歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年11月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
SuG、「VersuS」東京公演初日は“極悪SuG”がアグレッシヴにパフォーマンス
Sun, 27 Nov 2016 17:00:00 +0900
11月26日(土) @東京 品川インターシティホール (okmusic UP\'s)

SuGが11月26日、全国ツアー『SuG VersuS 2016 EXTRA』東京公演2DAYSの初日公演を開催した。

【その他の画像】SuG

ダークでゴシックな“極悪SuG”とポップでカラフルな“極彩SuG”という対照的なコンセプトでライブを行い、その盛り上がりを競うというコンセプトライブ「VersuS」。衣装から演出、セットリストまで何一つとして同じものがない2DAYS公演を開催し、それぞれの公演で歓声のボリュームを計測、どちらが盛り上がったかをガチンコで白黒つけるという前代未聞の対決型ライブだ。

第3回となる今回は、これまで東京・大阪のみでの開催だった「VersuS」を拡大し、全国ツアー『SuG VersuS 2016 EXTRA』として開催。ツアーを通じての勝者には、CDをリリースする権利が与えられる。

さらに今年の「VersuS」は、SuGが2016年にリリースした2枚のミニアルバムを掲げたツアーでもある。初期衝動や思春期の儚さをテーマとした1stミニアルバム『VIRGIN』と、必要悪やアンチテーゼをテーマとした2ndミニアルバム『SHUDDUP』。それぞれのミニアルバムのコンセプトと“極彩SuG”/“極悪SuG”が対応しており、例年以上に見どころの多いライブとなっている。

東京公演2DAYSの初日を飾ったのは、“極悪SuG”。その名の通りのキラーチューン「KILL KILL」で幕をあけると、オーディエンスからも「KILLしたい」のシンガロングが沸き起こり、早くも会場のボルテージは最高潮に。“極悪”らしくアグレッシヴにオーディエンスを煽り、「MISSING」、「BLOODY MARY」、「SCREAM IT LOUDER」、「HELLYEAH」など、“極悪”らしいダークでハードコアな楽曲を次々と展開。それに応えるオーディエンスの熱量と歓声も最後まで勢いを増し続け、この日は累計305dbpt.(デシベルポイント)を記録した。翌日の東京公演2日目は、“極彩SuG”による公演となる。

■『SuG VersuS 2016 EXTRA』特設サイト
https://sug-web.jp/pages/versus2016

■『SuG VersuS 2016 EXTRA』

11月12日(土) 大阪 松下IMPホール【極悪】
11月13日(日) 大阪 松下IMPホール【極彩】
11月19日(土) 福岡 DRUM SON【極悪】
11月20日(日) 熊本 B.9 V2【極彩】
11月22日(火) 愛知 名古屋E.L.L(Electric Lady Land)【極悪】
11月23日(水・祝) 愛知 名古屋E.L.L(Electric Lady Land)【極彩】
11月26日(土) 東京 品川インターシティホール【極悪】
11月27日(日) 東京 品川インターシティホール【極彩】
12月03日(土) 宮城 仙台MACANA【極悪】
12月04日(日) 山形 ミュージック昭和Session 【極彩】
12月16日(金) 広島 Cave-Be【極悪】
12月17日(土) 岡山 IMAGE【極彩】
12月22日(木) 新潟 CLUB RIVERST【極悪】
12月23日(金・祝) 長野 松本ALECX【極彩】
12月26日(月) 京都 MOJO【極悪】
12月27日(火) 兵庫 神戸VARIT.【極彩】
12月30日(金) 東京 豊洲PIT【極悪/極彩】

【関連リンク】
SuG オフィシャルHP
SuG、『VersuS』ツアーファイナルは「極悪 vs 極彩」
SuG、増田セバスチャン監督の新曲「KILL KILL」MV解禁!
SuG、ダークな質感の新アー写公開&新曲がパスラボ山形ワイヴァンズのオフィシャル曲に!

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

サイダーガール、ツアーファイナルで自主企画イベントの開催を発表
Sun, 27 Nov 2016 16:00:00 +0900
11月26日(土)@代官山UNIT  (okmusic UP\'s)

サイダーガールが11月26日(土)に代官山UNITにて開催した『サイダーガールツアー2016 サイダーのゆくえ -DIORAMA-』のツアーファイナルで、2017年4月に自主企画イベントを開催することを発した。

【その他の画像】サイダーガール

ライブはYurin(Vo&G)の「サイダーガールはじめます!」のかけ声から、この夏、より多くのフェスで披露されてきた「空にこぼれる」でスタート。駆け上がるようなリズムと音の壁で会場のテンションを一気に上げ、間髪入れずに彼らの出世作「ドラマチック」へと続いていく。

MCで「今年は曲をたくさん作って、今年に入って3枚ミニアルバムをリリースしていて、サイダーガールの曲だけでワンマンができるのはたくさんの人達が聴いてくれて、集まってくれたみんながいるおかげだと思います。精一杯歌って演奏しますので聴いていってください!」と感謝を語り、「今回の2枚のミニアルバムはライブのことを考えて作った楽曲」と話すYurin。楽曲自分たちの内側に秘めていたメッセージをまとめた“インサイダー”、自分たちが外に発信していきたいメッセージをまとめた“アウトサイダー”というコンセプトをもとに作られた楽曲を次々と披露し、アップテンポ〜ミドル〜バラードまで変幻自在の炭酸系サウンドの幅を大きく広げたことを証明していく。本編最後の「ラスト」では会場の大合唱の元、温かな空気に包まれて終了した。

アンコールのステージでは知(Gt)が「バンドを結成して2年半くらい経って、ボーカロイドを使って音楽を作り始めてからは5年経つんですけど、ずっとバンドやりたくて、メンバー集めてバンド作ってこうやってワンマンできてすごく嬉しいです。ありがとうございました」と嬉しそうに語った。

サイダーガールは2017年4月自主企画『CIDER LABO VOL.4』が渋谷クラブクアトロで決定! チケットプレオーダーは11月29日(火)12:00にスタートする。

【セットリスト】
01.空にこぼれる
02.ドラマチック
03.夢が醒めたら泡になる
04.モラトリアムさん
05.オーバードライブ
06.ストロボ
07.夜が明けるまで
08.月に唄えば
09.魔法
10.パズル
11.アイヴィー
12.橙の行方
13.恋のすべて
14.スワロウ
15.アジサイ
16.ベッドルームアンドシープ
17.ラスト
アンコール1.雨と花束
アンコール2. NO.2
アンコール3.群青

■自主企画イベント『CIDER LABO VOL.4』

4月22日(土) 渋谷CLUB QUATTRO
開場 17:00/開演 18:00
チケット前売り¥3,300
チケットプレオーダー 11月29日(火)12:00〜12月5日(月)23:59
http://eplus.jp/cidergirl/

【関連リンク】
サイダーガール オフィシャルHP
サイダーガール、ミニアルバムリリースを記念したスタジオライヴ生放送が決定!
サイダーガール、11月発売のミニアルバムより「スワロウ」MVを公開
サイダーガール、新曲「オーバードライブ」タイアップ決定&リリースツアーゲストにyonige・cinema staff

【関連アーティスト】
サイダーガール
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

浜野謙太(在日ファンク)がテレビ東京『音流 〜ONRYU〜』12月MCを担当
Sun, 27 Nov 2016 15:00:00 +0900
浜野謙太(在日ファンク)×タカハシマイ(Czecho No Republic) (okmusic UP\'s)

