歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年11月21日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
秋の紅葉とマッチしそうな、心にじんわり響く5曲
Mon, 21 Nov 2016 18:00:00 +0900
Norah Jonesの「Carry On」収録アルバム『デイ・ブレイクス』 (okmusic UP\'s)

紅葉が始まるとされる最低気温というのは約8℃だそう。寒くなるのが早い今年、見頃を迎えるのもなんだか早い。なるべく時間を作って、ゆっくり眺めたい。そんなふうに思うここ数日です。あと、このテキストを書いていて感じたのは、J-POPに紅葉の歌が少ないこと。桜、夏、クリスマスと比べたら確かに地味かもしれないけど、もうちょっとあってほしい気もします。とか考えながらの『秋の紅葉とマッチしそうな、心にじんわり響く5曲』。冬が来る前に、聴いてみてください。

■1.「Carry On」(\'16)/Norah Jones

2017年4月に来日公演を控えるノラ・ジョーンズが、ジャズ〜ピアノ弾き語りのスタイルへ回帰し、各メディアに大絶賛を浴びたニューアルバム『デイ・ブレイクス』。「キャリー・オン」はそのリードシングル曲で、イントロから温かいムードがあふれ、彼女の甘くてほろ苦いスモーキーボイス、美しいピアノ、そして独特の包容力にホッとできるんじゃないかと思います。秋の紅葉を眺めて、穏やかな気持ちになる。そんなシチュエーションにも合うでしょう。

■2.「マシ・マシ」(\'16)/NICO Touches the Walls

「天地ガエシ」に続き、人気バレーボールアニメ『ハイキュー!!』との2度目のタッグとなった、NICO Touches the Wallsの最新曲。感傷的になりがちな季節の中で物思いにふける時、聴き手の想いを尊重するように《あとはきみしだい》と歌ってくれるこの「マシ・マシ」は、なんだかとても心に効きそう。自然と笑顔がこぼれて勇気をもらえる、押し付けがましくない応援歌。アコースティックとエレクトリックのバランスも、彼らならではの味わいがあって最高ですね。

■3.「Autumn」(\'16)/Trashcan Sinatras

スコティッシュ・バンドのレジェンド的存在、トラッシュキャン・シナトラズ。今年の『フジロック』で素晴らしいパフォーマンスを見せ、来年2月には盟友サニーデイ・サービスとジャパンツアーを行なう彼らの最新アルバム『ワイルド・ペンデュラム』に、秋の切なさが詰まったナンバー「オータム」が収録されています。ストリングスの効いた深遠なサウンド、美しく儚いメロディー、憂いのある雰囲気。落ち葉の道を歩きながら、トラキャンの魅力にとことん浸ってみては?

■4.「ベンチとコーヒー」(\'02)/BUMP OF CHICKEN

代表曲と言える「天体観測」の頃にリリースされたナンバーで、3rdアルバム『jupiter』に収録。穏やかな風景に乗せて、ふと自分を省みて、とりとめのない感情がぽつぽつと綴られていく。そんな主人公の佇まいがビタースウィートで胸に染みます。秋ってこういうやるせない気持ちになると思うので、ベンチでコーヒー片手に聴いてみるのもいいかもしれません。冬のバンプといえばもちろん「スノースマイル」ですが、その前の季節はコレがおすすめ!

■5.「In My Life」(\'65)/The Beatles

最後はビートルズ不朽の名曲である「イン・マイ・ライフ」を。秋に限らず、いつ聴いてもOKなんですが、ささくれ立った気分をものの数秒で和らげてくれて、とても落ち着けると思います。1番で過去の思い出を歌って、ノスタルジックなムードへと誘い、それ以降がラブソングになっているのが素敵。ヴォーカル、コーラス、ギター、ピアノの温かみを含め、まったく非の打ちどころがありません。6thアルバム『ラバー・ソウル』に収録。秋にレコーディングされた同作は、ジャケットにもなんとなく郷愁感が。

【関連アーティスト】
NICO Touches the Walls, BUMP OF CHICKEN, The Beatles, Norah Jones
【ジャンル】


Jが対バン10番勝負にてminus(-)、AA=と激突! ソロ20周年記念ツアーの発表も
Mon, 21 Nov 2016 20:30:00 +0900
「10 Days of GLORY -10 Counts for Destruction-」@恵比寿LIQUIDROOM (okmusic UP\'s)

Jが現在開催している全10公演の対バンライブ『J 2016 LIVE “10 Days of GLORY -10 Counts for Destruction-“』の8・9本目が恵比寿LIQUIDROOMにて2日に渡って行なわれた。

【その他の画像】J

初日となる11月19日に先陣を切って登場したのはminus(-)。ゲスト出演が発表された後に、メンバーである森岡 賢の永眠という訃報が伝えられ、その苦境を乗り越え実現し迎えたこの日。ステージセンターからトラックを操る藤井麻輝が両サイドにツインドラムを従え、圧倒的なサウンドとビートでフロアに熱を放射し続けた。そしてラストナンバーの「Peepshow」では、この曲でアルバムにゲストヴォーカルとして参加したJがステージに登場し、初の生コラボが実現した。

Jは「もっと声を!」とフロアを煽ると、天を指さし「この声を彼に届かせようぜ!」と思いを馳せる場面も。アンコールでは森岡とのエピソードも披露するなど、まさに全てにおいて特別な一夜となった。

翌11月20日は、AA=が口火を切って登場! まずは首謀者である上田剛士が登場し、ノイズを変幻自在に操り客席に火をつける。全メンバーが登場しバンドスタイルになると、さらにその音の洪水が容赦なく放たれ、フロアもモッシュで応戦するなど、終始圧巻のサウンドとパフォーマンスで一気に会場の温度を上昇させていく。<未来を変えていくのは俺たち自身>というメッセージも力強く胸に突き刺さった熱いライブだった。

続いて登場したJがその熱を引継ぎ、さらにフロアを灼熱化させていく。まさにお互いの存在と音が刺激し合い生まれた熱は、この10daysの真意を象徴するような空間を作り出していた。

この2daysを終えて、いよいよ対バンシリーズも12月30日(金)渋谷O-EASTで行なわれるファイナル『放火魔大暴年会』を残すのみとなったが、ついにJから2017年のソロ活動20周年を記念した全国ツアー開催の一報が告げられた。

すでに来春のリリースが発表され、現在リクエスト投票受付中のベストアルバムを従えた今回のツアーは5月から全国12か所を巡り、ファイナルは1997年にソロデビューシングルがリリースされたメモリアルな日でもある6月25日(日)にEXシアター六本木で開催されるとのことなので、是非チェックしておこう。

Photo by MASA

■【ライブ情報】

『J 2016 LIVE “10 Days of GLORY -10 Counts for Destruction-“』
"放火魔大暴年会"(ファイナル)
12月30日(金)  東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
Special Guest:DOOM / RADIOTS

