歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年11月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
年末年始に絶対ホールで聴きたい!厳選クラシック
Thu, 17 Nov 2016 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は年末年始の催事も多いクラシックの世界から、厳選した曲をご紹介します。


【その他の画像】村治佳織

■「東京オリンピック・マーチ」 / 古関裕而

●「平和の祭典」の原点を感じる行進(マーチ)
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの会場建設の報道に話題が登る中、平和の祭典であるオリンピックの概念が、少し遠いところにあるように思えてなりません。1964年に開催された東京オリンピックは、戦後の日本復興の象徴と捉えられることが多いのも事実ですが、日本及びアジアで最初のオリンピックでもありました。昭和天皇は、最初のギリシアから最後の日本選手団まで、各国の選手団が入場行進をする間、終始起立してこれに応え、来賓の各国首脳大使も、日本選手団の行進に全員起立して拍手で迎えたとのエピソードをご存知でしょうか。
作曲した古関裕而の平和を願う気持ちが、この「東京オリンピック・マーチ」のやさしさあふれる旋律に表れているように思えてなりません。
(選曲・文/堀川将史)
https://www.youtube.com/watch?v=F3ZGwt9aQxc

■「アヴェ・ヴェルム・コルプス」 / W.A.モーツァルト

●あの人に贈る「ありがとう」の感謝の気持ち
病床中のモーツァルトの最愛の妻、コンスタンツァを看病してくれた友人に、モーツァルトが感謝の気持ちを込めて贈った小品。簡素ながらも、愛らしく、幸せと感謝の気持ちが満ちた作品です。ご紹介する動画でも感じられるのは、イタリアのパティオ(広場)に、フラッシュモブの合唱にて集いはじめ、みんなで歌い終えた時の穏やかで幸せを思わせる表情です。
今年も終わりを告げようとするこの時節、お世話になった友人、仲間、同僚、そして家族に、「ありがとう」という感謝の気持ちを贈ってみませんか。
(選曲・文/堀川将史)
https://www.youtube.com/watch?v=9cHRhmdUWQM

■「主よ、人の望みの喜びを」/Kaori Muraji

●今年はバッハでゆく年くる年!
年末に聴きたいクラシック曲。なだらかな起伏のメロディが、今年あった出来事を振り返るにはピッタリ。あんないいこともあったし、辛いこともあったなぁなんて、1年の出来事が、3連符の心地良いメロディを聴きながら蘇ってきます。
もとは、J.S.バッハが、教会の讃美歌として作曲しましたが、今は、ピアノ、チェンバロ、ギター、弦楽四重奏、オーケストラなど、様々な楽器に編曲されていますので、ご自身の好きな音色で今年を振り返ってみてはいかがでしょう。遅めのテンポの演奏が、今年を振り返るには最適です。
(選曲・文/藤井憲治)

■歌劇「椿姫」から「乾杯の歌」 / パヴァロッティ・フォーエヴァー

年始に聴きたいクラシック曲。年が明けたら、乾杯の歌で盛り上がっていきましょう。ジュゼッペ・ヴェルディ作曲の歌劇「椿姫」の中で、華やかなパーティーの席で歌われる曲です。
「友よ、飲み明かそう。こころゆくまで。命は短く、やがて消えていく。だから今日も楽しくすごしましょう。はかなく去っていくのが、恋の喜びです。」軽快で、とにかく楽しい曲なので、お酒の飲める方はもちろん、お酒の飲めない方も、ジュースで乾杯!1年の始まりを楽しく飲んで、良き1年にしていくには、最高の曲です。
(選曲・文/藤井憲治)

■歌劇『トスカ』より「妙なる調和」/ホセ・カレーラス

●必聴!情熱のダンディズム
三大テノールの一人・ホセ・カレーラス氏。1987年に白血病の診断を受けましたが克服、歌手として表舞台に復活し活躍を続けてこられました。今年の12月5日は、彼の70歳の誕生日。これに合わせた来日公演が、名古屋と東京で開催されます。
今回ご紹介する「妙なる調和」は、画家カヴァラドッシが恋人トスカへ、高まる愛の気持ちを歌った曲です。
繊細さや一途さがまっすぐ心に伝わってくる、洗練された伸びやかな歌唱です。リサイタルでもきっと、情熱の名唱の数々を、我々ファンに披露してくださることでしょう。
(選曲・文/山本陽子)

■歌劇『蝶々夫人』より「ある晴れた日に」/佐藤康子

●満を持して登場!期待の若手実力派
今回ご紹介する「蝶々夫人」のタイトルロールは、2008年のスペインデビューを皮切りにイタリアなど海外各地で出演を重ね、高評価を得た佐藤康子さんの当たり役です。2014年に日本でも「蝶々夫人」でデビューを果たし、その後様々な公演を経験、この12月には初のソロ・リサイタルが予定されている、今最も注目されているソプラノ歌手です。
蝶々さんは、長崎の港が見える丘の上の家で、母国に帰ってしまったアメリカ人の夫の帰りを信じて待ち続け、この曲を歌います。壊れそうなほど可憐でありながら自分の意思を貫く芯の強い女性像を、豊かな表現力で浮かび上がらせます。
旬な若手有望株が魅せる、オペラの定番人気作品――これはもう、ぜひホールでお楽しみください。
(選曲・文/山本陽子)

さて、お気に召した選曲はございましたか。
ぜひこれを機にCDやレコードなどの音源もちろん、ぜひホールに足をお運びいただければ幸いです。

それでは、また次回♪

【関連アーティスト】
村治佳織
【ジャンル】


Superflyが『ドクターX』主題歌「Force」「愛をからだに吹き込んで」のライヴ映像を期間限定公開
Thu, 17 Nov 2016 21:00:00 +0900
シングル「99」 (okmusic UP\'s)

米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX〜外科医大門未知子〜』の主題歌に起用されている、Superflyのニューシングル「99」(ナインティナイン)。同作の11月23日の発売を記念して、初回盤DVD収録の「Superfly WHITE TOUR 2015」より、『ドクターX』第1弾主題歌「Force」と第3弾主題歌「愛をからだに吹き込んで」のライヴ映像が公開となった。なお、この映像は12月いっぱいの期間限定公開となる。

【その他の画像】Superfly

『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』は、“いたしません”“私、失敗しないので”という名セリフでおなじみの、米倉涼子演じる天才外科医・大門未知子が外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む姿を描いた大ヒットドラマ。今シリーズのために書き下ろした新曲「99」は、大門未知子が持つ力強さを、Superflyらしいロックなサウンドとパワフルな歌声で表現した、疾走感ある楽曲に仕上がっている。

■「Force」「愛をからだに吹き込んで」(『ドクターX』第1弾、第3弾主題歌) at東京国際フォーラム(期間限定公開)
https://youtu.be/6cnyMyChP2o

■シングル「99」

2016年11月23日(水)発売
【通常盤】(CD)
WPCL-12460/¥1,000+税
【初回生産限定盤(9999枚限定生産)】(CD+DVD)
WPZL-31244/5/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.「99」
『ドクターX外科医・大門未知子』主題歌(10/13(木)21時スタート)
2.「愛をからだに吹き込んで」
『ドクターX外科医・大門未知子』主題歌(2014年放送)
3.「Bi-Li-Li Emotion」
『ドクターX外科医・大門未知子』主題歌(2013年放送)
4.「Force」
『ドクターX外科医・大門未知子』主題歌(2012年放送)
■DVD ※初回生産限定盤のみ 
過去最大規模のホールツアー「WHITE TOUR 2015」
東京国際フォーラム公演の模様を全曲収録
1.White Light
2.リビドーに告ぐ
3.マニフェスト
4.Live
5.色を剥がして
6.Space
7.愛をこめて花束を
8.極彩色ハートビート
9.A・HA・HA
10.i spy i spy
11.Woman
12.タマシイレボリューション
13.Alright!!
14.Force
15.愛をからだに吹き込んで
16.Beautiful
〜Encore〜
17.You You
18.Sweetest Music
19.On Your Side
20.いつか私は歌をうたう

【関連リンク】
Superfly オフィシャルHP
【連載コラム】稚菜、ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の主題歌をカバー
Superfly、大阪城フリーライブ映像を期間限定で全曲公開中!
Superfly、新シングル「99」ジャケット解禁! 初回盤DVDのダイジェスト映像も公開!