在日ファンクの浜野謙太が音楽トーク番組『音流 〜ONRYU〜』の12月のMCを担当することが発表された。

【その他の画像】在日ファンク

音楽トーク番組『音流 〜ONRYU〜』(テレビ東京)のレギュラーMCである怒髪天の増子直純が11月から12月までの期間に上演されるステキロックオペラ「サンバイザー兄弟」に集中することを理由に11月から2017年1月放送分の番組MCを休むことになった。番組では、その期間を月代わりに新たな番組MCを配役することにし、11月は音楽に精通しているお笑いタレントのバイきんぐ小峠英二が担当し、12月は在日ファンクの浜野謙太が担当することが決定した。浜野独自のキャラクターとファンク全開なキャラクターにタカハシマイとゲストの反応が楽しみである。尚、今後のMC情報は追って発表する。

【コメント】
■在日ファンク・浜野謙太コメント
「僕も番組MCはあんまりやったことがなくて、唯一やらせていただきました番組は小峠さんと同じで光の速さで終了しました。。。スタッフからは楽しんで進行してくださいと言われたんですが、照れることなく本気でやりたいです。タカハシマイちゃんとお酒を飲みながら話せるという。。。それだけは元を取るつもりで楽しもうと思います(笑)。僕のコーナー「ファンクな代理店長のお悩み相談室」もあるということで驕ることなく気をつけたいと思います。人となりを掘り下げるということで、自分のエピソードも交えながらガンガン掘り下げていきたいと思います」

■怒髪天・増子直純コメント
「代理店長2人目はハマケン! 今や売れっ子俳優だしバラエティにも引っ張りだこの人気者だけど、バンドマンだし元ご近所さんだし気心知れてるから任せやすいね。俺の希望としては是非とも厳ついゲスト来ていただいて取りつく島も無くビクビクしてるハマケンが見たい(笑)あとダンスがキレッキレなのでマイちゃんに披露してあげて欲しいな。とにかく一年の締めくくりの一カ月を宜しく頼んだよ!」

【関連リンク】
在日ファンク オフィシャルHP
在日ファンク、ロックバンド“チャン・ギハと顔たち”との日韓スプリットツアーを開催
在日ファンク、レコ発ツアーの東京追加公演が急遽決定
在日ファンク、スペシャル対談記事&LP発売記念イベントの告知動画を公開

【関連アーティスト】
在日ファンク
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

Brian the Sun、『SUPER SOCCER』12月・1月エンディングテーマを担当
Sun, 27 Nov 2016 14:00:00 +0900
Brian the Sun (okmusic UP\'s)

Brian the Sunの新曲「パトスとエートス」がTBS系テレビで放映中の『SUPER SOCCER』の12月・1月エンディングテーマに決定した。

【その他の画像】Brian the Sun

新曲「パトスとエートス」は2017年1月11日に発売されるメジャー1stアルバムのリード曲として収録され、同曲のミュージックビデオも同番組のエンディングで放映される。

また、新進気鋭の美術作家・堀越達人氏が手掛けた、アルバムのジャケット写真も公開された。

2017年に結成10周年を迎えるBrian the Sun、今後の活動にも注目が集まる。

■アルバム『パトスとエートス』

2017年1月11日発売
【DVD付初回生産限定盤】
ESCL-4782〜3/¥3,333+税
【通常盤】
ESCL-4784/¥2,700+税
<収録曲>
■CD
01.Impromptu
02.Physalia
03.パトスとエートス
04.HEROES
05.Cold Ash
06.Maybe
07.アイロニックスター
08.Cloudy #2
09.Mitsuhide
10.Hi-Lite
11.月の子供
■DVD ※初回生産限定盤のみ
・2016年6月〜7月に行われた全国18本のツアードキュメンタリー
・渋谷クアトロ LIVE映像
・「しゅがーでいず」ミュージックビデオ

【関連リンク】
Brian the Sun オフィシャルHP
Brian the Sun、2017年1月にアルバム『パトスとエートス』リリース決定
メンバーが料理対決!? Brian the Sun×『甘々と稲妻』コラボ特番放映決定
Brian the Sun、イトヲカシやヒトリエなど秋のツアーのゲストを発表

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

丸本莉子、自身初となるオフィス・ライブを敢行
Sun, 27 Nov 2016 13:00:00 +0900
11月25日(金)@GYAO本社 (okmusic UP\'s)

丸本莉子が11月25日(金)に紀尾井町のGYAO本社のオフィスにてアコースティックライブを行なった。

【その他の画像】丸本莉子

オフィス街広場でのランチライブなど、働く人々を対象とした公演は他にも数多く行われてきたが、今回のライブ会場は社員以外出入りの出来ない“本物のオフィス”。インディーズ時代から様々な場所で歌い、メジャーデビュー後も「丸本莉子ライヴワーク2016〜1万人との癒し旅〜」と銘打って全国各地で歌ってきた丸本にとっても初の試みとなるライブとなった。

「新社屋引っ越しおめでとうございます」ーー冒頭、ギターを抱えた丸本が集まった60名ほどの社員を前に挨拶をする。実は、GYAOは9月に現在の紀尾井町へと引っ越しを終えたばかり。まだ真新しさの残るオフィスの一角で「フシギな夢」からライブはスタートした。時刻は15時。勤務中のオフィスに丸本の歌声が響き渡り、作業中の手を止めて思わず聴き入る社員の姿も数多く見られた。

「広島出身の人はいますか?」「26歳の人は?」集まったオーディエンスに語りかけ、場を和らげる丸本。続く「ココロ予報」では、時にオフマイクで“大丈夫”と励ますように歌い、癒しの声でオフィスを優しく包み込む。すっかり和んだ社員の手拍子を受けて「ガーベラの空」を歌うと、次は中島みゆきの「糸」のカヴァーを披露。これは12月21日(水)リリースの3rdミニアルバム『誰にもわからない〜何が幸せ?〜』の収録曲だが、有名曲のカヴァーということもあって、丸本の歌唱力が再確認出来るカタチとなった。

最後に歌うのは、11月30日(水)にミニアルバムに先行して配信リリースされる新曲「誰にもわからない」。それまでの和やかな楽曲とはテイストを変え、訴えかけるような真剣な表情で楽曲を披露。集まったオーディエンスは丸本の歌声に引き込まれるように楽曲に聴き入っていた。

ライブが終わり、社員から花束を贈呈された丸本は最後に「私は普段お花を枯らしてしまうような女子ですけど、これは枯らさないように頑張ります!」と冗談を交えて挨拶。その表情からは今回のライブの十分な手応えが感じられた。

自身初となった丸本莉子のオフィス・ライブ。今後も様々なオフィスで是非、続けていって欲しい。なお、丸本莉子は12月29日(木)に渋谷Mt.RAINIER HALLでのワンマンライブ『丸本ん家(ち)へようこそ〜ぷれぜんとふぉーゆー2016〜in 東京』が決定している。

■GYAO! 「誰にもわからない」MV完全版
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10159/v0994000000000543306/

■【リリース情報】

配信シングル「誰にもわからない」
2016年11月30日(水)発売
iTunes、レコチョク、他音楽配信サイトにて配信

3edミニアルバム『誰にもわからない〜何が幸せ?〜』
2016年12月21日(水)発売
VICL-64628/¥1,800+税

■【ライブ情報】

「丸本ん家(ち)へようこそ〜ぷれぜんとふぉーゆー2016〜」
2016年 12月 3日(土) 広島県 BLUE LIVE 広島
OPEN 18:00 / START 18:30

「丸本ん家(ち)へようこそ〜ぷれぜんとふぉーゆー2016〜 in 東京」
2016年 12月 29日(木) 東京都 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
OPEN 18:30 / START 19:00

【関連リンク】
丸本莉子 オフィシャルHP
丸本莉子、カンヌ受賞監督と初タッグ!「誰にもわからない」MV完全版公開
丸本莉子、浜崎貴司(FLYING KIDS)とのセッションで新曲「誰にもわからない」を初披露
丸本莉子、カープファンの間で今注目の的に!

