歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年12月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
GOOD ON THE REEL、1年2ヶ月ぶりとなるフルアルバム発売決定
Mon, 05 Dec 2016 21:00:00 +0900
GOOD ON THE REEL (okmusic UP\'s)

GOOD ON THE REELが1年2ヶ月ぶりとなるフルアルバム『グアナコの足』を2017年2月8日にリリースする事がわかった。

【その他の画像】GOOD ON THE REEL

世界で最も乾燥したアタカマ砂漠で雨が降った時に現れる奇跡のような花畑に咲く花の通称である「グアナコの足」を冠した今作には2016年7月にリリースしたシングル「雨天決行」をはじめ、10月9日に行なわれた日比谷野外音楽堂ライブで初披露した「砂漠」の他、全12曲を収録予定。さらに初回限定盤DVDには新曲「小さな部屋」を含むこれまでにユニバーサルミュージックと共同制作されたMVが全5曲収録される。

■アルバム『グアナコの足』

2017年2月8日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7225/¥3,600+税
【通常盤】(CD)
UPCH-2108/¥2,800+税
<収録内容>
■CD
「雨天決行」「砂漠」「小さな部屋」他
※全12曲収録予定(詳細は追って発表します)
■DVD ※初回限定盤のみ
「夜にだけ」Music Video
「つぼみ」Music Video
「サーチライト」Music Video
「雨天決行」Music Video
「小さな部屋」Music Video

【関連リンク】
GOOD ON THE REEL オフィシャルHP
GOOD ON THE REEL、10年目にしてたどり着いた初野外ワンマンが大成功
でんぱ組.inc・POLYSICSら出演『ESP学園presents COLORS2016』がMUSIC ON!TVにてオンエア
グドモ主催『八王子天狗祭2016』にGOOD ON THE REELら5組追加

【関連アーティスト】
GOOD ON THE REEL
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MISTY、4thミニアルバムより新曲「PLAYROOM」ハイレゾ音源を先行配信
Mon, 05 Dec 2016 20:30:00 +0900
MISTY (okmusic UP\'s)

結成10周年イヤーに突入したMISTYが2017年1月18日(水)に4枚目のミニアルバム『Worth for believing』をリリースする事がわかった。

【その他の画像】MISTY

また、下北沢シェルターの25周年から始めたイベント自主企画『PLAYROOM』を冠したMISTY史上初のシンガロング曲「PLAYROOM」のハイレゾ音源を12月5日よりototoyにて先行で配信している。地元である安城で行なう10周年イヤー幕開けイベント『PLAYROOM" vol.2』ではライブ映像の撮影も予定しているので、先行で「PLAYROOM」を聴き込んで、当日はシンガロングして盛り上がろう!

■Ototoy 配信ページ
http://ototoy.jp/_/default/p/69117

■ミニアルバム『Worth for believing』

2017年1月18日(水)発売
WLR-1041/¥1,600+税
<収録曲>
1.Shine
2.Last one mile
3.Take it off
4.Rule the world
5.SEPIA
6.Perfect days
7.PLAYROOM

■【ライブ情報】

『MISTY presents “PLAYROOM" vol.2 〜MISTY結成10周年記念〜』
12月17日(土)  愛知 安城RADIO CLUB
出演:MISTY /THE WASTED / BARICANG / INKYMAP / COUNTERCLOCKWISE

『MISTY presents “Dream and Hope" vol.2 〜MISTY結成10周年記念〜』
12月18日(日)  愛知 安城RADIO CLUB
出演:MISTY / SilberStyle / COCO-ROBINSON / HONE YOUR SENSE(NEW!!)

【関連リンク】
MISTY オフィシャルHP
MISTY、4thミニアルバムリリース&アウトストアライブ開催決定
MISTY、バンド結成10周年記念イベント第一弾出演者発表!
MISTY、地元安城で結成10周年記念イベントを12月に開催!

【関連アーティスト】
MISTY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BRAHMAN、新曲「守破離」のMVはスマホ向け3分割!?
Mon, 05 Dec 2016 20:00:00 +0900
BRAHMAN featuring KO SLANG (okmusic UP\'s)

BRAHMANが配信限定リリースした新曲「守破離」のMVが解禁された。

【その他の画像】BRAHMAN

今回のMVで注目すべきはその技法。今作はなんと“スマホ向け3分割縦型MV"となっているのである。MAKOTO、RONZI、KOHKIそれぞれを主役にした映像が3本あり、そこにTOSHI-LOWとゲストボーカルであるSLANGのKOが絡むというスタイル。つまり、スマホを横に3台並べることで、今作の全貌が明らかになるのだ。

かなりトリッキーな作りになっているが、ライブハウスで友人などと共にスマホを並べて鑑賞してみてほしい。通常のMVとは違った感動があるはずだ。

■「守破離」MV(MAKOTO set)
https://youtu.be/v3KTeDciUck

■「守破離」MV(RONZI set)
https://youtu.be/GRMeWCJ39FM

■「守破離」MV(KOHKI set)
https://youtu.be/1x_Q2XEu3qE

■配信シングル「守破離」

2016年12月5日より配信開始
※キックボクシングイベント「KNOCK OUT」公式テーマソング
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1176006589?l=ja&ls=1&app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.com/t0/1003881673/

【関連リンク】
BRAHMAN オフィシャルHP
金原千恵子、豪華ミュージシャン参加の新アルバム発表&一週間限定で無料ダウンロードも
京都GATTACAにて開催『ミタケオアシン』にBRAHMANとSABANNAMANの出演が決定
ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル、トリビュート盤の詳細がついに解禁

