歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年11月23日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
ニコラス・エドワーズ、メジャー1stフルアルバムの最新ビジュアルを公開
Wed, 23 Nov 2016 21:00:00 +0900
ニコラス・エドワーズ (okmusic UP\'s)

“次世代Global Pop Star"ことニコラス・エドワーズのポニーキャニオン移籍第1弾、通算3枚目となるメジャー1stフルアルバム『GO EAST』『GO WEST』(11月30日リリース)の最新ビジュアルが公開された。

【その他の画像】ニコラス・エドワーズ

今回のアルバムは、“日本”=“GO EAST”と、“アメリカ”=“GO WEST”という、ニコラスの人生にとってかけがえのない2つのルーツを統合した作品。日本語版とミックスが異なる英語版があり、インディーズ時代からリリースしてきたニコラスならではのダブルリリースとなる。

人生を変えてしまった“J-POP/邦楽”“日本語”が持つ言葉の力を信じて表現した日本語版『GO EAST』と、自身のルーツとも言える“洋楽”のキャッチ―さとスタイリッシュさを大事にして制作した英語版『GO WEST』。洋楽と邦楽の融合・統合性の高い作品となった。

今作は、佐藤準、IKUO、YOFFYをはじめとする過去2作のアルバムの制作チームによる楽曲と、先行シングル「Freeze」で初のダンスポップナンバーを手掛け、トータルプロデュースもしたJeff Miyaharaがアレンジ、プロデュースした楽曲(ニコラス・エドワーズ作詞・作曲)も3曲収録。ニコラス自身の過去、未来も融合した作品にもなっている。

特に、音域の広さと豊富なバリエーション、テクニックを駆使し、日本語の歌詞の奥深さ、人間の感情の機微を見事に表現。ニコラス以外誰も成し得ることのできないオリジナリティーを発揮している。

アートワークも先行シングル「Freeze」同様、気鋭のクリエイターが集結! ビジュアルプロデューサーにはユニクロ、資生堂グローバルなどのクリエイティブディレクターとして数多くの受賞歴を持ち、国際的に活躍するタナカノリユキ、そしてレディー・ガガ、ビヨンセをはじめ、トップアーティストやセレブリティーを撮影し続け、世界的に活躍する写真家のレスリー・キーという超豪華な布陣だ。

ニコラス作詞・作曲によるアルバム収録曲「We Get By」のレコチョクでの先行配信もスタート。11月22日付のシングルランキングでは、総合デイリー3位、J-POPランキングデイリー2位を獲得した。

そして、街中でひときわ目を引く“巨大ニコラス”の超大型「ビジュアルシート」(高さ15.7m×幅6.35m(約100平米))が、渋谷マルイ壁面で掲出中!

12月3日(土)には、東京・EX THEATER 六本木でワンマンライヴ「MOTION 2016 CHRISTMAS CONCERT」を開催することが決まっている。

■「We Get By」先行配信 レコチョク
https://recochoku.jp/song/product/1005496050/?affiliate=4350010192

■アルバム『GO EAST』 -Japanese ver.-

2016年11月30日発売
【Limited Edition】(CD+DVD)
PCCA-04448/¥4,400(税込)
※スペシャルパッケージ仕様
※ブックレット(24ページ)付き
※購入者特典応募抽選券(1)封入
【通常盤】
PCCA-04449/¥3,300(税込)
※トレーディングカード1枚ランダム封入(全3種/初回生産分のみ)
※オリジナルシール(全1種/初回生産分のみ)
※購入者特典応募抽選券(2)封入(初回生産分のみ)
<収録曲>
■CD
01.Freeze
02.We Get By 他
※曲順未定
■DVD ※Limited Editionのみ
01.Freeze(MV Full ver.)
02.Behind the Scenes -MV Shooting-
03.Behind the Scenes -Cover Shooting-

■アルバム『GO WEST』 -English ver.-

2016年11月30日発売
PCCA-04450/¥3,300(税込)
※トレーディングカード1枚ランダム封入(全3種/初回生産分のみ)
※オリジナルシール(全1種/初回生産分のみ)
※購入者特典応募抽選券(3)封入(初回生産分のみ)
<収録曲>
■CD
01.Freeze
02.We Get By 他
※曲順未定

■「MOTION 2016 CHRISTMAS CONCERT〜Silent Night with Nicholas Edwards〜」

12月03日(土) 東京 EX THEATER六本木
開場:16:00/開演:16:30

【関連リンク】
ニコラス・エドワーズ オフィシャルHP
ニコラス・エドワーズ、リリースイベントで500人のファンを魅了
ニコラス・エドワーズ、初の大阪単独公演で感謝とともに新たなる出発を宣言!
ニコラス・エドワーズ、アメリカ・ポートランド単独凱旋公演終了

【関連アーティスト】
ニコラス・エドワーズ
【ジャンル】
J-POP

miwa&坂口健太郎「アイオクリ」、1コーラスバージョンの配信がスタート
Wed, 23 Nov 2016 19:00:00 +0900
劇中でmiwa、坂口健太郎、竜星涼、泉澤祐希が組むバンド“The STROBOSCORP” (okmusic UP\'s)

11月23日より、iTunes Storeやmoraなど各配信サイトで「アイオクリ」の1コーラスバージョンが配信された。

【その他の画像】miwa

この楽曲は映画『君と100回目の恋』において、miwa、坂口健太郎、竜星涼、泉澤祐希が組むバンド“The STROBOSCORP”がクライマックスで歌う劇中歌。

劇中で演奏される「アイオクリ」は、坂口演じる“陸”が作った楽曲に、miwa演じる“葵海”が歌詞を付けて、二人で完成させていくもの。実際に楽曲を提供したのは、ジャンルレスかつ緻密なサウンドアプローチと傑出した音楽性で人気を博す、andropの内澤崇仁だ。作詞は主人公の“葵海”としてmiwaが担当している。

■「アイオクリ(1コーラスver.)」配信
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1176828635?at=10lpgB&ct=4547366288858_al&app=itunes
・レコチョク
http://recochoku.com/s0/aiokuri-onechorusver/
・mora
http://mora.jp/package/43000001/4547366288858/

■「アイオクリ」MV(ショートバージョン)
https://youtu.be/RrBc_JShIak

【関連リンク】
miwa オフィシャルHP
andropが2年ぶりのライブハウスツアー開催を発表
miwa、母校・慶応大学の学園祭で凱旋ライブ!学生時代の貴重な裏話も!
androp、アルバム『blue』からまたもMV公開! 2曲から見えてくるコンセプトとは?

