歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年11月19日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
或る感覚、来年4月のワンマン公演をもって解散
Sat, 19 Nov 2016 22:00:00 +0900
或る感覚 (okmusic UP\'s)

或る感覚が2017年4月のワンマンライブをもってバンドを解散することを発表した。ラストライブは新代田FEVERにて『DAN NO URA〜爆散〜』と銘打ったワンマンライブとなる。

【その他の画像】或る感覚

【メンバーからのコメント】
■立花ロン(Vo/Gt.)
今回大野と北原から脱退の意向を受けました。自分とKouでバンドを守ることも考えましたがこの4人で或る感覚である、という信念から解散を選ぶことにしました。俺は或る感覚というバンドにミュージシャンとしての一生を捧ぐつもりで歌ってきました。でも全員が一生同じ考えでやり続けていくことは難しいことでした。それでも或る感覚はこれまでの俺の人生を歌ったバンドです。これで追うのをやめる人も、既に追うのをやめている人も、まだ追う人も。一度でも俺の人生に関わってくれてありがとう。なのでこれからも俺の人生に関わる人達はよろしくお願いします。残りのライブ、全力で爆散してやりたいと思います。これにてバンドマン立花ロンは一度死にますが立花ロンは永久に不滅。必ず帰ってきます。

■北原ジャンクショ(Dr.)
私にとって今後の音楽に携わる形に対し自問自答した結果、脱退という形をとらせて頂きました。今後形は違えどそれぞれの音楽の道を歩む事になります。今まで本当にありがとうございました。

■Kou(Ba.)
解散という形になってしまいましたが、四人がそれぞれ前向きに進んでいくために必要な決断だったと思います。これまで或る感覚を応援して下さった皆様ありがとうございました。

■大野(Gt.)
現在と将来を考え、同時に音楽との向き合い方を考えた結果、形を変えたいと思い脱退を選択致しました。お世話になった関係者様、ファンの皆様、今まで本当にありがとうございました。

■『或る感覚 「DAN NO URA〜爆散〜」』

2017年4月22日(土) 新代田FEVER
前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
開場18:30/開演19:00

【チケット販売】
e+(イープラス)
<先行プレオーダー>
受付期間:11月20日(日)12:00〜11月26日(土) 23:59
抽選日時:11月28日(月)18:00
結果確認:11月29日(火)13:00〜11月30日(水)18:00
入金期間:11月29日(火)13:00〜12月1日(木) 21:00
確定日:12月3日(土)
<一般発売>
12月10日(土)〜
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002209181P0030001

【関連リンク】
テスラは泣かない、恒例の自主企画イベント「High noble MATCH!」名古屋での初開催が決定
或る感覚、2ndアルバム『バイタルリスペクト』リリース&無料ワンマンライブ開催
THE ORAL CIGARETTES、来春全国ツアー「唇フェス」を開催
問題児バンド・或る感覚、トリプルA面シングルを9月リリース

【関連アーティスト】
或る感覚
【ジャンル】
ジャパニーズロック

グッドモーニングアメリカ、ニューアルバム『鉛空のスターゲイザー』の全貌公開
Sat, 19 Nov 2016 19:00:00 +0900
グッドモーニングアメリカ (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカの約1年ぶりとなる、12月14日にリリースのニューアルバム『鉛空のスターゲイザー』の詳細が発表された。

【その他の画像】グッドモーニングアメリカ

アルバムと同タイトルのリード楽曲「鉛空のスターゲイザー」をはじめ、10月12日にリードシングルとしてリリースされた話題のスマートフォン用本格サスペンスRPG『Black Rose Suspects』とのコラボレーションとなった「ノーファング」、カップリング曲「クラスター」のアルバムバージョン、ロッテ『トッポ』オリジナル応援ソングとして書き下ろした「カラフル」など全12曲が収録される。

また、初回限定盤DVDには11月5日にグッドモーニングアメリカ結成の地・八王子にて開催され、大成功をおさめたバンド主催フェス『八王子天狗祭2016』でトリを務めた彼らのパフォーマンス映像の全曲8曲がスピード収録される。

そして、アルバムのビジュアルは過去のアルバム『未来へのスパイラル』『inトーキョーシティ』などでお馴染み、keng kong氏の書き下ろしによる東京の2つの夜景が描かれた絵がそれぞれ初回限定盤、通常盤に分かれて使用されている。アーティスト写真は、このジャケットビジュアルからメンバーがインスピレーションを受けて選定した都内某所での夜景をバックに撮影された。

■アルバム『鉛空のスターゲイザー』

2016年12月14日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
COZP-1264〜5/¥3,048+税
【通常盤】(CDのみ)
COCP-39775/¥2,667+税
<収録曲>
■CD
01.鉛空のスターゲイザー
02.Beep!Beep!
03.フォトグラフ
04.マイライフ
05.フライハイ
06.ノーファング -Album Version-
07.ダイヤモンド
08.SOS
09.カラフル
10.クラスター -Album Version-
11.おまけ
12.リジェネレーション
■DVD ※初回限定盤のみ
『八王子天狗祭2016』
(2016.11.5@エスフォルタアリーナ八王子)
1.コピペ
2.キャッチアンドリリース
3.拝啓、ツラツストラ
4.ノーファング
5.いつもの帰り道
6.空ばかり見ていた
7.そして今宵は語り合おう
8.未来へのスパイラル

【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP
グッドモーニングアメリカ、主催フェスでニューアルバムのリリースを発表
グッドモーニングアメリカ、主催フェス『八王子天狗祭2016』タイムテーブル発表
グドモ、声優の杉田智和も参加するイベントで「ノーファング」生演奏決定

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GACKT、ニコ生特番でファンからの「変なクイズ」に生回答!?
Sat, 19 Nov 2016 18:00:00 +0900
GACKT (okmusic UP\'s)

11月23日(水)にシングル「キミだけのボクでいるから」を発売するGACKT。そのリリースを記念し、発売当日に放送されるニコ生特番への出演が決定した。

【その他の画像】GACKT

本番組では、10月よりMX、読売テレビ、BS11にて放送中のアニメ「TRICKSTER -江戸川乱歩『少年探偵団』より-」の怪人二十面相役として、久々に声優に挑戦したGACKTに裏話を聞くほか、7年ぶりのコンセプトツアー『GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- supported by Nestle』の海外ツアートレーラー映像をGACKT自身が紹介するなど、スペシャル番組をお届けする。

さらに、番組後半のプレミアム会員限定コーナー「クイズ!『答えて!二十面相!』」では、視聴者から出題された「変なクイズ」を怪人二十面相の面子にかけて、GACKTが生回答! 現在、番組視聴URLページより“GACKTを唸らせる珍問奇問”を募集中だ。

また、GACKTプレミアムナイト放送後には、22時00分よりGACKTとLUNA SEAの真矢のスペシャルコラボ対談を「OH!! MY!! GACKT!! チャンネル」と「真矢チャンネル」の2つのチャンネルで放送するのでお見逃しなく!

