歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年12月08日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
米津玄師、ツアーファイナルにてTVアニメ『3月のライオン』新EDテーマ担当を発表
Thu, 08 Dec 2016 22:30:00 +0900
12月8日(木)@Zepp Tokyo(東京・台場) (okmusic UP\'s)

米津玄師が12月8日(木)にZepp Tokyo(東京・台場)にて開催したツアー『米津玄師 2016 TOUR / はうる』のファイナル公演のMCにて、2017年1月7日(土)から放送予定のTVアニメ『3月のライオン』の新エンディングテーマが新曲「orion」に決定したこと、さらに同曲をニューシングルとして2017年2月15日(水)に発売することを発表した。

【その他の画像】米津玄師

12月10日には自身初の単行本『かいじゅうずかん』の発売も控え、ますます活動の勢いを増す米津玄師から目が離せない。

photo by 中野敬久

■【米津玄師 コメント】

“3月のライオン”を初めて読んだのが数年前、その時の第一印象は「この景色なんか見たことあるな」でした。
僕は当時、舞台のひとつである月島に住んでいました。
家の近所が漫画になっててとても驚いたのを憶えています。
零くんと自分の共通する部分はどこだろうか、川本家の暖かさ、眩しさを表現するにはどうしたらいいだろうか。
ぐるぐる考えながら音楽を作りました。
些細ではあるけれど、このお話の一部分を担えることをとても嬉しく思っています。

■シングル「orion」

2017年2月15日(水)発売
【オリオン盤(初回限定)】(CD)
SRCL-9313/¥1,700+税
※クリアシート+ハードカバー仕様
【ライオン盤(初回限定)】(CD+DVD) 
SRCL-9314〜9315/¥1,700+税
※紙ジャケット仕様
【通常盤】(CD)
SRCL-9316/¥1,200+税

【関連リンク】
米津玄師 オフィシャルHP
中田ヤスタカ、映画『何者』主題歌のMVフル公開&スペシャルコラボイベント開催決定
ボカロPから人気アーティストになった米津玄師のセンスが光る5曲
RADWIMPS、初の対バンツアーが米津玄師を迎え開幕

【関連アーティスト】
米津玄師
【ジャンル】
J-POP, アニメ, ネットカルチャー, テレビ(番組/CM), ライブ

感覚ピエロ、キラーチューン揃いのミニアルバム『等身大アンバランス』リリース決定!
Thu, 08 Dec 2016 22:00:00 +0900
感覚ピエロ (okmusic UP\'s)

感覚ピエロが2017年2月22日にミニアルバム『等身大アンバランス』をリリースすることを発表した。

【その他の画像】感覚ピエロ

YouTubeには公開されているが、音源化されていない「加速エモーション」をはじめ、キラーチューンをかき集めた作品となっている。発売を楽しみに待っていてほしい。

■ミニアルバム『等身大アンバランス』

2017年2月22日発売
JIJI-0009/¥1,800+税
<収録曲>
1. 等身大アンバランス
2. 加速エモーション
3.CCC
4.TELL ME WHY
5. チェシャ

■「加速エモーション」MV
https://youtu.be/DmtEkaLIUuM

【関連リンク】
感覚ピエロ オフィシャルHP
感覚ピエロ、デジタルアルバム『はじめてのはじまり』をAWAが独占配信!
『TOKYO CALLING 2016』第1弾アーティストは夜の本気ダンスら10組!
感覚ピエロ、2ndミニアルバムの発売を発表&新曲が話題のドラマ主題歌に決定

【関連アーティスト】
感覚ピエロ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

新木場・ageHaにて毎年恒例の「ASOBONENKAI」開催! PKCZ(R)他ラインナップが明らかに
Thu, 08 Dec 2016 20:00:00 +0900


新木場・ageHaにて、毎年恒例となっている「ASOBONENKAI」が12月22日(木)に開催されることがわかった。

【その他の画像】m-flo

毎年恒例の師走の風物詩「ASOBONENKAI」だが、2016年はageHaとASOBISYSTEM、m-floとの強力タッグにより、例年よりスケールアップし、史上最強規模で開催されることが決定。

そして、このビッグイベントのゲストには、EXILE HIROの呼びかけにより集まったMAKIDAI、VERBAL、DARUMAによるクリエイティヴユニット「PKCZ(R)」の出演が決定。PKCZ(R)は世界的スターAFROJACKとも共演している他、ANARCHYやMIGHTY CROWNともコラボを果たすなどジャンルの垣根を超えた活躍が世界中で話題となっているユニットだ。

加えて、JOMMY、LUCAS VALENTINE、Erie、TeddyLoidらゆかりのあるアーティストが追加ラインナップとして発表された。

また、ISLANDではageHa名物である、BIKINI NIGHTが冬のツアーをスタート。プロデューサーであるMITOMI TOKOTOをはじめとした、8人のBIKINIダンサーたちが乱舞する。この超豪華な忘年会、ぜひ参加してみてはいかがだろうか。

■【イベント概要】

『m-flo × ASOBISYSTEM × PKCZ(R) Presents ASOBONENKAI 2016』
12月22日(木) 新木場・ageHa
OPEN 22:00

■詳細はこちら
http://www.ageha.com/schedule/event.php?id=276784

【関連リンク】
新木場・ageHa、"アドベンチャー"をテーマに14周年記念イベントを開催!
新木場・ageHaにて今年も日本最大級のハロウィンイベント開催!
新木場・ageHaのシルバーウィークイベントにDJ KAORI・中田ヤスタカら大集結!
MUCC、アニメ『七つの大罪』主題歌シングル詳細解禁

【関連アーティスト】
m-flo, Lucas Valentine, MITOMI TOKOTO, TeddyLoid, PKCZ(R) , Erie
【ジャンル】
ダンス/ハウス/テクノ, イベント

大原櫻子やMY FIRST STORYらが出演する『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2017』開催決定
Thu, 08 Dec 2016 19:00:00 +0900
「TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2017」出演者 (okmusic UP\'s)

2017年3月26日(日)に国立代々木競技場第一体育館にて『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2017』の開催が決定した。

【その他の画像】ももちひろこ

3月に開催された第一回目同様、史上最大級のファッションフェスタ『東京ガールズコレクション』の翌日に同会場で開催となり、「力強く美しい、輝く女性の象徴」という意味を込めた“Female Hero”をテーマに、女の子の「大好き』が詰まった全く新しい“都会のガールズミュージックフェス”をお届けする。

注目の出演アーティストには、大原櫻子やTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE、Da-iCE、MY FIRST STORYが決定! 各メインアーティストは30分以上で、ボリューム満点のパフォーマンスで会場を熱く盛り上げる。また、オープニングアクトとして、THE BEAT GARDEN、Miyuu、ももちひろこの3組の出演も決定している。

さらに、当日アーティストが歌う曲をリクエストできる企画も実施予定。リクエストフォームより曲を選んで応募ができる。ファンもより一体となって楽しめるフェスになりそうだ。

■『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2017』

3月26日(日) 国立代々木競技場第一体育館
開場16:00 / 開演17:00 / 終演21:00(予定)
<チケット>
■VIP席
先行:9,600円(税込)
一般:9,900円(税込)
■指定席
先行:6,600円(税込)
一般:6,900円(税込)
※FC先着先行の受付は、2016年12月18日(日)10:00より受付開始予定!(受付締め切り:12月24日(土)23:59まで)

【関連リンク】
『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2017』 オフィシャルHP
大原櫻子、日本武道館公演を収めたDVD&Blu-rayよりライブ&舞台裏映像を一部公開!
lol、Da-iCE、U-KISSらキャンペーン参加の「mu-moプレミアクラブ」がグランドオープン!
ももちひろこ、シングル「好きだから言えない」いよいよ11月23日にリリース!

