歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年11月24日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
BACK LIFT、結成10周年を目前にメジャー進出決定! 2017年5月にビクターよりデビュー!
Thu, 24 Nov 2016 22:00:00 +0900
BACK LIFT (okmusic UP\'s)

BACK LIFTがビクターエンタテインメント/BLACK SHEEP RECORDSより2017年5月にメジャーデビューすることを発表した。

【その他の画像】BACK LIFT

11月24日(木)に恵比寿LIQUIDROOMで行なわれた現所属レーベルTRUST RECORDS主催イベント『TRUST NIGHT 2016』でトリを務めたBACK LIFT。ライブ本編が終了し、アンコールでバンド名が呼ばれる中、突如映像がスタート。3人の渋谷放浪記を交えビクター/BLACK SHEEP RECORDSからのメジャーデビューが発表されると、ソールドアウトとなった会場からは割れんばかりの歓声がとどろいた。

歓声を受けながら笑顔のKICHIKU(B,Vo)、YU-PON(G,Cho)、HEAVIN(Dr,Cho)が登場し、『俺たち、結成10周年を目前にメジャーデビュー決まったぞ!』と報告。その勢いのまま、アンコール曲「ALWAYS」、「メモリー」を演奏し、この日出演したTRUST RECORDSの後輩バンドたちから送り出される卒業式が行なわれ、大団円のなかイベントは終了した。

結成10周年となる2017年は、自分たちを育ててくれた名古屋の4か所のライブ・ハウスを回るツアー『10周年はすぐそこだ!僕らはここから始まった〜ゆうぽんも一緒に振り返るの巻』を開催。メジャーデビューという“新たなステージへの入学”を控えた彼らの活躍にぜひ注目してほしい。

■『10周年はすぐそこだ!僕らはここから始まった〜ゆうぽんも一緒に振り返るの巻』

1月14日(土) 上前津 ZION
2月26日(日) 今池 HUCK FINN
3月04日(土) NAGOYA MUSIC FARM
3月19日(日) 新栄 APOLLO BASE

■【イベント参加情報】

『HOTSQUALL presents ONION ROCK』
11月27日(日) 渋谷 TSUTA-YA O-WEST

『TRUST NIGHT 後夜祭&忘年会』
12月02日(金) 高松DIME

『TENJIN ONTAQ 2017』
3月11日(土)  博多天神地区8会場
3月12日(日)  博多天神地区8会場

【関連リンク】
BACK LIFT オフィシャルHP
ALL OFF、対バンツアーのゲストアーティスト第1弾発表
04 Limited Sazabysの主催フェス『YON FES 2016』が大盛況!
04 Limited Sazabys主催のフェス「YON FES 2016」、最終出演アーティストと日割りが決定!

【関連アーティスト】
BACK LIFT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SHE\'S、初のフルアルバム『プルーストと花束』 ジャケット写真&トラックリスト一挙公開
Thu, 24 Nov 2016 21:00:00 +0900
アルバム『プルーストと花束』 (okmusic UP\'s)

SHE\'Sが来年1月25日にリリースする、バンド結成以来初のフルアルバム『プルーストと花束』のジャケット写真とトラックリストを一挙に公開した。


【その他の画像】SHE\'S

アーティスト写真同様 アートディレクターは大楠孝太郎、カメラマンはオノツトムが担当。これまでSHE\'SのCDジャケットといえば、神秘的な女性が基調となっていたが 今作はアルバムタイトルを象徴する 暗がりの部屋に花束 というシンプルなものとなっている。併せて、トラックリストも全11曲が一挙公開となった。

また、Apple Music内にあるSNS Apple Connectにてアルバム『プルーストと花束』に収録される新曲が1曲ずつ、12月20日までに先行試聴できる企画がスタート。まずは8曲目の「Freedom」の最速先行視聴が始まった。今後 随時、SHE\'SのオフィシャルTwitterにて公開となる。

「Freedom」に関してKey&Vo.井上竜馬が「かつて考えていた自由は、何にも縛られず、やりたい事をやりたい時にやる、そんなものだったけど24歳の今感じたそれは単なる「可能性を広げてくれるもの」だった。それを得るには、自分も他人も広い視野で見て、理解しようとし、受け容れる心を持つ事が必要なのかもしれない。余計なプライドも先見も、道を作るには意外と邪魔だったりする。」と綴ったセルフライナーノーツも明らかになった。

そして、1stアルバム『プルーストと花束』の発売を記念して東京と大阪で ミニライブ&サイン会の開催も決定した。イベントに関する詳細は11月25日(金)17:00以降にオフィシャルHPに掲載される。さらに、アルバムの発売発表に併せ初の全国ワンマンツアー『SHE\'S One man Tour 2017 “プルーストの欠片”』の2次先行、スペースシャワーTV先行もスタートしているので特設サイトをチェックしよう。

■「Freedom」Apple Connect 先行試聴
https://itunes.apple.com/jp/post/idsa.5fa07270-b205-11e6-ba62-d9de542072c6

■アルバム『プルーストと花束』

2017年1月25日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69113/¥3,500+税
※初回限定盤バンドルDVD:内容未定
【通常盤】(CDのみ)
TYCT-60096/¥2,800+税
<収録曲>
1.Morning Glow
2.海岸の煌めき
3.Stars 
※MBS/TBSドラマ「拝啓、民泊様。」オープニングテーマ
4.Say No
5.Tonight
6.グッド・ウェディング
7.パレードが終わる頃
8.Freedom
9.Running Out
10.Ghost
11.プルースト

■『SHE\'S One man Tour 2017 “プルーストの欠片”』

3月04日(土) 広島・セカンド・クラッチ
3月05日(日) 岡山・イマージュ
3月11日(土) 福岡・DRUM Be-1
3月17日(金) 札幌・KRAPS HALL
3月19日(日) 仙台・MACANA
3月20日(月・祝) 新潟・CLUB RIVERST
3月22日(水) 金沢・vanvan V4
3月24日(金) 大阪・BIG CAT
3月26日(日) 名古屋・NAGOYA CLUB QUATTRO
4月09日(日) 東京・赤坂BLITZ

<スペースシャワーTV先行>
今回のお申込方法は、スペースシャワーTVによる抽選制インターネット受付となります。 
・受付URL (PC・携帯・スマホ)  http://eplus.jp/shes17sstv/
・エントリー受付期間:〜11月28日(月)24:00

【関連リンク】
SHE\'S オフィシャルHP
SHE\'S、2017年1月に初のフルアルバムをリリース&全国ワンマンツアー開催決定
SHE\'S、ドラマ『拝啓、民泊様。』OP曲「Stars」のMV公開
SHE\'S、脇坂侑希監督とタッグを組んだMV2本を同時公開

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Acid Black Cherry、カヴァーアルバム『Recreation 4』レコーディング再開! 来年1月に発売決定!
Thu, 24 Nov 2016 20:00:00 +0900
Acid Black Cherry (okmusic UP\'s)

yasuが10月頭に「出血性声帯炎」と診断され、発売延期となったAcid Black Cherryのカヴァーアルバム『Recreation 4』が、2017年1月25日にリリースされることが発表された。