【関連アーティスト】
BRAHMAN, SLANG
【ジャンル】
ジャパニーズロック

岸田 繁(くるり)作曲によるオーケストラ作品のCD化が決定
Mon, 05 Dec 2016 11:00:00 +0900
岸田繁(くるり) (okmusic UP\'s)

ロームシアター京都コンサートホールで開催された、くるりの岸田繁作曲による 「岸田繁交響曲第一番」世界初演のCD化が決定し、2017年春にリリースされる。さらに、くるりが2016年9月に東京・Bunkamuraオーチャードホールで行われたスベシャルライブ『NOW AND 弦』が待望の作品化され、BD/DVDとして2017年2月15日に発売することが決定した。

【その他の画像】岸田繁

「岸田繁交響曲第一番」は、岸田が2015年3月に京都市交響楽団からの依頼を受け、およそ1年半をかけ て完成させた本格的なオーケストラ作品。広上淳一指揮、京都市交響楽団演奏のもと、見事に世界初演を果たした。ロックバンドの枠を超え、作曲家としても歩みを始めた岸田による珠玉のシンフォニーが2017年春にCDとしてリリースする。

また、同時に作品化が発表された『NOW AND 弦』はくるりとオーケストラによる共演。2007年に発表されたアルバム『ワルツを踊れ Tanz Walzer』のレコーディングにも参加した作曲家のフリッブ・ フィリッブ、ウィーン・アンバサーデ・オーケストラを招聘し開催された。2016年に10回目を数えた京都音楽博覧会にて、悪天候による初の中止という事態で披露されることのなかった幻の共演がファンからの要望に応え、いよいよ発売となる。

Photo by 岸田哲平

■「京都市交響楽団 岸田繁交響曲第一番」/広上淳一

2017年春発売 詳細は後日発表

■Blu-ray&DVD『NOW AND 弦(仮)』/くるり

2017年2月15日発売
【Blu-ray】
VIXL-183/¥5,500+税
【DVD】
VIBL-832~833/¥5,000+税

【関連リンク】
くるり オフィシャルHP
岸田 繁(くるり)、管弦楽小作品のCDを会場限定リリース
岸田 繁(くるり)、「管弦楽のためのシチリア風舞曲」配信リリース決定
ニコラス・エドワーズ、六本木でクリスマスコンサート開催

【関連アーティスト】
岸田繁
【ジャンル】
ジャパニーズロック, クラシック

M.S.S Project、2月にニューアルバム発売&日本武道館ワンマン開催決定
Mon, 05 Dec 2016 19:30:00 +0900
『M.S.S Project 〜光と闇のファンタジア〜 FINAL at 日本武道館』告知画像 (okmusic UP\'s)

FB777、KIKKUN-MK-II、あろまほっと、eoheohの4人からなるエンターテインメント集団M.S.S Project(以下MSSP)が、12月3日に開催したパシフィコ横浜公演にて、2017年2月8日(水)に新作アルバム『M.S.S.Phantasia』を発売することを発表した。

【その他の画像】FB777

MSSPは現在、「M.S.S Project Tour 2016〜光と闇のファンタジア〜」と題し、11月6日の千葉県文化会館を皮切りに、12月28日(水)の東京国際フォーラムまで、全国9会場を大爆笑・大興奮の渦に巻き込むべく冬ツアーを行なっている。

今回発表されたアルバムには、毎回おなじみ(?)の無駄トークも収録されるとのこと。また、彼らがテーマソング&声優デビューも飾ったTOKYO MX・BS11 アニメ『影鰐-KAGEWANI-』の「Egoist Unfair」が収録されるほか、現在実施中のツアーでも会場を盛り上げている新曲の「M.S.S.Phantsia」も収録される。

さらに、追加情報として2月18日(土)に日本武道館にてワンマンライブを開催することも発表! 是非、MSSPのステージをその五感を使って体感していただきたい。

■アルバム『M.S.S.Phantasia』

2017年2月8日(水)発売
MSSP-1005/¥1,800+税
<収録曲>
※8曲+無駄トーク 収録予定

■販売情報
・アニメイト:http://www.animate-onlineshop.jp/pn/pd/1433076/
M.S.S Project 〜光と闇のファンタジア〜 FINAL at 日本武道館 先行予約抽選申込シリアルコード、ブロマイド1種
・ヴィレッジバンガード:http://vvstore.jp/i/vv_000000000121364/
ブロマイド1種
・タワーレコード:http://tower.jp/item/4411435
・TSUTAYA:http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4589686420785/
・とらのあな:http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/47/70/040030477024.html
・Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B01N9DHUJR

■『M.S.S Project 〜光と闇のファンタジア〜 FINAL at 日本武道館』

2017年2月18日(土) 日本武道館

■『M.S.S Project Tour2016 〜光と闇のファンタジア〜』

11月06日(日) 千葉県文化会館
11月12日(土) 広島文化学園HBGホール
11月20日(日) 福岡サンパレスホテル&ホール
11月27日(日) 神戸国際会館 こくさいホール
12月03日(土) パシフィコ横浜・国立大ホール
12月11日(日) 大阪国際会議場(グランキューブ)メインホール
12月23日(金) 北海道ニトリ文化ホール
12月25日(日) 名古屋国際会議場センチュリーホール
12月28日(水) 東京国際フォーラム・ホールA

■【二コニコ本社ジュースボックス(仮)概要】

実施日:12月22日(木)〜1月未定
※終了日は変更になる可能性がございます。
料金:500円(税抜)
視聴楽曲:M.S.S.Phantasia、Egoist Unfair

《SQUEEZE MUSICとは?》
SQUEEZE MUSICは、音楽の“味覚化”を可能にするジュークボックス型プロダクトです。音楽を再生しながら、再生中の音楽のムードをリアルタイムに分析し、曲の展開に合わせてさまざまな味のドリンクがミックスしていきます。一曲終わると、その曲のムードに基づいた味のミックスジュースができあがります。
SQUEEZE MUSIC 公式サイト:http://squeeze-music.com/

【関連リンク】
M.S.S Project 公式ブログ
M.S.S Project ニコニコ動画
M.S.S Project YouTube
METAFIVE、完璧なパフォーマンスで魅せたツアー東京公演が大盛況!