【関連アーティスト】
miwa, androp
【ジャンル】
J-POP, 映画

川本真琴の確かな才能を余すところなく詰め込んだデビューアルバム『川本真琴』
Wed, 23 Nov 2016 18:00:00 +0900
『川本真琴』(\'97)/川本真琴 (okmusic UP\'s)

先日、デビュー20周年記念のセルフカバーアルバム『ふとしたことです』のリリースにあたって初めて川本真琴に取材させてもらった。セルフカバー作となれば当然、元曲と聴き比べてインタビューに臨む。正直に白状すると、この機会にほぼ初めて本腰を入れてデビュー当時の彼女の作品を聴いたのだが、そのセンスの高さはバッチリ確認できた。驚いたのは、サウンド面も実に素晴らしいアルバムであったこと。今頃、そこに気付いたのはは恥ずかしくもあるが、恥の上塗りを承知で、彼女のデビューアルバム『川本真琴』を解説してみようと思う。

【その他の画像】川本真琴

■先達からの遺伝子を付け継いだメロディー

改めて言うことではないかもしれないが、まず川本真琴のソングライティングについて抑えておきたい。独特の抑揚を持ちつつも、しっかりとキャッチーなメロディーラインが何と言っても特徴的だ。当時、きちんと川本真琴の作品を聴いていたわけではなかったが、「愛の才能」や「DNA」「1/2」を耳にして、“ガールポップにも新しい才能が出てきたなぁ”なんて思っていたことをつい最近のことのように思い出す。そのメロディーセンスは「愛の才能」のコンポーザーでもあり、彼女自身もファンを公言していた岡村靖幸譲りと言ってしまえば簡単だが、決して師匠のエピゴーネンなどではなく、サビが開放的に突き抜けるように聴こえる作りは彼女のオリジナリティーと言っていい。この辺は「愛の才能」と「1/2」とを聴き比べれば分かると思う。同じ恋愛ものでも前者は何かいけないことをしているような聴き応えがあるが、後者は歌詞の主人公を応援したくなるような明るさを持っている。音符の多さは岡村ちゃん以外には、ジョニ・ミッチェルやボブ・ディラン、あるいは井上陽水からの影響もあるといい、その辺の要素をわりと意識的に取り入れていたらしい。

■絶妙な言葉の乗せ方が生むキャッチーさ

文字数の多い歌詞も、これまた当時の彼女の作風である。リフレインも多い。
《あの娘にばれずに 彼にもばれずに kiss しようよ/明日の一限までには 何度も kiss しようよ/愛の才能ないの 今も勉強中よ「SOUL」》(M2「愛の才能(ALBUM VERSION)」)。
《ぐるぐる まわってる まわってる まわってる/やっぱりあなたが好き/何でこんな息してるだけで ギュッてされてるみたいに 好き》(M4「DNA」)。
《唇と唇 瞳と瞳と手と手/神様は何も禁止なんてしてない/愛してる 愛してる 愛してる/あたしまだ懲りてない 大人じゃわかんない/苦しくて せつなくて 見せたくて パンクしちゃう》(M10「1/2」)。
上記の歌詞はいずれもサビの半分くらいである。他者のバラードならこれでB〜サビくらいの分量かもしれない。ただ、言葉が多いには多いが、それがちゃんとメロディーに乗っているからだろう。字余り感はないというか、少なくとも過剰にあふれているような印象はない。音符も言葉も多いが、キャッチーなのは、そのマッチングが見事だからだと思う。

歌詞に関してはもう一点、その時代性についても注目してみた。“女性上位”(ジェンダー的観点からすると、今この言葉を使うのは好ましくないかもしれないが…)な内容はポップで清々しい。20年前には新しい価値観として見られたのだろう。ただ、奔放なだけでなく、その一方で、下記のM6「タイムマシーン」のような揺れる想いが綴られているのもバランスがいい。
《そばにいたいよ 君の彼女で 明日変わるね あたし変わるよ/だから さよならきっとできる、でもベランダではかないあたしはいったい?/眠れないのは ほっとくだけ ほっとくだけ》(M6「タイムマシーン」)。
さらに見逃せないのは、M7「やきそばパン」辺りに垣間見えるもの──この時代ならではの、当時の若者が抱いていた漠とした不安感ではないだろうか。
《あたし目が覚めたら 今日もまたあたしだった Dear Day Dear Sun/日課の散歩のついでに今日も保健室に行こうっと Dear Friend》《ねぇ、ユミコなら夕べは たぶんお泊まりしてるのダーリンち/ユカも全然出て来ないし そっとしておいて欲しい事情/「ここは暗記しとけ」って 心打だない言葉ね Teacher/だけど窓際特別なの チョークがキラキラ舞って》(M7「やきそばパン」)。
これだけで彼女を“女・尾崎”というのは間違っているだろうが、過去そう呼ばれたその他大勢よりも、尾崎豊さながらにリアルに時代を切り取っていたと思う。

■多彩なサウンドメイキング

冒頭でも述べた通り、アルバム『川本真琴』はそのサウンドも素晴らしい。彼女に対して半可通な知識しか持ち合わせていなかった筆者でも、「DNA」や「1/2」でアコギをかき鳴らしていた姿が印象に残っている。それゆえに──勝手な話だが、そのサウンドはフォーキーなものが中心だと思っていたら、これが大間違い。サウンドメイキングは実に多彩だ。確かにM4「DNA」辺りはアコギの音を前面に出してはいるが、バックはパーカッシブなリズムが支えており、各パートが重なり合って独特のグルーブを生んでいる。また、イントロと間奏でサイケデリックな音使いを聴かせるM1「10分前」でバンジョーをフィーチャーしていたり(ギターでバンジョー的な音色を出しているかもしれない)、ソウルフルなM8「LOVE&LUNA」ではフルートの音色が印象的だったり、楽器の選び方も興味深い。M3「STONE」で随分と分厚いロックサウンドを聴かせると思ったらSPARKS GO GOが参加していたり、それ以外の楽曲でも佐橋佳幸(Gu)、有賀啓雄(Ba)、江口信夫(Dr)ら名うてのミュージシャンがその名を連ねている。新人アーティストとしては破格の音作りがなされており、いかに川本真琴というアーティストが嘱望されていたかも分かる。

■CDならではの凝った作り

さて、アルバム『川本真琴』はメロディー、歌詞、サウンド、どれもオリジナリティーあふれる一線級であるわけだが、それ以外にも逃せないところがある。それはCDパッケージそのものだ。彼女の顔が映ったジャケット。これはまさにクローズアップで、織り込まれたジャケットを開くと全身を見ることができる。小さめのポスターっぽい作りだ。また、その裏面に載せられた歌詞カードも楽しい。全10曲のフォント(書体)がそれぞれ異なっており、言葉の共通点がある部分は互いのフォントが交換されている。例えば、M3「STONE」の《MARKETでみっけた しみだらけの地図》と、M4「DNA」の《カーブでふざけてコーラを/こぼしたあの夏の地図は》とであったり、M6「タイムマシーン」の《ひとりぼっちでいなくちゃダメなの?》と、M7「やきそばパン」の《ひとりぼっちで屋上 やきそばパンを食べたい》とであったり。ちょっとパンク風なアートワークというか、『じょうずなワニのつかまえ方』的というか(分かる人には分かる)、音源データのやり取りではあり得ない、CDというマテリアルだからこそ成し得た仕事にも是非注目してほしい。

【関連リンク】
川本真琴、初のピアノ弾き語り&セルフカバー盤より「愛の才能」と「fish」の先行試聴がスタート
川本真琴、「愛の才能」「1/2」等の名曲を含むデビュー20周年記念盤を11月23日に発売
川本真琴、宇都宮隆、杏子ら「コンクリート・レボルティオ」で往年の名曲歌う
「残響祭 10th ANNIVERSARY」の千秋楽、Zepp DiverCity公演が大盛況!