【その他の画像】Acid Black Cherry

11月24日18時、オフィシャルホームページにて、10月一杯は安静が必要ということだったyasuの喉の症状の回復を受けて、作品制作を再スタートさせていたことを発表した。

『Recreation 4』は名曲を次の世代に唄い継ぐ" がコンセプトのABCカヴァーアルバム企画で今作が4枚目。CD音源には日本の音楽史を彩ってきた様々な名曲を、1980年代〜2010年代の楽曲まで全12曲収録。

yasuの持つ独特なハイトーンボイスに乗せ、原曲へのリスペクトを持って名曲の魅力を余すところなくカヴァー。DVDには「The Live Show “Recreation"」と題したショープログラムを収録。

カヴァー楽曲の生演奏での映像収録は、今回が初めてで、「青空」「恋におちて」「GLAMOROUS SKY」の3曲のスタジオライブセッションや、yasuのトークを交えてお届けするスペシャルなライブ&トークショーになるとのこと。

以下、Acid Black Cherryオフィシャルホームページ全文だ。

発売延期のご案内をさせて頂いておりましたカヴァーアルバム「Recreation 4」ですが、2017年1月25日に発売することに決定いたしました。

医師の診断の結果、yasuの喉の症状も回復し、作品制作も再スタートしております。

この度の発売延期では、楽しみにしてくださったファンの皆様ならびに関係各位には、ご心配やご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。
今後も変わらぬAcid Black Cherryへの応援を何卒宜しくお願い致します。

■アルバム『Recreation 4』

2017年1月25日発売
<収録曲> (※カッコ内は原曲歌唱アーティスト/発売年)
■CD
・青空 (THE BLUE HEARTS / 1989年)
・M (プリンセスプリンセス / 1989年)
・輝きながら… (徳永 英明 / 1985年)
・CLOUDY HEART (“LAST GIGS" ver.) (BOOWY / 1985年)
・青春のリグレット (松任谷 由実 / 1985年)
・フライングゲット (AKB48 / 2011年)
・Forget-me-not (尾崎 豊 / 1985年)
・星空のディスタンス (THE ALFEE / 1984年)
・Tomorrow never knows (Mr.Children / 1994年)
・三日月 (絢香 / 2006年)
・流星のサドル (久保田利伸 / 1986年)
・私はピアノ (サザンオールスターズ / 1980年)
※曲順未定
■DVD (※カッコ内は原曲歌唱アーティスト/発売年)
『The Live Show “Recreation"』
・青空 (THE BLUE HEARTS / 1989年)
・恋におちて (小林 明子 / 1985年)
・GLAMOROUS SKY (中島 美嘉 / 2006年)
※生演奏でのスタジオライブ収録のため、CD収録の音源とは異なります。
※曲順未定

【関連リンク】
Acid Black Cherry オフィシャルHP
Acid Black Cherryアルバムが原作の映画『L−エル−』、全国公開前に完成披露上映会決定
Acid Black Cherry、映画『L−エル−』公開を記念して人気声優を起用したアニメムービーを独占配信
Acid Black Cherry のアルバムが原作の映画『L−エル−』場面写真公開

【関連アーティスト】
Acid Black Cherry
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

城 南海、徳光和夫がゲスト出演するニニコ生放送・LINE LIVE「キズキん家」緊急放送決定
Thu, 24 Nov 2016 19:00:00 +0900
城 南海 (okmusic UP\'s)

徳光和夫出演のアルバムSPOT映像が話題の城 南海(きずきみなみ)。続いては、なんと徳光和夫をゲストに招いてのニコ生&LINE LIVE緊急生配信が決定した。


【その他の画像】城 南海

BSジャパン「徳光和夫の名曲にっぽん」ではMCとして過去に共演し、司会・アシスタントの間柄を経て、城 南海の活動を当時から温かく見守ってくれている徳光和夫が、アルバムをじっくり聴きながら撮影したというアルバムSPOT。そんなSPOT出演の御礼も兼ね、城南海がゲスト1人のために歌うという超スペシャルなリリース記念特番『城 南海、アナタのために歌います。「キズキん家」本日のアナタ:徳光和夫さん』の開催が決定! 11月25日(金)17:30〜18:30にニコニコ生放送とLINE LIVE にて同時配信されるという。ニコニコ生放送では16:30より歴代ミュージックビデオの上映もあるそうなので、こちらも是非チェックを。話題のアルバムSPOTで徳光和夫が目を潤ませたあの曲も聴けるかも!?

テレビ東京「THEカラオケ★バトル」で番組最多となる10冠を達成、二ューアルバム『月下美人』を発売し、全国ワンマンツアーが11月23日にスタートしたばかりの城 南海から目が離せない。

■『城 南海、アナタのために歌います。「キズキん家」本日のアナタ:徳光和夫さん』

放送日 11月25日(金)

?■ニコニコ生放送
16:30-17:30 ミュージックビデオ一挙
17:30-18:30 城 南海生出演特番(ゲスト:徳光和夫)
※本番組の一部はプレミアム会員限定視聴となります。番組全編を視聴するにはプレミアム会員のご登録をお願い致します。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv282683695?ref=qtimetable&zroute=index??

■LINE LIVE
17:30 〜 18:30 ?放送予定時間(1時間?)?
※ポニーキャニオン公式LINE アカウントより配信?
https://live.line.me/r/channels/499/upcoming/163338

■【ライブ情報】

『城南海 ウタアシビ2016冬 』
11月23日(水・祝) 日本橋三井ホール
11月26日(土) umeda AKASO
11月27日(日) umeda AKASO
12月01日(木) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
12月02日(金) 福岡電気ビルみらいホール
12月04日(日) 鹿児島CAPARVOホール
12月09日(金) 札幌KRAPS HALL
12月11日(日) 仙台retro BackPage
12月17日(土) 名古屋ボトムライン

『ウタアシビ 2016 Xmas』
12月23日(金・祝) 日本橋三井ホール

【関連リンク】
城 南海オフィシャルHP
城 南海、アルバム『月下美人』スポット映像で徳光和夫が涙
城 南海が奄美の雄大な自然を味わえる「晩秋」MV公開
城 南海、アルバム『月下美人』ジャケ写公開&リリースイベント開催決定

【関連アーティスト】
城 南海
【ジャンル】
J-POP

金原千恵子、豪華ミュージシャン参加の新アルバム発表&一週間限定で無料ダウンロードも
Thu, 24 Nov 2016 18:00:00 +0900
金原千恵子 (okmusic UP\'s)

金原千恵子のニューアルバム『WITH』がリリースされた。8年振りとなる今回のアルバムは、長年あたためていたアイディアである"デュオ"による作品となっており、内田勘太郎、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、奇妙礼太郎、曽我部恵一、石井マサユキ、藤本一馬、大江慎也、塚本功、吾妻光良、こだま和文といった、世代もジャンルも違う豪華で個性的なミュージシャンが参加している。

【その他の画像】BRAHMAN

アルバムは本人のバイオリンのサウンドを軸としながら、ギターにスポットを当て、バイオリンと歌とギター、バイオリンとギターのインスト、バイオリンとギターとベースなど、弦楽器の自在なサウンドを収録している。

レコーディングはいわゆる一発録りでおこなわれ、歌、ギター、トランペットなど、それぞれの息づかいが聴こえて来るような臨場感のある仕上がりに。あらゆる感情を表現するバイオリンの歌ごころに引き込まれながら、参加アーティストとの伸び伸びとしたやりとりが聴ける、未来へのスタンダード集になりそうな1枚になっている。

また、デザイナー村松周作氏によるオートクチュールドールをジャケットに使用したことも話題になっている。

そして、11月24日(木)より一週間限定で、アルバムから3曲のショートヴァージョンの無料ダウンロードを実施中(※一部スマートフォン対応不可)。この機会をお見逃しなく!