『ソロデビュー20周年記念全国ツアー』
<2017年>
5月05日(金・祝)  大阪 BIGCAT
5月13日(土)  高崎 club FLEEZ
5月14日(日)  柏 PALOOZA
5月21日(日)  札幌 cube garden 
6月03日(土)  高松 DIME 
6月04日(日)  岡山 IMAGE 
6月10日(土)  金沢 AZ 
6月11日(日)  名古屋 CLUB QUATTRO
6月17日(土)  福岡 DRUM Be-1
6月18日(日)  広島 CAVE-BE
6月24日(土)  仙台 Rensa
6月25日(日)  東京 EX THEATER ROPPONGI(FINAL)

『F.C.Pyro.NIGHT vo.14』
5月04日(木・祝)  大阪 umeda AKASO
5月07日(日)  東京 恵比寿LIQUIDROOM
※ファンクラブ会員限定公演のため、チケット一般発売はございません。

【関連リンク】
J オフィシャルHP
minus(-)、1stフルアルバムとライヴ映像作品を12月に同時リリース
J、灼熱の対バン10Days突入で20年の歴史を振り返る
J、対バン10days開幕に伴い20thベスト盤リクエスト投票がついに解禁

【関連アーティスト】
J, AA=, minus(-)
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

SUPER★DRAGONに指令?? ファイヤードラゴンとサンダードラゴンに分かれて武者修行ツアーへ
Mon, 21 Nov 2016 20:00:00 +0900
11月19日@東京・ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場 (okmusic UP\'s)

SUPER★DRAGONが、11月19日にデビューシングル「Pendulum Beat!」のリリースを記念したイベントツアー『Pendulum Road!』を東京・ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場にて行なった。

【その他の画像】SUPER★DRAGON

雨の中「Pendulum Beat!」を含む全6曲をスパドラらしい白熱のライブパフォーマンスで魅せ、最後に深くお辞儀をしステージを後にしようとした瞬間、会場にサイレン音が鳴り響く。これからサプライズ発表が起きることを察した9人が「ほら出た。」「またかよー! 」と口々に漏らす。ステージには謎の黒装束が登場し、メンバーに1枚の紙を渡し、アナウンスをよく聞くようにとジェスチャーした。

すると、2017年1月18日に発売される1stアルバムのリリースイベントとして、年上組4人のファイヤードラゴンと年下組5人のサンダードラゴンに分かれて武者修行ツアーを決行するようにとの指令が。これにはファンからも驚きの歓声が上がった。

これまでグループ内ユニットで単独イベントを行なったことはなく、困惑した表情で固まるメンバー。そこで、不安を振り払うかのように「サンダードラゴンに来てくれるよね!?」と客席に問いかける彪馬。そして「いや、もちろんファイヤードラゴンでしょ!」と譲らないジャン。決意を固めた表情でステージを去っていく9人の姿が印象的であった。

全国津々浦々でイベントを行ない、それぞれのユニットがパワーアップして再集結した完全体のSUPER★DRAGONが一体どれだけ進化するのか、今後の展開から目が離せない。

Photo by 笹森 健一

■【セットリスト】

1. hide-and-seek
2. Ooh! Ooh!
3. Pendulum Beat!
4. ZEN-SHIN-ZEN-REI
5. +IKUZE+
6. KITTO→ZETTAI

■【イベントツアー情報】

■ファイヤードラゴン(玲於・毅・ジャン・颯)
12月10日(土) 北海道・イーアス札幌
12月11日(日) 宮城県・イオンモール名取
12月17日(土) 滋賀県・大津PARCO
12月18日(日) 静岡県・ららぽーと磐田
<2017年>
1月07日(土) 大分県
1月08日(日) 宮崎県
1月14日(土) 群馬県

■サンダードラゴン(壮吾・洸希・彪馬・和哉・楽)
12月10日(土) 千葉県・ららぽーと柏の葉
12月11日(日) 鹿児島県・アミュプラザ鹿児島
12月17日(土) 愛媛県・イオンモール今治新都市
12月18日(日) 香川県・丸亀町グリーン
<2017年>
1月07日(土) 富山県
1月08日(日) 秋田県
1月14日(土) 北海道

■SUPER★DRAGON
12月24日(土) 東京 

【関連リンク】
SUPER★DRAGON オフィシャルHP
SUPER★DRAGON、『ESP楽園祭』で学生とタッグを組んだ新曲を披露
SUPER★DRAGON、デビュー前ラストワンマンの映像を公開
SUPER★DRAGON、メンバー同士が“バトル”するデビューシングルMV完成

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
J-POP, イベント

スキマスイッチ、映画『一週間フレンズ。』主題歌として名曲「奏(かなで)」をリアレンジ
Mon, 21 Nov 2016 19:00:00 +0900
スキマスイッチ (okmusic UP\'s)

スキマスイッチの「奏(かなで) for 一週間フレンズ。」が2017年2月18日全国ロードショーの映画『一週間フレンズ。』の主題歌に起用されることが発表された。

【その他の画像】スキマスイッチ

映画『一週間フレンズ。』はシリーズ累計150万部を超え、TVアニメ化・舞台化もされた葉月抹茶のベストセラーコミック「一週間フレンズ。」の実写映画版。一週間で友達の記憶を失くしてしまう女子高生・藤宮香織と、そんな彼女をひたむきに想い続ける同級生・長谷祐樹が織りなす切なく純粋な恋物語で、川口春奈・山?賢人という最旬な二人をダブル主演にむかえた注目の作品となっている。

一方、2004年3月10日に発売された「奏(かなで)」は、リリースから12年が経つ現在も色褪せることなく愛され続ける不朽のラブソング。実写映画化にあたり、映画の切ないストーリー展開と本楽曲の高い親和性から、製作サイドの熱いラブコールに応え、スキマスイッチが本作のために「奏(かなで)」をリアレンジした。

映画のイメージをふまえて、2004年にレコーディングした当時の大橋卓弥の歌声と、2016年に新たにアレンジ・レコーディングした楽器演奏をセルフ・コラボレーションさせたスペシャル・バージョンが誕生! 楽曲アレンジは大橋・常田二人で行ない、オリジナルバージョンでは打ち込みだったストリングスやドラム等の楽器を生楽器の演奏に変更。序盤はオリジナルバージョンのアレンジに寄せ、中盤からはより壮大に、かつドラマチックなアレンジで当時のオリジナルボーカルとの時を超えたコラボ―レーションを施し、映画のエンディングに花を添えた。

