歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年11月11日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
桑田佳祐、年越しライブのライブ・ビューイング詳細が明らかに!
Fri, 11 Nov 2016 20:00:00 +0900
桑田佳祐 (okmusic UP\'s)

桑田佳祐の2016年の活動を締め括る『桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 〜悪戯な年の瀬〜」Supported by UCC』のライブ・ビューイングの詳細が発表された。

【その他の画像】サザンオールスターズ

11月23日(水・祝)にリリースされる桑田佳祐のニューシングル「君への手紙」の初回限定盤には、“年越しライブお楽しみ特典!"として年越しライブの最終日に開催されるライブ・ビューイングの参加応募券が封入。4日間の最終日である大晦日公演はカウントダウン公演となるが、このメモリアルなステージを全国各地のファンの方々と一緒に盛り上げるべく、全国12都市計14か所の映画館でライブ・ビューイングを開催することが決定した。

さらに、「ひとりではなくあの人と一緒に行きたい!」という要望に応え、対象作品に1枚ずつに封入される参加応募券に記載のシリアルナンバーを2つ用意すれば、2名での応募も可能。「君への手紙」初回限定盤、『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』初回限定盤、どちらに封入の参加応募券でも2名分のシリアルナンバーとして応募ができる。また、来場者にはライブ・ビューイング会場限定で“めでたいお土産"もプレゼントされるとのことなので、是非とも対象作品を手にとり、お近くの映画館で大切な人と年越しライブの興奮を味わってほしい。

■『桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 〜悪戯な年の瀬〜」』ライブ・ビューイング

日程:2016年12月31日(土)
開演21:30 ※開場時間は映画館によって異なります。
チケット代:¥3,700(税込)/めでたいお土産付

<会場一覧>
ユナイテッド・シネマ札幌(北海道)、TOHOシネマズ 仙台(宮城)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(東京)、TOHOシネマズ 新宿(東京)、横浜ブルク13(神奈川)、TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ(千葉)、TOHOシネマズ ららぽーと富士見(埼玉)、ミッドランドスクエアシネマ(愛知)、TOHOシネマズ 梅田(大阪)、TOHOシネマズ なんば(大阪)、TOHOシネマズ 二条(京都)、OSシネマズミント神戸(兵庫)、広島バルト11(広島)、T・ジョイ博多(福岡)

<応募方法>
対象商品封入の“ライブ・ビューイング参加応募券"に掲載のURLにアクセスし、受付ページに記載の手順に従ってご応募ください。
※応募締切:2016年12月4日(日)23:59

■シングル「君への手紙」

2016年11月23日(水)発売
【初回限定盤】(“君への手紙"パッケージ)
VICL-38200/¥1,296+税
【通常盤】
VICL-38201/¥1,296+税
【アナログ盤】
VIJL-61700/¥2,037+税
<収録曲> 
01. 君への手紙
※映画『金メダル男』主題歌/WOWOW開局25周年CMソング
02. 悪戯されて
03. あなたの夢を見ています
04. メンチカツ・ブルース
◎“君への手紙"パッケージ 収録内容
(1) 直筆 桑田佳祐から“君への手紙"
(2) オリジナル切手ステッカー
(3) “年越しライブお楽しみ特典!"ライブ・ビューイング参加応募券
※ライブ・ビューイング参加には別途チケット代が必要となります

【関連リンク】
サザンオールスターズ オフィシャルHP
桑田佳祐、話題の新曲「君への手紙」がWOWOW開局25周年CM曲に決定
桑田佳祐、Blu-ray&DVD『THE ROOTS』初回盤特典の“ルーツミュージック マガジン”の内容一部公開
桑田佳祐、ニューシングルは新曲4曲入りのフルボリュームに! 年越しライブビューイング、まだ諦めないで!

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ, 桑田佳祐
【ジャンル】
J-POP

ネイザン・イースト、アルバム『Reverence』日本国内盤の世界先行発売が決定!
Fri, 11 Nov 2016 19:30:00 +0900
ネイザン・イースト (okmusic UP\'s)

ネイザン・イーストが、ソロ2作目となるアルバム『レヴェランス(Reverence)』の日本国内盤を2017年1月11日(水)に世界先行発売することが決定した。

【その他の画像】NATHAN EAST

グラミー賞ノミネート作品となった、彼の名前を冠したソロデビューアルバム『Nathan East』に続く本作には、エリック・クラプトン、フィル・コリンズ、アース・ウインド&ファイアーのヴァーディン・ホワイトら、オールスターラインナップが名を連ねる。さらには、Fourplayのメンバーでギタリストのチャック・ローブ、グラミー賞受賞ゴスペルシンガーのヨランダ・アダムス、グラミー賞受賞サックス奏者のカーク・ウェイラム、アース・ウインド&ファイアーからは更にフィリップ・ベイリーとラルフ・ジョンソンの2名、『アメリカン・アイドル・シーズン2』の優勝者でR&Bシンガーのルーベン・スタッダード、さらにはネイザン・イーストの息子ノア・イーストと豪華な顔ぶれ。

アルバムはオリジナル曲のコレクションに加えて、R&B、ポップ、ロック、ジャズソングにまたがるカヴァーを収録。収録曲にはネイザン・イーストの類まれなベースの妙技とダイナミックなアレンジが魅力の「Lifecycle」、ゴスペル界の大御所ヨランダ・アダムスの美しい歌声が心に染み渡るランディ・ニューマンのカヴァー「Feels Like Home」、エリック・クラプトンとフィル・コリンズが参加したアース・ウインド&ファイアーのカヴァーで邦題「太陽の戦士」としても知られる「Serpentine Fire」、ボーカルとしてフィリップ・ベイリーをフィーチャーし、聴く者の心をしっかりと掴むアース・ウインド&ファイアーのカヴァー「Love\'s Holiday」、ヘビーなグルーブが堪らないスティーヴィー・ワンダーのカヴァー「Higher Ground」、そしてネイザンの16歳の息子ノアをフィーチャーした魂を揺さぶる演奏が魅力の「Over The Rainbow」などが収録される予定。なお、世界先行発売となる日本国内盤には、ボーナス・トラックとして2曲が追加収録される予定となっている。

今回の発表に合わせて、「Lifecycle」のティーザー動画とプレビュー動画、そして「Feels Like Home (Feat. Yolanda Adams)」のティーザー動画がそれぞれ字幕付きでYouTubeにて公開された。いずれも制作の様子を垣間見ることができる必見の映像となっているので、ぜひチェックしみてほしい。

また、"Reverence" には「敬意」や「崇敬」といった意味があるが、まさにその表現の通り、なにか大きなものに包まれるような内容となっており、全体を通して日本人にもとても耳馴染みの良いサウンドに仕上げられている。2017年、JAZZシーンの新年の門出を飾ることになるネイザン・イーストの新作『レヴェランス(Reverence)』にも大いに注目してほしい。