■「Sleep Walk with 内田勘太郎」(short version)
http://firestorage.jp/download/87ab11d972da8ee9d4232a27dd11f41f9ea54119
■「君が誰かの彼女になりくさっても with 奇妙礼太郎」(short version)
http://firestorage.jp/download/04b42bf19ec52c9bdd8507a9ffcc3333297622e9
■「この世で一番キレイなもの with 曽我部恵一」(short version)
http://firestorage.jp/download/eb8cc4b7e4e9ed53749f1575714988895238e6ad

■【参加アーティスト コメント】

■石井マサユキ
強く弱く、近く遠く、密やかで時に凛と響くヴァイオリン。
簡素だからよく聴こえる。簡潔だからよく分かる。
共演者それぞれのギターと歌声からは、親しみと尊敬の気持ちが伝わる。
音楽家たちの素晴らしいやりとりを、直に、聴くことができる作品です。
あ、末席ですが自分も参加させていただきました。さーせん。

■内田勘太郎
複音のヴァイオリンはチゴイネルワイゼンを聴いた昔へといざなってくれる。かと思うとTokyoを象徴する近代的な所へ躍り出る。どれも肉声。
ミスゴールド、又飲もう。

■こだま和文
良縁、あるいは一期一会。かけがえのない日々の音のドキュメント。ありがとう。

■田中知之(FPM)
金原さんは唄わないボーカリスト。
つまり彼女のバイオリンは唄声。
時にリリカルに、時にエモーショナルに、
まるで言葉までがくっきりと浮かび上がってくるようだ。

■渡辺祐(エディター) 
テクニックだけではない、マインドだけでもない。
「出会いの場」によって磨かれてきた、
とっても「WITH」な音楽が聴こえてきました。
金原さんのマジメな顔と笑顔が両方浮かんできます。

■アルバム『WITH』

発売中
【レギュラー・エディション】(CDのみ)
ZLCP-0308/¥1,800+税
<収録曲>
1.Sleep Walk with 内田勘太郎
2.GIRL FRIEND with TOSHI‐LOW(BRAHMAN)
3.君が誰かの彼女になりくさっても with 奇妙礼太郎
4.この世で一番キレイなもの with 曽我部恵一
5.Parc de Belleville with 石井マサユキ
6.Golden Fields with 藤本一馬
7.ROSIE with 大江慎也、塚本功
8.ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET with 吾妻光良

【デラックス・エディション】(CDのみ)
GRGA0106/¥2,500+税
<収録曲>
1.Sleep Walk with 内田勘太郎
2.GIRL FRIEND with TOSHI‐LOW(BRAHMAN)
3.君が誰かの彼女になりくさっても with 奇妙礼太郎
4.この世で一番キレイなもの with 曽我部恵一
5.Parc de Belleville with 石井マサユキ
6.Golden Fields with 藤本一馬
7.ROSIE with 大江慎也、塚本功
8.ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET with 吾妻光良
9.PARADISE MOON with KENJI JAMMER
10.WHAT A WONDERFUL WORLD withこだま和文(LIVE at Grand Gallery) 11.ROSIE with 大江慎也、塚本功(The Minimalize Remix) 12.Golden Fields with 藤本一馬(HIDEO KOBAYASHI REMIX)

【関連リンク】
金原千恵子 オフィシャルHP
エレファントカシマシ、熱狂の武道館2Daysでライヴ初め!
L\'Arc-en-Ciel、Perfume、セカオワ…国立競技場最後の音楽イベントにJ-ROCKシーンの日本代表が終結!
ニコラス・エドワーズ、メジャー1stフルアルバムの最新ビジュアルを公開

【関連アーティスト】
BRAHMAN, こだま和文, 大江慎也, 曽我部恵一, 金原千恵子, 塚本功, 内田勘太郎, 藤本一馬, 奇妙礼太郎
【ジャンル】
J-POP

LUNA SEA、会場限定発売「HOLY KNIGHT」のジャケット公開&さいたまスーパーアリーナ追加席発売
Thu, 24 Nov 2016 18:00:00 +0900
シングル「HOLY KNIGHT」 (okmusic UP\'s)

LUNA SEA初のクリスマスソング「HOLY KNIGHT」のCDジャケットが公開された。 今作は12月23日と24日に行なわれるさいたまスーパーアリーナ公演の会場限定で販売される。また、さいたまスーパーアリーナのステージプラン決定につき、11月25日より追加席の発売開始となる。


【その他の画像】LUNA SEA

そして、気になる音源のほうは、現在レコーディングの最終段階に突入しており、5人の重なり合う個性にストリングス隊も加わり、神聖であり、壮大でダイナミックなアレンジに仕上がっているとのこと。まさにLUNA SEA初のクリスマスソングに相応しい作品が生み出されようとしている。

加えて、先月のチケット一般発売後、即売り切れとなっていたさいたまスーパーアリーナ公演が、ステージプランの最終決定に伴い、追加席発売が決定となり、一般発売日に手に入れられなかったファンにも再びさいたま公演に参戦するチャンスが与えられた。

ついに開催まで1ヵ月を切った、聖なる夜のスペシャル公演。その特別な夜に向け、LUNA SEAの準備も着々と整い始めているようだ。

■会場限定販売「HOLY KNIGHT 」

■CD
※2016年12月23日、24日さいたまスーパーアリーナ会場でのみ限定販売
※1曲入り ¥800(税込)

■配信
FC「SLAVE」会員限定の先行配信決定! 詳細は後日発表

■『LUNA SEA The Holy Night -Beyond the Limit- 』

12月23日(金・祝)  さいたまスーパーアリーナ
12月24日(土)  さいたまスーパーアリーナ

【関連リンク】
LUNA SEAオフィシャルHP
TAKURO(GLAY)、ソロアルバムより豪華ゲスト出演の特典映像内容が解禁
GACKT、ニコ生特番でファンからの「変なクイズ」に生回答!?
LUNA SEA、初のクリスマスソングをさいたまスーパーアリーナ公演限定で発売!