【関連アーティスト】
FB777, KIKKUN-MK-?, あろまほっと, eoheoh
【ジャンル】
J-POP, ネットカルチャー, ライブ

『JACK IN THE BOX 2016』出演者第4弾&セッションメンバーが明らかに!
Mon, 05 Dec 2016 19:00:00 +0900
AKi (okmusic UP\'s)

『JACK IN THE BOX 2016』の出演者第4弾が発表された。

【その他の画像】シド

今回出演が明らかになったのは、シドの明希(B)のソロ名義であるAKi。2016年は活発にライヴ活動を行ない、各地を熱狂の渦に巻き込んできただけに、日本武道館のステージで披露されるロック魂溢れるパフォーマンスは必見だ。

そして、Kenを中心に構成されるPARTY ZOO Ken with Naughty stars 20th&25th Celebrationのセッションメンバーも解禁となった。メンバーは、A9から将(Vo)、ヒロト(G)、虎(G)。BAROQUEから怜(Vo)、圭(G)。gibkiy gibkiy gibkiyからkazuma(Vo)、そしてKENZO(Dr)の参加が決定。さらにYUKKE(MUCC)、AKi(シド)の2人もセッションへ参加する。

これまでも「何が飛び出すか分からないビックリ箱のようなイヴェント」をテーマに、ワクワクするような体験を届けてきた『JACK IN THE BOX』個性派揃いのプレミアムなメンバーで一体何を行なうのか? 期待は高まるばかりだ。

■『MAVERICK DC GROUP 35th Anniversary JACK IN THE BOX 2016』

12月27日(火) 日本武道館
OPEN 13:00 / START 14:00
<出演>
MUCC / シド / ムド / シック
AKi / ユナイト / カメレオ / CL?WD / VALS
PARTY ZOO Ken with Naughty stars 20th&25th Celebration
(Ken、YUKKE(MUCC)、AKi、将(A9)、ヒロト(A9)、虎(A9)、
怜(BAROQUE)、圭(BAROQUE)、
kazuma(gibkiy gibkiy gibkiy)、KENZO)
PAUL(44MAGNUM) / JIMMY(44MAGNUM) / D\'ERLANGER
MDC SUPER ALL STARS and more…
<チケット>
料金:¥7,500(全席指定・税込) ※4歳以上有料
一般発売日:11月27日(日)
■プレイガイド
・SOGO TOKYO オンラインチケット
https://goo.gl/LsTX9M
・チケットぴあ
https://goo.gl/ywgn6j 0570-02-9999 [Pコード312-082]
・ローソンチケット
https://goo.gl/fZPMGP 0570-084-003 [Lコード71459]
・イープラス
https://goo.gl/aWBexP
・楽天チケット
https://goo.gl/zO6tTH
・Yahoo!チケット
https://goo.gl/UCD5NH

【関連リンク】
『JACK IN THE BOX 2016』 オフィシャルHP
シド、ニューシングルのジャケ写を公開! Blu-ray BOXの豪華内容も明らかに
L\'Arc-en-Ciel、アクションシーンのMV場面カットを公開!
ミヤ(MUCC)主催『COMMUNE Vol.2』に超満員の観客が熱狂

【関連アーティスト】
シド, Ken, L’Arc~en~Ciel, MUCC, baroque, AKi, A9, gibkiy gibkiy gibkiy
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

METAFIVE、完璧なパフォーマンスで魅せたツアー東京公演が大盛況!
Mon, 05 Dec 2016 18:30:00 +0900
12月3日@Zepp DiverCity (TOKYO) (okmusic UP\'s)

METAFIVEが11月30日より開催中のツアー『WINTER LIVE 2016』のZepp DiverCity (TOKYO)公演が12月3日に開催された。

【その他の画像】LEO今井

17時に開場されると、会場のフロアはあっという間に人で埋めつくされた。観客たちはみな、ステージに視線を向け、今や遅しと6人が登場するのを待っているようだ。そして18時を過ぎた頃、客電が落ちると同時にオープニングSEが鳴り、中村勇吾がVJを始めた。スクリーンにメンバー一人ひとりの名前が映し出されるたびに、大きな歓声が上がる。それと並行して、メンバーが順にステージ上に登場。全員そろったところで、LEO今井が『グッド・イヴニング』と客席に向けて挨拶し、ついにライヴが始まった。

まず彼らが披露したのは、「Submarine」。11月頭にリリースしたばかりのEP『METAHALF』に収録されている一曲で、6人の息ががっちりと合った演奏は、新曲ながらすでに板についている印象だ。魚の群れが水中を漂うような中村のVJも、この楽曲にぴったりである。続いて、LEO今井が朗々と歌い上げる「Maisie\'s Avenue」を挟み、プレイされたのは新曲の「Chemical」。エッジの効いたベース音と疾走感のあるビートに、グイグイと乗せられてしまう。やはり、このバンドの“攻め"の姿勢は健在だ。