■アルバム『レヴェランス(Reverence)』

2017年1月11日(水)発売
YCCW-10295/¥2,500+税
<収録曲>
全14曲収録予定(日本盤ボーナス・トラック2曲含む)
01. ラヴズ・ホリデイ(フィーチャリング・フィリップ・ベイリー)
Love’s Holiday (Feat. Philip Bailey)
02. ライフサイクル
Lifecycle
03. イレヴンエイト
Elevenate
04. サーペンティン・ファイアー(フィーチャリング・フィリップ・ベイリー, ヴァーディン・ホワイト・アンド・ラルフ・ジョンソン・オブ・アース, ウィンド&ファイアー)
Serpentine Fire (Feat. Philip Bailey, Verdine White and Ralph Johnson of Earth, Wind & Fire)
05. フィールズ・ライク・ホーム(フィーチャリング・ヨランダ・アダムス)
Feels Like Home (Feat. Yolanda Adams)
06. ハイアー・グラウンド(フィーチャリング・カーク・ウェイラム)
Higher Ground (Feat. Kirk Whalum)
07. ザ・ムード・アイム・イン(フィーチャリング・ニッキ・ヤノフスキー)
The Mood I’m In (Feat. Nikki Yanofsky)
08. オーヴァー・ザ・レインボウ(フィーチャリング・ノア・イースト)
Over The Rainbow (Feat. Noah East)
09. シャドウ
Shadow
10. パサン
Pasan
11. ホワイ・ノット・ディス・サンデイ(フィーチャリング・ルーベン・スタッダード)
Why Not This Sunday (Feat. Ruben Studdard)
12. アンティル・ウィ・ミート・アゲイン
Until We Meet Again
13. エイプリル *日本盤 ボーナス・トラック
April
14. カンタロープ・アイランド *日本盤 ボーナス・トラック
Cantaloupe Island

■「Lifecycle」ティーザー動画
https://youtu.be/c9wSZ_sodwQ

■「Lifecycle」プレビュー動画
https://youtu.be/d3E9tThFWE4

■「Feels Like Home (Feat. Yolanda Adams)」プレビュー動画
https://youtu.be/3jYO8v4xs0k

【関連リンク】
ネイザン・イースト オフィシャルFacebookページ
ボブ・ジェームス×ネイザン・イースト、初デュエットアルバムの日本盤が世界先行発売決定
ネイザン・イースト初の単独来日公演、小田和正やJAY’EDなど日本のアーティスト達と連日共演!
ネイザン・イースト、シークレット・パーティーでAIや福原美穂らとセッション!

【関連アーティスト】
NATHAN EAST
【ジャンル】
ジャズ/フュージョン

lyrical school、DOMMUNEにてアルバム全曲フル試聴会を生放送!
Fri, 11 Nov 2016 19:00:00 +0900
lyrical school (okmusic UP\'s)

lyrical schoolが11月16日にリリースするメジャー1stアルバム『guidebook』の全曲フル尺試聴会をDOMMUNEにて生放送することが決定した。

【その他の画像】ROMANCREW

生放送にはリリスクはもちろんのこと、リリスクサウンドを初期から支えてきたALI-KICK(ROMANCREW)、音楽ライターの高木JET晋一郎、lyrical schoolのプロデューサー・キムヤスヒロとlyrical schoolのアートディレクター・mzaといったクリエイティブ陣営による試聴会・トークセッションとなる。普段なかなか聞くことの出来ないクリエイティブチームの口からリリスク及び『guidebook』が徹底ガイドされるとのこと。

また、突如現れた「建設中の特設サイト」も話題となっており、サイト内は「けやき町」という架空の街の案内ページのように見受けられる。今回のDOMMUNEのタイトルにも入っていることもあり、引き続き情報の更新を待ちたい。

■lyrical school 特設サイト
http://keyakitown.com/

■アルバム『guideboo』トレイラー
https://youtu.be/Nd_QfhjU4Gk

■アルバム『guideboo』

2016年11月16日発売
KICS-3429/¥2,500+税
<収録曲>
1.-old-(skit)
2.GOLDEN 
作詞・作編曲/泉水マサチェリー(WEEKEND)
3.プレイルーム 
作詞/ サイプレス上野 作編曲/ ALI-KICK
4. おしえて 
作詞/ 呂布 作編曲/ 韻シスト
5. DO IT NOW!(HEY!HEY!HEY!)
作詞/ 大久保潤也(アナ)&泉水マサチェリー(WEEKEND)
作編曲/泉水マサチェリー(WEEKEND)
6.サマーファンデーション 
作詞/ LITTLE 作編曲/ AxSxE
7.-☆☆☆-(skit)
8.リリシスト
作詞/ GAKU-MC 大江千里 作曲/ 大江千里
編曲/Kenichiro Nishihara
9.マジックアワー 
作詞/ SUEKKO LIONS(C)
作編曲/ 坪光成樹 高橋コースケ
10.恋わずわず 
作詞/ かせきさいだぁ 作編曲/ connie
11.-too old-(skit)
12.ラストソング 
作詞・作編曲/ ALI-KICK
13.RUN and RUN 
作詞/ 岩渕竜也 作編曲/ SUI

■【生放送概要】

lyrical school アルバムリリース直前!
「guidebook」全曲試聴会 in dommune!〜けやき町の歩き方〜
日時:11月14日(月)19:00〜21:00
URL:http://www.dommune.com/

【関連リンク】
lyrical school オフィシャルHP
リリスク、メジャー1stアルバムのSPサイトが突如オープン!?
lyrical school、メジャー1stフルアルバム『guidebook』の詳細を解禁
ミライスカート、初の主催フェスで来年3月のCDリリースを発表

【関連アーティスト】
ROMANCREW, lyrical school
【ジャンル】
女性アイドル, ジャパニーズヒップホップ

TOC、メジャーデビュー後初のワンマンツアーを2017年2月より開催
Fri, 11 Nov 2016 18:30:00 +0900
TOC (okmusic UP\'s)

TOCが東京・大阪・名古屋・福岡の4都市でワンマンツアーを開催することがわかった。

【その他の画像】Hilcrhyme

2月に開催された2ndツアー以降、約1年ぶりの開催となる本ツアーは、シングル「過呼吸」でメジャーデビュー後初のワンマンツアーとなる。

なお11月11日よりTOCの無料メールマガジン会員限定でチケット先行受付がスタート。気になる方はいち早くチェックしよう!

