歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年11月15日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
THE ORAL CIGARETTES、2017年6月に日本武道館ワンマン開催決定!
Tue, 15 Nov 2016 22:00:00 +0900
THE ORAL CIGARETTES (okmusic UP\'s)

THE ORAL CIGARETTESが、2017年6月16日に日本武道館でワンマンライヴを行なうことを発表した。


【その他の画像】THE ORAL CIGARETTES

山中拓也(Vo,G)は自身のブログで決断に至るまでの様々な葛藤や想いを綴っており、自分がバンドとしてやらなければならないことを今年果たすことができ、それを経て確信が持てたとコメントしている。ぜひ全文を読み、日本武道館で彼らのステージを体感してみてはいかがだろうか。

■THE ORAL CIGARETTES オフィシャルBLOG
http://lineblog.me/oral_official/

■【ライヴ情報】

『THE ORAL CIGARETTES唇ワンマンTOUR 2016〜キラーチューン祭り東名阪ワンマンの巻〜』
11月15日(火) 愛知・Zepp Nagoya
11月16日(水) 大阪・なんばHatch
11月22日(火) 東京・Zepp Tokyo
※全公演SOLD OUT

『THE ORAL CIGARETTES唇ワンマンTOUR 2017』
2017年
4月06日(木) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
4月08日(土) 高松 festhalle
4月09日(日) 高知 CARAVAN SARAY
4月11日(火) 札幌 PENNY LANE 24
4月12日(水) 札幌 PENNY LANE 24
4月16日(日) 仙台PIT
4月23日(日) 新潟 LOTS
4月27日(木) 福岡 DRUM LOGOS
4月28日(金) 福岡 DRUM LOGOS
4月30日(日) 広島 CLUB QUATTRO
5月04日(木・祝) Zepp Nagoya
5月12日(金) 大阪 Zepp Osaka Bayside

『THE ORAL CIGARETTES唇ワンマンTOUR 2017』追加公演
6月16日(金) 東京 日本武道館

■シングル「5150」

2016年11月16日発売
【初回盤】(CD+DVD)
AZZS-54/¥1,600+税
【通常盤】(CD)
AZCS-2056/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
01.5150
02.アクセス×抗体
03.ミステイル
■初回盤DVD
初のホール公演となった地元・奈良でのワンマンライブ「THE ORAL CIGARETTES 唇ワンマンライブ〜故郷に錦を飾りまSHOW!!〜」よりライブ映像を5曲収録
01. エイミー
02. 気づけよBaby
03. マナーモード
04. DIP-BAP
05. A-E-U-I

【関連リンク】
THE ORAL CIGARETTES オフィシャルHP
go!go!vanillasが2017年新春ツアーでOKAMOTO\'S、オーラルらと対バン
オーラル、『唇対バンTOUR』横浜公演でMUCC&ビレッジマンズストアとガチンコ3マン!
TK from 凛として時雨、様々な仕掛けを施したアルバム特設サイトに豪華著名人がコメントを寄稿

【関連アーティスト】
THE ORAL CIGARETTES
【ジャンル】
ジャパニーズロック

スクエア(from CTS)、自身初監修となるダンスコンピをデジタル配信限定リリース!
Tue, 15 Nov 2016 21:00:00 +0900
CTS (okmusic UP\'s)

CTSのDJスクエアが、自身初となる監修ミックス『「SQUARE WORLD」 mixed by SQUARE from CTS』を12月9日にデジタル配信限定でリリースすることがわかった。

【その他の画像】CTS

タイトルの『SQUARE WORLD』は、InterFMにて2015年1月から15ヶ月間に及びオンエアされた1時間のダンスミュージックMIX SHOW『SQUARE WORLD』から名付けられており、ついに待望の音源化か?実現。東京を拠点に世界中で活躍しているSQUAREは、今世界中で爆発的な人気を博すダンスミュージックの現場の最前線をコンパイルし、哀愁系ダンスミュージックコンピレーションと仕上げた。

ジャスティン・ビーバー、アリアナ・グランデ、アヴィーチー、ゼッド、DJスネイクをはじめ、国内でも大ヒットを飛ばし、すでにフロアアンセムと化している世界的アーティストの楽曲はもちろん、CTSのインスト未発表曲「DNA」、代表曲である「NO REASON」等のスクエアエディット、動画再生サイトにて約1億回再生を誇るジョナス・ブルーの大ヒット曲「パーフェクト・ストレンジャーズ」のCTS Remix等、計20曲を収録予定だ。

SQUAREは12月2日(金)に日比谷・銀座CLUB DIANAにてプレリリースパーティー、12月16日(金)新木場ageHaにてリリースパーティーの実施も予定しており、詳細は近日発表予定。

また同日12月16日のデイタイムにはZepp Tokyoにて『SAYONARA TWILIGHT ?未来への帰還-』と題したCTSのワンマンライヴも発表されている。こちらもぜひチェックして会場に足を運んでみよう。

■【スクエア(from CTS) コメント】

もし今同じ瞬間(とき)を生きてゆける奇跡があるなら
夜を越えて朝の中へ探しにゆくよ
光と影 キラリカナタ 手を繋ぐよ

ラストのKIRALI KANATAのこのフレーズまで、
1時間のスクエアワールドを楽しんで頂けたら本望です

■配信アルバム『「SQUARE WORLD」 mixed by SQUARE from CTS』

2016年12月9日配信
¥1,200
<収録曲>
01 CTS - Lady (Square Edit)
02 Justin Bieber - Sorry
03 DJ Snake - Let Me Love You feat. Justin Bieber
04 Sigma - Nobody To Love
05 CTS - 天真爛漫Days
06 Jonas Blue - Perfect Strangers (CTS Remix)
07 AXWELL INGROSSO - Thinking About You
08 Tiesto & Oliver Heldens - The Right Song feat. Natalie La Rose (Mike Williams Remix)
09 Ariana Grande & Weeknd - Love Me Harder (Gregor Salto Amsterdam Remix)
10 DJ Snake - Propaganda (TJR & Nom De Strip Remix )
11 CTS - 唯我独尊ONLY ONE (ZROQ Remix)
12 Tiesto & KSHMR - Secrets feat. Vassy
13 CTS - DNA
14 Zedd - Beautiful Now feat. Jon Bellion
15 Alesso - I Wanna Know (Alesso & Deniz Koyu Remix)
16 CTS - Love the past, Play the future (Square 2016 Edit)
17 CTS - No Reason (Square×Bapjap Full Vocal Remix)
18 Swedish House Mafia - Don\'t You Worry Child feat. John Martin
19 Avicii - City Lights
20 CTS - KIRALIKANATA (Square Winter Edit)