【関連アーティスト】
川本真琴
【ジャンル】


岸田 繁(くるり)、管弦楽小作品のCDを会場限定リリース
Wed, 23 Nov 2016 18:00:00 +0900
岸田 繁 (okmusic UP\'s)

11月23日に配信リリースとなった、岸田繁(くるり)の「管弦楽のためのシチリア風舞曲」が12月4日(日)と6日(火)に京都・東京で行なわれる『京響プレミアム 岸田繁「交響曲第一番」初演』で、CDとして会場限定販売されることが決定した。

【その他の画像】くるり

クラシック音楽を愛してやまない岸田は昨年より、京都市交響楽団からのオファーで同交響楽団のコンサートのためのオーケストラ作品を制作。夢だった自身初のオーケストラ作品「岸田繁 交響曲第一番」を完成させた。敬愛する名門・京都市交響楽団、そして世界的指揮者・広上淳一による、入魂のシンフォニーの世界初演が12月4日(日)と6日(火)に京都・東京で開催となる。

その初演で販売される「管弦楽のためのシチリア風舞曲」は、トヨタ自動車“5大陸走破プロジェクト”WEBムービーに岸田が書き下ろした管弦楽曲。繊細かつ雄大な楽曲を形づくる管弦楽器の響きは豊穣であり、短い曲想の中でフレンチホルンや木管楽器などが美しい響きを溶かすようなアレンジは白眉。何よりも作曲家としての卓越した岸田のスキルと能力を隅々から感じることができる。CDには、「管弦楽のためのシチリア風舞曲Op.1-1」「管弦楽のためのシチリア風舞曲Op.1-2」の2曲が収録される。価格は648円(税抜)。

■配信「管弦楽のためのシチリア風舞曲」

配信中 ¥500(税込)
<収録曲>
01.管弦楽のためのシチリア風舞曲Op.1-1
02.管弦楽のためのシチリア風舞曲Op.1-2

■レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1005480995/
■レコチョク(ハイレゾ)
http://recochoku.jp/album/A1005481289/
■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1174255797?app=itunes&ls=1
■mora
http://mora.jp/package/43000005/VEAWA-33877/
■moraハイレゾ
http://mora.jp/package/43000005/VEAHD-11533_F/

■「京響プレミアム 岸田 繁 交響曲第一番 初演」

12月04日(日) 京都 ロームシアター京都 メインホール
12月06日(火) 東京 東京オペラシティ コンサートホール

<出演>
岸田 繁(くるり)、広上淳一(指揮)、京都市交響楽団
<演目>
第一部 岸田 繁 with 京都市交響楽団
第二部「岸田 繁 交響曲第一番」

【関連リンク】
岸田 繁 オフィシャルHP
岸田 繁(くるり)、「管弦楽のためのシチリア風舞曲」配信リリース決定
城 南海、アルバム『月下美人』スポット映像で徳光和夫が涙
UVERworld、アリーナツアーで新曲を続々披露!

【関連アーティスト】
くるり, 岸田 繁
【ジャンル】
ジャパニーズロック, クラシック

THE ORAL CIGARETTES、約1年ぶりのニューアルバム『UNOFFICIAL』をリリース!
Wed, 23 Nov 2016 17:00:00 +0900
THE ORAL CIGARETTES (okmusic UP\'s)

THE ORAL CIGARETTESが、11月22日にZepp Tokyoで行なわれた東名阪ワンマンツアー『唇ワンマン TOUR 2016〜キラーチューン祭り東名阪ワンマンの巻〜』最終公演にて2017年初春にニューアルバム『UNOFFICIAL』をリリースすることを発表した。

【その他の画像】THE ORAL CIGARETTES

アルバムの発売は1月にリリースされた『FIXION』以来約1年ぶりとなり、最新シングル「5150」「DIP-BAP」を含む全10曲が収録される。リリース詳細は後日発表されるとのことなので、続報を待とう。

今回の『唇ワンマン TOUR 2016〜キラーチューン祭り東名阪ワンマンの巻〜』は全公演ソールドアウト。2017年4月からは全国ワンマンツアー、さらに6月16日には日本武道館公演を開催するなど、今後の彼らの動きから目が離せない。

なお、武道館公演の最速先行であるファンクラブ先行が11月22日より開始となったので、忘れずにチェックしてほしい。

■『THE ORAL CIGARETTES 唇ワンマンTOUR 2017』

4月06日(木) 岡山・岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
4月08日(土) 香川・高松 festhalle
4月09日(日) 高知・高知 CARAVAN SARAY
4月11日(火) 北海道・札幌 PENNY LANE 24
4月12日(水) 北海道・札幌 PENNY LANE 24
4月16日(日) 宮城・仙台PIT
4月23日(日) 新潟・新潟 LOTS
4月27日(木) 福岡・福岡 DRUM LOGOS
4月28日(金) 福岡・福岡 DRUM LOGOS
4月30日(日) 広島・広島 CLUB QUATTRO
5月4日(木・祝) 愛知・Zepp Nagoya
5月12日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside
6月16日(金) 東京・日本武道館

【関連リンク】
THE ORAL CIGARETTES オフィシャルHP 
THE ORAL CIGARETTES、2017年6月に日本武道館ワンマン開催決定!
go!go!vanillasが2017年新春ツアーでOKAMOTO\'S、オーラルらと対バン
オーラル、『唇対バンTOUR』横浜公演でMUCC&ビレッジマンズストアとガチンコ3マン!

【関連アーティスト】
THE ORAL CIGARETTES
【ジャンル】
ジャパニーズロック

高橋優、初の自伝『Mr.Complex Man』&MTVアンプラグドライヴ映像作品発売決定
Wed, 23 Nov 2016 16:00:00 +0900
書籍「高橋 優自伝 Mr.Complex Man」 (okmusic UP\'s)

高橋優が33歳の誕生日にあたる12月26日に、自身初の自伝『Mr.Complex Man』を発売することがわかった。

【その他の画像】高橋優

高橋のいじめられっ子の幼少期、みずからを“中学デビュー”と表現する思春期の秋田時代、デビューへのきっかけとなった北海道でのインディーズ・ストリート時代、そしてメジャーでの紆余曲折を経て、33歳の誕生日を迎えるまでの人生を徹底的に語り下ろす、コンプレックスを抱えたすべての愛すべき人達へ送る、高橋のリアルがつめられている。

自伝のタイトル『Mr.Complex Man』は、先日発売されたアルバムの1曲目と同名であり、本の制作にあたり行った19時間に及ぶ本人への取材で語られ、320ページに及ぶヒストリーにまとめられた、昔と今の高橋優を象徴するキーワードである。

発売日に先駆け、12月25日の『高橋 優 全国ホール&アリーナツアー2016-2017「来し方行く末」』沖縄市民会館公演では本書の先行販売も実施。翌26日にはジュンク堂書店・那覇店での予約及び購入者、市民会館ライヴでの購入者対象の発売記念イベントも開催する。なお、沖縄公演に合わせて開催される高橋優ライヴ観覧ツアーの詳細もアナウンスされているので、オフィシャルHPで詳細を確認しよう。