【関連アーティスト】
ももちひろこ, Da-iCE, MY FIRST STORY, 大原櫻子, THE RAMPAGE from EXILE TRIBE, THE BEAT GARDEN, Miyuu
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, イベント

フルコーラスにこだわったSP番組『名歌復活!〜弾き語り 昭和のメロディー』BSフジにて放送
Thu, 08 Dec 2016 18:30:00 +0900


12月10日(日)の19時から20時55分まで、BSフジのサタデースペシャルとして『名歌復活!〜弾き語り 昭和のメロディー』が放送される。

【その他の画像】岡千秋

番組では、弦哲也、杉本眞人、岡千秋という当代の演歌・歌謡曲界を代表する3人のヒットメーカーが自作を歌うと共に、芸能界の生き字引として知られる音楽評論家・小西良太郎氏とタレントの松本明子を相手に、自らの足跡やヒット曲誕生の陰のエピソードなどを語る。

3人をよく知る小西氏がホスト役を務める時点で、濃い話が聞けるであろうことは予測できるが、共に名人の域にいる4人とあり、例えば軽く交わしているような言葉でも、その奥の深さは、演歌の詞の味わい深さにも通じるもの。しかもゲスト歌手として出演している島津悦子、あさみちゆき、椎名佐千子もまた演歌・歌謡曲の分野で実績を重ね、評価を高めてきた歌い手たち。出演する全員が、歌への敬意を抱きながら、歌い、語る様子は、密度が高く、大いに見応え聴き応えがある。

こうした番組を企画し、キャスティングプロデューサーを務めたのは、ミュージックソムリエ協会顧問の築波修二。番組は、長く歌謡界で活動を続けてきた彼の、歌への深い愛情と高いプロ意識によって作られた。それは例えば、全15曲中9曲がフルコーラスという稀有な構成にも表れている。

「通常、テレビの歌番組では”テレビサイズ”と言って2コーラスや1ハーフに短縮して歌われる。しかし、それは映画なら3分の2や半分にされてしまうようなもの。これはおかしいとずっと思ってきたので、今回は本来あるべきフルコーラスという形にもこだわりました」と築波。歌を大切に扱い、その魅力を十分に視聴者へ届けるため、丁寧な番組作りをする。活字にしてしまえば当然のことながら、実現されにくい基本姿勢にも彼はこだわった。

そして、その意識が出演者に届いているからこそ、弦の、杉本の、岡の歌が素晴らしい。それぞれに歌い手としての活動歴があり、豊かな個性や歌唱力の持ち主として知られる3人だけに、それは当たり前とも言えるが、自分が作った曲を、自らピアノやギターを弾きながらテレビで披露するという機会を得て、内には燃えるものがあったに違いない。番組名に「名歌復活」とあるように、石原裕次郎やちあきなみの楽曲のように、本人の歌では聴けなくなってしまった作品が、作曲者の歌声によって再び命を吹きこまれたことも、この番組の魅力だ。

収録は全曲1テイク。最初からやり直しを必要としない気構えで臨んだ、3人とゲストの女性歌手たちのプロ意識は痛快とも言える。ここでスタジオの歌い手から伝わってくる緊張感こそは、プロの一つの証であり、歌番組の醍醐味ではなかったか。いつの間にかテレビではゴールデンタイムに素人がカラオケで歌う番組も流れるようになり、プロとアマの差が不明瞭になった。「歌はみんなのもの」という考え方は間違っていないが、プロとアマの間には画然とした差がある。あって然るべきであり、それはなければならないものでもあるのだが、近年の温い歌謡界で、そうした”こだわり”に触れることは多くない。そして、その多くはない意識を敢えて注いで作られたのが、この番組だとも言えるだろう。

「長良川艶歌」「天城越え」「紅い花」とそれぞれの代表曲で始まると、間に先頃文化勲章を受章した3人にとっての作曲家としての大先輩・船村徹氏の作品を挟んで進行するが、15曲の中には例えば金田たつえの「おまえさん」のような、知る人ぞ知る歌も含まれている。これは築波のリクエストで加えられたもの。フルコーラスというサイズにも選曲にも強い”こだわり”があるのだが、こだわりはともすればわがままとも取られかねない。しかし、そうさせていないのは築波の演歌・歌謡曲ファンとしての意識の高さゆえだろう。その求めるもの、望むものが真髄を突き、多くのファンの声を代弁するものであれば、賛同は得ても批判されるはずはない。

トーク、歌ともに内容が濃く、落ち着いてじっくりと聴ける番組作り。先の築波の言葉にあったテレビサイズが、進行を早めるためのファストフード的な手段であるとすれば、この番組は懐石料理かフルコース。余韻まで楽しめるグルメも満足の構成だ。

この企画を築波は10年前から温めていたと言う。当時、実現していたとしても相応の評価を得たと思えるが、歌謡界や放送業界におけるプロ意識が曖昧になっている今、こうして放送されることで、何かに気付き啓発される人々が少なくないことを願う。築波自身、この番組にはアンチテーゼの意味もあると話す。近年はテレビ離れ、音楽離れなどの話題を見聞きすることも多いが、それが時代の流れだと割り切ってしまう前に、もう一度考えてみるべき大切なものがあることを、この番組は味わい深い歌やメロディーで知らせているような気がする。

Text by 永井 淳

■【放送曲目】

長良川艶歌(岡千秋)、天城越え(弦哲也)、紅い花(杉本眞人)、今さらジロー(あさみちゆき)、北の旅人(弦)、かもめの街(杉本)、波止場しぐれ(椎名佐千子)、新宿情話(杉本)、東京は船着場(弦)、おんなの宿(岡)、おゆき(弦)、ふたり酒(島津悦子)、おまえさん(岡)、海峡の春(岡)、吾亦紅(杉本)

【関連リンク】
BSフジサタデースペシャル『名歌復活!〜弾き語り 昭和のメロディー』
Half time Old、1stフルアルバムをリリース! パワープレイやワンマンなど続々決定
高橋優、KEIGO(FLOW)と共にAbemaTV『アベマショーゴ』水曜レギュラーMCに!
『ニコびじゅ』年末特番にPENICILLIN、ぞんび、アンフィルらビジュアル系バンド多数出演!