■ニューシングル「キミだけのボクでいるから」リリース記念プレミアムナイト@ニコニコ生放送

11月23日(水)18:00〜22:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv281985524

■Gackt公式サイト
https://gackt.com/
■OH!! MY!! GACKT!! - ニコニコチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/gackt
■真矢チャンネル - ニコニコチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/shinya-ch

※本番組の一部はプレミアム会員限定視聴となります。番組全編を視聴するにはプレミアム会員のご登録が必要となります。
※お便り募集で投稿いただいたメールの一部は番組で紹介します。

【関連リンク】
GACKT、新曲「キミだけのボクでいるから」MVでアニメ『TRICKSTER』とのコラボが実現!
GACKT、『TRICKSTER-江戸川乱歩「少年探偵団」より-』OPのジャケットが解禁
GACKTが怪人二十面相に!? アニメ『TRICKSTER』のアフレコ映像解禁!
GACKT × 浜崎あゆみ、ネット番組での初の共演を10万人超が視聴

【関連アーティスト】
GACKT, LUNA SEA, 真矢
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

超特急、2017年1月に完全メンバープロデュースによるFCイベント開催決定
Sat, 19 Nov 2016 17:00:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

超特急がメンバー全面プロデュースによる自身初のファンクラブイベントを、2017年1月9日に豊洲PITにて開催することを発表した。

【その他の画像】超特急

「超特急の超新年会」と題した本イベントは2部制で開催! サブタイトルは6号車ユースケが考案し、1部は「〜あなたはこのおせち食べられますか?レッツ イーティング!〜」、2部は「〜あなたを幸せにします2017!ハッピーゴットの降臨!〜」と名付けられ、1部・2部共に違った内容の企画でイベントを展開。イベント衣装もメンバープロデュースにより、新たに制作されるという。バラエティに富んだパフォーマンスに、エンタテインメント性、演出力の高さが各方面から高い評価を受けている超特急の2017年初めてのイベントをファンは楽しみにしておこう。

【3号車 リーダー リョウガ コメント】
「超特急“初”となるFCイベントをさせていただきます!衣装もタイトルも内容も全てメンバーがプロデュースしたこだわったFCイベントは、必見です!」

■『ファンクラブイベント「超特急の超新年会」』

1月9日(月祝)  東京・豊洲PIT
■1部
「超特急の超新年会」〜あなたはこのおせち食べられますか?レッツ イーティング!〜
開場 14:00/ 開演14:45
■2部
「超特急の超新年会」〜あなたを幸せにします2017!ハッピーゴットの降臨!〜
場17:30 / 開演 18:15

<先行受付スケジュール>
夢の青春8きっぷ会員1次先行受付(抽選)
受付URL:http://fc.bullettrain.jp/
受付期間:2016年11月20日(日)18:00〜2016年11月28日(月)23:59
<申込対象者>
2016年11月14日(月)23:59までの入会者⇒11月20日(日)18:00〜申込可能
2016年11月23日(水)23:59までの入会者⇒11月25日(金)18:00〜申込可能

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急の4号車タクヤ、ソロとして初のバラエティ出演は『金曜ロンドンハーツ』
超特急、ファンとの絆を深めたライブハウスツアーが熱狂のうちに終了!
超特急、7人の魅力が存分に詰まった2nd写真集の全貌を大公開

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

BLUE ENCOUNTが再びMステに登場! 出演を祝して100時間限定リリックビデオの公開も!
Sat, 19 Nov 2016 16:00:00 +0900
BLUE ENCOUNT (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが11月25日に放送するテレビ朝日系『ミュージックステーション』に再び出演することが決定! 今回は11月23日にリリースされる日本テレビ系土曜ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』の主題歌にもなっている「LAST HERO」を演奏する。前回の出演も非常に大きな話題を呼んだだけに、今回も期待は高まるばかり。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

このMステ出演を記念して、10月9日に行なわれた武道館ワンマン『LIVER\'S 武道館』の映像で制作された「LAST HERO」の歌詞(リリック)入り動画が公開された。100時間の限定公開となるので今すぐチェックして欲しい。近日中には待望のMVも公開されるということなので、まずはこちらの歌詞入り動画を観てMVの公開を待とう!

■テレビ朝日系『ミュージックステーション』
※放送日時:11月25日(金) 20:00-20:54
http://www.tv-asahi.co.jp/music/

■100時間限定『LAST HERO 武道館 Ver.』(祝Mステ出演記念)※2016年11月23日1時まで
https://youtu.be/bcJ2qdlao80

■シングル「LAST HERO」

2016年11月23日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2797〜2798/¥1,759+税
<収録曲>
■CD
1.LAST HERO
2.WINNER
3.夢花火 piano & strings special ver.
■DVD
7月10日に熊本B.9 V1で行なわれた「TOUR2016 THANKS 〜チケットとっとってっていっとったのになんでとっとらんかったとっていっとっと。熊本ワンマンてや?そりゃよかばい!〜」のLIVE映像およびブルエンが地元熊本を散歩した様子をメンバーの解説でお届け!
1. HEEEY!
2. 夢花火
3. だいじょうぶ
4. ブル散歩 -熊本編-

【通常盤】(CD)
KSCL-2799/¥926+税
<収録曲>
1.LAST HERO
2.ANSWER 2016.10.9 at LIVER\'S 武道館
3.YOU 2016.10.09 at LIVER\'S 武道館

◎封入特典
2017年ワンマンツアー・チケット先行抽選受付シリアルナンバー封入(※通常盤は初回仕様のみ封入)

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
アジカンの「ループ&ループ」新録版にKANA-BOON・谷口鮪、BLUE ENCOUNT・田邊駿一が参加
BLUE ENCOUNTが『uP!!!NEXT』に登場! テーマは“静寂”と“激動”!?
BLUE ENCOUNT、ドラマ初出演を記念してSNS上でイベント開催

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

ザ・クロマニヨンズ、全国ツアー開幕で長野をロックンロール一色に染める!
Sat, 19 Nov 2016 15:00:00 +0900
11月17日(木)@長野・長野CLUB JUNK BOX (okmusic UP\'s)

ザ・クロマニヨンズが、11月17日(木)長野県 長野CLUB JUNK BOXにて全国ツアーの初日公演を迎えた。

【その他の画像】ザ・クロマニヨンズ

会場の熱気が高まる中スタートしたライブは、最新アルバム『BIMBOROLL』から「マキシマム」や「光線銃」などを続々と披露。演奏とオーディエンスの掛け声が混ざり合い、場内のヴォルテージは高まっていく。

『はじまったよ! また会えたな。ありがとう』という甲本ヒロトの挨拶の後に演奏されたのは、最新シングル「ペテン師ロック」に収録されている「ハードロック」。アルバム収録曲はもちろん、それ以外の曲も登場しつつ、ライブはどんどん加速していく。

ライブの後半戦はハープが鳴り響く超骨太ロックンロール「ペテン師ロック」からスタートし、「エルビス(仮)」や「エイトビート」をプレイ。『今日は最高!』とオーディエンスと一体となり叫んだ「ギリギリガガンガン」など、続々とシングル楽曲が披露された。アルバム収録曲「大体そう」で本編は終了したが、ロックンロール一色となった会場から起こった鳴りやまないアンコールに応え、再び熱いステージを魅せた。

初日を感じさせない圧巻のステージでオーディエンスの心をとらえ、『ザ・クロマニヨンズ TOUR BIMBOROLL 2016-2017』長野公演は大盛況のうちに幕を閉じた。

同ツアーは2017年4月22日(土)の福岡県石橋文化ホールまで約半年に及ぶ全56公演を予定。最新アルバム『BIMBOROLL』を手に会場に足を運び、このロックンロールを体感してほしい!