さらに、今年7月20日に 都内で開催されたこの日限りのアコースティック編成でのスペシャルライヴ『MTV Unplugged:Yu Takahashi』から、MTVでは放送されなかった4曲を含む全15曲とトーク部分を収録した貴重な映像作品が2017年1月25日に発売することも発表された。この日は200名限定の超レアアコースティックライブで、「明日はきっといい日になる」や「太陽と花」などの代表曲に、「福笑い」のピアノを中心としたアレンジや、フラワーカンパニーズの「深夜高速」のカバーなど、この日限りの貴重な音源も収録されている。初回プレス盤は、DVD、Blu-ray共にフォトブックやスペシャルパッケージ仕様となっている。

■書籍『高橋 優自伝 Mr.Complex Man』

2016年12月26日発売
¥2,000(税込)
サイズ:四六判・ハードカバー
出版社:(株)シンコーミュージック・エンタテイメント

■書籍『高橋 優自伝 Mr.Complex Man』発売記念イベント情報

12月26日(月) 沖縄 ジュンク堂・那覇店 D-NAHA地下1階 イベントスペース
13:00スタート※16:00終了予定
対象者:ジュンク堂・那覇店での事前予約購入者、12月25日沖縄市民会館先行販売での購入者、12月26日ジュンク堂書店・那覇店購入者の順で整理番号付参加券を配布。ご購入頂いた書籍に、高橋優がサインいたします。
※本書以外へのサインは行いません。あらかじめご了承下さい

■DVD&Blu-ray『高橋優 MTV Unplugged』

2017年1月25日発売
【DVD 初回プレス盤】
WPBL-90413/¥4,500+税
【Blu-ray 初回プレス盤】
WPXL-90142/¥5,500+税
※豪華フォトブック+スペシャルパッケージ 他
※初回プレス盤が分なくなり次第、通常仕様に切り替わります。
<収録曲>
01.陽はまた昇る
02.こどものうた
03.クラクション
04.BE RIGHT
05.同じ空の下
06.光の破片
07.さくらのうた
08.産まれた理由
09.深夜高速(カバー曲)
10.太陽と花
11.現実という名の怪物と戦う者たち
12.素晴らしき日常
13.明日はきっといい日になる
14.WEEKEND JOURNEY
15.福笑い

【関連リンク】
高橋優 オフィシャルHP
高橋優、横浜アリーナ公演のチケット一般発売迫る!
高橋優、「光の破片」が映画『orange ?未来-』EDテーマに決定&「BEAUTIFUL」リリックビデオ公開
高橋優、「明日はきっといい日になる」の新バージョンMVは主催フェス仕様

【関連アーティスト】
高橋優
【ジャンル】
J-POP

桑田佳祐の『THE ROOTS』の魅力を友近と音楽評論家・田家秀樹がGYAO!特番で徹底解説
Wed, 23 Nov 2016 15:30:00 +0900
友近×田家秀樹 (okmusic UP\'s)

11月30日にBlu-ray & DVDで発売される、桑田佳祐の豪華で贅沢な一大音楽エンタテインメント作品『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』。そのリリースを前に、動画サイト「GYAO!」で音楽評論家の田家秀樹とお笑い芸人の友近が本作の魅力に迫るトーク番組『GYAO!特別音楽番組「桑田佳祐“THE ROOTS〜偉大なる歌謡曲に感謝〜”」の楽しみ方!』が配信されることが決定した。

【その他の画像】桑田佳祐

番組は、11月25日(金)21:00〜21:20、11月28日(月)21:00〜21:20の計2回にわたって配信される。

『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』は、自身のルーツミュージックである歌謡曲の中から“東京”を題材にした数々の曲を集めて歌い上げるという貴重な企画がBlu-ray & DVDとなるもの。そんな桑田佳祐による一大“歌謡”エンタテインメントを余すところなく楽しみ尽くしていただくべく、動画サイトGYAO!で特別音楽番組が配信される。

『GYAO!特別音楽番組「桑田佳祐“THE ROOTS〜偉大なる歌謡曲に感謝〜”」の楽しみ方!』では、『THE ROOTS』の初回盤に同梱のルーツミュージックマガジンの中で桑田にインタビューをしている音楽評論家の田家秀樹ならではの視点と深い歌謡曲への知識で作品の見どころを解説しながら、桑田佳祐のファンでもあり、歌謡曲好きなお笑い芸人の友近と軽妙なトークを繰り広げる。さらに、作品の中から発売に先駆けて楽曲の映像を一部観ることもできるとのこと!

そして、「GYAO!」では、ニューシングル「君への手紙」のMVが配信スタート! さらに、『THE ROOTS』から「神田川」を期間限定で公開中だ。

「君への手紙」のMVは、桑田の背に翼が生える姿に注目! 原曲に忠実なアレンジと生楽器の醍醐味を感じさせる豪華な演奏で桑田が歌い上げる「神田川」は、テレビでの放送時にも大きな反響があったナンバーで、映像を観ると作品への期待が高まるはず!

■『GYAO!特別音楽番組「桑田佳祐“THE ROOTS〜偉大なる歌謡曲に感謝〜”」の楽しみ方!』配信ページ
http://gyao.yahoo.co.jp/music-live/
■「神田川」動画 http://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v08611/v0994000000000543311/
■「GYAO!」桑田佳祐ページ
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00091/v08611/

■Blu-ray & DVD『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』

2016年11月30日発売
【初回限定盤 Blu-ray】(Blu-ray+7inchレコード+Book)
VIZL-1500/¥7,000+税
【初回限定盤 DVD】(DVD+7inchレコード+Book)
VIZL-1501/¥7,000+税
【通常盤 Blu-ray】
VIXL-800/¥6,000+税
【通常盤 DVD】
VIBL-1000/¥6,000+税
<収録曲>
■Blu-ray & DVD
※()内は原曲アーティスト
01.東京の屋根の下(灰田勝彦)
02.あゝ上野駅(井沢八郎)
03.赤坂の夜は更けて(西田佐知子)
04.有楽町で逢いましょう(フランク永井)
05.ウナ・セラ・ディ東京(ザ・ピーナッツ)
06.東京ドドンパ娘(渡辺マリ)
07.車屋さん(美空ひばり)
08.すみだ川(島倉千代子)
09.たそがれの銀座(黒沢明とロス・プリモス)
10.東京ナイト・クラブ(フランク永井・松尾和子)
11.男はつらいよ(渥美清)
12.新宿の女(藤圭子)
13.新宿そだち(津山洋子・大木英夫)
14.紅とんぼ(ちあきなおみ)
15.北国の春(千昌夫)
16.神田川(かぐや姫)
17.東京砂漠(内山田洋とクール・ファイブ)
18.唐獅子牡丹(高倉健)
19.東京(桑田佳祐)
20.悪戯されて(桑田佳祐)(Bonus Track)
■7inchレコード ※初回限定盤のみ
01.悪戯されて
02.東京ドドンパ娘(TOKYO Big Band Session)

◎初回限定盤のみ
※解説本『ルーツミュージック マガジン』封入
※桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 〜悪戯な年の瀬〜」のライブ・ビューイング参加応募券封入

【関連リンク】
サザンオールスターズ オフィシャルHP
桑田佳祐が落語家デビュー!? 『SONGS』で落語に挑戦&シングル収録曲すべて披露
桑田佳祐、異例のラジオ2局同時生放送でスペシャル・プログラムをオンエア!
桑田佳祐、新曲「悪戯されて」MVは広末涼子との“歌謡サスペンスビデオ”に!?

