歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年11月28日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
新感覚カルチャーパーティー『TOKYO BLACK CIRCUS』に金爆・鬼龍院翔がサプライズ出演!
Mon, 28 Nov 2016 20:30:00 +0900
11月26日@麻布十番ELE TOKYO (okmusic UP\'s)

11月26日、麻布十番ELE TOKYOにて『TOKYO BLACK CIRCUS Vol.0(ZERO)』が開催された。

【その他の画像】ゴールデンボンバー

今回のイベントは、ファッションブランド「Roen」を筆頭に様々な流行を生み出してきた高原啓氏がプロデューサーを務めるクリエイティブカンパニー「connect HEART」のローンチパーティー。これまでにも音楽とリンクした様々なプロジェクトを行なってきた高原氏だけに、今回の新プロジェクトにもメディアが多数集まるなど注目度の高さを窺わせた。

この場で発表されたのは「connect HEART」による“デジタルアパレル”という概念。その第一弾となるのは、全世界で1,000万人以上がプレイし、国際大会まで開催されている日本No.1オンラインFPS『ALLIANCE of VALIANT ARMS (通称AVA)』とのコラボレーションで、ROENデザインによるアイテムが実装されるというものだ。

エキシビジョンでは、高原氏と『AVA』運営プロデューサーの井上洋一郎氏の対戦が実現。来場者の多くが2人の熱戦に大きな歓声をあげていた。このアイテムは12月7日(水)に実装される予定となっている。

そして、この“リアル+デジタル”、“ファッション+ゲーム”にクロスしたのが、ミュージック。「connect HEART」のコンセプトに賛同した豪華アーティストが多く出演し、イベントを終始盛り上げた。

高原氏もDJで出演し、自身のルーツである邦ロック中心にプレイ。特にチェッカーズの「ギザギザハートの子守唄」をかけると、来場者の大合唱を生まれるなど、フロアを熱気に包んだ。続くTOMOYUKI TANAKA(FPM)はYMOの名曲「RYDEEN」のマッシュアップでスタートし、ハウスを中心としたフロアユースの楽曲を次から次へと投下していく。

さらに終盤には、「昨日、このマッシュアップを作ってきました。この曲で盛り上がれば、シークレットゲストが登場するから、みんな盛り上がってね!」とフロアを煽ると、ゴールデンボンバー「女々しくて」のマッシュアップを披露。

会場全体のざわつきが収まらないまま、ステージに登場したのは、もちろん鬼龍院 翔(ゴールデンボンバー)。代表曲である「女々しくて」のサビでは、来場者全員が飛び跳ね、大合唱。その一体感に興奮した鬼龍院がフロアに飛び込む一幕もあり、この夜のハイライトとなった。

その後、EDM〜ハウスのトップDJであるDAISHI DANCEがその興奮を継続させると、DAIKIとヴァイオリニストのAyasaのコラボレーション、ギターのはたけ(シャ乱Q)とDJのMARC PANTHER(globe)による奇跡のライブが実現するなど、『TOKYO BLACK CIRCUS』のコンセプトを体現するようなジャンルレスでハイブリッドな音楽を体感することができた。

“ミュージック+ファッション+ゲーム”の世界を融合し、デジタルとリアルのクロスポイントを射抜いた新感覚カルチャーの幕開け。「connect HEART」の今後の最新の動向を窺える『TOKYO BLACK CIRCUS』は、今後もファッションブランドのサイクルである秋冬(3〜6月)、春夏(10〜12月)に合わせて、定期的に開催されるとのこと。新しい東京のカルチャーが生まれる瞬間をその目で目撃しよう。

■【公演概要】

『TOKYO BLACK CIRCUS Vol.0(ZERO)』
11月26日(土) ELE TOKYO
<出演者>
TOMOYUKI TANAKA(FPM)
はたけ(シャ乱Q)※LIVE
MARC PANTHER(globe)
DAISHI DANCE
DAIKI(from Octagon)
Ayasa ※LIVE
Yup’in ※LIVE
HIROMU TAKAHARA
■SPECIAL SECRET GUEST
鬼龍院 翔(ゴールデンボンバー)※LIVE
■DANCE PERFORMANCE
Asuka, Yumika, YU-KO,AyAno

【関連リンク】
DECAYS、魔界の晩餐会を繰り広げたMVが完成
HYDEハーレイ・クインに釘付け! 『HALLOWEEN PARTY 2016』幕張初日公演をレポート
DECAYS、メジャー1stアルバム『Baby who wanders』JK写解禁&発売記念イベント開催決定
ゴールデンボンバーと夢の共演ができるホームカラオケ「JOYSOUND VR」ついに配信開始!

【関連アーティスト】
ゴールデンボンバー, FPM(Fantastic Plastic Machine), octagon, globe, シャ乱Q, DAISHI DANCE, AYASA
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, イベント

SuG、ツアー東京公演2日目はポップ&カラフルに魅せた極彩SuGが勝利!
Mon, 28 Nov 2016 22:00:00 +0900
11月27日@東京・品川インターシティホール (okmusic UP\'s)

SuGが11月27日に東京 品川インターシティホールにて、全国ツアー『SuG VersuS 2016 EXTRA』東京公演2DAYSの2日目公演を開催した。

【その他の画像】SuG

ダークでゴシックな“極悪SuG"とポップでカラフルな“極彩SuG"という対照的なコンセプトでライブを行ない、その盛り上がりを競うというコンセプトライブ「VersuS」。衣装から演出、セットリストまで何一つとして同じものがない2DAYS公演を開催し、それぞれの公演で歓声のボリュームを計測、どちらが盛り上がったかをガチンコで白黒つけるという前代未聞の対決型ライブだ。第3回となる今回は、これまで東京・大阪のみでの開催だった「VersuS」を拡大し、全国ツアー「SuG VersuS 2016 EXTRA」として開催。ツアーを通じての勝者には、CDをリリースする権利が与えられる。

東京公演2DAYSの二日目は“極彩SuG"。序盤は、軽快なギターが心地よいパーティチューン「B.A.B.Y.」などダンサブルな楽曲でフロアを揺らし、オーディエンスの心を鷲掴みに。“極彩"らしく笑顔あふれるパフォーマンスで、「純・不純異性交遊」「桜雨」「teenAge dream」「SICK\'S」など、“極彩"の名にふさわしいカラフルなポップスを次々に披露。アンコールまで歓声は止むことなく、この日は累計309dbpt.(デシベルポイント)を記録。これは前日の“極悪SuG"を4dbpt.上回っており、「SuG VersuS 2016 EXTRA」東京公演2DAYSでは“極彩SuG"の勝利となった。

これまでに行なった公演の累計では、現在“極彩SuG"が9dbpt.リードしているが、まだツアー前半戦が終わったにすぎず、勝負の行方は最後までわからない。これからSuGはツアー後半戦の全国8公演を巡り、12月30日に東京・豊洲PITへと帰ってくる。「SuG VersuS 2016 EXTRA FINAL『COUNTDOWN』」と題されたツアーファイナルは、単なるツアーファイナルではなく、単なる年末のカウントダウンライブでもなく、SuGにとって重要なカウントダウンの始まりになるという。勝負の行方と大いなるカウントダウン開始の瞬間は、12月30日の豊洲PITで、その目で確かめよう。

■『SuG VersuS 2016 EXTRA』特設サイト
https://sug-web.jp/pages/versus2016

■『SuG VersuS 2016 EXTRA』

12月03日(土) 宮城 仙台MACANA【極悪】
12月04日(日) 山形 ミュージック昭和Session 【極彩】
12月16日(金) 広島 Cave-Be【極悪】
12月17日(土) 岡山 IMAGE【極彩】
12月22日(木) 新潟 CLUB RIVERST【極悪】
12月23日(金・祝) 長野 松本ALECX【極彩】
12月26日(月) 京都 MOJO【極悪】
12月27日(火) 兵庫 神戸VARIT.【極彩】
12月30日(金) 東京 豊洲PIT【極悪/極彩】
※終了分は割愛

【関連リンク】
SuG オフィシャルHP
SuG、「VersuS」東京公演初日は“極悪SuG”がアグレッシヴにパフォーマンス
SuG、『VersuS』ツアーファイナルは「極悪 vs 極彩」
SuG、増田セバスチャン監督の新曲「KILL KILL」MV解禁!

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

LM.C、ニューアルバム『VEDA』よりリード曲「The BUDDHA」MVを解禁
Mon, 28 Nov 2016 21:00:00 +0900
LM.C (okmusic UP\'s)

LM.Cのニューアルバム『VEDA』よりリードトラック「The BUDDHA」のMVが公開された。

【その他の画像】LM.C

10月16日、舞浜アンフィシアターでのツアーファイナルで発表したニューアルバム『VEDA』は12月21日に発売。およそ2年ぶりのアルバムとなる。

舞浜アンフィシアターではアルバムリードトラック「The BUDDHA」が音源のみ公開されたが、今回ついにMVが解禁。壮大な世界観とスピード感溢れる映像で、LM.Cのネクストステージを感じさせる内容となっているので、ぜひチェックしてみよう。

アルバムは通常盤の他に、豪華コンテンツを収録した完全生産限定盤もリリースされる。完全生産限定盤には、前述の舞浜アンフィシアターで行なわれたライブ「☆★☆★☆Rock the WONDERLAND☆★☆★☆」を収録。その他、今回公開となった「The BUDDHA」のMVも収録され、Blu-ray、DVD両方が同梱される。LM.Cとしては初のBlu-ray作品となるので、そちらも楽しみにしてほしい。

その他にもアルバム全曲のインストゥルメンタルCDやスペシャルブックレットが付属されたアナログLPサイズの豪華BOX仕様となる。BOXのジャケットはアナログLPサイズでは異例の3Dジャケットでインパクトのある豪華な仕上がりとなっているので、気になる方は予約をおすすめする。

また、アルバムを引っ提げた全国ツアーの開催も決定。2月の東京公演から5月の名古屋公演までおよそ3か月、全25公演となる。リリースと合わせて開催を楽しみに待とう!