また解禁にあたり、スキマスイッチ自ら本映画のロケ地となっている東京都日野市の都立南平高校を訪問。映画の印象的な1シーンを撮影した学校の下駄箱前や屋上で、今回のためだけの特別なアーティスト写真を撮り下ろした。下駄箱前では香織と祐樹が交換日記をこっそりと渡し合うシーンが、屋上では2人がお昼休みにお弁当を食べるシーンや香織の過去が明かされるクライマックスシーンなどが撮影されたが、今回映画のロケからちょうど約1年の時を経て、その全く同じ場所にスキマスイッチが降り立つ形となった。

「奏(かなで) for 一週間フレンズ。」は来春配信リリース予定。また、12月3日(土)からは、全国の上映劇場で主題歌「奏(かなで) for 一週間フレンズ。」が使用された予告篇が上映されるので、ぜひ、映画館に足を運んでチェックしてほしい。

(C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

■映画『一週間フレンズ。』公式サイト
http://ichifure.jp

■【各関係者よりコメント】

■藤宮香織役:川口春奈
奏(かなで)がもしかしたら主題歌に起用できるかも。とプロデューサーさんから聞いたときに震えました。大好き過ぎる、一言一句間違えずに歌えるこの曲が自分の作品の主題歌になるなんて夢にも思っていなかったです。言わずと知れた名曲ですが…歌のパワーは大きいです。この『一週間フレンズ。』という作品を最後の最後に奏(かなで)がより際立たせてくれているんじゃないかなと思います。ちょっぴり切ない、儚い感じやその中にもどこか温かさがあるこの作品にピッタリだなと思い、本当に本当に嬉しいです。
今回はスキマスイッチさんに『一週間フレンズ。』用に改めてレコーディングして頂き、『一週間フレンズ。』だけの特別な奏(かなで)です。
綺麗な映像と綺麗な音色がたくさんの人に届いてほしいです!

■長谷祐樹役:山?賢人
「奏(かなで)」はもともとすごく好きな曲でした。
その曲が主題歌になると聞いた時は本当に嬉しかったです。改めて曲を聴き返すと僕が演じている長谷祐樹の気持ちと歌詞がリンクして、胸が熱くなりました。
さらに『一週間フレンズ。』ver を作ってくださっていたことを映画を見て知って、とても光栄でした。素敵な楽曲をありがとうございます。
エンドロールの最後まで、映画の世界観そのままの、やさしくあたたかい雰囲気が劇場を包んでくれると思うと僕も今から楽しみです。  

■映画『一週間フレンズ。』監督:村上正典
僕にとって「奏(かなで)」は、いくつかの思い出と共にある大切な楽曲です。きっと多くの方にとっても思い出の情景が自然と浮かび上がる、そんな曲だと思います。今回、映画用の特別バージョンという我儘に応えて頂き更に感慨深い曲となりました。実は台本を読んだ時からラストは「奏(かなで)」でイメージしていました。一週間で記憶がリセットされてしまう香織と、彼女に寄り添い懸命に思い出を重ねる祐樹の姿が歌詞の世界と重なって、映画を通じてまた新たなストーリーとして残ってくれればと思います。

■映画『一週間フレンズ。』プロデューサー
誰かを心の底から想うこと。それは喜びだけでなく、痛みも伴います。『一週間フレンズ。』はそうした、「大人になっていく季節」の光と影を描いた作品です。
この物語にスキマスイッチさんの「奏(かなで)」が乗った瞬間に、『一週間フレンズ。』が一つの映画として完成した気がしました。歌詞の一つ一つが深い意味を持って、胸に迫ります。是非、劇場でこの唯一無二の名曲とともに、『一週間フレンズ。』の世界に浸って頂ければと思います。

■スキマスイッチ
13年前に制作した楽曲にこんなにも素敵な未来が待ってるとはいったい誰が予想したでしょうか。それくらい、今回のオファーには驚きましたし、本当に感謝しています。あの頃はまだ「スキマスイッチ」という楽曲をリリースした「奏(かなで)」というユニットとして紹介されるくらい、まだまだこれからの僕たちでした。そんな13年後の未来にいただいたオファーですが、この映画が持つ瑞々しさにマッチするであろうオリジナルバージョンと、今こうして活動させてもらってる現在進行形の僕たちとをなんとか曲の中で融合できないかという部分が、今作を作る上でのキーポイントでした。結果、13年前の自分たちとセルフ・コラボレーションという形での制作となり、自分たちにとって懐かしいような、でもやっぱり今までにない新しい『一週間フレンズ。』のための「奏(かなで)」が誕生したのです。今までたくさんの場面で僕たちを助けてくれた「奏(かなで)」ですが、願わくばこの楽曲が、映画を観て帰る皆様の背景にも流れていれば、こんなに嬉しいことはありません。

【関連リンク】
スキマスイッチ オフィシャルHP
スキマスイッチ、奥田民生プロデュース「全力少年」MV公開
スキマスイッチの新「全力少年」、ジャケ写は『ALL OUT!!』とのコラボ!
TVアニメ「ALL OUT!!」OPは“Lenny code fiction”、EDのスキマスイッチは「全力少年」を奥田民生がリアレンジ

【関連アーティスト】
スキマスイッチ
【ジャンル】
J-POP, 映画

minus(-)、ニューアルバム&最新映像作品のビジュアルと収録内容が明らかに
Mon, 21 Nov 2016 18:00:00 +0900
アルバム『O』 (okmusic UP\'s)

藤井麻輝と森岡賢のユニット・minus(-)のニューアルバム『O』とライブBlu-ray&DVD『V』のジャケットビジュアル&トラックリストが解禁された。

【その他の画像】SOFT BALLET

ニューアルバムは急逝した森岡賢のPCに残された新曲に加え、ミニアルバム収録のゲストボーカルによる楽曲をminus(-)のボーカルに変えて製作された別バージョンを収録。

また、ライブBlu-ray&DVDには2月に恵比寿リキッドルームで平沢進をゲストに迎えて行なわれ、森岡の最後のステージとなった「ecru」と8月に赤坂BLITZで行なわれた「summer“Voltaire"」を収録。アルバム収録のものとは異なる新曲のプロトタイプや、赤坂BLITZの最後に披露されたSOFT BALLETの「AFTER IMAGES」も収録される。ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

■アルバム『O』

2016年12月28日発売
AVCD-93573/¥3,240(税込)
<収録曲>
1.The Victim
2.RZM
3.No_6
4.No_4
5.Maze
6.BEAUTY
7.LIVE
8.Descent into madness
9.No Pretending
10.Peepshow
11.B612-ver1.1