Photo by 柴田恵理

■『ザ・クロマニヨンズ TOUR BIMBOROLL 2016-2017』

11月20日(日) 大阪 なんばHatch
11月22日(火) 大阪 umeda AKASO
11月23日(水) 大阪 umeda AKASO
11月25日(金) 岡山 岡山YEBISU YA PRO
11月26日(土) 岡山 岡山YEBISU YA PRO
11月27日(日) 岡山 岡山YEBISU YA PRO
11月30日(水) 東京 LIQUIDROOM
12月01日(木) 東京 LIQUIDROOM
12月03日(土) 石川 金沢Eight Hall
12月04日(日) 富山 富山MAIRO
12月08日(木) 秋田 秋田 Club SWINDLE
12月10日(土) 青森 青森 Quarter
12月11日(日) 岩手 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
12月15日(木) 大分 DRUM Be-0
12月17日(土) 熊本 熊本B.9 V1
12月18日(日) 熊本 熊本B.9 V1
12月20日(火) 神奈川 CLUB CITTA\' 川崎
12月23日(金) 北海道 PENNY LANE 24
12月24日(土) 北海道 PENNY LANE 24
12月25日(日) 北海道 PENNY LANE 24
12月27日(火) 北海道 帯広 MEGA STONE
<2017年>
1月09日(月) 岐阜 岐阜club-G
1月11日(水) 愛知 E.L.L.
1月12日(木) 愛知 E.L.L.
1月17日(火) 福島 郡山 HIP SHOT JAPAN
1月20日(金) 静岡 Live House浜松 窓枠
1月21日(土) 静岡 Live House浜松 窓枠
1月24日(火) 東京 TOKYO DOME CITY HALL
1月28日(土) 新潟 新潟LOTS
1月31日(火) 群馬 高崎 club FLEEZ
2月03日(金) 滋賀 滋賀U★STONE
2月04日(土) 滋賀 滋賀U★STONE
2月06日(月) 和歌山 和歌山SHELTER
2月08日(水) 兵庫 神戸ハーバースタジオ
2月09日(木) 兵庫 神戸ハーバースタジオ
2月14日(火) 島根 松江B1
2月16日(木) 愛媛 松山W studio RED
2月18日(土) 広島 BLUE LIVE 広島
2月19日(日) 山口 周南 RISING HALL
2月22日(水) 山梨 甲府CONVICTION
2月25日(土) 宮城 仙台 PIT
3月02日(木) 埼玉 戸田市文化会館
3月04日(土) 東京 福生市民会館
3月12日(日) 神奈川 ハーモニーホール座間 大ホール
3月18日(土) 香川 サンポートホール高松 大ホール
3月20日(月) 京都 京都KBSホール
3月25日(土) 長野 茅野市民館 マルチホール
4月01日(土) 栃木 栃木県教育会館
4月02日(日) 千葉 千葉市民会館 大ホール
4月06日(木) 静岡 静岡市民文化会館 中ホール
4月08日(土) 三重 三重県文化会館 中ホール
4月09日(日) 愛知 刈谷市総合文化センター 大ホール
4月14日(金) 兵庫 尼崎市総合文化センター あましんアルカイックホール
4月19日(水) 東京 かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
4月22日(土) 福岡 石橋文化ホール
※終了分は割愛

【関連リンク】
ザ・クロマニヨンズ オフィシャルHP
ザ・クロマニヨンズ、今年もニューアルバムのリリースと全国ツアーが決定
ザ・クロマニヨンズ、9月14日にシングル「ペテン師ロック」をリリース
ましまろ、2ndアルバム発売&ライヴツアー開催決定

【関連アーティスト】
ザ・クロマニヨンズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

赤い公園、2017年開催の結成周年イベントに盟友・爆弾ジョニーらが出演決定
Sat, 19 Nov 2016 14:00:00 +0900
赤い公園 (okmusic UP\'s)

赤い公園が結成周年自主企画イベントを2017年1月4日(水)に開催することを発表した。

【その他の画像】赤い公園

自主企画イベント「こめさくpresents〜もぎもぎカーニバル〜復刻版」は赤い公園が育ったライヴハウス・立川BABELにて行なった自主企画の復刻版。ゲストバンドは毎年津野米咲(G)自身がブッキングしている。

2017年は今年活動を再開した盟友・爆弾ジョニー、津野も大ファンであり今注目のバンド・Official髭男dism、立川にて昔から対バンをしていた泥黒の出演が決定。新年最初の赤い公園のイベントをお見逃しなく!

■【赤い公園 津野米咲(G)よりコメント】

来年も結成記念日ライブ、やります!
復活おめでとうバンドと、上京してきてくれてありがとうバンドと、立川における強敵バンドと、赤い公園で行ないます。
愛する地元、立川であけおめことよろしましょう!
BABELで待ってます!

■「こめさくpresents〜もぎもぎカーニバル〜復刻版2017」

2017年1月4日(水) 立川BABEL
OPEN/START:17:00/17:30

【関連リンク】
赤い公園 オフィシャルHP
赤い公園、自主企画の大阪公演は雨のパレードとの2マン
赤い公園、毎年恒例『拝啓新宿殿』で黒猫チェルシーと対バン
忘れらんねえよ『ツレ伝』に爆弾ジョニーのロマンチック☆安田が参加

【関連アーティスト】
赤い公園, 爆弾ジョニー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

城 南海が奄美の雄大な自然を味わえる「晩秋」MV公開
Sat, 19 Nov 2016 13:30:00 +0900
城 南海 (okmusic UP\'s)

城 南海が11月16日にリリースされたアルバム『月下美人』より「晩秋」のミュージックビデオを公開! また、カラオケDAMでプレゼントキャンペーンもスタートした。

【その他の画像】城 南海

自身のオフィシャルYouTubeチャンネルで公開された「晩秋」ミュージックビデオは、ジャケット写真と同様、出身地である奄美大島で撮影されたもの。城 南海が情感たっぷりに歌い、奄美の雄大な自然も味わえる美しい映像となっている。

また、ニューアルバムの発売を記念して、全国のカラオケ「DAM」設置店でカラオケDAMのプレゼントキャンペーンもスタートした。城 南海の「晩秋」「月下美人」「アイツムギ」「祈りうた〜トウトガナシ〜(標準語Ver.)」を歌って応募すると、城 南海の出身地・奄美大島の往復航空券やプレミアムイベントに参加できるプレゼントキャンペーンとなっている。年末年始のカラオケシーズンに、カラオケ女王のオリジナル曲に挑戦して、プレゼントをゲットしてみよう。

■「晩秋」MV Short Ver.
https://www.youtube.com/watch?v=dWOtFYfhdec

■【城 南海 カラオケDAMプレゼントキャンペーン】

応募期間:2016年11月16日(水)〜2017年1月31日(火)
賞品:
・奄美大島 往復航空券 抽選で1組2名様
・城 南海カラオケ教室 抽選で3名様
・サイン入りグッズ 抽選で5名様
※カラオケ教室会場までの交通費、宿泊費は当選者様のご負担となります。
※日程等詳細は当選者様にご連絡させて頂きます。

■詳細はこちら
http://www.clubdam.com/app/damtomo/common/page.do?type=damtomo&source=P00653&subType=present

【関連リンク】
城 南海 オフィシャルHP
ポニーキャニオン50周年! 記念本、イベント、50時間連続放送などが目白押し!!
城 南海、名古屋にて開催される韓国歴史ドラマオフィシャルコンサートに歌唱出演決定
城南海、幻想的な空間で歌う「月と月」MVを公開

【関連アーティスト】
城 南海
【ジャンル】
J-POP

XIA(ジュンス)、日本国内での兵役前最後となるコンサートを12月に開催
Sat, 19 Nov 2016 13:00:00 +0900
XIA(ジュンス) (okmusic UP\'s)

XIA(ジュンス)がコンサート『2016 XIA Ballad&Musical Concert with Orchestra vol.5 in JAPAN』を開催することがわかった。

【その他の画像】XIA

同公演ではバラード曲とミュージカル曲をオーケストラによって披露。韓国では今年で5回目を迎え、日本公演も開催される。

XIA(ジュンス)にとって兵役前最後の公演となり、日本国内での追加公演を行なう予定はないとのことなので、しばらくの間観ることのできないXIA(ジュンス)の熱唱を是非その目で見届けてほしい。