■「TOC LIVE TOUR 2017」

2月18日(土) 福岡DRUM Be-1
2月19日(日) 大阪AKASO
2月25日(土) 名古屋 CLUB Quattro
3月03日(金) 恵比寿LIQUIDROOM

【関連リンク】
TOC オフィシャルHP
Hilcrhymeが新曲「WARAE〜In The Mood〜」のMVで大笑い!?
Hilcrhyme、ファン参加型10周年ツアー開幕で「大盤振る舞いです!」
Hilcrhyme、結成10周年の集大成となる7thアルバムのリリースが決定

【関連アーティスト】
Hilcrhyme, TOC
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ

BABYMETAL、『LIVE AT WEMBLEY』トレーラー解禁&2年ぶりのライブアルバムをリリース
Fri, 11 Nov 2016 18:00:00 +0900
Blu-ray&DVD『LIVE AT WEMBLEY』 (okmusic UP\'s)

BABYMETALが11月23日にリリースするBlu-ray&DVD『LIVE AT WEMBLEY』のトレーラーがオフィシャルYouTubeで公開された。

【その他の画像】BABYMETAL

本作は国外ワンマンライブとしては最大規模の12,000人を動員し、日本人アーティストとして初めてイギリス・THE SSE ARENA, WEMBLEY(現・ウェンブリーアリーナ)で行なった「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 kicks off at THE SSE ARENA, WEMBLEY」の模様をあますところなく完全収録した映像作品。トレーラーには熱気溢れるシーンのハイライトで構成されており、作品への期待の高まる内容となっている。

さらに、同公演のライブ音源が12月28日にリリースされることが急遽決定した。『LIVE AT BUDOKAN 〜RED NIGHT〜』から約2年ぶりとなるライブアルバムで、ファンからライブアルバムのリリースの要望も多かったことから、厳選された13曲を収録した内容でリリースされる。

また、11月22日(火)には「『LIVE AT WEMBLEY』WORLD PREMIERE」と題された劇場上映会を全国13カ所の劇場で開催。会場で映像商品を購入すると特典がつくほか、上映会限定のTシャツが販売されることも決定している。

さらに、12月5日(月)からはRED HOT CHILI PEPPERSのイギリスツアーにスペシャルゲストとして出演することも決定するなど、今後も彼女たちの動向から目が離せない。

■Blu-ray&DVD『LIVE AT WEMBLEY』トレイラー
https://youtu.be/t4yXqzC710M

■Blu-ray&DVD『LIVE AT WEMBLEY』

2016年11月23日(水)発売
【DVD】
TFBQ-18184/¥4,167+税
【Blu-ray】
TFXQ-78140/¥5,093+税
※初回生産分封入特典:メモリアルステッカー
<収録内容>
1. BABYMETAL DEATH
2. あわだまフィーバー
3. いいね!
4. ヤバッ!
5. 紅月 ? アカツキ ?
6. GJ!
7. Catch me if you can
8. ド・キ・ド・キ☆モーニング
9. META!メタ太郎
10. 4の歌
11. Amore ? 蒼星 ?
12. メギツネ
13. KARATE
14. イジメ、ダメ、ゼッタイ
15. ギミチョコ!!
16. THE ONE ? English ver. -
17. Road of Resistance

■アルバム『LIVE AT WEMBLEY』

2016年12月28日(水)発売
TFCC-86581/¥2,315+税
※初回生産分のみスリーブジャケット仕様
<収録内容>
1. BABYMETAL DEATH
2. あわだまフィーバー
3. ヤバッ!
4. GJ!
5. ド・キ・ド・キ☆モーニング
6. META!メタ太郎
7. Amore - 蒼星 -
8. メギツネ
9. KARATE
10. イジメ、ダメ、ゼッタイ
11. ギミチョコ!!
12. THE ONE - English ver. -
13. Road of Resistance

■『BABYMETAL「LIVE AT WEMBLEY」WORLD PREMIERE』

日時:11月22日(火) 19:00 START
料金:¥2,800(全席指定/税込)
<開催劇場>
北海道:ユナイテッド・シネマ札幌
宮城県:MOVIX 仙台
東京都:新宿ピカデリー
東京都:ユナイテッド・シネマ豊洲
神奈川県: 横浜ブルク 13
千葉県:MOVIX 柏の葉
埼玉県:MOVIX さいたま
愛知県:ミッドランドスクエア シネマ
大阪府:なんばパークスシネマ
京都府:MOVIX 京都
兵庫県:OS シネマズミント神戸
広島県:広島バルト 11
福岡県:ユナイテッド・シネマ キャナルシティ 13

◎『GIMME WEMBLEY「LIVE AT WEMBLEY」WORLD PREMIERE VER.』TEE 限定販売
※開演前に限りチケットをお持ちのお客様のみご購入いただけます。
※開演後はチケットをお持ちでないお客様もご購入いただけます。
※1回の購入でお一人様1点までお買い求め頂けます。
※数に限りがございますので、売切れの際はご了承ください。

【関連リンク】
BABYMETAL オフィシャルHP
BABYMETAL、伝説のウェンブリーアリーナライヴ映像上映会開催決定
BABYMETAL、ウェンブリー公演を収めた映像作品のJK写を公開
BABYMETALを形成するメタル・エレメント5曲

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
メタル

ピッグバッグの『ドクター・ヘックル・アンド・ミスター・ジャイヴ』は、80年代に登場したエスノロックの記念碑的アルバム
Fri, 11 Nov 2016 18:00:00 +0900


78年にセックス・ピストルズが解散した時、パンクロックは終わったと感じたリスナーは少なくなかったと思う。しかし、振り返ってみると、70年代の末ごろから80年代初頭の何年間かは、短期間に次々と新しい音楽が生まれては消える時代でもあった。特に、セレクターやスペシャルズに代表されるスカのリバイバル、トーキング・ヘッズやイーノらのファンクとパンクの融合など、白人音楽と黒人音楽をシャッフルしたリズムを重視したサウンドが多く生まれ、それらはエスノロックとかエスノファンクなどと呼ばれるようになった。今回紹介するピッグバッグも、アフリカのフェラ・クティやマイルス・デイビスに影響されながら、パンクの精神を忘れなかったグループだ。ポストパンクの初期に登場した過激なポップグループの後裔として生まれただけに、その音楽は鋭く熱い。

■エスノロックのブーム

やっぱり、トーキング・ヘッズの『リメイン・イン・ライト』(‘80)の影響は凄まじかったと思う。このアルバムに影響されたミュージシャンは数知れず、デビッド・バーン率いるトーキング・ヘッズは、インテリロック集団として一目置かれる存在となる。彼らの音楽は、アフリカのファンクやダブ的な手法を取り入れ、時には本物のファンクのミュージシャンと一緒に、自分たちなりのファンクロックを創造していく。

クラッシュ、ピーター・ゲイブリエル、ジョン・ライドン(セックス・ピストルズ時代はジョニー・ロットンと名乗っていた)率いるPIL、ポリスらも、トーキング・ヘッズと同じように(もちろんヘッズに影響されている場合が多かったが)エスニック(民俗的)なロックを追求していた。それらは“エスノロック”や“エスノファンク”と呼ばれ、80年代初頭の大きなムーブメントとなった。中でもPILとポップグループは、パンクやアバンギャルドな要素が強く、商業音楽に背を向けた当時最も強力なグループであったと言える。