■Blu-ray&DVD『V』

2016年12月28日発売
【Blu-ray】
AVXD-92434/¥5,940(税込)
【DVD】(2枚組)
AVBD-92432〜3/¥4,860(税込)
<収録曲>
■DISC 1
minus (-) LIVE 2016 “ecru"
2016.02.22 (MON) LIQUIDROOM
1.No_9
2.No_6
3.The Victim
4.LIVE (Prototype)
5.No_4
6.RZM
7.Maze
8.BEAUTY
9.Descent into madness (with Susumu Hirasawa)
10.Close (with Susumu Hirasawa)
11.Peepshow (with Susumu Hirasawa)
12.Dawn word falling (with Susumu Hirasawa)
13.B612 (with Susumu Hirasawa)
■DISC2
minus (-) LIVE 2016 summer “Voltaire"
2016.08.13 (SAT) AKASAKA BLITZ
1.No_9
2.No_6
3.The Victim
4.LIVE
5.No_4
6.RZM
7.Maze
8.BEAUTY
9. Descent into madness
10.No Pretending
11.Peepshow
12.Dawn words falling
13.B612
encore
1.AFTER IMAGES

【関連リンク】
minus(-) オフィシャルHP
minus(-)、1stフルアルバムとライヴ映像作品を12月に同時リリース
元SOFT BALLETで現minus(-)の森岡賢が逝去

【関連アーティスト】
SOFT BALLET, 森岡賢, minus(-)
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BLUE ENCOUNT、ニューアルバムの発売日が1月11日に決定! 発売記念連動企画も実施!
Mon, 21 Nov 2016 17:30:00 +0900
BLUE ENCOUNT (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTがニューアルバム『THE END』を2017年1月11日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

傑作となった1stフルアルバム『≒』から1年半ぶりにリリースされるブルエンの集大成。この一年でさらなる飛躍を遂げたバンドの進化と成熟を楽しみに待とう。

そしてシングル「LAST HERO」のリリース&2ndアルバム『THE END』のリリース決定を記念して、全国のリスナーと一緒にオリジナルポスターを制作するべく、11月26日(土)27日(日)28日(月)の3日間、メンバー4人が各地に分かれて、全国38箇所にて記念撮影イベントを開催することが決定した。メンバーと撮影された写真をハッシュタグ< #ブルエンLASTHERO>をつけてツイートすることによってオリジナルポスターにその写真が使用される予定になっている。さらにニューアルバムの発売タイミング近辺では、オリジナルフラッグを制作するべく、シングルタイミングで訪問しなかった全国の残り9箇所にて記念撮影イベントの開催も予定されているとのこと。ブルエンメンバーが必ずあなたの住んでいる都道府県にやって来るので、是非参加しよう!

■アルバム『THE END』

2017年1月11日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2818〜2819/¥3,333+税
【通常盤】(CD)
KSCL-2820/¥2,600+税

■『47都道府県の仲間全員との記念撮影ツアー』キャンペーン第一弾 -LAST HERO編-

11月26日(土)  青森県:タワーレコード 下田店
時間:10:00〜
11月26日(土)  岩手県:タワーレコード 盛岡店
時間:12:10〜
11月26日(土)  秋田県:タワーレコード 秋田店
時間:15:20〜
11月26日(土)  山形県:新星堂 鶴岡店
時間:18:45〜
11月26日(土)  富山県:HMV イオンモール高岡
時間:17:30〜
11月26日(土)  石川県:タワーレコード 金沢フォーラス店
時間:20:00〜
11月26日(土)  山梨県:新星堂 甲府駅ビル店
時間:10:00〜
11月26日(土)  長野県:タワーミニ アリオ松本店
時間:13:00〜
11月26日(土)  岐阜県:タワーレコード モレラ岐阜店
時間:14:00〜
11月26日(土)  静岡県:タワーレコード 静岡店
時間:10:00〜
11月26日(土)  三重県:タワーレコード 鈴鹿店
時間:16:30〜
11月26日(土)  奈良県:タワーレコード 橿原店
時間:19:00〜
11月26日(土)  佐賀県:タワーレコード 佐賀店
時間:13:00〜
11月26日(土)  長崎県:新星堂 長崎夢彩都店
時間:10:00〜
11月26日(土)  宮崎県:新星堂 イオンモール宮崎店
時間:17:45〜
11月27日(日)  福島県:タワーレコード 郡山店
時間:10:00〜
11月27日(日)  茨城県:バンダレコード イオンモール土浦店
時間:15:00〜
11月27日(日)  栃木県:HMV イトーヨーカドー宇都宮
時間: 13:00〜
11月27日(日)  埼玉県:タワーレコード 浦和店
時間:18:30〜
11月27日(日)  福井県:松木屋 エルパ店
時間:10:30〜
11月27日(日)  滋賀県:タワーレコード 大津店
時間:15:30〜
11月27日(日)  京都府:タワーレコード 京都店
時間:13:40〜
11月27日(日)  兵庫県:タワーレコード 神戸店
時間:18:00〜
11月27日(日)  和歌山県:ミヤコ イオンモール和歌山店
時間: 9:00〜
11月27日(日)  岡山県:HMV イオンモール岡山
時間:20:10〜
11月27日(日)  山口県:新星堂 下関店
時間:13:30〜
11月27日(日)  徳島県:ディスクステーションAWA
時間:13:30〜
11月27日(日)  愛媛県:デュークショップ 松山店
時間:19:40〜
11月27日(日)  高知県:HMV イオンモール高知
時間:16:30〜
11月27日(日)  熊本県:新星堂 ゆめタウン光の森店
時間:17:00〜
11月27日(日)  大分県:タワーレコード 大分店
時間:10:15〜
11月27日(日)  鹿児島県:タワーレコード アミュプラザ鹿児島店
時間:20:30〜
11月28日(月)  群馬県:HMV イオンモール高崎
時間: 20:00〜
11月28日(月)  千葉県:タワーレコード 津田沼店
時間:18:00〜
11月28日(月)  神奈川県:タワーレコード 横浜ビブレ店
時間:20:00〜
11月28日(月)  鳥取県:本の学校 メディア館
時間:18:30〜
11月28日(月)  島根県:今井書店 グループセンター店 スタジオワンダー
時間:20:00〜
11月28日(月)  沖縄県:タワーレコード 那覇リウボウ店
時間:19:00〜

【イベント内容・参加方法について】
11月23日(水)発売ニューシングル「LAST HERO」(2形態のうちいずれか)を各会場の対象店舗にてご購入頂いた方に、先着で「イベント参加券」を差し上げます。イベント当日に「イベント参加券」をお持ち頂いた方はスペシャルポスター撮影会にご参加いただけます。
※各会場、メンバーの内誰か1人の登場となります。メンバー全員での参加ではありませんので、ご注意ください。
※「イベント参加券」は数に限りがございます。無くなり次第配布終了となりますので、ご了承ください。
※「イベント参加券」は年齢に関係なく、お一人様に付き1枚必要となります。
※スペシャルポスター撮影会は「イベント参加券」をお持ちの方がいらっしゃっても、途中で終了させていただく場合がございます。
終了後は、「イベント参加券」をお持ちでもご参加いただけませんので、ご了承ください。
※ご購入いただいた「イベント参加券」付商品は、その他の店頭購入特典は特典対象外となりますので、ご了承ください。
※各会場間の移動の都合上、イベント開始時間が大きく前後する可能性がございますので、ご了承ください。
なお、それに伴うご購入いただいた商品の返品・返金は一切お受けできませんので、ご了承ください。
※スペシャルポスター撮影会はお客様の携帯電話・スマートフォンにてスタッフが撮影させていただきます。その他の撮影機材の使用(一眼レフカメラ・デジタルカメラ・インスタントカメラなど)や、スタッフ以外の撮影はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
※ご購入いただきました商品は、いかなる理由でも返品は一切お受けできません。商品不備等の場合は、確認後良品と交換させていただきます。