【関連アーティスト】
岡千秋, 弦哲也, 杉本眞人
【ジャンル】
演歌/歌謡曲, テレビ(番組/CM)

寒い…寂しい…そんな夜には浜田真理子を
Thu, 08 Dec 2016 18:00:00 +0900
浜田真理子 (okmusic UP\'s)

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常の1コマでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――。
二十四節気の「大雪」に入り、いよいよ冬本番。イベントも多いこの季節に、心の唇をぎゅっと噛み締めて耐えるあなたに、浜田真理子さんをご紹介します。日本全国に口コミでじわじわ広がり、作家のファンも多数。今月20日には文藝春秋社主催でコンサートも予定されています。

■1.「街の灯り〜Mr.Lonely」/ 浜田真理子

●今月20日のイベント、ぜひお越しください!
TBS系ドラマ「時間ですよ」劇中歌として堺正章さんと天地真理さんがデュエットしていた「街の灯り」(作詞:阿久悠/作曲:浜圭介)とTOKYO FM「JET STREAM」オープニングテーマでも使われていた「Mr.Lonely」(Bobby Vinton)。浜田真理子さんの唄によって溶けあい、夜の海に穏やかにたゆたうようで、心のやわらかいところに沁みていきます。特に私は、♪街の灯り ちらちら♪の”ちらちら”に心がキュっとなります。12月20日に行われる紀尾井ホールのコンサートにも携わる、ミュージックソムリエ協会の佐藤剛会長(作家・音楽プロデューサー)――「街の灯り」から「ミスター・ロンリー」に変わった瞬間の驚き、何度聴いても新鮮さが失われません。そして英語から日本語に移る心地よさ、極上の味わいです」。
https://www.youtube.com/watch?v=d4M1RM3eD5o

■2.「朝日のあたる家」/浜田真理子

●今年話題のノーベル文学賞受賞者もカバーした名曲
元はアメリカのフォーク・ソングで、その後ウディ・ガスリーやジョーン・バエズになどに歌われ、1960年代にはボブ・ディランやアニマルズにカバーされ、幅広く知られるようになった曲です。女郎屋に身を落とした女性の幸せな人生を諦めた暗い歌、その女郎屋は「The House of the Rising Sun?朝日楼」という。日本では昭和を代表する歌手、浅川マキ、藤圭子、ちあきなおみなどによって歌い継がれてきました。歌手の人生をも内包されているかのような、人の弱さの深淵を歌う声に惹き込まれます。
https://www.youtube.com/watch?v=40UJfDQfOCQ

■3. 「のこされし者のうた」/浜田真理子

●心の唇を噛みしめて、今日も生き抜く
浜田真理子のオリジナル曲「のこされし者のうた」。人が生きていく限り、別離はつきものですね。それが親しい人だと尚更、あらがう事も出来ない運命に打ちのめされもします。表情にも言葉にも出さず、寂しく辛い想いを心の唇でぎゅっと噛んで我慢しながら、のこされた者は生き続けていく。誰にも言えない想いを代弁してくれるかの様な歌の前では、泣いていいのだ。誰にも気づかれずにそっと涙を流して心の唇を癒して欲しい歌なのです。
https://www.youtube.com/watch?v=zt1sLd5vPu0

■4.「あなたへ」/ 浜田真理子

●女優・杏を虜にした“だれでもないあなた”
「何かになりたいとあなたは言う だれでもないあなたがそのまま好きです」――浜田真理子のオリジナル曲「あなたへ」は、自分を見失いそうになる時、自分の存在を確かめたい時にぴったり。静かに揺るぎない存在感を持って自分の存在を肯定してくれます。
寺島しのぶ主演の映画『ヴァイブレータ』のエンディングテーマで話題となり、また、女優・杏さんがNHK『ミュージック・ポートレイト』で、“これまでの人生で出会った大切な曲”の一つに、自身のアルバム『LIGHTS』でもカバーした浜田真理子のこの歌を挙げていました。
https://www.youtube.com/watch?v=XxHwgE6L9jE

■5.「人生一路」/ 浜田真理子

●美空ひばりが東京ドーム公演の最後に選んだ歌
美空ひばりさんが亡くなる1年前の東京ドーム公演の最後を締めくくった曲です。満身創痍で緊急入院してから奇跡の復活を遂げ、お客様にこれからまだまだ歌手として歩いて行くという姿を見せたいと、亡き弟、加藤和也さんが作曲したこの曲を、ひばりさんは光り輝く白い花道を歌い進んで行かれました。今でも語り継がれる伝説のライヴの1つです。
決意に満ちた力強い歌ですが、浜田真理子さんの唄う「人生一路」はどちらかというと軽やかなのかもしれません。但し、そこには一人一人の人生を励ますような、讃歌に近い歌に聴こえてくるのです。
https://www.youtube.com/watch?v=XD3sjj40cwQ

浜田真理子さんがカバーする昭和の歌謡曲には、不朽の名作が数多く存在します。その名作を現代に蘇らせ、人に忘れ得ぬ感動をもたらすにはどれだけの趣味趣向の違うお客様を相手にしてきたら辿り着けるのでしょう。人生は辛く、苦しく、時に悲しく、寂しい。それでも生き抜く力は素晴らしいと思わせてくれる、絶望に寄り添いながらも浜田真理子さんの歌には生きる希望や底力を感じさせてくれるのです。
(選曲・文 麻布さやか)
【参考】 文藝春秋<文春トークライブ 第12回>浜田真理子「昭和」をうたう

【関連アーティスト】
浜田真理子
【ジャンル】


SPARK!!SOUND!!SHOW!!、メンバー制作の「Urban kill」MVを公開
Thu, 08 Dec 2016 18:00:00 +0900
SPARK!!SOUND!!SHOW!! (okmusic UP\'s)

スサシことSPARK!!SOUND!!SHOW!!が、2月14日に発売するミニアルバム『DX JAPAN』からリードトラック「Urban kill」のMVを公開した。

【その他の画像】Wienners

このMVはチヨチヨ イヤマ(Ba)が撮影、編集を手がけたもので、8mm フィルムカメラの質感で写した東京の街並みや、クリエイティブコモンズを多様し、どこか少し懐かしいくノスタルジックな風合いを出している。

また、2017年1月20日福岡UTEROからスタートとなる『DX JAPAN TOUR』のゲストに、Wienners、Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)が新たに発表された。

■「Urban kill」MV
https://youtu.be/T8THO4WU4sg

■ミニアルバム『DX JAPAN』

2016年12月14日発売
SPDP-003/¥1500+税
<収録曲>
1.ラクラクシット
2.Urban kill
3.プールサイドスーサイド
4.GO YOU DIE〜御用だ〜
5.聖☆夜
6.Fat,go fast!