【関連アーティスト】
Superfly
【ジャンル】
J-POP

3poLstar☆☆☆初のワンマンライブ「LIVE ACROSS」大盛況のうちに終幕
Thu, 17 Nov 2016 21:00:00 +0900
3poLstar☆☆☆ 初のワンマンライブ (okmusic UP\'s)

3poLstar☆☆☆が、初のワンマンライブ「LIVE ACROSS」を、11月13日にJ-Pop Cafe Shibuyaにて開催した。

【その他の画像】3poLstar☆☆☆

この日は3poLstar☆☆☆が重要な目標と言い続けてきた1stワンマンライブ。初のワンマンライブに立ち会うべく、東京のみならず各地から大勢のファンが結集した。

客電が落ちSEが始まると、超満員の会場は大きな歓声に包まれた。RyoZ(MC)のラップが鋭い楽曲「RyoZ」で口火を切ると同時に、観客のボルテージは一気に上がる。続いて、間髪をいれずド派手でアッパーなチューンを息つく間もなく連発した3poLstar☆☆☆。炸裂するRyoZのラップと、DAVE(Vo)の力強い歌声で、圧倒的なパフォーマンスを示した。「Let’s Enjoy!!!」では、RyoZとDAVEはステージからフロアへ降臨、ファンに囲まれながら華麗なステップを披露。超満員の会場は一体となり、歓声が沸き上がった。

“Twinkle Twinkle 3poLstar!”
“Twinkle Twinkle 3poLstar!”

12曲を歌い踊り一度ステージを去った3poLstar☆☆☆は、止まないアンコールを受けて再度ステージに登場。最後の曲に入る前に、彼らはオーディエンスに向けて語り始めた。

「ガムシャラにやるのを馬鹿にする人もいる。でもガムシャラにやってきたから今がある。」
「もっと前に進みたい。上に行きたい。馬鹿な俺らでも、みんなにもっとデカい場所、もっとデカい景色を見せられるようにやっていく。」

RyoZはデビューからの2年間の苦労を振り返り思わず涙を流し、今後の決意を改めて表明。DAVEは弱気だった自分をステージに立つよう誘い一緒に音楽活動を続けてきた相棒、そして家族とオーディエンスに感謝の気持ちを述べた。

MCに続いて彼らの代表曲「アドバンス」を歌唱。音楽をゼロからスタートした当時に自ら作詞した歌詞の意味を、いま改めて噛みしめるように、RyoZは一語一語力強いラップを刻み、DAVEは熱い思いを歌にのせた。

ラストは、本ライブのタイトルにもなっている、7月13日にリリースされた1stシングルの表題曲「アクロス」を披露。最高の盛り上がりでライブをまとめた。

約2時間に及んだワンマンライブは、彼らのガムシャラ感が炸裂し、大盛況の中終幕した。今後も3poLstar☆☆☆の活躍に期待したい。

■【セットリスト】

1.RyoZ
2.Moron
3.Departure
4.果てなき道へ
MC
5.flyaway
6.color
MC
7.NEW WORLD
8.come on&Let\'s Go
9.DTM
MC
10.Tomorrow never knows
MC
11.Our Story
12.Let’s Enjoy!!
【Enc】
1.アドバンス
2.アクロス

【関連リンク】
3poLstar☆☆☆ オフィシャルHP
BRILLIANT13、所属アーティストオーディション開催が決定。
3poLstar☆☆☆、結成2周年記念イベントに9組が集結! ファンからのサプライズも
My Little Loverの楽曲がAWAの「TOP 100 NEW RELEASE TRACKS」チャート上位を席巻

【関連アーティスト】
3poLstar☆☆☆
【ジャンル】
J-POP, ライブ

欅坂46、3rdシングル「二人セゾン」MVは爽やかで切ない仕上がりに
Thu, 17 Nov 2016 20:00:00 +0900
「二人セゾン」MV (c)AbemaTV(okmusic UP\'s)

欅坂46が11月30日に発売する3rdシングル「二人セゾン」のMVが公開となった。

【その他の画像】欅坂46

「二人セゾン」のMVは、都内近郊で2日間にわたって撮影。過去2作の表題曲「サイレントマジョリティー」「世界には愛しかない」とは異なり、全編自然光のもとで撮影されていて、新たな欅坂46の魅力が伝わる、爽やかで切ない仕上がりとなった。

監督は前作のカップリング曲「語るなら未来を…」のMVを手掛けた新宮良平、振付は世界的なダンサーのTAKAHIRO(上野隆博)が引き続き担当。今作も特徴的な振付が際立つMVとなっている。

(C)AbemaTV

■「二人セゾン」MV
https://youtu.be/mNpPQXMgtmw

【関連リンク】
欅坂46 オフィシャルHP
欅坂46、12月に初ワンマンライブ開催決定
欅坂46、「Hello KYOTO」応援アーティストに就任
超特急がジブリの仲間たちになって『PERFECT HALLOWEEN 2016』に登場

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

[Alexandros]ツアー初日、横浜アリーナが巨大なライヴハウスに!
Thu, 17 Nov 2016 19:00:00 +0900
11月16日@神奈川県・横浜アリーナ (okmusic UP\'s)

[Alexandros]がアジアを含む全国ツアー『Tour 2016〜2017 〜We Come In Peace〜』の初日公演を11月16日(水)に神奈川・横浜アリーナで開催した。

【その他の画像】[Alexandros]

11月9日にリリースされたニューアルバム『EXIST!』はオリコンウィークリーチャート1位を獲得! そのアルバムを携え、全国15ヶ所28公演、さらに香港・台湾・高雄・韓国のアジア4ヶ所を回る。初日は約2時間半にわたって熱演を繰り広げ、勢いよくツアーをスタートさせた。

ライヴの頭から1時間近く、畳みかけるように演奏を行ない、ようやく最初のMCへ。川上洋平(Vo&Gu)が“ありがとう来てくれて! 改めまして[Alexandros]です。楽しんでますか? 横浜! 横浜アリーナ!!! いや〜我々この3人(川上、白井眞輝(Gu)、庄村聡泰(Dr))は神奈川県民として最高にうれしいです!”と喜びを露にしたのに対し、磯部寛之(Ba&Cho)が“ちょっと待て! 一応おれも住んだことある。4人暮らしで! 神奈川出身ではないけども・・・”と寂しそうに呟き、会場の笑いを誘った。

また、川上は“ツアーファイナルでやるようなこんな大きな会場で初日からやらせていただいて・・・。本当にみなさんのおかげでできました。ありがとうございます”と喜びを噛みしめ、ニューアルバム『EXIST!』に関して、“こんな、(いろんなジャンルが入ってる)よくわかんないアルバムが、こんな多くの人に届いて、そして聴いてもらえるなんて、本当に嬉しいを通り越してビックリです”と感謝の意を述べた。

ライヴはニューアルバムの楽曲を中心に、フェスで人気の楽曲なども織り交ぜ、観客は瞬く間に興奮の渦へ。横浜アリーナという大きい会場を物ともせず、巨大なライヴハウスへと変えてしまった。

“日本もそして海外を含め(ツアーを廻っていくのにあたり)いろんなところで、いろんなことがあると思いますが、一本一本大事にしていきたいと思います。今日初日だからと言って気を抜くことなく、ファイナルような気持ちでやれました。まだまだ終わってませんけど、最後までファイナルだと思って挑んできてください”と[Alexandros]らしい表現でツアーへの意気込みを語り、大歓声と拍手の中、ツアー1日目が終了した。

なお、「Tour 2016〜2017 〜We Come In Peace〜」は国内とアジアのライヴハウスやホールを約半年かけて回り、来年4月23日(日)の千葉・幕張メッセ国際展示場まで続く。