【関連アーティスト】
丸本莉子
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ササノマリイ、スライムシンセサイザーとのコラボツイキャス配信決定
Sun, 27 Nov 2016 12:00:00 +0900
ササノマリイ (okmusic UP\'s)

11月30日にソニーミュージック アソシエイテッドレコーズよりメジャー移籍初シングル「タカラバコ」をリリースするササノマリイ。同シングルの発売を記念し、発売前日の11月29日21時よりツイキャスにてスライムシンセサイザーとのコラボセッション動画にて収録曲「透明なコメット」をライブ配信することを発表した。

【その他の画像】ササノマリイ

スライムシンセサイザーとは、第18回文化庁メディア芸術祭でエンターテインメント部門新人賞を獲得した作品。スライムを触る場所や変形させることで音が変わる不定形のシンセサイザーだ。作者の1人であるドリタがササノマリイの世界観と融合された実験的ライブセッション映像が配信される。

そして、シングル「タカラバコ」のクロフェードが現在公開中だ。TVアニメ「夏目友人帳 伍」オープニングテーマに抜擢され3000枚のカットをプリントアウトして構成されたミュージックビデオ「タカラバコ」に加え、収録曲の「透明なコメット」、「バイバイ」とササノマリイによるピアノ即興などが視聴できる。

■ササノマリイ ツイキャスアカウント
http://api.twitcasting.tv/nekobolo

■「タカラバコ」クロスフェード
https://youtu.be/OUgjWdBsLi8

■「タカラバコ」ミュージックビデオ
https://youtu.be/CwCl6lWqb2o

【関連リンク】
ササノマリイ オフィシャルHP
ササノマリイ、「タカラバコ」のMVは3000枚のカットを自ら再構築
ササノマリイ、アニメ『夏目友人帳 伍』OP曲「タカラバコ」のアートワーク公開
ササノマリイ、アニメ『夏目友人帳 伍』OP曲となるシングル「タカラバコ」でメジャー移籍

【関連アーティスト】
ササノマリイ
【ジャンル】
J-POP

ENTHRALLSのリリースイベントにSchroeder-Headzとpaioniaの出演が決定
Sun, 27 Nov 2016 11:00:00 +0900
ENTHRALLS (okmusic UP\'s)

2017年1月14日に下北沢SHELTERで開催される、ENTHRALLSが初のアルバム『TEXTURE,MOISTURE』のリリースを祝したイベントに、Schroeder-Headzとpaioniaの出演が決定した。

【その他の画像】Schroeder-Headz

Schroeder-Headzは数多くの著名ミュージシャンのサポート・キーボーディストとして活躍する、渡辺シュンスケによるポスト・ジャズ・プロジェクト。一方のpaioniaは確かな演奏力と繊細な楽曲で着実な活動を続ける、福島県出身の高橋勇成(Vo&Gt)と菅野岳大(Ba)から成るロックバンド。そんな異色の3バンドが揃う自主企画となるリリース・イベントには、『sympathy』というタイトルが掲げられている。

また、リリースツアーのファイナルでもある東名阪ワンマン公演のチケット先行販売が開始となった。ぜひこのリリースツアーに足を運んで、タイトルに込められた“浸透”を実感してほしい。

■【ライブ情報】

『ENTHRALLS presents【sympathy】』
1月14日(土) 下北沢SHELTER
出演:ENTHRALLS/Schroeder-Headz/paionia

『ENTHRALLS 1stアルバム『TEXTURE,MOISTURE』リリースツアー “浸 透 2017”』
2月10日(金) 仙台FLYING SON
2月11日(土) 盛岡the five morioka
2月16日(木) 福岡Queblick
2月17日(金) 小倉FUSE
3月03日(金) 広島4.14
3月04日(土) 岡山CRAZYMAMA 2ndRoom
3月10日(金) 金沢vanvanV4
3月11日(土) 富山Soul Power

『「TEXTURE,MOISTURE」リリースツアーファイナル ワンマンライブ「 浸 透 」 』
3月26日(日) 名古屋CLUB ROCK\'N\'ROLL
3月31日(金) 心斎橋Pangea
4月22日(土) 渋谷TSUTAYA O-nest

【関連リンク】
ENTHRALLS オフィシャルHP
ENTHRALLS、最新アルバムリード曲「ロンリーガール」をモチーフにした短編小説公開&48時間限定フル視聴スタート
ENTHRALLS、2017年全国ツアー開催決定&初のフルアルバムより「496km」のMV公開
ENTHRALLS、初のフルアルバムをリリース決定&SPOT映像と新アー写公開

【関連アーティスト】
Schroeder-Headz, paionia, ENTHRALLS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

忘れらんねえよ、12月25日にクリスマスを意識しない『ツレ伝X』開催!?
Sat, 26 Nov 2016 19:00:00 +0900
「ツレ伝X 〜俺達はXmasなど意識してない〜」ロゴ (okmusic UP\'s)

忘れらんねえよが12月25日(日)に年内最後の2マンツアー『ツレ伝』を行うことを発表した。

【その他の画像】忘れらんねえよ

『ツレ伝』とは、忘れらんねえよが主催する2マンツアーのことで、忘れらんねえよが敬愛してやまない先輩・友達・後輩を招いて行われるもの。2016年は『ツレ伝ツアー2016』『ツレ伝サマー』を開催し、公演はSOLD OUTが続出している。

2016年内最後となる今回は『ツレ伝X〜俺達はXmasなど意識してない〜』とのことで、21世紀の日本文化に警鐘を鳴らすような、忘れらんねえよらしいタイトルである。なお、対バンは12月18日発表予定。

また、チケットを購入すると当日「全くXmasなど意識していないプレゼント」が付いてくるとのことだ。会場は下北沢Club Queとのことで、即完が予想される。

■忘れらんねえよ主催『ツレ伝X 〜俺達はXmasなど意識してない〜』

12月25日(日) 下北沢CLUB Que
開場 18:00/開演 18:30
チケット:前売り¥3,500 税込 (全くXmasなど意識していないプレゼント付き)
ツレ(対バン):12月18日発表予定

<忘れらんねえよ オフィシャルチケット先行>
http://w.pia.jp/t/tsureden/
受付期間:11/26(土)0:00〜11/27(日)23:59
■チケット一般発売:12月3日(日)

【関連リンク】
忘れらんねえよ オフィシャルHP
忘れらんねえよ、川口潤が手掛ける「眠れぬ夜は君の名をググるよ」のMV公開
忘れらんねえよ、ミニアルバム『俺よ届け』を定額音楽配信サービスにて配信スタート
忘れらんねえよ、自身初のZepp公演にて日比谷野音を含むワンマンツアー開催を発表

【関連アーティスト】
忘れらんねえよ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

NICO Touches the Walls、大阪城ホールライブBlu-ray&DVD発売決定
Sat, 26 Nov 2016 18:00:00 +0900
NICO Touches the Walls  (okmusic UP\'s)

NICO Touches the Wallsが2017年3月15日に『NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016 “渦と渦 〜西の渦〜”LIVE Blu-ray/DVD 2016.05.06@大阪城ホール』をリリース! また、2017年ツアーの日程が発表された。

【その他の画像】NICO Touches the Walls

DVD完全生産限定盤にはphoto book とBonus DVD「光坂対、走る。」Directed by 古村大介という約1時間にわたる非常に気になる内容が収録される。

また、『NICO Touches the Walls TOUR 2017』も発表となった。2017年2月21日のHEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3を皮切りに、4月30日のロームシアター京都まで全国20か所を回る。こちらの全国ツアー特別先行予約シリアルナンバーが11月30日発売シングル「マシ・マシ」(初回生産限定盤・通常盤)に封入されているので、申し込み逃しのないように!!