チケットの一般発売は12月4日(日)10:00〜各プレイガイドにて行なわれる。この機会をお見逃しなく。

■『2016 XIA Ballad&Musical Concert with Orchestra vol.5 in JAPAN』

12月13日(火) 埼玉県・さいたまスーパーアリーナ
開場 17:30 / 開演 18:30 
12月14日(水) 埼玉県・さいたまスーパーアリーナ
開場 17:30 / 開演 18:30
12月15日(木) 埼玉県・さいたまスーパーアリーナ
開場 17:30 / 開演 18:30
12月26日(月) 大阪府・大阪城ホール
開場 17:30 / 開演 18:30
12月27日(火) 大阪府・大阪城ホール
開場 17:30 / 開演 18:30

<チケット>
SS席 ¥16,200(税込)
S席 ¥10,800(税込)
一般発売:12月4日(日)10:00より発売開始
※お1人様4枚まで。
※3歳未満のお子様はご入場出来ません。3歳以上のお子様はご入場出来ますが、チケットが必要です。

【公演に関するお問い合わせ】
埼玉公演:埼玉公演運営事務局 0570-000-556(平日13:00〜17:00)
大阪公演:大阪公演運営事務局 06-6882-1438 (平日12:00〜17:00)

【関連リンク】
『2016 XIA Ballad&Musical Concert with Orchestra vol.5 in JAPAN』オフィシャルHP
XIA(ジュンス)、コンサートツアー追加公演チケットの一般発売日が6月26日に決定
XIA(ジュンス)、『2016 XIA 5th ASIA TOUR CONCERT IN JAPAN‘XIGNATURE’』チケット一般発売がいよいよスタート!
JYJのXIA(ジュンス)、名古屋公演決定&ファン招待の公開リハーサル開催

【関連アーティスト】
XIA
【ジャンル】
K-POP

フォーリミらの所属レーベルが主催イベントのオープニングアクトを募集
Sat, 19 Nov 2016 12:30:00 +0900
No Big Deal Records ロゴ (okmusic UP\'s)

2017年2月25日(土)に新宿ロフトにて主催イベント『No Big Deal NIGHT〜No Big Deal Records 5th Anniversary Party〜』の開催が決定! また、このイベントのオープニングアクトの出演者をオーディションにて決定することも発表された。

【その他の画像】ALL OFF

出演は同レーベル所属のALL OFF、Goodbye holiday、04 Limited Sazabys、THE PINBALLS、ミソッカス、VICKEBLANKA、ねこね、こねこね。、Wienners、だいじろー(from JYOCHO)の全9組に加え、オープニングアクト1組の全10組。オープニングアクト出演者はオーディション形式にて11月19日より募集する。

2012年より新進気鋭のアーティストを世に送り出してきた注目のレーベル「No Big Deal Records」が、更なる才能に出会うべく開催するオーディションとなる。この機会にぜひ応募しよう。イベント情報、チケット販売詳細、オーディション詳細はオフィシャルHPをチェック!

■【No Big Deal Records 5th Anniversaryに寄せて】

2012年2月29日(うるう年!)、THE UNIQUE STAR「LEVEL9」(品番NBDL-0001)の発売をもって、No Big Deal Recordsはひっそりと産声を上げました。
メジャーデビューが"Big Deal"(一大事)なら、僕らのようなインディーズレーベルはあくまで"No Big Deal“(大したことない)。でも、いや、むしろだからこそ、誰の指図も受けることなく、自分たちの理想のレーベルをゼロから立ち上げていく喜びがありました。
あれから5年。どこかしら共鳴してくれるアーティストやスタッフ、そしてリスナーである皆さんが、1人また1人と少しずつ増えていき、現在所属アーティストは9組、そのうち5組はメジャー進出を果たし、ついには武道館公演を行うアーティストまで生まれました。
どんなに規模が大きくなっても、あのときのワクワク感、自由な精神を忘れずに。
いつまでも挑戦者であり続けたいと思います。

No Big Deal Records
レーベル・プロデューサー
土門義隆

■No Big Deal Records presents『No Big Deal NIGHT〜No Big Deal Records 5th Anniversary Party〜』

2月25日(土) 新宿LOFT&LOFT BAR
開場 14:30/開演 15:00
出演:ALL OFF/Goodbye holiday/04 Limited Sazabys/THE PINBALLS/ミソッカス/VICKEBLANKA/ねこね、こねこね。/Wienners/だいじろー(from JYOCHO)
※OPENING ACT有り 全10組

★『No Big Deal NIGHT〜No Big Deal Records 5th Anniversary Party〜』オープニングアクト募集!
No Big Deal Records 所属のアーティストたちと一緒にステージに立ちませんか? 我こそは!というそこのアナタ!ぜひ出演オーディションにご応募ください!
第1次募集:2016年12月11日(日) 23:59応募締切 
第2次募集:2017年01月15日(日)23:59応募締切
イベント情報/チケット情報/オーディション詳細はNo Big Deal RecordsオフィシャルHPにて。

【関連リンク】
No Big Deal Records オフィシャルHP
JYOCHO、1stミニアルバムより新曲「太陽と暮らしてきた」のフリーDLをスタート
THE PINBALLS、ミニアルバムより「毒蛇のロックンロール」MV公開
Wienners、メンバーが侍に扮した「おおるないとじゃっぷせっしょん」MV公開

【関連アーティスト】
ALL OFF, Wienners, Goodbye holiday, ミソッカス, THE PINBALLS, 04 Limited Sazabys, ねこね、こねこね。, JYOCHO, VICKEBLANKA
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

メガマソ、ラジオで新曲「ザセカンドニムバス」初OA&メンバー出演のクリスマスニコ生特番放送決定
Sat, 19 Nov 2016 12:00:00 +0900
メガマソ (okmusic UP\'s)

メガマソの涼平(G)が11月18日にFM NACK5『BEAT SHUFFLE』に電話インタビュー出演し、新曲「ザセカンドニ ムバス」を初OAした。

【その他の画像】メガマソ

12月7日に結成10周年記念両A面シングル「ふとん史/ザセカンドニムバス」をリリースするメガマソ。

「ザセカンドニムバス」はアッパーなデジタルハードコアとメロディアスなメロディの融合を目指した楽曲。ツインボーカルスタイルで繰り広げられるメガマソのちょっと激しい(?)寝起きを体感できるとのこと。

合わせて、「ザセカンドニムバス」サイドのアーティスト写真と通常盤ジャケット2種のアートワークを公開。両A面の2曲の音楽性を端的に表した、どちらもメガマソらしいアグレッシブなアプローチの写真で構成されている。

さらに、12月25日(日)にニコ生クリスマス特別番組が放送決定! 番組内の前半無料パートは12月10日(土)に行なわれる品川インターシティーホールでのライブ前半部分をメンバーのコメントと共に鑑賞。そして後半の有料パートではメンバーみんなでゲーム大会を開催。気になる方は是非チェックを!

■『メガマソのニコ生クリスマス特別番組』

日時:12月25日(日) 20:00〜
http://ch.nicovideo.jp/ropear/blomaga/ar1140160

※一部無料、全編視聴のためには会員登録が必要です。
※チャンネル会員であればプレミアム会員で無くとも全枠視聴可能。
http://ch.nicovideo.jp/ropear/blomaga/ar640131

■シングル「ふとん史/ザセカンドニムバス」

2016年12月7日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD+36P写真集)
DDCB-94012/¥3,500+税
※A4サイズBOX仕様
<収録曲>
■CD
1.ザセカンドニムバス
2.ふとん史
■DVD
1.ザセカンドニムバス Music Video
2.ふとん史 Music Video
3.ふとん史/ザセカンドニムバス Off Shot

【通常盤タイプ A】(CD)
DDCB-14049/¥1,500+税
<収録曲>
1.ザセカンドニムバス
2.ふとん史
3.irodori drop

【通常盤タイプ B】(CD)
DDCB-14050/¥1,500+税
<収録曲>
1.ザセカンドニムバス
2.ふとん史
3.悲劇!滑車送りの刑!