Photo by Azusa Takada 高田梓/Yuki Kawamoto 河本悠貴

■『[Alexandros] Tour 2016〜2017 〜We Come In Peace〜』

11月22日(火) 京都 KBS ホール
11月23日(水) 京都 KBS ホール
12月05日(月) 東京 Zepp Tokyo
12月06日(火) 東京 Zepp Tokyo
12月10日(土) 香川 高松 festhalle
12月11日(日) 香川 高松 festhalle
12月17日(土) 新潟 LOTS
12月18日(日) 新潟 LOTS
<2017年>
1月07日(土) 広島 BLUE LIVE
1月08日(日) 広島 BLUE LIVE
1月14日(土) 宮城 仙台 PIT
1月15日(日) 宮城 仙台 PIT
1月21日(土) 石川 金沢 EIGHT HALL
1月22日(日) 石川 金沢 EIGHT HALL
1月26日(木) 愛知 Zepp Nagoya
1月27日(金) 愛知 Zepp Nagoya
2月03日(金) 北海道 Zepp Sapporo
2月04日(土) 北海道 Zepp Sapporo
2月11日(土) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
2月12日(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
2月17日(金) 大阪 Zepp Osaka Bayside
2月18日(土) 大阪 Zepp Osaka Bayside
3月04日(土) 福岡 福岡国際センター
3月11日(土) 沖縄 ナムラホール
3月12日(日) 沖縄 ナムラホール
3月25日(土) 香港 Music Zone@E-Max
4月01日(土) 韓国 sangsangmadang
4月08日(土) 台北 Legacy
4月09日(日) 高雄 LIVE WAREHOUSE
4月22日(土) 千葉 幕張メッセ国際展示場 9-11 ホール
4月23日(日) 千葉 幕張メッセ国際展示場 9-11 ホール

【関連リンク】
[Alexandros]、大ヒットアルバム『EXIST!』より新MV「Kaiju」公開
[Alexandros]、ニューアルバム発売記念フリーライブで約3000人が熱狂
[Alexandros]の新曲「ムーンソング」をUSJの人気アトラクションで楽しもう!
[Alexandros]、アルバムリリースイベントの無料開催が決定&CM放送スタート!

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

My Little Loverの楽曲がAWAの「TOP 100 NEW RELEASE TRACKS」チャート上位を席巻
Thu, 17 Nov 2016 18:30:00 +0900
「TOP 100 NEW RELEASE TRACKS」 (okmusic UP\'s)

音楽配信サービスAWAが11月14日に独占先行配信を開始したMy Little Loverの楽曲が、「TOP 100 NEW RELEASE TRACKS」チャートの上位を席巻している。

【その他の画像】My Little Lover

「TOP 100 NEW RELEASE TRACKS」は、直近7日間以内に公開された楽曲中、再生回数の多いものがランクインするチャート。11月17日(木)0時の時点(※1)で、1位〜4位までをMy Little Loverの楽曲が独占。また、上位10曲をみても、うち7曲はMy Little Loverの楽曲となり、同アーティストに対する根強い人気がうかがえる結果となった。

11月14日に独占先行配信を開始したMy Little Loverの楽曲は、「Hello,Again〜昔からある場所〜」「白いカイト」を含む全308曲。デビューシングル「Man&Woman/My Painting」から最新アルバム『re:evergreen』まで、My Little Loverのすべての楽曲を楽しむことが可能だ。ぜひこの機会にチェックしてみてはいかがだろうか。

(※1)「TOP 100 NEW RELEASE TRACKS」は毎日4:00更新

■「TOP 100 NEW RELEASE TRACKS」

1位:Hello,Again~昔からある場所~(My Little Lover)
2位:Man&Woman(My Little Lover)
3位:ALICE(My Little Lover)
4位:白いカイト(My Little Lover)
5位:Life Goes On(Fergie)
6位:僕と不良と校庭で(山崎まさよし)
7位:ターミナル(My Little Lover)
8位:Closer(The Chainsmokers feat.Haisey)
9位:DESTINY(My Little Lover)
10位:NOW AND THEN~失われた時を求めて~(My Little Lover)

【関連リンク】
My Little Lover オフィシャルHP
AWA オフィシャルHP
My Little Loverの全楽曲をAWAにて独占先行配信!
My Little Lover、『evergreen』&『re:evergreen』のアルバム再現ライブ開催を発表

【関連アーティスト】
My Little Lover
【ジャンル】
J-POP, 音楽配信

大回顧展「DAVID BOWIE is」がいよいよ日本上陸! ドキュメンタリー映画の再上映も!
Thu, 17 Nov 2016 18:00:00 +0900
映画『テ?ウ?ィット?・ホ?ウイ・イス?』アートワーク (okmusic UP\'s)

“20世紀で最も影響力のあるアーティスト”であるデヴィッド・ボウイの世界観やキャリアを総括した大回顧展「DAVID BOWIE is」が、2017年1月8日〜4月9日に寺田倉庫G1ビルで開催される。

【その他の画像】David Bowie

世界巡回展となる本展は現在イタリア・ボローニャでの開催が終了し、総動員数が150万人を突破! 来る日本展開幕には、2015年1月に劇場公開された本展のドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』が合わせて1月7日(土)より、全国の映画館で再上映されることになった。

大盛況となったロンドン・ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(以下、V&A)での大回顧展最終日に収録されたこのドキュメンタリー映画では、ロンドン展の模様を、大回顧展のキュレーターを務めたヴィクトリア・ブロークスとジェフリー・マーシュがカメラと共に会場内を回り、展示品のバックグラウンドを丁寧に解説・紹介。さらに、セレモニーに登壇した山本寛斎らゲストがボウイとの思い出を語る貴重なシーンをはじめ、会場に訪れたファンの感想なども収められている。

すでに映画をご覧になった方からは、“解説が面白く、本物の展覧会が見たくなった”“実際の展覧会だけではわからなかったところが深く理解できて、良かった”“ボウイのファンだけじゃなく幅広い人に見てもらいたい普遍的なメッセージをもった作品”などの声が寄せられている。

この異色のドキュメンタリー映画が日本展スタートの前日、1月7日(土)より新宿ピカデリーをはじめ、全国9館で順次上映される。映画チケットは1月1日(日)元旦に各劇場のHPなどで発売。詳細は日本作品情報HPへ!

Striped bodysuit for the Aladdin Sane tour, 1973. Design by Kansai Yamamoto.
Photograph by Masayoshi Sukita(C) Sukita / The David Bowie Archive

■映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』トレイラー
https://youtu.be/kuCVfmbQBRU

■映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』公開情報

・東京:新宿ピカデリー 1月7日(土)〜1週間限定上映
・札幌:札幌シネマフロンティア 1月7日(土)〜1週間限定上映
・仙台:MOVIX 1月7日(土)〜1週間限定上映
・埼玉:MOVIXさいたま 1月7日(土)〜1週間限定上映
・大阪:なんばパークスシネマ 1月7日(土)〜1週間限定上映
・名古屋:ミッドランドスクエア 1月7日(土)〜1週間限定上映
・福岡:KBCシネマ 1月7日(土)〜1週間限定上映
・愛媛:西条市総合文化会館 小ホール 1月7日(土)13:00/18:00の全2回
・高知:高知県立美術館ホール 1月10日(火)14:00/15:50/17:40/19:30の全4回
※各劇場のチケットについては下記HPへ。

■原題:DAVID BOWIE is
■監督:ハミッシュ・ハミルトン
■出演:ヴィクトリア・ブロークス、ジェフリー・マーシュ、デヴィッド・ボウイ、山本寛斎
■98分
■製作:イギリス
■言語:英語
■日本語字幕あり
■日本作品情報HP
http://www.culture-ville.jp/about-dbi

■展覧会「DAVID BOWIE is」

会期:1月8日(日)〜4月9日(日)
時間:火〜木・土・日・祝 10:00〜20:00(最終入場19:00)
金 10:00〜21:00(最終入場20:00)
休館日:毎週月曜日(ただし1月9日、3月20日、3月27日、4月3日は開館)
会場:東京 寺田倉庫G1ビル

チケット料金(税込):
一般前売¥2,200/当日¥2,400
中学生・高校生前売¥1,000/当日¥1,200
限定オリジナルグッズ付き¥5,000 ※前売りのみ
ALL TIME¥3,000 ※前売りのみ

公式サイト
http://davidbowieis.jp/
公式SNS「@davidbowieisjp」(Twitter、Facebook、Instagram)

主催:DAVID BOWIE is 日本展実行委員会
企画:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)
音響協力:ゼンハイザー
一般協賛:ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社、寺田倉庫
後援:駐日英国大使館、ブリティッシュ・カウンシル、品川区、TOKYO MX、テレビ神奈川、WOWOW、J-WAVE、TOKYO FM、InterFM897、文化放送
協力:日本貨物航空株式会社、日本航空株式会社、ムービープラス