■ポップグループの衝撃

ポップグループは英ブリストルで結成された5人組で、ポストパンクの代表的な存在として今でも根強いファンは多い。パンクスピリットをしっかり持ったまま、レゲエ、ファンク、フリージャズ、ダブなどをバックボーンにして、妥協のない音楽で突っ走っていた。79年に衝撃的なアルバム『Y』でデビュー、セカンドの『How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?』(‘80)では、早くもラッパーの草分けのグループであるラスト・ポエッツと共演するなど、その尖鋭さだけでなく、彼らの先見性には刮目すべきものがあったのだが、メンバーの音楽性の違いからあっと言う間に分裂してしまう。81年には解散、メンバーはリップ・リグ・アンド・パニック、マキシマム・ジョイ、そして今回紹介するピッグバッグら、すぐれた感性を持ったグループに分派していく。

■エスニックなピッグバッグのダンス音楽

ポップグループでベースを弾いていたサイモン・アンダーウッドは、グループが解散する少し前にメンバー間のゴタゴタに嫌気が差して脱退、彼の考える新たなエスノロックを創り出そうと休養してのだが、すでにグループとしての体裁を整えつつあったピッグバッグに誘われ参加することになる。

ピッグバッグは、ベース、ドラム、ギターのリズムセクション3人と管楽器の3人、計6人で構成され、パーカッションはほぼ全員が担当する。ヴォーカルは基本的になく、パーカッションとホーンセクションが前面に出た、強力なノリを持ったインストグループだ。基本的にはエスノファンクだろう。ファンクっぽいリズムではあるが、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、オハイオ・プレイヤーズ、グレアム・セントラル・ステイションなどに代表されるアメリカの黒人中心のファンクグループとはまったく違い、アフリカのフェラ・クティあたりの土着的なアフリカンファンクを模範にしたサウンドであった。ひょっとしたら彼らは、70年代ファンクグループのサウンドを知らなかったのではないかと思うほど、他にはない独特のグルーブ感を漂わせていたのである。

■本作『ドクター・ヘックル・アンド・ミスター・ジャイヴ』について

81年、ピッグバッグはジェームス・ブラウンの「Papa\'s Got a Brand New Bag」のタイトルをもじったシングル作「Papa\'s Got a Brand New Pigbag」でデビューし、フリージャズ、ファンク、ラテンをミックスしたようなサウンドで、まったく新しいダンス音楽を提示した。続く「Sunny Day」「Getting Up」もシングルでのリリースで、サウンドも「Papa\'s Got〜」と同傾向ではあったが、どの曲もサイモン・アンダーウッドのヘヴィなベースと複数のパーカッションが印象に残る好演だ。

そして82年、待望のデビューアルバム『ドクター・ヘックル・アンド・ミスター・ジャイヴ』がリリースされると、日本ではテレビのコマーシャルで「Papa\'s Got a Brand New Pigbag」が使われたこともあって人気は急上昇、同年の夏には早々と来日公演を行なっている。

収録曲は全部で8曲、LP時代は前述の1枚目と2枚目のシングルは収録されていなかった(現在発売中のCDには収録されている)。さっきも言ったようにヴォーカルの入っている曲はなく、全てインスト。サイモン・アンダーウッドのベースと、トルコのメフテル(1)を思わせるフリーキーなホーンが印象的なナンバーばかりで、時にはラテンの要素やアフリカっぽいリズムも楽しめる。繰り返しになるが、ファンクっぽいが、アメリカ黒人のファンクとは全く違うところに彼らの良さがある。どちらかと言えば、日本の音頭(お祭りの時の音楽)のリズムのほうが似ていると言えるかもしれない。

今では忘れられた感が拭えないが、同じポップグループの分派として知られるリップ・リグ&パニックと並ぶエスノファンクの名グループとして、僕はロック史に残る存在だと考えている。

■本作以降の動向

結局、本作で大きな人気を得たものの、2nd『Lend An Ear』(‘83)をリリース後に解散してしまう。2010年にはクリス・リー、オリー・ムーアのオリジナルメンバーふたりを中心に再結成し、今でもライヴ活動を行なっているようだ。彼らの音楽は、パンク、民族音楽、ファンク、ラテンをミックスしたような独特のダンス音楽であり、誰もが楽しめるサウンドだと思う。ポップグループの分派の中では最も理解しやすいグループなので、これまで聴いたことがないという人はぜひ聴いてみてほしい。きっと新しい発見があるはずだ。

(1) メフテル
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%95%E3%83%86%E3%83%AB

【関連リンク】

【その他の写真】
ザ・ポップ・グループ、 超貴重ライヴ音源&映像を収録したアルバムを5月に発売
ザ・ポップ・グループの名盤『ハウ・マッチ・ロンガ?』がメンバー自らのリマスタリングで復刻
ザ・ポップ・グループ、35年ぶりの新作からシングル「マッド・トゥルース」の音源を世界初公開
ザ・ポップ・グループ、リマスター盤と初CD化音源コンピのリリースをもって本格的に活動再開

【関連アーティスト】
The Pop Group, Pigbag
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、映画「ボクの妻と結婚してください。」の主題歌をカバー
Fri, 11 Nov 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

さて今日もまずは一曲。
先日公開となった映画「ボクの妻と結婚してください。」の主題歌となっています、
中島美嘉さんの「Forget Me Not」
中島美嘉さんは私の昔の思い出が沢山詰まっている方。
学生の頃よく聴いていたアーティスト。
今回初挑戦してみました。
是非聴いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=jsNiGaoRpqM

先週のコラムでも話しました、沖縄滞在記。
友人の結婚披露宴が無事終了して帰って来ました。
…想像以上の宴っぷりでした。笑
まず人数は約360人。
乾杯する前からみんな既に飲んでいるし、誰も人の話聞いちゃいないし、ヤジ飛ばすし…笑
おかげで感動して泣きそうだったのに全く泣けませんでしたよ。笑
でもこれが沖縄流の盛大な祝い方なんだなって。
涙よりも笑顔しか無い空間、そんな感じでした。
今回音楽関係の方が多く、半分くらいはバンドマンだったそう。
色んな人に久しぶりに会ったりして、まるで同窓会の様。
この5年内で沖縄の音楽仲間との繋がりが沢山増えたなぁ…そんな事をしみじみと、そして嬉しく思った瞬間。
個人的に大好きな沖縄での、貴重な結婚披露宴に初めて参加出来て、そして呼んでもらえて本当に良かったなって思いました!