■【リリース情報】

Blu-ray『NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016 “渦と渦 〜西の渦〜” LIVE Blu-ray 2016.05.06@大阪城ホール』
2017年3月15日発売
KSXL235/¥6.000+税

DVD『NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016 “渦と渦 〜西の渦〜” LIVE DVD 2016.05.06@大阪城ホール』
2017年3月15日発売
【完全生産限定盤】(2DVD+photo book)
KSBL6263〜4/¥7,000+税
※Bonus DVD「光坂対、走る。」Directed by 古村大介
【通常盤】
KSBL6265/¥5.200+税

■『NICO Touches the Walls TOUR 2017』

2月21日(火) HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
2月24日(金) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2月25日(土) 松江canova
3月05日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
3月11日(土) 長野CLUB JUNK BOX
3月12日(日) 金沢EIGHT HALL
3月15日(水) 松坂M\'AXA
3月17日(金) 和歌山GATE
3月19日(日) 大阪オリックス劇場
3月25日(土) 高松MONSTER
3月26日(日) 松山サロンキティ
4月01日(土) NHKホール
4月02日(日) NHKホール
4月07日(金) 秋田Club SWINDLE
4月08日(土) 山形ミュージック昭和SESSION
4月15日(土) 熊本B.9 V1
4月16日(日) 佐賀GEILS
4月21日(金) 札幌PENNY LANE 24
4月22日(土) 旭川 CASINO DRIVE
4月30日(日) ロームシアター京都

【関連リンク】
秋の紅葉とマッチしそうな、心にじんわり響く5曲
NICO Touches the Walls、「マシ・マシ」DVDでバレーボールに挑む!?
NICO Touches the Walls、新曲「マシ・マシ」MVで全日本男子バレー選手が華麗にアタック!
NICO Touches the Walls、シングル「マシ・マシ」先行配信記念LINE LIVEでフルMVを解禁!

【関連アーティスト】
NICO Touches the Walls
【ジャンル】
ジャパニーズロック

黒川ティム(PrizmaX)、14年ぶりに舞台出演決定!
Sat, 26 Nov 2016 17:00:00 +0900
PrizmaX 黒川ティム (okmusic UP\'s)

PrizmaXのメインボーカルとして活躍中の黒川ティムが舞台『「シェイクスピア物語」〜真実の愛〜』に出演することが発表された。

【その他の画像】PrizmaX

黒川ティムとっては、12歳の時にヤングシンバ役で出演した劇団四季「ライオンキング」以来14年ぶりのミュージカル出演となる。年末年始に贈る世界で一番美しい真実の愛の物語・名作「ロミオとジュリエット」がなぜ生まれたのか…シェイクスピア没後400年にあたる2016年の“最後の哀しくも真実のファンタジックな愛”に溢れる舞台『「シェイクスピア物語」〜真実の愛〜』をぜひチェックしてみてほしい。

■舞台『「シェイクスピア物語」〜真実の愛〜』

演出:佐藤幹夫
脚本・上演台本:元生茂樹、福山桜子
東京・大阪公演主催:「シェイクスピア物語」公演実行委員会
名古屋公演主催:中日劇場

■出演
上川隆也//観月ありさ//五関晃一/藤本隆宏/小川菜摘/和泉崇司、嶋尾康史、松尾敏伸、黒川ティム、我善導、小林亮太/大坪貴史、岡島翼、西山康平、山口のりとも、優志/黒田こらん、香田沙織、小宮絵里、鈴木晶子、成沢愛希、星野匠美、麻鈴、Anna/秋野太作/十朱幸代
※黒川ティムが演じるエドワード・パーシーはアドミラル一座の女形。「ロミオとジュリエット」ではジュリエットを演じる。

■会場/公演日時  
<横浜公演=全8公演>
KAAT神奈川県芸術劇場(神奈川県横浜市中区山下町281)
12月23日(金・祝)12時30分
12月24日(土)(1)12時30分/(2)17時00分
12月25日(日)12時30分
1月07日(土)(1)12時30分/(2)17時00分
1月08日(日)12時30分
1月09日(月・祝)12時30分
<大阪公演=全3公演>
梅田芸術劇場メインホール(大阪府大阪市北区茶屋町19-1)
1月21日(土)(1)12時30分/(2)17時00分
1月22日(日)12時30分
<名古屋公演=全2公演>
中日劇場(愛知県名古屋市中区栄4-1-1)
1月28日(土) (1)12時30分/(2)17時00分

チケット一般発売日:2016年12月11日(日)午前10時より
チケット料金: S席9,500円 A席8,000 円 (全席指定・税込)

【関連リンク】
『「シェイクスピア物語」〜真実の愛〜』公式HP
森崎ウィン(PrizmaX)、実写ドラマ『東京女子図鑑』出演決定
PrizmaX、森崎ウィン(Vo)帰国後初のワンマンを終えたメンバーからコメントが到着!
PrizmaX 島田翼、連載「WetCrate」第5回で"変態的"なレコードを語る!

【関連アーティスト】
PrizmaX
【ジャンル】
J-POP

ゆず、『CDTV』ゲスト出演時の映像をパッケージ化
Sat, 26 Nov 2016 16:00:00 +0900
DVD「CDTV スーパーリクエストDVD〜ゆず〜」 (okmusic UP\'s)

ゆずが『CDTV』に出演したゲストライブを番組登場順に収録したDVDを2017年1月25日に発売することが決定した。

【その他の画像】ゆず

放送開始から20年以上に渡り、ミュージックシーンの最新情報をランキング形式で伝え続けている『CDTV』が、ついにDVDとして登場! ファンの熱いリクエストに応え、ゆずの珠玉のゲストライブを厳選収録し、時代を彩った名曲の数々を番組登場順に展開されている。更にゆずが、自らの楽曲を振り返るスペシャルビジュアルコメンタリーも特典映像として緊急収録! ゆずの軌跡と魅力が凝縮された完全永久保存版。

■DVD『CDTV スーパーリクエストDVD〜ゆず〜』

2017年1月25日発売
DQB-72/¥4,500+税
<収録曲>
・春風(2007.3.17 O.A.)
・Yesterday and Tomorrow(2008.6.28 O.A.)
・逢いたい(2009.5.2 O.A.)
・虹(2009.9.12 O.A.)
・慈愛への旅路(2010.9.4 O.A.)
・Hey 和(2011.1.29 O.A.)
・翔(2011.12.3 O.A.)
・with you(2012.5.26 O.A.)
・また明日(2012.8.4 O.A.)
・REASON(2013.1.12 O.A.)
・イロトリドリ(2013.5.11 O.A.)
・雨のち晴レルヤ(2013.11.16 O.A.)
・栄光の架橋(2013.12.31 O.A.)
・少年(2013.12.31 O.A.)
・雨のち晴レルヤ(2013.12.31 O.A.)
・ヒカレ(2014.2.15 O.A.)
・虹(2014.12.31 O.A.)
・ヒカレ(2014.12.31 O.A.)
・OLA!!(2015.4.18 O.A.)
・終わらない歌(2015.8.15 O.A.)
・いつか(2015.12.31 O.A.)
・かける(2015.12.31 O.A.)