■「The BUDDHA」MV
https://youtu.be/hd__RdtM6vA

■アルバム『VEDA』

2016年12月21日(水)発売
【完全生産限定盤】(2CD+Blu-ray+DVD+スペシャルブックレット)
VBZJ-34/¥14,500+税
※アナログLPサイズ3Dジャケット豪華BOX仕様
【通常盤】(CD only)
VBCJ-60006/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1. The BUDDHA
2. GaMuShaRa
3. MONROEwalk
4. Fight Club
5. Avocado
6. 阿修羅
7. CHAKRA
8. Phobia
9. レインメーカー
10. Kiss me?
■CD(2)※完全生産限定盤のみ
VEDA ?Instrumental Tracks-
1. The BUDDHA ?Instrumental-
2. GaMuShaRa ?Instrumental-
3. MONROEwalk ?Instrumental-
4. Fight Club ?Instrumental-
5. Avocado ?Instrumental-
6. 阿修羅?Instrumental-
7. CHAKRA ?Instrumental-
8. Phobia ?Instrumental-
9. レインメーカー?Instrumental-
10. Kiss me? ?Instrumental-
■Blu-ray・DVD ※Blu-rayとDVDは同内容収録
・Go to the 10th Anniversary TOUR FINAL ☆★☆★☆Rock the WONDERLAND☆★☆★☆
・「The BUDDHA」Music Video
■スペシャルブックレット
※「The BUDDHA」ハイレゾ音源無料ダウンロードコード封入

■『LM.C TOUR2017 「VEDA」』

2月19日(日) TSUTAYA O-EAST
3月11日(土) HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
3月14日(火) HEAVEN\'S ROCK 宇都宮VJ-2
3月18日(土) HEAVEN\'S ROCK 熊谷VJ-2
3月19日(土) 甲府 Conviction
3月22日(水) 水戸LIGHT HOUSE
3月25日(土) 高崎club FLEEZ
3月26日(日) 川崎セルビアンナイト
3月28日(火) 広島SECOND CRUTCH
3月30日(木) 神戸VARIT.
4月01日(土) ESAKA MUSE
4月08日(土) 札幌KRAPS HALL
4月09日(日) 札幌KRAPS HALL
4月11日(火) 山形MUSIC SHOWA Session
4月13日(木) 郡山HIPSHOT JAPAN
4月15日(土) 金沢AZ
4月16日(日) 富山MAIRO
4月18日(火) 長野CLUB JUNK BOX
4月20日(木) KYOTO MUSE
4月22日(土) 福岡DRUM Be-1
4月23日(日) 熊本B.9 V2
4月25日(火) 岡山IMAGE
4月28日(金) 高松DIME
4月29日(土・祝) 松山サロンキティ
5月01日(月) 名古屋Electric Lady Land

【関連リンク】
LM.C オフィシャルHP
LM.C、10周年記念ライブにて待望のニューアルバム『VEDA』のリリースを発表
「JACK IN THE BOX mini」に出演する“YUKKE BIRTHDAY UNIT”のメンバー発表
LM.C、結成10周年記念ライブに向けて新ヴィジュアルを公開

【関連アーティスト】
LM.C
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

桑田佳祐、GYAO!特別番組の後編が11月28日夜より配信スタート!
Mon, 28 Nov 2016 20:53:07 +0900
『GYAO!特別音楽番組「桑田佳祐“THE ROOTS〜偉大なる歌謡曲に感謝〜”」の楽しみ方』番組画像 (okmusic UP\'s)

映像配信サービス「GYAO!」が配信する『GYAO!特別音楽番組「桑田佳祐“THE ROOTS〜偉大なる歌謡曲に感謝〜”」の楽しみ方』の後編が、11月28日(月)21:00より配信される。

【その他の画像】サザンオールスターズ

このプログラムは桑田佳祐が11月30日にリリースするBlu-ray&DVD作品『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』(以下、『THE ROOTS』)の発売を記念して編成されたGYAO!の特別番組で、11月25日に前編が配信されるや、ファンのみならず音楽関係者の間でも話題となった。

出演は音楽評論家の田家秀樹とお笑い芸人の友近の二人。友近の経営する喫茶店に来店した常連客の田家が『THE ROOTS』の魅力について語っていくという設定となっており、その内容が"いちいち深くて印象的"なのだという。

そもそも、なぜ桑田佳祐が今回カヴァーという企画に取り組んだのか。そのきっかけはポール・マッカートニーが自身のルーツミュージックであるジャズのナンバーを取り上げたカバーアルバム『キス・オン・ザ・ボトム』にあるという。ポールのルーツ探しが桑田版では“昭和歌謡”になるというのは何ともユニークだが、その“和洋折衷”の精神にこそ桑田佳祐の唯一無二な音楽性の根っこがあると田家は指摘。

その他、ロス・プリモスの「たそがれの銀座」に込められた父親とのエピソードから垣間見える桑田佳祐の人間性や、テレビが音楽の主な伝達メディアであった昭和という時代性の考察など、田家から語られる『THE ROOTS』の解説は必見! また、それを受けた友近のウィットに富んだリアクションが番組をさらに盛り上げる。

番組には桑田佳祐本人の出演は予定していないが、『THE ROOTS』の歌唱映像をふんだんに楽しめる内容となっているとのことなので、期待して番組を視聴しよう。

■『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』スペシャルサイト
http://special.sas-fan.net/special/tokyonouta/

■【配信概要】

(1)『GYAO!特別音楽番組「桑田佳祐“THE ROOTS〜偉大なる歌謡曲に感謝〜”」の楽しみ方!』
配信URL:http://gyao.yahoo.co.jp/music-live/
配信スケジュール:
後編 2016年11月28日(月)21:00〜21:20
出演:田家秀樹、友近
※桑田佳祐本人の出演はありません。

(2)桑田佳祐「THE ROOTS」映像
配信URL:http://gyao.yahoo.co.jp/p/00091/v08611/
配信スケジュール:
「神田川」配信中
「東京砂漠」2016年11月25日(金)〜

(3)桑田佳祐「悪戯されて」ミュージックビデオ
配信URL:http://gyao.yahoo.co.jp/p/00091/v08611/
配信スケジュール:
2016年11月28日(月)〜

■Blu-ray&DVD『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』

2016年11月30日発売
【初回限定盤 Blu-ray】(Blu-ray+7inchレコード+Book)
VIZL-1500/¥7,000+税
【初回限定盤 DVD】(DVD+7inchレコード+Book)
VIZL-1501/¥7,000+税
【通常盤 Blu-ray】
VIXL-800/¥6,000+税
【通常盤 DVD】
VIBL-1000/¥6,000+税
<収録曲>
■Blu-ray & DVD
※()内は原曲アーティスト
01.東京の屋根の下(灰田勝彦)
02.あゝ上野駅(井沢八郎)
03.赤坂の夜は更けて(西田佐知子)
04.有楽町で逢いましょう(フランク永井)
05.ウナ・セラ・ディ東京(ザ・ピーナッツ)
06.東京ドドンパ娘(渡辺マリ)
07.車屋さん(美空ひばり)
08.すみだ川(島倉千代子)
09.たそがれの銀座(黒沢明とロス・プリモス)
10.東京ナイト・クラブ(フランク永井・松尾和子)
11.男はつらいよ(渥美清)
12.新宿の女(藤圭子)
13.新宿そだち(津山洋子・大木英夫)
14.紅とんぼ(ちあきなおみ)
15.北国の春(千昌夫)
16.神田川(かぐや姫)
17.東京砂漠(内山田洋とクール・ファイブ)
18.唐獅子牡丹(高倉健)
19.東京(桑田佳祐)
20.悪戯されて(桑田佳祐)(Bonus Track)
■7inchレコード ※初回限定盤のみ
01.悪戯されて
02.東京ドドンパ娘(TOKYO Big Band Session)

◎初回限定盤のみ
※解説本『ルーツミュージック マガジン』封入
※桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 〜悪戯な年の瀬〜」のライブ・ビューイング参加応募券封入

【関連リンク】
サザンオールスターズ オフィシャルHP
桑田佳祐が来年に向けて三つの公約を発表
桑田佳祐の『THE ROOTS』の魅力を友近と音楽評論家・田家秀樹がGYAO!特番で徹底解説
桑田佳祐が落語家デビュー!? 『SONGS』で落語に挑戦&シングル収録曲すべて披露

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ, 桑田佳祐
【ジャンル】
J-POP

あいみょん、自身が表紙を飾ったフリーペーパーをヴィレヴァンにて配布決定
Mon, 28 Nov 2016 20:00:00 +0900
フリーペーパー表紙 (okmusic UP\'s)

あいみょんがEggsサポートプロジェクトというクラウドファンディングの仕組みを利用した「あいみょんが表紙を飾った本(フリーペーパー)を本屋に並べたい!!」プロジェクトが目標額を達成し、自身が表紙を飾ったフリーペーパーを完成させた。

【その他の画像】あいみょん

このフリーペーパーは、2016年に東京へ上京してきたばかりのあいみょんが"東京バージン"をテーマに、自宅や都内各所で敢行したストリート・ライヴの様子や、新進気鋭のアーティスト・とんだ林蘭との対談インタビュー、自身のカメラで"東京"を撮影したポートレートなど収録した、あいみょんの自己紹介的内容となっている。

また、フリーペーパーの中にはちょっとした仕掛けもあり、ページ内にあるQRコードを読み込むと、フリーペーパーの中で実施したストリートライブの映像が観れるようになっている。

完成した冊子はヴィレッジヴァンガードでの配布・設置展開が決定しており、それを記念した発行イベントがヴィレッジヴァンガード渋谷宇田川店を皮切りに、12月5日(月)ヴィレッジヴァンガード高円寺店、12月15日(木)ヴィレッジヴァンガード自由が丘店、12月18日(日)ヴィレッジヴァンガード三軒茶屋店にて行なわれる。

■【フリーペーパー配布店舗一覧】

ヴィレッジヴァンガードお茶の水店、高円寺店、渋谷宇田川店、下北沢店、自由が丘店、三軒茶屋店、町田路面店、名古屋中央店、高蔵寺店、アメリカ村店、新京極店、三宮店

■あいみょん メジャーデビュー&フリーペーパー発行記念「あいみょんのトーク中心なイベント」

12月05日(月) ヴィレッジヴァンガード高円寺店
19:00〜start
12月15日(木) ヴィレッジヴァンガード自由が丘店
17:00〜start
12月18日(日) ヴィレッジヴァンガード三軒茶屋店
18:00〜start

<イベント内容>
トーク&ライブ&サイン会
※トーク&ライブはフリーでご観覧いただけます。
※イベントご来場の際の注意事項は下記をご覧下さい。
http://wmg.jp/sp/artist/aimyon/news_74089.html

<サイン会参加方法>
ご予約者優先で、11月30日(水)発売シングル「生きていたんだよな」をご購入頂いた方に、『サイン会参加券』をお渡しいたします。『サイン会参加券』をお持ちの方は、トーク&ライブ終了後のサイン会にご参加頂けます。
※11月27日(日) ヴィレッジヴァンガード渋谷宇田川店に関しては、CDご予約頂いた方に、フリーペーパーへサインをして差し上げます。

【関連リンク】
あいみょん オフィシャルHP
あいみょん、世界初となる「生きてたんだよな」の“リアルタイム・ツイートムービー”が完成
あいみょん、リアルな描写で綴る衝撃作「生きていたんだよな」でメジャーデビュー
次世代ガールズショーケースイベント「ガールズトーク」SP企画開催決定

【関連アーティスト】
あいみょん
【ジャンル】
J-POP

バンドじゃないもん!、シングル詳細解禁&2017年カレンダーはメンバーとの沖縄デートがテーマ!?
Mon, 28 Nov 2016 19:30:00 +0900
バンドじゃないもん!2017年カレンダー (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が2017年1月11日(水)にリリースする2枚同時シングルの詳細が一部解禁となった。

