3月09日(木)  アスティとくしま
3月14日(火)  日本ガイシホール
3月15日(水)  日本ガイシホール
3月18日(土)  神戸ワールド記念ホール
3月19日(日)  神戸ワールド記念ホール
3月25日(土)  さいたまスーパーアリーナ
3月26日(日)  さいたまスーパーアリーナ
3月31日(金)  朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
4月01日(土)  朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
4月08日(土)  幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
4月09日(日)  幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
4月15日(土)  真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
4月16日(日)  真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
4月20日(木)  横浜アリーナ
4月22日(土)  横浜アリーナ
4月23日(日)  横浜アリーナ
4月29日(土)  マリンメッセ福岡
4月30日(日)  マリンメッセ福岡
5月04日(木)  沖縄コンベンションセンター
5月05日(金)  沖縄コンベンションセンター
5月11日(木)  熊本 B.9 V1
5月12日(金)  熊本 B.9 V1
5月16日(火)  広島 グリーンアリーナ
5月17日(水)  広島 グリーンアリーナ
※熊本公演を除くアリーナツアー各公演にて1アーティストのスペシャルゲストの出演あり

【関連リンク】
ONE OK ROCK オフィシャルHP
ONE OK ROCK、ニューアルバム『Ambitions』から新たに「Taking Off」のスタジオライブ映像を解禁
いであやか、新ビジュアル公開&ONE OK ROCKの「Wherever you are」カバー映像を解禁
ワンオク、2年ぶりのニューアルバム『Ambitions』を1月にリリース!

【関連アーティスト】
ONE OK ROCK
【ジャンル】
ジャパニーズロック

HY+BIGMAMA、最新映像作品のジャケ写&収録内容が明らかに!
Fri, 16 Dec 2016 14:00:00 +0900
Blu-ray『Synchronicity Tour 2016』 (okmusic UP\'s)

HY+BIGMAMAが2017年1月25日に発売する映像作品『Synchronicity Tour 2016』のジャケット写真と収録内容が決定した。

【その他の画像】BIGMAMA

本作はHY+BIGMAMAのライブツアー『Synchronicity Tour 2016』のツアーファイナルとなった沖縄・音市場公演を収録したライブ映像のほか、2組の出会いから作曲・RH・録音などにスポットを当てたドキュメンタリー、東京・名古屋・大阪公演のバックステージなど、HY+BIGMAMAの全記録が収録されている。

■Blu-ray&DVD『Synchronicity Tour 2016』

2017年1月25日(水)発売
【Blu-ray】
UPXH-1041/¥4,800+税
【DVD】
UPBH-1419/¥4,800+税
<収録内容>
■BIGMAMA
No.9
alongside
Weekend Magic
アカイト・イズ・ト
天国の花は枯れない
神様も言う通りに
Lovers in a Suitcase
Sweet Dreams(bittersweet)
MUTOPIA in Okinawa
until the blouse is buttoned up
■HY
Good Day
キヅイタ
NIJIKAN TRIP -MAMA TRIP-
僕空
愛しあって許しあって貴方と共に
エール
■HY+BIGMAMA
シンクロニシティ
■Document of Synchronicity Tour 2016

■【HY+BIGMAMA ライブ情報】

『FM802 ROCK FESTIVALRADIO CRAZY 2016』
12月28日(水) インテックス大阪

【関連リンク】
「HY+BIGMAMA」特設サイト
HY+BIGMAMA、ライブツアー「Synchronicity Tour 2016」のBlu-ray&DVD発売決定
HY+BIGMAMA、新曲「シンクロニシティ」 MV解禁
ゆず、8年ぶりの野外フリーライブ「冬至の日ライブ」開催決定!

【関連アーティスト】
BIGMAMA, HY, HY+BIGMAMA
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック

METAFIVE、『WINTER LIVE 2016』ツアーで話題のオープニング映像を期間限定公開
Fri, 16 Dec 2016 13:00:00 +0900
METAFIVE (okmusic UP\'s)

ツイッターでは「メタロス!」と騒がれるほど、まだMETAFIVEの大成功をおさめたツアー『WINTER LIVE 2016』の余韻にひたっているファンが多くいる中、今回の話題となっていたライブオープニング映像が期間限定で公開された。


【その他の画像】METAFIVE

メンバーの名前が次々とビジョンに映し出され、1人ずつステージに登場していくこの映像は、12月3日にZepp DiverCityで行われた東京公演のオープニング映像で、「Musical Chairs」のMVも手がけた中村勇吾(tha)が今回のツアー用に新たに制作。まるでライブ会場にいるかのようなスリリングで臨場感のある映像を、是非この期間中にチェックして頂きたい。公開期間は12月31日まで!