ここで一度、『東京に帰ってきました』という高橋のMCが入った後、演奏されたのはまたしても新曲「Musical Chairs」。先日、朝の情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ)で同曲の生ライヴが披露され、METAFIVEの存在をお茶の間に知らしめることになったが、この日、楽曲の艶っぽく洗練された雰囲気が、高速道路のジャンクション、武道館、東京ドーム、工場……といった東京の風景を俯瞰したVJの映像によって引き立っていた。それでいながら、終盤の高橋とLEOによる『Eyoi yoi yoi』というコーラスワークは祭囃子を思わせ、オーディエンスのプリミティヴな快楽に訴求するように見えた。

それから「Split Spirit」「Albore」「Whiteout」と『META』の収録曲が続いたが、同アルバム発売直後のライヴと比して、バンド・アンサンブルが強固で、明らかにレベルアップしている。とりわけ、「Split Spirit」に関しては、静かに始まる曲でありながら、各人が紡ぐ一音一音とビートが絡まり合い、やがて大きなうねりになっていくさまは圧巻だった。

その後、スケッチ・ショウのカバー曲である「Turn Turn」の演奏が終わると、新曲「Peach Pie」へ。小山田圭吾のソリッドなギターリフと砂原良徳が弾く太いベースラインが攻撃的なグルーヴを生み出し、間奏ではゴンドウトモヒコがアヴァンギャルドにユーフォニウムを吹いたのだった。

ここでまた、MCタイムとなる。テイ・トウワがDJブースから拡声器で『ゴンちゃんを思い切り抱きしめたい人?』と客席に問うと、いくつか声が上がったが、高橋が『男の人が多いね……』と苦笑。続けてテイが『LEO君を抱きしめたい人?』と聞くと、黄色い声が客席から多く上がり、その反応を見てテイは『LEO君の勝ちだね』とつぶやいた。こうした“笑い"も、METAFIVEの特徴のひとつだろう。このMCがあったせいか、その後の新曲「Egochin」はどこかユーモラスに聴こえた。

そして、「RADIO」を安定したクオリティでプレイし終えた後、再び高橋のMCヘ。ここまで観客を十分ロックしていたようにも思えたが、『次の曲でもっと盛り上がるかな』と高橋が言って始まった「Don\'t Move」は、間違いなくこの日のハイライトだった。『META』のリリースに先行してYouTube上にアップされたアグレッシヴな同曲のMVを視聴して、METAFIVEがキャリアのある音楽家たちが寄り集まっただけの“企画モノ"ではないことを思い知った観客の多くは、やはりこの曲を待っていたのではないか。フロアではみなビートに合わせて身体を揺らしながら、ヒートアップしていく。それに対して、ステージ上の面々は以前よりも強度を増した演奏を展開し、さらにオーディエンスを鼓舞していった。

その勢いを保ったまま、疾走感のある「Gravetrippin」、ラストソングの「Disaster Baby」を披露。彼らがすっかり固い信頼関係で結ばれたライヴバンドになっていることを証明した。

この後、6人は舞台から一度立ち去るが、観客のアンコールを受けて、再び登場。高橋がシーナ&ロケッツのために書いた「Radio Junk」のカバーから始まり、それに続いてプレイされたのは「Luv U Tokio」。東京の風景を切り取ったMVが背後に流れるなか、同曲が演奏される様子を見ながら、METAFIVEは改めて東京のバンドであることを実感した。国内の都市をめぐるツアー中だからこそ、東京公演でのこの曲が象徴的に感じたのかもしれないが、今目の前で鳴っている音楽はやはり、世界中のどんな場所にも見当たらず、東京のハイセンスな音楽家たちにしか生み出せないものだろう。そして、高橋が『この曲で終わります』と言い、彼らは浮遊感のある「Threads」で締めくくろうとしたーー。

しかし、ここでライヴは終わらなかった。「Threads」の演奏後、メンバーの姿がステージから消えても、ほとんどの観客がフロアにとどまり、アンコールが鳴り止まない。すると、6人は再々登場し、『メンバーみんなが儀式だって言うんで、この曲をやります』と高橋。そして、奏でられたのは、METAFIVEが結成時よりプレイしてるYMOのカバー曲「CUE」である。オーディエンスはそのメロディを口ずさみながら、大いに満足している様子だった。

かくして東京でのライヴは大団円を迎えたわけだが、この夜のパフォーマンスを見る限り、METAFIVEは“守り"に入るどころか、まだまだ“攻め"の姿勢で突き進んでいくことを予感させる。12月5・6日の札幌公演でも、彼らのライヴはきっとさらに“進化"しているはずだ。     

Photo by 三浦憲治
Text by 中矢俊一郎

■『METAFIVE “WINTER LIVE 2016"』

12月05日 (月) 札幌 ペニーレーン24
12月06日 (火) 札幌 ペニーレーン24
※終了分は割愛

【関連リンク】
METAFIVE 特設サイト
METAFIVE、11月18日OAの『スッキリ!!』で地上波初生パフォーマンス!