【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ、究極のベスト盤がついにリリース! 朝日新聞にて横山健がボウイを語る
デヴィッド・ボウイの大回顧展『DAVID BOWIE is』日本開催を記念したファン参加型企画がスタート
デヴィッド・ボウイ、生前最後のスタジオ・レコーディング音源より「キリング・ア・リトル・タイム」公開
デヴィッド・ボウイ、生前最後のスタジオレコーディング音源を収録した作品『ラザルス』リリース

【関連アーティスト】
David Bowie
【ジャンル】
ポップス(洋楽), ロック/ブルース(洋楽), 映画, イベント

AWAの新機能「ハイライト再生」、OKMusicの20代スタッフはこう使う!
Thu, 17 Nov 2016 17:30:00 +0900
AWA (okmusic UP\'s)

定額制音楽配信サービスAWAが、主要機能すべて(※「オフライン再生」を除く)を月額無料で利用できる新プラン「Freeプラン」の提供を開始。Freeプランの場合は、同時に発表された新機能「ハイライト再生」機能でのみ再生が可能だ。ハイライト再生では文字通り“楽曲の一番盛り上がる90秒間”を再生することができ、Freeプランだけでなく月額制のStandardプランでも利用することができる。

また、これまでのFreeプランは月に1時間のみ再生が可能だったが、今回の機能搭載に伴い、月に20時間の再生が可能になった。

いまや楽曲を聴く方法の一つとしてメジャーになった定額制音楽配信サービス。日本でも複数の魅力的なサービスがリリースされているが、今回は新機能が追加になったAWAに注目。ハイライト再生は一体どんなシーンで活躍するのか? OKMusic編集部では実際に機能を使用し、使用感や活用方法などについて座談会を行なった。

【その他の画像】

■ハイライト再生は“聴きたかった1曲”に出会う近道

スタッフA:私はテレビで流れて気になった楽曲をAWAで聴いているので、今回の機能は便利だなと思いました。曲名がわからずアーティスト名だけで探すことも多いし、そういう時にすぐにサビが聴けると曲が探しやすいんですよね。あとは気になるアルバムをハイライト再生で一通り聴いて、その時の気分にぴったり合ったら「フルでも聴いてみよう!」っていう気持ちになる。

スタッフB:飽き性だから、盛り上がるところだけ連続して聴けるっていうのはありがたいかも。逆に好きなアーティストの曲を聴くときは、頭から最後まで聴けないのはちょっと残念かな。

スタッフC:確かに必ずフルで聴きたい曲もあるよね。それでも、ハイライト再生のみとはいえ一月20時間再生できるようになったのは大きいと思う。結果的にはお得になったんじゃない?

スタッフB:うん。再生時間を気にせず使えるようになったよね。これからはシーンに合わせていろんな用途で使えそう。

スタッフA:朝の支度のときとか、毎朝の通勤とか……。メイクタイム用のプレイリストがあったら聴いてみたいかも!

スタッフC:自分より年上の人とカラオケに行く前に、その年代の楽曲を一通りチェックして挑むとか。90秒っていうのがまた長すぎず短すぎずちょうどいいんだよな〜。

スタッフB:アイドルの新曲をまとめたプレイリストをハイライト再生すれば、短い時間で最新のアイドル事情もわかるね。

スタッフC:クロスフェード再生だから次の曲が始まるとついつい聴いちゃう。「次! 次!」っていう風にどんどん聴けるし、ハイライト再生は"聴きたかった1曲"に出会う近道なのかも。

スタッフA:ハイライト再生で2曲流すと3分になるので、カップ麺のタイマー代わりに使うなんて方法も……!

スタッフB:贅沢だなぁ(笑)

■ハイライト再生用のプレイリストを再生してみた

スタッフA:ハイライト再生用のプレイリストも続々と投稿されているみたいなので、ちょっと聴いてみましょうか。まずは『ハイライト再生が最高にクールになるBABYMETAL』。

スタッフC:1曲目から「ヘドバンギャー??」だ! 間違いなくアガるね。

スタッフB:もともとハードだけど、さらにハードに濃縮された感じ。

スタッフA:これも面白いですよ。『ハイライト再生が最高にパリピになるプレイリスト』。

スタッフB:のっけからピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」、しかもフル!(笑)
※「PPAP」は再生時間が90秒以内のためフル再生が可能。

スタッフA:ピコ太郎のブレイクのきっかけになったJustin Bieberの楽曲を2曲目に持ってきたところにセンスを感じますね。

スタッフC:ライブやコンサートのメドレーも凄く盛り上がるから、大勢で聴くのも楽しいかも。ドライブ用プレイリストをみんなで熱唱したり、イントロクイズならぬハイライトクイズをやってみたり。

スタッフB:今後ハイライト再生用のプレイリストも続々と登場しそうだね。

■「いろんな楽曲を聴きたい」を叶えてくれる

編集部内での座談会の結果、Freeプランのフル再生廃止を悔やむ声も見受けられたものの、ハイライト再生の使用感についてはなかなかの好評価だった。幅広い楽曲を手軽に楽しむことに慣れた音楽ユーザーにとっては、それほどハードルを感じずに利用できるようだ。

なにより、最大再生時間が20時間まで増幅したことによって、音楽を見つける楽しみが格段に増えたことは間違いない。「とにかくいろんな楽曲を聴きたい」「新たなジャンルを開拓したい」という方は、ハイライト再生機能を活用してあなたにぴったりの一曲を見つけてみてはいかがだろうか。

【関連リンク】
AWA オフィシャルHP

【関連アーティスト】

【ジャンル】
音楽配信

DECAYS、魔界の晩餐会を繰り広げたMVが完成
Thu, 17 Nov 2016 17:00:00 +0900
DECAYS (okmusic UP\'s)

DIR EN GREYのDie(Gu)と音楽プロデューサーでMOON CHILDのメンバーでもある樫山圭(Dr)を中心としたユニット、DECAYS(ディケイズ)。そんな彼らが12月7日にリリースするメジャー1stアルバム『Baby who wanders』より、メイン曲となる「愛と哀を遺さず... <Baby who wanders Ver.>」のMVショートVer.を公開した。

【その他の画像】DIR EN GREY

2015年に結成して以来、常に変化と進化をし続けてきたDECAYSは、現在、Die(Vo&Gu)、樫山圭(Dr)を軸に、レコーディングやライヴをサポートする個性豊かなメンバーとして、中村中(Vo&Gu)、Ayasa(Violin)、寺沢リョータ(Ba)、チドニー(☆)を迎えた6人編成で活動している。

同MVは9月末日に関東某所で丸一日をかけて撮影。すでに公開となっているアーティスト写真、ジャケット写真もMV撮影と同時に行なわれ、世界観が統一されたものとなった。

闇の魔王(Die)と闇の女王(中村中)の乾杯の合図と共に、闇の執事(樫山圭)、バイオリン弾きの自動人形(Ayasa)、医師兼王の従者(寺沢リョータ)、神出鬼没の奇術師(チドニー)のメンバーで魔界の晩餐会が繰り広げられる内容となった。

今回のMVの収録にあたって、メンバーそれぞれが役に扮するということもあり、事前にMV監督、スタイリスト、ヘアメイクとの綿密な打ち合わせが行なわれた。衣装はすべてMV&スチール撮影のためにアレンジし、作られたオリジナル1点もの。そして、晩餐会に出てくるゴージャスな装飾品もまた、すべてがこのMV収録のために作られた。

一般公開ではショートVer.しか観ることができないが、初回生産限定盤A、初回生産限定盤Bには「愛と哀を遺さず... <Baby who wanders Ver.>」のMVフルVer.、そしてMVのメイキング映像が収録される。

なお、DECAYSのオフィシャルInstagramもスタートしているので、こちらもチェックしてみてほしい。

■DECAYS オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/decays_official

■「愛と哀を遺さず... <Baby who wanders Ver.>」MV Short Ver.
https://youtu.be/p80isEAhAig

■アルバム『Baby who wanders』

2016年12月7日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
MUCD-8082/3/¥4,000(税込)
<収録曲>
■CD
01. Aesthetics of the transgression
02. Zero Paradise
03. 愛と哀を遺さず… <Baby who wanders Ver.>
04. Drifting litter
05. Where are you going?
06. Vagabond
07. Imprisonment Leaving
08. シークレットモード
09. HELLO!NEW I
10. Eve
11. Rana
12. D/D
13. 綺麗な指
■DVD
01. 愛と哀を遺さず… <Baby who wanders Ver.> Music Video
02. making of 愛と哀を遺さず… <Baby who wanders Ver.>