【関連アーティスト】
桑田佳祐, 友近
【ジャンル】
J-POP

倉木麻衣、日本初のVRシングルで東市篤憲監督とコラボ! 最先端の映像作品を体験せよ
Wed, 23 Nov 2016 15:00:00 +0900
倉木麻衣 (okmusic UP\'s)

倉木麻衣が日本初となるVRシングル「YESTERDAY LOVE」をリリースすることが決定した。

【その他の画像】倉木麻衣

今作は倉木麻衣の真骨頂ともいえるグルービーなアップチューンで、疾走感溢れるサウンドに畳み掛けるように乗せられたフレーズの数々が印象的な一曲になっている。この曲の世界観を表現するにあたり、何か特別な表現方法をと検討が重ねられ、VRシングルでのリリースが決定したという。

目にも鮮やかな演出がひときわ目を引くMVは、レーザーの魔術師として名を馳せる東市篤憲監督との夢のコラボレーションが実現。東市篤憲監督と言えば一流アーティストのMV制作で知られ、2016年「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で「BEST VIDEO DIRECTOR(もっとも優れたMVのディレクターに授与される賞)」を受賞している。

今作では東市監督の得意とするまばゆいレーザー演出がふんだんに活かされており、監督初となる大量の銀テープとレーザーのコラボレーション演出も大きな見ものとなっている。

そして今回、この映像の世界観をより楽しんでもらうために最先端のカメラ技術を駆使し360°MVが制作された。360°を撮影する中で、レーザーを美しく撮影することを唯一可能にする超高精細カメラ「idoga VR 360カメラ」を使用した4K高画質360°VRは、今までに見たことのない世界観を演出している。専用アプリ、もしくはURLを使用してスマホに映し出されたMVをオリジナルメガネ「HOMiDO《mini》」で見ると、あたかも自分がMVの世界に紛れ込んだような錯覚を覚える。なお、映像の世界観を印象的に表現するにあたり、倉木は初の姫カットにも挑戦。黒の衣装との相性も抜群で、今までにない倉木が表現された映像作品となっている。

また、今作「YESTERDAY LOVE」は12月17日よりTVアニメ『名探偵コナン』EDとしてOAされることも決定。さらに、3月からは全国ライヴをスタート。怒涛の勢いで様々な情報を発信する倉木の進化はまだまだ終わりそうにない。

■YESTERDAY LOVE」VRMV(パイロット版 Vol.1)
https://www.youtube.com/watch?v=NoxGyDsIVwM

■倉木麻衣 コメント

今回は、新しいことに挑戦できたらと、スタッフさんから360°MV撮影のお話を頂き、ご紹介頂いた東市監督さんに「YESTERDAY LOVE」の世界観を引き出し、広げて頂いたミュージックビデオになります。 髪型やファッションも東市監督のご意見を伺い、姫カットしてみたら似合うんじゃないかとのことで…前髪パッツンなんて中学生以来だぞ!と思いましたが、賛否両論あるかとは思いますがトライさせて頂きました(笑)今回いつもの撮影と違って、東市監督や、カメラマンさん、スタッフさんは別の部屋でモニターを見守っている中、隣の部屋で撮影するという、まるで自撮りをするかのような撮影スタイルで、自由に自演でき(笑)面白かったです。 そして、東市監督の素晴らしいレーザーを駆使しての撮影で、美しいレーザーの中普段体験できない世界を体験させていただいたので、終始「キレイ! 元の世界(笑)に戻りたくないなぁ」と感動しっぱなしでした。ベストテイクが撮れるまで何回も撮影は続き、ダンサーさんと全力での撮影だったので、息切れ感が最後まさにランナーズハイ的な感じで、撮影終了時は足が棒のようになってました。出来上がりを見て‥「ワォ!これが私っ?」て"わたしの しらない わたし"がいました(笑) 素晴らしい企画を提案して下さったスタッフさんや、レーザーの世界で新しいミュージックビデオを引き出して下さった東市監督と最高の撮影チームの皆さん!本当にありがとうございました!! 撮影後の映像を見たときはドッペンゲルガーに会っちゃったという感じで、すぐそこに自分が!(笑)そして、360°ぐるーっと見回してみるとリアルすぎて現実との境目が…分からなくなり…夢か現実か、現実か夢か…(笑)とにかく、口頭でお伝えするより、是非一度、ご覧いただけたら嬉しいです。

■東市篤憲監督 コメント

今作は360°レーザーの中に、倉木さんが包まれて撮影するということを行ないました。そこが一番見所かなと思っています。
あと倉木さんが今までしたことないヘアスタイル、姫カットと言われる髪型に挑戦したのも、見所の1つだと思います。
レーザーを6発使っているんですけど、360°から全部包まれるように、倉木さんの上に頭上に対してのレーザーと、床・足元に対して打っています。
それで、彼女が本当にレーザーの中にいるということをトライしたんですけど、とても新しい画が撮れたと思っています。
それから、銀テープをたくさんぶら下げてその筒の中にも包まれて撮っているんですけど、それも今まで見たことのない映像が撮れて、かなり幻想的かつ不思議な空間、異空間ができたかなと思ってます。

■技術スタッフ代表 コメント

今回の作品リリースで注目すべき点は、この楽曲のために通常のMVと360VRMVを、同じ世界感・コンセプトで撮り下ろしたところです。
自由に見たいと思う主観的な視点で表現可能な360VRとアーティストサイド側から伝えたい世界感とを比べて見ることができる新しい映像表現です。
世界初のVRシングルとして、他に例を見ない試みだと思います。
更に今回、国内初として、360映像のプレミアムコンテンツと世界で最も人気のあるフランスのHOMiDO社製「HOMiDO mini」をバンドルした、特別仕様の初回盤提供も行ないます。 これは、HOMiDO社の本国フランスでも大いに注目されており、 海外でも注目を浴びることになると思います。

■VRシングル「YESTERDAY LOVE」

2017年1月11日発売
VNXM-3009/¥3,000+税
■初回盤商品情報
・360°MV視聴用QRコード&URL(こちらを使用してスマートフォンで360°VR MVをお楽しみいただけます)
・360°MV視聴用オリジナルメガネ付き(スマートフォンに装着してご使用いただきます)
・Blu-ray(通常のMVをお楽しみいただけます。内容はBlu-ray、DVD同一です)
・DVD(通常のMVをお楽しみいただけます。内容はBlu-ray、DVD同一です)

■「Mai Kuraki Live Project 2017 “SAWAGE☆LIVE"」

3月18日(土) 千葉/成田国際文化会館 大ホール
3月20日(月・祝) 福岡/福岡国際会議場 メインホール
3月25日(土) 愛知/愛知県芸術劇場 大ホール
3月26日(日) 大阪/大阪国際会議場(グランキューブ大阪) メインホール
4月02日(日) 東京/東京国際フォーラム ホールA 

【関連リンク】
倉木麻衣 オフィシャルHP
倉木麻衣が“アジアで最も影響力のある日本人歌手”として認定
倉木麻衣、『名探偵コナン』20周年記念コンサートにスペシャルゲストとして出演
倉木麻衣、「日露文化交流〜日本の春〜10周年記念」スペシャルコンサートに出演