【関連アーティスト】
LUNA SEA
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

ほかほかごはんのCMに似合う曲
Thu, 24 Nov 2016 18:00:00 +0900
打首獄門同好会「日本の米は世界一」のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は11/23新嘗祭にちなんで「ほかほかごはんのCMに似合う曲」をご案内します。

■1.「home」/ 木山裕策

●茜色に染まる夕日とご飯が炊けた匂いが心に沁みる
歌い出しを聴いただけで、子供の頃に夕焼けの公園から、父と一緒に家路についた景色が目に浮かびあがります。手をつないで家に帰る途中では、晩御飯の支度をしている匂いが家々から漂ってきて、帰宅した自分の家からも同じ匂いがすると、幸せな気持ちに――まるでCMのように良く出来たお話ですが、この曲を聴くと、ほかほかご飯と親からの愛情をふと思い出してしまうのです。
(選曲・文/石井由紀子)
https://www.youtube.com/watch?v=IBkNKMB2phY

■2.「日本の米は世界一」/打首獄門同好会

●脱炭水化物ダイエットとか知らねぇ!主食の米食え!
聴くと、米が食べたくなる!!そうそう、丼も定食も米がないと始まらないのよね。しかも、日本の米は世界一美味いから、丼も定食も美味いだよな、と思いつつも、激しいリズムに体が動く、極上お米ナンバー。打首獄門同門会は、ギター、ベース、ドラムの3ピースバンド。ハードな音楽ですが、ベースとドラムのリズム隊は女子が担当しています。バンド名は恐ろしい感じですが、サウンドと歌詞は面白さ満点で、一度聴いたら病み付きです。
(選曲・文/石井由紀子)

●これぞRICE×ROCKの決定盤
今回のテーマ、ほかほかごはんのCMに似合う曲、どう考えてもこれ以外ないでしょう。食をこよなく愛するロックバンド・打首獄門同好会の「日本の米は世界一」。冒頭から牛丼・カツ丼と丼物のオンパレードな歌詞は、PVにすると完全に食をそそられる映像そのもの。これを見たらお米を食べたくなるに決まっているじゃないですか。TPPがなんだ、パンがなんだ!日本人ならお米じゃないか!というわけで彼らには是非、ごはんのCMだけでなくJAとも協賛してテーマソングを作って欲しいところであります。
(選曲・文:Kersee)
https://www.youtube.com/watch?v=BuU2bocSfDo

■3.歌劇『ジャンニ・スキッキ』より「私の愛しいお父さま」/幸田浩子

●秋が深まり、ほかほかごはんに愛しさ募る一曲
プッチーニ作曲のオペラアリアです。娘のラウレッタが父に、恋人との結婚を許してほしいとお願いする内容です。初々しい娘の凛とした声は、炊きたてご飯のツヤツヤにぴったり。音の上昇とともに深い愛情の広がりを表現するところは、お釜の湯気がふんわりする様子を想像させます。
幸田さんの張りのある丁寧な歌唱表現は、対象への敬意が感じられて、日本の伝統食にもマッチしています。この曲を聴きながら炊きたてごはんをほおばって、幸せをかみしめたいですね。
(選曲・文/山本陽子)

■4.「SUNNY DAY SONG」/μ’s

●限定米にもなったお米大好きキャラNo.1!
お米をこよなく愛する人といえば、今や世間では小泉花陽(こいずみ・はなよ)ちゃんが筆頭です。漫画、アニメ、ゲーム、映画化と、破竹の勢いを見せる人気コンテンツ『ラブライブ!』の登場人物で、公式プロフィールにもずばり「好きな食べ物:白いご飯」。ただでさえかわいい彼女が、一心不乱にご飯を食べるシーンは魅力が何倍増しにもなります。人気が高じて、昨年は彼女の限定イラストパッケージのお米まで実際に発売されました。
というわけで、楽曲は映画版からμ’s(ミューズ)で「SUNNY DAY SONG」。イメージはまさに太陽に照らされる実り、花陽ちゃんと「I LOVE GO・HA・N!」な人にぴったりな歌なのです♪
(選曲・文:Kersee)

■5.「狩りから稲作へ」/レキシ

●日本の稲作は弥生時代から始まりました。
“縄文土器 弥生土器 どっちが好き?”のフレーズで、レキシのライブではお馴染み過ぎるくらいにお馴染みの曲。CDでは6分ほどですが、ライブだと確実に10分以上の長尺になります。各ロックフェスにも頻繁に出ている彼ですが、持ち時間によってはこれ1曲で終わってしまうこともあるとかないとか。最近では公式グッズで”INAHO”という名の稲穂まで発売されるようになりました。この曲でオーディエンスが稲穂を振る光景は、いよいよ日本の原風景に近づいていると言っても……過言かもしれません(笑)
もっとも、ごはんのCMには土器の部分より“稲作中心”の歌詞がある、2:00〜3:30の部分を使うのがオススメです。
(選曲・文:Kersee)

■6.「ake-kaze」/ 林 明日香

●アジアの原風景はコメ文化
朝の光が部屋に差し込み、まだ夢うつつの布団の中へ、ふとご飯を炊く香りが――「飯炊ぐ 匂ひ 夢の中」と歌う「ake-kaze」は、歌手・林明日香が日本と台湾で同時デビューを果たした2003年のシングル曲です。炊飯器のCMソングに採用され、台湾のほか、シンガポールや中国でもヒット、第18回日本ゴールドディスク大賞のニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。
当協会創設者でもある作詞担当・鈴木健士は「朝ご飯を作る音や匂いで目を覚ます幸せ、多くの人が共感出来るであろう普遍的な朝の情景」を意識して作ったと取材に応えています。
大切な人と囲む朝ご飯、大事にしたいですね。
(選曲・文:麻布さやか)
https://www.youtube.com/watch?v=xXAZHRTRJIY

さて、お気に召した選曲はございましたか。
ぜひこれを機にCDやレコードなどの音源でも、楽曲をお楽しみいただければ幸いです。

それでは、また次号で♪

【関連アーティスト】
打首獄門同好会, 林明日香, レキシ, 木山裕策, 幸田浩子, μ\'s
【ジャンル】


桑田佳祐が来年に向けて三つの公約を発表
Thu, 24 Nov 2016 17:00:00 +0900
桑田佳祐 (okmusic UP\'s)

桑田佳祐がファンに向けた手紙の中で、来年に向けて3つの公約を発表した。その中には来年の活動を匂わせるようなものもあり、ファンの間で話題になっている。

【その他の画像】桑田佳祐

この手紙は11月23日に発売になったばかりの、ニューシングル「君への手紙」の初回特典盤に封入されている、「直筆 桑田佳祐から“君への手紙"」。その名の通り、桑田がファンに向けて自ら執筆した手紙だ。この手紙には、新曲「君への手紙」に込められた思いや、日ごろから応援してくれているファンに向けての感謝の気持ちなどが、丁寧に綴られている。さらに仕事だけでなく、プライベートのことにも含めた近況に触れているなど、ファンにとってはたまらない内容となっており、冗談を交えながらも、ファンに対して真心のこもった文章でメッセージを伝えている、桑田らしい文面となっている。