【関連リンク】
メガマソ オフィシャルHP
Migimimi sleep tight、2ヶ月連続発売となる第1弾Digital SingleのフルアニメーションMVを公開
メガマソ、新曲「ふとん史」MV解禁で1年間の“冬眠”からついに目覚める!
Vanity Sicks、1stデジタルシングル「Let it die」配信スタート

【関連アーティスト】
メガマソ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

そこに鳴る、待望の最新作『METALIN』収録のリード曲「新世界より」MVを解禁
Sat, 19 Nov 2016 11:00:00 +0900


11月17日にオンエアされたKOGA RECORDSのYOUTUBE番組「月刊KOGA RECORDS TV」にて、2017年2月8日に発売されるそこに鳴るの最新作『METALIN』収録のリード曲「新世界より」のMVが公開された。

【その他の画像】そこに鳴る

監督は前作「エメラルドグリーン」を手がけた小嶋貴之氏。ずっと先の未来の荒廃した世界を描いた叙情的な歌詞と、そこに鳴るの真骨頂とも言えるタッピングリフの効いたスクエアなサウンド、そしてシングアロングが印象的なサビの突き刺さるメロディー…楽曲のもつエモーショナルな雰囲気と、独特な歌詞の世界観に小嶋氏の解釈を加えた視覚表現でさらなる広がりを見せるMVとなっているので、気になる方は是非一度ご覧になってみてほしい。

■「新世界より」MV
https://youtu.be/aUe-e2H3C5I

■ミニアルバム『METALIN』

2017年2月8日発売
KOCA-93/¥1,800+税
<収録曲>
1. Break out!!!
2. 新世界より
3. METALIN
4. family
5. 藍色の明日へ
6. 星の行方
7. sayonara blue

【関連リンク】
そこに鳴る オフィシャルHP
そこに鳴る、来年2月に3rd ミニアルバム『METALIN』を発売
そこに鳴る、「エメラルドグリーン」のMVを公開
そこに鳴る、2ndミニアルバムの詳細&アートワークを公開

【関連アーティスト】
そこに鳴る
【ジャンル】
ジャパニーズロック

超特急の4号車タクヤ、ソロとして初のバラエティ出演は『金曜ロンドンハーツ』
Fri, 18 Nov 2016 22:00:00 +0900
4号車 タクヤ (okmusic UP\'s)

超特急の4号車タクヤが、11月25日(金)放送のロンドンブーツが冠を務める大人気番組『金曜ロンドンハーツ』に出演することが発表された。タクヤにとってソロ初のバラエティ出演となる。

【その他の画像】超特急

音楽活動のみならず、映画出演が決まるなど、益々活躍の場を広げていく彼が次にどんな旋風を巻き起こしていくのか注目だ。

【4号車タクヤ コメント】
「ソロでは初のゴールデンと言う僕にとっても記念すべき放送なので、絶対観て欲しい」

■BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land』

12月17日(土) 神戸・ワールド記念ホール
12月24日(土) 国立代々木競技場 第一体育館
■特設サイト
http://bullettrain.jp/arena2016/

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、ファンとの絆を深めたライブハウスツアーが熱狂のうちに終了!
超特急、7人の魅力が存分に詰まった2nd写真集の全貌を大公開
超特急、ダイバーシティのイルミネーション点灯式に登場! 館内が超特急一色に

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

Cyntia、ニューアルバム『Urban Night』完成! 新曲ショートver.フリーダウンロード開始!!
Fri, 18 Nov 2016 21:00:00 +0900
Cyntia (okmusic UP\'s)

ドラマーの脱退やレコードディールの終了を経て、新たにAldiousやRAMIらが在籍するVAAに移籍したCyntiaが、12月14日にリリースする待望のニューアルバム『Urban Night』を完成させた!

【その他の画像】Cyntia

今回、アルバムより「Urban Night」のMVの一部が公開。ビルの屋上で演奏するメンバーの凛とした姿が印象的な映像となっている。

また、同時に新曲「Bless of Fire」のショートバージョンのフリーダウンロードが開始された。この曲にはCyntiaのデビュー時のレーベルメイトでもあり、旧知の仲であるアルディアスのトキが参加しているのも話題となっている。こちらもアルバムと合わせてチェックしてみてほしい。

■「Bless of Fire」ショートバージョン MP3フリーダウンロード
http://firestorage.jp/download/e2752e73df0688ebe64f0e911bb764c026573b03

■アルバム『Urban Night』トレイラー映像
https://youtu.be/SeEUqqvgGK8

■アルバム『Urban Night』

2016年12月14日発売
【通常盤】(CD)
CYNT-001/¥2,400+税
【限定盤】(CD+DVD)
CYNT-002/¥3,200+税
【HMV限定盤】(CD+DVD)
CYNT-003/¥3,300+税
※HMVメンバー全員の直筆サイン入りカード
<収録曲>
■CD
1. introduction
2. Urban Night
3. ハピネス
4. Bless of the Fire
5. Life Goes On
6. Un!verse
7. 不眠症シンデレラ
8. if
9. Call Me
■限定盤DVD
1. Run to the Future
2. 閃光ストリングス
3. キラキラ☆シャングリラ
4. Endless World
5. エレウテリア
6. Moonlight Roulette  
7. Wish
■HMV限定盤DVD
1. Meter Calling
2. シオン
3. Through the Fire and the Desire 
4. 幻覚の太陽
5. Beyond the World

【関連リンク】
Cyntia オフィシャルHP
CYNTIAがニューアルバムのリリースと全国5都市でのツアー開催を発表
CYNTIA、ライブDVD発売記念イベントを開催&無料配信開始!
CYNTIA、9?28日に新作ライブDVD『NIGHT AND DAY』をリリース!

【関連アーティスト】
Cyntia
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SHANTI、珠玉のバラード・カバーを集めたベスト盤を12月21日にリリース
Fri, 18 Nov 2016 20:00:00 +0900
SHANTI (okmusic UP\'s)

“ハイレゾ時代の歌姫"として評判の上質のヴォーカルサウンドで多くの音楽ファンを魅了しているシャンティ(SHANTI)が、初めてのカヴァーベストアルバム『SHANTI sings BALLADS』をリリースすることが発表された。

【その他の画像】SHANTI

シャンティのこれまで発表した6枚のアルバムから選りすぐりのバラード・カバー曲を収録。オリジナルとカヴァーの両面でジャジーポップの新しい領域を切り開いてきたシャンティ。とりわけ定評のあるバラード・カヴァーを集めた内容はファン待望のアルバムと言える。

さらに今回は新録も3曲収録。中でも2017年2月11日公開予定の話題の映画『サバイバルファミリー』の主題歌「HARD TIMES COME AGAIN NO MORE」は注目のトラックだ。シャンティの父であるトミー・スナイダーが加入しているゴダイゴのメンバー、ミッキー吉野がプロデュースしたこの楽曲は、アメリカの作曲家フォスターの遺した名曲で、ミッキー自身のピアノとともにシャンティのシルキーなヴォイスが実に印象的な仕上がりとなっている。

さらに、アイルランド民謡を原曲とする名曲「サリーガーデン」にシャンティ自身が英語詞をつけた「HOME AT LAST」や「OVER THE RAINBOW」を、ピアノの詩人フェビアン・レザ・パネという得難いパートナーを伴いながら新たにレコーディング。今回のアルバムに華を添える。

アルバムリリースを前に、映画『サバイバルファミリー』の見どころも詰まった「HARD TIMES COME AGAIN NO MORE」のMVも公開されたので、こちらも是非チェックしてみてほしい。