【その他の画像】在日ファンク

3rdシングル「YAKIMOCHI」を手がけるのは在日ファンク。浜野謙太作詞作曲、在日ファンク完全プロデュースの王道のファンクナンバーとなっており、アイドルソングとは規格外の作品が完成した。レコーディングではバンドじゃないもん!と在日ファンクのセッションも行なわれ、ツインドラムや各メンバーのソロパートなどは必聴。またカップリングにはみさこが作詞を担当したミディアムナンバー「Long long ashi」を収録。コンプレックスをみさこ独特の世界観で表現した切ないラブソングだ。

4thシングルは日本の名曲のカヴァー曲。楽曲タイトルはまだ発表されていないが、約15年ぶりにオリジナルスタッフが集結して2017年のバンドじゃないもん!ver.にリメイクされる。

そのカップリングには過去にバンドじゃないもん!の楽曲を手がけた村カワ基成作曲、みさこが作詞を担当した「すきっぱらだいす◆」が収録される。各メンバーのキャラクターや遊びが盛りだくさんの歌詞で、これぞバンドじゃないもん!を象徴するナンバーとのこと。両シングルはお年玉盤と題された¥500ワンコイン盤もリリース。各盤には2016年5月18日に行なわれた赤坂BLITZ公演のライブ音源が収録される予定だ。

ニューシングルは特設サイトにて予約受付中。11月中に特設サイトより予約した方にはもれなくメンバーサイン入り年賀状が自宅に送付される。ご予約はお早めに。

またバンドじゃないもん!は2017年のカレンダーの予約販売も開始。「バンもん!メンバーと行く沖縄デート」をテーマに沖縄で撮り下ろされたカレンダーとなっているので、こちらも是非チェックしてほしい。

※文字化け防止のため、文中のハートマークを◆に変換しています。

■シングル特設サイト
http://banmon3rd4th.ponycanyon.co.jp/

■【リリース情報】

シングル「YAKIMOCHI」
2017年1月11日発売
【通常盤】(CD Only)
PCCA-70489/¥1,000+税
<収録曲>
M1.YAKIMOCHI
M2.Long long ashi
M3.YAKIMOCHI〜Instrumental〜
M4.Long long ashi〜Insturumental〜
【お年玉盤A】(CD Only)
PCCA-70490/¥500+税
<収録曲>
M1.YAKIMOCHI
M2.「君の笑顔で世界がやばい」(2016.05.18@AKASAKA BLITZ)
【お年玉盤B】(CD Only)
PCCA-70491/¥500+税
<収録曲>
M1.YAKIMOCHI
M2.気持ちだけ参加します。(2016.05.18@AKASAKA BLITZ)
【お年玉盤C】
PCCA-70492/¥500+税
<収録曲>
M1.YAKIMOCHI
M2.RAVE RAVE RAVE(2016.05.18@AKASAKA BLITZ)

シングル「タイトル未定」
【通常盤】(CD Only)
PCCA-70493/¥1,000+税
<収録曲>
M1. タイトル未定
M2.すきっぱらだいす◆
M3.タイトル未定〜Instrumental〜
M4.すきっぱらだいす〜Insturumental〜
【お年玉盤A】
PCCA-70494/¥500+税
<収録曲>
M1. タイトル未定
M2.キメマスター!(2016.05.18@AKASAKA BLITZ)
【お年玉盤B】
PCCA-70495/¥500+税
<収録曲>
M1. タイトル未定
M2.White Youth(2016.05.18@AKASAKA BLITZ)
【お年玉盤C】
PCCA-70496/¥500+税
<収録曲>
M1. タイトル未定
M2.NaMiDa(2016.05.18@AKASAKA BLITZ)

◎3rdシングル&4thシングル早期予約特典
11月末日中まで各シングル全形態予約者にプレゼント!
元旦に「メンバー1名サイン入りバンドじゃないもん!2017オリジナル年賀状」をご自宅にご送付

※文字化け防止のため、文中のハートマークを◆に変換しています。

■「バンドじゃないもん!2017年カレンダー」詳細情報

サイズ:A2サイズ、13枚綴り(表紙含む)
BRZG.00259/¥2,800(税込)
※12月中旬より順次発送予定です。
※バンもん!Fes各会場でも販売予定。

【関連リンク】
バンドじゃないもん! オフィシャルHP
浜野謙太(在日ファンク)がテレビ東京『音流 〜ONRYU〜』12月MCを担当
バンドじゃないもん!、主催フェス第2弾出演アーティスト続々追加発表
バンもん、1月11日にシングル2枚同時発売&フリーイベント開催決定

【関連アーティスト】
在日ファンク, バンドじゃないもん!
【ジャンル】
女性アイドル

The Super Ball、待望のメジャー1stアルバムを2017年2月にリリース
Mon, 28 Nov 2016 19:00:00 +0900
The Super Ball (okmusic UP\'s)

2017年1月18日に2ndシングル「キミノコエガ…。」のリリースを発表したThe Super Ballが、2月15日に待望のメジャー1stアルバム『スパボ! スパボ! スパボ!』をリリースすることを発表! 同時に新たなアーティスト写真も公開された。

【その他の画像】The Super Ball

爽やかな歌声と誰からも愛されるキャラクターが多くの人を惹き付け、ファンは親しみを込めて彼らを“スパボ"と略称で呼んでいる。そのファンからの呼び名を、そのまま記念すべき1stアルバムのタイトルにしてしまうところに、彼らの素朴さと愛すべきキャラクターが出ており、ファンに対しての感謝の想いも感じ取れるタイトルと言える。また、2ndシングル「キミノコエガ…。」と1stアルバム『スパボ! スパボ! スパボ!』のダブル購入者特典も計画中とのことで、続報を待ちたい。

年明けからはリリース記念インストアイベントも予定されており、春にはメジャー・デビュー後初となる東名阪ツアーも決定。さらに、11月に配信限定リリースした「明日、君の涙が止む頃には」のイメージビデオを、一般の方から募集した学生時代の思い出の写真で作る“スパ坊とつくる!「明日、君の涙が止む頃には」のイメージビデオ!"企画を現在行なっている。ファンと共に歩んできた彼らならではの企画にも是非注目してほしい。

■「明日、君の涙が止む頃には」リリックビデオ
https://youtu.be/mvcTd6xHgPw

■【リリース情報】

アルバム『スパボ! スパボ! スパボ!』
2017年2月15日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TKCA-74441/¥3,500+税
【通常盤】(CD ONLY)
TKCA-74442/¥2,500+税

シングル「キミノコエガ…。」
2017年1月18日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TKCA-74431/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
1. キミノコエガ…。
2. タイトル未定曲
3. キミノコエガ…。(instrumental)
4. タイトル未定曲(instrumental)
■DVD
1. キミノコエガ…。(MUSIC VIDEO)
2.キミノコエガ…。(MAKING VIDEO)

【通常盤】(CD ONLY)
TKCA-74432/¥1,111+税
<収録曲>
1. キミノコエガ…。
2. タイトル未定曲
3. キミノコエガ…。(instrumental)
4. タイトル未定曲(instrumental)

■「2nd Single『キミノコエガ…。』リリース記念インストアイベント」

1月14日(土) 名古屋地区某所
1月15日(日) 大阪地区某所
1月21日(土) 関東近郊某所
1月22日(日) 福岡地区某所

【関連リンク】
The Super Ball オフィシャルHP
The Super Ball、新曲「キミノコエガ…。」がアニメ『エルドライブ【?lDLIVE】』ED曲に決定
The Super Ball、メジャーデビュー後初ワンマンを満員の赤坂BLITZで開催
The Super Ball、アニメ『不機嫌なモノノケ庵』オープニングテーマ「トモダチメートル」のMVを公開

【関連アーティスト】
The Super Ball
【ジャンル】
J-POP

Acid Black Cherry、待望のカヴァーアルバム第4弾のジャケ写を解禁
Mon, 28 Nov 2016 18:30:00 +0900
Acid Black Cherry (okmusic UP\'s)

Acid Black Cherryが約3年半ぶりとなるカヴァーアルバム第4弾『Recreation 4』のジャケット写真と新しいアーティスト写真を公開した。

【その他の画像】Acid Black Cherry

今作はCD+DVD盤とCD ONLY盤の2形態での発売で、2017年1月25日に発売することが発表されている。

CD+DVD盤のジャケット写真は「道を歩く二人の学生をyasuが振り返って見ている」という構図で、この写真1枚からもコンセプトである“名曲を次の世代に唄い継ぐ"ということが連想できるような作りとなっている。またCD ONLY盤はギターを抱えたyasuの写真となっている。ぜひ作品を手に取ってみてはいかがだろうか。

■アルバム『Recreation 4』

2017年1月25日発売
【CD+DVD】
AVCD-32259/B/¥3,240(税込)
【CD ONLY】
AVCD-32260/¥2,700(税込)
<収録曲>
■CD (※カッコ内は原曲歌唱アーティスト/発売年)
・青空 (THE BLUE HEARTS / 1989年)
・M (プリンセスプリンセス / 1989年)
・輝きながら… (徳永 英明 / 1985年)
・CLOUDY HEART (“LAST GIGS" ver.) (BOOWY / 1985年)
・青春のリグレット (松任谷 由実 / 1985年)
・フライングゲット (AKB48 / 2011年)
・Forget-me-not (尾崎 豊 / 1985年)
・星空のディスタンス (THE ALFEE / 1984年)
・Tomorrow never knows (Mr.Children / 1994年)
・三日月 (絢香 / 2006年)
・流星のサドル (久保田利伸 / 1986年)
・私はピアノ (サザンオールスターズ / 1980年)
※曲順未定
■DVD (※カッコ内は原曲歌唱アーティスト/発売年)
『The Live Show “Recreation"』
・青空 (THE BLUE HEARTS / 1989年)
・恋におちて (小林 明子 / 1985年)
・GLAMOROUS SKY (中島 美嘉 / 2006年)
※生演奏でのスタジオライブ収録のため、CD収録の音源とは異なります。
※曲順未定

【関連リンク】
Acid Black Cherry オフィシャルHP
Acid Black Cherry、カヴァーアルバム『Recreation 4』レコーディング再開! 来年1月に発売決定!
Acid Black Cherryアルバムが原作の映画『L−エル−』、全国公開前に完成披露上映会決定
Acid Black Cherry、映画『L−エル−』公開を記念して人気声優を起用したアニメムービーを独占配信

【関連アーティスト】
Acid Black Cherry
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

jealkb、ワンマンライブいよいよ開催! 会場限定CDの販売も
Mon, 28 Nov 2016 18:00:00 +0900
jealkb (okmusic UP\'s)

jealkbが、12月2日(金)に渋谷TSUTAYA O-EASTにてワンマンライブを行なう。

【その他の画像】jealkb

先日幕張メッセにて開催された「KNOT FEST」では、オープニングアクトながら早朝から駆けつけた数千人を熱狂させたjealkb。

今回のワンマンライブでは、新曲初披露の他、会場でしか買えないDEMO CD「リバース ボニート」も販売するとのこと。彼らの創り出す新しいエンタテインメント空間をぜひ会場で体感してほしい。