【初回生産限定盤B】(CD+Blu-ray)
MUCD-8084/5/¥6,000(税込)
※三方背ケース入り/ 64Pフォトブックレット付き
<収録曲>
■CD
01. Aesthetics of the transgression
02. Zero Paradise
03. 愛と哀を遺さず… <Baby who wanders Ver.>
04. Drifting litter
05. Where are you going?
06. Vagabond
07. Imprisonment Leaving
08. シークレットモード
09. HELLO!NEW I
10. Eve
11. Rana
12. D/D
13. 綺麗な指
■Blu-ray
01. 愛と哀を遺さず… <Baby who wanders Ver.> Music Video
02. making of 愛と哀を遺さず… <Baby who wanders Ver.>

【通常盤】(CD)
MUCD-1369/¥3,000(税込)
<収録曲>
01. Aesthetics of the transgression
02. Zero Paradise
03. 愛と哀を遺さず… <Baby who wanders Ver.>
04. Drifting litter
05. Where are you going?
06. Vagabond
07. Imprisonment Leaving
08. シークレットモード
09. HELLO!NEW I
10. Eve
11. Rana
12. D/D
13. 綺麗な指

【関連リンク】
DECAYS オフィシャルHP
VAMPS主宰のハロパファイナル公演でYOSHIKI×HYDEがサプライズ共演
DIR EN GREY、新木場STUDIO COAST 追加公演2days決定
DECAYS、メジャー1stアルバム『Baby who wanders』JK写解禁&発売記念イベント開催決定

【関連アーティスト】
DIR EN GREY, 中村中, MOON CHILD, AYASA, DECAYS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

GOODWARP、多田卓也監督手がける「bravo!bravo!bravo!」MV解禁&リリースツアー開催決定!
Thu, 17 Nov 2016 16:00:00 +0900
GOODWARP (okmusic UP\'s)

GOODWARPが11月16日にリリースした両A面EP「bravo!bravo!bravo!/ Sweet Darwin」より、TBS系『CDTV』のEDテーマに起用されている「bravo!bravo!bravo!」のMVを公開した。

【その他の画像】GOODWARP

このたび解禁となったMVは先日公開されたばかりの「Sweet Darwin」MVに続き、多田卓也監督が手掛けている。

<計算上 君の遺伝子は 僕を選ぶだろう>という歌詞の一節をもとに楽曲の世界観を投影した、めくるめく妄想世界を覗き込んだかのような同作。随所にカラフルさがちりばめられ、多幸感あるバンド演奏シーンと、次々と移り変わるシーンとの展開が印象的な内容となった。途中にはポールダンサーも登場し技を繰り広げるなど、今作でもユニークさは健在! ぜひ、じっくりと観てみてほしい。

なお、GYAO!では新作EPのリリースを記念して、期間限定で「Sweet Darwin」「bravo!bravo!bravo!」のMVがフルサイズ公開されている。公開期間は12月13日(火)23:59までとなっているので、この機会をお見逃しなく。

両A面となるバンド初のバラード「Sweet Darwin」は、日本テレビ他で放送中のアニメ『うどんの国の金色毛鞠』ED主題歌として書き下ろされた楽曲。吉崎拓也(Vo&G)は「Sweet Darwin」のMVに関して、「Darwinという言葉には、『親愛なる友』という意味もあるんです。シミのない真っさらな友情より、叩いてひっぱって、デコボコになった絆にこそ救われるってこと、きっと皆あると思う。うどんをこねるのも、多分同じ(こんなに腹の減る現場はありませんでした)」とTwitterで後日談を語っている。

さらに、年明けからはリリースツアー『ベラボーにブラボー!ツアー』の開催も決定! 1月27日(金)のShibuya Milkywayを皮切りに、全国各地を回る。2月5日(日)の福岡DRUM SONは、『ORESKABAND 3rd Full Album「Slogan」Release Tour “HAPPY!! SURVIVE!! 2017”』とのスプリット開催。各地の対バンアーティストは後日発表。チケット先行販売は11月17日(木)18:00よりスタートする。こちらも合わせてチェックしてほしい。

■「bravo!bravo!bravo!」MV
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00193/v09096/v0908000000000534055/
■「Sweet Darwin」MV
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00193/v09096/v0908000000000534054/

(C)篠丸のどか・新潮社/「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会

■「bravo!bravo!bravo」MV -YouTube edit-
https://youtu.be/-IyxRQZXxGI

■GOODWARP Double A Side EPリリースツアー2017「ベラボーにブラボー!ツアー」

1月27日(金) 東京 Shibuya Milkyway
1月29日(日) 宮城・仙台LIVE HOUSE enn 2nd
1月31日(火) 石川 金沢AZ
2月01日(水) 大阪 梅田Shangri-La
2月03日(金) 香川 高松sound space RIZIN\'
2月05日(日) 福岡 福岡DRUM SON w/ ORESKABAND and more…
2月07日(火) 広島 広島SECOND CRUTCH
2月08日(水) 岡山 岡山CRAZYMAMA 2nd Room
2月16日(木) 愛知 池下CLUB UPSET

■オフィシャルHP先行
http://w.pia.jp/p/goodwarp16of/

■「GOODWARP Double A Side EP「bravo!bravo!bravo!/ Sweet Darwin」リリース記念インストアライブ“ダーウィンのシンガロン”」

11月19日(土)21:00〜 東京 タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
12月14日(水)19:00〜 大阪 タワーレコード梅田NU茶屋町店 店内イベントスペース
12月17日(土)14:00〜 香川 タワーレコード高松丸亀町店 丸亀町グリーン けやき広場

【関連リンク】
GOODWARP オフィシャルHP
GOODWARP、新EPは話題の“プレイパス”対応
GOODWARP、新曲が「CDTV」11月度EDテーマに! 自主企画イベントにマカロニえんぴつらゲスト出演決定
GOODWARP、モデル“くるみ”が“ガチ”なうどん作りに挑戦した「Sweet Darwin」MVを公開

【関連アーティスト】
GOODWARP
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, アニメ

RADWIMPS、ニューアルバム全曲ダイジェストを公開&NHK『SONGS』出演決定
Thu, 17 Nov 2016 15:30:00 +0900
RADWIMPS (okmusic UP\'s)

11月23日にニューアルバム『人間開花』をリリースするRADWIMPSが、その全曲ダイジェスト映像を公開した。

【その他の画像】RADWIMPS

先行配信がスタートした「光」やラジオで初解禁されて話題となっている「棒人間」ほか、アルバム収録の全曲を制作時のメイキング映像とともに、少しだけ聴くことができる。

また、RADWIMPSはアルバム発売日の翌日、11月24日(木)22:50〜23:15放送のNHK総合『SONGS』に出演することが決定した。“第2のデビューアルバム”とも言える新作『人間開花』をリリースした直後に、“RADWIMPSの今”を象徴する楽曲をテレビで披露する予定だ。番組のナレーションは、映画『君の名は。』のヒロイン・三葉役の声優を務めた上白石萌音が担当する。

■『人間開花』ダイジェスト
https://youtu.be/ElwPOcWeJGg

■【リリース情報】

アルバム『人間開花』
2016年11月23日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD) 
UPCH-29241/¥4,500+税
【通常盤】(CDのみ) 
UPCH-20436/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01. Lights go out
02. 光
03. AADAAKOODAA
04. トアルハルノヒ
05. 前前前世 [original ver.]
06. ‘I\' Novel
07. アメノヒニキク
08. 週刊少年ジャンプ
09. 棒人間
10. 記号として
11. ヒトボシ
12. スパークル [original ver.]
13. Bring me the morning
14. O&O
15. 告白
■初回盤DVD track list
「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり」のまとめ
at 幕張メッセ国際展示場4〜6ホール (2015.12.23)
01.トレモロ
02.ます。
03.透明人間18号
04.億万笑者
05.π
06.有心論
07.ピクニック
08.25コ目の染色体
09.DADA
10.いいんですか?
11.君と羊と青
12.会心の一撃
13.ふたりごと

完全受注生産限定アナログ盤『君の名は。』
2017年2月22日発売
UPJH-20004/5/¥4,800+税
※予約開始:11月14日(月)/ 予約締切:12月23日(金)