■映画『サバイバルファミリー』公式サイト
http://survivalfamily.jp/

■「HARD TIMES COME AGAIN NO MORE」MV
https://youtu.be/cagrWg_qMWI

■アルバム『SHANTI sings BALLADS』

2016年12月21日発売
COCB-60120/¥3,000+税
<収録曲>
1: Home At Last [Traditional / SHANTI](新録)
2: Lullabye (Goodnight My Angel) [Billy Joel] from “SHANTI\'S LULLABY"
3: Your Song [Elton John / Bernie Taupin] from “Jazz en Rose"
4: Fields Of Gold [Sting / Gordon M.Summer] from “SHANTI\'S LULLABY"
5: Estrada Branca [Vinicius de Moraes & Gene Lees / Antonio Carlos Jobim] from “Lotus Flower"
6: Time After Time [Robert Hyman / Cyndi Lauper] from “Kiss the Sun"
7: Ev\'ry Time We Say Goodbye [Cole Porter] from “Romance with Me"
8: Over The Rainbow [E.Y. Harburg / Harold Arlen](新録)
9: Across The Universe [John Lennon / Paul McCartney] from “SHANTI\'S LULLABY"
10: Fly Me To The Moon [Bart Howard] from “Born to Sing"
11: Overjoyed [Stevie Wonder] from “Lotus Flower"
12: Hard Times Come Again No More [Stephen Foster] (新録)

【関連リンク】
SHANTI オフィシャルHP
『西遊記』は日本の音楽シーンを進化させたスーパーバンド、ゴダイゴの大傑作
?SHANTI、アルバム?発売記念ライヴで実の父であるトミー・スナイダーと共演決定
SHANTI、「FaRao PRO presents 音楽を活用した店づくり 体験&交流会」で生ライブを披露

【関連アーティスト】
SHANTI, ミッキー吉野
【ジャンル】
J-POP

GReeeeN、話題のドラマ主題歌「暁の君に」MVで玉木宏が疾走!?
Fri, 18 Nov 2016 19:00:00 +0900
「暁の君に」MV (okmusic UP\'s)

GReeeeNが玉木宏主演のドラマ『キャリア〜掟破りの警察署長〜』の主題歌となっている新曲「暁の君に」のMVを公開した。

【その他の画像】GReeeeN

今作はドラマ『キャリア〜掟破りの警察署長〜』のスピンオフ企画として、玉木宏がドラマで演じる警察署長・遠山金志郎役で出演している。エリートでありながら、ひょうひょうとした性格で、気になることがあると自ら街に出て事件を解決する現代版「遠山の金さん」。GReeeeNは「朝を迎えるその瞬間、その暁の間(はざま)に、暗闇や悩み、葛藤が明けて、必ず朝がくるというメッセージを曲に込めました。また、玉木宏さんが様々な事件を解決する姿、その強さ、優しさによりそえるような楽曲になれたら、と思います。」と語り、まさに警察署長・遠山金志郎のテーマソングともいえる楽曲となっている。MVでは、GReeeeNから送られたメッセージに導かれ、遠山金志郎が事件を追って、お台場を駆け巡り、最後はフジテレビ湾岸スタジオから東京湾に広がる暁(明け方の情景)の前でエンディングを迎える。

撮影が行なわれた11月9日(水)は気象庁より木枯らし1号が発表され、今年一番の強い北風が吹く天候とだったが、玉木宏はそんな環境を物ともせず、朝5:00より撮影。当日、放送されためざましテレビのお天気中継コーナーの後ろでMVの撮影が行なわれ、この日、生放送に映り込んだことが「え! そんなことある?www玉木宏www」「あれ玉木宏だったのか!」「見間違いかと思ったけど玉木宏だよね?」などと、話題となった。

またMVにはGReeeeN4人をモチーフにした新キャラクターが遠山金志郎に謎解きのメッセージを発信しているが、このキャラクター4体が11月20日(日)放送のドラマ第7話から12月11日(日)まで4週にわたり、毎週ドラマ本編のどこかに、こっそりキャラクターが1体ずつ登場する「キャリア〜掟破りの警察署長〜」とのコラボ企画が行なわれる。さらにこのキャラクターを見つけた方の中から抽選で1月7日に開催される自身最大規模のワンマンライブとなるさいたまスーパーアリーナ公演に招待される企画も行なわれるとのことなので、そちらも楽しみにしよう。

■「暁の君に」MV(Short ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=k6QM59uZdi8

■【GReeeeN×「キャリア〜掟破りの警察署長」コラボ企画 隠れGReeeeN新キャラクターを発見せよ!】

「暁の君に」のミュージックビデオにも現れるGReeeeNの新キャラクターがドラマ本編にも登場します。ドラマをよ〜く見て、GReeeeNのキャラクターを見つけてください。11月20日(日)放送の第7回から12月11日(日)まで、4週にわたり、上記のキャラクターが1体ずつ登場。キャラクターを見つけ出した方の中から抽選で、来年1月7日に行なわれる初のさいたまスーパーアリーナ公演 「あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!? ル〜デル〜デ♪』」のペアチケットをプレゼントいたします。

<参加方法>
ドラマ内でキャラクターを見つけたら、放送日の21:00〜22:00の間にご自分のTwitterで「#GReeeeN_キャリア」のハッシュタグとともに登場した時間をチェックして「●●時●●分、隠れGReeeeN発見!」とツイートしてください。正しい時間でツイートされた方の中から抽選で、各放送回2組4名様にさいたまスーパーアリーナ公演のチケットをプレゼントいたします。
※『GReeeeN』の公式Twitterアカウント (@greeeenotp)をフォローしてください。
※抽選で選ばれた方には(@greeeenotp)よりTwitterダイレクトメッセージで連絡をさせていただきます。

<対象日時>
ドラマ第7回:11月20日(日) 21:00〜22:00の間に投稿
ドラマ第8回:11月27日(日) 21:00〜22:00の間に投稿
ドラマ第9回:12月04日(日) 21:00〜22:00の間に投稿
ドラマ第10回:12月11日(日) 21:00〜22:00の間に投稿

■シングル「暁の君に」

2016年12月7日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7215/¥1,512(税込)  
<収録内容>
■CD
1. 暁の君に
※フジテレビ系 日曜ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」主題歌
2. eeeeveryday 
※LION家事フェス2016 Magicaキャンペーンソング  
■DVD
「eeeeveryday」ミュージック・ビデオ

【通常盤】(CD)
UPCH-5892/¥1,080(税込)
<収録内容>
1. 暁の君に
※フジテレビ系 日曜ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」主題歌
2. eeeeveryday
※LION家事フェス2016 Magicaキャンペーンソング

【関連リンク】
GReeeeN オフィシャルHP
GReeeeN、玉木宏主演ドラマ主題歌「暁の君に」配信開始&リリックビデオ公開
GReeeeN、話題のドラマ主題歌「暁の君に」リリックビデオ解禁
GReeeeNが“食器洗い”を応援!? 家事フェス『CLeeeeaN』キャンペーンソングを書き下ろし!