■【ライヴ情報】

DIANA COLLECTION × 「SQUARE WORLD」mixed by SQUARE from CTS pre Release Party
12月02日(水) 日比谷・銀座CLUB DIANA
CTSワンマンライブ「SAYONARA TWILIGHT -未来への帰還-」
12月16日(金) Zepp Tokyo
『SQUARE WORLD』 mixed by SQUARE from CTS Release Party
12月16日(金) 新木場ageHa

【関連リンク】
CTS オフィシャルHP
新木場・ageHaにて今年も日本最大級のハロウィンイベント開催!
CTS、初のワンマンライブが大盛況
CTS、映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』の本編を使用した主題歌MVを一部解禁

【関連アーティスト】
CTS
【ジャンル】
ダンス/ハウス/テクノ

布袋寅泰、全国ホールツアーのNHKホール公演2DAYSにズッケロがSPゲスト出演
Tue, 15 Nov 2016 20:00:00 +0900
布袋寅泰 (okmusic UP\'s)

布袋寅泰が、35周年ホールツアーファイナルのNHKホール2DAYSにズッケロをスペシャルゲストとして迎えることが決定した。

【その他の画像】布袋寅泰

国境を越えた2人の交友は、布袋がズッケロの最新アルバム『Black Cat』の収録曲「Ti Voglio Sposare feat. Tomoyasu Hotei」に参加したことがきっかけだった。イタリアとイギリスのロックファンを唸らせた2人の競演は、ツアーファイナルを華やかに飾るスペシャルなプレゼントになるだろう。

また、オフィシャルHPでは、35周年アニバーサリーの最終プロジェクト『【BEAT 8】Climax Emotions 〜35 Songs from 1981-2016〜』の開催に向け、対象楽曲を一覧できるスペシャルコンテンツ『HOTEI\'s All Songs from 1981-2016』が公開中。『BEAT 8』公演では膨大な楽曲の中から布袋が35曲を厳選し、自身のヒストリーをひとつのステージで表現する。ぜひサイトをチェックして、自身のヒストリーと照らし合わせて最終プロジェクトに参加してほしい。

■『HOTEI\'s All Songs from 1981-2016』
http://35th.hotei.com/songlist/

■アルバム『51 Emotions -the best for the future-』

発売中
【初回限定盤】(3CD+DVD)
TYCT-69103/¥5,000+税
【通常盤】(3CD)
TYCT-60081/3/¥3,500+税
<収録曲>
■Disc 1 Beat
01.バンビーナ
02.8 BEATのシルエット
03.BEAT EMOTION
04.サイバーシティーは眠らない
05.POISON
06.STILL ALIVE
07.DIVING WITH MY CAR
08.NOCTURNE No.9
09.スリル
10.CAPTAIN ROCK
11.CHANGE YOURSELF!
12.風の銀河へ
13 .CIRCUS
14.Don\'t Give Up!
15.RUSSIAN ROULETTE
16.IDENTITY
17.嵐が丘
■Disc 2 Heart
01.LONELY★WILD
02.さらば青春の光
03.YOU
04.ラストシーン
05.PROMISE
06.SURRENDER
07.NOBODY IS PERFECT
08.Come Rain Come Shine
09.DANCING WITH THE MOONLIGHT
10.命は燃やしつくすためのもの
11.BORN TO BE FREE
12.ESCAPE
13.GLORIOUS DAYS
14.FLY INTO YOUR DREAM
15.DEAR MY LOVE
■Disc 3 Dream
01.Battle Without Honor or Humanity
02.STARMAN
03.テレグラム・サム
04.C\'MON EVERYBODY
05.ミッション:インポッシブルのテーマ
06.IMMIGRANT SONG
07.MATERIALS
08.How the Cookie Crumbles (Feat.Iggy Pop)
09.BACK STREETS OF TOKYO
10.TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-
11.HOWLING
12.MIRROR BALL
13.Departure
14.VELVET KISS
15.BE MY BABY(Live from Budokan 2011.02.01)
16.BAD FEELING(Live from London at Roundhouse 2012.12.18)
17.NO.NEW YORK(Live from Takasaki clubFleez 2016.03.05)
18.Dreamin\'(Live from Guitarhythm Live 2016.04.07)
19.GUITAR LOVES YOU
■DVD(初回限定盤付属)
【BEAT 1】〜すべてはライブハウスから〜
IMAGE DOWN(高崎clubFLEEZ)
BAD FEELING(高崎clubFLEEZ)
New Chemical(名古屋E.L.L.)
SPHINX(名古屋E.L.L.)
HOWLING(京都磔磔)
やるだけやっちまえ!(京都磔磔)
バンビーナ(京都磔磔)
RUSSIAN ROULETTE(京都磔磔)
DANCE CRAZE(高崎clubFLEEZ)
【MUSIC VIDEO】
8 BEATのシルエット

■【ライヴ情報】

布袋寅泰 35th ANNIVERSARY 『8 BEATのシルエット』【BEAT 7】Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜
11月18日(金) 山形 南陽市文化会館 大ホール
11月20日(日) 宮城 仙台サンプラザホール
11月23日(水祝) 神奈川 相模女子大学グリーンホール
11月25日(金) 兵庫 たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール 大ホール
11月27日(日) 長野 長野 サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)
11月30日(水) 東京 NHKホール
12月01日(木) 東京 NHKホール
※終了分は割愛

布袋寅泰 35th ANNIVERSARY 『8 BEATのシルエット』【BEAT 8】Climax Emotions 〜35 Songs from 1981-2016〜
12月22日(木) 愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
12月25日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
12月30日(金) 東京 日本武道館

【関連リンク】
布袋寅泰 オフィシャルHP
布袋寅泰、ソロデビュー再現GIGSを完全収録した映像作品のダイジェスト公開
布袋寅泰、ロンドン・ロイヤル・アルバート・ホールでズッケロと3度目の共演が実現
布袋寅泰、1988年のソロデビューライヴを再現した「MATERIALS」公開

【関連アーティスト】
布袋寅泰, Zucchero
【ジャンル】
ジャパニーズロック

天野月、デビュー15周年最終企画で初のアナログレコードBOXをリリース
Tue, 15 Nov 2016 19:00:00 +0900
天野月 (okmusic UP\'s)

天野月が11月12日&13日に下北沢GARDENにて開催した、ニューアルバム『ビューティフル・デイズ−前編−』のリリース記念ライヴにおいて、本人初となるアナログレコードの発売を発表した。

【その他の画像】天野月

内容は天野月子名義でポニーキャニオンに残した4枚のオリジナルアルバムと、現在入手困難な、2006年に5作同時に発売されたシングルを1枚のLPに収録したボーナスディスクを含む計8枚組の豪華BOX。しかもBOXのジャケットは天野本人による新たな書き下ろしで、新たにハイレゾ用にリマスターされた音源をカッティングに使用したファン必携のアイテムとなっている。

現在レコードプレーヤーを所持していないらしい天野も「最近かわいいプレーヤーも多いんで私も買います。部屋に飾りたいので2セットかな?」とステージで盛り上がっていた様子。

販売はメーカー通販のみで予約限定生産となるため、早めにご予約を!