また、各会場でも大好評につき完売が相次いだ『WINTER LIVE 2016』OFFICIAL GOODSの追加販売が決定!  なお、パンフレット『METABOOK』(アルバム未収録曲入り ソノシート付)は数量限定での販売となるため、早めの注文がおすすめだ。他アイテムについては、ご希望分を確実にお届けできるよう受注販売を行うため、GETしたい方は受注期間中にお申し込みを!

■METAFIVE 特設サイト
http://sp.wmg.jp/metafive
■WEB通販(Warner Music Direct)
http://shop.wmg.jp/shop/artist/detail.aspx?artist_id_parent=12687

■「WINTER LIVE 2016 - Opening Footage -」
https://www.youtube.com/watch?v=RbdY1EQ-iYk

【関連リンク】
METAFIVE、完璧なパフォーマンスで魅せたツアー東京公演が大盛況!
METAFIVE、11月18日OAの『スッキリ!!』で地上波初生パフォーマンス!
METAFIVE、ミニアルバム収録曲「Chemical」のスタジオライヴを公開
『ワールドハピネス2016』、METAFIVEに元JAPANのスティーブ・ジャンセンが緊急参加

【関連アーティスト】
METAFIVE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

シナリオアート、TVアニメ『四畳半神話大系』特別放送のオープニング&エンディングテーマを担当
Fri, 16 Dec 2016 12:00:00 +0900
シナリオアート (okmusic UP\'s)

シナリオアートが来年1月8日より放送されるTVアニメ『四畳半神話大系』のオープニング・テーマとエンディング・テーマを担当する事が発表された。


【その他の画像】シナリオアート

オープニングはオリジナル放送時の主題歌ASIAN KUNG-FU GENERATION「迷子犬と雨のビート」のカバーで、チャラン・ポ・ランタンの小春がアコーディオンで参加! エンディングは来年3月8日にリリースされるセカンド・アルバム『Faction World』に収録される新曲「ラブマゲドン」。オーケストラを導入した壮大なバラードになっている。

【関連リンク】
シナリオアート、2ndアルバム発売&2017年ワンマンツアー開催決定
シナリオアート、今年は渋谷で冬のアコースティックワンマンを開催
夏バテを吹き飛ばせ! 気合が入るカンフーソング
シナリオアート、8月10日に配信される新曲「エンドレスプレイヤー」MVを一部解禁

【関連アーティスト】
シナリオアート
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

在庫リスク&制作費ゼロでCD販売ができる『Amazon Disc on Demand』受託サービス提供スタート
Fri, 16 Dec 2016 11:00:00 +0900
『Amazon Disc on Demand』 (okmusic UP\'s)

チューンコアジャパン株式会社が、Amazon.co.jpの『Amazon Disc on Demand』の利用をアーティストから受託するサービスをスタートした。

【その他の画像】

『Amazon Disc on Demand』では、TuneCore Japanの利用者であるアーティストが、通常のデジタル配信に必要な情報に加えてCDに必要なパッケージ画像データなどを追加するだけで、CD在庫を持たず、製作費もかからず、AmazonでCDの販売が可能となる。

また、今回の対象リリースはTuneCore Japanを利用してデジタル配信をしている作品が対象のため、初期登録料は不要。費用面での負担もなくなる。

『Amazon Disc on Demand』の仕組みを利用することで、カスタマーの注文に応じて一枚からCDを生産し、即時に出荷することができ、従来の見込み生産や流通により発生する在庫リスクを抑えることが可能に。

さらに、今までCD販売開始までに数ヶ月を要していた期間を、最短で7日間に短縮することも可能となった。販売実績や収益のレポートも今まで通りTuneCore Japanサイト上で確認、管理ができ、パソコン一つで全てが完結。販売されたCDは通常のCD同様にオリコンランキングなどの対象となる。

また今回を機に、両社でピックアップアーティストを選抜し、Amazonの中で特集ページを展開してアーティストプロモーションを随時更新。第一弾のアーティストは、スキーウィッフ、アレクシア・コーリー、スーパソウル、スムーヴ&ターレル、ローラ・ヴェイン&ザ・ヴァイパートーンズ、アル・スーパーソニック&ザ・ティーンエイジャーズ、erica、Ryo、macoto、とけた電球、無礼MENが参加する。

気になる方はぜひ一度サービスを利用してみてはいかがだろうか。

■ピックアップアーティスト特集ページ
https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=4749312051

■【ピックアップアーティストの紹介】

■Funky Drivin’ BGM / V.A.(スキーウィッフほか)
Honda “STEP WGN Modulo X”のCMのBGM楽曲や、キリンビバレッジ “FIRE SUGOUMA”CM曲など日本でも活躍するUKを代表するブレイクビーツの旗手、スキーウィッフを中心に、UKファンクのキング、クレイグ・チャールズも大絶賛のソウルディーバ、アレクシア・コーリー他、スーパソウル、スムーヴ&ターレルなどUK、ヨーロッパを中心に活躍するアーティストの極上のブレイク・ファンクばかりを集めたコンピレーション!