【関連アーティスト】
倉木麻衣
【ジャンル】
J-POP

吉田山田×ZIP-FM『ラジオドラマ』企画スタート! リスナーからの投稿を大募集
Wed, 23 Nov 2016 14:00:00 +0900
吉田山田 (okmusic UP\'s)

吉田山田と名古屋のラジオ放送局ZIP-FMによる『ラジオドラマ』企画「月9ドラマを作ろう」が11月21日よりOAスタートした。

【その他の画像】吉田山田

『ラジオドラマ』企画は、11月21日から2017年1月30日までZIP-FM『GROOVER\'S DIVE』(月〜木21時〜23時)の月曜日『HOT SHOT』(21時35分〜21時50分)内で期間限定レギュラーコーナーとして放送。

初回のOAでは、ナビゲーターの荒戸完から「月曜日の9時だから……月9ドラマを作ろう!」と発表があり、吉田山田と三人で『ラジオドラマ』企画「月9ドラマを作ろう」をスタートさせた。まずは、登場人物、タイトルを協議していく中で、吉田結威(Gu/Vo)の発案で登場人物は自分たちの名前にちなみ、家庭教師のカン、女子高校生のユイ、幼馴染の男子高校生ヨシタケに決定。名古屋の高校を舞台にストーリーが進行していく。

タイトルは仮で『HOT SHOT』に決定したものの、リスナーへタイトル名の投稿を呼び掛ける場面も。今回の企画ではシナリオやシチュエーションもリスナーからの投稿を参考に決められていくので、ぜひHPから投稿してみよう。

さらに、この『ラジオドラマ』の主題歌を吉田山田の2人が書き下ろし、2017年1月29日に愛知県芸術劇場で行なわれる『「Over The Rainbowツアー」〜名古屋 ミステリアスマジックサーカス〜』の中で初披露されることも本人たちの口から改めて発表された。

同ツアーは2017年3月まで毎月1公演ずつ、全公演異なるセットリスト、演出で行なわれる。11月23日に行われる『〜仙台 ミュージックカジノ〜』では、ルーレットを回して出た曲を披露するコーナーがあり、普段はなかなか歌われていないレアな楽曲も候補にあるとのこと。各公演ともチケットは一般発売中だが、すでに完売している公演、残り僅かとなっている公演もあるため、早めのお求めを。

■『ラジオドラマ』GROOVER\'S DIVE × 吉田山田「月9ドラマを作ろう」

番組:ZIP-FM GROOVER\'S DIVE(月〜木21:00〜23:00)の月曜日「HOT SHOT」(21:35〜21:50)内
日程:11月21日(月)〜2017年1月30日(月)
■詳細はこちら
http://zip-fm.co.jp/access/entry/EntryInfo.asp?QNo=13856

■『吉田山田7周年記念7ヶ月7会場マンスリー企画「Over The Rainbowツアー」』

〜仙台 ミュージックカジノ〜
11月23日(水・祝) 宮城・仙台Rensa
〜渋谷 ラブソングシネマ〜
12月25日(日) 東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
<2017年>
〜名古屋 ミステリアスマジックサーカス〜
1月29日(日) 愛知・愛知県芸術劇場
〜札幌 ツートンカラー〜
2月19日(日) 北海道・札幌PENNY LANE 24
「Over The Rainbowツアー FINAL」
〜有明 コズミックダンスホール〜
3月25日(土) 東京・ディファ有明
※終了分は割愛

■DVD『吉田山田祭り2016 at 日比谷野外大音楽堂』

発売中
PCBP.53156/¥5,500+税
<収録内容>
■DISC.1
2016.8.20「吉田山田祭り 2016」@東京・日比谷野外大音楽堂
01.夏のペダル(バラード ver.)
02.新しい世界へ
03.全う
04.ごめん、やっぱ好きなんだ。
05.押し出せ
06.未来
07.魔法のような
08.日々
09.泣いて泣いて
10.てんてんてんて
11.ORION
12.僕らのためのストーリー
13.天使と悪魔
14.YES
15.ガムシャランナー
16.Today,Tonight
17.夏のペダル
■DISC.2
2016.8.20「吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜」TOUR FINAL@東京・日比谷野外大音楽堂
01.約束のマーチ
02.てんてんてんて
03.OK
04.母のうた
05.告白
06.日々
07.好きだよ
08.押し出せ
09.ためいき
-特典映像-
Documentary of "吉田山田DAY” 2016.8.20

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田、リスナーからの体験談をもとにZIP-FMと『ラジオドラマ』を制作
吉田山田、ハロウィンライヴで新曲「RAIN」初披露
吉田山田、一夜限りの生放送「吉田山田のカタコトラジオ」オンエア決定!

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP

京都GATTACAにて開催『ミタケオアシン』にBRAHMANとSABANNAMANの出演が決定
Wed, 23 Nov 2016 13:00:00 +0900
「ミタケオアシン」ポスター (okmusic UP\'s)

京都を中心としたライヴハウスにて定期的に開催されているイベント『ミタケオアシン』が、2017年1月13日に京都GATTACAで行なわれることがわかった。


【その他の画像】BRAHMAN

今回の出演者はBRAHMANとSABANNAMAN。活動20年を超え圧倒的な存在感でシーンの頂点に君臨するBRAHMANと、『FUJIROCK』『京都大作戦』への出演を果たし若手注目度NO.1のSABANNAMANによる狂乱の2マンは見逃せない。

■京都GATTACA オフィシャルHP
http://kyoto-gattaca.jp/
■BRAHMAN オフィシャルHP
http://brahman-tc.com/
■SABANNAMAN オフィシャルHP
http://sabannaman.com/

■『ミタケオアシン』

2017年1月13日(金) 京都 GATTACA
18:00 / 19:00
出演:BRAHMAN/SABANNAMAN

【関連リンク】
ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル、トリビュート盤の詳細がついに解禁
THE COLLECTORS、豪華ミュージシャン集結が集結した『愛ある世界』リリース決定
CHROME主催ライヴイベント『CHROME LIVE“MESSENGER』にBRAHMAN・toeら出演決定
BRAHMAN、バンド初となるハイレゾ音源を解禁

【関連アーティスト】
BRAHMAN, SABANNAMAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

城 南海、アルバム『月下美人』スポット映像で徳光和夫が涙
Wed, 23 Nov 2016 12:30:00 +0900
城 南海 (okmusic UP\'s)

城 南海(キズキ ミナミ)が11月16日(水)に発売 したオリジナル4thアルバム『月下美人』のスポット映像が公開された。

【その他の画像】城 南海

BSジャパン『徳光和夫の名曲にっぽん』でMCとして過去に共演し、司会・アシスタントの間柄を経て、城 南海の活動を当時から温かく見守っている徳光和夫が、同スポットに初出演した。

アルバム『月下美人』を実際にイヤホンで聴きながら撮影に挑んだ徳光は撮影中、“なんだろう、この声、この際限のない幅。癒されるっていう言葉じゃ片付けられないね。南海ちゃんの歌声は、本当に染みるなあ”とその歌声に感心しきり! 撮影が進むと、“泣かされることは普段ないんだけどね、南海ちゃんの声は素晴らしいね。天才だな”と、思わずハンカチで目頭を押さえる場面もあった。