【jealkb】
ボーカル・haderu(田村淳)を中心に2005年に結成されたヴィジュアル系バンド・jealkbが、自主レーベル「jealize(ジュアライズ)」を設立、第1弾シングル『reboot』を11月2日(水)にリリースした。
バンドを結成して11年。jealkbの第2ステージ“Act2”と銘打って再起動(=reboot)する第一歩となる、約3年ぶりのシングルだ。
ミュージックビデオの監督は、Ken Yokoyama「I Won’t Turn Off My Radio」やHEY-SMITH 「2nd Youth」を手掛けた眞山広樹氏。新たなスタートを切ったjealkbなりのロックを感じることが出来る仕上がりとなっている。

■「夢路薔薇ノ誓 2016」

12月2日(金) TSUTAYA O-EAST
open 18:00 / start 19:00
<チケット>
料金:前売り 4,320円
・イープラス:http://eplus.jp
・ローソンチケット:Lコード 70537
・チケットぴあ:Pコード 300-319

■「reboot」MV(full.ver)
https://www.youtube.com/watch?v=uEz6xQAAzYE

■シングル「reboot」

発売中
YRCN-90259/¥1,200(税込)
<収録曲>
1. reboot
2. by your side
3. System
4. A ray of hope

【関連リンク】
jealkb オフィシャルHP

【関連アーティスト】
jealkb
【ジャンル】
ビジュアル

セプテンバーミー、ココナッツ先輩(Ba)ラストツアーが大団円
Mon, 28 Nov 2016 18:00:00 +0900
11月25日@新代田FEVER (okmusic UP\'s)

セプテンバーミーのツアーファイナルが11月25日に新代田FEVERにて行なわれた。

【その他の画像】セプテンバーミー

この公演はセプテンバーミーのツアーファイナルであると同時に、ベーシスト・ココナッツ先輩のラストライブ。鳴り響く電子音の中メンバーが入場し、電子音に合わせて徐々に楽器隊が音を重ねてゆく。「今日という日が来て欲しかったような、来てほしくなかったような。そんなみんなの気持ちも全部、受け止めにきました。」とドイヒロト(Vo,Gt)が語り、「LOVEDIVER」「妖怪ダンス」「27club」と駆け抜け、興奮と緊張に包まれたライブがスタート。

タナカ・ターナ(Gt,Cho)が「今日はお前らのおかげで最高に楽しんでるよ、ありがとう! お前ら全力で楽しむ準備は出来ているか!」とオフマイクで叫びながら伝えると大きな歓声が上がり、ココナッツ先輩の実体験を元に作られた「CRシュレディンガーの猫」を熱演。「自分プログラム」「9020」「テレキャスターマジック」と演奏し、続けて「ハローグッデイ」のイントロが流れるも…ドイが「ちょっと待って! 俺たち、格好つけすぎてる!(笑)」と演奏をストップ。「いつものやってよ!」と言うと、ココナッツ先輩が「ウオーー!」と叫び、逆に会場をシンと静まらせた後、「いつも通りのアホな俺たちで行くから、お前らも楽しんでくれますか? 最後まで笑顔でいきましょう!」とフロアに漂っていた緊張感を和らげ、軽快に「ハローグッデイ」を演奏した。

終焉に近づいていく毎にメンバーもフロアも徐々に自分らしさを取り戻してゆき、ドイが「たとえ笑われても、1人にでも突き刺されば意味があると思って。今日も俺はステージに立っています。」と「僕らのイノセンス」を演奏すると、呼応するようにオーディエンスもどんどん熱を帯びていった。岸波藍(Dr,Cho)のキレのあるドラムとオーディエンスの掛け声・クラップが重なり合い、本編ラストは初めてリリースをした現在廃盤のライブ会場限定シングル「逆回転するハッピーエンド」で締めくくった。

アンコールを受けて再登場したメンバーは、本ツアーについての想いを述べる。ココナッツ先輩が「このバンドで7年間やってきたことは本当に誇りに思っているし、皮肉にも脱退することを発表して、こんなにも愛されていることを感じました。これからもセプテンバーミーを応援していてください。最後まで本当にありがとう。」と語ると、ドイも涙を流しながら「俺たちの過ごした7年間を、誰にも笑う権利はないんです。紛れもなくこの7年間は真実だと思うし、俺はこの夜を一生忘れない。俺はしゅんちゃん(ココナッツ先輩)とバンドを一緒にやれて本当に良かった。明日から新しい形になっちゃうかもしれないけど、絶対に変わらないもの、変えられないものがあるから。信じてついてきてください。 」と叫び、ラスト1曲「君と宇宙でスリーアウトチェンジ」を熱演。オーディエンスの大合唱を受け、涙は笑顔に変わり、今日という1日の幕が閉じた。

分かれ道になっても前に進むと決めたバンドは、来春EPをリリースすることも本ツアーで発表。今後の彼らにも注視してほしい。

photo by ハブ

■【セットリスト】

1. LOVE DIVER
2. 妖怪ダンス
3. 27club
4. CRシュレディンガーの猫
5. 自分プログラム
6. 9020
7. テレキャスターマジック
8. ハローグッデイ
9. トケナイヨル、マジラナイヨル
10. 夕闇とサイレン
11. ロックスターに憧れて
12. 僕らのイノセンス
13. 幽霊ダイブ
14. 彼女inワンダーランド
15. 逆回転するハッピーエンド
en. 君と宇宙でスリーアウトチェンジ

【関連リンク】
セプテンバーミー オフィシャルHP
セプテンバーミーのココナッツ先輩(B)が脱退を発表
セプテンバーミー、ファン参加型MV「テレキャスターマジック」がついに公開
セプテンバーミー、新曲「彼女inワンダーランド」MV公開

【関連アーティスト】
セプテンバーミー
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

雪を見て口ずさみたくなる、タイトルに雪が付く曲5選
Mon, 28 Nov 2016 18:00:00 +0900
中島美嘉『MIKA NAKASHIMA BEST』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

長い残暑が終わったと思ったら、東京では1962年年以来、54年振りとなる初雪! 電車が止まって通学や通勤に支障があったとか、まだ冬物を出していなくて着る物がないとか、突然やって来た冬に驚いたり困惑している人も多いと思いますが。♪冬が始まるよ!と、初雪に浮かれている人も少なくないはず。ということで、今回は雪を見て口ずさみたくなる曲、タイトルに雪が付く曲5曲をチョイス。“SNOW”ではなく、“雪”ってところがポイント!

■1.「粉雪」(’05)/レミオロメン

雪と言えばこの曲!というくらい、♪こなぁゆきぃ〜〜!の力強いサビメロが印象深いこの曲。05年のリリース以降、毎年冬になると耳にするこの曲。粉雪に思う、別れた彼女への想いや未練を歌った歌詞が切ない曲だが、乾いたギターの音が印象的なシンプルなバンドサウンドも冬を連想させる。個人的な話ですが、初雪(24日)の夜は地元である長野県に出張していた僕。積雪量20センチもあった僕の地元は翌朝も雪が残り、辺り一面の雪景色! きれいに紅葉した樹木の上に雪が積もってるという、なんとも風情で美しい山景色を見た時、頭に浮かんできたのはこの曲でした。そして、このお題でした(笑)。僕の地元にほど近い、山梨県で育った彼ら。きっと似た風景を見て育ったんだろうと思った。この曲はBENI、日之内エミもカバーしている。

■2.「雪の華」(’03)/中島美嘉

♪今年最初の雪の華をぉ〜と、こちらも雪を見た瞬間に頭に浮かぶほど有名な雪曲。《風が冷たくなって 冬の匂いがした》と風景をイメージさせる歌詞から、2人寄り添って雪の華を眺める幸せやキミへの愛を歌った心温まるラブソング。自身出演のCMソングから火が付き、日本で大ヒットした後、韓国でも人気ドラマの主題歌としてパク・ヒョシンがカバーして大ヒット。アジアでもたくさんの人がカバーしている上、Boyz II Men、ダイアナ・ガーネットなど、その他の国のアーティストもカバーしているので、海外でも雪を見た人がこの曲を口ずさんでいるかもしれない。日本でも徳永英明、Ms.OOJA、森山良子、河村隆一、森進一、華原朋美、中森明菜とそうそうたるアーティストがカバーしている。

■3.「雪が降る街」(’92)/ユニコーン

♪ぼ〜くらぁの街に〜と、奥田民生が伸びやかに歌うサビメロを思わず口ずさみたくなる、92年発表のユニコーンの名曲。当時、CMなどでクリスマスソングが流行っており、それに便乗しようと作り始めたが、「クリスマスソングだとクリスマスまでだけど、年末ソングにすれば大晦日まで流せる」と民生が発案して方向転換。帰省や年末の街の様子を描いた、年末ソングとなった。ちなみにカップリングは「年末の次は正月だ」と作られた、お正月ソング「お年玉」。活動休止後の96年には鈴の音を足した「雪が降る街“more bell mix”」が、企画シングルとしてリリースされている。96年にはPUFFYがカバーし、奥田民生プロデュースのシングル「これが私の生きる道」のカップリングに収録。ちなみにコブクロには、地元・宮崎をイメージして作った「雪の降らない街」という曲もある。

■4.「なごり雪」(’75)/イルカ

74年、3人組フォークユニット・かぐや姫のアルバム『三階建の詩』の収録曲として発表。75年に女性フォーク歌手・イルカがカバーして大ヒット。以降、徳永英明、秦 基博+元ちとせ、中森明菜、桑田佳祐、平井堅、PENICILLIN、仮面女子など、さまざまなアーティストがカバーして、リリースから40年以上が経つ今も歌い継がれる雪名曲。ただ、《春が来て君はきれいになった》と歌詞から分かるように、歌ってる季節は早春。今の季節に歌う雪曲ではない(笑)。“なごり雪”という言葉は今こそ、「春が来ても消え残っている雪、春が来てから降る雪」として使われているが、発売当時は「そんな言葉は存在しない」と問題定義されたのだそうで。“なごり雪”という言葉は、この曲ありきで一般化していったのかもしれない。ちなみに嘉門達夫の「なごり寿司」という替え歌ソングもある。