【関連アーティスト】
LEO今井, TOWA TEI, 砂原良徳, 高橋幸宏, 権藤知彦, 小山田圭吾, METAFIVE
【ジャンル】
J-POP, ライブ

冬の到来を告げる洋楽ウインターソングの王道5曲
Mon, 05 Dec 2016 18:00:00 +0900
マライア・キャリー『Merry Christmas』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

12月に入って最初の週末が終わってしまいました! これからクリスマスまでの時期は、美しいイルミネーションで華やぐ街を厚手のコートを着込んで冷たい風の中を歩くのも乙なもの。ショッピング中に、ふと耳に入り込んでくる音楽から冬の到来を感じる人も多いのではないでしょうか。今回は毎年耳にするから知ってはいるけど、実は誰の歌?と思われていそうな「冬の到来を告げる洋楽ウインターソングの王道5曲」をご紹介します。

■1.「Winter」(\'73)/The Rolling Stones

こちらは73年にリリースされたストーンズのアルバム『Goats Head Soup』に収録されたものです。“Winter”というタイトルかつ寒さを感じさせるような旋律ですが、レコーディングされたのはなんと常夏の国、ジャマイカでした。表記上ではミック・ジャガーとキース・リチャードで作曲されたことになっていますが、実際はミック・ジャガーとミック・テイラーによるもので、キースはほとんど参加していない状態だったと一部では伝えられています。カリフォルニアという地名を掲げることで、殊更に彼らの故郷イングランドの冬の厳しさを連想させる歌詞が印象的ではありますが、どこか暖かみのある不思議な魅力を持った楽曲です。

■2.「Let It Snow」(\'59)/Dean Martin

この曲が書かれたのは、なんと1945年! 作詞はサミー・カーン、作曲はジューリー・スタインによって制作されて以降、今日に至るまで、多くのミュージシャンによって歌い継がれてきた名曲のひとつです。1959年のディーン・マーティンを皮切りに、2000年代では04年にジェシカ・シンプソン、05年にカーリィ・サイモン、10年にカイリー・ミノーグ、12年にロッド・スチュワート、そして今年はサラ・マクラクランらがカバーし、作品として残しています。今回ピックアップしたこのバージョンは、おそらく最も世界中で視聴され続けているディーン・マーティンによるもの。シナトラもいいですが、声の渋さで言うとやはりこちらに軍配が上がります。

■3.「Happy Xmas(War Is Over)」(\'71)/John&Yoko Plastic Ono Band with the Harlem Community Choir

始まりが《So this is Christmas》。これほど分かりやすいクリスマス・ソングはないですよね。しかし、この楽曲はただのクリスマス・ソングではありません。当時勃発したベトナム戦争を嘆いたジョン・レノンの反戦を訴える“Let’s stop all the fight(すべての争いを止めよう)”という強いメッセージが込められて制作されたという歴史的背景があります。永遠に残る意味あるクリスマス・ソングを作りたいという意志のもと作られたこの曲は、その言葉通りに日本人ミュージシャンも含めた多くのアーティストによって世界中でカバーされ、作品にも残されてきています。クリスマスに限らず、大切な人と一緒に、または、大切な人を想いながら聴いてほしい一曲です。

■4.「All I want For Christmas Is You」(\'94)/Mariah Carey

マライアと言えば、これ! タイトルを直訳すると“私がクリスマスに欲しいのはあなただけ”ですが、日本ではまだバブル期の残り香が漂う1994年に“恋人たちのクリスマス”という邦題が付けられ、ドラマの主題歌としてリリースされました。日本のみならず、世界中の冬を一色に染めたのは22年も前のことなので、ご存知ない世代の方もいらっしゃることでしょう。しかし、20年以上経った今でも、冬の街では耳にする機会が多くあるマライア・キャリーの代表曲。2011年にはジャスティン・ビーバーがマライア本人とコラボしています。その極上なポップ感から、ただ聴いているだけで楽しい気分にさせてくれる素敵な一曲です。

■5.「Last Christmas」(\'86)/Wham!

2007年にテイラー・スウィフトのカバーにより10代層にも知られている楽曲ですが、オリジナルは“Wham!”と書いて“ワム!”と読むイギリス人デュオの作品です。前述のテイラーのみならず、1986年に発表されて以降、この楽曲はありとあらゆる国と地域の大勢のミュージシャンからカバーされているのでさまざまなバージョンを耳にされることも多いでしょう。Wham!は、この曲をリリースした2年後の86年に解散。メンバーであったアンドリュー・リッジリーは90年にソロ作品を出したのを最後に表立った活動はしていませんが、ジョージ・マイケルはソロでの音楽活動を続けています。ちなみにこちら、楽曲のポップな印象とは裏腹に、実は失恋ソングなのをご存知でしたか?

【関連アーティスト】
Wham!, The Rolling Stones, Mariah Carey, Dean Martin, THE PLASTIC ONO BAND
【ジャンル】


東郷 晶子、デビューシングルより2曲のフリーダウンロードがスタート!
Mon, 05 Dec 2016 18:00:00 +0900
東郷 晶子 (okmusic UP\'s)

喜界島出身のアーティスト・東郷 晶子のデビュー曲のフリーダウンロードが開始した。

【その他の画像】東郷 晶子

2013年には自主制作アルバムを発表。今回初のシングル「月ノ銀貨」が全国流通の形で12月7日にリリースされる東郷 晶子。

現在、シングルのタイトル曲である「月ノ銀貨」をクレイドル・オーケストラの瀬戸氏がアレンジした「月ノ銀貨 with Cradle」が有線リクエストランキング(USEN リクエスト J-POP HOT30)で23位まで急上昇しており、注目を集めている。