このスポット映像は、城 南海の出演も発表されている11月23日(水)のテレビ東京『THEカラオケ★バトル U-18歌うま大甲子園 2016王座決定戦 4時間SP』内、一部地域(大阪・北海道・岡山・香川)のテレビスポットとして放映されるほか、全国5都市(東京・名古屋・大阪・博多・札幌)の街頭ビジョンでも同日から放送が決定している。

■4thアルバム『月下美人』スポット映像
https://www.youtube.com/watch?v=huzt8c6VREY

■アルバム『月下美人』

2016年11月16日発売
PCCA.04443/¥2,778+税
<収録曲>
1.晩秋
(作詞・作曲 笹川美和)
2.夜の虹
(作詞・作曲 Yu)
3.彼岸華
(作詞・作曲 川浦正大)
4.月下美人
(作詞・作曲 笹川美和)
5.七草の詩
(作詞・作曲 城 南海)
6.風人〜かぜびと〜
(作詞 川上トモノリ 作曲 Gajin)
7.夜の風
(作詞 こじまいづみ 作曲 ただすけ)
8.恋し夢見し
(作詞・作曲 宮島律子)
9.愛唄
(作詞・作曲 冨永裕輔)
10.いつか星になる
(作詞 松井五郎 作曲 松本俊明)
11.アマミデンダ
(作詞・作曲 Noah)
12.祈りうた〜トウトガナシ〜(標準語Ver.)
(作詞・作曲 城 南海)

■「ワンマンライヴツアー 城南海 ウタアシビ2016冬」

11月23日(水) 東京 日本橋三井ホール
11月26日(土) 大阪 umeda AKASO
11月27日(日) 大阪 umeda AKASO
12月01日(木) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
12月02日(金) 福岡 電気ビルみらいホール
12月04日(日) 鹿児島 CAPARVOホール
12月09日(金) 北海道 札幌KRAPS HALL
12月11日(日) 宮城 仙台retro BackPage
12月17日(土) 愛知 名古屋ボトムライン
12月18日(日) 愛知 名古屋ボトムライン
12月23日(金) 東京 日本橋三井ホール ※追加公演

【関連リンク】
城 南海 オフィシャルHP
城 南海が奄美の雄大な自然を味わえる「晩秋」MV公開
城 南海、アルバム『月下美人』ジャケ写公開&リリースイベント開催決定
城 南海、奄美の風を感じる新作に笹川美和の書き下ろし楽曲を収録

【関連アーティスト】
城 南海
【ジャンル】
J-POP

UVERworld、アリーナツアーで新曲を続々披露!
Wed, 23 Nov 2016 12:00:00 +0900
「UVERworld ARENA TOUR 2016」@広島グリーンアリーナ (okmusic UP\'s)

UVERworldのアリーナツアーが約1年ぶりに昨年と同じ広島グリーンアリーナで、11月19日(土)にスタートした。

【その他の画像】UVERworld

2015年はUVERworldにとって活動15周年、メジャーデビュー10周年ということもあり、“常に最新の自分たちで勝負したい”という彼らの信念に対し、あえて挑戦的に活動初期〜中期の曲を主に演奏するツアーだったが、2016年は一転、その信念のとおり、生まれたての新曲を豊富に含むツアー開幕となった。

ツアー初日、2日目とも序盤から、映画『新宿スワンII』の挿入歌として発表されている新曲「エミュー」を披露しつつ、それだけでは止まらない。タイトルはコールされないものの、TAKUYA∞(Vo)のブログでも話題になっていた「ほんの少し」などが初披露された。

もちろん、今年リリースされたシングルからも「WE ARE GO」や、もはやライヴでは外せない曲だろう「ALL ALONE」なども、もはや定番となっている。

TAKUYA∞は“これからも、みんなの心に響く音楽をつくっていくから”と締めくくり、広島2daysを終えた。UVERworldのアリーナツアーはこの後名古屋、福岡と続く。

■【ライブ情報】

『UVERworld ARENA TOUR 2016』
11月29日(火) 愛知 名古屋ガイシホール
11月30日(水) 愛知 名古屋ガイシホール
12月03日(土) 福岡 マリンメッセ福岡
12月04日(日) 福岡 マリンメッセ福岡
12月13日(火) 神奈川 横浜アリーナ
12月14日(水) 神奈川 横浜アリーナ
12月20日(火) 大阪 大阪城ホール
12月21日(水) 大阪 大阪城ホール ※TAKUYA∞生誕祭
12月25日(日) 東京 日本武道館 ※Premium Live on X\'mas
12月27日(火) 宮城 ゼビオアリーナ仙台
12月28日(水) 宮城 ゼビオアリーナ仙台

■2017年ライブ情報
2月10日(金) さいたまスーパーアリーナ
2月11日(土) さいたまスーパーアリーナ
※男性客限定「男祭り」は、11日(土)の開催となります。

【関連リンク】
UVERworld オフィシャルHP
UVERworld、2015年の日本武道館でのクリスマスライヴ映像を独占放送
AK-69、UVERworldとの熱き対バンが蘇る「Forever Young feat. UVERworld」MV完成
AK-69、UVERworldと奇跡のコラボを果たした新曲がついに先行配信スタート!

【関連アーティスト】
UVERworld
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

GReeeeN、デビュー10周年記念日にシングルコレクション発売
Wed, 23 Nov 2016 11:00:00 +0900
GReeeeN (okmusic UP\'s)

2007年1月24日にシングル「道」でメジャーデビューを果たしたGReeeeNが、デビュー10周年の記念日である2017年1月24日に、10年のシングル曲を網羅したシングルコレクション『ALL SINGLeeeeS 〜& New Beginning〜』を発売することがわかった。

【その他の画像】GReeeeN

未だ破られていない配信ギネス記録を持つ大ヒット曲「キセキ」、永遠に色あせることのないラブソングの大定番「愛唄」、資生堂『シーブリーズ』のCM曲となった「オレンジ」、今年ドラマ主題歌として話題となった「beautiful days」「暁の君に」等のこれまでのシングルに加え、松坂桃李、菅田将暉主演で話題の映画『キセキ ―あの日のソビト―』(1月28日公開)主題歌の新曲「ソビト」をボーナストラックとして加えた、全31曲をコンパイル!

そして、初回限定盤のDVDには各シングルのMVを収録。初商品化として、ただいまフジテレビ系ドラマ『キャリア〜掟破りの警察署長〜』の主題歌で、玉木宏出演の「暁の君に」と東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手の登場曲として話題の「遠くの空 指さすんだ」を含めた全31曲を収録している。

さらに、GReeeeNの曲にまつわるユーザーの思い出を募集し、そのエピソードをモチーフに新たなミュージックビデオを制作することも発表された。青春、部活、叶った夢、叶わなかった夢、恋愛、結婚、出会いや別れ、など、人生の1ページに寄り添ったGReeeeNの楽曲エピソードを募集。投稿の中から、素敵なエピソードの投稿者に5名に商品券(1万円分)がプレゼントされる。