【関連アーティスト】
GReeeeN
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

天才 レオン・ラッセルの名盤と言えば『レオン・ラッセル・アンド・ザ・シェルター・ピープル』
Fri, 18 Nov 2016 18:00:00 +0900
『Leon Russell And The Shelter People』(’71)/Leon Russell (okmusic UP\'s)

1950年代後半にロックンロールが登場してから60年近くが経過するが、その長い歴史の中でレオン・ラッセルが果たした役割はとてつもなく大きい。デレク&ザ・ドミノスの結成のきっかけになったことや、ジョージ・ハリスン、ジョー・コッカー、デラニー&ボニー、ローリング・ストーンズらのアメリカーナ化に直接の影響を与えているのだ。ソングライターとしても1級の腕前で、カーペンターズで大ヒットした「スーパースター」や「マスカレード」「ソング・フォー・ユー」も、彼のペンになる珠玉の名曲である。60年半ばからプロとして音楽活動をスタートさせた彼だが、残念なことに11月13日、74歳でその生涯を閉じてしまった。そんなわけで今回は、彼のソロ作品の中でも名作中の名作である『レオン・ラッセル・アンド・ザ・シェルター・ピープル』を紹介しようと思う。

【その他の画像】Leon Russell

■バングラデシュのコンサートの衝撃

僕が中2だった時、ジョージ・ハリスンの声かけでバングラデシュのコンサートがニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催された。当時は“チャリティー”なんて言葉、まだ誰も使ってなかったと思うが、要するに貧困に苦しむバングラデシュの難民を救おうと、ジョージ・ハリスンはエリック・クラプトンやリンゴ・スターらに声をかけ、賛同したミュージシャンたちは大挙してこのコンサートに参加することになった。すでにビートルズは解散していて伝説となりつつあった時期だけに、僕のような多くの中学生のロックファンはジョージとリンゴが同じステージに立つというだけで興奮していたのである。

このコンサートの模様を収めたアルバムは、LP3枚組で箱入りタイプの豪華な仕様であった。確か日本発売されたのは1971年の年明け早々(2月)だったから、まだお年玉が残っていたので、大枚5000円をはたいて早速入手したのだった。このアルバムを聴いた時の感動は今でも忘れられないほどで、よく知っていたビートルズの「サムシング」や「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」、ジョージのソロになってからの大ヒット「マイ・スイート・ロード」などが、オリジナルよりもずっとカッコ良くて、ライヴのすごさというか生演奏のノリに酔いしれたのだった。

アルバムはインドの宗教的なシタールやタブラを使ったラヴィ・シャンカールの長い曲(A面は1曲のみで17分近い演奏)から始まり、どう見てもインドから来たとしか思えない風貌のラヴィであったが、実はニューヨーク在住であったそうだ。日本でも人気の高いノラ・ジョーンズは、このラヴィ・シャンカールの娘である。ラヴィは2012年に惜しくも亡くなっている。インドびいきのジョージとラヴィは親友であったから、このコンサートにも参加することになったのだ。

もちろん、コンサートの主役はジョージとエリック・クラプトンで、ここでの彼らふたりの演奏は文句なしの出来だと今でも思う。ところが、ロックの知識がたいしてない中学生の僕は驚いた。ジョージ&クラプトンよりカッコ良い奴がいる。それがビリー・プレストンとレオン・ラッセルだった。このふたりのことは、このアルバムで初めて知ることになった。アルバムの解説書を読んで、ビリー・プレストンがビートルズ時代からバックメンとして参加していることや、レオン・ラッセルはジョー・コッカーのマッド・ドッグス&イングリッシュメンの音楽監督であることなどを知るのだが、特にレオン・ラッセルのカリスマ性は恐ろしいほどで、あっと言う間にファンになった。レオンのすごさは映像で観るほうがよく分かるのだが、なぜだか僕はバングラデシュのコンサートのドキュメンタリーフィルムをどこで観たのかはまったく覚えていない。現在はDVDで入手できるはずで、観れば一目瞭然、ジョージもクラプトンも驚くほどカッコ良い。

■レオン・ラッセルに心酔するジョージとクラプトン

さて、このままではバングラデシュのコンサートの話で終わってしまいそうなので、話を戻してレオン・ラッセルについて見ていこう。

バングラデシュのコンサートはジョージが主催したのだが、ジョージもクラプトンも、60年代後半からレオン・ラッセルの音楽に心酔していた。クラプトンが70年にリリースした初のソロアルバム『エリック・クラプトン』では、レオンをはじめ、カール・レイドル、ボビー・ウィットロック、ジム・ゴードン、デラニー・ブラムレット、リタ・クーリッジらが参加しているが、これらのメンバーはレオンの昔からの音楽仲間なのである。ここで、気付いた人がいるかどうかは分からないが、クラプトンが後に「レイラ」のヒットで知られることになるデレク&ザ・ドミノスのメンバーがこのアルバムで全員揃っている(デュアン・オールマン以外)のだ。

ビートルズ解散後、ジョージの初ソロアルバム「オール・シングス・マスト・パス」(‘70)も同じで、レオンこそ参加してはいないが、カール・レイドル、ジム・ゴードン、ボビー・ウィットロック、ボビー・キーズ、ジム・プライスら、ほぼレオン人脈で固められている。要するにジョージにしてもクラプトンにしても、レオンのやっている音楽に近付きたいという思いから、レオン人脈のミュージシャンにバックを任せているのである。

■レオン・ラッセルというプロフェッショナル

そもそもレオンは64年頃から西海岸でアレンジャーとして活躍し、ゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズの全米ナンバーワンヒットを制作したり、世界初のロック番組『シンディグ!』で音楽監督を務めたりなど、西海岸がヒッピーやサイケに染まる前夜から、プロフェッショナルのミュージシャン兼アレンジャー、プロデューサーとしてやっていたわけである。その上、彼は良い曲も書けるし、どんな楽器も演奏できる天才肌であったのだ。テレビの『シンディグ!』ではハウスバンドにデラニー・ブラムレットもいたが、彼が後にデラニー&ボニーを結成し、レオンがプロデュースしたイギリスツアーでは大きな反響を呼ぶことになった。そして、クラプトンがデラニー&ボニーのメンバーとして合流、ライヴ盤の名作『オン・ツアー・ウイズ・エリック・クラプトン』(‘70)を生むことになるのだが、このグループも先に述べたようにレオン人脈でバンドは構成されており、レオンの当時の力量は本当に底なしであった。

■マッド・ドッグス&ザ・イングリッシュメン

デラニー&ボニーのイギリス公演が成功すると、イギリスの人気シンガー、ジョー・コッカーのプロデューサーを務めていたデニー・コーデルがレオンに惚れ込み、ジョー・コッカーのアメリカ公演の音楽監督をレオンに依頼する。レオンは彼の人脈で構成されていた、デラニー&ボニーのバックミュージシャンを根こそぎジョー・コッカーのバックメンに回してしまう。この時の模様はライヴ盤『マッド・ドッグス&ザ・イングリッシュメン』(‘70)や、映画はDVDでもリリースされている。もちろん、この引き抜き事件でレオンとデラニー&ボニーに遺恨が残ったのは言うまでもないが、それだけレオン人脈のミュージシャンたちが優れていたということの証明でもあるし、各ミュージシャンとレオンとの信頼感はハンパじゃなかったのだと思う。

余談であるが、レオン人脈のミュージシャンたちはレオンも含めて、多くがオクラホマ州の出身で、オクラホマには独特のミュージシャンシップのようなものがあるのかもしれない。クラプトンとの共演で知られるJ.J・ケールもオクラホマの出身で、彼もまたレオンとは古い付き合いなのである。

■レオンのソロ活動

さて、60年代の終わりから70年初頭にかけてのレオンの活躍ぶりは、アメリカ、イギリス共に、泥臭いレオン・サウンドでロック界を塗りつぶしてしまったほどであった。ある意味では、レオンはパンクロックよりも大きな変革を成し遂げたと僕は思っている。

そんな彼が初のソロアルバム『レオン・ラッセル』をリリースするのは1970年のこと。ロンドン録音で、ジョージ、リンゴのビートルズ組、クラプトン、ミック・ジャガー、ビル・ワイマン、チャーリー・ワッツのストーンズ組、デラニー&ボニー、後のデレク&ザ・ドミノス、スティービー・ウインウッドら、あり得ないほどのメンバーが参加しているものの、見事にレオン・ラッセル・サウンドになっていて、バックのメンバーは全員、レオン・ラッセル塾に参加した生徒のような雰囲気すら感じさせるところに、レオンの大物ぶりが光っている。名曲「ソング・フォー・ユー」や代表作のひとつ「デルタ・レディ」が収録されていて、もちろん名盤である。