■『DX JAPAN TOUR』

1月20日 福岡UTERO
出演:The Chorizo Vibes、Day Tripper、SPARK!!SOUND!!SHOW!!
1月21日 梅田shangri la
出演:DENIMS、愛はズボーン、SPARK!!SOUND!!SHOW!!
1月22日 名古屋CLUB UPSET
出演:Wienners、SPARK!!SOUND!!SHOW!!  and more...
1月29日 仙台enn 3rd
出演:Creepy Nuts、SPARK!!SOUND!!SHOW!!
2月03日 新代田FEVER
出演:DALLJUB STEP CLUB、SPARK!!SOUND!!SHOW!! and more...

【関連リンク】
SPARK!!SOUND!!SHOW!! オフィシャルHP
SPARK!!SOUND!!SHOW!!、12月にミニアルバム『DX JAPAN』発売&トレーラー映像を公開!
yonigeの全国ツアーにircle、スサシ、LILI LIMIT、マイヘア等が参戦決定
SPARK!!SOUND!!SHOW!!のツアーファイナルシリーズにモーモールルギャバン、Wienners等が出演

【関連アーティスト】
Wienners, SPARK!!SOUND!!SHOW!!
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SEKAI NO OWARI、DVD&Blu-ray『The Dinner』のジャケット写真とダイジェスト映像を公開
Thu, 08 Dec 2016 17:30:00 +0900
DVD「The Dinner」 (okmusic UP\'s)

SEKAI NO OWARIが来年 1月11日(水)にリリースするDVD&Blu-ray『The Dinner』のジャケット写真とダイジェスト映像を公開した。

【その他の画像】SEKAI NO OWARI

鮮やかな青空のもと、怪しげにたたずむ洋館に夜を彩る明かりが灯る、昼と夜が共存するシュルレアリスム。マグリットの絵より構想を得たという、まるで1枚の絵画のようなステージが、今回のジャケットとして仕上がっている。

このDVD&Blu-rayは 2016年3月から全国11カ所25公演を行ない、25万人を動員した『The Dinner』の最終公演として開催された、さいたまスーパーアリーナ公演を完全収録した映像作品。ダイジェスト映像ではキャリアの中で今まで培ってきた「ファンタジー」という方法論を一度破壊することから始まった『The Dinner』公演の、まるで芸術作品のように「ライブ」という概念を昇華させた圧倒的世界観を楽しめる内容となっている。

■『The Dinner』ダイジェスト映像
https://youtu.be/wkdcquMct2Q

■DVD&Blu-ray『The Dinner』

2017年1月11日発売
【Blu-ray】
TFXQ-78141/¥7,300+税
【DVD】
TFBQ-18185/¥6,300+税
<収録曲>
ANTI-HERO
スターライトハ?レート?
Love the warz -rearranged-
Never Ending World
ヒ?エロ
スノーマシ?ックファンタシ?ー
生物学的幻想曲
Death Disco
Monsoon Night
Mr.Heartache
SOS
深い森
幻の命
MAGIC
RPG
Dragon Night
ーENCOREー
炎と森のカーニハ?ル
Fight Music
インスタントラシ?オ

■特典映像:洋館セット内のメンバー解説 日替わり楽曲として披露された「眠り姫」のライブ映像
■副音声:「CHAN\'T SLEEP FANTASY NIGHT 番外編コメンタリー version」
■封入:スペシャルフォトブック付き

【関連リンク】
SEKAI NO OWARI オフィシャルHP
SEKAI NO OWARI、ドーム・ スタジアムツアーの特設サイトオープン
SEKAI NO OWARI、アリーナツアー『The Dinner』のDVD&Blu-rayが1月に発売決定!
SEKAI NO OWARIがニューシングル「Hey Ho」のMVを公開

【関連アーティスト】
SEKAI NO OWARI
【ジャンル】
ジャパニーズロック

音×AiR、先行配信音源「Catch Your Dream」がmysoundシングルチャート2位にランクイン!
Thu, 08 Dec 2016 17:00:00 +0900
音×AiR (okmusic UP\'s)

音×AiRの配信音源「Catch Your Dream」が、12月7日付のmysoundシングルチャートで2位を獲得した。

【その他の画像】音×AiR

「Catch Your Dream」はJOL原宿のテーマソングであり、音×AiRが2017年2月8日(水)に初の全国流通インディーズ盤としてリリースするアルバム『ハートフルレボリューション』に収録の楽曲。今回はアルバムに先駆け、先行配信音源として配信がスタートした。

12月7日付のシングルチャートはヒットシングルが多いなか、2位という快挙であったが、楓(Vo)からは"「逃げ恥」に勝てんかった"と残念な声も上がった。この悔しさを12月18日(日)に渋谷O-nestで開催されるワンマンライブにぶつけるとともに、同ライブでは楓が「逃げ恥」のダンス(!)を披露するという。

また、ワンマンライブ前の12月11日(日)、12日(月)、14日(水)には、JOL原宿で開催されているイベント『音×AiR♪JOL原宿でLove Me Do』を17:00より開催! こちらも併せてチェックしてみてほしい。

■「Catch Your Dream」配信URL
http://mysound.jp/sp/8906/

■【ワンマンライブ情報】

『NOW ON AiR 快進撃ワンマン渋谷O-nest編
〜音×AiRサンタの先取りクリスマスパーティ!〜』
12月18日(日)  渋谷O-nest
開場/開演 18:30/18:30
<チケット>
前売:¥3,000(ドリンク代別)
※mysound会員はドリンク代無料

『NOW ON AiR 快進撃自主企画 大阪編       
〜アツアツバンド鍋パーティ!〜』
12月22日(木) 梅田Shangri-La
開場/開演 18:30/18:30
<チケット>
前売:¥3,000(ドリンク代別)
※mysound会員はドリンク代無料

※各ライブ会場にて「mysoundの月額コースに入会している方」は、入場時にドリンク代を支払う際、マイページの「入会中のコース」の画面をご提示いただきますと、当日のドリンク代(500円or600円)が無料になります。

■アルバム『ハートフルレボリューション』

2017年2月08日(水)発売
YMPCD-32/¥1,980 (税込)
<収録曲>
※全13曲収録/未発表音源3曲入
1.三日月
2.純愛バイセコー
3.叱ってサディスティック
4.ドジっ娘モーニング
5.オトコボンバー
6.あの頃のままで
7.ダントツ☆YOU
8.抱きしめたいハグトゥナイ
9.波乗りトコナッツ
10.バンソウコ
11.ネバギバソウル
12.なんちゃってヒーロー
13.Catch Your Dream