■詳細と投稿方法
http://sp.universal-music.co.jp/greeeen/allsingleeees/

■アルバム『ALL SINGLeeeeS 〜& New Beginning〜』

2017年1月24日発売
【初回限定盤】 (2CD+2DVD)
UPCH-7222/¥3,889+税
【通常盤】(2CD)
UPCH-2112/3/¥2,778+税
<収録曲>
■CD DISC 1
01. 道
02. HIGH G.K LOW 〜ハジケロ〜
03. 愛唄
04. 人
05. BE FREE
06. 涙空
07. 旅立ち
08. キセキ
09. 扉
10. 歩み
11. 刹那
12. 遥か
13. 花唄
14. ソラシド
15. 恋文 〜ラブレター〜
■CD DISC 2
01. ミセナイナミダハ、きっといつか
02. オレンジ
03. OH!!!!迷惑!!!!
04. 雪の音
05. 桜color
06. イカロス
07. HEROES
08. 愛し君へ
09. 僕らの物語
10. 愛すべき明日、一瞬と一生を
11. SAKAMOTO
12. 夢
13. 始まりの唄
14. beautiful days
15. 暁の君に (Album ver.)
Bonus Track
16. ソビト
■DVD DISC 1 ※初回限定盤のみ
・道
・HIGH G.K LOW 〜ハジケロ〜
・愛唄
・人
・BE FREE
・涙空
・旅立ち
・キセキ
・扉
・歩み
・刹那
・遥か
・花唄
・ソラシド
・恋文 〜ラブレター〜
■DVD DISC 2 ※初回限定盤のみ
・ミセナイナミダハ、きっといつか
・オレンジ
・OH!!!!迷惑!!!!
・雪の音
・桜color
・イカロス
・HEROES
・愛し君へ
・僕らの物語
・愛すべき明日、一瞬と一生を
・SAKAMOTO
・夢
・始まりの唄 (完全版)
・beautiful days
・暁の君に
Bonus Video
・遠くの空 指さすんだ

【関連リンク】
GReeeeN オフィシャルHP
GReeeeN、話題のドラマ主題歌「暁の君に」MVで玉木宏が疾走!?
GReeeeN、玉木宏主演ドラマ主題歌「暁の君に」配信開始&リリックビデオ公開
GReeeeN、話題のドラマ主題歌「暁の君に」リリックビデオ解禁

【関連アーティスト】
GReeeeN
【ジャンル】
J-POP

TAKURO(GLAY)、ソロアルバムより豪華ゲスト出演の特典映像内容が解禁
Wed, 23 Nov 2016 10:00:00 +0900
TAKURO(GLAY) (okmusic UP\'s)

TAKURO(GLAY)の1stソロインストアルバム『Journey without a map』より、特典DVDに収録されているドキュメンタリーフィルム「[Journey without a map] Documentary Film」の内容が解禁された。今作は【CD+DVD盤】【CD only盤 】【アナログ盤】の3形態でリリースされ、この特典映像は【CD+DVD盤】のDVDに収録される。

【その他の画像】東京スカパラダイスオーケストラ

映像ではTAKUROがギターを始めたエピソードから今作の制作に取り掛かったきっかけやGLAYとして、1人のギタリストとして見据える未来や愛してやまないギターについて語っており、述べ60分を収録したボリューム満点の内容となっている。

ゲストとしてインタビュー出演したのは、GLAYツインギターの双璧をなすHISASHI、そしてTAKUROがリスペクトしてやまないギタリストSUGIZO(LUNA SEA/X JAPAN)を始め、今年の2月、3月に行った自身初のソロツアー『Journey without a map 2016』で共演した谷中敦氏(東京スカパラダイスオーケストラ)、TOSHI、川村ケンなどの豪華ゲスト達から見たギタリストTAKUROについてを語っている。

また、今作のプロデューサーであるB\'z松本孝弘とのロサンゼルスでのレコーディング風景や対談も収録。ギターに真意に向き合う2人の姿は必見のシーンだ。

同DVDにはリードトラックの「Guess Who」MV、MVメイキング、さらにドキュメンタリーフィルムに出演する川村ケン、TOSHI、谷中敦、SUGIZO 、HISASHI(GLAY)、のアナザートークも収録しており、トータルで84分の豪華特典DVDとなっている。

あわせてレコードショップの先着予約購入特典の絵柄も公開されているので、ぜひチェックしてほしい。

■『Journey without a map』特設サイト
http://glay.co.jp/takuro_jwam/

■アルバム『Journey without a map』

2016年12月14日発売
【CD+DVD盤】
PCCN-00025/¥3,500+税
【CD only盤】
PCCN-00026/¥2,500+税
【アナログ盤】(初回生産限定)重量盤2枚組
PCJN-00001/¥4,000+税
<収録曲>
■CD、LP
01.Lullaby
02.流転
03.Guess Who
04.Autumn Rain
05.RIOT
06.Istanbul Night
07.Francis Elena
08.Fear & Favors
09.Northern Life
10.Journey without a map
11.函館日和
■DVD
・[Guess Who] MUSIC VIDEO
・[Guess Who] MUSIC VIDEO Making
・[Journey without a map] Documentary Film
・[Journey without a map] Documentary Film Another Talk

◎先着予約購入特典
全国レコードショップ(一部除く):B3オリジナルポスター
GLAY Official Store G-DIRECT:スペシャルポストカード3種セット

【関連リンク】
TAKURO オフィシャルHP
GACKT、ニコ生特番でファンからの「変なクイズ」に生回答!?
TAKURO(GLAY)、時の流れを鮮明に切り取った「Guess Who」MVをGYAO!にて独占先行配信
YOSHIKI、ジョー・ペリーらロックレジェンドが『CLASSIC ROCK AWARDS 2016』へ出演!

【関連アーティスト】
東京スカパラダイスオーケストラ, GLAY, LUNA SEA, B\'z, X JAPAN, SUGIZO, 松本孝弘, TAKURO
【ジャンル】
ジャパニーズロック

B\'z、映画『疾風ロンド』主題歌「フキアレナサイ」を配信リリース!
Wed, 23 Nov 2016 00:00:00 +0900
B’z (okmusic UP\'s)

B\'zの新曲「フキアレナサイ」が、iTunes、レコチョク、mora、music.jp、dwango.jp、BEING GIZA STUDIOの各配信サイトにてリリースされた。

【その他の画像】B\'z

映画『疾風ロンド』(11月26日から全国公開)の主題歌として書き下ろされた今作。10月から配信がスタートした劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』の主題歌「世界はあなたの色になる」に続き、2ヶ月連続でのリリースとなる。

また、B\'zよりコメントが届いているので、合わせてチェックしてほしい。

■各配信サイトの詳細はこちら
http://bz-vermillion.com/news/161123.html

■【B\'z コメント】

「『疾風ロンド』の原作を読んで、派手で時折滑稽な場面もある活劇のなかに、登場人物が自分の進むべき道を信じ葛藤する気持ちが細やかに描かれているのが非常に印象に残りました。そんな心理状態と、激しく舞う雪を重ね合わせて、この“フキアレナサイ”を創りました。迫力ある映像、ストーリーとともにお楽しみ下さい」

■映画『疾風ロンド』主題歌スペシャル映像
https://youtu.be/d-tCcY0B0jI

【関連リンク】
B\'z オフィシャルHP
TAKURO(GLAY)が“ギタリスト”としての自身を捉えた1stソロ作のアートワークを公開
B\'zの新たなる挑戦!松本・稲葉 各ソロツアー開催決定
B\'z、劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』主題歌の新曲「世界はあなたの色になる」を配信リリース

【関連アーティスト】
B\'z
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1