結婚って本当に素敵なものだなって思う。
沖縄だけでなく、最近東京でも二次会に呼んで頂き参加させてもらって来ました。
あの瞬間に見せる新郎新婦の笑顔が、私はたまらなく好きだ。
この瞬間は、世界中で一番幸せな2人組だと思う。
大切な人と見つめ合う優しい顔。
カンボジアの子供たちが見せてくれる屈託の無い純粋な笑顔とどこか似ているな、なんて事を考える。
誰も悲しくなんてならない、人を幸せにしてくれるお祝い事。
そんな幸せそうな顔を見ていると本当に良かったなぁ…と無条件で泣けてくる。
そして同時に…心から羨ましいと思うんだ。
自分もいつかこんな風に結婚したい!
結婚式に参列する大体の人はそんな事を思うと思います。
私もそんな事をいつも考える。
出来るのかどうか、今の所は全く想像出来ないし、予定もありませんが。笑
でもいつかは…!そんな小さな願望が自分の中に芽生える瞬間なのでした。

【関連アーティスト】
中島美嘉, 稚菜
【ジャンル】


くるりの名曲「ハイウェイ」を映画『ジョゼと虎と魚たち』主演の妻夫木聡が語る
Fri, 11 Nov 2016 17:00:00 +0900
くるり (okmusic UP\'s)

くるりの結成20周年記念オールタイムベストアルバム『くるりの20回転』リリース記念企画「わたしにとってのくるり」の第10弾として妻夫木聡よりコメントが到着した。

【その他の画像】くるり

くるりに縁のある方々からのビデオコメントを紹介していく「わたしにとってのくるり」は、これまでに又吉直樹、フルカワミキ、岡崎体育など各界の著名人からコメントが届いている。

新たにコメントを届けてくれたのは俳優の妻夫木聡。2003年に公開された犬童一心監督による映画『ジョゼと虎と魚たち』で主演を務めた彼が、その主題歌であるくるりの「ハイウェイ」についてを語っている。ぜひその目でコメント動画をチェックしてみよう。

■『くるりの20回転』Special Site
http://quruli.net/20th/

■『くるり - 「ハイウェイ」 〜わたしにとってのくるり〜 妻夫木聡』
https://youtu.be/ppjsZvh6DbQ

■アルバム『くるりの20回転』 

発売中
【初回限定盤】
VIZL-1034/¥3,700+税
※CD3枚組
※デジパック仕様
※豪華84P特典ブックレット
※スリーブケース
【通常盤】
VICL-64632〜64634/¥3,500+税
※CD3枚組
<収録曲>
■Disc-1
01. 東京
02. 虹
03. 青い空
04. 街
05. 春風(Alternative)
06. ワンダーフォーゲル
07. ばらの花
08. リバー
09. ワールズエンド・スーパーノヴァ
10. 男の子と女の子
11. HOW TO GO
■Disc-2
01. ハイウェイ(LA mix)
02. ロックンロール
03. BIRTHDAY
04. Superstar
05. 赤い電車
06. Baby I Love You
07. Juice(くるりとリップスライム)
08. 五月の海
09. JUBILEE
10. 言葉はさんかく こころは四角(Single Ver.)
11. さよならリグレット
12. 三日月
13. 愉快なピーナッツ
■Disc-3
01. シャツを洗えば(くるりとユーミン)
02. 魔法のじゅうたん
03. 奇跡
04. 石巻復興節
05. my sunrise
06. everybody feels the same
07. Remember me
08. ロックンロール・ハネムーン
09. 最後のメリークリスマス
10. Liberty&Gravity
11. There is (always light)
12. ふたつの世界
13. かんがえがあるカンガルー
14. 琥珀色の街、上海蟹の朝

【関連リンク】
くるり オフィシャルHP
くるり、ベスト盤発売記念企画第9弾で福島県相馬市のCDショップ店長が「最後のメリークリスマス」を語る
くるり、ベスト盤リリース記念企画第8弾で京急電鉄品川駅が「赤い電車」を紹介
くるり、Abema TVでSPライブ「NOW AND 弦」の放送が決定

【関連アーティスト】
くるり
【ジャンル】
ジャパニーズロック

アジカンの「ループ&ループ」新録版にKANA-BOON・谷口鮪、BLUE ENCOUNT・田邊駿一が参加
Fri, 11 Nov 2016 16:00:00 +0900
ASIAN KUNG-FU GENERATION (okmusic UP\'s)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「ループ&ループ」(2016 ver.)にKANA-BOONの谷口鮪とBLUE ENCOUNTの田邊駿一がボーカルで参加し、特別に制作されたFOR THE NEXT EDITが11月11日(金)よりJFL各局にて独占オンエアされる。

【その他の画像】ASIAN KUNG-FU GENERATION

「ループ&ループ」は11月1日(火)から11月30日(水)まで実施されるラジオ・キャンペーン『JFL presents FOR THE NEXT supported by ELECOM』のテーマソング。

現在、同キャンペーンに連動したライブツアー『JFL presents LIVE FOR THE NEXT supported by ELECOM』が行なわれており、11月12日(土)開催の札幌公演にはKANA-BOONが、11月18日(金)開催の福岡公演にはBLUE ENCOUNTがそれぞれゲスト出演し、レーベルの先輩バンドでもあるASIAN KUNG-FU GENERATIONとの対バンに臨む。楽曲オンエアはもちろん、こちらも是非チェックしてほしい。

■「JFL presents LIVE FOR THE NEXT supported by ELECOM」

11月04日(金) Zepp Nagoya  
出演:ASIAN KUNG-FU GENERATION、SHISHAMO
11月12日(土) Zepp Sapporo
出演:ASIAN KUNG-FU GENERATION、KANA-BOON
11月18日(金) 福岡サンパレス
出演:ASIAN KUNG-FU GENERATION、BLUE ENCOUNT
11月28日(月) なんばHATCH
出演:ASIAN KUNG-FU GENERATION、THE ORAL CIGARETTES
12月01日(木) 豊洲PIT

主催:FM NORTH WAVE/J-WAVE/ZIP-FM/FM802/cross fm
特別協賛:エレコム株式会社

【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION オフィシャルHP
BLUE ENCOUNTが『uP!!!NEXT』に登場! テーマは“静寂”と“激動”!?
BLUE ENCOUNT、ドラマ初出演を記念してSNS上でイベント開催
BLUE ENCOUNT、ニューシングル「LAST HERO」の詳細を解禁

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION, KANA-BOON, BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

andropが2年ぶりのライブハウスツアー開催を発表
Fri, 11 Nov 2016 15:00:00 +0900
androp (okmusic UP\'s)

andropが2年ぶりとなるライブハウスツアー「one-man live tour 2017 "angstrom 0.8 pm"」を開催することが決定した。

【その他の画像】androp

“光と闇"を表現した「one-man live tour 2016 "best blueprint"」では各地で賛否を巻き起こし、新たな一面を描き出したandrop。次のツアーではどんな世界観を描き出すのか、今から期待は高まるばかりだ。