そして、すでにこの手紙を読んだファンの間で話題になっているのが、来年に向けて立てている三つの公約。その細かな内容については、ぜひ実物を手に入れて読んでいただきたいが、桑田らしいユーモアたっぷりのものもあれば、なんと来年の活動を示唆するものあり、とても興味深い公約になっている。しかも「一部公約違反があった場合はどうかご容赦ください・・・・・。」というエクスキューズも忘れないあたりが、桑田一流のお茶目なところ。

いずれにしても、ニューシングルを発売したばかりで、しかも年越しライブも控えているが、来年も精力的に活動してくれることだけは間違いなさそうだ。桑田が、一体どんな公約を立てているのか、ぜひあなたも手に取ってご一読いただきたい。

さらに、年の瀬特別企画! として、シングル「君への手紙」と11月30日(水)発売のBlu-ray/DVD『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』の両作品を購入した方の中から抽選で2017名の方に当たる“幸せの黄色いバッグ"のデザインも公開された。両作品とも楽しんでいただき、企画に応募しバッグを手に入れて桑田佳祐と共に幸せな気持ちで2017年を迎えよう!

■シングル「君への手紙」

2016年11月23日(水)発売
【初回限定盤】(“君への手紙"パッケージ)
VICL-38200/¥1,296+税
【通常盤】
VICL-38201/¥1,296+税
【アナログ盤】
VIJL-61700/¥2,037+税
<収録曲> 
01. 君への手紙
※映画『金メダル男』主題歌/WOWOW開局25周年CMソング
02. 悪戯されて
03. あなたの夢を見ています
04. メンチカツ・ブルース

◎“君への手紙"パッケージ 収録内容
1) 直筆 桑田佳祐から“君への手紙"
2) オリジナル切手ステッカー
3) “年越しライブお楽しみ特典!"ライブ・ビューイング参加応募券
※ライブ・ビューイング参加には別途チケット代が必要となります

■「君への手紙」スペシャルサイト
http://special.sas-fan.net/special/kimienotegami/

■Blu-ray&DVD『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』

2016年11月30日(水)発売
■初回限定盤
【Blu-ray】(Blu-ray+7inchレコード+Book)
VIZL-1500/¥7,000+税
【DVD】(DVD+7inchレコード+Book)
VIZL-1501/¥7,000+税
■通常盤
【Blu-ray】
VIXL-800/¥6,000+税  
【DVD】
VIBL-1000/¥6,000+税

■『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』スペシャルサイト
http://special.sas-fan.net/special/tokyonouta/

【関連リンク】
サザンオールスターズオフィシャルHP
桑田佳祐の『THE ROOTS』の魅力を友近と音楽評論家・田家秀樹がGYAO!特番で徹底解説
桑田佳祐が落語家デビュー!? 『SONGS』で落語に挑戦&シングル収録曲すべて披露
桑田佳祐、異例のラジオ2局同時生放送でスペシャル・プログラムをオンエア!

【関連アーティスト】
桑田佳祐
【ジャンル】
J-POP

「FRESH! by CyberAgent」EXO独占配信記念特番にてゆしん・永野らがEXO愛語る!?
Thu, 24 Nov 2016 16:30:00 +0900
「EXO3曲連続配信記念 なりきり振付ダンス講座 byAWA」 (okmusic UP\'s)

映像配信プラットフォーム「FRESH! by CyberAgent」にて、11月24日「EXO3曲連続配信記念 なりきり振付ダンス講座 byAWA」が放送された。

【その他の画像】EXO

今回の放送は、音楽配信サービスAWAがEXOの新曲を3曲連続で独占配信したことを記念し行なわれたもの。MCにゆしんが登場し、ダンスの先生としてレッドガオREOTO、生徒として芸人・永野をはじめ、鈴木あや、江野沢愛美、根本弥生が出演した。

『初めてのEXO』のコーナーでは、「宇宙から地球に不時着して記憶を失くした」というEXOの基本設定について言及。江野沢は、「韓国アイドルが大好きで、男性アイドルの中では一番EXOが好き」と熱く語ったほか、永野は「EXOに会いたくてこの世界に入りました! みんな好き!」と宣言。するとゆしんから「またまた〜嘘でしょー!」とつっこまれ、出演者の笑いを誘っていた。

一押しメンバーを聞かれた鈴木あやが「高身長でラップ担当のチャンヨルさん」と答えると、「ちょっと私もよ!」とゆしんのテンションが急上昇。 江野沢と根本は"レイさん押し"であると話した。最後に永野が「一押しという考え方がせこい。僕はハコ押し。全部好き!」と語ると、再びスタジオは爆笑に包まれていた。

「好きすぎて、お仕事では会いたくないです(笑)」と語るほど、EXOが大好きな江野沢がおススメするEXOの楽曲は、『Growl』と『Angel』の2曲。「一番最初に聴いてほしい曲は『Growl』なんですが、私が一番好きなのは『Angel』という曲。曲とダンスが優しいんです」と楽曲について語った。

続く、『EXO de DANCE SCHOOL』のコーナーでは、先生としてレッドガオREOTOが登場。「みんなすごい先生だと思っているかもしれないけど、うちの事務所の後輩芸人だからね!(笑)」と、永野が本人に代わりレッドガオREOTOを紹介。さっそく『Coming Over』のサビ部分の振付の練習を始めると、「ダンスのポイントはパワフルとキレ。テンポの早さに負けないで」(レッドガオREOTO)とアドバイス。ゆしんが「みんな面白いことを言わない」と言った通り、出演者はダンスに集中し、10分程度の練習後にはサビの部分をほぼ踊れるようになっていた。視聴者からも「みんな途中から上手くなった」「もっとダンス見たかった」「今度は韓国語講座やってほしい」などのコメントが寄せられていた。また、「永野さん面白いこと言って」というコメントには、「もうそういうの疲れた。いじめないで……(笑)」(永野)と返し、再び笑いを誘っていた。

番組の最後には、「AbemaTV」のバラエティチャンネルが放送する「ショー!K-POPの中心」にEXOが登場することが告知され、出演者全員が喜びの声を上げていた。「AWAでEXOを聴いて、AbemaTVでEXOを観て、ますますEXOを好きになりましょう!」とゆしんが締めくくり、番組は終了した。今後の放送予定は下記の通り。

■【「AbemaTV」放送予定】

(1)11月25日(土)、26日(日)14:30〜
「AbemaTV」バラエティチャンネル「ショー!K-POPの中心」にEXOが登場!