「月ノ銀貨」は、水面に映る銀貨の様な夜の月を2人で見つめるといったラブソング。彼女の伸びやかな歌声と切ない歌詞に思わず聴き入ってしまうような楽曲となっている。

そして今回、「月の銀貨」のショート・ヴァージョン、そしてカップリングの3曲目「城坂」のショートヴァージョンの無料ダウンロードが6日間限定でスタートした。下記リンクからフリーダウンロードが可能となっているので、是非ダウンロードしてみてほしい。また、iTunesでは12月7日よりデビューシングルの配信が開始。3曲で300円と異例の価格設定となっており、こちらも見逃せない。

リリースに合わせて都内でのライブやインストアも決定しているとのことなので、気になる方はオフィャルHPをチェックしてみよう。

■フリーダウンロードリンク
・月ノ銀貨(Short Version)
http://firestorage.jp/download/e91d26b8eec2712b717f63f7dda055c8ff48ee02
・城坂(Short Version)
http://firestorage.jp/download/96c23912b55f8ba9c2d3357780b1c02af2926d72

■シングル「月ノ銀貨」

2016年12月7日(水)発売
ZLCP-0305/¥1,000+税
<収録曲>
1.月ノ銀貨
2.月ノ銀貨(with Cradle)
3.城久坂(アコースティック・ヴァージョン)

【関連リンク】
東郷 晶子 オフィシャルHP
EXILE 佐藤大樹が『夢の課外授業』で参加者100名に「Choo Choo TRAIN」を指導
ニコラス・エドワーズ、六本木でクリスマスコンサート開催
M!LK、ニューシングルのジャケット写真を公開

【関連アーティスト】
東郷 晶子
【ジャンル】
J-POP

HONE YOUR SENSEとINCEPTION OF GENOCIDEがツアーを開催! スケジュール&ゲストバンドも明らかに
Mon, 05 Dec 2016 17:00:00 +0900
HONE YOUR SENSE (okmusic UP\'s)

HONE YOUR SENSEとINCEPTION OF GENOCIDEのレーベルメイト2組が「RAGING STORM TOUR 2017」を開催する事を発表した。

【その他の画像】HONE YOUR SENSE

ツアー開催に伴い、先行で東名阪ツアーのスケジュール、ゲストバンドも解禁。プレイガイド購入者全員にはHONE YOUR SENSE、INCEPTION OF GENOCIDEのメンバー全員直筆サイン付きイベントポスターカレンダー2017、イベント当日先着100名様にはイベントラバーバンドがプレゼントされるとのこと。ぜひ会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

■『HONE YOUR SNESE & INCEPTION OF GENOCIDE presets “RAGING STORM TOUR 2017"』

1月29日(日)  東京 新宿MARZ
出演:HONE YOUR SNESE / INCEPTION OF GENOCIDE / Earthists. / CASTAWAY / 他
2月11日(日)  愛知 新栄RAD SEVEN
出演:HONE YOUR SNESE / INCEPTION OF GENOCIDE / 他
2月12日(日)  大阪 アメ村DROP
出演:HONE YOUR SNESE / INCEPTION OF GENOCIDE / LAST DAY DREAM / HOTOKE / 他

【関連リンク】
HONE YOUR SENSE オフィシャルHP
INCEPTION OF GENOCIDE オフィシャルHP
INCEPTION OF GENOCIDE、新作MV「light it up」を解禁
INCEPTION OF GENOCIDE、1stフルアルバム収録「realize」が『有田ジェネレーション』EDテーマに決定!

【関連アーティスト】
HONE YOUR SENSE, INCEPTION OF GENOCIDE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SuG・武瑠の主宰ブランドmillion dollar orchestra、2017春夏コレクションのテーマを発表
Mon, 05 Dec 2016 16:00:00 +0900
SuG 武瑠 (okmusic UP\'s)

SuGの武瑠が主宰するブランド『million dollar orchestra』が2017春夏コレクションを発表した。

【その他の画像】SuG

2017春夏コレクションのテーマは、SuGの最新作『SHUDDUP』の収録楽曲のタイトルでもある「ANARCHY IN THE REAL」。“折られても折れるな"をモチーフに、髑髏作家・丸岡和吾による折れた骨のアイコンを制作。モッズレインコートやピアスドサングラスなど、実用性と個性を兼ね備えた斬新なアイテムを展開する。

ブランドを象徴するマスターピースであるレザーブーツは、ブルーグレーのヌバック仕様のものが新たに加わり、どこか色気と品のあるパンクスタイルに。公式サイトではコレクション公開に加えて、12月10日(土)まで新作の先行予約も受け付けているので、そちらも是非チェックしてほしい。

■『million dollar orchestra』公式サイト
http://shop.million-d-orchestra.com/

■ミニアルバム『SHUDDUP』

発売中
【LIMITED EDITION】(CD+DVD)
PCCA-04440/¥2,778+税
【STANDARD EDITION】(CD only)
PCCA-04441/¥1,852+税
<収録曲>
■CD
1. ANARCHY IN THE REAL
2. KILL KILL
※日本テレビ系「徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました」11月度エンディングテーマ
3. FLY WYVERNS
※B.LEAGUE 山形パスラボワイヴァンズ オフィシャルソング
4. WORLD FAMOUS
5. BLOODY MARY
6. ZIG ZAG
7. SCREAM IT LOUDER
■DVD
・「KILL KILL」Music Video
・「KILL KILL」Music Video -Band Ver.-
・「KILL KILL」Music Video -Shooting OFFSHOT-
・「絶対にビビってはいけない心霊ビルディング」