【関連リンク】
音×AiR オフィシャルHP
音×AiR、大地(Gu)のラストステージとなるワンマンライブで大熱狂!
音×AiR、ワンマンライブ目前にmysoundシングルチャート1位、2位、3位を独占!
音×AiR、原宿アストロホールにて開催した東京初ワンマンライヴが大成功

【関連アーティスト】
音×AiR
【ジャンル】
J-POP, 音楽配信

浜崎あゆみ、カウントダウンライヴ・メモリアルダイジェスト映像を無料配信
Thu, 08 Dec 2016 16:00:00 +0900
浜崎あゆみ (okmusic UP\'s)

浜崎あゆみの歴代のカウントダウンライヴから厳選したメモリアルダイジェストがGYAO! MUSIC LIVEにて配信された。

【その他の画像】浜崎あゆみ

浜崎あゆみが多くのファンと共に、忘れがたい歴史を刻んできた聖地・代々木体育館。今年で17年目となる恒例のカウントダウン・ライヴ『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2016-2017 A 「Just the beginning-20」-』も、来年から予定されている改修工事に伴い、その歩みに、ひとつのピリオドを刻む。2000年から、1年、また1年と回数を重ねるごとに、聖地、ホーム、と親しまれるようになった代々木体育館、歴代のカウントダウンライヴから厳選したダイジェスト映像が無料で楽しめる。

また、12月29日・30日・31日のカウントダウン・ライヴ『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2016-2017 A 「Just the beginning-20」-』の一般チケットの発売が12月10日10時から開始する。

■配信期間
2016年12月8日〜2017年1月7日
http://gyao.yahoo.co.jp/music-live/player/ayu
■配信楽曲
1. Duty       
『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2014-2015 A Cirque de Minuit』
2. Microphone  
『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2014-2015 A Cirque de Minuit』
3. Feel the love  
『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2013-2014 A』
4. Wake me up  
『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2012-2013 A 〜WAKE UP〜』
5. do it again  
『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2011-2012 A 〜HOTEL Love songs〜』
6. Last angel
『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2010-2011 A 〜do it again〜』
7. I am…
『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2009-2010 A 〜Future Classics〜』
8. GREEN
『ayumi hamasaki PREMIUM COUNTDOWN LIVE 2008-2009 A』
9. talkin\' 2 myself  
『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2007-2008 Anniversary』
10. ourselves
『ayumi hamasaki BEST of COUNTDOWN LIVE 2006-2007 A』
11. STEP you
『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2004-2005 A』
12. WHATEVER
『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2004-2005 A』
13. Duty
『ayumi hamasaki countdown live 2000-2001 A』

【関連リンク】
浜崎あゆみ オフィシャルHP
浜崎あゆみ、 全国ファンクラブツアーの最終公演でファンとステージで超密着!?
GACKT × 浜崎あゆみ、ネット番組での初の共演を10万人超が視聴
dTVがBIGBANG、浜崎あゆみら出演『a-nation stadium fes.』を独占配信

【関連アーティスト】
浜崎あゆみ
【ジャンル】
J-POP

水曜日のカンパネラ、ツアー東京公演で待望のメジャー初フルアルバムのリリースを発表
Thu, 08 Dec 2016 15:00:00 +0900
12月7日@東京・中野サンプラザ (okmusic UP\'s)

2017年3月8日(水)に初の武道館公演が決定し話題となっている水曜日のカンパネラ。12月7日(水)に行なった『水曜日のカンパネラ・ワンマンライブツアー2016 〜SUPERMAN〜』の中野サンプラザ公演のMCで、その 1カ月前となる2月8日(水)にメジャー1st フルアルバム『SUPERMAN』をリリースと発表した。

【その他の画像】水曜日のカンパネラ

11月1日にリリースしたデジタルシングル「SUPERKID」に収録されている「カメハメハ大王」を披露した後、MCで「今日は発表があります! 3月8日は日本武道館ですが、2月8日にアルバムを出します! タイトルはこのツアータイトルと一緒で『SUPERMAN』!(笑) 新しい宣材写真も出てますのでよろしくお願いします!」とアルバム発売を発表したのだった。

アルバム『SUPERMAN』は「SUPERKID」から「アラジン」「カメハメハ大王」を含む全10曲入りのアルバムで、ハイレゾ音源とmp3音源が収録されるUSB版とCD版の2形態でリリースされる。USB版としてのリリースは水曜日のカンパネラとして初の試みで、このUSB版はデザインやアートワークはCD版とほぼ同様の内容でCDの形をした特製CD型USBとなっている。本作のUSB版はCDや音楽配信サービスなど多様化してきたこの時代に向けてのメッセージなのかもしれない。

ジャケットはUSB版・CD版どちらも共通で、こちらを見つめるコムアイの目が印象的なビジュアルとなっている。また、解禁にあわせ、モノクロの新たなアーティスト写真も公開された。どちらの写真も写真家の鈴木親氏が撮影しこれまでに無いコムアイの魅力を引き出している。

現在開催中の『水曜日のカンパネラ・ワンマンライブツアー2016 〜SUPERMAN〜』は、12月22日に沖縄でファイナルを迎える。ツアーを経てリリースされるフルアルバム、そしてそれを引っ提げての武道館公演は一夜限りなので、是非目撃して頂きたい。

■アルバム『SUPERMAN』

2017年2月8日発売
【CD】
WPCL-12464/¥3,000+税
【USB】
WPEL-10009/¥3,000+税
<収録曲>
1-アラジン
2-坂本龍馬
3-一休さん
4-オニャンコポン
5-チンギス・ハン
6-チャップリン
7-オードリー
8-カメハメハ大王
9-世阿弥
10-アマノウズメ

■【ライブ情報】

『水曜日のカンパネラ・ワンマンライブツアー2016 〜SUPERMAN〜』
12月22日(木) 沖縄・ミュージックタウン音市場

『水曜日のカンパネラ 日本武道館公演〜八角宇宙〜』
3月08日(水) 東京 日本武道館

【関連リンク】
水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
水曜日のカンパネラ、ツアー初日に武道館公演決定を発表
水曜日のカンパネラ、「アラジン」MV公開&特設ページに魔法のランプ登場
iriのデビューを祝してケンモチヒデフミ、mabanua等からコメントが到着

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ, ライブ

CHEMISTRY、2人揃ってのコメント映像で活動再開を宣言
Thu, 08 Dec 2016 14:30:00 +0900
CHEMISTRY (okmusic UP\'s)

CHEMISTRYのオフィシャルサイトで2012年4月以来、約4年半ぶりに二人そろった姿を見せ、活動再開を宣言するコメント映像が公開された。

【その他の画像】CHEMISTRY

2012年4月、デビュー10周年イヤーを締めくくるワンマンツアーを最後に、メンバーの堂珍嘉邦、川畑 要がそれぞれソロ活動に専念することを発表し、グループとしての活動を休止していたCHEMISTR。以来お互いにソロシンガーとしてのキャリアを積んできた彼らが、この度グループとしての活動を再開することを発表した。