【スペシャルポスター制作企画】
上記イベントにて撮影して頂いた写真をTwitterにてハッシュタグ< #ブルエンLASTHERO>をつけてツイートして頂くと、<スペシャルポスター>に使用させていただく場合がございます。皆様の写真がポスターになりますので、是非ご参加ください! なお、上記ツイートをして頂いた方の中から抽選で100名様に完成した<スペシャルポスター>を差し上げます!

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
BLUE ENCOUNT、“ブルキャス”生配信&Mステ出演決定
BLUE ENCOUNTが再びMステに登場! 出演を祝して100時間限定リリックビデオの公開も!
アジカンの「ループ&ループ」新録版にKANA-BOON・谷口鮪、BLUE ENCOUNT・田邊駿一が参加

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Hilcrhyme、“寄り添う”をテーマにした7thアルバム『SIDE BY SIDE』詳細解禁
Mon, 21 Nov 2016 17:00:00 +0900
Hilcrhyme (okmusic UP\'s)

結成10周年を記念した全国ツアー中のHilcrhymeが、12月7日に発売になる7thアルバム『SIDE BY SIDE』の詳細と最新のビジュアルを公開した。

【その他の画像】Hilcrhyme

今回のテーマは“寄り添う"。過去と現在と未来と、地元と赴いた土地と、そして自分たちとファンと、結成10周年を迎えその全てに寄り添う集大成のアルバムとなっている。アルバムタイトル曲「Side By Side」はこれまで寄り添ってくれたリスナーへの感謝の気持ちを込めた作品で、先日仙台公演で初めて披露した際のライブ映像が、MVとなってアルバム発売に先駆けて公開される予定なので、Hilcrhymeからのメッセージをぜひいち早く受け取ってほしい。

また、写真家の田附勝氏によって10月下旬に地元新潟で撮り下ろされたばかりのビジュアルも併せて公開された。さらに、12月10日に TOKYO FMをキーステーションにJFN系列全国ネットで放送される「KIRIN BEER "GoodLuck" LIVE」への出演が決定。ここで最新アルバム曲をパフォーマンスする予定なのでこちらもチェックしてほしい。

■「KIRIN BEER "GoodLuck" LIVE」
http://www.tfm.co.jp/live/ 

■アルバム『SIDE BY SIDE』

2016年12月7日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7211/¥3,800+税
【通常盤】(CD)
UPCH-2106/¥3,000+税
【4Seasons会員限定盤】(CD+2DVD)
PDCJ-1088/¥5,000+税
※スペシャルパッケージ仕様
※完全受注生産盤
<収録内容>
■CD(初回限定盤、通常盤、4Seasons会員限定盤 共通)
1.VESPER
2.パラレル・ワールド
※映画『Hilcrhyme 10th Anniversary FILM「PARALLEL WORLD」3D』主題歌
3.HINOTORI
4.言えない 言えない
※TVアニメ「実は私は」エンディングテーマ
5.クサイセリフ
6.WARAE 〜In The Mood〜 
※11月16日発売 最新シングル
7.DENDROBIUM -Instrumental-
8.ドレス
9.鼓動 -Magnificent Remix-
10.ソノママ
11.Little Samba 〜情熱のRemix〜
12.LUCIFER -Interlude-
13.Side By Side
■DVD (初回限定盤、4Seasons会員限定盤 収録)
・言えない 言えない(Music Video)
・パラレル・ワールド(Music Video)
・WARAE〜In The Mood〜(Music Video)
・Hilcrhyme 10th Anniversary TOUR 2016 BEST10特別ダイジェスト映像(2016/10/13@新潟県民会館)
■特典DVD(4Seasons会員限定盤のみ収録)
※UNIVERSAL MUSIC STORE限定販売
・WARAE〜In The Mood〜(Music Video&スチール撮影時)メイキング映像
・Hilcrhyme 10th Anniversary TOUR 2016 BEST10
 特別LIVE映像(2016/10/13@新潟県民会館)

【関連リンク】
Hilcrhyme オフィシャルHP
Hilcrhyme、地元新潟キャンペーンでアルバムタイトルを発表
TOC、メジャーデビュー後初のワンマンツアーを2017年2月より開催
Hilcrhymeが新曲「WARAE〜In The Mood〜」のMVで大笑い!?

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

CUBERS、「この5人で良かった。」と語る3度目のワンマンが大成功
Mon, 21 Nov 2016 16:00:00 +0900
11月20日@表参道GROUND (okmusic UP\'s)

CUBERSが11月20日(日)に表参道GROUNDにて「CUBERS 3rd ワンマン〜覚めないで、消えないで〜」を開催! 彼らにとって3度目となったワンマンライブに前回を大きく上回るファンが駆けつけた。

【その他の画像】CUBERS

開演時間から15分が経った頃、初披露となった聴き馴染みのないOvertureが会場に鳴り響く。Overtureが終わると、アルバム『PLAY LIST』の1曲目を飾るナン バー「Samenaide」のボーカルリリックとバスドラムが小刻みにループで流れ、 徐々にボルテージが上げていく。そのまま1曲目の「Samenaide」に繋がり、冒頭から熱い盛り上がりを見せた。

2曲目となった「Stage」のイントロで綾介は「ペンライト持っている方も持っていない方も、両手を上げて! 一緒に手拍子しましょう!」と観客に手拍子を求める。その後、MCを挟まず「今さらMiss you」「SHY」「スマイル」と2015年4月〜7月末、プレ始動期間(“只今、研修中です。男子"時代)を支えたナンバーを中心に披露した。

MCでTAKAが「皆さん今日は、音に乗って身体を揺らしてみたり、ペンライトを振ったり、振り真似していただいたり、想い想いに楽しんでください。」と話し、ステッキを回しながらパフォーマンスした「New days」、鍵盤ソロが際立つミディアムファンクナンバー「Mr.COOL!!」を披露。ここで一旦メンバーはステージを去り、スクリーンには初のロケ企画番組『ついていっていいんですか? ゲーム前編』が映し出される。