【関連リンク】
ゆず オフィシャルHP
ゆず、20 周年目前の独占インタビュー&未公開シーン含む東京ドーム公演予告映像公開
ゆず、「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」をテレビで初披露
ゆず、東京ドーム公演に向けた最新アー写公開&過去のドームライブ映像が配信開始

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

ユニコーン、観ごたえ聴きごたえたっぷりのツアー本公演最終日が大団円
Sat, 26 Nov 2016 15:00:00 +0900
11月23日@中野サンプラザホール (okmusic UP\'s)

ユニコーンの全国ツアー『第三パラダイス』本公演最終日が、11月23日に中野サンプラザホールにて行なわれた。

【その他の画像】ユニコーン

2年5ヶ月ぶりのニューアルバム『ゅ 13-14』を携え、ツアー“第三パラダイス"全国縦断中のユニコーン。ツアーの本公演最終日を迎えたここ中野サンプラザは、バンドとしてはかなり久しぶりの場所なんだとか。車のナンバーがモチーフになったアルバムタイトルということで、ステージは外国(勝手にメキシコっぽいなぁなどと推測して楽しんでる)の道路をイメージしたセットになっている。そこへ白のツナギで出てきたメンバー。一曲目から面白い仕掛けをしてくるのだが、そのあたりは見てのお楽しみということで。

「こんばんは! ユニコーンです。今日は(中野サンプラザが)久しぶりなんで、わりとユニコーンの曲を中心にやっていこうと思います」

こんな奥田の脱力系MCに笑いが起こる。メニューはもちろんすべてユニコーンの曲(笑)、ニューアルバムが中心だ。そういえば、今作にもメンバー全員のヴォーカル曲が収められているのだが、それが例のごとく異なる個性を放っていて、セットリストの中のスパイスとなっている。たとえば手島の「オーレオーレパラダイス」は往年のグループサウンズを彷彿とさせるし、手島作詞曲、川西歌唱の「僕等の旅路」は、フォークからニューミュージック(懐かしい…!)世代の心を大いにくすぐるし、EBIの「道」は、ヴォーカルが入っていながらイージーリスニング的な心地よさがある。それらの曲が、抒情的かつ革新的なABEDON曲、泰然とした佇まいで心の琴線を揺らす奥田曲と絶妙なコントラストを作り出すのだ。

シングル曲「エコー」からの後半は「TEPPAN KING」を始めとした、ステージと客席が一緒になって盛り上がれる曲をメインに構成されていて、エンディングへ向けて場内の熱量がぐんぐん上がっていくのを体感した。そして最後の「風と太陽」で、優しくクールダウン。毎回ライブを見るたびに思うけれど、ユニコーンのライブは、本当にいろんな味わいのある、素材にこだわった幕の内弁当のような盛り沢山さがあるよな、と感じた。

アンコールに関しては、こちらもまたお楽しみに、ということしか書けないのだけれど、ほんとにこの大人たちは……!と思いつつ、爆笑すること必至(もちろん楽曲もしっかり聴かせてくれるのでご安心を)。

さて、そんなツアー中の彼らから、12/7に新作の映像作品が届く。今年7/30、31に行なわれた“ABEDON50祭 サクランボー/祝いのアベドン"のライブだ。彼の地元・山形で行なわれたABEDONの50歳を祝うこのイベント、ユニコーンの演奏のみならずABEX GOGOのライブや氣志團による企画コーナー“アベストテン"(当日の映像に後日収録した座談会の音声を乗せたものになっているらしい)など、とにかく豪華で楽しくて観ごたえ聴きごたえたっぷりのライブだった。今作は、それらをじっくりと堪能できる仕上がりになっているので、観て聴いてツアーの余韻に浸るもよし、参加できなかった悲しみを解消するもよし。リリースまであと少し、期待をめいっぱい膨らませて待機したい作品だ。

Photo by 三浦憲治(Lightsome)
Text by 向出早那

【関連リンク】
ユニコーン オフィシャル
ユニコーン、最新映像作品の特設サイトにてファン垂涎のダイジェスト映像を公開!
ユニコーン、“50祭”の集大成『ABEDON50祭』がついに映像作品に!
ユニコーン、アルバムを引っ提げた全国ツアーがついにスタート!

【関連アーティスト】
ユニコーン
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

吉田山田、ツアー仙台公演は巨大ルーレットによるリクエストで幻の楽曲を披露
Sat, 26 Nov 2016 14:00:00 +0900
11月23日@宮城・仙台Rensa (okmusic UP\'s)

吉田山田がデビュー7周年を記念したツアー『吉田山田7周年記念7ヶ月7会場マンスリー企画「Over The Rainbowツアー」』の仙台公演を11月23日(水・祝)に宮城・仙台Rensaで開催した。

【その他の画像】吉田山田

この日のステージ上には「〜仙台 ミュージックカジノ〜」というタイトルにちなんで、楽曲名が書かれた大きなルーレットを設置。抽選で選ばれた観客にルーレットを回してもらい、出目に書かれた楽曲を演奏するという演出だ。さらにステージ目の前にVIP席が用意され、ルーレットを回した後はVIP席で堪能できる。これまで「〜福岡 クレイジーワンダーパレス〜」ではライブペインティング、「大阪 〜Trick or Trick〜」では仮装ありのハロウィンライブと趣向を凝らした演出を披露してきただけあり、この日の演出にも否応なしに期待が高まる。

暗転している中、開演時間になると吉田山田とBU-NI(Key)がステージに。歓声の中、山田義孝(Vo)がタンバリンを叩き始めるとすぐさま会場も手拍子で呼応する。「ハロー! 仙台! 『Over The Rainbowツアー』! 楽しむ準備はOK!?」「一曲目から飛ばしていくからついてきてね! よろしく!」とアップナンバー「押し出せ」からスタート。《押し出せ 押し出せ ネガティブ押し出せ》のフレーズに合わせて会場中が腕を押し上げ、吉田結威(Gu/Vo)も「頭から押し出せー!!」と会場を煽り、続く「未来」でもその手拍子は止まらず、のっけから白熱のライブを展開。キーボードの優しいイントロから「夏のペダル」へ。普段であれば、アップテンポなこの楽曲もバラードにアレンジされ、今年の8月20日に行われた「吉田山田祭り2016」を彷彿とさせるような演出に思わず会場も固唾を呑む。

「『Over The Rainbowツアー』〜仙台 ミュージックカジノ〜へ皆さんようこそ!」と改めて挨拶。ルーレットの演出の説明をしながら、「『メルのロボットの事』とかライブで1〜2回しかやったことないよね?」といった具合にルーレットに書かれているシングルのカップリング曲やアルバム曲、さらには音源化していない楽曲も含めて、なかなか披露されないレアな楽曲群に触れながらエピソードを語る。さらに出目にある"JACKPOT"を引き当てるとルーレット上にある楽曲だけでなく、彼らの全レパートリーの中から希望の楽曲を披露するということで会場からも歓声があがる。まずは試しにと山田がルーレットを回すと「春色バスと初恋ベンチ」で矢印が止まる。2ndアルバムの収録曲という早速選ばれた貴重な楽曲に会場からは歓声があがるも、ステージ上では必死に譜面をめくる三人の姿が。それもそのはず、この日は"JACKPOT"の演出上、全レパートリーを準備しておく必要があり、リハーサルからこの日までなみなみならぬ緊張感があったであろう。しかし曲が始まってしまえばそんな素振りは一切見せず、甘酸っぱい青春ソングに会場は温かな空気に包まれる。歌い終わると少しはにかんだような顔を浮かべながら「二人で缶詰になりながら何日も帰れずに作ったよね。」といったエピソードも飛び出した。「僕らにとっては子供たちみたいなものなのでそれぞれ性格がありながらも全部好きなんです。だからルーレットでよかったなと。自分で選べと言われても選べないので。」と曲への想いを語った吉田のルーレットは、デビューする前に吉田山田として一番最初に作った楽曲で、過去にライブ会場来場者へ特典CDとして配布されただけの、これまたレアな楽曲「サンシャイン」に止まる。ゆっくりと歌詞を紡ぐように歌い、二人の始まりとも言える歌に会場も耳を傾ける。続いてBU-NIの回したルーレットでは1stアルバム「と」に収録の「ダイジョーブ」に。吉田山田らしい真っ直ぐな言葉で綴られた応援ソングを歌い終え、いよいよ観客参加型のルーレットコーナーへ。