■LP BOX『TSUKIKO AMANO 15th ANNIVERSARY RECORD BOX』販売特設ページ
http://ps.ponycanyon.co.jp/amano-tsukiko/

■LP BOX『TSUKIKO AMANO 15th ANNIVERSARY RECORD BOX』

『Sharon Stones』『Meg Lion』『天龍』『A MOON CHILD IN THE SKY』の4作に加えて、ボーナスディスクとしてシングル「烏」「梟」「ウタカタ」「風船」「混沌−chaos−」5作をカップリングを含めて1枚のLPにまとめて封入した計8枚組。

予約受付:2016年11月12日〜201年1月10日締切予定
お届け:2017年3月01日予定
¥20,000+税
<収録楽曲>
■Sharon Stones(2枚組)
・Disc 1
-Side A-
A1.菩提樹
A2.Treasure
A3.B.G.〜Black Guitar+Berry Garden〜
-Side B-
B1.HONEY?
B2.スナイパー
B3.青紫
・Disc 2
-Side A-
A1.刺青
A2.Butter Fingers
A3.ロビン
-Side B-
B1.箱庭 〜ミニチュアガーデン〜(Sharon Mix)
B2.カメリア
B3.箱舟
■Meg Lion
・Disc 3
-Side A-
A1.人形(Meg Mix)
A2.日曜日
A3.ダンデライオン
A4.時計台の鐘
A5.羊
-Side B-
B1.銀猫
B2.ライオン
B3.pigeon
B4.トムパンクス
B5.クレマチス
■天龍(2枚組)
・Disc 4
-Side A-
A1.劔
A2.鮫
A3.恋
-Side B-
B1.骨
B2.龍
B3.天
・Disc 5
-Side A-
A1.蝶
A2.月
A3.虹
-Side B-
B1.轍
B2.枳
■A MOON CHILD IN THE SKY(2枚組)
・Disc 6
-Side A-
A1.A MOON CHILD IN THE SKY
A2.Devil Flamingo
A3.JOKER JOE
A4.イデア (A Moon Child mix)
-Side B-
B1.Stone
B2.翡翠 (A Moon Child type)
B3.1/2 -a half-
・Disc 7
-Side A-
A1.聲
A2.砂糖水
A3.パレード
-Side B-
B1.博士と孔雀
B2.花冠
B3.体操
■BONUS DISC
・Disc 8 
1.烏
2.梟
3.ウタカタ
4.風船
5.混沌 -chaos-
6.硝子
7.国道
8.ウララカ
9.光線
10.かぼす
※収録曲順未定

【関連リンク】
天野月 オフィシャルBLOG
天野月、本人直筆イラストも使用したニューアルバム全曲ダイジェスト公開
天野月、11月にミニアルバム『ビューティフル・デイズ -前編-』をリリース
天野月、「インビジブル」MV(short ver.)が公開へ

【関連アーティスト】
天野月
【ジャンル】
ジャパニーズロック

日食なつこ、カフェツアーファイナルのドキュメント&インタビュームービー公開
Tue, 15 Nov 2016 18:00:00 +0900
カフェツアー「遊泳喫茶」 (okmusic UP\'s)

日食なつこがカフェワンマンツアー『遊泳喫茶』の最終公演のショートドキュメントとインタビュームービーを公開した。

【その他の画像】日食なつこ

『遊泳喫茶』は日食自らが初企画したもので、2016年9月〜11月の2ヶ月にわたり開催。発表直後に各会場ほぼ完売となった。 同動画では、そんなツアーファイナルのライヴ映像とともに「なぜカフェツアーをこのタイミングで企画したのか?」の理由や 「カフェツアー回顧」が本人の言葉で語られている。

来年1月11日にはミニアルバム『逆鱗マニア』をリリースする日食なつこ。カフェツアーとは180度異なる華々しく豪勢な楽しさを詰め込んだワンマンツアー『マニアたちの親睦会ツアー』も要注目だ。

■『遊泳喫茶』ファイナルショートドキュメント&インタビュー
https://youtu.be/SDLzeMRDHVQ

■ミニアルバム『逆鱗マニア』

2017年1月11日発売
272-LDKCD/¥2,000+税
全8曲収録予定

■『日食なつこワンマンツアー2017「マニアたちの親睦会ツアー」』

1月21日(土) 札幌 渡辺淳一文学館
1月28日(土) 福岡 LIV LABO
2月04日(土) 大阪 梅田クラブクアトロ
2月05日(日) 名古屋 UPSET
2月11日(土) 岩手 盛岡CHANGE WAVE
2月12日(日) 宮城 仙台MACANA
2月19日(日) 東京 キネマ倶楽部
※全会場着席予定(一部スタンディングの可能性あり)

【関連リンク】
日食なつこ オフィシャルHP
日食なつこ、自身初となる全国カフェライブワンマンツアーの開催を発表
日食なつこ、地元デパートへの想いを綴った新曲「あのデパート」MV公開
ENTHRALLS、4月開催の自主イベントに日食なつこ等の3組が出演決定

【関連アーティスト】
日食なつこ
【ジャンル】
J-POP

マイケル・ジャクソンの極めつけディスコヒット5曲
Tue, 15 Nov 2016 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

マイケル・ジャクソンの40年に及ぶ音楽生活の中から、ディスコでヒットした作品をピックアップ

【その他の画像】Michael Jackson

■ディスコファンには『オフ・ザ・ウォール』と『スリラー』が双璧

マイケル・ジャクソンの全般の活動については、ここで述べるまでもないと思うので、ディスコヒットを連発していた70年代の終わりから80年代中頃までに焦点を絞って紹介してみよう。

マイケルの輝かしいソロ活動は、79年にリリースされた『オフ・ザ・ウォール』から始まると言ってもいいだろう。名義上のソロアルバムとしては5作目に当たるのだが、それまでの作品はヴォーカリストとしての企画盤のような傾向があるのに対し、『オフ・ザ・ウォール』からプロデューサーのクインシー・ジョーンズとタッグを組み、オリジナル曲も含んだ本当の意味でのソロアルバムを作るようになる。このアルバムはチャートで3位となり、800万枚以上を売上げただけでなく、ディスコでも爆発的な人気を得る。

本作からのシングルリリースは、本人の作詞作曲になる「Don’t Stop ‘Til You Get Enough」と名ソングライターであるロッド・テンパートンが書いた「Rock With You」がチャート1位に、「Off The Wall」と「She’s Out Of My Life」が10位であった。1枚のアルバムから4曲ものベストテンヒットを生む異例の結果となり、ここから彼が亡くなるまでの間、稀代のトップアーティストとして走り続けることになる。