テレビのオーディション番組を勝ち抜き、2001年3月7日にデビューしたヴォーカルデュオ『CHEMISTRY』。デビューシングル「PIECES OF A DREAM」がオリコン週間シングルチャート16週連続TOP10入りという驚異的なロングセラーを記録し、いきなりのミリオンヒット。1stアルバム「The Way We Are」は300万枚のモンスターヒットを記録し、同年のNHK紅白歌合戦に初出場すると、瞬間視聴率No1(関東圏)を獲得。CD総売上枚数は1,800万枚を誇る日本を代表するアーティストとして一大現象となった。

ヴォーカルデュオの代名詞とも呼ばれ、圧倒的な歌唱力で織りなす唯一無二のハーモニーに、活動再開を待ち望む声が多く、「ソロ活動を経て強くなったCHEMISTRYを、待ってくれているファンの皆さんに見せたい」という気持ちを確認し合ったメンバー同士が、二人きりで打合せを重ねて実現した再始動プロジェクト。「まずは、ファンの皆さんの目の前でパフォーマンスを」というメンバーの想いから、再始動のキックオフを飾るのは2017年2月28日(火)、3月1日(水)に行なうワンマンライブ。2012年4月以来、約5年ぶりにCHEMISTRYとしてのパフォーマンスが披露される。

■CHEMISTRY、約5年ぶりワンマンライブで待望の再始動!
https://www.youtube.com/watch?v=XMqAGBp15NI

■『CHEMISTRY LIVE 2017 ‐TWO‐ 』

2月28日(火) 東京国際フォーラム ホールA
3月01日(水) 東京国際フォーラム ホールA
開場18:00/開演19:00

チケット一般発売に先駆け、川畑 要ファンクラブおよび堂珍嘉邦ファンクラブでは最速チケット先行が決定!

■川畑 要ファンクラブ
http://www.knmy.net/
■堂珍嘉邦ファンクラブ
http://dohchin.jp/fanclub/

【関連リンク】
CHEMISTRY オフィシャルHP
中居司会「Momm!!」に清水翔太&クリス・ハート登場、キスマイ二階堂&横尾や指原&まゆゆらと“おはこ曲”も披露
「UTAGE!」秋の2時間SPは「SMAPリクエストランキング」、番組初のサプライズも
「機動戦士ガンダムUC」主題歌集がデイリー初登場2位を記録

【関連アーティスト】
CHEMISTRY, 堂珍嘉邦, 川畑 要
【ジャンル】
J-POP

塩ノ谷 早耶香、ニューシングル「魔法」は“切なさ”が際立つ至極のバラード
Thu, 08 Dec 2016 14:00:00 +0900
塩ノ谷 早耶香 (okmusic UP\'s)

塩ノ谷 早耶香が12月7日に約半年ぶりとなる7thシングル「魔法」をリリースした。

【その他の画像】塩ノ谷早耶香

「魔法」は叶わない恋に悩み苦悩する女性心理を真に迫る圧巻のヴォーカルで歌い上げた至極のバラード。感情豊かに表現する歌唱力によって、塩ノ谷 早耶香のキャリアの中でも最も“切なさ”の際立つ1曲に仕上がっている。

塩ノ谷は「今年の初め頃から制作を始めてずっと温め続けてきた作品なので、本当にやっと!! みなさんにお届けできてとても嬉しいです。音はもちろん、ジャケットやMVにもかなりこだわったので、受け取ってくださる方がどんな反応をしてくださるのかが楽しみです!”と心境を明かしている。さらに、“私は常に〈誰かに寄り添える歌〉をテーマに歌っています。その中で、今まで作詞をさせていただいてきた曲は「大丈夫だよ」というように応援の意味合いを込めた曲が多かったのですが、今回は「強がらないで一緒に涙を流そう」というメッセージを込めて片想いの切なさを描きました。みなさんの涙に共感し寄り添えることができれば嬉しいです」とコメントしている。

また、必見のMVについては、「誰かに恋をした時、妄想の中で彼との幸せな日々を思い描き、現実との差に落ち込んで…と、どんな女の子でも一度はそんな経験をしたことがあるんじゃないかなと思います。特にMVのラストでは大雨の中で歌わせていただいているんですが、歌詞にある感情の流れを映像でも表現しました」と見どころを話してくれた。

そして、気になる今後についても「今年は念願のワンマン・ライヴを行うこともできたので、2017年はもうワンステップ階段を登ってツアーという形でよりたくさんの方と思い出を作りたいです。そのためにも〈誰かに寄り添える歌〉というテーマをさらにしっかり胸に刻みながら、アーティストとして人間として輝けるようにがんばります! 今後とも応援よろしくお願いいたします!」と意気込みを語っている。

本人も「史上最高に塩ノ谷 早耶香にフィットしている作品なので、切ない夜を私と一緒に過ごす曲として聴いていただけたら嬉しいです」と自信を覗かせるように、“冬=バラード=塩ノ谷 早耶香”というイメージをリスナーに印象づけるであろう「魔法」の世界に、ぜひともどっぷり浸っていただきたい。

【関連リンク】
塩ノ谷 早耶香 オフィシャルHP
塩ノ谷 早耶香、号泣必至の新曲「魔法」MVティザー映像を公開
「LDH SHOWCASE LIVE MUSIC BOX vol.1」で宮田悟志、塩ノ谷早耶香、Leolaが豪華コラボを連発!
塩ノ谷 早耶香、新曲「魔法」 はクリスマスシーズンにぴったりの切ないラブバラード

【関連アーティスト】
塩ノ谷早耶香
【ジャンル】
J-POP

BABYMETAL、レッチリと回るUKツアーがロンドンよりスタート!
Thu, 08 Dec 2016 13:00:00 +0900
12月5・6日@THE O2(O2 アリーナ) (okmusic UP\'s)

BABYMETALが12月5日・6日、イギリス・ロンドンのTHE O2(O2アリーナ)で行なわれたRED HOT CHILI PEPPERSのUKツアーにスペシャルゲストとして出演した。

【その他の画像】BABYMETAL

4月2日にTHE SSE ARENA, WEMBLEY (ウェンブリー・アリーナ)で日本人アーティストとして初めてのワンマンライブを行なったイギリスは、BABYMETALにとって第二の故郷とも言える地。昼過ぎごろから会場付近にはBABYMETALのTシャツを身につけた現地ファンも多く見られ、ここイギリスでもRED HOT CHILI PEPPERSとBABYMETALの競演を心待ちにしていたという期待感の高さが伺える。

BABYMETALは積極的に英語でのコールアンドレスポンスで集まった観客を煽りながら、ウェンブリー・アリーナから東京ドームまでのワールドツアーを経た力強いパフォーマンスを見せつけた。ライブが進むにつれ歓声も大きくなり、徐々に観客を巻き込み会場が盛り上がっていく様子は頼もしさを感じる程だ。「KARATE」、「ギミチョコ!!」、「メギツネ」などを披露しBABYMETALの ステージは大歓声の中『See you!』で締めくくられた。