完全受注生産限定アナログ盤『人間開花』 
2017年2月22日発売
UPJH-20006/7/¥4,800+税
※予約開始:11月14日(月)/ 予約締切:12月23日(金)

【関連リンク】
RADWIMPS オフィシャルHP
RADWIMPS、アルバム『君の名は。』&『人間開花』をアナログ盤として2月にリリース
illion、岩井俊二とタッグを組んだ新曲「Miracle」のアニメMVを解禁
RADWIMPS、新海監督が映画『君の名は。』を新たに編集した「スパークル」MV完成

【関連アーティスト】
RADWIMPS, 上白石萌音
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM), 映画

ラルクがゲームキャラ&ゾンビに!? PlayStation(R)VRソフトとして新曲をリリース
Thu, 17 Nov 2016 15:00:00 +0900
「Don’t be Afraid -Biohazard(R) × L’Arc-en-Ciel on PlayStation(R) VR」キービジュアル (okmusic UP\'s)

L\'Arc-en-Cielの新曲「Don\' t be Afraid 」が世界で初めて、PlayStation(R)VRソフトとしてPlayStation(R) Storeでリリースされた。

【その他の画像】L’Arc~en~Ciel

本作はL\' Arc-en-Cielのメンバーを、100台を超えるカメラでフォトスキャン! 最新ゲーム『バイオハザード7』(PlayStation(R)4、Xbox One、PCで2017年1月26日発売予定)でも使用されている最新の技術を採用したRE ENGINEを駆使し、メンバーを3DCG化した。

さらに、メンバー本人が4D Views Scan+モーションキャプチャーを実施。約60個のセンサーを身体中に纏い、360°に設置された約50台のモーションセンサーで細かくメンバーのアクションを記録。リアルに動くメンバーが堪能できる、フルデジタイズ360°VRのMVとなった。

『バイオハザード』20周年とL\'Arc-en-Ciel結成25周年を記念し、実現した本プロジェクト。『バイオハザード』シリーズの世界を舞台に、ゾンビたちと生き残りをかけて戦っていくというストーリーに加え、『バイオハザード』ファンにはおなじみの人気キャラも登場する。 また、ビューモードでは、「Human」モードと「Zombie」モードのメンバーに視覚感約20cmの距離まで近づくことが可能となり、ゲーム『バイオハザード』シリーズの名シーン、開発チームによって厳選された名セリフを発するメンバーボイスも耳元で聴くことができる。

『バイオハザード』の世界に実在のアーティストが登場する映像作品も初の試みとなり、これまでにないまったく新しい音楽映像体験ができるはずだ。

この新曲「Don\'t be Afraid -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR-」は、11月17日(木)にPlayStation(R)Storeで配信が開始となった。さらに、プロモーション映像の第二弾も公開されている。


【メンバーコメント】
■hyde(作詞)
「これはもう、ちょっとした革命じゃないですか? 新しいゲームの世界ですよね。ポージングも、けっこう時間かかりました、何回も撮って。メンバーはもちろんだけど、それ以外の背景だったり、上だったり下だったり、そういうところも臨場感が凄くあるので、360°で楽しんでもらえたら嬉しいです。
「バイオハザード」をやっててすごく象徴的な瞬間というのは、中に絶対アイツらがいるってわかってるのにドアを開けないと話が進まないっていう、その展開。その展開と、人生ってどこか通ずる部分があると思うんです。「どうしてもこれやらないと前に進まないんだよな…」っていうその気持ちを自分と照らし合わせて。その恐怖に打ち勝つ、それをやらなければ前に進めないから、勇気を振り絞って恐怖に打ち勝つっていう部分を意識して歌詞を書きました。
あとは、「Don\'t be Afraid」を流暢に言ってみると「ゾンビアフレイド」みたいなね。
「ゾンビ怖い!」みたいな意味にもなる。ちょっとダジャレ入ってます(笑)。
L\'Arc-en-Cielのファンは「バイオハザード」を好きになって、「バイオハザード」のファンは L\'Arc-en-Cielを好きになって、っていうことが少しでも起こると嬉しいです」

■tetsuya(作曲)
「今までもL\'Arc-en-Cielは新しいことをやってきたバンドだと思うんですけど、久しぶりに初めてのことにチャレンジできて嬉しいです。顔も全身も撮って、そのデータを元にCGにして、動きに関してもメンバーが実際動いたものがCGの映像になっているので、そういうところを観てもらいたいですね。
「バイオハザード」の映像のイメージを頭の中に描きつつ、僕なりの解釈で、あんまりザクザクしたギターで激し目のものでいくよりも、クリーンなアルペジオでちょっと悲しい感じのほうがいいかな?と僕の解釈でイメージして作曲しました。
「バイオハザード」20周年ということで、L\'Arc-en-Cielも結成25年目ではあるんですけど、僕にできることは待ってくれている人に喜んでもらえるような楽曲をつくること、ということが僕の使命なので、自分なりに頑張ってすごくいいものができたと思っているので。気に入ってもらえると嬉しいです」

■ken
「一般的なディスプレイに近付いて観ても出ない臨場感というものが、VRでは感じられますね。だから、アーティストとの距離感を近付けた表現というのができるのをすごく感じたので、すごい技術だな、と思いました。撮影は、演技もあったのですが、幼稚園の時に演技したぐらいしか記憶がないんですけど、あれ以来ぶりに来たと。「よし、あの時の演技を超えよう」と頑張りました」

■yukihiro
「僕が初めて自分でゲーム機を買ってプレイしたのが「バイオハザード」だったので、今回この企画に参加出来て嬉しいです。ゾンビになりたいなと思っていましたが、演技するのは難しかったです。VRの「バイオハザード」もプレイしましたが、怖すぎですね」


【CAPCOM】
■カプコン バイオハザードシリーズプロデューサー 川田将央
「『バイオハザード』シリーズ20周年の歴史で初めて、実在のアーティストが登場する映像作品の完成に我々バイオハザード開発スタッフも興奮しています! そして、この意欲的な試みに賛同いただいたL\'Arc-en-Cielのメンバーのみなさんにはとても感謝しています。最新作『バイオハザード7』で培われた最新テクノロジーを活用し、スピーディかつドラマチックな楽曲『Don\'t be Afraid』が流れるラクーンシティで繰り広げられる誰も見たことのないバイオハザードのアナザーエピソードを、ぜひPlayStation(R)VRで“体感”してみてください」

【白組】
■映像監督 森田淳也(白組)
「バイオハザードの世界をL\'Arc-en-Cielのメンバーがどう動くと魅力的な映像になるか、PlayStation(R)VR上で試行錯誤を繰り返し、何度も構成を練り直しました。制作工程も初めてのことが多く、スタッフ同士での話し合いも多くあったことを思い出します。メンバーの方々にはモーションキャプチャーやフェイシャルキャプチャーなど積極的にチャレンジしていただいたこともあり、映像に説得力を出すことができました。360°全方向に仕掛けが散りばめられています。
L\'Arc-en-Cielとバイオハザードの刺激的な遭遇を恐れることなくご覧ください!」

■CG Supervisor 小森啓裕(白組)
「今回の大きな課題は、L\'Arc-en-Cielのみなさんを実在するようなCGキャラクターとして作り上げることでした。L\'Arc-en-Cielの皆さんの全面協力の元、表情から指先に至るまで最新技術を用いて隈なくデジタルスキャンを行いメイクやヘアースタイルにおいても実際のスタイリストさんから監修をいただけたことで、実写の撮影と同様のステップを踏みながら髪の毛の一本一本に至るまで作り込みを行っています。アクションやお芝居においても実際にご本人に演じて頂いたことで、さりげない「しぐさ」や「表情の些細な変化」についてもCGキャラクターへ反映されるように努めました。カプコン様に設定、世界観の監修を頂きながら、PlayStation(R)VR初のVRミュージックビデオ作品として皆様に楽しんでいただけるよう、360°全てのアングルにおいて拘って制作いたしましたので、見る角度によって感じ方が変わるストーリーや発見をぜひ楽しんで頂きたいです」

■「Don\'t be Afraid -Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R) VR-」ティザー映像 第二弾
https://youtu.be/aI3L4AWKc7Q