『オフ・ザ・ウォール』に続いて82年にリリースされたのが、アメリカ音楽史上でもっとも売れたアルバムと言われる『スリラー』だ。前作と本作の間には、デジタル録音やMTVの登場があり、ポピュラー音楽が大変革していた時期と重なる。マイケルとクインシーの先読みと仕掛けはまさにプロフェッショナルの仕事だと言えるだろう。

本作にはディスコファンには説明がいらないぐらい有名な3曲が収録されている。まずはマイケルがムーンウォークを初披露した「Billie Jean」(1位)、エドワード・ヴァン・ヘイレンがギターを担当した「Beat It」(1位)、PVの在り方に革命を起こした「Thriller」(4位)で、どれもディスコファンには忘れられない曲である。少し間はあくが、87年にリリースされた『Bad』に収録されたタイトルトラック(1位)も、ディスコファンにはお馴染の曲だが、ディスコ時代のマイケルというと、やはり『オフ・ザ・ウォール』と『スリラー』の2枚がしっくりくる。

さて、それでは、マイケル・ジャクソンの極めつけディスコヒットを5曲セレクトしてみよう。

■「Don’t Stop ‘Til You Get Enough」(‘79)

不穏なルイス・ジョンソンのベースから始まるが、一転してめくるめくストリングスが登場、まさにディスコ全盛期のサウンドで包まれる。マイケルは全編ファルセットで通し、ヴォーカルというよりはリズムセクションの一員になったようで、リズムのメリハリを巧みに付けている。この曲こそ、ソウルでもファンクでもない新たな黒人音楽を提示してみせたマイケルの真骨頂がある。彼のヴォーカルはホーンセクションよりもパーカッシブで、そのキレは彼の踊りを彷彿させるようだ。バックは泣く子も黙る凄腕が勢揃いのクインシー・ジョーンズ・ファミリーが受け持っている。

■「Rock With You」(‘79)

ギターのカッティング、シンセサイザー、ストリングス、ホーンセクション、テンポなど、全てがディスコで踊らせるために計算された曲だと思う。ヴォーカルも演奏も冷静で、決して熱くならない。このクールさこそがディスコで熱狂を呼んだサウンドなのだ。お笑い芸人が自分のネタで自ら笑ってしまったら興ざめするように、ディスコで踊らせるためには演奏者が熱くなってはいけない。これはディスコ音楽についてのクインシー・ジョーンズの美学なのかもしれないが正解だろう。ある意味で、ジェームス・ブラウンのファンクとは対極にある音楽だと言える。

■「Billie Jean」(‘82)

レオン・チャンクラーとルイス・ジョンソンがリズムセクションを担当した80年代らしいサウンドを持ったディスコナンバー。リズムはシンプルで、単調なフレーズが延々と続くところがダンスにはもってこいだ。基本は人力で演奏しているが、打ち込みも導入しつつデジタルっぽく見せた演奏だ。聴覚のすぐれたクインシーは、この時点ではまだリズムマシーンを全面的には信頼してなかったのだろうと思う。この曲はマイケル自身が書いていて、メロディーが秀逸なので、踊らずに聴くだけでも引き込まれる強みがある。彼の全キャリアの中でも間違いなくトップにランクされる曲だ。当時、ムーンウォークを初めて披露したのがこの曲だということで大きな話題となった。

■「Beat It」(‘82)

当時流行していたアメリカンハードロックとR&Bを混ぜ合わせた、少しキワモノ的なダンスナンバー。これもマイケルの作詞作曲で、ディスコでは大いに受けた。特にゲストで参加したエドワード・ヴァン・ヘイレンのリードギターは踊りを激しくさせる要素があり、この曲のヒット以降はヴァン・ヘイレンの曲もディスコでローテーション化されていた。当時、大人のディスコファンからは「ちょっとロックし過ぎじゃない?」との声もあったが、マイケルが出す曲ならなんでも売れた時代であった。他にトトのジェフ・ポーカロ、スティーブ・ルカサーらがバックを務めている。

■「Thriller」(’82)

MTVの登場によってPV垂れ流しがスタートした時代、この曲のPVは14分弱もあり、まるでミュージカル映画のような仕上がりであった。PVの革命を起こしたことでも忘れられないナンバーだ。ディスコではPVのようなゾンビダンスが世界中で大流行、マイケルの人気は不動のものとなる。ここでの演奏はシンセサイザーを中心に、ギターとホーン以外はほとんど打ち込みで仕上げられている。アルバム『スリラー』は史上もっとも売れたアルバムとしてギネス認定されており、1984年のグラミーでは8部門受賞という栄誉に輝いている。僕は、楽曲としては、3)や4)には劣ると思うけど、ディスコでのヘビーローテーション度合いを考えると、やっぱり代表曲として上げざるを得ない。

【関連リンク】
祝・『水曜どうでしょう』20周年! 番組内で大泉洋が歌っていたあんな曲こんな曲
マイケル・ジャクソン、『オフ・ザ・ウォール』DXエディション国内盤が3月9日に発売決定
キング・オブ・ポップも骨太ロックも!1980年代グラミー賞受賞、今なお輝き続けるおすすめ楽曲TOP5
マイケル・ジャクソン、アルバム『オフ・ザ・ウォール』DXエディションが発売決定

【関連アーティスト】
Michael Jackson
【ジャンル】


METAFIVE、11月18日OAの『スッキリ!!』で地上波初生パフォーマンス!
Tue, 15 Nov 2016 17:00:00 +0900
METAFIVE (okmusic UP\'s)

METAFIVE(高橋幸宏 × 小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)が11月18日(金)放送の日本テレビ『スッキリ!!』に出演し、地上波初生パフォーマンスを披露することがわかった。

【その他の画像】LEO今井

高橋幸宏が地上波生放送で歌唱するのは実に約20年ぶり。 最新ミニアルバム『METAHALF』から、表題曲である「Musical Chairs」を演奏予定とのことなので、ぜひチェックしてほしい。

また、11月30日(水)の広島クラブクアトロを皮切りに、大阪、東京、札幌と『WINTER LIVE 2016』を開催することも決定している。こちらも見逃せないライヴになることは間違いない。

■【メディア情報】

日本テレビ系『スッキリ!!』
11月18日(金)8:00〜10:25
※生放送のため、急きょ放送内容が変更となる可能性がございます。予めご了承ください。
■詳細はこちら
http://www.ntv.co.jp/sukkiri/

■『WINTER LIVE 2016』

11月30日(水) 広島 クラブクアトロ
12月01日(木) 大阪 なんばHatch
12月03日(土) 東京 ZEPP DiverCity
12月05日(月) 札幌 ペニーレーン24
12月06日(火) 札幌 ペニーレーン24

■ミニアルバム『METAHALF』

発売中
WPCL-12456/¥1,800+税
<収録曲>
1. Musical Chairs
2. Chemical
3. Egochin
4. Peach Pie
5. Submarine