(2)12月2日(金)21:30〜、12月11日(日)22:30〜
『EXO PLANET #2 -The EXO‘luXion IN JAPAN-』の模様を「AbemaTV」にて独占放送!
2015年の10月末から11月にかけて福岡、東京、大阪と約30万人を動員した『EXO PLANET #2 -The EXO\'luXion IN JAPAN-』の貴重なライブ映像から厳選した曲を放送

【関連リンク】
EXO オフィシャルHP
「AbemaTV」 オフィシャルHP
EXO×AWAコラボ新CMが11月8日よりOAスタート!
EXO、新曲「Coming Over」がAWAにて独占先行配信決定!

【関連アーティスト】
EXO
【ジャンル】
K-POP

青野美沙稀、大盛況だった原宿アストロホールのアンコール公演&全国ツアーが決定
Thu, 24 Nov 2016 16:00:00 +0900
青野美沙稀 (okmusic UP\'s)

モデル、歌手、クリエイター(作詞、WEBマガジン編集長)などマルチな才能で活動を続ける青野美沙稀。11月22日の原宿アストロホール公演(SOLD OUT)も大盛況にて終了させ、早くもアンコール公演、全国ツアーが決定した。


【その他の画像】青野美沙稀

青野美沙稀は11月23日にミニアルバム『1959 〜Magical Rockabilly Night〜』を発売。その収録曲にはオリジナルの4曲に加えて、「バンビーナ」(布袋寅泰)、「フレンズ」(レベッカ)の2曲をカヴァー。「バンビーナ」はブライアンセッツァーと布袋氏が共作したアルバム「King & Queen」を経た、周知のヒット曲。ロカビリーのルーツを最新のハイブリッドサウンドに仕上げた1996年の最高傑作は、本作にも大きな影響を与えている。

■『青野美沙稀リリースパーティー 「1959 〜Magical Rockabilly Night〜」アンコール! 』

1月28日(土)  青山RizM
開場 18:00/開演 18:30
出演:青野美沙稀、SIDE-ONE、CHICKEN THE SUN(O.A)
<チケット>
前売り料金:3,500円(税込)
※ドリンク別、整理番号付き
11月23日(祝・水)10時00分 チケット発売開始

■『青野美沙稀 Magical Rockabilly Night Tour 2017』

<第1弾発表エリア>
2月11日(土):埼玉
2月25日(土):仙台
3月04日(土):富山
3月09日(木):大阪
3月17日(金):群馬
3月23日(木):広島

※その他のエリアや、詳細情報については12月10日にオフィシャルサイトにて公開予定

■ミニアルバム『1959 〜Magical Rockabilly Night〜』

2016年11月23日発売
POCS-1519/¥1,800+税
<収録曲>
1 Midnight of trip
2 バンビーナ
3 ガールズ狂想曲
4 sweet drive
5 フレンズ
6 Love Forever

【関連リンク】
青野美沙稀、布袋寅泰「バンビーナ」カバーのMV公開&TOKYO FMで期間限定のレギュラー番組決定!
ロカビリーのDNAを受け継ぐ青野美沙稀、ミニアルバムをリリース!
ニコラス・エドワーズ、メジャー1stフルアルバムの最新ビジュアルを公開
miwa&坂口健太郎「アイオクリ」、1コーラスバージョンの配信がスタート

【関連アーティスト】
青野美沙稀
【ジャンル】
J-POP

RADWIMPS、「第67回NHK紅白歌合戦」初出場決定&ニューアルバム『人間開花』収録楽曲をTV披露
Thu, 24 Nov 2016 15:00:00 +0900
RADWIMPS (okmusic UP\'s)

11月23日にニューアルバム『人間開花』をリリースしたRADWIMPSが、12月31日大晦日に行われる「第67回NHK紅白歌合戦」に出演することが決定した。

【その他の画像】RADWIMPS

また、11月24日(木)22:50から放送のNHK総合「SONGS」では、?RADWIMPSの今"を象徴する楽曲をテレビで披露する予定だ。最新アルバムからどの楽曲が披露されるか、期待が高まる。ちなみに番組のナレーションは映画『君の名は。』のヒロイン・三葉役の声優を務めた上白石萌音が担当する。

■アルバム「人間開花」特設ページ
http://radwimps.jp/ningenkaika/

■NHK 「SONGS RADWIMPS」

放送日時:11月24日(木)22:50-23:15(予定)総合テレビ
http://www6.nhk.or.jp/songs/

■『RADWIMPS Human Bloom Tour 2017 』

2月25日(土) 福岡 マリンメッセ福岡
2月26日(日) 福岡 マリンメッセ福岡
3月02日(木) 愛媛 愛媛県武道館
3月07日(火) 神奈川 横浜アリーナ
3月08日(水) 神奈川 横浜アリーナ
3月11日(土) 大阪 大阪城ホール
3月12日(日) 大阪 大阪城ホール
3月18日(土) 北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
3月25日(土) 宮城 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21) 
3月26日(日) 宮城 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21) 
4月01日(土) 愛知 名古屋 日本ガイシホール
4月02日(日) 愛知 名古屋 日本ガイシホール
4月08日(土) 広島 広島グリーンアリーナ
4月09日(日) 広島 広島グリーンアリーナ
4月15日(土) 福井 サンドーム福井
4月22日(土) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
4月23日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
4月29日(土・祝) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
4月30日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
5月09日(火) 東京 日本武道館
5月10日(水) 東京 日本武道館

■アルバム『人間開花』

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29241/¥4,500+税
【通常盤】(CD)
UPCH-20436/¥3,000+税
※RADWIMPS LIVE TOUR 2017 チケット特別先行受付(抽選)のご案内シート封入
<収録曲>
01. Lights go out
02. 光
03. AADAAKOODAA
04. トアルハルノヒ
05. 前前前世 [original ver.]
06. ‘I\' Novel
07. アメノヒニキク
08. 週刊少年ジャンプ
09. 棒人間
10. 記号として
11. ヒトボシ
12. スパークル [original ver.]
13. Bring me the morning
14. O&O
15. 告白
■DVD ※初回盤のみ
・「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり」のまとめ
at 幕張メッセ国際展示場4〜6ホール (2015.12.23)
01.トレモロ
02.ます。
03.透明人間18号
04.億万笑者
05.π
06.有心論
07.ピクニック
08.25コ目の染色体
09.DADA
10.いいんですか?
11.君と羊と青
12.会心の一撃
13.ふたりごと
・スパークル [original ver.] -Your name. Music Video edition-

【関連リンク】
RADWIMPS オフィシャルHP
RADWIMPS、 2017年ツアー情報解禁&「いいんですか?」MVを再撮影!?
RADWIMPS、“自由な世界への解放”を描いた新曲「光」のMVを解禁
RADWIMPS、ニューアルバム全曲ダイジェストを公開&NHK『SONGS』出演決定

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

アジカン、千原ジュニアなど4 組のアーティスト制作によるそれぞれの「リライトのリライト」動画を公開
Thu, 24 Nov 2016 14:00:00 +0900
ASIAN KUNG-FU GENERATION (okmusic UP\'s)