吉田の呼び込みと共に登場した抽選BOXにはチケットの半券が入れられ、その番号を二人が読み上げる。最初に番号を呼ばれた神奈川県から来たという20代女性。6年前に行なわれたイベントで二人を知ったという根っからの吉田山田ファン。出て欲しい楽曲のリクエストは「ララバイ」という彼女の出目は8thシングル「魔法のような」のカップリング曲「明日がくるよ」。見事選ばれた幸運な女性は、優しく歌う二人を緊張しながらVIP席で見届けていた。歌唱後は吉田から特注のピックをプレゼントというサプライズもあり、観客からも羨望の眼差しが送られる。続く兵庫県から来たという女性のルーレットの出目は4thシングル「約束のマーチ」のカップリング曲「光」。二人も思わず「最後に歌ったのいつだっけ?」というくらいのレアな楽曲のオンパレードに感嘆の声があがる。NHKみんなのうた「日々」をきっかけで知ったという地元・宮城在住の保育士からはデビュー曲「ガムシャランナー」のリクエストが。その出目はひとつ隣の「サンシャイン」に揺れ動き、カジノのようなスリルに会場も一緒に一喜一憂。同じ楽曲のため再挑戦するとそこには本日初の"JACKPOT"の出目が! 「持ってるねー!"JACKPOT"ということは?」の問いにはもちろんリクエストしていた「ガムシャランナー」で答える。奇跡のような瞬間を目の当たりにした会場は思わず大盛り上がり。その興奮の渦の中、「ガムシャランナー」では総立ちとなり、拳を突き上げる。札幌から来たというファンからはまたしても「ララバイ」のリクエストが。その想いが込められたルーレットの出目は、なんと「ララバイ」の一つ隣の「希望とキャンディ」へ。神様の悪戯のような展開に会場からブーイングが飛ぶも「出た曲が可哀想だろー!」という吉田のツッコミに会場から笑いが湧き上がる。それならばと「希望とキャンディ」をこの日だけの演出として即興でバラードバージョンにして披露。信頼の置ける三人だからこそできる演奏で会場を魅了する。最後のルーレットはインターネット動画でたまたま知ったという仙台在住の女性。会場の想いも乗せて回した彼女の出目はなんと再び"JACKPOT"へ! 会場のほとんどのファンが望んだであろう「ララバイ」を選び、会場からは大歓声が送られる。「ララバイ」はまだリリースされていないながらも、ライブだけでの披露でファンの心を虜にした楽曲。ルーレットコーナーの締めくくりに満を持して選ばれたこの楽曲に会場には思わず涙を流す人の姿も。

「楽しんでいただけているでしょうか?」「ここからはルーレットじゃなくて届けたい曲をお届けしたいなと思います!」と「てんてんてんて」から後半戦へ突入。会場のボルテージは一気に上がり再び観客は総立ちに。「そろそろ皆の声を聴かせて欲しいんだけど、一緒に歌ってくれますか!?」と「ツボミ」で大合唱に。山田もハープを吹きながら小気味良いリズムに合わせて手を叩く。「サンキュー仙台! まだまだイケるよね!?」と「イッパツ」へなだれ込み、山田がタオル片手に会場を煽ると、会場もタオルを回しながらそれに応える。声高らかに唄い、タオルを振り上げた会場は今日一番の盛り上がりを見せた。「昨日仙台に来たんだけど正直不安でした。でも来てみたらいい笑顔を見られてホッとしました。」この日の前日は東北地方で地震があり、その後に仙台入りした二人も抱えていた不安を吐露した。「今年47都道府県をツアーで回ってきて、日本中に行ったことない場所がないんですよ。最近その意味がわかるようになってきて。こんな言い方をするとあれだけど、自分たちの魂を置いてきたことに気付きました。7年目、8年目の架け橋になるツアーですけど、まだまだ足りないところも沢山あって。でもここにいるあなたに最高の背中を見せて歩いていきたいなって思っています。」と感謝と決意を述べた。「仙台で歌えることは僕らにとって改めて大事なことだと思います。」と真っ直ぐとファンに訴えかけるように「約束のマーチ」で締めくくった。

会場から送られた拍手はアンコールへと変わり、ライブTシャツに着替えた二人が再びステージに登場。山田の歌い出しから新曲「RAIN」を披露。本編ではなかなか披露してこなかったレアな楽曲を届け、アンコールでは発売前の新曲を届けるという嬉しい演出に会場からも喜びの拍手が。続けて彼らの代表曲「日々」を弾き語りで届けると、アンコールに応えて再びルーレットコーナーへ。歌い終えたばかりの「日々」で彼らを知ったという神奈川県から来た女性が最後のルーレットを回す。するとここ仙台も含め、過去に数回だけ披露されたという貴重な楽曲「泣き笑い」が出目に。これとない演出に会場から感嘆の声があがり、少し緊張しているように見えた二人もカジノという演出を見事に成功へと導いた。最後の力を振り絞り、会場を巻き込んだ「魔法のような」の大合唱で仙台公演の幕を閉じた。

「Over The Rainbowツアー」は来年の3月まで毎月1公演ずつ、全公演異なるセットリスト、演出で行なう。次回12月25日のクリスマスはラブソングを主軸に届ける〜渋谷 ラブソングシネマ〜が東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて行なわれる。既にチケットはソールドアウト。来年1月の愛知・愛知県芸術劇場公演は〜名古屋 ミステリアスマジックサーカス〜と題したライブで、ZIP-FMでオンエア中の期間限定レギュラーのラジオドラマ企画「月9ドラマを作ろう」の主題歌が披露される。他公演含めてチケットが残りわずかな公演もあるため早めにチェックしよう。

■【セットリスト】

01.押し出せ
02.未来
03.夏のペダル
04.春色バスと初恋ベンチ 【ルーレット:山田】
05.サンシャイン 【ルーレット:吉田】
06.ダイジョーブ 【ルーレット:BU-NI】
07.明日がくるよ 【ルーレット(1)】
08.光 【ルーレット(2)】
09.ガムシャランナー  【ルーレット(3)/JACKPOT】
10.希望とキャンディ 【ルーレット(4)】
11.ララバイ 【ルーレット(5)/JACKPOT】
12.てんてんてんて
13.ツボミ
14.イッパツ
15.約束のマーチ
〜アンコール〜
16.RAIN
17.日々
18.泣き笑い 【ルーレット(6)】
19.魔法のような

<ルーレット掲示楽曲>
ガムシャランナー/サンシャイン ※未発売楽曲・ライブ会場限定配布CD収録/頑張ることに決めた/希望とキャンディ/ララバイ ※未発売楽曲/HOME/ハローグッバイ/新しい世界へ/メルのロボットの事 ※未発売楽曲/愛するキミがそばにいる/キミに会いたいな/かさぶた/SMILE/ダイジョーブ/カケラ/Wonder/旅立ちの合図/地図にない路/ごめん、やっぱ好きなんだ。/泣き笑い ※未発売楽曲/一番星/メリーゴーランド/風と雲と虹/春色バスと初恋ベンチ/ラブレター/明日がくるよ/光/ルーとナンシー/
JACKPOT ×2
※ルーレット上にある楽曲だけでなく、彼らの全レパートリーから好きな楽曲をリクエスト可能

■『吉田山田7周年記念7ヶ月7会場マンスリー企画「Over The Rainbowツアー」』

〜渋谷 ラブソングシネマ〜
12月25日(日) 東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

<2017年>
〜名古屋 ミステリアスマジックサーカス〜
1月29日(日) 愛知・愛知県芸術劇場

〜札幌 ツートンカラー〜
2月19日(日) 北海道・札幌PENNY LANE 24
「Over The Rainbowツアー FINAL」

〜有明 コズミックダンスホール〜
3月25日(土) 東京・ディファ有明
※終了分は割愛

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田×ZIP-FM『ラジオドラマ』企画スタート! リスナーからの投稿を大募集
吉田山田、リスナーからの体験談をもとにZIP-FMと『ラジオドラマ』を制作
吉田山田、ハロウィンライヴで新曲「RAIN」初披露