■5.「雪國」(’86)/吉幾三

♪好きよぉ、あなたぁ〜〜と、いい年をした大人なら誰もが口ずさめるであろう、演歌の大名曲。今回、タイトルに“雪”が付く曲を選曲していたところ、“SNOW”や“WINTER”が付くJ-POPソングはたくさんあるが、“雪”が付く曲は予想以上に少なく、演歌や歌謡曲ばかりだということが分かった。ミュージシャンのみなさん、“雪”とか“初雪”ってタイトルは意外と穴場かもしませんよ! 「雪國」に関しては宴会の席で即興で作られたというこの曲、最初は《好きよあなた》でなく、《だめよそこは》と歌い出す下ネタソングだったそう。そのままリリースされていたらあの名曲は生まれなかったし、演歌歌手としての吉幾三の現在の地位もなかったかもしれないが、それはそれで聴いてみたかった!(笑) ちなみにこの曲はジェロ、新沼謙治といった演歌歌手がカバーしているほか、PE\'Zがアルバム『日本のジャズ〜SAMURAI SPIRIT〜』でジャズアレンジしていて、無茶苦茶カッコ良い。

【関連アーティスト】
レミオロメン, ユニコーン, 吉幾三, イルカ, 中島美嘉
【ジャンル】


SHE\'S、招待制アコースティックライブで伝えたファンへの感謝と信頼とは
Mon, 28 Nov 2016 17:00:00 +0900
11月23日@渋谷LOFT9 (okmusic UP\'s)

先日、バンド結成以来初のフルアルバム『プルーストと花束』を来年1月25日にリリースすることを発表したばかりのSHE\'S。10月19日にリリースされた2ndシングル「Tonight / Stars」購入者限定の招待制アコースティックライブが、11月23日(祝・水)に渋谷LOFT9で行なわれた。

【その他の画像】SHE\'S

今年新設されたばかりの小さなカフェスペースのような会場には、幸運にもチケットを手に入れた150人のファンが集まり、滅多に見ることのできないアコースティック編成のSHE\'Sを1時間にわたり堪能した。

ステージに広瀬臣吾(B)、木村雅人(Dr)、服部栞汰(Gt)、井上竜馬(Vo)の4人が登場すると、「クールな感じで始めようと思ったけど無理ですわ(笑)」と、井上。しんと静まり返ったフロアの緊張をほぐして、早速、最新シングル「Tonight」が披露された。美しいピアノの旋律にメンバーの演奏が加わり、ゆっくりと熱を帯びていくバラードナンバー。さらにインディーズ時代のミニアルバム『WHERE IS SHE?』に収録の「Long Goodbye」など、この日は通常のライブでは聴くことのできないレアな選曲でライブは進んでいった。

「厳かな感じだね」と井上。慣れ親しんだライブハウスとはひと味違う新鮮な手応えを感じながら、躍動感溢れるライブの定番曲「Un-science」へ。木村がカホンを叩き、広瀬がハンドクラップを煽ると、アコースティック編成でありながらも、いつもと同じく井上のエモーショナルな歌唱がフロアに力強く響き渡った。「3年前にとても好きだった彼女と別れたとき、頭が真っ白になってひとり旅に出た。そのときに書いた曲です」というような紹介で披露された「幸せ」では、服部が奏でる哀愁のギターが切ないメロディに優しく味わいを添えた。さらに、かつてSHE\'Sが10代限定のオーディション“閃光ライオット"で披露した「The World Lost You」が久々に演奏されると、会場は大きな拍手で包まれた。

最後のMCでは「音楽活動を続けるにあたって、“もう無理かもな"と思ったときもあるけど、目の前にいる人に救われて、今もステージに立って声をあげています。今日は俺たちのことを好きな人にちゃんと感謝を伝えられて嬉しいです」という感謝の気持ちと共に、ピアノではなくアコースティックギターの伴奏にのせて、バンドにとって大切な1曲「Curtain Call」を届けた。最後に井上はマイクを通さずに生声で歌い、メンバーもお客さん一人ひとりの表情をしっかり見渡しながら、アットホームな雰囲気でライブは幕を閉じた。

ライブの後にメンバーは集まったお客さんへの挨拶をした。
「緊張はしたけど、意外と良い感じでできたんじゃないかと自負しています(笑)」(広瀬)
「今日のアコースティックライブが良いと思った人はライブハウスにも遊びに来てください」(木村)
「今日は当選おめでとうございます! 今度は僕らのロックなところも見てほしいです」(服部)
「僕らは自由に音楽をやっています。それを好きだって言ってくれるみんなことは信頼してます。これからもよろしくお願いします」(井上)

なお、11月26日(土)には大阪でも同様アコースティックライブが行なわれている。この東京と大阪でのアコースティックライブを併せたプレミア映像が1月25日に発売となる初のフルアルバム『プルーストと花束』の初回限定盤にDVDとして収録されることが分かった。会場にいた貴重な方々はもちろん、当日来ることのできなかった方も普段ライブでは観ることのできない、聴くことのできない楽曲がある以上ファン必見となることは間違いないだろう。

なお、先日発表された3月から行なわれる全国ワンマンツアー『SHE\'S One man Tour 2017 "プルーストの欠片"』のスペースシャワーTV先行が11月28日(月)24:00まで〆切となっているので忘れずにチェックして欲しい。次から次へと新たな情報が更新されるようなので今後もSHE\'Sから目が離せなくなりそうである。

Photo by 西槇太一
Text by 秦 理絵

■【セットリスト】

1.Tonight
2.Long Goodbye
3.Un-science
4.Back To Kid
5.Voice
6.幸せ
7. The World Lost You
8.Curtain Call

■アルバム『プルーストと花束』

2017年1月25日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69113/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
TYCT-60096/¥2,800+税
<収録楽曲>
■CD
1.Morning Glow
2.海岸の煌めき
3.Stars ※MBS/TBSドラマ「拝啓、民泊様。」オープニングテーマ
4.Say No
5.Tonight
6.グッド・ウェディング
7.パレードが終わる頃
8.Freedom
9.Running Out
10.Ghost
11.プルースト
■初回限定盤バンドルDVD
『Acoustic Live in Tokyo and Osaka(仮題)』
東京と大阪で行なわれた購入者限定招待ライブの模様を収録。インディーズ時代の名曲を中心に、全曲アコースティックアレンジで演奏された貴重なステージ!

■『SHE\'S One man Tour 2017 "プルーストの欠片"』

3月04日(土) 広島・セカンド・クラッチ
3月05日(日) 岡山・イマージュ
3月11日(土) 福岡・DRUM Be-1
3月17日(金) 札幌・KRAPS HALL
3月19日(日) 仙台・MACANA
3月20日(月・祝) 新潟・CLUB RIVERST
3月22日(水) 金沢・vanvan V4
3月24日(金) 大阪・BIG CAT
3月26日(日) 名古屋・NAGOYA CLUB QUATTRO
4月09日(日) 東京・赤坂BLITZ

【関連リンク】
SHE\'S オフィシャルHP
SHE\'S、初のフルアルバム『プルーストと花束』 ジャケット写真&トラックリスト一挙公開
SHE\'S、2017年1月に初のフルアルバムをリリース&全国ワンマンツアー開催決定
SHE\'S、ドラマ『拝啓、民泊様。』OP曲「Stars」のMV公開

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

宇多田ヒカル、3DによるVR生中継『30代はほどほど。』の魅力に迫る
Mon, 28 Nov 2016 16:15:00 +0900
宇多田ヒカル (okmusic UP\'s)

宇多田ヒカルが、自身のデビュー記念日である12月9日(金)21:00〜21:30(予定)に、ファンへの感謝を込めてネットイベント『30代はほどほど。』を開催する。

【その他の画像】宇多田ヒカル

そもそも宇多田ヒカルは20歳の誕生日(2003年1月19日)に一夜限りで『20代はイケイケ』という、当時画期的だった100万アクセス規模のネット配信イベントをおこなった実績を持つ。

あれから10年以上が経過。宇多田ヒカルが、8年半ぶり6枚目となるオリジナルアルバム『Fant?me』をリリースして完全復活した2016年。今度は、株式会社GYAOと協力してVRライブを3D体験で無料生中継するイベント『30代はほどほど』を実施することになった。

しかし、3DでVR生中継といわれてもピンとこない方もいるだろう。国内ではほぼ前例がない画期的な試みだ。もっとも近い事例といえば、2016年6月28日、お台場の日本科学未来館でおこなわれたBj?rkによる、360度VRリアルタイムストリーミングで1曲(5分)を生歌唱した「Making of Bj?rk Digital」かもしれない。

様々なエフェクトがリアルタイムにかけられたVRライブ映像を生配信で視聴する一期一会なライブ体験。肉眼によるライブでは体験できなかったリアルタイムストリーミングでありながら、エフェクティヴでインタラクティヴなライブ演出は、これまでにない圧倒的興奮を与えてくれた。

それを、宇多田ヒカルは12月9日(水)、3DVRで30分間のトーク&ライブを生中継するという。3次元であたかもその場にいるような感覚で、誰もが最前列ベストポジションで視聴体験ができる3D VR生中継。場所的制限を超えた新しい試みがはじまろうとしている。

そもそも、今回のアプローチを最大限に楽しむには、GYAO!から生配信試聴する為のアプリ(iOS/Android)を事前にダウンロードして、市販のVRスコープ(HMD)、または今回の為に限定販売される紙製 宇多田スコープを事前購入する必要がある。

しかし、ヒッキー(宇多田ヒカル)には興味あるけど「VRゴーグル(HMD)は有料だし、事前応募や3Dなどがよくわからないや(泣)」と不安だった方、ご心配なく。

GYAO!からアプリさえダウンロードしておけば、当日はお持ちのスマホで2Dマルチアングル(※複数のカメラで撮影され、いろいろな角度から映像を楽しめる)で事前応募関係無く観ることも可能だ。さらに特設ページではアプリ不要で、スイッチング映像のみの通常版を閲覧することもできる。

とはいえ、せっかくYahoo!ショッピングで500円(税別・送料別)という格安で、お持ちのスマホに対応した宇多田スコープなるVRスコープを販売しているので、記念品として購入の上、3DVR試聴の権利を開催6日前、12月3日(土)までに、GYAO!で無料登録受付をチェックして準備してみてほしい。

本イベントには、アルバム『Fant?me』に収録されている「忘却」で共演しているKOHHと、2014年に発売されたカヴァーアルバム『宇多田ヒカルのうた』のイベント等に参加し、自他ともに認める宇多田ヒカルファンであるPUNPEEがDJとして参加することが決定していることも話題だ。

宇多田ヒカル最新作『Fant?me』は、iTunesチャートで全米3位にランクインしたこともニュースとなった。今回のプロジェクトは、海外からも閲覧できるので、ライブ活動再開が期待される宇多田ヒカルの歴史的ターニングポイントとなることは間違いないだろう。3DVR生中継という画期的な試みを心待ちにしたい。

Text by ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

■『30代はほどほど。』特設ページ
http://gyao.yahoo.co.jp/special/hodohodo/
■オリジナルVRスコープ購入ページ(Yahoo!ショッピング)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/vrshopvoor/voor-std-v30-02.html

■【『30代はほどほど。』概要】

放送日時: 12月9日(金) 21:00〜21:30 ※予定
内容:宇多田ヒカルとファンがインタラクティヴにコミュニケーションするバーチャルリアリティー番組。スタジオ生パフォーマンスも予定。