この後も、グラスゴー、バーミンガム、マンチェスター、そして追加公演でまたロンドン・THE O2と続き、年明けにはGuns N? Rosesのジャパンツアーのスペシャルゲスト出演も決定している。 加速し続けるBABYMETALの活躍に注目しよう。

Photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)

■『RED HOT CHILI PEPPERS UK Tour Special Guests: BABYMETAL』

12月08日(木) スコットランド・グラスゴー / THE SSE HYDRO
12月10日(土) イギリス・バーミンガム / GENTING ARENA
12月11日(日) イギリス・バーミンガム / GENTING ARENA
12月14日(水) イギリス・マンチェスター / ARENA
12月15日(木) イギリス・マンチェスター / ARENA
12月18日(日) イギリス・ロンドン / THE O2

■『Guns N? Roses JAPAN TOUR 2017』

1月21日(土) 京セラドーム大阪
SUPPORT ACT:BABYMETAL
1月22日(日) 神戸ワールド記念ホール ※追加公演
SUPPORT ACT:BABYMETAL
1月25日(水) 横浜アリーナ ※追加公演
SUPPORT ACT:BABYMETAL
1月29日(日) さいたまスーパーアリーナ
SUPPORT ACT:BABYMETAL

【関連リンク】
BABYMETAL オフィシャルHP
ガンズ・アンド・ローゼズ、BABYMETALとMAN WITH A MISSIONが来日公演のサポートアクトに!
BABYMETAL、『LIVE AT WEMBLEY』トレーラー解禁&2年ぶりのライブアルバムをリリース
BABYMETAL、伝説のウェンブリーアリーナライヴ映像上映会開催決定

【関連アーティスト】
BABYMETAL, Red Hot Chili Peppers
【ジャンル】
メタル, ライブ

BUMP OF CHICKENがスタジアムツアーの映像作品より、「GO」をフルサイズで公開
Thu, 08 Dec 2016 12:30:00 +0900
BUMP OF CHICKEN (okmusic UP\'s)

BUMP OF CHICKENが12月21日にリリースするライブBlu-ray&DVD『BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 “BFLY" NISSAN STADIUM 2016/7/16, 17』に収録されている「GO」が公開された。

【その他の画像】BUMP OF CHICKEN

今年4月から7 月にかけて行い約30万人を動員したバンド初のスタジアムツアー『BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 “BFLY"』の最終公演となった神奈川・日産スタジアム2DAYSの模様を余すことなく収録した同作品。「GO」はライブ後半、サブステージより戻ったメンバーが楽器を手にしたのを合図にコンフェッティ(バンドのエンブレムをかたどった紙吹雪)が噴き出し、場内を鮮やかに染める様子からスタート。イントロで の藤原基央(Vo, G)によるエモーショナルなシャウトや、メンバーが笑顔を浮かべ演奏する姿など、当日の模様を生き生きと切り取った映像に仕上げられた。

なお、今作のリリース日には、テレビアニメ『3月のライオン』オーブニングテーマとして好評オンエア中 の「アンサー」をデジタルシングルとして同時発売する。こちらはiTunes Store、レコチョクなどの各配信サイトで入手可能だ。

■「GO」LIVE MV from BD&DVD『STADIUM TOUR 2016 "BFLY" 』
https://www.youtube.com/watch?v=XllN5dp8XXU

■Blu-ray&DVD『BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 “BFLY" NISSAN STADIUM 2016/7/16,17』

2016年12月21日発売
【初回限定盤】(Blu-ray+CD)
TFXQ-78147/¥8,000+税
※スペシャルBOX仕様
※カプセルピンバッジステッカーシート封入
※豪華64ページフォトブックレット付き
<収録曲>
■Blu-ray
01.Hello,world!
02.パレード
03.K
04.カルマ
05.ファイター
06.宝石になった日
07.アリア
08.流星群
09.大我慢大会
10.孤独の合唱
11.ダンデライオン
12.GO
13.車輪の唄
14.supernova
15.ray
16.虹を待つ人
17.Butterfly
EN.天体観測
〈-特典映像-〉
・“BFLY" スペシャルインタビュー 〜ツアーを振り返って〜
・Opening Countdown Concept Movie
・GO(Stage Background Movie)
・宝石になった日(MV “BFLY" Special Edition)
・Butterfly(360° Stage Movie)
・流星群(FUKUOKA YAHUOKU! DOME)
■CD(ライヴ)
01.Hello,world!
02.パレード
03.ファイター
04.宝石になった日
05.アリア
06.流星群
07.孤独の合唱
08.GO
09.supernova
10.Butterfly

【通常盤】(Blu-ray)
TFXQ-78148/¥6,000+税
※28ページフォトブックレット付き
<収録曲>
01.Hello,world!
02.パレード
03.K
04.カルマ
05.ファイター
06.宝石になった日
07.アリア
08.流星群
09.大我慢大会
10.孤独の合唱
11.ダンデライオン
12.GO
13.車輪の唄
14.supernova
15.ray
16.虹を待つ人
17.Butterfly
EN.天体観測

【初回限定盤】(2DVD+CD)
TFBQ-18190/¥7,000+税
※スペシャルBOX仕様
※カプセルピンバッジステッカーシート封入
※豪華64ページフォトブックレット付き
<収録曲>
■DVD Disc 1
01.Hello,world!
02.パレード
03.K
04.カルマ
05.ファイター
06.宝石になった日
07.アリア
08.流星群
09.大我慢大会
10.孤独の合唱
11.ダンデライオン
12.GO
13.車輪の唄
14.supernova
15.ray
16.虹を待つ人
17.Butterfly
EN.天体観測
■DVD Disc 2
〈-特典映像-〉
・“BFLY" スペシャルインタビュー 〜ツアーを振り返って〜
・Opening Countdown Concept Movie
・GO(Stage Background Movie)
・宝石になった日(MV “BFLY" Special Edition)
・Butterfly(360° Stage Movie)
・流星群(FUKUOKA YAHUOKU! DOME)
■CD(ライヴ)
01.Hello,world!
02.パレード
03.ファイター
04.宝石になった日
05.アリア
06.流星群
07.孤独の合唱
08.GO
09.supernova
10.Butterfly

【通常盤】(DVD)
TFBQ-18191/¥5,000+税
※28ページフォトブックレット付き
<収録曲>
01.Hello,world!
02.パレード
03.K
04.カルマ
05.ファイター
06.宝石になった日
07.アリア
08.流星群
09.大我慢大会
10.孤独の合唱
11.ダンデライオン
12.GO
13.車輪の唄
14.supernova
15.ray
16.虹を待つ人
17.Butterfly
EN.天体観測