■erica「erica Core Selection」
「片思い」や「告白」といった切ない気持ちを歌った歌詞と、高い歌唱力で「告うたのカリスマ」として女子中高生を中心に支持を集めるシンガーソングライターerica。代表曲である「あなたへ贈る歌」は口コミだけでYouTube再生回数1600万回、総再生回数としては4,000万回を超え新世代のソーシャル型アーティストとして大きく注目されている。

■Ryo「HOMARE」
DEENのボーカル池森秀一を叔父に持ち、生まれ持ったその歌声と、幼少の頃より恵まれた音楽環境の中で培われたボーカリストとしての天賦の才能を合わせ持つRyo (リョウ) 。少年時代から野球を通じて育んできた夢・希望・仲間を大切にする気持ちを歌う「HOMARE」は辛い時も前を向く勇気をくれるメッセージソングでBS-TBS侍ジャパン(U-18他)中継テーマソングや、スポーツ関係のタイアップが多数決定している。

■macoto「『0』-ZERO-」
数々のストリーミング配信サイトで活躍する多才なアーティストで人気ストリーミング配信者のmacotoがついに公式CDデビュー!!「ストリーミング界の真のエンターテイナー、萌え声の女王『macoto』が初のシングル作品『0』-ZERO-をリリースする。彼女の選抜したサウンドクリエータチーム「stz」が、天使のような歌声と切なく優しく、心落ち着くアンビエント調なポストロックサウンドとして完成させた作品。

■とけた電球「また今度ね Special Edition」
現役大学生男子4ピース。2012年5月結成。「閃光ライオット2013」で注目を集める。80年代のニューウェイブ、90年代の渋谷系などを彷彿させるようなサウンドでありながら、歌を軸に置いたポップミュージックであることを大事にしている。

■無礼MEN「無礼トショウvol.1」
“オラオラポップ”を標榜するファンクポップバンド「無礼メン」(ぶれいメン)。2015年1月1日結成。個性的なキャラクターを持つ6人のメンバーは、20代前半とは思えない抜群の演奏力でそれぞれセッションミュージシャンとしても活躍中。

【関連リンク】
Amazon.co.jp
TuneCore Japan
ONE☆DRAFT、デビュー10周年記念ベスト『俺タチのまとめ盤』発売決定!
WEBER、メジャーデビュー曲「オオカミの涙」詳細を満月の夜に発表

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, 音楽配信

ガガガSP、新春2マン「ガガガSP×175R」で青春対決!
Fri, 16 Dec 2016 11:00:00 +0900
ガガガSP (okmusic UP\'s)

ガガガSPが、結成20周年突入を記念した新春2マンライブ「ガガガSP×175R〜神戸のゴキブリと北九州のイナゴ〜」を2017年1月11日(水)に開催することを発表した。

【その他の画像】ガガガSP

会場となるのはホームグラウンドである神戸MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎。ガガガSP・コザック前田と175R・SHOGOよりコメントが届いているので、合わせてチェックしてみてほしい。

ガガガSPは現在、世界最大級の音楽ストリーミングサービス「Spotify」CMソングとして「くそくらえ節」がPunk Rockジャンルに起用されて話題となっている。 いよいよ火蓋が切って落とされるガガガSPの痛快すぎる結成20周年イヤーに注目しよう。

■【コメント】

■ガガガSP・コザック前田
175Rとの2マン! 懐かしむだけでなく、同世代としてここからまた盛り上げて行きたいですね!

■175R・SHOGO
6年振りの活動再開! まずは神戸でガガガSPとやらなきゃでしょ! 言いたい放題のコザック前田と青春対決! 見とけ松原! やるぞ太陽と虎! これが本物の青春パンクや!

■「新春2マン!ガガガSP VS 175R〜神戸のゴキブリと北九州のイナゴ〜 」

1月11日(水) 神戸MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
OPEN 18:30/START 19:00
<チケット>
料金:前売 3,900円 / 当日 4,400円(別1DRINK)

【関連リンク】
ガガガSPオフィシャルHP
ガガガSPの「くそくらえ節」がSpotifyのCMソングに決定
ガガガSP、20周年記念ワンマンを12月に地元・神戸にて開催!
ガガガSP、元祖インディーズイベント「SET YOU FREE」とのスプリットツアーを開催

【関連アーティスト】
ガガガSP
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1