<配信形態>
【3DVR版】
“3DVR”で、その場にいるような臨場感ある映像がお楽しみいただけます。
デバイス:スマートフォン
※「GYAO!」アプリ(iOS/Android)からご覧いただけます。
視聴方法:事前に視聴申し込みをいただき、無線LAN(Wi-fi)の通信環境とスマートフォンが装着できるVRスコープ(HMD)をご用意のうえ、「GYAO!」アプリからお楽しみいただけます。
【2Dマルチアングル版】
いろいろな角度から撮影された映像をご自身で選択してお楽しみいただけます。
デバイス:スマートフォン
※「GYAO!」アプリ(iOS/Android)からご覧いただけます。
視聴方法:事前応募不要で、「GYAO!」アプリからお楽しみいただけます。
【通常版】
スイッチングされる映像のみをお楽しみいただけます。
デバイス:PC/スマートフォン
※アプリ不要
視聴方法:事前応募不要で、デバイスを問わずお楽しみいただけます。

<3DVR版 視聴申し込み>
下記「GYAO!」特設ページよりお申し込みください。
特設ページURL:http://gyao.yahoo.co.jp/special/hodohodo/
※申し込みにはYahoo! JAPAN IDが必要です。

<オリジナルVRスコープ 購入方法>
「Yahoo!ショッピング」内のポリゴンマジックストアよりご購入いただけます。
URL:http://store.shopping.yahoo.co.jp/vrshopvoor/
販売価格:500円(税別・送料別)
・国産の高屈折率のレンズを採用。
・設計から製造まで全て国内製です。
・メガネ着用の方でもそのままお使い頂けます。
・全面コーティング済み。長くお使い頂けます。
・4〜6インチの大きさのスマートフォンに対応

【関連リンク】
宇多田ヒカル オフィシャルHP
宇多田ヒカルのネットイベント「30代はほどほど。」にKOHHとPUNPEEがゲスト出演
宇多田ヒカル、デビュー記念日にネットイベント「30代はほどほど。」開催!
宇多田ヒカル、ニューアルバム収録曲「人魚」が『大エルミタージュ美術館展』テーマソングに決定

【関連アーティスト】
宇多田ヒカル
【ジャンル】
J-POP

RIZE、デビュー20周年の皮切りとなる全国ツアーファイナルが大盛況
Mon, 28 Nov 2016 16:00:00 +0900
11月27日(日)@Zepp DiverCity(TOKYO) (okmusic UP\'s)

RIZEが全国ツアーファイナル公演を11月27日(日)にZepp DiverCity(TOKYO)で開催した。

【その他の画像】RIZE

ライブを行なう度にTwitter等のトレンドを賑わすなど話題沸騰のRIZE、デビュー20周年のメモリアルイヤーを飾るツアーとして11月8日の仙台公演を皮切りに全国7ヶ所に台湾を加えた全8公演のファイナル東京公演はSOLD OUT。満員の熱気で包まれた会場、ライブはパーティーチューン「PARTY HOUSE」で華々しく幕を開け、続いて「LOVEHATE」、10月にリリースした新曲で『WOWOW NBA16-17シーズン』イメージソングの「ONE SHOT」と、アッパーなナンバーを立て続けに披露し、オーディンエンス(=RIZER)のボルテージを上げていく。

『東京の神様、36年間お邪魔してますが、今日はよろしくお願いします!』とJESSE(Vo.)らしいMCを入れると息つく間もなく「KAMI」を披露、「Get the Mic」ではコール&レスポンスでRIZERを盛り上げる。さらに「American Hero」「Television Song」「Dear Mr.President」と中期RIZEを象徴する軽快なナンバーが続き、立て続けに新曲を披露。ソリッドなサウンドに縦横無尽に飛び交う光の矢が彩りを添える圧巻の演出で会場の熱気は上昇の一途を辿る。

JESSEは『昨日の自分を超えたい一心で20年間続けてきた。けれどそれは難しい事じゃないというのを伝えたい』とRIZERへのメッセージを伝え、夢の途中で世を去ってしまった人たちへの鎮魂歌とも言える「GHOST」、『10年前にスゲーやべぇ曲が書けた』と歌った「heiwa」、ミディアムナンバーの「何でもない日の祝い方」、リズミックなテンポが耳残りのいい「天と地の狭間に生きる少年」と中期ヒットナンバーの応酬、さらにジャパニーズロックの魂を歌った「日本刀」、メロウなメロと激しいサビが見事に融合した「Gun Shot」、メジャーデビュー曲の「カミナリ」と初期の名曲でRIZERの興奮と熱狂がMAXに達したところで本編の幕が降りる。

鳴りやまぬアンコールの中再登場すると、『この歌をRio(Gt.)に捧げます』とハッピーバースデートゥーユーのセッションが始まり、前日に誕生日を迎えたRioをサプライズで祝福。立て続けに新曲、さらにRIZEのマスターピースとも言える「Why I\'m Me」を披露、満員の会場は底知れぬ熱気に包まれ、大団円で幕を閉じた。来年いよいよ結成20周年を迎えるRIZEがどのように「日本のロックバンド」としてミュージックシーンをリードしていくか目が離せない。

■RIZE 結成20周年特設サイト
http://rize20.com

■【セットリスト】

1. PARTY HOUSE
2. LOVEHATE
3. ONE SHOT
4. KAMI
5. Get the Mic
6. American Hero
7. Television Song
8. Dear Mr. President
9. 新曲
10. 新曲
11. 新曲
12. GHOST
13. heiwa
14. 何でもない日の祝い方
15. 天と地の狭間に生きる少年
16. 日本刀
17. Gun Shot
18. カミナリ
En1. 新曲
En2. Why I\'m Me

【関連リンク】
RIZE オフィシャルHP
RIZE、結成20周年アニバーサリーイヤースタート!
『J-Rock Live to the World2016』にVAMPS、RIZEら出演&チケット先行受付決定!
金子ノブアキ、パフォーミング・アーツ・カンパニー“enra"とのコラボ映像を公開

【関連アーティスト】
RIZE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

Drop\'sのドラマー・奥山レイカが2017年1月8日のワンマンライブをもって脱退
Mon, 28 Nov 2016 15:00:00 +0900
奥山レイカ (okmusic UP\'s)

Drop\'sのドラマーである奥山レイカが2017年1月8日(日)に札幌・cube gardenで開催する『Drop\'s ONEMAN LIVE「SWEET JOURNEY BLUES」』を最後に、脱退することを発表した。

【その他の画像】Drop\'s

脱退にあたり、奥山レイカ、そして他4人のメンバー連名でのコメントをそれぞれ発表。奥山レイカは脱退の理由として、医師より腱鞘炎と神経脱臼の診断を受けており「自分で納得のいくプレイが出来ない事、何よりバンド活動の足を引っ張っているように感じてしまいドラムを叩く事自体にストレスを感じていくようになっていました。」と説明している。

なお、本人の「決まっているライブはやり切りたい」という意思を尊重し、現在発表されている12月の各イベントへの出演に変更はないとのこと。また、学業との両立を理由に出演を見合わせていた石橋わか乃(key)のスケジュールを再調整し、フルメンバーでの出演に変更となるイベントも合わせて発表された。

他4人のメンバー連名で「まだまだDrop\'sを止めるわけにはいきません。これからも、私たちの音楽をどんどん皆さんのもとへ届けていきたいと思っています。」とコメントし、中野ミホ(Vo)、荒谷朋美(Gt)、小田満美子(Ba)は活動拠点を東京に移し、現在在学中の石橋わか乃も含め、活動を続けてくという。

年明け1月8日(日)に開催されるDrop\'s ONEMAN LIVE「SWEET JOURNEY BLUES」は、奥山レイカのラストライブ、また上京前の札幌在住バンドとしてラストライブとなる。同イベントのオフィシャルHP先行受付は、28日17時から開始される。

■【Drop\'sメンバー・スタッフよりコメント】

■奥山レイカ
いつもありがとうございます。
ファンの皆さま、関係者の皆さま、突然このような形でのご挨拶となってしまい申し訳ありません。

私、奥山レイカはこの度、来年の1月8日をもってDrop\'sを脱退することとなりました。

今年に入ってから左腕の腱鞘炎の悪化に加え、手が痺れるようになり、自分で納得のいくプレイが出来ない事、何よりバンド活動の足を引っ張っているように感じてしまいドラムを叩く事自体にストレスを感じていくようになっていました。

今の自分の状態でこの先ドラムを続けていけるのかも含め、自分自身のこれからの事、バンドのこれからの事、たくさん考えました。
結果、私は脱退することを決めました。

応援してくださるファンの皆さま、いつも支えてくれるスタッフの皆さま、そしてどんな時も一緒に活動してきたDrop\'sのメンバー、私はたくさんの人に恵まれて幸せです。
今まで本当にありがとうございます。

7年間、Drop\'sとして過ごした事はこれからも私にとってかけがえのない大切な思い出です。

Drop\'sはこれからもずっと続いていきます。
ファンの皆さま、関係者の皆さま、どうかこれからも変わらずDrop\'sをよろしくお願いします。

■Drop\'s
私たちDrop\'sは、
高校の軽音楽部で出会ってからずっと一緒に音楽をつくり、色々な所へ行ってライブをして、沢山の時間を5人で過ごしてきました。

レイカと共にDrop\'sを続けていきたい、という気持ちは変わらずあります。
ですが今回、彼女の腕の状態、そして心境のことを知り、メンバー、スタッフみんなで話し合いを重ねました。
その結果、このような形をとることになりました。
応援してくださる皆さんを驚かせてしまい、申し訳ありません。

正直、悔しい気持ちもあります。
ですが、
レイカのこれからの人生が、この7年間の思い出とともに素敵に輝くことを、ほんとうに祈っています。

このメンバーでの活動は一旦おわりになりますが、
まだまだDrop\'sを止めるわけにはいきません。
これからも、私たちの音楽をどんどん皆さんのもとへ届けていきたいと思っています。
楽しみに待っていてください。

引き続き、あたたかい応援をよろしくお願いします。

■【ライブ・イベント情報】

『うつみようこ & YOKOYOKO BAND』
12月22日(木)  名古屋TOKUZO
※石橋わか乃(key)を除く、4人編成での出演

『年末調整GIG 2016』
12月23日(金・週) 名古屋クラブクアトロ  
※フルメンバーでの出演に変更

『THE FOREVERS presents "E・I・E・N... pop caravan Vol.2"3rd single『Pops Don\'t Cry ~Lesson#3~』レコ発Xmas R&R Party!! 』
12月25日(日) 東高円寺U.F.O. CLUB

『Playground』
12月28日(水) 梅田クラブクアトロ

『TOP GEAR SHOW!!』
12月29日(木) 新宿レッドクロス

『Drop\'s ONEMAN LIVE「SWEET JOURNEY BLUES」』
2017年1月8日(日) 札幌・cube garden
■オフィシャルHP先行
※受付期間:11月28日(月)17:00〜11月30日(水)昼12:00
http://drops-official.com/