映像が終わるとステージには洋風な椅子が5つ並べられ、着替えを終えたメンバーが再び登場。Boys Town Gangの「君の瞳に恋してる」に合わせてキュートな椅子ダンスを披露した。暗転しHeavy D & The Boyzの「Now That We Found Love」がかかるとメンバーの表情は一転、普段の振りでは見れない様な激しいストリートダンスを披露。その後のMCではこの楽曲の振付を綾介が担当したという事実も明かされた。

続いてのコーナーでは、IMAJO(ギター)、鎌田瑞輝(鍵盤)、越智祐介(パーカッション)の3名を迎え、バンド編成でバラードの「Forever」と本編1曲目で披露した「Samenaide」を別アレンジで披露。軽快なカッティングギターに乗り、観客 は横に揺れながら手拍子で演奏に応えた。

生演奏でのコーナーが終わると、再びスクリーンが降り『ついていっていいんですか?ゲーム後編』を流れる。なおこちらのロケ番組の模様は、後日ノーカット版で公開予定との事なので、会場に足を運べなかった方は公開を楽しみに待とう。

ここから後半戦に突入。「Bi\'Bi\'Bi\'」のイントロが編曲され、小刻みなストリングスと印象的なグロッケンのフレーズが続く中、メンバーが登場。コール&レ スポンスをして最高潮のムードでパフォーマンスした「Bi\'Bi\'Bi\'」。勢いそのままに「Shall we」「ワンダーパレード」「STAND BY YOU」とアップナンバーを4曲立て続けにプレイ。「STAND BY YOU」の大団円ではメンバーが客席に降り、観客とハイタッチをしながら場内を回り、『ここで1つになろう』と熱唱した。

ライブも終盤、サビでピッチャーモーションの様な振りで盛り上げる「Good good-bye」では、「みんなエアーキャッチしてね!」と末吉9太郎がレクチャー。観客はジャンプをしながら両手を叩き、サビでメンバーが投げる振りをする度に黄色い歓声が上がる。

その後、本編最後のMCでTAKAは「1年半前まで出会ったことのない5人が集まり、 こうして客席にいる皆さんと出会い、支えてくださる事務所のスタッフさんのお陰で活動出来てます。本当にありがとうございます。この5人で良かったと思ってます。」と話し、春斗が「まだまだ夢の途中です。もっともっと大きな会場でワンマンライブが出来るようにしたいですし、皆さんに“応援して良かった"と思ってもらえるようなグループになれるよう、これらからも頑張ります。」と力強く語った。

「最後にやる楽曲は、アルバムの最後にも入ってる曲なのですが、作詞家さんが今の僕等の想いと重ねて書いてくださった詩です。聴いてください。」と話したのちに初披露された「26.5」ではマイクスタンドを握り締めながら感情を込めて歌いあげる姿が印象的であった。

アンコールではメンバーがサンタクロースの衣装に着替えステージに登場したが、客席にはファンが用意した小旗が汲まなく配られ“逆サプライズ"をするという微笑ましいシーンも。

春斗が「皆さん新曲持ってきましたー! しかも、クリスマスソングです!」と話すと、客席には喜びの声が飛び交う。その後新曲「ホワイトスノー」を初披露し、アウトロで9太郎が「せーーの!!」と掛け声をすると、全員で「ハッピー! メリークリスマス!」と叫び、鮮やかなクラッカーを放った。フィナーレに、プレ始動期間中の代表曲「Baby Fever」を歌い、2時間20分、全19曲という充実の内容となったワンマンライブは大団円で幕を閉じた。

メンバーはステージ前方まで歩くと、腕を大きく上げ「皆さん、本当に今日はありがとうございましたー!」とマイク無しで叫び、客席からは大きな拍手が上がった。

3月21日に行なった2度目のワンマンライブから今回の公演は倍以上の動員を記録したというCUBERS。この勢いそのままに、12月4日より「クリスマスTOUR〜過去の衣装をランダムに着ますよ〜」を開催する。

Photo by 牛島康介

■【セットリスト】

01.Samenaide
02.Stage
03.今さらMiss you
04 .SHY
05.スマイル
06.New days
07.Mr.COOL
映像「ついていっていいんですか?ゲーム前編」
08.椅子ダンス「君の瞳に恋してる」
09.ダンスセクション「Now That We Found Love」
10.Forever(バンド編成)
11.Samenaide(バンド編成)
映像「ついていっていいんですか?ゲーム後編」
12..Bi\'Bi\'Bi\'
13..Shall we
14.ワンダーパレ―ド
15.STAND BY YOU
16.Good good-bye
17.26.5
-アンコール-
18.ホワイトスノー(新曲)
19.Baby Fever

■【ライブ情報】

「CUBERSクリスマスTOUR〜過去の衣装をランダムに着ますよ〜」
12月04日(日) ららぽーと新三郷 1Fスカイガーデンステージ(埼玉)
時間:12時30分〜/15時〜
※観覧無料
12月11日(日) ららぽーと横浜 1Fセントラルガーデン(神奈川)
時間:13時〜/15時30分〜
※観覧無料
12月18日(日) イオンモール幕張新都心 アクティブモール1F スポーツオーソリティコート(千葉)
時間:13時〜/15時30分〜
※観覧無料

「CUBESRS Christmas Special〜2016年の感謝を込めて入場無料開催します〜」
12月25日(日) ミクシィ本社ファーストタワー7階 多目的スペース(東京)
時間:開場16時/開演16時30分(整列開始15時45分)
※入場無料

【関連リンク】
CUBERS オフィシャルHP
CUBERSが初のチアダンスに挑戦で7500人のFC東京サポーターが熱狂
CUBERS、過去の衣装をランダムで纏うクリスマスツアー開催&個人ツイキャス配信決定!
CUBERS、『イケメンサミット』でファン大熱狂&新曲「Samenaide」MV公開

【関連アーティスト】
CUBERS
【ジャンル】
J-POP, ライブ

清 竜人25が2017年6月のラストコンサートをもって解散を発表
Mon, 21 Nov 2016 15:30:00 +0900
11月20日@ZEPP TOKYO (okmusic UP\'s)

一夫多妻制アイドルの清 竜人25が、2017年6月17日をもって解散することを発表した。

【その他の画像】清 竜人

11月20日にZEPP TOKYOで行なわれたワンマンライブ「清 竜人25 ライブツアー2016 秋」のアンコールで初披露された多幸感溢れる新曲の途中で、清 竜人の口から「清 竜人25解散します、ごめんね。」とアナウンスされると、思いがけない発表に会場はどよめきと驚きの声に包まれる。さらに2017年6月17日に「ラスト?コンサート」が幕張メッセイベントホールで行なわれる事と、12月5日にさらなる重大発表があることがアナウンスされ、再び会場を驚かせた。