【関連リンク】
L\' Arc-en-Ciel オフィシャルHP
L’Arc-en-Cielのメンバーが3DCG化! 最新技術を駆使したフルデジタイズ360°MV配信決定
ラルク、新曲が映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』の日本語吹替版主題歌に
L\'Arc-en-Ciel、ソニー『ハイレゾ級ワイヤレス』キャンペーンに新曲を提供

【関連アーティスト】
L’Arc~en~Ciel
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ゲーム

石橋凌、60歳バースデーライブの模様を収めた映像作品のトレーラーを公開
Thu, 17 Nov 2016 14:00:00 +0900
DVD『SOULFUL CARNIVAL RYO ISHIBASHI BIRTHDAY LIVE』 (okmusic UP\'s)

石橋凌が12月7日にリリースする、去る7月20日に赤坂BLITZで開かれた60歳バースデーライブの模様を収めた映像作品『SOULFUL CARNIVAL RYO ISHIBASHI BIRTHDAY LIVE』のトレーラー映像が公開となった。


【その他の画像】ARB

豪華ゲストと共に4時間近いステージが繰り広げられたこの一大イベントは、石橋自ら「自分が尊敬する好きなミュージシャンと一緒に、魂が乱舞するカーニバルのような一夜にしたいと」と語っていた通り、池畑潤二(Dr.)、渡辺圭一(B)、藤井一彦(G)、伊東ミキオ(Key)、梅津和時(Sax)といったレギュラーメンバーとの熱く豊潤な演奏に加え、次々とステージに登場するゲスト陣とのコラボ、そして最後の出演者全員での大セッションと、まさに日本ロック史を凝縮した伝説の一夜となった。

その模様を余すところなく収めた同作は全33曲のライブに加え、楽屋裏の貴重な映像も収めた3時間半超の大作となっている尚、今後トレーラー映像の第2弾公開も準備されているとの事なので、そちらも楽しみにしたい。

■『SOULFUL CARNIVAL RYO ISHIBASHI BIRTHDAY LIVE』トレーラー映像第一弾
https://youtu.be/EELHoLzx7A0

■DVD&Blu-ray『SOULFUL CARNIVAL RYO ISHIBASHI BIRTHDAY LIVE』

2016年12月7日発売
【DVD】
CRBP-10057/58/¥6,000+税
※2枚組
【Blu-ray】
CRXP-10003/¥7,000+税
<収録曲>
2016年7月20日@赤坂BLITZライブを収録(全33曲)
乾いた花
R&R AIR MAIL
Heavy Days
33歳
ラ・ラの女
セイノワ
空を突き破れ!
OK
AFTER\'45
愛を
ダディーズ・シューズ
Leather Boots
BOYS & GIRLS
カクテル・トゥナイト
FOOL FOR YOU
魂こがして
飲まずにいられない
シャロン
美しいこと
DEVIL
ワイルド・ローティーン・ガール
Dear My Soulmate
いい事ばかりはありゃしない
ビールスカプセル
ホラ吹きイナズマ
キングスネーク・ブルース
ロックンロールの真最中
犯罪レベル
形見のフォト
ヨロコビノウタを!
喝!
DO THE BOOGIE
Lemon tea              
<特典映像>
「Back Stage of SOULFUL CALNIVAL」 

■出演
石橋凌
Drums 池畑潤二
Guitar 藤井一彦
Bass 渡辺圭一
Keyboards, Piano 伊東ミキオ
Saxophone 梅津和時
Violin 太田惠資

GUEST ARTISTS
浅井健一
鮎川誠
井上富雄
上田健司
上中丈弥(THEイナズマ戦隊)
柴山俊之
チバユウスケ(The Birthday / The Golden Wet Fingers)
土屋公平
仲井戸“CHABO”麗市
中村獅童
花田裕之(ROCK\'N\'ROLL GYPSIES)
増子直純(怒髪天)
優河

MC
スマイリー原島

【関連リンク】
石橋凌オフィシャルサイト「Gran Vision」
石橋凌、“R-60 PROJECT"第三弾として7月20日にBDライブを開催
石橋凌、全国ツアー詳細解禁!アルバムジャケとティザー動画も公開!
石橋凌、アニバーサリーイヤー第一弾として2016年2月にライブアルバムを発売

【関連アーティスト】
ARB, 石橋凌
【ジャンル】
ジャパニーズロック

UVERworld、2015年の日本武道館でのクリスマスライヴ映像を独占放送
Thu, 17 Nov 2016 13:30:00 +0900
『UVERworld 2015 Xmas LIVE Abema EDITION』 (okmusic UP\'s)

UVERworldが11月19日(土)からスタートする「UVERworld ARENA TOUR 2016」に先駆け、『UVERworld 2015 Xmas LIVE Abema EDITION』を、株式会社AbemaTV(アベマティーヴィー)が運営のインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」内「AbemaSPECIAL2チャンネル」で独占放送することが決定した。

【その他の画像】UVERworld

『UVERworld 2015 Xmas LIVE Abema EDITION』は、2015年に過去の代表曲を含むレアなセットリストで行なわれた日本武道館でのクリスマスライヴ「PREMIUM LIVE on Xmas 2015 at Nippon Budokan」の映像を再編集した“Abema EDITION”として独占放送するもの。約1万3千人のファンが集結した、UVERworldの10年間の歴史が詰まった公演となっている。

今回「AbemaTV」では、本公演の中からセレクトした楽曲を、マルチアングルで表現し、初公開! ライヴでしか確認できなかった、演奏時にビジョンで流れる映像も観られるレアな放送となっており、当日の臨場感が味わえるはずだ。オンエアは11月18日(金)23:00から。

(C)AbemaTV

■「AbemaTV」『UVERworld 2015 Xmas LIVE Abema EDITION』独占放送

放送日時:11月18日(金)23:00〜
放送チャンネル:AbemaSPECIAL2チャンネル
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/8fuBVjQmiTUWgX

【関連リンク】
AK-69、UVERworldとの熱き対バンが蘇る「Forever Young feat. UVERworld」MV完成
AK-69、UVERworldと奇跡のコラボを果たした新曲がついに先行配信スタート!
UVERworld、映画『新宿スワンII』の挿入歌に2作連続で決定
UVERworld、ツアー初日の札幌で未発表の新作を3曲もいきなり披露

【関連アーティスト】
UVERworld
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Qaijff、グラフィックとデジタルノイズ満載の「snow traveler」MV解禁
Thu, 17 Nov 2016 13:00:00 +0900
EP「snow traveler」 (okmusic UP\'s)

Qaijff が12月7日にリリースする1st EP「snow traveler」のリード曲「snow traveler」のMVをYouTubeオフィシャルチャンネルにて公開を解禁した。

【その他の画像】Qaijff

Qaijff初とも言えるリアルな失恋ソングとなった今作は、前作と同じく勝見拓矢監督を迎えて主人公の切ない心情が冬の情景と共に描かれ、グラフィックやデジタルノイズを駆使した見ごたえのあるものに仕上がっている。

また、同時に解禁されたジャケット写真はMVで使用されたグラフィックやデジタルノイズが曲タイトルのタイポグラフィーと共に絶妙に施され、MVと共に楽曲の持つ世界観を体現している。

2ndミニアルバム『Life is Wonderful』のリリースからリリースツアーの東名ワンマン公演のソールドアウト、そして夏にはフェスやイベントに出演しバンドとしての勢いを増す中、「JFL presents FOR THE NEXT supported by ELECOM」では各局のDJやナビゲーターが紹介するネクストブレイクアーティストに選出されるなど、ここにきてさらに注目を集めるQaijffが放つ今作も要チェックだ。

■「snow traveler」MV
https://youtu.be/icdFCrSG4_0

■EP「snow traveler」

2016年12月7日発売
KIRS-1008/¥926+税
<収録曲>
1.snow traveler 
2.universe 
3.good morning

【関連リンク】
QaijffオフィシャルHP
Qaijff、最新アー写公開&12月6日にプレミアムライヴ開催決定!
Qaijff、1st EP収録曲を地元・名古屋のZIP-FMにて続々オンエア
Qaijff、1st EP「snow traveler」の詳細が明らかに!