なおライブハウスツアーのチケットは11月11日より会員サイトにて先行受付がスタートしている。詳しくはオフィシャルHPをチェックしよう。

■「one-man live tour 2017 "angstrom 0.8 pm"」

5月15日(月) 千葉 LOOK
5月16日(火) 群馬 高崎 club FLEEZ
5月18日(木) 神奈川 横浜 Bay Hall
5月20日(土) 滋賀 U STONE
5月21日(日) 京都 磔磔
5月23日(火) 兵庫 神戸 VARIT.
5月25日(木) 香川 高松 DIME
5月27日(土) 愛媛 松山 WStudioRED
5月28日(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
5月30日(火) 静岡 浜松 窓枠
6月03日(土) 新潟 LOTS
6月04日(日) 福島 郡山 HIPSHOT JAPAN
6月09日(金) 熊本 B.9 V1
6月11日(日) 長崎 DRUM Be-7
6月15日(木) 北海道 札幌 PENNY LANE 24
6月16日(金) 北海道 函館 CLUB Cocoa
6月22日(木) 宮城 Sendai Rensa
6月25日(日) 愛知 Nagoya DIAMOND HALL
6月27日(火) 大阪 umeda AKASO
7月04日(火) 東京 Ebisu LIQUIDROOM
7月07日(金) 福岡 DRUM LOGOS

【関連リンク】
androp オフィシャルHP
androp、アルバム『blue』からまたもMV公開! 2曲から見えてくるコンセプトとは?
miwaと坂口健太郎のW主演で贈る恋愛映画『君と100回目の恋』、挿入歌はmiwa×androp!!
androp、「立体感のある音質で聴いてもらいたい」とニューアルバム『blue』をハイレゾ配信

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
ジャパニーズロック

[Alexandros]、ニューアルバム発売記念フリーライブで約3000人が熱狂
Fri, 11 Nov 2016 14:00:00 +0900
11月10日(木)@東京・六本木ヒルズアリーナ (okmusic UP\'s)

[Alexandros]が11月10日に、東京・六本木ヒルズアリーナで6枚目のアルバム発売記念フリーイベント『[Alexandros]「EXIST!」Launch Party at Roppongi Hills』を行なった。

【その他の画像】[Alexandros]

[Alexandros]のメンバーがそれぞれ黒塗りの車に乗って登場し、レッドカーペットならぬグリーンカーペット(通称:ドロスグリーン)の上をハリウッド俳優のごとく一人ずつ歩きステージへ。初めに到着した庄村聡泰(Dr)がドラムを鳴らし始め、次に磯部寛之(B&Cho)がステージに上がりベース音を重ねる。そして白井眞輝(G)がギターを手にしながらステージへ向かいギターの音を奏で、最後に川上洋平(Vo&G)が登場し、ステージ上にメンバー全員が揃うと、ファンにはお馴染みの
「Burger Queen」を演奏しライブがスタートした。

川上が「元気ですか、六本木の皆さん。気持ちいいね、この六本木ヒルズでやるってのは。 昨日発売になりました『EXIST!」』、我々の渾身の6枚目のニューアルバムですけれども、皆さん買って頂けましたでしょうか」と話すと、ファンからは大歓声が。またオリコンデイリーチャートが発表初日から2日連続1位という好状況をファンに伝えると、磯部が思わず「あー、よかった」と漏らし、会場からは笑いが起こった。

ライブは今回のアルバムに収録されているドラマタイアップ曲の「Girl A」やアルバムのリードトラックである「ムーンソング」、CMで耳馴染みの深い「Feel like」、最後に「NEW WALL」等を演奏し大歓声の中終了した。

Photo by 高田梓、河本悠貴

■アルバム『EXIST!』

2016年11月9日(水)発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
UPCH-7204/¥5,800+税
【初回限定盤B】(CD+DVD)
UPCH-7205/¥3,900+税
Videoを5曲以上収録予定。
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-2098/¥3,000+税
【アナログ盤】※発売日:12月7日(水)
完全受注生産限定(2枚組)
UPJH-9019/20/¥4,000+税

<収録曲>
■CD
「Girl A」 
※関西テレビ・フジテレビ系全国ネット火曜22時連続ドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」オープニング曲
「NEW WALL」 
※アプリゲーム「テイルズ オブ ザ レイズ」テーマソング
「I want u to love me」 
※MBS・TBS 深夜ドラマ「女くどき飯 Season2」主題歌、NEC 「LAVIE」 TV-CM ソング、KKBOX TV-CMソング
「Swan」 
※関西テレビ・フジテレビ系全国ネット火曜 22 時連続 ドラマ 「ON異常犯罪捜査官・藤堂 比奈子」主題歌
「Nawe, Nawe」 
※映画「ターザン:REBORN」日本版主題歌
「Feel like」 
※カジュアルブランド『GLOBAL WORK(グローバルワーク)』TVCM曲
「今まで君が泣いた分取り戻そう」
※映画「きょうのキラ君」主題歌(2017年2月25日公開)

■初回限定盤A 特典DVD
6月に行われたLIVE「Premium V.I.P. Party 大阪城ホール」の模様を、約90分20曲以上収録予定。
■初回限定盤B特典DVD
前作アルバム「ALXD」と今作アルバム「EXIST!」から厳選したMusic Videoを5曲以上収録予定。

【関連リンク】
[Alexandros] オフィシャルHP
[Alexandros]の新曲「ムーンソング」をUSJの人気アトラクションで楽しもう!
[Alexandros]、アルバムリリースイベントの無料開催が決定&CM放送スタート!
[Alexandros]、"闇夜の中に見える希望の光"を表現した「ムーンソング」MV解禁

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

デヴィッド・ボウイ、究極のベスト盤がついにリリース! 朝日新聞にて横山健がボウイを語る
Fri, 11 Nov 2016 13:00:00 +0900
デヴィッド・ボウイ×横山健 (okmusic UP\'s)

デヴィッド・ボウイのベストアルバム『レガシー 〜ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ』が11月11日(金)より世界同時発売となった。

【その他の画像】Ken Yokoyama

このベスト盤には半世紀を超えるアーティスト活動から、1969年の初のヒット・シングルとなった「スペイス・オディティ」をはじめ、大ヒット曲「レッツ・ダンス」、2016年のファイナル・アルバム『★』からのシングル「ラザルス」、初出となる「火星の生活(2016 ミックス)」までを収録。重要な楽曲が網羅された究極のデヴィッド・ボウイ・コレクションといえる。

発売日となる11月11日の朝日新聞朝刊(東京版・大阪版)には、写真家 ・鋤田正義の撮影による1973年のデヴィッド・ボウイの写真とともに横山健が登場し、「デヴィッド・ボウイの音楽にはいつも影響を受けていた。デヴィッド・ボウイの生き様はもしかしたら、これから学ぶのかな。」という言葉とともに掲載されている。

近日中には「横山健に聞く、デヴィッド・ボウイ」がワーナーミュージック・ジャパンのホームページのデヴィッド・ボウイのサイトに掲載されるとの事なので、そちらも是非期待して待とう。