【関連リンク】
Drop’s オフィシャルHP
Drop\'s、映画「月光」とのコラボレーションMV公開
Drop\'s、史上最も“やさしい”MV「ドーナツ」を公開
Drop\'s、映画『無伴奏』の主題歌「どこかへ」のコラボMVを公開

【関連アーティスト】
Drop\'s
【ジャンル】
ジャパニーズロック

FLOW、ファンへの感謝と未来への強い想いを乗せたツアー後半戦が終幕
Mon, 28 Nov 2016 14:00:00 +0900
11月26日@盛岡club ChangeWAVE (okmusic UP\'s)

FLOWが9月からスタートさせた『テイルズ オブ』シリーズのダブル主題歌を引っ提げた、全国ツアー『FLOW LIMITED CIRCUIT 2016』の後半戦「炎ノ陣」が盛岡公演にて幕を閉じた。

【その他の画像】FLOW

シングル「風ノ唄/BURN」を引っ提げた今回の全国ツアーは内容の全く異なるターム「風ノ陣」と「炎ノ陣」に分けられ、後半戦となる「炎ノ陣」タームでは、人気ゲームシリーズPS3/PS4『テイルズ オブ ベルセリア』テーマソングである「BURN」を軸に、FLOWの数ある楽曲の中から“炎"にまつわる曲を集めた構成で全8公演を回った。

開演時刻と同時にSEが流れ、1曲目に期待が寄せられる中始まったのは本ツアーの顔でもある楽曲「BURN」。照明で真っ赤に染められたステージからギターが?き鳴らされ、ボルテージMAXでライブはスタートした。

ツアー前半戦でもレコーディング前の新曲を2曲披露したFLOWだが、このツアー後半戦「炎ノ陣」ではさらに別の新曲が用意されていた。「まだレコーディングも何もしていない、これから育てていきたい2曲を持ってきました!」というKEIGO(Vo)のMCから始まったのは出来立ての新曲「アイオライト」と「EGO」。「アイオライト」はKOHSHI(Vo)作詞のミディアムナンバーで、まさにFLOWならではの応援ソング。一方の「EGO」はKEIGO作詞のハードロックナンバー。どちらもリリースは現段階では未定ということだが、近い将来聴ける日を楽しみにしておこう。

「“炎"といっても燃え盛る炎だけじゃないですよ」というKOHSHIの一言から始まった中盤では、ドラマ『探偵学園Q』の主題歌としてもヒットした「Answer」を中心に、静かに揺らめくキャンドルのような深い“炎"の世界へ誘った。そしてライブ終盤、「全国で燃え盛ってきたこのデッカイ“炎"を、更に大きくしようぜ!!!」というKEIGOの号令と共にはじまったのはTVアニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』主題歌「風ノ唄」。掛け声と共に会場いっぱいに拳が高々と掲げられ、このツアーの中で育ってきた力強さをみせ、その後は「JOY TO THE WORLD」「Sign」「GO!!!」など、最新アルバムから往年のライブナンバーまでを怒涛のように披露し、会場が大きな炎に包まれたように熱く燃え上がった。

「FLOWはこれまで何度も何度も皆に背中を押してもらって、へこんでる時は引き上げてもらってやってこれたバンドです。だからこそ、もし皆がうまく笑えてないなって時があるなら、絶対に俺らが皆の手をがっちり掴んで、引き上げるから。皆とはずっとそんな関係で居続けたいと思います」とファンへの感謝と未来への力強い想いをぶつけ、ライブの最後を飾ったのは「Hands」。キャンドルの炎のような優しく温かい明かりが会場を包み、“明日の自分を信じて 夢描いて行こう"という歌詞の通り、力強いシンガロングでライブは幕を閉じた。

ダブルAサイドシングル「風ノ唄/BURN」の世界が存分に楽しめる2つの異なる内容で回りきった本ツアー。12月31日(土)にはファイナル公演として、4年ぶりのカウントダウンライブ「FLOW COUNT DOWN LIVE 2016-2017 刻ノ陣」がディファ有明で開催される。円形ステージでのライブになることを告知しており演出にも期待がかかる。一部エリアのチケットはすでに売り切れており、立ち見エリアと指定席Bのみを現在販売中。なお、早くも2017年にニューシングルの発売が決定しており、詳細は近日発表予定との事なので、こちらも是非楽しみに待っていよう。

■【セットリスト】

01 BURN
02 CALLING
03 HERO 〜希望の歌〜
04 BCG
05 Chant
06 赤いサイレン
07 Steppin\' out
08 アイオライト[新曲]
09 EGO[新曲]
10 DAYS
11 ブラスター
12 Answer
13 UNION
14 アンタレス
15 風ノ唄
16 JOY TO THE WORLD
17 愛愛愛に撃たれてバイバイバイ
18 BAND Inst
19 Sign
20 BLACK&WHITE
21 GO!!!
22 Hands
-Encore-
EN1 COLORS
EN2 Metamorphose

■『FLOW COUNT DOWN LIVE 2016-2017「刻ノ陣」〜ディファ年明けシーズン3〜』

12月31日(土) ディファ有明
※チケット発売中

【関連リンク】
FLOW オフィシャルHP
FLOW、バレンタインデーとホワイトデーに男性限定&女性限定ライブを開催決定
FLOW、全速力で駆け抜けた全国ツアー前半戦「風ノ陣」が大団円!
FLOW、全国ツアー初日にニューシングルの発売を発表

【関連アーティスト】
FLOW
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

生熊耕治×黒田倫弘、お酒を楽しめるアコースティックライブぶらり旅2017『黒生』開催決定
Mon, 28 Nov 2016 13:00:00 +0900
生熊耕治 (okmusic UP\'s)

生熊耕治と黒田倫弘が2016年の2月東京を皮切りに名古屋、大阪、京都で開催し、7月には東京回遊企画を行なったアコースティックライブぶらり旅『黒生』が2017年も開催することが決定した。

【その他の画像】黒田倫弘

今回の公演は、東京、新潟、札幌の3公演が行われ、東京では新春スペシャル公演として昼夜に2公演が実施される。新潟ではライブ終了後、黒田倫弘が都内で定期的に行なっているUstream放送を開催し、札幌公演ではサカノウエヨースケがゲストアクトとして出演が決定している。今回もカフェを中心とした会場となるため、お酒や食事を楽しみながら二人が奏でる音をじっくり堪能してもらいたい。各公演のチケットは好評販売中。

■cune オフィシャルHP
http://cune-official.com/
■黒田倫弘 オフィシャルHP
http://www.66mk.com/

■『生熊耕治×黒田倫弘ぶらり旅2017』詳細

『生熊耕治×黒田倫弘ぶらり旅2017〜黒生〜新春スペシャル』
1月9日(月・祝) 下北沢 風知空知
【唄初め】開場15:00/開演15:30
【新年会】開場18:30/開演19:00

『生熊耕治×黒田倫弘ぶらり旅2017〜黒生〜新潟編』
1月14日(土) 新潟Bluecafe
開場16:45/開演17:00

『生熊耕治×黒田倫弘ぶらり旅2017〜黒生〜北海道編』
1月21日(土) 札幌musica hall cafe
開場13:00/開演13:15
ゲストアクト:サカノウエヨースケ

【関連リンク】
生熊耕治、Montage.とのカップリングツアーにてスプリットシングルを発売!
丸本莉子、自身初となるオフィス・ライブを敢行
ササノマリイ、スライムシンセサイザーとのコラボツイキャス配信決定
黒川ティム(PrizmaX)、14年ぶりに舞台出演決定!

【関連アーティスト】
黒田倫弘, 生熊耕治
【ジャンル】
J-POP

ゆず、20周年に向けた弾き語りライブにてオールタイムベスト発売&初ドームツアー開催を発表
Mon, 28 Nov 2016 12:30:00 +0900
11月26日&27日@東京ドーム (okmusic UP\'s)

ゆずが11月26日(土)と27日(日)の2日間、東京ドームにて弾き語りライブ「ゆずのみ」を開催。記念すべきデビュー20周年に向けて、ファン10万人とともにアニバーサリーイヤーの狼煙を上げた。

【その他の画像】ゆず

今回のライブは「ゆずデビュー20周年突入記念弾き語りライブ ゆずのみ」と銘打ち、2017年のCDデビュー20周年の幕開けとして実施された。横浜の路上ライブから活動をスタートした2人の「20周年のスタートは、弾き語りでゆずだけでやりたい」という想いから、全編を通してゆず“のみ"の弾き語りで「夏色」「サヨナラバス」「雨のち晴レルヤ」など、代表曲を含む全27曲を披露。

また中盤には、日本一の高さ(24.1メートル)を誇る城郭型灯籠「愛季」(ちかすえ)がステージ中央に登場。その灯籠に2人が乗り込み、鮮やかな光の演出と存在感の中で「虹」「友達の唄」を披露。単なる“弾き語り"の枠では収まらないパフォーマンスで、観客を圧倒した。

ライブ終盤には2017年春に、20年の集大成となる初のオールタイムベストアルバムのリリース、そして同じく自身初となるドームツアーの開催を発表。ドームツアーは5月3日の名古屋・ナゴヤドームを皮切りに、同20日・21日の東京ドーム、同27日・28日の京セラドーム大阪、6月4日の福岡ヤフオク!ドームと、4カ所6公演を敢行。約30万人を動員する。

Photo by 太田好治

【関連リンク】
ゆず オフィシャルHP
ゆず、『CDTV』ゲスト出演時の映像をパッケージ化
ゆず、20 周年目前の独占インタビュー&未公開シーン含む東京ドーム公演予告映像公開
ゆず、「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」をテレビで初披露

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ライブ

さくらしめじ、47都道府県ツアーファイナルでミニアルバム発売とワンマンライブ開催を発表
Mon, 28 Nov 2016 12:00:00 +0900
11月27日@ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場 (okmusic UP\'s)

さくらしめじが11月27日にダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場にて、『さくらしめじニッポン列島菌活の旅〜広げよう“きのこの輪(フェアリーリング)”〜』を行った。

【その他の画像】さくらしめじ

この『ニッポン列島菌活の旅』こと通称「菌活」は、2015年7月から「日本全国を旅してまわって、さくらしめじの“菌”を撒き散らそう」という趣旨のもと、アコースティックギターとタンバリンを持ってフリーライブをしてまわる企画。また、「中学生のうちに全国制覇をする」というのが彼らの目標でもあった。そして、東京で菌活ファイナルを迎え、会場には多くのファンが集まった。