■本作『レオン・ラッセル&ザ・シェルター・ピープル』について

前作はチャートに登ることはなかったが、多くのミュージシャンが彼の曲をこぞって取り上げるようになる。特にカーペンターズは「ソング・フォー・ユー」「マスカレード」「スーパースター」と3曲を大ヒットさせており、レオンの音楽がいかに素晴らしいかを再認識させてくれた。

レオンの名前が徐々にロックファンに知られるようになった71年、2ndソロの『レオン・ラッセル&ザ・シェルター・ピープル』がリリースされた。本作では前作ほど派手なバックメンは付いていないが、それだけにアルバムとしてのまとまりや落ち着きが見られる。僕は彼のソロアルバムの中では本作が最高傑作だと考えている。アルバムに収録されているのは全部で11曲、ディラン作品が2曲、ジョージ・ハリスンの曲が1曲、あとはレオンが書いたものだ。

全編を通してゴスペル風の厚みのある女性バックヴォーカルと、超癖のあるレオンのヴォーカルは相性がいいし、力強いタッチのピアノが心地良い。どの曲も申し分のない出来で、何度聴いても飽きない名曲ばかりだ。ディランのカバーはレオンらしいアレンジで、彼のオリジナルといってもおかしくない仕上がりだと思う。

レオンはディラン作品を集めた特製レコードをディラン本人にプレゼントするのだが、ディランはそのレコードを大いに気に入り、アルバムのレコーディングにレオンを呼んでいるほどである。ディランが隠遁生活をしている時、バングラデシュのコンサートに出るようにレオンが説得し、ディランの参加が決まっている。本作のCD化に際し、ディランのカバー3曲(ディランに送った特製レコードに収録されていたもの)がボーナストラックとして収録されている。

ジョージの「ビウェア・オブ・ダークネス」の美しいメロディーや、オリジナルの「アルカトラズ」のサザンロック・テイストなど、本作にはレオンの持ち味がぎっしりと詰まっている。

ブルース、R&B、カントリー、フォークなど、アメリカにしっかりと根付いている様々な音楽を分け隔てなく愛し、自分なりにミックスすることで新しいロックを創造したレオン・ラッセルは、ザ・バンドやライ・クーダーと並んでアメリカロック界の巨星である。まだ、レオン・ラッセルを聴いたことがないという人がいるなら、ぜひこのアルバムを聴いてみてほしい。彼の絶頂期の名演がたっぷり味わえるはずだ。

【関連アーティスト】
Leon Russell
【ジャンル】


夜の本気ダンス、メジャー1stシングル購入者限定インストアにて直筆サインをプレゼント
Fri, 18 Nov 2016 18:00:00 +0900
夜の本気ダンス (okmusic UP\'s)

夜の本気ダンスが12月7日にリリースするメジャー1stシングル「Without You / LIBERTY」の購入者限定インストアイベントの詳細が発表された。

【その他の画像】夜の本気ダンス

今回のインストアイベントは、12月中に開催する「Withoutサンタ!サンタは僕たちだ!」と2017年1月に開催する「Without言う!明けましておめでとうトークショウ」と題された形で予定されている。楽曲タイトル「Without You」に反して、年末年始は来場してくれたお客さんと"With You"という思いを込めたアットホームなイベントとなりそうだ。

当イベントは大阪(2店舗)、京都、神戸、東京、札幌、福岡にて開催されることが決定している。なお、来場してくれた方にはもれなく、“「Without You / LIBERTY」ジャケ写サイズ直筆サイン色紙"なるものがプレゼントされるとのこと。こちらはCDブックレットと同じサイズの色紙となっており、色紙には夜の本気ダンスのアーティスト写真がプリントされ、更にメンバーの直筆サインが入った、このイベントの為に用意されるスペシャルなアイテム。こちらを手に入れるだけでも行く価値ありのインストアイベントとなっているので、この機会を見逃す手は無い!

■【購入者限定インストアイベント 詳細情報】

「Withoutサンタ!サンタは僕たちだ!」
12月08日(木)  タワーレコード難波店 5Fイベントスペース
時間:19:00スタート
12月09日(金)  タワーレコード京都店 店内イベントスペース
時間:19:00スタート
12月11日(日)  タワーレコードNU茶屋町店イベントスペース
時間:19:00スタート
12月17日(土)  新宿SAMURAI
時間:12:00スタート

「Without言う!明けましておめでトークショウ」
1月08日(日)  タワーレコード札幌ピヴォ店
時間:17:00スタート
1月16日(月) タワーレコード福岡パルコ店
時間:19:00スタート

■シングル「Without You / LIBERTY」

2016年12月7日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1063/¥1,600+税
【通常盤】(CD)
VICL-37221/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.Without You
2.LIBERTY
3.Only Seventeen (Live at Ebisu Liquidroom_2016.07.15)
4.夜に本気ダンス (Live at Ebisu Liquidroom_2016.07.15)
■初回限定盤付属DVD
「WONDERFUL! DANCEABLE! ENSEMBLE! TOUR(2016年7月15日 LIQUIDROOM)」
ロシアのビッグマフ、Crazy Dancer、fuckin\' so tired、Only Nineteen、B!tch、You gotta move、夜に本気ダンス、escape with you、戦争

【関連リンク】
夜の本気ダンス オフィシャルHP
夜の本気ダンス、約9か月ぶりの最新作「Without You / LIBERTY」ジャケ写解禁
ドラマチックアラスカ、フレデリック、夜ダン、3バンドの主催イベントが大阪で大盛況
夜の本気ダンス、メジャー初シングルはダブルA面に

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

【連載コラム】稚菜、ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」のOPテーマをカバー
Fri, 18 Nov 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

今日の一曲。
テレビドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」のオープニングテーマであります、
栞菜智世さんの「Heven’s Door〜陽のあたる場所」
是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=tYdddiUTYqk

一週間に何度か、夜、もの凄く物思いに耽る、というより沈む時がある。
最寄り駅から家までの帰路、寝る前。
とにかく一人でいて、体力が余っていて、考える環境がある時。
こういうのって多分誰でもあるんだろうな…と思う。
あの真夜中のシンデレラタイムって何なんだろう。
シンデレラタイムにはちゃんと眠りについていた方が肌にいい、というのはきっとその時間帯に考え込んでストレスを抱えてしまう人が多いから、悩んでしまう前に寝とけ!という事なんだと私は思っているのです。笑

お酒が入っていると、その度合いが途端に深くなる。笑
だから家で一人でいる時は絶対に飲まないのだけれど。
もっぱら考えるのは人との事について。
世の中全ての事が、人対人だと思っている。
人を喜ばせる事、哀しませる事、怒らせる事、傷つける事、笑顔にさせる事。
良い事も悪い事も、この全てを出来るのが人間。
全て人が存在している。
生きていれば、必ず人を傷付けてしまう時はある。私だって今までで何度もあった。
そして同時に傷付けられた事だって数えきれない程ある。
誰しも完璧な人間なんていないから。
それが当たり前なんだ。

もちろん、幸せだって何度ももらってきた。
今だって沢山の人に何度感謝しても足りないくらいだ。
…同時に怖くなる。
幸せになっている自分が。
これは本当なのだろうか、夢じゃないのだろうか。
そして、自分で壊したくなる。
もちろん壊したりはしませんが。
幸せな虚無感に襲われて、全部ぐちゃぐちゃにしてやりたくなる。
自分の心を真っ黒く塗りつぶしたくなる。
そんな風に思ってしまう自分がまたさらに怖くなるんだ。

こうやって色々考えだしたらキリがないし、訳の分からない事を考えたりもするけれど。
でも一つ断言して言えるのが、朝になったら必ず元気になっている事。笑
次の日まで持ち込まないのが私のやり方だ。
それがたとえ解決してない事であったとしても。
…そんなこんなで、今日も私は元気だ。笑
また来週もいい一週間になる様、過ごして行こう。

【関連アーティスト】
稚菜, 栞菜智世
【ジャンル】














c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1