【関連リンク】
METAFIVE 特設サイト
METAFIVE、ミニアルバム収録曲「Chemical」のスタジオライヴを公開

【関連アーティスト】
LEO今井, TOWA TEI, 砂原良徳, 高橋幸宏, 権藤知彦, 小山田圭吾, METAFIVE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

ハルカトミユキ、アンセム「ニュートンの林檎」ライヴ映像公開
Tue, 15 Nov 2016 16:30:00 +0900
「ニュートンの林檎」LIVE映像 (okmusic UP\'s)

2012年11月14日に1st e.p.「虚言者が夜明けを告げる。僕たちが、いつまでも黙っていると思うな。」でインディーズからデビューしたハルカトミユキが、活動5年目に突入した11月14日に、初期からのライブ必殺曲でもある「ニュートンの林檎」のライブ映像を公開した。

【その他の画像】ハルカトミユキ

これは1年に及んだ47都道府県ツアーのファイナル・日比谷野外大音楽堂公演の模様を切り取ったもので、見開いた目で「勝てないお前が悪い/勝てない私が悪い」と連呼しギターを掻き鳴らすパフォーマンスにオーディエンスが応えるという映像が印象的だ。

現在発表されている次のツアーは、5周年イヤー記念として2017年2月東名阪で開催。チケットの先行予約は11月16日まで受け付けているので、彼女達の真骨頂でもあるグサリと心に突き刺さる言葉と、疾走感あるエッジーなサウンドをぜひ体感してほしい。

映像公開と同時に、ハルカトミユキのオフィシャルサイトには、5年目突入に向けてメッセージが掲載された。もがき走り続けながらタフになってきた2人から、これからも目が離せない。

■「ニュートンの林檎」(2016.09.24@日比谷野外大音楽堂 LIVE ver.)
https://youtu.be/TD0c3-iu3XA

■【ハルカトミユキ コメント】

この4年間、ハルカトミユキは紛れもなく私たちが生きる意味でした。
だからこそ、苦しくて、憎らしくて、突き放したくなって、でもできなくて、愛していた。
そして、5年目も、ハルカトミユキは私たちの生きる意味です。
"+5 Anniversery”につけられた「+」は、
もっと前へ、さらに先へ、そういう想いが込められています。
今まで以上に歌を届けられるよう頑張っていきます。どうか一緒に歩んでください。
今までありがとう。これからもありがとう。
愛と、感謝と、棘を込めて。
(オフィシャルHPより一部抜粋)

■『HARUKATOMIYUKI +5th ANNIVERSARY TOUR 2017』

2月16日(木) 東京 池袋マンホール
2月18日(土) 名古屋 SPADE BOX
2月19日(日) 大阪 心斎橋BIGCAT
2月25日(土) 東京 赤坂BLITZ
※6歳未満入場不可/6歳以上チケット必要

【関連リンク】
ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカトミユキ、47都道府県ツアーファイナルから「奇跡を祈ることはもうしない」ライヴ映像公開
ハルカトミユキ、感動の47都道府県ツアーファイナルで5周年ツアーの開催を発表
ハルカトミユキ、絶大な支持を得ている「Pain」のスタジオライヴ映像公開

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

TOKYO RECORDS、リリース第一弾としてリバイバル作『和音』2タイトル同時発売!
Tue, 15 Nov 2016 16:00:00 +0900
アルバム『和音-Mixed by MURO』 (okmusic UP\'s)

先日レーベル立ち上げが発表されたTOKYO RECORDSから、リリース第一弾として旧譜のリバイバル作品『和音』の2タイトルが11月16日(水)に発売される。

【その他の画像】MURO

同作はKING OF DIGGIN’・MUROとレコード番長の須永辰緒による和モノMIX CDとなっており、それぞれが独自の知識とセンスで、時代が経っても色褪せない日本の楽曲の聴き方を再提案。楽曲配信が普及したこの時代でもアルバム1枚を通じて聴いてもらえる内容となっており、現状では配信でのリリースはなく、CDのみの発売となる。

また、『和音』の発売に合わせて両タイトルのダイジェスト動画が公開されたので、気になる方はチェックしてみてほしい。

■アルバム『和音-Mixed by MURO』ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=fbdry39zoL0

■和音 A Tatsuo Sunaga Live Mix
https://www.youtube.com/watch?v=0wpXF7WZhUo

■アルバム『和音-Mixed by MURO』

2016年11月16日(水)発売
TYOR-0001/¥2,222+税
<収録曲>
1.STAGE LIGHT / 大上留利子
2.SEXY WOMAN / 大上留利子
3.TYPHOON LADY / 大上留利子
4.スウィート・ドリーマー(SWEET DREAMER) / 大上留利子
5.SAKANA ON PARADE / 大上留利子
6.恋のブギウギトレイン / アン・ルイス
7.LOVE MAGIC / アン・ルイス
8.ALONE IN THE DARK / アン・ルイス
9.THINK PINK / アン・ルイス
10.おもいのこし / 桑江知子
11.RUN AWAY / 桑江知子
12.ISLAND WOMAN / 桑江知子
13.ひげのおまわりさん / アップルズ
14.LOVE IN THEM THERE HILLS / アップルズ
15.ブレイクダウン / 小柳ルミ子
16.さよなら芝居 小柳ルミ子
17.ひとり旅 / いしだあゆみ
18.バイバイジェット / いしだあゆみ
19.私自身 / いしだあゆみ
20.ミスター・スモウク (BERNARD SONG) / 大滝裕子
21.恋のウォーミングアップ / 大滝裕子
22.クレイジーマン / 大滝裕子

■アルバム『和音-A Tatsuo Sunaga Live Mix』

2016年11月16日(水)発売
TYOR-0002/¥2,222+税
<収録曲>
1.うそ / 中条きよし
2.知らなかったの / 伊東ゆかり
3.ガジュマルの下で / bless 4
4.まちぶせ / 石川ひとみ
5.木綿のハンカチーフ / 太田裕美
6.星に願いを / アグネス・チャン
7.白い砂の少女 / 加山雄三
8.さらばシベリア鉄道 / 太田裕美
9.赤道小町・ドキ! / 山下久美子
10.暑中お見舞い申し上げます / キャンディーズ
11.気になる17才 / あいざき進也
12.Skit(SE)  
13.空港 / テレサ・テン
14.三枚の写真 / 三木聖子
15.マンボバカン / ゴールデンハーフ
16.微笑がえし / キャンディーズ
17.私のハートはストップモーション / 桑江知子
18.君は薔薇より美しい / 布施明
19.ふたりの日曜日 / 天地真理
20.好きよキャプテン / ザ・リリーズ
21.青い麦 / 伊丹幸雄
22.冬のリヴィエラ / 森進一

【関連リンク】
TOKYO RECORDS オフィシャルHP
新レーベル・TOKYO RECORDS設立&リリース開始
在日ファンク、「場」のMURO REMIX&シングル「ぜいたく」7インチが同時リリース決定
“King Of Diggin’”MUROのアニメ・特撮MIX収録内容解禁、タワレコ特典にオリジナル7インチ

【関連アーティスト】
MURO, 須永辰緒
【ジャンル】
J-POP

GENERATIONS from EXILE TRIBE、自身初の単独アリーナツアーが早くもDVD&Blu-ray化
Tue, 15 Nov 2016 15:30:00 +0900
GENERATIONS (okmusic UP\'s)

GENERATIONS from EXILE TRIBE初の単独アリーナツアー『GENERATIONS LIVE TOUR 2016 “SPEEDSTER”』のパッケージ化が決定! 12月28日にDVD&Blu-rayにてリリースされる。

【その他の画像】GENERATIONS from EXILE TRIBE

今回のツアーは今年の4月からスタートしており、現在も追加公演を開催中で、12月25日までの公演を予定している。そんなツアーファイナル3日後のリリースとなる本作品は、熱狂や興奮を超最速で手に取れるという事になる!