【関連リンク】
SuG オフィシャルHP
SuG、ツアー東京公演2日目はポップ&カラフルに魅せた極彩SuGが勝利!
SuG、「VersuS」東京公演初日は“極悪SuG”がアグレッシヴにパフォーマンス
SuG、『VersuS』ツアーファイナルは「極悪 vs 極彩」

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

バンドじゃないもん!が主催フェスの出演アーティスト第3弾を発表
Mon, 05 Dec 2016 15:00:00 +0900
バンドじゃないもん!  (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!主催フェスの出演アーティスト第3弾が発表となった。

【その他の画像】Wienners

12月17日(土)の東京公演にはCzecho No Republic、Wiennersのバンド二組とBILLIE IDLE(R)が出演。またDJとしてTORIENA、ぱいぱいでか美に加え、DJ汐りんご名義で活動する恋汐りんご、天照大桃子と甘夏ゆずの2人によるDJユニット・陽気なゴッドサマーズが会場を盛り上げる。そして24日のクリスマスイブに行なわれる大阪公演にはアカシックの出演が決定した。

この最終発表に伴い、WWW、WWW Xのタイムテーブルも公開。さらに、バンもん!Fes.公式グッズも発表となった。チケットは完売間近なので、参加したい方は早めの購入をお勧めする。

■『バンもん!Fes.2016winter 〜雪降る夜にフェスして〜 supported by WEGO』特設サイト
http://banmonfeswinter.ponycanyon.co.jp/

■『バンもん!Fes.2016winter 〜雪降る夜にフェスして〜 supported by WEGO』

12月17日(土)  ShibuyaWWW,WWW X(2会場同時開催)
開場 14:00 / 開演 15:00
出演:バンドじゃないもん!/ PASSPO☆ / FINAL FRASH / 恵比寿★マスカッツ/ みみめめMIMI / ONIGAWARA / テンテンコ / みきちゅ / Wienners / Czecho No Republic / BILLIE IDLE(R) / TORIENA / ぱいぱいでか美 / DJ汐りんご / 陽気なゴッドサマーズ / suga/es(O.A)
※順不同

『バンもん!Fes.2016winter 〜雪降る夜にフェスして〜 supported by WEGO スピンオフ対バンイベント』
12月11日(日)  名古屋ElectricLadyLand
出演:バンドじゃないもん!/ ミソッカス / THE BOY MEETS GIRLS
12月24日(土)  大阪CLUB QUATTRO
出演:バンドじゃないもん! / ぜんぶ君のせいだ。 / アカシック
12月25日(日)  大阪CLUB QUATTRO
出演:バンドじゃないもん! / Shiggy Jr.

【関連リンク】
バンドじゃないもん! オフィシャルHP
バンドじゃないもん!、シングル詳細解禁&2017年カレンダーはメンバーとの沖縄デートがテーマ!?
Wienners、ツアー最終公演から「さよなら浦島太郎」のライブ映像即出し
フォーリミらの所属レーベルが主催イベントのオープニングアクトを募集

【関連アーティスト】
Wienners, バンドじゃないもん!, Czecho No Republic, アカシック, ぱいぱいでか美
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル, フェス

RIZE、アニメ『銀魂』ED曲で作品への愛を爆発!
Mon, 05 Dec 2016 13:30:00 +0900
RIZE (okmusic UP\'s)

2017年に結成20周年を迎えるRIZEの新曲「SILVER」が、テレビ東京系アニメ『銀魂』新シリーズのエンディングテーマに決定した。

【その他の画像】RIZE

『銀魂』は週刊少年ジャンプに連載中のコミックス累計発行部数が5100万部を超える超人気作品。今回放送となるのはその人気マンガを原作としたアニメシリーズ最新作の第4期にあたる。

その銀魂のエンディングテーマとなった「SILVER」は、RIZEの持ち味でもあるソリッドでテンポ感のある迫力のサウンドと己の信念を貫くことの大切さを歌った歌詞が印象的な1曲。ベース担当のKenKenは自他ともに認める銀魂フリークであり、そんな彼は銀魂が大好き過ぎてオープニング用に「銀」、エンディング用に「魂」という2曲を勝手に作曲し、使われる日を夢見ていたという。

TVアニメ『銀魂』は2017年1月8日(日)からテレビ東京系で放送予定。原作のファンの方も是非RIZEの手がけるエンディングテーマに注目してほしい。

(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

■アニメ『銀魂』公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/gintama/staff/

■【KenKen(Ba.)よりコメント】

今回はオープニング用に作っていた「銀」という曲が「SILVER」と題名を替え完成し、エンディング曲として使われる事になりました! 感激です。泣いちゃいます。銀魂好きは思わずニヤッとする曲のギミックや歌詞が盛り込まれているので、銀魂愛をみなさまに楽しんで頂けたらこれ幸いでございます。そして猿飛あやめと結婚したいです。銀魂愛してる! 本当に!

【関連リンク】
RIZE オフィシャルHP
山嵐、2017年全国ツアー『RED ROCK TOUR』の対バン相手発表
RIZE、デビュー20周年の皮切りとなる全国ツアーファイナルが大盛況
RIZE、結成20周年アニバーサリーイヤースタート!