【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN オフィシャルHP
BUMP OF CHICKEN、TVアニメ『3月のライオン』OPテーマの配信リリースが決定
BUMP OF CHICKEN、スタジアムツアーBlu-ray & DVDのスポット映像解禁
秋の紅葉とマッチしそうな、心にじんわり響く5曲

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

YUKI、ソロ15周年第一弾シングル「さよならバイスタンダー」は『3月のライオン』のOPテーマ
Thu, 08 Dec 2016 12:00:00 +0900
YUKI (okmusic UP\'s)

2017年2月6日にソロデビュー15周年を迎えるYUKIが、15周年第一弾としてニューシングル「さよならバイスタンダー」を2月1日にリリース。合わせて、表題曲「さよならバイスタンダー」が、羽海野チカ原作のTVアニメ『3月のライオン』(NHK総合 毎週土曜23:00〜)のオープニングテーマに決定したことも明らかになった。

【その他の画像】YUKI

ソロデビュー15周年という節目に向かって歌い続けるYUKI自身の想いが重なる歌詞に、国内屈指の名プレイヤーによるバンドサウンドと豪華なストリングスが融合した生演奏が、ダイナミックな彩りを与えるハイスピードロックナンバー「さよならバイスタンダー」。一歩前へ進む勇気をくれる力強さと、涙がこぼれるような優しさに満ちた、YUKIの真骨頂とも言える楽曲に仕上がっている。

楽曲に関して、YUKIよりコメントも到着。ぜひ合わせてチェックしてみてほしい。

■【YUKI コメント】

「3月のライオン」のオープニングテーマを歌うことになって、とっても嬉しいです。ありがとうございます。
私は勝負の世界とは無縁の歌手ですが、いつも自分と闘って歌っています。これが本当に私のしたいことなのか、自問自答を繰り返しながら、歌う喜びに身を委ねてやっています。
主人公の零くんの、将棋を指す静かな快楽を無視できずどんどんその世界にのめり込んでいく気持ちとは、交わることがないようでいて共感できるところは沢山あるのです。
“他力”が働くと、良くも悪くも人は思わぬ方向へいくものです。私はずっとそうしてきたように思います。
でもここで、自分の中の傍観者とは距離を置きたくなりました。もう時は来たのです。「さよならバイスタンダー」は今の自分の決意を歌ってみました。
好きな女の子を守るために自分の足で歩き、強くなっていく零くんを見ているのは楽しくもあり、苦しくもなります。
私もずっと漫画を読みながら応援しています。
羽海野先生、ゆで卵を上手に作る方程式、ずっと解けなかったのですが、見事な実験結果の末の8分間、穴開け方法、早速試したところ、大成功でした…。
先生! ありがとうございます!!
美味しくて、かっこよくて泣けて笑える、先生の作品が大好きです。

■シングル「さよならバイスタンダー」

2017年2月1日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4821〜2/¥1,429+税
【通常盤】(CDのみ)
ESCL-4823/¥971+税
■CD
01.さよならバイスタンダー
02.You can stay right here
■DVD ※初回生産限定盤のみ
TVアニメ『3月のライオン』ノンクレジットオープニングムービー

【関連リンク】
YUKI オフィシャルHP
YUKI、2017年初春にアルバム発売&全国ツアーも開催決定
最高にHAPPYになれるアルバム『Sweet Happiness SUPPORTED BY ゼクシィ』8月24日に発売
YUKI、最新ライブ映像作品をニューシングル発売日に同時リリース

【関連アーティスト】
YUKI
【ジャンル】
J-POP, アニメ

Salley、ツイキャスで3rdフルアルバム『Clear』のリリースを発表!
Thu, 08 Dec 2016 11:00:00 +0900
Salley (okmusic UP\'s)

Salleyが、12月7日に放送されたSalley Officialアカウントのツイキャスにて、2017年2月8日に3rdフルアルバム『Clear』をリリースすることを発表した。

【その他の画像】Salley

同作には、3ヶ月配信シングル「kodama」「Home」「Winding Road」を含む、全11曲を収録。初回限定盤のDVDには、うららが初のダンスに挑戦し話題となった「kodama」をはじめ、全4曲のMVが収録される。さらに、今年7月に行なわれた渋谷WWWでのワンマンからライヴ映像を2曲、レコーディングのメイキング映像なども収録予定だ。

また、アルバムリリースを記念した東阪名のインストアライヴツアーも開催決定! こちらも期待して会場に足を運んでみよう。

■【コメント】

■うらら(Vo) コメント
本当に、誰に聞かせても恥ずかしくないアルバムができました。前作の2ndアルバムから1年半、色々なことがありましたが、何があっても上口君と二人、しっかりと一歩一歩踏みしめて活動する中で生まれた音や想いを詰め込んだ最高の一枚です。
良質な音の中で、「やっぱり音楽っていいなぁ」と感じて頂けると思います。
とにかく聴いてほしい、聴いて貰えばわかって頂ける! このアルバムがたくさんの方に届きますように。

■上口浩平(G) コメント
僕らの3rdアルバムが来年2月8日にリリースされます。Salleyの音楽が改めていいなと思って頂ける自信作です。一曲一曲、一音一音、丁寧に作りました。曲、音、テイク全てが3枚目だからこそ出来る仕上がりになったと思います。
音楽への愛を余す事なく注ぐことが出来た渾身のアルバムを是非聴いて頂きたいです!

■アルバム『Clear』

2017年2月8日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1089/¥3,500+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-64692/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.kodama
02.Wonderland
03.Winding Road
04.小さな嘘
05.真昼の月
06.SPECTRUM
07.カノジョとカレシ
08.言い訳ガール
09.スカイライン
10.Home
11.Clear
■DVD ※初回限定盤のみ
01.kodama(MV)
02.流星ラヴァー(MV)
03.キスしてbaby(MV)
04.冬が来る(MV)
05.キスしてbaby(Live at www on July 10, 2016)
06.きみのヒーロー(Live at www on July 10, 2016)
07.レコーディングメイキング(予定)
※タワーレコード(TOWER RECORDS全国各店/タワーオンライン)オリジナル先着特典:オリジナルアナザージャケット

■「Clear」リリース記念ミニライブ&ジャケットサイン会

2月11日(土)15:00スタート 東京 タワーレコード新宿店
2月12日(日)13:00スタート 大阪 タワーレコード梅田NU茶屋町店
2月12日(日)18:00スタート 愛知 タワーレコード名古屋近鉄パッセ店

【関連リンク】
Salley オフィシャルHP
Salley、大切な人と歩む道を描いた“愛歌”「Winding Road」を11月30日に配信リリース
Salley、虹色のホログラムで魅せる新曲 「kodama」MVを一部解禁
Salley、1年ぶりのワンマンで配信シングル3ヶ月連続リリースを発表

【関連アーティスト】
Salley
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1