なお、解散発表の様子はYouTubeにもアップされているので、気になる方はチェックしてほしい。

■『清 竜人25、解散発表!@ZEPP TOKYO 2016.11.20』
https://youtu.be/eoHnsN3u3s8

■「ラスト?コンサート」

6月17日(土)  幕張メッセイベントホール
料金:¥8,000 ※全席指定
開場開演:15:00 / 16:00
http://w.pia.jp/t/ryujin25final/

【関連リンク】
清 竜人25 オフィシャルHP
『COUNTDOWN JAPAN 15/16』12月31日の注目アーティスト5選
マキタスポーツpresents Fly or Die、清 竜人25との対バン決定
堀江由衣ら5人組ユニット“Aice5”の新曲は清竜人が手掛ける友情ソング

【関連アーティスト】
清 竜人, 清 竜人25
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ライブ

家入レオ、第95回全国高校サッカー選手権大会応援歌「それぞれの明日へ」を11月29日より配信
Mon, 21 Nov 2016 15:00:00 +0900
配信曲「それぞれの明日へ」 (okmusic UP\'s)

現在、第95回全国高校サッカー選手権大会 応援歌を担当している家入レオ。その新曲「それぞれの明日へ」が11月29日(火)よりiTunes、レコチョクほか主要サイトにて配信されることが決定した。

【その他の画像】家入レオ

「それぞれの明日へ」は作詞を家入レオが担当し、作曲に多保孝一、編曲に本間昭光、というタッグで制作。《例え 今泣き叫んでも 夢を描いて それぞれの未来へ 羽ばたいて行け》というサビの歌詞が印象的な、サッカーに打ち込む高校生はもちろん、全てのティーン、全ての世代の人の心に力強く響く応援歌となっている。

また、家入レオは11月19日(土)、全国ツアー『5th LIVE Tour 2016 〜WE|ME〜』19本目を彼女の地元である福岡サンパレスホテル&ホールにて開催! 集まった2,300人満員御礼のファンを前に圧巻のパフォーマンスを披露した。

「福岡ただいま〜!」と地元ならではの第一声でスタートした今回の公演には、熊本で撮影された「僕たちの未来」のミュージックビデオに出演してくれた子供たち6人も観覧参戦。終演後には子供たちから寄せ書きをプレゼントされ、「みんな大きくなったね!」とミュージックビデオ撮影以来の再会に感激する場面も。初の全ホールツアーとして9月17日(土)にスタートした全国ツアー『5th LIVE Tour 2016 〜WE|ME〜』は東京国際フォーラム ホールAで行なわれる12月10日(土)の東京公演でいよいよファイナルを迎える。

■配信シングル「それぞれの明日へ」

2016年11月29日(火)配信スタート
※第95回全国高校サッカー選手権大会 応援歌

■『5th LIVE Tour 2016 〜WE|ME〜』

12月10日(土) 東京国際フォーラム ホールA
※終了分は割愛

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
家入レオ、新曲「それぞれの明日へ」が全国高校サッカー選手権大会応援歌に決定!
家入レオ、初の全国ホールツアーが初日から大盛況
家入レオ、4thアルバム『WE』のツアー会場限定盤の発売が決定

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

桑田佳祐、異例のラジオ2局同時生放送でスペシャル・プログラムをオンエア!
Mon, 21 Nov 2016 13:00:00 +0900
桑田佳祐 (okmusic UP\'s)

桑田佳祐がニューシングル「君への手紙」の発売にあわせ、11月27日(日)昼のFM802チャート・プログラム『DOCOMO OSAKAN HOT 100』とFM COCOLO ワイド・プログラム『SUNDAY MARK\'E 765』の2番組に生出演することが決定した。

【その他の画像】サザンオールスターズ

さらに、両番組の放送時間中に異例の2局同時生中継のスペシャルプログラム『桑田佳祐とSUNDAY HOT RADIO』が放送されることも決定した。この日は1日限定で、桑田佳祐専用の特別スタジオ『KUWATA×3 (クワタ・サン・サン・サン)スタジオ』を南森町に設立、そこから前述のスペシャルプログラムが放送される。

桑田“さん"が日曜日“SUN"に、“3"人でトークするという異例かつプレミアムなこのスペシャルプログラム。桑田佳祐、西田新そしてマーキーという3人のラジオDJが入り乱れてのトークで一体何が飛び出すのか!? 聴き逃す手はない!

■FM802×桑田佳祐×FM COCOLO スペシャル・トーク・セッション『桑田佳祐とSUNDAY HOT RADIO』

放送日時:11月27日(日) 13:00-14:00
<オンエア番組>
FM802『DOCOMO OSAKAN HOT 100』
(DJ=西田新 毎週日曜日12:00-15:00放送)
FM COCOLO『SUNDAY MARK\'E 765』
(DJ=マーキー 毎週日曜日13:00-16:00放送)内で
http://funky802.com/i/S☆☆☆☆

【関連リンク】
サザンオールスターズ オフィシャルHP
桑田佳祐、新曲「悪戯されて」MVは広末涼子との“歌謡サスペンスビデオ”に!?
桑田佳祐、ニューシングル「君への手紙」CMでウッチャンが号泣!?
桑田佳祐、年越しライブのライブ・ビューイング詳細が明らかに!

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ, 桑田佳祐
【ジャンル】
J-POP

SOUNDWITCHが現メンバーでの初リリースとなる会場限定EPをドロップ
Mon, 21 Nov 2016 12:00:00 +0900
SOUNDWITCH (okmusic UP\'s)

ネオインダストリアル・エレクトロ・ゴシックバンド、SOUNDWITCHが5曲入りEP『EROTICA』をライブ会場限定販売でリリース!

【その他の画像】SoundWitch

前作3rdアルバム『Romanesque』リリース後も、国内のみならず、台湾、アメリカはNYまでとツアーで飛び回っていた彼等の最新音源となるのだが、この間にも新曲デモ音源のSoundCloudでの発表や、新曲を含むLIVE MUSIC VIDEOの公開、そしてすでに未発表曲のみでもライブができる程のマテリアルなど定期的に新作を発表してきた。今作は久しぶりのCDパッケージでの作品となり、現メンバーでの初めてのリリースとなる。

『EROTICA』は現在の彼等の未発表マテリアルの中から、よりインダストリアルロック、エレクトロゴシック色の強い3曲が選ばれ、それに加え1stアルバム「WICCAHOLIC」より初MVとなった「Without」を含むリメイク2曲との計5曲を収録。現メンバーで演奏される古いナンバーはSOUNDWITCHの進化し続ける魅が存分に楽しめ、まさに多種多様な彼等のサウンドが縦横無尽にうねりまくる作品集となっている。

このリリース後も国内ツアーが続行され、2017年3月22日に大阪アメ村DROPで、SOUNDWITCH主催『EROTICA SHOW』が開催される。今作品に収録されなかった曲達の発表もあわせて、今後のSOUNDWITCHの活動に要注目だ。