さくらしめじが登場し、サウンドチェックを終えると、「さくらしめじです!よろしくお願いします!」と気合い十分に挨拶し、ライブがスタート。1曲目は今年の夏に自身初のドラマタイアップとなった「ひだりむね」を披露。イントロが始まると集まったファンも手拍子で演奏を盛り上げる。演奏が終わると、「東京都のみなさん、こんにちは!僕たちフォークデュオのさくらしめじです!」と菌活でのおなじみの挨拶。そして、菌活のライブでは毎度、日本地図のボードにライブを行った証としてその都道府県に色を塗っている。この日、東京都の箇所に色が塗られると、ついにさくらしめじの日本地図全てに色がついた。「僕たち全国制覇しましたー!」と叫ぶと、ファンの歓声もあがった。

そして、2曲目は菌活での名物となっているカヴァー曲。今回は東京都出身のアーティストのカヴァーということでEvery Little Thingの「fragile」を披露。アコースティックサウンドと2人だからこそ出せる心地よいハーモニーが会場をつつむ。続いて披露されたのはファンの間でも人気の曲となっている「きみでした」。今まで手拍子をしていた観客も静かにステージ上の二人を見つめ聴き入っている様子だった。

「次の曲は先日行ったワンマンライブでも披露した、菌活中につくった曲です。僕たちがはじめてつくった大切な曲です。」と言ってはじまったのは彼らが初めて作詞と作曲をしたという「おもいでくれよん」。彼らのこれからももっともっと進んで行きたいという想いと、ファンもその想いを一緒に感じているかのように、歌声と演奏と手拍子が一つになった、あたたかい雰囲気が会場をつつんだ。

演奏が終わり大きな拍手が鳴る中、「実はみなさんにお知らせがあります!」と告げ、スタッフが持ってきたくす玉を2人でわり、「来年の3月22日にミニアルバムをリリースします!」と2017年の春に1stミニアルバムをリリースすることを発表した。嬉しい発表にファンからも歓喜の声があがった。最後に、結成当時からストリートライブで歌ってきた「いくじなし」を披露。大きな手拍子と歓声で大盛り上がりとなった。

「たくさんの方に出会えて47都道府県まわれて、本当に楽しかったです。」(高田)、「たくさんの方に見守られて、無事に47都道府県まわることができました。本当にたくさんの思い出でいっぱいです。ありがとうございます。」(田中)と笑顔で力強く挨拶をし、深々とお辞儀をした。すると、二人の後ろにスタッフが現れ、「2017年4月23日ワンマンライブ決定!会場はTOKYO DOME CITY HALL」と書かれた大きな幕を広げ、2017年の春に開催されるワンマンライブをサプライズ発表。2人とも驚きながらも大喜びで、「僕たちこれからも一生懸命頑張りますので、みなさんよろしくお願いします!!」と語り、約1年4ヶ月に渡った菌活を完走した。

■1stミニアルバム『タイトル未定』

2017年3月22日発売決定!
※詳細は後日発表

■『さくらしめじ春のワンマンライブ「春しめじの eat shun」』

4月23日(日) TOKYO DOME CITY HALL
開場 16:00/開演 17:00
詳細:http://sakurashimeji.com/live

【関連リンク】
さくらしめじ オフィシャルHP
さくらしめじのゲームアプリ「菌音これくしょん!」アップデート&プレゼント企画決定
さくらしめじ、中学最後の単独ライブで新曲披露&ワンマン公演をサプライズ発表
さくらしめじ、 8月30日の「おはスタ」生出演&生演奏が決定

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

グッバイフジヤマ、1stアルバムリリース全国ツアー開催決定
Mon, 28 Nov 2016 11:00:00 +0900
グッバイフジヤマ (okmusic UP\'s)

グッバイフジヤマが1stアルバム『この胸いっぱいの愛を』のリリースを記念して、2017年に全国ツアーを開催することを発表した。

【その他の画像】グッバイフジヤマ

2017年1月14日の高円寺クラブライナーから始まり4月1日の下北沢GARDENまで全国を廻るツアーになるが、下北沢GARDENのライブのみワンマンライブで、それ以外の公演は対バンありのライブとなる。このツアーのチケット最速先行が11月28日(月)12:00より開始される。

また、12月24日のクリスマスイブには、Vo中山が「俺が恋人ができるまで毎年続ける!」と宣言しているすべての寂しい思いでこの日を過ごす人のためのイベント「男はつらいよ2016」も開催される。イベントの性質上、カップルで来場するとチケット代が高額になるようなので気をつけてもらいたい。

■1stアルバム『この胸いっぱいの愛を』リリースツアー“ALL WE NEED IS LOVE”

1月14日(土) 高円寺クラブライナー
w/プププランド, andmore
1月15日(日) 仙台enn3rd
w/TBA
2月05日(日) 札幌COLONY
w/グミ, THE BOYS&GIRLS
2月24日(金) 福岡graf
w/プププランド, andmore
2月26日(日) 岡山ペパーランド
w/プププランド, andmore
3月05日(日) 名古屋CLUB ROCK\'N\'ROLL
w/TBA
3月20日(月・祝) 心斎橋Pangea
w/TBA
4月01日(土) 下北沢GARDEN
※ワンマンライブ

■『男はつらいよ2016』

12月24日(土) 高円寺CLUB LINER
w/ まちぶせ
O.A / Summer vacations

【関連リンク】
グッバイフジヤマ オフィシャルHP
グッバイフジヤマのアルバム発売イベントにアンテナ渡辺・プププランド西村が出演決定
グッバイフジヤマ、ニューアルバムのリード曲MVを公開
グッバイフジヤマ、バンドの新ビジュアルと1stフルアルバムの詳細を公開

【関連アーティスト】
グッバイフジヤマ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SCANDAL、ベストアルバム全貌公開&2017年ツアータイトル決定
Mon, 28 Nov 2016 00:00:00 +0900
SCANDAL (okmusic UP\'s)

2016年8月にバンド結成10周年を迎えたSCANDALが、結成10周年記念ベストアルバムの詳細と2017年3月からの47都道府県ツアータイトルを発表した。

【その他の画像】SCANDAL

ベストアルバムのタイトルは初のセルフタイトルとなる『SCANDAL』。発売日は2017年2月15日(水)に決定した。ファン投票の人気上位34曲+新曲2曲を含む豪華36曲収録のCD2枚組で完全生産限定盤、初回限定盤、通常盤の3形態同時発売となり、完全生産限定盤は日本のガールズカルチャーを代表する人気アパレルブランド・Candy StripperとのコラボTシャツ付き、初回限定盤は今年9月に行った8カ国10都市を周ったヨーロッパツアーに完全密着した“ロードムービー”のDVD付きと、特典もベストアルバムならではの豪華な内容となっている。

また、2017年3月より開催するキャリア初全国47都道府県53公演を回るライブハウスツアーのタイトルが“SCANDAL TOUR 2017『SCANDALの47都道府県ツアー』”となることも決定した。

■アルバム『SCANDAL』

2017年2月15日発売
【完全生産限定盤】(2CD+Candy Stripper×SCANDAL Tシャツ)
ESCL-4810〜ESCL-4812/¥6,000+税
【初回生産限定盤】(2CD+DVD)
ESCL-4813〜ESCL-4815/¥4,200+税
【通常盤(初回仕様)】(2CD)
ESCL-4816〜ESCL-4817/¥3,500+税
<収録曲>
■CD Disc 1
01.SCANDAL BABY
02.Stamp!
03.少女S
04.ピンヒールサーファー
05.S.L.Magic
06.スイッチ
07.Departure
08.Hello! Hello!
09.テイクミーアウト
10.下弦の月
11.OVER DRIVE
12.LOVE SURVIVE
13.太陽と君が描くSTORY
14.会いたい
15.ちいさなほのお
16.EVERYBODY SAY YEAH!
17.Image
18.※新曲
■CD Disc 2
01.瞬間センチメンタル
02.太陽スキャンダラス
03.サティスファクション
04.LOVE ME DO
05.夜明けの流星群
06.ビターチョコレート
07.会わないつもりの、元気でね
08.Welcome home
09.Sisters
10.DOLL
11.Flashback No.5
12.カゲロウ
13.HARUKAZE
14.one piece
15.声
16.Your song
17.※新曲
18.SCANDAL IN THE HOUSE
■DVD ※初回生産限定盤のみ
ヨーロッパツアー完全密着“ロードムービー”

■SCANDAL TOUR 2017『SCANDALの47都道府県ツアー』

3月11日(土) 熊本 B.9 V1
3月12日(日) 宮崎 WEATHER KING
3月14日(火) 長崎DRUM Be-7
3月15日(水) 佐賀GEILS
3月17日(金) 周南RISING HALL
3月18日(土) 松江AZTiC canova
3月20日(月・祝) 米子AZTiC laughs
3月25日(土) 金沢EIGHT HALL
3月26日(日) 富山MAIRO
3月28日(火) 長野CLUB JUNK BOX
4月01日(土) 新潟LOTS
4月02日(日) 新潟LOTS
4月05日(水) 千葉LOOK
4月08日(土) 高知CARAVAN SARY
4月09日(日) 高松festhalle
4月11日(火) 松山WstudioRED
4月12日(水) 徳島club GRINDHOUSE
4月15日(土) Zepp Tokyo
4月16日(日) 甲府CONVICTION
4月22日(土) Zepp Osaka BaySide
4月23日(日) Zepp Nagoya
4月28日(金) 川崎CLUB CITTA
4月30日(日) 高崎CLUB FLEEZ
5月02日(火) HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
5月04日(木・祝) 福井 響きのホール
5月06日(土) 岐阜CLUB-G
5月07日(日) 松阪M\'AXA
5月13日(土) HIROSHIMA CLUB QUATTRO
5月14日(日) HIROSHIMA CLUB QUATTRO
5月20日(土) 郡山HIP SHOT
5月21日(日) 仙台Rensa
5月23日(火) 山形ミュージック昭和Session
5月25日(木) 盛岡CLUB CHANGE WAVE
5月27日(土) 秋田 Club SWINDLE
5月28日(日) 青森Quarter
6月02日(金) PENNY LANE24
6月03日(土) PENNY LANE24
6月10日(土) 和歌山SHELTER
6月11日(日) 滋賀U-STONE
6月13日(火) KYOTO MUSE
6月15日(木) 神戸VARIT.
6月17日(土) 奈良NEVERLAND
6月18日(日) なんばHatch
6月22日(木) LiveHouse 浜松窓枠
6月23日(金) Zepp Nagoya
6月25日(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
7月01日(土) 鹿児島CAPARVO HALL
7月02日(日) 福岡 DRUM LOGOS
7月04日(火) 大分 DRUM Be-0
7月08日(土) 那覇桜坂セントラル
7月14日(金) HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
7月15日(土) 水戸LIGHT HOUSE
7月17日(月・祝) 豊洲PIT

【関連リンク】
SCANDAL オフィシャルHP
SCANDAL、ベストアルバム収録曲になるファン投票結果発表!
SCANDAL、結成10周年記念ライブが映像化
SCANDAL、結成10周年ライブにてベスト盤リリースと47都道府県ツアー開催を発表

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1