【関連アーティスト】
RIZE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

LACCO TOWERの主催フェスにircle、a flood of circle、BRADIOら6組が参戦
Mon, 05 Dec 2016 13:00:00 +0900
『I ROCKS 2017』ロゴ (okmusic UP\'s)

2017年4月22日(土)23日(日)と群馬音楽センター(高崎市)にて開催されるLACCO TOWER主催のロックフェス『I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER』の出演アーティスト第二弾が発表された。

【その他の画像】a flood of circle

今回出演が発表となったのはircle / a flood of circle / 秀吉 / BRADIO / Moshu / ラックライフ / の6組。第一弾の発表とあわせて主催者であるLACCO TOWERを含めすでに12組が揃ったが、まだまだ出演アーティストが追加される予定との事だ。

なおチケットは12月5日(月)12:00よりI ROCKSオフィシャル先行がスタートしている。気になる方は『I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER』のオフィシャルHPをチェックしよう。

■I ROCKSオフィシャル先?
※受付期間:12月5日(月)12:00〜12月11日(日)23:59
http://eplus.jp/irocks/
■『I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER』オフィシャルHP
http://irocks.jp/2017/

■【LACCO TOWER 塩崎啓示(Ba.)よりコメント】

『僕らはロックでできている』 日々の原動力は“故郷群馬で群馬のバンドと共にロックフェスを開催すること"が全てです。それはいつまでも変わらない合言葉。
I ROCKS 2017では、これまでの[故郷編]や[盟友編]とその一日を象徴したタイトルはとっぱらい、2日間に渡って僕らにとっての“盟友"と呼べる仲間を招きます。
第二弾の解禁では、LACCO TOWERとの親交の深い盟友だけではなく、故郷を背負った地元バンドにも出演していただきます。そして、初出演の新しい顔もあります。挑み続ける盟友と故郷を背負った地元バンドがどんなライブをするのか今から楽しみでなりません。既に10バンド以上の発表となりましたが、まだまだこれからの発表にご期待ください。
また、各地でI ROCKS広報活動をしていただいてるみなさん、ありがとうございます。来年の春に向け、みなさまの応援にしっかり応えられるように、“僕らはロックでできている"の信念のもと、僕らなりのロックフラッグを掲げ、さらに高みを目指すことを約束します。

■『I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER』

4月22日(土) 群馬音楽センター
4月23日(日) 群馬音楽センター
<出演アーティスト>
LACCO TOWER / ircle / Ivy to Fraudulent Game / a flood of circle / Age Factory / cinema staff / Halo at 四畳半 / 秀吉 / BRADIO / Moshu / ラックライフ / Rhythmic Toy World / and more

【関連リンク】
LACCO TOWER オフィシャルHP
ラックライフ、2017年3月15日の結成記念日にファーストアルバム発売&主催ライブフェス開催決定
ラックライフ「文豪ストレイドッグス」EDテーマを引き続き担当、アニメ公式サイトでコメントも
LACCO TOWER主催『I ROCKS 2017』第一弾出演者発表

【関連アーティスト】
a flood of circle, LACCO TOWER, ircle, 秀吉, ラックライフ, BRADIO, Moshu
【ジャンル】
ジャパニーズロック

EXILE 佐藤大樹が『夢の課外授業』で参加者100名に「Choo Choo TRAIN」を指導
Mon, 05 Dec 2016 12:00:00 +0900
12月4日@福島・猪苗代町総合体育館カメリーナ (okmusic UP\'s)

EXILEの佐藤大樹が12月4日、福島・猪苗代町総合体育館カメリーナで開催された『夢の課外授業スペシャルin猪苗代』にダンスの先生としてサプライズ登場し、参加した幼稚園児から保護者まで約100人と一緒にダンスを繰り広げた。

【その他の画像】EXILE

佐藤の突然の登場に、会場の子どもたちは大喜び。興奮冷めやらぬまま始まった授業では、課題曲の「Choo Choo TRAIN」の振り付けを佐藤が指導。ダンスが初めてという子どもたちも熱心に振り付けを練習し、佐藤が「皆さん出来ましたか?」と声を掛けると元気よく手を挙げて応えた。

2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた猪苗代町での授業に佐藤は「音楽がかかった瞬間、みんなパワフルでエネルギッシュに踊ってくれて嬉しかったです。東北の皆様を少しでも元気づけられたらいいなという想いもあったのですが、逆に皆さんにパワーをいただきました」と想いを語り、「これからもダンスをどんどん踊ってそれぞれの夢に向かって頑張ってほしいです!」とエールを送った。

参加した中学生も「最初は緊張もあってなかなか上手にできなかったけど、最後には笑顔で楽しく踊ることができて、改めてダンスの楽しさを感じることができた」と充実した表情で話した。

2000年よりスタートした『夢の課外授業』は、各界で活躍するスポーツ選手やアーティストなどを講師に招き、本物と触れ合うことで子どもたちが夢や目標を持つためのきっかけになることを目指して活動している。これまでEXILE以外にも、福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康や、バルセロナオリンピック柔道金メダリストの吉田秀彦、TUBEの前田亘輝など名立たるスポーツ選手やアーティストが参加している。

2014年にEXILE加入後、積極的に本プロジェクトに参加している佐藤は「今回、祖父母の家があり小さい頃から毎年遊びにきていた福島県にEXILEメンバーとしてダンスを教えに来ることができ嬉しかったです。いつか国境を超え世界中の学校でこのプロジェクトを広げていけたらと思います!」と意気込みを熱く語った。

【関連リンク】
EXILE オフィシャルHP
DANCE EARTH PARTY、初のアルバムリリース決定
「LDH SHOWCASE LIVE MUSIC BOX vol.1」で宮田悟志、塩ノ谷早耶香、Leolaが豪華コラボを連発!
黒木啓司の冠番組にToshl(X JAPAN)がゲスト出演! 生歌にNESMITH「感無量です」

【関連アーティスト】
EXILE
【ジャンル】
J-POP, イベント













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1