DAVID BOWIE(C)MASAYOSHI SUKITA 1973

【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ ワーナーミュージック・ジャパン内オフィシャルサイト
デヴィッド・ボウイの大回顧展『DAVID BOWIE is』日本開催を記念したファン参加型企画がスタート
デヴィッド・ボウイ、生前最後のスタジオ・レコーディング音源より「キリング・ア・リトル・タイム」公開
デヴィッド・ボウイ、最新ベストアルバムが11月11日世界同時発売決定

【関連アーティスト】
Ken Yokoyama, David Bowie, デヴィッド・ボウイ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ポップス(洋楽)

ONE OK ROCKと同じステージに立つのは!? 全国アリーナツアーのSPゲストをオーディションで募集!
Fri, 11 Nov 2016 12:00:00 +0900
ONE OK ROCK (okmusic UP\'s)

ONE OK ROCKが2017年に開催するアリーナツアーのスペシャルゲストをオーディションで募集することがわかった。

【その他の画像】ONE OK ROCK

前回同様に今回のツアーも各公演ごとに様々なミュージシャンがスペシャルゲストとして参加することが決定しているが、ゲストのラインナップ発表に先立ち1組のバンドをオーディションで募集する。なおこの企画は前回ツアーに続いて2度目の試みとなる。ぜひこの機会に応募して、ONE OK ROCKと同じステージに立つチャンスを掴みとろう!

■ONE OK ROCK 2017 “Ambitions" JAPAN TOUR plus Special Guest 
https://oneokrock.mycontest.jp/

■「ONE OK ROCK 2017 "Ambitions" JAPAN TOUR」

2月18日(土)  静岡エコパアリーナ
2月19日(日)  静岡エコパアリーナ
2月22日(水)  和歌山ビッグホエール
2月25日(土)  大阪城ホール
2月26日(日)  大阪城ホール
3月04日(土)  宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
3月05日(日)  宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
3月08日(水)  アスティとくしま
3月09日(木)  アスティとくしま
3月14日(火)  日本ガイシホール
3月15日(水)  日本ガイシホール
3月18日(土)  神戸ワールド記念ホール
3月19日(日)  神戸ワールド記念ホール
3月25日(土)  さいたまスーパーアリーナ
3月26日(日)  さいたまスーパーアリーナ
3月31日(金)  朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
4月01日(土)  朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
4月08日(土)  幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
4月09日(日)  幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
4月15日(土)  真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
4月16日(日)  真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
4月20日(木)  横浜アリーナ
4月22日(土)  横浜アリーナ
4月23日(日)  横浜アリーナ
4月29日(土)  マリンメッセ福岡
4月30日(日)  マリンメッセ福岡
5月04日(木)  沖縄コンベンションセンター
5月05日(金)  沖縄コンベンションセンター
5月11日(木)  熊本 B.9 V1
5月12日(金)  熊本 B.9 V1
5月16日(火)  広島 グリーンアリーナ
5月17日(水)  広島 グリーンアリーナ
※熊本公演を除くアリーナツアー各公演にて1アーティストのスペシャルゲストの出演あり

【関連リンク】
ONE OK ROCK オフィシャルHP
ワンオク、キスシーンと激しい演奏が交差する「Taking Off」のMV公開
ONE OK ROCK、2017年に過去最大規模の全国アリーナツアー開催
ONE OK ROCK、史上最大規模の渚園ライブで11万人が熱狂

【関連アーティスト】
ONE OK ROCK
【ジャンル】
ジャパニーズロック

赤西 仁、スペシャルライブで山田孝之とのJINTAKAを再結成
Fri, 11 Nov 2016 11:00:00 +0900
11月9日@千葉県・幕張メッセ イベントホール (okmusic UP\'s)

赤西 仁が11月9日、千葉県・幕張メッセ イベントホールで『JIN AKANISHI LIVE TOUR 2016 〜Audio Fashion Special〜 in MAKUHARI』を開催! そして、このスペシャルライブのために結成後に即解散した山田孝之とのユニット「JINTAKA」を一夜限り、復活させた。

【その他の画像】山田孝之

6月22日にセルフプロデュースアルバム『Audio Fashion』をリリースした赤西は、7月9日から全21公演がソールドアウトしたホールツアーを行い、45,000人を動員。本公演はそのアンコール公演で、7,000人のファンを集めた。

今回はスペシャルということもあり、開場からフロアをDJのプレイが温める。ミラーボールが照らすアリーナのフロアは、オールスタンディング。しかも、フロア内にバーカウンターが設置され、赤西考案による「JIN SPECIAL」カクテルが飲めるなど、クラブの様相。

ライブは、オープニングムービーから圧巻。胎児のように丸まった、全裸の赤西。客席からも嬌声が上がる。生れ出た後に感情のない瞳で囚人のように歩く彼がチューニングされると、魂が宿り服をまとう。そこで映像とリアルの赤西が交錯し、1曲目の「Only Human」がスタート。昨年のツアーは「拡張現実」がテーマだったが、今回はおそらく、彼の「脳内」がテーマなのだろう。このオープニングからなんと11曲目が終わるまで、一切、赤西がしゃべることはない。

今回のステージ演出で特筆すべきは、プロジェクションマッピングの導入だ。映像が彼の脳内を具現化し、ステージに次々と不思議な世界を映し出す。ライブというより、時に壮大、時に繊細な物語を見せるショーのようだ。特にホールからアリーナにスケールアップした今回は、プロジェクションマッピングの壮大さ、「Mi Amour」で弾くレーザー光線を放つギターの美しさが増した。ステージ構成も、2本の花道から延びるセンターステージも出現。アリーナらしい広さを活かした演出となった。

しかし、最新テクノロジーを凌ぐのが、やはり、赤西仁という唯一無二の存在だ。「Eat Ya Heart Out」ではひとりギターをかき鳴らし、「Can’t Get Enough」ではキーボードプレイを披露。ノリノリの「SUMMER LOVING〜Good Time〜Hey What\'s Up?」のメドレーでは客席とのコミュニケーションを引き出し、ライブらしい肉体表現で一体感を生み出す。

MCが苦手だという赤西がトークのために取り入れたのが、「公式モバイルのラジオ公開収録」だ。赤西がラジオのパーソナリティとなり、開場時に募集した来場者の質問に答え、その模様を後日、公式モバイルサイトでラジオ番組として配信するというもの。

「今年最後のライブなので、悔いのないように楽しんでください」と言ってスタートした後半戦は、バラード曲の「Body Talk」。この曲で女性ダンサーが見せるポールダンスは、無機質な世界を照らす一筋の光のように輝く。赤西も、「ポールダンスが見たいので、みなさんに背中を向けて歌います。見納めなので!」と彼女のダンスに見入ったが、バラードを聴かせる赤西のボーカリストとしての力量にも驚かされる。