ASIAN KUNG-FU GENERATION が11月30日(水)に発売するアルバム『ソルファ』のリリースを記念し、「リライトのリライト」と題した動画シリーズを特設サイトにて公開した。 この動画はアジアン・カンフー・ジェネレーションの代表曲「リライト」が、12 年ぶりに再録されたことに端を発して制作されたもので、お笑い芸人の千原ジュニア、消しカスアーティストの入江早耶、ヒップホップユニットCreepy Nuts(ラッパーR-指定、DJ 松永)、寸劇アイドル生ハムと焼うどんの4組が出演している。

【その他の画像】ASIAN KUNG-FU GENERATION

千原ジュニアは落語「死神」で、入江早耶は消しカスアートで、Creepy Nuts はアジカンのメンバーから出された5 つのお題を取り入れたフリーラップで、生ハムと焼うどんはアジカン「リライト」を寸劇でリライト! 様々なジャンルで活躍するアーテ ィストが「リライトのリライト」に挑んでいる。

■「リライトのリライト」特設サイト
http://www.asiankung-fu.com/special/rewritenorewrite/

■「お笑い芸人 千原ジュニア ver.」
https://youtu.be/oddfWUcwK50

■「消しカスアーティスト 入江早耶 ver.」
https://youtu.be/F9sc8jC2VEw

■「ヒップホップユニット Creepy Nuts(R-指定&DJ 松永) ver.」
https://youtu.be/QYkF0lKvYZc

■「アイドル 生ハムと焼うどん ver.」
https://youtu.be/M7kgc49sn4k

■アルバム『ソルファ』

2016年11月30日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2809〜2810/¥3,700+税
※透明スリーブ&銀箔仕様
【通常盤】(CD)
KSCL-2811/¥2,913+税
<収録曲>
■CD
01.振動覚
02.リライト
03.ループ&ループ
04.君の街まで
05.マイワールド
06.夜の向こう
07.ラストシーン
08.サイレン
09.Re:Re:
10.24時
11.真夜中と真昼の夢
12.海岸通り
■DVD ※初回生産限定盤のみ
『ソルファプラス』- a day with AKG -
1.「夕暮れの紅」Recording Documentary
2.「夕暮れの紅」Music Clip

【関連リンク】
アジカン、2016年版「リライト」のMVを公開
アジカンの「ループ&ループ」新録版にKANA-BOON・谷口鮪、BLUE ENCOUNT・田邊駿一が参加
アジカン、新生『ソルファ』を11月にリリース&ジャケ写・アー写公開
TK from 凛として時雨、様々な仕掛けを施したアルバム特設サイトに豪華著名人がコメントを寄稿

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION
【ジャンル】
ジャパニーズロック

FLOW、バレンタインデーとホワイトデーに男性限定&女性限定ライブを開催決定
Thu, 24 Nov 2016 13:00:00 +0900
FLOW (okmusic UP\'s)

FLOW が3度目となる男性限定&女性限定ライブを東京と神戸で2日間開催することを発表した。

【その他の画像】FLOW

FLOWは2015年2月を皮切りに、それぞれ男性限定ライブ「男風呂」をバレンタインデーに関東で、女性限定ライブ「女風呂」をホワイトデーに関西で開催してきたが、3度目となる来年は男女各2日間ずつに拡大して東京&神戸で開催する。

開催日は今年ももちろんバレンタインデー&ホワイトデー。一般的には恋人たちがアツアツになっているこの日、是非違う意味でのアツアツのおFLOW(風呂)に浸かり、日ごろの疲れやウップンをライブでの汗で流してみてはいかがだろうか。8月にリリースした『テイルズ オブ』シリーズのダブル主題歌「風ノ唄/BURN」はもちろん、早くも年明けにリリースが告知されている最新曲が聴けることも期待したい。

尚、ファンクラブチケット先行は本日より受付中。オフィシャルチケット先行は11月30日(水)13:00より受付開始となる。ライブハウスでの開催ということで、初の「男風呂」関西公演、「女風呂」関東公演はチケット争奪戦となりそうだ。

■オフィシャルチケット1次先行
受付期間:11月30日(水)13:00〜12月6日(火)23:59
受付URL:https://l-tike.com/st1/hp-flow/

■【ライブ情報】

『?男性限定ライブ2017「男風呂」〜新代田の湯〜 』
2月14日(火)  新代田FEVER

『?女性限定ライブ2017「女風呂」〜新代田の湯〜 』
2月15日(火)  新代田FEVER

『?女性限定ライブ2017「女風呂」〜神戸の湯〜 』
3月14日(火)  神戸VARIT.

『?男性限定ライブ2017「男風呂」〜神戸の湯〜 』
3月15日(火)  神戸VARIT.

『FLOW COUNT DOWN LIVE 2016-2017「刻ノ陣」〜ディファ年明けシーズン3〜 』
12月31日(土) ディファ有明

【関連リンク】
FLOW オフィシャルHP
FLOW、全速力で駆け抜けた全国ツアー前半戦「風ノ陣」が大団円!
FLOW、全国ツアー初日にニューシングルの発売を発表
FLOW、超満員の『アニサマ』でファンと新曲を大合唱

【関連アーティスト】
FLOW
【ジャンル】
ジャパニーズロック

山嵐、関わりの深いバンドたちと7年ぶりの全国ツアー決定
Thu, 24 Nov 2016 12:00:00 +0900
山嵐 (okmusic UP\'s)

日本におけるミクスチャーロックの先駆け的存在である山嵐。今年で結成20周年を迎え、5年ぶり通算11枚目となアルバム『RED ROCK』を7月にリリースした彼らが、2017年1月より全国10ヶ所でのツアーを行なうことがわかった。

【その他の画像】山嵐

ツアータイトルは、「山嵐 20th Anniversary『RED ROCK TOUR」。今回の全国ツアーは20周年を祝してということもあり、これまで山嵐と関わりの深いバンドとの対バンツアーになるとのこと。対バンの発表はチケット発売日である11月29日(火)以降、随時発表される予定だ。

■「山嵐 20th Anniversary『RED ROCK TOUR』」

1月09日(月) 神奈川 横浜 club Lizard YOKOHAMA
1月23日(月) 愛知 名古屋 APOLOBASE
2月16日(木) 福岡 BEAT STATION
2月17日(金) 広島 SECOND CRUTCH
2月21日(火) 福島 郡山 CLUB #9
2月23日(木) 茨城 水戸 LIGHT HOUSE
3月01日(水) 秋田 Club Swindle
3月02日(木) 宮城 仙台 MACANA
3月06日(月) 大阪 アメリカ村 DROP
3月21日(火) 東京 STUDIO COAST

【関連リンク】
山嵐 オフィシャルHP
SHADOWS、待望の全国ツアー初日公演でフロアが大沸騰
山嵐、アルバム発売前日にUstreamにてスタジオライブの生配信が決定
山嵐、5年ぶりとなるフルアルバム『RED ROCK』を7月27日にリリース

【関連アーティスト】
山嵐
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア

NakamuraEmi、新曲の初オンエアが決定! 本人出演番組で重大告知も!?
Thu, 24 Nov 2016 11:00:00 +0900
NakamuraEmi (okmusic UP\'s)