【関連アーティスト】
Qaijff
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ササノマリイ、「タカラバコ」のMVは3000枚のカットを自ら再構築
Thu, 17 Nov 2016 12:00:00 +0900
「タカラバコ」MV プリント (okmusic UP\'s)

人気TVアニメ「夏目友人帳 伍」の OP曲となっている、ササノマリイが11月30日にリリースするメジャー移籍初のシングル「タカラバコ」のミュージックビデオが公開された。


【その他の画像】ササノマリイ

本作はササノマリイが撮影された動画をコマ抜きし、歌詞やエフェクトなど手書きアニメーションが加えられ作成された1曲の映像の各フレーム 3000枚以上をプリントアウト、そのプリントを水や漂白剤でにじませたり新たなイメージを作成し、SCANして新たに動画として再構築された作品となる。

ネット上に発表した楽曲が話題となり、数々の有名アーティストにカバーされ、着々と支持を集めてきたササノマリイ、今作のタイトル曲「タカラバコ」は、同アニメの大ファンでもあるササノマリイが書き下ろした楽曲、物語から感じた「不変」の世界観をストレートに表現したやさしさと悲しみと希望を詰め込んで未来へ進んでいけるように願いが込められている。

■シングル「タカラバコ」

2016年11月30日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL3220〜1/¥1,500+税
※特殊三方背ケース、DVD
<収録曲>
■CD
1 タカラバコ
2 透明なコメット
3 バイバイ
4 タカラバコ (chill out still out)
5 タカラバコ instrumental
6 透明なコメット instrumental
7 バイバイ instrumental
■DVD
1 M(OTHER) MV
2 Re:verb MV

【期間限定生産盤(アニメ仕様)】(2CD)
AICL 32231〜4/¥1,500+税
※特殊三方背ケース、アニメジェット即興ピアノインストCD
<収録曲>
■CD
1 タカラバコ
2 透明なコメット
3 バイバイ
4 タカラバコ (chill out still out)
5 タカラバコ instrumental
6 透明なコメット instrumental
7 バイバイ instrumental
■CD2
タカラバコピアノ即興曲
1 タカラバコ the murmur of piano forte
2 透明なコメット the murmur of piano forte
3 バイバイ the murmur of piano forte

【通常盤】(CD)
AICL 3222/¥1,250+税
<収録曲>
1 タカラバコ
2 透明なコメット
3 バイバイ
4 タカラバコ (chill out still out)

【関連リンク】
ササノマリイ オフィシャルHP
ササノマリイ、アニメ『夏目友人帳 伍』OP曲「タカラバコ」のアートワーク公開
ササノマリイ、アニメ『夏目友人帳 伍』OP曲となるシングル「タカラバコ」でメジャー移籍
ササノマリイ、新作EP「M(OTHER)」のクロスフェード映像公開

【関連アーティスト】
ササノマリイ
【ジャンル】
J-POP

GReeeeN、玉木宏主演ドラマ主題歌「暁の君に」配信開始&リリックビデオ公開
Thu, 17 Nov 2016 11:00:00 +0900
シングル「暁の君に」 (okmusic UP\'s)

玉木宏主演のフジテレビ系 日曜9時ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」の主題歌となっているGReeeeNのニューシングル「暁の君に」がiTunes、レコチョク等で配信を開始した。

【その他の画像】GReeeeN

また、「暁の君に」を歌詞表示スピーカー<Lyric speaker>の技術「Lyric Sync Technology」で自動生成した映像も公開となった。

Lyric Speakerとは音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカーで、再生した歌詞を自動でモーショングラフィックにする技術「Lyric Sync Technology」を、世界で初めて搭載したシステム。デジタルシーンにおいての歌詞カードともいえる新技術を使った歌詞動画となっている。

【「暁の君に」配信情報】
■iTunes
http://po.st/itgreeeenkimini
■レコチョク
http://po.st/recogreeeenkimini

■【GReeeeNコメント】

今回は、朝を迎えるその瞬間、その暁の間(はざま)に、暗闇や悩み、葛藤が明けて、必ず朝がくるというメッセージを曲に込めました。また、玉木宏さんが様々な事件を解決する姿、その強さ、優しさによりそえるような楽曲になれたら、と思います。
ファンの皆さんにとっても、大切な楽曲として聴きこんで、1月のさいたまスーパーアリーナ公演に来ていただけるとうれしいです。

■「暁の君に」次世代型スピーカー<Lyric speaker> Lyric Video
https://www.youtube.com/watch?v=2mibZPnGoXY

■シングル「暁の君に」

2016年12月7日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)  
UPCH-7215/¥1,512(税込)  
<収録曲>
■CD
1. 暁の君に 
※フジテレビ系 日曜ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」主題歌
2. eeeeveryday 
※LION家事フェス2016 Magicaキャンペーンソング  
■DVD
「eeeeveryday」ミュージック・ビデオ

【通常盤】(CD)  
UPCH-5892/¥1,080(税込)
<収録曲>
1. 暁の君に 
2. eeeeveryday 

【関連リンク】
GReeeeN、話題のドラマ主題歌「暁の君に」リリックビデオ解禁
GReeeeNが“食器洗い”を応援!? 家事フェス『CLeeeeaN』キャンペーンソングを書き下ろし!
GReeeeN、さいたまスーパーアリーナ公演決定&ソロ曲の制作秘話を大公開
GReeeeN、『オールナイトニッポンGOLD』パーソナリティ担当&ニューアルバム発売決定

【関連アーティスト】
GReeeeN
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

セックスマシーン、ニューアルバム購入者特典でケンオガタ(Dr)がソロデビュー!?
Thu, 17 Nov 2016 10:00:00 +0900
セックスマシーン (okmusic UP\'s)

2017年1月25日にニューフルアルバム『はじまっている。』をリリースするセックスマシーンから、更なる情報が届いた!

【その他の画像】セックスマシーン

『はじまっている。』特設ページにてアルバム収録曲のライナーノーツが公開された。初回はライター・インタビュアーとしてABCラジオ『よなよな…なにわ筋カルチャーBOYZ』パーソナリティーの鈴木淳史氏が「始まってんぞ」を担当。こちらは随時更新されるとの事なのでチェックしてもらいたい。

また、今作の購入者特典としてタワーレコードでは「セックスマシーンDrケンオガタソロデビューCD-R」、ヴィレッジヴァンガードではオリジナルぽち袋封入「花の種」が配布される。

ゲストボーカル諸君must buy!! 予約を忘れずに!!

【アルバム『はじまっている。』購入者特典 説明】
「セックスマシーンDrケンオガタソロデビューCD-R」
曲の制作は各メンバーが作詞または作曲をし持ち寄るのだが、数年前とある日のスタジオ、Drのケンオガタ氏が「忙しいOLの気持ちを曲にしてきました」、メンバー誰もが思った「何故彼は忙しいOLの代弁者になろうと思ったのだろうか?」と。甚だ疑問だったが、曲を聴いて打ち抜かれた「この曲はセックスマシーンにはもったいない!!」という事で今回セックスマシーンのDr、ケンオガタソロデビューCD-Rとして日の目を見ることになったのである。

「花の種」
はじまっている。=誕生=花が咲く=花の種(Dr ケンオガタ脳内)
彼は本当に才能に溢れているなぁ。

■アルバム『はじまっている。』特設ページ
http://powerrecords.sakura.ne.jp/?cat=13

■【森田剛史(Vo&Key) コメント】

時雨の訪れも寂しく枕に響く霜月の候、いかがおすごしであろうか。セックスマシーン森田である。
いや、正しくはニュー森田である。
皆もうご存知の通り私は今年の2月にパンチの利いた失恋を経験した。(ギャフン)
しかしアルバム制作で形容し難いこの思いを全てぶち込めたのだ!過去の凹んでいる森田はもういない!生まれ変わったニュー森田としてもう、はじまっている。のだ!

■アルバム『はじまっている。』

2017年1月25日発売
PWR-012/¥2,130(税抜)
<収録曲>
1. 始まってんぞ
2. 新世界へ
3. たったひとつの冴えないやりかた
4. いったいどっち
5. 唱歌「凪」
6. 別れの合図
7. 地球よ
8. 悲しくて眠りたい
9. むげんだい
10. 胡蝶の夢

【関連リンク】
セックスマシーン オフィシャルHP
セックスマシーン、“旅立ち”をテーマにした新曲「新世界へ」MV公開
セックスマシーン、ニューシングル+DVD詳細&インストアイベント発表
セックスマシーン、ニューシングル「新世界へ」のリリースイベント開催決定

【関連アーティスト】
セックスマシーン
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1