そして、この日、一番の盛り上がりを見せたのは、「Choo Choo SHITAIN」だ。これは9月21日にリリースした赤西と俳優・山田孝之とのユニットJINTAKAの楽曲で、オリコンデイリーCDシングルランキング2位(9/20付)になりながら、10月3日に行われた同作のリリースイベントで早々に「方向性の違いで」と、解散発表。モニターに大きく「一夜限りの再結成」の文字が出ると、会場にひと際大きな歓声が上がり、センターステージからJINTAKAが登場。赤西が「タカユキヤマダ!」と紹介すると、「スペインから来ました」と、海外撮影からライブに駆けつけた山田の登場に会場の熱狂が高まった。

「Opaque」「OohLaLa」では、箱のようなセットの中で踊る赤西とプロジェクションマッピング映像がシンクロし、彼のダンスを際立たせると、「Baila」からのダンス曲メドレーでは、ダンサーを従えた群舞で肉体の生み出す躍動感を爆発させた。

ラストは、アルバム『Audio Fashion』唯一の日本語詞、ピアノが映えるバラード曲「Episode」。すべてが昇華し平穏に戻ると、再びオープニングの胎児のような赤西の映像につながり本編は終了。ホールツアーのアンコールはダンサー紹介を兼ねた「TGC」1曲だけだったが、スペシャルのこの日は、スタンド1F席と2F席の間の通路を2曲分の時間をかけて赤西がトロッコで1周。最後までファンの近くで歌う姿が印象的だった。

ライブという場であっても赤西が求めるものは、自分の表現を完璧に見せること。ボーカリストとして、ダンサーとして、音楽制作者として、演出家として、赤西が求めるものは、「完璧」なのだ。「赤西の脳内は、どうなっているのだろう?」。ライブを見るたびに、そう思わせる人だ。年内のライブはこれで最後。来年のさらなる進化に期待したい。

photo by Teppei Kishida

■【セットリスト】

1.Only Human
2.From Her Mama
3.Eat Ya Heart Out
4.Can’t Get Enough
5.We The Fire
6.Dayum
7.Mi Amor
8.Pinocchio
9.The Fifth Season
10.Summer Kinda Love
11 メドレー
SUMMER LOVING
Good Time
Hey What’s Up?
12.Body Talk
13.New Life
14.DJ コーナー
Choo Choo SHITAIN ※JINTAKA
Go Higher
Aphrodisiac
15.Opaque
16.OohLaLa
17.メドレー
Baila
Temporary Love
Mami Loca
Tell Me Where
18.Episode

1.TGC
2.Miss California
3.Lucky

【関連リンク】
赤西仁&山田孝之のユニット、JINTAKAの今後の予定は解散!?
赤西仁&山田孝之による新ユニット、JINTAKAがデビューシングル「Choo Choo SHITAIN」MV公開

【関連アーティスト】
山田孝之, 赤西仁, JINTAKA
【ジャンル】
J-POP

→Pia-no-jaC←が22か所を巡る全国ツアー『Cinema Popcornツアー2017』開催決定!
Fri, 11 Nov 2016 10:00:00 +0900
→Pia-no-jaC← (okmusic UP\'s)

→Pia-no-jaC←が、カバーアルバム『Cinema Popcorn』を提げ、22か所を巡る全国ツアーを開催することがわかった。

【その他の画像】→Pia-no-jaC←

今回のカバーアルバムは、映画音楽をテーマに制作。「ゴーストバスターズ」「ミッションインポッシブルテーマ」など、誰もが聴いた瞬間にわかる映画音楽を→Pia-no-jaC←が大胆にアレンジした。

ツアーでは、デビュー以来9年間積み上げてきたクラシックのカバーや、世界にも類を見ないピアノとカホンの織りなす秀逸なオリジナル楽曲たちとともに、『Cinema Popcorn』の楽曲たちが披露される予定。

9周年目の締めくくりとなる『Cinema Popcornツアー2017』はまさにポップコーンのごとく弾け飛ぶアッパーなライブになること間違いなし! チケットの一般発売は各プレイガイドにて11月12日(土)より開始。気になる方はこの機会をお見逃しなく。

■『Cinema Popcornツアー2017』

2017年
1月14日(土) 千葉・行徳文化ホールI&I
1月15日(日) 新潟・新潟LOTS
1月21日(土) 神奈川・横浜赤レンガ倉庫1号館ホール
1月22日(日) 埼玉・川口総合文化センター リリア 音楽ホール
1月27日(金) 三重・Live Music M\'AXA
1月28日(土) 岐阜・岐阜Club-G
1月29日(日) 静岡・Live House 浜松窓枠
2月04日(土) 兵庫・THE LIVE HOUSE CHICKEN GEORGE
2月05日(日) 京都・京都磔磔
2月11日(土・祝) 愛媛・松山サロンキティ
2月12日(日) 香川・高松オリーブホール
2月18日(土) 宮城・仙台Rensa
2月19日(日) 岩手・盛岡 CLUB CHANGE WAVE
2月25日(土) 北海道・Zepp Sapporo
3月04日(土) 長野・NAGANO CLUB JUNK BOX
3月05日(日) 富山・富山MAIRO
3月11日(土) 大阪・なんばHatch
3月12日(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
3月18日(土) 大分・大分DRUM Be-0
3月19日(日) 福岡・福岡DRUM LOGOS
3月20日(月・祝) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
3月26日(日) 東京・国際フォーラム ホールC

<チケット>
前売¥5,000 / 当日¥6,000(税込・ドリンク代別)?
※1月14日(土)千葉、1月21日(土)神奈川、1月22日(日)埼玉、3月12日(日)愛知、3月26日(日)東京はドリンク代なし
※小学生以上有料。未就学児童は無料(大人1名につき、子供1名まで膝上可)
但し、座席が必要な場合はチケット必要??
■チケット一般発売
発売開始:11月12日(土)
・ローソンチケット:http://l-tike.com/
・チケットぴあ:http://t.pia.jp/(0570-02-9999)
・イープラス:http://eplus.jp

■アルバム『Cinema Popcorn』

発売中
XQIJ-1012/¥2,100(税込)
<収録曲>
1. PROLOGUE: BOOK II AND THE ESCAPE FROM THE DURSLEY\'
2. The River Kwai March ; Colonel Bogey
3.GHOST BUSTERS
4.Oh Pretty Woman
5. MISSION IMPOSSIBLE THEME
6. I DON’T WANT TO MISS A THING

【関連リンク】
→Pia-no-jaC← オフィシャルHP
→Pia-no-jaC←、映画音楽カバーアルバム収録曲をiTunes限定先行配信
Pia-no-jaC、オリジナル全曲をハイレゾで配信開始
→Pia-no-jaC←、新作アルバムより「TASOGARE」MV公開

【関連アーティスト】
→Pia-no-jaC←
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1