■ミニアルバム『EROTICA』

2016年11月19日発売
※販売はライブ会場およびオフィシャルサイトでのメールオーダーのみ
※2016年12月21日よりiTunes Storeをはじめとする各種配信販売開始!
FTCA-6627/¥1,500+税
<収録曲>
01.Without
02.Strawberry Night
03.Kiss it and Make it Well
04.Voodoo Step
05.Hell Bop Lady

■【ライブ情報】

『SOUNDWITCH TOUR「SPEAK」』
11月19日(日) 東京 下北沢MOSAiC
11月30日(水) 大阪 アメリカ村DROP
12月03日(土) 愛知 名古屋3STAR IMAIK
12月11日(日) 福島 いわきclub SONIC iwaki
12月16日(日) 神奈川 横浜 F.A.D YOKOHAMA
12月18日(日) 大阪 心斎橋paradigm
12月22日(木) 愛媛 松山W studio RED
12月28日(水) 東京 新宿club SCIENCE
<2017>
1月26日(木) 大阪 心斎橋VARON
2月25日(土) 静岡 静岡SUNASH
To Be Continued…

『SOUNDWITCH「EROTICA SHOW」』
3月22日(水)  大阪 アメリカ村DROP
詳細は後日発表!

【関連リンク】
SOUNDWITCH オフィシャルHP
SoundWitchが待望のニューアルバム『Romanesque』をリリース
SoundWitch が"GHOST OF GROTESCA SHOW" ツアーファイナルとして東京初のワンマン公演が決定
Wienners、ツアー最終公演から「さよなら浦島太郎」のライブ映像即出し

【関連アーティスト】
SoundWitch
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

高橋優、横浜アリーナ公演のチケット一般発売迫る!
Mon, 21 Nov 2016 12:00:00 +0900
高橋優  (okmusic UP\'s)

高橋優が4月1日(土)、2日(日)に開催する『高橋優 全国ホール&アリーナツアー 2016-2017「来し方行く末」』横浜アリーナ公演のチケット一般発売が11月26日(土)から開始となる。

【その他の画像】高橋優

11月16日(水)にリリースされるニューアルバム『来し方行く末』を引っ提げて行なわれる今回のツアー。横浜アリーナ公演のチケットの一般発売日は11月26日(土)。先着順となっているので、先行販売を逃してしまった方は早めにチケットを手に入れてほしい。

アルバム『来し方行く末』は、「明日はきっといい日になる」「さくらのうた」「産まれた理由」「光の破片」をはじめ、初の楽曲提供作品となる「象」のセルフカバーなど、全12曲を収録。そして、期間生産限定盤に付属の特典DVDには、<秋田CARAVAN MUSIC FES 2016 at グリーンスタジアムよこて 2016.9.3-4&秋田フェスお蔵入り映像「ユウタイム〜あきたの時間」+林卓の活躍in 秋田フェス>が収録されている。

ぜひアルバムを聴き込んで、関東での最終公演となる横浜アリーナ公演に足を運んでほしい。

■【公演詳細】

『高橋優 全国ホール&アリーナツアー 2016-2017「来し方行く末」』
4月01日(土) 横浜アリーナ
16:00 開場 / 17:00 開演
4月02日(日) 横浜アリーナ
16:00 開場 / 17:00 開演

<チケット>
料金:全席指定 ¥6,500(税込)
※お一人様4枚まで
※4歳以上チケット必要。3歳以下入場不可

■一般発売日
11月26日(土)AM10:00より発売開始!!
・ローソンチケット:
発売日特電 0570-084-600/発売日以降 0570-084-003(Lコード:74267)
・チケットぴあ:
発売日特電 0570-02-9922/発売日以降 0570-02-9999(Pコード:311-575)
・イープラス:http://eplus.jp
※0570で始まる番号は一部携帯、PHSは使用不可

[お問合せ]
キョードー横浜:045-671-9911/http://www.kyodoyokohama.com/

【関連リンク】
高橋優 オフィシャルHP
高橋優、高橋フテネコも登場する「Mr.Complex Man」のMV公開
高橋優、ニューアルバム特典DVDのダイジェスト映像公開&全国ツアー開催
高橋優、ニューアルバムのアートワークは何が待っているのかわからない人生のよう!?

【関連アーティスト】
高橋優
【ジャンル】
J-POP

Wienners、ツアー最終公演から「さよなら浦島太郎」のライブ映像即出し
Mon, 21 Nov 2016 11:00:00 +0900
11月18日(金)@恵比寿LIQUIDROOM (okmusic UP\'s)

11月18日(金)に恵比寿LIQUIDROOMにて『GOKOH TOUR 2016』を大盛況に終えたWiennersから、当日のライブより「さよなら浦島太郎」の映像がサプライズプレゼントされた。

【その他の画像】Wienners

11月18日のツアーファイナルで最高潮を迎えたファンも、惜しくも会場へ足を運べなかった全国のファンの皆さんも、当日のセットリストと共に是非チェックして欲しい! 

なお、Wiennersは11月26日にMOROHAの全国ツアーでMy Hiar is Badと、いわきSONICにて共演。12月3日には『下北沢にて』、12月11日には酒田hopeにてFRIDAYZのツアーファイナルに出演、そして2月25日には所属レーベル、No Big Deal Recordsの5周年を祝う『No Big Deal NIGHT』への出演が決まっている。

photo by 星野健太

【セットリスト】
01.DIAMOND DUST
02.Cult pop suicide
03.レスキューレンジャー
04.ジュリアナディスコゾンビーズ
05.VIDEO GIRL
06.天地創造
07.片瀬江ノ島
08.ドリームビート
09.ELECTRIC FOR YOU
10.Because I love it
11.Idol
12.Go Anti Go
13.座頭市
14.南無阿弥陀仏のリズムに乗って
15.おおるないとじゃっぷせっしょん
16.ASTRO BOY
17.Justice4
18.龍宮城
19.さよなら浦島太郎
20.シャングリラ
21.Love2060%
22.姫
23.Hello,Goodbye
24.蒼天ディライト
25.LOVE ME TENDER
26.TRY MY LUCK
<ENCORE1>
27..姫君バンケット
28.午前6時
<ENCORE2>
29.子供の心

■「さよなら浦島太郎」2016.11.18.FRI GOKOH TOUR 2016 FINAL Ver @恵比寿LIQUIDROOM
https://youtu.be/P4WwUjVuZLA

【関連リンク】
Wienners オフィシャルHP
フォーリミらの所属レーベルが主催イベントのオープニングアクトを募集
Wienners、メンバーが侍に扮した「おおるないとじゃっぷせっしょん」MV公開
Wienners、新ミニアルバムよりメンバー自ら編集した「TRY MY LUCK」MVを公開

【関連アーティスト】
Wienners
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1