オリコンシングルランキング1位を獲得したシングル「涙」を始め、「AGEHA」「ALL FOR YOU」「Evergreen」「Hard Knock Days」と誰もが耳馴染みのあるヒット曲が満載のライブの模様を豪華に全編収録する本作品。ソールドアウトとなった6月22日・23日に開催した日本ガイシホールでのライブの模様をフルボリュームで収録している。

また、DISC2にはツアー開始前からの舞台裏を完全密着したスペシャルドキュメントムービーが収録されており、メンバーのツアーへの熱い思い、メンバー同士の中の良さや団結力、さらには素顔がわかるオフショットが収められている。さらに、DVD&Blu-ray Discの初回盤にはライブの模様を完全に撮り下ろししたスペシャルフォトブック付き豪華スリーブ仕様が付いてくる。

■DVD&Blu-ray『GENERATIONS LIVE TOUR 2016 “SPEEDSTER”』

2016年12月28日発売
【初回生産限定盤 DVD】(2DVD)
RZBD-86253〜4/¥5,980+税
※フォトブック+スリーブ仕様
【通常盤 DVD】(2DVD)
RZBD-86257〜8/¥4,980+税
【初回生産限定盤 Blu-ray】(2Blu-ray)
RZXD-86255〜6/¥6,980+税
※フォトブック+スリーブ仕様
【通常盤 Blu-ray】(2Blu-ray)
RZXD-86259〜60/¥5,980+税
<収録内容>
■DISC1
ライヴ本編
■DISC2
ドキュメント映像

◎収録内容はDVD/Blu-ray Disc4形態共通です。
◎全形態スマプラ対応

<特典情報>
■オフィシャルmobile/EX FAMILY 限定特典
チェンジングフォトカード
(全4形態の中からいずれか1枚をお買い上げで1枚プレゼント)
■全国CDショップ共通特典
オリジナルステッカーシート
(全4形態の中からいずれか1枚をお買い上げで1枚プレゼント!)
■対象店舗
全国CDショップ、ECサイト
※一部取扱いのない店舗、ECサイトがございますので、ご購入の際に必ずお確かめください。
※先着特典となります。数には限りがございますのでご注意ください。

【関連リンク】
GENERATIONS from EXILE TRIBE オフィシャルHP
GENERATIONS from EXILE TRIBEが被災地、熊本・南阿蘇村中学校でダンスの授業開催
「a-nation island 2016 powered by dTV」開幕!HONEST BOYZ(R)初披露など豪華コラボの連発!
GENERATIONS、初めて“踊らない”至極のバラードの新曲MVを公開

【関連アーティスト】
GENERATIONS from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP

mol-74、2017年1月より初のアコースティックツアーを開催
Tue, 15 Nov 2016 15:00:00 +0900
11月13日@東京・六本木SuperDeluxe (okmusic UP\'s)

mol-74が11月13日に東京・六本木SuperDeluxeにて「kanki」リリースツアーのファイナルを大盛況で締め括った。

【その他の画像】mol-74

ライブ中には初のアコースティックライブツアー「mol-74 acoustic one-man live」を彼らの活動拠点である京都と東京の2カ所で行なうことを発表。ツアーは2017年1月22日 京都SOLE CAF?、1月29日 下北沢440にて開催されるとのこと。なおオフィシャルHPでは11月13日から11月20日まで先行予約の受付が実施されているので、気になる方は是非チェックしてみよう。

Photo by MASANORI FUJIKAWA

■「mol-74 acoustic one-man live」

1月22日(土) 京都SOLE CAF?
1月29日(日) 下北沢440 OPEN

【関連リンク】
mol-74 オフィシャルHP
mol-74、新曲「%」MV公開&リリースツアーの対バン2組が決定
mol-74、ミニアルバム発売&ツアー開催決定
mol-74、自主ライブイベントのゲストを発表

【関連アーティスト】
mol-74
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

ガガガSPの「くそくらえ節」がSpotifyのCMソングに決定
Tue, 15 Nov 2016 14:30:00 +0900
ガガガSP (okmusic UP\'s)

バンド結成20周年イヤーを控えるガガガSPが、11月15日より世界最大級の音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」のCMソングを担当することがわかった。

【その他の画像】ガガガSP

CMソングは、Punk Rock、TECHNO、 HIP HOP、METAL、R&Bの5ジャンルが起用されており、ガガガSPは「Punk Rock」カテゴリを担当。「くそくらえ節」 を提供している。

今年12月からバンド結成20周年イヤーへ突入する事を記念し“完全ワンマンライヴ”として デビュー以来、地元神戸にて開催しているファンの間では年末を締めくくる一大イベントである『長田行進曲』を控えるガガガSP。彼らが歩み出す、結成20周年イヤーの幕開けを刮目せよ。

■Spotify Japan 「キミの新しい音楽:パンクと吉川篇」
https://youtu.be/KXSy10MmCBA

■ワンマンライブ「長田行進曲2016」 ガガガSP20年目! 独演会 〜二十歳の毒舌〜

12月17日(土) 兵庫 神戸Harbor Studio
開場18:00 / 開演19:00

【関連リンク】
ガガガSP オフィシャルHP
ガガガSP、20周年記念ワンマンを12月に地元・神戸にて開催!
ガガガSP、元祖インディーズイベント「SET YOU FREE」とのスプリットツアーを開催
ガガガSP、デビュー15周年を飾るワンマンツアーが決定

【関連アーティスト】
ガガガSP
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

ハロウィン、カイ・ハンセンとマイケル・キスク含む総勢7人でワールドツアー開催を発表
Tue, 15 Nov 2016 14:00:00 +0900
『PUMPKINS UNITED World Tour 2017 / 2018』 (okmusic UP\'s)

1985年のデビュー以来、祖国ドイツのみならず世界中のヘヴィ・メタル・ファンを熱狂させてきたバンド、ハロウィンがかつて在籍した元メンバーのカイ・ハンセンとマイケル・キスクが期間限定で復帰し、5人の現メンバーとともに総勢7人で2017年よりワールド・ツアー『パンプキンズ・ユナイテッド』を行なうという衝撃のプランを発表した!