NakamuraEmiの新曲が、11月29日(火)のFM802『THE NAKAJIMA HIROTO SHOW 802 RADIO MASTERS』(15:00〜19:00)でオンエアされることが決定した。

【その他の画像】NakamuraEmi

デビューアルバムのリード曲「YAMABIKO」が全国52局のパワープレイを獲得して話題となったNakamuraEmi。そんな彼女の新曲がどんな曲なのか、ファンならずとも必聴だ。

また、同日の11月29日(火)20:00からは、NakamuraEmi本人が出演する『NakamuraEmi in LINE LIVE 〜お話しします!現場裏話〜』が放送されることも決定した。この番組ではメジャーデビューするまでの経緯やメジャーデビューからの約10ヶ月を、ラジオでも共演があるHappyだんばらをMCに迎えて語る番組となる予定。番組内で重大告知もあるとのことなので、こちらも合わせてチェックしてみてほしい。

■FM802『THE NAKAJIMA HIROTO SHOW 802 RADIO MASTERS』
https://funky802.com/masters/

■『NakamuraEmi in LINE LIVE 〜お話しします!現場裏話〜』

11月29日(火)20:00〜
出演:NakamuraEmi
MC:Happyだんばら
※放送時間は当日の状況により、変更となる可能性あり。
https://live.line.me/r/channels/781/upcoming/150008

【関連リンク】
NakamuraEmi オフィシャルHP
NakamuraEmi、10月より全国9箇所を回るカフェツアーを開催
NakamuraEmi、「使命」LIVE MUSIC VIDEO公開&ライブ盤EPの配信が決定
NakamuraEmi、初ワンマンツアーのファイナルで 7月7日に「七夕はここで。〜2016」開催発表

【関連アーティスト】
NakamuraEmi
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

AK-69、リスニングパーティーでアルバム『DAWN』をユニークに伝える
Thu, 24 Nov 2016 00:00:00 +0900
11月22日@アルバム『DAWN』リスニング・パーティ (okmusic UP\'s)

AK-69が11月22日(火)、米ヒップホップ名門レーベル・Def Jam Recordingsからの第1弾アルバム『DAWN』のリスニングパーティーを都内某所で敢行した。

【その他の画像】UVERworld

会場に集まったのはマスコミ関係者、親交のある著名ミュージシャン、アスリートをはじめとした友人、ファンクラブからの当選者ら。都内某所のイベントスペースは開場とともに超満員の大盛況となった。

Def Jam Recordingsの数々の新旧交えたヒップホップとAK-69の代表曲がDJブースからフロアに鳴り響き、まさに“KING OF HIPHOP”のイベントらしい熱いストリートな雰囲気の中、AK-69が登場。イベントは、ニューアルバム『DAWN』からAK-69が解説を交えながらDJとVJが数曲をプレイ、パフォーマンスも挟み、歌詞もきっちり見せるという、AK-69がどれだけ想いを込めた、また自信に満ち溢れたアルバムかがわかる、非常にユニークなスタイルで進行した。

まずは、アルバムのタイトル曲「DAWN」、「Flying Lady feat.CITY-ACE, HIDE春」を解説後、「Flying Lady feat.CITY-ACE, HIDE春」をパフォーマンス。その後、先行配信でスマッシュヒットを記録している「Forever Young feat.UVERworld」の制作秘話などを交えながらプレイ。“UVERworldのTAKUYA∞の後輩がAK-69のファンで、TAKUYA∞にそのUVERworldとAK-69の世界観が似ていて“絶対合う”と言っていたのがきっかけとなり、実現した奇跡のトラック”とコメントした。

次に、同じくフィーチャリング曲として「Rainy Days feat.清木場俊介」の制作エピソードを紹介。この出会いも共通の知人によるもので、AK-69自身めったにない“やってやったぞ!”という最高のライヴを会場で清木場俊介が観て、AK-69の音楽に共感し、その後にダメモトでお願いして形になったという。

続くAK-69史上初となるドラマ挿入歌「Baby」は、恋愛の“こっ恥ずかしいことは普段口にだせないけれど、歌だとうたえるという、音楽家の特権”的な曲で、大切なひとことひとことを味わってほしい歌と説明し、パフォーマンスをした。

次の楽曲は、アルバムの肝になっている曲のひとつ「上ヲ向イテ」。“いままでは絶対またやってやるというアティテュードの曲が多かったが、この曲は、友人と負けちまったなと言いながら夕方をとぼとぼ歩くというイメージ。でも、負けても上ヲ向イテ行こうという友人でもある元中日ドラゴンズ監督谷繁元信氏の悲しいドラマがあった時に作った曲。敗れた。でも上を向いていこう。人間として大事なテーマ。リリックを聴いて欲しい”という熱いメッセージとともに、リスニングとなった。

自身のマネジメント会社名でもある「Flying B」は、マネジメントを立ち上げ、歌詞にもある《地べたから来た男にはいま羽が・・・》という独立した際、“玉砕するかもしれないけど闘う、針の穴の確率でも勝負に出たい”というこれまた重厚な想いで作られた曲としてパフォーマンスした。

そして、最後にはまさにAK-69のストリートから始まった自身のそのままを歌ったヒップホップアンセムとなっている「KINGPIN」のMVを上映して終了となった。

また、AK-69は今回のアルバム発売日11月23日からアルバム自体についても言及。11月23日はもともと自分で決めたリリース日ではなく、Def Jam Recordingsが設定した日にちとのことで、“ZEPPのツアーを終了したばかりで自分では2016年年末か年明けかと思っていた。そんな時間が明らかに短い制作スケジュールの提案となったリリース日に対し、ノーと言いたくなかった”という。実際に制作に入ると“すごいスムーズに”制作が進行、そして気づいたのが同郷の盟友、TOKONA-Xの命日11月22日の次の日が発売日だったということ。TOKONA-XがDef Jam Japanと契約を勝ち取り、嬉しくもあり悔しくもあったあの想い。そして、彼の1stシングルに“ペーペーだった”時に自信をシングルにフィーチャーしてくれたという思い出に触れ、運命的なアルバムとなったと話した。

そこからタイトルも“新章”というイメージの夜明け=『DAWN』(ドーン)と名付けた。つまりはTOKONA-Xに捧げ、散っていった仲間に捧げ、今日集まってくれたみなさん、“背負って”いる、みんなと一緒に“ドーン”を迎える、そんなアルバムと説明した。

【セットリスト】
01. Flying Lady feat. CITY-ACE, HIDE春
02. Baby
03. Flying B

【関連リンク】
AK-69 オフィシャルHP
UVERworld、アリーナツアーで新曲を続々披露!
UVERworld、2015年の日本武道館でのクリスマスライヴ映像を独占放送
AK-69、UVERworldとの熱き対バンが蘇る「Forever Young feat. UVERworld」MV完成

【関連アーティスト】
UVERworld, AK-69
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ, イベント













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1