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ボカロP・ナノウが待望の新曲をニコ動に投稿
Sat, 26 Nov 2016 13:00:00 +0900
「靴磨きとマリア」MV (okmusic UP\'s)

11月23日(水)にTVドラマ『黒い十人の女』主題歌「愛/憎」でメジャー・デビューを果たしたCIVILIAN(ex.Lyu:Lyu)のコヤマヒデカズ(Vo&G)のボカロPとしての別名義であるナノウが、約5年ぶりに新曲をニコニコ動画に投稿した。

【その他の画像】Lyu:Lyu

今回発表された新曲は「靴磨きとマリア」という、西洋童話調の世界観・イラストに『これぞコヤマヒデカズ』といった詞・曲が映えるファン感涙の作品となっている。レジェンドの帰還を喜ぶ声は多く、すでに弾幕状態となっているニコニコ動画のコメントには「おかえりなさい!」「嬉しすぎて泣いた」「本当にうれしいです泣」等のコメントの他、「CIVILIANメジャーデビューおめでとう!!」とメジャーデビューを祝福するコメントも相次いでいる。

新曲ではLyu:Lyu時代には行なわれていなかった、バンドとしてのナノウ楽曲の演奏も行なわれており、今回のメジャーデビューシングルにも、ミリオン再生を超える人気曲「3331」がCIVILIANバージョンとして収録されている。バンド名改名・メジャーデビューをきっかけに、話題の絶えない活動を展開し始めているCIVILIANの動きに今後も目が離せない。

■「靴磨きとマリア」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30101509

■「愛/憎」MV(short ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=aBTwLMORw7U

■シングル「愛/憎」

発売中
【初回盤】(CD+DVD)
SRCL-9240〜1/¥1,800(税込)
【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9242/¥1,200(税込)
<収録楽曲>
■CD(初回盤/通常盤共通)
1.愛/憎
※ドラマ『黒い十人の女』主題歌(読テレ制作/日テレ系)
※テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』11月度エンディングテーマ
2.LOVE/HATE/DRAMA
※愛/憎プロトタイプ
3.3331
※ニコニコ動画でのミリオン再生を記録した"ナノウ"のボカロ曲。
■DVD(初回生産限定盤のみ)
LIVE VIDEO from 2016.08.02(Tue.)『Lyu:Lyu INCIDENT619 vol.10"Lyu:Lyu → CIVILIAN"』
・Bake no kawa
・爽やかな逃走
・自室内復讐論

【関連リンク】
CIVILIAN オフィシャルHP
CIVILIAN、ドラマ『黒い十人の女』主題歌のMV完全版をGYAO!にて期間限定公開
LACCO TOWER主催『I ROCKS 2016』、出演アーティスト第二弾はircleやLyu:Lyuなど7組!
LACCO TOWER、ツアーファイナル2公演がソールド&11月に追加公演決定

【関連アーティスト】
Lyu:Lyu, ナノウ, CIVILIAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ボーカロイド

MUCC、20周年に向けて2017年1月に待望のニューアルバムをリリース
Sat, 26 Nov 2016 12:00:00 +0900
MUCC (okmusic UP\'s)

MUCCが2017年1月25日にニューアルバムをリリースする事が、11月25日に開催された『DANGER CRUE PRESENTS「COMMUNE Vol.2」』初日のZepp Tokyo公演にて本人たちの口から発表された。

【その他の画像】MUCC

気になるアルバムタイトルは『脈拍』。20周年を迎え、更にその先へと向かっていく、彼らの歩みを表すようなタイトルとなった。

収録曲は読売テレビ・日本テレビ全国ネット系『金田一少年の事件簿R』のオープニングテーマ「故に摩天楼」、そしてMBS/TBS系TVアニメ『七つの大罪 聖戦の予兆』のオープニングテーマ「CLASSIC」を含む全14曲。シングル「ハイデ」「CLASSIC」から引き続きアルバム全体のプロデュースをKen(L\'Arc〜en〜Ciel)が務めた。

初回盤DVDには、この為に録りおろしたアルバム『脈拍』への想いと20周年へ向かうにあたっての心境を語ったメンバーコメントとレコーディングのドキュメンタリー映像、更には先日MUCCの地元である茨城県水戸市で行なわれた野外Fes「MITO GROOVIN\'2016」の模様も収録されている。また初回生産限定豪華盤は60Pの写真集が同梱されたアートブック付きスペシャルパッケージとなっており、3000セット限定というプレミアムな仕様に。完売必至なのでぜひ予約してゲットして欲しい。

■アルバム『脈拍』

2017年1月25日発売
【初回生産限定豪華盤】(CD+DVD+Art Book)
AICL-3266〜3268/¥6,920+税
※3000セット限定販売
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
AICL-3269〜70/¥3,800+税
【通常盤】(CD only)
AICL-3271/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
全14曲入り
※「故に、摩天楼」(読売テレビ・日本テレビ全国ネット系「金田一少年の事件簿R」オープニングテーマ)、「CLASSIC」(MBS/TBS系TVアニメ「七つの大罪 聖戦の予兆」オープニングテーマ)収録
■初回盤DVD
1.アルバム『脈拍』への想い、20周年へ向かう心境を語るメンバーコメント&レコーディングドキュメンタリー映像
2.野外Fes「MITO GROOVIN\'2016」映像

【関連リンク】
MUCC オフィシャルHP
レギュラーバンドから初参加バンドまで! 『Tokyo Chaos 2016』開催決定!
『HALLOWEEN PARTY 2016』幕張2日目も、HYDE大暴れ!
深夜のパーティー!? 「MIDNIGHT PARTY ZOO 2016 〜Ken Birthday Special〜」開催決定

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

シンガロンパレード、“盗難に遭った記念”ワンマンを前に新曲のライブ映像を公開
Sat, 26 Nov 2016 11:00:00 +0900
シンガロンパレード (okmusic UP\'s)

シンガロンパレードが5thミニアルバム『素敵な不摂生』に収録されている新曲「ステキな不摂生」のライブ映像を初公開した。


【その他の画像】シンガロンパレード

2012年に京都で結成された3ピースバンド、シンガロンパレード。今年の1月に出演したライブイベントで、楽屋に置いていたバンドの経費やノートパソコンなど総額20万円を盗まれるという災難にみまわれていたが、このピンチすらチャンスに変え、グッドモーニングアメリカ主催の良音ツアーに参加し、『SUMMER SONIC 2016』にも出演するという快進撃を続けていた。そして、盗難に遭ったことを“記念”して、12月3日に東京・下北沢CLUB Queでは、初めての東京ワンマン公演に挑戦をするという。

そんな不屈の精神で、2017年ブレイク必至の彼等の今後の活躍に注目してほしい。

■「ステキな不摂生」ライブ映像
https://youtu.be/suLLjB08yVY

■シンガロンパレード presents「盗難にあった“記念”&「素敵な不摂生」リリースツアーファイナルワンマンライブ!」

12月03日(土) 下北沢CLUB Que
時間:開場18:30/開演19:00

【関連リンク】
シンガロンパレード オフィシャルHP
OLDCODEXのPainter YORKE.より自身のART BOOK VOL.2に関するコメントが到着!
夜の本気ダンス、メジャー1stシングルの魅力をメンバーが熱く語る作品紹介映像を公開
石川智晶が品川教会でライブ納め、2017年の新作リリースと年間ライヴ情報も発表

【関連アーティスト】
シンガロンパレード
【ジャンル】
ジャパニーズロック

いであやか、新ビジュアル公開&ONE OK ROCKの「Wherever you are」カバー映像を解禁
Fri, 25 Nov 2016 21:00:00 +0900
いであやか (okmusic UP\'s)