【その他の画像】Helloween

ハロウィンのオリジナル・ギタリスト兼シンガーであるカイ・ハンセン。1989年のバンド脱退後はガンマ・レイを結成し、そのカリスマ性を持って今でもシーンで活躍中だ。一方のマイケル・キスクはカイ・ハンセンがギターに専念するために、1986年に18歳という若さでハロウィンに加入したリード・シンガー。『守護神伝』2部作などの名盤をメタル史に残すも1993年のツアーを最後に脱退し、最近はカイと共にユニソニックというバンドで活動している。

結成から現在に至るまでハロウィンを支え続けるギタリストのマイケル・ヴァイカートは『パンプキンズ・ユナイテッド』について「ハロウィンの30周年記念本『ヘルブック』の製作で、初めて俺たちが達成してきたことを実感したと同時に、これまで俺たちのストーリーがほとんど語られてなかったとも思った」と、マイケル・キスクは「ユニソニックとしてハロウィンの曲を歌うことは完全に回想だったけれど、オリジナル・ラインナップと現シンガーであるアンディ(・デリス)とでロックすることは、とてつもなく特別なものになるだろう。時は満ちた!」と語っている。

伝説的メタル・ミュージシャン2人が復帰してのツアーにより、ハロウィンの真なるストーリーが遂に明らかに! 現在決定している公演は、2017年10月28日のブラジルはサンパウロ公演のみ。その他の地域での公演は、これから順次決定していく予定とのこと。日本公演も期待したい!

■バンドのステイトメント全文(日本語訳)
http://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A016944/30.html
■レーベル・オフィシャルページ:
http://www.jvcmusic.co.jp/helloween/

■ツアー『PUMPKINS UNITED World Tour 2017 / 2018』告知動画
https://www.youtube.com/watch?v=Zg9ZOyDfYIA

【関連リンク】
ハロウィン オフィシャルHP
はじめてのヘヴィ・メタル! ヘヴィメタ入門編コンピレーションアルバム配信開始
<LOUD PARK 12>が10月末に開催 第1弾出演者にHELLOWEEN、STONE SOURなど8組
ハロウィン、ストラトヴァリウス超豪華カップリング・ツアー決定

【関連アーティスト】
Helloween
【ジャンル】
メタル

中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅのツーマンツアーファイナルに満員の観客が熱狂
Tue, 15 Nov 2016 13:30:00 +0900
11月14日@東京・Zepp DiverCity (okmusic UP\'s)

中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅのタッグによる東名阪ツーマンライヴツアー、中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ「〜SPECIAL DJ×LIVE ZEPP TOUR 2016〜『YSTK×KPP』」のツアーファイナル公演が、11月14日(月)に東京・Zepp DiverCityにて開催された。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

2,500人を動員し、チケットはソールドアウト。まばゆいライティングとスモークが噴射する中、中田ヤスタカがDJブースに姿を表すと、「Dancing Planet ft.VERBAL」からライヴがスタート。そして赤いワンピースのきゃりーがステージに登場し、「CANDY CANDY」を披露すると、超満員の観客は早くもヒートアップ。

きゃりーをフィーチャーしたCAPSULEのナンバー「Motor Force」、スペシャルバージョンの「PONPONPON」など、2人の化学反応はかなり鮮烈。DJパーティとライヴがミックスしたようなノンストップスタイルでショーは進む。

きゃりーはビートに乗って踊り、ときにペンライトを持って観客を煽りまくる。「きらきらキラー」では、会場全体でタオル回し。パワフルにアレンジされた「もんだいガール」など、エレクトロニックなビートで会場はダンスフロア状態となった。

インターミッションを挟んで、中田がCAPSULEの「Another World」をプレイ。きゃりーがステージに戻ると「にんじゃりばんばん」を披露。「do do pi do」では、きゃりーが扇子を持って歌い、大きなフラッグを振り回す。さらに「チェリーボンボン」を歌唱すると、会場のテンションは最高潮に。

ここで、きゃりーがバラード曲「おやすみ」を歌い、会場を心地よいムードに包む。 そして、中田は映画『何者』主題歌のソロ最新曲「NANIMONO (feat.米津玄師)」を披露。

中田ときゃりーの2人がステージに揃うと、ライヴもいよいよラストスパートへ。バキバキなサウンドの「インベーダーインベーダー」、よりダイナミックなアレンジの「ファッションモンスター」を歌唱し、フロアはハイボルテージに。

そして、2017年1月18日にリリースされる中田ときゃりーの両A面スプリットシングルから、本ツアーで初披露の「原宿いやほい」を歌唱。サビの「原宿でいやほい! とりあえずいやほい!」というフレーズに合わせて、観客はこぶしを突き上げ、大いに盛り上がりをみせてライヴ本編は終了した。

鳴り止まないアンコールに応えて、中田ときゃりーがステージに戻ると「つけまつける」を力いっぱいパフォーマンス。MCでは、きゃりーが中田に「初のツーマンツアーいかがでしたか?」と聞くと、中田は「すごくいい経験になりました」と回答。きゃりーも「こちらこそいい経験になりました。パワーアップしました!」とコメントした。

さらにきゃりーは、「今回初のツーマンツアーで、東名阪回らせてもらいました。私は、デビュー当時から今も中田ヤスタカさんの大ファンなので、ほんとにツーマンツアー超緊張してたんですけど、今日も盛り上がって、無事に3公演終えることができました。みなさんどうもありがとうございます!」と感慨深い様子。続けてきゃりーが、「中田さんとも話してたんですけど、3回じゃもったいなくないですか?」と語ると観客も大歓声。「またツーマンライブの機会があったらぜひ来てください!」と熱く声を上げた。

そして最後のナンバー「最&高」で、中田ときゃりー、そして観客が強力な一体感を生み出し、ライブは大団円で幕を閉じた。

中田ときゃりーのツーマンライヴは、2人のアーティストパワーの相乗効果で両者の新たな側面が引き出され、最高のバイブレーションを放つ、まぎれもないスペシャルな空間となった。

text by Keisuke Tsuchiya

【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ、初のアートワーク展開催! ジャケ写が動き出す!?
新木場・ageHa、"アドベンチャー"をテーマに14周年記念イベントを開催!
きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカとのダブルA面スプリット盤シングルを2017年1月にリリース
新木場・ageHaにて今年も日本最大級のハロウィンイベント開催!