いであやかがオフィシャルHPのリニューアルと同時に新しいアーティスト写真を公開した。

【その他の画像】ONE OK ROCK

メジャーデビュー時は高校の制服姿で歌唱していた彼女も現在23歳。公開されたアー写は本格派女性シンガーとしての成長を感じさせる美しい仕上がりとなっている。また、リニューアルされたオフィシャルHPでは最新情報に加え、彼女自身のアート作品も随時アップされていく予定とのこと。

さらに、いであやかがライヴで披露したカバー曲であるONE OK ROCKの「Wherever you are」のスタジオ歌唱映像がYouTubeにてアップされた。ここ最近のライヴではセットリストにカバー曲を何曲か入れており、その中でもストレートな歌声とファルセットが絶妙なこの曲はファンの間でも評判に。今回の映像ではスタジオにてグランドピアノを弾き語るスタイルで熱唱する映像を見る事が出来る。ぜひチェックしてみよう。

■ONE OK ROCK「Wherever you are」カバー映像
https://youtu.be/BtT5gmp8KPI

■【イベント・ライブ情報】

『いであやかインストアLIVE&イルミネーション点灯式』
12月04日(日)  カリーノ宮崎前 Tーテラス
時間:start 15:00〜/17:00(イルミネーション点灯式)

『LIVE〜ピアノにあやかって〜』
12月17日(土)  下北沢SEED SHIP
出演:いであやか/坂本タクヤ/田島茜

【関連リンク】
いであやか オフィシャルHP
ワンオク、2年ぶりのニューアルバム『Ambitions』を1月にリリース!
ONE OK ROCK、11万人動員の渚園ライブを収めた「Taking Off」新MVを公開
ONE OK ROCKと同じステージに立つのは!? 全国アリーナツアーのSPゲストをオーディションで募集!

【関連アーティスト】
ONE OK ROCK, 井手綾香, いであやか
【ジャンル】
J-POP

TAKURO(GLAY)、1stソロアルバム発売記念イベントが急遽開催決定
Fri, 25 Nov 2016 20:00:00 +0900
TAKURO(GLAY) (okmusic UP\'s)

TAKURO(GLAY)が1stソロインストアルバム『Journey without a map』の発売を記念したイベントを開催することが急遽決定した。

【その他の画像】GLAY

12月7日(水)大阪 梅田クラブクアトロ、12月13日(火)東京 Gibson Brands Showroom TOKYOで開催予定のこのイベントでは、本作のアナログ盤の試聴とTAKURO本人のトークを予定。

本作制作に至るTAKUROの想い、制作時の秘話やこだわりのポイントなど、必聴の内容になることは間違いない。各会場ごとに参加方法が異なっているので、それぞれ確認のうえぜひこの貴重なイベントに参加してほしい。

■アルバム『Journey without a map』特設サイト
http://glay.co.jp/takuro_jwam/

■【アルバム『Journey without a map』発売記念イベント 詳細情報】

12月07日(水)  梅田クラブクアトロ
時間:19:00開場/19:30開演予定
12月13日(火)  東京 八重洲Gibson Brands Showroom TOKYO
時間:18:30開場/19:00開演予定

<参加方法概要>
12月14日発売のTAKURO「Journey without a map」(CD+DVD、CD Only、アナログいずれか)を、G-DIRECT及び指定店舗でご予約(ご入金)いただいた方から抽選でイベントに無料ご招待いたします。参加方法は各会場で異なりますので、公式サイトにてご確認ください。

■G-DIRECT予約者対象 東京会場お申込み&詳細ページ
https://gdirect.jp/special/journey_without_a_map
■G-DIRECT
https://gdirect.jp/

■アルバム『Journey without a map』

2016年12月14日発売
【CD+DVD盤】
PCCN-00025/¥3,500+税
【CD only盤】
PCCN-00026/¥2,500+税
【アナログ盤】(初回生産限定)※重量盤2枚組
PCJN-00001/¥4,000+税
<収録曲>
■CD、LP
01.Lullaby
02.流転
03.Guess Who
04.Autumn Rain
05.RIOT
06.Istanbul Night
07.Francis Elena
08.Fear & Favors
09.Northern Life
10.Journey without a map
11.函館日和
■DVD
・[Guess Who] MUSIC VIDEO
・[Guess Who] MUSIC VIDEO Making
・[Journey without a map] Documentary Film
・[Journey without a map] Documentary Film Another Talk

【関連リンク】
TAKURO(GLAY) オフィシャルHP
TAKURO(GLAY)、ソロアルバムより豪華ゲスト出演の特典映像内容が解禁
TAKURO(GLAY)、時の流れを鮮明に切り取った「Guess Who」MVをGYAO!にて独占先行配信
TAKURO(GLAY)が“ギタリスト”としての自身を捉えた1stソロ作のアートワークを公開

【関連アーティスト】
GLAY, TAKURO
【ジャンル】
ジャパニーズロック

日本コロムビアが『半熟オーディション』を開催! 次世代のアーティストを大募集
Fri, 25 Nov 2016 19:00:00 +0900
『半熟オーディション』 (okmusic UP\'s)

日本コロムビアが、時代を切り拓く次世代のアーティストを募集するオーディション『半熟オーディション』を11月25日より開催する。

【その他の画像】

今秋に創立106周年を迎えた日本コロムビアは、日本最古のレコード会社として、これまで数々のアーティストを世に輩出。『半熟オーディション』では、次なる100年を目指し、時代を切り開いていく次世代アーティストの発掘を目指す。オーディション合格者は1年間の育成契約を締結し、日本コロムビアがメジャーデビューを目指したサポートを行なう。

応募条件は22歳以下の年齢制限のもと、演奏形態やジャンルは不問。2017年1月9日(月・祝)まで1次書類審査の応募を受付け、通過者のみ2次審査として東京・大阪・福岡の3箇所でスタジオライブ審査を実施する。2次審査の通過者は、東京の新宿LOFTでライブ審査を行ない、2017年3月末に合格者が決定となる予定だ。

なお、日本コロムビアが2015年に開催した『COLUMBIA U-25 AUDITION』の最終審査を通過したシンガーソングライターのCLOWは、現在育成期間に入っており、来春にインディーズ盤EPを発売するとのこと。CLOWに続き夢を掴みたいという方は、是非公開されたオフィシャルサイトをチェックしてみてほしい。

■『半熟オーディション』公式HP
http://columbia.jp/hanjukuaudition/

■【オーディション詳細】

<応募条件・資格>
・年齢:〜22歳まで
・国籍・性別不問
・演奏形態・ジャンル不問
・レーベルやプロダクションに未所属の方
・2次スタジオ審査、3次ライブ審査への出演が可能な方

<合格者特典>
1年間の育成契約を締結し、メジャーデビューを目指してサポートいたします。
(1年間のレッスン費用等、育成費を負担)

<オーディションスケジュール>
■1次書類審査
応募受付開始 : 2016年11月25日(金)
※WEBもしくは郵送での応募
応募受付締切 : 2017年1月9日(月・祝)
※WEB応募:23:59まで、郵送応募:当日消印有効
※1次審査結果は通過者にのみ、随時会場等の詳細をご連絡いたします。
■2次スタジオ審査>
東京 : 2017年2月11日(土)・12日(日)
大阪 : 2017年2月25日(土)
福岡 : 2017年2月26日(日)
※2次審査結果は通過者にのみ、ご連絡いたします。「2次スタジオ審査」希望日程は応募シートにご記入下さい。
■3次ライブ審査
2017年3月21日(火) 東京 新宿 LOFT
※時間等詳細は通過者にのみご連絡いたします。

【関連リンク】
森崎ウィン(PrizmaX)、実写ドラマ『東京女子図鑑』出演決定
城 南海、徳光和夫がゲスト出演するニニコ生放送・LINE LIVE「キズキん家」緊急放送決定
金原千恵子、豪華ミュージシャン参加の新アルバム発表&一週間限定で無料ダウンロードも
桑田佳祐が来年に向けて三つの公約を発表

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, イベント













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1