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ, 中田ヤスタカ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

BURNOUT SYNDROMES、全国ツアー初日の名古屋公演で堂々のパフォーマンスを披露
Tue, 15 Nov 2016 13:00:00 +0900
11月11日@名古屋ell FITS ALL (okmusic UP\'s)

BURNOUT SYNDROMESが11月11日(金)、史上最大規模となる全国7ヵ所のツアー『ヒカリアレ 〜未来への祈りを合図に火蓋を切る〜』を名古屋ell FITS ALLよりスタートした。

【その他の画像】BURNOUT SYNDROMES

名古屋でワンマンライブを行なうのは初めてだというBURNOUT SYNDROMESだが、ツアー初日を待ちわびた大勢のファンの前で最高のパフォーマンスを見せつけた。

また、MCでは12月24日(土)と25日(日)に名古屋で行なわれる冬のロックの祭典『MERRY ROCK PARADE』への初出演が決定したことも報告し、最高潮の盛り上がりをみせた。なお同イベントの出演は12月24日を予定しているとのこと。

さらに年末には『COUNTDOWN JAPAN 16/17』への初出演も決定し、ますます勢いを増す彼らから目が離せない!

■『BURNOUT SYNDROMES 全国ワンマンツアー ヒカリアレ 〜未来への祈りを合図に火蓋を切る〜』

11月16日(水)  大阪 梅田クラブクアトロ
11月20日(日)  新潟 CLUB RIVERST
11月25日(金)  東京 渋谷クラブクアトロ
12月03日(土)  広島 BACK BEAT
12月04日(日)  福岡 Queblick
※終了分は割愛

【関連リンク】
BURNOUT SYNDROMES オフィシャルHP
BURNOUT SYNDROMES、1stアルバム『檸檬』のiTunes先行全曲視聴&予約受付中
BURNOUT SYNDROMES、『ハイキュー!!』OP「ヒカリアレ」フル配信スタート
BURNOUT SYNDROMES、新曲「ヒカリアレ」のMVにモデル・女優の武田玲奈が出演

【関連アーティスト】
BURNOUT SYNDROMES
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

lyrical schoolのウェブサイト「けやき町」がリニューアル! 隠された"秘密の仕掛け"とは!?
Tue, 15 Nov 2016 12:00:00 +0900
「けやき町」サイト画像 (okmusic UP\'s)

lyrical schoolが11月16日にリリースするメジャー1stアルバム『guidebook』。その舞台にもなっている、東京都「けやき町」 のウェブサイトがリニューアルされた。

【その他の画像】lyrical school

「けやき町」は地理的に霧がかかる日が多く、夕方には町全体が滲むように黄昏に染まる。夜も多くの街灯によって照らされていることから「光のまち」という愛称でも親しまれており、 明治時代から今日も変わらない姿で町を見守り続けている駅前広場の時計台はまちのシンボルでもある。

このウェブサイトには、lyrical schoolとのコラボレーションによる様々な仕掛けが潜んでいる。中には、アルバム1曲まるまる試聴出来てしまう仕掛けもあるとか…!? 是非ウェブサイトの隅から隅までチェックして、真相を確かめてみてほしい!

■「けやき町」ウェブサイト
http://keyakitown.com/

■アルバム『guidebook』

2016年11月16日発売
KICS-3429/¥2,500+税
<収録曲>
01.-old-(skit)
02.GOLDEN
03.プレイルーム
04. おしえて
05. DO IT NOW!(HEY!HEY!HEY!)
06.サマーファンデーション
07.-☆☆☆-(skit)
08.リリシスト
09.マジックアワー
10.恋わずわず
11.-too old-(skit)
12.ラストソング
13.RUN and RUN

【関連リンク】
lyrical school オフィシャルHP
lyrical school、DOMMUNEにてアルバム全曲フル試聴会を生放送!
リリスク、メジャー1stアルバムのSPサイトが突如オープン!?
lyrical school、メジャー1stフルアルバム『guidebook』の詳細を解禁

【関連アーティスト】
lyrical school
【ジャンル】
女性アイドル, ジャパニーズヒップホップ

伊勢正三、キャリア45周年&65thBirthdayLIVEに南こうせつがサプライズ登場
Tue, 15 Nov 2016 11:00:00 +0900
11月12日@東京かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホール (okmusic UP\'s)

伊勢正三が、そのキャリア45周年&記念すべき65歳のBirthday LIVEを11月12日に東京かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホールで開催した。

【その他の画像】かぐや姫

11月9日に初のオールタイムベストアルバム『ISE SHOZO ALL TIME BEST〜Then&Now〜』をリリースした伊勢正三。6年振りのニューアルバムにして、かぐや姫〜風〜ソロのオールタイムベストをリリースした直後のLIVEだけあり、会場は超満員の熱気に包まれていた。

オープニングで伊勢が愛用のB.Cリッチのエレキギターを抱えて登場すると会場は大歓声で迎え、風時代のロックナンバー「ほおづえをつく女」からスタートした。「置手紙」「22才の別れ」「ほんの短い夏」等のかぐや姫〜風〜ソロの大ヒット曲、代表曲が次々に演奏されていく。中盤には風休止後1980年にソロスタートを切った日本武道館LIVEで演奏して以来封印してきたソロ1stシングルの「想い出がつきない夜」を36年振りに披露するなどサプライズな選曲で会場を盛りあげた。

その他イルカのデビュー曲に提供した「あの頃の僕は」や新曲「さよなら以外に」などまさにキャリア45年のオールタイムベストといえるセットリストが続き、ラストは国民的楽曲「なごり雪」で本編が終了した。

アンコールで幕が開けると音楽家伊勢のデビューのきっかけを作った盟友の南こうせつが祝福サプライズで登場。伊勢と南で活動しているユニット「ひめ風」で「海岸通」「ペテン師」「ささやかなこの人生」「海風」等名曲を演奏。会場総立ちでクライマックスを迎えた。さらに、南こうせつの音頭で伊勢の65歳を祝うハッピーバースデーソングを会場全体で合唱し、アンコールラストの「お前だけが」まで約2時間半、全21曲で、この記念すべきスペシャルなBirthday LIVEは幕を閉じた。

年明け2017年2月4日には、大阪NHKホールで「伊勢正三ALL TIME BEST Then&Now」LIVEも開催予定で伊勢の45周年記念イヤーは来秋まで続いていく。まさに円熟味を増したベテランアーティスト伊勢正三の今後の活躍に期待大だ。

■アルバム『ISE SHOZO ALL TIME BEST〜Then&Now〜』トレーラー映像
https://youtu.be/saxT5o4crms

【関連リンク】
伊勢正三 オフィシャルHP
伊勢正三、45周年を記念して自身初のオールタイムベストアルバムの発売が決定
「徹子の部屋」武道館コンサート放送、加山雄三、近藤真彦、さだまさし、南こうせつ、森山良子、和田アキ子ら出演
普遍の愛をテーマにした新童謡アルバム『あからんくん』が完成

【関連アーティスト】
かぐや姫, 風, 南こうせつ, 伊勢正三
【ジャンル】
J-POP, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1